下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

2022年11月

続 秋津 よし乃寿司

続・日本語ボランティア
maxresdefault
今日の生徒さんはフラン人です。
奥様が日本のフランス人学校でフランス語を教えるので一緒に日本に来たみたいです。
彼はITエンジニアなので本国にいなくてもソーシャルメディアで対応できるので問題はなくたまに本国に戻るようです。いくらPCで仕事ができるからと言って日本に居続けて良いものでしょうか。
フランスの会社は8時に始まるので、時差を計算しますと日本時間で16時には教室をでなくてはならないようですが、この日は特別で16時迄勉強していました。
奥様は学校で働いているので日本語を話す機会もあり日本語は上達しているようですが、彼は家の中の仕事なので、ほとんど日本語話す機会がありません。
たまにあう友達もフランス語か英語で話すので、まったく日本語は上達しないようです。
もっと日本語で語りかけてほしいとこぼしていました。
このように、彼は折角日本に来たのに日本語が話せない状況にストレスを感じているようです。
でも仕方ないですね。
趣味は料理なのですが、品物に書かれている日本語が読めないので、欲しいものが買えないようです。
外国語表記のスーパーマーケットもありますが、そこは遠く且つ高いので、たまにしか行けないようです。
フランスは農業国なので、野菜が沢山あるようなのですが、日本は野菜が少ないとこぼしていました。
彼は自らのスマホを見せてこんな野菜はどこで売っているのと聞かれましたが、初めて見る野菜なので答える事ができませんでした。
事程左様に彼の日本語習得は難しいみたいです。
教える方にしても、日本語の数の数え方は、難しいのです。
なんとも苦労しています。
また私の英語の発音はフランス人には聞こえにくいようで、これは私のストレスになっています。
いずれしても一生懸命に外国語を学ぼうとする姿は心をうつものがあります。
彼の日本の印象はITが進んでいて且つ狭い家に住んでいるので閉鎖的な国民だとおもっていたそうですが、来日してみてみんな親切で優しくて驚いたそうです。
特にこのようなボランティアの日本語学校はありがたく感謝していると何回もいっていました。ところでフランス人も英語は話すのですね。
ある意味、驚きました。


真央ちゃんVS真央ちゃん!迫力のワイヤアクションを披露!


IMG_2317
今日は秋津に出没です。
以前よった寿司屋さんが美味しかったので暖簾をくぐりました。
今日のお店は「よし乃寿し」さんです。

住所: 東京都東村山市秋津町5-8-2
電話:042-391-3177
定休日:毎週火曜日

IMG_2318
お店の外観です。

IMG_2323
店内の雰囲気です。

IMG_2320
メニューです。

今日のオーダー「ちらし寿司」@900円です。

IMG_2319
座るやいなやテーブルセットがでてきました。

IMG_2321

IMG_2322
待つこと3分ちらしが到着しました。
見た目、刺身が厚いですね。
それでは実食です。
ランチなのでネタはそれほどの美味しさではありません。
マグロはその厚みで噛みきれませんでした。
これがこの店のウリなのでしょうね。
昔の方が美味しかったですね。

それでは(^_-)

吉祥寺 猿蔵

日本語ボランティア
在留外国人を対象とした日本語教育のボランティアを始めました。
彼らに日本語を教えるのには資格が必要ですが、今からですとその講習が始まるのは来年の9月からなので、資格は取れません。
日本人なので日本語は話せるので資格がなくても良いかなと思いました。
そこで無資格でもできるところを探しましたら有りました。
そこでボランティアの代表者に電話しますと、人が足りないので来てください、というのでトライアルで参加しました。
会場は某大学の集団室で行われていました。
予定より早めに行き代表者に挨拶をしました。
年配の女性でした。
しばらくすると生徒さんがやってきました。
外国人は中国人の人が多いですね。
その中で、私はミャンマー人の方の指導のサブとなりました。 
彼は3カ月前に日本に来たので、日本語はほとんど話せません。
従いまして、話しは英語がメインになります。
なかなか面白いですね。
私は、英語の文法用語は得意なので説明には不自由しませんが、如何せん、サブですから出すぎないようにしていました。

E381BFE38293E38
具体的には日本語の数の数え方から始めました。
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10の数字は、いち、に、さん、し、ご、ろく、なな、はち、きゅう、じゅうですが、数え方は、ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ、いつつ、むっつ、ななつ、やっつ、ここのつ、とう、となります。
さら〜に、日の数え方は、1日はツイタチで2日はフツカですが、3日からは数字+カとなりますが9日はココノカ、10日はトウカになります。
さら〜に、11日からは数字+ニチとなりますし20日はハツカとなります。
日本人である私もこのように面倒くさいのですから、日本に来て間もない彼は大変でしょう。
それしてもこの乱取りのような日本語のレッスンに彼はよくくらいついてきます。
彼の額には薄っすらと汗がにじんできました。
50分経ったのでブレイクしました。
そこで彼に疲れたかと聞きましたら、そんなことはありません。
大変面白いしやる気になりますと答えていました。
着ている服の雰囲気からすると故郷ではお金持ちの子弟なのでしょうね。
でなければ日本には来ないでしょう。
さら〜に、後半は、コレ、ソレ、アレ、ドレの勉強です。
これは蛍光灯です。
それは蛍光灯です。
あれは蛍光灯です。
どれが蛍光灯ですか。
を名詞を替えて何回も反復練習をしました。
一緒に説明している私も疲れてきました。
しか〜し、心地よい疲労であります。
個人的には英語もしゃべれるので何とも楽しい日本語指導になりました。


何だか変だけど面白くて、実力を感じさせる阿佐ヶ谷姉妹。
イントロでとぼけたダンスで笑いをとり、歌ったら、おおっ!と観客を驚かす江里子お姉さん。
後ろでゆるく踊る美穂さんと、工事現場のような舞台づくりが、らしさを感じさせます。
今もどこかの現場でステージやってんでしょう



IMG_2206
今日は吉祥寺に出没です。
今日は武蔵野市新潟町の「猿蔵」さんです。

住所: 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-13-1 板谷ビル B1F
電話:050-5457-5794
定休日: 第2「月曜日」第4「月曜日」*祝日の場合は翌日火曜日がお休みになります。

IMG_2208

IMG_2209
お店の外観です。

IMG_2211
店内の雰囲気です。

IMG_2210
メニューです。

今日のオーダー「越後セット」@1,045円です。

IMG_2212
座るやいなやお水が用意されました。

IMG_2213
待つこと14分で「越後セット」が到着しました。
見た目、色目が悪いですね。
それでは実食です。
寿司は一貫毎ではなく長い酢飯の上に一定間隔でネタが乗っています。
醤油がなかったのでお店の人に頼みました。
味はそれなりですね。
美味からず不味からずでした。

IMG_2214
栃尾揚げ焼きもそれなりでした。
まぁ揚げ焼きですからこんなものでしょうか。

IMG_2215
蕎麦はここが新潟のお店であることがわかりました。
この蕎麦は極上の味です。
美味しいです。
最後でなんとかしまりました。
こんな日もあります。


それでは(^_-)

ひばりヶ丘 金豚雲 リターンズ

3時間も話すなよ
私の友人の話です。
街で数十年ぶりにあいました。
久闊を除すために喫茶店でおしゃべりをしました。
彼は名前を聞けば誰でも知っている超難関大学に入っていたので、さぞかしの自慢話をきかされるのかなと思いきや真逆の話でした。
彼は卒業後10以上の会社を転々として最終的には60歳になったと時には無職だったのです。
聞いている私が驚くほど紆余曲折の人生だったのでした。

AS20180326003003
彼が最初に努めたのは総合商社でした。
当時の商社はラーメンからミサイルまでという幅広い営業だったのです。
その中で彼が担当したのは鋼板でした。
当時の高炉は新日鉄、住友金属、日本鋼管、川鉄、神戸製鋼の5社でした。
多分今でもそうなのでしょうが、高炉はとても尊大だったのです。
高炉の担当者は平生より「士農工商」と呼んでいて、商社の人間は紙くずのようなものとして見ておりました。
実際、当時の商社は紙口銭とよばれるような紙のような薄い口銭を高炉からもらいその糊をしのいでいたのでした。さら〜に、当時の高炉の営業は体育会系の者が多く、まさに無理編に拳骨というような理不尽な要求が多く、もともとデリケートだった彼の心はボロボロになっていたようです。
当時の高炉は郵便代の削減のために郵便物は商社の担当が取りに行く事になっていたのです。
ある日、いつものように郵便物を取りに行くと、担当の女性から伊藤忠さんは取りに来る頻度が少ないわよ。
その為にボックスから書類があふれていて、他の商社のボックスに混じって、私が怒られたじゃない、と言われたものですから、彼はさすがに耐え切れず、このような書類はこっちが取りに来るものではなくてそっちが送るものじゃないですか、と言い返したら、それをたまさか営業の課長が聞いていて、なんだ、新入社員のくせに生意気な奴だと怒り担当を外されたのでした。
彼は社内で干されてモンモンとした日々を送っていました。
そして自殺を決意して、どうせ死ぬなら高炉の工場にある劇毒薬を飲んで死んでやろうと考えて、高炉の工場で劇毒薬を盗もうとしたのがばれてしまったのです。
会社からは精神異常を疑われ精神病院での治療を命じられて、結果、鬱病と診断されて入院、会社は休職を言い渡したのですが、戻っても出世の目がない事から有休をとことん使って会社を辞めたそうです。
期せずして奥様が第一子を出産していて、子どもが生まれたが、職がないという不遇の時代を迎えたのでした。
それ以来、何処で勤めても長続きはしないで、ストレスが溜まると鬱病になって入退院を、繰り返すという事で、収入は奥様と奥様の実家が支えていたみたいです。
このような事を明るく話す彼の表情には一点の暗さもありませんでした。
それにしてもよくも10社近くの退社理由を覚えているものです。
ちょっとの付き合いのつもりでしたが、3時間も彼の「人に歴史あり」を聞いておりました。
聞く方も聞く方ですね・・・


動物園でオランウータンのブースにお母さんが近づきました。
胸には赤ちゃんを抱っこしています。
すると、そばに寄ってきたオランウータンが人間の赤ちゃんを指さしながら、愛おしそうに見つめています。
まるで「かわいいねぇ」と言っているようにお母さんと気持ちを通じさせています。
オランウータンから伝わってくる愛情にほっこりします。



今日はひばりヶ丘に出没です。
今日のお店は「金豚雲」さんです。

住所: 東京都西東京市ひばりヶ丘北4-3-30
電話:042-421−6066
定休日:無休

IMG_2196
お店の外観です。

IMG_2199

IMG_2200
店内の雰囲気です。

IMG_2197
レジェンド葛西選手も来店しています。

IMG_2198
メニューです。

今日のオーダー「肉汁うどん+ネギ」@850+@100=950円。

IMG_2201
お水はセルフサービスです。

IMG_2202
待つこと13分で「肉汁うどん+ネギ」が到着しました。
見た目「THE武蔵野うどん」ですね。

IMG_2204

IMG_2203
それでは実食です。
うどんはコシがありますね。
口内感触最高です。
つけ汁は過不足なく出汁が利いていて美味しいです。
浅草「葱膳」の葱は噛みしだ来ますと甘さがはじけます。
これは肩の力が抜けて食べれます。
安定感ある美味しさですね。

それでは(^_-)

弁天町 としおか 5th

体調が良くない
img_body01
仕事を辞めてから体調が悪くなりました。
それまでは規則正しい生活でしたが、仕事を辞めてからダラダラの生活になってしまい、結果、ヘモ、腰痛等が起こったのです。
もともとヘモはたまになる悪友みたいなものでしたがまさか発症するとは思いませんでした。これはかなり痛くてその為に変な座り方をしていましたら、腰痛を起こしてしまったのです。その前にはシャンプーで頭がかぶれて皮膚科にいくなどこれは治ったからいいようなものですが満身創痍であります。
シャンプーも種類を変えた訳ではありません。
従来使っていたものにかぶれたのであります。
60代になると、フィジカルの面が気になってきます。
上述したような体調不良や運動神経の衰退が顕著になってきます。
もう元には戻ならいので、何らかの形でサポートしながら、体と相談しながら乗りきっていくのですが、今までの幻想があるからこれが難しいのです。
最近、体ってこんなにも大切なものなのかと感じ入っております。
特に疲れたりすると、肉体的な限界というものを回復しようとして、ムリにムリを重ねていたみたいで、それがよくなかったようです。
私の友人たちの多くは、暇を持て余して酒浸りになっているのを脇で見ていて、それが嫌でああなりたくないなと思ったので、頑張りすぎていたのでした。
これからは身体の悲鳴を無視するのではなく、ちゃんとその声を聴くようにしようと思っています。少し遅すぎた感はありますが、人生100年時代ですからまだ間に合うでしょう。
近年、新聞やテレビなどのメディアで「人生100年時代」という言葉ををよく見聞きするようになりました。
「人生100年時代」という言葉には、単純に寿命が延びているというだけでなく、ライフプランの立て方や働き方に大きな影響を及ぼす可能性があるという一面があります。
世界的に見ても長寿大国といわれる日本において、「人生100年時代」は、私を含めて決して他人事ではないと思います。
そのためには、自身のスキルを磨くことや健康状態を維持するなど「見えない資産」を大切にしたうえで、更に老後の生活に必要な資金のことも考えなければならないでしょう。
寿命が分かっていれば老後の生活に必要な資金も計算できるのですが、こればかりは分かる人はいないので難しいでしょうね。


カラスがピアノ演奏
カラスはもともと頭がいいことで知られています。
この2羽のカラスも優秀です。
互いに鍵盤をつつき合い、それが、何となく調和されているから不思議です。



IMG_2192
今日は年に一度の人間ドックです。
という事で人間ドックの日はこのラーメン屋さんです。
ここのラーメンを食べるのが年に一回のお楽しみなのです。
今日のお店は「としおかラーメン」さんです。

住所: 東京都新宿区弁天町20
電話:不掲載
営業時間:11:00〜14:00
定休日:日曜日

IMG_2180

IMG_2184
お店の外観です。

IMG_2188
店内の雰囲気です。

IMG_2185
メニューです。

IMG_2186
今日のオーダー「塩ラーメン」@1,000円です。

IMG_2187
お水はセルフサービスです。

IMG_2189
待つこと15分で「塩ラーメン」の到着です。
見た目、味が濃さそうですね。

IMG_2191
味変はニンニクです。

IMG_2190
それでは実食です。
具材はチャーシュー、メンマ、海苔、ネギあんど塩ラーメンに乗るジュッとかける油、ネギ、生姜、辛味オイルのフルラインナップであります。
まずは白い熱々の湯気が立つスープから頂きました。
このスープは香りとコクで素材達をやさしく包み込んでいます。
濃厚な動物系と一部魚介系の出汁も併せているのでしょうか。
ハッキリした塩味は美味しいです。
メンマは歯ごたえよくシャキシャキしていて好食感です。
個人的にはこの味が染みたメンマが大好きなのです。
本当に美味しいですね。ほっこりと炊けたチャーシューは過不足ない脂が美味しく、噛みしだくたびエキスが口の中の隅々に広がっていきます。

IMG_2181
1時間待ちでしたが大満足のラーメンでした。

それでは(^_-)

続 秋葉原 昭和食堂

近所をブラブラ
※新たなフィッシングか?
IMG_2168 (1)
最近、暇なので良く出歩きます。
駅まで行ったので、なにか買い物をしようと財布を覗くとお金がないのに気がつきました。
最近、お金を使わないので、財布の中身が気にならないのです。
これはマズイと思いATMを探しましたら郵便局のATMがありましたので、そこのATMボックスに入りました。
早速カードを入れて暗証番号を入力して必要金額を押下しますとお金がでてきません。
画面には「お引出し金額を入力してください」と表示されています。
そこで再度23,000円と入力するのですが、画面には「お引出し金額を入力してください」と出るのです。
もしかするとこのATMはウィルスに汚染されていて、下手にこの作業を続けていると預金額が全部消えてしまうかのような気持ち悪さを感じました。
それでも「お引出し金額を入力してください」と出てくるので、今度は23と入れての後に千円を押下しても「お引出し金額を入力してください」と出てきます。
そこで目の前の電話でヘルプセンターに問い合わせてみました。
最初は、おかしいですね、と言っていた担当はしばらくして、お客様の画面をよく見てください。
千円札が0枚になっていませんか、と聞かれたので、画面を見ますと、千円札は0枚までです、と書いてありました。これで合点がいったのですが、それならば、現在この機械は千円札の手持ちがありませんので、万円単位で入力してください、と表示させればいいのにと強く思った次第であります。

※神社が厳しい
IMG_2195
神社本庁が3年前、およそ6000の全国の神社に行ったアンケートによりますと、年間の収入が1億円以上の神社はわずか2%だった一方、300万円未満と答えた神社はおよそ6割にのぼっています。
神社の運営の現状について、国学院大学神道文化学部の藤本頼生准教授は、高齢化や人口減少で氏子の数が減り、地方を中心に収入の確保が難しくなっています。
経営が立ちゆかなくなる神社が相次ぎ、この10年で神社の数はおよそ300減っています。
多くの神社は危機的な状況に立たされているようです。
私の地元の神社もこのような貼り紙をして寄付を募っています。
神社の収入源は結婚式、七五三、お宮参り、車のお祓いなどの祈祷料が大きな割合を占めています。
これだけではなりたたないので副業で家計支えている事が多いようです。
実際この貼り紙の神社は駐車場経営をサイドビジネスとして行っていました
一方のお寺は、布施収入だけで生計を立てられない寺が多いようです。
そこへ、コロナパンデミックが仏教界を直撃したのです。
昨年来、「3密」状態になりかねない法事は減り、葬儀も「家族葬」や「1日葬」、あるいは火葬のみの「直葬」になるケースが劇的に増えてきました。さらに花まつりやお彼岸、お盆などの年中仏教行事も、多くの寺院が規模縮小や自粛に追い込まれています。
日本の神教、仏教ともども長い下り坂にさしかかったみたいです。


ロウソクの炎が移動する。種明かし付き。
何でも種を明かせば、皆が「なぁんだ」と言います。



IMG_2136
今日は秋葉原に出没です。

IMG_2137
最初はとんかつの「丸五」さんに行こうかと思ったのですが長蛇の列で見送りました。
この2人は次に呼ばれるので一歩前に進んだのであります。
今日のお店は「昭和食堂」秋葉原駅前店さんです。

住所: 東京都千代田区外神田1-15-11 秋葉原西川ビル1F
電話:03-6206-9721
定休日:無休

IMG_2138
お店の外観です。

IMG_2140
店内の雰囲気です。

IMG_2139
メニューです。

今日のオーダー「まかない丼」@880円です。
IMG_2142
待つこと10分で「まかない丼」の到着です。

IMG_2143
それでは実食です。
トロトロ玉子はイケテいます。
これはたまりません。
焼肉は豚バラ肉ですがかかっているタレがワイルドなのです。
癖はありますがとても美味しいのです。
まさにご飯がススム君です。
その後味変で、紅生姜と唐辛子と特性タレをのせてかき混ぜていただきましたら、味がさら〜にワイルドになりました。
クセになりそうな一品です。
とても満足なランチでした。

それでは(^_-)

東向島 味の横綱

エライ先生は後輩
IMG_2159
高校の友人主催の街歩きに参加しました。
高校の友人はかなり前からガイドをしており、3年前からNPO法人となり、自らのガイドクラブを立ち上げていたのでした。
私はひょんなことからそれを知りその街歩きに参加しました。
当日、会場に行きますと、驚いた事に高校の同級生・後輩が沢山きており、その参加率は40%程度であります。
さらに講師はNHKの歴史探偵にでている著名な先生でした。
その日は私服だったのですぐには分からなかったのですが、主催者から、今日の講師はNHKでよくお目にかかる△△先生です、と言われて合点がいきました。
講義は分かり易くて面白いものでした。
講義の後は、講義で説明した場所への立ち寄りです。
講義で聞いていたので現地の臨場感は言うまでもありません。
私は主催者の友人と一緒に歩いていますと、くだんの先生が、今聞いたのですが、貴方は△△さんの同級生だそうですね、と言われたので、そうですが、と答えますと、私は△△さんの1学年後輩です、と言ったのでした。
これにも驚きました。
さすが私の高校は進学校ですね、多士済々です。
そうか先生は私の後輩なのかと思ったら私の態度が変わりました。
正しく言うと私の好奇心のアンテナが立ったのです。
早速、歴史探偵のオファーはNHKのプロデューサーから来るのですか、と聞きますと、あの番組はアマゾンラテルナさんが作っているのです。
ですから私への依頼もそこからです。
さらに、尺(番組の時間の長さ)はどうやって決めるのですか、と聞きますと、メールで資料が送られて、これに基づいて△△分程度に纏めてください、ときますので、その時間内に説明内容を決めるのです。
なるほどなぁと納得した次第です。
後は、高校の時の思い出話に終始していました。
彼も裃を脱ぎますと普通のオジサンでした。

IMG_2164
最後は桜橋にきました。
ここで夕陽を浴びながら釣りをしている人を見つけたのでパチリしました。
なかなか絵になりますね。
今日は高校の仲間が多かったので終了後の飲み会を期待したのですが、コロナがまだ暴れまわっているので、お開きとなりました。
仕方ないですね・・・


なんとエリザベス女王が映画007に出演しています。
2012年に、エリザベス女王も参加したことで大注目されたロンドンオリンピック開会式。
その場面を、うまく映画007はコラボさせています。
その際に、女王はある条件を出していたようです。
そしてその条件が通るや、女王は5分で出演を快諾したそうです。
条件はひとつ。セリフを言うこと、でした。
そのセリフとは、女王を迎えに来たボンドに、「こんばんは、ミスター・ボンド」と応えるひと言でした。



IMG_2149
今日は向島に出没です。
きょうのお店は約50年ぶりでの再訪です。
今日のお店は「味の横綱」さんです。

住所: 東京都墨田区東向島2-22-2
電話番号:03-3612-3004
定休日:火曜日・水曜日

IMG_2150
お店の外観です。

IMG_21511

IMG_2153
店内の雰囲気です。

今日のオーダー「湯麵」@640円です。
私が良く来ていた時の店主は何歳だったのでしょうか。
私がお邪魔していた時は炎をたててフライパンを客の前にぶつかるように煽っておりました。
当時20代後半とすると今は75歳は超えているのでしょうね。
それにしても元気ですね。

IMG_2152
座るやいなやお水が到着しました。

IMG_2154
待つこと14分で湯麵が到着しました。
昔ながらの野菜多めです。

IMG_2156
なんて懐かしがっていましたら隣の人は常連さんなのでしょうかモリが富士山になっています。
私たちの頃はもっと標高が高かったですね(笑)

IMG_2155
味変はニンニクです。
50年ぶりの湯麵です。
あれつ、スープが昔より美味しくなっています。
味が濃くなったと申しても間違いはありません。
麺は浅草開花楼の中太麺ですのでコシがあります。
食べきれるかと心配していましたがなんとか完食できました。
それにしても50年ぶりの湯麵が美味しくなっていたとは驚きであります。

それでは(^_-)

谷中 ハギカフェ 5th

マイナポイントDE大騒動
IMG_2121
奥様がマイナポイントを取得したいと言い出したので、私が手続きする事になりました。
既に取得した友人からはかなり面倒くさいと聞いていたので慎重にアプリで指示されたボタンを押下(おうか)していきました。
なんとか20分位でできたのでついでに自らのも取得しました。
手続きした2日後に公金受取の口座の登録と健康保険証の 利用申し込みの二つ分の@7500×2=15,000はすぐに振り込まれました。
ちなみ奥様の指定のカードはNTT系列のD払いです。
ところがマイナンバーの新規取得については10日経っても振り込まれません。
そこで区役所で確認すると、20,000円をコンビニエンスストアでチャージすると、20,000円×25%=5,000ポイントが入金されるとの事でした
早速、奥様を連れて近所のファミマに行き20,000円をチャージしました。
するとスマホのD払いには5,000ポイントが振り込まれていませんし、20,000円のチャージも表示されていません。
そこで近隣のDoCoMoにバスで行きました。
地元のDoCoMoは親切です。
早速、奥様のスマホの画面をチャカチャカいじりチャージした20,000円を表示させてくれました。
しか〜し、この表示の方法はかなり難しいというか、こんな機能は普段使わないので関係者以外は知らないでしょう。これで準備が整いました。
DoCoMoの担当者によりますと、あとは五月雨式に20,000円の買い物をすれば良いとの事でした。
さすがに疲れたのでこの日は食事をして家路につきました。
次の日から奥様は買い物をはじめました。
帰ってからポイントがついているかどうか確認してくれといわれたので、確認しますと1ポイントもついていません。
不思議です。
仕方がないので次の日に再びDoCoMoに行きました。
私の奥様の異常事態に担当者は驚愕の表情を私たちにまき散らしていました。
担当者曰く、ありえないとの事でした。
そこでDoCoMo本体に聞いても、これと同じ事態の報告は1件も上がっていないようでした。

IMG_2123
通常、買い物をするとこのような使用高カウンターで表示されるようです。
ところが奥様のスマホにはこのようなカウンターすら表示されていません。
大問題です。
ここからDoCoMo本体を巻きこんで大騒ぎになりました。
地元DoCoMoとDoCoMo本体の電話でのやりとりは1時間も続きました。
その間、私と奥様はボーっとしていました。
その日の結論は、家に帰ってマイナンバーカードで振り込み日を確認してください。
なかったら明日再度来店くださいとの事でした。
家に戻って奥様のマイナポイントを確認しますと・・・
すでに20, 000円分の買い物をしてすでに5, 000ポイントは使用済みだったのでした。
めでたし、めでたし、ではありますが、マイナポイント取得は事程左様に面倒くさいのでした。


【ラーメン屋台】外国人向けの紹介映像



IMG_2079

IMG_2078
今日はガイド研修で谷中に来ています。
谷中でランチと言えばこのお店でしょう。
今日はガイド仲間と訪れました。
今日のお店は「ハギカフェ」さんです。

住所: 東京都台東区谷中3-10-25 HAGISO 1F
電話番号:03-5832-9808
定休日:無休

IMG_2087
お店の外観です。

IMG_20821
店内の雰囲気です。

IMG_2083
メニューです。

今日のオーダー「海老と小松菜のイエローカレー&珈琲&シャーベット」@1,540円です。
今日はお店が混んでいてサービスが雑でした。

IMG_2081
待つこと24分で 「海老と小松菜のイエローカレー」の到着です。
見た目、美味しそうですが、塩味が強くてそれが香辛料とマッチしていませんでした。
ヒーヒー言いながら食べていました。
これは私の口には合わなかったですね。

IMG_2084

IMG_2085
食後の珈琲とシャーベットです。
シャーベットは完璧に出し忘れてガイド仲間が催促してから作っていました。
これもオザナリでした。
混んでいる時のお店はこんなものです(悲)

それでは(^_-)

門前仲町 鳥信

辰巳新道
DSC05743
門前仲町はお酒を飲むことに関しては、完璧すぎる街ではないでしょうか。
魚、もつ煮込み、立ち飲み、角打ち、バルにビストロとほとんどが揃っています。
その中でも辰巳新道は異色です。
戦後、復興の真っ只中、門前仲町近辺は都電が走っていました。
その電車通りに夕方になると、煮こみ、焼とり、おでん、天ぷら、串かつ等色んな屋台が出て賑わっていました。
それが都の条例により一ヶ所に集められたのが、昭和25年3月でした。
これが端緒で辰巳新道ができたのです。
辰巳とは江戸城から見て辰巳(東南)の方位にあたり、これから辰巳新道になったそうです。
何十年ぶりに大学の友人と訪れました。
さすがの不夜城である辰巳新道もコロナの影響で元気がありません。
知っているお店も少なくなっています。
それにしてもよくこの辰巳新道には来ていました。
どこかで飲んでいて飲み足りないと必ずこの新道にタクシーで乗り付けていました。

辰巳新道
お店の8割はノミ倒しているのではないでしょうか。
一緒に行った友人のせいで出禁になったお店もあります。
独りはうるさくて他人のお客に迷惑をかけて次回からは入れないよと言われました。
独りは、お盆の時来たら、お店が閉まっていましたね、と言ったら、縁起でもねぇ、閉めたンじゃねぇ‼
休んでぃたんだとご主人が大激怒しその巻き添えで私も出されました。
今でも出禁指示はあるのでしょうか。

IMG_2075
その中でも最多出場回数は「りんご」さんでした。
心優しい青森出身のりんごママさんは、面白くて人情味溢れるお客さんが集まる最高なお店でした。
興がのるとママさんの美声で秋田民謡を歌ってくれて、プロ並みの喉を披露してくれました。
ここは癒しのお店でした。
今回の訪問はこのお店に行くつもりでしたが生憎この日は臨時休業でした。
ここは行こう行こうと思って行けず仕舞いでした。
時間が経つに連れて、ママが私の事を覚えていてくれないと悲しいなぁと思ったりしますと益々足が遠のいてしまいました。
しか〜し、人には寿命があります。
訪れたらママの後の方から天国であってよと言われるのも嫌だったので今回満を持して訪れたのです。
また機会があったら訪れましょう・・・


60'sのダンスといえばこれが定番でした。何も考えずにリズムに合わせ、レッツ 「Shakin' all the night」 ツイスト ゴーゴー ダンスパーテイー 60年代ダンス



IMG_2063

IMG_2062
という事で今日のお店は辰巳新道にあります。
今日のお店は焼鳥屋さんです。
今日のお店は「鳥信」さんです。

住所: 東京都江東区門前仲町2-9-4
電話:03-3643-5821
休日:日曜日、祝日

IMG_2064
お店の外観です。

IMG_2074
メニューです。

今日のオーダー「おすすめコース」@2,490円です。
名前は正確に覚えていない可能性があります。
間違いがありましたらご寛容ください。

IMG_2065
突き出しの湯豆腐です。
豆腐が想像以上に美味しかったのです。

IMG_2066
つくね(当店名物)と心臓です。
私はかつて心臓をハツと呼んだら、それは豚肉の事です、と怒られたことがあります。
ここのつくねのコリコリ感は比類ないものです。
心臓も弾力があって美味しいです。

IMG_2067
レバーです。
レアぎりぎりの焼き加減が絶妙です。
これは匠の技ですね。

IMG_2068
にくです。
程よい焼きで肉のエキスがぎっしりとつまっていて美味しいです。


IMG_2069
すなぎもです。
小さな巨人です。
コリコリ感がたまりません。

IMG_2070
ナンコツです。
歯が丈夫なのを確認できます。
あっさりした塩味が高評価です。

IMG_2071
ネックです。
食べると弾力があり、脂ものっていて旨みが強いですね。
これは食べ始めると止まりません。

IMG_2072
手羽先です。
これは骨の周りの脂身が美味いのです。
肉を歯でそぐのは楽しいですね。

IMG_2073
締めはささみです。
山葵が鼻にツンとささります。
これは脂身がなくすんなり胃に落ちていきます。
美味しいです。

IMG_2076
この後はだるまさんに行って飲み直しました。
美人スタッフさんは健在でした。
店内の雰囲気は写真撮影禁止でしたので掲載できませんでした。

それでは(^_-)

銀座 ティーヌーン

日本語は難しい?
IMG_2100
コロナ禍が落ち着きガイドの研修が始まりました。
ガイド研修はなかなか楽しいものです。
この間、広重研修に参加しました。
同期の人の研修発表を聞いていましたが、なかなか上手なものです。
今まで駐輪場勤務で勉強が足りなかったのでこれから頑張らないといけません。
今回の研修でわかったのですが、ガイドになる人って、全くの初心者の人は少なく、どこかでガイドをやっていた人が渡り職人ではないのですが、他のガイドクラブに登録するみたいですね。
私みたいな全く初めてというのは少ないかもしれません。
ガイドは疲れます。
だいたいひとつのガイドで6劼らいは軽く歩きます。
途中、大手町でトイレ休憩がありますので、そこで水分補給をします。
私は、少し喉が渇いたので、セブンイレブンで水を買いました。
この間のマイナポイントで大金をnanacoに保存したので私のnanacoはふくれあがっています。
私はカッチリしているのでこのような場合でも領収書はキッチリともらいます。
約3時間の研修が終わり家路につきました。
駅について自転車を出すときにnanacoがないのに気がつきました。
あれっ、なんでないんだろう、と財布を全てひっくり返しましたがないものはないのです。
記憶の紐をほどきますと、休憩で水を買うときにnanacoを使った事を思い出しました。
そこで領収書を元にセブンイレブンに電話をしました。
たしか私が水を買ったセブンイレブンの店長は東南アジア系の外国人だったことを思いだしました。
電話に出た声に、nanacoの忘れ物がありますか、と聞きますと、お客さんが忘れたカードが1枚あるよ、との事でした。そこで、裏に名前がかいてあるでしょう、と言いますと、漢字読めない、との事でした。
この時点で、このカードが私のものである可能性はかなり高いのですが、保証はありませんが明日取りに行こうと思いました。
そこで明日取りにいくのですが、大丈夫ですか、というと明日の午前中はいないよ、というのです。
そこで誰かに申し送りしてもらいませんか、というと、たいじょうぶ、たいじょうぶ、と言ったので、すみませんが、念のために名前をいただけますか、というと、名前はあげられないよ、と困った声で答えていました。
不安の黒い雲が頭の中に沸き上がってきました。
しばらく考えて、わかりました。今日取りに行きます、というと、店は7時に締めるよ、というのでわかりました。
必ず7時迄行くので必ず行ってください、と言って電話を切って電車に飛び乗りました。
大手町駅についたのは6時30分でした。
ところが大手町駅って広いのです。
ググると駅からセブンイレブンまで1.3劼△蠅泙后
走れば間にあうと思って地下通路をひたすら走りました。
汗でセブンイレブンの自動ドアが開きました。
そこには昼間に水を買った店長が無表情で立っていました。
そこでカードを取りに来た旨をいいますと、本人確認もせずに渡してくれました。
渡されたカードの裏面をみますと私の私の名前が書いてありました。
念のために残高をみますと、水を買った時の残高と一緒でした。
安堵の大きな深呼吸をしてまた家にむかいました。
疲れました・・・


2018年10月7日に行われた中部方面隊創隊58周年記念行事での箕面自由学園チアリーダー部ゴールデンベアーズの演技です。
過去に日本選手権を9連覇したこともある日本一のチアリーダー部の演技に観客、
自衛官からも感嘆の声が上がっていました。



IMG_2088

IMG_2089
今日は銀座に出没です。
今日はタイ料理です。
今日のお店は「ティーヌン 」銀座ファイブ店さんです。

住所: 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ B1F
電話:050-5571-8131
休日:無休

IMG_2091
お店の外観です。

IMG_2094
店内の雰囲気です。

IMG_2093
メニューです。

今日のオーダー「ひき肉のガボオ炒めご飯」@1,100円です。

IMG_2095
待つこと1分お水が到着です。

IMG_2096

IMG_2098

IMG_2097
待つこと3分、ひき肉のガボオ炒めご飯と春巻きとタピオカ、スープが到着しました。
見た目、キレイな盛り付けです。

IMG_2099
玉子を崩して実食です。
ガバオ炒めは辛いですが玉子と和えると良い味加減です。
まずまずの味わいです。
タピオカ、スープは充分にタイ料理のレベルを満たしています。
銀座という土地柄がするとコスパは良いかと思います。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ