今日からブログを始めます。
まずは簡単に自己紹介します。
タイトルの通り、東京は神田で生まれ成長、その後大川(隅田川)を超え墨田区で生息する。
小学校から高校まで、巨人軍王監督(今はダイエーでしたか?)と同じ学歴。
ただしくは王監督は私の高校を落ち早実に入学する。
しかし王監督は補欠一番だったので、もし試験当日一人でも風邪かなにかで欠席していたら、我高校に入学しており、世界の「王」が誕生しなったというのが我下町の定番伝説である(本当かな?)

中学の音楽の先生がよく言っていた言葉がある。
(先生)俺の右手を見ろ
(生徒)何ですか、皺が多いように見えますが
(先生)ふざけるな、もっとよく見ろ
(生徒)チョーク汚れのことですか?
(先生)NO! 世界の王を張り倒した右手だ! 
(生徒)!!! 
これは実話ですネ、M下先生。

その後、脱下町を計るためセレブ系有名私立大学に入学。
しかしかかし仲の良かった高校体育会の友人のほとんどが同じ大学に入ったことから交友関係変わらず。
その数9名。
大学でも「下町」を引きずる。
その後社会人になり下町とは縁遠く国内を転々する。
地方でのTopicsが一つ、念願の禁酒を札幌の時実現する。
しかし大阪での単身生活で簡単に復活。
それ以来鯨飲人生まっしぐら。
趣味はB級グルメ食べ歩き、マラソン。

さて本日の「おしたじ」子供の時、醤油のことは「おしたじ」って言っていた、間違いなく!
いつの頃から「お醤油」に変わっていた。
子供の時は、おしたし(正しくは「御浸し」?)てから食べるから、おしたじかと勝手に考えていた(意味が分からん)。
しかし本を読んでいたら解明したのだ。
蕎麦のつけつゆをタレと言うすが、これは「垂れ味噌」を略して呼んだ名残だそうだ。
それに対して「下地」とも言うがこれは味噌から醤油で味をつけるようになってからのことだ。
「下地」とは吸い物の味付けの土台になるもの、すなわち「醤油」のこと。
つけつゆが完全に醤油味になったのは18世紀後半以降の江戸から。
そうか「おしたじ」は下町言葉ではなく立派な「日本語(江戸弁)?」だった。
といこうとは下町言葉じゃないか!(^^)!
しかし何で使わなくなったのだろうか。
醤油メーカーのCMの影響?
子供の時「醤油」なんていったら、何か「かっこ」つけている様に思えて「封印」していた。
要は人口に膾炙しなくなったのだな。

それでは。