下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

2018年10月

石神井公園 辰巳軒 17th

今日は「セッカチ」の話です。
http___i_huffpost_com_gen
実は、私はセッカチです。
私の生まれた育った下町ではほとんどの人がそうだったので、私のセッカチは特段珍しいことではありません。
「セッカチ=気が短い」は江戸っ子らしさの体現ですので美徳とされていました。
実際、人にものを頼まれると、合点承知の助、と言って走り始め、10歩くらい走ってから立ち止まり、ところでどこ行くんだっけ、というのはよく見かけた話です。
取引先に電話して一方的に話始め、しばらくして電話口から、電話をかけるところが間違っていますよ、と言われた事は若い頃の懐かしい恥ずかしい思い出です。
要は相手を確認せずに話し始めているのです。
さら〜に、歩いていると、見知らぬ人に挨拶されますと、相手が分らないものですから、探りを入れるために丁寧な挨拶をします。
実は見知ら人は私の後ろを歩いている人に挨拶していたのです。
最近でこそなくなりましたが昔は良くありました。
よその会社に行きエレベーターに乗っても、持って生まれたセッカチの為、乗り入れた人の中で一番早く降車階ボタンを押すのですが、押す事に神経が集中している為に間違って押してしまうのです。
結果、エレベーターの中で皆さんに謝っていたというのは良くしありました。
会社では「拙速は巧遅に如かず」を広言していますので、仕事の処理スピードは光速です。
なんでなんでしょうか?
子供の頃は、友達と話していると、頭の中に色々な考えが浮かぶので、その考の全てを皆に伝えたくて明石家さんまさんみたいな言葉のシャワーを相手に浴びせかけていたことも多々ありました。
要は自己中なのでしょうね・・・
このような私に付ける薬があるのかと思いネットで調べてみました。
すると以下のアドバイスがありました。
せっかちな人は、完璧主義者であることが多く、少しのミスも許しがたいと考える傾向があります。
あらゆることを滞りなく計画通りに進められるように、事前のリサーチや準備を万全に進め、時間があるかぎり最善を尽くし続けるため、気が休まることはありません。
そんな緊張感が続く毎日を送り続けるうちに、ある一定のことだけに心が奪われ、人間らしい感情や感覚が薄れることもあるかもしれません。
そのような性格を変えるためには、心から好きなことや楽しめることを探し、自由気ままに没頭できる時間を確保するようにしましょう。
仲の良い友人と他愛もない話をして盛り上がったり、時間を気にせずに好きな音楽や映画を心ゆくまで堪能したりすることで、心が解放され緊張も徐々にほぐれていきます。
さもありなんです。
転ばぬ先の杖といたしましょう・・・

57ae1e71180000ad02bca7f2
ちなみに上の画像のような乱雑な机はセッカチ人間の私には考えられません。
研究によれば、散らかった机はよりクリエイティブな考え方に導くといいます。
私はこんな机に座って、どのようなクリエイティブな考えが浮かぶというのでしょうか。
大半の時間が必要な書類がどこにあるかを探す事に忙殺されているはずです・・・


Mourning Father Welcomes New Dog Into Family



IMG_0205

IMG_0206
今日は石神井公園に出没です。
たまには下町っぽい味を堪能しましょうという事で訪れたお店はこの店です。
今日のお店は「辰巳軒」さんです。

住所: 東京都練馬区石神井町3-17-20
電話:03-3996-0425
定休日: 木曜日

IMG_0208
お店の外観です。

IMG_0210

IMG_0211
店内の雰囲気です。

IMG_0209
メニューです。

今日のオーダー「焼飯」@600円です。

待つこと6分で「清湯スープ」の到着です。
IMG_0212
コクがあり美味しいです。
このスープは合格合格合格合格合格です。
食べたことはありませんがこのスープで作られたラーメンは美味しいのでしょうね。

IMG_0213
時間差で「炒飯」の到着です。
見た目昭和の「焼飯」です。

IMG_0214
それでは実食です。
この「焼飯」の具はナルト、チャーシュー、グリーンピース、玉葱です。
これだけナルトの多い「焼飯」は私のお気に入りです。
この「焼飯」は油の御(ぎょ)しかたが良いですね。
字のとおり「炒める」というより「焼く」という感じで硬めに仕上げているので最後まで熱が逃げません。
今日の炒飯はご主人ではなくて娘さんが作っています。
いつもより濃い目の味付けですが、これは私の好みです。
味ですか、とても美味しいです。
ナルト、チャーシュー、グリーンピースが渾然一体となって口内で混じり合う美味しさは筆舌に尽くせません。
最高です!
ごちそうさまでした

それでは(^_-)

南青山 アントニオ

今日は「私のこだわり」の話です。
実は私は普通のビジネスマンを演じていますが少し変わったところがあります。
その変わったところとはこだわりが強いのです。
私のようなこだわりの強い人は、ネットからの引用によりますと、妥協を許さない完璧主義者という面があるそうです。自分がこだわっている事に関しては、どんな小さなミスも見逃さずに突き詰めていく精神の持ち主だそうです。
これは当たっていますね。
しかし、通常完璧主義者と言われる人たちと違うところは、自分がこだわっていること以外は、どうでもいいという所だそうです。
これも当たっていますね。
そんな私がすごく落ち込むことがあります。
多分、多くの人はそんな事で落ち込むのって笑う事でしょう。
で〜も、それが私だ、私の心なのであります。
それでは私が落ち込む時を一挙に公開します。

#会社への服装はストライプ
1352982496_19
会社に着ていく、ワイシャツの柄は100%がストライプです。
加えてワイシャツの襟もとはこれまた95%がボタンダウンです。
残りの5%はタブカラーですから所謂同系統であります。
襟がヒラヒラしているのは生理的に嫌なのです。
ワイシャツでは問題が起きないのですがスーツの上下では問題がおこります。
スーツの色はほとんどが濃色のブルー系なので、まれに柄違いのチンドン屋コーデで会社に行く事があるのです。
理由は簡単です。
濃色のブルー系スーツで柄がストライプですと、その峻別が難しいのです。
為念、奥様とダブルチェックはしているのですが、お互い寝起きは強くないので、半年に一回くらいは、チグハグコーデで出社に及びます。
ほとんどは、会社ついてしばらくしてからその差分に気がつくのですが、その恥ずかしさに立っていられないくらいに落ち込みます。
で〜も、会社の人間は、私の柄違いには誰も気がついていません。
ここが面白いところであります。

#スケジュール管理は手帳
640x4807
スケジュール管理は手帳で行っています。
勿論、iPadairは常時携帯していますので、そちらにもスケジュールは記載していますが、やはりスケジュールの変更は、チョコチョコと書き換えられる手帳の方が便利なのです。
この命より大事な手帳をたまに忘れるのです。
実際のところ、手帳がないと海図を持たずに大海にのり出した船長みたいな気分になります。
会社への到着が始業時間の一時間前ですので、一時期は手帳を取りに家まで戻っていました。
しか〜し、最近、手帳を忘れた時には、その日の前後一週間のスケジュールを写真に撮ってLINEで送ってもらっています。
手帳がないのですが、無意識にスーツのポケットに手をいれて大きなため息をついています。
この辺りは自分でも女々しいと思っています。
忘れたのだから、いちいち確認する必要はないのですが、那辺がこだわりなのでしょうか。

#髭剃り励行
20131211152446
これが良く分からないのです。
元来、髭は濃い方ではないのですが、髭剃りをしないで会社に行くと不安になります。
土曜日なんかほとんど髭はそらないのですが、ちょっと見では髭は剃ったたように見えています。
このようなレベルではありますが、万が一髭を剃らないで行った会社に際には、戻れる場合は自宅に髭を剃りに戻ります。
一時期は会社のトイレで簡易カミソリを使って髭をあたっていたのですが、乱暴に剃るために顔が血だらけになったので止めています。

このように3っつの恥ずかし事例を紹介しましたが、手帳の話を除けば全体を貫いているのは「外相整えば、内相おのずから熟す」という事です。
社会において服装は、まさしく「外相」です。
私は「外相」にこだわるというのは対人関係における基礎であるという強い信念を持っています。
時、場所、場合を考えた服装というものは、究極的には「人を思いやる気持ち」の発露です。
服装を通して「人を思いやる」ことを心がける事で、「内相」も自ずから熟してくるのではと考えています。


最高のボールガール


今日は青山に出没です。
IMG_0164 (2)

IMG_0167

IMG_0182

IMG_0168

IMG_0169 (2)

IMG_0170
ここは仕事で来なければ根津美術館、岡本太郎記念館等見どころ満載ですね。
早めに打合せが終わったのでランチです。

23
今日のお店のANTONIO`Sは1944年にイタリア海軍の指揮官付コック長だったカンチェーミ・ アントニオさんが日本に本格的イタリアンを紹介してから創業70年の老舗イタリアンレストランとデリカテッセンのお店です。
今日のお店は「アントニオ」南青山店さんです。

住所:東京都港区南青山7-3-6 第22大京ビル1F
TEL:050-5868-4405
定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日の火曜が定休となります。)

IMG_0171

IMG_0172
お店の外観です。

IMG_0176

IMG_0177 (2)
店内の雰囲気です。

IMG_0174

IMG_0175
メニューです。

今日のオーダー「プレーンピッツア&珈琲」@1,600+@550=2,150円(内税)です。
前から憧れていたイタリアンレストランです。
店内の落ち着いたしつらえは私の好みです。

IMG_0178
待つこと7分でテーブルセットの到着です。
それにしましても接客が良いですね。
美味しい料理は「細部の接客に宿る」を地でいっています。
感動しました。

IMG_0179
待つこと14分で「プレーンピッツア」の到着です。
ピッツアのセンターでチーズが光り輝いているではありませんか。
これは食べる前にわかります。
美味しいでしょう。

IMG_0180
それでは実食です。
生地は外硬内柔で且つモチモチしていて美味しいです。
コルニチョーネ(ピッツアの縁)はグラマラスではありあませんが那辺は生地が美味しいから気にしません。
特筆するのはチーズです。
多分にモッツアレラでしょうか。
トロリとして密度の濃いチーズは私の心をトロケさせます。
このピッツアは美味しいです。
隠し味のガーリックソースがナイスアシストです。
全てが最高のピッツアでした。

IMG_0181
食後はネルドリップでいれた珈琲はなめらかで味がしっかりとしていて飲みごたえがあります。
溜まっていたメールをこのしっかりした珈琲を友にして完璧に処理できました。
すべてがパーフェクトでした。

それでは(^_-)

吉祥寺 トニーズピザ 4th

今日は「boundary(境界)」の話です。
小さい頃は病弱だった事もあり、親の傘の下で地味に育ちました。
それでも10歳位からですか、自我みたいなものが生まれてきました。
おぼろげながら、物事の善悪が分かり始めてきました。
その自我が目覚めた私の心の扉をノックしましたのは、親が嘘をつくという信じられない出来事でした。
嘘ともうしても、他愛もない話しです。
父の嫌がっていた人からの電話にでた母がそばにいた父に目配せで電話に「出る・出ない」を確認しましたところ、父は右手で「いないいない」とジェスチャーをしました。
それを黙視で確認した母は、あいすみません。
主人は只今仕事で外出しています。
電話が有った事は伝えておきますので、後ほど電話させますので、ごめんくださいませ、と言って丁寧に電話を終わらせたのでした。
私はこのやり取りを見ていて正直驚きました。
それはそうです。
常日頃、両親から人は嘘をついてはいけない、厳しく躾けられていたからです。
後で母にこの居留守の顛末を確認しましたら、母は私に、世の中にはついて良い嘘と悪い嘘があるのよ。
良くいうでしょう「嘘も方便」と・・・
で〜もそれは大人だけが許されるの。
子供はそのさじ加減が分らないから、嘘はついてはいけないのよ、との事でした。
私は面喰いました。
世の中には子供にはわからない境界があるのだと思ったのです。

Borderline
さら〜に、居留守以外にも子供が分らない境界がある事も分ってきました。
例えば唾です。
口の中で湧いた唾は飲みこんでいる時は清潔なのに外にペッと吐くと汚い汚物だと怒られます。
オナラもそうです。
トイレでオナラをする事は許されるのに皆の前ですると下品だと怒られます。
料理もそうです。
綺麗なお皿に盛られた時は美味しい料理だったのに、ひとたびごみ箱に入った途端、仮にそれが清潔な状態であっても、それはゴミだから食べてはいけないと怒られます。
なんだろうこの境界はと思いました。
長じて、この境界は、社会や地域や時代や常識という、その時代時代の感覚の遷移によって、その向きあい方や考え方が融通無碍に変わる事が分ってきました。
大学生の時、我々は不確実なものを抱きしめるばかりでなく、かつて存在していた不確実なものを、いまだ存在していな不確実ものを抱きしめてしまう不思議な生きものである事がわかったのです。
これにはちょっと時間が掛かり過ぎたかもしれません・・・

Believe those who are seeking the truth; doubt those who find it.
真実を探している者を信じよ、真実を見つけた者は疑え。
Andre Gide(アンドレ・ジッド)


女性の怖さが分かる動画


IMG_0066
今日は吉祥に出没です。

IMG_0067

IMG_0068 (3)
楳図先生のご自宅を久々に見に行きましたら、木立がうっそうと茂りちょっと見では楳図邸だとは分からなくなっていました。
という事で今日のお店は吉祥寺の繁盛ピザレストランです。
今日のお店は「トニーズピザ(TONY’S PIZZA)」さんです。

住所: 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-9
TEL:0422-49-1021
定休日:月曜日

IMG_0069

IMG_0071
お店の外観です。

IMG_0081

IMG_0072

IMG_0075

IMG_0077
店内の雰囲気です。

IMG_0073
メニューです。

今日のオーダー「ミックスピザ」@790円(内税)です。
IMG_0079
このお店の名前はご主人がケネディ大統領に憧れマスコミ関係の仕事でニューヨークに渡米した時に、ニューヨークのタイムズスクエアのTONY’Sで食べたピザが忘れられなかったからだそうです。
それから幾星霜、帰国してピザ屋さんを始めた時にその感激したお店の名前を付けたそうです。

IMG_0080
待つこと5分でテーブルセットの到着です。

IMG_0082
待つこと9分で「ミックスピザ」
見た目チーズがこんもりです、
このピザはオールドファッションというか重厚です。
その一端がチーズです。始めにオランダのエダムチーズ、続いてドイツのモッツレラチーズ、最後にはデンマークのマリポチーズとういう三重構造となっており、このチーズを生地から溢れんばかりに敷き詰めます。
よってお洒落なイタリアンピザと違ってワイルドで深い味が堪能できるのです。
チーズが超美味しです。
このピザを食べていますと若かりし頃の活力が甦ります。
なにか元気をもらったような気分です。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)

神田 内神田うてな 21th

今日は「ハッピーリタイアメント」の話です。
a01257a9
この間、大学の先輩たちと歓談する機会がありました。
先輩の同期がミニコンサートをやるので応援に駆り出されたのです。
指定された恵比寿の駅に着くと、皆さん集まっていまいした。
勿論、私の同期も5人ほど駆けつけていました。
私は、仲の良かった先輩と話ならが会場に向かいました。
先輩の口がいつも以上に滑らかな事が気になりました。
私は、なにか今日いい事があったのですか、と聞きますと、なんで?
と聞き返されたので、今日は、なにかご機嫌ですよ、と答えました。
すると、俺がご機嫌・・・
そうか、今日、お前らが来る前に昼飯の時に軽く飲んでいたからかな、と笑いながら答えていました。
えっ、△△先輩って、昼酒するんですか、と聞きますと、いいじゃないか。
もう働いていなんだから好きな事させろよ、と言われました。
さら〜に、暇な時間がある時は、よく昼間から飲んでいるよ、と言われました。
△△先輩は、某大手弱電メーカーの執行役員をされていて、定年後は関係子会社の常務の重責を担われていたのですが、昨年、退職されたのです。
現役中は、昼夜をいとわず働き詰めで、仕事が命といつも広言していました。
その先輩が、まさかの昼飲みをするとは想像だにもありませんでした。
昼から飲んでいて奥様に怒られないのですか、と聞きますと、妻は私には無関心だからな。
それに私も勤め人だったころは、私も妻には無関心だったので、これってお相子っていうか、婉曲的なリベンジじゃないかと思うよ。
勿論、当の本人はそのようなことはおくびにも出さないけれどね。
会社人生においては家庭を顧みなかったので自業自得だよ。
でもこれは家族を守るために働いていた副作用だとは思っているのだが、誰もそのような忖度は今さらしてはくれないしな・・・
ここで私は好奇心にかられて、先輩は毎日何をしているのですか、と聞ききますと、何もする事がない時は図書館に行って朝から読書三昧かな。
後は非常勤の顧問契約をしているところがあるのだけれど、ほとんど不定期の出勤なので誇るようなことはしていないよ。
外出する事もあるけど、ほとんどが元居た会社の先輩たちとの飲み会だな。
先輩たちも似たような境遇なので、その機会は結構あるんだ。
そういう日には昼からガチに飲んでいるよ。
ここまで話せば▲▲もわかるように、要はやる事はないんだよ、と嘆息交じりに話していました。
あのクソ真面目な先輩がアルコール依存症になっていたとは、まるで白昼夢を見たような衝撃でした。
本来ならば、これだけのキャリアを持っているのだから仕事さえ選ばなければどこででも働けたのでしょうが、何分、超高給取だったので金満家です。
従いまして、汗をかいて働く気持などはさらさらないようであります。
この事って、定年後すぐに仕事中心の生活スタイルから別の生活スタイルに変えることは難しいということの証左なのですね。
私が思うに、先輩は定年後の生活設計を全く描いていなかったのでしょう
一応は、定年後の生活として趣味、習い事、スポーツ、旅行などを思い浮かべていたいみたいですが、意外にこれってすぐに飽きてしまうみたいです。
忙中閑ありだから余暇が楽しいわけで、毎日、そればかりやっていると、例えて申しますと、釣り好きな人が漁師になるようなものであります。
個人的には、今までの自分の人生の中でやってきたことを活かして、無理なく社会に貢献できることを考えるべきだと思います。
小さなことでもよいので人のために役に立っているという気持ちを持てるかどうかが、定年後の生活に大きな意味を持つのではないかと思う今日この頃であります。


とんがった黒ぶち眼鏡とそろばん芸がトニー谷さんのトレードマークでした。



IMG_0116
今日は神田に出没です。
美味しい和食が食べたくなりました。
美味しい和食と申せばこのお店です。
今日のお店は「内神田うてな」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-11-5 カーサ内神田 1F
電話:03-5577-4844
定休日: 日曜日定休 祝日不定休

IMG_0118
お店の外観です。

IMG_0120
店内の雰囲気です。

IMG_0117
メニューです。

今日のオーダー「日替わり定食」@1,000円です。
定食の内容は、さば味噌煮・豆腐・人参、お刺身2点盛り、茄子、青菜浸し、若布、海苔若布白胡麻ご飯、漬物、味噌汁です。
IMG_0121
待つこと5分で「日替わり定食」の到着です。
見るからに美味しそうです。

それでは実食です。
IMG_0122
まずはさば味噌煮です。
さば味噌煮はほんのりした甘さの中にさばの美味さが凝縮されています。
今日のさばは柔らかさに溢れています。
骨も歯で容易に噛みきれます。
さばの脂のノリがよいのは、私の食欲を極大化します。
ここのご主人は本当に焚き物が上手ですね。
美味しいです。
付け合せの豆腐・人参も絶妙な味わいで結構です。
特に今日の豆腐は味が染みていてご機嫌な味わいです。

IMG_0123
刺身は赤身と烏賊です。
両方ともケレンみのない美味しさです。
刺身の目利きにブレはありません。

IMG_0124
茄子、青菜浸しはシュッとした味わいです。
噛みしだくと、厚の茎のシャキシャキとした歯ごたえと爽やかな辛味がたまりません。

IMG_0125
味噌汁はアゲが軽く炙られています。
いい味わいになっています。
ご主人は、絶えずこのようなデティルにまで工夫を凝らしています。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)

中華街 四五六菜館 新館

今日は「双十節」の話です。
中華民国国慶日(ちゅうかみんこくこっけいじつ)は、中華民国の建国記念日です。
別称は双十節、双十国慶、双十慶典といい、1911年10月10日(清宣統三年辛亥年)に発生した武昌起義を記念しております。
武昌起義は辛亥革命の発端となり、その2か月後には中国各地で革命運動が続発し清朝が崩壊し、アジア初の共和制国家である中華民国が成立いたしました。
国慶日は中華民国の国定祝日の一つであり、毎年政府主催の祝賀行事が行なわれており、また世界各地の華僑による祝賀活動も行なわれています。
ということで「双十節」で盛り上がる中華街に出没です。
かなりの頻度で中華街にきていますが、この「双十節」を見るのは初めてです。
画像主体ですがお付き合いください。

横濱中華學院の生徒さん達の祝賀パレードです。
可愛らしいですね。
IMG_0146

map

IMG_0127

IMG_0128

IMG_0129

IMG_0130

IMG_0133

IMG_0134

IMG_0135


獅子舞です。
IMG_0136

IMG_0137

IMG_0138

IMG_0142
横浜の開港後、中華街には中国人の中でも広東をはじめとする南方の人達が多く住んでいました。
そのため、広東省で盛んに行われていた中国南方獅子舞が舞われ、現在も中華街の伝統文化として受け継がれているのです。
日本の門付け(人家の門前に立って音曲を奏するなどの芸をし、金品をもらい受けること)に似ています。

IMG_0141
爆竹の音が超うるさいです(笑)

中国版門付の「採青」ライブ動画です。
この「採青」は中国語で「ツァイチン」と発音します。
「採青」をしてもらったお店や人には「百福臨門」といわれるほど沢山の幸せが来るといわれています。



IMG_0152

IMG_0149

IMG_0150
家族へのお土産の叉焼を「金陵」さんで求めました。
求めたのは左側の塊(200g)です。
右側ではありません。
値段は@1,120円です。
帰宅して早速に味見したのですが、中華街の頂点の叉焼は、想像を超えたふくよかな味でした。
これは美味しいです。

IMG_0143
日がだいぶ落ちてきましたので夕食です。

IMG_0153
今日のお店は「炒飯」では中華街の絶巓と評されています。
今日のお店は「四五六菜館」 新館さんです。

住所: 神奈川県横浜市中区山下町166
電話:050-5593-8125
定休日:無休

IMG_0155
お店の外観です。

IMG_0158

IMG_0159
店内の雰囲気です。

IMG_0156
メニューです。

今日のオーダー「五目炒飯」@1,026円です。

IMG_0160
待つこと6分でテーブルセットの到着です。

IMG_0161
待つこと9分で「五目炒飯」の到着です。
見た目、ご飯が生き生きしていません。

IMG_0163
気を取り直して実食です。
具材はエビ、焼豚、椎茸が入っていて小さめにカットされているので食べやすいのですがエビ以外は存在感がありません。
ご飯はオイリーですからベチャコ炒飯です。
私が好きな炒飯はまずはご飯の一粒一粒が光り輝いていて且つフワフワなものです
さら〜に、炒飯を口に入れた瞬間に、パラパラとご飯粒がレンゲからこぼれ落ち、その瞬間香ばしい香りがふわりと立ちあがるものが好みです。
私の好みの炒飯と比べると、この炒飯は服を着てプールで平泳ぎをするような風情です。
要は服を油に置き換えますと私の言いたいことがご理解できると思います。
決して不味くはありませんが、私の好みではありませでした。

IMG_2897-s-thumb
ちなみに本当のスペックはこの本館のHPの画像なのではないでしょうか・
こんな日もあります・・・

それでは(^_-)

四谷 沼津マルコ

今日は「実録本能寺の変」の話です。
玄八1
このパチリは明智光秀の首塚です。
山崎の戦いで敗れた光秀は、落武者狩に会い落命しました。
部下たちはその首を近江まで持ち帰ろうとしたのですが、間に合わず朝が開けてしまったのです。
その首を秀吉側に奪取されるのを恐れた家来たちは京都は祇園に近いこの地に埋めて隠したとのことです。
ちなみにお参りしているのは私の奥様です・・・

20140713215417
今日のフリネタは明智憲三郎さん(光秀の血筋を引く子孫)が明智家の名誉を晴らすため、自らの仕事(情報システム)のスキルを生かして、客観的なデータの中から問題点を導き出すという新機軸の歴史調査を用いて書かれた「本能寺の変・427年目の真実」という本のからの引用です。
当時の光秀は土岐一族という明智家の大元の一族が存亡の危機にさらされていたのです。
かかる中、信長は光秀に家康を本能寺に招くから、その期に乗じて暗殺するという指令を下しました。
これは信長にとって邪魔者の二人(家康と光秀)の排除計画なのですね。
即ち光秀に家康を暗殺させ、その領地今川を光秀に与えることで近江から移封し信長から遠ざけるという一挙両得なものなのです。
光秀は信長にとって有能な家臣でありながら排除したい家臣の筆頭でもあったのです。
光秀は考え抜いたあげくの起死回生の一撃は、信長から指示された暗殺プランの相手を家康から信長に変更することだつたのです。
そしてこれは最終的には家康との密約になりました。
光秀は同盟している家康でさえ殺されるのだから遠からず自分も同じ目にあうと結論付けたのです。
本能寺の警戒レベルの低さは、家康暗殺計画のため、すなわち家康を油断させる為のものだったのです。

今回この本を読み替えして光秀の動機がよくわかりました。
光秀の息子光慶(13歳)行く末を案じたことが謀反の最大の動機なのです。
その背景にあるのは、この時、光秀は67歳と高齢だったことがあります。
彼の人生の残り火は、普通の父親と比べると極めて少なかったのです
当時、信長の天下統一の野望が目の前に迫ってきていました。
このままいけば百年続く戦国が終わり平和な世になると信じていたのに、信長が唐突に中国征伐を目論んだ事に光秀の変心があったのです。
まさかこの年で異国の地で戦う事になるとは・・・
さら〜に、その延長線上にあるのは、子の代においては、もしかすると見知らぬ異国で滅亡する可能性もあり、信長の中国大陸征伐の前にこの流れを止めなければならないと熟考していたのです。
ところが今回の信長による家康暗殺に加わる事で、偶然にもその手の内がわかり、絶対に倒せない主君信長が無防備になることも分ったのです。
このチャンスを逃がしたら、もう二度とチャンスはない。
正に「時は今」と謀反を決断したのでした。
一方、今回の光秀の謀反で漁夫の利を得た秀吉ですが彼は彼で決定的な失敗を犯しています。
それは秀吉が存命中に自分の子や孫を殺した徳川家康を排除しなかったことです。
実際、徳川家康を討つ機会を逃した為に、一族の生存に対する責任を果たすことなくこの世を去っていきました。
那辺は歴史が証明しております・・・


振分親方(元高見盛)が場内アナウンスでテンパって泣きそうに→切り替えて立ち直る



IMG_0046
今日は四谷に出没です。

IMG_0037
キャチーな看板が目に入りました。
何でしょう「沼津あんかけスパッゲティ」とは?
今日のお店は「沼津マルコ」さんです。

住所: 東京都新宿区四谷1-2-31 三浜ビル B1F
電話:03-6709-8298
定休日:日曜日

IMG_0038
お店の外観です。


IMG_0042

IMG_0041
店内の雰囲気です。
気分は大学の学食です。
それにしましても広いですね・・・

IMG_0040
メニューです。

今日のオーダー「ボロニア(カレーソース・200g)」@850円です。
IMG_0043
待つこと2分で「ボロニア(カレーソース)」の到着です。
見た目、学食のスパゲッテです。

IMG_0044
お約束のチーズをかけ回して実食です。
うん、カレーソースは美味しいですが心に響きません。
それは全般的に熱々でないからかもしれません。
それよりもこんなだだっ広い空間に独りいる気まずさに閉口していました。
要は落ち着かないのです。
さら〜に、店員さんがなにかと気配りしていただいたので恐縮至極状態となり、急いで食べてお店を後にしました。
こんな日もあります。

それでは(^_-)

続 新宿御苑 ハンバーグ ウィル

今日は「好き嫌い」の話です。
好き嫌いが多い人ってどう思われますか。
会社の先輩と旅行に行った際、先輩が野菜、魚、肉も特定のものしか食べられなかったため、宿のご飯が楽しくなかったという思い出したくもない経験があります。
私は好き嫌いが全くありません。

無題
しか〜し、、唯一例外は京都にある伏見稲荷大社の門前名物の「すずめの丸焼き」です。
奥様と伏見稲荷大社にお参り行って、その参道のお店で販売しているグロテスクな「すずめの丸焼き」を見て、生来の鳥嫌いもあってコシが抜けくるくらい驚きました。
しか〜し、その時はどのような味がするのか気になって試しに食べてみたのです。
基本的に人類の食べ物がここまで増大したのは好奇心のなせる技であります。
はじめての「すずめの丸焼き」は、ホネホネしていて、あまり食べるところがなかったように記憶しています。
要はまずかったのでした。
以後、この食べ物は二度とたべないと日記に書いておきました。

sirabee0227food
最近、好き嫌いを口にする女性が多いように思えます。
実際添付データによりますと若い女性にその傾向は多いように見られます。
人間ですから、好き嫌いがあるは不思議ではありません。
しか〜し、食べたらアレルギー症状がでるもの以外は原則食べられるはずです。
会社の飲み会なんかは好き嫌いを確認して行うので、嫌いな食べ物は出ると事はないのですがまれに嫌いな食べ物が出ることがあります。
そういう場合は、わからないようにして残すみたいな気配りが欲しいものです。
露骨に、私、ピーマン食べられないっていいましたよね、みたいな若い女性のクレームはコシがひけるものがあります。
個人的には、好き嫌いが激しい子って親に甘やかされて育っているという説もありますので、その両親の躾を色眼鏡で見てしまう事があります。
さら〜に、飢饉になって飢え死一歩手前になった際、唯一に食べられるものが嫌いなものだったら、それを避けて敢えて飢え死にの道を選択するのでしょうか。
これは蓋然性に乏しいので、このような例でロジックを組み立てるのはアンフェアではありますが、ついついこのように言ってみたくなります。
私が子供の頃、好き嫌いなく何でも食べれば立派な人になれるよ、とよく両親にいわれて育ったので、やはり好き嫌いは躾なのかなと思うところは那辺にあるのです。
さら〜に、生産者の方は、食べられるから作っているわけで、額に汗して作っていらっしゃる方の姿を思い浮かべれば、そんな簡単に好き嫌いは言えないはずです。
いずれにしても好き嫌いをよく口にする癖がある人は、地雷が多くて付き合いにくい人と思われる前に直していきましょう。


小さくても強い警察



IMG_0034

IMG_0035
今日は新宿御苑に出没です。
今日のお店は「ハンバーグ ウィル」さんです。
このお店は9年ぶりの再訪です。

住所: 東京都新宿区新宿1-3-8 YKB新宿御苑ビル101
電話:03-3358-4161
定休日:月曜日

IMG_0018

IMG_0019

IMG_0020
お店の外観です。

IMG_0028
店内の雰囲気です。

IMG_0017
メニューです。

IMG_0024
ハンバーグ ウィル誕生物語です。

今日のオーダー「フォアグラ(デミグラソース)」@1,8000円です。

IMG_0015
相も変わらず行列のお店です。

IMG_0022
座るやいなやテーブルセットが到着しました。

IMG_0027
待つこと3分で「4種のキノコとキャベツのコンソメスープ」の到着です。
このスープはコンソメ味が秀逸です。
昔、ディズニーの童話にでてくる魔法使いが創るドロドロのスープなような身も心もとろける味わいです。
美味しいです。

IMG_0030
待つこと7分で「フォアグラ(デミグラソース)」が到着しました。
見た目、ツィンの楕円形です。

IMG_0033
岩中豚のハンバーグステーキをナイフで半分に割りますとハンバーグ内に閉じ込められたフォアグラがあらわれます。
フォアグラの芳醇な香りが満を持して噴き出すのと同時にジューシーなフォアグラソースが溶岩のようにコボレ出てきます。
まさにスプラッシュです。
それでは実食です。
想像以上に柔らかいです。
玉ねぎが多いのでしょうか甘さを感じます。
ソースはデミグラスで、仔牛の骨と筋と野菜をじっくり煮込んだソースです。
このソースを温泉玉子と合わせて、小さくカットしたハンバーグにからませますと、スーパーマイルドな味に変じます。
脇役のレンズ豆がよい食感でナイスアシストです。
このハンバーグステーキは美味しいです。
しいて瑕瑾を申せば、もう少し熱々でしたら120点献上でございました。

それでは(^_-)

池袋 タカセ 18th

今日は「死後の世界」の話です。
hqdefault
僧侶だか死後の事を知っているだろうと思わせるかもしれませんが、実はもともと、仏教の教えに「死後の世界」などはありませんでした。
お釈迦さまは死後の世界について何も言わなかったのです。
あの世は霊魂があるとも、ないとも言っておられません。
それどころか、死後の世界や霊魂についてしつこく聞くマールンクヤという弟子に対して「そんなことは役に立たないから答えない」と、はっきりと断っています。
大切なのは、今この世で悩み苦しんでいる人を救う事であり、死後の世界や霊魂といった、だれも知ることのできないことなど論じても無駄。
だから答えないというのがお釈迦さまの真意です。
「95歳まで生きるのは幸せですか?」瀬戸内寂聴・池上彰著より転載

この本を読んでびっくりました。
はなはだ不敬ではありますが、お釈迦さまと私の考えは同じであります。
やはり私の仮説のとおり、お釈迦さま同様に死んだ後は「無」なのです。
死ぬというのはあたかも家電製品のコンセントを抜くようなものです。
今日本で行われている「葬式仏教」は遺族の悲しみを軽減するなにものでもありません。
実際、遺族は四十九日の法要までは、こまごまとした雑事で忙殺されて、深く悲しむ時間などないと思われます。
多分に「葬式仏教」は那辺を強く意識しているのだと思います。

私は色々な方の葬儀に参列しました。
親しければ親しいほど、あれもしてやりかった、これもしてやりかった、と悔悟の念が強く湧きます。
この悔悟の念が強ければ強いほど亡くなられた後の滂沱な涕涙に繋がるのです。
個人的には「死後の世界」というのは亡くなれた方ではなく、遺族や親しかった人たちのものにあると思います。
親しい方の思い出を心の中に残しておいて、なにかの時に振り返って心の中でその故人に語り掛けるのが真の供養だと思っています。
このような仏教を無視した事を言いますと、たたりがあると言われる人がおられます。
実はこのくだりについて寂聴さんは、お釈迦さまは、呪いやたたりといった超自然的な力は否定されました。
証拠がないことをいいことに、恐怖で人の心を操るなんて、仏の道に使えるもののする事とは思えません、と断じています。
折角、両親からもらった命ですから、人生のゴールテープを切るまで、自分らしく生きたいように生き切ればよいのでは強く思うところであります。


男手ひとつで育てた 男 3兄弟への想い〜家族愛〜 BAYSIDE GEIHINKAN VERANDA minatomirai 横浜



IMG_9985
今日は雨に煙る池袋に出没です。
美味しいサーモンステーキが食べたくなりました。
こういう時にはこのお店です。
今日のお店は「タカセ」さんです。

住所: 東京都豊島区東池袋1-1-4 3F
電話:03-3971-0211
定休日:無休

IMG_9976
お店の外観です。

IMG_9978
店内の雰囲気です。

IMG_9977
メニューです。

今日のオーダー「サーモンステーキ&ライス」@900+@180=1,080円です。
今日のお店はガラガラです。
あら珍しい・・・

IMG_9979
待つこと2分で「テーブルセット」の到着です。

IMG_9980
待つこと12分で「サーモンステーキ&ライス」の到着です。
今日の「サーモンステーキ」は見た目でわかります。
美味しいでしょう。

IMG_9982
一時期、サーモンが小さかったのですが大きさが戻ってきましたね。
それでは実食です。
今日のノルウェーサーモンは脂が良く乗っています。
脂ののっているサーモンを食しますと心が躍ります。
人間のもつ本能でしょうか。
美味しいですね。
特にカリカリの皮の直下にある脂身が美味しいです。
魚肉の脂とは一線を画した美味しさです。
サーモンステーキの楽しみはこの部位を食べる事でしょう、ハイ。

それでは(^_-)

神田 ジンコック

今日は「熱燗が美味しい季節になりました」の話です。
お酒呑むな、酒呑むなのご意見なれど♪
ヨイヨイ♪
酒呑みゃ酒呑まずにいられるものですか♪
ダガネ♪
あなたも酒呑みの身になってみやしゃんせ♪
ヨイヨイ♪
ちっとやそっとのご意見なんぞで酒やめられましょか♪
トコ姐さん酒持ってもってこ♪
亡き父はこの歌が好きでした。
その影響か私もこの歌が好きでした。
この歌を口ずさみながらお酒を飲んでいますと怖い物なしでした。

984dfc524fd3a24143022e460f464f72e74d4fea
燗酒の味がひときわ冴える季節になってきました。
酒は百薬の長といいます。
ほどほどに飲めば健康に良いのでしょう。
それができない人・・・
即ち私みたいな人は停酒するしかないのです。
ここ数年、日本人の平均寿命は急速に延び、世界トップクラスの長寿国になりました。
しか〜し、ただ長生きなだけでなく「健康寿命」という考え方が注目されるようになりました。
要は、健康上の問題で日常生活を制限されることなく生活できる期間という意味であります。
厚生労働省は2018年3月9日、「健康寿命」が、2016年は男性72.14歳、女性74.79歳だったと公表しています。
前回(2013年時点)と比べ男性が0.95歳、女性は0.58歳延びています。
2016年ベースで申せば、平均寿命と健康寿命の差は男性8.84年、女性12.35年なのです。
男性なら長生きしても最後の9年間、女性なら12年間は健康上の不自由さを感じながら死を迎えなければならないのです。

お酒が好きな人の多くは「アルコール使用障害」になります。
日本では成人人口の3.4%が該当するそうです。
飲酒が原因の死亡者は毎年300万に達するそうです。
仕事柄、多飲から肝硬変で亡くなる先輩は多いです。
こういう方々は、皆から、そんなに飲んだら長生きできないよ、と言われるのですが、こういう人は、酒飲んで死ねるなら本望。上等だよ、と開き直るのです。
結果として、大概望んだような結末をむかえているのですが。
たまらないのはその家族です。
このような人が亡くなる直前にはまるで憑き物が落ちたかのように善人に変わるのです。
この変身によりその家族はなんでもっと早く救えなかったのだろうと深く傷ついてしまうのです。
でもそれも人生です。
やり直しのきかない人生です。
後悔しないのであれば好きに生きればいいのです。
後悔するのが嫌なのであれば自らを律すればいいのです。
そのように考えます。


ネタフリの歌です。
ヤッとん節(1991)石川さゆり



IMG_9885
今日は神田に出没です。
行列のカレー屋さんに出向きました。
今日のお店は「ジンコック」さんです。

住所: 東京都千代田区神田須田町1-2-3 山勝ビル 1F
電話:03-3251-1795
定休日:土曜日、日曜日、祝日

IMG_9886
お店の外観です。

IMG_9887

IMG_9891

IMG_9890
メニューです。

今日のオーダー「ビーフときのこのカリー(極辛)&カニクリームコロッケ」@780+@190=970円(内税)です。

IMG_9888
満席必至のすごい人気店です。

IMG_9892
ここのホールの女性が面白いのです。
例えて申せば、私がルールブックみたいなもので、顧客におもねるという事がありません。
例えば、画像のお客様が支払いをしようとすると、片づけが先ですからと言って立たせてまたせています。
外で待っている人はそのような努力は知る由もないわけですし、呼ばれたら入ればいいと思っています。
その一方で、支払の人は、例えば会社に戻る時間を念頭において席を立ったわけですから、よもや店内の片づけが優先されるとは思わないわけです。
他にも窓越しから見て、店内に空席ができたので、扉を開けて入ったお客様には、まだ入店できせん、とキメて外に出します。
これも外に出すまでの必要があったのでしょうか。
店内で立たせて待たせてはいけなかったのでしょうか・・・
私はそのやりとりを背面で受け止めていたので下町のオバサンを想起していたのですが、支払の時に、そのご尊顔を拝見しましたら、若い美しい女性だったので二度びっくりした次第です。

閑話休題
IMG_9893
待つこと9分で「ビーフときのこのカリー(極辛)&カニクリームコロッケ」の到着です。
見たでわかります。
これは美味しいでしょう。

IMG_9894

IMG_9895
それでは実食です。
カリーは美味しいです。
所謂、シャバシャバ系カレーですが、香辛料がルーと良くマッチしていてイケます。
トロトロの牛肉と弾力あるキノコの組合せに作り手のセンスを感じさせます。
カニクリームコロッケはベシャメルソースが美味しいです。
生クリームでも使っているのでしょうか。
この辛いカリーに良く合います。

IMG_9896
加えて真っ赤な福神漬けもよくこのカリーに合っています。
そういう意味では、ある種のジャパナイズドインドカリーではないでしょうか。
これで@970円では「コスパ良し」です。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)

吉祥寺 タパス&タパス

今日は「six-pack」の話です。
182174151-1024x1024
シックスパックとは腹筋が六つに割れている事を指します。
近所のアメリカ人にこの言葉のいわれを聞きましたら、缶ビールなどの6本入りパックの見た目と腹筋が六つに割れている事が似ているところからきているようです。
シックスパックだったのは学生時代に剣道をやっていた頃でした。
というか当時の運動部は柔道部を除けば皆腹筋は大なり小なりシックスパックになっていたので、シックスパックは当たり前のことでした。
それから社会人になり鯨飲暴食をしていたらお腹はふっくらとしてきました。

4パック
転機はいまから26年前にマラソンをやり始めてから現在の「細マッチョ」体形を維持してきました。
しかし、腹筋は4パックでした。
なぜか6パックにはなりませんでした。
最近、ジムを変えたところ、そのジムには温泉がついています。
その温泉には私はすっかりとハマってしまったのでした。
ともすれば温泉に入りたいが為にジムに行くような本末転倒の状況になったのです。
問題はその温泉です。
お風呂に入るためには裸にならなければなりません。
裸になると私は自分の4パックの腹筋がみすぼらしく感じるのです。
どうやったらきれいな6パックが作れるのだとろうかと考えました。
ネットで調べました。
シックスパックを作るうえで、4パック(腹直筋上部)は比較的簡単に作ることができますが、最後の2パック(腹直筋下部)がなかなか作れない場合が多いみたいなのです。

entry27_02
理由は簡単です。
この画像のトレーニングをしていなったからです。
今日からやります。
さら〜に、体脂肪をおとさなければなりません。

IMG_0012ppppp
ジムの測定では私の体脂肪率16.7%です。
これ以上、体を絞るのは限界に近いモノがあります。
しか〜し、お風呂に入った際、若いマッチョの奴らに、なんだ、あのオヤジ、中途半端な4パックだぜ、イケてないなと言われるのが嫌なのです。
のめり込むタイプなので、マラソンを止めてボディビルに移行しそうで怖いのですが、その前にジムが無料で開講しているヒップホップスクールに入りそうなのであります。
そもそもランニングをしにジムに通っているのですが、シックスパックやヒップホップに遷移しそうで、我ながら好奇心が強い人間だなとうんざりしています。
このようになんでものめり込むのはある種の病気ですね(笑)

mein2
ちなみにすでにこれ以上にはなっていますので、キッパリ。


ヘディングリレー



IMG_9970

IMG_9974
今日はモメネタで吉祥寺のヤマダ電機さんに行く用事があり次男の運転で向かいました。

IMG_9973

IMG_9971
すると奥様からラインで長男一家の白蓮パパと白蓮が体調不良なので、夕飯のオカズと薬を届けろとのミッションを言いわたされました。
モメネタは早々と処理したのですが、肝心のオカズ、具体的には「吉祥寺さとう」さんのコロッケですが、リニューアルの為にクローズでした。
仕方がないので薬だけを届けにいったのです。

IMG_9950 (2)
それでも白蓮がこのようにお礼をしてくれましたので「良し」としますか・・・
今日のお店は「タパス&タパス」吉祥寺店さんです。

住所: 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-13-11 アイビル2F
電話:0422-23-1175
定休日:無休

IMG_9960
お店の外観です。

IMG_9961

IMG_9969
店内の雰囲気です。

IMG_9962
メニューです。

今日のオーダー「ランチコース」@1,380×2=2,764円(外税)です。
私のパスタは「濃厚!ローストベーコンのシンプルなカルボナーラ」です。
次男のパスタは「粗挽ソーセージと森のキノコのアーリオ・オーリオ・ペペ玉」です。
待つこと19分で両方のパスが到着しました。

IMG_9965
まずは私の「濃厚!ローストベーコンのシンプルなカルボナーラ」です。
これは見た目でわかります。
美味しいでしょう。
それでは実食です。
カルボナーラはソースが濃厚で美味しいです。
パスタはアルデンテで口内感触良しです。
かつてイタリア在住の大学の先輩が、イタリア人は麺固(アルデンテ)が理屈無しで好き、と笑いながら言っていたのを思い出しました。
美味しいです。

IMG_9966
続いて次男の「粗挽ソーセージと森のキノコのアーリオ・オーリオ・ペペ玉」です。
これも見た目でわかります。
美味しいでしょう。
それでは実食です。
粗挽きソーセージと卵の組合せは高評価です。
それをアシストするアーリオ(にんにく)のふくよかな香りがこの一皿を包み込んでいます。
ちょっとワイルド感はありますがご機嫌な味わいです。

IMG_9967

IMG_9968
残念な事に食後のデザートのシホンケーキとアイス(ベリー・黒蜜きな粉・チョコレート)は平板の味でした。
それでも全体のコスパは良かったと思います。

それでは(^_-)

福井 ヨーロッパ軒総本店

今日は「大衆食堂協奏曲」の話です。
nihonkaisyokudou25
最近、大衆食堂を街中で見かけません。
私の子供の頃には、大衆食堂はそれこそ庶民が安価に食事をするところでした。
私の家の近所には3軒ありました。
いずれも煮魚、焼魚、とんかつ、から揚げ、野菜炒めなど和洋中華の一般的な料理に加え、単品としての焼きめし、カレーライス、オムライス、各種丼もの、中華そば、うどん、蕎麦などの麺類も定番でした。
酒類としてはビール、日本酒、チューハイなど安いお酒が置かれている事が多く、下町ですから朝から飲んでいる方は多かったように記憶しています。
要は、遠足のおやつもように、決まった金額で好きな物を選ぶ楽しみが定食屋さんにはありました。
どうなのでしょうか・・・
これからこのような食堂は低価格の外食チェーン店に押されていくのでしょう。
で〜も、チェーン店には温かな接客はありません。
大半がマニュアルに則ってのオペレーションで味気もありません。

実は、私の近所の3軒の定食屋さんの内の1軒は私の小学校の友達の家です。
子供の頃、たまに土曜日の午後遊びに行きますと、店内は日雇い労働者の皆々様が酒盛りをして盛り上がっています。私の友達のミノル君は当時小学校6年生でしたがギターが弾けました。
労働者の皆さまの興が乗ってきますと誰彼となく歌い始めます。
そうしますと、常連のオジさんから、ミノルは学校から帰ってきているのか、と友達のお母さんに声がかかります。
そうしますと、お母さんはミノルを呼びます。
いいですか宿題がありますから30分だけですよ、と言って、ミノル、悪いわね、と言ってギターを渡すのです。

20141219daiku_main
するとミノルは流しの演歌師みたいに、お店の人のリクエストに応えて昭和演歌を演奏しますと、店内の客は大声での高歌放吟となるのです。
小学校高学年の私はこの光景をみながら知っている曲があれば一緒に歌っていました。
多分に以下のような歌ばかりでした。
いつの世も人と人との繋がりは♪
ご縁に始まる義理人情♪
意気に感じて人肌脱いで♪
いなせとおすにゃやせ我慢♪
皆が茶わんを箸で叩きながら大声で演歌を唱和するこの光景は好きでした。
今では追体験することは皆無でしょう。
昭和も遠くになりにけりのお話でありました。


MAGICIAN WINNER | Tomer Dudai | Israel's Got Talent 2018



IMG_9988

IMG_9987
今日は恐竜の街福井に出没です。
今日のお店は今まで3回程訪れるつもりで出向いたのですが、福井駅に着くとすでに閉店時間となっていて「あら残念っ!」となっていました。
今回は満を持しての訪問であります。
今日のお店は福井ソースカツ丼の絶巓の「ヨーロッパ軒」総本店さんです。

住所: 福井県福井市順化1-7-4
電話:0776-21-4681
定休日:火曜日(他、月曜休みのことあり ※HPで要確認)

IMG_9999

IMG_9989
お店の外観です。

IMG_9996
店内の雰囲気です。

IMG_9991
メニューです。

今日のオーダー「カツ丼セット」@1,080円です。

IMG_9997
店内は沢山の有名人が来店していてまさに色紙の満艦飾であります。

IMG_9998
普段は大行列のお店みたいですね。
果たして美味しいお店なのか単なる有名店なのかいずれでしょうか。

IMG_9992
待つこと1分でお水とおしぼりが到着しました。

待つこと3分で「カツ丼セット」の到着です。
見た目、カラッと感がありません。

IMG_9994

IMG_9995
それでは実食です。
薄くて柔らかいヒレカツに甘辛いタレがみっしりと染み込んでいます。
あまりサプライズがありません。
揚げ方が今一つですか。
特製ソースに付けていただきますと多少味が締まりますが極端には変わりません。
正直に申しますと、前回、駅前の「ほていや」さんで頂いたソースカツ丼のの方が美味しかったです。
加えて、味噌汁が煮詰まっていて辛かったですね。

f3155657-s

f14a40aa-s
前回、ホテルから福井駅に連れて行ってもらったタクシーの運転手さんは、ヨーロッパ軒総本店とほていやさんとは驚くほど味は変わりません。
福井のソースカツ丼はどこで食べても美味しいですよ、というのが思いだされました。
整理しますと、福井のソースカツ丼は美味しいけれど、決して「ヨーロッパ軒」さんが頂点ではないみたいです。
先ほどの前フリの美味しいお店か有名店かは、誠に失礼千万ではありますが、私はこのお店は「有名店」だと断じさせていただきます。
申し訳ありません。
こんな日もあります・・・

それでは(^_-)

続 神保町 こんごう庵

今日は「男はつらいよ」の話です。
20171011120518_1
私はギャンブルがあまり好きではありません。
理由は2つあります。
ひとつは生来の負けず嫌いなので負け始めるとのめり込む為です。
ふたつはお金をギャンブルで得るという行為が嫌いだからです。
これは亡き父から、お金は額に汗して得るものだという勤労思想に基づくものです。
これは表層的なことで、本来的な事ではありません。
ギャンブルは、ギャンブルの中に存在するなにかが人間の本質をいとも簡単に露出してしまうからです。
要は自分の裸の姿をなんのためらいもなく皆に知られてしまうのが生理的に嫌なのです。
ポーカーフェイスというものがあるではないかという向きもおありでしょうが、これ相手に自分の感情を悟られない為に冷静・平常を装う演出です。
これも良く考えると感情の表現の1つです。
ポーカーフェイスといっても、単に自分自身で演出をしているだけですので、態度にでなくても、手足が小刻みに震えるとか、煙草を普段より多くすうとかどこかに痩せ我慢している心理的なストレスがでています。
昔、人事の時の経験で申しますと、学生が答えられないような想定外の質問した時、男子学生は如実に顔にでますが、女子学性は顔には出ず足に出ます。
女性はそのような場合は確実に足が小刻みに震えています。
この反応は何百回も確認していますので間違いはありません。
ポーカーフェイスもこの女子学生の反応と同じであると断じています。
ギャンブルの話に戻りますが、学生時代に良く麻雀をやっていました。
麻雀で勝っている時は、皆、意気軒高であたかも俺が日本の将来を背負ってたつみたいな姿を見せます。
しか〜し、負けが込んでくると、その人間の本質がでてきます。
負けが込んでくるとほとんどが弱気になりますが、中には日本の伝説の朝ドラ「おしん」の様にじっと耐え忍んでこの逆境を跳ね返そうとする輩(やから)がいます。
このような輩は心底から尊敬しています。
けれどもこのような輩が会社生活で成功しているかと申せばそうでもないのが面白いところであります。
世の中は、いかに自分を高く演出するために努力をし続ける人が栄達を極めるのではと強く思うのです。
最後に、自信に満ち溢れている男よりも不安や悩みを抱えている男に、私は人間らしさを感じます。
所詮、男は虚勢を張って生きているのでしょう。
「男はつらいよ」であります。


右手のないパイロットが少女に伝えた事



IMG_9920
今日は長男の誕生日会です。
多分、お蕎麦屋さんでの開催は始めてであります。
という事で、今日のお店は「こんごう庵」神保町店さんです。

住所: 東京都千代田区神田神保町1-18-1 千石屋ビル 1F
電話:050-5593-4639
定休日:年末年始・お盆

IMG_9921
お店の外観です。

IMG_9922
会場の雰囲気です。

IMG_9932
ハッピーバスデーのご唱和と共に誕生日祝いの開催であります。

IMG_9926
まずは突き出しです。
胡瓜と海月と若布のヌタです。
いきなりトップギアです。
味噌と酢の味わいが絶妙です。
美味しい・・・

IMG_9927
自家製つけものです。
これは鐵板の味わいです。
たまらずご飯が欲しくなりました。

IMG_9928
蛸の唐揚げです。
蛸が柔らかくて且つ熱々です。
これほど柔らかい蛸の唐揚げを食べたのは初めてです。
美味しいです。

IMG_9929
トウモロコシのつまみ揚げです。
トウモロコシが甘く揚がっています。
多分に水分が蒸発して糖分が濃縮されることによるものと思うのですが、軽く振られている粒目の粗い塩の甘さが美味しさを極大化させています。
美味しいです。

IMG_9930
しめ鯖です。
ヒカリモノが嫌いな方は思わずのけ反ってしまう輝きです。
肉厚の厚い「しめ鯖」は口内でふくよかさを感じます。
甘みを感じる「しめ鯖」は皆が舌鼓をうちました。

IMG_9934
タレカツです。
甘辛のタレが絶妙な味わいです。
カツも柔らかいし極上の味わいです。
熱々なのが高評価です。

IMG_9931

IMG_9938
ご酒変わりです。
子供たちはビールから日本酒に替えました。
皆、トップギアかと思いきや主賓の長男が体調不良で失速しましたので次男の独壇場であります。
次男からは量が多いとため息交じりでうれしさを表現していました。
花番さんに確認しましたら全部で2合だそうです。
〆張鶴が高評価でした。

IMG_9936

IMG_9935 (2)
天然地魚刺身です。
時計回りで、牡丹海老、カンパチ、コチ、しめ鯖、アラ刺しです。
皆鮮度が高いので驚きました。
その理由は本日新潟の海で取れた魚を船頭板といわれていましたがその場でおろすので鮮度が保たれているそうです。
個人的には牡丹海老にノックアウトされました。
これほど甘い牡丹海老は食べたことがありません。

IMG_9937
イカの姿焼きです。
これはイカが新鮮なのでしょう。
口内でイカが跳ねています。
ゲソが歯に絡みつきます。
こういうからまれ方は大歓迎です
イカ焼きは、醤油をたらしたマヨネーズで頂くのがお約束です。
海の味です。

IMG_9939
意趣替えで玉子焼きです。
出汁が良く効いています。
熱々でほっこりと焼かれています。
玉子焼きは、お蕎麦屋さんの得意技ですがここまでの味わいで供されるとは、まさにくりびつてんぎょのいたおどろであります。

IMG_9940
ひな鶏の唐揚げです。
まるでこん棒のような外観であります。
外観とは裏腹にジューシーで且つ甘さを感じます。
何でしょうこの美味しさは・・・
お蕎麦屋さんでこのような唐揚げを出されたらカーネルサンダースさんは裸足で逃げていくでしょう。

IMG_9941
かにコロッケです。
外観を甘くみていました。
実は内観も甘いのです。
カニのエキスがいっぱい詰まっていてほっぺたが落ちました。
これは揚物の今日一です。
美味しいです。

IMG_9944
締めはへぎそばです。
こんごう庵のへぎそばはつなぎとして布海苔を用いていますので風味がゆたかです。
おまけにシャキッと且つ冷ややかに仕上がっていますので喉ごしがさわやかです。

IMG_9945
上質な油であげた天麩羅(天かすではない)を入れますと味がふくよかになります。
大変美味しくいただきました。
とてもご機嫌な誕生日祝いとなりました。

それでは(^_-)

不動前 モンパチ

今日は「同級生との女子会」の話です。
高校生の時の女子からたまには飲もうよと誘われ、おっとり刀で飲み会の会場に出向きました。
いつもの通りたわいのない話に終始しており、那辺は食傷気味ですが仕方ありません女子会ですから。

e6b0af2d734b2de
それにしましても女子は友達を良くホメますよね。
何にもホメるところがない女子には、今日のコーデって秋を先取りしているわよね。
可愛い♡ とかのたまっています。
個人的には、一体どこが秋の先取りなんだ。
ただの赤紫色の服じゃないか、と思っても決して口にはだしません。
日本国憲法で個人情報の批判は禁止されているからであります。
バツイチの女子が、別れた夫の話を私にしています。
ちなみに別れた夫も同級生ですから私もその相方は承知しているのです。
△△君、なんで私が▲▲と結婚したか、知っている、と聞かれたので、愛があったからだろう、といいますと、I(アイ)じゃなくてH(エッチ)があったからよ、と返えされたので私は固まってしまいました。
冗談冗談(笑)
背が高かったからよ。
私って目鼻立ちがハッキリしていて女性にしては背が高いでしょう。
まして普段はヒールを履いているから背の低い男子は合わないのよ。
別れたあいつは背だけは180僂△辰燭里任修Π嫐では合格なのね。
2人で写真撮った時に背が低い男性は私が映り映えしないのよ。
というではありませんか。
彼女がいう男子は写真撮影の際の小道具みたいです。

REC-588-02
確かに若い頃の彼女は目鼻立ちがハッキリしていて美人でしたが、さすがに経年劣化でその目鼻が立ちすぎて夜叉のような相貌に変じています。
それなのに良くいそこまでいうなと思いながらも、本心は独り身の寂しさのつぶやきなのかなと思っていました。
彼女は、やはり悩みを打ち明けられる、信頼できる人を身近につくるべきではないのかなと思ったのですが、さすがに婚活したらとも言えずただただうなずきに徹していたのでした。
女性は不可解であります・・・


河南マネージャー敗戦後 選手に駆け寄り笑顔で励ます姿に感動!



IMG_9856
今日は不動前に出没です。
今日のお店は行列のお店です。
今日のお店は「モンパチ」さんです。

住所: 東京都品川区西五反田5-1-16
電話:03-5434-5828
定休日:月曜日

IMG_9859

IMG_9860
お店の外観です。

IMG_9864

IMG_9868
店内の雰囲気です。

IMG_9869
メニューです。

今日のオーダー「デミグラソースチーズハンバーグ(サラダ・小鉢付)」@800円です。
行列して入った店内は当たり前ですが満席でした。
どうやら夜は居酒屋さんになるみたいですね。

IMG_9861
座るやいなやお水が到着しました。

IMG_9862
待つこと6分でサラダ・小鉢が到着しました。
サラダは作り置きみたいでシャキッとしていませんが充分に美味しいです。
小鉢はおでんです。
これは出汁が良く効いていて絶品です。
美味しいです。

IMG_9863
待つこと8分でご飯と味噌汁が到着しました。

IMG_9865
待つこと12分で「デミグラソースチーズハンバーグ」の到着です。
これは立ち昇る匂いで美味しさがわかります。

IMG_9866

IMG_9867
それでは実食です。
まずは牛(特に子牛)の食肉や骨と野菜(ミルポワと呼ばれる玉葱・人参・セロリの組み合わせを使うのが一般的)を煮込んでつくった出汁(フォン・ド・ヴォー)からできたデミグラスソースを頂きます。
なんだこの美味しさは・・・
呆然となりました。
今まで頂きましたデミグラソースの中でトップグループに入ります。
たまらず眼を細めて唇に微笑をのせていました。
ハンバーグステーキも美味しいです
玉ねぎの甘さがこの美味しさを倍加させています。
結局、この料理は余すところなく頂きました。
まさか不動前でこのような極上のハンバーグステーキがいただけるとは・・・
不動様の信心の賜物でしょう、嘘です。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)

人形町 玉ひで

今日は「ねこまんま」の話です。 
o0601040112733432056
実は私、生まれてこの方「ねこまんま」を食べたことがありません。
正しく申しますとご飯に味噌汁をかけたものです。
ごはんにかつお節をかけて醤油をたらしたものではありません。
混乱された方もおられますでしょうから補足します。
下町では味噌汁ぶっかけご飯も醤油たらしかつお節ご飯ともども「ねこまんま」と呼んでいたのです。
その理由とは、ねこまんまは、犬猫畜生の食べるもので、人間様の食べるものではな〜い!というものでした。
しか〜し、「ねこまんま」の片割れの醤油たらしかつお節ご飯は、削り節ご飯とその名前はグレードアップしまして「ねこまんま」グループから脱退したのです。
実際、我が家ではかつお節と刻みネギを熱々のご飯の上に載せ、それに江戸ムラサキ(海苔佃煮)若しくは醤油と味の素を合わせて食べていましたが絶妙な美味しさでした。
オカズがない時には良く供されていました。
同根であるかつお節ご飯は許されたのに、なんで味噌汁ぶっかけご飯はここまでタブー視されたのでしょうか。
単に日本料理で決めている作法外の食べ物=行儀が良くない食べ物という事のようです。
それならお茶漬けやお粥や雑炊も禁止されるべきです。
おなじ汁かけ飯なのにこれは許されています。
おかしいでしょう(笑)
江戸っ子ならではのタブーという話もありますが、江戸の辰巳にあった深川では、ご飯にアサリとネギの味噌汁をかけた「深川飯」という食べ物があります。
さら〜に、おなじ儒教国である韓国では、汁かけご飯は正当な食べものであります。
所謂、△△クッパのたぐいであります。
これまた不思議です。
蛇足ですが道産子はこの食べ物の存在を知りません。
個人的には飽食の時代ですから、このタイミングで汁かけご飯を食べる気もしません。
やはりご飯と味噌汁は分けて食べた方が、作ってくれた方に対する礼儀だと思うからであります。


2CELLOS - Whole Lotta Love vs. Beethoven 5th Symphony [OFFICIAL VIDEO]



IMG_9918
今日は強い雨が路面を叩きつける人形町に出没です。
今日のお店は30年ぶりの再訪です。
今日のお店は創業1760年 元祖親子丼の店です。
今日のお店は「玉ひで」さんです。

住所: 東京都中央区日本橋人形町1-17-10
電話:050-5590-6792
定休日:定休日有り(ホームページ又はお店にてお問合せください)

IMG_9917
お店の外観です。

IMG_9909

IMG_9907

IMG_9910
店内の雰囲気です。

IMG_9908
ここは行列必至のお店です。
お店の前を通りましたら行列ができていないので入店しましたが、いつもの行列はこの画像の様に店内に吸い込まれていました

IMG_9906
メニューです。

今日のオーダー「とく親子丼」@1,500円です。

IMG_9912
座るやいなやお茶とコラーゲンスープが到着しました。
コラーゲンスープは鶏臭いです。
私はちょっと苦手な味です。

IMG_9914

IMG_9915
待つこと8分で「とく親子丼」の到着です。
玉子が輝き且つ揺蕩うしています。
実は30年前に来店した時は、花番(客の注文を奥に通したり、できた料理を運んだりする人)さんの老舗というプライドから発せられる上から目線と辛い味付けにほうほうの態で退店したのでした。
確かに昔の下町の老舗料理店の花番さんはどこでも威張っていましたので「玉ひで」さんだけを言及するのは正鵠を射ていないかもしれませんが、辛い味付けはトラウマになっていました。
しか〜し、そのカサブタもとっくに取れていましたので今回の再訪に繋がったのです。

IMG_9916
閑話休題。
それでは実食です。
まずは二重かけの玉子をいただきます。
トロフワの玉子は絶妙な味わいです。
割下は少し甘めに感じましたが30年前の辛さはありませんでした。
鶏肉はもも肉とむね肉の2種類が小さめに切られています。
もも肉は身が引き締まっていて歯応えのある食感です。
むね肉は淡白ながらも柔らかくて弾力が感じられます。
少し量がすくないような気がしましたが、ここは「吾れ唯だ足るを知る」であります。
とても美味しい「親子丼」をいただきました。
約260年続くこの老舗は、「不易流行(いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものをも取り入れていくこと)」を行っておりました。
最大級の賛辞をこの「親子丼」の名店に贈ります。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)

巣鴨 にしむら

今日は「お岩さん異聞」の話です。 
IMG_9837

IMG_9852

IMG_9839

IMG_9840

IMG_9841

IMG_9848

IMG_9842

IMG_9843

IMG_9844

IMG_9845

IMG_9846

IMG_9847
かつて次男が卒論で「東海道四谷怪談」を書くというので四谷左門町にある「於岩稲荷田宮神社」に付き合いで一緒に行ってきました。
正しく申せば次男のゼミでは「東海道四谷怪談」を卒論で取り上げる時には、この神社にお参りに行き、不吉なことがおこらないようにするのが暗黙の約束なのです。
しかし、お岩さんのお墓には行った事がないので今回連れていきました。
お寺の名前は、法華宗陣門流の妙行寺といいます。
妙行寺は、丸山本妙寺の妙音院日慶上人が寛永元年(1624)赤坂に創建、江戸期には四谷鮫ヶ橋南町にあったといいます。
東京府による市区改正事業のため明治40年当地へ移転しました。
境内には、四谷怪談のお岩さんの墓所、浅野家遥泉院供養塔の他、うなぎ供養塔、魚がし供養塔、浄行様があります。

お岩さんという女性は幕府の御家人、田宮又左衛門の娘で、夫、田宮伊右衛門とは人もうらやむ仲のよい夫婦だったそうです。
しか〜し、家は大変貧しかったので、家計を支えるため商家に奉公に出ました。
お岩は日頃から田宮家の屋敷社(やしきがみ)を熱心に信仰しており、その甲斐あって、夫婦の蓄えも増え、田宮家はかつての盛んな時代に戻ることができたそうです。
ということでお岩さんは貞女だったのですね。
寛永13年(1636)にお岩さんは亡くなりましたが、お岩さんの信仰によって田宮家が復活したという話は評判となり、近隣の人々は田宮家の屋敷社(やしきがみ)を於岩稲荷と呼んで信仰したのです。
享保2年(1717)田宮家は屋敷神の隣に稲荷祠を建立しました。
参拝を求める人が増えたので、屋敷を開放して参拝を許可することになり、以来、「於岩稲荷」、「大巌明神」、「四谷稲荷」、「左門町稲荷」などと呼ばれて、家内安全、無病息災、開運、さらに悪事や災難除けの神としてますます江戸の人気を集めるようになったのです。
つまりお岩さんという女性は怨霊のかけらもない人なのですね。

Kuniyoshi_The_Ghost_in_the_Lantern
原作者の鶴屋南北はかねてから、「於岩稲荷」のことを聞いて知っていました。
お岩さんという女性が死んでからもう二百年がたっています。
それなのに今でも江戸で根強い人気かあることに注目したのですね。
人気のある「お岩」という名前を使って歌舞伎にすれば、大当たりは間違いない、と見当をつけた南北は台本書きに入ったのです。
お岩さんは、皆が信心する様な善人では面白くありません。
刺激の強い江戸の人間を呼ぶにはどぎついまでの脚色が必要だったのです。
鶴屋南北は「お岩稲荷」からは「お岩」の名前だけを拝借して、江戸で評判になったいろいろな事件を組み込みました。密通のため戸板に釘付けされた男女の死体が神田川に浮かんだことがあったので、よし、これを使おう。
主人殺しの罪で処刑された事件もあったので、あれも使える。
姦通の相手にはめられて殺された俳優がいたので、それも入れよう。
四谷左門町の田宮家には怨霊がいたことにしようと、江戸の人間なら、だれでも記憶にある事件を鶴屋南北の空想力で操り、脚本はできあがったのです。
しかし、四谷が舞台では露骨すぎます。
「お岩」の名前だけ借りれば十分なので南北が付けた題名は「東海道四谷怪談」でした。
この題名で四谷の於岩稲荷とは無関係な創作であることを示すことにしたのです。
天才的な劇作家が虚実取り混ぜて創作したのが、お岩の怨霊劇だったのですね。

ちょっと混乱した方がおられるかと思いますが、お岩さんの菩提寺は私たちが行った巣鴨の「妙行寺」にあります。
四谷にありますのは、田宮家の屋敷社(やしきがみ)です。
昔は、敷地内に神社を建立する信心深い人が多かったのです。
田宮家もそうした信仰に基づいて「於岩稲荷田宮神社」を作ったようです。
ところが四谷の「於岩稲荷田宮神社」の前には「於岩稲荷霊神・陽運寺」があります。
これについては、どちらが屋敷社(やしきがみ)の正統なのかは不明です。
いずれにしても現在では神仏分離ですのでどちらとも正統ともいえますが、以前、私が次男と言った際は、この四谷の「於岩稲荷田宮神社」は、田宮伊右衛門・お岩夫妻の子孫が代々の宮司を務めているとのことでした。
その当時の宮司さんは、十一代目の田宮均さんでした。
「於岩稲荷霊神・陽運寺」の方は不明です・・・


昭和8年の復刻サーバーでおいしいビール、2杯まで 流川の「重富」 昭和8年の復刻サーバーでおいしいビール



IMG_9806

IMG_9807

IMG_9808

IMG_9823

IMG_9825

IMG_9826

IMG_9829

IMG_9830

IMG_9831

IMG_9833

IMG_9834

IMG_9835

ということで今日のお店は巣鴨の行列のお店です。
今日のお店は「八ツ目やにしむら」巣鴨店さんです。

住所: 東京都豊島区巣鴨3-34-2
電話:03-3910-1071
定休日:日曜日

IMG_9809

IMG_9813

IMG_9811
お店の外観です。

IMG_9821
店内の雰囲気です。
ここは行列必至のお店です。
11時半に訪れた時は7人の列ができていました。
前回の目黒店で行列は懲りたのでの今回は予約をしておきました。
予約した席は2階でした。
しつらえが落ちついています。

IMG_9822

IMG_9832
お店を出る時はこのような行列が店外までできていました。

IMG_9810
メニューです。

今日のオーダー「鰻重定食(上)&鰻重定食(上・大盛)&肝焼き」@3,500+@3,600+@800円=7,900円です。

IMG_9817
待つこと29分で「肝焼き」の到着です。
目黒店と比べます今日の「肝焼き」と少し冷めていました。
それでは実食です。
柔らかい部分と弾力がある部分が交互に口内で踊ります。
香ばしくて美味しいのですが、冷めた分だけ興ざめです。

IMG_9818
待つこと31分で「鰻重定食(上)」の到着です。
今回は上を頼みましたので、お重の90%は鰻で占められています。
ゴージャスですね。

IMG_9819

IMG_9820
それでは実食です。
皮はパリっと香ばしく焼きあがっています。
内側はふんわりと焼き上がっています。
所謂、ふわふわトロトロであります。
タレは甘辛に過不足がなく所謂江戸前の味わいです。
副菜の香の物も出すぎない味付けで結構でした。
最後の一口まで美味しくいただきました。
次男は顔に恍惚の表情を浮かべていました。
しいて瑕瑾をもうせば「肝焼き」同様熱々ではありませんでした。
こういう事をまさに「画竜点睛を欠く」と申すのでしょう。
最近、夢中で食事をするのは「鰻重」だけです。
至福のひとときを親子ともども堪能しました。

それでは(^_-)

続 神田 松記鶏飯

今日は「家風は細部に宿る」です
孫の白蓮が大きくなり、その成長に奥様ともども目を細める毎日です。
最近一二歩歩けるようになりました。
もう少しで自立歩行もできるでしょう。

104041
最近は奥様も私も白蓮をあやすのが楽しみの一つになりました。
我が家のあやし方で一番ポピュラーなのは、右手を広げて「がんも〜」って言いながら体をくすぐるものです。
白蓮パパもそのようにして育ててきました。
で〜も、この「がんも〜」って誰に教えてもらったのでしょうか?
このあやし方は、私も自然にでたものではありません。
しばし私の人生を反芻しました。
私の母親が白蓮パパによくやっていた事を思い出しました。
そうなのです、この「がんも〜」は我が母のスペシャリティ(得意技)なのでした。
多分に、私もこの「がんも〜」であやしてもらったのでしょう。
もしかしましたら、私の母も、私の祖母もこの「がんも〜」であやしてもらっていたのでしょう。
さら〜に、演繹しますと、白蓮が我が子に、白蓮の子がさら〜にその子にと考えますとうれしさがこみ上げてきますし、遠い未来においても、我が血統の誰かが「がんも〜」っていって、赤ちゃんをあやしている姿を想像しますと心がなごんできます
このような些細な事にその家の家風がでます。。
例えば、お風呂をでる時の「数え歌」などがそうでしょう。
白蓮パパと白蓮ママの「数え歌」は、大筋で同じですが、デティルでは我が家とは大きく異なります。
どうなのでしょうか、家風ってこのような細部に宿っているのではないでしょうか。


白蓮
これから白蓮が言葉を覚えてきますと「お寝かせばなし」が必要になってきます。
私は「お寝かせばなし」のネタは豊富にあります。
白蓮両親に頼まれたら、喜んでやりましょう。
多分に白蓮パパにウケた話をすれば親子ですからウケるのではと思っています。
脳が言語の習得に最も適した時期は2〜4歳くらいと限られているみたいです。
その時期に、たくさんの言葉のシャワーを浴びせることが大切なのです。
その日を楽しみに過去の「お寝かせばなし」をブラッシュアップしておきましょう。
で〜も、子どもは、言いたいときが話したいときなのです。
「話を聞いてもらえた」「認めてくれた」と思うことで、また次も「話を聞いてもらいたい」「話したい」と話すようになるのです。つまり、話す力を伸ばすには、話し手が「聞き上手」になることが大切なのです。
「聞き上手」のつもりが「話し上手」に、木乃伊取りが木乃伊にならないように気をつけましょう(笑)


子供の前では決して泣かない父が涙!単身赴任のパパに会いに行く サプライズ!



IMG_9713
今日は神田に出没です。
今日のお店は行列のお店です。
今日のお店は「松記鶏飯」さんです。

住所: 東京都千代田区神田司町2-15-1
 パレヤソジマ 1F
電話:03-5577-6883
定休日: 日曜、祝日、ゴールデンウィーク、年末年始など

IMG_9715
お店の外観です。

IMG_9716
店内の雰囲気です。

IMG_9718
メニューです。

今日のオーダー「海南鶏飯(とり増し)」@1,100 円です。

IMG_9717
座るやいなや秒殺でフォークがでてきました。

IMG_9720
待つこと11分で鶏スープの到着です。
スープはシンプルな味付けですが美味しいです。

IMG_9721
鶏スープの秒差でソースの到着です。
ソースは、ソイソース、チリソース、生姜のソースの3種類です。

IMG_9722
時間差で「海南鶏飯(とり増し)」の到着です。
見た目、白の芸術作品です。

IMG_9723
それでは実食です。
鶏肉からはほのかに甘さが漂ってきます。
さら〜に、柔らかな鶏胸肉のジューシーさは私の心を優しくさせてくれます。
ここの鶏肉は本当に美味しいです。
鶏肉が大好きな人は一食抜いてもここの「海南鶏飯」は食べるべきです。
量はとり増しをお勧めします。
このくらいは頂きませんとこの美味しさは堪能できません。
ソースはソイソースが首一つ抜けています。
外米のジャスミンライスは好き好きですが、私の好みではありません。
食べた後も、しばらくは口福に包まれていました。

IMG_9724
お店は海外研究旅行の為にしばらくお休みです。
帰国しますと新しいにメニューが増えますので乞うご期待であります。

それでは(^_-)

保谷 リンカント リターンズ

今日は「もしも私が江戸時代にタイムスリップしたら」の話です。 
hqdefault
もしも私が江戸時代にタイムスリップたら即に捕まるのではと思います。
というのも身元引受人なり出身地の証文などの証明書がなければ、即無宿人として逮捕されるからです。
勿論、偽造書類をあらかじめ作っておけば別でしょうが。
それと平均身長155cm前後の当時においれ、私の身長は177cmですから、どこにいてもすごく目につきます。
お上への「怪しい者通報」は必至であります。
その上言葉が通じないというか江戸弁はしゃべれないと思います。
子供の時にチャキチャキの江戸っ子のオジイサンが近所にいましたが、ほとんど何を言っているのか分らなかったことが思い出されますのでそれの真逆でしょう。
草書文字も読めないと思いますので多分異国人と間違えられるでしょうね。
加えて左から書く文字に慣れていますので、右から書かれている文字には最初は戸惑うでしょう。
仮に無事に江戸の町に入り込めたとしても即に水あたりで下痢が止まらないでしょう。
正露丸は売っていません。
さら〜に、お金も持ってないから薬も買えません。
勿論、ドラッグストアなどあるわけもありません。
食べ物も毎日野菜や精進料理のたぐいや魚介類だけではまいってしまうでしょうね。
納豆なら毎日食べてもいいのですが、江戸時代の納豆は匂いがきついですからこれまた慣れるまで大変です。
夏場では蠅、蚊に悩まされるでしょう。
クーラーのない夏ですからもしかしましたら、暑苦しくて寝られないかもしれません。
しばらくはトイレも匂いで苦労するでしょう。
一番の問題は帰れることが前提でしたら我慢もできるのでしょう。
しか〜し、ノーリタンでは精神的に耐えきれないかもしれません

img_1
でも住めば都ともいいますので、慣れたら不夜城の吉原でも見学してみますか。
あくまでも見学ですからね。
行ってみたら美人の基準が今とは違うのでコシが抜けるくらい驚くことでしょう。


こんなに生徒から感謝を受けて、ほんとにいい先生だったんですね。



IMG_9792
今日は保谷に出没です。
たまには美味しいイタリアンを食べようとこのお店に参りました。
今日のお店は「トラットリア エ ピッツェリア リンカント」さんです。

住所: 東京都西東京市下保谷4-8-18 アネックスマノア 1F
電話:050-5593-9840
定休日:月曜日(月曜祝日の場合、翌火曜定休日)

IMG_9793
お店の外観です。

IMG_9795

IMG_9797
店内の雰囲気です。

IMG_9794
メニューです。

今日のオーダー「カルツォーネ」@1,600円(内税)です。
カルツォーネはピザ生地に具を包み、2つ折りにして、オーブンで焼いたものです。
イタリアで1600年頃から食べられていたと言われるカルツォーネは直訳するとズボンとか、包むという意味です。
今から400年以上前にイタリアのマンマ達が、パスタを作り、そのソースの余りをもったいないと言いピッツァ生地で包み込みカルツォーネを作ったのが始まりだそうです。

IMG_9798
座るやいなやお水が到着しました。

IMG_9800
待つこと9分で「カルツォーネ」が到着しました。
中の具材は、サラミ、リコッタチーズ、ルッコラ、トマトです。
見ただけでわかります。
この「カルツォーネ」は美味しいでしょう。

IMG_9802 (2)
「カルツォーネ」を半分に鋭利なナイフで半分に割りますと、溶岩のように美味しいソースが流れてきます。
このように切ったときにあらわれる色々な具材や香りを楽しむのが「カルツォーネ」の楽しみ方です。
それでは実食です。
リコッタチーズに包まれたサラミが美味しいです。
ソースはふくよかで舌で踊ります。
生地は香りが高くよい味わいです。
「カルツォーネ」は最後まで熱々で食べられるのが良いですね。
美味しさに目を細めて唇の上に微笑をのせていますと気分はイタリアです。
店名の「リンカント」はイタリア語で「魔法をかける」だそうです。
どうやら私も、このお店の美味しさの魔法が効いてきました。
このような魔法は永遠に解けないで欲しいものです・・・

それでは(^_-)

続 石神井公園 玉仙楼

今日は「一度決めたら」です
IMG_9650
江戸っ子は一度決めたことは変えません。
実はこの画像のトマトジュースですが、詳しい確証は見つけられないのですが、10年位飲み続けています。
正確に申しますと、会社に行く途中に毎日常飲していました。
言い換えますと、私は直行するのが嫌いなので、出張を除けばほぼほぼ毎日飲んでいたのです。
自販機の設置や保守、商品の補充や入れ替えなどを担当するオペレーターによって、このトマトジュースが他のビバレッジと入れ替えられた事がありました。
その際は、オペレーターに電話してもとに戻してもらいました。
6週間前も同様なことが起こりました。
この時は、オペレーターのスタッフがビバレッジの入れ替えの作業中に巡り合いましたので、直截にもとに戻してもらうようお願いしましたところ、メーカーがこの商品を製造中止にしたので、ご要望には応えられません、と木で鼻を括ったような言い方をされました。
これには驚きました。
まるで身体の一部をもがれたような気になりました。
以後、このトマトジュースが置かれていたベンディングマシンの前を通りますと、胸が締め付けられていました。
悲しい・・・
私がえらいのは、ここで他のビバレッジには乗り換えなかったのです。
炎天下の出勤の際にどんなに喉が渇いても、これだけはしてはいけないと自らに言い聞かせていたのです。
これぞ江戸っ子の操であります。
ところが昨日、いつもの通り伏し目がちにこのベンディングマシンの前を通り過ぎましたら、忘れようとしても忘れることができないトマトジュースの画像が残像として目に焼き付きました。
まさかと思い踵を返して小走りにベンディングマシンに駆け寄りますと、9週間ぶりの邂逅に対して、トマトジュースは、おはよう。今日も頑張ろう、と語りかけてくれたではありませんか。
これには感動しました。
まるで戦死広報をいただいた夫が五体無事で家に帰ってきた時の妻の気持ちに匹敵します。
ありえません。
まさに欣喜雀躍であります。
このようなプチシアワセが実は一番好きなのです・・・


妄想から生まれている恐怖。
それを外にあるものとして現実世界で恐れをなくす為に始めた事が結果恐れを増大していくようになる事例。



IMG_9638
今日は「ど根性ガエル」の舞台になった石神井公園に出没です。
今日のお店は「玉仙楼(イセンロウ)」さんです。

住所:: 東京都練馬区石神井町3-18-7
電話番号:03-3904-8448
定休日:無休

IMG_9647
お店の外観です。

IMG_9641
店内の雰囲気です。

IMG_9642
メニューです。

今日のオーダー「あつあつオムライス」@880円です。
今、この「あつあつオムライス」が有卦に入っていますので、当然のことながら注文したのです。
IMG_9643
待つこと4分で「あつあつオムライス」の到着です。
見た目、黄色と茶色のコントラストが目に鮮やかです。

IMG_9644
それでは実食です。
本当に熱々です。
オムレツの下に格納されているのはこれまた熱々の炒飯です。
味ですか、無茶苦茶に美味しいです。
まず炒飯美味しであります。
トロトロのオムレツ美味しであります。
ソースはケチャップとウースターソースを7対3の割合でかけ回しています。
これが味を引き締めているのです。
B級グルメの頂点のような料理です。
他に類をみません。
とても大満足の夕食でした。

IMG_9648
駅に向かって歩いていますと定番のバスが見えないなとつぶやきましたら、良い画像が飛び込んで気ました。
さすが石神井公園であります(笑)

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ