実は例の話が復活して吉祥寺の私のお気に入りのイタ飯レストランで夕方に擬似お見合いの労をとります。
三本足(松葉杖)でこの雨の中ご苦労様なことだと思います(本当)

下町生まれなので大学に入るまで「ひ」「し」が上手く使い分けができませんでした。
さりとて下町の人皆がそうなので、大した痛痒も感じてはいません。
しかし大学に入ったら俄かに付和雷同し、というか少し恥ずかしくなったため、それを強制的に直したものです。

子供の時タクシーに乗るとき運転手の運転席の後ろ側の透明の仕切り板に「日比谷(ひびや)若しくは渋谷(しぶや)に向かわれる際は、分かりやすく運転手にその旨告げてください」との張り紙がありました。
確かに確かに下町の人が発音するとどちらも「しびや」になってしまうからです(笑)

そしてこの話はワープロが出始めた頃の話です。
町内会の先輩がワープロを打ちながら私に声をかけます。
先輩「おいおいこのワープロ壊れているぜ(怒)つい最近の東芝の最新機種買ったばかりなのに」
私「どうしたんですか」
先輩「非難梯子が変換できないんだよ、こりゃヘボだゼ」
私「ありえないでしょう」
先輩「ほれ、見てごらん」
私「アリャリャ、こりゃマジだ、洒落になんネェ(笑)しかし変ですね、東芝のワープロなのに?」
先輩「だろう」
私「(思うところがあって)先輩もう一度入力してみてください」
先輩「何度でもやってやるヨ。そりゃ!こうだ見てみろ」
私「先輩それじゃいくらやっても変換できないスよ(笑)だってさっきからしなんばしごって入力しているんですから」
先輩「・・・」


今日のお店は吉祥寺「プリミバチ」です。
住所: 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-21-1 井の頭パークサイドビル2F
TEL:0422-72-8202
定休日:無休

“プリミ・バチ”とはイタリア語でファーストキスを意味する言葉です。都会の喧騒をはなれた、閑静なロケーションにある「リストランテ プリミ・バチ吉祥寺」では、イタリアの名店で腕を磨いたシェフ、宇賀神 崇の生み出す本格的トスカーナ料理とワインがお楽しみいただけます。(お店HPより転載)

今日の獲物ですか?冒頭の案内の通り本日私キューピッド役の為若いお二人を紹介したのみで料理は食べてないのです。
当然ですよね(笑)一緒に食事をしていたらそれこそ馬に蹴られて死んじまえ問題になりますので、ソソクサと退場しました。

でも素敵な「プリミバチ」のテラス席からのパチリ写真をご案内します。

プリミバチエントランス
こ洒落たエントランスです。雰囲気ありますね。


プリミバチテラス席
この竹藪は階下の「金の猿」のお庭です。風が鳴ってます。


プリミバチテラス席
テラス席からパーティルーム側のパチリです。今日もパーティルームは大盛り上がりでした。


プリミバチテラス席
テラス席の一番奥まったところのパチリです。ここがこのお店の一番席ですネ


こういう日もあります(笑)
さて今回のキューピッドさんは二人の愛を纏め上げることができるのか
乞うご期待です

それでは(^_-)