今日は「御御御付」の話です。
恥ずかしながら私はこの漢字が読めませんでした。私同様知らない人の為にご教示しますとこれは「おみおつけ」と読みます。
語源は以下の通りです。
【QOT】
女房詞に御付という言葉があります。
御付は本膳に付け添えるという意味から、吸い物の汁、味噌汁、麺のつけ汁と転じて使われました。時代を経るに従って、御付=味噌汁が一般化し、味噌汁の丁寧語として御御付、さらには御御御付が使われるようになったと思われます。
女房詞は室町以降の宮中奉仕の女官が使った隠語で、将軍家にまず伝わり、そこから町屋にも伝わったとされています。したがって、御御御付の発生時期は江戸時代辺りかといわれています。
【UNQOT】
「走る殿様さん」より転載
私は子供の頃味噌汁が大嫌いでした。理由は簡単です、母親味噌汁に煮干をいれていたからです。子供だったからでしょうか、魚臭い味噌汁は苦手でした。何度母親に、味噌汁に煮干を入れないよう懇願したかしれません。長じたら煮干は別に苦にすることもなくどちらかというと好きな食材の一つです。味覚は加齢とともに遷移するものなのですね(笑)
ちなみに私の好きな味噌汁の具
1. カンパチ
2. アサリ
3. じゃが芋と玉葱
です。

永楽1
今日のお店は昭和が色濃く残る大井町東小路飲食店街にある中華そば「永楽ラーメン
」さんです。

住所: 東京都品川区東大井5-3-2
電話番号:03-3471-8252
定休日:月曜日、第三火曜日

永楽2
お店の外観です。

永楽3
店内の雰囲気です。ちなみにここは二階です。

永楽4

永楽5
しかしこのお店完璧に昭和で時間が止まっていますね。私のホームタウンの下町によく見かけられたお店の一つです。その証左に昼間だというのにご酒(しゅ)を召し上がっている方がかなりいました。
今日のオーダーは「もやしそば」@800です。でてきた「もやしそば」を見て吃驚しました。もやしが真っ黒ではなく、スープが焦がした揚げネギのために真っ黒なのです。
具は豚肉、人参、モヤシ、ニラのカルテットがホッコリした餡で包(くる)められています。麺は細めの平打ち麺ですが、残念なことに腰がなくクタクタです。
スープはほんのり甘い鶏ガラスープでお約束の熱々は守られています。
味ですか、麺のクタクタを除けばマズマズです。昭和レトロに身を浸し、昼間から熱燗を飲みながら、中華料理をアテに酔いしれたい方にお勧めの一店です。

それでは(^_-)

永楽 ( 大井町 / ラーメン一般 )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ