今日は「名字考」の話です。
20051006202753[1]
日本の人口の10%余りが、「10大姓」と呼ばれる「佐藤」「鈴木」などのもっともありふれた名前を名のっています。そして、上位100位の名前を持つものは、日本の総人口の22%余りになるといわれています。
そしてその中で第二位の位置にいるのが鈴木さんです。
鈴木の名称は、古代にはみられません。「鈴木」は古くは「すすき」と読まれていました。それは、秋に稲を収穫して田につんでおくありさまをさす言葉でありました。
山のように積んだ稲の中に一本の棒または竹を立てます。その木から神が下りてきて寝ている稲穂に稲魂をうえます。そのあとで、稲魂を宿した稲を倉庫に入れて、種籾にしたのです。そのような神聖な木が「すすき」とよばれ、のちに稲穂を積んだものも「すすき」とされました。熊野大社の神官は、中世に「穂積」が「すすき」とよばれるようになると「鈴木」を名前にしました。そして、中世に熊野大社は各地に山伏を送って意欲的に布教していました。熊野大社の分社を祭るようになった武士は、自分の名前を鈴木に改め支配下の農民に自分と同じ名前を与えました。このような経緯から、「鈴木」の名前は熊野大社の末社の分布が濃い東北地方や関東地方に多いのです。
上記パチリは「すすき」のイメージのパチリです。
「名前探偵団」より転載

日本の場合女性が結婚すると、旧姓を名乗らず過半が夫の姓を名乗ります。
よって名前が浅子、金子、藤子、増子さんはこの名前を名字にする人と結婚すると回文的な感じになりますね。
浅子浅子、金子金子、藤子藤子、増子増子というようになります。
このような名前の人は、付き合う時に相手の名字を選ばなければなりません。

米国でも旧姓を名乗らず過半が夫の姓を名乗ります。しかし最近の傾向は自分の旧姓を保持したまま夫の名字を名乗る人はすくなくありません。
たとえば田中道子さんが鈴木さんという方と結婚すると、鈴木-田中道子っていうようになります。そして夫の鈴木さんも鈴木-田中っていう名字にすることもあるようです。

顎がずれてから硬いものが食べられず、麺系食事が続いています。
今日のお店は「山田うどん新座道場店ラーメン」さんです。

住所: 埼玉県新座市道場2-1-4
:048-481−7288
定休日:無休

IMG_6536
お店の外観です。

IMG_6538
割引券です。

IMG_6537

IMG_6539

IMG_6541
今日のオーダーは「和ぶしつけ麺」@490です。山田うどんさんはもともと麺の美味しさに定評があり、今日もその美味しさはかわらず、麺はツルツル、腰あり、香りあり結構です。今月の新作「和ぶしつけ麺」ですが、イケますね。魚介の香りが食欲をそそります。数える程度ある豚肉は名残惜しくなかなか食べられなかったのですが、ひとたび口に入れると肉汁がアフレテきて美味しいです、顎には少しキツイですが。
アクセントで入っている天カスも和ぶしの良い味わいになっています。
しいていえばもう少しトロミを強くした方がつけ麺らしいような感じがいたしますが・・・
美味しゅうございました合格合格合格合格

それでは(^_-)