下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

2017年04月

池袋 キッチンチェック 6th

今日は「即断即決、即実行」です。
私はせっかちです。
公私ともども「即断即決、即実行」を旨としています。
加えて、私は時間を非常に大切にし、約束をした時間を必ず守ります。
世間一般では、私のような人間を「せっかち」と表現したりしますが、これは表現の仕方が違うと感じています。
要は、時間にせっかちなのではなく時間をとても大切にしているのです。
時間こそが最も貴重な資産である事を理解しているのです。
従いまして、公私の中でも私の部分では、とてもテキパキしています。
服を買う時は予め欲しい画像を頭に入れて買いにいきますので、それに沿ったものがあれば即買いますし、お店に置いてあったものがグレイな時は、馴染みの店員さんからセカンドオピニオンをいただいて判断します。
服を買うのに10分以上掛かったことがありません。

february_mamemaki02
話は変わりまして、私はデンタルケアには極力注意を払っていて、二ヶ月に一回は歯医者さんに行って歯の定点診療をしてもらっています。
実は、私の下の前歯は通常2本のところ3本もあります。
巷間でいわれる八重歯の変形で鬼歯といわれるものです。
すでに歯の一部になっており誰もその鬼歯を気にする人はおりません。
勿論、当人の私自身もです。
先週の事です。
その鬼歯ですが永年放置していた事から歯が伸びてきて上の前歯に当たってきました。
このままの状態にしておきますと、この鬼歯が上の前歯を割ってしまうとの事です。
私の馴染みの女先生からは、過ちを正すに憚(はばか)ることなかれ、とか、思い立ったが吉日、とか、遠きを知りて近きを知らず、とか言われたのです。
換言しますと、スグ抜きなさい、いい年をして歯を抜くのが怖いのですか、と言われたのです。
この歯を放置しておくことにナンの意味もありませんよ、とまで言われたので、さすがに腹に据えかねて、男は黙ってサッポロビール、と返し、即抜いてください、と言い切ったのです。
そして即座に私の鬼歯は抜かれたのでした。
一週間後、抜糸の日に、たまさか左の上の奥歯が傷んだので先生にレントゲンを撮って診断してもらいましたら、女先生曰く、残念ながら寿命です。戒名を書くから葬式をあげましょう、と言われたのです。
もともとこの歯は6年前に慈恵医大で抜く予定だったのですが、この女先生が、その歯は私が根管治療で治します、と引き受けてくれたものです。
当時の女先生からは、根管治療は難度の高い治療だけれども、適切な環境・技術を用いた治療を施せば、ほとんどの歯を長期的に使用できるような良い状態にできます、と言われて延命していた歯なのでした。
どうしますか、と聞かれたので、ここで背中を見せるわけにもいかず、先生、すっぱりと抜いてください、といいましたら即座に抜歯と相成りました。
なななんとこの年で、一週間の間に歯を三本も抜く快挙を成し遂げてしまったのです。
私の悲願のすべて自分の歯の状態で棺桶に入る夢は、この日に潰えてしまいました。
「即断即決、即実行」もなかなか持続するのは大変なのです・・・


Just shows that elephants are better than the average person!



IMG_9168

IMG_9169
今日は池袋に出没です。
美味しい洋食を食べようとお邪魔したのがこちらです。
今日のお店は「キッチンチェック」さんです。

住所: 東京都豊島区西池袋1-37-12 ロサ会館1F
電話:03-3985-1926
定休日:無休

IMG_9171
お店の外観です。

IMG_9176
店内の雰囲気です。

IMG_9177
メニューです。

IMG_9179
今日のオーダー「スパゲッテ 明太子」@900円です。
待つこと5分で「スパゲッテ 明太子」の到着です。
見た目シンプルです。
それでは実食です。
良質のバターとちょっとスパイシーなツブツブの明太子が口の中で踊ります。
シンプルだけど美味しいですね。
ちょっと量的には物足りない感がありますがイケます。
美味しい一皿でした。

それでは(^_-)

馬車道 勝烈庵

今日は「プライド無間地獄」です。
この間、高校の同級生とカラオケに行った話を書きました。
その時に興味深い出来事があったのです。
と申しますのは、私の同級生の中に一人、元プロのミュージシャンがいるのです。
と書きますと、軽佻浮薄の人間を想像されるかもしれませんが、その真逆で超真面目人間なのです。
卑近な例で申しますと、高校三年間、一度の遅刻・欠席がなく、なな何とと卒業時には皆勤賞をもらっています。
受験に至っては高校3年生の1月まで部活をやっていて、2月になってから今日から受験勉強をやるぞといって、わずか一ヶ月で早稲田大学の工学部に受かってしまったというような人間なのです。
比較しますと、私はその真逆で遅刻はした日ではなく遅刻をしない日を数えた方が少なく、多分年間で10回くらいしか遅刻しない日がありませんでした。
勉強はそれなりにしましたが、所詮泥縄なので天皇家御用達の大学しか受からず、結果的には浪人の道を選んだのでした。
img_941d978f13464ef8348a0ffb80ed6fb970037
そんな彼が皆の前ではカラオケを歌わなかったのでした。
その代わりに皆の歌唱指導をしていたのでちょっと鼻白むものがありましたので、皆から歌えときついバッシングがあったのです。彼は歌わない理由として、歌える歌がないと申していましたが、そんな事はなく高校の時はよく学校にギターを持ってきては、フォークソングクラブに乱入してビートルズや拓郎を歌っていましたのでそれは単ならエクスキューズであります。
多分にランキングバトルで高得点を取れそうもないのでヘジっていただけなのです。
その為に、ありとあらゆる言い訳をして歌うのを逃れていたのです。
元プロの面子がたたないのが屈辱だと取り違えていたのでしょう。
個人的にはランキングバトルの高得点を取るノウハウがないので仕方がないとして、単に開き直ればよいのではとは思うのですが、彼にはそれができなかったのでしょう。
これってビジネスのシーンにも多く、自らのプライドを保つために、エクスキューズにととどまらずプロテクスト(こじつけ)まで多用して、話題をスライドアウトする人は多いのです。
そういう人に限って、そのプライドというのはたいしたものはありません。
逆に、たいしたことがないので身の丈以上の自分を作り、蟷螂の斧で自らを拡大化するのでしょうが、幽霊の正体見たり枯れ尾花、になるのです。
個人的には、それなりにプライドが高いのですが、ビジネスのシーンではこのような等身大ではない自分を創る事はしませんし、自らをひけらかす事でビッグビジネスが取れる事がないのをよくよく承知していますので、無用の長物として封印しています。
最後にカラオケです・・・
お酒を飲まずに宴席にいるのは苦痛ではないのですが、カラオケは既に皆がお酒を飲んでからいくので、宴席のパワーでは到底追いつかず、かなりのテンションを上げて挑みます。
その為、帰宅するとその心労でバタンキューとなってしまうのです。
もしこのくだりを笑われる方がおられたら、一度酔っている皆の前で、素面でカラオケをしてみてください。
かなり疲れますよ・・・


歌手のペギー葉山さんが、12日午前11時55分、肺炎のため、東京都内の病院でお亡くなりになりました。
83歳、歌番組では懐かしい曲「学生時代」をよく歌われていました。
ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」の劇中歌「ドレミの歌」に、ペギー葉山さんが日本語詞を付けて歌い、その歌詞は今も歌い継がれています



IMG_9276

IMG_9275
今日は、横浜は馬車道に出没です。
今日のお店は、昭和2年の創業以来、変わらぬ横浜の味として、親しまれたお店です。
今日のお店は「勝烈庵」馬車道総本店さんです。

住所: 神奈川県横浜市中区常盤町5-58-2
電話:045-681-4411
定休日: 無休

IMG_9271

IMG_9272
お店の外観です。

IMG_9270
店内の雰囲気です。

IMG_9264
勝烈庵の暖簾です。

IMG_9263
メニューです。

今日のオーダー「ロース定食」@1,728円です。
IMG_9269
待つこと9分で「ロース定食」の到着です。
見た目重たいですね。

IMG_0166
それでは実食です。
ここのパン粉は、グループ会社の馬車道十番館が、揚げ物に合う独自の配合で焼いているパンを使っています。
そのパンの耳を切り取って内側だけを用いて作ったのがこのお店のパン粉なのです。
そのパン粉でできている衣ですが、最近の傾向のパイ生地みたいな衣ではなく、独特の香りがあって違和感があります。換言しますと衣に個性がありすぎます。
肉は過不足ない柔らかさですが訴えるものがありません。
キャベツはエッジが立っていなく新鮮さも感じません。
野菜や果物をじっくり丁寧に2日間煮込み、さらに1日寝かせて完成させた秘伝のソースもサプライズはありません。
私にとってはこの横浜老舗のとんかつは、不味くはないのですが、美味しくもありません。
要は「不易流行」ができていないように思えました。
昭和2年からのお店の味を守る「不易」は良いのですが、新しいものに挑戦する「流行」がないように見受けられました。最近のとんかつは肉の温度がすぐに逃げないような衣の創作を筆頭に、肉の甘さ、肉の柔らかさに加えてサクサク感がウルトラEまでに上がっています。
旧来のウルトラCでは飽きられますよ・・・
ちょっと失礼なコメントになりましたがお許しください。

それでは(^_-)

神田 内神田うてな

今日は「至言」です。
temp_04
人間が生きていくうえで大事なことは、朝、希望を持って目覚め、昼は懸命に働き、夜は感謝と共に眠る。
この気持ちだと思います、とはみんな大好き麻生太郎氏の発言です。
なかなかの至言ですね。

個人的には、英語の「He has hard work who has nothing to do」というということわざが好きです。
直訳をしますと、する事が何も無い人は困難な仕事をしている、ですか。
人は長い人生のなかでは、このようなきつくて困難な状況になる時があるかもしれません。やがて、それが良い経験となるように、自分にあった活動、学問、仕事、趣味等との良い出会いを心掛けるべきなのでしょう。
同様に「止まない雨は無い」や「明けない夜は無い」も好きなことわざであります。
私のこのことわざの解釈は少し違います。
実際、人は人生のどん底状態の時には何もする気にはならないでしょう。
このような時は、今やらなければならないこと、今ならできることを精一杯やれたならそれでいいのです。
悲しい時に、心を奮い立たせてもかえって空しくなります。
それよりも悲しい気持ちを内包しながら、やらなければならない事を粛々とすればよいのです。
人生はまさにあるがままで、抗わず、逆らわず、一歩一歩踏みしめていくものではないのかなと思っています。
人生には終わりはないのです。
その限界を創るのは単なる自己欺瞞です。
悪魔のささやきによる言い訳で、人生をあきらめて投げ出すとしたのなら、それは人生に対してあいすまぬ怠慢と言わざるを得ないでしょう
そうやって考えていれば「止まない雨は無い」や「明けない夜は無い」という言葉がすんなりと入ってくるものと臆断しています。

hqdefault
さらにもっとシンプルに、のぼってゆく坂の上の青い天(そら)にもし一朶(ひとかたまり)の白い雲がかがやいているとすれば、それのみを見つめて坂をのぼってゆけばよいのです。
坂の上に至れば、自らが想像だにしない光景が眼前に広がっているはずです。
ポジティブに生きましょう。


WOW AMAZING!



IMG_9180
今日は神田に出没です。
最近、行列のできる店を発見しました。
美味しいのでしょうか。
早速並んでみました。
今日のお店は「内神田うてな」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-11-5 カーサ内神田 1F
電話:03-5577-4844
定休日: 日曜日定休 祝日不定休

IMG_9181
お店の外観です。

IMG_9184
店内の雰囲気です。

IMG_9182
メニューです。

今日のオーダー「日替わり定食」@1,000円です。
定食の内容は、鯛茶漬け、鴨ロース煮、卯の花のトリュフ煮、菜の花フリッター、牛蒡胡麻酢和え、チーズカステラ玉子、漬物です。
店内で店主と常連客の話を聞いていましたら、ご主人が、このお店は予約でなければ食事ができないとの風説が膾炙しているみたいでフリーの客がこないと、こぼしていましたら、それを受けて常連客が、美味しい証拠じゃない、とかぶせていました。
それに対して店主が、それでは新客が増えないのですよ、と返していましたが、いずれにしてもこの行間を読む限りでは人気沸騰の和料理のお店なのでしょう。

IMG_9187
待つこと9分で「日替わり定食」の到着です。
ビジュアルが美しいです。

IMG_9188
まずは鯛茶漬けを頂きました。
鯛美味しです。
想像を超えた鯛の身の弾力にノックアウトされました。
さらに味噌出汁がこれまた美味しです。
この板前さんかなりの腕です。

IMG_9189
脇皿の副菜もみな美味しいです。
一つ一つ味わいながらいただきましたが、過不足のない美味しさです。
特に鴨ロース煮は秀逸です。
さら〜に、このパフォーマンスで1,000円です。
長蛇の列に納得しました。

それでは(^_-)

魚津 洋食茶房プチトマト

今日は「斬首作戦」です。
Cg17qyOU8AYJWxg
国内の目が「森友学園」に注がれている間、東アジアには、深刻な危機が訪れていた。
核とミサイルをおもちゃにした「お坊ちゃま」の暴走に、トランプ大統領は怒髪天。
「金正恩」斬首作戦が実行されれば、日本経済も「打ち首」寸前で、逆風の大嵐が吹き荒れるというのだ。
4月26日未明の平壌。小雨の空模様に加え、この日は新月。
辺りは墨を流したような闇が広がるだけだ。
前夜から、米韓空軍は平壌を大規模空爆。防空レーダーと防衛隊に壊滅的な打撃を与えていた。
この闇と噴煙の中を縫うように、数台のヘリコプターが進んでいく。いくつかは地上部隊をおろし、平壌の制圧に走らせるが、いくつかは意思を持ったように別の“標的”に急進していくのだ。
ブラックホーク。
幾多の戦場で活躍した米軍のヘリは“目標”の建物の前に降りると、次々と隊員たちを吐き出した。
米海軍の特殊部隊・シールズ。韓国の「北派工作員」。
先導するのは軍用犬だ。
「精鋭部隊」は建物を取り囲むと、意を決したように四方八方から侵入を開始。
数十分後、漆黒の闇に銃声、続けて歓声が響いた
「彼をやったぞ!」
あとひと月も経たないうちにこうした光景が見られるとはにわかには信じがたいけれど、絵空事とは一笑に付せないほど、北朝鮮とアメリカの対立は深刻さを増している

o0600039513596013895
作戦の主軸は2つ。
ひとつは、核ミサイルなどの大量破壊兵器の制圧。
もうひとつは、「斬首作戦」と言われる、金正恩はじめ最高指導部の拘束、または暗殺だという。
元陸上自衛隊北部方面総監の志方俊之氏は言う。
「大量破壊兵器については、特にアメリカに脅威となる核開発施設や長距離ミサイルの基地に限定し、集中して一気に空爆を行うでしょう。同時に、そのスイッチを押す金正恩の排除も狙う。普通なら、立ち回り先と見られる箇所をピンポイントで空爆するのが一番良いのですが、アメリカはリビアのカダフィ大佐を目標として爆撃を行い、失敗している。より確実な方法として、特殊部隊を空から投入し、地上戦で確保するということもありえます」
そのシナリオのひとつが冒頭の場面だ。シールズは、ビンラディンの暗殺を担った部隊であり、韓国の「北派工作員」は映画「シルミド」でも話題になった特殊部隊。
作戦は闇に乗じるが、4月で最もそれが濃くなるのは新月の26日。
おおいに気になる日となるのである。
YAHOO!ニュース「金正恩『斬首作戦』実行ならば日本経済も打ち首に」より転載

なにか戦争が起こりそうですね。
この間、アメリカ人と話していたら、この戦争は三日で終わるよ。
軍事兵器がもともとないのだから、すぐに打つ弾がなくなるよ、と言っていました。
今、アメリカは移動できる核施設がどこにあり、有事の際にどこに移動するのかがわかれば、北朝鮮の挑発には受けて立つよ、とも付け加えていました。
私が、その有事を恐れて帰国しないの、と心配すれば、日本人は北朝鮮の軍事力を過大評価しすぎだよ。
経済が疲弊して基軸となる人材が国外流出している北朝鮮になにができるの、と笑い飛ばしていましたが、緊張関係が極度に高まれば日本にいる理由がありませんからそそくさと帰国するのでしょうね。
アメリカが今回目指しているのは体制転換ではなく「正恩氏の排除」のようです。
中国共産党にとっては、正恩氏が排除されても、その地位を誰かが引き継ぎ、朝鮮労働党の一党支配が維持されるのであれば、「斬首作戦」は絶対に飲めない計画ではないようです。
中国が黙認するなら、正恩氏が亡命でもしない限り、米朝の正面衝突は避けられいというのが識者の予想です。
個人的は32歳の北朝鮮の世襲の一青年の自己保身の為に私を含めた無辜の民が亡くなるのは許し難く、斬首作戦は具体的に進めてもらいたいものです。
一番こわいのは彼が極度のストレスで泥酔してしまい、大量破壊兵器のスウィッチをやけくそになって押してしまうことです。飲み過ぎにはくれぐれも注意してもらいたいものです。


もし北朝鮮の核ミサイルで攻撃されたら?



IMG_9249

IMG_9250
今日は冷たい雨が降る魚津に出没です。
ここは食べるところがありません。
今日のお店は苦渋の選択です。
今日のお店は「洋食茶房プチトマト」さんです。

住所: 富山県魚津市釈迦堂1-15-6
電話:0765-24-3828
定休日: ランチ営業、日曜営業

IMG_9251

IMG_9252
お店の外観です。

IMG_9254
店内の雰囲気です。

IMG_9253
メニューです。

今日のオーダー「うわさのオムライスセット」@950円です。
入店して席につきオーダーを通しに厨房に入るやいなや、厨房内で私が来る前からのモメネタみたいで奥様がご主人に食って掛かっており、北朝鮮並みの緊張を感じました。
IMG_9256
かかる中、待つこと4分で「うわさのオムライスセット」が到着しました。
ビジュアルはキレイです。

それでは実食です。
IMG_0165
厨房内では言い争いが続いており、そこに私の耳が集中してしまい、食べている気がしません。
味ですかトロトロのオムライスですが、ケチャップライスが今一です。
6時間煮込んだトマトソースは美味しいのですが、玉子がトロトロしすぎて味が相殺されています。
どうなのでしょうか、夫婦喧嘩は犬も食わぬ、と言いますが、できれば私が帰ったあと思う存分やっていただきたいものでした・・・
このお店への再訪はありません!

それでは(^_-)

続 神田淡路町 フジオ軒

今日は「生きる」です。
cdata_20170405-sumida_01

IMG_0139

IMG_0140
懺悔の神様ことブッチー武者率いる「劇団ZANGE」の舞台「生きる」墨田講演を奥様と観にいきました。
尊属殺人ではありますがそのひたむきな生き方が人々の感動を呼び、執行猶予判決を受けたという実話をもとにした、介護問題がテーマの社会派劇でした。
ちなみに上の二枚の画像は、開演前、式典で劇団ZANGEから墨田区へ車椅子を2台寄贈したことによる墨田区長からの御礼挨拶です。

以下にパンフレットからのあらすじを転載します。
東京の下町で、小さな工場を経営している父・北島良蔵から「他人様に迷惑をかけるな」と厳しく教えられて育った茂。父親の小さな工場は長引く不況で倒産、残った借金返済と両親の面倒を見るために、茂は新たな工場に勤めだす。やがて父・良蔵がこの世を去り、母・サエと二人暮らしとなった茂。
だが、丁度その頃から、母・サエに認知症があらわれる。
事件は、アパートの大家から勧められた、茂のお見合いの席で起きた。
時間になっても、立ち会うはずの母・サエの姿が見えない。
仕方なくお見合いを始めた時、突然裸足で帰ってきた母・サエ。
その場にいた全員が、その姿を見て驚く。
そして、明らかに母・サエの言動がおかしくなっていた。
間違いない認知症の症状に愕然とする茂。
そして、お見合いは失敗し、茂は大家夫妻に迷惑をかけた事を悔いる。
「他人様に迷惑をかけるな」茂の胸には父・良蔵の声が何度も去来する。
過ぎ行く時が母・サエの認知症状を悪化させ、夜に起き出す母の介護は、昼間働く茂を疲弊させていく。
それでも茂は誰かに助けを求めることもなく、母の介護をする。
やがて働きながらの介護に限界を感じた茂は、会社を辞め、介護サービスを利用しながら24時間、母の介護を始める。そんな茂を苦しめることになるのが、本来、茂のような立場の人間を救うはずの社会保障制度の仕組みだった。
僅かな蓄えを切り崩しながたの介護生活は、茂の心と体を蝕んでいく。
失業保険も止まり、カードローンも限度額に達し、生活費が底を尽きかけた時、最後に頼ったのは、これまで何度か断られてきた生活保護の申請だった。
しかし、またも断られ頼みの綱を完全に失った茂。
時々、茂のことも分らなくなる母を見て、このままでは生きていけないと悟る茂。
素直に父の教えを守り、真面目に社会保障の仕組みに従った茂が最後に取った行動は、あまりにも悲劇的な結末を招く。

正直、私の父が痴呆でしたので、最後の場面は茂が自分に思えてしまい、そのせつなさ、情けなさに号泣してしまいました。特に父は永年多飲を続けていましたので、なるべくしてなった帰結ではあるものの、尊敬していた父の痴呆の姿を見るのは悲しいものでした。
願わくは、奥様、私ともどもそのような迷惑を子供たちにかけたくないので、近い将来二人だけの生活になる可能性もあり、もし奥さまがそのような状態になったのなら私が茂になる可能性は億分の一くらいはありえます。
公演終了後、奥様と昔よく通っていた中華料理店「太朗ラーメン」にふらりと入りましたら、13年ぶりなのに、先代の奥様が私の姿を認めて、△△さんでしょう。かわならないわね、と言って昔ながらの声掛けをしていただきました。
この行間から読み解きますと、私はどうやらあまり老けないみたいなのでしばらくはボケそうにもありません。
奥様も同様に老けにくいみたいです。
先代の奥様も今年で御年77歳になるのに、私同様ほとんど変わっていないのでこれまたボケそうにはありません。
「語る人も語られる人」もであります。


「生きる」プロモーションVTR



IMG_0115
今日は奥様の学生時代の友人とのお花見です。
ところが奥様は風邪で寝込んでいましたら腰痛を併発して、私は会場までの運転手です。

IMG_9190
会場で奥様を降ろしたと後、昼食を取りました。
今日のお店はワテラスアネックス内にある「フジオ軒」さんです。

住所: 東京都千代田区神田淡路町2-105ワテラスアネックス3F
電話:03-3253-3870
定休日:無休

IMG_9192
お店の外観です。

IMG_9195

IMG_9196
店内の雰囲気です。

IMG_9193
メニューです。

今日のオーダー「洋食ランチプレート」@1,180円です。
ここ「フジオ軒」さんは、東京では手作り居酒屋「かっぽうぎ」で有名な株式会社 フジオフードシステムという会社のサブブランドカンパニーです。
株式会社 フジオフードシステムの社是は、優しく朗らかな笑顔、清潔な店内、キビキビとした動きで「ここに来て本当によかった」と心から思っていただけるようなお店作りに一所懸命、励みます、というものです。
資本金は12億55万円の中堅飲食系フランチャイズ会社です。
サラリーマンコックさんなのですよね・・・
そういわれてみますと、厨房内のコックさんもあまり職人的な顔をしていませんね。

IMG_9198
まずはセルフサービスのオニオンスープです。
これは大量に作るので美味しいです。
イケますね。

IMG_9199
待つこと6分で「洋食ランチプレート」の到着です。
養殖ランチプレートの構成は手仕込みハンバーグ、海老フライ、カニ入りコロッケです。
見た目合羽橋の洋食サンプルみたいです。

IMG_0113
それでは実食です。
どうでしょう可もなく不可もなしという味わいです。
厨房をみていましたら、できあいの半製品を焼いたり、揚げたりしているだけですから
クラフトマンシップ(職人の技能)もありません。
接客の女性ホールスッタフさんの笑顔が唯一の眼福でした。
こんな日もあります。

それでは(^_-)

築地 ととや リターンズ

今日は「ランキングバトル」です。
img_02
この間、高校の同級生達と花見の帰りにカラオケに行って参りました。
最近のカラオケって「ランキングバトル」という機能が付いているのですね。
最初は皆面白がって挑戦していたのですが、その内にあまりにもランキングがあがらないので、皆が不愉快になってまいりました。
私たち年代は「競争社会」で揉まれて育ちましたので、人に負けるのが嫌いなのです。
ですからカラオケを楽しむのではなく、ただただ点数を上げるのに工夫をするようになり、その結果冒頭に書きましたように面白さが半減してきたのです。
さりとてこの機能の止め方を誰も知らず2時間半もこのランキングバトルに挑戦し続けていたのでした。

帰宅してネットで点数を上げる歌い方を調べてみましたら以下のようなハウツーが書いてありました。
1.間奏中、余計な声、雑音を入れない。
2.キーがずれないように歌う。
3.歌詞を間違わない。
4.必要以上に余計なビブラートを使わない。
5.歌い出しをずらさない。
6.メロディーライン通りにきっちり歌う。
なるほどねとは思ったのですが、なにか社内規程細則みたいな感じがして鼻白んでしまいました。
そこまでマニュアル通りに歌って楽しいのでしょうか・・・

現在の若者はこのランキングバトルを支持しているのでしょうか。
私はしていないように思います。
理由はシンプルです。
今の若い世代は競争が嫌いだと臆断しているからです。
その根拠の一つが、今の新入社員は、同期をさん付けで呼んでいることです。
部内の新人にその理由を聞きましたら、人によっては呼び捨てにしますと、お前からは呼び捨てで呼ばれる筋合いはない、と言われる恐れがあるのでそれを婉曲的に回避しているとの事でした。
多分にライン、フェイスブック、ツイッター等のSNSカルチャーの副産物で、要は他人との直截の軋轢を避けたいという事なのでしょう。
これが「競争が嫌いだ」と決めつけるのは短絡的かもしれませんがで〜も深謀遠慮ではあります。
今の若者は非競争社会というぬるま湯に漬かりたい世代だと思っています。

最後に、私たち皆が歌う歌は全国でも歌っている人間は、平均しますと20人前後でした。
カラオケのマイノリティーであることが結果的に証明されてしまい、これまた不愉快な気持ちになってしまいました。


きらり輝く



IMG_9201

IMG_9203

IMG_9202
今日は築地に出没です。
ということで今日のお店は焼き鶏丼の名店「ととや」さんです。

住所: 東京都中央区築地6-21-1
電話番号:03-3541-8294
休日:土、日、祝日

IMG_9214
お店の外観です。

IMG_9212
店内の雰囲気です。

IMG_9213
メニューです。

今日のオーダー「焼鳥丼&スープ」@1,150+@150=1,300円です。
今日は初めての2階席です。
雰囲気が1階とはかなり違います。

IMG_9209
待つこと6分で「焼鳥丼&スープ」の到着です。

IMG_9211
スープ美味しです。
鶏の滋養が濃縮されています。


IMG_0136
続きまして焼鳥丼です。
鳥肉が柔らかくとてもジューシーです。
焼き加減照りともども結構です。
オコゲもいい味わいです。
加えて脂ののりも過不足なくて結構です。
とくにポン尻は超秀逸です。美味しい。
マシュマロが鶏肉に変じたようです。
柔らかいですよ。
ご機嫌な昼食でした。

それでは(^_-)

2017年京都・神戸旅行 其の四

今日は「2017年京都・神戸旅行 其の四」です。
催行二日目の朝です。
今日は移動マシンが自転車から自動車にバトンが渡りました。
今日はレンタカーで大阪から神戸に向かいます。
天気予報は15時から雨です。
それまでに戻って参りませんと。
神戸旅行です。
宜しかったらお付き合いください。

#六甲縦走キヤノンボールラン
IMG_9051

IMG_9054

IMG_9056

IMG_9057
掬星台に行く途中でキャノンボールランの方々と遭遇しました、
キャノンボールランとは、基本的にトレイルランなのですが、ルールがちょっと変わっています。
エンジン以外何でもありのマラソンなのです
人力、MTB、馬、ミニチュアポニー・ウィングスーツ、グライダー、スケボーなどなど、とにかく六甲縦走路を一番早くゴールした者が勝者になります。
本当に自転車担いで階段を上る人がいたり、スケボーの人がいたりしましたが、さすがに馬に乗った人はいませんでした・・・
o0320024013780577079
コースは宝塚から須磨公園までの52kmを片道でもいいですし、往復もいいのです。
私たち夫婦は会うランナー達に、頑張ってくださ〜い、と声掛けしていたのですが、皆思い思いに手を上げてリアクションを取ってくれて気持ちが良かったです。
トレイルランも良いですよね。
52kmならあまり疲れも残らないしご機嫌ですね。

#摩耶山掬星台
IMG_9058

IMG_0048

IMG_0049

IMG_0050
日本には日本三大夜景と言われる美しい夜景が3つ存在します。北海道・函館山からの夜景、長崎県・稲佐山からの夜景、そして、兵庫県神戸市の摩耶山掬星台(まやさんきくせいだい)から観る神戸の街の夜景です。
さすがに私たち夫婦は、夜景を見るのはスケジュール的にできませんので昼間お邪魔しまして日本三大夜景の昼景を堪能しました。
天候は曇りでしたが眼前には神戸のポートアイランド等がパノラマ状に広がり眼福となりました。

View_of_Kikuseidai_from_Mount_Maya_Kobe
ちなみに夜景はこのような感じです。

#ジェームス亭
ジェームス➀
今回の旅行の目的は、京都では、わら天神で安産御守りを買うのと、神戸では、NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」に登場しているすみれの生家・坂東家のお屋敷のロケ地である「旧ジェームス邸」でランチを食べる事です。

IMG_9070

IMG_0082

IMG_9126

IMG_9120

IMG_9118

IMG_9123

IMG_9074

IMG_9128
撮影に用いられている「旧ジェームス邸」は昭和9年(1934年)に完成した洋館で、「ジェームス山」の中でも海が見晴らせる素晴らしいロケーションに建築されています。
瀬戸内の海を借景とした芝生が美しい広大な庭と、オレンジ色の屋根瓦、赤みがかったクリーム色の土壁は異国情緒にあふれ、内装も煌(きら)びやかです。
現在は「レバノーゼ」という会社により婚礼施設兼フレンチレストランとして活用されているとのことで、現役の建築物としてその美しさを保っています。
2012年に同建築は「神戸市指定有形文化財」に指定されています。
ちなみに現在のこの建物の所有者はパナソニックです。
もともとは三洋電機の井植社長のご趣味の洋館だったのですが、三洋電機がパナソニックに吸収されて所有権が移転したのです。

IMG_0071

IMG_0081

99cd16d279d360deefd2965d19d83402
目をつぶりますと、すみれやゆりやさくらが現れてきそうな気分に陥ります。
ちなみに「旧ジェームス邸」での「べっぴんさん」の撮影は早朝から深夜までぶっ通しの10日間で終えたそうです。

ということで今日のランチは「ジェームス亭」さんです。

住所: 兵庫県神戸市垂水区塩屋町6-28-1
電話:078-752-2266
定休日:第二水曜 ※土日祝は不定休

IMG_9086

IMG_9108
店内から臨む海辺の景色です。

IMG_9080
メニューです。

今日のオーダー「イベントランチ」@5,000円です。

IMG_9083
テーブルセットです。

IMG_9085
手拭きタオルです。

IMG_9090

IMG_9091
食前酒(ノンアルコール)
私はノンアルコールビール
奥様はミモザカクテル
です。

#Hors d'oeuvre(前菜)
牛カリブの燻製
ジャガイモのパンケーキ

IMG_0056
美しい前菜です。
真ん中の半円球は温泉玉子です。
この料理は温泉玉子の妙です。
加えてバジルタルタルソースが秀逸です。
美味しい。

#自家製の仏蘭西パン
IMG_9094

IMG_0060
厨房で焼いたパンです。
バターがキレイです。

#Deuxieme(温かい前菜=二番目に出す前菜)
ごろっとマッシュルームのロワイヤル
クリームスープ

IMG_0062
これはロワイヤル即ちコンソメの浮き身に玉子豆腐のようなものが入る代わりに茶わん蒸しが入っています。
大分県出身のシェフのアイデアですが、掛け値なしに美味しい。
あまりの美味しさに天使のように背中に羽根が生えて飛び立ちそうになりました。

#Main(主菜)
炭火焼ローストビーフ
真鯛のポワレ

IMG_0066
まずは炭火焼ローストビーフです。
このレストランのスペシャリテだけあって美味しいですね。

IMG_9102
あまりの美味しさにこの肉の塊にも歯を立てそうになりました。

IMG_0067
そして真鯛のポワレです。
身が厚いです、量がa little bit too muchですね。
ナンチュアソース(海老の殻と生クリームを合わせて作ったソース)が味を引き立ています。
これまた美味しです。

IMG_9105
リフティング画像で肉厚を感じ取ってください。

#Dessert(デザート)
クリームキャラメル 塩キャラメル風味
フランボワーズソルベを添えて

IMG_0068
見た目色鮮やかです。

IMG_0069
しか〜し、このデザートの底部にはクレームキャラメルが息を殺して潜んでいるのです。
これはサプライズです。
噛みしめるたびに味がふくらんでいきます。
驚天動地の美味しさです。

当初は観光フレンチかと思い期待していなかったのですが、想定外の美味しさです。
随所に見られる作り手の斬新なこだわりには拍手で称えたいと思います。

#イカ焼き
IMG_9133

IMG_9134

IMG_9152

IMG_9153
雨との競争です。
なんとか雨雲に捕まる事なく大阪に戻ってきて梅田に帰ってきました。
それに呼応するように大きな雨粒が落ちてきました。
阪神百貨店に出没しました。
ここでは子供に「イカ焼き」をお土産で買う為です。
大阪の味とされる「イカ焼き」はイカの姿焼きではなく、大阪の食文化と言われる粉もんの1つです。
秘伝のダシとこだわりの小麦粉、歯ごたえの あるカットしたイカを練り合わせ、上下高温の専用鉄板で挟んで 一気 に焼き上げます。
それに控えめに特製ソースを塗って完成させます。

shop_momodani_photo
個人的には、昭和25年、大阪桃谷の地で創業の大阪名物「いか焼き」元祖のお店である「桃谷いかやき屋」さんのモノが一番好きなのですが、阪神百貨店のもそこそこの味です。

IMG_9151
新大阪駅構内です。
めずらしくゆったりとした二日間の旅行でした。
旅はやはり時間をふくらませます。
22回目の旅行に向けて次のプランを作りますか。
正直申しまして、私はこの旅プランを作るのが最大の楽しみなのです。

それでは(^_-)

2017年京都・神戸旅行 其の参

今日は「2017年京都・神戸旅行 其の参」です。
フルーツパーラー・クリケットさんを後にした私たち夫婦は、京都最後の訪問地である御金神社に出向いたのです。
京都・神戸旅行 其の参です。
宜しかったらお付き合いください。

#御金神社
IMG_0013

IMG_9018

IMG_9019

IMG_9016

IMG_9009

IMG_9010
手元不如意の私たち夫婦は初孫の為に御金を貯めなければなりません。
こういう時には神頼みです。
京都には金運上昇・商売繁盛のために熱心にお参りする人が絶えないパワースポットがあるのです。
そのパワースポットとは御金(みかね)神社です。
元々は農機具や刀剣、鉱山などの金属の神様で世にいう金神様です。
IMG_0012
現在では、宝くじや競馬の当選を願う絵馬も多数奉納されています。

IMG_9017
ビフォア

2014114154928
アフター

IMG_9047
大人気の「福財布」です。
売切れ続出ですが、今回は運よく買う事が叶いました。
見ただけでご利益のありそうな、大変ありがたいお財布です。
これは財布として使うのではなく、宝くじや新札などを入れておく用途に適しています。
最近では宝くじを保管する入れ物として使っている方が多いようです。

#しらたき別館
京都から大阪に移動しました。
IMG_9154

青田赤道
ここは「青田赤道さんの店」として有名です。
青田赤道さんといえば55歳以上のほとんどの男性は知っていますが、最近ではその高名の神通力は廃れてしまったようです。
青田赤道(あおた・あかみち)さんとは漫画「花の応援団」の主人公で南河内大学の3回生の親衛隊隊長です。
顔の2つの傷にキセルがトレードマークで齢不詳です。
怪力の持ち主で、とにかく普段は凶暴な性格で女好きであり、他の部活動メンバーや他大学の応援団はもちろん、ヤクザともしょっちゅう喧嘩し女を求めてキャバレーなどで豪遊していますが、時には下級生をサポートすることもあり、彼等らからは慕われています。
例えれば、ゴジラが学ランを羽織っているような方なのです。
そしてここのご主人井上治之さんは、関西学院大学3回生の時、プロデューサーのキメ打ちでこの映画の主役の座に就いたのです。
ご主人の映画撮影秘話を聞きながらの雑談の中で、ご主人は硬派の大学にいたのですか、と聞きますと、豈図(あにはか)らんや関西学院大学との事でした。
そこで私が、関西の超難関大学の関西学院大学によく入れましたね、と聞きますと、高校の時は野球漬けで勉強はようせんかったが偏差値だけは高かったんや、と豪語しており、同級生の田尾(東北楽天ゴールデンイーグルスの初代監督)は勉強できへんかったから同志社大学や、と笑い飛ばしていました。

ということで今日の夕食は「青田赤道の店」こと「しらたき別館」さんです。

住所: 大阪府大阪市西区江戸堀1-15-9 フラッグス肥後橋 2F
電話:06-6444-0177
定休日:日曜・祝日

IMG_9021
お店の外観です。


IMG_9022

IMG_9029

IMG_9023
店内の雰囲気です。

IMG_9024
メニューです。

今日のオーダー
サーロインステーキガーリック炒め@980円
ちょぼ焼きコース@980円
ほたて貝柱しょう油バター炒め@600円
元気玉(納豆)@500円
とまとサラダ@380円
するめいかしょう油バター炒め@600円

IMG_9026
まずは「サーロインステーキガーリック炒め」です。
ごめんなさいサーロインステーキの値付けが@980円ですので易くみていました。
これホンマモンのサーロインスステーキです。
所謂価格破壊です。
これは肉が柔らかくてとても美味しいです。
青田2
いきなりクエックエックエッ(青田赤道のキメ台詞)です。

IMG_9030
続いて「ちょぼ焼きコース」です。
外剛内柔のちょぼ焼きは美味しいです。
特に外側のカリカリ感がたまりません。

IMG_0026
続いて「ほたて貝柱しょう油バター炒め」です。
きれいなホタテです。
柔らかなホタテがしょう油バターでコーティングされています。
たまらない味です。

IMG_0027
続いて「元気玉(納豆)」です。
これは関東人なら皆ノックアウトでしょう。
納豆と醤油の香ばしさのフュージョンです。
納豆LOVEの奥様は無言でこの元気玉をワシワシと胃袋に収めていました。

IMG_0028
続いて「とまとサラダ」です。
盛り付けがきれいです。
トマトと豆腐って合うのですね。
ケレンみのない味です。
美味しい。

IMG_0029
締めは「するめいかしょう油バター炒め」です。
これは画像で美味しいのがわかりますよね。
イカが踊っています。
これはたまらない味です。

IMG_9039
最後にご主人からのデザートのプレゼントがありました。
口内がさわやかになりました。
ありがとうございます。

久々にすべて外れなしの料理でした。
素材も良いのでしょうが、腕も良いのでしょう。
IMG_9028
次回はご主人お薦めの「あわびステーキ」を頂きます。
これはとても好評なので私たち夫婦はがお邪魔したときにはソールドアウトになっていたのでした。
奥様はいたく残念がっていました。

それでは(^_-)

2017年京都・神戸旅行 其の弐

今日は「2017年京都・神戸旅行 其の弐」です。
IMG_8949

IMG_8950

IMG_8982
十二段屋で食事をした私たち夫婦は鴨川を渡り先斗町を抜け新京極通りに入りました。
京都・神戸旅行 其の弐です。
宜しかったらお付き合いください。

#そめどの地蔵
IMG_8960

IMG_8955

IMG_8956
まずは娘の安産祈願です。
京都市中京区にある創業明治7年の甘栗和菓子のお店の奥に染殿地蔵院があります。
京都でも一番賑わう新京極通り側の狭い門から入っていきますが、まずお店の脇に「安産守護染殿地蔵尊」の石標があり目印になります。平安時代から安産祈願と子授けの篤い信仰を集めてきた由緒あるお寺です。

#京極スタンド
IMG_8962
私が在阪時代に京都に来た時に立ち寄っていた居酒屋さんです。
スタンド14
当時はレトロな伝票でした。まさに昭和の居酒屋さんです。
スタンド15
ここのオムレツは京都で一番美味しいです。
溶岩のようなトロトロの玉子は絶品です。

#錦天満宮
IMG_8963

IMG_8966

IMG_8965
錦天満宮は観光客や修学旅行生で賑わう街なかにあります。
まずは天神様の使いであります、臥牛を撫でてそのご利益にあずかります。

IMG_8967

IMG_8968
その境内で湧き出ているのが、京の名水「錦の水」です。
その地中から湧き出るこの「錦の水」は、無味・無臭・無菌というとても良質な水ということにもさらに驚きます。
1年中17〜18℃に水温が保ちながら小さなお社に湧き続けているのも特徴的です。

IMG_8973

IMG_8977

IMG_8976
建物に突き刺さった鳥居でも有名です。
この鳥居は昭和10年につくられたものです。
鳥居がつくられた当初はこの道は錦天満宮の参道で、道幅も広かったそうですが、後に鳥居の両側の土地が売られてしまい、そこに建物が建てられたため、鳥居の上の長い部分がその建物に突き刺さる形になってしまったそうです。

#SOUSOU
IMG_8986

IMG_8987

ise01
SOU・SOU(そうそう)とは、京都を拠点に東京やサンフランシスコへと店舗展開する日本の伝統模様をアレンジした和モダンなデザインブランドです。
SOU・SOUは「新しい日本文化の創造」をコンセプトにしていて、オリジナリティ溢れる和柄が生活用品や雑貨にうまく調和しており、和モダンを楽しむ人たちの間で大人気です。
京都観光記念に奥様にこのスカーフをプレゼントしました。
IMG_8985
ホールスタッフさん一押しのスカーフの巻き方です。

#わら天神宮
IMG_8992

IMG_8991

IMG_0007

IMG_0010

IMG_0008

IMG_0011
この神社は、国宝「金閣寺」から徒歩9分、京都で古くから安産のご利益があると慕われています。正式名称は敷地(しきち)神社ですが、安産御守として藁をいただけることから「わら天神」という愛称が付いています。
私たち夫婦は生まれてくる初孫の為にこの神社にやってまいりました。
お賽銭もかなり張り込みました。
元気な赤ちゃんの誕生を一生懸命祈りました。


珈琲ブレイクです。
今日のお店の「クリケット」さんは、京都金閣寺の近く平野にあるフルーツパーラーです。
もともと京都中央卸市場を営む店主が、 世界の果物を美味しく食べてもらおうとオープンしたお店です。

住所: 京都府京都市北区平野八丁柳町68-1 サニーハイム金閣寺 1F
電話:075-461-3000
定休日:火曜日不定休

IMG_9000
お店の外観です。

IMG_9005

IMG_9006

IMG_9007
店内の雰囲気です。

今日のオーダー
苺パフェ@1,200円
セット珈琲@250円
紅茶@350円
です。

IMG_9001
待つこと1分で珈琲と紅茶の到着です。

IMG_9002

IMG_9003
待つこと3分で苺パフェの到着です。
まず新鮮な苺に驚きしました。
濃い味わいの苺ジェレも秀逸です。
これ二人でシェアして頂いたのですが美味しいですね。
さすが果物のプロが作るパフェです。
感動しました。

150x150_square_43769857150x150_square_58117707150x150_square_63202984
斜め前のお客様が食べていたフルーツサンドが美味しいそうでした。
次回来たらいただきましょう。

それでは(^_-)

2017年京都・神戸旅行 其の壱

今日は「2017年京都・神戸旅行 其の壱」です。
「継続は力なり」とはよくいったもので、夫婦で通い始めた京都観光も通算で21回目になりました。
行くところないだろうとは思うのですがそれがあるのですよね。
今回は秋口に孫が誕生するので娘の安産祈願も兼ねています。
天気予報は催行する土曜日は曇り、日曜日は雨です。
日ごろの行いが良いのにどういうことでせう。
宜しかったらお付き合いください。

#柳湯
IMG_8903

IMG_8901

IMG_8902
京都のレガシィ銭湯の一つです。
この銭湯は舞妓さんがウロウロする祇園のお茶屋街のすぐ近くなので、銭湯の入口で芸舞妓さんに遭遇する可能性があります。
5c17386a61bf12a39d35f9cbae115ba50ce369f8
しか〜し化粧をしたままで銭湯にくるわけまもないし、仮に会ってもわかりませんよね・・・

#夷川ダムと夷川発電所
IMG_8907

IMG_8906

IMG_8909
川の水を堰き止めるダムとか水力発電所とかは通常は山の中にありますよね。
実は京都市の町の中にこのダムと水力発電所があるのです。
その名は「夷川ダム」と「夷川発電所」です。
この「夷川ダム」は明治の大プロジェクト琵琶湖疏水の一部で大正3(1914)年生まれ、103歳の現役の水力発電所なのです。この夷川の落差はわずか3.4mです。これには驚かされます。
ヨーロッパではドナウ川など、平野をゆったり流れる大河の水を引き入れた低落差式の発電所が結構あるのですが、日本では珍しいのです。
そんな発電所が、150万都市の京都のど真ん中で、しかも大正時代から続いている事がこれまた驚きなのです。
これを称して「地産地消」型発電と申します。

#和服美女
IMG_8911

IMG_8912

IMG_8913

IMG_8952
京都は本当にレンタル着物美女が激増しましたね。
しか〜しなんか生地が安っぽくて折角の美貌を損ねるような・・・
まぁ旅の思い出ですからね。

#京都北座
IMG_8948

IMG_8947

IMG_8946
南座があれば北座もあるのではないかと思いますが、実はこの南座の写真を撮ってから180度振り返りましたら偶然にも京都北座が目に飛び込んできました。
これは北座という商業ビルみたいですね。
江戸時代中期四条通りには七つの芝居小屋が並んでいて「北座」は幾度かの火災を潜り抜け南座とともに残りましたが明治25年四条通りの拡張に伴い閉鎖されたようです。
四条通りを歩く人たちはこの北座ビルに気付くことはほとんどないでしょう。

今日のランチです。
IMG_8942

IMG_8943

IMG_8941
前回このお店に行ったのですが既にランチタイムが終わり食べられませんでした。
今回はそのリベンジです
個人的には在阪時代、丸太町十二段屋さんには訪れています。
美味しい記憶が残っています。
今日のお店は「十二段屋」花見小路店さんです。

住所: 京都府京都市東山区祇園町南側570-128
電話:075-561-1655
定休日:木曜日(祝日の場合は営業)

IMG_8915
お店の外観です。

IMG_8917
店内の雰囲気です。

今日のオーダー
私「牛すき鍋定食」@2,600円
奥様「しゃぶしゃぶ定食」@2,800円
です。

IMG_0004

IMG_0005

IMG_8926

IMG_8927
待つこと9分で両定食とも到着です。
見た目美味しそうです。
それでは実食です。
美味しい事は美味しいのですがごめんなさいこれは観光定食ですね。
この値段には京都花見小路の雰囲気が加算されていると思えば納得できますが、京都の標準価格からすると高いのです。
白眉はだし巻き玉子です。
これは極美味でした。

IMG_8935

IMG_8936
これは十二段屋本店です。
十二段屋さんは姻戚で暖簾分けしているみたいです。
本店さんはメインストリートではないので観光客にはちょっと人気がないのかもしれません?

それでは(^_-)

勝どき the肉丼の店

今日は「雷門DE大乱闘 其の四」です。
9
おそ先に失礼、と言って逃げ出そうとした、私の右腿の裏面に激痛が走りました。
馬鹿野郎!痛ぇじゃないか。
本気で蹴るのは反則だぜ、と言って振り向きざまに回転を効かせた渾身の廻し蹴りを一閃しました。
私が頭に描いたのは私に蹴られた相手が倒れ込んでいる画像でしたが、その真逆でニコッと笑って左手でしっかりと私の得意技をブロックしている機動隊員が目の前にいました。
喧嘩のプロがきたのかよ、マジか、とつぶやいたものの人だかりの多い金曜日のしかも雷門の門前で若者が大乱闘しているものですから、雷門派出所は第六方面本部の機動隊の出動を要請した模様です。
彼らは幕末の京都の浪士を慄然とさせた新選組と同様に一対一の戦いはせず、必ず一対二、若しくは一対三のようなハンディキャップバトルを仕掛けてきます。
私は大きな深呼吸を一つして態勢を立て直して戦いを再構築したのですが、一人を殴っていると、もう一人が私の空いている箇所をめがけてミドルキックを入れてくるものですから、さすがに押されてきました。
彼らは傷が露出する外傷を嫌うので衣服で隠れている腹部とか両脚を狙ってきます。
従いまして、ダメージは時間の経過とともに幾何級数的に増えていくのです。
全く勝ち目なし、と思った私は徐々に雷門通りに後退しながら退路をうかがっていました。
私の描いた逃避行は雷門通りのガードレールに足をかけ、そこから大きなジャンプをして路肩に止めてあったパトカーの屋根の上をゴロゴロと右に転がり、その勢いて道路に飛び降り、そのまま反対車線までダッシュして、対面にある都営浅草線の浅草駅の地下通路に逃げ込むという絵図を書いていたのです。
相手が殴り合いに疲れ大きな深呼吸をして手を休めたので、今しかないと思い、馬鹿野郎、おととい来やがれ、と言ってふりむきざまに華麗なるステップを左右にポンポンと踏みますと、予定のガードレールが見えてきました。
wst1510280033-p1
ここから三段跳びのようにホップ、ステップ、ジャンプと跳躍してガードレールに着いたら、そこに足を掛けて一気に跳ね上ってパトカーの屋根に飛び移り、後はゴロゴロと転がりパトカーの反対側に降りさえすれば無罪放免なのです。
ところが・・・
オニイサン、映画のようにはいかないよね、と乾いた声が私の背後から脚を掴んで、パトカーの屋根の上から路上に一気に私の体を引きずり下ろしたのです。
脚部をかなり蹴られていたので普段の跳躍ができず屋根の上に登るまでが精一杯だったのです。
o0401029912454029985
地面にガマカエルのように這いつくばった私の背中に、機動隊員から安全靴(鉄芯入りの作業靴)のストンピングがドスドスと刻まれました。
たまらず私は、痛ぇじゃないか!背骨が折れたらどうするんだ、と叫びますと、まだ威勢がいいじゃないか、とさらに倍の安全靴が落ちてきました。
事ここに至るという心境になった私は、もう抵抗しません、と泣きを入れたのを潮時にストンピングの豪雨が止みました。こういうのを「白旗を揚げる」というのです。

13432_01
二人の警察官に挟まれてパトカーで所轄の警察署に連行されました。
若い警官から、いい動きしていたじゃないか。喧嘩なんかに明け暮れてないで改心して機動隊に来いよ、とお誘いがあったのですが、徐々に体のあちこちの打撲が熱を持って痛んできたので変に逆らう元気もなく、喧嘩なんかしたことがありません。今日は先輩たちと歩いていたら乱暴な学生さん達に言いがかりをつけられ殴られただけです、としおらしく言いましたら、ニイチャン、嘘つくと偽証罪も付くからね、と笑い飛ばされたのです。
浅草警察署につきましたら乱闘に加わった全員が連行されていました。
私たちの相手は東洋大学の体育会の人間で、同部内に浅草出身の者がいたので観光を兼ねた飲み会をやっていて、それが終わったので浅草寺にお参り行こうということになり、傍若無人に歩いていたところ、くだんの乱闘になったのでした。
東洋大学の学生は12人で地元浅草の人間は6人でした。
それを聞いて、倍の人間と闘ったにしては善戦だったな、と私は妙な感動を覚えていました。
みんな日ごろ鍛えているので、大きな怪我をした者はいなく、それは幸いでしたが、お岩顔の人間も複数いましたので、そこそこの乱闘だったのでしょう。
署内で浅草の先輩から、お前らそれなりの大学に行っているんだから、ゼッテイに本名を言うなよ、偽名で通せ、と厳命されました。
私はこのような場合、剣道の試合で絶対に勝ったことがない大苦手の郁文館高校の△△君の名前、住所を使わせてもらっていますので、事件調書にはスラスラと偽名をあたかも本名のように書いていました。
しばらくして若大将が浅草つながりで向こうの責任者と示談で話をつけ、加えて台東区の区議会議員にもらい下げを依頼したものですから、留置場にいたのは90分位でした。
時計の針が12時を廻った頃、その前に署に来ていた区議会議員が署長との話がついたみたいで留置場から出されて無罪放免となりました。
署の玄関先で、浅草の人間だから喧嘩の一つや二つをするくらいの元気がなければいけません。
聞くところによると学生さんもいるみたいだから、その有り余ったエルギーは勉学にむけてください。
君たちが浅草の未来を背負って立つのですよ、と議員さんから活を入れられて解散です。

IMG_7573
煌々と輝く大きな満月に雷門での健闘の賞賛を受けながら、いつもの反省会の会場である千束にある「末っ子」までみんなで歩いていきました。
するといたるところで若いのが駆け寄ってきて、チンピラ学生を雷門でシメタんですって、さすがっすね。
皆、拍手喝采すよ、と激励の声掛けです。
さらに歩いていくと、そのスジのコワイ方から、よく頑張った。負けたら殺すところだったぜ、と脅かされ、この夜の乱闘はいち早く浅草中での大話題になっていたみたいです。
そりゃそうでしょう、あれだけのパトカーが雷門の前に横付けされたのですから。
「末っ子」につくと、まずはビールで勝どきの乾杯をして、後は論功行賞です。
誰が、一番倒したとか、誰が一番殴られたとかで大盛り上がりです。
私もそれなりに貢献したのでハイテンションで飲んでいました。
これが浅草のストリートファイトの良いところなのです。
今は昔の話です。
決して「暴力礼賛」ではありませんので那辺は宜しくご理解ください。


フリネタに合わせました。
「The House of the Rising Sun」とは、19世紀に実在した刑務所のようです・・・



IMG_8791

IMG_8778
今日は勝どきはトリトンスクエアに出没です。
トリトンは大手総合商社が入っている複合施設ですが、たいしたレストランはありません。
かなり物色しました結果今日のお店とあいなったわけです。
今日のお店は「the肉丼の店」晴海トリトン店さんです。

住所: 東京都中央区晴海1-8 晴海アイランドトリトンスクエアW棟 2F
電話:03-6204-9936
定休日:無休

IMG_8779
お店の外観です。

IMG_8785
店内の雰囲気です。

IMG_8786
メニューです。

今日のオーダー「絶品ポークソテー丼」@780円です。
IMG_8787
店内に入ると女性店員が、食券を買ってください、と怒鳴ります。
あらコワイ、と大人しく食券を買い求めますと、今度は、水はセルフサービスです。
自分でお取りください、と今度は上から目線で言いきります。
さすがに腹に据えかねたので、食券をこのお嬢さんの口の中に突っ込んで帰ろうかなと思ったのですが、するワケがありません。
あまりに癪なので水を取らずに席につきましたら店長らしき人がヘコヘコと水を持ってきました。
労働力不足なのでこのような女性も雇わなければならないのでしょうね。
武士は相見互いなので、店長の心情を察してありがたくお水をいただきました。
単に冷たい水でした、ハイ。

IMG_8789
待つこと7分で「絶品ポークソテー丼」の到着です。
見た目ニクニクしています。

IMG_8790
それでは実食です。
肉は柔らかくて美味しいのですが、タレが生卵に負けています。
どうなのでしょうか、この味は好き好きですね。
もう少しメリハリのある味の方がよかったです。
IMG_8784
まぁ、デイズニーのアニメを見ながら食事ができたので良しとしますか・・・

それでは(^_-)

秋葉原 たん之助

今日は「雷門DE大乱闘 其の参」です。
浅草の歴史に残る大乱闘なのですがきっかけは他愛もない事です。
その日は金曜日だった事もあり、くだんの先輩たちの中には土曜休日の人が過半だった事からもう一軒へという事で田原町の居酒屋へと繰り出したのです。
神谷バーから雷門へ向かって歩いていくと常盤堂雷門おこし本店前当りで、我が物顔で大勢の若者が道を塞ぎながら私たちの方に向かってきました。
このウンカの津波のような集団の為に往来の通行はスタックしてしまったのです。
こんな悪行を許す先輩たちではありません。
スグにすっとんで、この若者のアタマに文句を言っていたようです。
yjimage2VYDO7A2
するとしばらくしてから、キャ〜ッ、というホラー映画の一コマのような悲鳴が聞こえてきました。
どうやら戦線が切って開かれたようです。
私たち学生は先輩たちから10m位離れたところにいたのですが、この悲鳴を聞くやいなや、ドケドケ、といって往来の人込みを蹴散らしながら殴り合いの中心に向かっていきました。
そして飛び込んでいって驚いたのは相手の人数の多さです。
目の子で私たちの倍はいました。
これじゃ勝ち目ないじゃん、と仲間の早稲田にアイコンタクトでいうと、早稲田は、早く殴り倒して逃げようぜ、と目で笑って答えました。
というやいなや、ブンという風切り音が私の目の前に迫ってきました。
このパンチはかわせないかなと思いながらも背筋を思いきり使ったスゥエーバックでかわし、その戻る反動で私を見失ってたたらを踏んでいた奴の右頬に腰を入れたストーレートをねじこみました。
これがボクシングでいうクリーンヒットです。
腰が砕けたので念を入れて脇腹に廻し蹴りで仕留めました。
まずは1殺です。
するとその後ろにいた奴が殴りかかってきたので振り向きざまにソバット(後ろ蹴り)です。
実はこれも得意技なのです。
ちょっと高さが足りなかったのですが、それが奏功してストマックに右足がめり込みました。
腰が砕けたのを見計らってから大きくシャンプして首筋に肘を落として2殺です。
今日の私は体のキレが良いみたいです。
私の戦場は丁度雷門前だったのです。
この流れで行けばもう少し右前に流していけば私はいとも簡単に逃げおおせます。
それにしても人数が多いですね。
大乱闘になった最強タッグ入場式
固まりに巻き込まれますとボコボコに殴られますので集団戦は個別撃破、1点集中が肝要なのです。
相手のペースになってはいけません。
加えて相手はかなり酔っているみたいでパンチが大ぶりです。
これなら勝てるという自信が確信に変わりました。
次のお兄さんは、小僧!東洋大学の△△をなめているのか、と大きな声で威嚇したので、相手がこの決めセリフで息を吐いた時にヒネリを効かせたハイキックを一閃、これも高さが足らずでしたが、足らない分お兄さんの首筋に当たり、これまた腰砕けです。このお兄さんにも脇腹への廻し蹴りをプレゼンとしました。
闘うと時に大声をだしますと体に力が入るので防御が弱くなるのです。
大声で威嚇すれば勝てると思っているのでしょうが、ストリートファイトはそんなにも甘くはないのです。
これで3殺です。
退路が開けました。


フリネタに合わせました。
ノッテいる時はこの曲でしょう!



IMG_8775

IMG_8761

IMG_8760
今日は秋葉原に出没です。
秋葉原は食べるところが少ないのでヨドバシAKIBAのレストラン街にやってまいりました。
今日のお店は「たん之助」さんです。

住所: 東京都千代田区神田花岡町1-1 ヨドバシAkiba 8F
電話:03-5298-1929
定休日:無休

IMG_8771
お店の外観です。

IMG_8766
店内の雰囲気です。

IMG_8765
メニューです。

今日のオーダー「牛カルビ焼き定食&トロロ」@1,380+@200=1,580円です。
このお店は焼肉トラジの牛タン専門店だそうです。

IMG_8767
待つこと3分でテールスープと麦飯ととろろの到着です。

IMG_8769
待つこと7分で牛カルビ焼きの到着です。
見た目、色が濃いですね。
それでは実食です。
ハラミは軟らかくとてもジューシーでしたがそれ程美味しくありません。
タレが濃いのは肉が不味いからでしょうか?
なにか今一ですね。
付け合わせの南蛮味噌がいいアクセントでしたが量が少なすぎます。
これで1,580円ですか。
所謂「コスパ悪し」のお店と言わせていただきます。

それでは(^_-)

高島平 カフェ ハナハナ

今日は「雷門DE大乱闘 其の弐」です。
kendo01
当時の私の戦闘能力ですが、まずは剣道弐段です。
剣道での戦績は、都大会個人戦でベスト16位が最高位です。
従いまして、そこそこの運動神経は有しています。
剣道をやっていたものですから、動体視力は常人より格段に発達しています。
当時、仮に人から殴られても、そのパンチは容易に見切れることができたのです。
加えて、高校三年生の時の剣道の稽古の後には、後輩の防具の面をサンドバッグにしてハイキックを交えた廻し蹴りの練習を相当熱心にやっていたので、その技量は卓越したものがありました。
実際のストリートファイトでは、ほとんどのパンチはヘッドスリップでかわし、すぐに得意技のミドルキックを相手のボデイへ打ち込み、その衝撃で腰が折れ上体が崩れ落ちた際、狙いすましたように頭部への廻し蹴りを決めていたので、相手は地球にキスする事になっていたのです。
私はその相手がキスした一瞬の隙に一目散に逃げ去るのです。
特に私は高校生の時に短距離も早かったのでその逃げ足は速かったのです。
e7bcb731e1197fc8375dfc1d63bbd6be_400
先輩達も戦線が有利になった時点で脱兎のごとく逃げ去ります。
たまに根性のある者は我々が逃げた後を追いかけてくるのですがそこは土地っ子です。
浅草の裏道の中の裏道を使って逃げるので、必ず途中で見失ってしまうのです。
気分はマジに逃亡者です。
そして逃げる際は先輩が必ず落ち合う店を符牒でいうので、皆が逃げきった後にそこへ三々五々と集まります。
そこでその日の反省会をするのです。
ちなみにドロドロの乱闘は、大きな怪我につながるのでお互いにご法度というのが当時の不文律でした。私達の先輩は喧嘩慣れしいて強かったので、強そうな輩と対峙しても最後のケジメはつけたがる人達だったのでした。
しかし私達が将来ある学生だったこともあり、必ずいつも途中で切りあげてくれて、一緒に逃走ゲームを楽しんでくれたのでした。したがって後々でこじれたりもめたりすることは皆無でした。
510NCHYQV4L
今このように思い返しますと下町っ子の「禁じられた遊び」のようなものだったのでしょう。
個人的には暴力反対ですが、若い時は喧嘩の一つや二つは必要だと思っています。
そういうことを通過儀礼でしておかないと、今の新聞紙上をにぎわす陰湿な殺人に発展するのです。
やはり人を殴る痛みと、人から殴られる痛みは体で覚えておきませんと・・・


フリネタに合わせました。
「逃亡者」といえばこの曲でしょう!



IMG_8742
今日は高島平に出没です。
このお店はよく珈琲を飲みにお邪魔していましたがランチは初めてです。
今日のお店は「カフェ ハナハナ」さんです。

住所: 東京都板橋区高島平8-9-1 グリーンコーポ高島 105
電話:03-6906-8741
定休日:不定休 (お問い合わせ下さい)

IMG_8743
お店の外観です。

IMG_8750
店内の雰囲気です。

IMG_8744
メニューです。

今日のオーダー「手ごねハンバーグプチデザート付き」@900円です。
IMG_8747
待つこと8分で「スープセット」の到着です。
塩味控え目のコンソメスープはヘルシーです。
良い味わいです。

IMG_8748
待つこと12分で「手ごねハンバーグ」の到着です。
見た目幼稚園のお弁当みたいです。

IMG_8749
それでは実食です。
これは見た感じの味わいです。
野菜が多いのでしょう、ニクニクしていなくてたまにはこのようなハンバーグもいいですね。
体に優しい感じです。

IMG_8752

IMG_8751
食後のデザートと珈琲です。
デザートはゼリーと羊羹です。
まずますですよ。
ゆったりと食事ができました。
ただしこのお店は時間帯によっては主婦軍団が占拠している場合がありますので、その不幸に巡り合いましたら早めの退店をお勧めします。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ