今日は「安いほど偉い?」の話です。 
関西は安いほど偉い。関東は高いほど偉い・・・・・・
そんな聞き捨てならない話を耳にした。例えば、客が持参したおみやげの値段が判明したとき。相手が関東人なら「高い!(高価な物をありがとう)」と言えば間違いない。でも、関西人には、「安い!(いい物をこんなに安く買えるあなたはすごい)」が、最高の褒め言葉となるらしい。
「コトバの鏡」福光恵著より転載

このコラムを直截に読むと少し違和感があるのですが要は言いたいことはCost performance(費用対効果)ですよね。
その商品の価値が大事なのであって金額の多寡ではないと思うのです。
それは関東も関西も一緒でしょう。但し関東は見栄張りなので「高い」信仰があり、関西は現実主義なので「安い」信仰があるのではないでしょうか。
個人的には飲食物のような刹那的なものは別として、特に衣服の様な長期に使用するものは長持ちのする高級品を買う性癖があります、所謂下町言葉でいうと「安物買いの銭失い」が嫌いなのですネ。ということで私はコスパ至上主義なのでした。

面白画像です。
かなり下品なのでUpするのを躊躇したのですが・・・
まあご覧ください。

寝姿
このビジネスマンの方は関節が柔らかいのでしょうね(笑)

寝姿
このお兄さんには一体何が起きたのでしょうか、世間様に顔向けができない(悲)

今日は行列ができるつけうどん屋さんができたというので次男とおっとり刀で出向きました。
今日のお店は石神井公園にある「肉汁やZERO」さんです。

住所:: 東京都練馬区石神井町7-1-3 Tビル地下1階C号室
:03-3996-8386
定休日:月曜日

IMG_8065
お店の外観です。大泉学園の「麺屋とらのこ」の初代店主だった方がお店を2代目に譲り、昨年春に練馬に武蔵野うどんの「肉汁や」を開店させました。
そして今度は2号店を石神井公園に開店させたようです。

肉汁や
メニューです。

IMG_8067

IMG_8068
次男のオーダー「肉汁のつけうどん」@750円です。
うどんはまさに荒縄状です、これは「ぽっぽ屋」さんのうどん版ですね。この位の表面積がないと味がハッキリ、クッキリしないのでしょうね、多分。
歯ごたえ、咽越しは最高です。
汁(つゆ)は少ししょっぱめですが、肉がたっぷりでいけました。
何気に揚げ茄子が入っていましたが、とても美味しかったですね。

IMG_8066

IMG_8069

IMG_8070
私のオーダー「スパイシーカレー汁のつけうどん」@800円です。
まず一口だけうどんを汁(つゆ)につけて味わいます。スゴイ、これはスゴイですよ。
まるで異次元に味覚がワープしたみたいです、辛い、スパイシー、辛い、スパイシーが口の中で連鎖し頭が痺れます。さらに調味料のガーリックフライ、魚粉、唐辛子、胡麻を投入するとこれはまさに天空の曼荼羅状態です。
何だろう、この味は・・・美味しい、でもかなり突き抜けた味か。
しいて言えば「あつ盛」にした方が良かったかなと反省、これはカレーライスでもいけると思います・・・当り前か(笑)
「スープ割り」にして汁(つゆ)を飲んで初めてうどん屋さんに来たのだなと安心させられました・・・お試しアレ!

それでは(^_-)