下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

2016年09月

八丁堀 キャプリス

今日は「せっかちとゆったり」です。
無題
多分この世にビジネマン近代五種の中に「せっかち」という種目があれば、多分地区代表くらいになれる自身があります。仕事はほとんどためません。
正しくは、ためるのが嫌なのでどんなに遅い時間になろうとも、やると決めた事は必ず終わらせます。
やると決めたことをそのままにしては多分寝られないのだと思います。
だから部下は可哀想な気がします。
私生活でもそうです。
踏切では警報機が鳴り出しても絶対に止まらず、遮断機が降りきらないうちにダッシュして渡り切ります。
信号は青信号になる前にわたり始めます。
忙しい時の食事はほとんど噛まずに飲みこんでいます。
よくその速さに瞠目した店員さんから、ちゃんと噛んでいるのですか、と聞かれれば、私は胃に歯がありますのでそこで噛んでいます、と返しています。
多分下町生まれのせいです。
下町の子供はセッカチになるように躾けられています。
よく人から頼まれると、よっしゃ。オイラに任せとけ、と言って一目散に走り出して、10〜20mくらい走ってから、急に反転し真っ赤な顔で戻ってきて、ところでどこにいくんだっけ、ってぇのは決して落語の中の話ではなくよく見かけられた光景であります。

その裏返しで時間に遅れるのか大嫌いです。
従いまして約束の時間には1時間前には着いています。
待ち合わせ場所は必ずベローチェのようなどこかのコーヒーショップを指定します。
たまに私同様の人がいて約束の場所に30分前にくると、そこにいる私がすでに仕事の佳境状態ですので、時間に遅れたのかと思って、遅れてすみませんと、謝られますが、私がまだ約束の時間の30分前ですよ、といいますと、あぁ驚いた。といわれます。
あるプロジェクトで東京から飛行機で出張する事がありました。
そのときは大阪、九州からそれぞれの会社の面々も飛行機で移動し、とある地方空港で待ち合わせしたのです。
その時の東京は、とある事故で都内の交通が滅茶苦茶な状況になり、皆、私が遅れるだろうと予想して現地で気を揉んでいましたら、私がオンタイムに来たので驚いていました。
その時は予定の2時間前に家をでていたので事なきを得たのでした。
せっかちの効用です。

のんびりの人よりも、せっかちな人の方が、健康を害しやすいのは確実だそうです。
急いでいる人は、交感神経が過剰に働いて、副交感神経がうまく働いていません。
つまり、リラックスするのが下手ということみたいです。
アメリカの精神科医、フリードマンとローゼンマンが発表したデータでは、早口、早足、早食いの人ほどの心臓疾患になりやすいとありました。
せっかちな人は、のんびりの人よりも3倍、心臓の病気になりやすく、脳卒中のリスクも高いのですって。
という事は昔の江戸っ子の多くは心筋梗塞か脳卒中で亡くなっていたのでしょうね。
スピードや効率が重視される社会ですが、急ぎ過ぎて空回りしたり、健康を崩したりしては意味がありません。
一旦落ち着いて、ゆったりする時間は家庭でも仕事でも大切なのだそうです。
いいじゃないですか死ぬのもせっかちですから。
完璧にお臍が横向いてしまったみたいですね(笑)


ペプシ桃太郎CM



今日は八丁堀に出没です。
地元の取引先から美味しい洋食屋があるとのことでお邪魔しました。
今日のお店は「キャプリス」さんです。

住所: 東京都中央区八丁堀2-10-3
電話:03-3553-5388
定休日:日曜日・祝日

IMG_5290
お店の外観です。

IMG_5295
店内の雰囲気です。

IMG_5291
メニューです。

今日のオーダー「豚ロースの生ハムチーズ焼き」@950円です。

待つこと4分でスープとサラダが到着しました。
IMG_5292
溶き卵スープ美味し、エッジの立ったサラダ美味しです。
自家製のサウザンドアイランドドレッシングがいい味わいしでした。

待つこと10分で「豚ロースの生ハムチーズ焼き」の到着です。
IMG_5293
「豚ロースの生ハムチーズ焼き」は豚と生ハムとチーズの三位一体の味わいです。
シャリアピンソースが味を締めています。美味しいです。
小海老のトマトクリームスパゲッティがいいお味です。
なかでも小海老がプリプリしていて結構な弾力もあり高評価です。
カップカレーピラフが意外に香ばしくて驚きです。
梨の角切りには驚きました。みずみずしいです。
小技のきいたプレートです。
ここのシェフはなかなかの腕です。
やはり紹介のお店は裏切りませんね、ハイ。

それでは(^_-)

神田 東京ブッチャーズ

今日は「タイムマネジメント」です。
20160609134933
時間のムダを減らし、業務を効率化するために見直したい4つのポイントがあるそうです。
見直すべきポイントは4つ。
「時間の組み立て方」「スキマ時間の使い方」「オフィスでの動線」「職場コミュニケーション」だそうです。
全部をフォーカスしますと冗長になりますので、その中で「時間の組み立て方」を取り上げます。
まず朝の就業前に、1日の予定を組み立てます。
「10:00〜11:00 打合せ」「11:00〜11:30 Aさんに資料作成のレクチャーを受ける」など、30分単位で時間とともに仕事を組み立て、それぞれの所要時間を朝のうちに予測しておきます。
そして、終業後、予測と比べてどうだったのかを振り返ります。
長引いた場合は、なぜそうなったのかも検証。すると、「上司に相談して判断しなければならなかったが、席を外していたので待っていた」「問い合わせのメールが来たので手を止めて対応した」など、予定が乱れる要因をつかむことができます。
これを毎日繰り返すことで、自分が時間をどのように使っているかを客観的に分析、理解できるように。
「上司に相談するならこのタイミングで」「この時間帯は電話が入りやすいので集中力が必要な仕事はしない」「この作業はこの時間帯のほうがはかどる」といったように、ムダなく仕事を組み立てられるようになるでしょう。
参考文献「リクナビNEXT JOURNAL」

タイムマネジメントは私が一番大事にするところであります。
多分上記は一般職の方のアサイメントなのでしょう。
個人的にはまずは「すべての仕事に期限を決めろ」ですか。
加えて申せば上司は、言い放しではいけません
任せ放しでもいけません。
指示した人間は、口に出さなくても、自分なりの案を持っておく必要があります。
きちんとできていたら「よくやってくれた」と一言かける事も肝要でしょう。
そして「改善は巧遅より拙速」です。
「もっといい方法を見つけてから」よりも「思いついたらまずはやってみる」の方が道は開けます。
これでしょう。
最後に「どうすれば可能になるか」です。
やろうともせず、できない理由ばかりをあげつらう人は、上下に関係なく食い下がります。
不可能なことでももがく事で進歩するのです。
多分毎日毎日もがいていれば、気がつかない内に、もがく内容は上質のものとなっています。
間違いありません。
たまに部下に、困ったことがあったらな、風に向かって俺の名前を呼べ、どこからでも飛んできてやるから、と言っています。物理的には無理ですが気持ちはそのつもりなのであります。


喧嘩上等!



IMG_5385
今日のお店はリベンジ店です。
まずは前回の内容をご覧ください。

今日は神田に出没です。
IMG_4292
今日は攻略店「東京ブッチャーズ」さんに行こうと思って出向きましたら混んでいたので見送りました。

無題

IMG_4293

IMG_4294
そして所要を済ませて二回目に着いたのが13時55分でした。
ラストオーダーは14時だと書いてあったのに閉まっていました。

という事で今日のお店は「東京ブッチャーズ」さんです、

住所: 東京都千代田区内神田3丁目10-4 富士会館1F
電話:03-6206-9829
定休日:日曜日、祝日

IMG_5388

IMG_5390
お店の外観です。

IMG_5393
店内の雰囲気です。

IMG_5389
メニューです。

今日のオーダー「肉屋のステーキプレート」@950円です。

IMG_5391
待つこと0分でお水とスープが到着しました。
オニオンスープですか想定外に美味しかったですね。

待つこと17分で「肉屋のステーキプレート」の到着です。
IMG_5398
見た目ニクニクしていて美味しそうです。

それでは実食です。
IMG_5395

IMG_5397
肩ロースはミディアムレアです。
美味しいですね。
フレンチフライは特段のサプライズもなく箸休め的にいただきました。
特筆するのは骨付きフライドチキンです。
これはステーキより美味しかったです。
すごく早食いですが最後の一切れは冷めかかっていて、あたかも12時を過ぎたシンデレラみたいに、普通の硬い肉に変わっていました。
ここらへんが限界ですか。
それとかなり窮屈な席に詰め込まれましたので、隣の人と肌触れ合わないようにして食べるには苦労しました。
このようにして気を使ってまで食べるのは好みではありませんので再訪はありません、ハイ。

それでは(^_-)

横浜中華街 東光飯店別館

今日は「偏向報道」です。
ベスト電器は7月6日、通販サイトで価格誤表記があったと発表した。ソニー製23V型液晶テレビで、15万3000円とすべきところを1万5300円と誤って表記し、10時間で4万台以上の注文が殺到した。
誤表記の価格での注文には応じられないとしている。
誤表記があったのは「Yahoo!ショッピング」内の「ベスト電器新宿店ネットショップ」
ソニー製23V型液晶テレビ「ハッピーベガ KDL-S26A10」を、7月5日午後10時ごろから7月6日午前8時ごろまでの約10時間、1万5300円と誤表記し、6400件、4万816台の注文が殺到した。
ミスは外部の指摘で発覚した。
同社は、ミスを謝罪するとともに、今後同様なミスがないようチェック体制を強化するとしている。
同社窓口には電話が殺到し、7月6日午後2時半現在もつながりにくい状況が続いている。
「ITメディアニュース」より転載

この事件は今から11年前に起きた事件です。
当時の液晶の値段は1インチ1万円ですから当時の値段を換算すれば23万円になります。
従いまして15万3000円はかなりお安いのです。
今回の顛末は再確認を怠った事で0をひとつ付け忘れたわけというわけです。
これはとても後味が悪い事件でして、6,400件の注文の中にはこのヒューマンエラーに乗じて1,000台を注文した商売人もいたようです。
ベスト電器の対応は、即座に新聞発表して表示ミスを詫び
「受付開始前に訂正もした。1桁間違いでの販売をしない」事を伝えました。
ところが数日後、某新聞が「これは如何なものか」との記事を書いたものですから、抗議が殺到し結果1人1,000円のお詫び金を払う事になったのです。
ごめんで済んだら警察いらん、という反社会勢力的な圧力により、総額640万円が支払われたのです。

28174009016
この話を知り元人事の経験で申しますと、これは不当利得の返還を定めた民法第703条の「不当利得」に当たるのではないでしょうか若しくは恐喝か。現在は法務から離れていますので正鵠を射ていなかったらあいすいません。
例えばコンビニでポカリスエットと週刊誌を800円の品代を5,000円札で支払って、4,200の釣銭を、店員さんが五千円札を一万円札と錯誤して9,200円の釣銭を支払ったとします。
このうち5,000円は不当利得の返還を定めた民法第703条の「不当利得」に当たります。
気がついているのに「自分のものになるかもしれない」と思って黙っていると、刑法第246条1項の「詐欺罪」にも問われます。間違いと認識した時点で、申告する義務が生じるからです。
ちなみに気づかずに家に戻り、そこで気がつくこともあるはずです。
その時点で店側に連絡して、返金しましょう。
これを怠り懐に入れると刑法第254条の「占有離脱物横領罪」に該当します。
いずれにせよ、場合によっては罪に問われるわけです。
実際はこのレベルでは訴訟にならないとは思いますが、罪は罪です。
最近メディアではあり得ないマイノリティーイベントを支援して、変な方向に誘導する傾向があります。
近い将来偏向メディアは淘汰されていくのでしょうね。
否、淘汰されることを祈っています。
偏向報道は忌避しましょう・・・


ゴジラ、横浜に来襲



今日はゴジラが来襲した横浜に出没です。
最近の横浜の小景です。まずは街並です。
IMG_5347

IMG_5348

IMG_5351

IMG_5376


占いが人気です。
IMG_5377

IMG_5378

食べ放題が人気です。
IMG_5349


今日のお店は迷いに迷って選んだお店です。
今日のお店は「東光飯店」別館です。

住所: 神奈川県横浜市中区山下町147
電話:045-662-0566
定休日:年中無休

IMG_5352

IMG_5353

IMG_5354
お店の外観です。

IMG_5362
店内の雰囲気です。

今日のオーダーは悩みました。
IMG_5355

IMG_5358

original
順当なら「東光チャーハン」にするところなのですが、チャーハンの上に中華丼の餡がのっているように思えて、ちょっと邪道かなぁと思い見送りました。

IMG_5357
あさりのトウチ炒めは、空豆と唐辛子でできた辛味調味料、豆板醤を使ったものなので、お店の方にどの位スパイシーなのかなと思い聞きましたら、、辛くないよ、と言われたので見送りました。

IMG_5366
結局薬局放送局で決めたのは「とんそくの醤油炒め&ご飯」@1,500+@200=1,700円にしました。

IMG_5367
お酒も飲まないのに、料理ができるまでにどうぞ、とピーナッツの唐辛子炒めをいただきました。
このピーナッツはビールに合うのは言わずもがなですが、飲まなくてもイケました。
美味しいです。

待つこと15分で「とんそくの醤油炒め&ご飯」の到着です。
IMG_5370

IMG_5374

IMG_5359
見た目美味しそうです。

それでは実食です。
IMG_5371

IMG_5372
豚足美味しです。
コラーゲンはプリプリ全開です。
このトロトロの肉を歯でそいでしごく快感は筆舌に尽くせません。
加えてスープは醤油トロミで八角がしっかりとしみ入っていて、甘みと辛みも相俟まり得も言われぬ味わいです。
これはほとんど天国状態です。
熱さも最後までハフハフですのでご機嫌で完食しました。
店員さんの気配り接客も心地よかったです。

IMG_5382

IMG_5381

IMG_5380

IMG_5383

IMG_5384
このお店を後にして中華街を逍遥していたら同発中華洋菓子売店さんが目に入ってきました。
家族のお土産として、マカオ名物「エッグタルト」、同店の女性のお気に入りNO.1「コナッツタルト」と朝食に是非という「馬垃羔」という蒸しパンを求めました。
いずれも美味しかったですよ。

それでは(^_-)

築地 きつねや

今日は「ネタバレ君の名は。」です。

映画「君の名は。」をFBの友達が大絶賛していたので流行に敏感な私はこのメガヒットの映画を観に行ってまいりました。事前に調べましたら、この映画のキーコンセプトは古今和歌集で詠まれている「思ひつつ寝ればや人の見えつらむ 夢と知りせば覚めざらましを」という和歌なのですね。
この歌は、実は小野小町の詠んだ歌なのです。
好きな人を思い続けていたらなんとその人が夢の中目の前に現れたのです。だけれども目を覚まして、それが夢だったときのがっかり感という誰しもが経験したことがあろう恋の気持ちを歌ったものです。

1472453958_2_1_0d964abf4637ee48344f485ac83037a7
最初は話がしたいなと思う。
そしてもう少し長くそばにいたいなと思う。
すると少し気持ちが高まってこの人を幸せにしたいなと思う。
この人の為なら命なんかいらないと思う、みたいな初心者恋愛入門編から、ロープで繋がった二艘のボートのように、綱を切ろうと思っても、それを切るだけの刃物がどこにもないみたいな熱い感情に昇華していくのですが、いつまでも繋がっていたいという二人が組み込まれた運命により切り離されてしまう・・・
とこのように書けば純愛ものかと思うのですが、その実態は破滅という渦に巻き込まれていく悲恋をSFチックに味付けしたものです。
ストーリーの後半はかなりメビウスの輪的でわかりにくいのですが、美しい映像がそれをカバーしているので気にはなりません。

若い時の夢で、かけがえのない女性に出会い、あともう少しでその愛が成就するという時に、母親の、学校よ、早く起きなさい。遅刻するわよ、と言う声で目が覚めて、今いいところだったのに、と怒ってもう一度寝直したら、続きが見られなかった感じに似ています。
要は「いつまでもこの夢を見ていたい」と感じさせる映画です。
加えて映像の美しさによって東京や飛騨の街を現実以上に美しく変えてしまう手腕には驚かされました。
希望という名のあなたをたずねて 遠い国へと また汽車に乗る あなたは昔のわたしの 思い出、というような感じですか。

9月19日までの累計成績は動員698万79人で興業収入91億473万9,000円です。
まさかの興業収入100億円突破にリーチをかけたみたいです。
アニメキングであるジブリを完璧に追い抜いたといっても過言ではないと思います。
一食抜いても是非観てください。



IMG_5419

IMG_5420

IMG_5421

IMG_5422

IMG_5423
今日は東京で一番話題騒然な築地市場に出没しました。
今日のお店は「きつねや」さんです。

住所: 東京都中央区築地4-9-12
電話:03-3545-3902
定休日:日曜日・祝日、市場休市日

IMG_5433
IMG_5430IMG_5429
お店の外観です。

IMG_5440
創業以来継ぎ足されてきた八丁味噌ベースの特製ダレでグツグツと煮込まれたモツ
は圧巻であります。

IMG_5435
メニューです。

今日のオーダー「ホルモン丼+半熟玉子」@850+@50=900円です。
このお店は昔よく来ました。
過去の記憶で申せば、このお店のホルモン丼は、熱々の丼に大量の七味を真っ赤になるまでかけまわして一気呵成に食う、食う、食うで、即座に腹に収めることを目的にしていました。
美味いか、不味いかと申せば、腹にすっすっと落ちていくので美味いにきまってるじゃねえか的な味わいです。
要は市場関係者のファストフードですからね、早く食べられ、栄養があり、安い事が求められていたのです。

IMG_5436
待つこと1分で「ホルモン丼+半熟玉子」の到着です。
見た目美味しそうです。
どんぶりの具は国産牛の小腸、肺、コンニャク他諸々です。

IMG_5438
大量のネギをどかすとこんな感じです。
それでは実食です。
ホルモンが柔らかいですね。
八丁味噌が甘からずで結構です。
味ですか・・・
ホルモン丼ですから正直に申せば牛丼の方が美味しいですよ(笑)
で〜も噛みしだく度にパワーが体内に染入っていく感じになります。
ここで美味い不味いは野暮です。
ただただ無心に食べれば、食べ終わった後に、莞爾として笑っている自分がいます。

それでは(^_-)

新宿三丁目 ビフテキ家あづま

今日は「親子」です。
巷間でよく耳にする言葉として、次のような言葉があり、それを思い出しました。
「夫婦の縁は切れても、親子の縁は切れない」
これですね、子供は親のコピーです。
私は亡父とはしっくりいっていなく、その為に性格は母親似としていたのですが、この粘着質、よく言えば頑張り屋のところは父親似だと思います。
父親が亡くなってしばらくして、ひょんなことからかつての父親の取引先の専務と会う機会がありました。
その方から、あなたのお父さんはとても頑張り屋さんだったし、従来の枠にとらわれない斬新な事に着手していた方です。起業して間もないころは、多少心配しましたけれど、短期間で軌道に乗せた手腕はたいしたものですよ。
それに当時でも珍しかったのですが、締日になると私たち仕入先に小切手をもって支払いにきておられましたが、「若いのに大した気配りだな」とうちの社長ともよく話していました、と言われなんか自分にかぶるなと思ったのですが、私が父の性格を受けついたというのが正しいのです。
そう思った瞬間その血統というかその性(さが)に愕然としたことがあります。
ということで今日のフリネタは「親子」です。

おずぼーん
BSジャパン「ワタシが日本に住む理由」でブルース・オズボーンさんの事を知りえました。
そこでブルース・オズボーンさんの「親子写真展」が新宿のオリンパスギャラリーで開催されるのを知り、それではという事で出向いてまいりました。
以下にいくつかの画像を紹介しますので、親子の絆をこの写真から感じ取ってください。IMG_5313

IMG_5318

IMG_5319

IMG_5320

91

img_161_1471594522

IMG_5317

IMG_5316



ふわふわのホットケーキを作る方法



IMG_5321
という事でこの流れで新宿三丁目に参りました。
すこしだけ新宿三丁目小景をご紹介します。

IMG_5322

IMG_5326

yjimage1
ご存知「新宿末広亭」です。
今日は春風亭一之輔さんがトリを取られるようです・
すごい行列ですね。

IMG_5323

IMG_5324

IMG_5325
これまたご存知「どん底」さんです。
幾多の芸能人がこのお店の前で血沸き肉躍る大乱闘を演じた事でしょうか。
という事で今日のお店は「ビフテキ家あづま」さんです。

住所: 東京都新宿区新宿3-6-12 藤堂ビル 1F
電話:03-3351-0188
定休日:無休

IMG_5327
お店の外観です。

IMG_5331
店内の雰囲気です。

IMG_5328
メニューです。

今日のオーダー「メンタイピラフオムライス豚の生姜焼き」@1,000円です。

IMG_5330
待つこと6分で「コンソメスープ」が到着しました。
これは超美味しいです。
流石創業昭和21年です。

IMG_5332
待つこと12分で「メンタイピラフオムライス豚の生姜焼き」の到着です。
見た目貧相です。
ちょっとなぁとため息もでました。

IMG_5333
気を取り直して実食です。
まずはメンタイピラフオムライスをスプーンで一口いただきました。
ふ〜ん、こんなものかと思って咀嚼していましたら、20秒位たってから絶妙な美味しさに
変わったのです。
トロトロと玉子とケチャップメンタイピラフって合うのですね。
これには驚きました。
かなりの美味しさです。
一気呵成に完食しました。
ちなみに付け合せの「豚の生姜焼き」は、銀杏の調理、い(煎)るだけ、でした。
お後が宜しいようで・・・

それでは(^_-)

続 花巻 山猫食堂

今日は「ネタバレ後妻業の女」です。

婚活大国ニッポン。今、日本は世界でも類を見ない婚活ブームです。
結婚相談所は全国に4000社、利用者は60万人と言われています。
そして、婚活世代は以前とは様変わりしています。
長寿化や核家族化に伴う結婚観の変化や、2004年以降の段階的な年金制度改正によって離婚後も夫婦で年金が分割可能となったこと等も影響し、「熟年離婚」が劇的に増加しました。
一方で、未婚の中高年男性も急増しており、50歳の時点で一度も結婚経験がない男性は、2010年時点で5人に1人、1995年から2倍以上も増加しました。
また、65歳以上の一人暮らしは約600万人、男性の5人に1人、女性の2人に1人が独身です。
その結果、50代以上の世代による「熟年婚活」が急増しています。
離婚後のセカンドライフを楽しみ新たなパートナーを望む人々や、未婚の中高年男性をメイン顧客とした熟年層向けの結婚相談所や婚活サービスが巷で人気を博すようになりました。
そんな世相を背景に、結婚相談所で効率よく相手を見つけ、資産を狙って結婚詐欺を働く犯罪が「後妻業」です。
最近でも、京都で起きた事件が大きく世間を騒がせていましたね。

7df7d8c5a602b3ba7c41a76fb858568081ea18971470135486
という事で、私たち夫婦の共通の趣味は映画観賞です。
つい先だっては「シンゴジラ」を観にいきました。
これは私の希望です。
そして奥様の希望が今日のフリネタの「後妻業の女」です。
実は奥様は大竹しのぶさんのファンなのです。
この映画は面白かったです。

p1p6p2
役者がいいですね。
特に主役の大竹しのぶさんと小野真千子さんの演技が良かったです。
二枚目俳優の豊川悦司さんもこんな演技もできるのだなと感心しました。

p20
柄本明さん等脇を固める役者さんも渋い演技をしていました。
個人的には関西弁での口跡が奏功したのだと思っています。
65歳以上の一人暮らしは約600万人、男性の5人に1人、女性の2人に1人が独身という事から今、連れ添い婚正しくは看取り婚ですかこれがブームみたいです。
かかる中、この映画を観て70歳までは色恋沙汰はあるのだなと実感した次第です。
ブラックユーモアなエンディングがこの映画の暗さをすべて浄化してくれました。
個人的に良かったのは二つです。
大竹しのぶさんのエロいツイストと大竹しのぶさんと小野真千子さんの乱闘シーンの二点です。
見にくいのですが乱闘シーンのリンクを貼っておきました。
これからこの映画を観に行こうかなと思っている人は絶対に見ないでください。
一食抜いても「是非」の映画です。


IMG_5050

IMG_5052
今日は、イーハトーブ(宮沢賢治の創った架空の理想郷)花巻に参りました。
今日のお店は注文の多い料理店「山猫軒」駅前店さんです

住所: 岩手県花巻市胡四王1-3-3
電話:0198-31-2013
定休日:年中無休

IMG_5051
お店の外観です。

IMG_5057
店内の雰囲気です。

IMG_5055 (2)
メニューです。

今日のオーダー「焼肉定食(みそ汁、小鉢、お新香付)」@1,250円です。
IMG_5058
待つこと7分で「焼肉定食(みそ汁、小鉢、お新香付)」の到着です。「焼肉定食」なので韓国風すきやき(チョンゴル)みたいな甘辛いものを想像していたのですが、その実ポークソテーでした。
見た目豪華です。

それでは実食です。
IMG_5059
肉が柔らかくて美味しいです。
和風醤油ソースが絶妙な味です。
和風醤油ソースは、お肉に小麦粉をつけて焼くので、ちょうどいいトロミがつくのです。
想像を超えた美味しさです。
野菜も上手にソテーされています。
ここのコックさんはかなりの腕ですね。
大満足のランチでした。

それでは(^_-)

錦糸町 亀戸餃子

今日は「成駒屋醜聞」です。

芸能人のゴシップネタには興味はありません。
しか〜しこの囲いインタビューをたまさかみて驚きました。
三田寛子さんってかなり頭が良い方なのですね。
この人は多分実業、虚業いずれかの世界に身を投じても成功されたでしょう。
驟雨の中のこの会見から、以下の発言が飛び出しました。
「私たちを育ててくださいました七代目中村芝翫である父、この父がいつもなにかと雨が降る『雨男』として有名でございまして、今日も急に、ここに向かう最中に大雨が降り出しました。
父がもっと気を引き締めて頑張らねばいかんぞということと、敦子(三田の本名)を守ってあげなきゃ、女の子だからかわいそうに、ドキドキしながら会見を受けるだろうという思いで、父がきっと私を守ってくださる雨だと思います。」
この当意即妙の発言は、思わず、この人できるな、と感動すら覚えました。
成駒屋という屋号のリスクマネジメントの点でもこの会見は申し分がありませんでした。

一方のご主人の中村橋之助さんは、幼弱性が強い方だなと臆断しました。
乳母日傘で育ってきた甘さの露呈ですね。
多分結婚前はご両親が結婚後は三田寛子さんが困った時には助けてくれていたのでしょう。
これは成駒屋に限らず歌舞伎界全体にいえるのではないでしょうか。
特に成駒屋は、五年前の兄福助さんの不倫騒動では、福さん助との間に子どもができたものの流産してしまったそうですが、福助さんは直撃した同誌記者に対して「なんで僕の子どもとわかるんですか!」と人の命を軽んじた発言をしていました。

閑話休題。
そんな甘ちゃんの彼も芝翫という大名跡を継ぐので流石に20年間の愛憎を精算しなければならず、さりとて自らカミングアウトできず、意図的に密会(多い時は週に3回)し敢えて文春にスクープ記事を書かせているように思えました。もしかしたら橋之助さんと文春とのタイアップ記事かもしれません。
他力を使っての釈明は、大人のふるまいではありません。
武士の情けで申せば、他の方策が浮かばなかったのでしょうね。

ichisayo-1
最後に不倫相手の市さよさんですが、多分ですよ、京都生まれの三田寛子さんに、頭の回転の良さを含めて自らと同質のものを感じ取っていたのでしょう。
実際、彼女は三田寛子さんとは数度会っていますからね。
全く異質の女性ならそこまで拘泥しなかったのでしょうが、彼女は三田寛子さんと自分を比べてしまったのでしょう。
人間は他の者と比較されて優劣をつけられる事は唾棄します。
そういう時には多くの人は、もし私が△△だったら▲▲だったのに、のようなプロテクスト(こじつけ)をして自らを正当化します。
これが20年間も引っ張った因ではないでしょうか。
三田寛子さんを向日葵だとしますと、市さよさんは芸妓とはいいながら艶やかな隠花ですから、このディスクレ(相違)は大きいと思います。

色々と与太話を書き連ね関係者の方々には申し訳ありません。
shikan8_0929a

shikan8_0929c
三田寛子さんが会見でも申していましたとおり、雨降って地固まるということわざがあるように益々の成駒屋の益々の弥栄(いやさか)をお祈り申し上げてこのフリネタを締めさせていただきます。

今日は錦糸町に出没です。
IMG_5334
この街は隠れた名店がなく、ほとんどがチェーン店さんばかりです。
そこを意図的に避けようとしたのですが最終的には五十百歩でした。
今日のお店は「亀戸餃子」錦糸町店さんです。

住所: 東京都墨田区江東橋3-9-1
電話:03-3634-9080
定休日:年中無休

IMG_5335
お店の外観です。

IMG_5338
メニューです。

今日のオーダー「ぎょうざライス」@700円です。

IMG_5337
座ると同時にモヤシと付け皿が置かれました。

まずはつけ汁の仕度です。
IMG_5339
私の場合はここの餃子を食べる時はラー油と醤油のみです。
モヤシは見たままの味です。

IMG_5340

IMG_5341
待つこと3分で一枚目の餃子とスープが到着しました。

IMG_5342
一皿目を食べ終わるとタイミングよく二皿目が出されます。
特に二皿目は焼き色が飴色ですね。
味ですか、ここのお店は大量に餃子を食べさせるために餡を意図的にあっさりとさせています。
従いまして二皿目程度ではここの野菜餡はしっくりきません。
最低でも五皿程度くらい食べませんとこのお店の餡の良し悪しはわからないです。
皮が美味いのは間違いありません。

IMG_5336
ところでこの画像のリーマンはこのお店で約1時間座り寝をしていて、店員さんから大クレームをつけられて、強制退去させられました。
昔の下町ではよく見かけられた光景ですが、その際のオチは無銭飲食でパトカーでの連行です。
この方は流石にお金を払われたのですが、見ていて暗い気分にさせられました。
理由は簡単です。
店員さんの脅迫めいたワーディングが聞くに堪えられないのです。
ニコニコ接客していますが、その実は反社会勢力の方の脅かしとなんら変わらないと思わせるからです。
錦糸町で永年お店をやっているのだから、そのような酔客ははなから入店を断ればいいのだと思います。

IMG_5344
しか〜しこのキスグレリーマンはさらにやり手でした。
このお店を出た後、性懲りもなく隣のこの店に入り座り寝を決め込んだようです。
大昔の錦糸町はこんな感じでした。
このような負の歴史は思いしだしたくなかったな・・・

それでは(^_-)

神保町 みかさ

今日は「マオイの夕日」です。
アサヒが好きかと聞かれたのでサッポロが好きと答えてしまいました。
聞いた当人が目を白黒していましたので、よくよく聞ききましたら、朝日と夕日のどちらが好きかという事を聞かれたようです。
朝日は好きですが、なにか徹夜開けを想起させるので、今一です。
それに反して夕日は、せつない時にはその象風景を反映してそのメランコリさに没入できるので結局薬局放送局で夕日と答えました。

ffe006dd-s

66f6e36a-s
上記画像はネットより借用
夕日はいいですね。
札幌在勤の時に札幌近郊にマオイというところがあり、そこの夕日が日本で一番きれいだと思っていました。
そこで見た数多くの夕日には、自分の悩み、苦しみを浄化させるような魔的な力がありました。
子供の頃から夕日を見るたびに意味不明なせつなさで心が揺さぶられるような気持ちになるのです。
札幌を去る最後の週にマオイの丘に登って、立派になって戻ってくるよ、と誓ってお別れした思い出があります。

例えば、夕日を追っている少年がいます。
朝日だとどんどんと昇ってくので追うことはありません。
しか〜し夕日には一生懸命に走りつづければ、夕日を捕まえることができるかと思わせる不可思議な力があります。そうはいいながらも力強く昇ってくる朝日に元気づけられる事もあります。
これは自らのその時の心象風景や心の地政学の状態によって朝日と夕日の心に与える度合いが可変するからなのでしょう。
なかなか北海道に行く機会がないですが、今一度思い出のマオイの丘に登って、あれから20年経ったんだね。誓いは果たせたかどうかわからないけれど、自分に恥じることなく生きてきたよ、と語りかけたいなと思っています。


メランコリの時にはこれを聞くと元気が出ると思います・・・



今日は神保町に出没です。
IMG_5252

IMG_5251
今日のお店はリベンジです。
前回このお店にお邪魔した時は長蛇の列でその待ち時間は約1時間とのことでした。
さすがにその待ち時間にヘジリ退散しましたが、今日は大好きな帝京大病院に行く日ですので会社はお休みにしました。とことん並びます。
今日のお店は「みかさ」さんです。

住所: 東京都千代田区神田神保町2-24-3
電話:03-3239-5110
定休日:日曜・祝日

IMG_5257
お店の外観です。

IMG_5261
店内の雰囲気です。

IMG_5258
メニューです。

今日のオーダー「ソース並」@700円です。
IMG_5253

IMG_5254
開店前に着いたのですがすでに長蛇の列です。
ほとんどがリーマンです。
就業時間中にいいのかなぁ、と思わず心配してしまいました。
列が長くなりすぎたので、店内からお兄さんがやってきて、私の後ろに並んでいた人には整理券を与えて指定した時間に戻ってくるよう指示していました。
最初の整理券組が去った後にまたあらたに行列ができたので、またしばらくしてそのお兄さんがやってきて、新しい行列の人たちに整理券を配りましたが、なぜか私にも整理券を配ったのです。
炎天下に立ち続けけていた事から多少不機嫌になっていて、私は最初の行列組なので整理券をもらう意味がわからない、と声高にいいますと、問答無用で、お客さんはこの9番の整理券を持って12時15分にきてください、とまったく取り合いません。
ここでモメても仕方ないなぁと思いながらもさすがに納得できず、最初の行列組なのに、なんで私に整理券を渡すの、と再度確認しましたらまた無視されました。
さすがにチョイギレしてきて、ちょっと人の質問に答えろ、と大きな声を出しましたら、私の前に並んでいる方々がこのやり取りを見かねて、この方がいわれている通りですよ。
この方は整理券対象者ではありません。しっかりとしてください、と言ってくれたのです。
するとこのお兄さんは、それなら整理券を返してください、と言ってからまた整理券渡し作業に戻ったのです。
私に対するお詫びの言葉は一切ありませんでした。
そしてこのお兄さんは店内に入ってわかったのですが、なななんとこのお店の主人だったです。
こんな欠礼の方がオーナーなのであります。

閑話休題。
行列する事約70分で席に着くことができました。
店内を見渡すと、皆待ちくたびれたのか疲労感満載の顔で焼きそばができ上がるのを待っています。
するとどこかで、ドタン、という大音響と共に人が椅子から崩れ落ちました。
どうやら炎天下の長時間行列で貧血を起こしたようです。
すると私の右斜め前で、焼きそばを焼いていたご主人が、最近、店内で倒れる人が多いねぇ、と淡々と感想を述べていますと、サブでアシストしていた店員が、蒸し暑いからですよ、とご主人の質問に答えていました。
個人的には、そんなに倒れる人がいるなら行列の方に冷たい仕打ちではなく冷たいお水かタオルでも配ればいいのに、と思った次第であります。

IMG_5262
トッピングの面々です。
右から、からしマヨネーズ、いか天かす、紅しょうが、です。
 
待つこと9分で「焼きそば」様の到着です。
IMG_5263
焼きそばの中にはモヤシ、キャベツ、そして長方形の豚バラが入っていて、その上に白髪葱を挟んで潰し目玉焼きに青のりという層構成です。
見た目美味しそうです。

それでは実食です。
IMG_5264

IMG_5265
私はからしマヨネーズと紅しょうがをご機嫌なだけ入れていただきます。
調理の時に店主が一番に気を使ってゆで上げた平打縮れ麺はモチモチしていて美味しいです。
これですかね行列の理由は?
ソースは多分オタフクソースでしょう。
これがあればソース焼きそばの味はぶれません。
確かに層構成に斬新さはありますが、貧血になりながらも並ぶ味ではありません。
こんなに大量に安くは作れませんが、まだ私が作る下町焼きそばの方が美味しいです。
とても気分の悪い思いをしましたので再訪はありえません。

それでは(^_-)

木場 モダンタイムズ

今日は「美坊主コンテスト2016」です。
IMG_5025
最近、ヒューネラルビジネスに興味があり、エンディング産業展にまいりました。
そこで時間があったので以下のキャッチに誘われて美坊主コンテストを傍観していました。
美坊主コンテストとは、僧侶としての見た目は勿論、立ち振る舞い、姿勢などを総合的に評価し、僧侶の日本一を決めるイベントです。
これらは、厳かな時間が流れる中で培われる「こころ」の美がないと備わらないものなのかもしれません。
普段接することの少ないお坊さんの世界。
髪型だけでごまかすことの出来ない風貌。
日本一の僧侶を決めるのは、イベント観覧者のあなたです!


#参加者プロフィール
ph_haseo01
#浄土宗 大法寺(愛知県)長谷雄 蓮華
<自己PR>
「供養の駆け込み寺」を目指し活動をしております。
道に迷ったとき、困ったときに最後に訪れて頂けるよう、「不条理な事以外はNOと言わない!」がモットーです。
ラジオのパーソナリティを長年しており、リスナーからの悩み、相談に日夜お答えさせて頂いております。
落語家(白龍亭蓮華)としても活動しております。
学校、病院、各宗団体、施設、などで、笑って健康、笑って長生きを目指し、活動しております。

#曹洞宗 茂林院(東京都)佐々木 厚史
ph_sasaki01
<自己PR>
はじめまして。今回知人の推薦で初めて参加させていただきました。見た目の美しさではなく所作など立ち振る舞いや姿勢などを評価していただくということでまだまだ未熟な自分が、どのように評価されるのか、他人からどう見られているのかを知るいい機会だと思い参加させていただきました。
よろしくお願いします。

#真言宗 非公開(東京都)堀越 瑤盛
ph_horikoshi01
<自己PR>
堀越瑤盛(ほりこし ようせい)と申します。私が幸せを感じるときは、仏様の絵(仏画)を描かせていただいているときです。近々、奈良県の門跡寺院に入室予定です。
三島由紀夫さんの遺作となった「春の雪」のモデルとなったお寺です。
拝観の一般公開はしておりませんが、映画「春の雪」のDVDで山門や御本尊様は拝むことは可能です。
メッセージを読んでいただきましてありがとうございます。
会場で私をみかけましたら、気軽にお声かけいただけたら幸いです。

#日蓮宗 法榮山 真住院(千葉県)横山 諦元
ph_yokoyama01
<自己PR>
僧侶は亡くなってから初めて故人にお会いすることが少なくありません。臨終に立ち会える、若しくは間際の世話が出来ればと考え、看護師としても働いております。
そういった経緯もあり故人または家族に苦しみの共感と寄り添えの出来る僧侶でありたいと思っております。
体育大学の出身であり現在も空手道マスターズにおきまして関東大会に県の代表として出場しております。
仏道だけでなく医療、スポーツといった多方面からの視野も備えております。

優勝したのはこの方でした。
IMG_5015

IMG_5016

IMG_5014 (2)

IMG_5023
ご講話を聴いていましたが、ドレファソラシド♪みたいです。
要はミ(身)がないのです。
会場の説明では、美坊主の定義は見た目の美しさだけではない、と言われていましたが、こんな短時間で一体全体何がわかるでしょうか。
他宗教の方々はこのような軽佻浮薄(けいちょうふはく)なふるまいをしているでしょうか。
私の通勤駅ではキリスト教の信者が二日毎に駅前に立ち布教活動をしています。
無宗教の私ですが、その熱心さは私の心を揺さぶります。
1612年に幕府が行ったキリスト教を禁止した寺請証文に端を発した檀家制度に依存してきた仏教徒は、魂の救済に力を入れることなく、葬式仏教に依存してきたその400年のツケが払えなくなっただけです。
ビジネスでいえばデフォルト状態のようなものです。
たまさかこのコンテストを見たのが「エンディング産業展」でした。
エンディングするのはもしかしたら私たちだけではなく仏教界も同じかもしれませんよ・・・


先入観はいけません・・・



今日は炎天下の木場に出没です。
IMG_5248
ここらへんは裏通りに名店があるのです。
今日は那辺を念頭においてお店をさがしました。
今日のお店は「モダンタイムズ」さんです。
はたして私の直感は冴えているでしょうか。

住所: 東京都江東区木場2-18-7 1F
電話:03-3630-1180
定休日:土曜、日曜・祝日

IMG_5237

IMG_5238
お店の外観です。

IMG_5241
店内の雰囲気です。

IMG_5236
メニューです。

今日のオーダー「チョリソーのアラビータ(サラダ・珈琲付)」@900円です。
店内はほとんどが常連さんです。
いかにも下町の喫茶店です。
厨房には鬼軍曹のような女性チーフが陣頭指揮をして厨房を繰り回しています。
このピリッとした感じいいですね。

待つこと19分で「チョリソーのアラビータ」の到着です。
IMG_5242
見た目a little bit too manyですね。
これは時計の針を高校生の時まで巻き戻さないと完食できませんね。
気を取り直して実食です。

IMG_5243
味はシンプルで良いのですが食べても食べても減らない不条理の世界に没入してしましいました。
ソーセージは美味しいのですが、いかんせん量が多すぎです。
しいて苦言を申せば、鷹の爪が最後の方に大量にでてきたので、最後の方でアラビータ(イタリア語で怒りん坊)となりました。
随所で怒って欲しかったですね。
デザートのプリンはなかなかのお味です。
美味しいです。
周りを見ていますと、常連さんはフライものかハンバーグでした。
このお店ではこちらが王道なのでしょう。

IMG_5246
珈琲はなかなかのものでした。
喫茶店ですからね(笑)

それでは(^_-)

神保町 キッチン南海

今日は「私たちがプロポーズされないのには101の理由があってだな」です。
001l
「婚活」が話題になった2010年前後から20代男女の結婚率は上昇しているようですが、一方でアラサー・アラフォー女子の未婚率は上昇の一途というデータもあります。
独身期間が長すぎて、もはや未婚であることに心地よさ、メリットを感じている女性は少なくないようです。
具体的には、人間関係の煩わしさから解放される、結婚イクォール家庭ということで、家事や子育て系の悩みなど家庭を持つことで生じる気苦労があるそうです。
さら〜に独身のメリットは、時間やお金の使い方や、交友関係に至るまで、さまざまな自由を楽しめます。
いずれにしても彼女たちの独身万歳のキーワードは「自由」と「お金」みたいです。
男性に経済的、精神的に支えてもらうといった願望は「自由」という言葉の前に見事打ち砕かれています。
さながら「自由の女神」のごとくわが道を走り続ける「未婚のプロ」が、これからますます増えていくのかもしれません。

ph01
「私たちがプロポーズされないのには101の理由があってだな」という本は、独身は麻薬、結婚したい女性が知らず知らずのうちにやってしまう「プロポーズされない理由」を独身チキンレース爆走中の未婚のプロであるジェーン・スーさんが徹底解剖したものです。
この本を読んでみました。
男女同権の世の中ですから独身は結構なことだと思います。
しか〜し「プロポーズされない理由」をあげつらう事に女性の自立を毀損しているように思いました。
本著でも著者は、100を超えるリストを友人と回覧した時に「こりゃ〜できるわけがない」と大笑いして大きなため息をついたみたいですが、なにか結婚そのものを大勘違いしていますね。
さら〜に結婚とは平凡な日常をガラッと変えてくれるなにか特別なもので、私たちを夢のステージに連れていってくれる、例えば宝くじの当選のようなものと纏めておきながら、その一方で買ってもいない宝くじの当選金の使い道を考えるのと変わらないと断じていますが、これは至言です。

既婚がゴールだとすると未婚のプロフェッショナルというのはおかしいですよね。
本著の大半が男性に対する対抗意識が横溢していて読後感「悪し」であります。
よくビジネスのシーンで見かける、女性の男性化したセールスレディのように思えます。
女性は女性らしさで訴求すればいいのにと思うのですが、彼女たちは妙なプライドが邪魔してできないのでしょうね。
最後に以下の言葉で締めてこのふりネタを終わらせていただきます。
結婚は決断力の欠如
離婚は忍耐力の欠如
再婚は記憶力の欠如


ホンダ、新型「NSX」発売=人気スポーツカー、10年ぶりに復活。新開発のV型6気筒ツインターボエンジンと3つのモーターを組み合わせたHVシステム「スポーツハイブリッドSH−AWD」を採用、ボディーは炭素繊維やアルミ、超高強度鋼など複数の素材を使用し高い剛性と軽量化を実現した。価格は2,370万円。



IMG_5220

IMG_5223
今日は東京一美味しいという焼きそば屋「みかさ」さんに出向いたのですが長蛇の列です。
店員さんに待ち時間を聞けば、約1時間との事でした。
猛烈サラリーマンを演じている手前そのようなアイドルタイムはなく見送りました。
IMG_5225
という事でお店を変えました。
しか〜し今日のお店は攻略店です。
今日のお店は元祖カツカレー「キッチン南海」神保町店さんです。

住所: 東京都千代田区神田神保町1-5
電話:03-3292-0036
定休日:日曜・祝日

IMG_5226
お店の外観です。

IMG_5227

IMG_5231
店内の雰囲気です。

IMG_5228
メニューです。

今日のオーダー「カツカレー」@750円です。
このお店は小学生の頃から知っていましたがなぜか入った事がありませんでした。
1時過ぎですが行列ができています。
並ぶこと6分で店内の人になりました。
店内は活気がありますね。
これはホールスタッフさんのテキパキとした対応のせいでしょう。
小気味よいですね。昔の下町の食堂です。

IMG_5229
まずは福神漬けの紹介です。
やはりカレーにはこれがありませんと建て付けの悪い引き戸です。
しまりません・・・

待つこと6分でカツカレーの到着です。
IMG_5232
湯気で揺らいだ黒光りしています。
タップリのルーにライス、薄めのカツにかくれたキャベツがお皿いっぱいです。
それでは実食です。
IMG_5234
まずはブラックルーを一口いただきました。
辛さがほどよく加えて味が深いです。
さら〜にカツは香ばしくカラッと揚がっています。
美味しいじゃないですか。
ここからは沢山の福神漬けを加えて、ブラックルー、キャベツ、ご飯を混ぜてハッチポッチにしていただきます。
これは美味しい、ハマる味です。
あっという間に完食しました。

ここはオーダー伝票がありません。
支払の時に、カツカレーですか、と言われたので、顔についていますか、と言って口の回りをゴシゴシしたら、女性店員さんに笑われました。
顔についた食べカスでなんかで判断していません。
多分、カツカレーだったなと思っていっただけです、と言われ、私もナプキンで口の回りを拭いてから席をたったので不思議に思いました、と言いましたら、あらっ、やだわ、ですと、このような会話を楽しめるのは神田ならではですね。
また来よう〜

伊豆高原 花吹雪

今日は「Happiness 伊豆 here voI.4」です。
あまり評判がよくない私の「旅行記」ですが気にせず投稿します。
今回は「夏の伊豆でとことん泳ごうぜ」という企画です。
最終編であります。

#山から橋立にいく
IMG_5162
ホテルを後にした私たちは伊豆高原にきたので橋立までいく事にしました。
今回は山から降りていきました。
いつも浜から上っていたので初めての経験です。

IMG_5165

IMG_5166

IMG_5169

IMG_5170

IMG_5171

IMG_5172

IMG_5177

IMG_5173

IMG_5176
20分程で橋立に着きました。
橋立とは大室山の噴火により流出した溶岩が、冷やされてできたゴツゴツした奇妙な岩石がある場所です。
私と弟妹は従兄弟達とここにきては自然が造成したプールの大淀・小淀で浮き輪を使って泳いでいました。
私はさすがに大淀・小淀では恥ずかしいので橋立で泳いでいました。

父は泳げることは泳げるのですが川で泳ぎを覚えたものですから波には強くありません。
IMG_5183
ある時、皆が甲羅干しをして休んでいた時に、父は無謀にも独りで橋立の海で泳いでいました。
そんな父にとどこからともなく、まるで映画の「Jaws」のように大きな渦が音もたてず静かに父の背後に近づいてきたのです。それをごつごつした岩山の上からいち早く認めた母は、あなた。大きな渦がきているわ。
このままだと絶対にのまれるから渦に逆らわないでね。あわてちゃだめよ、って叫んだのです、
それを聞いた従兄弟たちも父に向って、▲▲さん、絶対渦に逆らっちゃ駄目ですよ。
巻き込まれたら大きく息を吸って力を抜いて渦にのまれてください。
そして渦がなくなったら、静かに上がってくるのですよ、と父を落ち着かせています。
母は、分かった?分かったら手を挙げて、といいますと、父は頼りなく片手をゆっくりとあげました。
さらに母は、溺れたら私が助けるから、安心して溺れなさい、と大声で言っています。
それから数十秒後父は大きな渦にのみ込まれ始めました。
さすがに初めての体験なので最初は渦から逃げようとしています。
それを見ていた母は、渦からは絶対逃げられないので、逆らわないで巻き込まれるのよ、と絶叫しています。
従兄弟たちも、▲▲さん、溺れても10秒位ですから安心してのまれてください、と声を掛けています。
そして父は渦にのみ込まれました。
父の体は洗濯機の洗濯物のように徐々にゆっくりと回りながら海の中にかき消えていきました。
父が海面から完璧に見えなくなってから、すごく時間がたったように思えたのですが、徐々に海底から浮かんでくる姿が見えてきました。
それと同時に、いつの間にか服を脱いで下着姿になっていた母が跳躍のきいた飛び込みをみせ海中の人となっていました。
浮かんできた父は慌てたせいか、海水をかなりのみ込み大きく咳き込んでいます。
そんな父を助ける母が傍らにいました。
今このように思い出しながら書いていますが、実の父親が溺れるところを見るなんて何ともすごい事だったのですね・・・

という事で今日のランチです。
IMG_5210
今日のお店は奥様のリクエストです。
今日のお店は「花吹雪」さんです。

住所: 静岡県伊東市八幡野1041
電話:0557-54-1550
定休日:無休

IMG_5184

IMG_5186

IMG_5187

IMG_5189

IMG_5194

IMG_5195
お店の外観です。

IMG_5197

IMG_5202
店内の雰囲気です。

IMG_5191
メニューです。

今日のオーダー「乙女桜膳」@2,500円です。
このお店は昔わが家が伊豆高原に泊まる時の定宿である「ヴィラージュ伊豆高原」内に「花吹雪」さんがあり、奥様はそれの郷愁からこのお店をアサインしたのでした。
それにしてもちょっとうんざりするくらい高級感あるお店ですね。
気を取り直して実食です。

先付:嶺岡豆腐
IMG_5196
いわゆる牛乳豆腐です。
ごめんなさいまろやかな豆腐だねという感じです。
煮豆が美味しかったのですが、煮豆は正月しか頂かないので、だからどうしたという感じです。
なにか怒っていますね。何かあったのですか?

向付:旬の地魚、青鯛と平目
IMG_5198
拡大鏡で見ながら食べないと食べた気がしないくらい小さいなお刺身です。
味ですか、すぐに喉を通過したので思い出せません。

吸物:桜花をあしらい、海藻、神馬草を入れた長寿を寿く吸物
IMG_5199
神馬草が口でネチャついて食べにくいのです。
昆布の香りが良いのですが、だからどうしたという感じです。

籠ずし;あまごも柿の葉ずし
IMG_5200

IMG_5201
羊頭狗肉みたいな柿の葉ずしです。
籠は宮内庁御用達みたいな一品です。豪華です。
IMG_5203
この籠だけで1,000円位するのではないでしょうか。
別に私はコオロギでもありませんから。
味ですか、味わえるほどの量がなく舌に味が残りませんでした。

揚物:茄子の素揚げに、地元の長命・明日葉を添えて
IMG_5204
からっと揚がっていてこれは美味しいが茄子と葉っぱでは・・・
私はウサギじゃありませんから。

桜おこわ:山海の幸をのせ、地元・大島桜の葉で蒸しあげたおこわ
IMG_5205
山海の幸のサイズは半径3儖未量明僂任后
副菜は、香木を・黒文字と共に仕込んだ絶妙な漬物である「黒文字漬」でありますが、これまでの料理の流れをすべて壊すようなとんがった酸っぱい味です。
味ですか行間を読んでください。

料理屋菓子:わらび餅
IMG_5209
青大豆粉をまぶした自家製和三盆糖わらび餅です。
3儚僂里錣蕕嗅澆任后
美味しいには美味しいが量が少ないのが玉に瑕です。

という事ですが「ヴィラージュ伊豆高原」内の「花吹雪」さんとはだいぶ違いますね。
96958
特に嫌だったのは店内セレブ女性のマウンティング話です。
彼女たちは、子供、ご主人、自分の曖昧な幸せを思いきり張り合っています。
本当に、いい加減にしてください、と言いそうになりました。
多分、それを聞いて食べていたのもあり、加えて羊頭狗肉的な料理の数々に彼女たちへの憤りを置き換えていたのでしょう。

私たちはセレブリティではありませんので、そもそもこのお店に入る資格がなかったのです。
醜いあひるの夫婦が場違いな場所に来てしまいました。
敷居が高いお店に厚顔にも訪れ、且つ大変失礼な料理評になりましてお店の方あいすみませんでした。

IMG_5211

IMG_5213

IMG_5214
お店を後にした私たち夫婦は赤沢温泉郷の運転手さんのお薦めの「徳造丸」さんで干物を買いました。
かなりの量の味見をさせられたのですが美味しかったので大人買いをしました。
このお店はこんど熱海にできる「ラスカ熱海」さんに出店するそうです。
熱海での買い物の楽しみが増えました。
今回の旅行は想像以上に楽しかったです。
人生で最上なものは過去にあるのではなく将来にあるっていいますから、また泳ぎにきたいなと考えています。

それでは(^_-)

赤沢温泉郷 レストラン沙羅

今日は「Happiness 伊豆 here voI.3」です。
あまり評判がよくない私の「旅行記」ですが気にせず投稿します。
今回は「夏の伊豆でとことん泳ごうぜ」という企画です。
第三編であります。

#まずは朝ご飯
IMG_5140

di2
昨日の作り置きの冷たい料理の恨みを熱い温泉ですっきりと流した翌朝は健やかな目覚めでした。
お腹もすきましたのでレストラン「沙羅」さんに行きました。
ここの朝食バイキングは和洋50種類以上のメニューが並びます。
新鮮な干物や旬の素材をふんだんに使い、上品に仕上げたお総菜や焼きたての干物などの和食、毎日ホテルで焼いているデニッシュパンや、朝の目覚めにやさしいスープなどの洋食があります。
デザートには瑞々しいフルーツのほか、美味しいケーキがふんだんに食べられます。
江戸の敵を長崎で討つ、ではありませんがこの朝食はご機嫌です。
すべて美味しいのです。

IMG_5136
ちなみにこれが私のプレートです。
IMG_5137
二人のプレートを並べるとこんな感じです。
私は洋食派で奥様は和食派です。

IMG_5138
特筆するのは、伊東にある浜源商店さんの「鯵の干物」です。
これはもしかしたら、私が伊豆高原一押しの「山幸ひもの店」さんより美味しいかもしれません。

IMG_5135

IMG_5160 (1)

IMG_5161
海辺を見ればもうスキューバダイビングをやっている人がいます。
ご苦労様です。

#スパを颯爽と歩く
d6

IMG_5131

IMG_5094

IMG_5150

IMG_5153

IMG_5156

IMG_5159

spa4
本日の奥様の希望は海洋深層水「赤沢スパ」でウォーキングする事です。
深海を循環する海洋深層水にはミネラルをはじめ、自然の恵みがたっぷり入っています。
海洋深層水100%のプールは細胞のひとつひとつまでをリフレッシュしてくれるそうです。
奥様は小一時間ひたすら歩いてプールをラウンドトリップしていました。
私は泡のマッサージをず〜っと体中にあてて天国に昇ったような気分になっていました。
ここはまさにパラダイスです。
朝からご機嫌です。

それでは(^_-)

赤沢温泉郷 レストラン綺羅

今日は「Happiness 伊豆 here voI.2」です。
あまり評判がよくない私の「旅行記」ですが気にせず投稿します。
今回は「夏の伊豆でとことん泳ごうぜ」という企画です。
第二編であります。
IMG_5085
ホテルに着きました。
今回のホテルはDHC赤沢温泉郷内にある赤沢温泉ホテルです。
まずはホテルの説明文を紹介します。
「赤沢温泉ホテルは、ご家族、お友達とお過ごしいただく大切な時間を温かく心地よく演出 するリゾートホテルです。 とっておきの伊豆のリゾート地、赤沢の豊かな自然が与えてくれる至福のリフレッシュタイムをぜひお楽しみください。」
IMG_5126
で〜も奥様からは、ただ泳ぎたい為に伊豆まできたのでしょう・・・
と冷たいお言葉をいただきましたが、まさにその通りです。
map_cart

IMG_5127

IMG_5129

IMG_5133
この施設は遊ぶところ一杯ありかなり気にいっています。

#とことん泳ごうぜ
IMG_5099
という事でチェックインしてすぐにプールに行きました。
ここは施設間の移動はバスを都度呼んで移動します。

最初はチャポチャポと浮かんでいましたが満を持して記録会です。
奥様はプールサイドで見ているだけです。
IMG_5086
為念、プールの長さの確認です。
プールスタッフに、50Mプールですよね、と聞きましたら、25Mプールで〜す。
短いですか?と予想だにしないお言葉をいただきました。
それでは継泳です。
泳ぎはクロールです。
長距離はクロールでしか泳げません。
まずは25Mですが余裕のよっちゃんです。
そして折り返すと体が重くなりました。
さら〜に50Mを折り返したら右の二の腕当たりに筋肉痛が・・・
すこし速度を落として75Mです。
駄目です、半分くらい溺れてきました。
ここで水死か、根性をいれて75Mを折り返しました。
なんだか頭がくらくらしてきましたら死んだ母親が目の前にでてきて、いい歳してバカな事しなさんな、と怒っています。実はこの時点でかなり水を飲んでいて、今度は半分ではなくほとんど溺れていました。
気合で頭をもたげると残り15Mでした。
よしここから気合だといって、息を止めて、全身全霊の力を込めて、手をかきます、足を蹴ります。
最後の方でまた大量の水を飲んだのでお陀仏かと思っていたら、慣性の法則でプールの端にたどり着きました。
何とか生きているようです。
その証拠に荒い息をしていますので。
ななんていうことでしょうか、たった4本でギブアップです。
昔80本を普通に泳いでいたなんて今の状態では想像すらできません。
私が大量に水を飲んだのでプールの水嵩が少しへったような・・・
キメました、来年また来てリベンジです。

#レストラン綺羅
IMG_5090
泳いだ後は奥様がDHCで化粧品を買いたいというのでお付き合いをして本日のメインイベントの夕食です。
今日のお店は「レストラン綺羅」さんです。

IMG_5083
窓際の席でしたので広大な太平洋が眼下に広がります。
激しく降っていた雨も上がってきました。
明日は雨が落ちないようです。

IMG_5101
メニューです。

まずは「お疲れ様ビール」です。
IMG_5108
私は「キリンフリー」です。
奥様は「ヴァイツエン(フルーテイビール)です。

先付けです。
IMG_5109
青菜のお浸し、太刀魚寿司、酢橘、枝豆豆腐、煎り胡桃、くこの実、割醤油、鱧八幡巻き、蓮根煎餅です。

IMG_5111
造りは、鰆(さわら)、鮪(まぐろ)、鱸(すずき)、です。
味ですか、先付はこんなものでしょう。
特段のサプライズはありませんでした。
造りは鮮度がありませんね。
特に鱸はエッジが落ちていて生っぽかったです。
刺身だなぁと感じたのは鮪くらいです。

汁物です。
IMG_5112
小鯛ひきしお焼き、ヤングコーン、ズッキーニ、木の芽、です。
これは美味しいですね。
ズッキーニの食感に魅了されました。

煮物
IMG_5113
枝豆饅頭(魚のすり身)、小倉、小茄子オランダ煮、銀餡、木の芽、です。
これは可もなく不可もなくです。
小茄子オランダ煮はふんわりと炊けていて美味しいです。

焼物
IMG_5115
かます塩やき、酢橘、芽生姜、ミデイァムトマト、海老とうもろこし揚げ、です。
焼物は全部作り置きです。
美味しい不味い以前の話です。
加熱したらできるだけ早く食べさせる。
できるだけつくり置きせず、必要量だけを調理することが調理現場の基本ではありませんか。
高級リゾートホテルでしょう。
DHCを冠している高級リゾートホテルですので、そのお名前が泣きますよ。

煮物
IMG_5119
ホワイトアスパラの茶わん蒸し、海老、百合根、占地(しめじ)、柚子、です。
茶わん蒸しも冷めています。
茶わん無視しようかなと思いましたが残すのも失礼ですので一応食べました。
しか〜し煮物もぬるいなんて、調理人の矜持みたいなものはないのですかね(笑)

止肴
IMG_5122

IMG_5124
鰈(かれい)龍飛巻き、蛇籠胡瓜、茗荷 加減酢
ご飯、京漬物、赤出汁、西京焼き、です。
西京焼きは冷たくなっています。
いつご臨終されたのでしょうか。ご成仏ください。

IMG_5120

IMG_5121
この、鰈(かれい)龍飛巻き、蛇籠胡瓜、茗荷 加減酢が美味しかったですね。
かなりのレベルだと思います
ここの板長はそれなりの腕があるのでしょうね。
多分DHCの上の方から、夕食時の混雑回避要請があり、致し方なく作り置きという板前としてやってはいけないことに手を染めて忸怩たる思いで板場に立っているのでしょう。
伊豆の人に悪い人はいませんから・・・

デザート
IMG_5125
白桃ゼリー、巨砲、チーズケーキ、ミント、です。
これは見た目とおりの平板の味です。
総じて趣ある品々でしたが冷めたら台無しです。
残念な夕餉でした。
この恨みは熱い温泉ですっきりと流しましょう・・・

それでは(^_-)

熱海 雨風本舗

今日は「Happiness 伊豆 here voI.1」です。
あまり評判がよくない「私の旅行記」ですが気にせず投稿します。
今回は「夏の伊豆でとことん泳ごうぜ」という企画です。
しか〜し昨年の熱海海岸で泳いだ後、奥様から海岸は日に焼けるというクレームがつき、今回は残念ながらプールでの泳ぎです。
札幌在勤の時に、トライアスロンレースに参加しようと練習していたので、25mプールなら80本(2,000M)くらいは普通に泳いでいましたが、今の実力はどのくらいでしょうか。
楽しみであります。
いつもながらのダラダラ綴りなのですが宜しかったらお付き合いください。

#熱海DEラーメン
IMG_5062

IMG_5063
まずは熱海でランチです。
熱海駅周辺は観光客でゴッタがえしていました。
熱海駅
さら〜に2016年11月25日(⾦)には、熱海の新たなランドマークとして駅ビル「ラスカ熱海」ができますのでさらに混雑するのでしょう。
こうなってきますと、わざわざ伊豆に行かなくても、新幹線で気軽に行けて、海あり山ありの熱海はますます賑わいをますでしょう。最近街全体がブラッシュアップしていますしね。

IMG_5067
ランチのお店に行く途中で、奥様はお土産の干物の値段をチェックしていました。

ということでランチです。
IMG_5066
今日のお店は、熱海で行列のできるラーメン屋「雨風本舗(あまからほんぽ)ラーメン」さんです。

住所: 静岡県熱海市田原本町5-14
電話:0557-85-1817
定休日:水曜日

IMG_5073
お店の外観です。

IMG_5076
お店の前の狭い路地から車が出ていきます。

IMG_5077
お店の店名の通り雨風にさらされて汚れた暖簾です。

店内の雰囲気です。
IMG_5078
待つこと26分で店内の人になりました。
立ち続けているのに疲れました。
リュックを背負って待っていたからです。

今日のオーダー
私は「ネギ塩ラーメン」@850円
奥様は「醤油ラーメン」@650円
二人でシェアした「餃子」@450円
です。

待つこと9分ですべての料理が揃いました。
IMG_5079

IMG_5080
それでは実食です。
麺は中太の平打ち縮れ麺です。
スープは豚骨系にやや魚介系のスープが合わさったような感じですが、意外にあっさりとしています。
特筆するのはチャーシャーです。
口内でトロけます。
味付け半玉は掛け値なしで美味しいです。
ネギ塩のネギはシャキシャキ感横溢で結構です。
全体的に美味しいラーメンです。
しいて瑕瑾を申せばスープの温度がぬるいですね。
このパフォーマンスなら75度くらいの熱さにすれば、さら〜に美味しくなったと思います。

IMG_5082
餃子の焼き色は良いのですが餡が今一です。
アンですかね?
個人的には韮、キャベツたくさんの野菜系の餃子なので好きなのですが、妙なエグミが気になりました。

個人的には、このお店は海亀の歩みのようなドロドロに酔っ払った時に、シメで食べると良いと思います。
そうすれば薄汚れた店内は、旅情を際立たせる一服の絵に変じる事になると思います。
演歌の世界か・・・

#目的地伊豆高原駅に着きました
伊豆高原駅3
熱海から伊豆高原に着く間、こまごまと旅費の計算をしていましたら駅に着くと、その計算の際に切符を失くしてしまったみたいです。駅員さんに事情を話しますと、今回だけですよ、と言われて改札を通してくれました。
改札をでると台風10号がもたらす風雨の出迎えです。
たしかこのブログを書き始めて初めての雨の旅行です。
なにか前途に不安の影が迫ってくるのを感じていました・・・

それでは(^_-)

本郷 ニッキカフェ 5th

今日は「家電の思い出」です。
yjimageEC5KWJWZ
私の大好きな高畑充希さん主演の「トト姉ちゃん」が佳境に入ってきました。
現在は後半の目玉の「商品試験」の序章です。
そこでは、昭和ノスタルジーである電化製品の「三種の神器」というワーディングが出てまいります。
この言葉は、1950年代後半、戦後日本において、新時代の生活必需品として宣伝されたのが白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫の3種類の耐久消費財の事をいいます。
これは歴代天皇に伝わる三種の神器になぞらえられて家電の「三種の神器」と呼ばれたのでした。
新しい生活・消費習慣を表すマスコミ主導のキャッチコピーであり、豊かさや憧れの象徴でもありました。
日本の高度成長とともに三種の神器はあっという間に全国の家庭に普及していったのです。
この頃から日本人の暮らしも徐々に豊かになって参りました。
現在におきまして、家電の三種の神器は時短家電の「三種の神器」に変わっていっています。
時短家電の「三種の神器」とは、ロボット掃除機、食器洗い機(食洗機)、乾燥機付き洗濯機の三つをいいます。
日本経済が右肩上がりになっていく中、人々が汗水たらして働き、すくない貯えの中から求めた昭和の三種の神器とは違います。
皆が買いたい、持ちたいというような憧れの商品ではないのです。
誰にとっても「なくてはならない家電」ではありません。
お金で時間を買いたいと思っている層、特に家事にかける時間をできるだけ減らしたいと思っている層には強い要望がある商品です。ちなみに我が家には何もありません。

大昔、私が新しい家電で衝撃を受けた商品があります。
それは電子レンジです。
確か父が酔った帰りに電気屋さんの前を通ったら、電気屋さんの奥さんは、父が酒に意地汚いのを知っていて、旦那さん。冷えたビールがありますよ。一緒に飲みませんか、と言ったのです。
このような誘いを絶対に断ることをした事がない父でした。
案の定、ビールのつまみは松下電器の新商品の紹介でした。
世の中タダより高いものはありません。
翌週の日曜日に、くだんの奥さんが従業員と一緒にわが家に真新しい電子レンジを持って参りました。
病弱の母はそれを見て小躍りして喜びました。
DSC05945
電子レンジを開梱して、早速くだんの奥様がデモンストレーションで洋菓子を作ってくれたのです。
それは焼きリンゴでした。
実は母は洋食が苦手で、ましてスウィーツなぞは作った事がありません。
そのような洋菓子飢餓状態の我が家で初めての洋菓子が約5分でできたのです。
これには驚きました。
さら〜に驚いたのはその焼きリンゴの美味しさです。
中までしっかり柔らかくできあがったジューシーな焼きリンゴに電子レンジと一緒に持ってきたキャラメルソースをかけ回しますとこの世の物とも思えない味わいだったのです。
この時の感動は今でも心に残っています。
従いまして、今でもアップルパイを食べますと、家族全員が満面の笑みで食べた焼きリンゴの味わいが昨日のことのように思い出されます。
これが私の家電商品での最初のリスペクトでありました・・・


さすがプロの技!



今日は久々に私の母校がある本郷三丁目に出没です。母校は嘘です(笑)
今日のお店は東大生御用達の「ニッキカフェ (NIKKI Cafe)」さんです。

住所: 東京都文京区本郷4-1-5
電話:03-6801-6105
定休日:無休

IMG_4971
お店の外観です。

IMG_0129
店内の雰囲気です。

IMG_4973
メニューです。

今日のオーダー「たっぷりキャベツと生ハム、角切りべーコン、大葉添え、ペペロンチーノスパゲティ&珈琲&アップルパイ」@1,198円です。

待つこと9分で「ペペロンチーノスパゲティ」の到着です。
IMG_4975
彩りがきれいです。
IMG_4974
それでは実食です。
シャキシャキとしたキャベツは、口当たりがよく噛みしだきますとほのかに甘さを感じます。
これに鷹の爪の辛さがからみますので得も言われぬ味わいになります。
生ハムも美味しいです。
私の好きな味わいです。

食後のデザートは「アップルパイ」です。
IMG_0137

IMG_0136
実はこれを食べたので今日のフリネタができたのです。
ここでぼんやりと虚空をみながら珈琲を飲んでいますと自然と疲れが取れてきます。
私の大切な隠れ家であります。

それでは(^_-)

秋葉原 ザ・フレンチトーストファクトリー

今日は「好き嫌い」です。
私は幼少の頃は好き嫌いが激しかったのです。
別にオマセな子供ではなく、たんに偏食だったのでした。
換言しますと病弱だったのです。
しょっちゅう熱を出しては寝込んでいました。
幼稚園もカスタネットみたいに休んで休んで行きまた休むみたいな調子でした。
小学校に上がるまではたっぷり砂糖の入ったきな粉をかけ回したご飯とバターピーナッツを大量にはさみこんだコッペパン以外はあまり食べられませんでした。
その為に小学校に上がるまではガリガリに痩せていて、まるで大飢饉があったアフリカの子供みたいでした。
実際当時も色が黒かったのでたとえて妙です。
その為に、父は私の事を長生きできないと思っていた節があります。
その為に新たに子供が欲しかったのですが、腎臓病で病弱だった母には赤ん坊を生む体力がなく、後継ぎをあきらめていました。
かかる中、第二子が授かりましたので父は小躍りをして喜んでいました。
そのために生まれた弟の名前は、今度は健康に育つようにという願いを込めて付けられていました。
昔は医学も発達していなく、子供の早死にはそれほど珍しいことではありませんでしたが、今このように思い出して書いていますと、ずいぶん残酷な話であります。

ウルトラマン
私の偏食は上述のように病弱からのものでしたが、今の子供は食べたこともないのに、見ただけで嫌だという「食わず嫌い」です。
これはとてももったいない事です。
食べてみたら意外と美味しいものだという事がわかるかもしれないからです。
知らないというだけで嫌いになるのはとてももったいない事です。
長じて健康になった私は食べ物の好き嫌いはなくなりました。
何でも食べますので海外に行っても特段の痛痒は感じません。
加えて幼少の頃の負の経験から、すごく好奇心が旺盛になりました。
今でもなんでも挑戦してみようという気持ちは高く、それは仕事でもまずはぶつかってみてから考えるというようになっております。

どんなに見た目が嫌でもまずは一口食べてみましょう。
こんなに美味しかったと思うものはいくつでもあります。
人付き合いにおいてもそうです。
嫌いな理由をたくさん見つけるのではなく、まずはひと言話してみましょう。
意外な良いところを見つけることがあるかもしれません。
昔の下町の長老は人付き合いにおいては以下のように私たちを躾ていました。
ご参考にしてみてください。

いつの世も人と人との繋がりは
ご縁に始まる義理人情
意気に感じて人肌脱いで
いなせ通すにゃやせ我慢


ナイスキャッチ!


今日は秋葉原はヨドバシカメラに出没です。
IMG_5000
なにやら美味しい「フレンチトースト」のお店があるという事でお邪魔しました。
今日のお店は今「ザ・フレンチトーストファクトリー」ヨドバシAkiba店さんです。

住所:東京都千代田区神田花岡町1-1 ヨドバシAkiba
電話:03-3255-1201
定休日:施設の休みに準ずる

IMG_5003
お店の外観です。

IMG_5006

IMG_5002
店内の雰囲気です。

IMG_5004
お店の紹介です。

IMG_5001
メニューです。

今日のオーダー「FTFクラシックトースト」@1,296円です。
まずはお店の紹介文からです。
丸型の厚切りパンで焼きあげた「世界一の幸福感」を味わえるフレンチトースト専門店。
当店オリジナルのパンに、アパレイユをたっぷりと浸みこませて、じっくりと香ばしく焼き上げた今までに無い全てにこだわり抜いた極上のフレンチトーストは、一口食べた瞬間に笑顔がこぼれること必至。

ななんと女子率99%のお店です。
まさか私以外に夕飯にこのようなスィーツを食べる輩がいたとはクリビツです。
IMG_5007
待つこと14分で「FTFクラシックトースト」の到着です。
付け合せは下からキメ細かく泡立てた最高級の発酵バター、メイプルシロップ、北海道産生クリームと蜂蜜を使用した極上ハニーホイップです。
見た目美味しそうです。

それでは実食です。
IMG_5008
ホールスタッフのディレクションは、下から順に味わってください、とのことでしたのでまずは発酵バターで頂きました。うんまろやかです。
そしてメイプルシロップです。
以外に甘さ控えめです。
最後にハニーホイップです。
これ極上ですね。想像を超えていたのか食べていて自然と笑みがこぼれてきました。
美味しいじゃないですか。
大満足なスィーツでした。
瑕瑾をもうせばもう少トーストはもう少し外硬内柔で焼き上げて欲しかったです。
量が少なかったので体重に影響はなかったのですが、次の日に体重計に乗りましたら3%も体脂肪が増えていました。当たり前ですか(笑)

8-300x300
次回は、香り高い宇治抹茶のムースとあずき、バニラアイスで構成されたコクのある和のフレンチトーストに挑戦しま〜す。

それでは(^_-)

銀座 グルガオン

今日は「今どきのドラえもん」です。
main01_large
将来、どんな便利な道具が欲しいですか? 
取材班は子どもたちに聞いてみた。対象は7月に経済産業省が都内で開いた子供向け工作体験イベントの参加者。4〜14歳の男子49人、女子13人から回答を得た。
砂盃諒さん(12)は「暇な時に何をしたらよいか見つけてくれる機械」と答えてくれた。
人工知能(AI)の進化の先に見えてきそうな機械だ。
川瀬太一さん(13)はテレビの進化を期待した。「山の空気を吸えたり、食べ物の香りを嗅げたり味わえたりする」。
嗅覚や味覚に訴える映像を思い描いているようだ。
関口悠太さん(7)は「転んだらすぐにばんそうこうを貼ってくれる」相棒を求めた。
「子どもだけで操縦できる自動運転車」(諏訪光羽さん、11)など移動にかかわるモノへの関心も高い。
気になるのは今のスマートフォン(スマホ)の高機能化を求める声の多さ。
「充電が早くできるスマホ」「壊れないスマホ」……。
「ポスト・スマホ」の未来像がこれではちょっと寂しい。
子どもたちを驚かせる道具をつくり出せるか。
大人たちの腕の見せどころだ
「『ポスト・スマホ』は? 子供の期待様々」日本経済新聞より転載

子供たちの「あったらいいな」が意外に荒唐無稽でなくてクリビツしました。
私の「あったらいいな」は、AIを駆使した画像ツールです。
それは、夢の録画です。
私の夢はほとんどが他愛のないものですが、たまにもう一度見直したいなと思う夢があります。
こういう夢に限って、本当にいいところで終わってしまうのです。
たしか脳の働きも煎じ詰めれば、化学物質の量の増減ですから、パターニングは将来可能なはずです。
仮にそれが録画できたら、その次はその夢の続きを自分の思い通りに編集できるツールです。
これ完成したら売れると思いますよ。

閑話休題。
ビジネスのシーンでは「そこまでいうか」という場面がたまにあります。
そのシーンを耳の脇に小さなCMOSやCCDを搭載した超小型カメラで録画しておいて、後はくだんのAIでいいように逆襲するのです。
所謂、この恨みはらさでおくべきか、です。
たしか近未来のTVドラマは、シーンの分岐においては、ハッピーエンドで終わるのかアンハッピーエンドで終わるのか選べるようになります。
この技術の応用です。
ビジネスのシーンでは、私はかなり言いたい放題ではありますが、さすがにTPOにおいてはそれいなりに気を使いますので自然とストレスは溜まります。
これもあったら売れると思います。

parts_04
この間、電車内で私の右隣に座っている太った女性が爆睡していて、定期的に私の方にもたれかかってきました。
妙齢で見目麗しき女性であれば、甘んじて受け止めるのですが、身長は、違うか、座高は私より高い偉丈夫な女性なのです。
加えて上述のとおり太っておられますので、腐ったチーズが汗をかいたような匂いがするのです。
最初はスグに降りるだろうと我慢して20分程、彼女の人間枕になっていたのですが、とうとう堪らず体押し返しましたら、それで目が覚めたいなのです。
私は、すみません、という謝りの言葉を待っていましたところ、なんで起こしたんだ、と逆ギレされました。
多分寝起きが悪い方なのでしょう・・・
これは即座にAR(拡張現実)で、厚くて硬い竹の定規でお尻叩き100回します。
REALなら彼女の腐った体臭が飛散するのでノーサンキューなのですが、ARなら匂いはしないのでいいかなと思うところであります。


取り直し600回に納得!



今日は華のザギンに出没です。
IMG_4952
今日のお店はザギンで一番インド料理の美味しいお店です。
今日のお店は今「グルガオン」さんです。

住所:東京都中央区銀座1-6-13 銀座106ビル B1F
電話:03-3563-0623
定休日:年中無休(年始年末を除く)

IMG_4954
お店の外観です。


IMG_4962 (2)
店内の雰囲気です。

IMG_4961
メニューです。

今日のオーダー「三色カレー」@1,050円です。
グルガオンとはヒンドゥー語で「さとうきび」です。
このお店は「ダバ・インディア」の姉妹店なのですね。
なにか期待もてそうです。

IMG_4957
入店するとここの控えの間でウェイティングです。
なにやら面接を受けるみたいです。

しばらくしてから席に案内されそこで注文をし待つこと5分で「三色カレー」の到着です。
IMG_4964
見た目美味しそうです。
三色カレーは
辛口:ポークアチャーリ(インドのミックスピクルス入り、辛味と酸味)
中辛:チキンひき肉カレー
甘口:2種類の豆、ほうれん草マサラ
です。

それでは実食です。
IMG_4965
辛口は酸味が強すぎていけません。たまに遭遇する豚コマで口内味覚を整えていました。
中辛は茫洋としていて感想はなくひき肉が美味しいねというところです。
甘口は、辛口の味がのこり過ぎて味が分らずです。
さめたら意外にイケました。
IMG_4966
残念なのはナンです。
ナンだけに難ありですか。
私は旗艦店の「ダバ・インディア」のナンが一番東京で美味しいと思っていたのに、姉妹店はきれいに私の期待を裏切ってくれました。要は甘さと軽やかさが足りませんでした。

IMG_4968
どうですかね、不味くはありませんが、ちょっと行列にだまされました。
ここにいくなら少し歩きますけれど「ダバ・インディア」に行った方が良いかなと思います。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ