今日は「仮面ライダーBLACK・RX」の話です。 
GWに入りガゼンくつろいでいます。
今日、日経新聞を見ていたらこんな記事がありました。

「仮面ライダー」が誕生40年を迎え、歴代ライダーが登場する記念映画「オーズ・電王・オールラライダー レッツゴー仮面ライダー」が公開される。
昆虫の能力を持つ“改造人問”の主人公がオートバイを駆って秘密結社ショッカーと戦う「仮面ライダー」は、子どもたちの問で変身ブームを呼んだ。その後、世界観やキャラクターを変化させつつ、息の長いシリーズとなった。 
ただ、道は平たんではなかった。競合番組が相次ぎ、1980年代末から10年ほどシリーズが途絶えた。再開にあたり「視聴率を徹底的に分析した」と東映の白倉伸一郎プロデューサーは話す。その結果、父親になった往年のファンを取り込むことを目指したという。
こうして生まれたのが「クウガ」以降の「平成仮面ライダーシリーズ」だ。“改造人問”という設定を変え、大人の鑑賞にたえられるように物語性も重視した結果、再び人気が上向いたという。
日本経済新聞「文化往来」より転載


仮面ライダーBLACK・RXシリーズは多分全編見ています。
勿論その当時幼児だった子供の付き合いですよ、でもこのシリーズは面白かったのです。
でも今日の日経の記事を読む限り、実は東映の白倉プロデューサーの術中にまんまと陥(おちい)っていたのですネ。
しかし子供が長じて仮面ライダー離れをしたと同時に私のmy boomもあっけらかんと終了したのでした。


今でも子供達とカラオケに行きますと、仮面ライダーBLACK・RXは一緒に歌います(笑)

を倉田てつ

ビリーザキッド
もし機会があったら東陽町にある仮面ライダーBLACK・RXの主役をやっていた倉田てつをさんが経営するお店「ビリーザキッド東陽町店」にも子供達と一緒に行ってみたいものです、ハイ。
ということで、私が真に物見高い“下町っ子”だったということ完璧に証明してしまいました。


IMG_8331
今日は埼玉県は毛呂山町に出没です。
お昼でも食べようと思いお店を探しましたがない、本当に全くありません。
しかたなくこの商店街?をとぼとぼと歩き商店街が終わりかけた時SNACKのような中華料理店(印)が出現しました。
ということで今日のお店は「一品香」さんです。

住所: 埼玉県入間郡毛呂山町前久保南4丁目8−44
電話:049-295-7617
定休日:不明

IMG_8322
商店街を歩いていた時に見かけた看板です。
最初見た時は「斎藤モタス」と読んだので、何を持たすのかと思ったのですが、要は省space文字だったのですね(笑)

IMG_8323
お店の外観です。

IMG_8330
店内の雰囲気です。

IMG_8324
ランチメニューです。

IMG_8326

IMG_8329

IMG_8327
今日のオーダー「Cセット=焼肉、ラーメン、小ライス」@800円が月・木ランチサービスにより@650円です。
このfull setsすごい量ですネ。まずはピリ辛焼肉から実食です。
少しjunkっぽい風情ですが、どうしてどうして美味しいじゃないですか。
これだけでも充分堪能できます。
さらにラーメン、所謂東京昔風ラーメンです。これまた鶏ガラでよく出汁(だし)がとれており秀逸の味わいです。特にチャーシューが深い肉質でとても美味しくいただきました。
本当にこれで@650円しか取らず、お店の経営は大丈夫なのだろうかとあらぬ心配をしてしまいました、失礼!
でもこういう悪印象の可逆的結末はwelcomeです、ご馳走様でした

それでは(^_-)