今日は英会話の後奥様と大泉学園で待ちあせです。
なにやら大泉学園に美味しいイタメシ屋さんがあるというので連れてってもらいました。

今日のお店は大泉学園「スピガ」です。
スピガエントランス



住所: 東京都練馬区東大泉5-43-1大泉学園ゆめりあフェンテ2F
電話:03-5387-3367
定休日:無休

お店の名前の「スピガ」はイタリア語で「小麦粉」です。
このお店は、デュラム・セモリナ100%の小麦本来の味を楽しむ事ができる"生パスタ"が自慢のイタリアンレストランです。

今日の獲物、私はスピガオリジナルの「石焼カルボナーラ」@1,050です。
この食べ物を説明しましょう、まあ分かりやすくいえば石焼ビビンパのスパゲッティ版です。ここからはパチリでフォローさせていただきます。
カルボナーラ
まず土鍋に入ったグラグラに沸騰したスープスパが出てきます。


カルボナーラ
これに黄身と生クリームをホイップしたものを混ぜ合わせます。

カルボナーラ
トロミがついてきたようですね。

カルボナーラ
私はもう少しトロミがほしかったのでさらに継ぎ足してトロミの濃度を整えます。味ですか、これは美味しい。程よい塩加減のチーズ味スープの中でスパゲッティが口の中で踊ります。チーズと黄身の風味がトロミの中でネジレマス。付け合せのベーコンも絶妙なアクセントとなっています。カルボナーラ好きにはタマリマセン。結構なお味でした

ソーセージトマトソース
これは奥様が注文した「秋茄子とイベリコ豚のソーセージトマトソース」@1,050です。これはイベリコ豚のソーセージがプリプリしてイケました。トマトソースも程よく舌にからみ安定した味です。これもイケました

KALDI

練馬区の外国人の方々が母国の食材を求めにくる、おなじくゆめりあフェンテ内にあるグロサッリーショップ「KALDI」です。ちなみに私の英会話の先生方は皆ここに、故郷の食材を求めに来ています。

KALDI商品

ここは何でもありますネ。インド、中国、フィリッピン、韓国、タイ、インドネシア、インド等ほとんどの食材がおいてあります。日本に移住してきた外国の方々には重宝がられていると思います。

それでは(^_-)