今日は「ご結婚おめでとう」の話です。 
「ご結婚おめでとう」
を英語で何と言うかというとやはり、
「コングラチュレーションズ」
である。
「ハッピーウェデイング」なんて言うと、まるでどこぞの結婚式場の広告みたいだし、そもそも英語にはない表現である。 
では、新郎新婦に、 
「コングラチュレーションズ!」 
と言えばいいかというと、これが少々問題あり。というのは「コングラチュレーショッズ」には、努力に努力を重ねた結果、すばらしい出来事にめぐりあえた、何かをかち得たという意味あいがあるからだ。 
だから花婿にはさしつかえないのだが、花嫁にそういうと、 
「あなたは一生懸命男を追いかけて、やっと結婚にこぎつけましたね」 
という感じになるのでタブーである。もし実際にそうであったら、それこそ嫌味以外の何物でもない。
花嫁に対しては、クリスマスーカードによく印刷されてある、 
「ベストウイッシーズ」
を使うのである。 でなければ、長くなるが、
「アイ ホープ ユール ビー ペリイ ハッピー(I hope you’ll be very happy)」
「アイウイッシュユーエブリ ハピネス」
(I wish you every happiness)
など、「お幸せに」と言う。
日本語では新郎新婦にひと言
「おめでとう」
ですむところだが、英語では、一人ずつ分けてお祝いを言わなければならないのである。
『「ちょっとしたこと」を英語で言えるようなる本』より転載
なるほどですね、知りませんでした。
ということはあまりまわりにはいないのですが、いわゆる出来ちゃった婚のカップルとかそのカップルの出来ちゃった赤ちゃんには「コングラチュレーションズ!」 は言ってはいけないのですネ・・・気をつけましょう(笑)

はらはらする画像の紹介です。

ライオン7
すごいですね、この女性!
サーカス業界の方なのでしょうか?しかしこの女性、乗っている動物に顔が似てませんか?

プール
万が一サンダルで浮かんでいるテーブルタップがひっくりかえれば天国行きなのに、この男性達肝が太いというか、なんていうのか、スゴイ勇気です。

落石注意
これは見てのとおり「落石注意!」です(笑)

IMG_7667
今日は明治大学に所用がありお茶ノ水に出没です。
同大学発刊の「明大スポーツ新聞」によると従来の体育会は体育会各部と明大スポーツで構成されていましたが、この4月から従来の体育会各部と明大スポーツそれに新たに應援團が加わるとのことです。
そうか明大應援團は1907年以来長きに亘って体育会とは縁がないvolunteer団体だったのですね・・・知らなかった。
今日のお店は、周恩来ゆかりの店中国名菜「漢陽楼ラーメン」さんです。

住所: 東京都千代田区神田小川町3-14-2
電話:03-3291-2911
定休日:日曜、祝日

IMG_7655
お店の外観です。
明治44年(1911年)中国より渡った初代が上海の食を伝えるべく神保町に創業した漢陽楼。故郷の味を日本に提供し、初代と同郷の中国人留学生たちに親しまれていた歴史を持ちます。その中には、当時留学中の周恩来先生もおられました。彼らに懐かしさを与えた味は、日本人にとって新鮮な驚きとなり、代々引き継がれた今、多くのお客さまに満足していただいています。上海の伝統と現代中国料理を融合させた料理の粋を、どうぞご堪能ください。
漢陽楼HPより転載

かつて周恩来さんは日本の友人に「日本留学中(19171919)は好きで安い豆腐ばかり食べていた」と話していたそうです。よって周恩来さんが立ち寄っていたこのお店では、頼めば周恩来さんゆかりの豆腐料理が食べられます、ただし今でも値段が安いかどうかは知りません(笑)

IMG_7659
店内の雰囲気です。

IMG_7656

IMG_7657
今日のオーダー「生蠣湯麺(カキソバ)」@1,155円です。
見てください大ブリな牡蠣が三つものっています。
そしてtoppingの面々は筍、青梗菜、人参、木耳です。
味ですか、はるかはるか昔、全ての生物が海にいたことを想起させられる味です。
耳を澄ませば何やら潮騒が聞こえてきそうな風情です。
美味しいじゃありませんか、特に牡蠣、プリンプリンしていて強く歯噛みすると牡蠣の肉が口の中ではじけ飛びます。
しいていえば牡蠣は片栗粉をまぶしてトロミをつけたほうが好きだったのですが・・・いずれにしても久々の口福でした合格合格合格合格

それでは(^_-)