今日は腰痛の為、カイロプラテックに立ち寄りました。
なにやらヒドイ「筋硬血」で腰の筋肉がパンパン状態でそれが痛みを引き起こしている様です。
要は「走りすぎ」ですね→しかしこればかりは、減らせないナ?

駅に向かう途中、二歳くらいの子供が母親と一緒に電車が通るのを眺めていました。
電車が通るたびに「キャッキャッ」と歓声をあげています。
それを見ていると、目の前がかすんできました。

死んだ母親はあまり楽しみがなく、唯一の楽しみは「子供と遊ぶこと」です。
もともと「子供好き」なのと八人兄妹の末娘ということが相俟って、その性格により
かなりの甥っ子、姪っ子の面倒をみておりました。
今でもその当時の思い出を感謝の念をもって話す「いとこ」は多いいものです。

しかし最大の母の喜びは、私の子供、いわゆる「初孫」です。それこそ「目に入れても痛くない」の例え通りでした。
とくに私の子供が電車好きで、よく踏み切りにおんぶして出かけ、長時間あやしていました。
たまに私が、「疲れるから程ほどにしてよ」というと「馬鹿、この子が喜んでいるからやっているんだ、寝疲れたら帰るから余計なこというな」とよく怒られました。

何故かこのシーンが想起させられ、上述の目がかすむ因となったのです。

さて今日も社員食堂で「干物対決」です。今日は「シマホッケ」です。味はまずまずなのですが札幌で食べていたものと比べると油分とほっこり感がたりません。
まあいいかとそれはそれで満足したのですが、「シマホッケ」な〜、あまり聞いたことないなあとNetでしらべると以下の通りです。
【QOT】
もっとも、一般に本州で売られているホッケはシマホッケといって、ホッケとは異なる種類である。北海道のホッケはマホッケと呼ばれているもので、地元で美味と謳(うた)われるホッケはこれに相当し、シマホッケは安値で取引されている。よってホッケの「不味い」という先入観はこの代用品を使っている実態にも起因していると思われる。
【UNQOT】

なんだかなーでした。こんな日もあるよ!

それでは(^_-)