下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

2015年11月

池袋 銀兎

今日は「あなたの脳は男性?女性?」です。
NHKBSドキュメント「あなたの脳は男性?女性?」を見ていました。
NHKBS
面白かったので紹介します。
番組のあらあらの内容は、以下のとおりです。
「脳の活動パターンは男女間で大きく異なり、女性が右脳と左脳を結ぶ横の動きが活発なのに対して、男性は右脳・左脳それぞれで内部の情報のやり取りを活発に行っているという。
男女の行動や感情は生まれつき脳に左右されているのか、それとも社会的な役割として学んだものなのか。
男女二人の番組ホストがさまざまなテストに基づき、議論を交わしながら検証していく」というものです。

男性は数学が得意で女性は読解力が優れているとも言われています。
実はこれらは全く道理にかなっていないそうです。
実際そうではないかとの反論に対して、女の子は数学が苦手だと思うと本当に苦手だと思ってしまうきらいがあります。この擦り込みを「自己成就予定」というのだそうです。
脳が特殊な構造でないと数学ができないという説は、脳の柔軟性を示す証拠の前では無力だそうです。

男女間で行動の違いはあります。
一部の違いは先天的なもので、一部の違いは後天的なものです。
その差はごくわずかなものです。
例えば、方角と距離だけの情報で、目的地へ到着するのは圧倒的に男性が的確に到着できると言われています。
しか〜し目に見える目印の情報では、圧倒的に女性が目的地へ到着出来るのです。
これは、原始の時代の人間に関わっていて、狩猟する男性と居住の回りで木の実や植物を取っていた女性の適正能力の名残だと言われています。
男女間でいえば12歳までの脳はその性差別がなく、12歳以降男性は男性らしく、女性は女性らしくと育てられた為その後の行動に差が生じるのです。
従いまして上述の能力は後天的なものらしいのです。
この真贋は、男の子を女の子らしく、女の子を男の子らしく育てれば、証明できるのですが、現実的に難しいのでなされていません。
要は男性、女性の脳の違いはわずかなもので、個人における小さな差にすぎません。
文化的、社会的な影響をものすごく受けることで男女の違いが生じているのです。
男性だから、女性だからという固定観念はすごくマイナスに働く危険があると見られています。
脳はその順応性や柔軟性により環境に応じて変化していきます。
その影響は子供の脳にも影響を与えているのです。
意識は行動を作り、行動は習慣を作る。習慣は人格を作り、人格は運命を作る。
要はまずは「行動を作る」これでしょう。

男女の脳に性差別がないとは驚きです。
現在の行動特性は単なる役割分担で形成されたですね。
特に驚いたのは「女性は地図が読めない」と擦り込んでいたのですが、実際の試験では大きな差はなく、ある立体図判断試験では女性の方が好結果をだしていました。
そのように考えますと将来ある子供たちに対しては、その個性・可能性を最大限に発揮できるように導く教育の方が必要だと確信した次第です。

もしあなたが自分の人生を大切に思うならば、 時間を浪費しないことだ。
なぜなら、 人生は時間で出来ているからだ。
Benjamin Franklin(ベンジャミン・フランクリン)


今日は私の誕生日です
実はこの時は知らなかったのですが、ストレス性虹彩炎というなんとも「バラ色の人生」みたな眼病になっていたのです。誕生日の翌日にあまりにも目がいたいので眼科にいきましたらそのようなご診断でありました。
先生に、ストレス性と言われますが、まったくストレスがないのですが、と言いますと、先生は笑いながら、精神医学は専門外なのですが、ストレスを感じないというのはおかしいです。
要は高血圧の方が当初は気にしていた高血圧の症状をを慣れるにしたがって、体が順応してその異常を感じないみたいなもので、もしかしたらストレス耐性ができ上がっているのかもしれませんね。
初期は糜爛(びらん)性角膜炎だった炎症が虹彩まで進んでしまっているのです。
普通の人なら角膜で治まるのです。
それが角膜→強膜にいき、さらに強膜→虹彩というのは異常です。
体力が落ちているのは明らかです。
それを気がつかない貴方は疲れているといえるでしょう、とキッパリとダメを出されたのです。
ひぇ〜、そうとは知らず、あいすみませんでした、とひたすら謝っていたのです。

閑話休題おはなしはもどりまして
今回の仕切りは長男です。
盛りだくさんの趣向があるようです。
IMG_0100
今日のお店は「銀兎」池袋店さんです。

住所: 東京都豊島区南池袋1-19-5 南池袋共同ビル 4F
電話:03-3980-0800
定休日: 年中無休

IMG_0098

IMG_0097
お店の外観です。

IMG_0095
店内の雰囲気です。

IMG_0096
メニューです。

今日のオーダー「スペシャルセレクトコース」@5,800円です。
お値段がこんなにするとは知りませんでした。
結構奮発してくれたのですね。感謝です。

まずは「前菜(低温調理したホロホロ鶏の胸肉のファルシー ヘルシーにゴボウのソースで)」です。
IMG_0103
見た目きれいです。
うん、これはホロホロ鶏の胸肉のファルシー美味しですね。
盛り付けも美しいです。

そして「スープ(国産キノコのクリームスープ)」です。
IMG_0105
キノコの香りを追い求めたのですがほのかにしかかぐわなかったです。
これはミルクをカフェラテみたいに合わせたので香りをマイルドさが上書きしたのでしょう。
味ですか、濃厚で美味しいです。
飲んでいてほっこりした気分になりました。

魚料理(いとより鯛のポワレとラングスティーヌのフリット 2種の豆乳ソース)です。
IMG_0106
いとより鯛がふっくらとポワレされています。
軽やかないとより鯛の味わいが2種の豆乳ソースによって弾みます。
これは美味しいですね。
ブラボーです。

メインディシュ(イベリコ豚のグリル フルーツヴィネグレットソース、GINTO特別製法ローストビーフ、岩手県産ホロホロ鶏の骨付きもも肉のロースト)です。

岩手県産ホロホロ鶏の骨付きもも肉のローストです。
IMG_0111

IMG_0109
これは過不足ない脂身がたまりません。
肉離れのよい鶏肉はしっかりとローストされているたまものです。
美味しいです。

イベリコ豚のグリル フルーツヴィネグレットソースです。
IMG_0112

IMG_0113
これは濃厚なイベリコ豚の滋味を頂きました。
体が燃えてきました。

GINTO特別製法ローストビーフです。
IMG_0114

IMG_0115
この中での一番です
レアにしあげたローストビーフは肉の原点を感じさてくれました。
肉を噛みしだく度に肉のエキスが口内に溢れでてきて、それが私の心を有頂天にさせてくれます。
秀逸な味です。


パスタ(秋茄子と栗のボロネーゼ)
IMG_0118

IMG_0117
以前からボロネーズと茄子はあうなと思っていたました。
私の期待を証明してくれたパスタです。
パスタは当然のことながらアルデンテです。
ふくよかなソースが大粒な挽き肉を余すところなく包みこんでいます。
たまに遭遇する栗の甘さが「箸休め」的に感じられました。
これまたブラボーな一品です。

デザート(バースデーケーキ)です。
IMG_0121
家族のお祝いに感謝しながらロウソクの炎を消しました。
明日からまた頑張る元気を頂きました。
ありがとうございました。

プレゼントです。
IMG_0193

IMG_0192
今でもトラッドファッションで決めている私に、くろすとしゆき先生監修の三つ釦ロールオーバーのブルージャケット、胸ポケットには気の利いたポケットチーフです。
かなりのサレオツです。
とても気に入りました。

長男から「お誕生新聞」をいただきました。
IMG_0168

IMG_0167
実は、私の生まれた日は「慶早戦」が行われていたみたいです。
不思議なえにしを感じました。

ここまで子供が大きくなったら普通このような誕生祝はしないと思います。
この様な心優しい子供に育ててくれた奥様に感謝です。
どうもありがとう・・・

それでは(^_-)

石神井公園 辰巳軒 6th

今日は「頑張ったね」です。
1960年代にマーテイン・セリグマン博士が提唱した学習性無力感という概念があります。
それは長期に渡り、人が監禁されたり、暴力を振るわれたり、自分の尊厳や価値がふみにじられた場面に置かれた場合、次のような徴候が現れるというものです。
1.被験者はその圧倒的に不愉快なストレスが加えられる状況から自ら積極的に抜け出そうとする努力をしなくなる。
2.実際のところ、すこしばかりの努力をすれば、その状況から抜け出すのに成功する可能性があったとしても、努力すれば成功するかもしれないという事すら考えられなくなる。言い換えると、長年受けた仕打ちによる反動で、どんな可能性さえも「無駄な努力」と断じ、自発的行動を全くしなくなる。
3.ストレスが加えられる状況、又ストレッサーに対して何も出来ない、何も功を奏しない、苦痛、ストレス、ストレッサーから逃れられないという状況の中で、情緒的に混乱をきたす。

誰しも失敗が続きますと自信を失ってきますよね。
個人的には新規事業の責任者をやっていた時、建てたビジネスビジョンと実際の市場とが大きく食い違っていて、やればやるほど地獄への深みにはまっていきました。
さすがに一歩でも前に進もういう意欲だけは残っていたものの、成功する可能性はミリパーセントとでしたので、責任者としては、いつ手じまいしようか、言いかえれば、いつ事業撤退するかだけを毎日考えていました。
当然のことながら、市場性があるからビジネスプランを作ったので競合先はいました。
情けないことに、この時期に一番欲しかった情報というのは、彼らの失敗情報です。
それらの失敗事例を自らの免罪符の中に加算していったのです。
人間は絶望の縁にいますとネガティブな事にしか力が入らないのです。
最後はここまでやったという事を見せようという事で、部下に毎日5件の飛び込み営業をさせました。
所謂アポなし営業というものです。
そんな営業マンに会ってくれる奇特な人は世の中には存在しているわけもなく、飛び込み営業の結果は惨憺たるものでした。
なかでも親切な方はいましたが、ご苦労様。今、忙しいから企画書を置いてって、後でみておくから、と声掛けしていただくのですが、実態は後で捨てておくから、だったのです。
紆余曲折があったものの最終的には、役員とさしで話して事業撤退を認めてもらいました。
その時、役員から、頑張ったな。お前たちの努力は忘れないよ。この苦労は今後のビジネスに必ず資するはずだ、と言われたときはこれまでの苦労が報われたような気がしました。

このように仕事の成果が表れなくても、頑張りを上司から評価されますと気持ちは軽くなります。
過重労働
毎日の深夜残業でうつ状態になった人が、精神的にきつかったのは過重労働だけでない、と言っています。
遅くまで残って頑張っているときに、せめて一言上司から、頑張ってくれているんだな。助かっているよ、という声掛けがあったら、どんなにも救われたかとも言っています。
人間は期待されるから頑張れるのです。
頑張ったね、の一言も言わずに、怒るだけの人は、ただひたすら自らの責任転嫁をしているのだと断じます。

Anger dwells only in the bosom of fools.
怒りは、愚か者の胸にしか住みつかないものだ。
Albert Einstein(アルバート・アインシュタイン)


こりゃ便利その2



今日は石神井公園に出没です。
IMG_0081
今日は「カキフライ」にキメ打ちです。
今日のお店は「辰巳軒」さんです。

住所: 東京都練馬区石神井町3-17-20
電話:03-3996-0425
定休日: 木曜日

IMG_0082
お店の外観です。

IMG_0086
店内の雰囲気です。

IMG_0083
メニューです。

今日のオーダー「カキフライ定食」@1,100円です。
そう言えば昨日も「カキフライ」食べたなぁと思ったのですが、痴呆になったわけではありません。
単に「カキフライ」が好きなだけです。

待つこと12分で「カキフライ定食」の到着です。
IMG_0088
見た目ボリューミイです。
カキフライが5個も揚げてありました。

それでは実食です。
IMG_0089

IMG_0090
衣が少し硬いですね。
カキにほのかな臭みがあります。
口内に残った臭みを野菜サラダでそぎ落とします。
味ですか、定食屋さんの「カキフライ」です。
IMG_0093
従いましてタルタルソースと醤油を組み合わせますと味が引き締まるのです。
食後、想像以上の満腹感に苛まれましたが、コスパを考えれば及第点の夕食でした。

それでは(^_-)

池袋 キッチンチェック 5th

今日は「お酉さま」です。
IMG_0044

IMG_0047

IMG_0048

IMG_0049

IMG_0052
下町っ子ですので毎年「お酉さま」には出向きます。
私にとっての「お酉さま」は、後天的な行動様式であり、反復して行われることで、固定化される典型的な習慣であります。今年はめずらしく「一の酉」の宵宮に会社の同期と行ってきました。
早めに行ってしまったために、境内は閑散としていてこの静寂は生まれて初めての経験です。
昨年と同じ熊手を買おうと思い去年求めたお店に行ったのですがまだ店開きしていなく、冷やかしで入ったお店で、似た熊手の値段を聞きました。
八は末広がりで縁起がいいので8万円といいたいところだが、今日の口開けのお客なので、清水の舞台から飛び降りたつもりで8千円だ。もってけぇ泥棒、との事でした。
私はたまらず、去年は3,000円で買ったよ、と言いましたら、冗談じゃねぇや。こんな貧乏人、相手にしてられるけぇ。おととい来やがれ、ってシッシッと追い払われました。
犬じゃないんだから・・・
まぁ口開けだからオモチャにされてしまいました。
「二の酉」でリベンジです。
今度は百万円の札束を両手に持って、そのクソ生意気な顔をパンダのように腫れあがるまで、しばきたおしてあげましょう。

ところで皆様、四(よん)の酉はご存じでしょうか。
もちろん11月には存在しません。
というか数学的に無理だからです。
具体的に申しますと、お酉さまの一番早い始まり方は、12日間の間隔で開催されますので、11月1日、11月13日、11月25日の三回です。
しか〜し浅草の古老に言わせますと、昔は四の酉まで有ったというのです。
その証拠に「四の酉まである年は火事が多い」という言葉が今でも残っているからです。
元理科系としては納得がいきません。
一体全体どういうことなのでしょう?
Netで調べましたら過去に閏11月(旧歴)という11月と12月の間に存在する月があったそうです。
1600年から順にならべますと、1601年,1639年,1737年,1756年,1794年,1813年,1832年と7回存在していたそうです。
で〜も、このロジックであれば六の酉まで存在するので、私なら「六の酉まである年は火事が多い」との様に警句を変えます。
その一方で板橋区西台の善長寺境内にある西台大鷲神社では、11月の酉の市から数えて4回目の酉の市(今年は12月9日)が催されています。
今年で128年目になるそうです。
もしこれが正しいのなら「毎年、火事が多い」となってしまいます。
ちなみに浅草鷲神社のHPでは「三の酉の年は火事が多い」とされていますが、私が幼少のころから諳んじていましたのはあくまでも「四の酉まである年は火事が多い」であります。誰か私のこの「50年物の穴」を開けてください。

お酉様
最後に下町っ子のウンチクです。
「お酉様」の東隣が「吉原」ですから昔から「吉原」とは縁が深かったのです。
この日の「吉原」では通常開けない大門以外の門を開いて遊客を呼び入れたといわれます。
それは酉の市への参詣が新吉原に繰り出す格好の言い訳ともなって、鷲大明神と吉原はまさにタイアップの関係が成立していたのです。
さら〜に郭外への外出が禁じられていた遊女達も身元のしっかりとした客となら酉の市へ行く事ができたそうです。
現在ではソープの淑女連がくるかといえばそれはありませんので予めお断りしておきます。

浅草の夜のにぎはひに
まぎれ入り
まぎれ出で来しさびしき心 
石川啄木 


こういうオチは大好きです。



今日は池袋に出没です。
IMG_0072

IMG_0074
今日は洋食にキメ打ちです。
今日のお店は「キッチンチェック」さんです。

住所: 東京都豊島区西池袋1-37-12 ロサ会館1F
電話:03-3985-1926
定休日:無休

IMG_0073
お店の外観です。

IMG_0075
メニューです。

今日のオーダー「カキフライ(サラダそえ、ライス付)」@1,500円です。
IMG_0076
待つこと6分で「カキフライ(サラダそえ、ライス付)」の到着です。
食べこたえありそうです。
カキフライは大ぶりのものが4個です。

それでは実食です。
IMG_0077
カキフライを口いっぱいにほおばり、噛みしだきますと、瀬戸内の海原を漂っている様な気持ちになります。
このカキは臭みがまったくなく、まさに海の滋養を頂いている感じです。
これは美味しいですね。
ブラボーであります。
大満足の夕食でした。

それでは(^_-)

豊島園 ピッツェリア・ダ・アオキ・タッポスト 4th

今日は「英語がヘタ」です。
会社の電話の内線が点滅したので電話をとりましら同期の人間からでした。
△△、俺だよ、デュッセルドルフから懐かしい奴がきてるぜ。お前に会いたいとさ。
13応接会議室に来いよ、と言って電話が切れました。
誰だろう?と思いながら席をたち指定された会議室にいきましたら、なななんと6年ぶりに会うStefanでした。
会うなり彼は相好を崩して、Old-young friend △△! Long time no see って言ってハグしてきました。
Stefanは、私がドイツ担当だった時の仲間でその当時は二人でかなり大きな取引をしていたのです。
ちなみにold-young friendの意味なのですが、実はStefanと私は同じ年なのですが、やたら老けていくStefanに対してまったく老けない私に対してやっかみ半分で私の事をそのように呼ぶようになったのです。
雑談が終わった後、同期の人間から、相変わらず下手な英語だな、って笑われました。
まぁ海外駐在していないから仕方ないけど、意味は通じているけれど教科書英語だから違和感はあるよ、って半分慰め半分は馬鹿にされていたのです。
悔しいけれど仕方ないのです・・・
何で下手なのだろうと思っていたら「目から鱗」のコラムを見つけたのです。
ここから先は英語の上手な人は読まないでくださいね。

私が「目から鱗」となった指摘は英語教育研究者の安武内ひろし先生のコラムに書かれていました。image_header3

woman-talking-to-friend-v9Kz2M-lgn
以下がその内容です。参考にしてください。
例えば「明日は雪だ」というのを英語で言おうとしますと「Tomorrow will be・・・」となりませんか。
しかしこの表現は自然な英語ではありません。
少し英語を勉強した人なら、天候を表すのならば「It」を主語にするとか「We」を主語にするといった話法を思い出すでしょう。
Native speakerなら「It will snow」あるいは「We will have snow tomorrow」になります。
では、なぜ「Tomorrow」を主語にしてはいけないのでしょうか。
それは、日本語の「明日は」という時の「は」は主語を表す「は」ではないからです。
この「は」は主語提示と言って、これから述べる話題を提供するものです。
「明日は雪だ」は「明日に関して言えば、天気は雪だ」という文章の中の「天気は」という主語が省略されているのです。つまり、英語と日本語では、文化背景と思考形態が違うので、言葉の構造が決定的に異なります。
すなわち英語は人間が中心となり、行動や動作など、働きのある動詞を好む「する型」の言語であるのに対して、日本語は状況中心で、状態を表したり描写を好んだりする静的な「なる」型の言語であると言われています。
したがいまして、自然な英語を話したければ、日本人の好きなBe動詞的発想を忘れて、人が主語で他動詞を使うNative speakerが使うSVO型にした方がよいのです。
一つの例として「あなたの趣味は何ですか」を、Be動詞的言い方ですと「What is your hobby?」という日本人英語になりますが、SVO型で言いますと「What do you do in your free time?」とNative speaker英語になるのです。

如何でしたがわかりやすいでせう。
Do not say a little in many words but a great deal in a few.
多くの言葉で少しを語るのではなく、少しの言葉で多くを語りなさい。
Pythagoras(ピタゴラス)


青の神秘・・・
青の神秘〜五色沼湖沼群

「青の神秘」 青、赤、コバルト・・・沼ごとに違う神秘的な色。木々にはもう秋の気配が…〜RealTimes Story Teamから、RealTimesで作ったストーリーをご紹介します〜

Posted by RealTimes Japan on 2015年10月14日



今日は休日ですが打合せがあって豊島園に来ています。
遊園地に来ているのではありません。
打ち合わせですからね。
一時間位で打合せは終わりました。
時計を見れば14時です。
お昼を食べませんと・・・
豊島園といいましたらここしかありません。
今日のお店は豊島園の超有名イタリアン「ピッツェリア・ダ・アオキ・タッポスト」(Pizzeria da Aoki tappost)さんです。

住所:: 東京都練馬区早宮4-37-29 ラフィット豊島園 1F
TEL:03-5999-3988
定休日:火曜日(祝日の場合は翌日)

IMG_0026
お店の外観です。

IMG_0041

IMG_0032

IMG_0034
店内の雰囲気です。

IMG_0028
メニューです。

今日のオーダー「シラスと水菜のニンニクオイルスパゲティー(珈琲付)&ティラミス」@980+@390=1,370円です。

待つこと4分でサラダの到着です。
IMG_0030
見た目きれいです。
野菜が新鮮です。
ドレッシングはマヨネーズを使ったシーザーサラダドレッシングですか。
うん、これは美味しいです。イケています。

待つこと12分で「シラスと水菜のニンニクオイルスパゲティー」の到着です。
IMG_0039

IMG_0037
こんもりとシラスが入っています。
厨房の可愛らしい女性に聞きましたらイタリア人もシラスが好きみたいですね。
生シラスもいただくみたいです。
日本人みたいですね。ちがうかに日本人がイタリア人みたいなのかな?
味ですかアーリオ・エ・オーリオですがニンニクの香りづけは抑え気味です。
一口で大量の魚を飲みこみザトウクジラみたいにシラスを口いっぱいにほおばり噛みしだきますと、紺碧の海原を漂っているよう香りがします。
これは美味しいですね。
思わずブラボーが口をついてでました。

IMG_0042

IMG_0043
食後のティラミスは過不足ない甘さで且つマスカルポーネチーズのトロットした食感が口内でとろけます。
食後の楽しみを極大化してくれました。
大満足のレートランチでした。
こんな日もあります。

それでは(^_-)

近江八幡 ティファニー

今日は「正当な主張」です。
大学に100人入学したら12人が中退して13人が留年します。
残る75人のうち就職できるのは45人です。
その内3年続くのは31人です。
これが数字であらわす日本の平均的若者統計です。

そのように選りすぐられた若手社員ですが、以下のような事を平気でいいます。
若手社員
「向こうの購買課長なんか納得いかないんですよね」
「何が納得いかないんだ」
「購買課長の言い方は、あまりにも一方的じゃないですか。
向こうだってできないのを承知で言ってるんでしょ。
それなら、はなから無理な要求ですのでそれはできません、ってこっちの状況をきちんと説明して納得してもらえばいいんじゃないですか」
「そんなことできるか」
「なんでできないんですか。正当な主張じゃないですか」
「正当な主張ならうまくいくのか。お客の無理を聞くのが仕事だろ。
そこのところをよく考えないといけないな」
「・・・・」

この若手社員のように、できない理由をいくら挙げてもしょうがない、と思うのです。
逆にどうしたら、前へ進めるかを考え、ひとつひとつ手を打っていくことが肝要なのです。
できないことを前提に物事を考えて取り進めれば、当然のことながら良い結果は生まれません。
問題は解決されるためにあるのだ、というようなポジティブシンキングの延長線上に自然と道は開けるのです。
自分が納得しないと動けないというと、いかにも確固たる信念があるように思えますが、まだ経験が浅い段階からそのような事をいう若者は「経験から学ぶ姿勢が欠けている」と言い換えることができます。
従いまして、上司の指示に対して納得がいかないときは、納得がいかないのは自分の経験が足りないのではないか、と考え直すべきなのです。
まずは指示に従ってやってみる事です。
そして職場のやり方をマスターする。
仕事の経験値を高め、そこに集中すべきでしょう。
加えて申せば「拙速は巧遅に如かず」です。
スピードも要求されるのです。
ビジネスで成功する人たちは、みな早くてうまい「巧速」です。
しか〜し彼らは若手社員の時から「巧速」だったわけではないはずです。
成長過程において「巧遅よりも拙速」ということを意識し、仕事に打ち込んだその結果として「巧速」の仕事術を身につけたのだと思われます。
早さはとりわけ重要です。
スピードこそ「力」なのです。

私は失敗したことがない。
ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。
Thomas Edison(トーマス・エジソン)


こりゃ便利その1



今日は近江八幡に出没です。
IMG_0071
近江八幡といえば「近江牛」でしょう。
ということで今日のお店は地元カネ吉山本さんの直営店である「近江牛レストラン ティファニー」さんです。

住所:: 滋賀県近江八幡市鷹飼町558 カネ吉山本
TEL:0748-33-3055
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

IMG_0060

IMG_0058

IMG_0059
お店の外観です。

IMG_0070
店内の雰囲気です。

IMG_0062
メニューです。

今日のオーダー「ミニッツステーキ(スープ・季節のサラダ・珈琲付)@1,296円です。
実は近江牛はかなりの数をいただいておりその味は堪能済みです。
それでも近江八幡にきたら「パバロフの犬」の様に近江牛になってしまいます。
しか〜し超混雑なお店ですね。
12時16分に入店して席に着いたのが12時48分ですから約30分待ちです。
混雑の因は観光客です。
私のようなリーマンは数えるくらいしかおりません。
お店の人の説明では、11時半にオープンでその時点で満席になりますので、一時間後の12時半から席が空くと思われます、と言っていましたが、まさしくその通りになりました。
しか〜しこれって普通の話ですねよ・・・
IMG_0063
個人的な理由で、13時から打合せがあるので、と無理をいいましたら、なななんと光速対応していただきました。
深謝です。

待つこと3分で「お野菜のスープ」の到着です。
IMG_0064
黄色があざやかです。
熱々のスープを口に入れますと、トロリとした密度の濃い芳醇な味わいが口の中で広がりました。
うん、これは美味しいですね。

待つこと4分で「季節のサラダ」の到着です。
IMG_0065
凛としてエッジのたった野菜です。
深めのドレッシングが良くからんで美味しいです。

待つこと7分で「ミニッツステーキ」の到着です。
IMG_0067

IMG_0069
ここまで光速オペレーションです。
それでは実食です。
肉の量が少ないですね。
厨房スタッフに聞きましたら100gとのことです。
あれこれって7分できたのに肉が熱々ではありません。
作り置きですか・・・
まさかと思って付け合わせのフリッターも同様です。
急いで作ってもらったのに言える義理ではないのですがかなり残念です。
肉は美味しくこの肉を引き立たせるソースも美味しかったのですが熱々でなければ味は半減です。
上述のように「近江牛」はかなり食べているのですが、作り置きは始めてでした。
裏読みすれば貴重な体験をさせていただきました、ハイ。
嫌味です・・・

それでは(^_-)

弁天町 としおか

今日は「フォビア(恐怖症)」です。
出勤途中の電車に乗っていましたら、座席に座っていたダークスーツに身を固めロイド眼鏡をかけた一見二枚目風の河童系禿頭の中年男性がいきなり目の前の女性に対して、電車内でシャープペンを使うのって危ないだろう。
刺さったらどうするの、って大きな声で怒鳴り始めました。
私はその女性の隣に立っていたので、なにかシャープペンを使って危険な行為をしていたのかと思ってその手元を見ましたら、スケジュール帖に予定を加筆していただけでした。
私はこのカッパさん、先端恐怖症なのだなと思いました。

先端恐怖症
先端恐怖症とは、鋏・針・鉛筆・ナイフ・カッターなど、先端が尖った物が視界に入った時に強い精神的動揺を受ける恐怖症の一種です。
症状の特徴としては、自分が傷付けられたり、刺されたりと言う心配が無いのにも関わらず、先端を異常に恐がってしまうと言った特徴があるのです。
また逆に先端で自分が他人を傷つけてしまうのではないかと言う症状もあります。

私の知っている東大卒の教科書会社の編集長をしていた方はある日突然電車恐怖症になりました。
恐怖症になったきっかけは次の出来事です。
二日酔いで満員電車に乗ったところ二日酔いのムカつきと満員電車のムシムシした熱気に加えてかなり体を圧迫されたことから過呼吸みたいな状態になり、このままでは車内で失神するのではないかと思ったのです。そしてその恐怖から途中下車してしまったのです。
その日は途中下車した駅から会社まではタクシーで行きました。
問題は次の日です。
いつものように通勤電車に乗ろうとしましたら昨日の過呼吸イコール失神の恐怖がフラッシュバックしてその恐怖からどうしても電車に乗れず、通勤電車の車内が閑散となるまで駅で電車を待ち続け、結果会社は遅刻となりました。
以来この恐怖症が固着してしまい、医者にも行ったのですが改善せず、会社には恒常的遅刻で迷惑をかけてしまうという事から自ら編集長という要職を辞退して、倉庫での配送係になったのでした。
皆さまお分かりになりにくいと思いますが、彼の恐怖は他人に迷惑をかけてしまうというこの一点だけだったのです。
万が一過呼吸で倒れて電車を止めたらどうしょうという必要以上の心配が彼を自縄自縛にしてしまったのです。
普通この手のフォビア(恐怖症)の方は、その恐怖で他人に迷惑をかけてしまうということで生活がおかしくってしまう人が多いのです。
卑近な例で申しますと、高所恐怖症で飛行機に乗れず、日本全国新幹線でいく人って少なくありません。
来年には北海道新幹線も開通するので本当に全国を新幹線で行くのでしょう。
この方々は、飛行機内でその恐怖から機内の人に迷惑を掛けてはいけないという配慮で飛行機に乗らなないのでしょうが、その代償の為の対価と時間の無駄はいうまでもありません。
話はもどりますが、上述のカッパさんの恐怖症は異質で、単なる自らの恐怖を我慢ができないお「子ちゃま」なのだと断じさせていただきます。

池に起こった波を消そうとして、新たな波を起こすと、池はますます波立って収拾がつかなくなります。
それと同じように、不快な気分をよくしようとして、心の中でやりくりをすると、ますますおかしくなるというのです。
たとえば人前で緊張したときに、落ち着け落ち着けと自分に言い聞かしても何の効果もなく、よけいにあがってしまいますよね。だから、感情についてはさわらない方がいいのです。
感情は、あるがままに起こってくるままにしておくしかないのです。
例えばクレームで謝りに行かなければならないときなどは、なんと言おうか、許してくれなかったらどうしようかなどと、行かない先からいろいろと心配することが多いでしょう。こういう時は自分の体面・面子を守る事のみをまず考えてしまいます。
大事な事はまずクレームが起きた会社に行ってそれを担当する責任者に謝ってしまうのです。
多分先方は怒りますが、取り敢えず怒りおわるまで我慢をします。
そうすると先方も怒ってしまえば、そこから先は仕入先と販売先という違いこそありますが、実態は運命共同体ですので、こうしてくれ、ああしてくれと対応策を一緒になって考えてくれます。
はじめから完全に仕上げようと思えば気が重くなりますが、取り敢えず相手の懐に飛び込んだ方がましと思えば、気楽に行動できるのだと思います。
誰でも他人からの叱責は恐怖ですが、それでも義務や必要を優先させて行動しなければなりません。
必要だから行動するという態度が肝要だと思います。

事実よりも考え方が重要である。
考え方よりも行動が重要である。
行動が最良の結果を生み出してくれる。
Benjamin Franklin(ベンジャミン・フランクリン)


心が洗われます・・・
途中から現れます白い枠線は無視してください。



IMG_0012
今日は一年に一回の人間ドックです。
意に反しまして健康オタクみたいな生活をしていますので自信満々で健康診断には臨んでいます。
またこの日は会社を堂々と休ませてもらっています。
毎年人間ドックが終わった後は高田馬場にある「べんてん」さんに行くのがお約束でした。
しか〜し「べんてん」さんは昨年お店を閉じられてしまいました。
ところが「べんてん」さんで長年の修行を積んだ方のお店があるとの話を聞きつけました。
そこに行きましょうという事で、今日のお店は自家製中華そば「としおかラーメン」さんです。

住所: 東京都新宿区弁天町20
電話:不掲載
営業時間:11:00〜14:00
定休日:日曜日

IMG_0020

IMG_0018
お店の外観です。

IMG_0021

IMG_0022
店内の雰囲気です。

IMG_0023
メニューです。

IMG_0013

IMG_0014
並びました!
12時11分この方の後ろについて並び店内に入ったのが丁度13時です。
待つこと約50分でした。
11月初旬なのに12月中旬並みの寒さの中、冷たい雨の吹きつけに耐えながら雨にぬりこまれた往来の景色をぼんやりとながめ続けていました。
ちょっと異常なのですが、このような過酷な状況を耐えるのって、嫌いではありません。
マラソンに似ているからでしょうか・・・

今日のオーダー「塩ラーメン(小=150g)」@800円です。
店内は「べんてん」さん同様に緊張感溢れる静寂が店内を覆いつくしており、店主独りが黙々と丁寧な仕事をしていました。

待つこと7分で「塩ラーメン(小)」の着丼です。
IMG_0024
見た目きれいですね。

IMG_0025
それでは実食です。
湯気立つスープから頂きました。
濃厚な動物系と一部魚介系の出汁も併せているのでしょうね、しっかりとした濃いめの塩味は美味しいです。
しか〜し食べている時は丁度よい塩梅でしたが3時間後に炎天下での砂漠の渇水者のように水を求めましたのでかなり塩分は多いのでしょう。
きざみ生姜は相乗効果にはなっておらずこの辛さだけが際立ってしまったので個人的にはいりませんでした。
麺は「べんてん」さんと同様にツルツル感満載で美味しいです。
メンマは歯ごたえよくシャキシャキしていて深い味付けと相まって高評価です。
特筆するのはチャーシューです。
ほっこりと炊けたチャーシューは過不足ない脂が美味しく、噛みしだくたびに滋味が口の中の隅々に広がっていきます。イケますね。
全般的にとても美味しくいただきした。

どうやら私の楽しみの襷は「べんてん」さんから「としおか」さんに引き継がれたみたいです。
このあと他用があったのですが、重要顧客からの「助けてください」と一本の電話が私を会社に向かわせたのです。
頼られるうちが華なのでせうか・・・
こんな日もあります。

それでは(^_-)

新宿 クッチーナ デル カンポ

今日は「新宿プラプラ」です。
打合せが終わり会社に戻ろうかと思い駅に行ったら電車が人身事故で止まっていました。
時間を持て余すのも嫌なので新宿を逍遥しました。
宜しかったらお付き合いください。

#山根商店
IMG_9976

IMG_9978

IMG_9979
ここは教えたくありませんでした。
鯨飲時代はこのお店には月に一回は行っていました。

煮込み

レバー

original1
ちょっとワイルドな煮込み(画像はNETより転載)、口の中で弾けるレバー(画像はNETより転載)、ジューシーなハツ(画像はNETより転載)はお薦めです。
立ち飲みですので泥酔するまで飲めないのが良いですね。
ちょっと場所がわかりにくいのですが超お薦めのお店です。

住所: 東京都新宿区新宿6-27-11
電話:03-3202-1395
営業時間:17:00〜20:00
定休日:日曜・祝日

#ファッションホテル
IMG_9992

IMG_9987

IMG_9991

IMG_9990
最近のファッションホテル(旧ラブホテル)はゴージャスです。
外国人観光客一家がお茶しようと入ろうとしたのでこのホテルの特殊性を説明してあげたら、マジにクリビツしていました。そりゃそうでしょう、私もクリビツしていましたもの・・・

#キャバクラ?
IMG_9988
なんともいえないキャバクラを発見しました。
余談ですが足立区の竹ノ塚に朝5時から夜24時までやっている有名なフィリピンパブがあるそうです。
実は、NHKの「ドキュメント72時間」でこのお店のディープさをフィーチャーしていましたので奥様と大真面目に見ていました。
朝は夜勤明けの運転手などをサケ定食で迎える食堂、昼は店での会話を楽しみにする年金世代の憩いの場、夜は都心より安いと飲みに来る大人たちのパラダイスだそうです。
奥様からブログネタになるから見学飲みしてきたら、と言われています。
行きましたら間違いなくモテてしまうので少し悩んでいます・・・


体がリズムをとってしまう



IMG_9980
ということでふりネタの流れでこのイタリアンレストランに参りました。
美味しいのでしょうか?
今日のお店は「クッチーナ デル カンポ(Cucina del Campo)」さんです。

住所: 東京都新宿区新宿6-27-14
電話:03-5272-1715
定休日:年中無休(年末年始休暇予定)

IMG_9993
お店の外観です。

IMG_0002
店内の雰囲気です。

IMG_9998
メニューです。

今日のオーダー「ペペロンチーノ(グランデサイズ)」@1,380円です。
自社農園の直送野菜や厳選した食材の素材の旨みを生かし、窯焼き・炭焼きを用いた料理を提供する本格イタリアンです。従いましてお店の名前もこの紹介からきていてCucina del Campo(畑の台所)となっています。

待つこと15分で「ペペロンチーノ(グランデサイズ)」が着皿です。
IMG_0003
見た目貧弱です。

この料理はシンプルなだけに、にんにくのコク、塩加減と乳化が決めてです。
IMG_0004
それでは実食です。
麺量はグランデサイズですが120gです。
ちょっと少ないですよね。
まずパスタは芯が残っていて口内食感はよろしくありません。
そしてソースは塩が足りなくてはっきりしない味です。
イタリアンパセリの緑が目に優しかったのが救いです。
味ですか行間を読んでください。
個人的にはコスパも悪いし・・・
いわゆるファッションイタリアン的なお店でしょう。
決してホメているわけではありません。
こんな日もあります。

それでは(^_-)

本郷三丁目 食堂西むら

今日は「discommunication(話が通じないこと)」です。
at02050012
まとまった金額の財形貯蓄が満期になったので将来のことを考えてその満期額を終身保険に変える事にしました。そこでS生命とK生命と両社に引き合いを出したのです。
S生命の担当の方は長い付き合いなので気心がしれており問題がなかったのですが、新たに引き合いをだしたK生命の担当の方は問題があるというかすごく変わった方なのです。
状況を想起しやすくするためにK生命の担当の方の概要を紹介します。
K生命の担当の方は年の頃なら25歳〜28歳くらいの女性です。
容姿は決して悪くなくしいていえば清潔感あふれる感じのよい女性といえるでしょう。

たまさかK生命は会社から歩いていける所にあったので出向いて打合せをしていました。
初日から彼女とは話がかみ合いませんでした。
私は超多忙の中、時間を割いてうかがっているのでサマリー(要点)だけを聞くようにしていました。
例えばS生命の予定利率は1%だけど、御社は何%なの。おおよそでいいですよ、と聞きますと、予定利率は金利情勢に応じて主契約の予定利率が変わる事がありますのでお答えできません、との事でした。
私は笑いながら、だからおおよそでいいんだよ、正確でなくて。
要は「受取金額」引く「払込金額」の「差額」を割る「受取金額」でいいんだよ。
あに計算できない。簡単じゃない。暗算しようか。え〜っと0.8%じゃないか、と言いますと、そんな計算方法でよかったのですか、と言いますので、ほかに簡単に計算するのってどのような方法があるの、って聞きますと、そうですねぇ、と汗ばんだ顔で答えていました。
さら〜に、例えば70歳で死んだら受取額はどうなるのって聞きますと、経過年数によって返戻率が変わりますので。ちょっと待ってください、と電卓をパチパチ叩き始めました。
そんな精緻に計算しなくていいんだよ。だいたいでいいんだから、と言いますと全く私の話を無視して電卓を叩き続けています。
たまらなくなった私は即座に暗算して、約982万円だよ、って言いましたらその時に彼女も計算が終わったみたいで、ほとんど言われた金額と一緒でした、と肩で息をしながら答えていました。
なんで電卓より早く計算できたのですか、と聞かれましたので、比例を使えば正確ではないけれどもおおよその数字は計算できるじゃない、と言いますと、まったくこの話を聞いていなく、あれっ、間違えたかもしれない、って言ってさらに無心に電卓を叩き始めました。
そして1分後、やはり間違いありませんでした、と上気した顔をあげて答えていました。
私は呆れた顔をして彼女の手元を見ますと、いつもこのように電卓を叩いているのでしょう。
かわいそうに電卓のキーボードの数字のほとんどがかすれて見えなくなっていました。
それ以外にもこの言葉について簡潔に説明して、と言いますと、何故か枝葉末節の説明から入るのです。
しょうがないのでこれってこのような事を言っているんだよね、って確認しますと、おおよそはそうです、って答えるのです。
だから簡潔に説明するっていうのはこういう事なんだよ、って言いますと、とても勉強になります、って今度は感謝の言葉を述べています。
まさにいかりや長介さんではありませんが、ダメだこりゃ、であります。
私は、なんでこのお嬢さんは人の質問に的確に答えられないんだろう、とても不思議な気持ちに苛まれました。
まるで言語が違う外国人と話しているかのような感じなのであります。
私が、最後にここにS生命の見積書がありますから内緒で渡します。
明後日の金曜日までこれを参考にして御社のメリットを提案してください、って言いましたら、私は土曜日が休みなのですがどうしましょう、と言いましたので、私は大きく深呼吸をして、土曜日はゆっくりと休んでいいですよ。
私がお願いした期限というのは金曜日ですからね、って言いますと彼女は、もしできなかったら土曜日になるかもしれないって思って言ってしまいました。
要は金曜日中にちがうか木曜日中に作ればいいのですよね、と言いましたので、それでよろしいのではないでしょうか、と彼女の顔を見つめながら話しましたら、目がやったねとガッツポーズをしていました。
もうほとんど喜劇です。

金曜日にK生命に訪れて彼女のプレゼンを聞きました。
例によって枝葉末節な事をダラダラと話し始めたのですがこの日は30分程の時間を作ったので全部聞き、質問をしましたところS生命が圧倒的に有利でした。
普通ならためらいなくS生命にするのですが、勝利の女神は彼女に微笑んだのです。
理由ですか・・・
この保険を一時金として定期的に受け取る私の奥様が、家から歩いて3分のところにあり且つ日頃親切に接してくれているK生命でなければ嫌です。お得感ではありません、ときっぱりと言いきっているからです。
世の中にはまさかという坂があるのを目の当たりに体験しました。

Happiness is a butterfly, which when pursued, is always just beyond your grasp,
But which, if you will sit down quietly, may alight upon you.
幸福とは蝶のようなものだ。
追い求めている時には、掴もうとしても逃してしまう。
しかし静かに座っている時には、自ずから近寄ってくる。
Nathaniel Hawthorne(ナサニエル・ホーソーン)


マジすか(笑)



IMG_9953
今日は本郷三丁目に出没です。
何やら気になる洋食屋さんがあったのでお訪(とな)いを入れました。
今日のお店は「食堂西むら」さんです。

住所: 東京都文京区本郷2-40-15
電話:03-3816-1069
定休日:不明

IMG_9965
お店の外観です。

IMG_9960
店内の雰囲気です。

IMG_9958
メニューです。

今日のオーダー「ポークソテー(スープ、ライス付)」@1,380円です。
このお店ご主人と奥様が切り回している洋食屋さんです。
しつらえも落ち着いていてなかなかの雰囲気のあるお店です。

待つこと7分でボタージュの到着です。
IMG_9962
このボタージュですが美味しいのです。
ほとんどホテルテーストと見紛うばかりの味わいです。
コクのあるまったりしたボタージュにブラボーです。

待つこと11分で「ポークソテー」の到着です。
IMG_9963
盛り付けが美しいです。

それでは実食です。
IMG_9964
うん、これは肉が美味しいです。
とても柔らかくて且つ肉の脂が過不足なくて甘さすら感じます。
なかなかの味わいです。
レベル高しであります。
白眉はポテトサラダです。
コクがあり味が深いです。
なにか心のやわらかいところを撫でなれたような幸せな気分になりました。
食べ歩きがやめられない理由はこのようなお店の発見であります。
大満足のデイナーでした。

それでは(^_-)

晴海 オッティモキッチン・ドゥエ・パッシ

今日は「同級生話 其の弐」です。
同級生話
前話の続きです。
幼なじみの女子の話はさらに過熱してきました。
多分この会話に水をかけたらジュッという音がしたことでしょう。
その中で悲しい話がありました。
それはクラスで一番きれいだった早乙女さんの話です。
ずいぶん前に早乙女さんに会った時は相変わらずきれいでしたが、介護の仕事をやっているのよ、と言っていたのが妙に頭に引っかかっていました。
早乙女さんの家はとても裕福だったので、早乙女さんイコール介護の仕事というのが結びつかなかったのです。

幼なじみがこの悲しい話の窓をゆっくりと開けました。
huransu
大学で仏蘭西文学を履修し、将来は小説家を目指している新進気鋭の青年と、早乙女さんは文通で知り合ったのです。そしてこの書簡のやり取りが二人を親密にしていったのです。
驚いたことにこの二人は書簡のやり取りのみで華燭の典を挙げたのです。
流石に数回は会っていたようですがその程度の逢瀬だったみたいです。
まさに「純愛」を地でいくようなものです。
多分ですよ、早乙女さんは心の中でこの恋愛を等身大以上に昇華させていったのでしょう。
そのように思います。

しか〜し結婚してから蔽遮(へいしゃ)されていた問題が全容をあらわし、早乙女さんを苦しめたのです。
まずはこの小説家志望の夫は生活力がなかったのです。
幼なじみは一度この夫の小説を読ませてもらったそうですが、難解な言い回しが多くなんだかよくわからず、財布の中身を減らしてまで求める小説ではないと言い切っていました。
要は小説家にはなれるような器ではなかったのです。
さらに早乙女さんが嫁いだ先は、夫の両親が同居しており、これまた生活力がなく、早乙女さんの細腕でこの一家の家計を支えなければならなかったのです。
加えてこの夫はマザコンでお母さんの味付けの料理しか口に合わず、夫婦でありながら夫の料理はこのお母さんが作っていたのでした。
ある時幼なじみは早乙女さんと会いそこでこの状況を聞きました。
幼なじみは、即に別れなさい、とその場で早乙女さんに詰め寄ったのですが、早乙女さんはその申し入れをやんわりと断ったのです。
そしてこの事でしこりが残ったのか10年近く行き来が途絶えました。
ある時、早乙女さんは医療事故で顔面麻痺になってしまい働くことができなくなってしまいました。
それを幼なじみは風の便りに聞いたので、慌てて早乙女さんのところに電話したそうです。
すると早乙女さんからは、顔面麻痺が上半身にも転移して起居もできなくなり、成人した長男からは、お前が働かなくなったから家がまずしくなったんだ。体を治してまた働け、と毎日怒鳴られているとの驚きの話を聞いたのです。
この話を聞いた幼なじみは茫然自失となり、すぐに私の家にタクシーで逃げておいで。私の家は死んだ両親の部屋が空いているからさ、すぐに逃げておいでよ、と言ったのです。
しか〜し早乙女さんは幼なじみの家には逃げてきませんでした。

その後幼なじみは早乙女さんの家に数回電話したのですが、電話口には必ず義父がでて、その様なものはおりません、と言ってガチャンと冷たく電話を切られたそうです。
私はこの話がどこまで本当なのか判断がつきませんが、早乙女さんが苦境にいることは間違いありません。
あのきれいだった早乙女さんが憂悲苦悩の生活を続けているのは同級生として悲しいかぎりであります。
ただただ絶望の隣に希望がそっと座っていてくれるのを祈るだけです。

Life is half spent before we know what it is.
人生とは何かが分かる頃には、人生の半分は過ぎてしまっているものだ。
George Herbert(ジョージ・ハーバート)


プチ癒し・・・



今日は晴海トリトンに出没です。
IMG_9967
ここのランチタイムは混んでいますね。
その中で比較的すいているお店を見つけて入りました。
今日のお店は「オッティモキッチン・ドゥエ・パッシ」さんです。

住所: 東京都中央区晴海1-8-16 晴海トリトン3F
電話:03-5144-8259
定休日:無休

IMG_9969
お店の外観です。

IMG_9970
メニューです。

今日のオーダー「マーレ・ビアンコ」@900円です。

IMG_9972
待つこと2分で「サラダ」の到着です。
このサラダは特筆するものはありません。

IMG_9973
待つこと10分「マーレ・ビアンコ」の着皿です。
見た目美味しそうです。

それでは実食です。
IMG_9974
マーレ・ビアンコ」には小海老、あさり、甲イカがかなりこんもりと入っています。
パスタはとても細い麺が使われており、茹で上がりが速く、いかにもランチで多くの量を捌くのに適しているのでしょうね。味ですか、小海老美味しです。
加えてパスタが熱々なので高評価です。
超混雑ランチのトリトンにおいては白眉のお店ではないでしょうか。
すなわち、早い、安い(トリトン内)、美味い、の三拍子のお店です。

それでは(^_-)

神田 香川一福

今日は「同級生話 其の壱」です。
小学校の女子から同級生のお父さんが亡くなったので葬式の後飲み会をしましょうとの本末転倒のmailが入りました。たまには幼なじみと飲むかということで通夜当日黒服に着替えて弟の友達が経営している地元の斎場にいきました。この斎場は私の両親の葬儀を行った会場でもあり懐かしくもありました。
通夜に行くとあらためて下町のすごさを思い知らされました。
それは葬儀を町会の人達が取り仕切っているのですね。
目の子でいえば総勢30名の大集団で葬儀を繰り回していました。
私の小学校の同級生も幹部役員をやっており、町会では栄達の極みになっていました。
亡くなった同級生のお父さんは高齢で大往生だったのですが、残されたおばさんが憐れでした。
日頃は元気印の人なのですが、看病疲れかすっかり体が小さくなってしまい、お顔にも疲労の色が深く刻まれていました。正直大丈夫かなと思ってしまいました。

通夜会場で故人を献杯で清めた後、飲み直しの場所を近くの居酒屋に移しました。
同級生話
飲み会に集まったのは総勢4名です。
女子×2名、私を含めた男子×2名です。
6年ぶりの再会です。
下町の人間の飲み会ですからうるさいことうるさいこと極まりないです。
特に女子は加齢によりそのお喋りがパワーアップしており完璧に迫力負けです。
参加していた女子の一人は超有名な国民的作詞家を伯母にもっていたと思っていたのですが、よくよく聞いてみれば、それは大いなる勘違いで超有名な国民的シャンソン歌手が伯母だったのでした。
そう言われてみれば、小学校の時はその面影すらなかったのですが、年を経た今ではその伯母にクリソツになっており、私の擦り込みが間違っていた事を正してくれました。

女子の内のもう一人は小学校の時から活発でした。
puripuri32-arrange01
長じたらそれが拡大していて多趣味な人になっていました。
メインの趣味は、プリザーブドフラワー(生花や葉を特殊液の中に沈めて水分を抜いた花)アレンジメントの先生(生徒多数)、アマチュアゴルファー(ハンデ18)、女子会(最低週二回の食べ歩き)で他にもちょこまか活動しておりその傍らに主婦をしています。
そこでたまらないのがご主人です。
ご主人は拝み倒して結婚してもらった負い目があり且つ子育てのストレスもあるだろうと忖度し、このような趣味を側面的に応援していたのですが、子育ても終わり落ち着くかと思いきやシフトアップしてさらに極大化していったのです。要は彼女独自の世界が萌芽し芽生え花開いたのです
ゴルフも以前は夫婦でプレイしていたのですが、彼女の交友の広さからその友人達と勝手に行くようになり完璧に彼はおいてけぼり状態になったのです。
彼の応援は完璧に裏目にでてしまったのです。
私は彼女の夫をよく知っていることから、なんで△△(旦那のニックネーム)を大事にしないんだよ、って聞きましたら、大事にしているわよ。今でもときどきは一緒にゴルフにいっているじゃない。でもね、私だって新しい友達ができてるんだから、その人たちとのゴルフが多くなるのって仕方ないじゃない。わかるわよね▲▲君、って私に同意を求めていました。
個人的には、彼女の言っている事は間違っていないと思います。
夫婦といえども「環境の変化」の問題は難しいものです。
彼女は夫とのdiscrepancy(食い違い)を持て余しています。
一方、夫は今日まで妻のためと思って彼女の趣味を側面的に応援してきました。
しか〜しその支援が今となって反目に回ったのです。
要は、彼は精神的な「妻離れ」ができなかったのです。
妻の趣味にパラサイトしてしまったのです。
そこで彼女は今起きているこの窮地に色々なサインを送り始めたのです。
彼にとって大事なのは、このサインを今しっかりとキャッチする事です。
サインが出ているうちに対処しませんと破滅の扉をノックする事になるでしょう。
そのように思います。
何年もかけて築いたものが、一夜にして崩れさるかもしれない。   
それでもなお、築きあげなさい、とは言いますが、これは私にとっても「他山の石」であります。
気をつけませんと・・・


一体何人の人がこれを見て電車に乗り遅れた事でしょうか(笑)



今日は夜のとばりが降りた神田に出没です。
IMG_9952
香川で大人気のうどん屋さん「一福」が2015年8月に東京・神田に進出しました。
今日のお店は「香川一福」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-18-11 東京ロイヤルプラザ102
電話:03-5577-3644
定休日:日曜・祝日

IMG_9941
お店の外観です。

IMG_9944
店内の雰囲気です。

今日のオーダー「小かけ&半熟玉天」@430+@100=530円です。
IMG_9950
待つこと6分で「小かけ&半熟玉天」の着丼です。

IMG_9947

IMG_9948
調味料の面々です。

それでは実食です。
おつゆに深みがありません。
多分これは香川県内ではデファクトスタンダードなのでしょうが下町っ子の舌には物足りません。
麺は細めんでつるつるしていますが、それだけです。
モチモチした食感、歯ごたえあるコシも感じられません。

IMG_9951
流石に半熟玉天は美味しかったのですか、脇役が光ってもと思います・・・
私の体調の問題もありますので軽々には言えません今日のうどんは肩すかしでしたね。
こんな日もあります。

それでは(^_-)

池袋 ベル・オーブ

今日は「それで言い訳」です。
大学二年の時、学校の反対側に札幌ラーメン屋がありました。
いつも行くチャーメンが美味しい「眠眠」が休業日でしたので、仕方なくその店に友達と入り私は塩ラーメン、友達は醤油ラーメンを頼みました。
しばらくして両ラーメンとも着丼しましたのでおもむろに食べ始めました。
食べ始めてすぐに、味が薄いというか味がしなかったのです。
最初は麺の湯切りが悪いのでお湯が多めにはいったのかなと思っていましたがさもあらずです。
ためしに友達に味見させたところ、塩が入っていないとは言えないけれど、味がしないのは確かだよ、との事でした。そこで以下のやり取りとなったのです。

私「オジサンこのラーメン味がしないよ」
ここですみませんというのかと思いきや
オジ「ちゃんと作っていますよ、これがうちの味です」
この辺りで私はすこしキレてきました。
私「あそうなの、でもこのスープ飲んでからいってよ。隣の友達も味がしないといっているよ」
言われた手前渋々とオジサンはスープの味見をします。
すると顔色が変わりました。何となく塩と化学調味料を間違えたように見受けられたのです。
オジ「決して塩加減は間違えてなんかいませんよ。
うちの味付けは薄口ですから、初めての方は物足りなく感じるのかも知れませんね」
私「このお店始めてじゃないけどさあ、そう塩加減を間違えてないっていうの」
といってすぐさま隣の友達の醤油ラーメンを奪い取りそのスープをレンゲですくって一口飲みました。
私「じゃこの醤油ラーメンは普通にショッパイけれど、それならばこの醤油ラーメンは塩加減を間違えているよね。」
オジ「・・・」
オジサンのコメカミの血管が浮かび上がりそしてヒクヒクと震え始めてきました。
私「そうか、それなら俺はこの味では食べられないから作りなおしてよ。
塩加減を間違えてないんだから作り直し代は払うよ。
その代わり友達の醤油ラーメンは普通にしょっぱいので塩加減をまちがえているよね。
こっちはそちらの問題だからタダで作り直してよ」
ここで私は席から立ち上がり店内の隅々まで響き渡る声で
「このお店のラーメンの味は超うすくちだそうです。
もし皆さんが食べているラーメンが普通の塩加減ならそれは作り間違いです。
このお店の店主は、根っからの職人なのでそのようなラーメンは絶対に作らないと言っていますが、万が一あったら即作り直してくれるそうです」
と吠えたのです。

結局友達が、いいかげんにしろよ、と取り直したので何となく収まったのですが、お店の客はみんなこの騒動に面白がってラーメン食べるのを止めて私とオジとのやり取りの一部始終に注目していたのです。
負けず嫌い
20歳の時の蹉跌であります。一方でこのオジの負けず嫌いもここまでくるとお見事ですね。
人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。
それでもなお、人を愛しなさい、とは言いますが、このオジだけは愛せませんでした。


I love Kyoto!



今日は夜のとばりが降りた池袋に出没です。
IMG_9928

IMG_9930
ちょっと落ち着いて仕事がしたく大きなテーブルのある店を探していました。
ユーリカ!(私は見つけた!)
今日のお店はベルギービール カフェ 「ベル・オーブ」 東京芸術劇場さんです。

住所: 東京都豊島区西池袋1-8-1 東京芸術劇場 1F
電話:03-3987-7895
定休日:不定休(東京芸術劇場に準ずる)

IMG_9927
お店の外観です。

IMG_9937
店内の雰囲気です。

IMG_9932
メニューです。

今日のオーダー「ブリュッセル風ベルギーワッフル ベルギーチョコレートとホイップクリープ添え&コーヒー」@960円です。実はこの「ベル・オーブ」さんは、直輸入ベルギービールとべルギー料理のお店だったのです。
そうですか、飲まないから楽しめません。
ホールスタッフさんが妙に体育会のノリで接客していたのが少しうるさかったのです。
落ち着いて仕事ができないじゃないか、といっても一応レストランですからね。
私の方が横車を押していたのでした、あいすみません。

待つこと13分で「ブリュッセル風ベルギーワッフル ベルギーチョコレートとホイップクリープ添え&コーヒー」の到着です。
IMG_9934

IMG_9935

IMG_9936
見た目デザートじゃないですか。
まぁ仕事を片付けにきたのだから良しとします。
味ですか、不味からず美味からずです。
ベルギーワッフルは熱々で頂きたかったものです。
仕事が一段落したのであたりを見まわしましたら素面なのは私だけでした。
完璧に「みにくいアヒルの子」状態でした。
なにか不条理の世界に迷い込んだような心もちでした、ハイ。
こんな日もあります。

それでは(^_-)

飯田橋 高はし リターンズ

今日は「昭和落語四天王」です。
立川談志、三遊亭円楽、古今亭志ん朝の3人に、八代目橘家圓蔵を加えた4人を東京落語の四天王と呼ばれていました。昭和40年代に東京の落語家で一番人気があり知名度が高いのは、間違い無く林家三平でだったでしょう。
それに次ぐ人気落語家は月の家円鏡でしょう。
ただしこの当時この二人の人気落語家がテレビやラジオで落語を演じることはほとんどなかったのでした。
従いましてこの地名度は多くのバラエテイー番組とコマーシャルに出ていたことによるものであり、その上での人気だったと思います。

橘屋円蔵
その中で最後の昭和の落語家である「ヨイショ」を決まり文句にした、明るくにぎやかな芸風で活躍した落語家の橘家円蔵さんが10月7日、心室細動のため東京都内の病院で亡くなれました。享年81歳でした。
また一人名人が亡くなってしまったのですね。
月の家円鏡さんは1982年に八代目橘家円蔵を襲名しました。
「うまいのは(古今亭)志ん朝で(立川)談志は達者。だからアタシは面白い落語家を目指す」が口ぐせで、どこまでも面白さを追求していました。
家が江戸川区の平井にあり、私の高校の友達の家の近所だったのでよくその家を見に行ったものでした。
平井といえば昔南口の右奥に花街があり、たった一回ですが料亭で接待を受けた事があります。
その時たまさか芸のできる芸妓さんが払底しており場を持たせるためにカラオケをする事となりました。
その際に女相撲の関取みたいな芸妓さんがカラオケマシンをキャリーカートにのっけてゴロゴロと引きずって部屋に入っきたのには驚かされました。

月の家円鏡さんといえば昔はツケ(ツケノヤ円鏡からのコジツケ)で飲み食いさせているお店が下町には多くありました。わが家においては父が酒屋さんと自宅の裏にあったバーをツケで飲み食いしていました。
私が小さい時はそれ以外にも一軒の食堂にツケがききましたので、父が仕事で遅い時は母とそのお店に食べに行った記憶があります。大きくなってからですか、下町でも「貸して不仲になるよりも いつもニコニコ現金払い」の張り紙がお店に張られるようになりました。
林家三平
その対極として、先代林家三平師匠が昔上野のアメ横にあるお菓子やさんのテレビCMで「ニキ、ニキ、ニキ、ニキ、二木の菓子、いつもニコニコ現金払い、安くてど〜もすいませ〜ん」って毎日深夜に謝っていましたっけ。

ここで小話一つをご紹介します。
立川談志
立川談志師匠の名作です。
患者:最近、物忘れがひどくて〜
医者:いつ頃からですか?
患者:えっ!何の話ですか?
これ笑えますよね。
実は最近人の名前を忘れます。
さすがによく会う人はおぼえているのですが、たまに会う人はほとんどダメです。
その為にiPadairに備忘録を作ったので仕事の上では事なきを得ているのですが、もし飲酒を続けていたらもっとひどくなっていたはずです。
本当に停酒をして良かったと思う今日この頃です。
年は取りたくないですね、と取引先の役員に笑いながら話しましたら、人間60歳を過ぎたら年は取る(年を重ねるの意)のではなく年を取る(年を減らすの意)のだと真面目にいわれていました。
という事は120歳で0歳になるのですね。

という事で昭和ネタでした。
昭和は遠くなりにけりであります。
最後に圓蔵師匠に合掌です。


TOKYO NIGHTVIEW TIME LAPSE HD



今日は飯田橋に出没です。
IMG_9924
たまには日本一の雲呑麺を食べるかということでお邪魔しました。
今日のお店は「中華そば 高はしラーメン」さんです。

住所: 東京都千代田区飯田橋3−11−30
電話:03-3239-5274
定休日:土・日・祝日

IMG_9925
お店の外観です。

IMG_9917

IMG_9919
店内の雰囲気です。

IMG_9918
メニューです。

今日のオーダー「雲呑麺」@980円です。
ななんと6年ぶりの再訪です。
ご主人もあまり変わっていませんね。

待つこと4分で雲呑麺の着丼です。
IMG_9920
見た目美味しそうです。
それでは実食です。
スープは豚骨と鶏ガラで取られた上品なスープです。
味はこれ以上味をしょっぱくしたら下品になるという絶妙な塩加減です。
胡椒を少量加えますと味が引き締まりました。
麺は中細のちぢれ麺です。
この小麦粉っぽい麺は私の好みです。
チャーシューは厚めのバラ肉をしっかり仕込んだ煮込んだもので、肉のうま味が秀逸で且つ油分が程よくのっています。

IMG_9923
特筆するのは雲呑です。
写真で茶色く見えるのが、肉の部分です。たくさんの挽肉が入っているのがお分かりかと思います。
皮がプルンプルンで口の中で踊ります。
シナチクはシャキシャキとした質感が高評価です。
味ですか、すごくおいしいです。
四ツ谷の名店「こうや」の出自ではありますが、今となっては「こうや」越えしたのではと思わせる今日この頃であります。

それでは(^_-)

浅草 モンティー

今日は「愚痴話」です。
先日自宅周辺をぶらぶらしていましたら、マラソンクラブの女性に会いました。
ちなみにその女性は50歳超えの独身の方です。
たまにはお茶しませんか、と誘われたので近くにあったファミレスにいきました。
最初はマラソンクラブの方々の近況等話していたのですが、あるところから彼女の結婚話になったのです。
私は彼女の日頃の男っぷりの良い走りからの想像で、そのような結婚願望がないと思っていましたし、揣摩臆測ではありますがバツイチとも聞いていたので意外感があったのです。
すると私の眼のザワメキに気がついたみたいで、もしかして私の事バツイチだと思っていたんでしょう。
それって▲▲さんがまき散らしたうわさ話ですからね、と訂正していました。
その事は私にとってどうでも良いことなので、なんだそうだったんだ、と笑いながら受け付けたのです。

チャンス
彼女の話は徐々に愚痴めいた様相を呈してきて、今までいろんな場面で結婚のチャンスがあったんだけど、なぜか後一歩踏み出せなかったんですぅ、と自己総括となったのです。
そこで私は、チャンスの神様というのには前髪はあるけれど、後頭部に髪の毛はないんだよね。
もし神様の前髪をつかんだら、神様をつかまえることができるんだけれど、もしそれを失敗してしまったら、二度と神様をつかまえることができないんだ。
要はここぞという時は一気呵成に攻め込まなければならないんだよ、と言いましたら、まさにその通りですぅ、とうなずいていました。
私はさら〜に、もしかしたら△△さんって理想が高いんじゃないの。
確かに理想なしで恋愛をするのは味気なさすぎるけれど、理想を明確にすることで自分の恋愛の輪郭が見えてくるよね。しか〜し理想は自らの恋愛を照らす灯台にはなりえるけれど、それが最終の到達点ではないと思うんだよね。
確かに灯台がから離れている時は、灯台が一時的な目標として役に立つときもあるけれど、しか〜しその近くに来ると、もっと遠くに他の灯台が見えてきて、今以上の恋愛が生まれるんじゃないかと思っちゃうんじゃない。
それって結局決められない言い訳なんじゃないのかな。
何だかんだ言ったところで、女としての幸福の基礎になるのは結婚だし、より良い結婚をするにあたって、理想を求める恋愛は百害あって一利なしだと思うんだ。
たとえば今付き合っている彼は、顔はわるく話はつまんないけれど、見方を変えてそう言えば将来性はあるし、話なんかつまらないくらいの方が、将来こちらの意のままに扱う事ができるしみたいに、最終的には得なんだなと思って理想を下げるべきなんじゃない、と言ったのです。
そうしたら、そうですね、というかと思いましたら、将来のことはわからないけれどやはり理想の男性と結婚するのは女性の夢ですよね、ですと。
これって反対できない発言を根拠にする女性特有の言い回しなので、この時はじめて真面目に熱くなって答えた私が馬鹿だった事に気がついたのです。
愚痴
要は単に愚痴をきいてほしかったのですね・・・
人が本当に助けを必要としていても、実際に助けの手を差し伸べると攻撃されるかもしれない。
それでもなお、人を助けなさい、とは言いますが、でもねであります。
こんな日もあります・・・・


迷えるあなた、この動画を見てさらに迷ってください。



今日は打合せが浅草であってその後同級生がやっている寿司屋にいこうとブラブラと歩いて向かったらなななんとお店が無くなっていました。マジすか、聞いていませんでした。
IMG_9885

IMG_9886

IMG_9887

IMG_9888

IMG_9890

IMG_9891

IMG_9892

IMG_9893
仕方がないのでまた歩いて浅草に戻りました。
今日のお店はタイ料理の行列店「モンティー(MONTEE)」さんです。

住所: 東京都台東区浅草1-1-12
電話:03-3841-8668
定休日:火曜日

IMG_9895
お店の外観です。

IMG_9900
店内の雰囲気です。

IMG_9897
メニューです。

今日のオーダー「パッ ガパォ ラーカォ 鶏・豚・牛挽き肉ガパォ炒め飯」@890円です。
このお店は不定期にTVでフィーチャーされているのでいつも混雑しています。
今日の入店も19時から団体の予約が入っているので、それまでに退店するのが条件でした。
お店は日本人のご主人にそのタイ人の奥様とそのお母さまの3人で繰り回しています。

待つこと6分で「挽き肉ガパォ炒め飯」の到着です。
IMG_9903
見た目美味しそうです。

それでは実食です。
IMG_9907
このガパオはひき肉とご飯が半々に盛られ、両面焼いた半熟の目玉焼きがのっています。
ひき肉は粗目・細か目がまじっており、メニュー通り、鶏・豚・牛が混在しています。
汁気はほとんど無く、ぼそぼそした食感です。
ピーマンと赤ピーマンの細切り入り、バジルが効いています。
と最初は快適だったのですが「挽き肉ガパォ炒め飯」を口に入れ40後に私の体に異変がおこったのです。
その異変とは・・・・
口から火を吹いたです。
実は席に着くやいなやiPadairで仕事をしていたものですから、奥様の注意を適当に聞き流していたのです。
その注意を記憶で申せば「辛いですけれど大丈夫ですか」でした。
まったく大丈ではありません。
口の中が大火事です。
既に涙目になっている両眼でメニューを見直せば赤い唐辛子が三つもついているではないですか。
こうなっては後の祭りです。

IMG_9908
「お水!お水!」と叫けべばすでにお水はステンレスカップに氷たっぷりしかもストロー付きででていました。
慌ててそのお水をチューチューとストローを通して吸い込みましたら初期消火はできましたが、しばらくしたら口の中がさらに辛くなりました。

味ですか、挽き肉美味しです。
タイの香辛料を使っているみたいで独特の香気が漂っていました。
うん、これは辛さの度合いさえ間違えなければかなりのレベルです。
IMG_9905
玉子焼きは普通の玉子焼きでした。
下町っ子の面子もあり、辛さと闘いながら犬が舐めつくしたようにきれいに完食しました。

IMG_9912
浅草から家に帰る途中胃が痛くて泣きそうでした。
次の日はその辛さがお尻に飛び火しました。
辛さをあまく見てアイスイマセンでした・・・

それでは(^_-)

青山 ウェスト青山ガーデン

今日は「マスカレード(虚構)」です。
meganpark_2011aw_01
私の取引様になんとも特異な風体な中年女性がいます。
デザイナーブランドなのでしょうかどこから見ても高額の衣服をいつも着用しています。仕事は事務従事ですが、業務的な仕事もこなしており、時おり打合せにもでてきますのでその威容を承知しているのです。
一度取引様の部長に、今日の打合せにでてきた白河さんは素封家の出自ですか、と聞きましたら、なんの普通のOLですよ。独身だから可処分所得が多いのでしょう、と笑って答えていました。
私は、それにしても高価な衣装ですよね。
私たちリーマンではちょっと手がでませんね、と嘆息まじりに付け加えたのでした。

とある休日、所用があって銀座の帝国ホテルにいきました。
タワー館地下一階のレストランの前で中年のセレブリティの女性から、こんにちは、▲▲さん、と声掛けされたのです。私はその様な女性の知り合いはいませんので、多分私の後方を歩いている人だろうと思って、その声を無視したのです。
すると再度、私です。△△工業の白河です、とダメを出されましたのでそのセレブリティの女性が取引先の白河さんであることがわかったのです。
しか〜しなんともゴージャスないでたちです。
毛皮のコート
捨て値でみても1百万円以上はする毛皮のコートです。
お友達と来ているようでしたが、そのお友達と白河さんの衣裳のギャップがこれまたすごいのです。
要はお友達のファッションは普通のよそ行きコーデだったのです。
白河さんだけが浮いていたのでした。
私はリップサービスで、いつもおきれいですが、今日は一段とおきれいですね。
特にこのコート、私たち庶民ではちょっと手が出でませんね、と言いましたら、今日はこの後、ワインの品評会があるので場の雰囲気を考えて地味な服にしましたのよ、と莞爾として笑われたのです。
なんだ、この慇懃無礼なふるまいはと思いました。
麗子像
正直に申しますと、くだんの白河さんは決して美人ではありません。
お顔立ちは岸田劉生画伯の麗子像を今様な化粧を施したしたような感じです。
伸長は150儖未如体系は洋梨型です。
多分私が若いころなら「猫跨ぎ」な女性です。
すなわち魚好きと言われる猫でさえ、 またいで無視するほどまずい魚のような女性であります。
そんな女性がこれまたセレブリティでもないのにセレブリティの格好をして衆目を欺いているわけです。
これって逆「ローマの休日」です。
要は世間知らずの若い女性が実はヨーロッパきっての古い歴史と伝統を持つ某国の王女だったいう「ローマの休日」の真逆版です。

人間だれしも見栄をはりますがここまではしないと思います。
例えばこのように自分の楽しみをひけらかしている人はいますがその楽しみは偽物であるように思います。
本当の楽しみというのはもう少し穏やかなものです。
真の楽しみは自己完結型です。
従いまして一人でも充分楽しいのですから、わざわざ他人に見せびらかす必要はないのです。
多分ですよ、このように自分の楽しみを多くの人に見せつけている人は、帰宅して化粧を落として素の自分に戻った時の落差はかなりつらいものがあるのだと忖度しています。
それもまた一つの生き方なので、私がことさらその良し悪しは決められませんが、決して羨望する必要のない事も事実です。お城で行われた舞踏会から帰ってきたシンデレラの心境と重ね合わせればご理解できるでしょう。

愚か者の第一段階は、自分をよりよく見せよう とする事である。
第二段階は、それを他人に しゃべることである。
最終段階は、 他人の考えを馬鹿にすることである。
Benjamin Franklin(ベンジャミン・フランクリン)


落ち込んだ時はこの曲で弾けてください!


今日に奥様と長男とで青山に出没です。
帰省していた長男を送るついでに青山によったのですが、実は私にはおおいなる目的があったのです。
その全貌はグルメネタでご確認ください。
今日のお店は「ウェスト青山ガーデン」さんです・

住所: 東京都港区南青山1-22-10
電話: 03-3403-1818
定休日:無休

IMG_9853

IMG_9854
お店の外観です。

IMG_9862
店内の雰囲気です。
IMG_9859
フェイクではなく生花の生け花です。
一服の清涼剤とでも申しましょうかとてもきれいです。

IMG_9855 (2)

IMG_9879
メニューです。

今日のオーダー
奥様と私は「ホットケーキ+紅茶・コーヒー+チョコレートバタークリーム」@1,100+@1,000+@100=2,200円(内税)
長男は「BLTサンド+紅茶」@1,400+@900=2,300円(内税)
実は銀座の「ウェスト」さんへはたまに行くのですが、南青山の「ウェスト」さんには行ったことがなかったのです。
ここのホットケーキは東京一美味しいらしいです。
ホットケーキ好きとしましては外せないお店であります。
ということで、今日の目的は東京一美味しいホットケーを食べるの巻だったのです。

IMG_9863
待つこと13分でフォークとナイフとメープルシロップが到着しました。

IMG_9876
この当たりの配慮がうれしいですね。

待つこと14分で「BLTサンド」の到着です。
IMG_9864

IMG_9865
見た目上品です。
味ですか、ベーコン美味しです。
サラダドレッシングが絶妙です。

檸檬をかけていただきますと、味がさわやかになりました。
IMG_9870
これは好き好きですが、個人的には檸檬をかけていただいた方が美味しいですね。

待つこと18分で「ホットケーキ」の到着です。
IMG_9869

IMG_9875
最初は2枚/セットを二人前頼もうとしたのですが、ホールスタッフさんから直径18僂搬腓いのでお止めになられた方がよろしいですよ、と言われて断念したのです。
この大きさでは納得です。
キレイに焼かれた、つるんとした表面が特徴のホットケーキです。
このふっくらさはオーブンで充分に蒸したことによるものです。
バターがひとかけらトッピングされていて、それがホットケーキの体温によりカーリングのストーンのようにゆっくりと傾きの方に落ちていきます。
それに併せて香気が立ち昇ってきます。
IMG_9871
それではたっぷりのチョコレートバタークリームとメープルシロップをかけていただきます。
味ですかすごく美味しいです。
「東京一美味しい」の評判は間違いありません。
特にチョコレートバタークリームのたおやかな甘さは天にも昇る気持ちです。
今まで食べたホットケーキの中では一番美味しいです。
普通のホットケーキは冷めたら味が急激に落ちるのですが、このホットケーキは最後までふっくら感が残りそのような不幸は訪れませんでした。
我ら家族に口福の神様が降臨されました。
大満足のランチでした。

それでは(^_-)

晴海 ぽっぽっ屋 14th

今日は「私が日頃思っている事」です。
世の中には例えば「好きな英語を勉強したいのだけれど時間がない」とかいう人が多いですよね。
確かに現代人は忙しいですし且つすることが沢山あります。
その上に好きな事まで始めましたら忙しくてたまらない、というのが世の中の一般的な考えでしょう。
しか〜し思い切ってその好きなことを始めるとわかるのですが、やってみますと案外に時間のやりくりがつくものなのです。
好きなことをしたい為に他のこともきちんとやらなくてはと感じるので、畢竟能率よく上がり、短い時間で仕事が終わるので、全体としてはうまくゆくことになる事が多いようです。
加えてする事の量が増えれば増えるほど、エネルギーの消耗が激しくなって疲れてしまうというように単純に考えすぎているきらいがあります。
いくらする事の量が増えても好きでやっている時は、エネルギーの流れが良いのでそれ程疲れないものなのです。
何かをしながら、やっぱりあの好きなことをしておけばよかったとか、嫌だなと思っている時は、心の中に生じる摩擦のためにエネルギーを消耗するのです。
この為にあまりする事をしていないわりには疲れるという事になるのです。
 
見るまえに跳べ Leap Before You Look.
飛び上がれ
大江健三郎さんの小説のタイトルにもなっていますので、人口に膾炙されている至言であります。
短いので本文を紹介しますね。

Leap Before You Look
               W. H. Auden
The sense of danger must not disappear:
The way is certainly both short and steep,
However gradual it looks from here;
Look if you like, but you will have to leap.


見るまえに跳べ
               W. H. オーデン
危険の感覚を失くしちゃいけない。
君の行く道は、たしかに、急で険しいものだ、
ここから見ると 緩やかなものに見えるけれどね。
見たけりゃ見なさい、でも君はどのみち跳ばなきゃならないのだよ。

この言葉が好きです。
セッカチの性格なので自分に合っているのかもしれません。
よくこの言葉の紹介で「畳の上の水連」が用いられます。
いくら水泳の方法を本で勉強しても実際に泳いでみたら本の通りにはならないということです。
このような人たちは、溺れるという「the sense of danger」にとらわれて、冒険ができないのです。
要はriskに敏感になりすぎて、全体を見失ってしまっているのでしょう。
仕事でもそうです。
始めての仕事・案件は誰しもが不安になります。
しか〜しここでその不安と向き合っていても進展はしません。
したがってまずは着手してみるべきなのです。
やってみて分らない事があったら、周りの人に相談すればよいのです。これがチームプレーなのです。
私が一番唾棄する人間は、やりもしないで、できない言い訳を連綿と述べる人です。
Noから議論を始める人で良い仕事をした人は未だかつて見たことがありません。
加えて申せば「拙速は巧遅に如かず」です。
スピードも要求されるのです。
ビジネスで成功する人たちは、みな早くてうまい「巧速」です。
しか〜し彼らは新入社員の時から「巧速」だったわけではないはずです。
成長過程において「巧遅よりも拙速」ということを意識し、仕事に打ち込んだその結果として「巧速」の仕事術を身につけたのだと思われます。
早さはとりわけ重要です。スピードこそ「力」なのです。

最後に私の好きな名言で締めさていただきます。
If you want something done, ask a busy person.
何かしてもらいたければ忙しい人に頼むとよい。
Benjamin Franklin(ベンジャミン・フランクリン)


一体全体どうやっているんだろう?



今日は勝どきに出没です。
IMG_9848

IMG_9836
久々にトリトンスクエアに来ました。
たまには美味しいラーメンでも食べるかということで入ったお店は「ぽっぽっ屋ラーメン」さんです。

住所: 東京都中央区晴海1-8-16 晴海トリトン3F
電話:03-5144-8259
定休日:無休

IMG_9838
お店の外観です。

IMG_9845
店内の雰囲気です。

IMG_9839
メニューです。

今日のオーダー「ラーメン(半麺=100g・野菜多め・玉ねぎ多め・にんにく)」@850円です。
前回の「駄目だこりゃビックリマークラーメン」でしたweepから約3.5年のご無沙汰です。
今日の雰囲気では厨房スタッフが外国人から日本人変わっていました。
Rebornしているのでしょうか・・・

IMG_9841
調味料の面々です。

IMG_9843
トッピングの紹介です。

待つこと8分で「ラーメン」の着丼です。
IMG_9846

IMG_9847
見た目鮮やかです。
それでは実食です。
茹で野菜はまずまずの味わいです。
しか〜しこのお店の白眉だった木耳(きくらげ)にハリがありません。
天地返しを数回することでぽっぽっや定番の荒縄麺がでてきました。
懐かしい味です、この麺は美味しいですネ。
肝心かなめのスープはどうでしょうか。
ぬる〜いですね。
スープの温度管理くらい何でできないのでしょうか。
本来は美味しいのに、野菜が臭かったり、スープがぬるかったりして味に安定感のないお店でしたが、今回も前回同様に「駄目だこりゃビックリマークのラーメン」でしたweep
いっちょん変らん状態に、驚き呆れとるバイであります。

それでは(^_-)

有楽町 バインセオ サイゴン リターンズ

今日は「首が三つある嫁」です。
首が三つある嫁
この間車中でPodcastの相談コーナーを聞いていましたら、夫の母親と祖母が仲たがいしていて困っているという家に嫁にきた妻の相談に対して、投稿者が、それをとりなすためには両家の家族を秘湯温泉によんで、できれば大広間の部屋に一緒に泊まり、山海の珍味に舌鼓をうちながら、酒をたんまりと飲ませて、首が三つもある嫁をもらったここはない、こんな目が四つもある姑なんかしらない、となるまで胸襟を開かせたらどうですか、という回答に対して、パーソナリティーの二人から、首が三つ、目が四つって何これ、こんなたとえがあったの、と異口同音に申していました。

これには驚きました。
ちなみに二人の内の一人は男性ですが、下戸でお酒がまったく飲めません。
片割れの女性も、お酒は飲みますがたしなむ程度です。

まだピンと来ていない方がおられたらこのような話はいかかがですか。
帯広にはとても仲のよいお取引先の部長がいて良く飲み歩いていました。
正確にいいますと北海道在住時の私もお酒を全く飲まなかったのでウーロン茶でのお付合いです。
この部長必ずお酒に飲まれてしまいます。そして帰宅は車で、所謂「酒気帯び運転」です。
しか〜しそうはいいながら「酒気帯び運転」は立派な道交法違反ですので自分で基準を設けて道交法違反に抵触しないようにしていました。
以下はある夜の二人の会話です。
部長「いいかい▲▲さん(私の事)お酒は飲んでも飲まれちゃイケナイヨ」
私「フムフム」
部長「例えばあそこにクラブのビラ配っているお姉チャン二人いるべな」
私「・・・」
部長「あのお姉チャン二人が四人に見えた時は代行で帰るのサ。
今日は二人ともハッキシ見えているから車で帰っても大丈夫ってわけ。
今日はマイカーデイ!」
私「しかし・・・ビラ配っているお姉チャンは一人だけですよ」
部長「・・・」

わかりましたよね・・・
酒好きな方のほとんどは体験しているはずです。
物を見る時に目は焦点を絞って画像を鮮明にします。
その為には焦点を合わす筋肉の力が必要です。
しか〜しひどく酔うことでこの筋肉が言う事を聞かなくなり焦点が合わず二重に見えてしまうのです。
ちなみに私は4年間この経験はありません。悪しからずであります。


この人すごすぎる。



今日は有楽町に出没です。
IMG_9835

IMG_9834
今日はベトナム料理の行列店に出向きました。
今日のお店は「バインセオ サイゴン(BANH XEO SAIGON)」さんです。

住所: 東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシア フードアべニュー B1 F
電話:03-3211-0678
休日:不定休 (有楽町イトシアに準ずる)

IMG_9823

IMG_9833
お店の外観です。

IMG_9827
店内の雰囲気です。

IMG_9825
メニューです。

今日のオーダー「ブンボーフェ(ピリ辛牛すじコラーゲンスープ麺)&パクチ」@960+@100=1,060円(内税)です。
店内は女性ばっかりです。
女性はベトナム料理が好きなのですかね。
バインセオ(BANH XEO)とはベトナム風お好み焼きのことです。

待つこと6分で「ブンボーフェ&パクチ」の到着です。
IMG_9828

IMG_9831
見た目美味しそうです。

それでは実食です。
うんスープ美味しです。
スープを一口いただいてから大好きなパクチを投入しました。
すみませんパクチ投入の画像は撮り忘れましたが味は締まりました。
エスニック料理はパクチが必須です。
味ですかすじ肉美味しです。
IMG_9829
トロトロです。たまりません。
ピリ辛の程度も私好みです。
満足です。
たまにはベトナム料理も良いですね・・・

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ