今日は築地で打ち合わせ・・・ということでお昼は築地場内と決めており昨日から何を食べようか悩んでいました。時間に余裕があったので大江戸線は築地市場ではなくひとつ前の駅の勝どきでおり歩いていきました。
勝どき橋ってゆれるのですね、特に橋の開閉部は地震並みのゆれでとても驚かされました。
勝どき橋を渡ってしばらく真っ直ぐ行きますと築地市場勝どき門がありここから入場すれば築地場内まで最短でいけるのです。
場内に入っていきますと数十羽のカラスと二羽のカモメがお出迎えで、鳥嫌いの私は呆然として立ちすくんでしまったのです。
そして数十羽のカラスを見ていたら、不吉な予感が体を包んだのでした。
ま・さ・か・今・日・は・水・曜・日」・・・歴史( 前回 も水曜日に来ている)は繰り返されたのです。ご存知の通り水曜日は市場はお休み、よって場内食堂もお休みです。仕方ないので補欠候補の築地市場「魚四季」が今日のお店です。
住所: 東京都中央区築地6-20-6
電話:03-3545-8018
営業時間:5:00〜14:00、17:00〜22:00
定休日:土曜日(夜)、日曜、祝日
このお店結構有名です。


場内食堂から離れていますが当然のことながら場内にあり市場の方々には愛されています。
ランチのお品書きです。他の場内食堂に比べればかなりお安いですね。


今日の獲物は寒ぶり刺身定食@950+鮭ご飯@50=1,000です。


この値段だとB級グルメとはいえないのですが・・・久々の場内なので奮発しました。

味ですか・・・不味いわけではないのですが今ひとつです。
私は富山担当が長かったのでキトキト(新鮮の富山弁)の寒ブリはかなり食べているのです。当地の寒ブリはつけた醤油がハジケ飛ぶほど油がのっています。
しかしここの寒ぶりは醤油クンと握手しているのでその身に醤油が塗りたくられるのを甘んじています。
それと値段が高いかな?刺身が7切れですから一切れ@136です。
ということでこのお店の総合評価は×です。
支払いをするときにこのお店のお姉さんに「有名なお店なわりには、今日の寒ぶり味が今ひとつですね、油のってなかったよ(怒)」といいますと、お姉さんは「ごめんなさい。今日は市場が休みなので昨日仕入れたものの冷凍なのヨ」とノタマイます。

何ですと、昨日仕入れたものなのかと怒りたいところでしたが、その正直さに免じて今日のところは「こういう日もあります」ということにしました(笑)

それでは(^_-)