下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

2014年04月

高島平 インディラ

今日は「パウダールーム異聞」です。
キラリナ吉祥寺
京王電鉄が4月21日、井の頭線吉祥寺駅に直結する地下2階地上9階建ての新商業施設「キラリナ京王吉祥寺」の内部を初公開した。30代女性をイメージターゲットに、仕事帰りや家事・育児の合間に夫婦やカップルでも利用できる施設を目指すという。
「Cosme Kitchen(コスメキッチン)」や「jupiter(ジュピター)」の新業態をはじめ国内有力セレクトショップなど、全98店舗のうち約7割が吉祥寺エリア初出店となる。オープンは4月23日です。
「Fashionsnap.com(ファッションスナップ・ドットコム)News」より転載

この「キラリナ京王吉祥寺」のgrand openの日の朝にTVで何気なくこのニュースをみていました。
吉祥寺は家から近いこともあり、今度行ってみようかな、くらいの気持ちでみていたところ

パウダールーム

パウダールーム2

パウダールーム3
「キラリナ京王吉祥寺」は空間表現が特徴の一つで、文化の街を意識し、一部エレベーターホールには、地元の若手アーティストがテナント構成からイメージしたグラフィックを壁一面に装飾。9階には駅周辺が一望できるテラス、4階には日差しが降り注ぐリビングをイメージした広場など休憩スペースを用意しました。
女性専用トイレは、5階が鳥かごのような個室のパウダールームを備えているのに対して、2階は同エリア最大の個室数を設けて利便性を重視しています。

との案内がありました。
実は、私この案内を聞いた時に、この鳥かご、さらにパウダールームって一体全体何の事、って驚いたのです。
この案内の行間を読む限り、とうやらパウダールーとは、女性用化粧室、女性用洗面所の事を申しているらしいのです。
単純に脱衣場と洗面所を分けるタイプや、トイレのスペースを広くとり、その中にゆったりくつろげる化粧スペースを一緒に取り入れるようにしたタイプ、シャワーまで取付けて小部屋にするタイプなどと多種多様なのであります。

どうやら女性トイレはトイレって呼ばないでパウダールームって呼ぶのが最近の常識みたいな事になっているみたいですね。確かに〜オサレな呼び方です。

その日、得意先との打合せがあり、そこの役員と打合せが終わった後雑談になり、このパウダールームの話になりました。
役員は、最近の商業ビルはテナント確保のために、トイレ=パウダールーム化、セキュリティ=アクセスコントロール化、エレベーター=高速化の3アイテムが必須で、これを称して「テナントビルの三種の神器」というのだ、と言われていました。
さら〜に女性のパウダールームの鏡は、女性が自分の化粧をよくよくcheckできるように鏡と女性の間にあるライニング(カウンタートップ)の出幅を狭くしているそうです。
私はこのような時代の潮流の変化を全くしりませんでした。
どうやら世の中のtrendは「女性の美」の為に動いているようです。
美を堅持する意識が剥落しかかっている中年オジがらしますと誠にご同慶の至り、即ち結構な事であります。

これからは紫外線が強くなってきますので、女性のお肌に良い影響を与えません。
従いまして、時節柄淑女御自愛専一奉存上候を祈念する次第であります。
女性美形化大万万歳であります。
Petit情報でした。

Never underestimate a man who overestimates women.
女性を過大評価する者を、決して過小評価してはならない。
Splash


名前がコールされても観客席の声援が鳴りやまない。
滑り出そうとした瞬間、数人の女性が「ユヅ、愛してる?!」と絶叫。
羽生は表情を変えず「パリの散歩道」に乗って滑り始めたが、絶対的な安定感を誇る冒頭の4回転トーループが回転不足で転倒した。


IMG_0343
今日は高島平に出没です。
例によって昼食抜きです。
Late lunchを食べようと彷徨していたところ、以前から行こうと思っていたカレー屋さんが目の前に出現しました。
今日のお店は欧風カレーのルーツ「インディラ」さんです。
 

住所: 東京都板橋区高島平1-74-10 日東ビル 1F
電話:03-3936-8969
定休日:火曜日

IMG_0344
お店の外観です。

IMG_0346

IMG_0352
店内の雰囲気です。

IMG_0345
メニューです。

今日のオーダー「ビーフカレー(辛口)」@1,360円です。
このお店は以前弊blogで取り上げた「Bondy」さんの出自店だそうです。
そもそもBondyの現ownerはインディラの創業者(現ownerの父)と当地でカレー屋をしていて、その後紆余曲折があり、インディラから独立したそうです。
そして機会があり欧州に旅行にいき、そこでデミグラスソースを知り、それに工夫を加えカレーにしたのが現在のBondyのカレーだそうです。
しか〜し正統欧州カレーはインディラの創業者が作ったものだそうで、日本に印度カレー、家庭カレーに加え欧風カレーの三基軸を作った功労者だそうですよ。

 閑話休題おはなしはもどりまして
IMG_0347
待つこと1分で「じゃがいも」の到着です。
To be honest,このじゃがいもはホクホクあんど甘くなく美味しくありません。

IMG_0348
薬味の面々です。

IMG_0350

IMG_0349
待つこと2分で「ビーフカレー(辛口)」の到着です。
それでは実食です。
カレーは濃厚でコクがありライスの上に可愛らしくのっているチーズのせいかとてもまろやかです。
ビーフも柔らかくジューシーですが、正直「Bondy」さんとの味の違いがよくわかりません。
しいていえば「Bondy」さんは量が多く、インディラさんは量が少ないということですか。
Fruityな点においてはインディラさんの方が凌駕しているような感じです。
辛さはかなりの辛さなので個人的には満足でした。
総括すれば美味しいカレーです。

結論、欧風カレーはこれで打ち止めです。
理由はやはりコスパがよくありません。
私のブログは「B級グルメ」ですので、本流にもどります、ハイ。

それでは(^_-)


三田 英

今日は「このような日が来るとは・・・」です。
NHKの朝ドラしかTVは見ないのですが、高校の大先輩である煮込みの達人「坂崎重盛」さんのTVやっているよ、と友人からのmailがあったのでDVDに録画してみることにしたのです。
ちなみに坂崎先輩は平井(江戸川区)生まれの立花(墨田区)育ちです。
この辺りの地名は下町育ちでないとさすがにわかりませんよね。
勘の良い方ならピンとくると思われますが、「坂崎重盛」さんは我が高校の超有名人であるTHE ALFEEの坂崎幸之助さんの叔父でもあります。
ちなみに良く問い合わせのある「坂崎重盛」さんのご家族ですが、娘さんがおられますのでご結婚はされています。さらに付け加えますと結婚は二回されています。
しか〜し現在は独身天国?を謳歌されているみたいです。
従いましてこれ以上の踏み込みはいたしません。
甥っ子の「坂崎幸二」さんも独身です。
独身の理由はそのお住まいに起因しているとのことですが、これついてもここまでの踏み込みです。
ちなみに坂崎幸之助先輩は高校の時は「坂崎幸二」だったのですが、自分の名前にインパクトがないため、そしてその名前が嫌だったことに加えて、家の隣が電器屋だったことから、パナソニックの創業者「松下幸之助に」ちなんで今の芸名にしたのです。マジですよ。
さらに余談ですが坂崎幸之助さんのお兄さんも同じく高校の先輩であり、なにやらこの坂崎家は下町の名門高校?を卒業するのが家訓になっていたようです。
ちなみに我が一統の中にも、現在私の母校に通っている姪がいます。
余談ついでにもう一つ私が生まれ育った町内の有名な喜劇役者の伊東四朗さんは、TBSのドラマ「ムー」で我が高校の校歌を歌っていたので、今日の今日まで高校の先輩かと思っていました。
NHKをみていてわかったのですが実は市ヶ谷商業だったのですね。
小堺一機さんも同窓です。

IMG_6790
さらに我が高校の現校長はそのまま成長したら8938さんになっていたというサッカー部の大先輩の柴田哲さんが校長をしているのであります。

閑話休題おはなしはもどりまして
さくま5
TVの話でしたね。
見た番組は「酒とつまみと男と女(BSフジ)」の2014年4月22日on airの「浅草界隈」であります。
今回は、エッセイスト、フードコーディネーターの平松洋子さんを「酔客」に迎え、春風亭一之輔さん、坂崎先輩が東京・浅草でハシゴ酒をするという話です。
庶民的な「居酒屋 浩司」「さくま」から、「THE GATE HOTEL 雷門」のおしゃれなテラスバーまで、バラエティに富んだ店を訪ねていました。

さくま4
とくに「さくま」は、行こう行こうと思っていたのですが、何故か行けなかったお店であり、私の鯨飲時の「絶対に行きたいお店」の一つでもありました。
このお店は大女将さんとその娘さんとお嫁さんという女性3名のトロイカ体制でまわしています。
大女将さんの興がのれば得意の「手相占い」をしてもらえるそうですよ。
料金はどんなに呑んでも95%はきっちり一人4,000円との事らしいです。
呑んだ空き瓶を毎回数えるらしいですが、ほとんど4,000円でお勘定となるようです。
昔、北千住の同じく煮込み名店「大はし」さんは、締めてっていうと、ご主人がガシャガシャと算盤を入れるパフォーマンスのみしてから、3,000円、って言ってお会計をしていた事を彷彿させますが、netで確認してみましたら、今の「大はし」さんは明朗会計のようです。

この日の一行が頼んだのは
さくま1
「牛すじ煮込」@ 500円

さくま3
「牛ロースステーキ生野菜つき 」@3,000円

さくま2
「おばんざい盛り合わせ」@2,000円でした。

いずれも美味しそうで、特に「牛すじ煮込」は見るからに絶品そうにみえました。
実食したらさらにおいしいのでしょう。
「牛ロースステーキ生野菜つき 」は湯気の立ちあがっている熱々の肉にかぶりつきた〜い、と思って見ていましたら生唾がわいてきました。
さら〜に「おばんざい盛り合わせ」はいろどりがきれいで、箸やすめにいいねと思っていたのです。

しか〜しここで私の心の中に違和感が生じていたのです。
こんなに美味しそうな料理の数々をこのご一行はキンミヤチューハイを飲みながら頂いていたからです。
この料理なら間違いなく熱々の白ごはんでしょう、と思って、一緒に見ていた奥様に同意を求めました。
すると奥様も、ご飯と一緒に食べた方が美味しいわよね、と言ってくれた後に、私は愕然としたのです。
私は今日で「停酒」886日目を迎えました。
「禁酒」の様に、鯨飲で体を壊したとか、不行跡、不行状を繰り返してお酒を停めたわけではありません。
両親が短命だった為に人生のゴールテープが遠目に見え隠れした当りから、余生を悔いなく生きたい、そのためには酒の時間を割いてでも、自分のしたい事をしようと思ってお酒を停めただけです。
それ以前はお酒が強いせいもあり、かなりの飲酒を重ねていたのは、弊ブログ記載の通りでありますが、まさかまさか「煮込み」をご飯で食べたいと思う日が訪れるとは・・・
正直、我が身を放擲したい気分に陥りました。
しか〜し年月というものは、すべてものを浄化します。
それは魔術師のように巧妙で鮮やかなのでしょう。
といように気持ちを切り替えたのです。
最後ですが、私の停酒解禁日はどちらかの子供の結婚式の日です。
この日は静かにハジケます、茲許、高らかに宣言します。
で〜もその日は一体いつ訪れるのでせうか・・・


りーさXちゃん8歳です。照れくさく引く仕草がかわいいです


IMG_0353

IMG_0354
今日は三田に出没です。
いつも大行列ができているお店が気になっていました。
そして今日お昼少し前にこのお店に到着しましたら、行列がありませんでしたので入店しました。
今日のお店は「英(ひで)」さんです。

住所: 東京都港区芝5-30-4 1F
電話:03-5439-5522
定休日:日曜日

IMG_0363
お店の外観です。

IMG_0361

IMG_0362
店内の雰囲気です。

IMG_0355
メニューです。

今日のオーダー「牛すじ煮込み丼+温玉」@500+@100=600円です。
店内はプチレトロであります。
ご主人と助手の二人体勢で繰りまわしています。
ほぼほぼほとんどの方が「牛すじ煮込み丼」を頼んでいますので、回転は光速?それはありあませんが待ち時間は少ないですね。

IMG_0356

IMG_0357

IMG_0358
待つこと5分で「牛すじ煮込み丼+温玉」の着丼です。
見た目、関西ですか。
大量の青ネギを加えて温玉を割ってから実食です
一口食べると、口の中でホロホロと牛すじの繊維がほぐれていきます。
よく煮込まれていて、味付けはくどすぎずですが、下町っ子の舌にはちょっとパンチ不足でした。
脂身の部分は口の中でとろけて結構です。
玉ねぎの甘みと相まって美味しいのですが、ご飯の量が多く、後半パンチ不足の味付けが桎梏(しっこく)となって、残念なことにご飯があまってしまいました。
当然のことながら、この顛末は関西と関東の味付けの差に起因しているのですが、もう少しregionalization(関東化)された方が宜しいかと思いました。
で〜もそうはいいながらも美味しかったですよ。

それでは(^_-)

大泉学園 千味餃子

今日は「splashな日々」です。
「splashな日々」とは、私が街で気になった画像を撮り溜めしたものです。
宜しかったらお付き合いくださいm(__)m

#「癒しのブルドッグ」です。
IMG_0230
あなたの その幸せが いつか
誰かを幸せにするだろう

誰かを癒すことが、
自らを癒すことに繋がり

誰かを許すことが
自らを許すことに繋がり

誰かを幸せにすることが、
自らを幸せにすることに繋がっている。
なぜなら、そこには同じ想いがあるから・・

#「ストーブを焚いているトイレ」です。
IMG_0059
これは先日観光した比叡山の男子トイレです。
厳寒の北海道にも住んでいたこともありましたが、さすがにトイレにストーブは見たことがありませんでした。
珍しいのでパチリしました。

#「偶然の23番」です。
IMG_0251
とあるVOLKSで23番の席順シート持って待っている間に、時間があったので同じ施設内にあるtomodsに薬の処方を頼みに行ったところ、そこでの待ち番も23番でした。
あまりの偶然に驚くのと同時にtomodsの先生に、合番賞はないのですか、と聞きましたら、偶然は認めますが、私どもは処方薬局ですので、残念ながらそのようなincentiveはありません、と恐縮しながら謝られていました。
いいのですよ、言ってみただけですから(笑)

#「何が彼をそうさせたのか!」です。
IMG_9665

IMG_9669

IMG_9668
四車線の両側通行なのに、何がどうしてこうなって片側車線に突っ込んでいったのでしょうか?
もし運転された方が神風特攻隊を気取ったのだとすれば、突こまれた方はそれならば自爆して欲しかった、と申し入れしたことでしょう。本当に不思議な事故です・・・

#「入学式」です。
IMG_9794
なんともnostalgicな入学式の一コマです。
いつの間にか日本人の髪の毛は金髪になってしまったようです。
近所のカナダ人が見てクリビツしていました(笑)

#「このアニメキャラは誰だ?」です。
P1000484
これは先日観光した京都インクラインでのパチリです。
京都ブログで掲載する予定でしたが、このアニメキャラ嬢の氏素性が皆目見当がつかず見送ったのです。
ちなみに我が家族は誰も分りませんでした、ハイ。

#「素晴らしき人生」です。
しろ3

シロ

しろ2
正しくは「人生」ではなく「猫生」なのかな・・・
合掌です。


この男すごすぎる。
一見真面目そうな雰囲気ですが・・・どうやったらこんなことできるのかでしょうか。
俳優はジャン・クロード・ヴァン・ダム(Jean-Claude Van Damme)さん、1960年生まれのなんと53歳。
しかもこれ、CGでもない。
撮影も一発オッケーだったとか。恐ろしいことです。
VolvoのトラックのCMでトラックの安定した走りもしっかりアピール出来ています!


IMG_9950

IMG_9948
今日は大泉学園に出没です。
このお店は、最近良く家族で利用しています。
ということで今日のお店は「千味餃子」さんです。

住所: 東京都練馬区東大泉4-3-6 田口ビル 1F
電話:03-5935-7576
定休日:無休

IMG_0249
お店の外観です。

IMG_9952
店内の雰囲気です

実は今日私は単独でこのお店に立ち寄りました。
するとお店の入口近くの席で、私のコピーの次男がワシワシと食事をしていました。
当然のことながら、次男も突然に店に入ってきた私を見て驚いていました。
勿論私も驚きました。
次男との食事も終盤の頃、見たことがある中年の女性×2人がせわしなそうにお店に入ってきました。
その内の片割れを注視しましたところ、なな何と我が奥様でした。
奥様は奥様で、私と次男が示し合せて来たものだと思っていたらしく、全くの偶然だよ、って説明したら飛び上がる様に驚いていました。
我が家族、実はテレパシー家族だったのでした、ジャンジャン♪

IMG_9953
まずは「干し豆腐の和え物」@500円です。
これ美味しいのです。
実は「干し豆腐」を食べるのは初めてです。
あっさりしていてコクがあり、なかなかのものです。
付出しとしては最高です。

IMG_9962
そして「豆苗炒め」@680円です。
高温の油で豆苗をいため、塩と大蒜(にんにく)と調味料で仕上げたものです。
シンプルですが奥が深い一品です。
すごく美味しいです。
そうそうここの油は日本人の口に合うようにわざわざ中国油をブレンドしているらしいです。
あんどここの女主人は野菜を頼まないと、体に良くないよ、と必ずWARNINGがでますので必須の一品であります。

IMG_9967
これは女主人一押しの「リンゴ餃子」@500円です。
これメチャクチャ美味しいのです。
ここの女主人はこの餃子を仕上げるのに一ヶ月の間試作品を食べ続けたので、もう餃子は食べたくない、と言い切るほどの苦心作です。
リンゴと餃子の餡って絶妙にあうのです。

IMG_0245
さらに私の大好物の「エビと玉子炒め」@880円です。
この「エビと玉子炒め」はまさに随喜の涙です。
正確に申せば意味はちがうのですが、行間で読み取って下さい。
玉子がこれほどたおやかなものなのかとあらためて認識しました。
ギリギリの塩加減に挑んだ調理人に拍手です。
これはたまりません。

IMG_9968

IMG_9969

IMG_9971
締めの「野菜焼きそば」@800円です。
これはスゴイですよ。
内柔外硬の典型的な一品です。
黄金色に焦げた麺が円盤状になっています。
しかしてその実態は焼きそばのturnover(両面を焼いたもの)です。
焦げた麺を箸で割るとまさにsplash(水しぶき)状態で中の餡が出てきます。
味ですか麺よし中の餡よしです。
特に中の餡は野菜の甘さのエキスがつまっています。
すごいお店があったものです、久々のbravoです。

会社勤めのキャリアウーマンだった女主人が乾坤一擲の勝負を賭けたお店です。
中国人なので日本語の発音は良くないものの、日本人の心根を震わすような日本語を駆使しているのが高評価です。なんでそのような日本人が喜ぶような日本語を知っているのかと聞きましたら、たゆまぬ勉強と、日本人に喜んでもらった日本語をノートに転記して覚えてきたそうです。
私は彼女の様な頑張り屋はついつい応援したくなります。
本当に良いお店です。

それでは(^_-)

神田 Bondy

今日は「恋愛論」です。
恋愛論
男女の脳は元々しくみが違います。相手に対して疑問や不満を抱いたり、すれちがいが起きたりするのも、男女の脳のメカニズムの違いに原因があると思われます。
では、元々脳のしくみが違う私たちは、恋愛においてお互いを理解しあうことも不可能なのでしょうか?
今日は「恋愛心理学」の中から有用な三つの法則を紹介します。

#「類似性の法則」です
好きなタイプは?と聞かれたとき、「価値観が同じ人!」と答える方、多くないですか?
価値観は人それぞれで、同じ価値観の人に出会うことは実はそんなに多いこととは言えません。
だからこそ、価値観を共有出来たとき人は嬉しくなるのです。
一言で言うと、何か1つでも自分と相手に共通事項を発見すると、人は相手に対して親しみを持つのです。
これが、「類似性の法則」と言われるものです。
おそらく、大半の人に心当たりがあるのではないかと思うのですが、この法則は、入学式など「慣れない環境」や「浅い関係の時」など、不安要素がある状況で、効果が働きます。
似ている人や、同じ趣味、同じ境遇の人に、親近感を感じるのです。
あなたは好きな相手と共通点がありますか?
共通点を突破口にして、ぜひ会話の幅を広げてみて下さい。

#「相補性の法則」です
類似性は先程述べた通り、似ているから好きになるという説ですが、相補性とはどのようなことを指すのでしょうか。これは、お互い相補い合うから好きになるという説です。類似性の法則とは逆に、似ていないから好きになる、つまり、自分の持っていない相手の良さに惹かれるパターンと言えます。
繊細で神経質な男性と根明で大らかな女性、のんびりした女性と仕切りたがりの男性、という一見アンバランスな組み合わせのカップル、いますよね。自分にない部分は相手に補ってもらい、相手にない部分は自分が補うという、一種の助け合いの考えも含んでいます。

恋愛関係を維持するためには、類似性と相補性のどちらかが必要だと言われています。
お互いに似ているから好きなのか、それともお互い違うから惹かれあうのか・・・
友達には類似性を求めますが、恋愛対象となる人は、自分と違うから好きになります。
2つともバランスよく持ち合わせているカップルもいることでしょう。自分がどちらのパターンで人を好きになるのか分析してみると、自分の異性のタイプがわかり面白いかもしれません。

#「好意返報性の法則」です
とある人が自分に好意を持っていると知り、急にその人のことが気になりだしたり、興味がわいてきたりする・・・
男これを好意の返報性と言います。
好意を示すことによって、相手に自分のことを意識してもらうのです。
好意を示すと言っても、いきなり告白なんて無理!という方は、相手を褒める、「一緒にいると楽しい」と頻繁に伝える、など間接的に伝えることから始めるのでも良いのではないかと思います。
ですが、1番ハッピーエンドの近道だと言えるのは、好きな相手に自分の気持ちを告白し伝えることではないでしょうか。
自分の気持ちを伝えるとき、相手の気持ちが気にならない人なんていません。
ですが、告白された瞬間から相手の気持ちは変わります。告白をしてYESかNOか、それがゴールではないのです。「告白をされて始めてその人を意識するようになった」そんなパターンは結構多いものです。相手に好かれたいのなら、思い切って告白してみるのも1つの手段です。
スピリチュアリズム「簡単恋愛心理学、あなたの行動を変えて恋を実らせる9つの方法」より転載

いまだはっきりと輪郭を現さずとも、むくむくと心の奥底で急速に膨らみつつある邪悪な愛の気配に、俺の善なる心が早くも警告を発していた。
彼女には惚れてはならない、若し惚れたら地獄だ、地獄に真っ逆さまだ。
行くつき先は破滅しかない。
いまならその思いを紅蓮(ぐれん)の炎の中に投げ入れさえすれば元の平和な暮らしに戻れる。
何を躊躇しているのだ、彼女の蠱惑(こわく)の餌食になった者をよく知っているだろう。
今なら引き換えせる。そうだ、振りかえってはいけないんだ。
「splash恋愛地獄論」より抜粋
「splash恋愛地獄論」熱いですね。
私は上述のような経験をしたことはありません。少し残念かな・・・

人間が人を愛し、子供を産み、育てるのは本能だといいます。
でもこれはおそらく、人間が死ぬものだから、そうした本能を持っているのだと思います。
人にはみな死が訪れます。
従いまして未来永劫に生き延びる事はできません。
生き延びたいけれどそれができないから自分の替わりに、自分の血のつながった、自分に最も身近なものを残していくのです。
そのものに生き延びられない無念を託していくのだと思います。
一人の子を産み、育てるということは、間違いなく、自分が生き続けていくという証拠であります。
自分とそっくりなものが、自分がこの世を去った後も生きていく。
これほど確かなraison d'etre(存在証明)はないでしょう。
どんな親不孝の子でも、親の事は思い出します。
たとえ思い出さなくても、親とそっくりの血が流れ、同じ性格が残っていきます。
血は捨てられない、ですので血脈は粛々(しゅくしゅく)と残っていくのです。
この人間の存在証明のために神は恋愛という崇高な儀式を与えられたのです。

Motherhood; All love begins and ends there.
母性愛。すべての愛は、そこに始まり、そこに終わる。
Robert Browning(ロバート・ブラウニング)


今日は神田に出没です。
カレーなのに@1,500円もするカレー屋さんに、いつも行列ができています。
今日は時間に余裕があったので、訪れてみました。
今日のお店は「Bondy(ぼんでぃ)」大手町店さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-12-3 翔和内神田ビル B1F
電話:03-5283-6577
定休日:日曜日・祝日

IMG_0231

IMG_0233

IMG_0234
お店の外観です。

IMG_0235
店内の雰囲気です

IMG_0238
メニューです。

今日のオーダー「チキンカレー(中辛)」@1,480円です。

IMG_0236

IMG_0239
待つこと1分「ジャガイモ」の到着です。
卓上にある塩とコショーを少しずつ皿の端に掛けて、フォークでじゃがいもを割ります
バター・塩・コショーを適度につけながら食べます。
バターナイフ欲しいところでありますが、いいでしょうすごく美味しいですから。
マジにこのジャガイモは美味しすぎます。
久々の「くりびつてんぎょのいたおどろ!」です。

IMG_0241

IMG_0242
待つこと7分で「チキンカレー(中辛)」の到着です。
見た目美味しそうですね。
このルーは濃厚なバターや生クリーム等、乳製品の風味と多種類のフルーツからできています。
それでは実食です。
まずカレーがすごくおいしですね。
当然のことながらコクがあります。旨味がたっぷり溶け込み、甘味さえ感じます。
爽やかな辛さも後からついてきます。チーズがかわいくのったライスとよく合います。
白眉は鶏肉です。
かなりゴロゴロ感あり身重でありますが、良く煮込まれているので肉離れがよいのです。
過不足ない鶏肉の脂身がこの濃厚カレーによく合います。
とても美味しいです。
チキンカレーは中辛ですが、中辛でも意外と辛く辛口にしなくて良かったと思いました。
結論としましては、かなりごきげんなカレーでした。

しか〜し@1,480円は高いですね。
したがいまして再訪はありません、ハイ。

それでは(^_-)

続 大泉学園 エノテカ リオーネ

今日は「臨死体験」です。
私は死後の世界を否定するような事を度々書いていますが、特段宗教家でもありませんし、
死後の世界があったらけしから〜ん、と声高にいうものでもありません。
ただの下町生まれの下町育ちのオジです。
しか〜し死後の世界などに思いをはせるより今現在をどう生きるか、それに全身全霊を打ち込めば良いと強く思っているだけなのです。
ですので死後の世界があってもなくてもどちらでもいいのです、ハイ。
皆さん、人生は有限ですぞ、死ぬ間際になって、ああこれもやり残した、これもやり残した、と悔やんでみても、死んだら「無」になるだけですからね・・・

天国
私は5歳の時に麻疹(はしか)をこじらせて人事不省となり、本当に死の一歩手前まで行ったことがあります。
実はその時に不思議な夢を見続けていました。
私はきれいな花が咲き乱れ、おとぎ話に出てくるような夢のような景色が広がっている場所にいました。
そしてそこでは心が躍るような、かろやかな音楽が絶えず鳴り響き、空には消える事のない虹がかかっていました。
寒い熱いは感じませんでした。何ともいえない幸せな気分におおわれていました。
するとはるか遠いところから母親が自分の事を読んでいる事に気がつきました。
そちらの方に耳を傾けるて歩を進めると、急に天に吸い込まれるような感じになり、気が付いたら涙でむせびかえっていた母の顔が見えたのです。
そうなのです、これは五日ぶりに意識を取り戻した瞬間でした。
これは一つの臨死体験なのかなと今日の今日まで思っていました。

臨死体験の方のstoryって似かよっています。
気が付いたら暗いトンネルにいて、明るい光の方に進むと、そこには見たことのない美しいお花畑、そして心地よい音楽、決して会えない人が待っています。
無常の愛や大きな幸せを全身に感じます。
まさにこれこそ天国というのが臨死体験の方のstoryです。

死に瀕した時のネズミの脳は心停止すると急速に機能が低下します。
従来は心停止がおこれば脳への酸素供給もとまるので脳の活動も停止すると思われていました。
実はこの説明はちがっていたのでした。
脳は酸素供給が止まった時点から30秒間に亘って極めて活発に動いていたのでした。
これは人間にも当てはまって、心肺停止状態になっても脳はそれでも生き残ろうと必死にもがくのです。
これは脳に備わったdefaultの機能だそうです。
この30秒間での活動の一つが臨死体験ではないかとの説明がなされています。
このmechanismは脳が低酸素状態におちいった時に起動します。

臨死体験
低酸素状態を再現する方法の一つにメリーゴーランドのような回転運動する機械の円弧上に設置した椅子に飛行士を固定させ、高速で周回させる装置があります。
いわゆる重力負荷訓練です。重力換算でいえば3Gから8Gです。
これをすると多くの飛行士は重い重力により意識を失います。
これをGロックといいます。
飛行士がGロックになり、意識を喪失する時にまず失われるのは視覚です。
そして視覚がblackoutになると、トンネルのようなものが見えるといいます。
トンネルの先には白い光というかそれに似たものが見えるそうです。
そしてさらにその先にいくと穏やかで静かで大きな幸せを感じるといいます。
それはとても心を打たれるような印象的な感覚だそうです。

臨死=低酸素状態=昏睡状態でも視覚の認識は働いています。
だから過去の思い出や彼等においての実在したものが見えるのです。
これから演繹すれば死後の世界など存在しないと言えます。
死という究極の恐怖から逃れる仕組みを脳はあらかじめもっているのです。
これが臨死体験ではないかといわれています。

いかでしたか・・・
臨死体験は脳が断末魔に起こしたillusionのようでした。


テナー・サックスプレイヤーのための、新しいソロ譜"めちゃモテ・テナー・サックス¬"シリーズのデモ演奏です。


IMG_0297
今日は次男の誕生日兼就職祝の宴です。
で〜も皆忙しくてランチでのお祝いです。
ということで三々五々に家族が集まった今日のお店は「エノテカ リオーネ」さんです。

住所: 東京都練馬区東大泉4-2-2 プリムヴェール 1F
電話:03-3925-1300
定休日:月曜日

IMG_0281
お店の外観です。
店名の「エノテカ」はイタリア語でワインを主体にしたレストランという意味です。
「リオーネ」はイタリア語でライオンです。

IMG_0283
店内の雰囲気です

IMG_0284
メニューです。

今日のオーダー「スペチャーレ」@2,100円です。

#「前菜」です
IMG_0286
待つこと5分で「前菜」の到着です。
前菜は、イタリアンオムレツ、鳥ムネ肉低温ボイル、ブロッコリーです。
鳥ムネ肉低温ボイルは軽やかな味わいです。
他の料理は見た目通りの感じでよろしいかと思います。

#「フォッカチオ」です
IMG_0287
待つこと9分で前菜の到着です。
フォッカチオはオリーブオイルにつけていだきます。
ここのフォッカチオは軽い感じで美味しいです。

#「気まぐれサラダ」です
IMG_0289
待つこと18分で「気まぐれサラダ」の到着です。
見た目きれいですね。
野菜はエッヂがたっていて結構でした。
トマトは甘く高評価です。

#「春キャベツとアンチョビのスパゲッティ」です
IMG_0290
待つこと23分で「春キャベツとアンチョビのスパゲッティ」の到着です。
これは春キャベツがあまり甘くなくアンチョビの塩味に負けていました。

#「カキとブロッコリーのクリームリゾット」です
IMG_0292
待つこと24分で「カキとブロッコリーのクリームリゾット」の到着です。
これは海の味でしょう。
カキとクリームの相性の良さを再認識しました。

#「海老といんげんのトマトクリームソース フェットチーネ」ですIMG_0291
待つこと25分で「海老といんげんのトマトクリームソース フェットチーネ」の到着です。
これ今日一ですね。
海老のうま味がよくでていて、且つまろやか&くりーみーです。
とても美味しいです。

#「鶏もも肉とキノコのトマト煮込み」です
IMG_0293
待つこと38分で「鶏もも肉とキノコのトマト煮込み」の到着です。
この辺りでかなりお腹が朽ちてきていたので若干食傷気味であります。
それがあるので少し舌センサーの感度は落ちていますが、それでもこの料理はイケます。
鶏肉が柔らかくソースは少し辛めでしたが、それが味を引き締めていて結構です。

#「サプライズプレート」です
IMG_0295

IMG_0294

IMG_0296
なな何とW受賞です。
一日も早く会社に慣れる事を祈っています。
末は社長か?
おおくは期待しないで見守っていきましよう。

それでは(^_-)

続 浜松町 三和

今日は「周富徳異聞」です。
蓄膿症になりました。締め付けられるような重い頭痛が我慢できません。
あまりにひどいので地元の耳鼻咽喉科にいきましたら、どうやら風邪を気合で治そうとしたところこじらせたみたいで重度の蓄膿症になっていたようです。
間断なくたれ落ちてくる粘度の高い青色の鼻水の攻撃には正直まいりました。
地元の医者は古くからのかかりつけなので、私にあった薬を与薬していただきますので、ここで診てもらえれば直ぐに治ります。

めずらしく早い時間に家の近辺にいたので、近くの中華料理屋さんにいきました。
実は早退したのです。
ここで雑談するのは私の楽しみの一つなのです。
雑談から雑談の行きつ戻りつの中で、最近亡くなった周富徳さんの話になりました。
ここのご主人はかつて「赤坂離宮」で周富徳さんのセカンドとして働いていました。
その関係で親族からお声がかかり、周富徳さんの「偲ぶ会」には行く予定をしているようです。
どうやら周富徳さんは昨年夏から糖尿病を患っていて体調はよくなく、家族の方からは悲観的な話は聞いていたので、今回の悲報にはそれほどの驚きはなかったようです。

ご主人は、周富徳は天才だ、と褒め称えていました。
彼が考案したという「エビマヨ」は
一つには中華料理の調味料にマヨネーズを取り入れた事
二つには隠し味に紹興酒ではなく洋酒であるジンを用いた事
この二点がすごいとしていました。
今ではマヨネーズの食材に対する親和性は知れ渡っていますが、最初にそれを使おうとした点は高い評価が与えられるそうです。
さらに隠し味ジンを用いた事です。
もし普通の中華料理のように紹興酒を用いたのなら甘い仕上がりになり、今の様なキリットとした味にはならなかったそうです。
言い換えれば「コロンブスの玉子」なのですが、発見者の功績は大きいとしていました。
ちなみに中華料理店「広東名菜 富徳」では14日、周さんの味を求めて多くのファンが訪れました。
といいますのはマネジャーの長男・志鴻(しこう)さんが、亡き父が考案した「エビマヨ」を、来店した客に無料で提供したからなのです。
ランチタイムには約200人が足を運び、“炎の料理人”の死を悼んでいました。

周富徳さん、その翌日に亡くなれた佐野実さん共々「糖尿病」からくる合併症でなくなっています。
糖尿病は典型的な生活習慣病で糖分、糖質の摂りすぎが引き金になり、合併症が怖いと言われています。
一言で言いますと血管の病気で、脳出血や失明、足などに壊死(えし)を引き起こすのです。
た〜だ、きちんと食事のカロリー計算をすれば長生きするケースも多く、人によっては「一病息災」となることもあるそうです。

しか〜し、味見などで常に食べ物を口にしなければならない食のプロは、一般の方よりリスクが高いのではと、このお店のご主人にやんわりと言いますと、
そうなんですよ、糖尿病は職業病なんです。
今の内に高額な生命保険に入っておこう、と大きくつき出たお腹をペシャペシャたたきながらおっしゃっていました。それだけかなぁ、と聞こえないよう呟いたのは私です。

周富徳
個人的にはよく周富徳の弟といわれていましたので相貌は似ていたようですが、今このように見くらべると似ているのは目の感じくらいで全体としては似ていないように思います。
よく青山にいくと「広東名菜 富徳」に行っていました。
その度に中華鍋から高く燃え上がる炎が印象的な炒飯を頂きましたが、二回も舌を火傷してしまい、料理ではなく炎熱テロだと激怒した思い出があります。

いずれにしても「中華の鉄人」がその輝かしい人生の幕を引いたのはたしかです。
生前の功績に敬意を表し・・・合掌。


1992年東京の風景


IMG_0307
今日は小糠雨降る浜松町に出没です。
今日のお店は、築地の仲卸人が経営しているという、ランチ営業のみの海鮮丼専門店です。
オテル・ドゥ・ミクニ(自然派創作フランス料理)の三國シェフはこの仲卸人に鮮魚の仕入れをまかせているとかで、その仲卸人は多忙なのでたしか甥っ子に切り盛りを任せているようなことでした。
今日のお店は、イタリア街の三井ガーデンホテルそばにある高級鮮魚卸「三和」さんです。

住所: 東京都港区浜松町1-5-10
電話:090-7637-7579
定休日:土曜・日曜・祝日 (11:00〜14:00 ランチ営業)

IMG_0308
お店の外観です。

IMG_0315
店内の雰囲気です

IMG_0314
メニューです。

今日のオーダー「ちらし丼上」@1,000円です。
今日お邪魔しましたら甥っ子夫婦はいなかったようで前回訪れた時にあった、甥っ子夫婦の子供用のゲージは店内にはありませんでした、その代わりにご仲卸人でもあるご主人が調理場に立っていました。

IMG_0311
待つこと3分でみそ汁と漬物の到着です。
みそ汁美味しいですね。
具はあさりとワカメなのですが、特に肉厚の厚いワカメは風味がとろけででていて
ねっとりと美味しゅうございました。

IMG_0312

IMG_0313
待つこと4分で「ちらし丼上」の着丼です。
具はまぐろ、サケ、イカ、タコ、海老、ホタテ、タイ、カンパチ、玉子です。
見た目色鮮やかです。
それでは実食です。

前回同様シャリが今一つですね。
酢の混ぜ合せが雑のような気がします。加えてシャリに温かさがありません。
個人的にはシャリは人肌でしょう、かなり冷えています。
具はまぐろ以外特筆するものはありません。
ただまぐろは白眉と申したら失礼なのですがかなりのレベルです。
どうやらここはまぐろのお店のようです。
次回は「上ネギトロ丼」をいただきましょう。

IMG_0316
この画像はご主人が仲卸の時に使用する車です。
一回TVで観ていたので記憶していました。
偶然見つけたのでパチリしました。

それでは(^_-)

恵庭 Mojo Hand (モジョハンド) 

今日は「走れメロス異聞」です。
走れメロス
「走れメロス」は、太宰治による短編小説です。初出版は1940年5月発行の雑誌「新潮」です。
処刑されるのを承知の上で、命をかけて友情を守ったメロスが、人の心を信じられない王に信頼する事の尊さを悟らせる物語です。
信頼と友情の美しさを基本に描きつつ、そこに還元されない人間の葛藤をも描いた、日本文学における傑作のひとつでもあります。
国語の教科書にも載っていますので人口に膾炙しているのは言うまでもありませんし今でも日本人に愛され続けている小説であります。

この小説が愛され続けるのには理由があるのです。
「走れメロス」は日本語の深淵に突き刺さるものを持っており、臘化語が多用されることが多い最近の小説と比較しますと、ある種の小気味よさがあるからなのです。

なんのこれしきと掻き分け掻き分け、獅子奮迅の人の子の姿には、神も哀れかと思ったか、ついに憐憫をたれてくれた。ああ、神々も照覧あれ!濁流にも負けぬ愛と誠の偉大な力をいまこそ発揮してみせる。

広告会社が作った映画のコピーと比較しても遜色はありません。
言葉のリズムがあってすごく心地よい響きがあるのです
また状況を説明するのが大変にうまいのです。

さらに小説の後半、メロスがラストスパートをかけた時の描写が秀逸なのです。
それを以下に記します。

少しずつ沈んでゆく太陽の10倍も早く走った。

早く走る表現は色々とあります。
例えば、目にもとまらぬ速さで走ったとか、足の動きが見ないくらいの速さで走ったとかありますが、
太陽の10倍も早く走った、というのは空前絶後でしよう。

実際この速さはどのくらいのものなのだろう、と検証した先生がいます。
それは柳田理科男先生です。
その先生の解説によりますと、二人がいたのはイタリアのシチリア島ですから、だいたい北緯37度位のところらしいのです。その場所で太陽の10倍も速く走ったというのは、それは地球の自転スピードに置き換えられますので時速1,300kmになります。
さらにそれの10倍ですからマッハ11という事になります。
マッハ11というのは新幹線のぞみ号の44倍の速さになります。
これを人間の速さに置き換えますと、現在最速で走るのはウサイン・ボルトさんです。
彼は100mを9.69秒で走ることができます。
一方この距離をメロスが走ったとすれば100mを0.02秒となります。
0.02秒とは早すぎです。

当然、マッハ11という超スピードで走れば衝撃波が起こります。
メロスの走る半径2km内にある硝子が衝撃波によりことごとく割れます。
結論・・・「走るなメロス」なのです。

小説や物語の中で作家は非常に大きな話をすることで物事をふくらませます。
つまり誇張することで、伝えようとすることを分りやすくさせるのです。
これが表現の面白さなのですね。
TBS「ぴったんこカンカン」参考


1992年東京の風景


IMG

IMG_0254
今日は札幌に出没です。
早朝、羽田空港に直結している京浜急行が人身事故で40分の遅延です。
いつもだったら空港に30分前に着くようにしているのですが、今日に限って60分前に着く様にしていましたので事なきを得ました。このような偶然の最悪回避ってあるのですね。

IMG_0277

IMG_0276
札幌の大通公園にはまだ雪が残っていました。
まだ、春遠からじ、であります。

IMG_0272
今日のランチは恵庭です。
久々の恵庭ですが、ここの駅周辺って食べるところがありません。
唯一あったのがこのお店です。
今日のお店は「Mojo Hand (モジョハンド)」さんです。

住所: 北海道恵庭市相生町142
電話:0123-33-4447
定休日:1、第3日曜日

IMG_0255
お店の外観です。

IMG_0264

IMG_0260

IMG_0258

IMG_0262

IMG_0269
店内の雰囲気です。どうやらこのお店はロックのライブハウスの様です。
インテリアがロックです。


IMG_0268
ベルを押さないと何も始まらないようです。
今時、ほんとうに珍しいですね(笑)

IMG_0256
メニューです。
料金が書いていません。
しか〜し恵庭ですからね、たいしたことはないでしょう。

IMG_0265

IMG_0267
今日のオーダー「ナポリタン+コーヒー」@950円です。
待つこと11分で着皿です。
スープも付いています。
見た目、焼きスパですね。
ケチャップがしっかり絡んだナポリタンはシャツに飛ばない系です。
味ですか濃いですね。
野菜がおおいのでヘルシーですか。
多めに入っていた真っ赤なウィンナーが高評価です。
全体的に申せばまずまずです。
いずれにしても昼食抜きをまぬがれる事ができたので感謝です。
ご馳走様でした 

IMG_0273
その後札幌に戻り打合せを済ませてから、支店の元部下に顔をみせましたら、熱烈歓迎を受けました。
結果最終便になったのです。

IMG_0278

IMG_0280
新千歳空港はほとんど人影がありません。
そうか今日は金曜日だから出張族はほとんどが宿泊出張かと思いなおしましたら、この閑散に納得ができました。
帰宅したのは01時30分でした、2年ぶりに風邪をひいたので実は一日中熱があったのです。
さすがに疲れました。こんな日もあります・・・

それでは(^_-)


2014京都観桜旅行其の四(最終回)

今日は「2014京都観桜旅行其の四(最終回)」です。
気象庁予報によると土日の降水確率70%という京都に観桜旅行にきてしまった下町っ子夫婦の涙ぐましい旅行記です。果たして70%という最悪の予報の中、無事に観桜ができるのか、乞うご期待です。
今日はその二日目後半です。
画像主体ですが宜しかったらお付き合いください

■霊鑑寺です
P1000475

P1000454
山元麺蔵での失態をクリアしてから完璧に運気は反目に回ったようです。
天気は穏やかな春の青空となりました。
降水確率70%の試練を耐えに耐えたところ、このような僥倖を得る事ができるとは想像だにありませんでした。
これにより電チャリ屋さんの主任が、穴場ですよ、とこそっと教えていただきました霊鑑寺にいくことができるようになりました。
霊鑑寺は、承応3年(1654)、後水尾天皇の皇女・多利宮(浄法身院宮宗澄尼)を開基として創建され、歴代皇女が住職を務めた尼門跡寺院です。
表門や玄関、本堂、書院などの一連の建物は、「谷の御所」とも呼ばれた格式と清楚な佇まいを今にのこしていますが、その実は「椿の寺」として知られているのです。
さらに穴場の由縁は4月1日から4月13日という一年の内でこの時期だけ拝観ができるからなのです。

そうそうここでご朱印帳を小脇にかかえている外国人の方がいたので、なんでご朱印帳を知っているのか聞きましたところ、この外国人は、寺社巡りには必須のもの、と至極当然の様に答えたのです。
しかもかなりの京都通です。
といいますのも、多方面に亘って京都の事を知悉していました。
それに敬意を表して京都で印象に残った寺社を聞きましたところ、その答えはマニアックでした。
言い換えますと「知る人ぞ知るお寺」ばかりなのです。
彼が私に興奮気味で語った好きな寺社の3分の1の名前は初めて聞くものばかりです。
要は観光寺社はお気に入りではないようです。
それにしてもKyoto Loveの外国人って本当にいたのですね。
マジに驚きました。

それではその庭園を一挙に公開します。
P1000453

P1000470

P1000466

P1000457

P1000459

P1000461

P1000462

P1000465

P1000471

P1000472

■哲学の道の桜です
実はこの辺りが一番桜の盛りなのは電チャリ屋さんの主任の情報で知りえていたのですが、何回もいっているものですから優先順位から外していたのです。
しか〜し天気が戻ってきましたので訪れることにしました。
これでしょう、京都の桜は・・・
P1000476

P1000477

 
■南禅寺〜蹴上〜インクラインです
南禅寺〜蹴上〜インクラインの桜を一気に公開です。
P1000478

P1000479

P1000480

P1000481

P1000482 

■気になった面々です
P1000485

P1000483
個人的には桜の下での結婚式に一票です。いいですね・・・
最近の若い方はこのような演出がお上手だと思います。

「風にちる花の行方は知らねども、惜しむ心は身にまとりけり」(西行)
桜との別離(わかれ)の寂しさを胸に収めインクラインを後にした私達夫婦は、祇園を抜けて寺町通りにあるTully's Coffeeでお茶をし、いつもの伴仙太郎商店で白檀のお香を求め、京都大丸でお土産を買って東京に戻りました。

いかがでした京都の桜は・・・
今年も最後できっちりと帳尻を合わせて大団円の観桜となりました。
最後までお付き合い頂きありがとうございました。

それでは(^_-)

京都 ザ・ガーデン岡崎

今日は「2014京都観桜旅行其の参」です。
気象庁予報によると土日の降水確率70%という京都に観桜旅行にきてしまった下町っ子夫婦の涙ぐましい旅行記です。果たして70%という最悪の予報の中、無事に観桜ができるのか、乞うご期待です。
今日はその二日目前半です。
画像主体ですが宜しかったらお付き合いください

■私達の宿泊したホテルです
IMG_0157

IMG_0159
快適な朝です・・・
嘘です、昨晩23時半から0時半にかけて斜め前の部屋の中国人夫婦が大喧嘩をしていてうるさくて寝そびれてしまいました。最初はexecutive roomの宿泊客なので紳士だろうと決めつけ、静かにしてもらえませんか、とお願いに行こうと思ったのですが、考えてみたら私は中国語が話せません。
まして外国の方ですから逆上されて、逆ねじを食うのも嫌なので、フロントにお願いしました。
しか〜しフロントの方がうかがっても全く効果がありませんでした。
さすがに我慢できないのでホテルの責任者にお願いしたところ、今度は責任者が部屋に行き、何とか願いが通じたみたいで、それから静かになりました。
で〜も私は完璧に目がさえてしまってしばらく寝付けませんでした。
中国人が嫌いになりました、もう餃子食べないから、と堅く誓うわけはありません・・・
ちなみに今日の天気予報は午前中30%午後から70%と雨模様の一日みたいです。
で〜も大阪は曇りなのですがね・・・
私達夫婦の強運に期待するばかりです、ハイ

■出発です
IMG_0163
京都駅に着くとどんよりとした今にも泣き出しそうな雲ゆきです。
さすがに雨は避けられそうにありません。
電チャリ屋さんとの待合せの場所に出向きました。
そこで観桜の場所のreconfirmです。
電チャリ屋の主任さんは、今日は午前中なら雨はおちてきません。ですので午前中に観たい処は観といた方が良いですよ、とのことでしたので、その通りにしました。
さぁ今年も京都の風になりましょう。
私達夫婦の電チャリはいつも最新の機種を用意していただいています。
ありがとうございます。

■立命館大学です
IMG_0160

IMG_0161

IMG_0162
最初の目的地である平野神社にいく途中に格調高い建物がありましたので立ち寄りました。
その格調高い建物は立命館大学でした。
To be honest;私は立命館大学の事は全く知りません。折角ですのでnetで調べましたら、「立命館」の由来は、孟子「盡心章(じんしんしょう)」にある「人間の寿命は天命によって決められており、修養に努めてその天命を待つのが人間の本分である」から採られたとの事です。
さらに、建学の精神は「自由と清新」だそうです。教学理念は「平和と民主主義」だそうです。
むむむ、なにか難しそうな大学のようですね。
良かったです、受験しなくて・・・

■平野神社です
IMG_0174
今回の目玉の平野神社です。
京都駅から約1時間かかりました。
平均時速約17kmでの走行ですので、信号待ち等を差し引くと京都駅からは15km位離れたところにあるのですかね。雨が間断なく降り始めてきました。

IMG_0164

IMG_0165

IMG_0183

IMG_0184
神社内はお花見ムード全開です。
結構派手な飲食場の設(しつら)えですね、京都なのでちょっと意外でした。

IMG_0175

IMG_0179
日がよいのでしょうか、神前結婚がとり行われていました。
小糠雨が余計ですね、で〜も「雨降って地固まる」ともいますので、アンですか、慰めになっていませんと、そうとも言えます。

平野神社の桜を一挙に公開します。
少し盛りをすぎているようですが、由としませう。
IMG_0168

IMG_0169

IMG_0171

IMG_0177

IMG_0180

IMG_0182 

■新島襄旧邸です
去年の紅葉狩りの時に行く予定でしたscheduleが合わず見送りました。
個人的には「八重の桜」をTVで観ていたので、それで雰囲気は分っていました。
従いまして観なくてもいいかなと思ったのですがね、折角ですので立ち寄りました。
特段のsurpriseはありませんでした、ハイ。
しか〜しこの立ち寄りが、これから後に起こる大問題につながっていくとは、まさに「神のみぞ知る」でございました。
IMG_0186

IMG_0185

IMG_0187

IMG_0188

IMG_0189

IMG_0190


■山元麺蔵での悲劇
赤い麺蔵スペシャル
私が今回京都に観桜旅行に来た最大の目的は「山元麺蔵」で京都一美味しい麺を食べる事でした。
特に電チャリ屋の主任は、「赤い麺蔵スペシャル」@1,155円は一食抜いても是非お食べください、と言われたので「これを食べねば男がすたる」という強い決意で臨んだのです。

IMG_0204

IMG_0206

IMG_0205
当然余裕のよっチャンかと思って、電チャリのペダルを踏むのも軽やかに向かい、11時開店の「山元麺蔵」さんについたのは11時20分です。
あれっ、これって行列だよね、って自分に言い聞かすほど半端ない行列ができているではないですか、念のためにその人数を数えました。170人数えたところで馬鹿らしくなって止めました。11時20分で170人以上ですか、ハイ。
並んでいるほとんどの人が標準語を話しているので観光客でしょう。
ちなみに一番乗りは9時40分とか、とか、とか、とか早すぎるでしょう。
他にやることないんですか!80分も待って食べるのですか!
逆ギレしても仕方ないです、秋の紅葉シーズンにrevengeです。


とうことでlunchtimeです。
「山元麺蔵」でくじけた気持ちを立て直すのはどうしましよう。
いつも「山元麺蔵」を通り越したあたりにオサレなレストランがあった事を思い出しました。
今日のお店は、京都ホテルオークラ「ザ・ガーデン岡崎」さんです。
エッ、このお店って京都ホテルオークラ系列だったのですか・・・

住所: 京都府京都市左京区岡崎南御所町20-1
電話:075-771-7070
定休日:無休

IMG_0211

IMG_0212

IMG_0195
お店の外観です。

IMG_0196
店内の雰囲気です。

IMG_0198
店内は花冷えの為か薪ストーブが真っ赤に燃えあがっていました。

IMG_0201

IMG_0200
メニューです

今日のオーダー
奥様は「デジュネ(和牛ランクアップ)」@4,300円です。
私は「煮込みハンバーグセット」@1,720円です。

デジュネ(dejeuner)って仏蘭西語で昼食ですよね。
昼食の割には結構豪華です、いつもお世話になっている奥様です。
たまには美味しいものを召し上がっていただきません、と思って大奮発しました。

P1000447
まずはシェフからの送り物です。
カイワレ、シメジ、エンドウマメ、マッシュポテト、ワカメの前菜グラス。 
ズワイガニ、サケ、大根のスライス、九条ネギのバルサミコソース添え。
サヤインゲンのサフランソース添えです。
味ですか、上品ですね。サヤインゲンのサフランソース添えが際立っていました。
イケます。

IMG_0210
カリフラワーのスープです。
たおやかでまったりした味付けです。
カリフラワーから作られたとはとても思えない上質な味です。
美味しいです。

IMG_0214
メインのサーロインステーキです。
これは肉が全てです。
あまりの柔らかさに、肉が口の中でトロケテいます。
美味しすぎますね。なんと申しても肉の王様「サーロインステーキ」ですからね、美味しい説明は不要でしょう。

IMG_0215
塩麹の杏仁豆腐です。
フレンチで杏仁豆腐とは驚いたのですが、塩麹に杏仁豆腐って合うのですね。
美味しいです。
このような斬新なfusionはうれしい限りです。

IMG_0208

IMG_0209
私の「煮込みハンバーグセット」です。
牛肉主体のハンバーグを煮込んでいますので味がはっきりしています。
さすがホテルオークラです。
ブレのない味です。
美味しいです。

ということで「山元麺蔵」で萎えた気持ちはホテルオークラで倍返ししました。
そのカタルシスからか雨雲が一掃され、太陽が力強く天空に君臨し始めました。
どうやら風向きは私に向かい始めたようです。

最終回もお付き合いください。

それでは(^_-)

京都 京とんちん亭

今日は「2014京都観桜旅行其の貮」です。
気象庁予報によると土日の降水確率70%という京都に観桜旅行にきてしまった下町っ子夫婦の涙ぐましい旅行記です。果たして70%という最悪の予報の中、無事に観桜ができるのか、乞うご期待です。
画像主体ですが宜しかったらお付き合いください

■池田屋事件跡
池田屋

IMG_0069

IMG_0068

IMG_0067
予定では四条河原町停留所だったのに、バスから降りたのは三条河原町停留所でした。
私は池田屋跡地の最新の動静を知りたくて急遽途中下車をしたのでした。
といいますのは、バスから池田屋事件跡地に「はなの舞」が見えたからです。
私の記憶によりますと池田屋事件跡地はたしかパチンコ屋さんでした。
実際そばまで行って再確認しましたところ、いつの間にか「はなの舞」に変わっていたようです。
そういえば坂本龍馬遭難の場所、旅寓「近江屋」跡地もたしか以前は京阪交通という旅行代理店だったのですが、いまではサークルKにかわっていましたのでさもありなんですね。
サークルKもいつの日かセブンイレブンに変わってしまうかもしれません。
これはよけいな事でした。

■瑞泉寺
IMG_0072

IMG_0073

IMG_0076

IMG_0074
瑞泉寺は豊臣秀次一族の菩提を弔うために建立された寺です。
太閤秀吉は1595年に、甥である関白・秀次とその小姓らを高野山にて切腹させ、秀次の首は三条河原へ送らせました。三条河原では秀次の首を前に、秀次の幼児や妻・妾ら三十九名が大勢の町衆が見守る中で公開処刑され、遺骸はその場に掘られた大きな穴に投げ込まれたのです。
その場所には「殺生塚」と呼ばれる大きな塚が築かれ、塚の頂上には秀次の首を入れた「石びつ」を据えて三条大橋を大来する人々への見せしめにしたといわれています。
この「秀次事件」の16年後(1611年)、角倉了以が高瀬川を開くとき 洪水などで荒廃したその「塚」の跡に江戸幕府の許しを得て、墓地と堂を建立しました。寺号は秀次の戒名から「瑞泉寺」と名付けられたとのことです。

IMG_0077
その時の処刑の絵です。
じつはこの絵をかつて大阪城で見ました。
これは人の行う所業ではありません。
まさに鬼畜です。多分この事件が起こった時の秀吉は愛児秀頼を守るために性格がかなりおかしくなってきておりそれに加えて孤高がその所業をエスカレートさせたのですが、なんともむごたらしい事をしたものです。
画像下の哀れな妻子の境遇に涙する武士の姿が強く印象に残りました。合掌・・・

■先斗町
IMG_0086

IMG_0085

IMG_0083
先斗町の由来は、ポルトガル語のponto(「先」の意)にあるとされています。
しか〜し、正しいポルトガル語は「PONTA」なのに「ポント」と読まれることや、なぜ「先斗」の字があてられたのかなどが謎とさているために今一つ信憑性かけています。

IMG_0078

IMG_0079

IMG_0080

IMG_0084
先斗町歌舞連場です。
先斗町歌舞練場は大正14年(1925年)に着工し、昭和2年(1927年)に完成しました。設計は大阪松竹座(大正12年)東京劇場(昭和2年)などを手がけて劇場建築の名手といわれた大林組の技師、木村得三郎氏です。
鉄筋コンクリート造り、地上四階、地下一階で、当時「東洋趣味を加味した近代建築」と賞賛されたそうです。
ここで行われる「鴨川おどり」は一度みてみたいものです。


IMG_0082

ウォッカバーナカニシ
ウオッカバー「ナカニシ」さんです。
マトリョーシカと呼ばれるロシアの人形が並んでいるお店なのでロシア語でか書かれていてもすぐわかります。
ここが、世界のウオッカを集めたウオッカバーのお店なのです。
なぜ京都のここ先斗町にあるのですかね?

■円山公園
円山公園に着きました。
なんと空には青空が広がってきました。
京都は晴天です。
まだ私達夫婦には運が残っているようです。

IMG_0090

IMG_0092
あら懐かしい、円山公園内にあったお化け屋敷です。

IMG_0093

IMG_0094
全く人を恐れないカラスです。
迫力ありますね。

■和服の面々です。
IMG_0099
中国人の方が観光記念に和服の女性の方々と一緒に記念写真を撮らせてもらっていました。
私も便乗のお願いをして撮らせてもらいました。

IMG_0105
こちらの外国人の方は、京都の日本人の友達が和服を用意してくれたそうです。
良く似合っていますよ、と言いましたら満面の笑みでファインダーに収まってくれました。

■八坂神社のしだれ桜です
IMG_0104

IMG_0103
ちょっと盛りを過ぎたような感じですがまずまずです。
これが見たかったのです。これが見ることができましたので、これから豪雨になってもへっちゃらです。


IMG_0106

IMG_0109

IMG_0112
円山公園の桜です。

■二年坂〜三寧坂〜清水寺
二年坂〜三寧坂〜清水寺まで一挙にお見せします。
IMG_0113

IMG_0120

IMG_0124

IMG_0125

IMG_0127

IMG_0128

IMG_0129

IMG_0130

IMG_0131

IMG_0134 

清水寺は改修工事中でクローズしていました。
IMG_0135 

IMG_0136
京都駅に着きました。
この時間帯でぽつりぽつりと雨が落ちてきました。
で〜も今日はほとんど晴天の中で旅行することができました。
日頃の行いがよいとこのような事になるのです。

今日の夕食は、料理屋「X」さん だったのですが残念な事に休日でした。
雨が強くなってきたこともあり、えいやぁでとあるお店に飛び込みました。
今日のお店は「京とんちん亭」北店さんです。

住所: 京都府京都市下京区東塩小路町579-11
電話:077-343-9955
定休日:無休

IMG_0138
お店の外観です。

IMG_0151
店内の雰囲気です。

IMG_0139

IMG_0140
メニューです。

IMG_0142
まずは「お疲れさんビール」です。
奥様はなぜか今日は端(はな)から飛ばしていました。
気になったのでその理由を聞きましたら、京都に泊まるものだと勘違いしていたそうです。
よく言います。温泉付きホテルでないと機嫌が悪くなりますので、その為にわざわざ大阪まで範囲を広げて探し当てた温泉付きホテルでの宿泊を忘れていたようです。
まして今回は太っ腹でexecutive roomですからね。
宿泊部屋(28/30階)、料金共々お高いのですよ・・・

IMG_0143
牛筋煮@450円です。
コラーゲンたっぷりではないですか。いきなりイケますコールです。
美味しいですね。

IMG_0144
ピリ辛きゅうり@400円です。
シンプルな味付けです。
ビールにあいますね。
私も遅れてキリンフリーでお付き合いしました。

IMG_0145
明太子出し巻き@620円です。
オムレツの中に明太子を包んでいました。
玉子と明太子って合います。

IMG_0146
九条ネギチーズ入りベタ焼き@780円です。
九条ネギにやられました、美味しかったです。
奥様も気にいってワシワシたべていました。

IMG_0147
ホルモンたれ焼き@680円です。
これはホルモンが硬すぎます。
ペケポン料理です。

IMG_0149
川エビの唐揚げ@480円です。
素揚げでないので良く味わっていただきました。
マイルドな川エビの唐揚げに仕上がっています。
美味しいです。

IMG_0150
締めのガーリック炒飯@700円です。
今日一です。
やはり高温の鉄板でよく炒めますから、まずいわけがありません。
ガーリックのふくよかな香りが今日の疲れをぬぐいさってくれました。

■番外編
本日の宿泊地大阪に着きました。
大阪の天気はひっくり返したような大雨です。
やはり天気予報は当りますね。
いいのですよ、夜で帳尻合わせてくれれば(笑)

IMG_0153

IMG_0154
この画像は「薬ダイコク」のオープニングセールです。
妙齢の女性にプラカードを持たせていたので驚きパチリしました。
関東では見かけませんね。
別にこの光景を否定しているわけではないのですが正直驚きました、ハイ。
其の参もお楽しみください。

それでは(^_-)

比叡山 弦喜そば

今日は「2014京都観桜旅行其の壹」です。
おとぼけ夫婦恒例の春の京都観桜旅行の季節となりました。
ブログ上では今年で7回目になります。
ブログを書く前からも京都にはかなり行っていました。
To be honest・・・
もう行くこところはないではないですか、と心の中で思いながらその言葉を奥様に言わずにのみ込む、そうなのです「男は黙ってサッポロビール」なのです。
ちょっと古いですね。

梶井基次郎は「桜の樹の下には屍体が埋まっている!」
「桜の花があんなにも見事に咲くなんて信じられないことじゃないか。俺はあの美しさが信じられないので、この二三日不安だった。しかしいま、やっとわかるときが来た。桜の樹の下には屍体が埋まっている。これは信じていいことだ」と言ってました。
屍体はともかく桜には人の心を惑わす何かがあります。
桜は、人の心をふくよかにし心をとろけさせます。
桜の持つ魔力とでもいうのですか、この一種独特の蠱惑(こわく)感に魅せられる女性の気持ちはよく分かります。
もしかして桜は女性の願望の化身かもしれません・・・

今回の往京はめずらしくというか、私達にとって初めてなのですが雨の京都になりそうです。
京都近郊の降水確率は二日間とも70%の高い値を示しています。
気象情報の正確さを信じている私としては、行く前から意気消沈していたのです。
言い換えればヘジって行きたくないモード全開なのですが、仕方ないですね2ヶ月前からすべてのitineraryは決めていましたので。
受けてたちましょう「雨の京都」を、これもまた一興であります。

■京都観桜情報
IMG_9997

IMG_9998

IMG_9999
私達の京都観光をする場所は実は私が決めているのではありません。
すべて私達が利用するレンタルチャリ屋の主任の情報に基づいて決めているのです。
そのために万が一予定していた土日の桜が3分咲きとかあるいはその真逆の葉桜とかいう事態を避けるために予備週を含めて宿泊施設は予め2回に分けて取っています。
そして決定週が決まった段階でホテルはキャンセルしているのです。
従いまして桜の見ごろの外れはないのです。
今回も京都に着いてからレンタルチャリ屋の主任と打合せして観桜の場所を決めました。
前置きがながくなりました。
この画像はレンタルチャリ屋の主任への手土産です。
今回の手土産は東京ばなな「がぉー」でした。
色が鮮やかですね・・・

■日本一長いケーブルカー
IMG_0001

IMG_0002

IMG_0008

IMG_0009

IMG_0014
いきなり京都にはいきません。
朝早い新幹線に乗った私達は最初の目的地である「比叡山」を目指しました。
比叡山にいくには昭和2年開業の日本一長いケーブルカーで出発駅坂本駅から到着駅の延暦寺駅に向かいました。
電車を待っている間、外国人に話しかけられたので雑談をしていました。
その外国人はHawaiiからきた方で、以前から「延暦寺」に興味を持っていて、はるばる来たそうです。
なにやら寺内の宿坊に泊まるとか、奇特な外国人もいるものです。

もうすぐ到着駅です。
眼下に見下ろす琵琶湖がキレイです。
IMG_0018

IMG_0019

IMG_0020

■比叡山
延暦寺
比叡山の開創は788年です。天台宗の開祖である最澄が、 山内に寺院を建てたのがはじまりです。
やがて朝廷から開創時の年号「延暦」の名を賜り、 日本仏教の基盤をつくりあげました。
1994年、世界文化遺産に登録されたのです。
この「世界文化遺産」に奥様は反応したのです。
どうやら『「世界文化遺産」はみなければいけない』と言う法律が我家にはあるみたいです
京都と滋賀の県境にまたがり、南北に峰をのばす比叡山。この巨大な山全体が寺域であり、いくつもの谷や尾根を活かしてつくられた「東塔(とうどう)」「西塔(さいとう)」「横川(よかわ)」の3地域を あわせて比叡山延暦寺と呼びます。周囲およそ100キロメートルにもおよぶ、日本仏教の一大聖地です。

IMG_0022
比叡山延暦寺山門です。

IMG_0038
入ってすぐにわかったのですが
To be honest・・・it is too wide!
あまりに広すぎてどこをどう観たらいいのか分からくなりました。
それに追い打ちをかけるように雪が舞い落ちてきて、心も体もひえいざんになってきました、どうしませう。
前途多難であります。

東塔地域
結局「東塔(とうどう)」「西塔(さいとう)」「横川(よかわ)」地域の中から、手近な東塔地域を観る事にしました。

IMG_0032

IMG_0035

IMG_0034
東塔内の頂点、根本中堂です。
根本中堂は、延暦寺の総本堂にあたります。
現在の建物は、徳川三代将軍家光により再建され寛永19年(1642年)に造営が完了しました。
国宝に指定されています。
根本中堂は今まで観た寺社の中で一番荘厳の空気を感じました。

不滅の法灯
比叡山延暦寺には、「不滅の法灯」と言われる小さな火が、1200年以上も途絶えることなく今も燃え続けています。
これは、最澄が自らの手で彫った薬師如来に灯火を捧げたのが由来とされています。
この灯火に、最澄は歌を詠み、この光に後の世まで永遠に照らして欲しいと思いを込めたようです。
実はこの灯火、信長が寺を焼き討ちにしたときに一度消えています。
しかし、山形の「立石寺」という山寺に分灯されていたものを分けることによって、再び最澄の灯火を復活させています。1200年という気の遠くなるような長い間、決して消えることのないように毎日菜種油を注ぎ足し、火を守り続けている僧たちの緊張感と苦労を思うと、頭の下がる思いがします。
これを司馬遼太郎先生は「伝統」という言葉で言い換えています。

IMG_0043

IMG_0044
大講堂です。
僧侶が法華経の講義を聞きお互いに問答する学問修行の道場です。

IMG_0055

IMG_0057

IMG_0056
大講堂の前庭にある平和の鐘(開運の鐘)です。
奥様がまるで大晦日のendinng状態というほど、この鐘の音が鳴りやみません。
関西だけに「二度突き駄目」との注意書がありました。
一突き50円です。
ちなみに画像に写っているのは私ではありません。

IMG_0048

IMG_0049 
阿弥陀堂です。比叡山開創、1150年を記念して1937年に建立された先祖回向の道場です。


IMG_0051
本尊の阿弥陀如来です。

他にも色々な処を拝観したのですが、キリがないのでこの辺りで止めおきます。
ということで本日のランチですが、なな何とこの比叡山には予約なしで食べられるところは一か所のみでした。
要は選べないというか・・・もしなかったら麓(ふもと)まで降りねばならず、あるだけありがたかったのです。
今日のお店は「弦喜そば 比叡山」大講堂店さんです。

住所: 滋賀県大津市坂本本町4220 奥比叡無料休憩所
電話:077-579-0335
定休日:無休

IMG_0023

IMG_0024

IMG_0025
お店の外観です。
なぜか仏像の歓迎を受けて地下のお店に降りて行きます。

IMG_0028
店内の雰囲気です。
店内は私達夫婦だけでした。
なんでだろう、他の観光客の皆さんは、多分麓(ふもと)で済ませてきているのでしょうね?

IMG_0027
メニューです。

今日のオーダー
私は「門前そば」@780円です。
奥様は「比叡山そば」@730円です。

待つこと8分で到着です。
見た目いずれも美味しそうです。

IMG_0029
それでは実食です。
両方とも蕎麦のレベルが高いです。
そして私の頼んだ「門前そば」は想像以上に美味しいのです。
日頃の信心のご利益(りやく)でしょうか・・・

IMG_0031
奥様の「比叡山そば」は関西風の薄口出汁がイケています。
奥様は食べながら今関西にいる事を実感したようです。
これまた結構でした。

■番外編
IMG_0037 (0)
今日のsweetsはお抹茶セット@550円です。
売店で求めたのをストーブが炊いてある無料休憩所まで運びいただきました。
ごま大福が秀逸です。
ごまの美味しさを堪能しました、すごく美味しいです。
しか〜し4月の初旬だというのにストーブをガンガン炊いてるって、延暦寺ってすごいところにあるのですね。

IMG_0061
ここからバスで京都に向かいます。
天候は雪空から太陽がでてきてなんとなく今日の天気は持ちこたえそうです。

IMG_0063

IMG_0066
車窓から景色を眺めながら約1時間で京都につきました。
其の貮もお楽しみください。

それでは(^_-)

芝浦 まるや

今日は「浮気をしない男」です。
浮気男
どんな理由があろうと、うまい言い訳をされようと、浮気をされた側は悲しく虚しく、やっぱり許しがたいものですね。
できることなら、浮気をする可能性のない相手と恋に落ちたいものです。
そこで、これから出会う相手の中から、浮気をしない人を見分けるのに役立ちそうなポイントをまとめてみました。

■目標の高い人
仕事でもプライベートでもかまいません。自分自身に高い目標を設定している人は、回り道や脇道へそれることを避けたがるものです。それは恋愛にも影響され、「本気」の相手がいれば、「浮気」は脇道。すなわち、本当にデキる人は浮気をしない確率が高いということですね。

■唯一無二の興味対象を持っている人
これも対象を選びません。何か1つ真剣に取り組むものを持っている人は、よそ見をする習慣を持ちません。そして、恋愛中は好きな相手のことだけを見てくれます。ただし、その唯一無二の興味対象には負けてしまうかも…。

■頑固で融通の利かない人
昔堅気なタイプともいえますね。自分が手に入れたもの、自分の周囲にあるものを守るためにひたすら頑張るので、その安定を揺るがすような行動は滅多に取りません。

■浮気をしたことのない人
付き合う前の段階で、「浮気ってしたことある?」、「チャンスがあればしてみたい?」と聞いてみましょう。ここで、口ごもったり、浮気経験を告白する人は、今後も浮気する確率の高い人。一方で、「自分はしたことない」、「自分はしない」とはっきり口に出して言える人は、浮気をしない確率が高いでしょう。

■お金の管理を任せてくれる人
自分の財布のヒモをしっかりと握りしめて放さない人は、自由度を優先するタイプなので、浮気もチャンスがあればしてしまうかもしれません。一方で、サイフや携帯、PCなどをオープンに見せてくれたり使わせてくれるような相手なら、信頼できますね。

■YES、NOがはっきりしている人
「誘われてつい」、「強引に」というのは、浮気の言い訳に使われる常套句です。それに対して「NO!」を言える人なら、浮気の確率はぐっと減ります。モテても八方美人になることがなく、恋人にして安心です。

■浮気性の友達がいない人
残念ながら、類は友を呼ぶのは事実のようです。周囲の環境や職業によって左右されるのは、人間としてある程度当然のことかもしれません。悪友が多いと、誘惑される場所へ行く機会も、おいしい話を見聞きする機会も増えてしまうわけです。

本当の意味で浮気をしない人とは、場面や相手が揃った時に「どうしよう?やめとこうか」と考える人ではなく、そういう考えすら持たない人です。

いかがですか?

恋愛へとなだれ込む前に、友達期間を設けてより相手をよく知ることができれば、浮気をされてつらい思いをするリスクが避けられますね。(モデルプレス)
「浮気しない男性の特徴」Peachyより転載
久々のくりびつてんぎょのいたおどろ!でした。
この「浮気をしない人を見分けるのに役立ちそうなポイント」は、ほとんど私に当てはまっています。
唯一違うのは、私は女性にお金の管理を任せない人なので、その点だけが違うだけです。

そうなのです、私はこのフリネタの通り「浮気をしない男」なのです。
どうだ、すごいだろっ!て力む事でもありません。
私の名誉の為に申し上げますと私はモテない男ではありません。
どちらかといいますと、普通の男性より好感度は高いと思います。
今でも高校・大学の女子会にいけばそれなりの人気を保持しています。
さらに言えば女子会に頻繁に呼ばれること事態モテオの条件かと思います。

私が浮気をしない最大の理由は家族に迷惑をかけたくないからです。
やはり女性問題は家庭内をぎくしゃくさせます。
そのぎくしゃくを見せられている子供達は、とてもつらい事だと思います。
それはおおいに避けたいところであります。
やはり仕事に全力投球できるのは家庭が波風立たない事、即ち円満であることだと思います。
それをわかっていてそのような行為をする男性は信じられません。

奥様と私は子育てが終わったら若い時にやり残した事をしようと誓いました。
もしそれが私の素行不良によりできなかったとしたら、あれほど熱く語った未来は一体どのように葬ればよいのでしょうか・・・

There is no remedy for love but to love more.
愛に対する治療法は、より愛する以外にない。
Henry David Thoreau


マクドナルド・カナダが、浮気しない男性の特徴を作る工程の動画を原料の丸鶏の段階から公開しました。
チキンマックナゲットといえば屑肉を薬品処理した「ピンクスライム」が使われてるなんて噂もありましたが、この動画を見ると原料はちゃんとした鶏むね肉です。それを細かくミンチして鶏皮少しと調味料を混ぜて、衣を付けて揚げたのがチキンマックナゲットなんです。といっても動画で見えるのはベージュがかったひき肉で「わー、美味しそう!」とも思わないんですが、逆に正直な感じがしていいですね。


IMG_9985

IMG_9986
今日は田町に出没です。
なにやら田町駅はにぎやかです。

IMG_9987
船着き場を通りすぎましたら魚が食べたくなりました。
こういう気分に選んだお店はこちら、飲みくい処「まるや」さんです。

住所:東京都港区芝浦3丁目14-15
電話:03-3454-8431
定休日:不明

IMG_9988
お店の外観です。

IMG_9992
店内の雰囲気です。

IMG_9989

IMG_9990
メニューです。

IMG_9993

IMG_9994
今日のオーダは「刺身定食(15食限定)」@900円です。
待つこと4分で「刺身定食」の到着です。

見た目新鮮そうです。
刺身は鮪、蛸、天然ワラサ、かつお、甘海老、ハマチ、玉子焼きです。

それでは実食です。
甘海老が郡を抜いて美味しいです。
白眉は蛸です、これは鮮度が良いのでコリコリしています。蛸好きなのでたまりません♪
瑕瑾は初鰹でしょう、美味しくありません。
@900円でこのレベルであればno problemです。
ごはんはお替り自由ですからね、これも高評価です。
良いお店です。

IMG_9995
余談ですがお店をでましたら、目の前の通りに私の亡母の名前が冠せられていました。偶然の産物とはいえ、これには驚きました。

それでは(^_-)

淡路町 オッテイモキッチン

今日は「ナチュラル系ランニング」です。
東京教育大(現筑波大)で箱根駅伝に出場し、長い間、市民ランナーを指導してきた山西哲郎・立正大教授は「感性を磨きなさい」と説く。その深みのあるランニング哲学について語ってもらった。 
私はよく「ソクラテスになって走れ」と言うんです。「走りながら哲学しなさい」と。
走る時間は「考える時間」であって、「自分と対話する時間」です。
そんなことを言われても何のことやらわからないという人がいるから困る。 
タイムばかり追求しないで、たまにはゆっくり走って自分と対話してほしい。ゆっくり走ると、見えていなかったものが見えてくる。ふわ〜つとした風や川のせせらぎで気持ちがよくなったり、芝生がきらきら輝いて見えたりする。ペースや走る距離に縛られていると、そうならない。  
結果を求める走りとは別に、五感で心地よさを感じながら、情緒的なものを探求し、その過程を楽しむ走りもある。  
群馬大教授時代の授業で、走りたがらない学生たちに「はだしになって芝の上で30分間、寝転がっていなさい」と言ったことがある。その後、ゆっくり走らせたら、みんなそろって、何て気持ちがいいんだと喜んだ。  
目をつぶらせて、伴走者付きで走らせると五感が鋭くなる。そのあとに俳句や短歌をつくらせると、すらすら出てくる。目を閉じて100メートル走った後に目を開けて走ってみてください。すごく気持ちがいいから。  
ペースばかり考えていると 感性が鈍って、人間の本質的なものを失ってしまう。
本来、ランニングは実生活から離れて、伸びやかに自由に楽しむものなのだから、タイムで自分を縛らないでほしい。タイムを追求したり、人と競うにしても、ランニングの本質を理解したうえで走ってほしい。それに結局、感性の鋭い人の方がペース感覚も優れているんですよ。
「五感で心地よさ感じて」日本経済新聞より転載
最近マラソンネタを書かないので一部の方からマラソン止めたのか、という声がありました。
そんな事はなく休みになるとしっかりと走っています。
だいたい月=100kmを目標距離としているのです。
1月、2月はクリアしたのですが3月は仕事が忙しくてできませんというか、まだ3月なのでできないだろう、というのが正しい説明です。
でも最近はこのフリネタの山西先生のコラムのように、
「ペースばかり考えていると 感性が鈍って、人間の本質的 なものを失ってしまう。
本来、ランニングは実生活から離れて、伸びやかに自由に楽しむものなのだから、タイムで自分を縛らないでほしい。タイムを追求したり、人と競うにしても、ランニングの本質を理解したうえで走ってほしい。」
ということを痛切に感じています。
始めた頃はやはり人より早く走りたかったので月に200km走見たいな練習をしていましたが、最近は無理な長距離を走ると次の日に疲労が残るのに加えて練習してもタイムは早くならなくなってきましたので、そろそろspeed marathonは卒業なのかな、と自分にいい聞かせています。

季節も春めいてきましたので、初心に戻って風になろうかな、と思っています。
春の息吹を体いっぱいに感じて五感で走る事を楽しみましょう。
気に留まった春の芽生えは、足を止めて確認してみましょう。

IMG_0002

IMG_0001
ところで予備校の同級生の真利さんから絵葉書が届きました。
彼女もマラソンを始めるようです。
彼女の体型からすると驚きを禁じ得ないのですが、でもね・・・いいことです。
できれば鳥のさえずりに耳を傾け、木々や花々から四季の移り変わりを感じ、雲雀の鳴き声に心踊らすようなナチュラル系ランナーになってもらいたいものです。
いずれにしても待ちに待った春が到来しました。
ブログばっかり書いていないで外にでましょう、と思う今日この頃です。


もし、凍った湖や池に車が沈んでしまったら?
そんな誰もが一度は体験するアクシデントのために車を引き上げる方法を覚えておきましょう。


IMG_9927

IMG_9926
今日は神田淡路町に出没です。
今日のお店は前回ワテラスに来た時、目ぼしを付けていたイタ飯屋さん「オッティモ・キッチン」 ワテラス店 さんです。

住所: 東京都千代田区神田淡路町2-101ワテラスタアネックス3F
電話:03-3525-4261
定休日:無休(ワテラスタワーに準ずる)

IMG_9914
お店の外観です。

IMG_9916

IMG_9922
店内の雰囲気です。

IMG_9919
メニューです。

今日のオーダは「クワトロフォルマッジ」@1,480円です。
クワトロフォルマッジとはゴルゴンゾーラ、マスカルポーネ、モッツアレラ、パルミジャーノの四種類(クワトロ)のフォルマッジ(チーズ)です。

入ってすぐ接客についた若い男性スタッフの言葉の端々(はしはし)が横柄というか不遜というか無礼なので、本来ならその怒りにまかせて店を出てしまうところなのですが、ここのクワトロフォルマッジは美味しそうなので我慢する事にしました。

IMG_9923

IMG_9925
待つこと12分で「クワトロフォルマッジ」の到着です。
見た目美味しそうではないですか。
焼き加減、チーズの按配申し分ありません。
それでは無礼なスタッフの事を忘れて実食です。
そうそうこの「ゴルゴンゾーラ」は青カビが多く塩味が強い「ゴルゴンゾーラ・ピカンテ」を使用しているみたいで、ピザには蜂蜜が付いていました。

ウ〜ンこれは美味しいですね。
チーズはゴルゴンゾーラ、マスカルポーネ、モッツアレラ、パルミジャーノの4種類の全てが美味しいです。
とくに「ゴルゴンゾーラ・ピカンテ」は最高です。
途中から蜂蜜を投入しましたらその美味しさが際立ってきました。
ピザ生地もモチモチ感が有り、バランス良くまとまっており、加えて36cmと大きいのも高評価です。
なかなかの味ですね。
ちょっと接客に難ありですが、また来たいお店です。

それでは(^_-)

続 池袋 壬生

今日は「超常現象」です。
超常現象
この画像の方は67歳になられたユリ・ゲラーさんです。
貴方は超常現象を信じますか。
私ですか、霊とか幽霊は信じませんが、超常現象は信じます。
実際に世なのかでは説明できない様々な超常現象が起きていますよね。

個人的には子供の頃読んだ漫画で、日食を知っていてそれを利用して戦争に勝った男の話がありました。
その戦争で日食を知らない人々はあまりの不可思議さにおののき戦意喪失になった一方で、その男はそのメカニズムをよくよく知っていたので、ほとんど勝ち目のない戦いに日食を利用して逆転勝利した件(くだり)があったのです。
それを読んだ子供だった私は、自然の摂理を掌(たなごころ)にしての完勝に、狂喜乱舞した思い出があります。
この日食のようにそのメカニズムを知っていれば当り前の事が、全く知らなければ「神の起した逆鱗」とかになるのです。超常現象もそのような類(たぐい)だと思います。

超常現象とは、超常現象を信じたい人には信じるに十分な証拠が出る一方、信じたくない人には否定をするに十分な曖昧さが残ります。そういうレベルの証拠しか出ないのが超常現象であると断じられているのです。
しか〜しその超常現象に最近科学のメスが入り始めました。

今日はその中でいくつかの事象について紹介します。
宜しかったらお付き合いください。

◆いいようのない恐怖がおこると冷気を感じる
ネズミの檻にネズミの天敵の蛇の匂いをいれますと、ネズミは蛇がいないにもかかわらずその恐怖で背骨周辺の体温が下がるそうです。
これは露出部の要である背骨周辺の体温を低下させることでその気配を消して、天敵の蛇に気づかれないようにする為のものです。
実は人間にもその機能が備わっていて、恐怖を感じると背骨周辺の体温がさがります。
従いまして「背筋も凍る」とは、背筋周辺さえも凍るほどの恐怖を意味する慣用句ではなく、恐怖により背筋周辺の体温が下がる為に凍るように感じるというのが正しいのです。

◆火の玉(オレンジ色の玉)を見た
アメリカで定期的に人体に電磁波をあたえる実験をしたところ、すべての被験者が丸いオレンジ色の玉が見えた、と証言しています。
電波は脳の視覚野を活性化します。その為電磁波等の影響を受けると、人間は光が発色していないのに幻覚をみてしまうのです。
それを敷衍しますと強力な電磁場があれば幽霊は見えてしまうのです。
どうやらこれが幽霊の正体のようです。

◆「生れかわり」は本当?
アメリカで「生まれ変わり」を専門に研究している学者がいます。
生まれ変わりの事象は世界中で約2,500件確認されています。
生まれ変わりの特徴は、幼いころ35ヶ月(2〜3歳)に起こり、ほとんどが6〜7歳で自分の生まれ変わりについて話すのを止めています。
これは幼児期健忘と呼ばれて、幼児期に人間は詳細な記憶が持てません。
従いまして幼児の時の記憶は徐々に形成されていくのです。
その際に何度も他の人の話をしたりして擦り込んだりしますと、それが自分の記憶になりかわるのです。
これを「偽りの記憶」といいます。
従いまして「生まれ変わり」の大半は「偽りの記憶」で説明できるそうです。
さらに補足しますと、その話を擦り込んだ方々は全くその話をしたことを忘れているのです。
ですので「生れかわり」の話に驚いてしまうのです。
それでも世界中に44例ある事例は納得できる合理的な理由がみつかりません。
これは生まれ変わる前の本人(実在した過去の人)しか知りえない情報を話すものですからそのメカニズムを解明しています。
この学者は、このような難解な事象の方こそ科学で挑む価値がある、と強く語っていました。

◆テレパシーはあるのか
「生まれ変わり」同様にアメリカには離れた人間にテレパシーの様な繋がりがあるのかどうかを研究している学者がいます。この学者は、家族や親しい友人を被験者にして、一方が脳の刺激を受けた時にもう一方も脳も刺激を受けるか、という実験をしました。
合計六回の実験をしましたところ、6回とも一方が脳の刺激を受けた時間に他方の脳の後ろにある視覚野に変化が起きていました。
これにより人間の脳には他の人とのつながりを感じる「脳の同期現象」があるというものでした。

9.11の同時多発テロの際にも全世界の40ヶ所に設置してあった、人間の変化をみる乱数発生機(異常値測定器の一種)がその時間に乱れを生じたそうです。
これはこの同時多発テロにより、全世界で異常な携帯電話の発信によるものから、との疑念が生じており納得性に乏しかったのです。
そこでこの学者はネバダ州で行われたイベント「バーニングマン(地形学的にほぼ遮断され、電気、上下水道、電話、ガス、ガソリンスタンドなどの生活基盤が整備されていない所で行われる大規模イベント)」で同様な実験を行ったところ、クライマックスの瞬間の乱数発生機には乱れが生じていました。
この偶然は230万分の1の確率ですから一種のテレパシーがこの機械に影響を与えたと見るのが自然だそうです。

この偶然の一致は粒子で説明するとわかりやすいそうです。
地球上の物質はとことん細分化すると粒子になります。
電子、素粒子、光子も粒子で構成されています。
従いまして我ら人間もつまるところ粒子の集積体であります。
もし人間の意識が粒子などの物質になんらかの影響を与えているとするならば、量子論を手掛かりに不可思議な現象を説明できるかもしれないのです。
この事は将来、テレパシーが量子論で解明される事を示唆しています。
量子はどんなに離れていても「量子もつれ(量子をお互いにぶつけると影響を及ぼす事)」が起こればお互いに影響をおよぼすからです。銀河の両サイドにそれぞれある遠く離れた電子と中性子が量子もつれになっている例もありますのでテレパシーと同じ様な同期特性はありえるのです。
いずれにしても、この研究の成果には多いに期待したいものです。

最後ですが、「背筋も凍る」とか「虫の知らせ」とか「以心伝心」とかは、昔から経験的に体験していた事を先人達が慣用句にしていたことが理解できました。
人間の経験・叡智に感動した今日この頃であります。
NHKBS「超常現象(科学者達の挑戦)」からのテープリライト


IMG_9885
今日は池袋に出没です。
春めいてきましたので、冷たいお蕎麦が食べたくなりました。
こういう日にはここでしょう。
今日のお店は「壬生」さんです。

住所: 東京都豊島区池袋2-73-3 サンスプレンダー池袋 1F
電話:03-6914-2880
定休日:無休

IMG_9886

IMG_9887
お店の外観です。

IMG_9898
メニューです。

今日のオーダは「とろろ肉蕎そば(中)」@850円です。
ちなみにここのおそばは大(380g)中(280g)小(230g)でも値段は同じです

IMG_9892

IMG_9893
待つこと8分で着丼です。
見た目、「港屋」さんのインスパイア版ですがどちらかというとコピーに近いのでは思わせるくらいです。
具の方は、牛バラスライスのボイル、刻みネギ、ゴマ、刻み海苔そしてとろろが大量にのっています。

IMG_9891

IMG_9896

IMG_9894
そして、卓上には天かす、生玉子、辛味ダレ(食べるラー油?)が置かれています。
さっそくこんもりと入れました。

それでは実食です。
麺はかなりの硬麺です。
辛味のあるつけ汁と香り高いネギ、硬めの蕎麦を一緒にいただくと相性がよいですね、美味しいです。
プラ〜スやまいも、生玉子、天カス、辛味ダレがnice assistです。
これは好きな味です、とても美味しいです。

IMG_9889

IMG_9897
食べ終わったら白濁したトロトロの蕎麦湯で割って飲みます。
かつお節をかけ回すのがお約束です。
食後もイケます。
これから暑くなりそうなので、また来たいですね。
ご馳走様でした。

日本橋川・神田川クルージング  神田川編

今日は「クルージング」です。
私達おとぼけ夫婦は阪急交通社主催の「日本橋川・神田川クルージング」に参加しました。
今日は後半の「神田川」編です
画像主体ですが宜しかったらお付き合いください。

◆ここから神田川に入ります
IMG_9824

IMG_9825
三崎橋をくぐり右折しますと神田川です。
ここからは頭上を覆っていた高速道路から解放されましたので、さわやかな青空が目に差し込んできます。

◆浚渫船です
IMG_9826
まだ現役の舟です。いまでも護岸工事の残材などを運んでいるそうです。

◆謎の穴です
IMG_9829

IMG_9830
謎の穴ではありません、分水嶺です。
大雨等により水かさが増した時に、そのoverflowした水をこの分水嶺で引き受けるそうです。
たまに中をのぞいてみたい、と言う方がおられるそうですが、中は本当に真っ暗闇なので何も見えませんし危険です、と説明されますと、断念される方がほとんどだそうです。

◆お茶の水橋です
IMG_9835

IMG_9836

IMG_9837
お茶ノ水駅にはエレベーター、エスカレーターがなく身体がご不自由な方に不便をかけていました。
JRとしては早急にそのような設備を作りたかったのですが、現在のお茶ノ水の駅周辺には建設資機材を置くスペースがないので見送られていました。
さすがにその為に工事ができない、ということは理由にならないので、東京医科歯科大の方から橋をかけ建設資機材を運ぶことにより工事に着手しました。
その建設資機材を運ぶ橋が青色の橋です。

◆聖橋です
IMG_9838
名前は東京府東京市(現:東京都)が公募し、両岸に位置する2つの聖堂(湯島聖堂とニコライ堂)を結ぶことから「聖橋」と命名されました。
橋は船から見上げた時に最も美しく見えるようにデザインされているのです。
私はこの橋を下から覗いてみたかったのです。
想像以上にきれいなアーチです。
昭和2年架橋です。

◆丸の内線です
IMG_9839

IMG_9840
下から見るとこのような感じでした。

◆柳橋です
IMG_9842

IMG_9844

IMG_9845
ここで休憩です。
柳ばし老舗佃煮屋「小松屋」さんのご主人から「柳橋」の今昔について説明がありました。
昔は柳橋といえばその隆盛を新橋と二分する花街だったそうです。
昭和27年(1952年)は料亭57軒でありましたが昭和39年(1964年)の東京オリンピック以後、衰退していき、特に隅田川の護岸改修(カミナリ堤防)で景色が遮断されたことが花街にとって大きな致命傷となったそうです。
それでも、花街は世間に迎合せずその伝統を守り通してきましたが、世の流れには逆らえず平成11年(1999年)1月、最後の料亭「いな垣」が廃業してしまい、200年近くの歴史に終止符が打たれました。
池波正太郎、永井荷風等著名な作家が良く訪れていたそうです。

IMG_9871

IMG_9872

IMG_9873
ここでお土産の販売をしていましたので、我家は「生あみ佃煮」@500円を求めました。
下町の佃煮なので味がはっきりしており、とても美味しいです。
求めてから毎日食べています。

◆隅田川です
IMG_9846

IMG_9847
柳橋を抜けて、両国橋の上のスカイツリーを左に見て大きく右折しますと隅田川です。

◆「リバーサイド読売ビル」です
IMG_9854
風の通り道のあるビル「リバーサイド読売ビル」です。
近隣対策として日照権の替わりに風の通り道を作ったそうです。
完璧に隅田川のlandscapeですね。

◆新大橋です
IMG_9850
最初に新大橋が架橋されたのは、元禄6年12月7日(1694年1月4日)です。
隅田川3番目の橋で、「大橋」とよばれた両国橋に続く橋として「新大橋」と名づけられました。

◆リバーシティー21です
IMG_9855
私がよく女子会で訪れるリバーシティー21です。
いつも摩天楼からこの景色を睥睨していましたが、川面からみるとこんな感じなのですね。

◆湊橋です
IMG_9859

IMG_9860
昭和三年(1928年)に架けられた三連の鉄筋コンクリートアーチ橋です。見た目にはずっと新しい橋のように見えますが、これは平成元年(1989年)の整備事業で化粧タイルによる装飾が施されたためです。
橋の中央に、江戸時代の帆船のレリーフがついています。

◆日本橋水門です
IMG_9861
日本橋水門です。
ここで分流して亀島川に流れています。
亀島川はわずか1kmの短い水路ですが、江戸時代は越前堀と呼ばれ時代劇を彷彿させる川です。
この水門は高潮や津波の被害から流域の街を守ります。
来たる第二次関東大震災の際には大いに活躍するでしょう、不吉ですか(笑)

◆ゴールです
IMG_9865

IMG_9862

IMG_9864

IMG_9866
最後までご覧いただきありがとうございました。
ちなみにこのクルージングの料金は@3,990円です。
今回みたいに晴天であれば最高の旅です。

◆最後も番外編です
IMG_9868

IMG_9869
今日のランチは「紅花」さんだったのですが、ここでデジカメの電池がexhaustしてしまいました。
ということでgourmet ネタは割愛しますm(__)m

それでは(^_-)

日本橋川・神田川クルージング  日本橋川編

今日は「クルージング」です。
私達おとぼけ夫婦は阪急交通社主催の「日本橋川・神田川クルージング」に参加しました。
という事で大人のクルージングを紹介します。
実は前からこのクルージングに参加したくて機会をうかがっていたのですが、以外にもこの商品人気がありまして、なかなか取れなかったのでした。
まずは前半の「日本橋編」です。
ということで画像主体ですが宜しかったらお付き合いください。

◆いきなり番外編です
IMG_9798

IMG_9797

IMG_9796

IMG_9795
クルージングが始まる前に時間があったので3月20日GRANDOPENしたCOREDO室町に立ち寄りました。
すごい人ごみでした。
この街はCOREDOを筆頭に、三井本館、三井生命、三井不動産、三越(三井グループのルーツ企業)等あり完璧に三井の街ですね。

◆スタート場所の日本橋です
IMG_9799

IMG_9801

IMG_9805
日本橋川の川面からから高速道路をまじまじと見上げました。
この光景は威圧感ありますね。

◆クルージングのスタートです
IMG_9802

IMG_9804
総勢28名の乗員です。
このモーター×2基が水面下に降ろされればクルージングのスタートです。

◆クルージングのスタッフさんです
IMG_9806

IMG_9810
船長さんと阪急交通社の担当さんです。

◆コースの紹介です
IMG
日本橋からスタートして日本橋川を進み、三崎橋を右折して今度は神田川を直進します。
そしてスカイツリーを左手に見ながら右折して隅田川に入り、豊海橋から再度日本橋川に入ります。
最後は振り出しの日本橋に戻るというroundtripです。乗船時間90分の船旅です。

◆獅子のレリーフです
IMG_9808
日本橋のキーストンに施された獅子のレリーフです。生れて初めて見ました。
下から撮った画像は少ないのでは?

◆JR外濠橋です
IMG_9814
なな何とこの橋の上には東北新幹線、京浜東北線、中央線、山手線が走っています。
ということは皆さんは、この橋をJRで通っているはずです。
ちなみにこのレリーフは機関車を表しています。
大正7年に架橋されました。

◆神田橋です
IMG_9816

IMG_9817
神田橋は現在補強工事中です。

◆日本製粉グループビルです
IMG_9818

IMG_9819
スタジオジブリの総帥宮崎駿さんが書いた猫の「コニャラ」が日本製粉グループがイメージキャラクターなのです。
知りませんでした・・・

◆錦橋です
IMG_9820
珍しい三連のアーチ橋です。
「錦橋」の名称はこの橋の北側にある「錦町」 や、この一帯の河岸の名称 「錦河岸」 に由来しているそうです。
「錦町」 の町名は、江戸時代にこの付近に一色(いっしき) 姓を名乗る武家屋敷が二家あったので、合わせて 二色(にしき) を 「錦」 の文字に置換えたといわれています。
この名前の付け方は吉原の日本堤(二本の堤があったから)と同じですね。
すごくキレイだなと思ってパチリしたのですが、キレイなわけです。
一昨年に橋の塗り替え工事を終えたばかりだからです。

◆江戸城の石垣です
IMG_9822
徳川家への忠誠の証として各大名に石垣の石を運ばせたそうです。
その証左に石には各大名のマーク、たとえば前田家なら「田」の刻印が入っているそうです。
勿論全部ではなくどこかに有るのです。
そのマークを探したのですが舟のスピードが速く見つかりませんでした。
ちなみに大半は伊豆半島から切りだされて持ってきたそうです。

後半の「神田川編」もご覧ください。

それでは(^_-)

お茶の水 銀座コージーコーナー

今日は「エクソシスト」です。
織田信長の強引さはよく知られているが、豊臣秀吉もすごい。「武力と財力で、地上のすべてを屈服させる。
天下人とは、そのような絶対者であり、地上の生物も天上の神も、すべてを支配する」この思想は、信長の脳内で生まれ、秀吉の体内で育ったといってよい。 
あるとき、秀吉最愛の養女・豪姫にキツネが取り憑いた。全国のキツネは伏見稲荷の配下である。秀吉は烈火のごとく怒り、石田三成らを呼び、「伏見の稲荷大明神に書状を書け」と命じた。もし豪姫を死なせたら、稲荷の〈社を即時に破却〉する。〈そのうえ、日本国中のキツネ猟を毎年かたく仰せつけられ、その類を断ち、悉く殺〉す。そういって稲荷とキツネを脅した。はじめ、この秀吉書状は偽物だろうと思われていたが、その後の研究で、本当に秀吉が、このような書状を書かせていたことが、わかってきた。
事実、この秀吉書状は現存している(桑田忠親「豊臣秀吉の狐狩に関する文書」)。脅しが効いたのか、豪姫の病気は治った。 
秀吉は、竜宮城にも命令している。天正18(1590)年、小田原攻めのときのこと。遠州灘の駒形という場所は、馬を乗せると船が難破するので、船頭が軍馬を乗せたがらなかった。すると、秀吉はぐっと筆をつかんで、〈(この船は)無難に通るべき者也、竜宮殿〉と書いて船頭に渡した(『理斎随筆』)。「おれの船を安全に通せ」と、竜宮城の乙姫にあてて通行手形を書いたのである。
この秀吉の時代以降、日本人は「神仏よりも世俗の力のほうが強いのだ」と思うようになった。そして、天草の乱を最後として、日本の国内から宗教がらみの戦争がなくなったのである。
「江戸の備忘録」磯田道史著より転載
我が意を得たり、です。
秀吉のこのような腕力話は心地良いですね。
個人的には死後の世界、神、仏を全否定していますが、宗教だけは「it depends on how person feels」であります。
要はその方の好き好きですので否定していません。

狐憑きですか、最近は聞きませんよね。
それはですね、2002年より「統合失調症」と呼称されるようになったからなのです。
この精神疾患は、それ以前は「精神分裂症」、さらに古くは「狐憑き」などと呼ばれていたのです。
その症状はさまざまですが、「幻聴・幻覚」も固有症状のひとつです。
姿なき物が見え、声なき声が聞こえてしまい、周囲の人たちから見ると、「狐が憑いてしまった」としか思えないほど人格が変わってしまうことから、その名前が冠せられたのです。
もちろん「統合失調症」のすべての患者が「幻聴・幻覚」を体験するわけではありません。しかしこの体験が顕著な症状を発症する患者になりますと、本人にしか感知できていない存在と日常的に行動を共にしたりするケースもあるそうですよ。
「統合失調症」は「投薬治療派」(投薬で治したケース)が圧倒的多数ですが、中には「霊能者のお払い(除霊)」を奨励している体験者もいます。
この除霊体験者の場合、「娘が数ヶ月、投薬をずっと続けていたが改善されなかった。そこで最後の手段と思い霊能者を頼ったところ、除霊により約2週間で完治した」と報告もあるそうです。

除霊

エクソシスト

エクソシスト2
除霊者(エクソシスト)って何なのでしょうか。
基本的にこの存在を認めたら日本の精神医療はすべて除霊者で固められてしまうのでありえないでしょうが、一度高校の友人の精神科医に聞いてみましょう。
すごく気になっている今日この頃であります。

There are only two ways to live your life.
One is as though nothing is a miracle. The other is as though everything is a miracle.
人生には、二つの道しかない。
一つは、奇跡などまったく存在しないかのように生きること。
もう一つは、すべてが奇跡であるかのように生きることだ。
アルバート・アインシュタイン


泣いてください・・・


IMG_9683

IMG_9684
今日はお茶ノ水に出没です。
明治大学の学食「スカイラウンジ暁」さんで夕食をと思ったのですが、春休みでした。
大学職員っていいですよね、これだけ休みがある職種ってないですよね、正直ウラヤマシイです、ハイ。
ということでたまにはrichな夕食でも食べるかと向かった先は「銀座コージーコーナー」お茶の水店さんです。

住所: 東京都千代田区神田駿河台4-3 新お茶の水ビル B1F
電話:03-3233-4415
定休日:無休

IMG_9686

IMG_9705
お店の外観です。

IMG_9694

IMG_9695
店内の雰囲気です。

IMG_9689
メニューです。

今日のオーダー「パスタセット(ボロネ―ゼ・仏蘭西産フォアグラをのせて、シーザーサラダ、プチ抹茶デザート、珈琲)」@1,480+@200(仏蘭西産フォアグラ)=1,680円です。

このお店綺麗ですし、接客が良いので好きなお店の一つです。

IMG_9692
待つこと5分で「シーザーサラダ」の到着です。
見た目、色鮮やかですね。
サラダはすべて涼感あふれ且つエッヂが立っていて結構です。
生ハムが白眉です。
美味しいです。

IMG_9698

IMG_9700
待つこと7分で「ボロネ―ゼ・仏蘭西産フォアグラ付」の到着です。
仏蘭西産フォアグラが光輝いているではありませんか、たまりませんね。
ボロネーゼの肉っぽさとトマトソースとの相性が抜群によいですね。
フォアグラの上にのっているバルサミコがフォアグラの味わいを高めています。
パルミジャーノ(イタリアチーズの王様)がもちもち生パスタの良いaccentになっています。
これは美味しいです、かなりのレベルです。

IMG_9701

IMG_9702

IMG_9704
デザートの「プチ抹茶デザート」と「珈琲」です。
「プチ抹茶デザート」は私のお願いで餡多めです。
「銀座コージーコーナー」さんですからデザートは鐡板です。
口福の神が降臨してきました。
このような贅沢は心をふくよかにします。
大満足のdinnerでございました。

それでは(^_-)

本所吾妻橋 モンブラン

今日は「浅草逍遥」です。
今日はお彼岸より一足早く父母の菩提寺に奥様帯同で墓参しました。
その後、春風に誘われて浅草に出没しました。

画像主体ですが宜しかったらお付き合いください。

★亀十「どら焼き」
私は全く知らなかったのですが2014年3月15日付「NIKKEIプラス」のおいしいどら焼きrankingのtop1の地位に亀十さんは燦然と可輝いたのです。
創業90年なのですって全く知りませんでした。
下町っ子ですのでこのお店そのものは知っていましたが、それほど感がなかった、というのうが正直なところでした。
北海道産に小豆を使ったあんは甘さ控え、小豆の自然な風味を生かしているそうです。
手づくりなので1日3,000個の限定販売で、連日「売切御免」続出だそうです。
IMG_9629

IMG_9634

IMG_9633
多少なら並んで買おうかと思ったのですが、さすがにこの行列ではねぇ、と思い兄弟商品のきんつばで代用しようとしたのです。
為念、店員さんに確認しましたところ、あんは気持ちどら焼きよりきんつばの方が甘いのですが、普通の方は気がつきません、と言われ、我が意を得たりだったのです。IMG_9628

IMG_9630

帰宅してから家族できんつばを頂きました。
どら焼きrankingのtop1の名に恥じないあんの美味しさです。
甘さ控えめながら豆が美味しい、という私の好みにストライクです。
これはハマリますね(笑)
IMG_9662

IMG_9663


★やたら腰の低いチンドン屋さん
IMG_9631
東洋館
顔見知りの人に会うとやたら丁寧な挨拶をしていてほとんど仕事をしていません。
いいんですよ、仕事なんかしなくても・・・

★たまには浅草寺にでも・・・
IMG_9636

IMG_9638
と思ったのですが、浅草寺にはいきませんでした。
やはりお参りは信心しています被官稲荷です。
たしか貴方は神仏は信じていないはずです、そうなのですが被官稲荷は治外法権なのであります。

★Furisode Experience
IMG_9643
この女性の着物の着付けがピシッとしていたので、自分で着付けたのですか、と聞きましたら、以下のお店「撫子庵」さんで着付けてもらったそうです。へぇそんな商売があるんだと思いました。
彼女は初着物でかなり興奮しており、I am a real Japanese!を何度も発していました。
説明なんかしなくてもいいんですよ、どこから見ても和服の似合う日本人に見えますから。
実は彼女、この着物姿で浅草寺の前で記念写真を撮りたかったのですが、どのようにお願いしていいのかわからず困っていたそうです。
「義を見てせざるは勇無きなり」です。私が日本人を代表して、きちんと記念写真を撮ってさしあげました。

ここがその外国人相手の着付け屋、「撫子庵」さんです。
着付け代@3,500円、ぶらり散歩代@1,500円締めて計5,000円也で〜す。
外国人からすると安いのかな?
IMG_9640

IMG_9639

IMG_9642


★かなり怪しいstreet performer
IMG_9648

IMG_9644

IMG_9646
costumeが怪しい、performanceが怪しい、BGMが怪しい、の三拍子です。
奥様は気にいっていました。

★浅草名物忍者傘
IMG_9649
一体全体誰が買っているのでしょうか。
会社に持っていったらウケるかも・・・

★河村屋さんのicon
IMG_9652

IMG_9650
「お客様の役に立つ漬物」を世に出すという信念と日本が誇る漬物文化を後世に 伝える使命を持ち、江戸・文化文政期より今日に至り皆様にご支持頂き続けている漬物屋さんです。

★入るのが恐ろしい「とらんくすや」さん
IMG_9654

IMG_9657

IMG_9655

IMG_9656
浅草だけにその筋の方のお店かと思って入店しましたら普通のお店でした。
私の好きそうなトランクスが巨万(ごまん)と置いてあります。

IMG_9661
たまらず風神雷神のトランクス(@1,365円)を買ってしまいました。
これをはいたらもう怖いものなしです、マジです。

★全く似ていない勝海舟の銅像
IMG_9658

IMG_9659

IMG_9660
「太平洋にズームイン!」指さすのは隅田川から続く江戸湾、そして太平洋までですか?
生誕180年記念の2003年に海に想いを馳せた男らしく「海の日」に建立されたそうです。
顔が全くとは言いませんが、本人とはだいぶちがうではないですか。
他の言葉で申せば似ていないです。
さら〜に背の高さも本人は158cmと小柄なのに、なな何とこの銅像では約250cmと長身であります。
で〜もいつか見よう見ようと思っていたのですが、中々できませんでしたので見れてプチ感激です。


IMG_9615
今日のお店は本所吾妻橋にある有名なハンバーグ屋さんです。
今日のお店は「モンブラン」吾妻橋店さんです。

住所: 東京都墨田区吾妻橋2-2-5 吾妻橋アイカワ 1F
電話:03-5608-2155
定休日:月曜日

IMG_9616
お店の外観です。

IMG_9619

IMG_9625
店内の雰囲気です。
まあ店内にはサインがたくさんありますね。
テレビでよく取り上げられる店の一つですかね、実はあまりこのようなお店は好きではありません・・・

IMG_9618
メニューです。

今日のオーダー
私は「オランダ風(ソフトなチーズソース)、ご飯、みそ汁付」@1,280円です。
奥様は「イタリア風(ピリ辛トマトとチーズのソース)、ご飯、みそ汁付」@1,280円です。

IMG_9622

IMG_9621

IMG_9624

IMG_9623
待つこと12分でともに到着です。
見た目、盛付がきれいですね。

それでは実食です。
切ると肉汁がでない普通のハンバーグです。
good pointはありませんがbad pointもありません。
で〜もともにソースが美味しいです。
特に私のオーダーの「オランダ風」はチーズの味わいがふくよかです。
奥様の「イタリア風」はイタリア王道の味ではっきりとしています。
どうなのでしょう下町ですからコスパがよいとは言えませんし・・・
このレベルだと再訪は悩んでしまいますね。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ