今日は「電車内での化粧」の話です。 
IMG_7520
最近このパチリのように東京都交通局は車内マナーについて喧(かまび)しいのです。
「電車内での化粧」についての私の考えは、他人に直截に迷惑かけることもないので取り立て目くじらは立ててはいません。
しかし身なり(含む化粧)を整えるというのは、身体の清潔を保つことだけでなく、他者に見られる、または見せるために自己を整えるということです。
したがって精神的自立に結びつき、社会の中で自立した個人として相互の関係を維持するために重要な動作です。それをなすことなく、他人の面前で化粧をするということは精神的自立がなされていないことと言い換えられます。
よって「電車内での化粧」について反対こそはしませんがやはりいただけませんネ。
でも・・・ですよ、いまだかつて美人の方の「電車内での化粧」は見たことがありません。
これは推して知るべしではないでしょうか、ハイ。

ちなみに以下はお隣韓国での「電車内の化粧」の話です。
いつものように化粧をしていたある日のこと、50代後半くらいのおばさんがジロジロと私を見てきました。その日はいつもよりも可愛い格好をしていたので、なぜか私は好意的に見ているんだろうと思っていたのですが、あまりにも見てくるので、(え、なに、見てるの?)という感じでおばさんを見ました。すると突然『ねぇ、なんでここで化粧するの?』と大きな声で言うではありませんか。

私は驚いて『え??』と返事をすると、おばさんは『だから、なんで地下鉄で化粧をするのかって聞いているの。ここは化粧する場所じゃないでしょ。他人から見えない所でするべき。降りてしなさい』と指摘。私はどうしたらいいのかわからなくて、思わず『大丈夫です』と言ってしまいました。でも、このひと言がおばさんの怒りを買ったようで、『何が大丈夫だって!こういうところで化粧する女性がどう見られているのか知ってんの?体を売る女性が化粧をしているんだってね。お嬢さんは体を売る女性かい?』…。私はあまりの暴言に驚き、あまりにも頭にきたので涙もこみ上げてきました。地下鉄でお化粧をするのはそんなに見苦しいものなのでしょうか?

どう思われますか・・・

セブンイレブン
桜木町にあるセブンイレブンのおでん容器アートです。
一体いつ作ったのでしょうか・・・暇なのかな・・・このお店では年中行事らしいですよ。

勝ちどきに「勝どきビュータワー」がオープンしました。
いわゆる再開発事業ですが、もとあった不味?ラーメン「ベア」さん、伝説の立ち飲み屋「かねます」さん等が戻ってきました。
ということで数ある飲食店の中から、出戻り組ではないのですが立ち食いそば・うどん「よつば」さんにお邪魔しました。

住所: 東京都中央区勝ちどき1-1B1
:不明
定休日:不明

IMG_7530
お店の外観です。

IMG_7535
店内の雰囲気です。

IMG_7531
メニューです。

IMG_7533

IMG_7534
本日のオーダー「たぬきそば」@330です。
このお店そばも、つゆもとても美味しいです。特に天カス、立ち食いそば屋さんには珍しく油が良いのでとてもサクサクしています。しいていえばお汁(つゆ)が少しぬるいのが唯一の瑕瑾(かきん)でしょうか・・・
そうそうこの食べ放題のキムチ、自家製だそうですが、とても美味しいのです、後半はたぬきそばでなくキムチそばになってしまいました・・・たぬきだけに化けるのはご愛嬌です(笑)

それでは(^_-)