下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

2015年07月

続 福井 KOREA (コリア)

今日は「外国語習得異論」です。
今はグローバルな時代であるということは間違いなく、諸外国の多くの人が仕事や観光で日本を訪れています。
今後その流れは加速すると考えるのが自然です。
2020年には東京オリンピックが開催され、その準備のために海外からの渡航者はますます増えるでしょうし、中国からの人の流れは観光,仕事において加速すると思われます。
現に、ドンキホーテは新入社員の40%を中国人にするほどの社会状況なのです。
そこで、かねて言われているように外国語の習得が必要になります。ある意味、日本語が世界でリーダー的な位置にあり続けるためにも必要なことです。しかし、日本の全国民が今から英語,中国語を学ぶ必要があるかの 見極めはしなければならないと思います。
日本という国は、知らず知らずのうちにマスコミというところに意識を誘導されているように感じます。
少なくとも、ある新聞社1社が1つの事象について 多方面から見解を出すということはないとわかっていても、結局、複数の新聞社の意見を確認して自分の見解を得ている人は限られています。
今の時点で必要なことは「自分は何がしたいのか、すべきなのか、できるのか」をそれぞれの立場で確認し、自分の思う力を身につけていくことではないでしょうか。これは、ビジネスマンに限ったことではなく、すべての人に当てはまると思います。
「英語、中国語を話せないと飯が食えなくなる」という考えもあれば、「今後は人口知能が発達するから翻訳機の力を借りることもできる」という考えもあるでしょう。 どちらの考えを選択するかというだけでも、生きているあいだの時間の使い方が大きく変わっていきます。出会える人が変わってきます。
先のことですから正解はわかりません。正解があるのかどうかもわかりません。
だからこそ情報を集め、取捨選択し、 そして自分で考えて、決める時代なのです。
「閉じる幸せ」残間里江子著より転載<

某新聞の調査によりますと、国民の8割は「英語がもっとできたら」と思っていますが、「いつそう思うか」尋ねますと、多い方から海外旅行、外人に道を聞かれた時、映画を見る時と続くそうです。
仕事で必要なのは全体のたった18%なのだそうです。
一生の間の数十日(国民一人当たり平均)の海外旅行や、一生にほんの数回だけ外人それも英語で道を聞かれた時のために、英語習得という膨大な費用と時間をかけて良いものでしょうか。

インターネットの普及にともない英語が全国民に必要な道具となるという識者もおりますが、それは英語がインターネットで君臨しているとう今の状況が永遠に続くといいう前提に立っているだけです。英語君臨の状況を好ましくないとしているフランスなどではすでに反発がおきており、早晩改められる可能性もあります。
不朽の名作である「鉄腕アトム」の中では、2003年に早々と通訳並みの翻訳機が使用されていましたが、これも早晩安くて高性能な翻訳機の出現により、ほとんどのコミュニケーションは母国語ですまさせる事が可能になるでしょう。

昨今、帰国子女を代表として流暢な英語を話す若者が増えていますが、そもそも日本語がきちんとできるからこそ英語は付加価値になるのです。
仮に日本人でどんなに英語がうまくても、自国を知らず、自国語を知らない人間は、国際的にみて軽蔑の対象であっても、尊敬の対象にはなりえません。
よく英語ができれば国際人である、という事を言われていますが、大切なのは英会話力の優劣はなく、絶対的に内容なのであります。
これは、片言の英語で話しても尊敬されている日本人はごまんとおり、英語を得意とする英米人の中でも国際人はわずかという事でも自明であります。

NOVA
言語を奪われた民族の運命は、琉球やウタリを見れば明らかであります。
それに対して2,000年も流浪の旅を続けていたユダヤ民族は、母国語すなわちヘブライ語を失わなかったから20世紀になって建国することができたのです。
まずは母国語を愛しましょう。
NOVAにいくのはそれからでも良いと思います。

Education is the kindling of a flame, not the filling of a vessel.
教育とは、炎を燃えあがらせることであって、 入れ物を満たすことではない。
Socrates(ソクラテス)


This is literally one of the most amazing things I've ever seen.



IMG_8211

IMG_8224

IMG_8210
今日は恐竜の街「福井」に出没です。
今日のお店は福井でのお気に入りの「KOREA (コリア)」さんです。

住所: 福井県福井市中央1-12-8
電話:0776-28-3889
定休日:不明

IMG_8214
お店の外観です。

IMG_8215

IMG_8217
店内の雰囲気です。

IMG_8223
メニューです。

IMG_8218
今日のオーダー「おぼろ豆腐セット」@980円です。
待つこと11分で「おぼろ豆腐セット」の到着です。
五品目っていうのは落ち着きがありますね。

IMG_8219

IMG_8220

IMG_8221
今日の「バンチャ」(韓国風突き出し)は、ゴマ油が美味しいもやしのナムル、光り輝く韓国海苔、辛さ控えめの自家製キムチです。今回は光り輝く韓国海苔が秀逸でした。

IMG_8222
「おぼろ豆腐」は辛さ控えめではなくかなりspicyです。
で〜もこの辛さがけがれのないおぼろ豆腐の味を引き立てているのです。
この「おぼろ豆腐セット」はスープ勝ちですね。
辛さの中にほのかな甘みを感じます。
味ですかすごく美味しいです。
後半は熱々のおぼろ豆腐を韓国海苔で巻いていただきました。
これがまた美味しいこと美味しいこと最高です。
このお店はレベルが高いですね。
店内にいた女性たちも、本当に美味しいわね、を連呼していました。
納得の評価であります。
福井に北陸韓国料理の絶巓「KOREA (コリア)」さんありきですか。

それでは(^_-)

淀屋橋 上海亭

今日は「Rhapsody in Osaka」です。
大阪には約2年いました。
大阪に住むまでは、大阪とは生き馬の目を抜く的人が住む街というイメージがあったのですが、そのイメージが三次元化して自分の前に現れますと違った様相を呈したのです。
要はエネルギッシュですがその裏に潜んでいる優しさがわかるとなんとも人情味あふれる街だなぁという感慨をもちました。そんな大阪の私の思い出をしるしてみました。
宜しかったらお付き合いください。

#ジャンジャン横丁のおもろいオッサン
パチパチパンチ
転勤してしばらくして大阪は地下鉄動物園前駅から大阪の代表的なタワー「通天閣」へと続く約180mの商店街「 ジャンジャン横丁」へ出向いたのです。
そこで見た出来事というのは、この画像のような相貌のオッサンがランニングシャツ一枚の姿で、バットを両手で持って天を突きさすようにして高々と上げています。
何かの絵図があるようです。
そこに気の弱そうな青年がそのオッサンの方に向かって歩いてきました。
すると蜘蛛の巣にかかった蝶々を見つけた蜘蛛のようにそのオッサンはその兄ちゃんに向かって言葉を発したのです。ワシ、今コーラ飲みたいんやけど、人に頼まれてな、今このバッド降ろされへんのんや。このポケットに財布があってな、なかに五百円玉がはいってんやけど、その財布から五百円玉取って代りにコーラ買ってくれへん、と言ってから射るような眼(まなこ)でその青年を睨みつけたのです。
すると青年は蛇に睨まれた蛙のようにビビりながらも、ええですよ、コーラ買いますよ。と言って、自分の財布から100円玉×2枚を取出して自動販売機の投入口入れようとすると、誰がじゃら銭で買えゆうたんじゃ。このバットでドタマかち割るぞ、と割れんばかりの大声で怒鳴りつけたのです。
そう言われた青年は、そうでしたね。五百円玉っていうてはりましたね、と言ったものの5百円玉がなかったみたいで仕方なく千円札で買ったのです。
ガチャンとコーラが自販機の取出し口に落ちると間髪入れずに、手が降ろされんさけ、兄ちゃん飲ましてや、と畳み掛けたのです。
こんなオトロしいオッサンとこれ以上かかわりたくないと考えたのでしょう。
この青年は、急な用事を思い出したので、手が降ろされるようになったらご自分で飲んでください。お釣りもええですから。それではサイナラ、と言って脱兎のようにその場から立ち去ったのでした。
たまさかその一部始終をみていた私と目があい、そのオッサンは満面の笑みを浮かべながら、なんやら恐喝しているように思われるやん。かなわんな、と私に言い放ったのです。
私は心の中でお見事と言ってその場からおっとり刀で立ち去ったのです。
東京ではこのような面白い恐喝ってみたことがありません。
仮にコーラが@150円だとしますと、このオッサンの想定通りでしたら500-150=@350円が一回当たり入手できて、さらにそのコーラも再利用されると思われますので結局、薬局、放送局で@500円のシノギです。
またこの様な恐喝に引っかかる人がいること事態、大阪の平和のあかしでもあります。
何とも大阪らしいなと思ったのでした。

#大阪の食文化のアイコン
だるま

IMG_8208

IMG_8207 (2)
学生時代から「だるま」の串カツをこよなく愛し続けてきた「浪速のロッキー」こと赤井英和さんは、3代目大将が店をたたもうとしていることを知り、「この味をなくしてはイカン。発祥の名店は残さなければ」と立ち上がりました。
赤井さんに「だるま」閉店の危機を知らせたのが、高校のボクシング部の後輩で、赤井さんとともに「だるま」によく通っていた上山勝也さんだったそうです。
赤井さんは当時保険会社に勤めていた上山さんに、「オマエが後を告げ」と説得をし、その「だるま」の大将に上山さんを4代目に就任させるべく奔走したのでした。そして「だるま」の大将に上山さんを見てやってほしいと頼み込み、上山さんは修行の末「だるま」4代目社長となったそうです。
今日偶然にもくだんの上山社長に遭遇しましたのでパチリさせていただきました。よく「だるま」の人形のアイコンは、大阪市内ではよく見かけていましたが、ナマの上山社長は初めての邂逅であります。

#大阪で一番夜景が綺麗な橋
栴檀木橋
この画像は「大阪および近畿の景観 〜 Scene of Osaka and Kinki 〜」さんより転載<
この橋の名前は栴檀木橋(せんだんのきばし)と言います。
深夜遅く、この橋を大阪市中央公会堂に向かって歩いていくと、ヘッセがシュヴァルツヴァルトの石畳を歩いたおりに感じる哀愁と同質のものを感じます。
そして視線を川面に移しますと、川面に映るきらめくナトリウム灯のオレンジ色の光の輝きは、悲しみに浸されたようにどこか虚ろな表情をたたえています。
個人的にはこの橋からの夜景が大阪では一番好きです。

IMG_8205

IMG_8199

IMG_8201

IMG_8204
またこの橋の突当りにある大阪市中央公会堂は大阪ハーフマラソン大会の出発点でもあり、私の大阪時代のマラソンの歴史にあらたな1ページを書き加えた場所でもあります。


今日の夕食は在阪時代よく食べに行きました中華料理屋さんです。
今日のお店は「上海亭」さんです。

住所: 大阪府大阪市中央区高麗橋4-8-7
電話:06-4707-3751
定休日: 土・日・祝日

IMG_8198
お店の外観です。

IMG_8197

IMG_8192
店内の雰囲気です。

IMG_8190
メニューです。

IMG_8194
今日のオーダー「広東風やきそば」@1,050円です。
待つこと12分で「広東風やきそば」の到着です。
見た目光り輝いています。

IMG_8195
それでは実食です。
「広東風やきそば」は冷めたら味が急速に落ちますので一気呵成に食べなくてはなりません。
麺が熱々でしたが舌の火傷覚悟でワシワシと頂きました。
うんこれは美味しいですね。
得に麺の炒め具合は最高です。
外硬内柔です。「広東風やきそば」の麺の炒め方の見本のような感すらあります。
具も青梗菜、筍、銀杏、海老、人参、茸、豚肉等沢山の具にトロ〜リとした濃厚の醤油とオイスターソースがきいた餡がからみます。
たまらない美味しさです。
まさに口福の神がまさに降臨されたかのような味わいです。
大満足の夕食でした。

それでは(^_-)

梅田 釜たけうどん

今日は「オロナミンC物語」です。
オロナミンC
はじめてオロナミンCを飲んだのは正確には覚えていませんが、多分小学校低学年だった頃、父と一緒に銭湯に行ったときに大懇願して買ってもらったように記憶しています。
確か1本@120円だったので、下町っ子としましては高額飲料水だったように記憶しています。
従いましてまるで大人が高級ブランデーをチビリチビリ的に飲むような感じで味わって飲んでいました。
父からは、体にいいんだから、残してはならんぞ、とダメ出しされたのは言うまでもありません。
感想としては同類の養命酒よりは美味しいと思いましたが、自分の財布では買わないぞ、と決めたように覚えています。

オロナミンCのコマーシャルと言えば「ママ編」が有ったように記憶しています。
「ママは美容にオロナミン」と子供の声がかぶさる画面の中、風呂場からバスタオルを巻いただけの姿で出てきて、冷蔵庫を開けて微笑みながら飲んでいました。
ちなみに我が亡くなった母は、夏場はお風呂から上がりますと上半身はむき出しでしたので、子供心にオロナミンCのような高額飲料水を冷蔵庫においてある家庭はまことに上品だなぁと思っていました。
オロナミンCのくだんの母親は、今このように思いかえしますと、当時としてはずいぶんエロかったのではないでしょうか・・・

オロナミンCのコマーシャルといえばこれです。
僕は卵をいれてオロナミンセーキ、です。
実はこのCMをみるまで△△セーキという飲み方を知りませんでした。
さっそく貯金をはたいてオロナミンCを求めてCMの通りに作ってみました。
たしかに黄身がオロナミンCを優しく包んでいるような感じがしました。
飲んでいる内に心が落ち着くような感じもあり美味しかったです。
これは当時の下町っ子としましては画期的な飲み物でした。


私が新規事業の責任者をしていたころ、リクルート主催のマーケティングのセミナーに出席しました。
そこではアサヒの「スーパードライ」を初めてとした各著名企業の商品戦略をコトラーの4Pすなわち、製品(product)、価格(price)、流通(place)、プロモーション(promotion)を用いて説明していました。その中でオロC(オロナミンC)のくだりになりまして、オロCの戦略というのは、日本全国どこに行っても飲める、という事でした。
そういわれてみればひなびた温泉に行っても、日本最高峰の富士山にいっても、たしかにオロCはありました。
講師は、大塚製薬の社員はこの戦略の遂行のために、日本全国の飲料水をおいてある店に行って、頭を下げてオロCを置いてもらうようお願いしていたのです、と熱く語っていました。
個人的には商品戦略の何たるかを垣間見たような気分になったものです。


日本でやったらどうでしょう?



IMG_8183
今日は大阪に出没です。
美味しいランチを食べようと出向いた先は、新梅田食堂街にある「きじ」さんでしたがまだ11時40分だというのに大行列ができており断念しました。
そこでいつも気なっていた行列のうどん屋「釜たけうどん」さんに切り替えました。
今日の行列は4人程度したので入ることにしました。

住所: 大阪府大阪市北区角田町9-25 新梅田食道街
電話:06-6363-7746
定休日: 無休

IMG_8181
お店の外観です。

IMG_8180
メニューです。

ここのおススメは「ちく玉天ぶっかけ」ですが、私はちくわ天麩羅が嫌いなので、もちろんご馳走してくれるのなら食べられますが、自分の財布では求めない主義なのです。
そういう意味あいの嫌いなのです。
そこで大阪にくれば「牛肉」という事で「肉ぶっかけ(アツ盛り)」@1,000円にしました。

IMG_8176
待つこと10分で「肉ぶっかけ(アツ盛り)」の到着です。
私は個人客なのでカウンターに座らせられたのですが、目の前の配膳担当のお兄さん、この世の中のすべての不満をあたかもブラックホールのように吸い込んだような相貌をしており、見ているだけでイライラしてきました。
接客業なので「満面の笑み」とまでは申しませんがもう少し気配っていただきたいものです。

IMG_8177
それでは実食です。
まず目玉の牛肉ですが、冷蔵庫の凍った牛肉をビニール袋からだしてアルミの雪平鍋の中に無造作に放り込んで湯戻していたのを見てしまいましたので食欲半減です。
要は所謂できあいなのねと思ってしまったのです。
天麩羅のしめじ天は良く揚がっていて美味しかったです。

IMG_8178
玉子天麩羅は好物なので美味しいです。
トロトロにトケルあたりも高評価です。

肝心のうどんはエッヂがたっておらず自己主張なしみたいな感じで好みではありません。
うどんつゆはお店のおすすめで檸檬を絞って入れましたら味がたってしまい残念な味わいになってしまいました。
このあたりは好き好きですが。
これで@1,000円ですか、コスパ「悪し」ですね。
新梅田食道街の中ではコスパ「悪し」の上位に入るのではないでしょうか。

それでは(^_-)

雑司ヶ谷 エル・チョクロ

今日は「Tango in Zoshigaya」です。
タンゴが大好きです。ダンゴ🍡ではありませんから。
タンゴとの邂逅はヨーヨ・マさんです。
彼の「リベルタンゴ」を札幌在住の時に聞いてからはまりましたのでかれこれ30年の付き合いであります。
「リベルタンゴ」はアルゼンチン作曲家のピアソラの作品で、彼特有のタンゴにジャズ、クラシックをミックスした楽しい曲です。
ヨーヨ・マさんのCDは全部聞いていますし持ってもいます。
ちなみにピアソラさんの曲もほとんど聞いています。
なんで好きなのだろうと問われれば体が欲するとしか申せません。
多分前世はアルゼンチン人だったのでしょう・・・
まずは「リベルタンゴ」の紹介です。



エルチョクロ
ということで今日は奥様と一緒に東京は池袋から歩いて10分なのに昭和で時が止まった街・雑司が谷司ヶ谷にあるタンゴバー「El Choclo」さんに行ってまいりました。
「El Choclo」さんはたまさか見ましたTVでfeatureされていて知りえたのです。
店名のエル・チョクロ(El choclo)はタンゴの曲の一つです。
1903年にアンヘル・ビジョルド(Angel Villoldo)が作曲したとされています。
1905年11月3日にブエノスアイレスの高級レストラン「レストラン・アメリカ」にて初演された。
「エル・チョクロ」とはスペイン語で「とうもろこし」という意味であります。
この店名はここから来たのだとおもいます。
せっかくですので「エル・チョクロ」の曲もご紹介します。



IMG_8128

IMG_8127

IMG_8124

IMG_8125
まずは雑司ヶ谷の街の雰囲気です。

IMG_8120
そして「エル・チョクロ」さんです。
ご主人は、築70年になる実家を改築し、心地よい和洋折衷空間を作りました、といわれていましたが、その通りでかなりのvintageな建物であります。
実際、奥様はこの外観をみてすぐに、帰りましょう、と言っていた程です。

IMG_8133

IMG_8132

IMG_8158
中にはいりますとこのような異質な雰囲気が横溢しているタンゴバーなのでした。
しか〜しこのgapには驚かされましたね。

IMG_20150718_0002
今回の聞きに行ったグループは「Yellow Tango Quartet」さんです。
普通タンゴは、ヴァイオリン、バンドネオン、ピアノ、コントラバスという組み合わせですのでサックス、チューバ、バンドネオン、ギターという四重奏は珍しいと思います。
武道家(剣道弐段)なので演奏の優劣はつけられないのですが、サクソホンの鈴木広志さんとギターの田中庸介さんの演奏は素人でもその巧みさはよくよくわかりました。
簡単にお二人の略歴を記しておきます。

IMG_8151
鈴木広志さんは東京藝術大学を卒業し、ソプラノからバリトンまでのすべてのサックス、フルート、クラリネット、バスクラリネット、リコーダーを操る多才な方でありまして、独自の音楽活動を展開しています。
長身のなかなかのイケメンです。

yjimage
田中庸介さんは、埼玉県出身で、14歳の時にエリック・クラプトンを聴いてギターを手にしたそうです。ブルースを主とするプレイスタイルを体得し、その後ジャズを加藤泉氏に師事しジャンルを問わない音楽活動を始めている方です。この方の演奏は、人間の指ってここまで複雑な動きができるのだという点で括目させられました。
後の二人もすごかったのですが、素人目ではこの二人の演奏が私の内耳と瞳にがっしりと刺ささってきたのです。

IMG_8142

IMG_8166

IMG_8155
演目はMCの滑舌が悪くよく聞き取れなかったのですが、踊り子、ブエノスアイレスの春、クラベーア、コナレーラ、ホテルビクトリア、心の底から、夢の中で、黄金の心等15曲程度でオリジナル曲を含めて演奏してくれました。
特に会場全体で合唱した「夢の中で」が良かったですね。
ここでトリビアネタです。
チューバの木村さんから聞いたのですがこのサックス、チューバ、バンドネオン、ギターの演者の中かで一番重労働なのは、10垓のチューバを担いで演奏している木村さんかと思いきや、その木村さんではなくてはなくてバンドネオンの仁詩さんなのですって。
バンドネオンの演奏は左右に大きく伸縮させるのでその運動量(演奏力)はハンパないそうです。
またギターの田中さんはこのような人が密集した狭い場所で演奏すると、いきおい湿度が高くなってしまうのでチューニングが下がってしまい、その調整が大変なのです、と言われていました。

感想ですか、大大満足です。
あらかじめ動画撮影は禁止されていたので演奏は紹介できないのが残念ですが、私の感動の一端が伝わればありがたいです。
シブ格好いいオジサンを演じたい貴方、思いどおりにならない人生にため息をついている貴方、見果てぬ恋を追い求めている貴方、タンゴはこれらのカオスをすべて飲み込んで浄化してくれます。
お時間があれば一食抜いても是非雑司ヶ谷にお越しください。損はしません、ハイ。

最後にお店の紹介です。
今日のお店は「エル・チョクロ」さんです。

住所: 東京都豊島区南池袋3-2-8
電話:03-6912-5539
定休日:火曜日・水曜日

IMG_8134
メニューです。

IMG_8137

IMG_8157
今日のオーダーは、私はドライジンジャーエール@650円、奥様はシャンデイガフ(ビール+ジンジャーエール)@950でアテはミックスナッツ@550円とドライフルーツ@550円です。
この面子でスタートして、そのあと不定期に追加オーダーを頼みました。
奥様は後半酔いも相俟ってタンゴに対してはノリが良かったですよ。

それでは(^_-)

池袋 キッチンチェック 4th

今日は「a big mouth」です。
馬がしゃべる、そんなバカな🎵
私がしゃべらない、そんなバカな🎵
という様に私は饒舌です。
下町っ子という下地に饒舌というキャラがたてばまさに立て板に水状態であります。
特に心がけているのは、軽妙洒脱、当意即妙を旨としていますので、私との会話を楽しみにしている人は数多(あまた)おります。
そこまででもありませんが・・・
ということで今日のふりネタおしゃべり(a big mouth)です。
私がお仕事且つ家族以外でよく会話する面々を紹介します。

#マックのオバサンクルー。
マッククルー
朝早く会社に行きますのでモーニングコーヒーは必須であります。
私はどういう訳かマックのコーヒーが好きなのです。

サラカサノバ
ちなみに脂ぎったサラ・カサノバ日本マクドナルド社長は嫌いです。
あの不健康な洋梨体型は絶対にマックの食べ過ぎだと憶断しています。
完璧に常連ですので、マックのカウンターに立てば、何も言わずに高級アラビカ豆だけを使用したマクドナルドのオリジナルブレンドが出て参ります。
話す内容は他愛もない話ですが、女性クルーのシフト情報が多いのです。
特段私が聞いても活用できないシフト情報なのですがなぜか話題になります。
たまに会社の近辺で彼女たちに会いますが、普段はセレブのようでパリッとした格好をしていますので、所謂有閑マダムの暇つぶし的なアルバイトなのだなと思っております。

#トイレ清掃のおばさん。
なぜかよくトイレ清掃の最中にあいます。
この人は絶対にセレブです。
話し方素振りに加えて身に着けている装身具でわかります。
会話は他愛ないものですがいつも二言三言話しています。
働く理由は健康維持みたいです。
なんでセレブのご婦人がトイレ清掃という仕事を選んだのかは不明ですが、トイレが綺麗になる事が幸せ=働き甲斐のような事をいっておられました。奇特なセレブであります。

#周富徳愛弟子の中華料理店のオーナー夫婦。
美味しいレストランの情報交換を話題として定期的に会話しています。
私のブログのグルメネタとかレストランのトリビア情報はこの夫婦から入手しています。
ご主人は私の顔が育ての親の周富徳さんに似ている(私は、目以外は似ていないと思っています)ので、私の事をどうやら疑似respectしているようです。
特に奥様が話し好きで、興が乗ると1時間以上話し込む事もマレではありません。
料理がとても美味しいのでお気に入りのお店でもあります。

#超有名パティシエのマダム。
ご主人はよくTVにでており名前を出せば、あぁあのお店ね、とほとんどの方が答えてくれます。
このマダムは話し好きです。
私がケーキを買いに行くと店内からすっ飛んで迎えてくれます。
道産子なので札幌にいた私とは話が合い、会話のほとんどが北海道の思い出話です。
いつも従業員には上から目線で指示をだされていますが、それは超有名パティシエのマダムを演じているだけで、実態は素朴な道産娘なのでした。

#近所のカナダ人。
話し始めたきっかけは思い出せませんが不定期に会話しています。
日本に来て9年になりますが、日常会話は英語でのコミュニケーションで通しており、日本が外国人天国である事の生きた見本であります。
私の英語をJANGLISHといつも馬鹿にして喜んでいてその点は腹がたつのですが、私のCLOSE CULTUREの大事な情報源であります。
ちなみに奥様はクオーターの新潟美人です。


Water Car into the future powered by Honda



IMG_8067
今日は雨そぼ降る池袋に出没です。
こういう日は洋食でしょう。
今日のお店は「キッチンチェック」さんです。

住所: 東京都豊島区西池袋1-37-12 ロサ会館1F
電話:03-3985-1926
定休日:無休

IMG_8068
お店の外観です。

IMG_8071
店内の雰囲気です。

IMG_8070
メニューです。

今日のオーダー「ポークショウガ焼き+味噌汁」@1,200+@50=1,250円です。

IMG_8073
待つこと5分で「ポークショウガ焼き+味噌汁」の到着です。
見た目グズグズです。

IMG_8074
それでは実食です。
肉は薄いですが香り高い生姜バターソースをしっかりと肉の中にも浸み込ませてていてウマしです。
このような生姜焼きもあるのですね。
ヘタヘタな玉葱も乙であります。
デラ美味ではありませんが昭和の生姜焼きを心置きなく堪能しました。
プチ満足の夕食であります。

それでは(^_-)

神田 馬亜車

今日は「Loneliness」です。
エンゼルフィッシュ
エンゼルフィッシュいう熱帯魚は、普段は好き勝手生きているが、いざ外敵がくると、家族が結束して、相手を攻撃すると聞いたことがある。彼女たちの外敵はいつもわたしなのだ。家族の「族」という文字は、弱い人間が群がり集まって生きることを指す。それが親族、一族、部族、民族となって国家を構成するが、それゆえに人間関係の大本は家族だ。だがそこに組み入れてもらえない人間もいる。それがわたしだが、自業自得というものだろう。 
人生はどう生きても大差はないと思っているが、その人生は、孤独をどう癒して生きるか、ということではないか。
孤独というのは淋しいということで、その孤独の「孤」は親のいないこども、「独」は子のいないお年寄りのことだ。
つまり家族構成を持てない人たちが、最も淋しい人たちだということになる。
社会が変容しているのか、未婚の人たちが増えているが、老いて孤独を抱えて生きるのは、相当に苦しいはずだ。そのことをもっとおとなが教えるべきではないか。
不安が人間を作るということもあるが、孤独に打ち勝つというのは、なかなかにしんどい。
日本経済新聞「生きている間が人間」日大教授佐藤洋二郎著より転載

人生の中で独り暮らししていたのは大阪での単身赴任時代だけです。
それ以外は実家での暮らしか、結婚してからは今の家族と暮らしており、ほとんどが家族帯同の暮らしです。
大阪単身赴任時代は快適だったかと申しますと、会社がある間は快適というか誰もいさめる人がいなかったので夜の部はまさに暴れん坊将軍状態で天国でした。
ほとんどが神戸近くの三ノ宮周辺で外国人達と飲んだくれていました。
たまに女性もいましたが外国人といってもほとんどは男性ですからね。
しか〜し会社がやっていない休日は寂しかったですよ。
基本的にテキパキ家事をしていたので、土日は洗濯以外やることもなく、後はマラソンしているか京都に行っていました。で〜も目的があって京都にいくのなら宜しいのですが、行くところがないから京都に行くというのも如何なものかでして、旅の気づきや感動を共有できなければ楽しさも半減です。
そこで旅行記と称して「浪速徒然」を定期的にmailで家族に一方的に送り始めたのがこのブログの淵源というか嚆矢なのであります。

私の同級生の中には奥様との会話がなく空気のような夫婦を演じている友人がいます。
会話がなくても一緒にいるだけで幸せだという夫婦もありますがそれは小説の中での話です。多分、私の友人も結婚当初は会話があったのでしょうが知らない間に徐々に減っていったみたいです。友人は夫婦間の会話は今のままで十分だと思っていたようですが、意外や意外奥様は不満を感じているかもしれません。
多分、結婚する前にはうっすらとしか自覚していなかった価値観の違いが、子育てが終わった頃からティシュペーパーにたらしたコップの水が急速に面積を拡げていく様に二人の隙間を大きくしていったのでしょう。
それが敷桁となって会話レス夫婦に移行していったのだと思われます。
上記のようなケースでは、孤独や価値観の違いを感じた奥様が離婚を決意することがあると聞き及んでいます。
要注意であります。

そういう点ではわが家では私は不定期に奥様からいわれのない事で叱られていますが、そこで私にはなにも落ち度がないのだと抗弁しても、向こうには何らかの怒る理由がありますので、それに対して正当性を主張しても詮無いことであります。そういう意味で申せば、いわれのない叱責でも敷衍すれば家族はいたほうが良いのです。
年老いて孫が生まれて喜ぶのは、自分の未来がつながった気がするからだろうし、奥様からの叱責も生きていく手ごたえになると思えば辛抱もできるのです。
夕闇の中に真珠のような窓の明かりを纏っている無機質な高層のビル群を電車から眺めるとき、私はとても寂しい気分になります。
その様な場合は、艶然と笑う奥様の姿を思い出し家路を急ぐのであります。

He is the happiest, be he king or peasant, who finds peace in his home.
国王であれ、農民であれ、 家庭に平和を見いだせる者が、もっとも幸せである。
Johann Wolfgang von Goethe(ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ)


驚きました



IMG_8076
今日は神田に出没です。
今日のお店はランチタイムにはいつも混雑しており気になっていました。
今日のお店は「馬亜車(まあしゃ)」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田2-2-1
電話:03-5254-1130
定休日: 土曜日・日曜日・祝日

IMG_8077
お店の外観です。

IMG_8083
店内の雰囲気です。

IMG_8078
メニューです。

今日のオーダー「ミートソース(珈琲付)」@850円です。
このお店は濃い目の渋い珈琲が楽しめるのでたまにお邪魔していました。
どうやらランチも美味しいという話を聞きつけ今回初体験とあいなったのです。
店内は地元の人とリーマンが6対4くらいの割合です。
創業1973年との事ですので多分地元の人に支えらえてきたのでしょう。
今回のオーダー「ミートソース」は店員さん曰く、ミートソースはマスターの手作りですので是非召し上がってください、との事で頼みました。

IMG_8080
待つこと4分で「ミートソース」の到着です。

IMG_8081
ミートソースの存在感が大きいですね。

IMG_8082
大好きなパルメザンチーズはこのように大量にかけまわします。
それでは実食です。
うん、これは美味しいです。
ミートソースはコクがあり隠し味のワインもいい香りづけになっています。
あっと言う間に完食しました。

珈琲
これにまた食後の濃い目の珈琲がよく合うのです。
禁煙だったら最高です。
仕方ないですね昭和の喫茶店ですから・・・

それでは(^_-)

丸の内 伊勢廣 リターンズ

今日は「弱音をはこう」です。
弱音をはこう
精神的にタフな人というと、どんな状況に置かれても弱音を吐かないで頑張る人をイメージしやすい。
だが、私は逆だと考えている。悩んでいる人の話を聴くことが多い私の印象では、弱音を吐くのが苦手な人ほど精神的な打撃を受けやすい傾向があるように思う。簡単に弱音を吐いて諦めてしまうのは好ましいことではない。
一方で、弱音を吐けないまま頑張りすぎるのも決して良くはない。できないまま頑張りすぎると、こころのエネルギーを消耗してしまう。できないという体験が重なると、こころが折れやすくもなる。
そうした人たちは、人間関係や自分自身の力を判断することに臆病になって状況を悪化させていることが多い。
人間関係に気を使いすぎて、自分があきらめてしまうとまわりの人に迷惑をかけると考え、何とかしようと頑張りすぎる。ただ、もともとうまくいかないで苦しんでいるのだから、一人で頑張っても状況は悪くなっていく。
結局、いま以上に他の人に迷惑をかけることになり、さらに苦しむことになる。自分の力を判断することに臆病になると、できない部分があるということを受け入れられなくなる。精神的に疲れてくるとその傾向が強くなる。
できないことがあるというだけで自分がダメな人間でもあるかのように思えてくる。その不安な気持ちを打ち消そうとして、自分を追いつめてしまうことになる。精神的にタフになるためには、できることとできないことを冷静に受け止めて、自分にはできないと判断したことを上手に捨てられるようになることが大切だ。
日本経済新聞「心の健康学」認知行動療法研修開発センター大野裕著より転載

これはよくわかります。
頑張りすぎはよくないのです。
この話で思い出すのは「折れない竹」の話です。
よく朝礼で校長先生が講話として取り上げてくれていました。
確か以下のような内容です。
竹は弱そうに見えるかもしれませんが、実はとても強いのです。地震の時など、竹のたくさん生えている中に逃げこむと安全と言われています。竹は中々折れたりしないからです。
また、竹は、重い雪がたくさん載ってもびくともしません。
竹は雪が載って曲がっていますが、折れていません。竹は重い雪が上から載ってきても、折れないで、やわらかく曲がります。そして、雪が無くなったら「バネ」のように、また元のように戻ろうとします。
竹がもしも「曲がらない堅い強さ」だけだったら、折れてしまうでしょう。このような「やわらかさ」や「バネのような力」を「しなやかな強さ」といいます。では、「竹」はなぜ強いのかというと、それは、まず、「竹」にはたくさんの「節」があり、竹の幹をしっかり支えているからです。
要は、竹にはたくさんの「節」がありますのでその節間の連携によって竹の強さが保たれているのです。
独力の限界ですよね。したがいまして仲の良い友達を作りましょう的締めくくりでした。

問題を独りでうじうじと内包していますと、その問題が心の中で独り歩きして極大化し最後にはにっちもさっちも行かなくなることがあります。
所謂集中化傾向で心に余裕がなくなるのです。
ああなったらどうしよう、こうなったらどうしようとできない理由が脳内を駆け巡り、最後は枝ぶりの良い松でも探して首でもつろうかという事になるのです。

よく岡目八目と言いますとおり第三者のほうが情勢や利害得失などを 正しく判断できるのです。
行き詰ったらまず親しい人に相談です。
そうして話していくと自分が無限ループに入っていたいことがよくわかり、目線を上げて俯瞰してみれば、世の中の問題はほとんど解決できるようになっていますし、できないという結論も受けいれるはずです。
小石が靴に入っているような違和感を頭の中に絶えずあるなと思いましたらまずは相談です。
相談する人がいなかったらそういう時こそ占い師の門を叩いてください。
彼らは未来予測ができないものの、沢山の方の人生相談をうけていますので、かならず何らかの指針はだしてくれますし、最後には料金分の希望は与えてくれます。
で〜もこのような希望すら信じない人にはしあわせは訪れません。
絶望の隣には、希望がそっと座っていますよ・・・

Our greatest glory consists not in never falling, but in rising every time we fall.
我々のもっともすばらしい栄光は、決してくじけないことではなく、くじけるたびに立ち上がることにある。
Oliver Goldsmith(オリヴァー・ゴールドスミス)


何度見てもこれはすごい



IMG_8084

IMG_8085

IMG_8099
今日は丸の内に出没です。
今日は決め打ちで「焼鳥」です。
今日のお店は「伊勢廣」帝劇店さんです。

住所: 東京都千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビル B1F
電話:03-3211-1647
定休日: 土曜日昼・日・祝

IMG_8098
お店の外観です。

IMG_8094
店内の雰囲気です。

IMG_8089
メニューです。

今日のオーダー「やきとり重」@1,050円です。

IMG_8087
今日はすごく混んでいて久々に並びました。

IMG_8093
さら〜に店内でも混んでいてもっと奥に詰めてください、と言われたのですが、これ以上詰めるのであれば壁を壊さなくてはなりません(笑)

IMG_8090

IMG_8092
今日の「やきとり重」は砂肝、もも肉、肉団子の構成です。
待つこと3分でお茶とお新香と鶏スープの到着です。
今日の鶏スープですが塩加減間違えています。
かすかにしか塩味がしません。
これはちょっとね、問題ですよね。

IMG_8096
待つこと21分で「やきとり重」の到着です。
見た目地味です。

それでは実食です。
うん今日の「やきとり重」は超美味しいです。
砂肝はコリコリ。
もも肉はモチモチ
肉団子はポリポリ
です。
何でしょうかこの美味しさは、肉良し、焼き良し、タレ良しの三冠王です。
これだけ美味しいのなら行列も苦になりません。
ご馳走様でした

それでは(^_-)

品川 AW55

今日は「マリリン・モンロー ラプソディー」です。
1962年8月5日、ロサンゼルスの自宅で死亡したマリリン・モンローの訃報はAP電で世界に配信された。
かつての夫だったジョー・ディマジオは、すぐさま飛行機でロサンゼルスへ飛んだ。
そして彼は身寄りの無い彼女の遺体を引き取り、葬儀の喪主になった。
告別式の手配を終えた彼は、翌朝まで棺から離れなかったといわれています。
その後とり行われた葬儀で、ジョー・ディマジオはマリリンの棺の樵にひざまずくと、彼女にキスをしながら何度も「I love you」と語りかけ、人目もはばからず声を出して号泣した。
葬儀の時のジョーの悲痛な表情、そして彼女の棺の横で泣き崩れる姿は世間を篤かせた。
なぜならジョーは大衆の夢や憧れを裏切らないように、プライベートは殆ど明かさず、マリリンとの結婚生活も一切語らなかったし、彼はスーパースターとしていつも威厳ある態度で人々の前に現れていた男だったからだ。
そして棺の扉が閉まる時、ジョーはマリリンの両手にピンクのバラの花束を置いた。彼はこの日から20年間、同じバラの花を毎週彼女の墓所に送り続けた。しかしこのことを彼自身が語ることはなかったという。
警察が自殺したマリリンの部屋を検証したが、遺書らしきものは発見されなかった。だが、その代わりに彼女のアドレス帳の間から、未完成のラブレターが見つかった。それは、ジョー・ディマジオ宛のものだった。
彼女は死の直前、新居を購入していた。また、再婚に向けてウェディングドレスをオーダーしていたとゆう。
再婚相手は結局明らかにされなかったが、このことからジョーがその相手だと見られている。
ジョー・ディマジオも1999年3月8日、肺がんのため、フロリダ州の自宅で死去した。84歳だった。
青春を野球に捧げた不器用な男と、生まれた時から愛を知らず、そしていつも愛に憧れた女。
お互いが求め合っているのに愛し方も愛され方も知らない2人は、それぞれの愛情が確かめられないまま別れてしまった。     
ジョーは自分自身の手で女優マリリン・モンローを幸せにする事は出来なかっだが、心から彼女を愛していたし、その幸せを望んでいたに違いない。 
だからマリリンと離婚した彼は、その後は彼女の事について一切語ろうとしなかった。そして生涯独身でいる事でその静かな愛を貫いたのだった。     
この世では、すれ違ってしまった二人だが、せめて天国で再会し互いの愛を確かめ合える事を願ってやまない。
「HEAT WAVE TOYSより転載」

マリリン・モンローは結婚相手のジョー・ディマジオが野球界でベーブルースと並ぶほどの大スターであることを知らなかったようです。ジョー・ディマジオはそれまでの人生を野球に捧げた人でした。ユニフォームを脱いだ彼にはテレビ鑑賞とギャンブル、そして大好物のスパゲッティが全てで、芸術や文学には全く関心がなかったようです。
一方のマリリン・モンローも家庭的な女性ではありませんでした。
部屋の電気はつけっぱなし、歯磨き粉のチューブは蓋をしない、部屋の床には脱ぎっぱなしの服、ジョー・ディマジオはその様なだらしない彼女をしかりますが、女優として生きてきた彼女にとってはその様な事はどうでもよかったのですね。逆にその様な細かいことにガミガミいう夫を理解できなかったようです。
結婚しても夫は大リーグの英雄で、彼女は女優でした。
お互いのスタートとしてのプライドが心を通わせる邪魔をしたようです。
離婚直後夫のジョー・ディマジオは「I am not Mr.Mariln!」と不満を爆発させました。
1955年10月27日二人は離婚しました。
わずか9か月の結婚生活でした。

さかのぼって1954年2月1日、マリリン・モンローとジョー・ディマジオは新婚旅行で来日しました。
世紀のスーパースター達の来日に日本中が沸き立ちました。
二人を一目見ようと集まった大観衆が熱烈に歓迎しました。
その後、滞在先のホテルで行われた記者会見である騒動が起こったのです。
大スターで、一方のマリリン・モンローは単なる自分の妻なのに、当時の日本で人気の高かった妻に記者からの質問が集中し、ジョー・ディマジオはプライドを傷つけられ激怒し、マイクコードを引き抜き、それを投げ捨て会場から出て行ってしまいました。
この会見に居合わせた映画評論家の淀川長治さんは、著書の中で「彼女は僕たちにごめんなさい、ディマジオにすいませんって両方の顔をしていた。胸に手を当て泣きそうな顔だった。彼女がかわいそうで、いまだに忘れられない。この娘は悪い人間じゃないって思った。気の小さなかわいそうな娘なんだ」と当時の様子を語っていました。

Marilyn Monroe
今日はマリリン・モンローさんがふりネタです。
とある取引先の会長がこの女性のファンらしくて彼女のポスターはよく見ます。
単なるハリウッドのセクシーシンボルだと思っていたのですが、実態は不幸で孤独だった過去を隠蔽するためにマリリン・モンローを演じていただけだったのですね。
余談ですがいつも陽気で破天荒なさん高田純次も、普段は勉強家で、努力家でおとなしい方らしいのですが、彼もメディアでは高田純次を演じているようです。
それを敷衍すれば日本では高倉健さんがその頂点でしょう。

IMG_8065 (2)
この画像は浅丘ルリ子さんの神田の同級生のお寿司屋さんです。さすがに中には怖くて入れませんでした。
マリリン・モンローは部分最適がよくても全体最適はよくないという典型的な事例でしょう。
このようなimbalanceの人が魅力的に映るのはよくあります。
そのステレオタイプが所謂スターなのでしょう。
今、日本経済新聞の私の履歴書で浅丘ルリ子さんが毎日掲載されていますが、そこから垣間見る芸能界はやはり異質にみえます。
その様な方と結婚生活をしていくのはかなりの困難なことになるのでしょう。
それはそうですよね、一種の二重人格ですから。
一般の夫婦でもある意味では同様です。
以下はよく使わる結婚のdiscrepancyの事例です。
結婚したら貴方に毎日美味しい料理を食べさせるわん、と言われて額面通り信じる男はいないでしょうが、ふつう料理に自信があるなと思いますよね。
それが結婚してから、約束通り美味しい料理を作りますから料理学校にいかせてねん、と言われた日には目が点になる事でしょう。

組織論で申せば、現在では、「全体最適」を良、「部分最適」を悪と考えるのではなく、「部分最適」を積み重ねることによって「全体最適」を目指すような組織管理のあり方が、企業組織にとって不可欠な要件になっているのが昨今の傾向であります。
私を含めて結婚されている方はよくよくこの事に留意しましょう。
老後の最大の問題は「お金」のことより、この「孤独」ですからね、熟年離婚されませんようご注意ください(笑)

最後にマリリンからのメッセージをもってこのふりネタを締めさせていただきます。
ほら、星たちを見て。
あんなに高くきらきら輝いているわ。
だけど、一つひとつがとても孤独なのね。
私たちの世界とおんなじ。
見せかけの世界なのよ。
By Marilyn Monroe


こんなシャボン玉作ってみたい・・・



IMG_8101
今日は品川に出没です。
今日のお店は「AW55(エーダブリュゴーゴー)」さんです。

住所: 東京都港区港南2-18-1 アトレ品川 4F
電話:03-5783-5416
定休日:不定休

IMG_8119
お店の外観です。

IMG_8116
店内の雰囲気です。

IMG_8105
メニューです。

今日のオーダー「特性ハーブソーセージ野菜のグリル」@1,501円です。
圧倒的に女性客の多いお店です。
このようなお店に男性一人で入るのは少し恥ずかしいですね。

IMG_8106
このお店はmain dish以外はcafeteria方式になっています。
まずはサラダバーに行ってまいりました。
契約農家の人々が写真で紹介されており高評価です。

IMG_8107
この様な感じで盛り付けました。
野菜はみな美味しいですね。
特にドルチェドォーロというスィートコーンは超美味しかったです。
トータル×3piciesも食べてしまいました。
ご機嫌です。

IMG_8109
具沢山のミネストローネも美味しいです。
なかなかレベル高いです。


IMG_8115

IMG_8110

IMG_8118

IMG_8117
ビバレッジもイケます。
レモンウォーター、ミントティー、コーヒーすべて頂きました。
これまたご機嫌です。

IMG_8111

IMG_8112
待つこと13分で「特性ハーブソーセージ野菜のグリル」の到着です。
このハーブソーセージはプリンプリンして歯を当てますとプチンと音を立てて中の肉汁が噴き出してきます。
美味しいではないですか。
ゴーヤチャンプルーも良くグリルされていて苦味は霧散しています。
これまたご機嫌ですね。

IMG_8114
調子に乗ってハバネロとチリソースをかけていただきましたら口内で火災が発生です。
これは失敗しました。

全体としては大満足です。で〜もソーセージと野菜のグリルで@1,501円は高いと思いますが、大半は雰囲気料金ですから致し方ないですね、ハイ。

それでは(^_-)

谷中 一寸亭 5th

今日は「夕焼けだんだん」です。
IMG_8011
「夕焼けだんだん」は、日暮里から谷中銀座に向かう途中にある階段です。
夕暮れ時には、夕焼けだんだんからの夕焼けを楽しむ散策客がいっぱいいます。
昔はどの場所から富士山もみえたのですが高層ビルの林立によりそれも叶わなくなりましした。
それでも夕焼けだんだんから日暮里側にいったところにある富士見坂は、都内各地に残る「富士見」を冠する地名の中で、現在でも富士山を望むことができる坂であります。
しか〜し最近は確認していませんので見えなかったらごめんなさい。
私はこのように有名になる前からこの階段には訪れていました。
「夕焼けだんだん」という名称の由来は、平成2年にこの階段の愛称が公募され、谷根千を紹介した作家の森まゆみさんの命名が採用されてから名前が膾炙したみたいです。
その頃であれば私は札幌にいましたので知る由もありませんね。

#夕焼けニャンニャン。
IMG_8027

IMG_8026
この夕焼けだんだんには、いつも猫がいっぱいいます。
地元の方が餌を与えたり、去勢したりして世話をしている「地域猫」です。
人懐っこい猫が多いですが、不敵な猫もいますので猫相をみて判断してください。
個人的にはスーパー「のなかストア」の前にいつもたむろしている「モモヨ猫」が好きでした。

#初音小路。
IMG_8028

IMG_8029
日暮里駅から夕焼けだんだんに向かう途中の道を左に曲がったところに、ものすごくレトロな雰囲気満載の初音小路があります。
浅草にも同じく初音小路がありますが、こちらは浅草と違いましていたって静かな飲食店街です。
浅草のように競馬新聞片手のお客さんが殺到することはなく、手焼煎餅屋さんに訪れる観光客なども目立つ程度ですのでいたって健全でのんびりした雰囲気です。
ここでは飲んだことがありませんが地元客の常連さんのお店ばかりなので他所者はちょっと敬遠してしまいますね。

#よみせ通りです。
IMG_8024
この蛇行からお分かりになるかと思いますがこの通りは音無川の暗渠です。
古老の話では大正時代には、当時、子どもたちは、毎日のように音無川で釣りをしていて、ナマズや鯉、フナなどを多く捕っていたといいます。
いまからは、想像もできません。
しかし台風が来ますとその詩的な名前をかなぐり捨て暴れ川になり地域住民に多大な被害を与えたようです。
今は昔であります。


I find that the wobble isn’t too bad・・・



ということでこの流れでお分かりの通り私が行くお店はここしかありません。
今日のお店は、このblogではおなじみの中華料理の名店「一寸亭」さんです。

住所:  東京都台東区谷中3-11-7
電話:03-3823-7990
定休日:火曜日

IMG_8021
お店の外観です。

IMG_8017
店内の雰囲気です。

IMG_8015
メニューです。

IMG_8019 (2)
今日のオーダー「天津丼」@950円です。
待つこと6分で「天津丼」の到着です。
今日の調理は後継ぎさんです。
多分この料理を頂くのは初めてだと思います。
見た目円形のハンバーグの様です。

IMG_8020
それでは実食です。
玉子はふわふわではなくそれなりの硬さを持っています。
玉子を割ると私の好きな木耳、葱、椎茸、カニ等が入っており具沢山です。
味ですか・・・
ごめんなさい私の好みではありません。
私の好きな天津丼の玉子はふわふわで且つ甘酢餡は醤油ベースのオイスターソース、酢、砂糖がはいったものです。ケチャップが幅を利かせた甘酢餡は天津丼には合わないというのが私の持論です。
あくまでも好き嫌いの問題ですのでごめんなさいね・・・

それでは(^_-)

赤坂 赤坂離宮

今日は「ため息をつくと幸せが逃げる」です。
ため息
だれが言い出したのかは知らないが、「ため息をつくと幸せが逃げる」なんて言葉がある。
確かに、ため息を吐く姿って、いかにも疲れた感じでつらそうだ。
「はぁ〜」と息が漏れる音を耳にするだけで気が滅入ってしまうこともある。
だから一般的には、ため息にマイナスのイメージを抱いている人が多いだろう。
だが、体の機能の面から見ると、ため息はとても役に立つものだという。
「幸せが逃げる」どころか、むしろ「体にいいもの」なのだ。

「ため息は、バランスが崩れた自律神経の働きを回復させようとする、体の作用。いわば、機能回復のためのリカバリーショットといえます」。順天堂大学医学部教授で、自律神経の働きを研究する小林弘幸氏はこう話す。
息を長く吐くと自律神経のバランスが整う。
ため息がふと出るのは、心配事や悩みを抱えているとき。そんなときの体は、胸やお腹の筋肉が緊張して硬くなり、呼吸が浅くなっている。
すると、血液の中の酸素が不足気味になる。それを補うため、体は交感神経を働かせて血管を収縮させる。
血圧を上げ、全身への酸素供給を維持しようとするわけだ。
「交感神経」は自律神経の一種。血圧や心拍数を高めて体を活性化する作用を持つ。
一方、体をリラックスさせるのは「副交感神経」。両者はいわば、アクセルとブレーキの関係だ。
自律神経のバランスを保つのは、健康の基本だ。
でも、心配事を抱えた人の自律神経は、どうしても交感神経優位に偏りがちなのである。
「ため息は、この偏りを解消します。息を『ふーっ』と長く吐くことで、浅くなった呼吸が深くなり、副交感神経がしっかりと働くのです」と小林氏は話す。
日経Gooday「おとなの体ゼミナール」より転載

会社でため息をつく輩がいますと、ため息をつくな!幸せが逃げる、だろう、とどやしつけています。
小林教授がおっしゃる通り「ため息は、バランスが崩れた自律神経の働きを回復させようとする、体の作用なのです。いわば、機能回復のためのリカバリーショットといえます」だったのですね。知りませんでした。

前述の小林教授に言わせますと、本当に疲れきったらため息も出ない、そうです。
これは、言ってみればアクセルもブレーキも動かない状態なのでかなりまずい状況なのです。
「体が疲れきって、自律神経の働きが全体的に低下しているのです。交感神経優位の状態からのリカバリー的な調節も、まともに機能しないでしょう」と小林教授はアンバランス型よりさらに深刻であると言われています。

そんな状況になると、ため息はどうなっているかと申しますと「ため息をつきたいことに、自分で気づかないかもしれませんね」という事の様です。
そう思いますと、それに比べましたら、「つい、ため息が出てしまう」状態は、体がリカバリーをしようとしているわけで、まだ健全といえるのでしょう。

結論としては何が原因でため息をついているのかあぶり出しませんと、ため息さえでなくなってしまいますのでその問題を解決しましょう。
私の好きな言葉に「問題は解決されるためにある」というのがあります。
これは日本興行銀行の重鎮だった中山素平さんのものです。
「最初からあきらめてどうします。問題は解決されるためにあるのですよ」という一種のaphorism(人生への戒め)です。問題があるから挑戦できる。挑戦できるから、失敗もできるのです。
失敗もできない、信用されない、何も任されない、認めてもらえないような人になっては、人生つまらないじゃないですか。ドキドキするような緊張と、ワクワクするような興奮を持って、問題に立ち向かっていきましょう。
トラブルはあなたの価値を決して下げません。
問題に立ち向かっていく姿が素晴らしいのです。


これはすごい・・・



IMG_7988 (2)

IMG_7986 (2)

IMG_7989
歩きたいのよ赤坂♪明かりがゆれてるタワー♪ということで念願のお店に行くことになりました。
今日のお店は「赤坂離宮」さんです。

住所: 東京都港区赤坂5-3-1赤坂BIZタワー2F
電話:03-5570-9323
定休日:不定休

IMG_8007 (2)
お店の外観です。
妙齢な女性がこの写真撮影の為にわざわざお店の前に立っていただきました。

IMG_7994

IMG_7998
店内の雰囲気です。

IMG_8008

譚彦琳
オーナーの譚親子です。
息子さんはイケメンですね。


IMG_7995

IMG_8001
メニューです。

今日のオーダー「福建炒飯(福建式あんかけチャーハン)」@2,495円、「椰汁西米露(タピオカ入りココナッツミルク)」@832円、「アイスジャスミンティー」@713円です。

IMG_7992
まずはコットンの白いテーブルクロス&ナフキンの紹介です。
ふわ〜っとしたおしぼりは今治製だそうです。しか〜も香しい匂いつきであります。
なおおしぼりはすでに使ってしまっていましたのでこの画像ではairおしぼりでお許しください。

IMG_7999
ホールスタッフの方から、お飲み物は何を召し上がりますか、と聞かれたので、お酒はのめません、と言いましたら、なにか冷たいものはいかがですか、と聞かれたので、特にいりません、と言いました。
そうしましたらそれに対して、アイスウーロンティーかアイスジャスミンティーがご用意できます、と返されたので、前後の会話からして当然のことながらタダだと思いアイスジャスミンティーをお願いしました。
しか〜し支払金額にしっかりと乗っていました。
特段お金には困ってはいませんが、これってある種の引掛けではありませんか(笑)
タダだと思い、半分以上を残してしまいました。

IMG_8002

IMG_8003
待つこと8分で「福建炒飯(福建式あんかけチャーハン)」の到着です。
見た目宝石箱の様です。
この「福建炒飯」は、食べるにしたがって目の前の宝石のような具材がみるみるうちに輝きだし、細胞のひとつひとつに養分が行きわたっていくように感じました。
特に海老とチンゲン菜の組合せは筆舌に尽くせない程の美味しさであります。
さすが赤坂離宮です。

IMG_8004

IMG_8006
待つこと15分で「椰汁西米露(タピオカ入りココナッツミルク)」の到着です。
プチプチはつらつとしたタピオカが綺麗です。
ココナッツミルクは、さらりとした口当たりですが濃厚な甘みが美味いです。

ということで20分という短い時間ですが、英世さん4人が私の財布からでていかれました。
「コスパ悪し」と言いたいところですが、接客態度もよく、料理もおいしく、雰囲気も良いのであれば「たまには良いでしょう」的お店ですね、ハイ。

それでは(^_-)

月島 草庵

今日は「泣いてはいけないのです」です。
明治も遠くなりにけりですか、最近は劇場型なのか激情型なのかわかりませんが欧米人のように感情を即にだす日本人が増えましたね。
私個人のmentalityとしては、悲しい時には、泣いてたまるか、でしょうか。
私は渥美清のTBS映画「泣いてたまるか(現在BSで放映中)」が好きで、悲しいことがあるとこの歌を心の中で反芻していたものでした。
しか〜し最近はこの信念が変わってきました。
男が泣いていけないのはある種の性差別だと思うようになってきたのです。
女だって泣いてはいけないのです。
すべての人間は泣かないように努力しなくてはいけないのです。
人生を気持ちよくやっていくように努力しなくてはいけないのです。

私たちの先祖は、痛ましい事や悲しい事をつげねばならない時、私たちはそれに遭遇した当人がその事実を泣きながらではなく微笑みを浮かべていわねばならない、と戒めていました。
なぜなら悲しみの表情や深刻な顔を見せるのは、相手に心配をかけ苦痛を与える不躾な行為とされているからです。日本人の哀しみを表してはいけないという淵源は、日本人の礼儀正しさにあるのです。

泣いてはいけません
仕事でミスをしてどうしようもなくなって、泣く、上司に注意をされて泣く、会議中などで自分の足りない点などを指摘されて泣く、といった仕事中の涙は、男性にとっては困るものです。女性にとってもそうですね。
仕事中に泣かれても、何の解決にもならないし、ただ自分の感情だけで泣いているだけですよね。
子どもではないのですから、仕事に関することでの涙は見せないようにしましょう。
今週、実際に部下の女性に泣かれました。
正直対応に苦慮しました。
感情的に泣かれたら取り付く島もありません。
これは女性の最大の反則行為であります。
会社では皆、辛いことがあっても表に出さないよう努力しているのです。
誰だって心の中にはドロドロとしたマグマを持っているのです。
ただそれが富士山のように噴火しないように耐えているだけなのです。

愛は自分の利益を求めない。いらだたない。恨みをだかない。すべてを忍び、すべてを望み、すべてを耐える、と聖書、コリント人への第一の手紙にも書かれています。
自己愛を忘れませんように心がけましょう。
最後に泣く事を得意としている?女性はウォータープルーフのマスカラをつけるようにしてください。
泣きすぎますと最後の方は上野動物園のパンダさんと話しているような錯覚に陥ってしまうからです、ハイ。


Limbo



IMG_7972

IMG_7971
今日はもんじゃの街「月島」に出没です。
なにやらシャレオツのお店が目に飛び込んできました。
気になりましたら入るのが私の信条です。
今日のお店は日本料理「草庵」さんです。

住所: 東京都中央区月島1-19-2
電話:03-3536-0708
定休日:不定休

IMG_7962
お店の外観です。

IMG_7966
店内の雰囲気です。

IMG_7964
メニューです。

今日のオーダー「すき焼き定食」@900円です。
重厚な店構えとは裏腹に店内は10人位が座れる逆L字方のカウンターがあり、店主がさわやかな笑顔で私のお訪(とな)いを迎え入れてくれました・
この心温まる出迎えにかえって緊張してしまいましたが、とても良い気持ちに包まれました。
このような感動は最近ではありません。
ホールの年輩の男性が、月島にお店を構えて28年です、とゆっくりとした口跡で説明していました。
所謂老舗割烹というお店ではありませんか。

IMG_7967
待つこと8分で「すき焼き定食」の到着です。
見た目豪華ですね。

IMG_7968
それでは実食です。
肉は硬いのですが、割り下は本格的日本料理の味わいになっており、肉の硬さはそれほど気になりませんでした。美味しいです。

IMG_7969
玉子好きの私ですので当然肉は卵をつけて食べるのです。
多分贔屓の引き倒しなのかもしれませんがこの卵は弾力があり美味しいです。

IMG_7970
副食の蒟蒻の炊いたものも良く味がしみ込んでおりイケます。

これで@900円ですか、お店の雰囲気、接客態度、味から鑑みますとコスパはかなり良いですね。
次回は「特選天ぷら定食」に挑戦してみます。

それでは(^_-)

幕張 とろんしゃん

今日は「富士山噴火」です。
富士山が噴火しそうです。
富士山が噴火しますと、最初に火口から大量の火山灰と軽石が噴出し、上空へ勢いよく立ち上ります。
この噴火は非常に爆発力が高く、軽石・火山灰・岩片・火山ガスが勢いよく出て、落ちた火砕物によって建物が破壊され人的被害が出るそうです。
噴煙が高度数十キロメートルまで上がり、成層圏まで到達します。
成層圏まで到達した火山灰は強い偏西風に乗って遠方の何百キロメートルも離れた地点まで飛んでいきます。
その結果、火山灰が広大な範囲で被害をもたらすそうです。
噴煙の風下に大量の軽石と火山灰が降下し、成層圏に到達した火山灰と火山ガスが地球全体に異常気象をもたらし寒冷化を起こすことがあるそうです。
噴煙柱が崩壊すると火砕流が四方八方に高速で流れ下り、噴火が終わったあと、残りのマグマが溶岩ドームを形成します。
箱根山の過去の噴火は、神奈川県全域と東京都、埼玉県南部、千葉県北部が厚い降下軽石層によって覆われてしまいました。その厚さは、東京で約20センチ、横浜で約40センチ、平塚では1メートルを超え、小田原ではじつに4メートルあまりにも達したとの事です。降下軽石の噴火直後に、大規模な火砕流が噴出した。
大量の軽石を含んだ高温の火砕流は、東京までは達しなかったものの、三浦半島を含む神奈川県のほぼ全域を、場所によっては、数メートルにおよぶ厚い火砕流堆積物でふたたび覆いつくしたのです。
「噴火.com」「ミカンの木を育てるblog」より転載
箱根火山
富士山噴火がおこればまさに首都崩壊ですね。
沢山の不幸がまさにパンドラの箱を開けたかのように起きるのでしょう。
東京オリンピックは中止でしょうか。
新幹線は止まってしまうのでしょうね。
それ以前に送電線がやられてしまうので電気が止まってしまうので暫くは真っ暗の中を暮さなければなりません。
富士山宝永噴火(1701年)の時は半年間、日中は日がささなかったといいます。
これは人心をも暗くしますね。
半年間も太陽が見られないと、心を癒す川底のきらめき、木々の葉裏に反射する光も見る事はできませんので今の内に心に刻んでおきませんと。

来たる南海トラフ地震で新幹線の運行ができないことからその代替幹線として中仙道にリニアモーターカーを計画していたのですが、その大地震の前に富士山噴火ですか間に合いませんね。
富士山のふもとにあるファナックは、有事の際は同社の開発、製造能力に対する影響を完全に防止できる保証はありません、とすでに有価証券報告書に記載しています。
まぁ不幸を羅列しても天災ですから止めることはできません。
日頃の備えを怠らないようにしましょう。
パンドラの箱のオチも、実際の幸福は逃げ去ったが、いつかは幸福が手に入るという希望が残っていた、と結んでいます。


笑ってください!



IMG_8049
今日は梅雨空が瞬間的に愁眉を開いた幕張に出没です。
ここは私の好きでないチェーン店ばっかりなので食べる楽しみがありません。
ということで今日のお店は致し方なくチェーン店の「とろんしゃん」プレナ幕張店さんです。

住所: 千葉県千葉市美浜区ひび野2-4 プレナ幕張 1F
電話:043-351-7577
定休日:プレナ幕張に準ずる

IMG_8063
お店の外観です。

IMG_8056
店内の雰囲気です。

IMG_8057
メニューです。

今日のオーダー「牛タン焼き丼セット(浅漬・テールスープ・アイスクリーム付)」@928円です。
このお店はプレナ幕張のフードコート内にありますが店構えはそれなりです。

IMG_8058
待つこと15分で「牛タン焼き丼」の到着です。
見た目濃いですね。

IMG_8059
それでは実食です。
うん肉が硬いです。
と申してましても噛み切れないレベルではありあせんが私たちがイメージしているタンの柔らかさでもありません。
で〜も甘辛なタレは高評価です。
食べている間に気がついたのですが、肉は硬いだけでなく小さいのです。
その為に後半はタレご飯を食べている状態になりました。

IMG_8060
テールスープは鐵板の味で過不足ありません。
美味しいです。

IMG_8061
最後にカチカチのアイスクリームがでたのですが、このレベルならno thank youですね。
これを出すのであれば他のプリン系のデザートにするか値段を下げて欲しかったものです。
店員さんの接客がとても良かったので個人的には満足でした。

それでは(^_-)

銀座 ミートバル銀座

今日は「定年楽園への扉」です。
非常にショッキングなデータがあります。それは高齢者の犯罪が増加しているということです。
ニュースなどでは凶悪な少年犯罪や外国人の犯罪が目立つように思えますが、実際の数字を調べてみると(2014年度犯罪白書)、少年犯罪はピークに比べて3分の1近くに減少しています。
外国人犯罪者も2005年にピークを打ってから減少を続け、現在ではピーク時の3分の1以下になっています。

暴力団犯罪者も薬物犯罪者も着実に減少している中で、唯一、65歳以上の高齢者の犯罪だけが大幅に増えているのです。例えば約20年前の1994年に比べて高齢者の検挙者数は約4倍に増えています。
もっと驚いたことに万引き犯の約3割は高齢者、特に女性の高齢者だそうです。
一方、男性の犯罪で圧倒的に多いのは暴力・暴行犯でこちらは過去20年間で検挙数は50倍という驚異的な数字になっています。

たしかに最近はちょっとしたことですぐ大声を上げたり、キレやすくなった老人が増えているような気がします。
もちろん高齢化社会になっているわけですから絶対数が増えるのはやむを得ないとしても、この増え方は異常です。どうも我々が考えているようなお年寄り=穏やかでおとなしい社会的弱者というイメージではなくなりつつあるようです。

15年2月に発刊された「老人たちの裏社会」(宝島社)という本を読んだのですが、そこには想像を絶する高齢者の犯罪が描かれていました。私も14年6月に書いた「定年楽園」(きんざい)という本の冒頭でこの高齢者犯罪の増加に触れたのですが、事態は私が想像する以上になってきているようです。
なぜこのような高齢者の犯罪が増えているのでしょうか? 理由は2つあると思います。
1つは昔と違って最近の高齢者はとても元気だということです。確かに平均寿命が65歳ぐらいの頃(昭和30年代)の60歳と今のように80歳を超えるまで生きる時代の65歳とでは元気の度合いが全く違います。
体力もはるかに当時よりは上でしょう。元気があるから犯罪に走るというわけではありませんが、十分な体力があることはその要素の1つといえるでしょう。

もう1つの理由、これが大きな問題なのですが、孤独なお年寄りが増えてきているということです。
これは家族が居るとか居ないとかは必ずしも関係ありません。パートナーがいるにもかかわらず精神的に孤独な人は増えてきています。

私は3年前に会社を定年退職した後、ひと月ほどぶらぶらとしていた時期がありました。
その時に感じたのは、平日の昼間は本当に世の中に居るのはお年寄りばかりなのだな、ということです。
自分もその中のひとりであるということに気がつくのにあまり時間はかかりませんでしたが(笑)。

こうしたお年寄りを見ていると本当に所在なげにしているのです。公園のベンチ、図書館の中、喫茶店の中……。
ありとあらゆるところで友達と話をするでもなく本を読むでもなく、思索にふける風でもない、ぼんやりとしたお年寄りが実に多い。そしてその多くは男性です。また時としてこういうお年寄りが駅や図書館などで係員に大声で食ってかかっているところも何度も見ました。

先日、NHKの番組でも、高齢者の犯罪が取り上げられていましたが、やはりその最大の背景は孤独なお年寄りが増えていると描かれていました。万引きに手を染める高齢者の人も別にお金が無いからというわけではなく、社会との関わり合いを持ちたくてやっているということなのだそうです。これは実に悲しいことです。

私は老後の最大の問題は「お金」のことより、この「孤独」だと思います。体力もある、お金も持っている、ところが自分の居場所がない、信頼できる家族や友達がいない、というのはとても残念なことです。
これからこのコラムでも取り上げていきますが、現役世代の人は将来に向けて、人とのつながりや絆を何よりも大切に考えておいた方がいいのではないでしょうか。
日本経済新聞コラム「定年楽園への扉」より転載
定年楽園
私も最近荒れる老人をJRの車内で見かけました。
優先席でくだんの老人の隣りでチャカチャカとスマホでmailをしていた30歳前後の女性の音がうるさかったのでしょう、見ていたスポーツ新聞を丸めてその女性のスマホを叩き落とそうとしたのです。
その女性は驚いていたものの、車内でスマホをしていたからといって、そこまでの仕打ちを受けるいわれはありません、と言い返したのですが、どうやら火に油を注いだみたいで、その老人はさらに逆上して、さらにその女性を叩いたのです。
どうしようかなと笑いながら見ていたのですが、さすがに次の仕事が有ったものですから、その顛末を見届けず下車してしまいまいした。

昔の下町ではキレやすいではなく荒ぶる老人は沢山いましたので特段驚くものではありません。
下町の荒ぶる老人は体力の衰えをカバーする為に、すぐにヒカリモノを持ち出すのでマジに危険でした。
それもそのような騒ぎを起こす時はほとんどが泥酔状態ですから本当に始末に負えません。
その様な老人をいさめる時はほとんど時代劇の捕物みたいでした。
子ども心にこの大活劇にはおおいに喜んでいたものです。

脱線しましたが問題は老人の孤独ですよね。
おかげさまで信頼できる家族や友達がおりますので那辺は心配ないのですが、問題は長命です。
我が一統は短命だというのが私の運命だというように律してきましたが、この間の横浜での手相占いでは、稀に見る長命の手相だとわかって以来私の人生双六が狂ってきました。
そういう点では、長命をもくろんで停酒をしたわけではありませんし長命をもくろんでマラソンを趣味にしたわけでもありませが、もしかするとこれらが私の手の平の上に、長命の線を書き足したのかもしれません。

私には「男の美学」があります。
老醜をさらして迄長生きはしたくありません。
このまま長生きしましたら多分荒ぶる老人になる事は間違いないでしょう。
ピンピンコロリ教にでも入信しようかと衷心より思っている今日この頃なのであります。


Cool!



IMG_7940
今日は有楽町に出没です。
たまには肉でも食べるかとお邪魔したのはこちらです。
今日のお店は「ミートバル銀座」さんです。

住所: 東京都中央区銀座西3-1 銀座インズ2 B1F
電話:03-3561-1477
定休日:銀座インズに準じる

IMG_7942
お店の外観です。

IMG_7945
店内の雰囲気です。

IMG_7946
メニューです。

今日のオーダー「牛ハラミの焼肉と10品目野菜の健康サラダ定食」@980円です。
このお店は銀座インズ2の地下にあります。
インズの地下はあまりパリッとしていませんが、このお店のみ光っていました。
席はカウンターでした。
肉を焼く匂いが還流してきて嫌な感じでした。
焼き場とカウンターは何らかの仕切りが欲しいところであります。

IMG_7947
待つこと7分で「牛ハラミの焼肉と10品目野菜の健康サラダ定食」の到着です。
見た目「品数多いじゃん」定食です。

IMG_7949
それでは実食です。
まずは「10品目野菜の健康サラダ」を」頂きました。
サラダは雑駁な感はありますが、意外にも美味しいのです。
イケました。

IMG_7948
そしてmain dishの「牛ハラミの焼肉」を頂きました。
肉は柔らかくジューシーでした。
高評価とまではいえませんがまずまずです。
肉が少ないですか。

ザギンという場所柄このコスパであれば良いのではないかと思います。
私は煙対策を施してもらわない限り再訪はあり得ません、ハイ。

それでは(^_-)

勝どき 池のや リターンズ

今日は「割り勘雑感」です。
割り勘2
この間お取引先と飲んでいた時に、この様な社用なら交際費で落とせるけど、私的飲み会なら、△△さんは飲まないから割り勘負けしますよね、と笑いながらいわれました。
実はこの、割り勘負けしますよね、という言葉を聞いてかなり驚いたのです。
理由は簡単です。
その様な考えがなかったからです。
お酒を飲もうが飲むまいが、公的でも私的でも、飲み会は情報共有且つ情報交換の場であり、そこから帰納するのは飲み会とは「コミュケーションの場」なのです。
従いまして、今まで飲食代という考えはなく、コミュケーション代だと思っていたのですね。
正しく申せばその様に思うようになったのは停酒後であります。
美味しいものを食べたかったらその様な趣旨でその趣旨に賛同したものと行けば良いのです。

個人的な割り勘の按分は以下の様に考えています。
自分から飲み会に誘った時には半分を持ちます。
誘われた時は会計幹事に一任します。
しか〜しここで面白いのは、飲む人は飲まない人に金銭的な負い目があるみたいで、その按分にかなり気を使っています。
飲まないけれども、それなりに料理は食べていますので、損得感でいえばそんなにないような気がします、多分。
逆に損得勘定の算盤を弾きながら飲み会にでているのであれば、端から出席しなければいいのです。
かつて、俺は飲まないからご飯ものもらうわ、と言った人間がいたのには怒りを通り越して笑ってしまいました。

可哀想なのはそのような飲み会を毅然と断れない若い人です。
特に若い女性です。
私の会社では、その様な人間からの徴収額は一人英世にしています。
それが普通でしょう。
最近、会社での飲み会が激減してきたのは業務が多忙なこともあるのでしょうが、極論すれば横断的な飲み会が楽しくないからでしょう。
よく飲んで仕事の話しかしない輩には、今日はひとつ仕事の話しか抜きで場を盛り上げてよ、とからかいますが、仕事の話しかしない人間は、実は仕事以外の話題がほとんどないのです、これは蓋然性から言ってもかなりの高確率で当たっていると憶断します。
海外では給与体系が職務給ですから、飲んで仕事の事で難癖をつけたなら、すぐに殴り合いになるでしょう。

最後にこのふりネタでは、かなり上滑りの論戦を張っている噴飯物の私ですが、二次会には絶対にいきません。
酩酊状態の会話の不毛さはよくよく承知していますし、脳の逆覚醒にもなりますので忌避しています。
その様な砂漠に水を撒くような無駄な時間があるのであれば、家に帰って奥様と他愛もない雑談をしていた方が精神的な癒やしになります。


Charlie Chaplin - The Lion's Cage



IMG_7677
今日は勝どきに出没です。
今日のお店は、勝ちどきの定食王「池のや」さんです。

住所: 東京都中央区勝どき3-7-10
電話:03-3531-0948
定休日:日曜・祝日

IMG_7678
お店の外観です。

IMG_7688
店内の雰囲気です。

IMG_7680
席の移動を頼まれたのでこころよく移動しましたら、迷惑料として▲50円を引いていただきました。
この「大入袋」が値引きの確証です。

IMG_7679
メニューです。

IMG_7681
今日のオーダー「かんぱち刺身定食」@800-@50=750円です。
待つこと15分で「かんぱち刺身定食」の到着です。
見た目「勝ちどきの定食王」の名に恥じない盛り込みです。

IMG_7689

IMG_7686
ご飯は「おかかふりかけ」をかけていただきます。
おかかウマしであります。

IMG_7682
それでは実食です。
かんぱちは身が厚くて弾力があり美味しいです。
このレベルを河岸から仕入れてくるなんて若主人の目利きは確かです。

IMG_7684 (2)

IMG_7683 (2)
副食の「ほうれん草の胡麻和え」と「厚揚げの煮物」もウマウマです。

これで@800円ですか、相変わらず「コスパ良し」ですね。
しか〜し一時期あれだけ通ったのに、私の事をまったく覚えていてくれなかったのは残念です。
勿論、これは私の思い上がりでありまして、お店にはなんら問題はありません、ハイ。

それでは(^_-)

銀座 数寄屋バーグ

今日は「splashな日々」です。
今日は最近私が感じた雑感を主体に纏めました。
宜しかったらお付き合いください。

#合法的?
混浴
この世の中に合法的に女性の裸を見ることがきる場所があるそうです。
それは「混浴」です。
これから先は、私の取引先の方から聞いた話です。
当然のことながらその取引先の若かりし頃の話であります。
その取引先の方とその友人は合法的に女性の裸を見ようと、混浴温泉リストを作成して休みになると、そのリストに基づき関東近県の混浴温泉巡りをしていたそうです。
ところがところが訪れた混浴温泉はまず女性はいませんし、いたとしても女性であっても既に女性ではない方々ばかりとの混浴だったそうです。
そこで作戦を考えたのです。
自分の裸を異性に見られるのは恥ずかしいが、さりとて温泉にきて温泉にはいらないのも残念だと思う若い女性は、早朝に温泉に入っている、という話を識者から聞きつけ、なな何と早朝4時から、若い女性が来ているという混浴温泉で待機しいたそうです。
待つこと2時間、その識者のいうとおり、妙齢な女性のグループが入ってきました。
普通の人なら2時間も温泉に入っていれば当然のことながらノボセます。
そこに妙齢な女性の肢体を目の前で見たわけですから、その友人はノボセに興奮が加わり貧血状態となり、意識がなくなってしまいました。
結果その友人の方は悲いかなプカ〜っと浮かんでしまったのです。
しかもその体は漂流してくだんの女性グループの方に流れていったものですから、女性たちは変質者と思い、悲鳴をあげながら湯船にあった木桶でところかまわず叩いたのです。
本来ならばその取引先はその友人を助けに行くべきところだったのですが、それをすると自分もその変質者の片割れと思われるので、その騒ぎに乗じて逃げたそうです。
友人は叩かれたお蔭で意識は戻ったものの、今度はその為に溺れてしまい本当に意識がなくなってしまい救急車の出動を仰ぐことになったそうです。
結果本人はもとより同様に伸びきった息子ともども惨憺たる状況の中で蘇生処置を受けて意識を回復したそうです。
その取引先が私に曰く、▲▲さん、良いですか。女性の裸をタダで見ようというヨコシマナ考え持ってはいけません。どうしても女性の裸を見たかったら、その時はお金を払って見るものです、と真面目くさって言っておられましたが、笑いを堪えるのに一苦労でした。
その取引先とは業界ではそれなりに重きを置かれている偉い方なのですよ・・・

#当たっているなぁ
性格
これはnetで見ました性格判断をやった結果です。
日頃このような占いはバーナム効果だとかフォアラー効果とかくさしていますが、これは当たっていました。
私はこの占いご指摘の通り、自己韜晦(自らの才能や本心などを内に秘めて、人に知られないよう表に出さないこと)が強いのです。
このような人間は吐き出したい気持ちが異常に強いため、結果として自己韜晦的な性格になるのですが、その実どこかで吐き出しているのです。
正直に申し上げます。
私がこのようなたいして面白くもないブログを連綿と続けているのは、このブログが私の心象風景を投影する場なのでしょうね・・・


力持ち・・・


IMG_7891

IMG_7889
今日は銀座に出没です。

IMG_7894
銀座でいつも行列ができているハンバーグ屋さんがあります。
今日は時間に余裕があったので並ぶことにしました。
今日のお店は「数寄屋バーグ」さんです。

住所: 東京都中央区銀座4-2-12 銀座クリスタルビル 1F
電話:03-3561-0688
定休日:年中無休

IMG_7909 (2)

IMG_7910
お店の外観です。

IMG_7897

IMG_7904
店内の雰囲気です。

店内のギミック其の壱です。
IMG_7900
謎々です。
虫歯の人、胃炎の人、痔の人この中で吸血鬼に襲われないのは誰でしょう?

IMG_7902
答えです。

店内のギミック其の弐です。
IMG_7899
箸袋おみくじ

IMG_7908
私は「吉」でした・

IMG_7896
メニューです。

今日のオーダー「150gサービスランチ(ガーリック醤油ソース)+月見のせ」@1,000+@100=1,100円です。

IMG_7898 (2)
待つこと11分で「5種の彩りサラダ」の到着です。
これは見た目がきれいです。
醤油系のドレッシングが際立っています。
野菜もエッヂが立っていて且つ涼感有りで結構です。
これは美味しいです。

IMG_7905
待つこと20分でハンバーグの到着です。
見た目ふっくらと焼けています。
美味しそうです。

IMG_7906

IMG_7907
それでは実食です。
スッとナイフを入れると肉汁がドバっとでましたが後は線香花火みたいでそこから先は静御前です。
もしかして煮凝りスープを使っているのかなと邪推してしまいましたが、煮凝りスープの副作用である肉の硬さは表れていました。
味ですか不味くはありませんが美味しくもありません。
後半は前述した肉の硬さが際立ってきましたので低評価です。
まぁザギンでこのコスパなら「良し」とするところですか。
行列してまで頂くというレベルではないと思いますよ・・・

それでは(^_-)

神田 西海 4th

今日は「少年A」です。
少年A1
週刊文春6/25号によると、「元少年A」は手記を出版する事を熱望していたという。
その少年Aに400万円余を出して補助したのは、幻冬舎社長の見城徹氏。
彼の書いた「編集者という病」と「異端者の快楽」いずれも出版したのは、今回の太田出版高瀬幸途前社長。

元少年Aは、見城氏とエイベックス社長の松浦勝人氏が対談した2010年正月のBSの特番で見城氏を知り、アプローチしてきたという。

しかし、被害者を冒涜する内容を記した手記。
元少年Aの身勝手極まる、自分の痛みを回避する為に書いた本。
小動物や幼児たちを冷酷無残に殺し、自分の冷酷さを得意げに誇示するような描写。
この男は、究極のナルシスト。

こんな男に与えられる 「究極の罰」は「出版を熱望」していたなら出版を拒否することであった筈。
それが「罪の償い」になったのではないでしょうか。

自己救済のためにご遺族の病む心を逆なでし、両親や関係者たちを絶望に陥れる自己中心の男。印税を差し押さえ、ご遺族に全額差し出すべきでしょう。
デヴィスカルノマガジンより転載
少年A
酒鬼薔薇聖斗さんがシャバに出てきてだいぶたつようです。
出所したものの自らが酒鬼薔薇聖斗である事が判明して仕事を続けることができず、真面目に働いても、いつ辞めなければいけないかわからない。頼る人もいない。縁もゆかりもない土地で、カプセルホテルやネットカフェなどを泊まり歩く不安な日々が続いたそうです。日雇い労働を転々としても埒があかない。今のままでは一生この犬小屋発豚小屋行きの負のスパイラルからは抜け出せない。行き場がなく、金もないAにとって、人生の限界はおのずと見えていた。 そんな現状が、執筆に向かわせたという見方もあるそうです。
このくだりは自己申告若しくは臆断でしょう。
さらに言えば自ら若しくはメディアの演出であるかもしれないのです。
真実は不明ではありますが、もしそうだとしましたならばらばかなり噴飯物の話であります。

「Aにはもう守るものも、捨てるものもなにもないわけです。であるならば、どんなにバッシングされようとも、負のスパイラルから抜け出すために、まとまったお金が必要だと考えたのではないでしょうか。出版社サイドにはA自らが手紙を書き、どうしても出版したい旨を伝えてきたといいますから」(出版関係者)
本を出版する際、一般的な著者印税は8〜10%程度。
Aが出版社と交わした印税契約は、この数字よりもかなり大きかったといわれています。
「自分でもこの本がどれほどの話題になるか、わかっていたのでしょう。どれくらい売れるのか計算もあったと思います。印税が10%として1冊あたりAに150円が入ります。今は10万部ですが、これから重版がかかって20万部、30万部と増刷されていけば、Aは5000万円以上の大金を手にすることになります」(前出・出版関係者)
アメリカのニューヨーク州には犯罪者が「犯罪」をネタにして利益を得る事を阻止する「法律」があるそうです。
「サムの息子法」というものです。犯罪加害者が、自らの「犯罪物語」を出版・販売して利益を得ることを阻止する目的で制定されました。
日本でも犯罪者が「犯罪」をネタに利益を得る事を禁止する「法律」を作って欲しいですね。
そうもしませんとマッチポンプ的な犯罪ビジネスの孵卵器になってしまいます。

被害者や遺族方々もある意味、事件の「当事者」であり、その方々の了承も得ずに勝手に出版するなんてことは社会良識に反します。
この本を一般市民が読んで、何の 社会的意義があるのでしょうか。
どのように共感すればよいのでしょうか。
少年犯罪の背景の解明が目的だとする太田出版の言い分を是とするなら、太田出版は無料で Webで公開するべきでしょう。それでなければ出版社がしかけた加害者との共同営利事業と断じられても致し方ないです。

精神病の領域でいえばAはある種のサイコパスだそうで完全な治癒はできないそうです。
私が気になるのは、社会で生活しているAは、いま何らかの心理的サポートや医療のケアを受けているのかどうか、ということです。
それができていなければ多分公安がfull guardしているのではないでしょうか。
もしAが再犯したのならば日本の警察の威信失墜必須です。

個人的にはこのような人間の範疇にある人間で恐怖を感じるのは、「羊たちの沈黙」でおなじみのカニバリズムの殺人鬼アンソニー・ホプキンス演じるハンニバル・レクターです。
このような人間が隣家に居住居していたら嫌なものです。
この感覚は普通だとおもいます。



IMG_7952
今日は神田に出没です。
今日はなぜか「水餃子」を食べたくなりました。
今日のお店は長崎料理の名店「西海」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田2-8-5 山口ビル1F
電話:03-3254-4780
定休日:土曜・日曜・祝

IMG_7958
お店の外観です。

IMG_7957
店内の雰囲気です。

IMG_7953
メニューです。

IMG_7954
今日のオーダー限定15食の「水餃子」@830円です。
待つこと5分で「水餃子」の到着です。
緑と白のコントラストがきれいですね。

IMG_7955

IMG_7956
それでは実食です。
一口で大量の魚を呑むザトウクジラみたいに丸ごと一つをいただきました。
水餃子の皮はモチモチしていて美味しいです。
肉汁も溢れでてきてお味は結構でしたが口内が熱くてたまりませんでした。
こういう事をすること事態信じられません。
いまだにお子チャマであります。

野菜はシャキシャキして美味しゅうございました。
水餃子は全部で8個です。
どうですかね、物足りなさはありましたがこの味で@830円では宜しいのではないでしょうか。
ちなみに再食はありません、ハイ。

それでは(^_-)

赤坂 捨松

今日は「ストレス解消法」です。
「仕事では、カルト事件を調査したり、拘置所に接見に行ったりしなければなりません。
虐待のシーンなど悲惨な写真や無残な写真も見なければならず、強いストレスを感じることもあります。
その中で、いかにストレスを発散して心身の健康を保つかは、私にとって非常に重要なテーマです。
私の場合、あまり深く考え込まないようにすることで、バランスを保っていますが、中には耐え切れず、ストレス障害でドクターストップがかかった臨床心理士さんなどもいますよ」と西田教授は語ります。

sur
そんな西田教授にとって、最も効果的なストレス発散法は、講演などに呼ばれた際、訪れた土地で名物料理やお酒を楽しむことだと言っています。講演や学会では国内外を問わず、毎年色々なところに行きます。海外では、ドイツやフランス、イタリア、スペイン、スイスなど欧州が多く、一方で最近は、米国にはほとんど行かなくなったとのことです。

「私は昔から、欧州の貴族文化に興味があるようで、料理やお酒もそうですが、クラシックコンサートやクラシックバレエ、オペラなどを見るのも好きです。生きているうちにいつか行きたいのが、ウィーン・フィルハーモニーのニューイヤーコンサートですね」と西田教授は語ります。
お酒はワインやビール、日本酒、焼酎など何でもたしなみます。
たくさんある種類の中から自分の好みに合ったものを見つけ出すのが好きで、料理もお酒も職人さんのこだわり、そこに込められた思いを感じ取れるものに心が引かれます」と言っています。

イタリアのトリエステの夕日はことのほか美しく感動的だったと言います。
一方、国内では、秘湯を訪れ、1人で湯船に浸かりながら、ぼんやりするのが至福のときだそうです。
接待などで初対面の人などと大勢で飲むのも、色々と珍しいものを知ることができて楽しいが、1人もしくは気心の知れた友人と料理とお酒をじっくり、ゆっくり味わいたいと言います。
「ちなみに、これまで訪れた中で最も良かったのは、鹿児島県霧島市の秘湯ですね」とも言っています。
「人はなぜ、だまされてしまうのか?」西田公明立正大学心理学部 対人・社会心理学科教授interviewより転載
ストレス解消法1
今日のふりネタは社会心理学者で、且つマインドコントロール研究の第一人者の立正大学心理学部の西田公昭教授のinterviewです。彼は温泉入浴がストレス解消法の様です。
ストレス解消法ですか・・・
私は懸案事項がたまっている事がストレスですので、それを処理するのがストレス解消法です。
特に苦手な案件は真っ先に着手すればよいのに放置するきらいがあります。
そういうのに限ってやってみればたいしたこともなく、いつも放置していたことを悔やんでいます、と言っていますとなにか異常な感じもしますので真面目に私のストレス解消法を考えてみました。
しか〜しこれと言ってないのです。
食べ歩き、マラソン、旅行等は大好きですが、これらはかえってストレスの原因になっています。
食べ歩きはほとんどの場合、何を食べるのかを事前調査してから行きます。
行き当たりばったりの僥倖はあまり感激がありません。
色々と検討を重ねて行ったお店が美味しかった時に感激は極大化するのです。
マラソンなんかはなにが悲しくて42.195劼眩らなければならないのでしょう。
で〜ものめり込んでしまったのは達成感であります。
労苦が多ければ多いほど達成感は深まるのです。
最後の旅行は企画立案するのにはいつも呻吟していますしね。
どちらかと言えば、旅行の最中より旅行の企画が整ったときに無上の喜びを感じます

ぼ〜っとしていたらストレスが取れるという話を聞きつけ、その通りにぼ〜っとしていましたら、かえって疲れてしまいました。個人的には「忙中閑あり」です。
忙しいからアイドルタイム(idle time)がありがたいのです。
よく定年後は好きな魚釣り三昧と広言している方がおられますが、それこそ毎日釣りにいっていましたら、それは趣味ではなく漁師であります。

お酒はストレスが取れるといいますが、確かに飲んでいるときはストレスが取れたような感じになりますが、それはヴァーチャル(virtual)の世界での話であり、酔いが醒めてリアル(real)な世界に戻れば、酒席での盛り上がりに大いなるギャプ(gap)を感じるのは私以外にもおられると思います。

個人的には我慢の先に幸せの花が咲くと思っています。
要はストレスを作らない事に越したことはありあませんが、どのようにしてもできるものですから耐えればよいのです。思うにまかせない状況を耐え抜くことは、これまでとは違う、新しい自分を作りなおす作業でもあります。
我慢して耐え抜くことにより希望が生まれ、自分の中の新しい希望の扉が開かれていくのです。
で〜もこの可能性を信じない人にはしあわせは訪れません。
絶望の隣には、希望がそっと座っていますよ。


Cool!



IMG_7700

IMG_7705
今日は赤坂に出没です。
今日は赤坂に来たので「赤坂離宮」に行こうとキメ打ちしていたのですが、豈図(あにはか)らんや超満員で入れませんでした。ということで店替えをして向かった先は、会津蕎麦、肉割烹の名店「捨松」さんです

住所: 東京都港区赤坂5- 3-1赤坂Bizタワー2F
電話:03-5544-8765
定休日:無休

IMG_7702
お店の外観です。

IMG_7701
メニューです。

今日のオーダー「さばのからあげの野菜あんかけと会津そば、お惣菜付」@900円です。
店名の「捨松」はNHK大河ドラマ「八重の桜」をご覧の方はご承知のとおり、会津藩の国家老・山川尚江重固の末娘で長じてアメリカ留学を果たし、仇敵・薩摩人の大山巌夫人となった大山捨松さんの名前からつけられたものです。

IMG_7703
待つこと5分で「さばのからあげの野菜あんかけと会津そば、お惣菜付」の到着です。
見た目volumy(和製英語)です。

IMG_7704
まずは「さばのからあげあんあかけ」をいただきました。
鯖のからあげは熱々です。
意外にジューシーで美味しいです。
鯖の臭みもなく高評価です。
会津蕎麦はそばの実の芯部分を使った「更科系」の生地に、そば殻を練り込んでいるのが特徴だそうです。
これもまずまず感ありでイケます。
個人的には私の大好きな温泉卵もついていたので大満足のランチとなりました。
赤坂でこの内容で@900円ですか、コスパ良いですね、ハイ。

それでは(^_-)

池袋 天山

今日は「占い」です。
人はなぜ占いを信じたり、当っていると感じたりするのでしょうか。実は、人間の心理には「フォアラー効果」と呼ばれるメカニズムが働いているからとされています。
つまり誰にも該当するような曖昧な内容でも「自分に当てはまる」と解釈してしまう傾向があるからなのです。
これを実証するため、米国の心理学者が興味深い実験をしています。
学生に以下の文章を読ませ、自分にどの程度当てはまるかを5段階で評価させました。
「あなたは力量があるのに、思うように発揮し切れていない」「あなたは、見た目はしっかりしているが、小さなことでくよくよ悩むような優柔不断なところがある」「あなたの願望のうち、いくつかは非現実的なものだ」等々です。
実は、これは雑誌の占い記事を切り抜き、デタラメにつなぎ合せただけの文章にすぎません。
ところが学生の回答の平均値は5段階(最高が5)で4.2に登ったのだといいます。
「占いの文章には、誰にも当てはまるような要素が多数入っています。だからひとつでも合致すれば、科学的な根拠がなくても当たっていると思いこみやすい」と性格診断や心理テストに詳しい富山大学の村上寛教授はこのように分析しています。つまり自分に合致しない要素は見過ごし、都合よく解釈してしまうのだそうです。
日経新聞「裏読みWAVE」より転載
占いはバーナム効果の産物なのでしょうか?
バーナム効果(Barnum effect)とは、誰にでも該当するような曖昧で一般的な性格をあらわす記述を、自分だけに当てはまる正確なものだと捉えてしまう心理学の現象です
1956年にアメリカ合衆国の心理学者ポール・ミール(P.E.Meehl)が、興行師 P・T・バーナムの "we've got something for everyone"(誰にでも当てはまる要点というものがある)という言葉に因んで名付けたのです。
アメリカの心理学者バートラム・フォアラー(Bertram Forer)の名をとってフォアラー効果(Forer effect)ともいいます。

IMG_7765
この間、中華街に行ったときに占い好きな奥様に付き合いまして、占いをしてもらいました。
今回は両手の手相占いです。個人的には占いを信じていません。
理由はバーナム効果の落とし子だと臆断しているからです。
今回の先生との二言三言の会話の中で分かったことは、この先生はなかなか頭の切れる方で、加えて体全体から「キッチリと当ててあげるわよオーラ」が噴きあがっている事でした。
先生の説明では、左手の手相の意味は「先天的」なもので私の「過去」「生まれ持った才能(素質)」「本来の性格」「潜在意識」を表しており、右手の手相の意味は「後天的」なもので、私の「現在」「未来」「努力で得た才能(能力)」「顕在意識」を表しているそうです。
付け加えるに手相というのはその人の人生行路にlinkしていて刻々と変化するので、未来予測はできず、今現在のベクトルしか占えないそうです。

先生のお見立てでは、私は極めて優秀ですが、個人プレーが多いそうです。
従いまして私の職業は会社経営者だそうです。
さらに上からの評価は良いのですが、部下に対しては厳しすぎるので、仮にサラリーマンだったら人の上に立てないそうです。
生命線が二重線(極めて珍しい)になっているので長生きで且つ極めて健康な手相だそうです。
特に臓器は頑健な線がでていて大病はしないそうです。
欠点といえばかなり細かいので奥様は苦労するそうです。
隣で聞いていた、奥様は歓声をあげて、そ、そ、その通りです、と小躍りしていました。

元理科系男子からすると、よくもまあ人からお金を取って好き勝手なことをいっているなぁ、というのが正直な感想です。この先生のサラリーマンのイメージは植木等さんのスチャラカサラリーマンの時代から何ら上書きされていません。社長というのは管理能力が極めて優れている人がなれるわけで、巧言令色とを駆使してなれるわけではありません。管理能力の高い人は上下の隔てなく人に対しては真摯に向き合っているのです。
従いましてTPOによっては上の人間と雖(いえど)も厳しく対峙するのです。

性格が「細かい」というのは物事に遺漏がなく確実な事であり、これまた人生行路の上では大事なfactorであります。
それを事もあろうに「奥様は苦労しますよ」とは何なのでしょうか。
先生の言われる「細かい」というのは「重箱の隅を楊枝でほじくる」的こまかさであります。
そのような細かさは、物事の勇勢順位をつけられない優柔不断の草食中年のなせる業(わざ)なのです。
敢えて暇人の余技であると言わせていただきます。
だいたい人の人生を占うという大事な使命を担っている人間が、同伴者にお追従をいうとは、女性幇間かと言いたいところではありましたが、ここは「男は黙ってサッポロビール」で黙して語らずでありました。
しか〜し私の相貌の硬化を読み取ったみたいで、いいのよ、男の人ってはなから占いなんて信じてないものね、と自らcoming outしその馬脚を露していたのです。

私は視点を代えて、占いの役目というか使命は何なのですか、と聞きましたところ、ご主人は占いを信じていないかもしれないでしょうが、手相というのは人間のデータベースが刻まれているのです。
そしてそこから読み取れるのはその人の性格です。
占い師は手相からその人の性格を読み取り、その人が人生の岐路にいる時にその性格を敷衍して、その人の取るべき方向を提案する事が占い師の役目なのです。従いましてそれを受けいれるかどうか、それを実行に移すかどうか本人様次第です、と語っていました。
これには、成る程な、と納得した次第です。
要は占い師というのは、その人の人生を占うのではなく、その人が人生で進むか退くか、あるいは方向転換すべきかとうかの問題にぶち当たった時の、人生行路の道案内人だったのですね。
さらに、そういう事って他力本願ではなくて自分で決めるものでしょう。言い換えれば自己責任でしょう、と言いましたら、世の中にはそういう人って少ないのです。だから占い師が存在していて無くならない理由がそこらにあるのです、としみじみと語っていました。
初めて占い師の立ち位置がわかったみたいです。
それなら最初からそう言えばよろしいものを、逆にそれをいってしまったら客はこないのでしょうね。
「黙って座ればピタリと当たる」が占い師のキャッチコピーでしたものね。


Ana Yang Gazillion Bubble Show



IMG_7870
今日は池袋に出没です。

IMG_7871
これから行くお店の途中には「老眼めがね博物館」の前を通って行くのですが、この博物館の前を通るたびに、無数の人に見つめられているような感じがします。
ということで今日のお店は「攻略店」です。
今日のお店は「天山」さんです。

住所: 東京都豊島区南池袋3-16-12
電話:03-3983-2262
定休日:土・日・祝

IMG_7872

IMG_7874

IMG_7875
お店の外観です。

IMG_7881

IMG_7882
店内の雰囲気です。

IMG_7876
メニューです。

今日のオーダー「鳥親子丼」@800円です。
微笑みを絶やさない店主の人柄からでしょうか、店内は優しい空気が横溢しています。

IMG_7877
待つこと4分で「鳥親子丼」の着丼です。
濃い目の丼たれが美味しそうです。

IMG_7878

IMG_7879
それでは実食です。
まず玉子すきな私は玉子をお箸で割きました。
するとトロトロの黄色い溶岩が流れ落ちてきます。
トロリとして密度の濃い玉子の香りが濃い目の丼たれの香りにかぶってきます。
たまりませんね。

天麩羅は衣ウマしであります。
さらに鳥肉の天麩羅だけかと思っていましたら、サツマイモの角切りと玉ねぎを素揚げしたものが底の方から出てきて味を膨らませました。
美味しいです。
噛みしくだく度に味わいが深まります。
あっという間の完食でした。
これで@800円ですか、コスパ最高です。
ここは再訪店ですね。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ