昔の下町に変な飲み物がありました・・・もしかしたら下町だけではないのかもしれませんが、思いつくままに書いてみましょう。

一番目はホッピーです。これはいまやホッピービバレッジさんの営業努力で人口に膾炙していますが元祖・ビアテイストの清涼飲料水です。要は下町の貧乏オジサン達がビールを飲むお金がないのでホッピーに焼酎をまぜて飲み始めのですね。
私が大学に入った頃はこの飲み物は下町の人以外誰も知りませんでした。
ところで月島・築地ではこのホッピーを氷なしで飲ませます、そのためにマイナス二十度の冷凍庫でジョッキを凍らせてから供されます。しかしこれは焼酎が異常に多くなりますので悪酔いします・・・止めてくれ(笑)

二番目は電気ブランです。これは日本のワインの始祖ともいわれる神谷傳兵衛氏が浅草の今の場所にD KAMIYA BAR(後の 鍛バー)の看板をあげ飲ませたのが始まりです。
でも腰がたたなくなるのは電気ブランではなくアルコール度数が40度もある電気ブランオールドですので、腰が抜けるほど飲みたい人は間違わないで下さいネ
ちなみに電気ブランのチェイサーは生ビールがお約束ですから忘れずに・・・電気ブランでしびれた口をニュートラルに戻し次の一口を美味しくいただくために、これはお店のお勧めなのです。しかしこの電気ブランは浅草の発展とともに有名になってしまいました。

三番目は酒ライムです。悪酔いしたい方はこれが一番です。飲みすぎると次の日には頭、目、胃あらゆる部位に複雑で重篤な症状をもたらします。人生に疲れた方はお試しください、翌朝の不幸な目覚めまでは幸せheart02でいられます。
ちなみにこのレシピは以下のとおりです。
日本酒(冷酒用が良いでしょう)をあんまり大きくないグラスでロックにして、ライム1/4カケを絞って混ぜるだけ・・・簡単でしょう(笑)

四番目はホットコーラです。昔喫茶店でアルバイトした時メニューにありました・・・しかしこれって本当に下町だけなのかな???
レシピはこんな感じです。
.魁璽蕕魏个砲け、煮立ってきたらグラニュー糖をいれる。
耐熱グラスに注ぎ入れ、レモンを添える。
お店で作って飲んだことがあるのですが、ひたすら甘〜イっていう感じです。
この飲み物考えた人は変な人です。

最後はホイスです。昭和30年代、ウィスキーが高価な舶来品だった頃舌にとろりと甘さが広がるハイソなウィスキーの味をホイスが提案しました。要はホッピーがビールの代替品であるとするならばホイスはウィスキー版です。これは白金の後藤商店でしか製造されていないのでかなりマニアックです。多分下町だけ?で飲まれたのでしょう。少し甘めな味ですが不思議と悪酔いしません。噂では南米産の強壮剤や漢方が入っているので「これは体にいい!」といって飲むのがお約束です(笑)

皆さんはどれだけご存知でしたか?

今日のお店は「れんげ」です。
最近できたというので長男と行ってきました。
ここは外環ラーメンの店主が早世してから色々お店が居抜きでオープンしますがどこも成功していません・・・れんげさん、この負の連鎖を断ち切って下さいネ。

れんげ1
お店の全容です。
住所: 東京都練馬区大泉町4−20-6
電話: 03-5387-2903
定休日:不明

ここから後はパチリでご覧下さい。

れんげ2
店内メニューです。結構豊富ですね・・・しかし締めの料理e.g.ラーメン、うどん、焼きソバ、茶漬け等がないのが気がかりです。多分夜の部いけばあるのでしょうね。

れんげ3
ランチメニューです。少しお高いかなと・・・思いますが、次の画像をご覧下さい。

れんげ4
私の頼んだ「カレイ煮付け」@800です。それにしても盛り沢山のランチですね、これなら@800は納得です。味ですか美味しいですね、サラダもシャキシャキして美味しくいただけました・・・しかしカレイ煮付けに副食のガンモは少しクドイのではと思います。でもイケました合格合格合格合格

れんげ5
長男の頼んだ「肉野菜炒め」@760です。これも量がすごい(笑)少しツマミ食いしましたが味付けは良かったですね、隠し味のニンニクもさりげなく利いていて味が締まっています。これは美味しいです合格合格合格合格合格

それでは(^_-)