今日は「オナラが臭いわけ」の話です。
今日のフリネタはオナラです。
「本来であれば」というのが難しいのですが、オナラというのは、口から入った食べ物が、身体の各消化器官で消化されていく時に発生するガスのことで、正常な状態であれば無臭となるのです。
「本来であれば」とか「正常な状態であれば」なんて回りくどい表現を使っていますが現代人は、この「本来であれば」とか「正常な状態であれば」という状態が極めて難しい現実があります。
では、どういう状態のときが、オナラが臭い時になるのでしょうか?
おならが臭う、臭わないは、主に腸で食べ物が分解されたときに出るガスの種類によって決まります。
おならは、豆類やイモ類などが消化された時にできる発酵型のガスと、肉や卵などの動物性たんぱく質が消化された時にできる腐敗型のガスの2種類に分けることが出来ます。
おならが臭いのは、肉食中心による腐敗型ガスのせいで、臭いの原因物質は、インドール、スカトール、アンモニア、硫化水素などが強いにおいを発生させるのです。
他の原因では、腸内の悪玉菌が増えすぎているとき、胃腸の働きが悪い時、ストレスが多い時、玉ネギやニンニクといった、硫黄分の多いものを食べた時もおならの臭いは強くなる傾向があります。
現代人は、どちらかというと肉食中心です。
つまり腐敗型のガスを作りやすいのです。
昔の日本人は肉よりも魚中心の食生活で、野菜もたくさん摂っていたので、食物繊維なども十分摂取していたと言えます。
このおかげで、あまりオナラが臭くなかったのです。
今、肉食をやめて魚や野菜中心の食生活に戻せ、といっても普通の人は無理でしょうけど・・・。
ところで健康な人のオナラは臭くないと言うと、ウソのように聞こえるかも知れませんが、本当のことです。
健康な人のお腹のなかでは、悪玉菌などが繁殖していないので、オナラの臭いの元になるガスが作られないので臭くないのです。
そして善玉菌が多くて、大腸の前のほうで炭水化物を分解してガス(二酸化炭素や水蒸気)を出すので、臭いもなく、害が無いどころか、腸管を刺激して腸の働きを高めてくれるということです。
「おならが臭い原因、くさいおならの悩みを解消しましょ!」さんのblogより転載


ガスト1
「安住紳一郎の日曜天国」のアシスタントの中澤有美子さんも一日に10数回されるというカミングアウトを番組で聞いて驚いたことがあります、エッあんなに美人なのに!
ちなみにオナラをすると英語でいうとDid you cut the cheese?です。
外国でもオナラは臭いようです…当り前か(笑)
赤ん坊のオナラは臭くないというので、長男で確認しました。
これは本当でした、私はこのままの成長を願ったのですが、流動食あたりの頃から大人と変わらなくなり、愕然とした思い出があります・・・親バカ!
何れにしても、人前でするのは問題ですが、溜めるのはよくないようですし、ですぎるのや臭いのも健康に問題があるようですのでhealth checkの一つの目安とすべきでしょう(笑)

今日は長男が帰省していたので、奥様と長男とでdinnerに「おはしCaféガスト大泉学園店」さんに出向きました。この店は「オトクーポン」が使用できるので最近このお店よく行っています。

住所: 東京都練馬区大泉学園町2丁目20−37
電話:03-5387-7057
休日:無休

ガスト2
お店の外観です。

ガスト3
店内の雰囲気です。

ガスト4
今日はスウィーツ編です。まず奥様オーダーの「イチゴケーキ」@418です。
これはイチゴの香りが丁寧に混ぜられています。まず無難な裏切らない味です。

ガスト5
私のオーダー「クリームあんみつ」@313です。これは粒餡が美味しい、ファミレスでこの味はスゴイ!さらにコスパもいいですね。

ガスト6
長男オーダーの「チョコケーキ」@208(オトクーポン使用)です。これはケーキの王様、ビターな甘さがタマリマセン。

「おはしCaféガスト」は 「いつでも 心地よく ココロ とカラダ にやさしいおいしさが味わえるガスト」というのが惹句です、要は健康志向ファミレスなのです。

さらにガストとは、「より身近に、より気軽に、我が家の食卓代わりに」ご利用いただけるようにと願いを込めてスペイン語で、「おいしい」という意味のGUSTOと名付けられたようです。

何か最近「オトクーポン」につられて、スカイラークグループばっかり行っていますね。

それでは(^_-)