下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

2015年03月

岐阜 すき家

今日は「最近の疑問 その壱」です。
今日は世の中にある、常識、先入観、思い込みがどれ程あてにならないかを紹介しましょう。
宜しかったらお付き合いください。
Then let’s get started!

#計算式の疑問
図1
この計算式の答えが現在世界中で2分されています。
理系で高校での数学の成績が超良かった私が計算しますと以下の様になります。
余談ですが私は高校現役の時、大学は理学部数学科に進学しようと真面目に考えていた程なのです・・・

閑話休題おはなしはもどりまして
6÷2(1+2)
=6÷2×(1+2)
=6÷2×3
=6÷6
=1
この様に答えは1になります。

それに対してこの計算に異を唱える人達は以下の様に計算します。
6÷2(1+2)
6÷2×(1+2)
=6÷2×3
=3×3
=9
この様に答えは9になります。

計算式
ちなみにエクセルでの答えは9です。
なぜかマイクロソフトのエクセルも壊れていました。

sono3
この問題は台湾のfacebookコミュニティに投稿されたことで注目されるようになり、答えが19で二分されました。
一体正解はなんなのでしょうか?
結論を出す前に、両者の主張を整理してみましょう。

答えが1派の前提は 四則演算のルールがbaseとなっています。
.ッコ内の計算
掛け算 or 割り算
Bし算 or 引き算

の順に優先されるのです。
要は
6÷2(1+2)
=6÷2(3)
=6÷6
=1
というのが1派の主張です。
「×」の記号を省略した場合、他の計算記号よりも優先度が高いと考えるのが1派の根拠なのです。
というかこれは常識でしょう(笑)

それに対して9派はどうでしょう?
6÷2×(1+2)
=6÷2×3 
=3×3
=9
「×」や「÷」といった同じ優先度の記号がある時には、「左から順番に計算していく」というのが9派の根拠なのです。
一体全体、誰がこのようなルールを決めたのでしょうか?

纏めに入らせていただきます。
答えとしては何が正しいのでしょうか?
このような計算方法をめぐる議論について、静岡大学の熊倉教授は以下の論文を出しているので紹介します。
乗除混合演算式についての理解と指導に関する研究 「 A÷B×CとA÷BC」のタイプの式に焦点を当てています。
この論文によりますと、中学1年の指導要綱では「左から計算すること」と教わり、中学2年の指導要綱では「記号が省略された乗算記号を優先する」と教わることになっていますので、中学1年までは答えが9で中学2年からは答えは1になるのです。
要は中学1年までは「記号が省略された乗算記号を優先する」を理解させるのは難しいという判断なのでしょう。
ということで上記のことから、中学2年から「記号が省略された乗算記号を優先する」の計算法が上書きされますので、答えは1が正解なのです。
問題はエクセル等の計算ソフトが中学1年までの計算式になっていることです。
個人的にはかなり不思議ですが、「記号が省略された乗算記号を優先する」というプログラムは意外と難しいのかもしれませんね・・・
やはりそんなことはないでしょう。
これは一種のfoolproof(誰もが間違わない)ということで宜しいのではないでしょうか。
いずれにしもてすっきりしました、ハイ。
参考文献:WHAT’S


Fishing in Her Cleavage



IMG_6253

IMG_6254
今日は早朝の岐阜にいます。

IMG_6255

IMG_6256
最初「宮本むなし」さんに行こうと思ったのですが、開店は9時からでした。
しかたないので唯一やっている「すき家」さんにお邪魔しまた。
今日のお店は「すき家」名鉄岐阜駅前店さんです。

住所: 岐阜県岐阜市神田町9-14
電話:非公開
定休日:無休

IMG_6263
お店の外観です。

IMG_6262
店内の雰囲気です。

IMG_6257
メニューです。

今日のオーダー「牛小鉢たまごかけご飯トン汁変更」@430円です。
「牛小鉢たまごかけご飯」は、ごはん、トン汁、たまご、たまごかけしょうゆ、ひじき煮、牛小鉢、のりで構成されています。

IMG_6259

IMG_6260

IMG_6261
待つこと4分で着膳です。
見た目、私の好みです。
私は牛小鉢の牛を卵につけて食べるのがお約束です。
Dippingした卵と紅生姜を交互に頂きますと美味しさが倍加します。
白眉はトン汁です。これって以外にピリ辛で美味しいのです。
@430円でこれだけの口福をいただけるとは感激です。
やるな「すき家」さんであります。

それでは(^_-)

品川 サラベス

今日は「相対性理論」です。
世の中には全てというものはありません。
全ては相対的かあるいは逆説的です。今日は世の中にある、常識、先入観、思い込みがどれ程あてにならないかを紹介しましょう。宜しかったらお付き合いください。
Then,let’s get started!

#時刻表
アエロフロート社の飛行機が、あまりにも時刻表通りに飛ばないので、ついに怒り心頭に発した男が
「どうせ遅れてばかりいるのなら、時刻表なんかつくるな!」
と息まいたところ
「お客さん、時刻表があるから、遅れもあるのです」
と職員にたしなめられた。

#動物愛護
自国政府がベトナムに1屬砲劼箸弔粒箙腓杷弾を投下するような無差別殺人的絨毯爆撃を決行した時に、少しも動揺しなかったご婦人が
「鯨を食べるのは可哀想」
とさめざめと流すこともあります。
そんなご婦人が
「動物を愛する人は心が優しい」
なんて動物愛護団体のような事まで言われますと、ついついイラっとしてしまい
「あ〜ら、ヒットラーも犬が大好きだったみたいですわね。たしか人間よりも・・・」
と嫌みを言ってしまいます。

#人間の弱み
「人間にとって弱みは何だと思う?」
いきなり、そんな質問をされて
「さぁ?」
なんてちょっと困惑したふうに頭をかしげると、うれしそうに鼻の穴をふくらませて
「どの人間にも共通する弱みなんか存在しないよ。
弱みとは、その人間が弱みと思いこんだ時点から弱みになるんだ」
「・・・」

#相対性理論
くしゃみが
「パリへは仕事で行かれるのですか?」
「ええ、我が国の代表として、国際相対性理論学会に出席するのです」
「へぇー、相対性理論ですか、なんだか難しく感じますね」
「いやぁ、それほどでもないですよ」
「それでは簡単に説明できますか?」
「う〜ん、そうですね。例えば、おたくのはげ頭にオバQのように髪の毛が三本あるとします。
これは多いですか少ないですか?」
「それは少なすぎます」
「それでは、おたくがいま飲もうとしているスープに髪の毛が3本入っています。
これって多いですか?」
「それは多すぎます」
「でしょう。全ては相対的なのです。
では次に、おたくのケツの穴に僕の親指を突っ込んだとしましょう。
そうすると私の方も指がケツに入っていますし、おたくの方も指がケツに入っています。
これって極めて相対的なことでしょう」
「しか〜しその理論、かなりわかったような気がしますけれど、なんであなたを我が国の代表にする時、相対的基準ではなく絶対的基準で選ばなかったのかが不思議でなりません!」
参考文献:「魔女の1ダース」米原万理著

如何ですか「相対的」の理解が深まったかと思います(笑)
個人的にはトーマス・エジソンの相対的理論
「人生における失敗者の多くは、諦めた時にどれだけ成功に近づいていたかに気づかなかった人たちである」
という言葉が好きですが、その判断はむずかしく、そうあるべき的考えでしょう。
エジソンだからそのように断言できるのです。

さらに大阪の伝説の不良、中場利一さんの相対的理論
「ここは大阪、岸和田の春木町。
競輪場や競馬場が詰め込まれ、ヤヤコシイ大人たちがウヨウヨいる小さな町なんです。
とにかくケンカに負けることを嫌い、顔でも腫らして帰ってくれば
『勝つまでやめたらあかんど』と送り出されるのですわ。
この街での喧嘩は、何度でも逃げずに立ち上がって向かって行ったヤツが一番強いとされているんです」
これまた至言です。

世の中、知性がぶつかり合う現場、特に会議ではかならず相対的帰結になっているはずです。
皆様方、これを機にウィットの富んだ相対的反論を心がけましょう。
毎日が明るく輝いてきますよ〜


Base-jumping barnacle goose - Life Story



IMG_6171

IMG_6174
今日は品川に出没です。
今日のお店は実食候補店です。
レストラン格付けガイドブックザガット・サーベイでは「ニューヨークNO.1 デザートレストラン」にも選出さている「サラベス」さん。今日のお店はサラベスさんの品川店さんです。

住所: 東京都港区港南2-18-1 アトレ品川 4F
電話:03-6717-0931
定休日:施設の営業日に準じます。

IMG_6173
お店の外観です。

IMG_6181
店内の雰囲気です。

IMG_6175
メニューです。

IMG_6179
今日のオーダー「サンシャインフレンチトースト」@1,450円です。
このお店、「New York Magazine」では 「文句なしのニューヨークの朝食の女王」と賛美されています。
サラベスさんが作り出すメニューの数々は、アメリカンドリームのサクセスストーリーとともに、グルメなニューヨーカーの 「マストアイテム」として確固たる地位を築いているそうです。
そんなサラベスさんのメニューを代表するのが「フレンチトースト」、「リコッタパンケーキ」です。
今日は楽しみですね。

今日オーダーの「サンシャインフレンチトースト」は、フレンチトースト、グラノーラ、フレッシュフルーツ、ヨーグルトといったアメリカを代表する朝食 4種類をワンプレートで楽しめるスペシャルメニューです。
自家製グラノーラをフレンチトーストの表面にまぶして焼くことで外側はサクサクに、中はふわふわに仕上げています。お皿に添えたフレッシュフルーツ(苺・バナナ)の甘酸っぱさと、濃厚でクリーミーな水切りヨーグルトとはちみつの甘さが、フレンチトーストの美味しさを引き立たせているそうです。

ということで大人気のお店ですので行列ができていました。
待つこと15分で入店です。

待つこと23分で「サンシャインフレンチトースト」の到着です。
行列から着皿まで約40分かかりました。
暇にまかせて店内を注視していましたらホールスタッフの動線がかぶっています。
このような雰囲気のお店でよい思い出はありません。
なにやら暗雲が立ち込めてきました。

IMG_6186

IMG_6182

IMG_6183

IMG_6185

IMG_6184
気を取り直して実食です。
フレンチトーストは焼き立てで温かいですね。
中はふわふわではなくしっとりとしています。
うん、フレンチトーストは美味しいです。
しか〜し濃厚でクリーミーな水切りヨーグルトとはちみつがいただけません。
訴求力がほとんど感じられません、まさに平板の味わいです。
本当にこれがアメリカのグルメの舌を満たしているのでしょうか・・・
瑕瑾は苺とバナナです。
苺は酸っぱいし、バナナには甘さが感じられません。
たしかにこの料理の説明では甘酸っぱさがあるとしていますが、私はアメリカ人ではありません。
いずれにしてもこれはひどいですね。
材料吟味していないのですかね・・・
もしかしてこれがこのお店の標準の味であれば、誠に残念ながら私の舌はこのお店の味にそぐってないのでしょう。
大変失礼しました。
しか〜しこれで@1,450円ですか、あえて「コスパ悪し」と言わせていただきます。
こんな日もあります。

それでは(^_-)

石神井公園 麺処井の庄 4th

今日は「母の事」です。
今回の伊豆旅行で母の生まれ育った土地に数年ぶりに行ってみてとても懐かしく感じました。
その一方で私は母の生い立ちをよく知らないということもわかり愕然としました。
特に母が結婚する前のことはほとんど知りません。
多分これは私のみではなくほとんどの人に共通しているのではないかと思います。
そこで今回は私の母の歴史です。
まぁ他人の母親の歴史なんか面白くないと思いますが、宜しかったらお付き合いください。

#私の母の粗粗な生い立ち
私の母は兄二人、姉四人、妹一人の8人兄妹の五女ですが内二人の姉妹が亡くなっていますので実質6人兄妹の末っ子でした。実は妹こずゑさん(叔母)が早世したのは知っていたのですが、今回の調べで8歳も年が離れていたことがわかりました。
さらに驚いた事にこの妹が生まれた時の祖父の年齢は57歳で祖母は45歳だったのです。
これにはマジにクリビツです。
まさに「明治の方はお元気ですねぇ」であります。

滝桜
母は18歳まで伊東市八幡野に住んでいて、18歳の時に次女の姉の二人目の娘の出産・育児の手伝いの為に福島県田村郡三春町に行き21歳まで当地に住んでいました。
母は、この世に天国があるとすれば、それは三春の春だよ、と私に良く言っていました。
実際画像で見ても三春名物の「三春滝桜」は綺麗ですね。
多分このような桜がところかしこ咲き乱れているのでしょう、わかるような気がします。

成金
21歳で東京の三女の姉のところに家事手伝いの目的で同居しました。
ところが三女の姉のご主人は朝鮮戦争特需で大金持ちになり、家事手伝いで同居したものの家事の一切合切は大勢のお手伝いさんが担っていて、ほとんど何もできなかったようです。
25歳の時に父と結婚したのですが、上述のとおり家事がまったくできず、加えてすぐに私ができたので、祖母が家事を教えに上京したようです。
ちなみに私は今でいう「できちゃったベービー」ではありませんから、念の為。

#私の母は運動神経が良かった
八幡野漁港
母は腎臓が悪くて、私の小さい頃は、しょっちゅう入院していました。
したがいまして運動はできないとおもっていました。
いつだったかは覚えていませんが私達兄妹と父が八幡野の漁港で泳いでいましたら、浜で私達の泳ぎを眺めていた母が、今日は気分が良いので泳いでみましょうか、といって水着に着替えて海に入りました。
そして父の方に泳いできて、日頃のうらみはらさずか、と言ってあっという間に父を溺れさせたのです。
勿論ふざけてですよ。
その手際良さに、私は目が飛び出るくらい驚いたのです。
かなりの技量というかその匠の技は一朝一夕ではないことは一目瞭然でありました。
その夜伯父さんに、母が父を海の中に引きずり込んだ話をしましたら、ここらのしは、泳ぎはたっしゃずら。
中学校高学年になれば八幡野から伊東まで(約16辧鳳砲い任いずらから、お前のオヤジを海に引きずりこむなんてお茶の子さいさいら、と言っていました。
さら〜にお前の母さんは、足が速くて、伊東市の大会に代表選手でていたずら、とも言っていました。
そういわれてみればその片鱗は小さい頃みたような記憶があります。
ちなみに母の俊足はなぜか、私の妹に受けつがれているみたいです。
妹も中学生の時は、短距離の選手で活躍していました。

#私の母の友達
女子会
私達が帰省していますと、母は夜な夜な幼馴染と飲みにいっていました。
記憶で申せば友達は二人いました。
一人は「とーちゃん」です。
なんの名前の略だかニックネームなのかはしりませんが呼び名は「とーちゃん」でした。
もう一人は「ふみ」です。
何故だがふみさんは呼び捨てでした。
ちなみに私の母の呼び名は「もーちゃん」でした。
これは単純に名前が「桃」だからです。
たしかふみさんは、八幡野漁港の右上にある一本松で飲食店を経営していて、そこで母と悪友達は飲みながら他愛もない話で盛り上がっていたようです。
ここで思い出すのは時計の針が10時を超えると祖母が怒り始めるのです。
こんな遅くまでももはなにしてるずら、と言い始めましたら止まりません。
そこで伯父さんが一本松まで我が母をお迎えにいくのです。
たしかその当時の母の御年は40歳少し前でした。
いくつになっても母親というのは口うるさいものであります。

冒頭のとおり、私の母の知っている事はこの程度です。
多分皆さんも似たようなものでしょう。
で〜も少しは自分の母親の事、もう少し知ってみたいな、と思いますよね・・・


Disney Characters Surprise Shoppers



IMG_6140

IMG_6126
今日は石神井公園に出没です。
今日は無性に味噌ラーメンが食べたかったのです。
現在このお店で夜限定の味噌ラーメンがあるとのことでお邪魔しました。
今日のお店は「麺処井の庄ラーメン」さんです。

住所: 東京都練馬区石神井町3-25-21ライオンズプラザB1
電話:03-3997-1631
定休日:なし(年末年始を除き無休)

IMG_6127
お店の外観です。

IMG_6130
店内の雰囲気です。

IMG_6129
メニューです。

今日のオーダー「あっつあつ北海道味噌ラーメン」@850円です。

IMG_6136
お店の場所が変わっていると思って過去ログを見ましたら5年ぶりの再訪なのですね。
定休日も木曜日から無休に変わっていました。
これこそlong time no see! ではなくlong time no taste!であります。

IMG_6131

IMG_6132
待つこと5分で「あっつあつ北海道味噌ラーメン」の着丼です。
「あっつあつ北海道味噌ラーメン」とは三種類の北海道味噌に、私蔵南蛮ニンニク味噌と豆板醤を加えて味噌ラーメンにしたものです。
具は、チャーシュー、メンマ、もやし、ニラ、鳥ひき肉、カイワレ、ニンニク、バター、コーンと盛りだくさんです。

見た目チャーシューに威圧感があります。
それでは実食です。
スープは濃いめの味噌味ですがどちらかといえばかなりしょっぱいです。
油層で蓋をしているせいかスープは最後まで熱々でした。
麺は太めのストレート麺です。
このお店は動物系肉のコラーゲンをたくみに使いトロミをだしているのですが、このラーメンに限って申せば反作用を起こしています。要は端(はな)からこってり、油っこい、しょっぱいを最後まで引きずっていたからです。
これは好みの問題なのですが、私にとりましてこのくどさはthank you but no thank youであります。
白眉はトロトロチャーシューですがこれまた後半はラード分がくどくて辟易となりました。
このようなコッテリ系が好きな方は全てが好循環なのでしょう。
最後に私の恐れていた事が次の日の朝に確認されました。
なな何と体重が1kgも増えていました。
確かにどこから見ても高カローリー食ですものね。
こんな日もあります、ハイ。

それでは(^_-)

伊豆日帰り旅・後編

今日は「伊豆日帰り旅・後編」です。
IMG_6067

IMG_6065
「河津桜」の観桜で干物家さんをひやかしていましたら、美味しい干物をお土産にしたくなりました。
こうなったら伊豆で一番美味しい干物屋さんにいくしかありません、ということで向かった先は伊豆高原でした。

#伊豆高原駅です。
IMG_6099

IMG_6102

IMG_6100
伊豆高原正しくは八幡野といいます。
私の亡き母が生まれ育った場所、即ち母の帰省先兼避暑地なのです。
私は当地で4歳の時、ひどい麻疹(はしか)に罹患して人事不省となり、一週間意識不明の状態から目覚めた時、その眼底に移ったのは、私の無事な生還をよろこび涙ぐんでいた母のくしゃくしゃの顔だったのです。
これが私の当地での初めてのしっかりとした記憶でした。
それから40年間の長きに亘り、当地は私にとっても夏の避暑地だったのです。
したがいまして街の至る所に私の思い出が塗り込まれています。


駅近くの国道135号線からは水平線が望めます。
IMG_6092

IMG_6097

#城ヶ先海岸です。
橋立
夏休みの間、当地での遊びは海水浴です。
ここは風光明媚なところで、近くには城ヶ先海岸があり、そこの吊り橋(橋立)ではよく「仮面ライダー」の撮影がされていました。

橋立周辺です。
IMG_6077

橋立

大淀・小淀です。
この大淀・小淀は幼かった弟妹のプールです。
橋立2

大淀・小淀
上記画像は「じゃらん」さんより転載

私はこの八幡野港内で泳ぎを覚えました。
IMG_6075

IMG_6076

IMG_6074
小学校の高学年には、この漁港から眼前の灯台まで泳ぎ、そこで息を整えてから上の画像の左側にある通称「前の島(下の画像)」まで泳げるようになりました。
今このように見るとたいした距離ではないのですが、いかんせん海ですから波があり、初めて泳ぎ切ったときは、疲労困憊で島の上で寝て体力の回復を待ったほどです。
長じて高校生の時は従兄弟達と漁港から5km離れた大淀・小淀まで泳いだ事があります。
目的地、大淀・小淀には私達の到着を一日千秋 (いちじつ-せんしゅう)の思いで待っていた祖母と母がいました。
今や祖母・母とも天に登っていますが、このように思いだす事が供養なのかなと柄にもなく思ってしまいました・・・

#「山幸ひもの店」さんです
IMG_6079

IMG_6078
漁港からほど近いところにあった「山幸ひもの店」さんですが移転してお店はもぬけの殻でした。
電話で移転場所を確認しましたところ大室山のふもとの方との事でしたのでタクシーを呼びました。
行くすがらタクシーの運転手さんに、八幡野漁港の最近の状況を聞きましたら、漁獲高も落ちて、それに呼応するように漁協の力も弱くなり、今では漁業従事者もすくなく、閑古鳥が鳴くような惨憺たる状況になってしまったようです。今は昔ですね。
「山幸ひもの店」さんにつきました。
よりによって浜から山に移転とは・・・
タクシーで2,000円ほどかかりましたのでかなりの距離があります。
良かったです、歩いていかなくて・・・
多分歩いていきましたら奥様の頭に大きな角がにょきっと生えたことでしょう。

住所: 静岡県伊東市八幡野1759-750
電話:0557-51-6767
定休日:水曜日

IMG_6081

IMG_6082
お店の外観です。

IMG_6083
このお店は「味」「安心安全無添加」「手作り」にこだわりをもって仕事をしています。
水は日本最深800mの深海から採水しているミネラルたっぷりの伊豆赤沢海洋深層水を使用しています。
ここのまあじの塩干は絶品です。一度味わいましたら他のまあじは食べられらくなります。
さら〜にサバも美味しいですよ。駿河湾で獲れた、マサバですので旨みがあり身の皮まで美味しくいただけます。
通販もしていますのでご試食あ〜れです。

#伊豆高原のゆ
丸昌
「山幸ひもの店」さんからは、待たせて有ったタクシーにのり午後のmain eventの温泉です。
当初は赤沢温泉に行き、磯料理「丸昌」さんで伊勢海老三昧と思ったのですが、時間が許しませんでした。
ちなみに「丸昌」さんは、すご〜く値段がお高いです。
帰省している私達をpickupする為に父が八幡野にやってきます。
当時の父は極めて羽振りがよくて、八幡野からタクシー×2台で伯父さん一家ともども「丸昌」さんに乗り込み、父の財布で大豪遊していたものです。
ここの伊勢海老は値段、味ともども絶品です。

結局薬局放送局で温泉三昧は地元の立ち寄り温泉「伊豆高原のゆ」にしました。
IMG_6094

IMG_6084

IMG_6093

伊豆高原のゆ

IMG_6087

IMG_6088

IMG_6089 

ここの温泉の野天風呂は緑多い自然の雑木林の中に点在しており、天然岩石を使用した野天風呂はなかなかの風情です。屋外には泥パックと泥パック専用のお風呂もあって、ヌルヌルしてきもちがよかったですね。
大満足でした、ハイ。
IMG_6086

伊豆高原の湯 

そうそうなぜか露天風呂には日よけの竹傘が用意されていました。
あらためてここは高原の温泉なんだな、と実感したしだいです。
IMG_6090 


車中で爆睡していた二人が東京駅に着いた時、東京の空にはくっきりとした赤い月が浮かんでいました。
夕食の時間です。

IMG_6105

IMG_6107
夕食に向かった谷中は静けさに包まれていました。

IMG_6121

IMG_6124
その中で、唯一気を吐いていたのはイラン・トルコ・ウズベキスタン料理のお店、レストラン「ザクロ」さんだけでした。

私達夫婦が選んだ夕食のお店はこちらです。
今日のお店は、ご存じ谷中は夕やけだんだんを降りたところにある「一寸亭」さんです。

住所:  東京都台東区谷中3-11-7
電話:03-3823-7990
定休日:火曜日

IMG_6110
お店の外観です。

IMG_6111
メニューです。

今日のオーダー
私は「キクラゲ玉子肉炒め定食」@1,180円
奥様は「モヤシソバ」@800円
二人でシェアした
「焼餃子」@530円
「豚もつ煮」@450円です。

IMG_6112
待つこと16分で「豚もつ煮」の到着です。
この「豚もつ煮」の味わい最高です。
柔らかくてもつに癖がありません。
これだけたおやかなもつ煮を作れるところってないと思います。

IMG_6113
待つこと17分で「焼餃子」の到着です。
これは皮美味し、餡美味しです。
王道の味です。

IMG_6114
待つこと19分で「モヤシソバ」の到着です。
見てください、餡がツヤツヤと光っていますね。
これは餡よしスープよし麺よし具の野モヤシよしのグランドスラムです。
美味しいです。

IMG_6118

IMG_6116
待つこと21分で「キクラゲ玉子肉炒め定食」の到着です。
ここの木耳(きくらげ)は最高です。
これだけシャキシャキした木耳は、超高級中華料理店でもお目にかかったことがありません、すごい質感です。
で〜も木耳はあくまでも脇役です、本流は肉と玉子ですが、これがまた木耳によく合うのです。
このような主客転倒は大歓迎であります。
このような料理を至福というのでしょうね。

ということでとても一日で終わらせたものとは思えない弾丸旅行でありました。
奥様はこれに味をしめて、熱海にリゾートホテルの会員権を物色しはじめました。
毎週末は伊豆ですか、それも有りかなと思う今日この頃であります。

それでは(^_-)

伊豆日帰り旅・前編

今日は「伊豆日帰り旅・前編」です。
奥様からの伊豆への旅行の誘(いざな)いがありました。
私達夫婦の旅行は、奥様からのofferに対して私がplanningし、それがfinal decisionされてから行く事がほとんどなのですが、今回は珍しく奥様がplanningしたのです
今回の旅行は「河津桜」の観桜です。
実は奥様「河津桜」の観桜は通算4回もいっており河津周辺は事情通なのでした。
私、実は奥様がそんなにも河津に行っていた事を知らなかったのです。
ちなみに「河津桜」は1月下旬から2月にかけて開花する早咲き桜の事です。
花は桃色ないし淡紅色で、ソメイヨシノよりも桃色が濃くとにかく綺麗だそうです。
ということで画像主体ですが宜しかったらお付き合いください。

#黒船電車です。
IMG_5964

IMG_5965

IMG_5977

IMG_5972

IMG_5978
東京駅から新幹線で向かった私達は、ここ熱海で「黒船電車」に乗り換えました。
「黒船電車」は、リゾート21を下田に来航した黒船に見立てて塗装した全国でも珍い「黒色」の列車です。
平成16年、下田開港150周年を記念して走り始めました。
車内には、黒船の来航を始めとした幕末の歴史や、当時の下田の状況などに関する資料・図版などを展示しております。通常は普通列車として熱海〜伊豆急下田間を運転しているのです。
重ねます、この黒船電車は「普通列車」なのです。
ここで、ちょっと蘊蓄を・・・
幕末に下田を訪れたペリー提督率いる黒船艦隊のことを第一の黒船来航といい、伊豆東海岸に伊豆急線が開通した昭和36年、地元では第二の黒船到来と歓迎されました。
そして、この黒船電車は、まさに第三の黒船なのだ、そうです。
車内は明るくpanorama viewはご機嫌でした。
しか〜し車中は大混雑でした、最初は観光客かと思ったのですが違いました。
普通は「踊り子」号に乗りますものね。
この混雑は伊豆大川の弥勒山に霊友会の施設があり、青年のセミナーをはじめ壮年や活年のつどい等に参加する会員が大挙しての乗車によるものでした。
従いまして、伊豆大川駅で大人数の会員の方が降車されたのでここから座れたのです。

#伊豆今井浜東急リゾートです。
IMG_5981

IMG_5982

IMG_5984

IMG_5985

IMG_5988

IMG_6017

IMG_6013

IMG_5998

IMG_6018
今回の奥様の目玉はこのホテルでした。伊豆屈指のロケーションを誇る「伊豆のハワイ」とも称される今井浜海岸と庭続きのビーチサイドリゾートのホテルです。

IMG_5990

IMG_5994
サーフーインを楽しんでいる方もおられました。

IMG_6021

IMG_6020
マジに気分はハワイですね。
「恋人の聖地」だそうです・・・

まずはlunchです。
今日のお店は伊豆今井浜東急リゾート内レストラン「シャングリ・ラ」さんです。

住所: 静岡県賀茂郡河津町見高今井35-1
電話:0588-32-2850
定休日:無休

IMG_6016
お店の外観です。

IMG_5999
店内の雰囲気です。

menu
メニューです。

今日はバイキングです。
料金は@2,800円です。

それでは実食です。

IMG_6004
右上からチキンのペルシャード,マスターソールそして時計回りでソーセージとジャガイモのソテー,レモンの香り、モッツアレラチーズとサーモントラウトのポワレ,茸入りトマトクリーム、豚ロース肉蒸し焼き,オレンジソースです。

IMG_6005
頂上から時計廻りで、ツナとブナシメジの和風スパゲッティ、ミックスサンドウィッチ、シラスと青葱の炒めご飯、牛肉のシャリアピンステーキ,柚子胡椒ソースです。
味ですか、かなりのレベルです。
特に牛肉のシャリアピンステーキ,柚子胡椒ソースは白眉です。とても美味しいです。
その証左に「売切続出」で後半は補充が間に合わないほどでした。

IMG_6006
私達夫婦の今日一は「蕎麦サラダ」です。
これは過不足ない味わいのドレッシング、うずら豆の香ばしさが蕎麦によく合っています。
この味付けはなかなかですね、すごく美味しいです合格合格合格合格

IMG_6008
名前は失念しましたが小技料理もなかなかです。

IMG_6009
フルーツカクテルです。
これはホテルであれば、定番メニューなので安定感ある味わいです。

IMG_6012
デザートです。
右上から時計回りでガトーショコラ、洋梨のタルト、カスタードプリン、苺のショートケーキ、シュークリーム、抹茶ロールです。デザートは洋梨のタルト以外は平板でした。
かなり残念です。
で〜もこれで@2,800円ですか、東京のホテルですとプラ〜ス@2,000円ですので「コスパ良し」と言わせていただきます、ハイ。

#「河津桜」です。
河津桜
食事を済ませた私達はホテルの送迎バスで河津駅に向かいました。
送迎バスの運転手さんの説明では、満開は三日前だったらしく、すこし盛りはすぎているものの充分堪能できますよ、とのことでした。ちなみに上記画像はneから転載の満開画像です。

「かじやの桜」です。
IMG_6031

IMG_6032

IMG_6034

IMG_6036
伊豆今井浜東急リゾートの送迎バスの運転手さんのお奨めの「かじやの桜」です。
これはすごいですね。

お花見ウォーキングコースです。
IMG_6024

IMG_6026

IMG_6028
街中の桜です。

IMG_6039
コンビニの店員さんの頭も河津桜でした。

菜の花ロードです。
IMG_6047

IMG_6050

IMG_6051

IMG_6061

IMG_6071

ミス伊豆の踊り子さんです。
IMG_6059

IMG_6072
会場には足湯ブースもありました。

河津町の河津桜まつり実行委員会によりますと、閉幕した「第25回河津桜まつり」期間中(2月10日〜3月10日)の人出は80万1330人で、前回の73万4324人を9.1%上回り、2年ぶりに対前年比プラスとなった、そうです。
私達夫婦も多少貢献したのでしょうか?
後半編もありますので楽しみにして下さい・・・

それでは(^_-)

続 大泉学園 ナカタヤ

今日は「野次馬」です。
yjimage
「野次馬」とは自分に関係のないことに、興味本位で騒ぎ立て、見物する人の事をいうそうです。
告白します。私は典型的な「野次馬」人間です。
個人的には好奇心が異常に強いだけなのではと思っているのですが、そういう人を「野次馬」人間というのだよ、と切り返されれば言葉の接ぎ穂(つぎほ)がありません。

行列があれば必ずなんの行列なのかを聞きますし、場合によってはその行列に並びます。
交通事故であれば救急車がくるまで見ています。
近所に火事があれば見にいきます。小さい頃は火事見物にいったのはよかったのですが、燃えているところに行く事ばかりに注意を払いすぎて、帰路がおろそかになり交番に迷子として保護された事もあります。
要は落ち着きがないというか、好奇心のおもむくままに行動する人間なのであります。

ある日録画していました「ガイアの夜明け」の次週の予告をみていましたら以下のナレーションが流れてきたのです。
「昔ながらの個人経営の喫茶店。いわゆる『純喫茶』は、大手カフェチェーンやコンビニのコーヒーなどにおされ、およそ30年前の半分以下にまで減っているという。
実は、「ネスレ日本」はこうした喫茶店を支援するという新たな戦略に乗り出していた。
14種類ものコーヒーを作ることができるマシンを喫茶店に貸し出し、経営支援などもしようというのだ。果たして、ネスレによって昔ながらの『純喫茶」は復活するのだろうか?」

高岡浩三
実は私、ネスレが好きなのです。
正しくはネスレ日本社長である高岡浩三氏が好きなのです。
高岡氏の名著「ゲームのルールを変えろ」は何回も熟読しました。
特に同社の「ネスカフェアンバサダー」の大成功は、視点の切り替えをうまく行った事例として高く評価しています。
ちなみに「ネスカフェアンバサダー」とはアンバサダーになりますと、無料でコーヒーマシンを職場に設置しもらい、その後本格的なコーヒーメニューが楽しめるもので、支払うのはコーヒーの粉代等という荒唐無稽のビジネスモデルなのです。

今回はネスレがフルサポートしてじり貧だった喫茶店を再生させるようです。
これまた録画して見たのです。
2015年2月17日(火曜日)放送の番組タイトルは「ニッポンの"カフェ" 新時代!」という内容でした。これは「ネスカフェアンバサダー」同様のビジネスモデルで「ネスカフェミラノ」というマシンの設置(2百万円相当)、メンテナンス費用を無料で行ってくれます。
今回取り上げられたお店においては、一階のパン売り場のリニューアルも無料で行ってくれるという破格な対応です。なんとも太っ腹の椀飯振舞(おうばんふるまい)であります。
要は「損して得とれ商法」なのですが、ここまでやってしまうのはすごいものです。
やるなネスレであります。
具体的には以下の動画でご確認ください。

この番組を見ていた私と奥様はこのお店に行ってみようということになり出向きました。
ちなみに奥様は「野次馬」ではありません。
しか〜し夫唱婦随なので、このような場合はついてくるのです。

IMG_5900
今回の「ガイアの夜明け」でfeatureされたお店はこちらです。
ちなみにこのお店はパン屋さんではありません、地元で評判のパティスリーさんです。
今日のお店は「ナカタヤ」さんです。

住所: 東京都練馬区大泉学園町7-19-11
電話:03-3924-8102
定休日:無休

IMG_5877
お店の外観です。

IMG_5880

IMG_5884

IMG_5888

IMG_5896
店内の雰囲気です。

IMG_5882

IMG_5881
メニューです。

今日のオーダー
私は「バレンシアケーキセット(珈琲付)」@750円
奥様は「スペシャルショートケーキ(ココア付)」@850円です。

辻口博啓
ここからは「ナカタヤ」さんの蘊蓄です。
この「ナカタヤ」さんは自由が丘「モンサンクレール」の有名パティシェである辻口博啓さんが、若いとき修行したお店です。辻口さんの母親は、大泉のお店のご主人がいい人でね「厨房(ちゅうぼう)の材料でも道具でも、なにを使ってもいいから、修業してりっぱな菓子職人になれ」と言ってくれたらしいです、とこのお店に対して感謝をしておりました。というのが今日まで信じていた話だったのですが、実は違うようです。
辻口博啓さんは石神井公園〜大泉学園の間にあった名店「ら・利す帆ん」にて修行されていて、「ナカタヤ」さんは辻口博啓さんが知り合う前若しくはお付き合いしていた頃の奥様が働いていたお店、というのが正しいようです。

さら〜に今回のネスレの件は、このお店の中田社長の友人がネスレにいて、そこからの提案だったそうです。
そこに「ガイアの夜明け」のproducerが食いつきfeatureするに至ったようです。

さらにさら〜に今回は13分27秒の放映ですが、お店の拘束時間は7日間とか、いかにTVが長時間に亘ってテープを回し、その中で「撮れ高」のよいものだけを選りすぐっているかの証明となりました。

さらにさらにさら〜にTV放映後、ネスレに問合せのあった全国の喫茶店、その数200店ですと、これまたTVの影響力のすごさの証明となりました。
いずれにしてもテレビ東京、ネスレ、ナカタヤさん間でのwin-win-winというtriple winの大団円となったようです。
如何ですか、ここまで調べ上げたのはかなりの野次馬根性でせう・・・

閑話休題おはなしはもどりまして
IMG_5889
ケーキのお味ですが、まずは私の「バレンシアケーキ」です。
ベースの上にオレンジをおきカステラ?パウンドケーキ?でくるみそこにチョコレートコーテイングをしたものです。
見た目gorgeousですし、味もgorgeousでした。
なかなかのケーキです。

IMG_5892
奥様の「スペシャルショートケーキ」は糖度の高い、大ぶりの「とちおとめ」を大量に使用し、甘さ控えめの生クリームで仕上げています。
これは王道の味です。
とても美味しいです。

IMG_5893

IMG_5894
そうそうネスレさんの珈琲とココアは過不足ない味わいです。
所謂優等生的な飲み心地です。
感動はなかったものの美味しかったですよ。

それでは(^_-)


続 浅草 あさひ

今日は「熊の話」です。
言語は、誕生した遠い過去から現在に至るまでの間に、その言葉の担い手である言語共同体によって蓄積・研鑚されてきました。
で〜もそのオリジンは言葉にまつわる諸々の経験に基づくイメージや観念で構成されています。
そもそも言葉は物事そのものではなく、あくまでも物事をあらわす記号(表意文字)です。
だから、私達は言葉を読みとったり、聞きとったりするときに、意識のほうは、その言葉が表そうとする概念やイメージを喚起すようになっているのです。そしてその喚起されるイメージが習慣化し固着するのです。

熊
今日は熊の話です。
熊ってテディベアとかくまのプーさんとか、とにかく熊さんは「可愛いもの、温和なもの」と変に可愛がられていますよね。要は「熊=可愛い」というイメージが醸成されています。
実際この画像をみても可愛らしいですよね。
これが一般的な熊のイメージです。

熊が可愛いのは、擬人化しやすいからでしょう。まず、二本足で立つことができます。これは、ぬいぐるみにするとき、人形のように作ることができます。
これがライオンとかウマとかだと、テディベア風には作れません。
それから、頭の比率が大きいとか 目の位置が比較的下にあるとか、これは人間が「子供」を認識するときのシグナルだそうで、そういうものを見ると人間には「かわいい」という感情がわき起こるようです。

私は札幌に7年いましたので、熊の怖さは肌身にしみています。
ちなみに私達が山歩きする時はリュックに熊よけの大量の鈴を付けていきました。
これは北海道の常識です。
それだけ熊は恐れられていたのです。

熊の運動神経は抜群によいのです。
例えば熊の走るスピードはオリンピックの100m走のアスリートなみですので、走って逃げきるのは到底に無理なのです。木登りもうまいので、木に登って逃げるのも危険ですし、泳ぎもうまいので川に逃げても危険です。要は山中でまともに熊に遭遇しましたら助からないのです。死んだフリなんかしていたら一撃でアウトというのは、すでに立証済みです。
そこで道産子達が私達に丸秘で教えてくれた退避方法があります。
熊は手が短いので坂道を降りるのは苦手だそうです。
そこで熊に遭遇したら、急な坂道を探します。
人間の逃げるスピードが早ければ早いほど熊はあわてますので坂道を転がり落ちるのだそうです。
転がったらチャンスです。その隙に一気呵成、脇目もふらずにひたすら全力で走りきる事だそうです。
個人的には山の中では、そうそうそのような都合の良い急な坂道はないと思います。
要は一つの都市伝説でしょう(笑)
以下の動画は熊の運動神経の良さを表しています。
あらためてその凄さを確認ください。


さら〜に熊との遭遇のリアルな動画を紹介します。
これを見ていただければ、私の申している怖さが体感できると思います。
尚せっかちな方は3分10秒位からご覧ください。



IMG_5917

IMG_5919
今日は浅草に出没です。
たまには浅草で夕飯でも食べるかとお邪魔したのがこのお店です。
今日のお店は「あさひラーメン」さんです。

住所: 東京都台東区浅草3-33-6
電話番号:03-3874-4511
定休日:月曜日

IMG_5921
お店の外観です。

IMG_5923
店内の雰囲気です。

IMG_5922
メニューです。

IMG_5926

IMG_5928
今日のオーダー「中華丼」@800円です。
待つこと6分で着丼です。
盛付のきれいな中華丼ですね。
生まれてこのかたこのようなチャーシューが載った中華丼で美味しいものに出会ったことがありません。
私の不幸伝説は今日幕を閉じるのでしょうか・・・

それでは実食です。
餡のトロミが甘酢っぱいですね。
玉子とチャーシューが際立ちすぎて餡にからまった野菜が負けています。
ちょっとこれは私の口にあいません。
これは美味しい不味いの問題ではなく好みの問題です。
個人的にはサンマ―麺の餡のような風合いが好みだったのです。
こんな日もあります。

それでは(^_-)



西台 餃子の王将

今日は「my spouse」です。
12[1]
愛とは相手から無料で利益を引き出すのに、相手が対価以上のものをこちらから獲得したと思わせる呪文の一種である。ただ〜し、呪文を唱える当人が錯覚し、自分の方が損していると思い込む場合もある。
無償の愛などとわざわざ定語をつけることがあるように、本来は有償と考えられる。
「悪魔と魔女の辞典」より転載

奥様
今日は奥様の話です。
この画像は一応プロの実写画です。
ご尊顔はこの画像に近いと思いますが、ここまで若くはありません。
そう言いながら、実年齢より下に見られる事が多いようです。
若い頃は、由紀さおりさんに似ているといわれていました。
奥様の名誉のために付け加えますと、似ていたのは最近のコロコロ太りの由紀さおりさんではありませんから。

お酒は強くありません。
現在はさらに弱くなってワイン二杯で二日酔いになります。

カラオケは得意ではありません。
あえて音程通りに歌わない特技を持っています。
ちなみにこの特技は次男も持っています。

性格は真面目で頑張り屋です。
向上心というか向学心が強いみたいです。
たとえば、友人と香港にいくので中国語はしゃべれた方よいな、と思います。
そうしますと一目散に中国語の本を求めにいくのですが、なぜかそれだけで終了してしまうのです。
もしかしましたら単なるカルチャーブックの収集家なのかもしれません。

超能力があります。
自由自在に雨を降らすことができます。
とくに皆でお出かけするときに、この超能力が高確率で発揮されます。
奥様が嫁いで来ましてから、我家のハレの日は、なぜか空が泣きます。
ちなみにハネムーンで行った、常夏の楽天地ハワイでも見事に雨を降らせました。
しかもオアフ島観光をする日にです。
ガイドさんは、雨が落ちることはないのに、としきりにツアー客に謝っていましたが、奥様をツアーメンバーから外しさえすれば雨は降ることがなかったと思います・・・

料理にコダワリがあります。
私の大好きなハスの天麩羅とお赤飯はどんなに懇願しても作ってくれません。
希望とは絶望を味わうための必需品という考えのようです。

控えめです。謙遜とは自慢したいことを、他人いわせる一つの手段だとは、思ってはいないのでしょうが、そのような意図的な誘導を感じる時があります。

IMG_5930
このcupsは子供たちの「結婚記念日」のpresentです。
実は今日は私達の「結婚記念日」でした。
私は人生の67%を奥様と一緒に暮らしています。
今となっては亡き父母と共にした時間をおおいに凌駕しています。
これからも座布団夫(尻に敷かれる)と言われても気にせず、この緊張感溢れる関係を維持しながら、恙無く暮らしていこうと思う今日この頃であります。


心が洗われます・・・
<


IMG_5939
今日は西台に出没です。
この西台駅周辺には飲食店がありませんね。
このような時は「安牌」なお店に行く事が鉄則ですよね。
今日のお店は「餃子の王将」西台駅前店さんです。

住所: 東京都板橋区蓮根3-9-6 サンビスタ西台プラザ1F
電話:03-3969-6265
定休日:無休

IMG_5946
お店の外観です。

IMG_5944
店内の雰囲気です。

IMG_5941
メニューです。

IMG_5942
今日のオーダー「極王天津飯」@680円です。
待つこと5分で着丼です。
な何ですか、玉子が光っていますね。

IMG_5943
それでは実食です。
餡のトロミがよいですね。玉子がふわふわと揺れています。
その中に抱かれるように、顔をのぞかせるのは海老です。
これは美味しいです。
コスパ良しですし加えて早いです。
Quick lunchにはうってつけのお店ですね・・・

それでは(^_-)


人形町 きらく

今日は「恩師列伝」です。
私の小中学校の時の恩師の話です。
宜しかったらお付き合いください。

#宮下先生
王選手
巨人軍の元王監督は中学時代の成績はとてもよくて地元で一番東大合格率の高いとされていた都立高校にいこうと考えていたのです。
しか〜し安全性を考えて地元で二番目に良いとされていた高校を受けたのです。
なぜか落ちてしまいました。しかもその高校には自分より成績の悪い友人が受かっていたので王監督はかなりショックを受けていたとの事です。
王監督は正式合格にならなかったものの補欠一番だったので、もし試験当日、合格レベルの受験者が一人でも風邪かなにかで未受験だったら王監督はその都立高校に入り、早実には行かなかったのですね。
そういう意味では世界の「王」が誕生したというのは偶然の産物だったというのが私達下町での都市伝説です。

実は私は王監督の中学校の後輩であります。
私の中学の音楽に宮下先生という方がおられました。
この先生が怒るときによく言われていた言葉があります。
それは「俺の右手を見ろ」です。
私達がその言葉を言われたら「何ですか、皺の多い手ですね」と言うのがお約束です。
すると「ふざけるな、もっとよく見ろ」と言われますので、指先がチョークの粉で汚れているので「指先がチョークの粉で汚れています」と言います。
そこで「お前らの目は節穴だ〜。この手は世界の王を張り倒した右手だ」と大きく見得を切るのです。
さらに「王はこの手で張り倒すと、はるかかなたまでふっ飛んでいったんだ」と言われて締めるのですが、なんで音楽の時間でそこまで怒られる事になるのだろうか、ということですが、いずれにしてもこれは先生が「俺の右手を見ろ」と言われた時の決められたお約束ですので、ハイ。

アインシュタイン
今このように思いだしますと、かなり迫力のあった音楽の先生でした。
実際に体罰もありました。私も授業中に縦笛でチャンバラしていたのが見つかって二三回張り飛ばされました。
ちなみにベートーベンを意識したのか髪型は同じでしたが風貌はアインシュタインにそっくりでした。
もうこのような先生は現れないでしょう(笑)

#磐田先生
ネコ
私の小学校5〜6年の時の担任の先生です。
激情家です。たまに自分の琴線にふれる話をしますと、その言葉に酔って涕涙されていました。
ちなみにお酒にも酔うみたいで不定期に二日酔いで遅刻していました。
そのような時は自習になるのでみんな喜んでいました。
たまに根性で出てくる時もありましたが、根性では調子が戻らず教壇で寝ていました。このような時も自習でした。
と書いていますと、かなりいい加減な先生の様に思われるでしょうが、その実態は熱血先生です。
私は磐田先生が大好きでした。

年に一回、磐田先生の家庭訪問があります。
この時は下町が大騒ぎになります。
私達の親も磐田先生の酒好きは知っていますので、先生がお見えになりますと、今日はお熱いですから、まぁどうぞ、という事になります。ここで断れば良い先生なのですが、親御さんの折角のおすすめをお断りするのも失礼ですので、本当に一献だけですよ、と始まって下町の空は徐々に真っ赤に染まっていくのでした。
正しくは先生の顔ですがね・・・
下町ですから、A男君の家でご酒を頂いたなら、私の家のご酒を頂いてもらいませんと、恥ずかしくて表通りは歩けません、てな事で第二ラウンドの幕は切って落とされるのです。
これが無限極楽みたいに続くわけですから、6軒目当りから酔歩蹣跚状態となります。
次の家に這っていくわけにもいきませんので、先生を移動させるリヤカーなどが出動するなど、まさに我が下町は酒池王城と化すのです。
最後の方は私達生徒がグダグダの先生を乗せたリヤカーを、ワッショイワッショイと言いながら神輿渡行の様に駅まで送っていくのでした。
このように書いていてとても楽しかった気持ちがよみがえってきます。
とても人間味あふれる先生でした。
このような大騒ぎができたのは下町だからでしょうね。
ちなみにその後の磐田先生ですが、とある中学校の校長を勤め、最後は教育委員会の要職にまで登りつめられたとのことです。
「芸は身を助ける」ではなく「酒は身を助ける」の一席でありました。
お後がよろしいようで・・・


Unreal Body Strength



IMG_5957

IMG_5959
今日はくれなずむ人形町に出没です。
ちょっと遅い昼食を食べようと思案していたら、この看板が目に飛び込んできました。
な何と30年ぶりの再訪です。
今日のお店は「キラク」さんです。

住所: 東京都中央区日本橋人形町2-6-6
電話:03-3666-6555
定休日:日曜・第2第3月曜(祝日の場合は営業)

IMG_5960

IMG_5950
お店の外観です。

IMG_5951
店内の雰囲気です。

IMG_5952
メニューです。

今日のオーダー「ポークソテー(ライス付)」@2,000円です。
たしか30年前、NHKの「きょうの料理」?かなにかで先代がfeatureされた時に「ポークソテー」を紹介していて、その匠の技にしびれ、早速に食べにいきましたら椅子から体が浮き上がるほど美味しくて大感動した思い出があります。
以来我家のポークソテーは「きらく」さんの味付けになりました。
亡き母もこのお店の「ポークソテー」は大のお気に入りです。
そうそう実は私も「ポークソテー」は大好きなのです。
今気がつきました。これって遺伝だったのですね。

IMG_5953

IMG_5956

IMG_5955
待つこと9分で30年ぶりの「ポークソテー」が到着です。
あれっ200gの豚肉なのですがずいぶん縮んでいますね。
肉の下ごしらえ(筋切等)が雑なのか焼き方がお上手なのでしょう・・・
そう申してみますと、何か今のコックさん先代に比べますと仕事が早いといえば宜しいのでしょうが何かはしょっているようにも思えました。
フランべしたのは驚きましたが、なにかが違います。

気を取り直して実食です。
肉が硬いです。
先代の頃は柔らかくて、先代にそれを誉めますと、ギリギリまで熟成させているからさ、と豪語していました。
にんにく・バター・醤油ソースの味はほぼほぼ同じでしたがそれでも微妙に違います。
私のベロメーターの感度が鈍くなったのか、コックさんの腕が落ちたのか何れかでしょう。
帰り際に、ホールの責任者の女性に、先代の娘さんですか、と聞けば、私が正真正銘の二代目です、と答えたので、ここでも違和感を覚えました。
帰宅してブログアップするので周辺情報をcheckしましたら、娘三姉妹の中で遺産相続の内紛があり、以前キラクさんにいたメンバー(長女・次女)は、2008年10月、同じく人形町の甘酒横丁の1本裏に入った路地に「ビーフかつれつ そときち」という店をオープンしたのだそうですね。
いずれにしてもこれで@2,000円は「コスパ悪し」と言わせていただきます。
先代の味は「ビーフかつれつ そときち」で引き継がれているようです。
今度そちらに行ってみましょう、キッパリ。

それでは(^_-)



茅場町 アンデルセン

今日は「netで見つけた面白画像」です。
今日のフリネタは「netで見つけた面白画像」です。
宜しかったらお付き合いください。

#気がつかいないのかな?
pis
肩車されている子供もグショグショでして気持ち悪いのでは・・・

#STOP
stop
非現実性の現実です。まぁ日本ではありえないでしょう(笑)

#うざい!
うざい
どこのセブンさんでしょうか?

#食べにくいですよね・・・
お汁粉
お餅でベイマックスを作ったのですか。お上手ですよね!

#見たような人がいますね・・・
クリソツ
マジくりそつじゃないですか(笑)

#サンタがたくサンタ・・・
サンタだ!
かなりの迫力です。


Amazing Latin Dance!



IMG_5874
今日は茅場町に出没です。

IMG_5876

IMG_5875
キッチュな居酒屋の看板に口がパックりと開いたままでした。
しか〜しサービスの悪さをウリにするとはまじにクリビツです。

IMG_5863
さら〜に只今時計は15時前です。
実はま〜だお昼をたべていません。
しか〜も茅場町ってお行儀の良い街でして、食べるところはいずこもこの時間帯は「準備中」です。
どうしませう・・・と悩んでいましたらこの光景が目に飛び込んできました。
間違いなくどこかで見たはず、とつぶやきながら気がついたら入店していました。

ということで今日のお店は「アンデルセン」さんです。

住所: 東京都中央区日本橋茅場町3-4-6
電話:03-3669-0886
定休日:日曜日、祝日

モヤサマ

IMG_5870

IMG_5871

IMG_5872
私が見た光景というのは2014年7月13日「モヤモヤさまぁ〜ず2」月島・豊洲編で見た「撮れ高OK」のシーンを撮った喫茶店だったのです。
しか〜しよくこのお店「アンデルセン」を覚えていたものです。
お店の方の狩野アナの評価はかなり高いものでした、ハイ。

IMG_5873
ということでお店の外観です。

IMG_5860
店内の雰囲気です。
しか〜し真紅のふわふわのソファは完璧に夜の蝶が舞い降りる場所です。

IMG_5859
メニューです。

IMG_5864

IMG_5869
今日のオーダー「ナポリうどん(スープ・サラダ・珈琲付)」800円です。
待つこと6分「ナポリうどん」の到着です。
赤々とケチャップ色に彩られたナポリタン風味のうどん、その実態はナポリタンです。
具はウィンナにタマネギにピーマンとシンプルです。

IMG_5865

IMG_5867
それでは実食です。
早速にパルメザンチーズで冠雪状態にしました。
よく炒められたナポうどんはシャツに飛びにくい系です。
味ですか濃厚ですがチープです。
以外に昔のウィンナが存在感をしめしています。
夢中で食べていましたらうどんである事を忘れていました。
やはりこれはナポリタンでしょう。

それでは(^_-)

神田 神田雲林

今日は「お若く見えますね」です。
jef
私はこの方のpodcastを毎日聞いています。
Podcastの内容からハゲで中年太りのお調子者のオジサンという風に想像していたのですがだいぶイメージが違っていました。かなり格好よいですよね。

私の会社の派遣の女性の声は声優の様にきれいです。昔風にいえば鶯のような声の持ち主です。
社内ではあまり感じてはいなかったのですが、外から会社に電話をかけると、電話越から聞こえるその声は、まさに憂いを秘めた不倫ドラマの女優さんと話しているような感じになりpetit幸せです。声の要素は大きいですよね。

声質意外にも滑舌が良くなれば、ハキハキ感が生まれ、相手に明るく社交的な印象を与えることになるようです。
滑舌が悪い方の共通点として、特にサ行、タ行、濁音全般で不鮮明になるということが多いみたいです。
濁音は、滑舌が良い方と比べ、全体的に弱い事が多いようです。
また、しゃべりがモゴモゴしてしまう方の特徴として、口の開け方が小さい方が多いいようです。
口を開くことを開口(かいこう)と言いますが、滑舌が悪い方は、開口を意識するだけでもだいぶ変わります。
滑舌の悪いと思われている方はこの点を気になさるだけでもだいぶ違うと思います。

よくクラス会で旧友と会った時に先ほどのpodcastのhostの様におつむりが激変していますと、なかなか誰なのかわかりません。
しか〜し一度(ひとたび)話しをしてみますと声は変わっていないので、話しているうちにその旧友の頭に昔有った髪の毛をのせてみさえすれば、ほぼほぼ思いだすことはクラス会ではよくあるシーンです。
私は顔も声も頭の毛も高校生の頃とほとんど変わってないのでそのようなサプライズを相手に与えることはほとんどありません。
言い換えれば若いままなのです、年をとらないのです。

ところで声が変わっていないと書きましたが、声は声で経年により、声を出す筋肉である声帯も、年をとるにつれて萎縮し、伸びなくなってくるのです。
その結果、老けた声しか出せなくなってしまうそうです。
声帯が伸びなくなると、高い音が出にくくなります。
恐ろしいことに女性の場合は、声から女性らしさが失われ、まるでおじさんのような声になってしまうそうです。
男性の場合は声が小さくなり、張りのない、はきはきした感じが失われた声になるそうです。
声帯も鍛えなければ他の筋肉同様に衰えます。
これも放置していると声の老化は防げないようです。

我が国日本は、諸外国に比べても「若い」ということに価値を置く国だと思います。
歳をとって成熟した魅力よりも、新鮮で初々しく未熟なものが好まれます。
だからこそ私達は、いくつになっても、若い外見を保つための努力をしなければならないのです。
日本人が若さに価値をおく理由、それは加齢に対する最大の礼儀からでしょう。
換言すればそれは人生のゴールが見え始めた人に対して「お若く見えますね」という言葉は「死ないでほしい」という意味を言外に含んでいるからなのです。
だから「お若く見えますね」という言葉には「あなたは若さとともにある」ということで、「若さ」はやはり時間をふくらませる大きなfactorであると言えるのでしょう・・・

It matters not how a man dies, but how he lives.
どのように死ぬかではなく、どのように生きるかが重要なのだ。
James Boswell(ジェイムズ・ボズウェル)


何と申せばよいのでしょうか・・・



IMG_5854
今日は神田に出没です。今日は午前中の打合せが早く終わったので行列の中華料理屋さんに参りました。
今日のお店は「神田雲林(カンダユンリン)」さんです。

IMG_5843
11時20分に着きましたので一番札をとりました。

住所: 東京都千代田区神田須田町1-17 第2F&Fロイヤルビル2F
電話:03-3252-3226
定休日:日曜日 (貸切宴会等のご予約は承ります。)

IMG_5842

IMG_5853
お店の外観です。

IMG_5845
店内の雰囲気です。しか〜しすごい人気ですね。
開店10分後店内は満席で、はや行列ができていました。

IMG_5846
メニューです。

IMG_5847
今日のオーダー新メニュー「四川麻婆豆腐“激辛”ランチセット」1,050円です。
待つこと10分で着膳です。
見た目辛そう麻婆です。

IMG_5848

IMG_5849
麻婆豆腐から立ち込める香気は花椒(ホワジャオ)と胡麻の香りです。
見た感じ赤い辣油が面積をかせいでおり咽喉にくる辛さみたいですね。
それでは満を持して実食です。
辛い、かなり辛いです。
豆腐は木綿豆腐ですか。
味ですか麻辣が強すぎてよくわかりません。

IMG_5851
食後これだけの唐辛子が出現しました。
ちょっとtoo manyではないでしょうか。
どうやら過度の期待をしすぎたようですね。
隣のサラリーマンが頂いていた炒飯がかなりのレベルでした。
次回はこれにしましょう・・・

それでは(^_-)

続 石神井公園 辰巳軒

今日は「いんきん物語」です。
思春期でなりたくない病気に「いんきん」があります。
私にとって「いんきん」は中学、高校と剣道をやっていましたので宿命病でありました。
いつ発病するかはそれこそ「神のみぞ知る世界」でありまして、剣道部の中では、一人発病し、二人発病して徐々にその病は音もなく蔓延していくのでした。
どうしても発病しないtoughなフクロを持っている輩は、強烈な菌をもっているやつが自らの患部を自らの手でぐりぐりと触り、非感染者の部員に移していましたのでならない奴はいなかったのです。
なにか「アンネの日記」を彷彿させますね。違うか・・・

金閣寺
私もそのような部にいましたので当然の通過儀礼として2年生の時に罹患しました。
さすがにお年頃なので医者に行きその患部を見せるのはとてもとても恥ずかしく、当初はタムシチンキなど塗ってしのいでいたのですが、そのうち患部が悪化してきてとうとうジドジトする膿がでてくるようになってきたのです。
そのような状態ですので布団に入って身体が温まると患部が痒くて眠れません。
掻けば瞬間は気持ちいいのですが、その後は痛くて眠れないという、まさに無間地獄に陥っていたのです。
ある日妙案を思いつきました。夜中に患部を掻くので悪化するのであれば、掻かないような対処策を講じればいいのではないかという事になり、両手に軍手をはめ、その上から手から軍手が外れないようにガムテープでグルグル巻きにして寝たのです。
次の日朝起きると、頑丈にテーピングした軍手が外されているではありませんか、早速母親に、誰が僕の軍手外したの、余計なことしないでよ!と怒って言いますと、母親は、朝からバカなことをいうのじゃありません。誰があなたの軍手なんぞ外すものですか、と一笑に付されたのです。
私はこの事実を目の当りにして愕然となりました。
素人療法をこのまま続けていると、まだ結婚もしていないのに陰部が腐って朽ちてしまう。
このままでは駄目だ、と思った私は、意を決し地元では名医と呼ばれていた皮膚科の門を叩いたのです。
正直にいえばすぐにでもこの皮膚科に行きたかったのですが、この皮膚科の先生は女医でしたので、恥ずかしくて二の足を踏んでいた、というのが本当のところなのです。
診察室に呼ばれてしぶしぶと患部を見せましたら、先生はいきなり笑いだし、良くここまで我慢したわね、と言われたのです。
さら〜に、激しい運動のためにひどい「いんきん」になり、患部を見せるのが恥ずかしく、我慢に我慢を重ねてきたのだけれど、最後はどうにもならなくなり、いやいやここに来た学生は巨万(ごまん)といたけれど、ここまでひどいのはいなかったわよ。
お見事、やせ我慢将軍、金隠し(金閣寺)、とまでいわれたのでした。
これを正しく言うのであれば、金閣寺開祖・室町幕府3代将軍足利義満、と言うべきところであります。
女医先生は、歴史に関して不見識の様です、キッパリ。
結局薬局放送局で完治するまで半年かかかったのです。

それから 幾星霜、今では剣道の替わりにマラソンをしますので、3年に一回位の割合で軽度の「いんきん」になります。その時には日本皮膚科の中でも「いんきん」の権威の先生が処方された一子相伝の秘薬を持っていますので、それを塗れば二三日で治るのです。
今月マラソンクラブの記録会に出走した後、ひさびさに軽度の「いんきん」になりました。
例によって秘伝の軟膏を患部に塗りましたが、今回は治りません。
おまけに痛みと熱も加わってきました。
どうしたのでしょう、今回は秘伝の軟膏も効果をあらわすのではなくて、逆に痛みが徐々に増してきました。
勿論いかがわしい事など無縁でありますので、理由が皆目見当もつきません。
仕事も忙しい為、二週間ほどその痛みを我慢しましたが、本日土曜日でもあり、数年ぶりに地元で有名な皮膚科に行って受診したのです。
ちなみに一子相伝の秘薬を処方する先生の病院は「土曜日は休院」ですので、地元の皮膚科に行ったのでした。
診察室に行って、先生の指示通りに患部をみせますと、LEDのペンシルライトで患部を照らして確認するなり、▲▲さん、なんですぐにこなかったのですか。手遅れです、といきなり怒り始めたのです。
私は驚いて、先生、いわゆる「いんきん」でしょう。緊急性が無いと思ったのでこなかったのです、と言いましたら
先生は、誰が「いんきん」っていったのですか!
あなたの症状は帯状疱疹(ヘルペス)です。帯状疱疹はすぐに治療を始める事と安静にすることが大事なのです、とさら〜に怒られたのでした。
しか〜し帯状疱疹(ヘルペス)って、顔や胸などにできるもので、フクロにできるものではないと思っていましたので、その旨を先生に言いますと、この病気は体力やウィルスに対する抵抗力が落ちた時に、神経を通って皮膚にでてくるものなのです。したがいまして皮膚であればどこでもこの疱疹はでてきます。実際のあなたの症状も皮膚の上でしょう、ときっぱりと言われましたが、で〜もねであります・・・

政府は、50歳以上人は帯状疱疹の予防の目的で、水痘ワクチンを一回接種することを勧めています。
予防接種は水痘や帯状疱疹の既往の有無によらず全ての50歳以上人を対象としています。これは50歳以上の帯状疱疹は症状が重篤になり、神経通が残りやすいためだそうです。目にでましたらかなりやっかいですよ。
注意喚起申しあげます。ハイ、


Best Fails of the Week 2 February 2015



壇ふみ邸
今日は小糠雨降る石神井公園に出没です。
石神井公園にある壇ふみ先輩のお宅は、道路拡張計画で立ち退かなければならないのに、高齢のお母様が石神井から出たくない、とのことで退去拒否しているようですね・・・
勿論あくまでも揣摩臆測の範疇であります。

IMG_5752

IMG_5767
今日のお店は、お父様・壇一雄(壇ふみ先輩の父上)宅に身を寄せていたお父様の友人の坂口安吾(無頼派作家の一人)さんの悪ふざけで約50人前ものライスカレーの出前を壇一雄宅に届けたというお店です。
今日のお店は「辰巳軒」さんです。

住所: 東京都練馬区石神井町3-17-20
電話:03-3996-0425
定休日: 木曜日

IMG_5753
お店の外観です。

IMG_5763

IMG_5758

IMG_5764
店内の雰囲気です

IMG_5755

IMG_5765
メニューです。

今日のオーダー「ポークソティー(並)+ご飯・スープ」@1,100+@200=1,300円です。
待つこと14分で「ポークソティー(並)+ご飯・スープ」の到着です。
見た目、洋食サンプルの様な輝きです。

IMG_5759
それでは実食です。
どうみたってvolumy(和製英語)です。
どこからいただきましょうか(笑)

IMG_5760
まずはポークソティーからです。
肉は意外に硬めですが、ウスターソースとケチャップの古典的こってりソースがうまくアシストしています。
トロリとした密度の濃い香気が口内に立ち込めます。
イケますね。昭和のポークソティーです。

IMG_5761
白眉はシャキッとした野菜が美味しいです。
トマトは表皮をピーリングという小技を利かせています。
満足です。
セレブの街石神井公園に下町洋食の息吹が現存していることに大感激です。
満足の一品でした。

それでは(^_-)


飯田橋 ティーヌン

今日は「Bar見聞録」です。
異業種交流会で仲良くなった伊集院さんからmailで、たまには飲みに行きますか、というお誘いがありました。
たまさかscheduleが合った事よりお付き合いする事にしました。
伊集院さんはwhiskey通でかなりの数の稀覯酒(手に入りにくいお酒)をcollectionしており、その蘊蓄はなかなかのものです。私のお気に入りの洋食屋で近況をまじえた雑談をし、その後タクシーで伊集院さんが一押しするbarにいきました。場所はとある下町のbarでまさに「雛にも稀」という風情のお店です。

京や
このbarは一昨年オープンしたお店で、20年間銀座の名店を渡り歩いたマスターが作るカクテルは、銀座で飲み慣れた地元のセレブマンションの住民を日々喜ばせているそうです。ちなみにマスターは浅草っ子でした。
歳はまだ42歳なのですが、このお店のマスターは偏屈というか狷介固陋というか狷介孤高(自分の意志をかたくなに守って、他と協調しない)の人なのです。
例えば、一見さんから「何かお勧めのwhiskeyは」とか「何かお勧めのcocktailは」聞かれると「初めての人にお勧めなんて言われてもわかりませんよ」と答えていると言われていました。
理由は「今日はおめでたい予定があるのですけれど、突然の雨になっちゃって、用意していた服は晴れ用です。そこで、今日の雨に似合うような服はありませんか、と一度も行ったことがない洋服屋さんに行って尋ねる様なものです。普通は答えられませんよね。もし答えられたとするならば、それはある意味その答えは正しくはありませんよね」と莞爾していわれていました。
仰っていることは正論です。
しか〜しそれはサービスの対価を戴いているお客にいうべき言葉ではありません。
お金を頂いていなければそれもありなのでしょうが・・・

閑話休題おはなしはもどりまして
Whiskeyは香りが分らなくなるので食事を取りながら飲むのはあまり宜しくないそうです。
従いましてストレートで飲みます。勿論whiskeyを嗜んだ後のチェイサーは、重厚な舌触りや圧倒的な香気に覆い包まれた口内に水が入ることで、清涼感を際立たせ、香味の余韻を増幅させるので宜しいのだそうです。
要は香りが損なう恐れがあるので水は入れないで飲む事がwhiskeyの基本的な飲み方です。
ところが日本では加水し且食事をとりながら飲むという世界標準からしますと邪道の飲み方が一般的です。
しか〜しその事が沢山のtry and errorを生み、結果として現在のJapanese whiskeyはScotch whiskey、Irish whiskey、American whiskey、Canadian whiskeyから首一つ抜けたtop brandになったのです。

麦を発芽(malt)させ発芽後に乾燥焙煎します。発芽の目的は澱粉の異性化、酵素の生産などの酵素を造り出す事によって醸造の過程で澱粉を糖に変換することができるからです。
乾燥の目的は発芽を止めるためと、貯蔵目的です。乾燥するためには、ピート(泥炭)を燃やし、その熱と香りで麦芽を燻します。そしてこの過程で技術を選び、磨き、根付かせることができた時、その香りがwhiskeyの個性となるのです。whiskeyは香りが命なのです。
付け加えますとwhiskeyは同じ素材、同じ手順で作ったとしても決して同じ味にはならないそうです。
なかなか難しいのです。その為にブレンダーさんがいるのです。

このお店にはニッカの80年vintage(年代物の逸品)が置いてありますが、これはmiracleなのだそうです。
よく巷間で言われている「天使の分け前(Angel's share)」は熟成中に水分・アルコール分が蒸発し、最終的な製造量が目減りすることなのですが、その減衰率は2〜3%/年なのです。かりに3%としますと3%×80年=240%ですから、80年経過しますとliquidは蒸発して無くなっているはずなのに、なぜか蒸発せずに残っているのでmiracleと言われている所以なのだそうです。
余談ですが「天使の分け前」が減る分に何が残るかと申せば樫樽からにじみ出てくる香りと味を豊かにする草や木の香りの成分(エラブ酸・バリニシ酸等)なのだそうです。だからvintageは極上の味になるのです。

このような蘊蓄を肴に2時間ほどこのbarにいました。
私は現在停酒中なのでドライジンジャエールでお付き合いしていました。
この間に伊集院さんの好きなスモーキーフレバーの強いwhiskeyの香りも楽しんでいました。
個人的にこのようなauthenticなbarは、価格が高くてfull bottleで買えないとか、新たなcollectionをする前の試飲とかをするところなのでしょうね。若しくはたまには路線を替えて飲んでみるかとか、なにやら稀覯本の収集家のサロン的な場所なのでしょう。
要はあまり余計な事は言わずにお酒と向き合う場所なのでしょう。
ちなみに私は一滴もwhiskeyは飲んでいませんが、独特のスモーキーフレバーにやられて次の日は疑似二日酔いでした。夕方まで頭痛がしていました。
まさか香りで酔うとは初体験でもあり驚きでもありました。
こんな日もあります・・・


怖いのかな・・・



IMG_5811

IMG_5812
今日は土砂降りの飯田橋に出没です。
たまにはタイ料理でもタイりょうに食べるかと洒落てみました。
今日のお店は「ティーヌン」さんです。

住所: 東京都新宿区神楽河岸1-1 飯田橋セントラルプラザ ラムラ1F
電話:03-5225-2882
定休日:無休

IMG_5813

IMG_5828
お店の外観です。

IMG_5817

IMG_5825

IMG_5826
店内の雰囲気です

IMG_5815
メニューです。

IMG_5818
今日のオーダー「カパオ&グリーンカレー」926円です。
待つこと2分で着膳です。
タイだけに早いたいであります。

IMG_5819

IMG_5820

IMG_5821

IMG_5822
見た目普通の「カパオ&グリーンカレー」です。
まずは玉子です。私の好きな半熟加減になっています。
鶏挽肉のスパイシーバジルの炒めのせご飯は平板の味付けで特筆するものはありません。
グリーンカレーは辛さ控え目で日本人好みの味付けになっていますがこれまた特筆するものはありません。
う〜ん、早さ含めてのコスパ良しのお店ですか。
店員さんも日本人ですからもしかしましたら大企業のチェーン店さんかもしれませんね、ハイ。

それでは(^_-)

藤枝 コメダ珈琲店

今日は「精神の優位性」です。
曳舟
私の地元の近くに「曳舟」という地名があります。
昔は台風が来るとその曳舟にある曳舟川が必ず氾濫して床上浸水となり、まだ下水が完備していなかった曳舟川周辺では糞尿が大量に漂流し、その後疫痢等の伝染病が流行った為に埋め立てられたと聞いておりました。
別名「暴れ川」です。
しか〜しなんで「曳舟川」という名が冠せられたのかは不明でした。
これは私の人生にたいした影響を与えないものですから、気にはなったものの放置していました。
そして本日その理由がわかりました。
「曳舟川」は1652年(万治元年)に、飲料水用の川(上水)として開かれたのです
その後、上水としては利用されなくなり、船を使った運搬路として利用されたそうです。
具体的には、船に綱をつけ、画像のように川の土手から人や牛馬で人を乗せた船を引っ張っていたことから曳舟という名がついたようです。
そのような横着な輸送方法があるとは知りませんでした、ハイ。

夕陽2
私は地元の高校に通っていました。
高校三年間は、化学、体育、数学の先生が担任でした。
それぞれの先生には大変にお世話になりました。
2年の時の体育の先生には卒業後も不定期に先生宅にお邪魔して、近況を話しながら、叱咤激励を受けていました。懐かしくもとてもありがたい思い出です。
しか〜し先生は私が30歳の冬に病気で倒れ、一年半後の5月、GWの日本中が行楽でいそしんでいる時に亡くなられました。
肺癌だったと記憶しています。
亡くなれた日に、私と私の友人達が先生の奥様に呼ばれました。
先生は病気のせいか頑健だったお姿は枯れ枝のような痩身になられていました。
奥様は、先生に私達のお訪(とない)をつげると、目を開けられ、私達を見ると苦しそうな息をととのえながら「死ぬというのは、なかなか苦しいものだよな」と微笑みながらおっしゃいました。
私達は手短にお見舞いを済ませ病室を退き待合室にいました。
そして小一時間したらご家族が病室に呼ばれ、まもなく病室から聞こえてくる嗚咽で先生が天に召されたのがわかりました。先生の死はしばらく私を虚無的な気持ちにしました。
しかしまた、先生が死期の苦痛の中で悠然と見せた精神の優位性は、私のその後の人生の生き方に大いなる力を与えてくれたように思います。

後藤さん
過激派組織「イスラム国」が、ジャーナリスト・後藤健二さんを殺害しました。
その時の後藤さんのお兄様のコメントが心に残っています。
お兄様は、日本政府や日本中、それに世界中で応援していただいた方にお礼をのべ、弟の行動は軽率だったと詫びたあと、慙愧の念に耐えないが、弟の殺害動画を見たと述べていました。本当は見たくもなかったそうですが、兄として弟の最後を見届ける責務があると自らに言いきかせて、最初から最後まで見届けたそうです。
そして弟の毅然として死に着く態度に強くうたれたそうです。
後藤健二さんは年の離れた弟さんのようで、健二さんの小さい頃はよく面倒をみていたそうです。
健二さんの幼い頃の柔らかいほっぺたの感触は今でも手に残っていると書かれていました。
弟のやったことは軽率だったかもしれないが、漢(おとこ)としては立派に死んだと結んでいたのです。
実はこのコメントを読んで恩師の事を思い出したのです。
精神の優位性・・・
自分は保てるのかなと思うのと同時に自分の人生の幕引きはどのように昇華すればいいのだろうかと、自らに語りかけていたのでした。


An Unexpected Briefing



IMG_5800

IMG_5799
今日は静岡県、藤枝に出没です。
今日は新幹線の待ち時間の合間でのquick lunchです。
今日のお店は「コメダ珈琲店」藤枝南店さんです。

住所: 静岡県藤枝市前島1-2-1オーレ藤枝1F
電話:054-636-2020
定休日:無休

IMG_5788
お店の外観です。

IMG_5790
店内の雰囲気です

IMG_5791
メニューです。

IMG_5793
今日のオーダー「ハンバーガー+珈琲」@420+@420=840円です。
待つこと9分で「ハンバーガー+珈琲」の到着です。
名古屋喫茶店お約束のお豆はさすがについていました。
見た目チープですね。
前から有ったのですね(笑)
実はこのお店は何度も入っていたのですが、その当時は当の本人が「コメダ珈琲店」の存在を知らなかったのでした。東京でbreakしたのはつい最近ですものね。

IMG_5794

IMG_5795
それでは実食です。
バンズは美味しかったものの中のハンバーグの感動は、入道雲のように湧き上がってきません。
他人のようなよそよそしい素っ気なさを感じます。
ウ〜ン、どうやら「コメダ珈琲店」を過大評価しすぎたようです。
味ですか行間を読んでください。
駅に近いのが高評価です、以上。

それでは(^_-)

神楽坂 おかむら

今日は「神楽坂逍遥」です。
今日のフリネタは「神楽坂」です。
都内のデートの場所といえば、渋谷?六本木?銀座?赤坂?広尾?まず下町浅草はないでしょう。
特に最近の女子はオヤジ化していろんな所に行っています。
だからこそ、知らない場所につれていってドヤ顔するのが正解パターンでしょう。
一本通りを外れるとそこは大人の小道・・・
神楽坂はそんな街です。
画像主体ですが宜しかったらお付き合いください。

#神楽坂界隈
NHK

IMG_5709

IMG_5711

IMG_5743

IMG_5745

IMG_5744

IMG_5746


#レオニダス神楽坂店
IMG_5742

IMG_5733

IMG_5738

IMG_5734
レオニダスさんは、ベルギーで行われたインターネット投票ではチョコレート部門で3年連続第1位を勝ち取るなど、その人気の高さが際立っているベルギーのチョコレート屋さんです。
今回神楽坂に出没したのもここのチョコレートを求めたかったからです。

IMG_5749

IMG_5750

IMG_5751
私が求めたチョコは
上段が「フラッシュプラリネミルク」です。切り株をデザインしたソフトでシンプルなプラリネ(アーモンド・ナッツの糖衣菓子)です。
中段が人気No.1の「マノンカフェ」です。コーヒーフレバーのフレシッシュクリームにローストしたヘーゼルナッツをトッピングしたチョコです。口どけ柔らかい味わいと豊かな香りが特徴です。
下段が「ノアゼットミルク」です。ヘーゼルナッツを丸ごとのせた風味豊かなプラリネです。
味ですか、美味しいですけれどかなり濃いですね。
私はベルギー人にはなれそうにありません、という事がよくよくわかりました。

#山ちゃん
IMG_6642

IMG_5748
久しぶりに「山ちゃん」の前を通りましたら、店構えが激変していました。このお店は「麻婆豆腐」の隠れた有名店です。当時は息子さんがかなり不健康でして不定期にお店を休まれていました。
お店をrenovateしたということは健康を取り戻したのでしょう。
このお店、かつては不明朗会計が著しいという認識でしたが最近ではどうなのでしょうか。
「麻婆豆腐」の味の確認を含めて今度再訪してみましょう。


IMG_5727
今日はデイナーです。
山の手随一の花街を有する神楽坂ですから凛としたお店をさがしました。
今日のお店はとんかつ「おかむら」さんです。

住所: 東京都新宿区神楽坂3-6-89
電話:03-3235-9196
定休日:土曜日・祝日

IMG_5725

IMG_5715
お店の外観です。

IMG_5719
店内の雰囲気です

IMG_5717
メニューです。

IMG_5720

IMG_5721

IMG_5722
今日のオーダー「ポークソティー定食」@1,730円です。
待つこと17分で「ポークソティー定食」の到着です。
見た目、重厚ですね。

それでは実食です。
肉が柔らかく滋味あふれ美味しいです。
この柔らかさはかなりのものですね。
肉が良いのか熟成の仕方がうまいのか焼き方が匠なのかわかりませんが過不足ない柔らかさは大満足です。
キャベツ美味しであります。
味噌汁に一かけらの柚子が入っており高評価です。
しいて瑕瑾を申せば、和風シャリアピンソースが余計でした。
このソースでいただきますとちょっと味がくどくなりますね。
これだけお肉が美味しいのですから、しょうゆ 、酒 、砂糖 、ニンニク 、バターでの普通の味付けでも充分美味しかったのではないでしょうか。
あくまでもこれは個人的な好みであります。
個人的に好きなポークソティーのソースは人形町「きらく」さんの先代の味付けです。

昭和の香りがむせかえるような店内、外連味(けれんみ)のない接客は凛としています。
さすが神楽坂の洋食屋さんですね。

それでは(^_-)

名古屋 むらやま

今日は「メリトクラシー」です。
筒井淳也
学校での学力の形成を支えている原理はメリトクラシー(能力主義・実力社会)です。
メリトクラシーとは、もともとは、生まれや身分によって地位が決定された前近代社会から個人の業績(メリット)によって地位が決定される近代社会への転換によって広がった原理です。それは、生まれや身分によってではなく能力と業績によって社会的な地位が諸個人に配分されるという、近代的社会編成原理を指す概念として用いられてきました。
しか〜し20世紀以降になると、メリトクラシーは、単なる個人の業績にもとづく地位配分という原理にとどまらず、そのような人材の地位配分を人々が正統なものとして受け入れ、それによって社会に包含されるようになるという、平等化と社会統合の機能を有するものとしても、とらえられるようになったのです。
要は頑張れば必ず報われる、競争の機会は平等に与えられているという事なのです。

しかしながら、このような「がんばればみんなできる」という「能力=平等主義」は、欧米諸国ではすでに1970年代前半にくずれはじめていました。
お茶の水女子大学のチームは2013年全国学力テストでその崩壊を実証しました。
親の年収や学歴を合成した指標(家庭の社会経済的背景=SES)と、子どもの学力との関係はSESが高いほど学力も高い、という一般的傾向だけではないということでした。
例えばSESは最低ですが毎日3時間以上の家庭学習をする子どもがいます。
その一方で学習時間はゼロですがSESは最高という子どもがいます。
双方の学力の平均値を比べてみると、小中学校ともに後者の方が上だったのです。
貧しい家の子はよほど勉強しても金持ちのボンボンに追いつけない、という身も蓋もない現実をこの大規模調査は示しているのです。
ベネッセ教育総合研究所「学力とメリトクラシー」・日本経済新聞「中外時評」より転載 

統計データの解釈について、しばしば指摘される注意事項として「相関関係と因果関係を混同するな」というものがあります。
今回のデータは良く見ていませんが、例えばこのような事例でよく使われる高所得の定義には「夫の所得が高ければ妻が働かなくても生活できるので幼稚園に通わせる」というものと、「共働き(保育園選択)なのでその分家計所得が高い」という両者を考えることができるわけです。まずはここを精査すべきでしょう。
仮に「共働き(家計所得が低い)=幼稚園断念→子育て傾注度低下→子ども学力低下」という連鎖を前提にしているのであれば、共働きと教育熱心がtradeoff(二律背反)にならない対策を作るべきなのです。いずれにしてもwork-life balanceに子どもの学力を含めて、いろいろtradeoffにならない政策を模索すべきなのだと思います。

140928WASEDA1
ところで最近早稲田大学は人気がないですね。
早慶いずれかとその他の大学を併願して合格した場合、95%以上の受験生が早慶を選ぶという圧倒的なブランドです。では早慶にダブル合格したら、慶應と早稲田のどちらに入学するのかと言えば「だいたい8対2で慶應ですね。かつては五分五分、あるいは早稲田有利でしたが、1990年代中頃から、潮目が変わったように感じます」と言っているのは「代々木ゼミナール」入試情報センターの坂口幸世さんです。
早稲田の低迷は広末涼子さんの推薦入学ではじまり、直近の小保方さんの「AO入学」で確定してしまいました。今では、慶応対策に踏み出す東大、さらに存在感高める慶応、ブランド低下に呻吟する早稲田、の様な中吊りキャッチの通り早稲田の弱体化は定着してしまいました。
しか〜し人間の最大の弱点は諦めることにあるといわれています。
ピンチはチャンスです。Never never give up Waseda!

閑話休題おはなしはもどりまして
昔流行った歌で「若者たち」という名曲があります。
君の行く道は 果てしなく遠い♪
だのになぜ 歯をくいしばり
君は行くのか そんなにしてまで♪
若者は厳しい道を歩むのです。
その厳しい道を脇目もふらず挑戦する姿が美しいのです。
私の育った隣の家のご主人は夫婦で小さな「洋品店」を経営していました。
子供心にもあまり裕福なお宅ではないように見えました。
そこに三人兄弟がいました。
長男は東京大学、次男は横浜国大、三男は東京大学といずれも超難関大学に現役合格しています。
私は三男さんに可愛がってもらったのでたまにそのお宅に遊びにいっていました。
ある時、東大って入るのはむずかしいの、勉強が好きなの、ってこましゃくれて聞きますと、勉強が好きな人間なんかいないよ。苦労して育ててくれた両親に恩返したいだけだよ、って莞爾として笑っていました。
裕福でなくても蛍雪根性さえあれば東大にはいけるというのは下町ではよくいわれていた事です。私もそう思いましたが敢えて東大には行きませんでした。
実は私が行きたくても入れてくれなかったのです、ハイ。


猫か・・・



IMG_5776

IMG_5775
今日は朝一番で名古屋に出没です。
午後に重要な打合せがあるのでとんぼ返りで午後には東京に戻らなければなりません。
そこでquick lunchで済ませるかとお邪魔したのがこのお店です。
今日のお店は「むらやま」エスカ店さんです。

住所: 愛知県名古屋市中村区椿町6-9 エスカ地下街
電話:052-452-0550
定休日:原則無休(エスカに準ずる)

IMG_5773
お店の外観です。

IMG_5769
店内の雰囲気です

IMG_5768
メニューです。

IMG_5771

IMG_5772

IMG_5770
今日のオーダー「おぐらトーストセット」@680円です。
待つこと5分で「おぐらトーストセット」の到着です。
「むらやま」さんは名古屋名物ういろうの名店「大須ういろ」直営の喫茶店なのでういろうがつくのかなと思っていましたらついてきませんでした。
それではコーヒーにピーナッツなどの豆菓子が付くのは、名古屋の喫茶店では当たり前のお約束なのでそれを期待していましたら、それすらありません。
マジすか、名古屋の喫茶店なのに(笑)

まぁ興奮しても詮無いことです。
それでは実食です。
カリカリのトーストその内部に塗り込められたバターと小倉餡があうことは言わずもがなですので相性は良いのです。しか〜しこの「おぐらトーストセット」の小倉餡のレベルは低いですね。
斜め前の行列のコメダさんの小倉餡と比べますと×60%ですか。
で〜も余裕のヨッチャんで帰りの新幹線に乗れましたし、一応名古屋tasteも楽しめましたので由としますか。
プチ満足のlunchでした。

それでは(^_-)

池袋 キッチンABC 6th

今日は「命の尊さ」です。
私の上司が話してくれた不幸の話です。
私の上司が京都支店長時代に知り合ったお医者さんがいます。
そのお医者さんには、高校生の娘さんがいて見目麗しく大そうできたお嬢さんだったそうです。
思春期になり体の成長していくなかで、生まれついての心臓病もともに育ち、数度の発作を重ねる中で心臓がかなり弱ってきました。
担当医の所見では、後一回発作が起きたら、すぐに措置しないと助からない、とまで言われていました。
上述の通り、その娘さんのお父さんは医者なので、担当医が言われていることは重々承知していて、娘さんに心臓病のニトロ製剤を持たせるのはいうまでもなく、娘さんの通学路の要所要所のお宅には、わけを話して万が一娘が倒れていたのを見かけましたら、この薬を口に含ませて下さい、とお願いをしていました。
心配したお母様は学校の行き帰りに付いていくと、言ったのですが、娘さんは、恥ずかしいし、それに学校の行き帰りに同級生と語らうのが楽しいのよ、と言って、万が一それで亡くなったらそれが私の寿命なんじゃない、としんみりと言われたので、付き添いは諦めたそうです。そしてお母様は娘さんが帰宅する時間帯には、家の外でその帰りを待ちわびていたそうです。
当然のことながら、私の上司の話はhappy endで終わるのかなと思って聞き続けていたのですが結末は残酷でした。
友人と分れてほんの10分程一人になる帰り道に発作が起こったのですが、座ったままの状態だったので、通行人はたんなる貧血だと思い、そのままにされて絶命したのです。
この娘さんもその両親も心優しい方で、どこから見ても非のうちどころのない家庭だったそうです。
私の上司も、世の中には神も仏もないもんやな、としみじみと言われていました。

「世の中には神も仏もないもんやな」言うたら、俺もそうやで、上司は重ねました。
俺の家系は短命の家系でだいたい50歳前後で突然死するんや。せやから嫁はんとは大学の演劇部で知り合って付き合っててな、結婚の話もでたんやけれど、そんな宿命なのでということで一度は断ったんや。
しかしな、嫁はんがそのような家系ならすぐにでも式をあげましょう、ということで大学卒業と同時に結婚したんや。
勿論子どもは作らない事はお互いの不文律にしてたんやけど、と結んでいました。
その後その上司は海外転勤になり、音信不通になったのです。
すっかりその上司の事は忘れていましたら、ある日社内掲示のイントラでその上司の死亡を知ったのです。
仄聞するに50歳の誕生日の翌日の土曜日、洗面室で歯を磨いていて、大きなうがいをガラガラ、ガラガラと二回させたあと、釣鐘がおちるような大きな音がしたので、奥様がかけつけたところ絶命していたそうです。

トマト
このように生きたくても生きることができない人もいるに、川崎で起きた中学生殺人事件はまさに鬼畜の所業です。
島根県隠岐諸島を離島する時には、70人もの人が見送りにきたほど、明るく人気があった少年だそうですね。
そんな皆に愛され、未来ある少年が惨殺されたのは、胸が締め付けられるくらい悲しくなります。
家族に迷惑をかけたくないから言えない、と友人に言っていたそうです。
ご両親は離婚しているので、母親に引き取られ、親思いで母親を困らせたくないと思ったのかもしれません。
もう少年法は不要だと思います。
現在の社会に適応されないばかりか、将来に亘って世の中のお荷物となって弊害を生んでいます。
殺人を犯した人間は、未成年といえども、大人と同じように厳罰をうけるべきです。
少年法があるから、犯罪者は数年で出所できると計算した上で犯行に及んでいるのかもしれません。
このような卑怯でずる賢い人間が、未成年というだけでマスコミにも実名報道もされず、顔を隠され、プライバシーも保護されています。一方、無残な殺され方をされた被害者は、顔も名前も公表され、家庭環境も逐一報道され、世間に知れ渡るのです。本末転倒だとはまさにこの事だと思う今日この頃であります。


Born for the Internet



IMG_5830

IMG_5831
今日は池袋に出没です。
私のお気に入りいの洋食屋さんが、新メニューをだしたというのでおっとり刀で行って参りました。
今日のお店は「キッチンABC」さんです。

住所: 東京都豊島区西池袋3-26-6 サンサーラ西池袋ビル 102
電話:03-3982-1703
定休日:無休

IMG_5835
お店の外観です。

IMG_5836

IMG_5837
メニューです。

IMG_5838
今日のオーダー新メニュー「スタッフライス」680円です。
待つこと7分で着膳です。

IMG_5840
スタッフライスとはチキンカツの洋風玉子とじです。
どうですか揺(たゆ)う揺(たゆ)うした玉子が光輝いています。
美味しそうですね。

それでは実食です。
トロトロの玉子が口の中で揺れていてまるでwaterbedの上で跳ねまわるようなフワフワの感触です。
これは美味しいです。
揚げたてのチキンカツはクリスピーに上がっており、それにより中の鶏肉の柔らかさを引き立ています。
絶品ですね。
すこし冷めてきますと、玉子の上にかけられているblack pepperが存在感をあらわし、味を冗長にさせません。
これで680円ですか。まさにお見事と言わせていただきます。
大満足の夕食でした。

それでは(^_-)

訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ