マラソンクラブの女の子から、次回の「B食倶楽部」の開催依頼のメールを受領しました。
そうなのです私は下町B食倶楽部の「主宰」をしているのです。
事の成り行きは、マラソンクラブの打ち上げの時、私は下町B級グルメの「エクスプローラー」という事を調子込んを話をしていたら、若い女の子たちがそれでは皆で行きましょうと盛り上がりった事が嚆矢です。
しかし、それはそれで所謂飲んだときの話かと思いきやマジ話でした。

結局芋が引けない(注:ビビッて手を引けないの意)状態となりました
「 B食倶楽部 」は粛々と進行したのです。

参加人数も、5人と多く幸いなStartでした。
「B食倶楽部」の憲法は三つ
1.美味しいこと
2.安いこと
3.割勘のこと
です。

今日まで、四回実施し、一度もケン=(注:見送りがないの意)がないのが誇りです。
今までの履歴を記しますと、以下の通りです

1st 菊川「和よしの」=赤モツと白モツのBattle堪能
2nd 浅草「パイチ」=ホワイトシチュウとタンシィチューの供宴を堪能
3rd 浅草橋「ピザハウス Bounobouno」=カプリチョーザ(気まぐれや)を堪能
4th 鶯谷「鶯谷苑」(A5レベル=サガリ⇒本当にこの店は教えたくない)

次回は「四川料理」です。

候補店は
浜松町「味芳斉」か白金「直城」を候補店にしています。
いかがでしょうか

それでは。