今日は「実録池田屋事件」です
新選組VS長州藩士の池田屋の大乱闘は映画、TV、芝居等ありとあらゆるメディアで再現されていますが実際はどうだったのでしょう。今日は池田屋事件の唯一の生き証人、永倉新八氏の証言を紹介することでその臨場感を味わってください。
永倉は撃剣の加勢でもする気で横合いから敵に「お小手ッ」と右の小手をのぞんで斬りこむと、敵もさるもの、「そうはいかね」とうけ流し、今度は藤堂にはかまわず永倉へ斬ってかかる。これはなかなか撃剣(うで)ができるものとみえてよういに永倉を斬りこませない。両人とも必死となって奮闘したが、なかにも敵の刃先が永倉の胸の当たりへスッスッとくるので、傷こそうけぬが永倉の衣類がさんざんに切り裂かれたという。かかるおりしも敵は「ヤッ」と一声小手にきたのを永倉はひきはずし、得意の面を試みると、敵はみごとに左の頬から首へかけて切りさげられ血煙たってうち倒れた。そこでふたたび刀をとりなおし、さいごの一太刀を加えたさい、土間は漆塗(たたき)になっていたので剣はポキリと折れてしまったから、そばにすててある敵の刀をひろって起きなおるとき、ふと自分の左の手がベトベトするのに気がつき、よく見ると親指の付け根の肉を切りとられていたのであった。
【中略】
無類の惨劇を演じた三条小橋の池田屋の跡はじつに惨たんたるものであった。襖障子など一枚としてまんぞくなものがなくこっぱみじんにうちこわされ。天井板はその上に隠れたものがあったのを下から槍で突きあげたからこれもさんざんに引き裂かれた。階上階下の座敷のいく間は鮮血班々として畳を染め、ことにむざんなのは斬りおとされた腕や足が狼藉として散乱し、毛髪のついたままの鬢などが殺(そ)がれて落ちちっているのであった。
「新撰組顛末記」永倉新八著より転載

なんというリアルシーンなのでしょうか、当事者だけが知りえるドキュメンタリーですね。しかし命のやりとりに剣道の気合がでてくるとは、実話だけに正直驚かされました。
このような騒乱の時代に生まれなかったことに感謝です

岐阜に出張です。寒かったのでお昼はうどんにしました。ということで今日のお店はUDON DINING「あお井」さんです。

住所: 岐阜県岐阜市橋本町1-10-1ACTIVE G2F
電話:058-269-4121
定休日:奇数月第三火曜日


あお井1
お店の外観です。

あお井2
店内の雰囲気です。
のどが恋するうどんの艶コシ。旬の肴で今宵も一杯。との惹句から推察しますと、夜は居酒屋さんになるみたいです、沢山の全国名産の焼酎ボトルがそれを物語っています。

あお井3
今日のオーダー季節限定「味噌煮込うどん」@780です。
お店のお姉さんに、山本屋さんより美味しい、と聞きますと、自信あります、とのことでしたので、躊躇なく「味噌煮込うどん」を頼んだのでした。
味ですか、麺は、コシ良し、肌良し、艶良し、縮れ良しで申し分ありませんでした。汁(つゆ)も濃いめの八丁味噌が鰹節の出汁(だし)で溶かれておりこれも申し分ありません。美味しいじゃないですか!満足です。しかし麺量が少なすぎですね、それが唯一の瑕瑾(かきん)です。個人的な感想としては、山本屋さんより美味しいと思います?

それでは(^_-)