Che Guevara, his eyes framed by heavy brows, a single-starred beret pulled over his unruly hair …で始まるのは英語の宿題でゲバラの記事を読んでいたからです。


ゲバラの略歴は以下の通りです。
【Q0T】
チェ・ゲバラ(Che Guevara)、本名エルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナ(Ernesto Rafael Guevara de la Serna, 1928年6月14日 - 1967年10月9日)は、アルゼンチン生まれのマルクス主義革命家で、キューバのゲリラ指導者。「チェ」はアルゼンチンのスペイン語で「ねぇ君」などと相手に呼びかけるときに使う言葉に由来するあだ名である。そのため、現地では通常「チェ」もしくは「エル・チェ」(elは英語のtheに相当する定冠詞)と呼び、「チェ・ゲバラ」と呼ぶことは少ない。
【UNQ0T】
なかなかナイスガイで一見荒々しく見えますが、とてもチャーミングで悪戯っぽいキャラだったようです。
さらに医者でもあり外観とは裏腹にかなりのインテリで読書を愛する勉強家でした。
世界で一番「格好良い男」とあのジョン・レノンに言われていたそうです。
宿題もたまには勉強になります

ということで午前中は宿題をやり、午後から奥様と池袋に買い物です。
三時のおやつに、池袋にあるあんみつ「みはし」に行きました。
実は私は、「辛い」ものも好きなのですが、「甘い」ものも好きで、いわゆる「両刀使い」なのです。
今日行った「みはし」はよく「上野本店」でも食し、好きな甘味屋の一つでもあります。
しかし「甘い」ものは、体調が悪いと特に美味しく感じられず難しい食べ物ですね。
一度湯島の甘味処「みつばち」で「ぜんざい」を頼んだところ、とても甘くて三口で箸を止めたことがあります。
自分の舌がおかしいのかしらんと思い、確認のため一緒に食していた奥様にも味見をしてもらいましたが「これはヒドイ」というコメントもいただき、体調以前の話ということでした。
私が思うに「みはし」は店員さんの教育=躾もよくいつ行っても感じがよいのですが、「みつばち」の店員さんは私語も多く応対も悪く、何か「老舗の看板」に胡坐をかいているような感じがします。
調理をしている所を見たわけではないので、異常な甘味についてこれを関連付けて裁断してはいけないのですがそのように思えたのです。
甘味屋だけに、脇が甘かったり(笑)
今日の獲物は私が「白玉ぜんざい」


奥様が「田舎じるこ」

どちらも美味しく口福感一杯で帰路に着きました。

それでは(^_-)