下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

2014年09月

浅草 ぱいち

今日は「Splashな日々」です。
「Splashな日々」は私の日頃の雑感を纏めたものです。
宜しかったらお付き合いくださいm(__)m

#高校の後輩
IMG_2569
現高校の校長先生からの頼まれ事があり母校に行ってきました。
訪れた日は母校の文化祭でもあります。
正しくは休日に校長先生に会えるのはこのような休日に催される文化祭しかなくaccidental coincidence(偶然の一致)ではありません。
折角ですので文化祭も覗いてきました。
今の高校生って肩の力が抜けていますね。
私達の高校生の時のようなギラギラしたものが感じられない半面さわやか感が横溢しています。
後で校長先生にこの事を話しましたら、それはさわやかではなく覇気がないんだ、と一刀両断でした。
そうそう母校の「英語研究会」に立ち寄った時の話です。
女子の同級生達も一緒にいたのでちょっといい格好しようと浅はかにも英語で「英語研究会」の女子学生に話しかけたのですが、じぇじぇじぇです。
私より数段上手いというかほとんどnative speakerです。
英語の上手い理由を聞いたら、カナダにscholarshipで留学していたそうです。
どおりで・・・
女子の同級生達が話に入りたいとの事でしたので途中から日本語に切り替えました。
何で英語を勉強しているのと、同級生の女子が聞いたところ、中学の時に引きこもり的なところがありそれを変えるのは海外でそれをresetするしかないと決意して、scholarship試験を受けたそうです。運よく受かり、自分を前面的に出すことを心がけたら引きこもり的なところはなくなり、快活な性格に変わったそうです。
私からは、得意な英語を将来どのように活かすの、と聞きましたら、発展途上国に行って教育でその国を豊かにするのです、と言っていました。
私は驚き、何で教育なの、とかぶせたところ、経済発展の礎(いしずえ)を作るのには一にも二にも知的レベルをあげる事です。その為にはそのbackboneとして教育投資が必要なのです、と言い切ったのです。
何とも頼もしい後輩です。
私が高校三年生の時このような考えを持っていたら違った人生になっていたのかなぁと思ったら、たまらずその若さに嫉妬してしまいました。

#死の直前
天国
死の直前に人間は、絶対的なもの(神のような存在)に包まれて、無常の愛や大きな幸せを全身に感じるのだそうです。実は人間の脳は心肺停止になった時点から30秒間に亘って極めて活発に動いているのです。
心肺停止状態になっても脳はそれでも生き残ろうと必死にもがくのです。
その副産物としてこのような素敵な贈り物があるそうです。
人間の死の間際はとてもfantasticみたいですね、そしてその後に天国に行くのだと思っている人はそれを信じていれば良いし、無になると思っている人はそれを信じていれば良いのだと思います。
極めて単純な切り分けです。

#ヌードシアター
IMG_2555

IMG_2557

IMG_2556
ロック座の前を通りましたら行列できていたのでパチリしました。
私はこのようなところは行かないので詳細はしりませんが、今のヌードシアターって完璧なダンスショーで淫靡なところは皆無らしいですね。
我社は海外の取引先から頼まれればこのロック座にお連れするのですが、行った人の感想も同様にいかがわしさがなくダンスショーの様です。
結構なことです。
それにしても美人が多いですね。
料金は5,000円ですか、TDLより安いではないですか。
というか大人のTDLなのでしょう。
参考までにダンスショーのPVを載せておきます。


#虹をみました
IMG_2552

IMG_2550
高く羽ばたいて 果てしない夢だって あきらめないようにいつか追いかけた 虹の向こう 目指していこうずっとずっと描き続けた世界がきっとそこにある(虹の彼方へ 嵐)
天地真理さんの大ヒット曲の「虹をわたって」はどうやら「知る人ぞ知る」みたいになっているみたいですね・・・
虹を見ると幸せな気分になるのは私だけでしょうか・・・


IMG_2554
今日は母校の文化祭の流れで浅草に出没です。
今日のお店は少なくとも100回以上の食事をしています。
なんで今までupされなかったのが不思議です。
今日のお店は老舗洋食の「ぱいち」さんです。

住所: 東京都台東区浅草1-15-1
電話:03-3844-1363
定休日:毎週木曜日(連休あり)

IMG_2558
お店の外観です。

メニュー1

IMG_3435
「メニュー」です。

今日のオーダー「ハンバーグ&ご飯、味噌汁付」@1,200+@350=1,550円
昭和11創業、浅草洋食店「ぱいち」さんは浅草では老舗の洋食店です
変な店名ですけど、昔は飲み屋だったらしく、「ちょっと一杯」を芸人読みで天地をひっくり返したものです。
久々に訪れました、多分20年ぶりです。
知っている人は仲居のおばさんですか、確かこの人先代の兄妹だったはずです。
推定年齢70〜75歳です。
子供だった三代目が厨房に立っていたのには月日の移ろいを感じます。
そしてよく話しこんだ二代目はすでに他界されていたようです。
一番驚いたのはメニューの高騰です。
盛り合わせの料金は当時の約倍になっていました。
ここ「パイチ」さんでは日本の経済とかけ離れたインフレになっていました。
こういうのを今浦島太郎というのでしょう。


IMG_2560

IMG_2564

IMG_2562

IMG_2563
待つこと11分で「ハンバーグ&ご飯、味噌汁」の到着です。
料理の面相は昔日と変わりません。
美味しそうです。

それでは実食です。
ハンバーグはナイフを入れると肉汁があふれ出てきます。
うん肉の質感、デミグラ共々美味しいです。
「パイチ」さん伝統のポテサラはほっこりしていてイケます。
ウン、料理については、味が連綿と引き継がれています。

このお店の仲居さんは伝統的にオーダーの通し方がぞんざいです。
これまた連綿と引き継がれています。
その為に厨房との連携がチグハグです。
三代目は三代目でチャカチャカしていて見ていて落ち着けません。
もう少し料理を作る方に専心された方が宜しいかと思いました。
今度は夜にでもきて好物の「カツサンド」でもいただきながら、昔話でもしますか・・・

それでは(^_-)


石神井公園 ピッツェリア ジターリア ダ フィリッポ 石神井公園

今日は「身分相応」です。
久兵衛
私の会社のお局(つぼね)さんが「銀座九兵衛」さんという高級鮨屋によく食事に行っています。
このお局さんのお話によりますと、一回の食事で4〜5万円程度の散財?らしいです。
念の為に確認しましたところ、この食事の為に普段の生活を切詰めたりはしていないそうです。
要は生活のリズムになっているとのことです。
彼女のご家庭(e.g素封家の娘等)の財布の中身まではしりませんので、我社の給与体系が良いという話ではありません。

下町生まれなので「身分相応」という事は子供の頃から身に染みる程いわれて躾けられました。
これは身分の差が歴然として存在していた時代には当り前の感覚なのです。
当時は身分のちがいは絶対のものでして、身分に相応した衣服や態度や教養を身につけていないと一笑に付されていたのでした。
現在のように身分差がない時代であればこのようなフリネタは噴飯ものでしょう。
しか〜し自らの「身の程」「品格」などは意識した方が良ろしいかと思います。
その立ち位置に相応した衣服や態度や教養、そしてお金の使い方をしたほうが身の丈に合うと思うのです。
このようなことができない人間を江戸っ子は「田舎っぺ」と揶揄していました。
ですので下町の人間は「俄成金(にわかなりきん)」が大嫌いなのです。

私は寿司が大好物ですがさすがに「銀座九兵衛」さんなんかは行けるような身分ではないのですが、自分が長い事かけて精進した事が叶ったご褒美として「銀座九兵衛」さんにいくというのは良いのではないかと思っています。
個人的には、家以外の物でローンじゃなきゃ買えないものを長期分割払いで求めること自体が身分不相応だと感じます。
ヨーロッパやアメリカでは労働者階級は皆収入に見合うモノを持ちます。
低収入で軽自動車乗ってアパートに住んでいるのにバッグはルイ・ヴィトン、時計はロレックス、はっきり言ってこのようなimbalanceは日本だけです。
欧州の労働者階級は実に堅実で身をわきまえています。
特段人それぞれの効用(人が財を消費することから得られる満足の水準)ですので、どのようにお金を使われようと結構なのですが、身分相応(始末)って大事なことと意識すべきではないでしょうか。
貴族制度や階級社会が残るイギリスでは、上流階層にはノブレス・オブリージュの考えが現在でも浸透しています。
ノブレス・オブリージュ(仏: noblesse oblige)とは、直訳すると「高貴さは(義務を)強制する」を意味し、一般的に財産、権力、社会的地位の保持には責任が伴うことを指します。
ここから演繹すればルイ・ヴィトンを普通に持てる高貴な方には責任が伴うという事ですが、日本でそれを適用しましたらとんでもない事になると思います。

最後に「銀座九兵衛」さんですが、折角ですので調べてみました。
巷間での評価は「めちゃくちゃ高い」とか「有名だけど味はたいした事は無い」とか「このお店は観光地(テーマパーク)みたいなものだからいっぺん行っとけば良い」っていうようなものです。
実際数10回行っている取引先の社長にその評価を確認しました。
そのsummaryは以下の通りです・
1.銀座本店は階が上がれば上がるほど料金が高くなる。
2.板場の人のお奨めの通りに全部の料理を頼んだら支払いが18万円(二人)になった。
3.寿司のネタは美味しいがシャリは合わせ酢が特別なのか庶民の舌には合わない。
4.量は確かに多い(15〜20品目程度)ので満腹感はある。
5.客が思い思いに料理写真を撮っているのであまり落ち着けない。
6.会社の財布だから行くのであって自分の財布なら絶対に行かない
7.多分このお店は有名店であって名店ではないと思う。

個人的には自分の財布では絶対に行きません。
寿司に5万円かけるのであれば奥様と旅行にいきます、ハイ。


千葉に現れたヒーロー「チバットマン」がついに英国放送協会(BBC)に取り上げられ世界デビューを果たしました。
チバットマンをじっくり観察できる、職場の「港」で撮影したと思われるムービーがこれです。



IMG_2578

IMG_2579
今日は石神井公園に出没です。
なにやら美味しいピッツェリアがあると聞きましたのでお邪魔しました。
今日のお店は「ピッツェリア ジターリア ダ フィリッポ 石神井公園」さんです。

住所: 東京都練馬区石神井町2-13-5 グリーンハイム 1F
電話:03-5923-9783
定休日:2014年より毎週木曜 尚木曜日が祝日の場合水曜日 

IMG_2571
お店の外観です。

IMG_2577
店内の雰囲気です。

IMG_2573
メニューです。

今日のオーダー「クワトロフォルマッジ」@1,620円です。
店主が各テーブルのお客に愛想をふりまいています。
店主がちょこちょこと店内で接客するお店は好きでありません。
店主は美味しいpizzaを作る事のみ専心している職人の店主が好きです。

まずはクワトロフォルマッジ(4種類のチーズ)の紹介です。
モッツアレラ(軽くクセのない味わいがするのが特徴です)、グラナ(イタリアの中部から北部にかけて製造されている、牛乳を原料とする超硬質のチーズです)、ゴルゴンゾーラ(ブルーチーズとしては比較的やわらかい風味で、青カビ独特のクセが少ないチーズです)、タレッジオ(穏やかな口当たりと軽い酸味を持つ食べやすいチーズです)の4種類です。

IMG_2574

IMG_2576
待つこと5分で到着です
コルニチョーネ(pizzaの縁)がぶ厚くて、絶妙の焦げ目は高評価です。
焼き加減は申し分ないですね。
薪窯なので馥郁たる香りが鼻腔をくすぐります。

それでは実食です。
生地は美味しいのですが、ゴルゴンゾーラが他の3種のチーズを押さえて完全制覇です。
私の好きな4種類のハーモニーが楽しめません。
もう少し配分の妙が欲しかったですね。

人の財布を覗くのは下品ですが、pizzaの利益率って80%だそうです。
このようなstressの多いpizzaをいただきますと、穿ちですがお店のwin、お客のloseみたいに感じになってしまいます。味は個々人の体調に左右されますので軽軽な事は申せません。
従いまして鼎の軽重を問う為に再訪してみるつもりです。
その際はwin-winになることを切望しています。

それでは(^_-)

銀座 銀座スイス

今日は「方言コスプレ」です。
「花子とアン」に先駆けて方言の使い方が注目されたのが昨年の朝ドラ「あまちゃん」。
流行語になった「じぇじぇじぇ」をはじめ「登場したのは軒並みコスプレ的な方言」と田中教授は言う。 
能年玲奈さんが演じた主人公、天野アキは東京で生まれ、母の春子とともに東北の架空の町・北三陸市に引っ越してきた設定。「よそ者」のアキが使う方言は地元の方言とは異なる。
アキもドラマの中で自分の方言を「ズコリュー(自己流)」「インチキ東北人」と評する場面がある。 
「あまちゃん」の菓子浩プロデューサーによると、まずリアルな方言とは異なる架空の「あまちゃん語」をつくる作業を始めた。漁師や海女はなまりの強い方言、観光協会など地域外の人と触れる機会が多い人物は方言を弱めにし、アキとの違いを浮き彫りにした。 
さらに宮城出身で脚本を担当した宮藤官九郎さんが岩手県久慈市の一部一に使われていた「じぇじぇじぇ」に着目し、「コスプレ」的に使ったのが功を奏した。     
NHKは朝ドラや大河ドラマで、方言の使い方を工夫してきた。1970年代までドラマの「なんちゃって方言」が批判されたことを受け、83年の朝ドラ「おしん」で始めて「方言指導」のクレとジットを入れた。
2010年の朝ドラ「ちゅらさん」では沖縄言葉が人気になった。
2010年の大河「龍馬伝」では土佐弁、昨年の大河ドラマ「八重の桜」では本格派の会津弁が使われた。
この傾向を踏襲する一方、方言をあえてニセモノらしく軽やかに使ったのが「あまちゃん」。
ドラマに詳しい早稲田大学の岡室美奈子教授(メディア論)は「昔だったら地元から批判されてもおかしくなかった人工的方言が、「あまちゃん」では東北の人にも支持された。
フィクションが現実に働きかける力の大きさを思い知った」と話す。
「人工方言ドラマに花」日本経済新聞より転載

お嬢様2
あまちゃんの天野アキの話す東北弁は架空の方言で「方言コスプレ」だったのですね。
今の朝ドラの「花子とアン」のお嬢様言葉も一種の「方言コスプレ」みたいですね。
これはよくよくわかります。
聞いた事がありますから。
下町生まれの下町育ちの私が大学に入って、佐藤栄作(元総理大臣)の孫娘の家に電話して始めて聞いた、流暢なしかも一方的な山の手言葉には腰が抜けるくらいに驚いたものです。
本当に普段普通に山の手言葉を話している人がいる事をしりました。
たとえば、お困りのことよ、お食事したかしら、お話おすみになって、とかです。
極めつけは、ごめんあそばせ及びそれの短縮系のごめんあそべ、があります。
花子が多用する、ごきげんよう、は学習院女子、聖心女子、東洋英和、雙葉、白百合等のセレブ女子高では必須wordingでしたので下町っ子でも知っていました。
個人的には、ごめんあそばせ、とか、おでかけあそばせ、等のスーパー丁寧言葉をきくとジンマシンがでそうな心もちになったものです。
そしてこれらのスーパー丁寧言葉を聞いた後は、それなら勝手に遊べば、と揶揄していたものでしたが、今思うと天邪鬼でしたね。

「方言コスプレ」ではないのですが、私の日常会話はかなりめんどうくさいのです。
Basicallyは標準語ですが、関西弁は普通に混じります。
相手が北海道の人であれば北海道弁になりますし九州の人であれば九州弁にもなります。
激昂してくると巻き舌の下町言葉(江戸弁)になりますし、変なスィッチがはいれば英語を多用します。
さらにこのブログでもお分りの通り難解な四文字熟語が普通に会話の中にでますので一体この人はどこの出身なのかということになるのです。
そうそうこの間同級生の女子と話していたら、話し言葉でも普通に難解な言葉がでてきたので驚いたそうです。
といいますのも彼女はmail等で垣間見る私の難解な言葉は見栄張り使用だと思っていたのでした。
つまりmailの為にわざわざ辞書で調べた上で文章にしていたと思っていたらしいのです。
それが日常会話にも普通にでてきているのでその疑念が晴れたようです。
付け加えるに、難しい言葉を辞書で調べる事はできますが、その逆はできないでしょう、と言いましたら得心していました。
私にとっての難解漢字は、ある時諸般の事情で、刻苦奮闘漢字を勉強しなければならず、その時の残滓がいまだ抜けないだけで他意はなく私の中では普通になっているだけなのです。
で〜もいやらしいは、いやらしいふるまいですので直すように努力しています、ハイ。


猫をモチーフにしたセクシーでカラフルなタイツを着用した女性たちが並び、激しくかつ妖艶にダンスを踊るBOAT RACE 振興会のCM「ボートニャー」シリーズ。レッド、ブルー、ブラック、イエロー、ホワイト、グリーンという各カラーを担当する6人の女性がおり、CM放映当初は全員が仮面をかぶり、その正体を明かさない演出がされていた。
放映開始から早い段階で、その体型から正体が丸わかりだったお笑い芸人の渡辺直美がレッドであることが明かされ、その後ブルー、ブラック、イエローと順々に正体が発表されてきたこのシリーズは、この度ついにホワイトとグリーンの正体も明らかになった。これで全員の名前が判明したわけだが、なんと渡辺直美以外は全員が無名の女性出演者だったのである。
これが渡辺をフィーチャーしたCMシリーズだったらおかしいことは何もないのだが、シリーズ内では一貫して、「GUESS WHO?」(誰だと思う?)という言葉とともに仮面をかぶった女性それぞれの正体を視聴者に推測させる演出を入れてきたのだ。
では、明かされたその正体を紹介しよう。

ブルー:青山恵梨子(東宝芸能所属、女優の卵)
ブラック:今野晶乃(東宝芸能所属、女優の卵)
イエロー:Oh!YUKA(所属不明、ダンサー?)
ホワイト:クレメンティン(アフリカ出身という設定だが、実際にはフランス出身の黒人女性)
グリーン:ヘマ・モラレス(ブラジル出身とう設定だが、実際にはアルゼンチン出身の外国人女性)

なぜ視聴者に推測させる演出にしたのか、といった諸々の疑問は解消できないが、とにもかくにもこれで全員の正体が明らかになったということで、彼女たちがこのCMシリーズを機に活躍の幅を広げていくことに期待したいところだ。
<


IMG_2582
今日は夕闇迫るザギンに出没です。
今日もlate lunchです。
帰社する前に軽く固形食をお腹にいれるかということで老舗洋食店にお訪(とない)をいれました。
今日のお店は「銀座スイス」さんです。

住所: 東京都中央区銀座3-5-16
電話:03-3563-3206
定休日:火曜日

まずは「銀座スイス」さんの来歴のご紹介です。
「創業者の岡田義人は大正12年(1923年)に、今の東京都千代田区二番町に父・進之助の次男として生れました。
父・進之助(明治28年生)は、『天皇の料理番』として著名な秋山徳蔵氏 宮内省大膳職主厨司長(総料理長の事、現在では宮内庁管理部大膳課主厨長をさす)とともに、日本の西洋料理の礎を創った麹町の『宝亭』(空襲により焼失)と首相官邸・国会記者クラブにて総料理長(退官後、現在のニチレイに迎えられる)をつとめ、歴代首相の東條英機から吉田茂まで料理を提供しました。
独学でフランス語を学び、全てのメニューをフランス語で書き、パーテイ料理を得意としていました。
その父親の影響を受け、帝国ホテルへと修行の場を求め、『ムッシュ村上』こと村上信夫氏(後に帝国ホテル専務取締役総料理長・東京オリンピック総料理長)と同期に入社します。
年齢・実家が近いことから生涯の友となり、戦前・戦中・戦後の激変の中、ともに西洋料理の発展に寄与します。
敗戦後、グリル 『銀座スイス』を開店し、父親や帝国ホテルで学んだ技術を存分に発揮いたしました。
当時、当店のカレーは帝国ホテルと同じに『カルカッタ風カレー』と言いました。ステーキの『シャリアピンステーキ』の呼び名は現在でも多くの店で使っています。その仕事ぶりが評判を呼び人気店となり、昭和30年には越後湯沢のスキー場に出店しました。
当時としてはめずらしさもあり、盛況となり競技用のポールの旗すべてに当店の赤いロゴ(湯沢にて考案)を付けるほどでした。
創業者は昭和48年(1973年)に、49歳の若さで他界しますが、その味と技術は 義弟の庄子敏松に受け継がれました。当店のロゴは創業者本人がデザインしたものであり、味とともに大切に守っています。
千葉茂氏の『歴史は創るもの、伝統は守るもの』のお言葉を信念に、銀座の地にて明治・大正・昭和・平成と時代は変わっても、脈々と日本の洋食の伝統と歴史ある味を忠実に守っているのです。」
何か「店に歴史有り」ですね。

IMG_2584
お店の外観です。

IMG_2587
店内の雰囲気です。

IMG_2583

IMG_2585
メニューです。

今日のオーダー「オムライス」@1,050円です。

IMG_2586
待つこと2分で「クラムチャウダー」の到着です。
うん、これはホテル並みのスープの味です。
上品です、たおやかです、結構です。

IMG_2589
待つこと7分で「オムライス」の着皿です。
見た目特徴がありません。

IMG_2591
それでは実食です。
玉子はトロトロではありません。
デミグラソースも特徴はありません。
せめて玉子が芳しい良質のバターの味がすれば素敵なのですが、それもありません。
決してまずくはありませんが美味しくもありません。
お財布がやせただけです。
Netでみるとチバカツ(カツカレー)が有名なようですので、次回はrevengeで伝説料理を頂きにうかがいますか。

それでは(^_-)

豊洲 Logic 豊洲

今日は「美女子のお悩み事」です。
言われてうれしい言葉
ほめてもらうと、うれしい気持ちになる一方、素直に喜べない言葉ってありますよね。
特に異性からのほめ言葉は、内容によっては「何かウラがあるのでは・・・・・・?」「別のことを伝えたいのでは?」と訝しんでしまって、うれしさよりも、疑念が先に立ってしまうこともあります。
では、女性はどのような言葉をかけられると喜ぶのでしょうか。「女性が、男性に言われてうれしい言葉」調査をもとに考察してみました。

#意外とうれしくない!?「やせたね」
この調査で特徴的なのは、「セクシーだね」の次に低いのが「やせたね」だということです。
「セクシーだね」という言葉は日本人にとって耳馴染みがあまりなく、気恥ずかしく感じてしまうことは納得できますが、「やせたね」が低いのは、男性にとっては意外に思うのでは?
「やせたい」と思う女性は多いもの。でもそれはコンプレックスをどうにか覆したいという思いの現れであり、その人なりのこだわりが強い部分でもあります。「やせたね」と言われても、「まだ全然理想の身体になってない!」と思ったり、「今まで太ってた、って言いたいわけ!?」「やせたと思うほど人の身体をジロジロ見ていやらしい!」と反発の心を煽ってしまいかねません。
女性は、やせたら「かわいくなる」「きれいになる」と思っています。それに向かっている小さな努力や変化に気づいてもらいたいとも思っています。「やせたね」と声をかけるのであれば、「なんだかかわいくなったね」「すごくきれいになったね」といった言葉のほうが喜んでもらえるでしょう。

#内面をほめるなら「気が利くね」
相手に気持ち良く過ごしてもらうために、気配りは大切です。ただ、細やかな気配りをしても気づいてもらえないことが多々ありますよね。ほめてもらうために気を配ったわけではないにせよ、あまりに気づいてもらえないと寂しく思ってしまうものです。
そんな「当たり前」だと思われがちな気配りに気づいて「気が利くね」と声をかけることが、女性にとってうれしいほめ言葉だということが、グラフで2位に位置づいていることからも読み取れます。
「気が利く」ことをほめるためには、その人のことをよく見ておかなくてはなりません。つまり、「気が利く」というほめ言葉には「あなたのことをちゃんと見ていますよ」というメッセージが込められるということ。うれしいほめ言葉の2位になるのも納得ですね。

#笑顔がいいね」「肌がきれいだね」が上位なワケ
肌をキレイにするために、食べ物や生活習慣、化粧品など、見えない努力を沢山している女性は多いものです。
笑顔が魅力的な人を見るとキュンとしたり、思わず自分も笑顔になったりしますよね。
美形の人が必ずしも「笑顔がいいね」とほめられるわけではないように、笑顔はその人の人柄によるものが大きいといえるでしょう。
また、「肌がきれいだね」が上位なのは、肌はその人の努力次第できれいにも汚くもなるものだからかもしれません。肌がきれいだとほめることは、その人の肌のための努力を認めるということになるので、うれしいと感じる女性が多いのでしょう。
顔の作りを変えることはできませんが、笑顔や肌はその人の努力や気持ちの持ちようで上を目指すことができるものです。それらは単純な物差しではなく、より深い視点でのほめ言葉となるので、一層うれしさを感じるのかもしれませんね。
maico「私たち、オトコに「○○」と言われたい!意外!?女性が男性に言われてうれしいと感じるほめ言葉」より転載

今日の紹介記事はとても参考になりました。
今後積極的に活用しましょう、ハイ。

IMG_2595

IMG_2596
最近期中入社の一般職とよく飲みにいきます。
面子(メンツ)は期中入社の美女子×2名プラ〜スお局様か力女(リキジョ=相撲取りのように体の大きい女性の意味)です。
酒も飲まないのに飲みにいく理由なのですが、基本的には美女子と話しているのは楽しいからです。
この部分はあまりdrill downしたくないのですが、私に限らず男性は美女と話すのは好きなようです。
本当の意図は私の子供のbetter halfとなるべく年代の女性の人間観察です。
ちょっとやりすぎ感はありますがculture gapは未然に防いでおきませんと・・・

特に我が社は最近人事の採用基準が能力試験等で判断してもわからないということから一定の基準を満たしていれば美女子を採用するという様に変わったみたいで、本当に美女子が急速に増えてきたのです。
ちなみに私が人事チームリーダーをしていた時の部長もその美女子採用の考えでした。
個人的には美女子がいた方がオフイスの雰囲気は良くなりますね。
何故でしょうか・・・

美女9999
ちなみに二人の顔はこのような感じです。
特に左側の美女子はほぼほぼくりそつです。
右側の美女子は雰囲気だけかもしれません。

そうそう今日のフリネタは美女子のお悩み事です。
この二人とも彼氏の浮気に悩んでいるのです。
左の彼女は全否定派です。
全く持って許せないとしています。
右の彼女は部分否定派です。
浮気をしても私に分らないようにすればよいとのことです。
そこで私が、男は嘘をつくのが下手だから絶対に分ってしまうよ。
例えば背任行為をしたほとんどの男性はそれを糊塗するために、虚偽のアリバイを申告するんだよ、今日部長に急に飲みに行こうって誘われてさぁ、一件ですむかと思ったら梯子酒になっちゃってさ、っていう感じだよね。
本人は完全犯罪だと思っているんだけれど、女性からすると唐突な感じがするわけで、そこで疑惑のアンテナがたっちゃうんだよな。
で〜も男は完全犯罪を演じる立場にあるんだけれど、全体を考えて言っているわけではないんで、女性がアリバイの矛盾をつけばそんな見え透いた嘘なんてあぶりだすのはわけないよね、っていえば妙に納得していました。
さらに私は一度たりともそのような事はしたことがない、と言い切ったらおおいに驚いていました。
別に私とて朴念仁ではありませんのでそのような事に心動かされる事はあるのですが、やはり家庭が平穏であることを第一義としているので無用な軋轢は起こさないと決めているだけです、はい。
しか〜し世の中にはこのような美女子と付き合っていても浮気をする人間っているのですね許せないですね・・・
私が一番驚いたのは同席していた力女は浮気肯定派だったことです。
彼女曰く、私一途より適当に外で遊んでくれていた方が楽だわ、との事でした。
私は寛大なんだね、と言ってはみたものの、力女の彼氏は彼女の事を恋人としていないだけ、と思ったりしましたが、そのような事は口が裂けて申しません。
女性は悩みが多いですね・・・


飲酒運転で飼い主亡くした柴犬「こゆき」・・・
実話を元に制作されたCMが泣けます



IMG_2598
今日は有休だというのに多方面でクレームがおこりヘトヘトです。
要は昼から会社に行ったのです・・・
昼飯を食べ忘れたことに気がついてlate lunchです。
といっても19時ですが・・・
海をみながらpizzaでも食べるかと思って伺ったのは「Logic 豊洲」さんです。

住所: 東京都江東区豊洲2-4-9 アーバンドック ららぽーと豊洲 1F
電話:03-3531-35669
定休日:施設に準ずる

IMG_2601
お店の外観です。

今日のオーダー「マルゲリータ」@1,382円です。

IMG_2600

IMG_2603
ここは今日みたいにテラス席に座れば東京湾が一望できます。
うん雰囲気最高ですね・・.・

IMG_2605
待つこと6分で「マルゲリータ」の着皿です。
見た目本格派です。
直径20cm位かのpizzaです。
コルニチョーネ(pizzaの縁)はふっくら焼きあがり、焦げ目もそれなり感があります。
中心部も程々に厚みはありますが、生地の香りが今一ですね。
ピッツァソースは、サラット薄めでチーズの味がやや弱めですか。
このレベルなら英世さんお一人分前後だとうれしいのですが少しお高いですね。
雰囲気代込みって考えればよいのかもしれません。
余談ですが本日の退社時間は23時半でした。
折角のお休みだったのに・・・

それでは(^_-)

石原 福来軒

今日は「思い出のマーニー×種田陽平展」です。
IMG_2474

IMG_2478

IMG_2479
尊敬している美術監督の種田陽平さんの展示会を見に江戸東京博物館に奥様と行きました。美術監督はその映画を見た誰からも注目を浴びるような主役や監督とは違い「黒子」ともいえる裏方の仕事なのです。言い換えれば美術監督は監督やプロデューサーの指示のもと想定どおりのものを作り出すoutsourcee(outsourcingの受託者)なのです。

陽平種田
しか〜し種田陽平さんこの範疇にはいりません。
提示されたthemeにみずからの解釈を加え、新たな提案を盛り込み、映画の舞台となる土地の地形、建物、調度品など登場人物の回りに広がる空間すべてを設計し、実際のセットをつくりあげていくのです。
そうした彼の姿勢から生み出されるセットは、当初の想定を超えるアイデアが詰まった空間となり、監督たちに新たな刺激を与えていき、私もその刺激を大いに受けた一人であります。

<
特に「セデック・バレ 第一部 太陽旗〜第二部 虹の橋」のセットは言葉がありませんでした。
これを観た時に始めて日本に突き抜けた天才がいる事を知ったのです。

IMG_2480

IMG_2482
「思い出のマーニー」の映画はいまだ見ていませんが物語の重要なシーンを表現した精彩で幻想的なジオラマ模型や原画の数々、映画には出てこない美術資料まで「マーニーのいる世界」の秘密にふれる事ができ感激しました。

湿っち屋敷

マーニーの部屋

2マーニーの部屋

サイロ
特に登場人物すべての背の高さ設定の絵コンテはいうに及ばずマーニーのスケッチブックのdetailを細部にまで亘り事細かく指示していた事には驚きを禁じ得ませんでした。
このスケッチブックは物語のkey factorにはなりますが、所詮は小道具です。
「細部を突き詰め、世界を作る」という彼の言葉にあらためて納得した次第です。

ついでに江戸東京博物館の館内も紹介します。
IMG_2489

IMG_2490

IMG_2493

IMG_2494



IMG_2473
今日のランチは「思い出のマーニー×種田陽平展」の流れで江戸東京博物館の近隣の石原町に出没です。
今日のお店は、タンメンではこの店ありとその名がとどろき亘っている「福来軒ラーメン」さんです。

住所: 東京都墨田区石原1-31-9
電話:03-5608-0729
定休日:不定休(日曜営業)

IMG_2462
お店の外観です。

IMG_2465

IMG_2466
店内の雰囲気です。

IMG_2472
ご主人は大勝軒の出自みたいです。

IMG_2464
メニューです。

今日のオーダー
私は「らーじゃんめん」@800円です。
奥様は「みそタンメン」@800円です。
待つこと6分でともども着丼しました。

IMG_2470
まずは「らーじゃんめん」です。
トッピングはニラとモヤシと豚肉です。
麺は中太麺ですが、ゆで加減をまちがえたのかtoo softです。
スープは凡庸な鶏ガラスープです。
辛味は普通です。

IMG_2471
ご主人が私の怪訝な顔を、辛さが足りないのかな、と思ったみたいで、辛子2号を足してくれました。
ご配慮ありがとうございます。
しか〜し辛さが足りなかったのではなく麺の茹で過ぎを不思議に思っていたのです。
味ですか、パンチ不足です。従いまして印象に残るものはありませんでした。

IMG_2467
続きまして「みそタンメン」です。
トッピングは豚肉、キャベツ、モヤシ、玉ねぎ、ニンジン、タケノコ、ニラです。
麺は同様の中太麺です。これまた同様にゆで加減をまちがえたのかtoo softです。
スープは炒めた野菜の甘みがほのかに感じられました。
味ですか、メリハリがありません。
不味くはないのですが全体的にグズグズな感じです。

ラーメンは食べる者の体調もあるので軽軽なことは申せませんがかなり残念なランチでした。
こんな日もあります・・・

それでは(^_-)

続 丸の内 ダ・ボッチャーノ

今日は「孤独」です。
会社に行く時小用を足すのと身だしなみを整えるために公共施設のトイレを利用しています。
いつの日からかそこで年の頃なら70歳〜75歳位の老人を見かけるようになりました。
彼は朝早くこの施設にきて、多目的トイレ内で体を清拭しています。
その後は施設内の片隅にある丸型の椅子に座りひたすらイヤホンでラジオを聞いています。
いつ頃から出会ったのでしょうか、多分この老人を意識するようになってから一年は経過していますので、多分それ以前からなのでしょう。

最初はトム・ハンクス出演のアメリカ映画、スティーヴン・スピルバーグ監督の「ターミナル」(The Terminal)と重ね合せていたのです。
しか〜しこの映画の主人公ビクター・ナボルスキーはクーデターによって事実上故国が消滅し、パスポートも無効になってしまったため、帰国することも、アメリカに入国することも禁止されてしまい、行き場を失ったので、宛のない空港ターミナルでの生活を始めたわけですので、根本的に違うわけです。


見た感じいつも清潔感あふれた服装でトレーニングウェアのようなくだけた服装でないことから底辺で暮らすような人ではない事が推察されます。
たまに夕方にこの施設に寄る事がありますが、日が落ちてから薄暗くなった施設内の片隅にある丸型の椅子に座って件(くだん)の老人は朝と同じようにラジオを聞いていました。
多分ですよ、家に帰っても孤独なのでしょう。
見ていて痛々しい気持ちになります。
私の家では毎日会話があります。
ほとんどが他愛のないものですがその言葉の端端には家族という紐帯によって繋がっている事が伺えます。
従いましてこの老人のようなふるまいは想像だにもありません。

以前弊ブログで、釧路でスナックを経営する92歳の老女の話を書きました。
彼女が言っていた事は
「夢、この世は夢だね。
本当に夢だわ。
自分の理想のようになんか行くようなもんじゃないんだから。
本当に儚(はかな)い夢だと思うよ。
それでも大きな夢をもたなきゃだめだよ。
人生は夢がないと生きられないの」
というものでした。
この老人はなにか夢を持っているのでしょうか。
多分否でしょう・・・

孤独な老人
かつて札幌在住の時にもみじ台団地というのが自宅の近くにありました。
この団地は過疎化が進み、その当時でも老人の姥捨て山みたいな団地になっていました。
団地の老人たちは自宅での孤独死を避けるために、近隣の大きな駅、新札幌にきては、自分のIDがわかる名札を首からぶら下げて、羅針盤のない船旅のように終日(ひもすがら)新札幌駅周辺を漂っていました。
これもまたある種の悲劇です。

人は平等に死を迎えます。
冷徹な事実ではありますが忌避することはかないません。
しか〜しその日までは常在夢有でいたいと思っています。
そうでなければ生きている意味がありません・・・

It matters not how a man dies, but how he lives.
どのように死ぬかではなく、どのように生きるかが重要なのだ。
James Boswell(ジェイムズ・ボズウェル)


IMG_2530

IMG_2534
今日は「KITTE(キッテ)」に出没です。たまには美味しいpizzaでもたべるかとお邪魔したのは今日のお店は「ダ・ボッチャーノ KITTE丸の内 (DA BOCCIANO!)」さんです。

住所: 東京都千代田区丸の内2-7-2 KITTE 5F
電話:03-3217-2013
定休日:不定休

IMG_2535

IMG_2536
お店の外観です。

IMG_2539

IMG_2540
店内の雰囲気です。

IMG_2537
メニューです。

今日のオーダー「ボッッチャーノランチ」@1,566円です。

IMG_2541
待つこと5分で「前菜八種盛り合わせ」です。
見た目キレイな盛付ですが特筆するものはありません、ハイ。
特に今日は全体にキレがありませんでした。

IMG_2542
12分後に、pizzaと一緒に持ってきて下さい、とお願いした珈琲が単独で供されました。

IMG_2543

IMG_2544
待つこと21分後に「マルゲリータ(モッツレラ、トマトソース、オイル、チーズ、バジリコ)」の到着です。
見た目美味しそうです。

それでは実食です。イタリア・ナポリから空輸で送ってくる生地は美味しく、チーズも馥郁たるmilkyな香りがして思わず微笑んでしまいます。
しか〜しこのお店は小技が駄目です。
Pizzaの料理本には、チーズは万遍無く均等に配置するように、となっていますが、ここの調理人は偏在してチーズを配置しています。
従いましてチーズの厚い薄いがはっきりとしいて味にムラがあります。
加えて前回もそうなのでうすが、ピザカッターの切り込みが甘く、まるで長屋の花見の沢庵のように繋がっています。
さすがに堪りかねてホールスッタッフにその旨を申し伝えますと、切れていませんでしたか、すぐに切りなおします、との事でした。
という事は客に供する前にきちんと切れているかどうか確認しないで出しているのでしょう。

IMG_2549

IMG_2546

IMG_2547
葡萄のデザートです。
味は特筆するものはありません。
デザートにおいてはソーサーですか汚れています。
よく工場では5S(整理、整頓、清掃、清潔、しつけ)を口やかましく言いますが、これは当り前の事をきちんとできないと大きな事故や問題に繋がるからです。
当り前のことを当り前にして始めて良品ができるのです。
Restaurantでも同じです。
ましてやこのお店は人の口に入るものを提供しているのです。
このような汚れは調理人の恥です。
衛生の観点からも猛省をお願いしたいところであります。

それでは(^_-)

お茶の水 デル・ソーレ

今日は「splashな日々」です。
今日は最近撮った画像を主体に纏めました。
宜しかったらお付き合いください。

#鉄人28号
IMG_2262
テレビまんが「アトム」のbig hitに追随すべく動画CM大手プロダクション「TCJ」が横山光輝さん作の「鉄人28号」をアニメとして登場させたのが1963年です。
私は多分再放送を見ていたのかな・・・
いずれにしてもおかしなアニメです。
少年探偵・金田正太郎は極寒の真冬でも半ズボンです。
そもそも「未成年の子供が探偵という職業に従事できるのか」という少年法に真っ向から切りこんでいく設定なのであります。
さらに申せば「敵に渡すな大事なリモコン」問題があります。
「鉄腕アトム」は感情を持っていて自力で動けるのに対して、「鉄人28号」は小型操縦機からのリモートコントロールによる操作となっており、操縦者の意思で行動が決められています。
つまり、リモコンを使う人間次第で鉄人は正義の味方、もしくは悪魔の手先となるのです。
現代であればsecurity対策がなされていなく市場流出させてしまったという、まさに「やらかせちゃったぜロボット」なのです。
個人的には何故28号なのだろうという疑問があります。
ウルトラマンのようにきちとんとそのfamily treeを開示しその変遷を公表すべきです。
いきなり28号ではあまりにも唐突すぎます。

#ペコちゃん
page
当時から、季節感のあるファッショナブルな服を着こなしていたペコちゃん。
実は、着せ替えはもちろん、服のデザインや縫製も、すべて不二家の人形課のスタッフが行っていたそうです。
季節の装いだけでなく、時代を反映するようなファッションも、柔軟に取り入れています。
ちなみにペコちゃんの服の下は、上半身は裸で下半身は下着着用とのことでした。

狩野アナ
個人的にはペコちゃんはTV東京の狩野アナに似ていると思っています。
ただし食事の時限定ですが・・・

#いつも気になる女性です
IMG_2389
この女性に良く合います。
たまに目が合う事がありドキッとしてしまいます。
所謂cool beautyですか・・・

#これは色鉛筆で描かれた絵です
アート
すごい精密実写ですね・・・
人間の技量の奥深さに拍手です。


どうみても写真にしか見えませんが、シャーペンの下書きから色鉛筆で色を塗って完成させるところまでの過程を4分ちょっとで見られる映像です。
ご参考まで・・・

#これは服ではありません、ケーキです
ケーキです

ケーキです2
食べるのに気がひけます
美味しいのかしらん・・・


IMG_2512
今日は夜のお茶の水に出没です。
今日のお店は過去実績店(未投稿)です。
たまには美味しいピッッアでもたべますか。
今日のお店はデル・ソーレ (Del Sole)さんです。

住所: 東京都千代田区神田駿河台3-7-5 駿河台ビル B1F
電話:03-3518-2307
定休日:日曜日

IMG_2500
お店の外観です。

IMG_2504
店内の雰囲気です。

IMG_2502
メニューです。

今日のオーダー「Pizza 4 formaggi (クワトロフォルマッジ・4種のチーズピザ)」@1,500円席料込です。
このお店は10年位前によく利用していました。
当時の記憶ではパスタの美味しいお店という評価でした。

IMG_2501
階段を下りていく途中にowner chefのsnapが貼ってありましたが、どうようらowner chef
が変わったようですね。

IMG_2503
待つこと3分でピクルスの到着です。
うんこの酸味は好きです。
野菜もシャキシャキしていて結構です。

IMG_2506

IMG_2507
待つこと5分でパンの到着です。
ピッッアを頼んでいるのにパンですか、このふるまいは不吉の前兆かもしれません。
基本的には同種類の二つのものを夕食としていただくのはno thank youであります。
で〜もパンは美味しかったですよ。

IMG_2508

IMG_2509

IMG_2511
待つこと8分で「「Pizza 4 formaggi」の到着です。
思わず、薄焼き煎餅頼んだかしらん、と思ってしまいました。
個人的にはクワトロフォルマッジ(4種のチーズピザ)はチーズの美味しさを受け止めるために生地はナポリピザだと勝手に思っていました。
確認しなかった私がいけなかったのですが、ローマピザだったのですね。
しか〜しこの貧相のpizzaには幻滅です。
クラブにいったら隣の席に付いたのが自分の母親みたいな年配の女性だったというような感じですか、憤懣やるせない思いが私の体を縛りあげました。
一応チーズの種類を確認しました。
ゴルゴンゾーラ、モッツレラ、燻製モッッレラ、パルミジャーノです。
何ですか燻製モッッレラってモッッレラは癖がないので燻製モッッレラを加えたのですか。
こんなのを入れたらまさにcategory killerになるじゃないですか。
すみません食べる前に興奮しています。

それでは気を取り直して実食です。
チーズが少ないので本当に薄焼き煎餅を食べている感じです。
特にゴルゴンゾーラが少ないですね。
想定通り燻製モッッレラが他のチーズの風合いを殺しています。
おまけにかなり食べるのは早い私なのですが、後半はクリスピー生地のせいかピザは早くも冬の季節を迎えていて冷たくなっていました。
味につきましてはこのコメの行間を読んでください。

一応食事が済み、かなりのストレスをかかえながらcashierのところに行きましたらowner chefが自ら会計をしていだきました。
そのowner chefが仰るには、席料別途150円頂戴しますので、締めて1,500円になります、とのことでした。
特段お金に困っているわけでもなく150円位の追加chargeは痛痒すら感じませんが、このような後出しじゃんけんの支払いは大大大嫌いなのです。
まさに、先に言えよ、です。

このお店は昔の思い出だけに留め置き、今日の食事の記憶は私の海馬(脳の中の記憶媒体)からすべてdeleteしました。こんな日もあります。

それでは(^_-)

住吉 レストランモア

今日は「真剣勝負」です。
先祖返りではないのですが最近藤沢周平さんの時代小説にはまっています。
彼の小説には生死をかけた切り合いの場面が多く出てきます。
中学から20歳まで剣道をやっていたので切り合いの場面はよくよく理解できます。

先ず一刀両断という場面は余程の技量の差がないとできないと思います。
Street fightでもそうですが、普通は自分より強い人とは闘いません。
卑近の例で申せば京都在住の浪士を恐怖の奈落に落とし込んだ新撰組ですが、いくら腕に覚えがある浪士だからといって通りすがりの沖田総司に会った際に、これ幸いとばかり勝負を挑む人はいないと思います。
要は人が生死を賭けて闘う場合は五分五分か多少なりとも勝っている場合に限ると思います。

下町の古老がまたその古老から聞いた上野戦争で彰義隊の隊士と官軍の兵士との切り合いの話です。
二人の兵士が対峙し微動だにせず小一時間真剣を構えたまま睨みあっていて、ある時裂帛の気合一閃でお互いに打ちこんだのですが血飛沫をあげて倒れたのは官軍の兵士でした。
ほんの一瞬の出来事でした。
彰義隊の隊士は相手の兵士の鼻の息をさぐり、生がないことを確かめてから亡骸に軽く手を合わせて立ち去ったのを自分の母親が見ていたという話を聞いたことがあります。
要は時代劇のチャンバラの様な切り合いは、このように力が拮抗している場合はなかったのでしょう。
真剣の重さはその所有者の好みにもよりますが、おおよそ1kg〜1.5kgですので竹刀の倍です。
結構重いのです、それを一時間近く緊張の中で構えて持っているというのはかなりの筋力が必要なのです。

若しくはですよ、このような一撃必殺にはならないけれど、数多くの切り傷を負わせて、相手を出血多量で戦闘不能状態にするというのが実際の斬り合いなのでしょうね。
よく任侠映画でみかけるドスでの乱闘シーンです。
ちょこちょこ切り傷を負わせて相手の体力が消耗した時に、急所目がけてその刃(やいば)と共に一気に体ごと突っ込んで息の根を止めるという戦法です。

戦闘不能状態にする例として、実際北辰一刀流では「親指切り」等という技がありました。
これなんか小技ですが効果的ですよね。
この技が決まれば相手の戦闘能力は極端に落ちてしまうこと必定です。
古武術でみられる「脛切り」なんかもこれに似ています。
元々は相手が甲冑を着用していたら切る場所がないのでその対応策として編み出された技ですが、甲冑を着用していない幕末の平服での乱闘場面ではさぞかし効果的だったことでしょう。

私達が学んだ竹刀剣道は今ではスポーツ剣道に遷移していっていますが、昔は、刀は腰で切れ、手先で切ったら人は殺せん、などと言われ打突が甘いとこっぴどく怒られていました。
肉を切らせて骨を断つ、などからしても剣道はやはり一撃必殺が基本なのでしょう。


小太刀

小太刀2
個人的には小太刀が一番強いと思います。
ドスですと間合いを詰めるのに大変ですが、小太刀ですとある程度の間合いが測れます。
さらに間合いに入りさえすれば、受け太刀ができますし、連続攻撃などは長刀よりはるかに容易ですので有利な展開になったでしょう。
屋内乱闘では他の追随を許さなかなかったのではないかと思います。

私は得意先との剣道の稽古で準備運動不足からアキレス腱を裂断していまい、爾来剣道はしていませんが、やはり時代劇の切り合いの場面などを読んでいますと、アドレナリンが沸沸と湧きあがってくるのが分かります。
血が騒ぐのですね(笑)


元祖・孤独のグルメ・ロボット



IMG_2514

IMG_2515
今日は住吉に出没です。

IMG_2516
何ですかこのお年寄りの行列は・・・
今日のお店は「ティアラこうとう」にあります「レストランモア」さんです。

住所: 東京都江東区住吉2-28-36 ティアラこうとう
電話:03-3635-5651
定休日:不定休(ティアラこうとうに準ずる)

IMG_2517

IMG_2518

IMG_2519
お店の外観です。

IMG_2522
店内の雰囲気です。

IMG_2520

IMG_2523
メニューです。

今日のオーダー「フランス風のハンバーグ(サラダ・ライス・スープ・珈琲付)」@670です。
住吉って本当に食事するところがありません。
従いまして「ティアラこうとう」内にはなにかあるだろうと見当をつけてお訪(とない)を入れたのです。
店内は清潔感あふれ結構です。

IMG_2524
待つこと5分でサラダが到着しました。
見た目の通りのサラダです。
まずからずさりとて美味しからずです。

IMG_2526

IMG_2525
まつこと6分で「フランス風のハンバーグ」の到着です。
「フランス風のハンバーグ」というのは多分シャンピニオンソースがかかったハンバーグの事をいうのでしょう。
見た目迫力不足です。

それでは実食です。
シャンピニオンソースはほのかに甘く結構です。
肉は弾力があり口内で弾みます。
で〜も如何せん線が細いですね。
そうそう付け合わせのポテトがなぜかカラッとしているのではなくシンナリとしています。
このポテトに何がおこったのでしょうか、くたっと完璧に体の力が抜けていました。
妙に気になったフライドポテトでした。
味ですか・・・
このお店はコスパのみでしょう、ハイ。

それでは(^_-)

勝どき まんぷく苑 5th

今日は「splashな日々」です。
今日は初めての自虐ネタです。
宜しかったらお付き合いください。

#私はただうろたえていただけでした
自虐ネタ
帰宅の車中で見ず知らずの右隣の中年の男性にいきなり顔に鼻くそをなすりつけられました。
初めはあまりの異常さに恐れおののいて何もできませんでした。
それでも冷静さを取り戻した後はその中年の前に立ち、視線でそのふるまいを抑えながら頭の先から足の先まで確認しました。
どうやら精神疾患のある方の様です。
ポケットからお気に入りの赤、紺、緑、紫のタータンチェックのハンカチを出し、その鼻くそをぬぐいとりました。
こんな事の為にこのハンカチ買ったのではないのに・・・

#私は線香花火でした
自虐ネタ2
とあることが我慢できず上席役員に食って掛かりました。
しかしなんだかんだと懐柔されたのとこのまま突っ込んでいくと万が一の事にもなるので妻の怒る顔が頭の中に浮かんできました。
結果最初の勢いは何処へやら消え入ってしまいました。
日頃威勢のいい事をいっているに、保身の道を選んだ自分が嫌になりました・・・

#私の覚悟はたいしたものではありませんでした
自虐ネタ3
声がかすれる病気になりました。
将来は声がでなくなる、との事でしたので仕方がないので手話でも覚えるかと覚悟しました。
しか〜し与薬を飲み続けいたら最近は声の調子が良いのです。
手話のことをすっかり忘れている自分に気がつきました。
私の覚悟なんかこの程度のものなのでしょう・・・

#私の司会はたいしたことありませんでした
自虐ネタ4
150人位の集まりの司会をすることが欠席裁判で決められていました。
欠席裁判とはいえ決まったからには恥ずかしくない仕切りをしようと会の一週間前から帰宅途中の公園で練習をして会場にのりこみました。
最初の30分間は皆私の司会進行に耳を傾けていました。
しか〜し歓談タイムの後の再開で真面目に聞いていたのは前の席の人達のみです。
後ろの方はアルコールを片手に我関せずで三々五々と歓談していました。
私の司会の影響力は50人位にしか行き渡らなかったのでした・・・

#私は努力がたりませんでした
自虐ネタ5
前話でUSJの森岡毅チーフ・マーケティング・オフィサーの事を書きました。
調べれば調べるほどこの方と私の差が途方もなくある事を自覚しました。
まだ彼は42歳という若さなのに・・・
自分はその年の時に何をしていたのかと思うとひどい自己嫌悪に陥りました。
最上なものは過去にあるのではなく、将来にあります。
旅路の最後まで、希望と理想を持ち続け進んでいくものでありますように。
という言葉を反芻しても立ち直れませんでした・・・


ヒロシです・・・



IMG_2425
今日は勝ちどきに出没です。
今日のお店は勝どきが誇る焼肉の名店です。
今では定番となっているネギタン塩の元祖と言われているお店でもあります。
1日50本以上のネギを細かく刻み、特製のタレに絡めて肉の上にたっぷり敷きつめています。
ということで今日のお店は「まんぷく苑」さんです

住所: 東京都中央区勝どき1-7-1サンスクエアビル2F
電話:03-3531-2989
定休日:無休

IMG_2427
最初はサンスクエアビルB1にある「たなか」さんに行ったのですがお休みでした。
この間お邪魔した時には色々な問題を抱えていたようでしたので、このまま閉店になってしまうのでしょうか・・・
その動静がとても気になります。

IMG_2428
お店の外観です。

IMG_2430

IMG_2433
店内の雰囲気です。

IMG_2431
メニューです。

今日のオーダー「ハラミランチ」@1,000円です。
店内はこの間のアド街「勝どき」編でランキング5位になった影響か予約の電話の応対で忙しそうでした。
それでなくても人気店なのに・・・

IMG_2434

IMG_2435

IMG_2432

IMG_2437
待つこと3分で「ハラミランチ」の着膳です。
ハラミは7枚です。
それでは火を付けて焼きます。
うん安定の味ですね。
脂も程良くのっており申し分ありません。
付けタレも過不足ない味わい即ち王道のブレンドタレです。
強いていえばサラダが野菜もドレッシングもそっけもないことくらいですか。
それ以外の「バンチャ」(韓国風突き出し)は美味しゅうございました、ハイ。
焼肉はコメントが書きにくいというか書けないので、手抜きではないのですがこのあたりで終わらせていただきます。
こんな日もあります・・・

それでは(^_-)





両国 はせ川

今日は「USJのV字回復」です。
ハリー・ポッター
ユニバーサルスタジオジャパンがV字回復を成し遂げたということをご存知の方も多いのではないでしょうか?
実はV字回復に導いた仕掛け人が存在しています。
今日はその仕掛け人がフリネタです。
まずはそのessenceを以下に紹介します。

何故ハリー・ポッターを誘致したのかが気になる方も多いのではないでしょうか?
どうして450億円を投資してまでハリー・ポッターにこだわったのか?
すぐに経年劣化してしまう中途半端な映画ブランド10個に毎年45億円ずつ投資するよりは、数年に一度絶対に人気の衰えない強力なブランドに450億円投資したほうがよほど効率的です。
私自身、USJに携わる前からのハリー・ポッターファンで、家にはシリーズすべての本とDVDがあります。
そのため、マーケターとしてだけでなく、1ファンの感覚値としてもブランド力には自信がありました。
このレベルのブランドを使って集客施設を作れるチャンスは二度とない。
また、映画館でハリー・ポッターシリーズを観た人は累計約7800万人。
これは、「インディ・ジョーンズ」も「スター・ウォーズ」もジブリ作品でさえもかなわない圧倒的な数字だ。
ハリー・ポッターシリーズの圧倒的なブランド力、そして、そのブランドを使って集客するためのアトラクションが作れるという条件がそろったからこそチャレンジを決めた、と語るのはUSJのチーフ・マーケティング・オフィサー、執行役員、本部長の森岡毅氏であります。

40億で寿命が短いアトラクションを10個作るよりも強力なブランドに投資を集中させるという戦略にはうなずけますが、リスクや反対も大きかったと思います。
圧倒的な話題性を持ち、長続きする大きなものに一点集中で投資をしたほうが絶対に効率がいい!
というのがわかっていても、それに踏み切ることが出来た森岡氏はじめ、USJはさすがだといわざるを得ないのではないでしょうか?
ちなみに、アメリカにあるユニバーサルスタジオオーランドにできたハリー・ポッターのエリアの成功を見てから、日本への誘致を決めたと勘違いされがちですが、実は違っています。
まだオープンしたばかりのオーランドのハリー・ポッターを見て日本につれてくることを決意したのだそうです。
これの質を上げたものを日本に持ってくることができればそしてそのために必要な投資金額を算出し、それまでの3年間をほぼ投資なしで乗り切ったのです。
ですので、これまでの3年間の間の戦略が外れていたら、USJにハリー・ポッターがこないどころか、倒産していた可能性もあったくらいの大きな賭けだったとも語っています。 
「ネットビジネスで『少し』だけ人生を変えてみる哲学をあなたに伝授するブログ」ひろくんのブログより転載

私は今日のフリネタのCMOの森岡毅さんの事は日経新聞でその手腕は知り得ていました。
年間売上が800億円程度のUSJが一つのアトラクションエリアに450億円もの投資をさせた張本人が森岡毅さんだというのが日経新聞の紹介でした。
よくもまぁ社内起案が通ったものだとほとほと感心していました。
加えてよほどの剛腕なのだろうなと思っていました。

森岡毅
今日なにげに見ていたNHKプロフェッショナル「仕事の流儀」で森岡さんを取り上げていたので食い入るようにみていました。
風貌は画像の通り運動不足の中年男性を模範的に演じているような方です。
話し方もはベタなおっとりした関西弁でどちらかといいますと迫力不足です。
で〜も風貌とは裏腹この方は天才的な戦略家なのであります。

映画というフォーマットにこだわってブランドを作るのではなく、エンターテイメントの原点である「感動」にこだわってブランドを作りたいという考えが、森岡さんの頭の中に充満していたのです。
その為にはこのパークを「映画の専門店」ではなく、映画も含めて「最高の感動を届けるブランドを世界中から集めたセレクトショップ」にしたいと考えるようになっていたのです。
要は昔のデパートのように単にそろえておくのではなくそのブランドに熱い魂を注入しようとしたのです。

さらに今回のプランも深謀遠慮です。
First themeは、テーマパーク事業の最大のボリュームゾーンでありながら、USJの長年の弱点だった「家族連れ顧客(ファミリー)」を取り込むことでした。これはTDLの強みを模倣したのですが、USJの弱点をきちんと炙りだした事、これはこれですごい事だと思います。
さら〜にそこから生み出したキャッシュをテコにして打ち上げるsecond themeは、遠方からゲストを集客できる「ものすごい何か」を作って関西依存の集客構造から脱却することでした。
これが今回のハリー・ポッターのエリアの建築に繋がるわけです。
そして更にそれで得た大きなキャッシュをテコにしてより高く打ち上げるthird themeは、科学的経営管理法に基づいてパークを効率的に運営するこの会社のノウハウを複数の場所に展開して、会社を大きく飛躍させていくことでした。
これはTDLもまだ行っていない未開の領域であります。
そして森岡さんはやりっ放しではなくきちんとそのPDCAを回して回して回し続けていたのでした。
この辺りもなかなかできるのものではありません。

個人的に森岡さんを尊敬しているのはleaderとしての類いまれな資質です。
Leaderとは、全員が結果を出せるところに連れて行く力を持っている人、勝つための法則を見つけ出す技術力を持っている人、と定義付け自らは言うに及ばず部下の方にもそれが備わる様に日々育んでいるのです。

さらに社員にチャレンジ力を付けるために「スィング・ザ・バット」賞なるものを作りました。
これは豪快に空振りしたとしてもそのアイデアをたたえるものです。
結果が悪く出たらどうしようと守りに入るのではなくブンブンバットを振らせる事を第一とし、それを打っていると次第にスィングが整ってきて、いつの日かホームラン起動をえがいて打てるようにしたものです。
結果を恐れずに社員にどしどし振らせてチャレンジ力を付けるための施策です。

Everything is possible. Swing the bat!
Decide now. Do it now.

このような会社で働いてみたいものですね。
で〜も自分の会社でできないことがこのような環境が整った会社でできるかといのは別の話です。
やるのなら今の会社でしょう!


天才的な凄さ!バッハが曲の中に仕組んだ秘密に震えが止まらない!
驚きの次に更なる驚きが待っている!
バッハが晩年に作曲した「蟹のカノン(Crab Canon)」に隠された秘密がまさに天才的。
何が凄いのかを、おわかり頂けただろうか?
ヽ敝萃未蠅某聞圓靴討癲当然普通に演奏できる。
∈埜紊泙嚢圓辰晋紊法逆行して演奏しても完璧に音楽が成り立つ。しかも,箸楼磴旋律。
N省から同時に演奏しても、美しいメロディーになっている。
こ敝莠体がメビウスの輪になっている。



IMG_2440

IMG_2439
今日は両国に出没です。
なにやらsuper deliciousな豚カツを食べられるお店があるということでお邪魔しました。
今日のお店は「はせ川」さんです。

住所: 東京都墨田区両国3-24-1 両国尾崎ビル 103
電話:03-5625-2929
定休日:無休

IMG_2441

IMG_2450
お店の外観です。

IMG_2443
店内の雰囲気です。

IMG_2442
メニューです。

IMG_2444

IMG_2445

IMG_2447
今日のオーダー「ロースかつ定食」@1,000円です。
待つこと19分で「ロースかつ定食」の着膳です。
見た目縮小モードです。

IMG_2448
それでは気を取り直して実食です。
まずはお店の方のお奨めで山葵(わさび)と岩塩で頂きました。
平田牧場三元豚の脂身の甘さはよくよく理解できました。
衣もサクサクしておいしいのですが肉が硬いですね。
山葵(わさび)と岩塩で頂くのが飽きたので辛口ソースと甘口ソースで食べ比べてみました。
うんソースは甘口の方が美味しいですね。
しゃきしゃき千切りキャベツと赤出汁、固めのご飯は満足するものです。
なんて感想を頭の中で反芻していましたら肉が無くなってきました。
途中キャベツのお替り(free)で帳尻を合わせましたがお腹には物足りない定食でした。
さりとて特上ロースかつ@2,800円(220g)を頂くには今日のお財布は痩せていましたので仕方ないですね。
できれ〜ばもう少しコスパあげて欲しかったものです。
下町のとんかつ屋さんでしょう・・・

それでは(^_-)

青物横丁 とんかつ安右衛門

今日は「旅行」です。
「月日は百代の過客(はくたいのかかく)にして、行きかふ年もまた旅人なり」これは
俳聖松尾芭蕉の書いた「奥の細道」の冒頭部分です。
個人的には百代の過客(ひゃくだいのかかく)ではなく百代の過客(はくたいのかかく)
と正しく読み下せることが自慢です。
さらに言えば俳聖芭蕉同様に、人生そのものが旅である、とも思っています。

もともと「旅行」というのは「旅に出る行」ですから修行なのです。
旅がなんで「行」かと申せば「旅」という字は、旗の下に多くの人が集まるという意味なのです。
要は編の「方」と「𠂉」が旗を表し「𠂉」の下の部分が大勢の人を表しているのです。
多くの人が軍旗を押したて行進する意味なのですね。
で〜もそんな「行」はno thank youです。

日本語の旅は定義が曖昧です。
これは日本が高文脈文化圏だからです。
英語だと細かく定義されています。

#travel
主に外国旅行のような長距離の旅行に使われます。
実は名詞で使われることは少なく、動詞で使わることが多いです。
I will travel to America this summer.
(私はこの夏アメリカに旅行します。)

#trip
主に短い旅行に使われます。
ただしアメリカでは長期・短期どちらにも使われるようです。
また同じ場所に戻ってくる旅行(周遊旅行?)と定義している情報もあります。

#tour
組織化された計画的な視察・観光旅行です。
ガイドがいることが多い旅行のようです。
複数の場所を訪れて見学したりします。
またこの英語は旅行に限らず、工場見学ツアーなどにも使われます。

#journey
主に陸路の長期・長距離旅行に使われます。
同じ場所に戻ってくるとは限りません。

#voyage
主に船旅に使われます。
宇宙船にも使われることもあります。

旅行
さすが低文脈文化圏のアメリカあんどイギリスです。
定義が細かいでですね。
To be honest、旅行は計画を立てている時が一番楽しいですね。
人生は夢を持って生きていかなければならない、と釧路の最年長のスナックのママがいわれていましたが、決して大きな夢ではありませんが、旅行は夢と読み変える事ができるのではないでしょうか・・・


新・太陽にほえろ!



IMG_2424

IMG_2411
今日は旧東海道は青物横町に出没です。
なにか力がたまるものが食べたいなと思いお邪魔したのがこのお店です。
今日のお店は「とんかつ安右衛門」さんです。

住所: 東京都品川区南品川3-5-13
電話:03-3474-7461
定休日:不明

IMG_2413
お店の外観です。

IMG_2422
店内の雰囲気です。

IMG_2415
メニューです。

今日のオーダー「B定食(メンチカツ、チキンカツ、オムレツ、ポテトサラダ付)」@1,200円です。

IMG_2416

IMG_2417
なんとも可愛らしいカラシ壷です。

IMG_2418

IMG_2414
待つこと7分でご飯、みそ汁とお新香の到着です。

IMG_2419
待つこと9分で「B定食(メンチカツ、チキンカツ、オムレツ、ポテトサラダ付)」の到着です。
見た目カラッと揚がっています。
美味しげですね。

それでは実食です。
このお店の揚げ物はコロモが美味しいですね。
かなりのレベルです。
中の肉は硬いです。火が入りすぎているのでしょうか。
それとも肉の熟成期間が短いのでしょうか。
いずれにしても残念です。
オムレツは昭和のオムレツで好きな味付けです。
オムレツの中の玉葱が高評価です。
青物横町という場所からすると「コスパ悪し」のように思います。
で〜も個人的には満足でした。


それでは(^_-)

勝どき さより

今日は「スプラッシュ的アドマッチック天国」です。
IMG_2382

IMG_2388

IMG_2379
2014年8月23日(土)放送の「アドマッチック天国」勝どき編を見ていて思ったのですが、この街って中身が急変していたのですね。
特にトップ20をみていましたら、これらのお店が本当にトップ20なのかなぁというのが感想でした。
地元の有名店・繁盛店はほとんど出ていません。
あたりまえですよね、このようなTV番組にでましたら常連客を無くしますからね。
ということで本日のフリネタは「スプラッシュ的アドマッチック天国」です。
宜しかったらお付き合いください。

アド街紹介のはし田」さんです。
IMG_2373

店内の雰囲気

IMG_2374
アド街によりますと「勝どき一の寿司の名店。夜は一見さんお断りだが、ランチなら気軽に楽しめる。握りはもちろん、創作寿司も評判。ウニの軍艦はこぼれる程ウニを乗せて、卵焼きを添えて供する。二代目が作るマカロンも名物」との事です。
若旦那がロスとハワイに留学していたので英語が堪能でキャメロン・ディアス、ペネロペ・クルス姉妹、「セックス&ザシティ」のサラジェシカ・パーカーにおいては、2回も来店しているそうです。
先代の頃から客筋は良かったお店です。
先代はこのような創作寿司よりも正統日本料理に邁進して欲しかったようですが、代替わりしましたので今では若旦那にすべてを任せているようです。

ランチが3,240円と5,400円ですか。
デカ盛で有名らしいですね。
地元の方々は行かないのでしょうね、多分。
月島にあるステーキハウス「山口」さんと同類なのでしょう。
ここへは安倍総理が昭恵夫人とお忍びでこられています。
どうなのですかね、地元民がこない繁盛店って・・・
夜は一見さんお断りということに加えて一人15,000円という値付けでは自分の財布ではこられません。
お昼におじゃましてみますか。

アド街紹介のSHARESさんです。
IMG_2375

IMG_2376
アド街によりますと「築80年の長屋で営む、ニューヨークスタイルのレストラン。名物はアメリカから取り寄せる最高ランクの肉、ブラックアンガスのステーキ。分厚くカットし、表面は香ばしく、中はミディアムレアで供する」との事です。
このお店は突然勝ちどきに出現しました。
お昼はハンバーガー系が主体みたいですね。
値段は少し財布に厳しいですがたまには良いでしょう。
客層は地元の若いリーマンが多いみたいですので時間があったらお邪魔してみますか。

スプラッシュ紹介の池のや」さんです
IMG_2380

IMG_2381
ここの家庭料理のコスパを知ったら他のお店にはいけないでしょう。
このお店の料理は築地場内に上がるその日の食材に左右されますがほとんどハズレはありません。
しか〜したまにハズレる事があります。
その日に当るとかなりショックを受けるかもしれません。
warm-heartedの接客に飢えている方にお奨めのお店です。
この部分は決して裏切りません。

スプラッシュ紹介のしなそば家」さんです
IMG_2385

IMG_2386

IMG_2387
このお店は画像の通り勝ちどきでは稀な行列ラーメン屋さんです。
味は好きな人ははまるという万民向けの味ではないのですが、やはり行列ができるという事は独特のこだわりを持っています。
店内にはいるとこのお店のlocal ruleの支配下に組み敷かれます。
この部分を我慢できる方にはお奨めです。
一度勝どき行列の味をご堪能ください。
私のお奨めは「味噌ラーメン」です。


CGじゃないぞ。イチローのミラクルスロー!!!



IMG_2362
ということで今日は勝どきに出没です。
今日のお店は以前から候補店にしていたお店です。
今日のお店は「さより」さんです。

住所: 東京都中央区勝どき3-16-7
電話:03-3533-0056
定休日:土曜日・日曜日・祝日

IMG_2363

IMG_2364

IMG_2372
お店の外観です。
このお店少しわかりにくいのです。
一応ここだろうなと目ぼしをつけてお店に向かったのですが飛び込んできたのは古びた下町の住居でした。
かなりの意外感があるお店です。
ここのご主人は昔築地の仲卸で働いていて、旨い魚を、旨いと分かる人に食べさせたいという思いから開業されたそうです。

IMG_2367

IMG_2366
店内の雰囲気です。

今日のオーダは「おまかせ四点盛刺身」@850円です。
なにかお店が始まる前にご主人と奥様?との間にいさかいがあったみたいで妙な緊張感が店内を支配していました。
正直に申しますと、このような雰囲気はあまり好きではありません。
息がつまりそうな思いになりました。

IMG_2368

IMG_2369

IMG_2370
IMG_2371
待つこと4分で「おまかせ四点盛刺身」の到着です。
見た目美味しいそうです。
刺身の内容は、鮪、しめ鯖、平目の昆布しめ、鯵です。
それでは実食です。
どの刺身も外連(けれん)がなく美味しいです。
意外だったのはツマの大根です。
甘いのです。
このツマのレベルは始めてです。
大変結構でした。
常連さんのほとんどが魚系の唐揚げを頼んでいました。
次回はこの料理を目当てに再訪してみますか・・・

それでは(^_-)

小川町 鍛冶屋文蔵

今日は「夢」です。
無題
この画像の女性は大正11年生まれの釧路市で現役の最高齢ママです。
名前はきね子さんです。
その御年92歳です。
そしてそのママが連綿と経営してきたお店の名前は「ニュータウン」です。
昭和23年からお店を開き今年で66年目を迎えます。
この最高齢ママを知ったのはNHKの「女の横町」という矢代亜紀さんが語りとして出演している番組を見ていたからです。
この番組は全国各地の横町を訪ねては、そこで繰り広げられる人間ドラマをあたかもカウンターで聴いているような臨場感でお届けする酒場疑似体感紀行なのです。
NHKにはめずらしく肩の力が抜けた良い番組なのでDVDに録画してみていました。

今回の釧路編はオムニバスの三部構成で最後にこのきめ子ママがでてきました。
最初はこの画像の通り、92歳には見えないな、というのと久々に聞く釧路弁を懐かしがっていたのです。
最初はステレオタイプの苦労話が始まるのだろうと安くみていたのです。
しか〜し番組中ごろに「人生って何ですか」という質問に対して、きね子ママの答に私の表情が一変したのでした。
私の表情を一変させた答えとは
「夢、この世は夢だね。
本当に夢だわ。
自分の理想のようになんか行くようなもんじゃないんだから。
本当に儚(はかな)い夢だと思うよ。
それでも大きな夢をもたなきゃだめだよ。
人生は夢がないと生きられないの」
というものでした。

そしてその後もTVは廻っており、深夜まで撮影していたディレクターがお腹をすかせているのを心配したきね子ママは手打ち蕎麦をふるまい、ぽつりと次の事を言ったのです。
「いつ東京に帰るんだい。
今度いつ頃釧路に来るんだい。
また会いたいね。
今度会う時、私はすっかり変わっているかも・・・
もしかしたら形が無くなっているかもしれないね。
でも頑張って!
楽しい未来があるんだから。
この世は夢よ。
儚い夢ではなくて頑張った夢にしよう。
楽しくいこうね。
体に気をつけて頑張るのよ」

自分だけが感動してテンパっているので共感はできないかもしれませんが、92歳の女性がですよ、いまでも「儚い夢ではなく、頑張った夢にしよう」と言って若いディレクターを励ましているのです。
これには心底驚きました。
TV放映の行間を読む限りでは、このきね子ママには家庭があり、お子様もおられて、望めば多分悠々自適のはずです。
なのに・・・敢えてこのきつい水商売を続け且つ夢を持って生きておられるのには感動しました。
私もこのような人生を送りたいものです。
皆様は90歳を超えても夢を持って生きていられるでしょうか・・・


木々の緑
赤いバラ
僕らのためにある
美しいものを見ると
こう思うんだ
なんてすばらしい世界だろう

青い空
白い雲
輝く美しい昼も
暗く聖なる夜も
僕は思う
なんてすばらしい世界だろうと


今日は神田錦町に出没です。
今日のlunchはinspirationで見つけました。
今日のお店は「鍛冶屋文蔵」神田錦町店さんです。

住所: 東京都千代田区神田錦町2-9 安田グリーンパークビルB1
電話:03-5282-7113
定休日:土曜日・日曜日・祝日

IMG_2313

IMG_2304
お店の外観です。

IMG_2306
店内の雰囲気です。

IMG_2303
メニューです。

IMG_2308
今日のオーダは「チキン南蛮定食」@800円です。
実はこのお店を選んだのはinspirationではありません行列ができていたからです。
店内もこのように行列ができていました。

IMG_2309

IMG_2310
待つこと15分で「チキン南蛮定食」の到着です。
見た目キャベツこんもり定食です。
チキン南蛮は肩身が狭くお皿の前面に5個肩を寄せて並んでいました。

それでは実食です。
鶏肉自体は柔らかくて美味しいです。
付け合わせのマヨネーズも良い味わいです。
主流派のキャベツは涼感良く且エッジが立っていていけます。
しか〜しこれって置き冷ましではありませんか。
いくら料理の味がよくてもこのような置き冷ましの料理をだす店は評価しません。
忙しいから置き冷ましの料理をだしてよいという屋郎自大の論理は我が国では通用しません。
あたりまえです。
コック長も自らかぶっているその高いコック帽に対して謙虚に反省すべきです。

IMG_2312

IMG_2311
で〜も時間が余ったのでNHKの連続ドラマを見せて欲しいとお願いしましたところ、高校野球からNHKの連続ドラマに変えていただき、なおかつミュートからミュート字幕放送に変えてくれました。ありがとうございます。
食後のコーヒーを飲みながら字幕放送を見ていたのですが、音声がないと変な感じですね・・・

それでは(^_-)

池袋 壬生 リターンズ

今日は「料理写真を撮る」です。
料理写真を撮る
「料理写真を撮る」の是非論ではありません。
何故ならば私は自らブログで料理写真を掲載しているからです。
肯定者からはその擁護論しかでませんので甲論乙駁とはならないからです。
ところで飲食店で料理の写真を撮るのは日本人特有の行為ということらしいですね。
まずはその事に対しまして外国人からの感想です。

#イギリス人
イギリス人は「レストランの中で写真を撮るなんてあきらかにマナー違反にきまっているじゃないか」と一刀両断であります。

#アメリカ人
アメリカ人女性は「一緒にいた友達を撮らずに料理だけをアップにしていたから驚きました。記念にしたいなら普通友達や自分を撮る(selfie)でしょう」と話ています。

#イタリア人
イタリア料理というものはきれいすぎてはいけないんだ。
きれいな料理だとかえってその味を疑われてしまうんだ。
料理はみて楽しむものではなく味が大切なんだ。
従って写真を撮る意味なんかないね。

#フランス人
フランスでは美しくて華麗な料理は高級店だけです。
ですので、そのような店にはカメラなんかは持ち込めません。
そのような店で写真を撮って喜ぶのは「無粋な人」と思われるのでしません。

というように海外では「料理写真を撮る」ということはほぼほぼ全否定です。
でもこれは料理のとらまえ方の差だと思うのです。

懐石料理
日本の代表的な料理、懐石料理では、野菜中心に料理をします。
どれもが圧倒的に美しく且季節の食材を見事に引き立ています。
懐石料理は最高に洗練されたperformance artのコース料理だといえるのです。
懐石の高級料亭は、どこでもみごとな庭のある伝統的な木造の大邸宅で、畳の部屋には値がつけられない程の高価な掛け軸や焼き物が飾られ、料理が盛られる器や漆器は数百年も昔のもので且つ数百万円の価値があります。
使われている食材もやはり一級品です。
たとえば春の料理は「花咲く桜の木の下で、緋毛氈を敷き、その料理を広げたところに、ひらひらと優雅に舞い降りてくる花びらが見える」というような風情にし、秋の料理は「深紅の落葉が敷き詰められた庭には去りゆく秋に対して感傷的な気分になる」というような風情にするなど、まさに五感を対象とした総合芸術なのです。
芸術ですので鑑賞対象となるのです。
で〜も高級料亭で、カメラでパシパシ料理を撮っていれば、それは日本でもその人の見識は疑われるので要はTPOが肝要なことはいうまでもありません。

日本には四季があります。
従いましてその変化を楽しむというのははるか昔から日本人の根底にあります。
たとえば・・・
春には観桜を楽しみます。
夏には華火を楽しみます。
秋には紅葉狩りを楽しみます。
冬には新雪を楽しみます。
といように日常のたわいもない変化に一喜一憂するのが日本人のsentimentなのです。
カメラの出現からは、柿がなったからパチリ、お隣の赤ちゃんが笑ったらパチリというような、どこへ行っても撮る被写体を見つけるのが得意な国民なのです。
したがいまして美味しかった料理をパチリしてSNSにpostingするという行為は昨日今日のものではないのです。
日本人ならだれしもそのDNAは引き継がれているのです。
これを妄誕(言うことに根拠のないこと)と思わるのは心外ですが、牽強付会ではないと思っています。


元祖・孤独のグルメ・夜行



IMG_2353
今日は池袋に出没です。
まだ残暑です。
今日はお気に入りのお店が店舗改装したというので足を伸ばしました。
ということで今日のお店は「壬生」さんです。

住所: 東京都豊島区池袋2-73-3 サンスプレンダー池袋 1F
電話:03-6914-2880
定休日:無休

IMG_2354
お店の外観です。
変わったのは外観だけでした。
店内は「変わらず」です。

IMG_2355
メニューです。

今日のオーダは「肉そば(中)」@790円です。
ちなみにここのおそばは大(380g)中(280g)小(230g)でも値段は同じです。

IMG_2357

IMG_2359

IMG_2358
待つこと5分で「肉そば」のでき上がりです。
見た目海苔がこんもりです。

IMG_2360
トッピングを押し広げるとこのような感じです。

麺はごわごわ麺です。
具は、牛バラスライスのボイル、刻みネギ、ゴマ、刻み海苔そしてとろろが大量にのっています。
それでは満を持して実食です。
あれつ、麺の冷やし方が日光の手前(今市=いまいち)です。
今日始めてわかったのですが、この「肉そば」って冷え方があまいだと美味しさが半減するのですね。
辛味のある付け汁はいつも通りだったのですが、なんだかなぁの味わいです。

IMG_2356

IMG_2361
仕方ないのでつけ汁を白濁蕎麦湯で割って、魚粉と七味唐辛子をかけていただきました。
これは鐡板の味わいで結構でした。
何か蕎麦湯を飲みにきたみたいです(悲)
こんな日もあります・・・

それでは(^_-)


続 富士見台 ルーナルッカ

今日は「パッチギの町」です。
今日は有休を取得して十条に出没しています。
実はこの十条には生まれてこのかた来た事がありません。
当然のことながらくる用事がなかったのですが、正しく申せば来る用事を意図的に作らなかったのです。
理由ですか・・・
来るのが怖かったのです。

私達の青春時代、この町は完璧にパッチギの町でした。
したがいまして、以下の動画は都市伝説としては信じられなかったのです。
実話だと信じていました。


それ以外にも巷間で言われていた、割り箸を折ってギザギザになったほうを鼻の穴の中に奥深くまで突っ込んで気絶するまで殴り続けるとか、パチンコ玉を口いっぱいに詰め込んで歯が折れるまで殴り続けるとか、これらもこの町では実話だと思っていました。
実際中学の同級生が高校3年生の時、赤羽の駅の掲示板に書かれていた、朝▲高校参上、の伝言を、国▲舘高校参上、に書き換えた途端、どこから湧いてきたのかわかりませんが、数十人の外国人高校生にかこまれてボコボコにされたという体験談も実話だと今でも信じています。

一応ず〜っと剣道をやっていたので、体力的には普通の高校生と比べても劣ることはなく勝っていたと思ってはいたものの、それはルールのある世界での話であり、このようなノンルールの世界では通用しないことは十も承知、百も合点だったのでした。
特に私立高校の友人からは、こちらが三人で向こうが一人のhandicap fightでもそれは向こうの作戦で、その様子を陰で見ていた仲間が、こちらがタカビーに出た途端マトリックスのように増幅するので、とどのつまり所持金及び金目のものは全部取られるぜ、とも驚かされていたのです。
あまりにもこの町では乱闘事件が多いので、たまりかねた帝京大学は医大病院を併設したという話しもこれまた都市伝説とは思えませんでした。
要はこの町はno thank youなのです。

IMG_2314
ということで始めておりた十条駅ですが、当り前ですが普通の町した。
血反吐をはいてのたうちまわっている高校生の姿は見る影もありません。
なあ〜んだ「平和の町」だったのではないですか。

IMG_2319
件(くだん)の外国人学園も静謐な雰囲気を醸し出しています。
時間がこの町を変貌させたのですね・・・

ちなみに今日の町にきたのは、半年前から「森進一」状態、即ち突然声がかすれてしまう症状がみられるようになりました。最悪の事に夏休みの間、家人にそれを見咎められて医者に行くように言われ、その結果帝京大学医学部付属病院の精密検査を受信しにきたのです。
最終治療は経過観察のうえで決まるのですが、病名は敢えて書きませんが、現代医学では難病の部類にはいるものです。
このまま加療しても最後はしゃべれなくなるみたいです。
まぁこれも運命です。しゃべれなくなった際は手話を覚えなくてはなりません。

IMG_2315

IMG_2316

IMG_2317
そうそう帝京大学医学部付属病院ってすごくhospitalityの良い病院です。
まるでHotelのようです、まったくストレスを感じることなく受付、診察、会計が終了しました。
しばらくは加療通院しなければならないのですが、ここならwelcomeであります。


IMG_2333
今日のランチは富士見台です。
今日は練馬で一番美味しいといわれているPizzeriaである「ルーナルッカ」さんにお邪魔しました。

住所: 東京都練馬区富士見台2-33-5
電話番号:03-5933-9699
定休日:月曜日

IMG_2332
お店の外観です。

IMG_2324

IMG_2325
店内の雰囲気です。

IMG_2326
メニューです。

今日のオーダーは、「トンナーラ(ツナ、チェリートマト、コーン、マヨネーズ、モッッレラ、パルミジャーノ)&コーヒー付」@1,100円です。

IMG_2328
待つこと3分でサラダの到着です。
このサラダは野菜のedgeが立っていて且つ良く冷えていおり美味しいです。
特にこだわりのトマトはほんのり甘くて美味しく頂きました。

IMG_2329

IMG_2330
待つこと11分で「トンナーラ」の着皿です。
見た目キレイです。
この「トンナーラ」は、バジルの緑色、モッツァレラチーズの白色 、チェリートマトの赤色を使い「イタリア国旗」を表わしているようです。
個人的にはツナ、コーン、マヨネーズ、モッッレラって相性が良いと思います。

それでは実食です。
これは久々の「くりびつてんぎょのいたおどろ!」です。
ピッツアを口いっぱいにほおばり、噛みしだく快感、イタリアはトンナーラの海の香りが口内いっぱいに広がります。
これは美味しいです。
特に生地がもちもちしていて弾んでいます。
モッッレラとパルミジャーノのダブルチーズ、先祖返りではありますが濃厚なミルクを連想させます。
これは絶品ですね。

中国人奥様の日本語も大分上手くなり結構です。
瑕瑾を申せば「熱いのでお気をつけてくださいませ」は「お熱いのでお気をつけください」の方が宜しいかと思います・・・

それでは(^_-)


浅草 ロッジ赤石

今日は「40年ものの穴」です。

#伊藤愛子の穴
IMG_2276

IMG_2275
今日は浅草のとある料亭で打合せです。
なかなか格式のある料亭でこういうところでの打合せは身が引き締まる思いがします。

伊藤愛子
打合せが終わってお店の方と雑談をしていました。
その中で私の琴線にふれる会話があったのです。
それは「若鹿」さんの店先にいつも貼ってあったポスターの女性歌手は誰なのかというものです。
多分物心ついた頃から、このお店の前にきますとこの女性歌手の新曲の案内が眼に飛び込んできたのです。
今日氷解しました。
この女性歌手は「若鹿」の女将さんの妹で伊藤愛子さんっていう方なのでした。
8歳の時に劇団ひまわり入団、子役として活躍していて森村学園に通いながら歌手の道を続けていたのです。
ヒット曲「忘れたはずの愛」は1972年第4回ヤマハポプコンで最優秀グランプリ及び歌唱賞を受賞しています。
その後「全日本歌謡選手権」に出場し、かなりの高得点で10週勝ち抜いた経歴の持ち主だそうですよ。


YoutTubeでその歌声をききましたらかなり歌唱力のあるかたのようです。
御年65歳ですがいまだ現役の歌手のようです。
個人的には40年間のもやもやが晴れてすっきりしました。
遅きに失しましたが同じ下町っ子として伊藤愛子さん応援しますよ。
「若鹿」さんもね!

#伊藤四朗の穴
伊藤四朗
伊藤四朗さんは私の生まれ育った家(竹町)の近くに住んでおられた関係もあり非常に好きな喜劇役者の一人であります。
長じて高校生の時、TBSドラマの「ムー」の中で我が高校の校歌を歌ったものですからとてもクリビツしたのでした。
同級生の間では「脚本家の台本だろう」という説と「さすがに他校の校歌を歌えるわけもなく、卒業生だから歌えたんだろう」という説とに真っ二つに割れました。
個人的には後者即ち卒業生だという説を支持ました。
さすがにドラマのdetailにそこまで細かい演出はしないだろう、と思ったのであります。
ところが今日NHKを見ていましたら、伊藤四朗さんは都立市ヶ谷商業高校卒だったのであります。
ちなみに小堺一機さんは伊藤四朗さんの後輩であります。
当時、高校には円山町(渋谷)から市ヶ谷山伏町(市ヶ谷)まで都電通学していました。
で〜もこうなると誰が何の目的で我が母校の校歌を伊藤四朗さんに歌わせたのでしょうか。
新たな穴があいてしまいました。
蛇足ですが伊藤四朗さんの左頬の傷は小学校4年生の時にトロッコ遊びをしている時に、ひっくり返って、廻っている車輪が頬にあたりできたものです。
骨に穴があく程の重傷だったそうです。
ここでも40年間のもやもやが晴れてすっきりしました。

#びっくり食堂の穴
bikkuri[1]
「最後の穴はこの画像の「びっくり食堂」さんですが、かつて私の住んでいた家の一階にありました。
なんでそんなところに食堂があったのかが私の穴です。
なるべく早く調査して私の穴を埋めたいと考えています。


思わず見入ってしまいます。




IMG_2277

IMG_2279
とうことで今日は最初の穴のながれで浅草を彷徨していました。
たまには夕飯をきちんととるかと訪れましたのは「ロッジ赤石」さんです。

住所: 東京都台東区浅草3-8-4
電話:03-3875-1688
休日:月曜日

IMG_2281
お店の外観です。

ロッジ赤石
店内の雰囲気です。

IMG_2288
メニューです。

今日のオーダー「ベーコンガーリックスパゲッティー」@930円です。
私は大学生の頃はほぼほぼ毎日浅草で明け方まで飲み倒していた口なので皮膚感覚でわかります。
ここは典型的な浅草の喫茶店です。
従いまして深夜は水商売の方がお店を締めた後に来られますし、明け方はタクシーの運転手さんが来られるという時間帯によって客層が変わるお店です。
どこか私の青春の蹉跌的なお店でもあります。

IMG_2287

IMG_2286
待つこと9分で「ベーコンガーリックスパゲッティー」が着皿しました。
具はベーコン、たまねぎ、ピーマン、にんにくが大量にはいっています。
麺頂には炭化した焦げ紫色の鷹の爪が存在感を示すかのように横たわっています。
麺は中太麺で、味付けは醤油ベースです。
味ですか、美味しいですよ。
ベーコン、たまねぎ、ピーマン、にんにくを醤油で合わせるというのはbest matchです。
不味いわけがありません。
Deepな浅草を体現したい方は深夜の2時から3時頃をお勧めします。
昔の私みたいな輩が沢山いると思います・・・

それでは(^_-)


神田 源ちゃん

今日は「回転寿司異聞」です。
次の大阪に関するトリビアのなかで正しいのはどれか? 間違っているのはどれか?
1.大阪の回転鮨店のベルトコンベヤーは、東京の回転鮨店よりも40パーセント速く回っている。
2.大阪人が歩く速さは秒速1.6メートルで、東京人の秒速1.54メートルを凌いで世界一だ。
3.大阪の公共交通機関の券売機の硬貨投入口は日本一大きく、硬貨をすばやく入れることできる。
4.大阪人の普段のあいさつは、「もうかりまっか?」である。
5.大阪では、エスカレーターに乗るときに右側に立つのが慣わしたが、大阪以外の地域では左側に立つ。
6.世界最速のファストフードは、大阪で生まれた。
7.大阪のGDPはスイスとほぼ同じである。
「英国一家、日本を食べる」マイケル・ブース著より転載

答えはすべて正しいのです。
大阪には2年間すんでいましたのでそれなりに大阪の事は知悉しています。
大阪人は日本一熱く、せっかちで、反骨精神が強く、商売上手で、諧謔的(気の利いた冗談)な言葉を多用する人達です。
大阪人と比べますと東京人は色あせてしまうといわれていますが、真の東京人というのは1,200万人の内のほんの何割かでそれ以外はmob(バラバラになっている人の集団)でありますのでその判定は異を唱えるところであります。
確率論で申せば大阪でも真の大阪人と申せば同様のlogicが成り立つと思います。

大阪のすごいところは二人の天才的founder(創始者)を輩出したことです
一人は回転寿司 生みの親 白石義明さんで、もう一人はインスタントラーメンの生みの親の安藤百福さんです。
安藤さんは以前取り上げましたので今日はその傍らの白石義明さんがフリネタであります。

回転寿司
白石義明さんは大阪の立ち喰い寿司店経営者だった頃、アサヒビール吹田工場(大阪府吹田市)を見学した際に、ビール製造のベルトコンベアを見て、それをヒントに、多数の客の注文を低コストで、効率的に捌くことを目的とした「コンベヤ旋廻食事台」を考案したのです。
1958年、大阪府布施市(現:東大阪市)の近鉄布施駅北口に、世界最初の回転寿司店である「元禄寿司」を開きました。そして1962年12月6日、「コンベヤ旋廻食事台」は「コンベヤ附調理食台」として、白石義明名義で実用新案登録(登録第579776号)をされたのです。
1978年まで世の中に回転寿司店はコンベアの特許の関係で「元禄寿司」チェーンしかなかったのですが、これ以降は特許が切れ、国に様々な回転寿司店が全国に広がっていったのは周知の事実であります。
特に白石さんの頭を悩ましたのはconveyerのspeedです。
ちなみに「回転寿司」を英語で申しますと「conveyer-belt sushi bar」になります。
速すぎますと、客は取り逃がす事が不安になりますし、遅すぎれば客は待ちくたびれてしまいます。
最終的に白石さんは秒速8cmが最適speedだと判断したのです。
これにより白石さんが経営する「元禄寿司」チェーンでは、客の滞留時間を12分程度に短縮して大成功を収めたのです。
つまり従来の鮨屋なら一晩に3回転程度の客の入りが、回転寿司なら一晩に4回転する計算になるからです。
その後白石さんはさらに工夫を重ね、いつでもお客さんに熱いお茶をだせるようにと自動給湯装置を開発しました。
回転寿司の誕生から50年、大きな功績を残して白石義明がこの世を去ったのは今から13年前、2001年8月29日、享年87歳でした。
白石さんのひらめきと工夫から生まれた回転寿司はこれからも人々の笑顔を運び廻り続けていくことでしょう。


ホームレスから突然バケツをとりあげる3人の学生。その結末とは?



IMG_2292
今日は炎天下の神田に出没です。
店頭に早くも新さんまがでていました。
ということで今日は決め打ちです。
今日のお店は「源ちゃん」神田店さんです。

住所:東京都千代田区内神田1-9-8 蔵町ビル 1F
電話:03-5577-4267
休日:無休

IMG_2294
お店の外観です。


IMG_2300

IMG_2299
店内の雰囲気です。

IMG_2295 (0)
メニューです。

今日のオーダー「新さんま塩焼きと鶏唐揚げ定食(お新香、味噌汁付)」@896円です。
待つこと3分で「新さんま塩焼きと鶏唐揚げ定食」が到着です。
あまりに早いので店員さんに、ちゃんと焼いているの、と聞きましたら、さんまの中はあらかじめIHの遠赤外線でふっくらと焼き上げをし、その後で一定温度で温め置きしておいて、お客さんから注文がきたらバーナーで焦げ目をつけて出しています、とのことです。
納得です。

IMG_2296

IMG_2297

IMG_2298
それでは満を持して3分焼きさんまの実食です。
うん、皮の焦げ目はおいしいです。
しか〜し魚肉はディスるものです。
魚肉全体に平等に温度が行きわたっていなくドリップ(肉汁)こそでていないものの味は焼き立てに比べるとかなり落ちます。
回転率を上げるためには、このような調理方法は仕方ないのでしょう。
唐揚げはまずまずのlevelです。
神田のコスパからするとこの定食はまずまずではないでしょうか。
和テイストのファストフードを希望の方にお勧めです。
で〜もこの3分焼きさんまの再食、私はno thank youであります。
こんな日もあります。

それでは(^_-)

訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ