今日は「アヒル口」の話です。 
『カワイイけど性格は悪い』と思われる女性の言動9パターン
【1】お金持ちの男友達が多いことを自慢する。
「『私は別格なのよ』と言われているようで腹が立つ」(20代男性)など、「美人とお金持ちの男性との繋がり」を快く思わない男性が多いようです。友達に妬まれる種をまかないためにも、セレブとの交友関係をアピールするのは控えた方が良さそうです。
【2】毎日のようにナンパされたことを報告する。
「単なる自慢に聞こえる」(10代男性)と、ナンパ被害の報告はルックス自慢だと受け取られるリスクがあるようです。たとえナンパ被害に困っていても、信頼できる人にしか言わない方が良いでしょう。
【3】上目遣いやアヒル口を恥ずかしげもなく実行する。
「計算高い女に見える」(30代男性)など、わざとらしい表情を見せると誤解を生んでしまうことがあるようです。必殺技だからといって上目遣いの乱用はせず、好きな人の前で「ここぞ!」という瞬間だけに使った方が良さそうです。
【4】「食事は奢られるのが当然」という態度をとる。
「特別扱いに慣れ過ぎている気がして嫌だ」(20代男性)というように、食事を奢られるときの態度で女性の本性を判断する男性もいるようです。たとえ相手の男性に誘われた食事でも、会計のときに財布を出そうとする謙虚さを忘れないようにしたいところです。
【5】自分のことを「私」ではなく、自分の名前で呼ぶ。
「自意識過剰な人に見えてしまう」(10代男性)と、カワイイ女性が自分のことを名前で呼ぶことに抵抗がある男性もいるようです。ブリっ子のレッテルを貼られるのが嫌ならば、ひとまず初対面の人には「私」を使った方が良いでしょう。
【6】髪の先を指でくるくる巻くなど、気取った態度をとる。
「自分の魅力を見せつけているように見える」(20代男性)など、カワイイ女性はちょっとした仕草でも「鼻につく」と思われてしまうこともあるようです。癖でやっていないか、改めて自分を省みてはいかがでしょうか。
【7】「私、ブスだしー」と、思ってもいないことを言う。
「『そんなことないよ!』って言わせようとしているのがミエミエ」(10代男性)など、自分を卑下するような発言も性格が悪いと思われる原因になるようです。素直に受け取ってもらえない可能性が高いので、内心「自分はカワイイ」と思っている人は自己評価を口にしない方が良いかもしれません。
【8】子供っぽいワガママを通そうとする。
「ルックスで何でも許されてきた甘い女っぽい」(30代男性)など、度を過ぎたワガママを言うと男性に「カワイさを利用している」と思われることがあるようです。過去にワガママを聞いてもらった実績があったとしても、度を過ぎたワガママは言わない方が良さそうです。
【9】「年収1000万円以下の男はありえないよね」と、男性を見下した発言をする。
「カワイイ人に言われると、余計に腹が立つ」(20代男性)と、男性に対する評価が厳しいと「見下している」と思われてしまうようです。ガールズトークでぶっちゃけ話をするときも、男性が聞き耳を立てていないか確認しておいた方が良いでしょう。
「オトメスゴレン」より転載

私はfeministなのでこの調査に対しては“No comment !”です。
そもそもこの調査に注目したのはアヒルロって何だろうと考えたからです。
しかしよくよく読むと「ロ(ろ)」ではなく「口(くち)」だったんですね。

アヒル口はタラコ唇やおちょぼ口のように人間の口の特徴を表す言葉のひとつで、近年では女性の魅力の一つとして認知されるようになっている。「アヒル口」という名称そのものは1998年にデビューした歌手・鈴木亜美に対して用いられたのが最初とされ、以降こうした口の形状が女性の「キュートさ」や「セクシーさ」を表す特徴のひとつとして、広く知られるようになった。2005年には『現代用語の基礎知識』に、2006年には『大辞林』に掲載され、一過性の流行語ではなく、一般用語として浸透していくこととなる。
アヒル口は先天性のあるものと、意図してそうした口の形状を作り上げるものに分類されるため、当然のことながらアヒル口という言葉が誕生する以前にも、酒井法子や岩井由紀子など、こうした口を持つものは存在したが、現代のような女性の魅力を体現する特徴の一つには数えられておらず、むしろコンプレックスのひとつとして捉えられていた。
「Wikipedia」より転載


アヒル口
でしょう・・・私の認識では「アヒル口」っていうのはあまり「キュートさ」や「セクシーさ」をあらわすものではなくディジーダック(ドナルドダックのgirlfriend)のイメージが強いのです。
私の知らない間に“美の基準”が変わったのですネ。
Gal系「不易流行」とでもいうのでしょうか、そうはいいながら「アヒル口」についていけない私なのでした・・・ありえない(笑)

だまし絵①
このパチリよく見て下さい。誰かいませんか?

今日はあたらしくカレー屋さんができカレー×1杯が@100円と聞いて奥様と出かけてきました。
今日のお店は「珈竰厨房(がりちゅうふぁん)」さんです。

住所: 京都練馬区土支田1-31-11
:03-6909-8951
定休日:無休

IMG_7358
お店の外観です。

IMG_7363
店内の雰囲気です。

IMG_7359
店内メニューです。

IMG_7361
今日の私のオーダー「カレーランチセット(カレーライス+ミニサラダ+半うどん)」@500です。味ですか、美味しいですよ。カレーが意外に辛くて結構でした。

IMG_7362
奥様のオーダー「うどんランチセット(カレーうどん+おにぎり×2個+お総菜×2個+味噌汁)」@500です。カレーうどんはカレーライスのルーを使っているのでイケます。
お総菜は、唐揚げと牡蠣フライですが、両方ともイケました。
しかし何とコスパの良いお店なのでせう。

IMG_7364

IMG_7366
ところでカレー1杯@100と記しましたが、訪れた日が早かったようで実施日は12月21日からなのでした、残念!
それと夜の部はクリアアサヒ及びハイボールがおかわり自由で@100と書いてあったので、酒の強い妹でも呼んで二人で20本以上は軽く飲んでやろうと楽しみにしていました。
為念店長に確認したところ“やはりそのように解釈されましたか。実は@100で何杯(@100×N本)も飲めますよというつもりのキャッチだったのでしたが、お客様みたいに思われる方がおおく謝り続けているのです。勘違いさせて本当に申し訳ございませんでした”とのことです。
そりゃそうでしょう、そんな値段だったら東京中から酒天童子?肝臓自慢の輩が参集してその日のうちにお店は倒産したでしょう(笑)
わかりましたよ、それでも@100は安いので試しに飲みに行きます、店長!
 
それでは(^_-)