今日は「ふしあな」の話です。
中学生の頃剣道の部活が終わると剣道仲間と一緒に近くの文房具屋さんで飲料水(チェリオとかミリンダ)を飲みながらダベって帰るのが常でした。
ある時剣道仲間の一人が目の前にある銭湯の木製の塀にふしあながあるのを偶然発見しました(目がいい)。
しかも女風呂側です。
イロ気づく年頃ですので大騒ぎです。あたりに人気が無いのを見計らって代表の一人が覗きに行きました。ところがふしあなが小さすぎて塀の向こう側が見えないのです(残念)。

そこでその日から皆が代わる代わるそこのふしあなに指を突っ込んでその穴を拡大していきました。
効率を求めるのであれば、彫刻刀みたいなもので穴を一気に拡大すれば良いのですが、そこは剣道少年です。そんな犯罪行為に間違われるようなことはあえて避け、自然と開いたようにするのがお約束です。

二ヶ月位かかったでしょうか中が薄ぼんやり見えるようになりました。
Xデイが近づいてきました。Xデイの前日仲間のO君が辛抱し切れず、とうとう禁断の丸刃の彫刻刀を持ち出し完璧に仕上げたのですが、明日のお楽しみということであえて中は覗きませんでした。

Xデイの当日、当然の事ながら皆稽古にも身が入らず、皆が「ふしあな、ふしあな」といっては笑いあうお馬鹿な中坊になりさがっていたのです。
そして稽古が終わるやいなやふしあなまで脱兎のごとく走っていきました。

最初の見学者は最後の仕上げをしたO君にその名誉が与えられました。
あたりに人気が無いのを見計らって、O君はふしあなを覗きました。
するとO君は
「穴が無い、穴が無いぞ、誰かがふさいでいる(怒)」
と大声で叫びました。
すると皆があたりの人通りも関係なく、そのふしあなを覗き込みます。
やはりふしあなは完璧にふさがれていました。
誰だ誰がしたんだと皆で怒声をあげていたら、文房具屋のオバサンが
「こらエロ××(中学校の名前)中生、お前らのやっていることはお見通しだヨ。昨日大騒ぎしていたので多分完成したのだなと思い、お風呂屋さんに連絡したのさ。文句あるなら剣道部の先生にも言っておこうか」
これには皆ギャフンでした。これが本当の「天網恢恢疎にして漏らさず」ですね
このオバさんも気がついていたら早く言ってくれれば・・・期待していたのに
でも良かったです、中学生のうちに捕まらなくて(笑)


今日のお店は「さくらんぼ」です
住所:   東京都足立区東伊興3-21-18
電話番号:03-3856−1071


「さくらんぼ」の全景です。このお店もんじゃ屋さんですがかなりお洒落です。

なかも古民家ふうで本当に癒やし系隠れ家みたいな雰囲気です。ジャズがBGMで流れていて心を和やかにしてくれます。



「チーモン」です。ピザともんじゃのコラボです。これ美味しかったですね。もんじゃとチーズの組み合わせが最高なのを証明した一品です。


豚もんじゃです。ソースが二種類のブレンドらしくて味わいが深いですね。今日の焼き方は「足立焼き」です。個人的には昔馬鹿にしていた観光もんじゃ「月島焼き」が好きです。

 

それでは(^_-)