下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

2017年11月

名古屋 まるや本店

今日は「なんでやねん」です。
この間、岐阜で機械の仕様打合せがあり、その為に設計の外注業者を呼びました。
来た面々は二人で、一人は地元で一番出世頭の慶應大学のおんな教授を尊敬してやまない65歳の設計部長です。
この設計部長の生まれたところは岡山県の山深いところらしく、大学進学するものは皆無で、その中で東京の名門大学に入ったのは快挙であると誇っていました。
この設計部長は、若い頃、このおんな教授と銭湯に一緒に風呂に入った事があり、それが人生の最大の誇りだそうです。特段、待ち合わせて銭湯に行ったわけではありません、ハイ。
いずれにしましても変でしょう。

831c1188d539b9a330cbf4717b7189f2
もう一人は石原さとみに眼鏡をかけさせてエロくした中年の女性です。
この2人の会話が「まるで関西」で超面白いのです。
最初、エロいさとみは、標準語で話していたのですが、打合せが煮詰まってきますと、その着ているものを脱ぎ捨て裸になったのではなく、オール関西弁で話すようになったのです。
図面の打合せですので数字の確認をこの設計部長とエロイさとみはするのですが、この部長はいらち(せっかち)で、数字の確認をしないで、さっさかさっさか次々と数字を読み上げますので、さとみはついてこられません。
途中から、もう一度聞くことが多くなりました。
最初、この部長は、聞かれた数字を教えていたのですが、ある時にそのいらちの為に頭の回線がキレ、数字は二度聞いたらアカン、それは読み手に失礼や、と返したのです。
するとさとみが逆ギレして、なんでやねん、あんたが読み上げるのが早いねん、と言い返したところ、これは日本の常識や。常識にもの申すとは100年早いわ、とこの部長は返したのです。
脇でそれを聞いていた私はすこし慌てながら、そんな常識なんかきいたことありません。
正確に数字をトレースするためには再確認するのは当たり前です。彼女のいう事は尤もです。
もう少しゆっくりと正確に数字は読み上げてください、とキツクいったものですから、さすが関西人です。
わしが常務になれなかったのはこれや。あかんなぁ、とボケたのでした。

waraigao
個人的にはこの「なんでやねん」っていい言葉ですね。
関東弁では「なんでなんだ」と言いますと、完璧に喧嘩を売っていることになります、
さりとて英語で「Why not?(なんでやねん)」といえばこれこそ「Who cares?(知らんがな)」になります。
関西弁ですと言葉が丸くなります。
私はこの言葉が関西弁で一番好きです。
この間、昼食中、隣のテーブルの50代くらいの母親と30代くらいの娘が話をしていました。
娘が母親に、1千億の上って、1億万だよね、と言いますと、母親は、1兆じゃないのかい、と答えましたら、 娘は、へぇ〜、1兆と1億万って一緒なんだ〜、と言っていました。
も〜し、私が江戸っ子でなければ、なんでやねん、とツッコミ入れていた事でしょう。
プチ残念でした・・・



松山千春が権力批判 「とっとと帰れ!」



IMG_3646

IMG_3645

IMG_3641
今日は名古屋に出没です。
今日は名古屋で2番目に美味しい「鰻屋」さんにうかがいました。
今日のお店は「まるや本店」名鉄店さんです。

住所: 愛知県名古屋市中村区名駅1-2-1 名鉄百貨店本店 9F
電話:052-585-7108
定休日:不定休(名鉄百貨店に準ずる)

IMG_3653

IMG_3647
お店の外観です。

IMG_3648
すごい行列です。

IMG_3656
まるや本店三つの心得

IMG_3664
店内の雰囲気です。

IMG_3655
メニューです。

今日のオーダー「上うな丼」@3,370円です。
それにしても待ちました、店内に入るまで39分です。
座って待っていても疲れます。
待っている人の60%が日本人で残りの40%は中国人等の外国人です。
従いまして、待っている間が喧(かまびす)しくてたまりませんでした。
中国の方々は黙って待つことはできないのでしょうか、本当に!
店内は接客がよくて感動しました。
私の右隣の人は英会話圏の方で、店員さんは英語でオーダーをとっていました。
左側は中国人グループですので、彼らには中国語でオーダーをとっていました。
たいしたものですね。

IMG_3660
座るやいなや熱いお茶が到着しました。
この辺りはさすがだなと感動しました。

IMG_3665
待つこと11分で「上うな丼」が到着しました。
なんか宮中の献上品みたいないでたちですね、

IMG_3666

IMG_3667
蓋を開けると4切れの鰻がその姿を現しました。
えッ、たった4切れで@3,370円ですか、と驚きながら食べ始めました。

IMG_3669
途中、ご飯の中から1切れでてくるというサプライズがありました。
なんでやねん、です。
最初から5切れの方がよかったのに・・・
味ですか、身が固すぎます。
確かに香ばしささはありますがそれは時間経過で減じてきます。
もともと「ひつまぶし」のお店なので表面をカリカリに焼くのは理解できますが、さりとて中身まで火が通ってしまいましたら、それこそ鰻の干物です。
そもそも「鰻のお茶漬け」は鰻が余った時の食べ方のはずです。
これでは主客転倒ではありませんか。
名物に旨い物なしとまでは言いませんが、私はふっくらした柔らかい鰻らしい鰻が好みです。

それでは(^_-)

浅草 末っ子 リターンズ

今日は「お酉様」です。
IMG_3733
今年も恒例の縁かつぎの招き猫を買い替えに「お酉様」にやってきました。
下町っ子ってこういうてんは律儀ですよね。
このような一度決めたルーティンは死ぬまで変えないのです。
画像主体ですが、宜しかったらお付き合いください。

#鷲神社境内
IMG_3724

IMG_3725

IMG_3728

IMG_3730

IMG_3731

IMG_3736

IMG_3737
浅草での打合せが終わってから来たのでまだ時計の針は19時を少し回ったところです。
今日は宵宮(前夜祭)なので境内のお店の開店は22時からです。
コアタイムにいくと人人人なので避けたのですが・・・
あまりにも閑散としすぎていて若干興ざめではあります。

#白蓮の健やかなる成長祈願
IMG_3727

IMG_3729
同じ境内にある、鷲神社と長国寺さんでお参りしました。
ここは所謂「神仏混合」ですがどっちがホンマモンかと申せば、長國寺の解説では、鷲妙見大菩薩(長国寺)の開帳日に立った市を酉の市の起源としています。
その後、酉の市の盛況ぶりは浅草の鷲大明神へと移り、最も賑わう酉の市として現在に至ったようです。
いずれにしましても、二つの寺社で白蓮の成長祈願をすれば、身体も倍に大きくなっていくでしょう、ちがうか。

#今年の我が家の福の神
IMG_3734
我が家の福の神は「招き猫」です。
熊手はいかにも金集め的な感じがしてあまり好きではありません。
そこで毎年「招き猫」を買い替えています。
ここ数年、価格交渉はせずに稲穂や開運のフライヤーみたいなものを沢山つけてもらいます。
ちなみにお酉様の境内ではこのようなケースに入っていますと福がつかないので、買ったら外して、境内の外でケースをつけて福をしまい込むのですが、そこまでのゲン担ぎはいたしません、ハイ。

#吉原弁財天
IMG_3738
お酉様を出ますと、沢山の赤い火の玉が飛び込んできました。
なんやねん、と目を凝らしますと「吉原弁財天」です。ここは関東大震災の時に吉原遊郭一帯も火に包まれ、逃げ遅れた遊女490人が弁天池に飛び込み溺死した場所です。
当時の吉原遊郭は木造住宅が密集していた事から火の回りが早く、消火活動ができなかったのです。 
それに加えて、当時の吉原遊郭は遊女が逃げられないよう周囲を高い塀で囲っていたうえ、出入りする門に外側からカギがかけられていました。
そのため、開錠した時は既に手遅れで業火に追いまくれた遊女がこの池に飛び込んだのは他に手だてがなかったからなのです。


という事で「お酉様」の後の食事と申せばここしかありません。
今日のお店は「末っ子」さんです。

住所: 東京都台東区浅草5-17-8
電話:03-3875-2274
定休日:月曜日

IMG_3740

IMG_3739
お店の外観です。

IMG_3741
店内の雰囲気です。

IMG_3742

IMG_3743
メニューです。

今日のオーダー
ガツニンニク@900
餃子@400
キンシャリスープ付@250
です。
とうとうお店のご主人は80歳の大台にとうとう突入しました。
後継者はいるのでしょうか、気になってまいりました。
今日はお酉様ですが、それには全く関係のないジモティで店内は満席です。

IMG_3745

IMG_3748

IMG_3746
待つこと10分でガツニンニク、キンシャリ、スープの到着です。
見た目美味しそうですし香ばしいニンニクの香りが立ち昇ります。

IMG_3747
それでは実食です。
艶めかしいガツの姿態を口にいれて噛みしだきますと口内に異次元の世界が出現します。
加えてガツのクニャクニャした部位が舌にからんできます。
とどめはニンニクのエキスをたっぷりと吸った醤油ソースです。
美味しい。
このガツ炒めは何回食べても美味しい。
最高です。

IMG_3749
遅れること4分で餃子の到着です。
これは食べる前にわかります。
火が入りすぎています。
それでは実食です。
やはり火が入りすぎているので皮が硬いです。
まあ餡はいつものように美味しいのですがね。
餃子は皮が命ですから・・・

IMG_3751

IMG_3753
この後、お酉様の時だけ照明が明るいひさご通りをぬけて米久本店の前を通りましたら、その斜め前の中華料理屋さんで無銭飲食がでて大騒ぎしていました。
いまだ無銭飲食するような根性ある輩がいるのですね。

IMG_3755
途中「まるごとにっぽん」の二階にあるオルゴール屋さんで、白蓮が喜びそうなオルゴールを見ていました。
まだ生後2週間ですからオルゴールは分らないなとつぶやきながらお店を後にしました。

IMG_3756
その後、ビートたけしさがんが愛した捕鯨船の前を通ったので、中をのぞきましたら、店内はガラガラでした。
珍しいことです。

IMG_3757

IMG_3758

IMG_3759

IMG_3760
さらにすしや通りを通り、かづの前を通りました。
店内をのぞきますと、奥さん(りかこ)さんの笑い顔が見えました。
奥さんは老けないですね。
昔は痩せていて金壷顔で今ひとつでしたが今やどうどうとした押出しです。

IMG_3761
最後に上野駅に到着です。
やはりお酉様の帰りはJRさんの熊手をパチリしておきませんと、どうにもこうにも締まりません、ハイ。

それでは(^_-)

続 神田 巴里の介

今日は「完璧主義者」です。
ビシッとした男性
今日は年に一回の人間ドックの日です。
検査の合間に、診察室の本を読んでいましたら「性格テスト」なるものがあり、興味本位でそのテストをやってみましたら、私は完璧主義者のようです。
マジかよ、と思ってその特徴を読んでいましたら、まさにその通りでした。
完璧主義者とはどのような人なのか、まずはその内容をご笑覧ください。

#責任感が強いが自意識も過剰
とても責任感が強いというのが、完璧主義者の大きな特徴の一つです。
この責任感の強さだけなら素晴らしいことなのですが、さらに自意識過剰な面も組み合わさっているため、他人からの期待やプレッシャーを必要以上に感じることで、妥協ができなくなってしまうのです。

#仕事の優先度を考えるのが苦手
完璧主義な人は、仕事の優先順位を付けられません。
社会人として働く中で、たった一つの作業だけを延々とやれば良いという状況の人はあまりいないと思います
様々な業務を任され、それを効率良くこなしていくためには、どの順番で、どのくらいの精密さで、いつまでに対応していくのかを考えながら取り組んでいく必要があります。
しかし完璧主義の人は、すべてを一律に、少しでも早く終わらせようとしてしまう傾向があり、これが残業に繋がったり休憩を取れなかったりという非効率な状態を引き起こすことになります。
本当に今日中にやらなければならないものなのか、その作業は本当にそこまで神経質になる必要があることなのかなどを考えた上で、明日やれば良いことを無理に今日中にやるのではなく、メリハリをつけながら効率的に終わらせていくことが大切なのです。

#自己陶酔する
完璧にこなした時、自分はすごい、自分はえらいと自己陶酔する傾向にあるのも完璧主義者の特徴です。
完璧にこなしてこそ自分を認められるため、逆に言えば完璧にしなければ自分を否定することになってしまいます。このような性質から、妥協というものを受け入れることができないのです。

#理想が高い
完璧主義の人はその潔癖さとストイックさから、当然のごとく理想も高いです。
歴史上の偉人、有名な天才たちに憧れ、そういった人物を自分の目標として掲げて頑張ろうとします。
向上心をもって生きていくことはとても大切ですし素晴らしいことではありますが、いきなり極めて高いところを目指してしまうと心も体も追いつかず、体調を崩す原因にもなります。

#考え方が両極端
完璧とは、つまり100点満点ということです。
完璧主義者の人は、常にここを意識するという傾向にあります。
完璧でなければ意味がないという極端な考え方により、少しでも何か減点されるような要素があれば「それでは駄目だ」という発想になるため、常に気を張って力を抜けない状態に陥ります。
よって、マイペースに取り組むよりも疲労感がかなり強くなります。
そして、順調に完璧に進めていた作業に何かミスが発生しようものなら、その完璧さが失われたことにより急激にモチベーションが低下してしまいます。
これにより、その作業を途中で投げ出してしまうことにも繋がってしまうのです。
完璧にこなすというスタンスから一見は器用に思える完璧主義者ですが、実は不器用だとも言えますね。

#周りの人たちにも完璧さを追求する
完璧主義者の人は、他人にも完璧さを求めます。
仕事であれば部下や同僚、プライベートであれば家族やパートナーに対しても完璧性を追求してしまうのです。
また、程度の差はあれど、基本的に自分の考えや方法が正しいと信じているため、その「完璧さ」というものは「自分にとっての完璧さ」ということになります。
このような自己中心的な思考も相まって、人間関係を壊す結果を招いてしまうことも少なくありません。

#力の配分ができない
責任感の強さも相まって、何事に対しても常に全力を注ぐのが完璧主義者です。
つまり、力の配分を上手くできないのが特徴の一つと言えるでしょう。
「効率の良さ」とは、「完璧さ」ではありません。
力を抜くところは抜く、入れるべきところは入れるというコントロールを上手く行いながら着実に作業を進めていくことが、効率の良さです。
完璧さを追求し、一つの作業にいつまでも時間をかけていたり、力を入れ過ぎて周りとの調和を乱したりしては元も子もありません。
one scene「性格」より転載

完璧主義者は
1.分らない問題を考え続ける
2.本は1ページ目から1行も欠かさず読んでいく
3.ノルマを消化しないと気がすまず、睡眠不足気味
とかの特徴もあります。
指摘の中で、心の中に深く矢が刺さったのは、勉強していて分らないところがあると、いつまでもそれについて考えているそうです。
実際にそうでした。
分らなくても考え続けるのは、いかにも頑張っている気がしますが、こんな時に脳は活発に働いていないそうです。
ある程度考えても分らないなら、潔く人に聞いたり、回答を見たり、した方が良いそうです。
要領よく勉強するのは、決してずるいことではないそうです。
このような「良い事は」早く教えてよです。
なにか魔法の鏡で心の中を映し出されたみたいで気味が悪いです。
この性格の為に、人生においてすご〜く回り道をしてきたみたいですね。
自己嫌悪になってきました。

ピーマン
で〜も、このような性格になったのは以下のような幼少期の躾にあるようです。
・両親が常に結果だけを見て判断した場合、その子供は期待に応えようと完璧主義者になる可能性が高いと考えられています。
・失敗するとひどく叱られるという経験が幼少期に多いと完璧主義になる原因だとも考えられています。
纏めますと、小さい頃からの親の結果至上主義の呪縛と自分自身の性格的なものが絡み合った結果、完璧主義になってしまうみたいです。
要は、幼少期に親から厳しく指導された人ほど完璧主義になりやすい傾向にあり、自分への自信のなさの裏返しが完璧主義になるのだそうです。
しか〜し、本当は何が重要なのかということを改めて見直し、効率良く物事を進めていくことができるようにすれば改善できるみたいです。
まだ間に合うかな?
頑張ってみませう!


矢沢永吉「暴徒化する観客にアドリブで説教」



IMG_3610

IMG_3595
今日はメトロ神田駅に、試運転車が入って行きました。
試運転者なのに人が沢山乗っているのを見てクリビツしていました。

IMG_3595
今日のお店は、神田司町にある炉端ふれんち「巴里の介」さんです。

住所: 東京都千代田区神田司町2-14大鷹ビル1F
電話:03-3254-1237
定休日:日曜・祭日

IMG_3596
お店の外観です。

IMG_3608

IMG_3599
店内の雰囲気です。

IMG_3598
メニューです。

きょうのオーダー@1,000円です。
このお店はパンが美味しいのでたまにくるのですが、その週のネタ選抜からもれアップは2回目です。
それにしてもすごい女性客ですね。
量少なめのお客様には4枚でドリンクサービス券を差し上げるなどのwoman orientedの気配りが女性ファンを集めているのでしょう、多分。

IMG_3607
座るやいなやウーロン茶が運ばれてきました。
普通のウーロン茶です

IMG_3602
待つこと8分「本日のオムデミ(牛ホホ肉の赤ワイン添えオムデミ)」の到着です。
見た目美味しそうです。
それでは実食です。

IMG_3605
まずはサラダです。
これはあまり特筆するものはありません

IMG_3604
続いてはトロトロのオムデミです。
まずはオムレツですがこれは完璧な味わいです。
そして18年間の調理歴史をもつ牛ホホ肉は肉の繊維が柔らかく、噛みしだきますと口内でホロホロになります。
那辺は鐵板の味わいです。
問題はデミグラスソースです。
ワインが強すぎるのでしょうか、すこし苦くかんじました
これはあんまりご機嫌な味わいではありません。
そして炊き込みご飯ですか、固めでぼそぼそしていて好きなご飯ではありません。
どうなのでしょうか、基本的にこのお店は何をたべても美味しいと思います。
しか〜し、このお店にも例外はあるのだなぁと思わせたランチでした。

それでは(^_-)

本郷 ニッキカフェ 7th

今日は「旅行好き」です。
648140065f594dfff9716e3c4dc616c043bdf110
今年も奥様と恒例の京都旅行に行くのです。
なななんと通算で22回目の京都往訪になります。
この事を知っている会社の若手からは、旅行好きなのですね、とよく言われます。
確かに、旅行は好きなのですが、それよりももっと好きな事が旅行には含まれているのです。
その好きなものとは・・・
それは旅行の企画なのです。
私はこの旅行の企画が大好きなのです。

IMG_3625
今回の京都旅行の企画案の一部ができました。
まだ奥様から最終承認が取れていませんので、再策定するかもしれませんが、このようにどこを観光しよう、何を食べよう、時間の割振りはこれでいいのか、とかとかこのような諸事に頭を悩ませ呻吟する産みの苦しみが大大大好きなのです。
旅行の企画の要諦は仕事と一緒で最初から勝つ構造を作る事です。
言い換えますと、最初から楽しい旅行を作りこむのです。

実際に旅先に行きますと想定外の事が沢山起こります。
それを奥様とともに乗り越えていくのも楽しいのですね。
具体的な事例として「船岡山公園チャリ鍵紛失事件」というのがありました。
以下は弊ブログからの引用です。
IMG_0498
船岡山公園散策を終えて駐輪していた場所で、奥様が絹を引き裂くような悲鳴を上げました。
どうしたのかなと思って見に行きましたら、なな何と側溝の中に電チャリのカギを落としたようです。
手を突っ込んでも取れません。
最悪は電チャリ屋さんに電話して合鍵を持ってきてもらうしかありません。
どうしましょう、次の予定が迫っています。
そこで私は考えました。
この日は船岡山公園でフェアをやっていて、私たちが山から降りてきた頃には終了時間となっており、撤収作業を行っていた事を思い出したのです。
そうだ撤収の職人さんはもしかすると番線(焼きなました鉄線)を持っているだろうと思い、訪ねて聞きましたところ案の定持っていました。
そして理由を話しましたら、こころよく手持ちの番線を分けてもらえました。
後はその番線の先端をV字に曲げて、グレーチングの隙間からその番線を下して鍵を引掛けて釣り上げるだけです。見事にフィッシングができ、鍵は手元に戻りました。
ちょっとした機転ですが、大いなるリカバリーです。
こんなこともありました。

もし私がこのように機転を利かせなかったらこの後の旅行スケジュールは無茶苦茶になっておりました。
だからこそ旅行は楽しいのです。
加えて、旅先ではファッションも楽しみたいですよね。
時間があれば家でコーディネートをしてからパッキングすると現地で何を着ようかなと迷わなくて済みます。
やはり普段使いでない服を着られるのは旅ならではの楽しみです。
さら〜に、旅行の副産物である大盤振る舞いがタマラナイのです。
奥様と私は普段は地味に暮らしていますが、旅行の際は、地獄の蓋が開いたみたいにハジケます。
その為に普段はつつましやかに生きているですから、ここで散財せずにいつ散財するのだという気分になってしまうのです。
旅先でのチマチマ、ケチケチは唾棄すべきものであります。

IMG_0517
そしてとどめは温泉です。
奥様と私は大の温泉好きです。
どんなに旅で疲れても温泉さえ入れば疲れはすっきりと取れます。
温泉のない旅行なんて、具のない味噌汁のようなもの。
いや肉のないスキヤキか。
いやそれよりも、ネタのない握り鮨のようなものです。

36271-07
旅を120%満喫するために必要なことは、やはり充分に練り込まれた旅行計画であります。
最後に、思い出を形に残しておきましょう。
記憶に残ったものをいつでも思い出せるように形にしておくことが大切だと思います。


道を極めた現代の侍が凄い!


IMG_3385
今日、ビジネスバッグを求めに都内のUNIQLOさんに行きましたら、フロアで大の字に寝そべっているお子ちゃまに遭遇しました。
親の顔がみたいですね、ということでカバンを物色しながらこの子の親を眼でおっていました。
20分位してやって来たのはこの子の母親でした。
このような子供の親にふさわしい雰囲気且つ容姿でした。
決してこの子が悪いのではありません。
単なる劣性遺伝のなせる技でありました。

IMG_3616
という事で今日はその真逆の東大の街「本郷」に出没です。
今日のお店は「「ニッキカフェ (NIKKI Cafe)」さんです。

住所: 東京都文京区本郷4-1-5
電話:03-6801-6105
定休日:無休

IMG_3617
お店の外観です。

IMG_3619
店内の雰囲気です。

IMG_3618
メニューです。

きょうのオーダー「佐賀産・麓鶏と丸ごと玉子を煮込んだインド風スパイスのチキンカレー&ドリンクセット&アップパイ」@740+@100+@458=1,298円です。
今日のオーナーは、私を認めるなり話しかけてまいりました。
どうやら今日も熱烈歓迎であります。

IMG_3620
待つこと12分で「チキンカレー」の到着です。
今日のカレーは「佐賀産・麓鶏と丸ごと玉子を煮込んだインド風スパイスのチキンカレー」です。
このカレーは見ただけでわかります、間違いなく美味しいでしょう。
それでは実食です。
カレーにコクがあります。
香りも立っています。
辛さも程よく申し分ありません。
佐賀産・麓(ふもと)鶏は、噛みしだくと弾力を感じます。
放し飼いの鶏のようです。

IMG_3621
特筆すべきは、半熟玉子です。
これだけでも満足です。
美味しいです。
ここのカレー大好きです。

IMG_3622

IMG_3623
食後は珈琲とアップルパイをいただきました。
このお店は、味良し、接客良し、雰囲気良しのレストランの三冠です。
ご機嫌です。

それでは(^_-)

旗の台 でら打ち

今日は「奥様からの苦言」です。
おかげさまで、最近、誰からも苦言を呈されることはなくなりました。
仕事はいつも全力投球ですし、管理面においては完璧主義者的なところがあり粗漏はありませんし業績も毎年毎年上向きですので隘路はありません。
しか〜し、ここに至るまでは、良いこともありましたが、うまくいかなかった事が圧倒的に多かったと思います。
基本的に性格が良くないのです。
こだわりが強すぎて、思い込んだら、その目標に一直線で突き進みます。

38174bd9131067513ff144b674f5f1ce
まさに遮眼帯を付けたサラブレッドみたいです。
視界を狭めたことが逆に恐怖心をあおり、脇道に逃げる事をしなくなったのです。
世の中で一番危険なことは「これしかない」であります。
私の中では「これしかない」が希釈されてきたのは最近の話です。
それでも最悪の事態を招かなかったのは奥様からの苦言のおかげです。
もしこれがなかったらどこまでも暴走して多分破滅していた事でしょう。

今日現在も奥様からは何かと苦言を申し渡されています、
必ず言われるのは「人の気持ちを考えなさい」です。
ビジネスの世界では相手の気持ちを忖度しすぎますと、手足が縮こまってしまうのでタブーなのですが、奥様から言われると、そうかな、と煮詰まった気持ちに息継ぎを与えてくれます。
そうしますと相手の心の中が見えてくることが多いのです。
なんで相手が押してくるのかがわかれば、後の処方箋はそんなに難しくありません。
加えて申せば、自分だけにメリットのある取引は、相手にとってデメリットです。
相手にとってアドバンテージは、こちらにとってはディスアドバンテージになるのです。
このような場合は、代替案で切り返せば話はスムーズになります。
例えば、在庫管理で困っているのであれば、運用面での協力とか、物流で困っているのであれば共同物流の構築とか、なにか相手とwin-winになる提案をすれば良いと思うのです。
それがかくあるべしみたいな北朝鮮のような振る舞いは「われわれは 常に独裁者の冷酷な野望に対抗し、人々の利益を守りきるつもりだ」とトランプ大統領に言わせしめるのですが、個人的にはこの2人の絶対値は同じだと思っています。

天国
最近、奥様からの苦言、助言は大事なことだと思うようになってきています。
従いまして、「うるさい」なんて言葉は死んでも言いません。
このような事を他の誰が言ってくれるのでしょうか。
もし言われなくなりましたら、私が天に昇って行く日が近づいているのでしょう。
それよりも奥様の長命を祈る毎日であります。


白黒動画と思いきや…ネタばらしに仰天



LINE_P20171104_16031967

IMG_3422

IMG_3535

IMG_3423

IMG_3538
今日は白蓮(孫娘)が退院するのでピックアップにいきました。
退院はお昼からですので昼食をとりながら待機です。
今日のお店は「でら打ち」さんです。

住所: 東京都品川区旗の台2-7-3
電話:03-3787-0591
定休日: 火曜日

IMG_3523
お店の外観です。

IMG_3527

IMG_3534

IMG_3524
店内の雰囲気です。

IMG_3528
メニューです。

今日のオーダー
私と奥様は「カレーうどん」@800円
白蓮パパは「味噌煮込うどん」@1,000円
皆でシェア「山芋のバター醤油」@590円
です。

IMG_3529
待つこと7分「カレーうどん」の到着です。
見た目トロミがかなり強いですね。
それでは実食です。
カレーはマイルドです。
まずまずです。
うどんが美味しいです。
モチモチしていて且つのど越しが良いです。

IMG_3530
サービスの玉ネギの天麩羅です。
この天麩羅ははシャキッと揚がっていて高評価です。
美味しい。

IMG_3531
待つこと10分「味噌煮込うどん」の到着です。
これは「たまり醤油」が使われているので味が濃く且つ少し癖があります。
これは好き好きです。
私は「たまり醤油」には舌が慣れているのでノープロブレムです。

IMG_3533
まだ胃袋にスペースが有ったので「山芋のバター醤油」を頼みました。
実はこれが今日一です。
シャキシャキの山芋をバター醤油で炒めるとこんなにも美味しくなるのかと改めてと刮目しました
美味しいの一言に尽きます。
ご馳走様でした

それでは(^_-)

神田 内神田うてな 9th

今日は「焼鳥は串から抜いたらあきまへんえ」です。
鮒忠

p_about_sekitori
「焼鳥」は大好きです。
あの力道山は、鮒忠さんの「焼鳥」は大好きでした。
力道山は元力士でしたので、相撲取りは手をつかない鶏が好きで好んで食べていたのでその影響は間違いなくあったと思います。
そしてその力道山を好きだった父も鮒忠さんの「焼鳥」が好きでした
その為か、私たち家族は毎週日曜日には父親の大好きな浅草の田原町にある「鮒忠」さんには良く行っていました。
ここは「焼鳥」も美味しいのですが「もも肉」はさら〜に美味しいですね。
その父の遺伝なのでしょうか、私も「鮒忠」さんは今でも好きです。

閑話休題。
焼鳥の食べ方にビッグバンが起きています。
それは若い女性達からの発信なのでしょうか、焼鳥を串から抜いて食べる人が増え続けているのです。
私が子供の頃の「焼鳥屋」さんで、万が一でも焼鳥から串を抜いて小分けにして食べましたら、店のオヤジにどやしつけられましたので、そのような悪魔の所業は絶対にしませんでした。
そもそも焼鳥を小分けにしたら単なるバーベキューになってしまいます。
換言すれば切った肉をフライパンで炒めても同じですので、串に刺して焼くメリットはありません。
そこで今日のフリネタなのですが、焼鳥は串のまま食べた方が美味しいのか、小分にして食べた方が美味しいのかですが、結論は前者、即ち焼鳥は串のまま食べた方が美味しいのです。

その理由を簡単に説明します。
1.焼鳥は鶏肉の繊維が串と並行なるように刺しているので食べやすい。
2.焼鳥は一番先頭をボリュームの大きい鶏肉にして、徐々にその大きさを小さくして食感を替えています。
為念申しますと、焼鳥を俯瞰して見ますと必ず逆三角形になっているはずです。
小分けにしたら那辺の工夫が台無しになってしまいます。
3.焼鳥は一番先頭の鶏肉に塩を多めにふっていて、その次は少なくと、意図的に味の強弱をつけています。
小分けにしたら那辺の工夫がここでも台無しになってしまいます。
4.焼鳥を小分けにしますと串で止めていた肉汁が出やすくなります。
即ち冷めやすくなります。
その肉汁の流出を比率で申せば、外した場合は1.7で外さない場合は0.8と倍半分違います。
その為、小分けにしましたら10分後には鶏肉はすべて冷めてしまいます。
どうですか腹に落ちましたでしょう。
勿論、食べ方は各自の好みで良いのですが、折角、店の店主が手間暇かけて鶏肉を串に刺している理由がお分かりであれば、小分けのような蛮行はできないはずです。

IMG_7538
最後に親子二代で愛し続けている「鮒忠」さんですが、焼鳥の取り外しの金具は頼んだお客様のみに出してください。最初からついてきますと、小分けをお店で推奨しているように勘違いされますよ・・・


かっこいい行進に軍艦マーチ♪



IMG_3471
今日は神田に出没です。
今日のお店は、私のお気に入りの「内神田うてな」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-11-5 カーサ内神田 1F
電話:03-5577-4844
定休日: 日曜日定休 祝日不定休

IMG_3472
お店の外観です。

IMG_3481
店内の雰囲気です。

IMG_3474
メニューです。

今日のオーダー「日替わり定食」@1,000円です。
定食の内容は、天然ブリレアステーキおろしポン酢、煮しめ(高野豆腐、里芋、人参・椎茸)、あんきも豆腐、海苔なめ茸ご飯、漬物、味噌汁です。

IMG_3475
待つこと13分「日替わり定食」の到着です。
彩りがきれいですね。

それでは実食です。
IMG_3477
まずはメインの「天然ブリレアステーキおろしポン酢」です。
天然ブリは弾力があって美味しいのですが、ポン酢が前面にですぎて、口内はポン酢の味が占領していて、甚だ残念な結果になっています。
もしかすると食べ方が悪いのかもしれません。
個人的には、フグ刺しもそうですが、肴とポン酢は合わないように思っています。

IMG_3476
続いて「海苔なめ茸ご飯」です。
これは美味しいです。
海苔となめ茸は絶妙な組み合わせです。
とろとろの食感ってここまで美味しいのかと思わせる一品です。

IMG_3479
「あんきも豆腐」です。
あんきもと豆腐のマリアージュです。
あんきもの味わいが豆腐に溶け込んでいます。
店主は豆腐料理が得意なのでしょう。
今日の「あんきも豆腐」も大満足の味わいです。

IMG_3478
煮しめ(高野豆腐、里芋、人参・椎茸)は鐵板の味です。
安定感ありです。

大満足のランチでした。
最近、満席になる時間が、異常に早くなっています。
人気の裏返しなのですが、これだけ美味しいのですから仕方ないのでしょう・・・

それでは(^_-)

旗の台 昭和レストラン

今日は「待つわ」です。
いつの頃から待つことが好きになりました。
何を待っているかと申しますと、漠然とした何かではなく、良いことです。
よく「運も実力のうち」と言われますが、個人的には、日ごろ一生懸命努力していれば運をつかむ確率も増えてくる、と読み替えています。
換言すれば、最大限の努力を続けた上で自分に運が巡るのを待ち、運が巡って来ればそれは一過性のものではなく実力に変えて、さら〜に高みにある運を掴みにいくのです。
現実という言葉をひっくり返しますといとも簡単に実現にかわるのです。
即ち、現実と実現は表裏一体なのであります。
もし運を網みたいなもので掴むとしましたら、運を掴もうと努力しない人の網のメッシュは広いのかもしれません。
運を呼び寄せるのは人の意志であり、運を呼び寄せるのは行動をすることが大切なのだと考えています。

shutterstock_171318326_
麻雀をやるのでたしかに運や流れはある事は承知していますが、仮にそれが無かったとしても、結局やるべきことは行動であり、持つべきものは意志であることに変わりはありません。
それでしたら、運の有る無しに関わらず、いつでも全力を尽くすべきです。
例え人生の9割が運で決まるとしても、残りの1割に全力を尽くしましょう。
今までの人生は目を奪われるものがたくさんありました。
しか〜し、これかららは心奪われるものだけを追いかけます。
そうすれば運は待たずに私の隣にそっと腰掛けるでしょう。
その日を楽しみに待っています。


明日はきっといい日になる 。



IMG_3400
今日は白蓮(孫娘)の顔を見に、病院のある旗の台に出没しました。
子供から帝国ホテル経営の展望レストランがあるとの事で遅い昼食を取りました。
今日のお店は「タワーレストラン昭和」さんです。

住所: 東京都品川区旗の台1-4-13 昭和大学病院入院棟 17F
電話番号:03-3784-8503
定休日:無休(年末年始除く)

IMG_3403
お店の外観です。

IMG_3418
店内の雰囲気です。

IMG_3404
メニューです。

今日のオーダー「ビーフカレー&アップルパイセット」@1,650+@1000=2,650円です。
食べに行った時間が遅かったので、店内はガラガラです。
ホールスタッフさんに、シェフも帝国ホテルから来ていますの、と聞きますと、その通りでございます、との事でした。
窓辺のはるか上の上空には、漆黒の天空の中で、羽田空港から着陸許可を待っている飛行機が旋回しています。
しばらくその飛行機が放つピカピカと点滅するオレンジ色の光に見入っていました。

IMG_3410
待つこと15分「ビーフカレー」の到着です。
見た目美味しそうです。
それでは実食です。
ルーはコクがあります。
ルーにコクがあるのは帝国ホテルさんのフォン・ド・ボーを使っているからでしょうか。
辛さも程よい辛さです。
帝国ホテルさんの割にはたくさんのビーフが入っていて高評価です。
このビーフカレーは本当に美味しいです。

IMG_3417

IMG_3416
食後の「アップルパイセット」は帝国ホテルさんではなくインハウスですかね。
不味からず美味からずというところです。

LINE_P20171104_16031967
渋め珈琲に良く合うのはやはり白蓮の笑顔です。
よくよく見ていたら弟の赤ん坊の時の顔にかぶってきました。
それであれば絶対に美人になります。
弟は私と違っての類まれな美男子でしたから・・・
ちなみに私もそこそこ美男子です。

IMG_3419
どうやら今日も帰宅は遅くなりそうです。

それでは(^_-)

神田 磯じまん

今日は「スマホ難民」です。
AJP20160323001100882_01_i
「60歳以上のシニア層はITに弱い」と思い込んでいる方は多いかもしれないが、それは大きな誤解だ。
今や、パソコン、スマートフォン、タブレットを使いこなしている高齢者は確実に増えている。
Twitterでカリスマユーザーと呼ばれている81歳の女性、LINEのスタンプクリエイターとして人気の73歳の男性、クラウドファンディングで夢を実現させた91歳・・・
とはITライターの小野均さんの レポートです。

私は本当にそうなのかなという感想を持っています。
マラソンクラブでの打合スケジュール調整のツールは、今でもガラケイでのダイレクトコミュニケーションかガラケイでのショートメールです。
クラブの幹部でスマホを持っている人は誰もいません。
かかる中、最近の私はSNSを使って連絡を取るのが一番自然で便利で、電話もほとんど使わなくなってきました。
そういった中で、私はITリテラシーの極めて低レベルの方々との打合せとなったのです。
今回のマラソンクラブでの幹部会のテーマは、私がクラブ用に新たなグループウェアを作ったのでそのコンテンツの打合せなのです。
要は幹部の方々にこのグループウェアに入って頂かないとコンテンツの打合せができないのです。
自らのID、PWを作って登録するという極めて簡単な作業なのですが、幹部4人の内すぐにその設定ができたのは1人だけです。
その方も、設定が大変でとても苦労したとメールでこぼしていました。
会長にいたっては、その設定がわからず何度も電話で設定方法を私に聞いてきました。
これが実態です。
この延長戦上にある実例も紹介します。
副会長は高校の同窓会の幹事となり、その案内をメールと往復はがきでしたのですが、その内の3割くらいの方が、メールと往復はがきの二つの方法で回答をくれたそうです。
不思議に思った副会長が仲の良かった友人にその理由を聞きましたところ、メールだと着いたか着かなかったかが確認できないので、往復はがきにしたとの事でした。
良い悪いは抜きにして、これが「団塊の世代のITリテラシー」であると臆断した方が間違いないようです。

o0400028013985496768
ここ数年、ITの最前線にいる人たちによって、情報はタブレットやスマートフォンにどんどん集約されてきています。
そのうち「全ての意思疎通をこの領域で完結させれば便利じゃないか」ということになり、あらゆるコミュニケーションや情報の送受信が、Web上の狭いところに集められて、最先端の製品を使わない人はそれらの社会活動からは隔絶されることになろうかと思っています。
そもそもホモサピエンスだった頃の人類は、150人位の集落を単位として、何らかの形で情報を伝達する人は30人程で、その内、常時会話する人は10人前後らしくて、それは今の人間社会と何ら変わっていないのです。
ホモサピエンスの頃の人類はスマホなしでもなんの痛痒を感じてないわけですから、今一度基本に戻り置き去りにされていく人たち即ちスマホ難民に対する救済策を講じるべき時がきたようです。


錯覚ダンス。



IMG_3388
あx今日は神田に出没です。
値付けは高いのですが、評判のよい和食店があります。
今日のお店は「磯じまん」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-16-13 清水ビル 1F
電話番号:050-5872-9232
定休日:日曜・祭日

IMG_3390
お店の外観です。

IMG_3395

IMG_3394
店内の雰囲気です。

IMG_3391
メニューです。

今日のオーダー「天然ブリ大とろ照焼」@1,300円です。
店内は満席です。
10分くらい待たされて席に着きました。
このお店は何回も来ているのですが、ブログアップの週にこのお店よりナイスなお店があったので掲載見送りとなっていたのでした。

IMG_3396
待つこと14分「天然ブリ大とろ照焼」の到着です。
見た目、超美味しそうです。

IMG_3397
それでは実食です。
「天然ブリ大とろ照焼」は美味しいのは美味しいのですが、ブリそのものがあまりパンチはなく「今日のブリは脂がのっていて美味しいね」的な感動です。

IMG_3398
刺身は、上からカツオのたたき、天然のブリ、明太子です。
カツオのたたき、明太子にはサプライズはなかったのですが、やはり天然のブリは身に弾力があって美味しいですね。ブリは刺し身で食べた方が良かったのかもしません。
今日のところは「コスパ悪し」ではないかと思いました。

それでは(^_-)

魚津 はじめ家

今日は「雀百まで踊り忘れず」です。
IMG_3190
先日、連合三田で尾崎裕哉さんのLIVEを見た時の感想としましては、あらためて声がお父さんにクリソツだなと思いました。親子って声帯が似るのでしょうね。

大学のテニサーでは、練習コートの予約を担当していました。
だいたいあらかたは期初の始めに押さえておくのですがそれでも70%くらいです。
後は都度都度押さえていくのです。
その度に連絡網でコートを通知するのです。
mig
連絡網の中で、比較的仲の良かった女子がいましたがと申しましても彼女ではありません。
大学生ですから、コートの連絡と出欠の確認だけで電話が終わるわけではありません。
彼女は今でも美魔女で綺麗なのですが、学生時代はもっとすごくて、一緒に歩いているとすれ違う男性はみな口をあけてその美貌に驚いていました。
そんな彼女は外見とは裏腹にお酒にいじきたなく且つハジケ飲みをするのです。
従いましてご想像のとおり彼女のナイトライフは破天荒なものでした。

sea-1350932_640
ある晩、いつものように彼女が泥酔したので家まで送り届けようとしたのですが、その時はまるで水揚げばかりしたタコみたいでどうにもこうにも取扱えなくて、仲間の男子と深夜喫茶に担ぎこみ、夜明かしして朝を迎えた事がありました。
従いまして、彼女との電話の大半は、昨日、あの後大丈夫だったからで始まる彼女のその日の顛末話です。
ある晩の会話です。
その日の彼女はいつもよりノリが良かったので、特にこの日は、私のハジケ話で盛り上げてから、いつもの通り、昨日は財布を失くしたんだって、二度目だろ。
しかもお父さんのパリ出張の際に買わしたルイビトンの財布じゃない。お父さんは君に優しいからいいけど、お母さんにバレたらマジ怒られるぞ、といいましたら、電話口が無言になりました。
そしてしばらくしてから、△△君、私がその「バレたらマジ怒られるぞ」の母です。
貴重な情報公開ありがとうございます。
私は電話口で絶句しました。
さら〜に、お母さんの話は続きます。
△△君だって将来がある身です。
親のすねをかじりながら、毎夜、毎夜、ディスコに入りびたって、まさか大学出てダンサーになるわけではないのでしょ、と私への説教話になりました。
さすがに頭に来て、お母さん、なりすましはアンフェアです、と切り返しましたら、若い女の子と年寄りの女性の声が聞き分けられない貴方の耳がおかしいのです、と一刀両断にされました。
しか〜しその後で、このような娘に育てたのはすべて私の躾がいけなかったのです。
△△君・・・
これからも陰ひなたなく娘の面倒をみてください、とお願いされ、今日の財布の話は聞かなかった事にしてあげるから、と言って電話を切ってくれました。
以来、このコミュニケーションにビビった私は、彼女の家にかける電話の最初には必ず、▲▲さんのお母さんではないですよね、というようになったのですが、かける電話の半分はその▲▲さんのお母さんが出て、大半が娘の近況報告の場となっていたのでした。
そのお母さんも、7年前に鬼籍に入りました。
一方でその娘は、結婚してから多少はまともになったのですが、相も変わらずの大酒を飲んでいます、ハイ。
雀百まで踊り忘れずのお話でした。


尾崎豊さんのオマージュで尾崎裕哉さんの「I love you」です。



IMG_3318
今日は蜃気楼の町「魚津」に出没です。

IMG_3313
実はこの町はラーメンの町でもあるみたいです。
地元の取引先の一押しは今日のお店です。

IMG_3315

IMG_3316
為念、トップ2、トップ3も紹介しておきます。
という事で今日のお店は地元のラーメン王「はじめ家ラーメン」さんです。

住所: 富山県魚津市吉島67-1
電話:0765-23-1789
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)

IMG_3314

IMG_3302

IMG_3304
お店の外観です。

IMG_3310
店内の雰囲気です。

きょうのオーダー「ラーメン」@820円です。
入店すると何やら應援團の部室のような独特な張り詰めた空気が店内に充満しています。
地元の人に聞きましたら、このお店は吉村家直系四天王のお店だそうですが、吉村家でいきなり修行するのはハードルが高いので、このお店である程度研鑽を積んでから、本家に入るそうです。
従いまして、働いている方は全国から集まっています。
その為、店主が魚津駅の近隣に大きな部屋を借りてそこで合宿生活みたいな生活をしているそうです。
要は修行で日本一厳しい曹洞宗の大本山永平寺のラーメン版です。
特に奥様のオーラがすごいですね。
気配り目配りは店内の隅々まで行き渡っています。
働いている方の会話も277のような符号でなされていてこのくだりは正に自衛隊です。

閑話休題。
IMG_3306
待つこと4分で「ラーメン」の到着です。
見た目どこから見ても家系ラーメンです。

IMG_3305
薬味の面々です。

IMG_3308
気合を入れて実食です。
薬味は全部いれました。

IMG_3307
まずはスープですが少ししょっぱいですね。
豚骨、鶏油の合わせ技ですか。
個人的には、美味しいですが、この塩加減は好き好きでしょうか。
麺は、ムチみたいな弾力のある中太縮れ麺です。
この深みのあるスープに良くからみます。
チャーシューはロースでしたので少し驚きました。
ほうれん草はぐったりしていなくシャキッとしていました。
特に高評価は熱々スープです。
満足なラーメンでした。
さすが「北陸の虎」ですね。
ごちそうさまでした

IMG_3311

IMG_3312
帰り際に奥様からポンカンを持って帰るように言われましたので、お言葉に甘えて1個いただきました。
ありがとうございます。

それでは(^_-)

続 自由が丘 バッボ アンジェロ

今日は「白蓮誕生」です。
初孫が生まれました。
出産予定日が10月25日だったのですが、しぶとく籠城をつづけており、10月30日には生まれるという事になり、奥様と病院に出向いたのですが、結果生まれずで終わりました。
どうしたのでせう?
そんなに世の中に出てくるのが嫌なのでしょうか。
名前は早々と決まっており白蓮です。
本当は違うのですが、この名前は私と奥様が一押しで押したのです。
しか〜し、義娘の抵抗があり却下さたのですが、このブログでは仮名である白蓮を使わせてもらいます。

IMG_3467

IMG_3468

IMG_3470
開けて10月31日ハロウィンの日の12時28分に白蓮は生まれました。
長命なら22世紀の日本も見られるわけで・・・
人生の有限さを感じ始めている私との比較で申しますと、まさに日いずる者と日没する者とのコントラストであります。さら〜に、白蓮は私のゲノム占有率が25%あります。
たとえば鼻の形が似ている、ある病気にかかりやすいなどの、親の生物学的な特徴が子供に伝わることで、それを伝えるDNAの特定の部分が遺伝子です。
という事は、その比率が25%程度あるわけで、そういう意味では私の遺伝子はあまり引き継いで欲しくありません。皆さんもそう思うでしょう(笑)

IMG_3499 (2)
それにしても白蓮は可愛いです。
生後二日の赤ん坊の顔ではありません。
将来が楽しみです。
できますれば83歳になったあかつきには墓前で21世紀の日本の成長を私と奥様におしえてください。
なんか遺書みたいになってきました.
白蓮と白蓮の両親の許可を取っていない無断掲載なのですが、生後二日の白蓮の顔をご笑覧ください。
あんですか、人の孫の顔なんか見たくない!
そう言わずに・・・


この銀行員のお金の数え方がスゲエカッコいい。



IMG_3449

IMG_3450

IMG_3451

IMG_3452
ハロウィンの夜は渋谷にいたのですが、所用があって自由が丘に出没です。
今日のお店は「バッボ アンジェロ」さんです。

住所: 東京都目黒区自由が丘1-25-12 リード 2
電話:03-5729-4339
定休日:水曜日

IMG_3454

IMG_3455
お店の外観です。

IMG_3457
店内の雰囲気です。

IMG_3458
メニューです。

今日のオーダー「カラスミとキャベツのペペロンチーノスパゲッティ&ドライジンジャーエール」@2,000+@600=2,600円です。

IMG_3460
待つこと8分でアミューズのフォカッチオとドライジンジャエールの到着です。
お酒を飲まない今、私はドライジンジャエールさえあれば満足なのです。

IMG_3461
フォカッチオはパリとした食感がご機嫌です。

IMG_3462
待つこと17分で「カラスミとキャベツのペペロンチーノスパゲッティ」の到着です。
見た目、ねっとり感が食欲をそそります。

IMG_3463
それでは実食です。
パスタはアルデンテです。
ソースはからすみの塩気とキャベツの甘味がマリアージュして得も言われぬ味わいです。
アーリオ(ニンニク)の香りづけが味をふくよかにしています。
とても美味しいですね。
大満足のディナーでした。

それでは(^_-)

続 石神井公園 イルポンテ

今日は「My favorite Yuming」です。
o0480036011742240682
今日のフリネタは「My favorite Yuming」です。
以下は松任谷由実(呉田軽穂)が他の人の為に作った楽曲の中で私が好きな曲です。
宜しかったらお付き合いください。

#いちご白書をもう一度 byバン・バン

75年にリリースです。
出す曲が売れず、行き詰っていた頃にまだ無名だった荒井由実の曲を聞き、感銘を受けたばんばひろふみが最後の曲としてユーミンに書いてもらいたいと依頼した一曲です。
これがいわずと知れた代表曲となるほどの思わぬ大ヒットとなったため、バンバンとしての活動を続行することになってしまい現在に至るです。
就職が決まって髪を切ったというくだりはおかしいと思っています。
普通は髪を切ってから就活でしょう。

#朝焼けが消える前に by石川セリ

76年に提供しています。石川セリさんは、ご存じ井上陽水の奥様です。
現在のセリさんは当時の妖艶の面影はなくただの化粧の濃いオバアサンになってしまいました。
ユーミンとはデビュー当時からの旧友でもあります。

#時をかける少女 by原田知世

この曲と「ダンデライオン〜遅咲きのたんぽぽ」はユーミンが同年にアルバム「VOYAGER」でセルフカヴァーしています。この曲は、NHKのタイムトラベラーでブレイクしました。
同じクラスの深町一夫が実は700年後の世界からやってきた未来人ケン・ソゴルである事は知らない人はいない程の厳粛な事実でもあります。
ラベンダーの香りに憧れたのもこの頃です。

#まちぶせ byJuJu

1976年にシングルが発売された三木聖子のデビュー曲です。
後に1981年に石川ひとみのカバーシングルが発売され大ヒット曲となりました。さら〜に、荒井由実本人によるカバーシングルが1996年に発売されており、他にも多くの歌手によって唄われています。
私はこの曲がユーミンの楽曲の中で一番好きです。
歌い手で申せばJuJuさんです。
個人的には以下の歌詞が好きです。
気のないそぶりして仲間に加わった ♪
テーブルをはさんであなたを熱く見た♪
ユーミンはこのような胸キュンの詞を創らせたら宇宙一です。


IMG_3375
今日は石神井公園に出没です。
この半年、何度電話してもお店との連絡が取れませんでした。
今日は近くを車で通ったので、何気に電話しましたら、電話口から娘さんの声がきこえましたので、ハンドルの向きを変えて立ち寄りました。
今日のお店は「イルポンテ」さんです。

住所:: 東京都練馬区石神井町6-32-38
電話番号:03-3904-4494
定休日:金曜日

IMG_3376
お店の外観です。

IMG_3381

IMG_3380
店内の雰囲気です。

IMG_3377
メニューです。

今日のオーダー「アーリオ・エ・オーリオ・ペペロンチーニ」@1,080円です。
IMG_3378
お店の名前はご主人の名前が「高橋」さんなので、それにちなんで「イルポンテ(橋)」となったそうです。
今日は心なしか体が小さくなったような気がしました。
不躾ながらこの半年間、お店との連絡が取れなかった理由を娘さんに聞きましたら、ご主人は脳梗塞で入院していたそうです。
幸いなことに軽かったので、お店に出ることでリハビリを兼ねているそうです。
そうですか・・・
医者ではないので軽々な事は申せないのですがあまり無理しないでくださいね。

IMG_3382
待つこと14分で「アーリオ・エ・オーリオ・ペペロンチーニ」の到着です。
久々にこのペペロンチーニをいただきます。
お約束の熱々は守られています。
これが本当のアーリオ(ニンニク)・オーリオ(オリーブオイル)、ペペロンチーノ(唐辛子)だと思います。
ニンニク、オリーブオイル、唐辛子、塩の単純コラボですが、単純なのですが味わいがあります。
私はこの熱々のペペロンチーノが大好きです。今日はパスタの炒めがよく、パスタの表面にアーリオの香りとぺペロンチーノの辛さが絶妙にコーティングされています。
これは絶ウマです。
たまりませんね。
このような美味しいパスタは未来永劫に食べたいと思っています。
ご主人、お体ご自愛しながら、これからも美味しいイタリアンを食べさせてください。
ご馳走さまでした

それでは(^_-)

九段 ボスボラスハサン

今日は「ドラレコ搭載」です。

この動画のような高速道路での悪質運転が問題になっています。このドライブレコーダーのおかげで、衆人環視の「天網恢恢疎にして漏らさず」状態になってきたのはご同慶の至りであります。
実際このようなあおり運転の被害に遭った場合には、被害者としては、あおり運転の被害を受けたという事実を証拠化しておくことが望ましいようです。
たとえば、運転する車にドライブレコーダーを搭載しておき、あおり運転を動画で残しておくのも一つの方法です。
ドライブレコーダーを前方にのみ搭載している方が多いですが、後方にも搭載しておきますと、後方からあおり運転をしようとする際に、カメラを加害者へ向けた形になりますから、加害者に対する一定の抑止力も出てくるかと思います。
加害者が執拗にあおり運転を続けてきて、身に危険が及んでいる場合には、同乗者に警察への通報を依頼しましょう。同乗者がいない場合は、窓やドアを開けず車外には出ないようにして、警察官がきてから話をするようにした方が賢明みたいです。
過去には、危険な追跡行為について、刑法上の暴行(刑法第208条)に該当すると認めた裁判例もありますのでドライブレコーダーは必須の時代となってきたみたいです。

b94bc333
個人的には、道を譲ってもらった際に1〜2秒点灯するのは「ありがとう」の合図を表す「サンキューハザード」、後続車に渋滞していることを早めに伝え、追突されるのを防ぐ「コンジェスチョンハザード」とか日本人の相手を思いやる気持ちは高速道路でも表れています。
さら〜に、今からそのスペースに停めますよという合図を後続車などにアピールするための「パーキングハザード」など見ていると、日本は本当に気配りの国だなと思います。
それにつけてもこの動画のDQN(非常識で知識や知能が乏しい者)ドライバーは一刻も早く排除されるべきでしょう。


シシド・カフカ feat. 横山剣 with CRAZY KEN BAND/羽田ブルース MV/Short Ver.



IMG_3361
今日は市ヶ谷に出没です。
今日のお店は候補店です。
hasann
今日のお店は新宿老舗のトルコ料理「ボスボラスハサン」市ヶ谷店さんです。

住所: 東京都千代田区九段南4-4-5 榊原ビル1F
電話:050-5869-2664
定休日:日曜日

IMG_3362
お店の外観です。

オーナー紹介です。
hasan
オーナーシェフのハサン・ウナルさんは1956年生まれ。
大人になったら「世界で認められる人になりたい」というのが子供のころからの夢でした。
幼少時代から人一倍人を喜ばせることが得意で、そして食べることがなによりも大好き!
そこで彼が選んだのは調理人の道でした。
14歳から、イスタンブールのレストランで見習いを始め、アンカラでピザ屋をオープン。
そしてその後、イスタンブールでレストランをオープン。
【中略】
2008年1月、市ヶ谷に2号店をオープン。続けて新宿に3号店もオープン。
創業以来の現地そのままの味をかたくなに守り続け、高い評価を得ることで、ゆるぎない基盤を築き上げたボスボラスハサンは、多くの人々を魅了してきました。
肩のこらない、気取らない「ボスボラスハサン」のトルコの味を誰にでも楽しんでもらうこと、それが彼の願いです。
これからも彼は、日本におけるトルコ料理の普及に日々邁進していきます。

IMG_3370
店内の雰囲気です。

IMG_3364
メニューです。

きょうのオーダー「D・ピデ(トルコのピザ)」@1,080円です。
店内は満席です。
市ヶ谷の人はトルコ料理が好きなのでしょうか。

IMG_3365
待つこと2分でサラダとトルコスープの到着です。
トルコスープはぬるめのトマト味のスープです。
なにか赤い色のぬるま湯を飲んでいるみたいで不思議な味わいです。
決して美味しくはありません。
サラダは特筆するものはありません。

IMG_3366
待つこと17分「D・ピデ(トルコのピザ)」の到着です。
見た目美味しそうです。
それでは実食です。
うん、これはミートパイですね。
美味しくもなく不味くもなく・・・
最後まで飽きずに食べられたのは高評価です。

IMG_3368
食後に異国情緒漂うチャイをいただきましたが、やはりこれも琥珀色のお茶レベルです。
どうやら私の舌はトルコ料理に合わないみたいです。

それでは(^_-)

本郷 食堂もり川 リターンズ

今日は「エブリデイカジュアル」です。
id=cd19411_1&w=&h=
このブログのアップは11月9日ですから、日本全国でクールビズが終わり、多くのビジネスマンがネクタイを着用していると思います。
もしかしたらウォームビズが浸透していて、相も変わらずネクタイなしのビジネスマンであふれ返っているかもしれません。一年中カジュアルスタイルが浸透する時代がもうそこまで来ているのかもしれません。
そもそもスーツを遊び着=カジュアルウェアとして着る際にノータイで着用するのなんてフランクな米国のみならず、多少なりとも自由度の高いイタリア、更には英国でも普通に使われております。

img_0
女王陛下のエージェントたる007だってノータイでスーツ着ています。
ビジネスカジュアル=ある程度の節度を踏まえたカジュアルといった時点で最も本来のビジネススタイルに近いのはスーツからネクタイを外しただけのスタイルです。
我が国の首相もウォームビズ導入以来他国の来賓と会談する場や外遊時を除きスーツにノータイ、しょっちゅう目にします。つまり節度をわきまえたカジュアルの最たるものとしてスーツにノータイというスタイルを提唱しているのです。

65cc5acb
個人的にはネクタイは嫌いです。
ネクタイ着用して良いのは、宴席での鉢巻ネクタイだけです
ネクタイ不健康説も多く出回っています。
中年男性には「きつく締めたネクタイ」が原因で起こる頑固な肩こりや高血圧が多いようです。
とくにセールスマンように「オジギ」が仕事の人ではワイシャツのカラーサイズをひとまわり大きくする必要があるそうですね。
保健衛生学での実験の結果によりますと、皮膚1㎠当たり40g以上の圧迫が行なわれた場合、多くの生理的な障害が起こってくるといいます。
まずは、当然のことながら皮膚の血管が圧迫されて、血液の流れを妨げますから頭痛や肩こりなどの疲労症状が現れてきます。
さら〜に、強く締め付けると、脳への血流が減少する結果、集中力が失われ、めまいなどの症状とともに血圧が急務に上昇します。
ネクタイをしていて何も良いことはありません。
これからはネクタイの着用は個人裁量にすべきです。
拍手乱打!


Logging truck crossing bridge like a boss


IMG_3344

IMG_3343

IMG_3341
今日は所用がありまして本郷に出没です。
東大の赤門を渡ったあたりで、私の名前を呼ぶ人間がいたので、その声の方に目をやると高校の時の同級生(東工大卒)でした。
こんなところで何しているの、と聞きますと、東大に聴講しに来たんだ、との事です。
いくつになっても勉強とはエライものです。
私のようなブロガー稼業とはエライ違いであります、ハイ。
今日のお店は東京大学御用達の「食堂もり川」さんです。

住所: 東京都文京区本郷5-30-16
電話:03-3811-1819
定休日:日曜・祝日

IMG_3333

IMG_3334
お店の外観です。

IMG_3335
店内の雰囲気です。

今日のオーダー@850円です。
今日の私は四人掛けのテーブルで独り座りでした。
店内が混んできたので、私の前に東大生のカップルが座りました。
別に耳を立てていたわけでもなく、距離にして60儖未任垢ら、話す内容は100%聞こえます。
コンパイルがどうとかマージがどうとかファイル形式が違うとか、日本語で話しているのは分るのですが、内容が全くわかりませんでした。
恐るべし東大生カップルであります。


IMG_3336
待つこと8分で「焼鯖定食」の到着です。
見た目美味しそうです。

IMG_3338

IMG_3339
それでは実食です。
臭い、鯖が臭いです。
何でしょうかこの匂いは・・・
もしかしたら新鮮な鯖ではないのかもしれません。
ここ数年、臭い鯖は食べた事がないので、ある意味でこんな鯖を出すお店が今でもあるのかと新鮮な驚きです。

IMG_3337
鯖の匂いが鼻についてしまい、副菜のなめこ豆腐も全く美味しさを感じませんでした。
かなり残念な夕餉になってしまいました。
こんな日もあります。

それでは(^_-)

続 市ヶ谷 らいむらいと

今日は「ダンディズム」です。
私たちの世代は、何の努力もしていないのに、運動ができる、勉強ができるというのがダンディズムでした。
要は持って生まれての才能で全てを処しているというものです。
私はそのような天賦の才能がないので、普段は遊びほうけたフリをしていましたが、試験の時なんかは真剣に勉強していました。
その度に、人生は地道にコツコツが大事なのではないかと思っていました。
私の大学に憧れたのは、まさに、そのダンディズムに満ち溢れた学生が集う学校だと思ったのです。
実際、入学してみたらそのような人がいっぱいました。
六本木のディスコで踊りに行って、踊り疲れたのでラウンジで飲んでいたら、隣に美形の外国人女性がいました。
言葉を聞いていたら英会話圏の女性ではなく、仏蘭西語で話していたので声掛けをあきらめていましたら、私の友人が、唐突に流暢な仏蘭西語で話かけ始めて日仏親善の仲介の労を取ったのであります。
彼の語学力ですが、英語は赤点だったと日ごろ聞いていましたのでこれには驚きました。
後で、この仏蘭西語の背景を聞きますと、中学まで父親の仕事の都合で仏蘭西にいたのだそうです。
彼以外にも、そのようなリターナーズは多かったのでした。
加えて、佐藤栄作元総理大臣の孫娘とか・・・
出自が貴族の家であったとかみたいな家柄が良い人は沢山いました。

top_img
勉強で申せば、石原裕次郎先輩は塾高時代、どうしようもない落第生だったのでその救済策で当時農業高校であった志木高校に編入させたとか聞き及んでいました。
在札時代に、私は小樽にあった裕次郎記念館には10回以上行っています。
そこで驚いたのは展示してあった裕次郎先輩の小学校の時の成績の良さです。
ほとんどがオール5でした。
昔はかなり優秀だったのですね。
作文なんかも見ましたが、小学生にしてはきちんとした文章を書いていました。

家柄が良いのは、親が立派だったので、本人には関係ないことではありますが、このようなセレブリティが醸し出す雰囲気には畏敬の念をもっていました。
とかとかですが、仏蘭西語のできる友人、家柄がよい人たちは、単に親が良かっただけですが、それに甘んじず一生懸命に勉強をしてきたのはすごいものです。
まして、仏蘭西語のできる友人は、この日の出来事がなければ、その隠れた才能は全く知りえませんでしたし、家柄の良さを広言する人なんかは、ほとんどいませんでした。
何かのきっかけでわかるようなものです。
やはり何かの時にその人の隠れた才能がわかるのには憧れます。
しか〜し、正直申してダンディズムの堅持は疲れます。
この間、部下の美形の女性と話していましたら、私は客観的に見て美人の部類に入ると人から言われますが・・・
私は私で、その評価を保つために、かなり化粧には時間をかけています。
こんなこと言うのも正直恥ずかしいのですが・・・
で〜も、本音で申せば、私のスッピンの顔見て、その後に化粧をパシッとして、それなりのコーデをした時に始めて決める時は決める人なのね、と言って欲しいのです。
さりとて、その為に、スッピンで会社にくる勇気もありません。
難しいですね、とこぼしていました。
私はこの発言には共感しました。
ダンディズムとはやせ我慢にさも似たり、とキメさせてもらいます。


衝撃のバブリーダンス 登美丘高校ダンス部



IMG_3282
今日は九段に出没です。
今日のお店は「旬菜ステーキ処 らいむらいと」さんです。
今日のお店は2年ぶりの再訪です。

住所: 東京都千代田区九段南3-4-8 パディホームズ一口坂 1F・B1F
電話:03-3230-2593
定休日:日曜・祝日

IMG_3281
お店の外観です。

IMG_3280

IMG_3273
店内の雰囲気です。

IMG_3270
メニューです。

今日のオーダー「特製ステーキ丼(牛ロース肉)100g」@1,280円です。

IMG_3271
座るいなやサラダの到着です。
出来合いですがまずまずの味です。

待つこと4分「特製ステーキ丼」の到着です。
見た目美味しそうです。
IMG_3277
それでは実食です。
ロース肉は甘酸っぱいタレを身にまとっての登場です。
味はまずまずです。
サイドディッシュのフライは作り置きですが、冷めても美味しいです。
可もなく不可もなしというランチです。

IMG_3279

IMG_3274
食後の珈琲を飲みながら厨房をじっと見ていました。
ここの名物のハンバーグは作り置きなのです。
注文が入ると、作り置きのハンバーグの上に大ぶりのチーズを二切れのせ、さら〜にその上に特製クリームソースをかけ回してからオーブンで焼いてできあがりです。
ちょっと興ざめですね。
それでもこのお店はハンバーグの名店ですから考え込んでしまいました。

それでは(^_-)

浅草 来集軒 6th

今日は「ミックス」です。
DNtFjhoUMAAoxPw
映画「ミックス」を奥様と観てきました。
この映画は「ALWAYS 三丁目の夕日」」相棒」など数々のヒット作を手がける古沢さんの最新作です。
内容は、卓球のミックスダブルスを取り上げたラブコメですが、さもありなんです。
ここから先はネタバレですので、これから観ようとしている方はスキップして私の感想をみてください。
ちなみに私の感想もネタバレでした。

15年前。
日本を代表する卓球選手だった母親・華子にスパルタ教育で天才卓球少女として活躍していた(活躍させられていた)多満子。
15の歳に母が病に倒れ、そのまま急逝。
その直前に卓球で世界を獲るという夢を押し付けていたことを詫びられ卓球をやめてもいいと言われます。
その言葉を受けた多満子はあっさりと卓球を捨てガングロ女子高生として青春を謳歌。
その後は普通の会社員として就職します。
そして年齢も29歳とアラサーになり色々と考える年ごろに。
そんな時に現れたのは実は卓球少女時代の憧れの存在で、今の日本卓球界のホープ江島が現れます。
会社が新たに卓球部を創設し、その目玉として江島を招聘したのでした。
多満子は卓球少女である過去を隠して江島に接し、上手い具合に交際に発展するまでになりました。
ところが卓球部の使いメンバーとして江島の後輩で日本卓球界のアイドル愛莉が入部してきたことで、ざわつき始めます。もともと江島と愛莉は先輩後輩である上になんとミックス(男女混合ペア)を組むことになってしまったのです。
そして決定的な出来事が部屋で抱き合う江島と愛莉を目撃してしまいます。
多満子は全てを捨てて故郷に帰ります。
そこにあったのはすっかり廃れたかつての自分がしごかれた卓球クラブフラワー卓球クラブがあった。
そこで昔なじみの弥生と再会。
赤髪元ヤンだった弥生は年上ながらも多満子をお嬢と呼んで慕っていた。
何もすることがないならクラブコーチをやらないかという誘いに本当に何もすることのなかった多満子は嫌々ながらもコーチとしてラケットを握ることに。
クラブにいたのは弥生とプチトマト農家の落合夫婦、登校拒否気味の高校生優馬、そして近くの工事現場で肉体労働に勤しむ無口な萩原。
多満子は卓球用品を買いに行った先で江島と愛莉のペアの活躍を知ると、二人を見返すために卓球クラブで全日本選手権ミックス部門にエントリーすることを持ちかけます。
ミックスはエントリー数も少ないうえに、シングルスやダブルスの前哨戦感覚の選手が多く付け入るスキがあると思ったのでした。
会場で再会する多満子と江島、気まずい空気が流れます。
そして付け入るスキがあると思っていた大会でクラブは惨敗。
見込みの甘さ、同期の不純さを恥じます。
そして一年後のリベンジを誓うのでした。
口喧嘩の絶えなかった多満子と萩も気が付けば“タマコ”“ハギ”と呼び合う仲に。
武者修行を繰り返す二人、更になんといつも通っていた中華料理店の店長・店員コンビが卓球中国代表強化選手一歩手前までいっていたことを知り、特別コーチを頼みどんどんと強くなる二人。
いよいよ、大会が迫ってきた中、多満子の前に江島が現れ今までのことを謝罪し、やり直したいと迫ってきました。
一方萩原にも元妻がやってきて就職の世話をします。
江島とよりを戻せば多満子にとって試合に出る必要もなくなります。
さらに萩原の面接日は大会当日でした。
弥生も医師の夫にとがめられていて試合に出にくい状況に。
結果としてクラブは大会不参加を決めました。
全員の心に重い何かを残しながらも大会当日も普段の生活を進めます。
しかし、諦めきれない優馬は一人会場へ。その想いを感じ取ったメンバーは一人また一人と会場へ。
そして、萩原が向かったのは面接の場ではなく多満子の元でした。

NvCdTEsCv0N83aTtYL1mOSKN9gsyRjnY1YegFNHB
まず一番驚いたのは見たことある人間が映画に出ていた事です。
そんなことがあるわけもなく、その人とは多満子の元彼で港テクノロジー卓球部エースの江島を演じるのは瀬戸康史さんでした。
これには本当に驚きました。
ちなみに私がクリソだと思った人間は、会社の法務部の若手です。
という事は、彼はイケメンだったのですね(笑)
いつも叱責ばかりしているのでそのような感想は持ったことすらありませんでした。

DNs5MFMUIAAjX3h
映画そのものはラブコメというふれこみでしたがしっかりと緻密に書き込まれたラブストーリーでした。
映画全般を通しては「自分らしく生きる」とはどういうことかを考えさせられました。
人によっていろいろ事情があるのだから、自分らしく生きればいいのだな、と自らに言い聞かせていました。
新垣結衣さん・瑛太さんが素晴らしかったのは勿論ですが、脇役では中国人ナショナルチーム外された落ちこぼれ中国人料理人蒼井優さん・森崎博之さんペアそして神奈川県警中村アンさん・吉田鋼太郎さんペアがいい味を出していました。
一番の泣かせどころは、元カレの前で、恥ずかしい思いをしている多満子を庇って、萩原が「不器用ながらも一生懸命生きてる人間をバカにするな」と言うシーンは泣けました。
他にも泣き場は多いのですけれどキリがないので割愛します。
個人的なダメダシは、元ヤン役の広末涼子のヤンキー時代のエピソードはもう少し書き込んで欲しかったし結構泣かせどころの田中美佐子と遠藤憲一夫婦のエピソードももう少しドリルダウンして欲しかったですね。
しか〜し、ここらの分量を増やすと映画そのものが雑駁になってしまうのでしょうね。
いずれにしましても「待つわ」的なラブストーリー好きな方且つ日頃のストレスを涙で洗い流したい方にお薦めです。
エッジの効いたラストシーンは観る方を決して裏切らないでしょう。

映画のPVです。



IMG_3485
今日は浅草に出没です。
旧知で且つ浅草の有名人だった山田さんがデザインした「ニイミ」さんのオブジェを見ていましたらお腹が鳴りました。今日はゴタゴタがあって、お昼を食べ損ねたのです。
今日のレイトランチのお店は「来集軒ラーメン」さんです。

住所: 東京都台東区西浅草2-26-3
電話番号:03-3844-7409
定休日:火曜日

IMG_3487
お店の外観です。

IMG_3492

IMG_3488
店内の雰囲気です。

今日のオーダー「タンメン」@850円です。
流石に14時半ですので店内はガラガラです。
このお店には本当に良く来ていました。
札幌に転勤するまでは土曜日はいつも二日酔いでして、ここのタンメンを食べることで二日酔いを治していました。
タンメンは薬ではなくて食べ物ですと、おっしゃる通りです。
初老の女性がホールにいましたが先代の奥様でしょうか・・・
現在、おいくつなのでしょうか。
聞くのが怖くなりました。

IMG_3494
待つこと4分で「タンメン」の到着です。
5年ぶりの再会です。
それでは実食です。
麺はモチモチの縮れ麺で白湯スープによくからみます。
このタンメンはスープにつきます。
濃厚且つ寸止めの塩加減は絶妙の美味しさです。
今日のスープは熱々で鶏ガラ、豚骨スープですこし甘みすら感じます。
具はニンジン、キクラゲ、ナルト、モヤシ、白菜です。
特に今日のきくらげは命が吹き込まれたかのように生き生きしています。
本当に美味しいタンメンは、このお店だけでしょう。

それでは(^_-)

本郷 ニッキカフェ 6th

今日は「ひどい二日酔い」です。
guide14_160524
大学1年の時、前の日に六本木のディスコでハジケタ私はひどい二日酔いになりました。
その次の日は必修の経済原論の授業なので休むわけにいかず、翌日の朝、東横線の日吉駅に降り立ったのです。
下を向くと吐きそうなので極力ヘッドアップして銀杏並木の坂を静々と上っていきました。
行きすがら、テニサーの満男先輩と会ったので、チワス、どうしたんですか、日吉に来るなんて、と聞きましたら、ゼミの先生から招集で日吉に来たんだ、と言っていました。
私は、1限の授業がありますのでここで失礼します、と言って別れて又上を向いて教室に向かいました。
すると先ほど別れた満男先輩がまた銀杏並木を下ってきたのです。
いくら飲みすぎたと言ってもこれはおかしいと思いながらも、ならいによって、チワス、と言ったのですが、満男先輩は、なるほどな、とつぶやいた後、私には返礼なしで、スタスタと銀杏並木を下って行ったのです。

19911_main
授業中にもこのが頭から離れません。
まずは、同一人物に会ったという可能性は捨て去りました。
そうなると満男先輩は双子という事になりますが、そんな話は聞いた事もありません。
仮に双子だとしても、同じ大学に行くのだろうかです。
普通、兄が慶應なら弟は早稲田だろうと思ったのですが・・・
要は好き好んで同じ大学にはいかないだろうと考えたのです。
やはり双子ではないのではと思いなおしたのですが・・・
さら〜に、双子説が信じられない大きな理由は、実は、最初に会った満男先輩と、次に会った満男先輩が来ていたトレーナーがまったく同じだったのです。
わけが分らん!
これ以上考えるとただでさえ割れそうな頭が本当に割れてしまうので、授業に集中したらその副作用で熟睡してしまいました。
眼が覚めましたら二日酔いはすっかりと治てっていました。

e496e53e
昼休み、テニサーのたまり場に行きましたら、既に私と同じ体験をした人間がいて大騒ぎになっていました。
侃々諤々の議論が沸騰した頃、当の満男先輩がやってきました。
当然のことながら、満男先輩が二人いた事そして満男先輩がその理由を知っているかどうかの質問になりました。
満男先輩は、見たの、弟のこと。
あいつは工学部だから矢上校舎だろ。
基本、日吉には出没しないんだよ。
お前らツイテいる宝くじ買えば、と言って笑っていました。
私は、同じ服を着ていた謎を聞きましたら、満男先輩は、俺たちは一卵性双生児だろ。
性格が似ていてさ、二人とも服装に無頓着だから、母親が出した服を着ているんだよ。
母は母で俺たちの性格の元締めだから服装に無頓着でさ、兄弟の個性に合わせてコーデをするなんてできないんだよな。
だから同じ服をだすんだよ、とテレもせず説明していました。
同じ服を着て恥ずかしくないかって、そう言われればそうだけど。
で〜もよ、俺が三田で、弟が矢上だから、普段は絶対会う事がないから恥はかくことはないのさ、ですと。
今このように思い返すと笑い話ですが、世の中には悪魔が見入ったような偶然というのがあるのだなとあらためて思った次第であります。
蛇足ですが弟さんのつぶやいた、なるほどなは、この後輩は兄貴と間違えて挨拶しているんだろうなと臆断したものでした。


ZIP バカッコイイ 女子高生たち☆



IMG_3256

IMG_3257
今日は東大御用達の街本郷に出没です。
今日のお店は私のお気に入りお店です。
今日のお店は「「ニッキカフェ (NIKKI Cafe)」さんです。

住所: 東京都文京区本郷4-1-5
電話:03-6801-6105
定休日:無休

IMG_3258
お店の外観です。

IMG_3261
店内の雰囲気です。

IMG_3262
メニューです。

きょうのオーダー「週替わりカレー」@740円です。
オーナーとは久々の再会です。
会うやいなや、最近おみえにならなかったので、どうしたのかしらんと思っていました、との挨拶をいただき恐縮至極状態になりました。

IMG_3263
待つこと15分で「週替わりカレー」の到着です。
今日のカレーは「佐賀産・麓鶏と丸ごと玉子を煮込んだインド風スパイスのチキンカレー」です。
見ただけでわかります、このカレーは美味しいでしょう。

IMG_3264
それでは実食です。
カレーにコクがあります。
辛さも程よく申し分ありません。
佐賀産・麓(ふもと)鶏は、噛みしだくと弾力を感じます。
特筆すべきは、半熟玉子です。
これだけでも満足です。
美味しいです。
ここのカレー最高です。
東大生だけに食べさせるのは悔しいですね・・・

それでは(^_-)

アウディをお持ち帰り

今日は「アウディをお持ち帰り(番外編)」です。
大学のテニサーの女子から「連合三田会」のお誘いがありました。
なにやら景品がよいとか・・・
私は子供の為にアウディをもらおうと思って参加を決定しました。
という事で画像主体ですが宜しかったらお付き合いください。

#会場入り口
IMG_3163
今日はそぼ降る雨で煙る最悪の日です。
テニサーの仲間から、このような天候が悪い日は倍率が下がるので良いのだよ、と言われましたが、そういうものなのかしらんと納得していました。

#雨の会場内
IMG_3174

IMG_3180
来場者が少ないのか、まだ時間が早いのか、皆さん手持ち無沙汰でした。
つやひめさんは、朝早く山形から来たみたいです。
心なしか寒そうですね・・・

IMG_3182

IMG_3181
会場内では塾高生が企画デザインした「リポビタンD応援ボトル」を大量に頒布していました。
ファイトイッパーツ!であります。

#お持ち帰りするアウデイ
IMG_3164
この画像が、私がお持ち帰りするアウデイです。
何度も試乗しましたら、本当に自分の車みたいになってきました。

#教職員食堂
IMG_3188

IMG_3185
学生の時には入れなかった教職員食堂に入る事ができました。
ここではお酒が飲めるみたいです。
たしか、私が学生だった時に、学食の二階に「梅寿司」さんというお店があってお酒が飲めました。
試験の最終日には、同級生と「お疲れ様飲み会」をしていましたが、その当時は未成年でしたので今なら大問題になっていたのでしょうね。

IMG_3187

IMG_3186
ちなみにカレーを食べました。
以外にも美味しいのでびっくりしました。
私以外はワイとビールで盛り上がっていました。


#尾崎裕哉&中村雅俊LIVE
IMG_3176

IMG_3175
なななんと無料でお二人のLIVEを見る事が可能です。
仲間と早めに会場にいったのでアリーナ席でした。
普通なら18,000×2回=36,000位のお値打ちですか・・・

IMG_3190
尾崎裕哉さんは大学から慶應で且つSFCですからアウェイ感をかなり持っていたみたいですが、大学院時代は日吉でしたのでそこで帳尻はあったみたいです。
自らのMCで大学時代の失敗話をしていました。
大学に入る前、慶應というのは、先生は福沢諭吉先生だけで後は君付けだと聞いて入学したそうです。
大学三年の時、何かの用事でゼミの先生に会いに教職員室に行った時、その先生をこともあろうに「唯一朗君」と呼んで大激怒されたそうです。
普通は最低でも「清水君」ですねよと笑っていました。

0578
ちなみにこの画像は名前を君づけで呼ばれた慶應義塾大学総合政策学部教授清水唯一郎さんです。

IMG_3195

IMG_3196
IMG_3197
中村雅俊さんは、少し記憶力がアブナくなっきています。
同級生の、松任谷正隆さん、近田春夫さんの事を紹介しておきながら、何かの話の時、近春夫さんの事をど忘れして言葉に詰まっていました。
さら〜に、フィナーレ曲の「恋人も濡れる街角♪」の出だしの歌詞を間違えて、ハモを担当していたキーボードの方が大慌てしていました。
本当の話です。

折角ですから名曲「恋人も濡れる街角♪」を紹介しておきます。


#大抽選会
IMG_3199

IMG_3202

IMG_3204

IMG_3205

IMG_3206
いよいよアウデイのお持ち帰りが近くなってきました。
サムさんが当たり番号を読み上げてくれました。
残念!
外れました・・・

IMG_3208

IMG_3210

IMG_3212

IMG_3213

IMG_3211
さら〜に安藤美姫さんや中村雅俊さんも参加して白熱した抽選会になったのですが、当たったのに景品を引き取らない方が20名くらいいて、再抽選になりました。
金満家が多いのですね(笑)

#私のお持ち帰り
IMG_3217
最高級のホテル仕様のラグジュアリーバスタオル

IMG_3218
イタリア製家具用高級生地使用のarflex iroiro minibag

IMG_3220
家庭で役に立つものの数々がお持ち帰りでした。
かなり楽しめました。
来年も行きましょう。
そして来年こそアウデイをお持ち帰りしましょう。
ちなみに三列前に座っていた妙齢な女性がトヨタ自動車の「プリウス」を当てたのを見て、仲間全員でのけ反っていました。
どうやらラッキーの神は私の近くまでは来ていたみたいです・・・

それでは(^_-)

神田 マッコ

今日は「沈みゆく夕陽」です。
世界を席巻するようなヒット商品は姿を消し、韓国サムスン電子をはじめとするアジア勢に競争力で逆転を許した。
本業の「稼ぎ」を示す営業利益の過去最高はVHS型VTRが飛ぶように売れた1984年度の5757億円で、30年以上たった今も更新できないまま。「失われた20年」といわれた日本経済の縮図のような存在にも映る。
つまずきの石は何だったのか。
円高などの環境変化はあったにしても、それが根本の原因ではない。
2000年に社長に就任し、改革に辣腕を振るった中村邦夫相談役は「社長になる以前、米国に駐在していた時にマイクロソフトの『ウィンドウズ95』が発売された。
あの時の衝撃は忘れられない」という。
パナソニックにとって、会社の顔というべき商品は常にテレビだった。
リビングルームの中心にはテレビが座り、ビデオカメラなど他の家電もテレビとつながってはじめて機能を発揮する。
そんな「テレビが主役」のアナログ技術の黄金期は終わり、それとは異質のデジタル技術が世界を引っ張る。
「ウィンドウズ95」を搭載したパソコンや普及し始めたばかりのインターネットに接して、中村氏はこう直感したという。
だが、大阪の本社はのんびりしたもの。
国内のライバルとの内向きの競争ばかりに気を取られ、外部の変化への感度は鈍かった。
加えて単品家電の世界で腕を磨いてきたパナソニックにデジタル技術やネットワーク技術の蓄積は浅く、「米国のIT(情報技術)大手とまともに戦える能力は正直なかった」と中村氏は振り返る。

yjimage
ソニーの出井伸之社長が「インターネットは隕石(いんせき)」説を唱えたのもこのころだ。
地球上を我が物顔でのし歩いた恐竜が巨大隕石の衝突による気候変動で死滅したように、ネットという新たな環境に適応できない企業は衰退する。
そんな警鐘は残念ながら的中し、一時は世界に覇を唱えた日本のエレクトロニクス産業の競争力は後退した。
その後、携帯音楽プレーヤーやスマートフォン、そして今注目を集めるAIスピーカーなど21世紀のヒット商品はいずれもデジタル技術やネット接続がキモであり、日本勢の存在感は希薄なままだ。
製品ばかりではなく、部品ビジネスにも影響は及んだ。
日の丸半導体はテレビやVTRなど日本の家電が元気だったころに大きく伸びたが、パソコン時代の到来で米インテルなどに主導権を譲り渡した。
既存の産業秩序を根底から覆す――そんな技術革新をハーバード大のクリステンセン教授は「ディスラプティブ・イノベーション」と名付けたが、インターネットこそ近年最大の破壊的革新であり、日本の電機産業は「破壊する側」ではなく「破壊される側」の役割に甘んじた。
経営コンサルタントでパナソニックの社外取締役を務める冨山和彦氏は「日本の電機産業は今ようやく“敗戦”を認めた段階」という。三洋電機がなくなり、シャープが台湾資本の傘下に入り、東芝の事実上の解体が進む。
来年創業100周年を迎えるパナソニックもテレビなどは縮小し、自動車用の2次電池などの新分野に注力する。
次の1世紀を支えるに足る「ポスト家電」時代の事業モデルを構築できるか。挑戦は続く。
日本経済新聞「覇者・松下の失速 変化への感度鈍く IT勢の後塵、次の柱なお模索 昭和から平成へ」より転載

2夕やけ
この記事に記されているように日本の経済を取り巻く環境が厳しくなってきています。
あたかも沈みゆく夕陽のようです。
この背景は間違いなく「新たなパラダイムへの対応遅れ」であります。
ソニーの出井伸之社長が「インターネットは隕石(いんせき)」説を唱えたのもこのころだ。
地球上を我が物顔でのし歩いた恐竜が巨大隕石の衝突による気候変動で死滅したように、ネットという新たな環境に適応できない企業は衰退する、というくだりは改めてそのインパクトの大きさを知りました。
さら〜に、経営コンサルタントでパナソニックの社外取締役を務める冨山和彦氏は「日本の電機産業は今ようやく“敗戦”を認めた段階」という、くだりも衝撃を受けました。
これは多分に日経新聞の印象誘導もありますが、正直申して、寂しい限りであります。
これにさらに追い打ちをかけたのはかの天下無双の「アルファ碁」が、米国のグーグル系企業が開発したAIになななんと100回やって全敗したというニュースです。
このグーグルAIのすごいのは、定石はいっさい習わず、AIとの対戦のみを繰り返し、わずか3日で身につけた能力だそうです。
AIは人知が及ばない世界に来てしまったようです。
どうなのでしょう、メディアで喧伝されていた、人間とITとのすみ分けの時代は、想像しているより早いかもしれません。ここで悲観してもどうしようもありません。
やっとのこと頼るべき友人が現れたとした方が良いのかもしれません。


ハンセン全日本初登場でキレる馬場さん




IMG_3076
今日は神田に出没です。
今日のお店は行列のイタ飯屋さんです。
今日のお店は「マッコ (Macco)」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-16-12 青木ビル 1F
電話:03-3518-9662
定休日: 日曜日・祝日

IMG_3080

IMG_3079
お店の外観です。

IMG_3251

IMG_3248
店内の雰囲気です。

IMG_3242
メニューです。

きょうのオーダー「 パスタランチ(青のりしらすのオイルソースゆずこしょう風味」@1,030円です。
それにしても人気店です。
行列に並んでいる人の話では、早い人は11時半から並んでいるとか、驚きますすね。

IMG_3243

IMG_3244

IMG_3245
待つこと1分で「ポップオーバー 」の到着です。
私はこのパンが好きなのです。
固めの生クリームの上にメープルシロップをかけ回すと口福の神様が降臨します。
これは美味しいです、

IMG_3246

IMG_3247
時間差で「サラダ」の到着です。
この「サラダ」は作り置きです。
従いまして、期待のできない味なのですが、このドレッシングは塩分が強いですね。
これは好き好きですが、私の好みではありません。

IMG_3249

IMG_3250
サラダを食べた後手持ち無沙汰でしたのでまた「ポップオーバー」をいただきました。
このパンは本当に美味しいです。
正直これだけでいいです。

IMG_3253
待つこと12分で「青のりしらすのオイルソースゆずこしょう風味パスタ」の到着です。
しらすに睨まれているような感じがします。

IMG_3254
まあ気にせず実食です。
これはゆずこしょうが全体を仕切っています。
ちょっと辛いですが、塩味のソースの中で「得も言えぬ」味わいなっています。
もちもちした太麺の生パスタがこのソースをしっかりと受けとめています。
美味しいです。
ここのパスタはすごく美味しいというわけではありませんが及第点です。
しか〜し、その及第点を満点にするのがポップオーバーです。
是非お試しあれです。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ