下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

2022年08月

京都 月ヶ瀬

2022年 京都旅行・夏 其の伍
恒例の京都旅行も14年目を数えました。
通算しますと26回になります。
継続は力なりとはまさにこの事であります。
今回ははじめての夏の京都です。
加えてはじめての公共機関を使っての移動です。
何が起こるのでしょうか。
画像主体ですが宜しかったらお付き合いください。

#神護寺
IMG_0596

IMG_0597

IMG_0598

IMG_0599

IMG_0600
神護寺は木々に囲まれた山中に、金堂、多宝塔、大師堂などが建つ神護寺は、空海が東寺や高野山の経営に当たる以前に起こした寺であるとともに、最澄も法華経の講義をしたことがあると言われているため、日本仏教史上では大変重要な寺院だとされています。
問題は380段の石段です。
それでも体育会夫婦は18分で踏破しました。

Yoritomo_pab

img062
神護寺では僧侶の方が寺の絵画や仏像の全てを説明していただきました。
特に国宝の神護寺三像の中で源頼朝像とされていたものが足利直義ではとの説が出てきたり、平重盛とされていたのが、足利尊氏という説も出てきたり、事実は小説よりも奇なりでした。
帰宅して歌舞伎の「義経千本桜」三段目の「すし屋」を奥様と観ていましたら、神護寺がでてきてあらためて瞠目しました。

03-122167
この画像はネットより転載
IMG_0601

IMG_0602

かわらけ投げ
神護寺のお楽しみは「かわらけ投げ」です。
この錦雲峡に向けて、疫病退散や魔除けなどの願いを込めて素焼きの皿を投げると自分の中の悪いものがかわらけに乗って落ちていくそうです。
遠くに飛ばすとご利益があるとのことですので思わずかわらけを投げる手に気合がはいります。

IMG_0605
私たちが「平安時代のフリスビー」を終えて、茶店で「ひやし飴(生姜入りの甘い飲料水)」飲んでいますと、外国人女性が茶店のオバサンに英語で何かを聞いていました。

IMG_0606
オバサンは対応に困っていたら、それを見ていた奥様が、ここに通訳がいます、と手を挙げて私を差し出したのです。仕方ないから「かわらけ投げ」の由来と投げ方を説明しました。
思わぬところで英語が役に立ちました。

#高山寺
IMG_0607

IMG_0608

IMG_0609

IMG_0617

IMG_0610
神護寺を下りましたら次の目的地である栂尾山「高山寺」に向かいました。
熱波に背中を押されて清滝川沿いを歩いていると、川底のきらめき、木々の葉裏に反射する光の踊り、夏の香りが塗り込まれた川の匂いに、ひと時の涼を感じていました。
これは動画でお楽しみください。

IMG_0611

IMG_0612

IMG_0613

IMG_0615
高山寺は、774年の創建された由緒ある古刹です。1206年に明恵上人が後鳥羽上皇よりその寺域を賜り、名を高山寺として再興されました。
寺宝は数多く、鳥獣人物戯画をはじめ、国宝8点、重要文化財1万点余りを所蔵。境内は国の史跡にも指定されています。

IMG_0616
鳥獣人物戯画は写真撮影厳禁ですので手ぬぐいの絵で代用させていただきます。

IMG_0639
ここで高雄を離れます。
なんと12劼睚發い討靴泙い泙靴拭

IMG_0621
もみじ家さんのバスで花園に戻り、そこから次の目的地である四条河原町に向かいました。

#四条河原町
IMG_0626

IMG_0625

IMG_0624

IMG_0622
四条河原町に着きましたら、白蓮、美音の夏服を買いにSOUSOUさんに向かいました。
オサレな服がありましたのでこれにしました。

169358837
個人的にはコレにしたかったのですが奥様に即座に却下されました(悲)

IMG_0640
次男には「京都ブラックサンダー」を買いました。
ちょっと差がありますがいいでしょう(笑)

そして今回の京都でどうしても行きたかった甘味店です。
この甘味店さんは、創業昭和元年から営業されている老舗のお店です。
あんみつと言えば月ヶ瀬さんと言われる程の人気のお店です。
ということで今日のお店は「月ヶ瀬 」京都高島屋店さんです。

住所: 京都府京都市下京区四条通河原町西入ル真町52 京都タカシマヤ 5F
電話:075-221-8811
定休日:無休 (京都タカシマヤに準ずる)

IMG_0628
お店の外観です。

IMG_0635
店内の雰囲気です。

IMG_0630

IMG_0631
メニューです。

私のオーダー「あんみつミニセット」@950円と奥様のオーダー「冷やし白玉ぜんざい」」@850円です。
IMG_0632
座るやいなやお茶がでてきました。

待つこと3分で「あんみつミニセット」と「冷やし白玉ぜんざい」が到着しました。
見た目美味しそうです。
IMG_0633
まずは私の「あんみつミニセット」です。
上品なこしあんに、いつまでも口当たりをたのしんでいたくなる寒天、塩味のほどよく効いたお豆、そして求肥です。これは美味しいですね。
珈琲も良い味わいでした。

IMG_0634
奥様の「冷やし白玉ぜんざい」は小豆が美味しいです。
豆が光っています。
甘さに過不足がなくこれは絶品です。
とても美味しいです。
今日は山道歩きで疲れていたので美味しさが倍加しているかもしれません。
疲労は甘さの味わいを鋭敏にしてくれます。

IMG_0636
四条河原町からタクシーで京都にむかい、そこで夕食のお弁当を買ったり、親しい人のお土産を買ったりしていました。

IMG_0637
新幹線に乗り込みパチリして京都とお別れしました。
次は秋の京都です。
すでにホテルは抑えています。
秋にまたお会いしましょう・・・

それでは(^_-)

高雄 もみじ家

2022年 京都旅行・夏 其の肆
恒例の京都旅行も14年目を数えました。
春秋通算しますと26回になります。
継続は力なりとはまさにこの事であります。
今回ははじめての夏の京都です。
加えてはじめての公共機関を使っての移動です。
何が起こるのでしょうか。
画像主体ですが宜しかったらお付き合いください。

#早朝の京都
IMG_0543
朝はいつもの通り早く起きます。
奥様はまだ深い眠りに入っていたので私だけ独りで京都の街を散策することにしました。

IMG_0564

IMG_0544
私たちが泊まったホテルは新選組の中屋敷があったところです。
近藤のイサミちゃんや土方のトシちゃんと同じ場所で寝ていたのですね。

IMG_0546
私が在阪時代によく飲みに来ていたリド歓楽街です。
つぶれていなかったのですね。
驚きました・・・

IMG_0548

IMG_0549

IMG_0545
この若松屋酒店さんは、文久年間(1861〜1864)の創業という、歴史のある酒屋さんです。
買ったお酒を店内で飲むことができる、いわゆる「角打ち」になりますが、こちらは、ただの角打ちではありません。季節ごとのお鍋が頂けて、そのシチュエーションの面白さも相俟って話題を呼び今やすごい人気なのです。
私の目をくぎ付けにした看板はなんか現在作られたもののようですね。

IMG_0547

IMG_0550
冷凍担々麵の自販機です。
東京では見た事がありません。

IMG_0554

IMG_0552

IMG_0553

IMG_0555
東本願寺まで来ました。
なかなかいい事を書いてあるのでパチリしました。

IMG_0556
京都タワーの下まで戻って来ました。
1時間の散歩でしたが駅前の旅館のほとんどは客が入っておりませんでした。
栄枯盛衰ですかね。

#ホテルDE朝食
IMG_0557

IMG_0558
私はこのホテルが好きなのはこの朝食だったのです。

IMG_0561

IMG_0562

IMG_0560

IMG_0563
湯豆腐や湯葉を朝から食べているとまさに京都に来ているような気がします。
味はとても美味しいですよ。
ここではご飯をお代わりしてしまいます。

#いざ高尾に・・・
IMG_0565
JRで花園迄行きました。

IMG_0566

IMG_0567

IMG_0568
早く着き過ぎたので昭和の喫茶店「花園」さんに入りました。
入るやいなやママが私たち夫婦をロックオンしており話しかけたくてウズウズしているがわかります。
さすがにママは堪忍たまらずで、これからどちらに行きはりますの、と聞いてきました。
高雄の川床に行きます、というと、あそこは、お勧めや。
いちどは行きよし、とガッツポーズをしていました。

IMG_0569

IMG_0570
バスがきましたので車中の人となりました。

#高尾DE川床
IMG_0571

IMG_0572
高雄に着きました。
今日の川床料理は「もみじ家」さんです。

住所: 京都府京都市右京区梅ケ畑高雄
電話:075-871-1005
定休日:年中無休

店内の雰囲気です。
IMG_0573

IMG_0592

IMG_0575

IMG_0574

今日のオーダー「夏の北山 竹コース」@6,050円です。
待つこと3分ですべてが来ました。
IMG_0576

IMG_0577

IMG_0578

IMG_0579
内容は以下の通りです。
1、一の重 (盛合せ)
2、二の重(ちぎり生麩・さしみこんにゃく)
3、鮎の塩焼き
4、そうめん
5、ごはん・香の物
料理は普通に美味しかったです。
景色も味のうちです。
絶景ですね、風が涼を運んできました。
動画でもお楽しみください。

IMG_0587

IMG_0588
最後に出てきた「鮎の塩焼き」は焼きたてでとても美味しかったです。
こんなに美味しい「鮎の塩焼き」は食べた事がありません。
少しまったりしてこれから山登りです。
太陽がこれでもかとじりじりと地面を照り付けています。
380段の階段を登るようです。
大丈夫でしょうか・・・
To be continued!

それでは(^_-)

京都 グルマン橘

2022年 京都旅行・夏 其の参
恒例の京都旅行も14年目を数えました。
通算しますと26回になります。
継続は力なりとはまさにこの事であります。
今回ははじめての夏の京都です。
加えてはじめての公共機関を使っての移動です。
何が起こるのでしょうか。
画像主体ですが宜しかったらお付き合いください。

#フレンチ懐石DEデイナー
IMG_0502

IMG_0538
京都はまだ祇園祭の余韻が残っていました。

IMG_0541

勝彩
個人的なファンである上七軒の勝彩さんです。
画像は「芸舞妓と京都」さんより転載

IMG_0500
今日のデイナーはリーガロイヤルにあるグルマン橘さんです。
このお店は「旬の京野菜提供店」認定店でもあります。
京都鷹峯、寺田シェフが通いつめる「樋農園」で採れた、旬の京都産野菜や、舞鶴のお魚など、地産地消にこだわり、素材の良さを最大限いかしたお料理が供されるとのことですがいかがでしょうか。

住所: 京都府京都市下京区松明町1 リーガロイヤルホテル京都 B1F
電話:075-361-9223
定休日:火曜日(臨時休業を実施する可能性あり)

IMG_0503
お店の外観です。

IMG_0505

IMG_0509

IMG_0530

IMG_0528
コックさんの面々です。

IMG_0504
メニューです。

今日のオーダー「華」です。
今回の料理の値段は割愛させていただきます。

IMG_0507
まずは「お疲れ様乾杯」です。

それではお箸で食べるカウンターフレンチの始まりです。
IMG_0508
夏のひやし鉢です。
かぼちゃで作ったそうめんです。
美味しいです。
シェフから料理の説明がなかったら素材はわかりませんでした。

IMG_0510
鱧と自家製もずく酢のカクテル、マンゴーと赤玉ねぎのタルタルです。
赤玉ねぎの泡がキレイですね。
お酢がさわやかで食欲スウィッチがONになりました。

IMG_0513

IMG_0514

IMG_0515
合鴨胸肉とリ・ド・ブォ−のフリカッセです。
リ・ド・ヴォーはまだお乳を飲んでいる赤ちゃんの牛の首の横についているお肉です。
それと合鴨胸肉のフリカッセです。
フリカッセは西洋風雑煮ですね。
美味しいです。
個人的にはニョッキの歯ごたえがたまりませんでした。

IMG_0518

IMG_0519
パンです。
深緑色のものはバターです。
色合いを楽しむための演出です。

IMG_0511
これは上からオリーブオイル、唐辛子入りのオリーブオイル、柚子麴です。
パンに付けていただきます。
柚子麹は軽い甘味があってご機嫌な味わいです。

IMG_0516

IMG_0517
車海老のマリネと小さな菜園風サラダ
タブナードソースと焼き茄子のムースです。
タプナードソースとは、オリーブの実やにんにく、アンチョビなどを使ったフランスのプロヴァンス地方発祥のペーストです。
これは目で食べるサラダです。
タプナードソースがイケてました。

IMG_0520
桃とじゃがいも、西洋ねぎのヴィシソワーズ
帆立貝の炙りとじゅんさいをのせてです。
桃とヴィシソワーズが合うとは思いませんでした。

IMG_0521
黒鯛と西瓜のオリーブオイル焼き白ワインソース
エビス香るマスタードのアクセントです。
エビスがわからなかったので宮北コックに聞きましたら、カレーのことだそうです。
京都弁ですかねぇ。
黒鯛の皮は美味しかったです。
西瓜のオリーブオイル焼きは家に帰って試してみましたがこのお店のように美味しくできませんでした。

IMG_0522
ここで奥様があらたなワインを注文しました。
今日はトバシテますね。

IMG_0523
お箸休め“赤紫蘇のグラニテ”です。
人間の舌は本来とても繊細にできています。
味の濃いものや油っこいものが続くと、麻痺してしまったり、薄味のものが分かりにくくなったりもします。
主役であるメインディッシュを100%味わうためには口の中を一旦リセットしてあげるグラニテは重要な役割を持っていると言えるでしょう。
そのため、さっぱりした柑橘系、シャンパンやワインなど、後に続く料理の邪魔にならない味のものが多いのも特徴です。

IMG_0525

IMG_0526
国産牛サーロインの備長炭焼き
シェリーヴィネガーのソース 京都産野菜の彩りです。
サーロインが美味しいのはいうまでもありませんが丹波しめじがイケました。
丹波は松茸だけかと思っていましたらしめじもいけますね。

IMG_0527
鮎の炊き込みごはんと白味噌のスープ
京漬物とともにです。
鮎の炊き込みごはんですが、鮎は香魚だけあって香りをいただきました。
自家製昆布の佃煮が美味しいです。
ここは本当にフレンチのお店かと寺田シェフの顔を思わず覗き込んでしまいました。

IMG_0531

IMG_0532
お野菜の甘味です。
これはお野菜のアイスでした。
フランボワーズ(木苺の一種)のアイスは甘さ抑えめで甘酸っぱさがクセになりそうです。
ケーキは、あまりサプライズはありせんでした。

IMG_0537
締めのエスプレッソを飲んでフレンチ懐石の宴は終わりました。
寺田シェフ、サウスポーの近藤コック、多田マネージャー、宮北コックとの会話も楽しくてホスピタリティも味の内だと心より思いました。
明日は山岳観光なので今日はホテルに戻ってぐっすり寝ましょう・・・
To be continued!

それでは(^_-)

京都 風鈴寺

2022年 京都旅行・夏 其の弐
恒例の京都旅行も14年目を数えました。
通算しますと26回になります。
継続は力なりとはまさにこの事であります。
今回ははじめての夏の京都です。
加えてはじめての公共機関を使っての移動です。
何が起こるのでしょうか。
画像主体ですが宜しかったらお付き合いください。

#いざ風鈴寺へ・・・
IMG_0450
13時29分のバスに乗り込みました。
最終駅に着きました。 着いてからタクシー会社に電話しました。 すぐ向かいますとの事でしたので5分位で参りました。

IMG_0451
そこからタクシーの人となり今日の目的地である「正寿院」さんに着きました。
全体の所要時間は50分位でした。

IMG_04521

IMG_0463
「正寿院」さんは宇治田原町にあるお寺です。
京都市内に比べて5℃ほど涼しく、夏の避暑にぴったりなのです。
境内にさらなる涼感を運ぶのが、2,000個を超える風鈴です。
それでは一挙に公開します。
IMG_0466

IMG_0486
IMG_0468

IMG_0453

IMG_0454

IMG_0455

IMG_0456

IMG_0483

IMG_0484

IMG_0482

IMG_0481

IMG_0476
動画でもお楽しみください。

IMG_0495

IMG_0491

IMG_0496
15時3分の逸中前=>宇治駅のバスに乗るつもりでタクシー会社に予約を入れておきましたがタクシーがお寺に着いたのは14時50分でした。
タクシーの運転手は気合で着けますといってくれたものの13分では着かないでしょう。
そこで宇治迄お願いしますと言いましたら既に他の予約が入っているので、できませんとの事でした。

IMG_0497
逸中前に着いたのは15時5分でしたのでバスは既に出ていました。
次のバスは16時3分です。
そこでスマホでリカバリ策を調べました。

IMG_0498
15時23分に近鉄「新田辺」行きがありましたのでそれにしました。
多少遠回りですがサウナのような待合室で時間を潰すよりいいでしょう。
バスは貸し切り状態でしたのでこれならタクシーでいくのと変わりません。

IMG_0499
結局15時57分に「新田辺」に着きました。
それから近鉄に乗り換えて京都に着き、ホテルに戻り、今日の午後にかいた汗を落とすために温泉にはいりサッパリしました。
これからお楽しみのフレンチ懐石です。
To be continued!

それでは(^_-)

京都 京すいしん

2022年 京都旅行・夏 其の壱
恒例の京都旅行も14年目を数えました。
通算しますと26回になります。
継続は力なりとはまさにこの事であります。
今回ははじめての夏の京都です。
加えてはじめての公共機関を使っての移動です。
何が起こるのでしょうか。
画像主体ですが宜しかったらお付き合いください。

#京都のホテルラッシュ
京都のホテル
京都のホテル建設がマッハで進んでいます。
京都市保健福祉局の調べでは、今年9月末の京都市内の旅館・ホテル数は673軒。4〜9月の新規許可件数は35件で、コロナ禍にあっても、ここ数年とほぼ同じ増加ペースで推移しています。
一方でゲストハウスなど簡易宿所は100軒以上も減少しています。
ビジネス客や団体客が戻っていない現状が続くと、大規模な宴会場を持つ宿泊施設やビジネスホテルの経営は厳しくなることでしょう。
これでは京都も浅草化していきますね。
今の夜の浅草は人通りがすくなくまるで活気がありません。
京都はどうなっていくのでしょうか・・・

#ランチです
IMG_0444

IMG_0445
私たちいきつけの「丸福」さんが閉店となっていました。
コロナで客足が遠のいたそうです。
14年も通っているお店ですからお店の人たちに会えないのは寂しい限りであります。
そこで探したのがこのお寿司屋さんです。
店構えは立派ですが味はどうでしょうか・・・
今日のお店は「京すいしん」さんです。

住所: 京都府京都市下京区東塩小路町719 SKビル1F
電話:075-365-8888
定休日:年中無休

IMG_0433
お店の外観です。

IMG_0438
店内の雰囲気です。

IMG_0436
メニューです。

今日のオーダー「上寿司」@1,540円です。

IMG_0439
注文をする時に困りました。
さび抜きとさび別添えしか選べずさび有りは一体全体どうしたらよいのでしょうか、全くわかりません。
そこで店員さんを呼びで質問しますと、普通に頼めば宜しいのではないでしょうか、というので、それではこの画面のどこをどのように操作すればよいのですか、と聞きますと、鳩が豆鉄砲を食ったような顔をしていました。
ムムム困りましたねと渋い顔をしていると、ベテランの店員さんがやってきて、それなら口頭でオーダーを通しますので大丈夫ですよ、と言われたので従いました。
京都人ならこのお店のさび有りの頼み方を知っているのか、そもそも京都ではさびは別添えなのか。
千年の歴史がある街なのでチャキチャキの江戸っ子なんかは立ち向かえません。

IMG_0440
待つこと9分で「上寿司」が到着しました。
見た目キレイですが上寿司なのにお吸い物がありません(笑)
気を取り直して実食です。
不味くも美味しくもありません。
普通のお寿司です。
これで上寿司とはかなりガッカリしたのはいうまでもありません。

IMG_0448

IMG_0447
食事をしたので今日の目的地である風鈴寺である正寿院に向かいます。
京都からはJRで宇治に向かいます。

時刻表

IMG_0449
そこからはバスとのことでしたがなんとバスが1時間に1本しかありません。
しかもバスの最終駅である維中前からはタクシーです。
早速、タクシー会社に電話しますと、予約はできないとの事でした。
着いてから電話でタクシーを呼んでくださいとの事です。
果たして無事に着くことができるのでしょうか・・・
To be continued!

それでは(^_-)

池袋 桂林 リターンズ

予期せぬもらい物・・・
駐輪場では色々な事がおこります。
最近では前の道路で高齢の夫婦の奥さんが突然に崩れるように倒れました。
なにかにけつまずいたわけではありません。
そこで業務を中断して助けにいきました。
倒れた拍子で奥さんは頭を切っていました。
私は、救急車でも呼びますか、というとご主人が、それには及びません、というので、それではタクシーを呼んでまずは病院に行かれたらどうでしょうか、いうと、そうですね、と言われたので、ご主人の替わりに無線タクシーに電話しましたがあいにく混雑していて電話が通じませんでした。
事情を話しますと、こまりましたね、というので、駅前でタクシーを捕まえてきましょう、というと、是非、お願いします、と言うので、ひとっ走りして駅前のタクシー乗り場に行ってそこからタクシーに乗ってから現場にむかい、そこで横付けしました。
その夫婦は私が乗ってきたタクシーに乗って病院に向かいました。

imgrc0073871731
次の日に、そのご主人の秘書と申す方が、贈答品をもって参りました。
昨日は大変ありがとうございました。
おかげさまで奥様は外傷のみでMRIで頭の中も見てもらいましたが問題がなかったようでした。助けていただき誠にありがとうございました、と言われたれので、私は、ただタクシーに乗って横付けしただけですのでこのような事をされては困ります、というと、その秘書の方は、先生のお立場もありますので、そのような事を言わずにお納めください、とその贈答品を押し付けてきました。

i-img431x600-1625394679axpri068872
私は、秘書がいう「先生」の言葉に反応してしまい、一体昨日の方は、どなたなのですか、と聞きますと、待っていましたとばかり、先生はかつて日展の理事長を永い事やられおり、日本洋画界の重鎮でございます、との事でした。確かにその先生は眼光がするどくただものではないなとは思っていましたが、日本画壇の重鎮でしたか、そういわれれば高齢の方の長髪は珍しいなとも思っていました。
家に帰って品物をみると缶ビールの詰合せでした。
お酒が飲めない私にとっては無用の長物なので家族にあげました。
それにしても人は見かけによらないとはよく言ったものでした。
それにしても、奥様を大事にする方ですね。
私は転んだくらいではMRIまではお願いしないでしょう・・・


『HACHI 約束の犬』は、2009年に公開されたアメリカ映画です。
1987年に公開された日本映画、『ハチ公物語』のリメイク作品。
リチャード・ギアが、ハチの飼い主の先生役ですね。
この6分ほどの動画は、セリフが何も入っていませんが、すんなりとお話しがよく分かります。



IMG_0288

IMG_0289
今日は奥様がソファの下に敷くカーペットが欲しいとの事からお付き合いしました。
用事が済んだのでホテル中華にしました。
今日のお店は「桂林」さんです。

住所: 東京都豊島区西池袋1-6-1 ホテルメトロポリタン 2F
電話:03-3980-7726
定休日:年中無休

IMG_0290

IMG_0291
お店の外観です。

IMG_0293

IMG_0295
店内の雰囲気です。

IMG_0292
メニューです。

今日のオーダー「桂林ランチ」@3,600円です。

IMG_0294
座るやいなやテーブルセットが用意されました。

IMG_0296
前菜の押し豆腐とスモークポークです。
両方とも美味しいです。
個人的にはスモークポークがジューシーで首ひとつ抜けています。

IMG_0297
ふかひれスープです。
ホテル中華ですのでここら辺はブレがありません。
とても美味しいです。

IMG_0298
海老とサーモンの焼売と豚肉焼売です。
甲乙つけがたいですが豚肉焼売の方が味はしっかりしていました。

IMG_0299
かに玉甘酢ソースかけです。
玉子がふっくらとしています。
甘酢は過不足なくいい味わいです。
美味しいです。

IMG_0300
小海老チリソース煮です。
このチリソースは好き好きです。
私の口には合いませんでしたが高レベルの一品であります。

IMG_0301
牛肉とピーマン細切り炒めです。
どう炒めたらこんなにピーマンが美味しくなるのでしょうか。
キョウイチです。
美味しいです。

IMG_0302
白身魚の蒸し物 かぼすソースかけです。
うまく白身魚を料理しました。
イケますね。
美味しいです。

IMG_0303
やきそばです。
こんなに美味しい餡はこの桂林さんだけです。
匠の技です。

IMG_0304
炒飯です。
今日のコックさんの気合がよくわかります。
よくもこんな少量のライスをこんなに美味しく炒めるものです。
ご機嫌であります。

IMG_0305
漬物も美味しいです。

IMG_0306

IMG_0307
杏仁豆腐とひまわりの種と揚げ豆です。
杏仁豆腐はブレの無い味です。
ひまわりの種は食べると止まらなくなりました。
少しお高いですがホテル中華は裏切らないですね。
接客もいいし桂林さんはお気に入り中華レストランです。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)

続 巣鴨 にしむら

被爆77年目の原爆の日に寄せて
9781878668417
原爆投下の理由は諸説あります。
今までの主流の考えは、仮に米軍が本土上陸した場合は、100万人規模の日本国民が亡くなるのだけれど、2発の原爆投下では20万人の犠牲者ですんだ、というものでした。
その一方で、原爆投下で大勢の日本人が亡くなったが、何千人もの米兵が救われた、と語る退役軍人がいるように、まさに戦争の光と影なのであります。

大問題なのは日本政府であります。
8月6日に広島に原爆が落とされた日、日本政府は思考停止状態になっていて、広島に原爆が落ちたことを信じようとせず、単に大型爆弾が広島に落ちたのだということで整理しようとしていたのです。
ところが広島から入ってくる情報がかなりおかしいので、陸軍は日本の原爆開発の責任者の仁科博士を二日後に広島に行かせたのです。
そこで日本政府は広島で何が起きたのかを理解しました。
これでポツダム宣言を受諾していれば長崎には原爆が落ちなかったのです。
ところが日本政府はこの戦争を早期に終結させるために、アメリカとの仲介を頼んだソビエト政府と交渉の最中にあったのです。
一方のアメリカは原爆が落ちても降伏しない日本に苛立ち、日本がこの兵器の威力を理解するにはあともう一発落とす必要があると考えていたのでした。
そして長崎で炎熱地獄が再現されたのです。
奇しくもこの8月9日は、日本が唯一頼りにしていたソビエトが我が国を惨状をみて、ここぞとばかり参戦してきたのです。
これで日本は混乱の極みに陥ったのであります。
そして次の日の8月10日に皇居の地下にある御文庫付属室で御前会議が開かれて、ポツダム宣言の受諾の決を採ったのですが3対3で割れて、最終的に天皇のご聖断で終戦が決まったのです。

d1f67e26c0c09ac92b951627676c9cd3-600x457
日本の決断がさらにおくれていたらアメリカは3回目を計画していたのでした。
次の投下する場所は東京の皇居でした。
そうすれば、さすがの日本人もショックを受けるだろうと考えていたのです。
するとその会議にでていたある官僚が、その場合アメリカは誰と平和交渉をするのだ、という発言が記録されています。
最終的に、8月15日に無条件降伏を受け入れたのです。
終戦後、広島を訪れた米軍の兵士はこの惨状を目の当たりにして、なぜ人間が同じ人間にこんな恐ろしい事をしてしまったのか、と当初は肯定的であった原爆投下に疑問をもち始めるようになっていました。
確かに原爆投下が無ければ日本は8月15日に終戦を迎えられなかったかもしれません。
もしこれが延びていたら、ソビエト軍が北海道やその周辺に侵攻して、日本の地図の様子が変わっていたことでしょう。

平和の軸線
建築家の丹下健三は原爆ドーム前にあるこの場所に「平和の軸線」を定めて、平和記念資料館や原爆死没者慰霊碑を配置しました。
平和は訪れて来るものではなく、闘いとらなければならないものである。
平和は自然からも神からも与えられるものではなく、人々が実践的に創り出してゆくものである。
この広島の平和を祈念するための施設も与えられた平和を観念的に記念するものではなく、平和を創り出すという建設的な意味をもつものでなければならない、と言うのがこの建築家の思いの結晶であります。
いま、平和という言葉は、微妙な響と色調をもって語られています。
むしろ平和を脅かすような問題が、ウクライナ、台湾で再び堆積しつつあります。
このようなときに、この平和への祈念は、無意味な様相を呈してきています。
平和とは政治的均衡の問題であり、経済的安定の問題であって、祈念する事は必要ではありますが、本質的な解決にならない事を人々は感じ始めています。
参考文献:NHKスペシャル選「証言と映像でつづる原爆投下・全記録」


【愛のサプライズ】会いたい人に突然会える



IMG_0366

IMG_0367
今日は長男の妻の母親から、暑いので鰻を付き合ってくださいといわれたのです。
しか〜し、具体的にどこでどのお店で食べるというアイデアもなく、結局薬局放送局で私がイチからジュウまで仕切らされたのであります。
ということで今日のお店は巣鴨の行列のお店です。
今日のお店は「八ツ目やにしむら」巣鴨店さんです。

住所: 東京都豊島区巣鴨3-34-2
電話:03-3910-1071
定休日:不定休

IMG_0368

IMG_03861
お店の外観です。

IMG_03711
店内の雰囲気です。

IMG_0369
メニューです。

今日のオーダー「特上鰻重定食、肝焼き、ゼロ一」@54,00+@400+@450=6,250円です。
お店の人から今日は時間がかかりますとの断りがありました。
入口のテイクアウトの行列を見たので納得して快諾しました。

IMG_0372
座るやいなやお茶とお箸が用意されました。

IMG_0374
待つこと2分でキンキンに冷えたビールがと届きました。
まずはお疲れ様乾です。

IMG_0375
待つこと57分で「肝焼き」が届きました。
香りが濃いですね。
「肝焼き」は好きなので美味しくいただきました。

IMG_0376
待つこと58分で「「特上鰻重定食」が届きました。
1時間まちですか・・・
空腹は最大の調味料といいますが、さすがの胃袋は飢餓状態でキュウキュウと音を立てていました。
それにしても「特上」ですね。
ご飯が鰻で見えません(笑)

IMG_0377
それでは実食です。
ご飯にはタレがしっかりかかり、うなぎも香ばしくてとても美味しいです。
過不足ない脂が高評価です。
皆、無口で鰻を堪能していました。
こんなに美味しく鰻を焼く鰻屋さんは知りません。
よかったです「上」にしなくて。
これだけの鰻を食べられて大満足であります。

IMG_0379

IMG_0378
肝吸いとお新香も絶品でした。
これも拍手ものの美味しさでした。

IMG_0390

IMG_0387

とげぬき地蔵1
食後に腹ごなしにとげぬき地蔵にいきました。
そこでとげぬき地蔵さんを洗っていましたら、どこからか来たオジイサンに人の手拭いで洗うと、その人の業が取りつくぞ、と奥様達が怒鳴れていました。
私は、そんなことあるかい、と笑いながらパチリしていましが、それならそのような注意書きがあって然るべきではと思いました。
このオジイサンは、奥様達のような不行跡な面々に、毎回毎回、喝を入れるのが楽しみなのでしょうね。
良いオジイサン孝行を施したみたいです(笑)

それでは(^_-)

続 新宿 串元

死ぬときは死ぬのさ・・・
尊敬する上司
先日の同期会で、私たちがお世話になった大先輩の人生蝋燭の炎が残り少ない事を知りました。詳しく聞きますと、余命3か月だそうです。
長年の喫煙により、肺癌になられていました。今から3年前、私が現役だったころ珍しい番号からの着信音が鳴り響いたので、その電話にでますとその先輩でした。
その内容は、今、北千住で飲んでいるからすぐに来い、との事でした。
私は、今、仕事中ですから、終わってから行きます、というと、そったら事いっているから役員にもなれねえんだ。
すぐにケリつけて来い、と言って一方的に電話が切られて、そのガチャンという音が耳に残りました。
そんな偉そうなことをいう先輩は、私の会社の元常務だったのです。
すぐに急ぐ仕事を片付けていくと時間はまだ15時スギだというのに大騒ぎしていました。
私は駆け付け三杯ということでノンアルコールビールを飲みました。
この先輩は、仕事を伸び伸びとやる楽しさを教えてくれました。
私たちの悩みを飲みながらも本当によく聞いてくれました。
場合によっては直帰させてくれて16時頃から飲んだこともありました。
すこし話が途切れた時に、私が、若い時と変わらないような生活していて健康は大丈夫ですか、と聞きますと、こんなに煙草を吸ったり、酒を飲んだりしていたら、体にいいわけないべ、でもそれがオレだ、と言っていました。
節制する気はまったくない、死ぬときは死ぬのさ、と笑いながら言っていました。
それから3年後、宣告のとおり肺癌になり人生のカウンダウンが始まっています。
同期の説明では、痛み止め等の措置こそしてもらっていますが、延命治療は本人の意思により全くしていないそうです。
3週間前までは、昔の思い出話をSMで昔の部下には送っていたようですが、3週間を境に音信が取れなくなったようです。
メールを打つ体力も気力もなくなったようです・・・
私はこの先輩の有言実行の生き方に感動しています。
その事を我が身に置き換えてみてできるのかなぁと考えましたが、やる気はあってもできないかもしれません。
生きることは大変ですが、死ぬことはまさに大事業であります。
私もその日がきましたら、私の人生を振り返るために、目を閉じましょう。
私は、それを見るために目を閉じるのです。
そして深い眠りにつくのです・・・


夜のヒットスタジオ「さよならピーナッツ」


IMG_0241

IMG_0239
今日は会社の元部下との飲み会で新宿に来ています。
コロナは4回目のワクチン接種済みすでのドンと来いであります。
今日のお店は「串元」さんです。

住所: 東京都新宿区新宿3-35-1
電話:03-3354-7018
定休日:土曜日・日曜日

IMG_0240
お店の外観です。

IMG_0242

IMG_0254
店内の雰囲気です。

IMG_0243

IMG_0244
メニューです。

毎回、このお店にきて思うのですが、ここは料理屋さんですね。
居酒屋さんのレベルを超えています。

IMG_0245
まずは「お疲れ様乾杯」であります。

IMG_0246
最初の料理は「ポテトサラダ」@500円です。
マヨネーズが美味しいです。
ジャガイモもシャキシャキしています。
ご機嫌な味わいです。

IMG_0247

IMG_0248
鐵板のモツ炒のタン@550円とカシラ@550円です。
甲乙つけがたいですが、個人的にはカシラが首一枚抜けています。
こんなに柔らかいカシラを食べた事はありません。

IMG_0249
ニラ玉@650円です。
これは高い火力でさっと炒めていますね。
ニラがシャッキとしています。
私の好みの味です。
美味しい。

IMG_0250
手羽先の唐揚げ@500円です。
竜田揚げみたいな味わいです。
噛みしだきますと肉汁が口内にほとばしります。

IMG_0251

IMG_0252
焼きそば@600円です。
なんと焼きそばにフワフワの玉子がのっています。
そしてその焼きそばはタップリのウースターソースを身にまとっています。
極上の味わいです。
最高!

IMG_0253
最後は茄子とベーコンのオイスターソース炒め@500円です。
私も料理は良く作るのですがこのオイスターソースの使い方は秀逸です。
とても美味しい、特にベーコンの味わいは類をみない美味しさです。

このお店はコスパ最高です。
このように紹介するとお客がさら〜に増えるのではと余計な心配をしています。
また来ましょう・・・
ごちそうさまでした

それでは(^_-)

保谷 藤

レスの遅い人
catch-img662
私はすごくセッカチです。
なんでもチャッチャッとやらないと気分が悪くなります。
そんな私はグループLINEに13も入っています。
コロナで家族LINE以外は開店休業状態ですが、最近活発になってきました。
飲み会もたくさん入ってきました。
私はセッカチでありますが世話好きでもあります。
このような飲み会の幹事は積極的に手を上げています。
理由は、このような会の企画立案をして喜んでもらうのが大好きなのです。
なんでもテキパキやりたいのですが、レスの遅い人がいます。
前職で海外取引に携わっていて、外国からのメールのレスはすぐに行うことは当たり前であり、それができない人は仕事ができない人と思われて相手にされなくなります。
この時の習慣が体に染みつているのでレスの遅い人は許せないのです。
ところがレスを早くしようと思った人がやりがちなのが、相手にも即レスを求めてしまう事のようです。
前職の時、癌で亡くなった同期は、私に輪をかけたセッカチで、重要案件の納期の短縮などはメールを入れると間髪入れずに交渉先に電話して、どや、縮まったか、と確認していました。
そのインターバル はなんと15分です。
万が一相手が電話にでないとその上司にかけ直していました。
そんなことをし続けていたから、そのストレスで癌になったような気もしますが、その交渉力は会社では伝説になっていました。
ところが素早く返信するのはあくまでも自分だけのルールであって、相手にも同じことを強要するのはマナー違反だという事を知りました。
「もっと早く返信してください」などと、仲間に催促するのは厳禁なようですね。
レスを早くするのは、あくまでも自分だけのルールなのです。
これは全く知りませんでした。
それにしてもレスの遅い人ってなにか意図や思いがあるのでしょうか。
彼らの心の中に分け入り、どのように考えているのか分析してみました。
レスに対して否定的だったのにも拘わらず、お追従していた場合は必然的に
遅くなっているようです。
こういう場合ははなから「NO!」と言えばよいのでしょう。
これの類似なのですが、聞かれた内容が分らない場合です。
これもスグに「分からない」と言えばいいのでしょうが、そのうち忘れるだろうと高を括っていて、レスを引き延ばしているようです。
なんのこっちゃであります。

tico3rd-w640
嫌な事はすぐやりませんと夏休みの宿題のような悲惨な結果になるようです。
チコちゃんによりますと、実は人間は目先の事は7つぐらいしか覚えられず、脳には優先順位が存在していて、夏休みの宿題はなかなかこの7つに入る事が出来ないそですね。
この短期記憶には「楽しい事を優先する」という性質もあるので、決して楽しくはない宿題はやっぱり後回しになるそうです。
例えば友達と遊ぶ約束が出来たらあっという間にそっちに気を取られて夏休みの宿題はどこか頭の片隅に追いやられてしまうわけですね。
ちなみに夏休みの宿題がギリギリになるのは苦い感情を伴うものなのでこれは逆に長期記憶となってずっと忘れないという構図のようです。
という事はレスの遅い人は、SNSでのやり取りは楽しくないのかもしれませんね・・・


この人今ごろどうしているんだろうと思う人のひとりです。
ジェニファー・ビールス。
エール大学在学中に、この映画に起用されたシンデレラガールでした。



IMG_0202
今日は美味しいうどんを食べに次男の運転でやってまいりました。
今日のお店は「うどんや 藤」さんです。

住所: 埼玉県新座市片山3-13-32 第二美鈴マンション102
電話:048-482-5775
休日:水曜日

IMG_0208
お店の外観です。

IMG_0206
店内の雰囲気です。

IMG_0204
メニューです。

今日のオーダー「肉きのこうどん(もりうどん)」と「肉きのこうどん(あつもり)」@1,980円です。

IMG_0209
孤独のグルメ8で紹介されたお店でもあり、元なでしこジャパンの齊藤優眞選手の実家としても有名な人気のうどん屋さんらしいです。
従って普段は混んでいるようです。

IMG_0205
座るやいなやお水とオシボリが到着しました。

待つこと16分で「肉きのこうどん(あつもり)300g」と「肉きのこうどん(もりうどん)300g」が到着しました。
湯気が上がっているのがあつもりです。
冷ッとしているがもりうどんです。

IMG_0211

IMG_0212

IMG_0213

IMG_0214
それでは実食です。

IMG_0215

IMG_0216
二人とも炒ったすり胡麻をかけまわしていただきます。
美味しいですね。
しっかりと味がついたきのことあっさり目に仕上がった豚バラが美味しいです。
味変は七味唐辛子とすりゴマです。
特に摺りゴマは、風味がたっていて味に奥行きを与えます。
たまらずワシワシと休まずに食べていました。
これは美味しいですね。
次男は、今度は450gにしようと言っていました。
私は、300gで丁度良いですね。
それよりもアツアツのつけ汁に冷たいウドンを入れる人が信じられません。
勿論、好き好きですが私は絶対に食べません(笑)

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ