本日は年始挨拶廻りです。
といってもほとんどが形骸化しており実態は名刺配りという極めて生産性のない行為をしているだけです。しかしこれは何処の会社も同じですよね。

今日は大宮駅中にある、「燃える炎と踊る米」の惹句で有名な行列のできる有名店「かにチャーハンの店」です。
普段は行列ができているので並ばないのですが、今日は四人位だったので列の後ろに付くことにしました。
並んでいるアイドルタイムの間、調理時間というか「あおり」の回数を数えていました(ヒマ人)。大体完成まで70回前後ですね。そしてあおりのトップギアに入るのが40回以降ということが判明しました(大発見)。

ということで今日の獲物は、かにチャーハン、かに味噌汁、中華ネギ鶏(2個付)セット@680円です。

調理人さんは皆ポパイの様な腕をしています(笑)

このチャーハンには、レタス、胡瓜、葱、かにが入っており、レタスと胡瓜のシャキシャキ感はこのチャーハンにサッパリとしたアクセントを与えています。
さらに炎を御して作られた踊る米は一粒一粒が際立ちその存在感を表しています。

味ですか美味しいのですけれど・・・この際はっきりいいましょう
このチャーハン暖かくないのです。以前青山に有る広東名菜「富徳」でチャーハンを食べた際は、あまりの熱さで口の中を火傷しそうになりましたが(もっとも周富徳はその人生において火傷していますけれど)、ここはそれなりに暖かいのですけれどチャーハンとしては冷たすぎます、食べ終わりの頃にはほとんど冷えチャーハンとなっているのです。
何故なんでしょうか、かなりの高い炎であおっていますが不思議です
多分調理する油の温度管理の問題なのでしょうね。
美味しいだけに残念です。

それでは(^_-)