下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

2021年01月

石神井公園 エン座 4th

年頃の男の子がなる病気
老人になった証としてかかる病気の一つである「前立腺肥大」になりました。
男性だったらほとんどの人がなるので致し方ありません。
前立腺が肥大する原因はまだはっきりとは解明されていません。
しか〜し「男性ホルモンの働き」が関与していることは間違いなく、中高年になって男性ホルモンを含む性ホルモン環境の変化が起こることにより、前立腺が肥大すると考えられています。
私の場合は「夜間頻尿」です。
去年、薬を飲み続けていたら治ったのですが、寒くなってきたらぶり返したのです。
それもパワーアップして帰って来たのです。
頼んでもないのに・・・
会社を辞めたので医者を変えました。
変えた理由は通うのが大変だからです。
今度の先生は泌尿器科どっぷりの先生です。
腕はいいみたいですがかなり変わっています。
先週、定期健診に伺いました。
先生に、状況があまり改善しません、というと、薬が合わないのかな。
頻尿の薬は難しいんだよ。
夜中に何回くらいトイレに行くの?と聞かれたので、平均3回です。
おかげで毎日寝不足ですよ、と言いますと、そりゃつらいよな。
前にもいったけど、夜間頻尿には疲労が一番なんだ。
運動してる、と聞かれましたので、月/100勸未倭っています、と言いますと、一回にどのくらい走るの、と言われたので、7〜8劼任后
というと、もしかして走った後は疲れていないんじゃない、と聞かれたので、ルーテインですからね。
疲れは残りませんね、といいますと、それだな。
前にも言ったじゃない、疲れるまで走らないと。
走る時はヘトヘトになろうよ、と言われたので、疲れが残ると抵抗力が落ちコロナには良くないのでは、と言いますと、よくいうよ。
寝れば抵抗力が付くから大丈夫。
走る時は死ぬ一歩手前までね。
水は飲んでる?
水ですか、喉が渇かないのであまり飲んでいません。
妻からも水を飲むようには言われていますが。
それだな、夜間頻尿の多くは昼間の水が足りないんだよ。
だから夜に小水が溜まるんだ。
そんでトイレが近くなるんだ。
で〜も、喉が渇かないのです。
それはね、貴方が良くても、カラダは悲鳴をあげているよ。
永ちゃんの言うことは聞くけど、自分のいう事は聞かないのとおんなじだよ。
えっ、永ちゃんって、矢沢永吉の事ですか、と聞きますと
いるんだよね、そういう人って。
いい、一時間に必ず水は100娑んでね。

8-3-3
今度は尿流量測定(ウロフロメトリー)やるからね。
貴方の頻尿を科学的にあぶりだそう。
治るよ、いや、治すよ。
その日まで頑張ろう、と言い切って診察は終了しました。
この先生は体育会系の方で、ツボにはまると発言がこのようにエキセントリックになります。
たまに何を言っているのかわかりませんが、まぁ、先生を信じて夜間頻尿を治していきますか(笑)


Golden Retrievers Patiently Wait to Get Paws Cleaned



IMG_2469

IMG_2467

IMG_2470

IMG_2474
今日の石神井公園池は「かいぼり」です。
「かいぼり」とは池から水を抜き、一定期間干して、清掃、堤や水路の点検補修を行う作業を言います。
今日は暖かいから皆ニコニコしながらこのかいぼりを見ていますが、厳冬だったら見てる方はさておきボランティア活動の方々は地獄だったでしょうね。

IMG_2471

IMG_2476
ところでこの自転車はどのようにしてここに沈んでいるのでしょうか。
謎であります・・・

IMG_2443
という事で今日のランチは武蔵野うどんです。
武蔵野うどんの名店「むさしの エン座」さんにお邪魔しました。

住所: 東京都練馬区石神井町5-12-16石神井公園ふるさと文化館内
電話:03-3995-1577
定休日:月曜・第1火曜

IMG_2444
お店の外観です。

IMG_2466

IMG_2444

IMG_2453

IMG_2455

IMG_2454

IMG_2458
店内の雰囲気です。

IMG_2452 (2)
メニューです。

今日のオーダー「霙糧(みぞれかて)うどん」=900円 です。
超混雑の為、約1時間待ちとの事。
仕方ないので名前を書いた後、ふるさと文化会館内で時間つぶしをしていました。
1時間後に戻ると後3番目だそうです。
食べる前に疲れます。

IMG_2456
水はセルフサービスです。

IMG_2459
店内はコロナの為かピリピリしています。
席に着いたのでマスクをはずしていました。
花番(客の注文を奥に通したり、できたそばを運んだりする人)さんが、注文を取りに来ましたら、オーダーはマスクをつけて言ってください、ときつく怒られました。

IMG_2461
待つこと16分で「霙糧(みぞれかて)うどん」の到着です。
糧(かて=おかず)うどんは画像の通り白地の麺に緑と桃色の麺が紡がれたような感じでいきおい食欲をそそります。茹で上げた濃緑のホウレン草は以前うどんの脇にのっていたのですが薬味の処に移されていました。
薬味は針生姜と葱です。
つけ汁は豚肉、お揚げ、牛蒡が入っています。

IMG_2462
それでは実食です。
うどんはしなやかで滑らかで弾力系のコシあって、これは凄い美味しさです。
ほのかに甘みさえ感じます。

IMG_2463 (2)

IMG_2465 (2)
つけ汁の肉は固まりになっていて興ざめです。
つけ汁は不味くはありませんが美味しくもありません。

IMG_2464 (2)
白眉は霙(大根おろし)です。
これは清廉というかよい香りがして美味しかったです。
体内の溜まった有害な毒物を排出させるデドックスになりますね。
総括として1時間強待って食べるものでもないと思います・・・

それでは(^_-)

吉祥寺 サジロカフェ

Sober curious
コロナ禍で会食が減り「飲まない」ことも悪くないと気付く若い人が増えています。
今の若い人はお酒を飲まないと言いますが、本当にその傾向は拡大しているようです。
職場の仲間と飲みに繰り出す「飲みニケーション」の是非が話題になることが多いのですが、職場の人間関係を円滑にする、一方でパワハラの温床になるなど賛否両論があります。
事実、現在の20代は一世代前に比べて20%もアルコールを飲んでいないといいます。
若い世代では、「お酒を飲む」という行為から遠ざかる風潮がありますが、さりとて職場のお酒の付き合い自体を敬遠しているわけではないようです。

drinks-2578446_
今、若者たちの間で新たなムーブメントとして注目されているのが、「Sober Curious(ソバーキュリアス)」を自称する人たちが出現しています
Soberは素面(しらふ)、Curiousは、好奇心旺盛な、興味深い、という意味です。
ミレニアル世代を中心に、このあえて「飲まない」がトレンドになっているようです。
お酒は飲めるけど(むしろ好き)、あえて飲まないという選択をしている人々のことを「Sober Curious」と呼んでいます。酒を飲むことは健康にとって自分にとって有意義なのか、自らで考え、酒をやめたり減らしたりする人が増えています。
背景にあるのは思慮深いことが恰好いいとか環境意識の高まりなどが通底にあるようです。
ノンアルコール飲料はまだ注目され始めたばかりで酒の代替品と位置付けられていますが、将来的には、味わい豊かなノンアルコールが広がれば、酒もノンアルコールも対等な関係を築き、自由に選んで楽しめる世界が広がろうとしています。
元大酒飲みの立場からしますと、あえて酒席でSober Curiousを演じなくてもいいような気がします。
酒飲みは酔った時には、口が滑らかになり、普段言えないようなことが言える効用を感じているのです。
それをハナから素面で参加されたらかえって気を使います。
そもそもいつも酒を飲んでいるから酔う楽しみが少ないのです。
はるか昔はお酒を飲むのは祭りの日のみで、その日に合わせて酒を飲んでいたといいます。
うちの次男のように普段は飲まなくて、たまに飲むときはそれこそ泥酔するまで飲む方がお酒の向き合い方としては正しいような気がします。
お酒は飲めるけど(むしろ好き)、あえて飲まないという輩は酒場に来てほしくはありません。
酒飲みと、酒を飲まない人は融合する必要はないと思います。
加えて酒席での無礼講は酔っているから受付できるのです。
素面で言いたい放題言われたらかなり腹が立つものです。
アメリカではノンアルコール専用のバーが最近増えてきたといいます。
ノンアルコールドリンカーたちは、そういったバーに通い始めています。
この現象はソーバーキュリアス・ムーブメントと呼ばれていますが、そんな面倒くさいことをするならスポーツジムで汗を流した方が精神衛生上に良いと思います。


Snack Attack



IMG_2425 (2)

IMG_2426

IMG_2427
今日は吉祥寺に出没です。
今までラーメン屋さんの行列だと思っていましたらカレー屋さんでした。
この行列はソーシャルデイスタンシングがなされていないので開店と同時にお店にはいりました。
今日のお店は「Sajilo Cafe (サジロ カフェ)」さんです。

住所: 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-36-8
電話:0422-77-9468
定休日:水曜日

IMG_2424 (2)

IMG_2423

IMG_2409
お店の外観です。

IMG_2411

IMG_2412

IMG_2414

IMG_241311
店内の雰囲気です。

IMG_2410 (2)
メニューです。

今日のオーダー「キノコとキーマカレー (@1,100)&バナナラッシー(+220)&チーズナン(+220)」=1,540円 です。
店内はネパール人スタッフが下手で且つ乱暴な日本語で接客しています。
私の嫌いな手合いです。
やたらチーズナンを進めています。
押し売りみたいで感じ悪いですね。
勧められたバナナラッシーは通常料金+220円でした。
お金に困っているわけではないですがこのようなアザトイ商売はまさに海外でのやりかたです。
日本ではそぐいません。

IMG_2415 (2)
待つこと3分でサラダが到着しました。
このサラダは作り置きです。
野菜がくたっとしています。
美味しくありません。

IMG_2416
待つこと3分でバナナラッシーの到着です。
なんか生臭くて酸味があります。
バナナラッシーってこんなもなのかな?
好みの味ではありません。

IMG_2418 (2)

IMG_2417
待つこと5分でキノコとキーマカレートとチーズナンの到着です。
美味しそうですね。

IMG_2419 (2)
それでは実食です。
カレーはマイルドです。
具材のキノコとキーマは沢山入っています。
辛くないのでシチューみたいです。
美味しいですね。
辛くないカレーも良いものです。
しか〜し、チーズナンが濃厚すぎます。
折角のマイルドカレーの味わいを消し去ってしまいます。
これは好き好きです。
美味しいのには美味しいのですがチーズナンのようなくどい接客が嫌なので再訪はありません。

IMG_24281

IMG_2429
食後はさとうのメンコロを夕飯のオカズとして求めました。
並ばずに買えたのは初めてです。
自由人ならではの役得です。

IMG_2430

IMG_2431

IMG_2432

IMG_2433

IMG_2434
結構、昼から飲んでいる方っておられるのですね。
これも新発見であります。

それでは(^_-)

氷川台 みつい

悪魔に魅入られたような瞬間
悪魔に魅入られたような災難ってありますよね。
卑近な例は、坂本九さんの遭難事故です。
九さんは、大阪府在住で自身の元マネージャーの選挙応援として翌13日に行われる事務所開きに駆けつける途中、日本航空123便墜落事故に巻き込まれ死去されました。43歳没。
九さんは本来、国内移動には日本航空 (JAL) ではなく必ず全日空 (ANA) を使っており、所属プロダクションや妻の由紀子さんにも「手配は必ず全日空で」と指定していたほどだったのです。
しか〜し、当日は全日空便が満席で、飛行機やホテルなどを手配した招待側の側近はチケットを確保できず、仕方なく確保したのが日本航空123便だったのです。
九さんと親交があった矢島純一さんは事故の1週間前に坂本の家でこの件を知らされ、全日空に変える事を勧めましたが、九さんは「せっかく招待した側が送ってくれたから」と言って変えなかったといいます。
事故の数日前、「全日空が満席でやはり日航しか取れませんでした」という立候補者の側近からの謝りの電話が入っていましたが、当時電話をうけとった妻の由紀子さんは忙しく、また勘違いをしていたこともあり、事故が起こるまで特に気に留めていなかったそうです。
そのため、家族も乗客名簿が発表されるまで日航機に乗っているはずがないと信じていたとか。
まさに悪魔に魅入られたような事故ですね。

441ace95cda7b2e0a3948148b995bb76_jpeg
私の奥様は、昨年の12月頃から目がチカチカするという愁訴の声をあげ、しばらくして治療のために眼科の門を叩いたのでした。医者の診立ては、飛蚊症(黒い蚊やゴミのような物体が見える症状)でした。
処方された目薬をしばらくさしていたのですが、症状は改善されなくかえって悪化してきました。
そこで再度眼科に行き診てもらったところ、網膜裂孔という網膜にピンホールみたいな穴が大小3個空いていて、このままでは失明する恐れがあるのでレーザーでその穴を埋める緊急手術が施されたのであります。
12月29日の事でした。
手術の結果は良好でしたが、眼科医からは2週間は絶対に安静にすること。
特に重たいものを持つこと、頭部への激しい振動は厳禁と言い渡されたのであります。
根がまじめな奥様はそれこそ医師の言葉を「金科玉条(最も大切にして守らなければ ならない事)」としてとらまえて、私は奥様の付き人みたいな状態になったのであります。
翌日は晦日です。
午後からは、我が家の正月料理の買い出しで私の車は奥様を乗せて都内を走り回りました。
予定の買い物が済み、残すところは豚バラ肉の調達だけになりました。
これについては近所の肉屋さんで済ますことになりました。
この日の東京は夕方に低気圧が通る予報がでており、肉屋さんに着く前に帝都は強い風が吹き荒れて時折驟雨にみまわれていたのです。
肉屋さんに着いた時には、17時過ぎではありましたが早々と夜のとばりは降りて、あたりは薄暗くなっていました。私が買い物をしている間、奥様はお店の外の仮設テントの中で筒型の石油ストーブの前で暖を取っていたのであります。
店内にはソーシャルデイスタンシングで2名しか入れず、また晦日ともいうこともあり大量に肉を買う人が多く、買い物が終わるのに30分位かかってしまったのです。
お店から出ると奥様が、また風がでてきたわ、と私に話しかけてきました。
確かに仮設テントがブルブルというビビリ音を立ててうなっていました。
奥様は仮設テントから少し出たところにぽつねんと立っていたのです。
そこに一陣の風が舞ってテントを揺らしたのです。
あたかも飛竜がテントの中を通りすぎたような感じでした。
それから数秒後、テントの上の淵に溜まっていいた大量の水の塊が奥様の頭にドッカンと落ちたのであります。
間近に見ていた私はしばらく何が起きたのかわかりませんでした。
奥様はこの水の衝撃で頭を抱えてうずくまってしまいました。
術後安静とのことでしたが、この衝撃は網膜裂孔に良いはずがありません。
奥様の目は光を失ってしまうのでしょうか・・・
突然の災難に気が動転している奥様をいたわり家に連れて帰りました。
奥様はあまりのショックで濡れて汚れた体をシャワーで洗い流してすぐに寝込んでしまいました。
この日に正月の買い出しがなくて、東京に低気圧が通らず、奥様が車の中で待ってさえいれば、さらにさらにこのタイミングに奥様はテントの中にさえいたのならこのような事故には会わなかったのです。
それにしましても、悪魔に魅入られたような瞬間であります。
年が明けて眼科に行ったところ、この災難は奥様の目に重篤なダメージを残さず快方に向かい始めたのでした・・・
こんなことも起こるのです。
このような事が人を運命論者にさせるのであります。


出発の歌 上條恒彦(2001 OA)



IMG_2386 (2)
実はBS-TBSの「町中華で飲ろうぜ 」のファンであります。
新年、この番組を観ていましたら、中華レストランという店名なのにネパール料理が食べられるとか早速次男の運転で行って参りました。
今日のお店は「中華レストラン みつい」さんです。

住所: 東京都練馬区平和台3-1-16
電話:03-3933-4246
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

IMG_2371 (2)

IMG_2384 (2)
お店の外観です。

IMG_2383 (3)
店内の雰囲気です。

IMG_2373 (2)

IMG_2374 (2)
メニューです。

今日のオーダー、私「チキンカレーセット」@1,050円、次「ラーメンセット・ミニチャーハン」@900円です。
店内の雰囲気は高級感あります。
街中華のしつらえではありません。
女性のご主人奄美大島出身のようで南国育ちの笑顔を振りまいています。
厨房からも元気のよい、いらっしゃいませ、と元気のよい挨拶が飛んできます。
感じの良いお店です。

IMG_2375 (2)
座るやいなや突き出しのナムルとお水が到着しました
このナムルはシャキシャキしていて美味しいです。
このような突き出しでお店のレベルがわかります。
このお店の料理は美味しいでしょう。

IMG_2377 (2)
待つこと7分で「チキンカレーセット」の到着です。
サラダが美味しそうですね。

IMG_2381 (2)
それでは実食です。
まずはサラダです。
中華のサラダではありません、レベルの高い味わいです。
ドレッシングもよくこのサラダに合っています。
美味しい。

IMG_2378 (2)
次に12種類のスパイスを使用したネパールの本格チキンカレーを頂きます。
カレーはかなり辛いです。
シャバシャバ系なのでこんなにも辛いとは思いませんでした。
で〜も、美味しいです。

IMG_2382 (2)
チキンは柔らかく仕上がっています。
全般的にスパイシーな味わいで本格的なネパール料理ですね。
あっという間に完食しました。
これはハマるカレーです。

IMG_2379 (3)
カレーと同着でラーメンセット・ミニチャーハンが運ばれて来ました。

IMG_2380 (2)
ラーメンスープは味が深いです。
麺もしっとりとこの巧みなスープに良く合っています。
なかなかの美味しさです。
チャーハンはしっとり系です。
これまた美味しいです。
これは街中華のチャーハンではありません。
高級中華店の味わいです。
このお店の味のレベルに瞠目しました。
ナイスなランチでした。

それでは(^_-)

吉祥寺 モンタナ

おおむこう
大向う(おおむこう)って、ご存じですか?
歌舞伎の、ここぞという場面で、「なかむらやあっ!」とか「おとわやあっ!」などと声を掛ける人、それが大向うです。お芝居を盛り上げるあの掛け声は、いったいどんな人が発しているのでしょう?
どうやったら大向うになれるの?
そもそも大向うって、お仕事? 趣味?
堀越さん
歌舞伎の番組を見ていたら歌舞伎大向弥生会会長の堀越 一寿(ほりこし かずひさ)さんを紹介していました。
以下が彼の略歴です。
東京生まれ。都内電気メーカー勤務。両親の影響で幼時より歌舞伎に親しむ。
芝居好きが昂じて25歳頃から声を掛けはじめる。
1998年、歌舞伎大向弥生会会長からその熱心さを認められ、同会初の二十代で会員となる。
著書:「歌舞伎四〇〇年の言葉 学ぶ・演じる・育てる」
劇場に通うこと、年間100日以上。
これまでに2,000回以上、歌舞伎の舞台を見てこられたそうです。
よくお金が続くと思っていましたら、会に入っていれば木戸銭御免のようです。
ただしいちばん後ろの通路で立ち見ですが。
歌舞伎は好きでたまに見にいきますが、大向こうがかける掛け声には圧倒されます。
ちなみに女性の掛け声は禁止されているようです。
「なかむらやあっ!」とか「おとわやあっ!」とかの屋号の掛け声は安パイのようですが、それ以外の掛け声は、お芝居の雰囲気を壊すようだと劇場の人がお客さんを探して注意をされるようですね。
それにしましても歌舞伎のルールを知悉していて且つ歌舞伎の隅々まで承知していませんと掛け声はかけられません。那辺は大相撲の掛け声とは大違いであります。

KE6in27B8v7RVL9wTs
彼らみたいな通人でも、掛ける場所について中村勘三郎さんから具体的にご指摘いただいたみたいです。
以下は堀越さんのコメントからの抜粋です、
「四谷怪談」の公演のときに、中村橋之助さんが演じる民谷伊右衛門のセリフに「どりゃ水揚げにかかろうか」というのがあるんです。
勘三郎さんはそれを例にしてこんなことをおっしゃいました。
みんな「どりゃ水揚げに」のところで、成駒屋!ってやるけどさ、あれは大向うさんの間(ま)なんだよ。
あそこはね「どりゃ水揚げにかかろうか」ときてから「成駒屋!なんだよな」って。
目からウロコでした。
大向うにとって気持ちの良い間が役者にとっても良い間であるとは限らない。
それを勘三郎さんは教えてくださったんです。
なるほど深い話ですね。
これじゃ素人が知ったかぶりしてやりますと即座に出禁になる事でしょう。
その前に現在、コロナで歌舞伎座の業績は、今期の経常利益は赤字転落となったみたいです。
歌舞伎界もコロナで痛めつけられております。
まずはコロナから逃げきらなければなりません。
現在、軽傷者用の宿泊施設が飽和状態になっています。
追加の施設として、ホテル・保養施設・企業の研修施設・大型クルーズ船・都営団地改修施設・五輪村などを真摯に検討願いたいものです。
歌舞伎で大向こうの真似する前に、まずは自らの命は自分で守らなくては。
その後で、歌舞伎での掛け声も堪能しましょう。
生きていればなんでもできます。


Justin Bieber, Mariah Carey - All I Want For Christmas Is You



IMG_2344

IMG_2364

IMG_2363

IMG_2346
今日は吉祥寺に参りました。
天気が良いので自転車に乗ってまいりました。

IMG_2365
目的はコロッケを買いに来たのですが、なんと正月休みでした。
折角ですからカレーの美味しいお店にお邪魔しました。
今日のお店は「モンタナ」さんです。

住所: 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-10-2 本町田中ビル 1F
電話:0422-21-0208
定休日: 無休(ディナータイムは不定期)

IMG_2359
お店の外観です。

IMG_2351

IMG_2357
店内の雰囲気です。

IMG_2349 (2)

IMG_2350 (2)
メニューです。

今日のオーダー「ドライカリー」@1,000円です。
店内は二人のみです。
普段は満席のようですが。
美形の女性×2人が厨房を切り回しています。

IMG_2352
お水はセルフサービスです。
約12劼竜離をペダルでこいできたので喉が渇いています。
数秒でごっくんと飲み干しました。

IMG_2353 (2)
座るやいなやサラダが到着しました。
このサラダは野菜がシャキシャキしていて且つドレッシングもさわやかで私の好みでした。
美味しいですね。

IMG_2354 (3)

IMG_2355 (2)
待つこと3分で「ドライカリー」が到着しました。
見た目美味しそうです。

IMG_2356 (2)
玉子を割って黄身を溶岩のように垂れ流してから実食です。
辛さは普通なので辛いカレーが好きな私にとっては物足りません。
全般的に上品な味わいです。
ひき肉が美味しいですね。
もう少しワイルドなカレーの方が私の好みでした。
で〜も、美味しくはいただけました。

それでは(^_-)

石神井台 とんとんラーメン

小さな喜び
prepaidcard-main-image-03
永年、体育館通っていたことから記念のプリペイドカードを頂きました。
その度数は5,000円ですから25回も無料で使えます。
私はこのようなサプライズに感激するタイプです。
早速、使い始めました。
いつもは現金で自販機の利用券を求めていたのですが、今回からはカードで済ませることができます。
使い始めて分かったのですが、この自販機はカードを挿入した後のはきだしがワンテンポ遅れるので取り忘れそうになるのです。
こりゃあ、いつか取り忘れるなと考えたのです。
その為に必ず指指し確認して取り忘れを防いでいたのです。
順調に丁度半分使い切りました。
このままだと使い切るのは間違いないなとほくそ笑んでいたのです。
好事魔多しです。
クリスマスイブの夜は自宅でのクリスマスパーティーの為早く帰宅しなければならなかったのでした。
その為にこの日に限って少し気分が焦っておりました。
いつもの通り、自販機にカードを挿入して利用券を取り、ワンテンポ遅れて吐き出されたカードを手につかんで更衣室に向かったのです。
この時の指先確認はしていませんでした。
その日は70分コースのトレーニングを50分に切り上げて終了しました。更衣室で汗をぬぐって着替えた時に、カードを点検したのですが、会員証しかありません。
ありゃりゃ取り忘れたのかと思ったのですが、手に取った感触が残っていました。
失くしたのでしょうか。
早速、受付で確認しました。
プリペイドカードの落し物はありませんでしたか、と確認しますと、届いておりません、との事でした。
さすがに、プリペイドカードは拾っても届けないだろうと思いきや、私が失くしたカードの実態はプリペイドカードですが見た目は記念カードなのです。
私は日本人の性善説を信じて、これはでてくるでしょうと思っていたのです。
この日はクリスマスパーティーがあるので帰宅しました。
次の日も体育館に行ったので、同様に落とし物の有無を確認しました。
残念ながら、落し物の届け物はありませんでした。
日本人でもさすがにプリペイドカードは自己使用してしまうのだろうと思って諦めました。
ところが私は執着心が異常に強いのです。
落としたものの金額の多寡ではなく、ものを失くすことが嫌なのです。
ネットで調べてみますと執着心が強い人ってどこかメンタルに異常があるようです。
例えていうと、優秀なエンジンを積んだフェラーリのようなものです。
一般的には扱いが難しいといわれる車も、うまく運転すればトップスピードで走ることができます。
しかし、それを使いこなせずにいると、あちこちパーツの調子が狂ってしまうようです。
なんですかそれは(笑)
人より物事に関して強いエネルギーを持っているだけです。
ハラに落ちればあっさりと諦めます。
今回は記念カードなので自己使用せずに、拾った人は必ず届けるだろうという仮説をたてたのでそれを検証したかっただけなのです。
年が押し迫って体育館の最終日、いつものトレーニングが終わって受付にいきました。
所謂、泣き三回というものです。
今まで、プリペイドカードの落し物はありませんか、と聞いていたのは正しくないので、今回は記念カードの落し物というように聞く内容を変えようと考えたのです。
満を持して受付に行きました。
すみません、クリスマスイブの日、24日に記念カードの落し物は届いていませんか、と聞きましたら、従来と違った回答がありました。
それってミズノ感謝カードですか、と聞きますと、多分そのような名前でした。
カードの色はモスグリーンです、と答えますと、それなら届いています。
ちなみにカードの残度数はいくつですか、と聞かれたので、多分15度数のはずです、といえばこれですね、と私が失くしたカードを持ってきてくれました。
私は、これです、これです、と言いますと、24日の19時頃、自販機の前の床に落ちていたそうです、と答えてくれたのでした。
そうか、あの日は急いでいたので、カードを取ったもののそのまま手をすり抜けて床に落ちたのでしょう。
これこそ覆水盆に返るであります。
私はこのような小さな喜びに無常の幸せを感じるのです。
本当にうれしいのです。
まして仮説が正しい事が証明されたので本当に喜びを感じました。
拾ってくれた方ありがとうございました。
今後はリスクを分散するために、残った15度数は全て利用券×15枚に予め変えておいて紛失リスクを7%にミニマイズすることにしました。


明日があるさ/坂本九(Cover)



IMG_2265 (2)
今日は石神井台に出没です。
この街には美味しいラーメン屋さんがあるとのことでお邪魔しました。
お店に隣接する駐車場もかなり広くストレスなく駐車できました。
今日のお店は「屋台とんとんラーメンラーメン」さんです。

住所: 東京都練馬区石神井台2-29-34
電話:03-3904-9943
定休日: 木曜日

IMG_2266
お店の外観です。

IMG_2270
店内の雰囲気です。

IMG_2267 (2)
メニューです。

今日のオーダー「ラーメン(並)」@700円です。
店内は満席です。
人気のお店のようです。

IMG_2268 (2)
調味料の面々です。

IMG_2271
待つこと7分で「ラーメン(並)」の到着です。
見た目、美味しそうです。

IMG_2272
ニンニクと摺りゴマをかけまわして実食です。

IMG_2273 (2)
リフティングの通り麺は中細ストレート麺です。
スープは醤油味の豚骨
具はチャーシュー、刻み葱、ワカメ、海苔とシンプルです。
チャーシューは脂身の少ないものでそれほど柔らかくはなく肉の旨みを感じます。
このラーメンはニンニク、豆板醬、ゴマを入れて味変で楽しむラーメンですね。
私はニンニクとゴマで味変しました。
この味変はベストチョイスでしょう。
スープとしっくりきます。
量が少し物足りないので次回は1.5玉にしましょう。
美味しくいただけたラーメンでした。

それでは(^_-)

石神井公園 辰巳軒 29th

銭湯今昔
1804_kanto_4_066
江戸の昔から、風呂好き日本人を癒やし続けてきた銭湯ですが、その数は今や減少の一途ですけれど、実は若い世代の間で新たなムーブメントも誕生しているそうです。富士山だけじゃない、アートな壁画や天井絵に、プロジェクションマッピングまでが楽しめる銭湯が増えているそうです。
戦後から1960年代にかけては、自宅内に風呂がある家庭はそれほど多くなかったため、銭湯に対する需要は大きかったのです。
しか〜し、1970年代以降は、風呂が各家庭にあることが当たり前となっていき、それにつれて銭湯に対する需要が減少したと考えられています。
今後も銭湯市場はますます苦戦を強いられるのでしょう。
後は残存者利得をどう活かすかというのもありますが、今、現在残っている銭湯というのはそれなりの固定客を有しているのだと思います。
実際、我が家の次男は不定期に地元の友達と銭湯に通っておりますし、私も疲れた時には銭湯ではありませんが、スーパー銭湯にいっています。
そんな中、銭湯の近隣に風呂のない賃貸住宅が増えているとか。
勿論、統計学的な裏付けがないものの話題を集めております。
風呂のない賃貸住宅って割安なのです。
で〜も毎日、銭湯に行くのも大変ですよね。
子供の頃は家に風呂がなかったので銭湯に行っておりました。
それでも雨の日とか冬の凍てつく日には、銭湯に行くのは面倒でした。
雨の日はいまのようなきれいに収納できる傘立てがないので、傘置場はまさに針坊主みたいになっていて、自分の傘を探すのが大変でした。
最悪なのは下の方に傘があった場合は、引っこ抜くのにすごい時間がかかり、折角お風呂に入ってきれいになったのに、傘の水しぶきで体が濡れてトホホの気分になりました。
冬の凍てつく夜は、着ぶくれして銭湯に行くものですから、重ね着したあまたの服が脱衣ロッカーに入らず無理やり押し込んでいれるのですがなかなか扉が閉まらず苦労していました。

002 (2)
銭湯には入浴後の楽しみがあります。
それは入浴後の飲料水です。
入浴後は沢山の汗がほとばしるので、冷たい飲料水をとり体の火照りを取っていました。
友達の中には、コーヒー牛乳派とラムネ派もいましたが、私はフルーツ牛乳一筋でした。腰に手を当てて、グビグビって飲むのはやはりフルーツ牛乳でしょう。
フルーツ牛乳は、普段飲むとそれほど美味しいとは思わないのですが、入浴後の後の味は至福の味わいでした。
行きつけの銭湯に通う理由で最も多かったのは「交通アクセス(立地)の良さ」みたいですが、まさにその通りであります。
私の住居から最寄りの銭湯までは徒歩で15分位です。
ちょっと面倒ですよね。
10分以内でしたら銭湯通いに変えた事でしょう。
おまけに銭湯の目の前には居酒屋さんがありますので、帰りにもつ焼きも一興ですかね。
居酒屋さんは匂いが付くので、入浴後では奥様に叱られますか・・・


女子高生の「君が代」独唱と司会が素晴らしすぎる!


IMG_2246 (2)
今日はバスの街石神井公園に出没です。
今日は昭和のカレーを食べに参りました。
今日のお店は「辰巳軒」さんです。

住所: 東京都練馬区石神井町3-17-20
電話:03-3996-0425
定休日: 木曜日・水曜日も隔週であり

IMG_2247 (2)
お店の外観です。

IMG_22511 (2)
店内の雰囲気です。
今日は超満員であります。

IMG_E2248 (2)
メニューです。

今日のオーダー「カレーライス」@600円です。
お店の店員さんに地元?のセレブリティの老齢の女性がなっていました。
多分、知り合いの方だと思うのですが。
すごく応対が丁寧なのです。
完璧に飲食店の応対ではありません。
加えて、たまにまるで小学校の先生みたいに上から抑え込みます。
普段は厨房にいる店主もこの応対にハラハラしてヘルプで店内に出てきます。
このお店には何十年も来ていますが、店主がお店に出てきたのは初めてであります。
私に対しても、カレーで宜しかったのかしらん、との確認であります。

IMG_2252
待つこと5分お水が到着しました

IMG_2253 (2)
待つこと10分でカレーが到着しました。
この粘り気のあるカレー色はどこから見ても昭和のカレーであります。
美味しそうです。

IMG_2254 (2)
ウスターソースをかけまわして実食です。
多分に片栗粉でトロミがついているようでこれが口内でねっちょりとからみつきます。
辛さは少し辛めでこれが私の好みの辛さであります。
具は玉葱中心でたまに豚肉が入っているテイです。
たまに巡り合う豚肉に感動しています。
これこそ昭和のカレーです。
福神漬けも辛美味です。
たまらない味わいです。
これは美味しい。
久々にカレーにノックアウトされました。

それでは(^_-)

石神井公園 ミアボッカ

コロナの影響
photo02
私の地元の浅草のコロナの影響が深刻さを増しています。
2020年の始めには、景気は上向きの雰囲気で、外国人観光客も多く、何の心配もありませんでした。ところがこの春よりのコロナ禍の影響で、飲食店の休業が多くなりました。
人気のあった店も、予約のあるときしか開きません。
ぼつぼつ廃業する店も出ています。
いろいろな補助金が出るにしても、後継者のいない高齢の店主の場合はそれを早めるのでしょう。特に深刻なのは仲見世商店街です。
コロナ禍で客足が途絶え、商店街の光景は激変しています。
あるお店は2月の売り上げがほぼ半減となり3月中旬から臨時休業しています。
最終的には廃業してしまいました。
仲見世商店街振興組合によると、89店あった店舗が現在は85店になったそうです。
冨士滋美理事長(71)は、複数の店舗が同時期に店を畳むのは珍しいことです。
同じ店子の仲間がいなくなるのは寂しさがあります、と話しています。
関東大震災や東京大空襲など、歴史をたどれば、この街は「七転び八起き」の繰り返しでした。コロナ禍もみんなで何とか乗り越えて、浅草に活気を取り戻したい、と自らの思いを語っておりました。
現在、仲見世及びその周辺の商店街は中国系の企業の参入が多くなってきています。
特にこのような廃業が続くと中国人などの外国人経営者が閉めたお店を買い取り、業態を変えた新店舗にしていくのです。
立ち食いを奨励している店舗などがその事例です。
立ち食いは、地元浅草では行儀が宜しくありませんし街が汚れるのでご法度なのであります。さらに、浅草にたくさんある着物レンタル店の半数以上は中国人などの外国人経営者なのです。このままの状態が続くとコロナ終息後の浅草はチャイナタウン化していくのかもしれません。
かつて浅草の繁栄を目指した地元商店は、浅草には毎月お祭りが絶えないように計画していました。これがいまや裏目となり密の根源となっています。
ワクチンが行きわたる迄に浅草が持ちこたえるのかどうか気になるところであります。

コロナといえば今日時点で949人となっておりこのままですと1,000人を超えていくでしょう。ある識者が言っていましたが、なぜ政府は連日、発熱や症状から罹患(りかん)を疑っている者や、濃厚接触者等で検査を受けた者のうち、陽性が判明した人数を公表するのでしょうか。
それ以外にも無症状陽性者が多数存在しています。正確には、県なら県民の統計学的に有意な人数を住所・性別・年齢・既往症などにつき無作為に抽出し、PCRもしくは抗体検査を施し現時点までの正確な推定陽性率を算出して、その推移とあらかじめ決めた基準値で「波」が来たのかを判断すべきでしょう。
第一波の時点では検査の体制が整わず医療も逼迫していましたが、現在では民間でも検査が安価に行われております。まずは統計学的に正しいデータを用意すべきです。
政府がデータを出さないのに、「正しく恐れる」ことは不可能だと思われます。
今みたいな状態を「氷山の一角」と呼ぶのであります。


イルカショーでハプニングが! 超カワイイ少女が・・・



IMG_2234
今日はセレブの街石神井公園に次男の運転で出向きました。
今日はイタリアンです。
今日のお店は「ミアボッカ」エミオ石神井公園店さんです。

住所: 東京都練馬区石神井町4-1-17 エミオ石神井公園店 2F
電話:050-5457-4767
定休日:年中無休

IMG_2235 (2)

IMG_2236 (2)
お店の外観です。

IMG_22371
店内の雰囲気です。

IMG_2238 (2)
メニューです。

今日のオーダー「北海道マルゲリータ&珈琲」@1,230円と「鶴居村三恵豚と玉葱のトマトソースアマトリチャーナ風」@1,130です。
ミアボッカとは私の唇だそうです。
久々に大箱のお店に入りました。
書き入れ時なのに店内のお客様は数えられます。
大丈夫でしょう・・・
ところが昨日は満席で店外に行列ができたそうです。

IMG_2239 (2)
待つこと7分でサラダが到着しました。
これは特段のサプライズもない普通のサラダです。

待つこと13分で「北海道マルゲリータ」と「鶴居村三恵豚と玉葱のトマトソースアマトリチャーナ風」が到着です。
見た目、美味しそうです。

IMG_2240 (2)
まずはピッツアからいただきます。
生地がふんわりと焼かれています。
コルニチョーネ(pizzaの縁)もきれいに立っております。
北海道十勝のモッツァレラチーズは味が深いですね。
これは美味しいです。
やりますね。

IMG_2241 (2)

IMG_2242 (2)
続いてパスタです。
鶴居村って通ったことがありますが、この村ってたしかチーズが有名では・・・
豚も美味しいのでしょうか。
これは平板ですね。
美味しいには美味しいですがミアボッカ(私の唇)に訴えるものが少ないですね。

IMG_2243 (2)
珈琲は普通でしたが味わっていただきました。
それでも満足なランチでした。

それでは(^_-)

富士見台 ぶたまる

オジサン、ありがとうございました
rojin12
私の父には兄が二人いました。
長男はおっとりとした性格でしたが、次男は狷介固陋(自分の信じるところを固く守り、人の意見を受け入れないこと)で、私にとってはあまり好きではないオジサンでした。
私の父は家族の前では、ネチネチ酒で、どちらかというとカラミ酒でしたが、それでも他人との酒席では気を使って飲んでいました。
オジサンは、私の父の宜しくない酒癖があたかも幼稚園児に見えるみたいな、無茶苦茶な飲み方をしていました。私の母はこのオジサンが嫌いで、極力家には来させないように父に懇願していましたがオジサンは不定期にやってきて好き勝手して帰っていったのです。
父もこの兄を苦手としていましたが、歳が二歳違いで子供の頃から面倒を見てもらっていたので頭が上がらないのでした。
父がそれなりに事業で成功してきましたら、この兄に頭ごなしにあれもダメこれもダメと言われるのが嫌になり、徐々にその付き合いの間隔をあけるようになってきました。
以来、年に1〜2回くらい会うような付き合いになってきました。
それから時計の針を一気に40年ほど先に進めます。
死なない人はいないように、私の父も人生の終焉を迎える事となりました。
私の父は扁平上皮癌という肺癌の一種で余命いくばくもない状態となりました。
癌の痛みを抑えるためにモルヒネを打たれていて意識はほとんどなくなっていました。
そんな状態の父にオジサンは週に1〜2回ほどお見舞いに来てくれたのです。
お見舞いに来ても父は意識がないので、オジサンはただただ父の顔をみて帰るだけです。
私はオジサンに、父は意識がないので、そんなに頻繁に来られなくても宜しいですよ、と言いますと、生きてりゃいいんだ、と言われていました。
ある日見舞いに来たオジサンに病院までは日暮里からJRで来ているんですか、と聞きますと、自転車だよ、と言われていましたが、私は全く信じていませんでした。
と申しますのはオジサンの家から父の病院までは片道10kmもあるからです。
この時のオジサンの年は71歳です。
体力的にも厳しいと思われます。

今日は冬至です。
知り合いの方から、柚子をもらったので白蓮に柚子湯に入ってもらおうと思って、白蓮の家まで自転車で届ける事にしました。
距離的に片道10kmですから軽いものです。
ということで軽やかにペダルをこいて向かったのです。
行きはなだらかな下り坂ですから楽勝でしたが、帰りは逆な上り坂ですからかなりきつく感じました。
まして白蓮宅は誰もいなかったので、柚子を置いて帰るというタッチアンドゴーというテイになっていたのです。
走り終わったら軽い疲労が流れ出る汗と共に噴き出てきました。

IMG_3933
オジサンの話に戻ります。
オジサンが3年前に亡くなったので、しばらくしてオジサンの家に線香をあげに伺ったのです。
叔母さんにお香典を渡し、オジサンの位牌に線香をあげた後はそそくさと帰ろうと思ったのですが、叔母さんがお茶でもどうぞという事でオジサンの昔話をしておりました。
その中で、オジサンのお見舞の話をしました。
オジサンは父の見舞いに自転車で来ていたと言っていましたが本当ですか、と聞きますと、本当よ、というではありませんか。
片道、軽く10劼呂△蠅泙垢茵△箸いΔ肇バサンは笑いながら、歳の割には体力があるのね。
日暮里から昭和通りにでて上野を通って新橋を右折して御成門にある病院に行くのだけど、途中に上野があるでしょう。お見舞いの帰りに好きな飲み屋に立ち寄って、そこで大好きな日本酒を飲んで帰るのが楽しみだったみたい。
弟が生きている間は、見舞いに行ってやらなくれは、といつも言っていたわね。
そうなんですか。
聞いといてよかったです。
私は、今日の今日までオジサンの冗談だと思っていました。
私はオジサンを見直しました。
私が白蓮宅に往復した距離を、オジサンは何回も来てくれたのです。
私でさえ疲れを感じるのですからオジサンはかなりの疲労を感じていた事でしょう。
だから帰りに上野の居酒屋でチカラ水を補給して帰宅したのだと思います。
本当に頭が下がりました。
ありがとうございました。


Klick Epic Office Remix with Andrew Huang



IMG_2221 (2)
今日は富士見台に出没です。
今日は寒いのでラーメンです。
今日のお店は「ラーメンぶたまるラーメン」さんです。

住所: 東京都中野区上鷺宮4-16-6 ふじ銀ビル 1F
電話:不明
定休日:不定休

IMG_2222 (2)

IMG_2232 (2)
お店の外観です。

IMG_2226
店内の雰囲気です。

IMG_2224 (2)
メニューです。

今日のオーダー「ブー郎ミニ(150g)、野菜少なめ・ニンニク」@680円です。
お店はどこから見ても二郎のインスパイア店です。
美人のお姉さんが厨房を仕切っています。

IMG_2225
水はセルフサービスなので自ら持ってきます。

IMG_2228 (2)

IMG_2229 (3)
待つこと6分で「ブー郎ミニ(150g)、野菜少なめ・ニンニク」が到着しました。
盛り付けがきれいですね。
この辺りは女性の気配りですね。
ブタが多いのと野菜は少なめなのにその標高は高いのです。
これは高評価であります。

IMG_2231 (2)
麺をリフティングです。
縮れ太麺です。
二郎と変わりません。
それでは麺と野菜の天地返しをして実食です。
スープはマイルドの分がパンチ不足ですけれど普通に美味しいですね。
ちょっとヌルイのが残念か。
麺は硬めでワシワシと口内に吸い込まれていきます。
美味しいですね。
ブタは脂がのっていて美味しい。
脇にゼラチンのアブラがあり、これも美味しい。
二郎でもたまに見かけますけれど、ここでは常備みたいですね。
全般的に美味しくいただけました。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ