下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

2013年08月

続 佃 麗江

今日は「藤圭子さんへ哀悼の意を表す」です。
藤圭子

8月22日に東京都新宿区の高層マンションから転落死した、宇多田ヒカルの母で歌手の藤圭子さん。死因は特定されていないものの、各メディアの報道からは藤さんの“心の闇”が浮き彫りになりつつある。

2006年9月のテレビ朝日のインタビューでは本名の「純子」で取材に応じ、「私はもう藤圭子でもなんでもない。封印した」「原因不明ですけど、この20年間、吐きまくりの人生です。週に3回は吐いてる。今でもそう。だからどっか悪いと思うんだけど」と体調不良を告白している。「24時間、頭が痛いし、24時間、口の中が風邪をひいた時みたいに38度の熱があるし。体中痛いですね。それから寝られない」などと次々と症状を訴え、精神的にも肉体的にもバランスを崩していたようだ。

また、スポーツニッポンによると、数年前に新宿区で同紙記者に会った藤は「久しぶりに日本に帰ってきたけど、話す人がいない。寂しい。昔の知り合いに連絡を取ってみたいけど、電話番号もどこにいるのかもわからない」と孤独を打ち明け、離婚した音楽プロデューサーの宇多田照實氏とは10年近く疎遠になっており、「もうずっと会っていない」と明かしていたというのだ。

「藤がうつ病を患っているというのは、音楽業界では有名な話だった。人付き合いを避けるようになって対人関係が悪化したり、テレビのインタビューで告白していた摂食障害や吐き気は、うつ病の典型的な症状。以前はかなり強い薬を服用していたようだ」(音楽関係者)

藤さんが亡くなった現場のリポートによると、以前は黒髪が印象的だった藤さんだが、白髪になってすっかりやせ細り、以前とは別人のような容姿になってしまったため、30代後半の知人男性と約6年同居していたにもかかわらず、藤さんに気づいていた住民はほとんどいなかったという。

「検視の結果、藤さんの体内からは違法薬物やアルコール、睡眠導入剤なども検出されなかったという。ただ、警察は記者から『藤さんはうつ病だったのでは』と聞かれると否定しなかったという。症状が回復したと思って薬の服用をやめている時に症状が出て、衝動的に死を選んでしまったのでは……」(全国紙社会部記者)

一時期は家族として暮らしていたにもかかわらず、藤さんの“心の闇”を埋められなかった照實氏と宇多田はさぞ無念だったに違いない。
「Business Jounal」より転載

昨日打合せで新宿にある取引先にいきましたらTVでみた藤圭子さんの住まわれていたマンションと同じ様な建物に気が留まりました。そういえば藤圭子さんの住んでいたマンションって新宿のマンションだったよな、と心の中で反芻しながら取引先に入ったのです。
打合せが終わると取引先から、昨日はすごかったんですよ、と切り出したので、勘働き良く、藤圭子さんの自殺ですか?と聞けば、そうなのですよ、飛び降りたのが近隣のマンションだったのです。当社の夜残業は19時までという内規になっているので、営業系の社員は朝残業で昨夜積み残した仕事を処理するために7時頃からきています。そんなことからシートに覆われた藤圭子さんの遺体を見た人間は数人いたようです。
昼からはヘリコプターが大挙してホバリングしているは、マスコミ関係者は雲霞のように取材に来るはで、大変迷惑というかとても周辺は賑わしかったんですよ、との事でした。
帰り際に献花でもして帰ろうかと思ったのですが、相も変わらず仕事が多忙でそんな余裕もなく思っただけで実行できませでした。

藤さんは、北海道旭川市で、浪曲歌手の父、三味線演奏者の母のもとで育ちました。
生活は貧しく、67年に一家で上京しました。東京・墨田区の錦糸町近辺で、目の不自由な母とともに流しで歌っていました。
当時を「小さいころから地方巡業巡業で苦しいことはたびたび」と、振り返っていたそうです。
しかし、必死に歌う姿が音楽関係者の目に留まり、石坂まさをさんのプロデュースで、69年9月に「新宿の女」でデビューしました。24時間連続で新宿中のレコード店や、居酒屋をキャンペーンで回り、清楚なルックスと圧巻の歌声で80万枚超の大ヒットとなったのです。
その後も、石坂さんとのコンビで「圭子の夢は夜ひらく」などヒット曲を量産し、「日本歌謡大賞」や「日本レコード大賞大衆賞」ほか数々の賞を受賞。「歌うことは私の宿命。体の底に染みついた演歌を、モダンに歌っていきたい」と語ってたのです。

実は、私今回の藤圭子さんの自殺には胸ふたぎ悲しんでいたのでした。
理由はよくわかりません。
藤圭子さんのファンでもありませんでしたし、藤圭子さんの娘さんのファンでもありませんでしたしね・・・
多分下町をベースに苦労に苦労を重ねながら最終的には栄光の極みに至ったのに、前川清さんとの離婚を端にその後の鉤裂(かぎさき)人生に彼女の心の闇を垣間見たような気持ちになっていたのでしょう。
スターはいつまでもスターで終わって欲しかったのだと思います・・・
それにしても歌は暗かったのですがとても綺麗な人でしたね。

IMG_6775

IMG_6776

IMG_6777
皆様ご承知の通り、私は神仏を信じない性格(たち)なのですが、勝ちどきに打合せに出向いたので、その帰り路に佃にある佃天台地蔵尊の大銀杏に彼女の御魂(みたま)が安らかならん事を祈って参りました。
衷心より藤圭子さんのご冥福をお祈り申し上げます。
合掌・・・


IMG_6764

IMG_6762
ということで時計をみましたら21時です。
面倒臭いのですが夕飯を食べないといけないな、と思ったのですが、佃ってこの時間やっているお店ってあまりないのです。

IMG_6761
このお店にしようかな・・・
貴方お酒停(と)めているのではないですか?
そうでしたね。

IMG_6781
このお店にしようかな・・・
貴方このお店は月島で一番嫌いなお店だったのではないですか?
そうでしたね。

それではここしかないでしょう。
ということで今日のお店は「麗江(リージャン)」さんです。

住所: 東京都中央区佃1-6-7 大栄マンション1F
電話:03-3531-6631
定休日:不明(無休?)

IMG_6765
お店の外観です。

IMG_6774
店内の雰囲気です。

IMG_6766
メニューです。

本日のオーダー「夜の定食(豚野菜炒め+五目炒飯+杏仁豆腐)」@1,575円です。

IMG_6767
待つこと30秒で濡れタオルの登場です。
熱帯夜の中を歩いてきたのでこのようなサービスは感動します。

IMG_6768
待つこと5分で「豚野菜炒め」の到着です。
見た目、赤ピーマンがまぶしいぜ、定食です。
それでは実食です。
ウン美味しいですね。
豚肉が良い味わいです
全体的に味醂系がきいていて甘いようなかんじですが違和感なく美味しいです。
野菜、特に茄子は美味しく炒まっておりました。

IMG_6770

IMG_6772
待つこと10分で「五目炒飯」の到着です。
見た目、嫌な予感炒飯、です。
それでは実食です。
美味しくな〜いです。
「麗江」さんの厨房の方が炒飯を煽っているので煽りは充分にされているようです。
しか〜し水っぽい。まさか炊きたてご飯を使ったとか・・・
味が薄〜い、私を腎臓病患者と邪推したとか・・・まさか(笑)
ご飯の一粒一粒が油で包まれていな〜い。
基本的に煽りを除けば炒飯の不味い要素が全部含まれています。
どうしたのでしょうね、閉店ギリだったので手を抜かれたのでしょうか・・・

IMG_6773
デザートの杏仁豆腐です。
これはコクがないですね、日光の手前(今市)です。

夜咲くネオンは 嘘の花♪
夜飛ぶ蝶々も 嘘の花♪
嘘を肴に 酒をくみゃ♪
夢は 夜ひらく♪

こんな感じの「夜の停食」ちがうか「夜の定食」でした・・・

それでは(^_-)

新宿 人形町今半

今日は「津軽弁わがんね〜っきゃ」です。

その地方に根付いた独特の抑揚を持つ方言。若い世代はテレビから流れる標準語を聞いて育つので、あまり使用しなくなったと言われている。
例えば旅行で知らない土地に着いた時、最初に耳から聞こえてくる言葉が、今まで聞いたことのない不思議な響きを持つ方言だった時の感動ったらない。同じ日本国内なのに、まるで未知の世界に足を踏み入れた気分になれる。

この動画は、青森県北部、津軽半島の北東部にある東津軽郡外ヶ浜町蟹田駅で、地元のおばあちゃん2人が会話をしているところを録画したものだそうだ。
たわいもない世間話をしているのだそうだが、何を言っているのかわかったかな?地元の人ならおそらくわかるのだろうと、まさに映像に出てくるこの地(蟹田町)で生まれ育ったという友人に翻訳を頼んだところ、全部完全には聞き取れなかったそうだ。
なのでそのおかんに通訳してもらったのだが、ほんとうにたわいもない世間話だったようなので冒頭のみを紹介しよう。

やんべなあと思って、わ今、分別してらだばって
(やばいなあと思って、私今分別しているんだけど)

まあま とっちゃ なんも知らねえだ
(まあ、お父さん何も知らないのよ)

いーのおやじ、磯さ行ってしまっただ
(家のおやじ、磯に行ってしまったし)

わー行くめえに、それ今聞けるわけだば、ほんずだ、ばかだの、のーれ しからいるって。
(私が行く前にそのこと、今聞こえるわけならあほだばかだっていっぱい叱られるんだ)

さっちんもまだ青森にいるんだ。したはんで、まだしらねでいずれはいまいけばなあってはー。しゃべるんだばしからえでまうだ。
(さっちんもまだ青森にいるんだ。だからまだ知らないでいずれは今いけたらなあって・・・話したら叱られてしまうんだ)

元気にだばきけでまるべなな
(元気だと聞こえてしまうね。)

あのとおりびろたらして、ねるしてる
(あのとおりよだれたらして寝てる)

むったし昼飯くうもんだべ、一日のうち2日もくるもんだべ へば 今度そのあどおいさよってくどいででいぐのさ
(いつも昼ご飯たべにくるんだ。1日に2回も来て、そのあと私の家によってくどいていくのよ)

みんなへふったごともきけでまるわげさあーふふふ
(全部おならしたことも聞こえてしまうわけなのよー。ふふふ)


この女性らはどうやら病院に行く為に駅で電車を待っているようで、駅にくるのにバスを使ったのだが、バスが停留所にくる時間が変更になったみたいで、スコップで雪かきしてる時にバスが通ったので、バスを止め、運転手に話をして少し待ってもらって、慌ててスコップおいてバスに乗ってきた話とかをこの後していたようだ。
「よいこの方言講座:おばあちゃん2人が駅で話す津軽弁(青森県東津軽郡外ヶ浜町蟹田駅)」 カラパイアより転載

たちねぶた

立ねぶた
あずましなー、ばっちゃの津軽弁っていうのは嘘です。
正直6割位しか理解できませんでした。
札幌にいたときは東北地方には良く行っていましたが、津軽は五所川原(太宰治、吉幾三の故郷)と青森しか行ったことがありません。
親しい取引先に、来週津軽に打合せに行く、って言ったところ、その取引先から津軽弁は北海道弁の様に分かりやすくはないぞ、とさんざん脅かされたのです。
よくよく聞けば函館弁(函館弁のベースは津軽弁)が強くなまったものだと言われたものですので、んだ、わったっった(わかったって)、って返したもののすこし不安になっていたのです。最後の最後は筆談にすればいいじゃん、と嘯(うそぶ)いて当地に入ったのでした。

行ってみたらなんのことはない、標準語が通じること通じること、ほとんど痛痒を感じませんでした。地元テレビも標準語で放送されていましたしね、no problemです。
二回目に津軽に訪れた時に打合せの後で取引先に飲みに誘われたのです。
一軒目の郷土料理のお店で、取引先にお酒が入ったせいか少しずつ会話に津軽弁が入ってきたので、コミュニケーションが取りにくくなってきました。
そして二軒目は取引先行きつけのスナックです。
まったく会話が“わがね(わからない)”でした。
私が東京ものなのでserviceで津軽弁を使ってくれているのかと思っていたのですが、そんな気持ちはさらさらなく、津軽さきて津軽弁を話せないおめがわり(貴方がいけない)、というような事でした。
あまりの夜郎自大(尊大に振る舞うこと)さに、さすがにキレまして、取引先が泥酔してきたのを潮に携帯でタクシーを呼んで勝手に帰ってしまったのです。

そうそう次の日は五所川原駅から青森駅に向かう予定だったのですが、ここの電車の時刻表を甘くみていたがために、約3時間電車が来るのを待つことになったのです。
だいたいタクシーの運転手さんも、五所川原駅にいくのだったら電車は三時間くらいありませんよ、って言ってくれてもよさそうなものなのに駅に着いたら事務的に降ろされたのです。真冬だったので待合室の寒さに耐えきれず、駅前の酒屋兼雑貨屋さんにわけを話して中で待たせてもらうようお願いしたところ、こころよく受け入れてもらい暖をとることができました。その節は大変にお世話になりましたm(__)m

いずれにしても中国のような多数の民族が存在する広大な国ならともかく、ほぼ単一民族で構成されている上、国土もそれほど広くない日本国内において、同一の言語内でこれほどの多様性があるのは驚きですよね。世界的に見てもおそらく日本以外に類を見ないレベルでしょう。
明治になってから、その為に標準語(話し言葉)を制定するのですが、時の明治政府はすごい苦労をしています。この話は後日また書かせてもらいます。


長かった夏休みも今日で終わりです。
それにしても会社に行っている時は一週間をとても長く感じますが、夏休みの一週間は本当に須臾(しゅゆ=ほんの少しの間)のきらめきのように感じます。
明日からはまた戦うビジネスマンに変身しなければなりません。

IMG_6704
今日は代々木で奥様を帯同して自宅のrenewalの打合せです。

IMG_6706

IMG_6711

IMG_6732

IMG_6709
打合せが終わったら丁度お昼時でしたので代々木から新宿(正しくは千駄ヶ谷)に移動して高島屋さんに伺いました。今日のお店は「人形町今半」新宿高島屋店(精肉店)さんです。

住所: 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 新宿タカシマヤ B1F
電話:03-5361-5952
定休日:不定休(高島屋に準ずる)

IMG_6717
お店の外観です。

IMG_6724
厨房内の雰囲気です。

IMG_6720
「人形町今半」明治4年正月の新聞記事です。

IMG_6715
メニューです。

私の今日のオーダー「すき焼弁当(肩、モモ、バラ肉=80g)」@1,575円です。
奥様のオーダー「ステーキ丼(モモ=80g)@1,575円です。
地下1階店ですので、絶対に並ばないとよんでいたのですが、大スベリしました。
待つこと20分で席に着くことになりました。

IMG_6723

IMG_6725

IMG_6729

IMG_6728
待つこと9分で「すき焼弁当」の到着です。
見た目、老舗のすき焼じゃん、弁当?です。
牛肉は3〜4枚程度で後は豆腐、お麩、ネギ、チンゲン菜、しらたき、しめじで脇を固めています。
牛肉は確かに柔らかくて美味しかったのですが、しか〜しねです。
コスパは悪いと言わざるを得ません。
で〜も老舗の味が楽しめたので良しとしませう。

IMG_6726

IMG_6730
待つこと9分で「ステーキ丼」の到着です。
ステーキ丼は、大きめの蓋付きのお椀に盛られます。
肉はミディアムレアに仕上げられており、6切れに切り分けられていました。
肉はすごく柔らかですが、ここもやはり80gの呪縛を解き放つことはできませんでした。
味ですか、美味しいですよ、で〜もねです。
奥様は老舗の雰囲気が味わえたので良しとしませうと言っておりました。
似た者夫婦のようです・・・

IMG_6718

IMG_6722

IMG_6731
席の後ろの通路が業者や従業員専用の通路の為、買い物客は通りませんが、入退出をしています。
業者・アルバイトさん?以外は皆パチリのように深々と客側に対して挨拶をしていました。
武道をやっていた者としては、このような礼儀にかなった挨拶は好ましく思うものです。
このようなことを当り前に行う高島屋さんは好きです

それでは(^_-)

谷中 一寸亭 4TH

今日は「谷根千は今日も暑かった・・・」です。
いよいよ夏休みも終盤に入りました。
今日は谷根千に次男と出没です。
パチリ中心ですが、宜しかったらお付き合いくださいm(__)m

◆旧安田楠雄邸
今日は 前回のrevengeで旧安田楠雄邸に参ったのです。
前回は休館日と開館日を勘違いしまして、休館日に出向いてしまったのです。
今回は開館日の土曜日に的を絞ってやって参りました。
旧安田楠雄邸とは、文京区千駄木にある旧安田楠雄邸は大正8年築の近代和風住宅です。
平成8年、相続のために存続が危ぶまれましたが、市民運動の橋渡しにより、ご家族から財団法人日本ナショナルトラストに土地・建物・調度などが寄贈され保存された大正の息吹が色濃くのこる住宅です。
IMG_6669


門の前までくるとなぜか胸騒ぎがしました。
門がしまっているではありませんか・・・
なんていうことでしょう、夏休みではありませんか。
前回スベッタ時にはこんな張り紙はなかったのに・・・
さら〜に必須であった靴下をも忘れていたので何をかいわんやです、ハイ。
久々のダメだコリャ!でした。
IMG_6668



◆教王寺
経王寺は、1655年当地の豪農が、堂宇を寄進建立した事に始まり、本堂隣の大黒堂には日蓮上人様の作と伝えられる「大黒天」が、鎮守として祀られています。
1868年(慶応4年)の上野戦争の時、敗走した彰義隊をかくまったとして、門外から新政府軍の銃撃を受け、山門の扉には今もその銃弾痕が見られます。
新潮社「彰義隊遺聞(森まゆみ著)」によりますと、「この辺りは民家等無かった場所」とありますが、現在ではその様な事案があったと想像も出来ない人家が密集していました。
ここでの戦いは、上野山の谷中天王寺等に駐屯(自然集合)していた彰義隊士が、銃撃戦で新政府軍に追い詰められ、「最後に刀を用いた切り合いとなった」等と土地の長老様等に語り伝えられています。
しか〜し戦いのあった上野からここ教王寺まで約2kmです。
そしてさらに退路をさがして千住まで逃げていきますのでここから加えること約5kmの撤退です。
負け戦での退却ですから、彰義隊の方々のつらさは筆舌に尽くせないと思います。
彰義隊を血気に走る烏合の衆と酷評をする歴史評論家もおりますが、彰義隊はそんな軽率なものじゃありません。
武士道に殉じた尊き時代の犠牲者であります。
負けるのを承知であえて薩長軍に戦いを挑んだ彰義隊に、武士の“義”をおおいに感じとってください。
IMG_6685

IMG_6687

IMG_6688

IMG_6686


かつては教王寺の近隣の富士見坂から富士山が見えたのですよ!
富士見坂


◆夕やけだんだん
JR日暮里駅の北口を出て、緩やかに上る御殿坂を歩いて行くと、買い物客で賑わう谷中銀座商店街に通じる「夕やけだんだん」と呼ばれる階段があります。
この「夕やけだんだん」という一風変わった名称は、一般公募によって命名されました。
名前のとおり、この階段からは美しい夕焼けを眺めることができます。
「夕やけだんだん」の下に広がる商店街の明かりやそこに集まる人々。
どこか懐かしい気持ちにしてくれます。
「荒川区観光振興課観光振興係」HPより転載
ひさびさの「夕やけだんだん」です。今日は買い物客が多いですね。
IMG_6689

IMG_6684


◆レストランザクロのかき氷
アリ店長
この画像はASUKAさんより転載
このお店は超過激な客イジリで有名な名物店長(別名日本一ウザい店長)のアリさんがいるレストランザクロのかき氷コーナーです。
外国人観顧客でにぎわっていました。
過日このお店に友人と訪れた次男はこのアリさんの過剰・過激な客イジリに辟易としたみたいです。
この客イジリをしらない人が訪れたのなら、あまりのシツッコさに耐えることがでえできず、一悶着が起きているかもしれない、とまで言い切っていました。
気の短い貴方、貴女は入店する時は“人”の文字を手のひらに書いて呑み込んでから入って下さいね・・・
IMG_6691

IMG_6683

かき氷
この画像はeriko@erikonbuさんより転載

◆惣菜いちふじ
この画像をみて“スゲッ”って思った人は「夕やけだんだん」通です。
このお店は“写真撮影厳禁”のお店です。
万が一写真撮影をするところをここのご主人にみられたら、この世のものとはおもえない修羅場を体験することができます、冗談ではありませんからね・・・
IMG_6681


◆肉のサトー
かつてこのお店の奥様に“肉のサトウ”って言ったら、マジに怒られました。
この商店街は怒りん坊が多いようなきがします、といってもたった二人(肉のサトーの奥さんと惣菜いちふじの店主)だけですからね。
私が怒られたのものこのお店を、吉祥寺のメンチの行列店“肉のサトウ”の関係あるお店ですか、と聞いたのが嚆矢でしたので、所謂stereotypeの怒りん坊ではありません。
味は吉祥寺の“肉のサトウ”の方が美味しいと思いま〜す。
また怒られるかな・・・
IMG_6671

IMG_6692


◆指人形笑吉工房
ここのアイコン「笑吉さん」とは露木光明氏が創作した「指人形 笑吉」のことです。
この指人形の笑吉さんは一人(?)ではなく、露木さんの手に掛かれば無限に増え続けていきそうです。
目標は五百体(五百羅漢がきっかけ?)にと言うことだったらしいのですが、テレビや雑誌などで紹介されたことがきっかけで購入希望者が増え、評判も上々で、なかなか目標の達成は難しいようです。
その上、オーダーでの似顔の笑吉人形づくりの注文も増えたようで日々てんてこ舞いの状態のようです。
IMG_6702

IMG_6700

IMG_6701

IMG_6699

IMG_6698

IMG_6697



ということで谷中にきたならばランチはこのお店です。
今日のお店は、このblogではおなじみの中華料理の名店「一寸亭」さんです。

住所:  東京都台東区谷中3-11-7
電話:03-3823-7990
定休日:火曜日

IMG_6672
お店の外観です。
久々にきましたら店主のご子息が厨房に入っていました。
よろしかったですね、後継ぎができまして・・・

IMG_6680
店内の雰囲気です。

IMG_6678
盆休みかと思っていたのですが、やっていました。
Lucky!これで旧安田楠雄邸のpetit revengeができました。

IMG_6673

IMG_6674
メニューです。

今日のオーダー
私は「ウマニソバ」@850円です。
次男「五目チャーハン+マンゴープリン」@850+@280=1,130円です。
二人でshareした「焼餃子」@500円です。

IMG_6675
待つこと5分で「ウマニソバ」の到着です。
見てください、餡が光っています、美味しそうです。
これは餡よしスープよし麺よし具の野菜よしのGrand Slamです。
白眉は木耳(きくらげ)です。
これだけシャキシャキした木耳は、超高級中華料理店でもお目にかかったことがありません、是非この感動を共有しに来てください。

IMG_6676
待つこと8分で「五目チャーハン」の到着です。
海老が頂上でトグロを巻いています(笑)
これは油が上品ですね。
クドさをかんじさせません。
さら〜に丁寧にご飯を煽っていますので味にムラがありません。
美味しいチャーハンってこう有るべきだと思わせる一品です。
とても結構な味です。

IMG_6677
待つこと11分で「焼餃子」の到着です。
皮が飴色に光っています。
中の餡は上質なひき肉がみっしりと詰まっています。
これは私がこのお店で一番好きな料理です。
思わずビールが飲みたくなりました。

IMG_6679
最後はデザートの「マンゴープリン」です。
存在感ありますね。
想像以上に洗練されたデザートです。
美味しいです、で〜もこれには珈琲がほしいところです!
無理か中華料理屋さんでは・・・

久々の「一寸亭」さんの料理の数々はとても大満足のものでした。heart02
ご馳走様でした。

それでは(^_-)

下北沢 般゜若

今日は「Three things I want to execute before I die.」です。
対バン2
バンドブームの頃に、楽器をかじったという人も多いはず。もしかしたら、現在進行形でバンド活動に打ち込んでいるという人もいるかもしれない。たとえ流行の音楽が変わっても、バンドマンの実態にそう違いはないはず。今回はそんな「バンドマンあるある」をお伝えしたいと思う。
 
【バンドマンあるある100】
1.とにかく金がない
2.ライブに出たいけど、ノルマがきつい
3.スタジオ代も月末になるときつくなる
4.ライブ後の打ち上げには死ぬほど出たいけど、無職のメンバーを抱えてるバンドは打ち上げ代もきつい
5.金がないからバイト掛け持ち
6.しかし派手なルックス(金髪やピアス)で接客のバイトにつけない
7.建築関連のバイト(特に内装屋)につくことが多い
8.現場で他のバンドメンバーと遭遇することがある
9.現場で会ったバンドとは仲良くなる
10.ライブの打ち上げで、現場話が盛り上がる
11.現場話で盛り上がるのは、職長の文句か現場監督の文句
12.楽器屋のメンバー募集(以下、メン募)で、「急募!」と書かれている募集は大抵急いでない
13.メン募で「当方ボーカル、ギター・ベース・ドラム・キーボード募集」とあった場合、このボーカルに魅力がないことがバレバレ
14.メン募に問い合わせをする方が、バイトの問い合わせをするより緊張する
15.結局メン募でメンバーを募るよりも、バンド仲間に紹介してもらった方がうまくいく
16.したがって、メン募の効力はないに等しいと思う
17.下手なヤツほど、楽器の文句を言う
18.楽器の文句を言うヤツに限って、「やっぱフェンダーだ」とか「ギブソン一択だ」と、メーカーの話をしたがって高額な楽器を欲しがる
19.高額な楽器を買ってもやっぱり楽器の文句をいう
20.周りはその話を、冷たい目をして聞いてる
21.楽器の買い直しを繰り返して、ローン破産したヤツを一人は知ってる
22.ライブ後の打ち上げはかなり重要
23.歳をとると、ライブよりも打ち上げがメインになる
24.打ち上げに参加しないバンドとは、二度と対バン(同じライブに共演すること)しない
25.打ち上げで後輩バンドは先輩バンドにかなり気を遣う
26.先輩バンドが熱く語り出したら、後輩バンドはかなりの確率でうざがってる
27.先輩バンドがメンバー間でケンカを始めたら手がつけられない
28.「ロック」の定義でケンカすることがよくある
29.たとえ酔っていたとしても、「ロック」の定義で意見が分かれたら一生友達に戻れない
30.同じメンバーで「ロック」の定義が異なった場合には、確実に解散の道をたどる
31.逆に「ロック」の定義で意見が合うと、異常なくらいに仲よくなる
32.仲が良くなりすぎて、「俺が女なら、絶対お前に惚れるわ!」などと訳のわからないことを言い出す
33.ヒドイ場合には、酒の勢いで舌を絡ませてキスをする。しかし翌日にはやりすぎたと後悔する
34.ライブを重ねて少し人気が出ると、一方的にマネージャーを買って出る女が現れる
35.ライブのブッキングやメンバー間の連絡を買ってくれる自称マネージャーに、最初は大変助かる思いがする
36.しかし放っておくと、勝手に他のバンドの主催ライブに参加することを決めていたり、箱(ライブハウス)の言いなりになってたりしてだんだんウザくなる
37.自称マネージャーに辞めてくれと言い辛い雰囲気が漂うなか、メンバーの一人が一方的にこの女に惚れてたりする
38.気が付けばこの二人は付き合っていたりする
39.ますます辞めろと言えない状況が固まりつつあるなか、ファンから「あの二人付き合ってんの?」と答えられない質問を投げかけられる
40.どうしようもなくなって、自称マネージャーと交際していたメンバー、二人を辞めさせることになる
41.その話をしている途中で、自称マネージャーは「昔、みんな仲良かったのにね」と泣かれてうっとうしい
42.辞めさせたメンバーとは、もう友達に戻れない
43.二人を辞めさせて数カ月経った後、なぜか自称マネージャーがボーカルで新バンドが結成されている
44.練習セットを持っていないドラマーは、漫画雑誌がドラム代わり
45.ギターリストは「Fの壁」を越えられるかどうかが、最初にして最大の難関
46.ベーシストは時々自分の存在理由を見失う
47.しかしリズムに完全に目覚めたベーシストは、誰にも気づかれないようなおいしいフレーズで、一人興奮するようになる
48.その興奮を分かち合えるドラマーとは、「こいつと結婚してもいい」と思うほど大好きになる
49.完全に心を通わせるリズム隊(ベースとドラム)にとって、ボーカルもギターもおまけになる
50.ボーカリストは超自分大好き
51.ギターリストも自分大好き、自分の弾くギターに酔える
52.口では言わないがベーシストも自分大好き。でもやっぱり口に出して言わない
53.ドラマーはいいヤツが多い。自分大好きが顔に出てる
54.ドラマーは純朴なヤツが多く、何も考えてないと思われることが多い。でも、実は何も考えていない
55.歌詞はボーカリストに委ねられることが多い。ダサい歌詞でも、メンバーに実害がなければそのまま採用される
56.どうしてもフロントマンであるボーカルがモテる
57.他のメンバーはボーカルがモテるのは仕方がないと思っている
58.でもギターリストは「次にモテるのは俺だろ!」と真剣に思っている
59.そんななかベーシストに寄ってくる女の子がいると、ベーシストは「こいつわかってる!」と高く評価する
60.ドラマーは何も考えてない
61.しかし、ドラマーに可愛くて気の利く彼女ができることが多い
62.一方ギターリストは、ややこしい彼女と付き合う頻度が高い
63.彼女に食わせてもらっているバンドマンは、ロクな演奏もしないしロクな曲も作れない
64.しかし活動は順調に存続する
65.彼女に食わせてもらってるクセに、浮気をすることが多々ある
66.ハードコアパンクをやってる人は見た目が怖くて近寄れない
67.楽屋がひとつしかない箱だと、ハードコアパンクの人が怖くて楽屋に入ることさえできない
68.でも、打ち上げで話をすると結構いい人だと気づかされることがある
69.それ以降、そのバンドの人たちが大好きになって、後に人生相談をしたりする
70.好きなアーティストを聞かれて答えに困ったら、とりあえず「じみへん」ということに決めている
71.もしくは「ロックは終わった」としたり顔で答える
72.おっさんのクセに演奏が下手なヤツがいると、正直見下している
73.若いのに演奏が上手いヤツがいると、将来有望だなと少し上から目線で見てしまう
74.自分の手クセに飽きあきしてる
75.セッション(複数のメンバーが共に演奏すること)はいつも、『スタンドバイミー』か『ツイストアンドシャウト』か『雨上がりの夜空に』。もう本当に飽きた
76.ソロ回しで空気を読まずに長く演奏するヤツはバカだと思う
77.お返しに「次回、(ソロを)回してやらん!」と本気で思う
78.DJは認めがたい
79.ボーカロイドも認めがたい
80.自分の声で、自分の腕で、自分の楽曲を届けるのが本当の音楽だと思ってる
81.しかし最近の流れを覆すだけの力がない
82.そんな自分が悔しい
83.内外を問わず、プロのアーティストの曲が素晴らしすぎて自分の無力さに腹が立ったことがある
84.そんな自分でも、時に「天才じゃないか?」と思ったことがある
85.大抵その自信は、次のライブの時に打ち砕かれる
86.ライブで平凡なミスをして、誰とも口が聞けないほど落ち込んだことがある
87.そんな時に慰められたり、変に褒められたりするとますます落ち込む
88.だが「こんな俺の演奏を褒めてくれてありがとう」と心のなかで感謝している
89.喉がつぶれて声がでなくなったり、腱鞘炎になって腕が上がらなくなったり、指先が切れてピックが持てなくなったり。そんなにまでして自分は何をやってるのかと思うことがある
90.昔のバンドメンバーと再会して、スタジオに入ると、死ぬほど楽しい
91.理屈じゃなく、100パーセント意思疎通の図れるメンバーと出会ったことがある
92.バンド活動よりもバイトでついた仕事にはまってしまって、活動をやめてしまった。それはそれで幸せだと思っている
93.自分の子どもにも、楽器を習わせたいと思う
94.あわよくば一度で良いから、子どもと一緒にスタジオに入ってみたいと思う
95.そう奥さんに提案したら、全力で反対された
96.自分に音楽の素養がないから、子どもにはピアノを習って欲しい
97.両親も昔、バンド活動をしていたと知ってうれしくなったことがある
98.結婚式の余興で演奏をお願いされると、「もう無理だよ」とか言いながら、かなりうれしい。そして引き受ける、「今回だけだぞ」とか言いながら
99.昔、演奏していた曲を聞くと、どれだけテンションが落ちていても、自分でも驚くほど元気になる。そして何でもできるような気がしてくる
100.良いも悪いも関係なく、とにかく音楽が好きだ
「バンドマンなら絶対納得する「バンドマンあるある」100連発」RocketNews24より転載

今日のフリネタ「死ぬ前にやりたい3つの事」ですが、実は私3つあるのです。
第一に、フルマラソンでsub three(サブスリー=フルマラソンで3時間を切るタイムで走る)を達成する事。
第二に、三社祭の宮出しで始めから終わるまでで花棒の頭で神輿を担ぎ続ける事。
第三に、弾き語りでソロライブをやる事。

書いてみてあらためて分かったのですがいずれもかなり難しいのです。
特に最後の“弾き語りでソロライブをやる事”ですが、これはそれ以前にギターが弾けません。
夢の実現のために、なんで今日の今日までギターを弾けるようにならなかったのだろうと後悔する次第です。
多分ですよ、青春多感の頃は、男がギターをかきならしているなんて、軟派な人間がするものだと信じていましたというか決めつけていました。
実際高校のフォークソングクラブの男子は軟弱で軟派でした。
そのためか、同じクラブの美人の女子と練習と称して仲良くサビのパートでハモったりしているのです。
高校の時は剣道部だったので、剣道の授業の時は先生の代行をしていました。
したがいまして私がクラスの仲間に稽古をつけるのです。
その際は日頃の嫉妬から、フォークソングクラブの男子には、▲▲子と仲良くハモりやがって面!とか、△△美と仲良くアイコンタクトしやっがて小手!とか、面であれば面がほとんどない後頭部、小手であれば小手のキワキワの道着の上もしくは素肌に、全力で強い打ちこみをしていました。
従いまして面を打たれた人間は強い耳鳴りが、小手を打たれた人間は腕がミミズバレになっていたのです。
ざまぁ御手洗(みたらし)団子です。
今でもその面々に会うとブツブツとその当時の恨みを言われますが、それは私のなせる業ではありません、自業自得というものです!

しか〜しバンドマンはかっけーですね。
女性にモテモテですし、それと自分の弾き語りで女性をうっとりさせるなんて、うらやましいのです。
ちなみに男性はうっとりしなくても結構ですのでそこのところは宜しくお願いします。
たまに六本木なんかで飲んでいますとたまさかバンド関係者と居合わせます。
彼等はオーラが違いますよね・・
それと必ずファンの美人の女性がいて、バンドマンにまとわりついています。
バンドマンの影に美人ありですか。

特に腹が立つのはむかしバンドやっていた会社の部長クラスが、部下におだてられて一曲弾き語りをする場面です。“さすがに今では無理だよ”って言ってはいますが、その言葉に反して完璧に演奏します。
何だよ、この日の為に毎日練習してたんじゃないか、と思わずツッコミたくなります。
正直マジにうらやましいです・・・

小人閑居して不善を為す、ではありませんが、依然夏休み中ですので、小人閑居して邪考を為す、です。
こんな日もあります。


今、あるCMがYoutube上で話題となっています。
それはランジェリーメーカー『ワコール』のブラジャーのCMです。
この商品は胸のボリュームアップが簡単にできることが特徴のようだ。そしてCMでは、そのセールスポイントがよくわかるように、なんとブラを着用した美人モデルが実際にブラを外してその効果を見せてくれます。



今日は美味しいカレーが食べたくてたまりませんでした。
家で暇こいている次男を誘い出向いた先は、下北沢にある「般゜若(ぱんにゃ)」さんです。
IMG_6651
場所はかなりわかりにくいですね。
IMG_6650
さらに早く着きすぎてしまいました。

住所: 東京都世田谷区北沢3-23-23下北沢シティハウス 1F
TEL:03-3485-4548
定休日:毎週月曜・毎月最終火曜

IMG_6649

IMG_6653
お店の外観です。
このお店はタレントの松尾貴史さんが経営するお店です。
店名は「般°若」は「パンニャ」と読むそうです。
「パンニャ」とは、インドの古代の言葉で、「叡智」「知恵」を意味するそうですよ。
この言葉を雅号にしていた能面の職人・般若坊が、女性の鬼面を得意としたことから、「般若」の面という呼び名が定着したので、おぞましい意味はないそうです。

お店のこだわりです。
基本インドカリーをベースにしていますが、日本人に馴染みがある出汁、醤油、バターなどを取り入れています。
それにより、コクと旨味が出ます。
一見サラサラなカレールー、実は豊かな滋味が広がります。
そして、多くの食材やトッピングの具に驚くほど親和性があります。
北インドのスタイルで玉葱を飴色になるまで炒めます。
香りと辛さは南インドの雰囲気です。
辛めのルーの中の玉葱のみじん切り(ほとんど形状をとどめていませんが)は、玉葱の甘さを強く実感できます。
日本で作られるカレーによく使われる小麦粉等を使わないため、いつ食べても胃にもたれにくいことも特徴のひとつです。


IMG_6657

IMG_6655
店内の雰囲気です。

パンニャ
店長の藤村淳さんです。
彼女の自己紹介です。
下北沢のカレー屋さん「般゜若(パンニャ)」の店長をやっています。
ちょっと独特だけれどおいしいカレーです。ぜひいらしてくださいね!
すごい美人ですプラ〜スお休みの日にも他店のカレーを食べて勉強しているようです。
彼女の肉体はカレーできていると言っても間違いないでしょう・・・

IMG_6654
メニューです。

私のオーダー「ほうれん草とカッテージチーズのカレー&ラッシー」@945+@105=1,050円です。
次男のオーダー「特別なカツカレー&ラッシー」@1,575+@105=1,680円です。

IMG_6656
ラッシーです。
かなりコクがあります。美味しい〜♪

IMG_6658

IMG_6659
待つこと13分、「ほうれん草とカッテージチーズのカレー」の到着です。
玉葱の甘みに、クミン・カルダモンなど基本的なスパイスが程よく効いています。
左のライスに乗っているのは梅干しではありません、チャツネです。
ペーストではなく細かく切られグズグズになったほうれん草とポロポロのカッテージチーズがルーの中で揺蕩(たゆた)うしているように感じます。
チキンも骨付きのホロホロのものがゴロンと3個入っています。
味ですか美味しいですね、ルーとチキンとカッテージチーズの組み合せが良いです。
グズグズのほうれん草がナイスアシストです。
イケます。

IMG_6661

IMG_6663
待つこと19分、「特別なカツカレー」の到着です
田園調布にある熟成肉の専門店「中勢以(なかせい)」という有名なお肉屋さんの熟成豚を使ったカツがのっています、これが特別なのでしょうか?
小麦粉を使っていないのでサラサラというかシャバシャバなカレーに、固めに炊いた麦ご飯の上にとても香りのよいカツが片隅に鎮座しているという感じです。
ルーは酸味が強く薬膳スープ風です。
味ですか、カツのみが光っていてimbalanceな感じです。
美味しいですが変なstressが残ります。
個人的には小麦粉とラードでこってりどろりの体育会系カレーのルーの方がこのカツには合っていると思います。
さら〜にこのカレーは汗がすごくでますね、タオルで汗をぬぐわないと、それこそ顔がシャバシャバになってしまいます。プラ〜スこれはコスパ良くないでしょう。

それでは(^_-)

赤坂 DIAMOND MOON

今日は「歩きたいのよ赤阪♪」です。
今日は夏休みの単独行動です。
どうしても行きたいところがあって赤阪に出没です。
よろしかったら私の目的地まで画像でお付き合いください。

◆赤坂Bizタワー
14時すぎだったので赤坂離宮でランチと思っていたのですが、冷麺が@2,940円ですと・・・
さすがにtoo expensiveなのでpassしました。
IMG_6648

IMG_6647

IMG_6646

IMG_6645

IMG_6644


◆赤阪サカス
赤阪サカスでは夏サカスが開催中です。
夏休みということもあって賑わっていました。
IMG_6640

IMG_6639

IMG_6641

IMG_6643


◆指田郁也
金曜ドラマ「なるようになるさ。」主題歌「バラッド」(8月7日発売)を歌う指田郁也さんが、夏サカスに初登場していました。
IMG_6637


◆TBSテレビ
TBSテレビの背面からのパチリです。
珍しいでしょう・・・
IMG_6635


◆Hotel the bakaska
ホテルザ馬鹿坂と読んではいけません。
ホテル“ザ・ビー 赤坂”は「赤坂駅」から徒歩5分。東京の中心、赤坂にあるスタイリッシュで隠れ家的なホテルなのです。ホテル正面にはTBSや赤坂サカスがあり、ビジネスやレジャーに幅広く利用することができます。
IMG_6634


◆三分坂
「三分坂(さんぷんさか)」です。
IMG_6629

IMG_6633
説明書きによりますと、急坂のため通る車賃を銀3分(さんぷん:百円あまり)増したためだそうです。坂下の渡し賃一分に対していったとの説もあるそうです。さんぶでは四分の三両になるので誤りとしておりますがこの説明書きを書いた人は数学的センスがないと思います。
何を説明したいのか全くもって理解できません・・・ 
この坂は傾斜角30度位ありそうです。スキー場でこの角度を直滑降で滑れと言われたらすこしヘジリますね。
なぜか車の往来が頻繁です。青山通りから赤坂通りへショートカットができるためでしょうか?


◆練塀
報土寺の築地塀(練塀)です。
IMG_6628


◆雷電為衛門の墓
雷電為衛門の墓です。ここにお墓があったのですね、知りませんでした。
IMG_6632

IMG_6631


◆喫茶室まつもと
妙に気になる喫茶店だったのでパチリしました。
黒い魔女のコーヒーは、アメリカンで、酸味があり、美味しいそうですよheart02
IMG_6625

IMG_6626

IMG_6627
 


◆目的地近く
IMG_6576
この何気ない緩やかな坂を上っていきますと本日の目的地に着きます。


◆DIAMOND MOON
IMG_6624

IMG_6578
ここが目的地の入り口です。

◆OWNER
IMG_6605
この方がこの店のOWNER兼BOSSです。

◆これで分かったでしょう・・・
IMG_6585
まだ分かりませんか?

◆これなら分かるでしょう・・・
IMG_6623

IMG_6606

IMG_6607
そのものですものね(笑)

◆DIAMOND MOONとは
DIAMOND MOONとは矢沢永吉グッズが買える唯一のオフィシャルショップなのです。
オープンと同時にCafe&Barとしても営業しています。
過去のファンクラブ会報や矢沢情報掲載誌を眺めたり、アンケートBOXに矢沢永吉へのメッセージを残したりと、 矢沢ファンが思い思いのひとときを過ごせるオアシスなのです。

後は一気に店内を大公開します。

◆Cafeです。
大迫力の大型プロジェクターで映像と音楽を楽しむことができます
IMG_6586

IMG_6596

IMG_6600

IMG_6580

IMG_6587

IMG_6609


◆BARです。
アルコールメニューは想像以上に充実しています。
IMG_6588

IMG_6602



◆SHOPです。
この階段をあがっていくと2階がSHOPになっています。
IMG_6621

IMG_6603

IMG_6611


1時間位ステージ上のスクリーンで矢沢WORLDにひたっていました。
おかげさまで日頃の仕事の疲れがぬけました。
やはり永ちゃんはかっけーですね・・・
カップルがちらほらといましたが、お客はほとんどが男性客ばかりです。
しかも単独客がおおいのです、たまたまかな?
そして私以外は全員アルコールを飲(や)っていました。
皆さんくつろいだ顔でそれぞれの思いで永ちゃんを楽しんでいました。
こういう雰囲気いいですね。
ちなみに肖像権管理が厳しい矢沢さんですが、動画以外なら撮影OKでしたので思う存分パチリすることができてこの面でも大満足でした。


ということで今日のお店は「DIAMOND MOON」さんです。

住所: 東京都港区赤坂7-4-8
TEL:03-3587-9760
定休日:第1月曜日

IMG_6582
メニューです。
このお店はお酒を飲むところです。
従いまして食事メニューはあまり充実していません。

IMG_6589

IMG_6590
今日のオーダーは「ホットドッグ+コーヒー」@600+@400=1,000円です。
ホットドッグもマスタードでE.YAZAWAと書いてくるのかと思いきや、それはチョリソーソーセージのみのserviceのようです。
味ですか、イケてますよ。
コーヒー二杯までは@400円です。
うれしい気配りです・・・
すごく気にいりました、今度は奥様と行こうっと!

それでは(^_-)

続 神田 七條

今日は「血液型占い」です。
血液型占い
性格がああだのこうだのと、たわいもない会話でうちとけるためのネタだったり、人間関係の悩みの一つとして語られる事もある血液型です。
「占い」と信じない人も多いですが世の中にはこんな説もあるようです。

◆そもそも血液型って?
抗原の違いをもとに決めた血液の分類のことです。
100年くらい前に今のABO式血液型分類が確立されました。
ABO式の血液型は、輸血のために見つけられた分類方法です
血液型の分類方法はABO式やRh式だけでないダフィー(Duffy)式やHLA型、赤血球・血小板・白血球・血漿の抗原よって様々な分け方があり、これらも含めると300種類近くあります。

◆ABO式の分布ルーツ
最も多い血液型はO型ですが、そのルーツは約4万年前にアフリカで生まれています。
彼らは狩猟民族で、肉を食べて生活していました。
A型は旧石器後から新石器時代の中期、人間が農耕・牧畜という新たな環境により、穀物などの農作物を摂ることで、耐性ができ消化できるようになったそうです。
B型が最初に現れたのは白人種と蒙古(もうこ)人種の混血種が居住するインドやウラル地方で、すぐにユーラシア大陸を支配していた遊牧民の特徴となっていました。
最も免疫力の低いAB型は、農耕民族(A型)と遊牧民族(B型)との混血から生まれた血液型です。
大昔、生まれ育った土地・環境に差があった我々のご先祖は脈々と繰り返される歴史と風土によりその差が生まれたという事のようです。

◆体質の傾向
O型は丈夫な消化管・強い免疫力・感染症にかかりにくい傾向があります。
他人との調和を図るA型はストレスを溜めやすい傾向があります。
その為に糖尿病や心筋梗塞、動脈硬化など生活習慣病を誘発してしまうそうです。
2番目に免疫力が高いB型です。
一方で結核や肺炎、サルモネラ菌の食中毒にはかかりやすく、結核にいたってはO型に比べて10%も感染率が高いそうです。
AB型は免疫系が弱く、病気にかかりやすい傾向があります。特に心臓病にかかりやすい体質とされています。
「免疫学が専門の私は、血液型によってかかりやすい病気があることを断言します」(東京医科歯科大学の藤田紘一郎名誉教授談)

◆そこから来る性格の違い
免疫を高めようという体の働きが、性格や行動にも影響を及ぼすと考えています
病気に対する抵抗力が強いということによって、開放的で自己主張の強いO型の性格が形成されました。
A型は伝染病を人にうつさないために周りの人に対してこまやかに気遣い、生活習慣病をストレスで悪化させないために周囲と協調する性格になりました。
B型は感染を恐れて人の輪に入ろうとせず、人の目よりも自分の価値観を優先します。
これらのことから免疫力が低く用心深い体質が「二面性がある」と特徴づけられがちなAB型の性質にもつながった可能性があるそうです。
「血液型で違う?『かかりやすい病気』と『性格』」NAVERより転載

なかなか面白いですね。
この記事は原典をさまざまなところから取っていることからpatchwork的文章でしょう。
◆体質の傾向までは面白く読ませてもらいました。
しか〜し◆そこから来る性格の違いはありえませんね。
もし血液型から性格が判断できるとするならば、まず最初に300種類近くある血液型の中からRh式を選んだ根拠を示しませんと説得性、納得性が醸成できません。
根拠は証明できないでしょう。
理由は先に結論ありき、だからです。
所謂決めうち帰納法のために、Rh式を選んだ根拠については科学的な考察はない、と言いきって良いと思います。

私は三人兄妹です。
両親がO型の為に兄妹全員がO型です。
で〜も性格はまったくことなります。
特に一番下の妹は親がちがうのではないかと思うくらいに性格が違います。
しか〜し相貌は色濃く父親系の特徴がでていますので、まごう事なき兄妹なのです。
これだけでも血液型からくる性格判断は間違っていると言えます。
性格は後天的なものでしょう、努力しないで成長した人は、性格もそれを反映していると思っています。

それでは人はなぜ占いを信じたり、当っていると感じたりするのでしょうか。実は、人間の心理には「フォアラー効果」と呼ばれるメカニズムが働いているからとされています。つまり誰にも該当するような曖昧な内容でも「自分に当てはまる」と解釈してしまう傾向があるからなのです。
これを実証するため、米国の心理学者が興味深い実験をしています。
学生に以下の文章を読ませ、自分にどの程度当てはまるかを5段階で評価させました。
「あなたは力量があるのに、思うように発揮し切れていない」「あなたは見た目はしっかりしているが、小さなことでくよくよ悩むような優柔不断なところがある」「あなたの願望のうち、いくつかは非現実的なものだ」等々。
実は、これは雑誌の占い記事を切り抜き、デタラメにつなぎ合せただけの文章にすぎません。ところが学生の回答の平均値は5段階(最高が5)の設定で4.2という高い数値になったそうです。
「占いの文章には、誰にも当てはまるような要素が多数入っています。だからひとつでも合致すれば、科学的な根拠がなくても当たっていると思いこみやすい」と性格診断や心理テストに詳しい富山大学の村上寛教授はこのように分析しています。つまり自分に合致しない要素は見過ごし、都合よく解釈してしまうのです。

全く同じ理由が血液型性格判断ですね。血液型で性格は決まりません。
血液型と性格は何の関係もありません。
血液型と性格の関係については、科学的な根拠はありません。また、科学的な統計調査が何度も行なわれていますが、性格の傾向は出ていないのです。
よく外国人の方が日本にきて良く聞かれるのが血液型だそうです、ところが彼らはあまり自分の血液型をしらないのですね。そして何度も誰彼なく聞かれるのでWhy?と不思議に思うそうです。
そうなのです、欧米人の間では血液型性格判断は存在しないのです。
その真逆で日本人が欧米にいって聞かれるのは自分の星座のことだそうです。
ということで「フォアラー効果」は血液型占い、星座占いなどのようなものに形を変えて全世界に膾炙し信頼されているのです。


やっと人並みに夏休みに突入しました。
前の日は0時近くまで会社にいたため終電車に飛び乗って帰宅しました。
駅に着いたらゲリラ豪雨で足止めです。
結局薬局家にたどり着いたのは2時です。

三時間ほどまどろんでから予約していた神田にある歯科医者に行ったのが夏休みの最初の行事でした。IMG_6563


IMG_6564

IMG_6565

IMG_6568

IMG_6571

IMG_6570
その後神田から清水坂を通って湯島天神に参りました。
そこで目に留まったのがこの絵馬です。
親というものはいくつになってもありがたいものです。
私は早々と両親を亡くしています。
今日からお盆ですね・・・

IMG_6574
その後34度の炎天下の中、浅草ビューホテルまで歩いて行きました。
睡眠不足の為に少しふらつきましたが、浅草ビューホテルについてから仕事のプチ打合せをしました。
そして浅草からは池袋まではバスの旅です。
実はこのバスの旅が大の楽しみなのです。

今日のお店は洋食の名店「七條」さんです。
お盆だというのに店内は満席でした。

住所:東京都千代田区内神田1-15-7
TEL:03-5577-6184
定休日:日曜日・祝日

IMG_6552
店の外観です。

IMG_6554
メニューです。

今日のオーダーは「国産鶏もものチキンカツ」1,000円です。
このお店は先代から数えて36年、店を構えていた小学館ビルの建て替えにより当地に移転してきました。
現chefの七條清孝さんはフレンチの名店「北島亭」で修業をしたのち実家に戻ってきたそうです。
手間を惜しまぬ繊細の火入れと豪胆な仕上がり、クラッシクなソース使いは「北島亭」の伝統を引き継いでいます。

IMG_6555
待つこと8分でスープの到着です。
コンソメに野菜が入っているスープです。
ちょっと猥雑な一品です。
味は見た目ほど悪くありません。

IMG_6559

IMG_6560
待つこと10分で「国産鶏もものチキンカツ」の到着です。
きれいに揚がったチキンカツですね。
ここのカツは衣が美味しいのでソースをかけずに直にいただきました。
衣の塩分で充分美味しくいただけます。
鶏肉がjuicyです、たまりません。
ウン、美味しいです。
ここのフライは衣が美味しいですね、その為に具材の美味しさが十二分に引き立てられています。
感動の一皿です。

IMG_6562
唯一瑕瑾を申せばドレッシングのかかりが少なすぎます。
ドレッシングの追加を用意していただき補いました。
もしかして野菜の味に自信がありでしたらごめんなさい。
でもそれならこのようにお客の好みでドレッシングをかける様に変えたら如何でしょうか。

それでは(^_-)

晴海 吉亀寿司

今日は「鉄道の旅」です。
鉄道の旅
日本人は時間にきびしいから鉄道が時刻どおりに走るというわけじゃないんです。日本人は時間にルーズなほうじゃないですか。それなのになぜ日本の鉄道が時刻表どおり正確かといいますと、それは、じっは、線路がたりないからなんです。外国だと、ちょっと輸送量が増えると、すぐに線路を複線にしたり、複々線にしたりするようですね。線路容量といいますが、線路がたっぷりとあるんです。 
ところが、日本では、なかなか線路を増やそうとはしませんね。たとえば、東海道本線を複線のままにしておいたり、東北本線など、かなり長いあいだ単線でした。これがもし外国だったら、とっくに線路を倍にしていたことでしょう。日本では線路を増やさずに、列車の連結車両を多くしたり、ドアを多くして乗降を早くすませて停車時間を縮めようとしたり、そういった方向で、問題を解決しようとしてきました。 
もちろん、日本は超過密な国で、とくに大都市の周辺は、おそろしく地価が高いからそうなるのかもしれません。 
少ない線路の上を各駅停車は走る、特急は走る、そのうえ、貨物列車は走るとなると、時刻どおり正確に走らなかったら、当然、全線大混乱になってしまいます。だから、正確に走ることが厳格に義務づけられることになるわけです。
「私の途中下車人生」宮脇俊三著より転載

日本の鉄道の運行が時刻表通りになっているのは地価が高い為に線路が足りないからなのですね。

確かに日本人は時間のルーズのようです。
日本国民に「時間をきちんと守り、欧米並みに生活の改善・合理化を図ろう」と呼びかけ、時間の大切さを尊重する意識を広めるために設けられたのが「時の記念日」ですからね。
時刻表の正確さを知っているだけに、日本人は時間に正確だというのは、誤った擦り込みです。
多分どこの会社でも会議の終わる時間はルーズのはずですからね、このことが日本人の時間のルーズさの証明です。

ところで今日のフリネタは「鉄道の旅」です。
個人的には仕事で使う新幹線の旅以外は「鉄道の旅」が好きです。
なぜなのでしょうか・・・
「鉄道の旅」は人の生活を感じる事ができます。
その土地の文化にふれることができます。その文化にふれることが独得の風情を作っているのでしょう。
特にお国訛りはいいようのない郷愁をかきたてられます。
また地方地方の風景は独自の美しさを持っており、見知らぬ生活のかおりがすぐにでもたちこめてくるような雰囲気すら感じます。
車窓から地方の町並を見ていますと、はっと胸をつくような、なつかしいもの、忘れていた物などで胸を押しつぶされそうになることもあります。

札幌勤務の時によく東北にいっていました。
一度青森で朝一の打合せが終わりJRで仙台に向かったことがあります。
確か青森→八戸→盛岡→一ノ関→小牛田→仙台という387km、約7時間の長旅です。
約7時間東北弁のシャワーを浴び続けていました。
訛りのきつい東北弁ですがそれでも日本語ですのでだいたいは分ります。
東北の人ってなんて素朴なんだろうと心から感じいったものであります。
あのとき車窓から見ていた美しい海岸線の集落が先の東北大地震で大被害をうけてしまった事をTVの画像で確認した時には胸がふさがれるような気持ちになりました。


昨日英キャサリン妃(Catherine, Duchess of Cambridge)が男の子を出産しました。
世界各国も祝福しています。英デイリー・メール紙によると、この度のRoyalBaby は過去100年間で最もおっきい赤ちゃんだったみたいです。すみませんupのtimingが遅れましたm(__)m



IMG_6453

IMG_6448

IMG_6445

IMG_6447
今日は晴海トリトンに出没です。
最初トリトン内のレストランで食べようと思ったら超満員でした。

IMG_6449

IMG_6450

IMG_6451
待つ気にもなれないので近隣の晴海グランドホテルに向かいましたら、レストランはガラガラだったのですが予約の方のみランチのようで、入店拒否されました。
なんじゃい、ここはホテル内レストランでしょう!

IMG_6452
ここからはジプシーです。
炎天下34度の気温の中、私の食べ歩き勘ピューターがたよりです。
さまようこと15分脳みそが暑さで沸騰してきました。
株式会社サークルKサンクス本部の方に行けばなんかなるかなと重たい足を引きずりながら出向いたところ、なな何とお寿司屋さんがありました。
まさに砂漠のオアシス状態といっても過言ではありません。
今日のお店は「吉亀寿司」晴海センタービル店です。

住所: 東京都中央区晴海2-5-24 晴海センタービル1F
電話:03-3533-5501
定休日:不明

IMG_6464
お店の外観です。

IMG_6462

IMG_6463
店内の雰囲気です。

IMG_6458
メニューです。

今日のオーダーは「ちらし」950円です。

IMG_6457
Welcome drinkです、嘘です。
業者の方の出張試飲サービスです。
二杯もいだきましたので少し元気が戻ってきました。
私は走っている時の暑さは苦にならないのですが、歩いている時の暑さは苦になるのです。
何故でせう・・・

入店する直前に上から目線の仕切りやのオバさんがいて、すごく感じ悪いのです。
普段ならすぐにこのようなお店はでてしまうのですが、なにせ30分近く彷徨していましたので、このイヤなオバさんの指示に従いました。

IMG_6459

IMG_6460
待つこと4分で「ちらし」の着丼です。
いわゆる東京の下町の並ちらしです。
その証左がネタです。
黄色い沢庵、とびっこ、かまぼこ、椎茸の煮物が乗っかっており、魚は鮪、いか、えび、コハダと並寿司メンバーです。
味ですかシャリによく酢がきていて温かいこと以外は見ての通りの味です。

IMG_6455
で〜もここのお店はすし以外のメニューが充実しているので大衆食堂的に使用すれば宜しいのではないでしょうか、まして席数多いですし、そんなに混んでもいませんのでね。

それでは(^_-)

交通会館 おかめ リターンズ

今日は「リミッターを外す」です。
IMG_5250IMG_5248
マラソンの世界ではsub four(サブフォー)sub three(サブスリー)という言葉が飛びかいます。このsub four(サブフォー)とは市民ランナーが42.195キロを走るフルマラソンで4時間を切るタイムで走ることをいうのです。
マラソンをやっている人からするとsub four(サブフォー)ができていわゆる普通のrunnerです。sub three(サブスリー)で一目置かれて、sub two point five(サブツーポイントファイブ)で尊敬されるという感じです。
ちなみに私は3時間38分がフルマラソンの最高記録ですから普通の市民ランナーということができます。

フルマラソンではsub two(サブツー)がいまだなされていません。
しか〜しこの夢の記録sub two(サブツー)が夢ではなくなってきました。
現在の予想では遅くとも2025年には達成されそうな感じです。
一口に42.195kmを3時間きって走るというのは時速21km、若しくは100mを17秒で走り続けることを意味しています。
これはかなり早いspeedで走っていると言えますよね。
現在のworld top threeはパトリック・マカウ(ケニア)2時間3分38秒、ウィルソン・キプサング(ケニア)2時間3分42秒、ハイレ・ゲブレシラシェ(エチオピア)2時間3分59秒です。現在この三人が3時間切りの最有力候補です。

ところで2015年までまてないというせっかちな国があるのです。
過酷な練習で成果をだすのではなく、もっと簡単にsub two(サブツー)をなしとげたいと考えています。
それは、マラソンをやっている時に感じる、苦しいとか辛いという感情のリミッター外してしまえ、という方法なのです。
このリミッター外すということなのですが、そもそも脳というものは、体が死んだら自分も一緒に死んでしまうということから、自分の体がおかしくなる前に走るのをやめようとさせます、これをリミッターがかかるといいます。
北京オリンピックの頃から米国はこのリミッターを外そうと真剣に考えていました。
そうなのです上述したせっかちな国というのは米国なのです。

山下佐和子さんはバルセロナオリンピックで銀メダルを獲得した有森裕子さんと同世代のrunnerでいつも彼女の後塵を拝していました。
山下さんは現在第一生命の女子陸上部監督をしています。
過去の屈辱から山下さんが導き出したのは、リミッターを外すという練習だったのです。
選手が練習中にいっぱい、いっぱいになると、眉間にしわを寄せたり、悲鳴をあげたりして、自分が限界にきている事を山下監督に訴えます。
そういう状態になりますと山下監督はその選手にさらにキツイ練習を課すのです。
これがリミッターを外す要諦なのです。
このような指示であれば私にもできるのですが、山下監督のすごいところはここから先なのです。
キツイ練習をその選手に課した後はびっちりと選手に付き、リミッターが起こすつらさなのか本当に選手の体が限界にきているのかを見極めながら練習をcontrolしていくのです。
プラ〜ス山下監督はoffではお酒も恋愛も許可しています。
これは極めて珍しい事です!
さら〜に練習日誌ではいつも“貴女ならできる”というコメントを多用して選手のmotivationをあげ、選手に高い目標を目指すように仕向けています。
その結実として尾崎好美さんをロンドンオリンピックに連れて行きました。

「悲しいから泣くのではなくて、泣くからかなしいのです」
要は泣くから悲しいし逃げるから怖いのです。
この事例を参考にしてつらい時とか悲しい時にに何をすれば良いかと申しますと
「笑う門には福来る」なのです
昔からいわれているように心が滅入った時でも笑いを作れば楽しくなります。
これって仕事にもあてはまります。
皆さん自らの仕事に低めのリミッターを作っていませんか。
本当はもっとできるはずなのに自らリミッターをかけて無理をしないようにしていいませんか。
与えられたmissionがきついので無理だと言っていませんか、高いhurdleの予算をあたえられて端(はな)から無理だと言い訳していませんか。
要はきついと言っているのからmissionが乖離しているように感じるのです。
無理だと言い訳しているから予算が達成できないように感じるのです。
この件(くだり)は精神論ではないかと言われればその通りです。
しか〜し「笑う門には福来る」という事を今一度思いおこして下さい。
このような事を書く日もあります・・・


軽井沢万平ホテル

IMG_6551

IMG_6544

IMG_6547

IMG_6550
今日は有楽町に出没です。
交通会館では現在「風立ちぬ」の画像を展示しています。
モデルとなった軽井沢万平ホテルが大混雑の様ですよ・・・

今日は甘いものが食べたくてしかたありませんでした。
有楽町で甘味といえばここしかありあません。
今日のお店は「おかめ」交通会館店さんです。

住所:東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館B1F
電話:03-3216-6008
定休日:日、祝日休み

IMG_6531

IMG_6532
お店の外観です。
記憶をさかのぼればこのお店にはこのお店が日比谷にあったころから来ています。

蔵王あんみつ
貧乏な山形出身者は帰郷できません。
ここの名物の「蔵王あんみつ」は、山形出身のこのお店の奥様の手によって東京にいても故郷(ふるさと)を思い出すことができるように作られた一品なのです。

IMG_6539
店内の雰囲気です。

IMG_6534
メニューです。

今日のオーダーは「おはぎ(あん・きなこ)」@260×2=520円です。

IMG_6538
あずき」は体に良いのですよ。
「あずき」の歴史は古く既に古代中国の薬学書に「あずき」の煮汁が解毒薬として用いられた記述があり、「あずき」は薬効のある食材として王侯貴族中心に珍重されていたのです。
昨今、癌を予防する食材として「あずき」の持つ薬功成分に注目が集まっている今日この頃です。

IMG_6535

IMG_6536

IMG_6537
待つこと2分で到着しました。
うわっ、どこから見ても「おはぎ」だheart02
美味しそう、しか〜しあいも変わらず量がおおいですね。
味ですか、ここの「おはぎ」は甘さ控えめでとても美味しいのです。
で〜も美味しいのは1個までです。
2個目は男性には厳しいものがあります。
ここの「おはぎ」はオミヤで持ち帰りが宜しいでしょう。
そうすれば自分の体調と相談しながら食べられますものね・・・

それでは(^_-)

大泉学園 叙々苑

今日は「Splashな一日」です。
私の土曜日はだいたい4時〜5時の間に起床してこのblogを纏めて作っています。
その後にマラソンしたり、家に持ちこんだ会社の仕事を片付けたり、自宅の改修工事の打合せをしたり、近所のカナダ人が暇していたら雑談したり、図書館に行ったりして超多忙なのです。盛っていませんから、マジです。
それですので夜は本当にストンと落ちるように寝ています。

今日はblogがはかどりません。
だいたい一日に4ネタをしかも長文ネタで仕上げること事態がsomething crazyなのです。

貴方なにか怒っていますネ、もしかして先週の耐久マラソンの疲れが残っているのではないのですか。
実はそうなのです。先週の日曜日は32度の炎天下の中、地元のマラソンクラブの耐久レース(12時間走)に出走して13時から16時の間に24.5km走破したのですが、結果13位でした。
鍛えているので熱中症こそなりませんでしたが、疲れがまだ抜けていないのです・・・
ちなみにtopは8時から15時までの間に71km走破した方でした。
この耐久レースそのものが常軌を逸しています。
マラソンクラブの会長は、皆さん、熱中症にはくれぐれも気をつけてください〜ね、といっていますが、それならこのような危険な炎天下レースを止めればいいのではないかと思うところでありますが、誰も反対もせず嬉々として参加しているところにこのマラソンクラブの狂気が垣間見えます、ハイ。

IMG_6465
そうなのです6時にblogネタが行き詰まってしまったのでblogを書くのをやめて地元のラジオ体操にいってまいりました。ラジオ体操はかつて日本の某大手金属メーカーに出向していた時に毎日やっていたので大得意なのです。

IMG_6467

IMG_6479

IMG_6495

IMG_6496

IMG_6497
7時に汗だくになって会場につきましたらだれもいません。
今時ラジオ体操する人間っているのか?ってブツブツ言っていましたら来るわ、来るわで会場がみっしりと埋まってきました。

IMG_6483
そんなこんなでパチリしていましたら、地元のダンス名人ちがうか衆議院議員の先生がやってきて、お世話になっています、と挨拶をしてくれました。
この先生は早稲田大学入学後、ディスコダンスに目覚め全校大会に入賞し、trfのサムとユニットを組んで全国行脚をしていたそうです。
これは盛ってなくマジネタのようです。



その後帰宅してから建築業者と改修工事の打合せをしていたら、前からだましだましていた歯痛がひどくなったので、さすがに耐えきれず地元の口腔外科に見てもらいにいったのです。この口腔外科はかつて顎関節症(顎外れ)を直してもらってから全幅の信頼をおいています。診察の結果は虫歯でした・・・
甘いものなんか食べてないのに(これは真っ赤な嘘)、寝る前には必ず歯を磨いているのに、何故なのでしょうか?
診察してくれた先生がおっしゃるのには、今回の虫歯は神経を抜いた歯で、そのような歯は歯そのものの組織(エナメル質)が弱くなり、その為に歯の内部が溶けやすくなり、その隙間に雑菌が入り虫歯になっていたとの事でした、それならば納得ですが、痛いのは勘弁です。取りあえず応急措置をしてもらい、痛みは和らぎましたので一安心です。

帰宅したら夕方になっていました。
今日は奥様のお誕生日partyです。
このpartyに家から離れて暮らしている長男も駆けつけてきました。
美味しい焼肉屋があるとのことでしたので今日の誕生祝いは「叙々苑」オズスタジオシティ店さんです。
会場には三々五々で指定時刻に集まることにしました。
指定時刻5分前には全員集まりました。
In any case, let's get started!

住所: 東京都練馬区東大泉2丁目34−1
電話:03-3978-8989
定休日:無休

IMG_6499
お店の外観です。

IMG_6501

IMG_6500
店内の雰囲気です。
実は「叙々苑」さんには他のお店を含めて行った事がありませんでした。
店内は想像以上に高級感あふれ、ゆったりとした空間と控えめな照明は落ち着いた雰囲気を醸しだしています。

IMG_6502
メニューです。

今日のオーダーは「華会席」=@6,000×2sets=12,000円、「彩会席」=@4,500×2sets=9,000円です。

IMG_6504
まずは「叙々苑」エプロンです。
これを着けませんと奥様の目がつり上がりますのでね・・・

IMG_6505
「叙々苑」サラダです。
これが噂の一品ですか。
野菜はしんなりしていますが美味しいです。
これはドレッシングが良いのですね。

IMG_6506
レアステーキユッケ漬です。
これは美味しいですね。
今日の料理の中で一番手間がかかっている一品です。
例の食中毒事件以来細心の注意を払って作っているそうです。
細心の注意というのは専用の包丁、まな板を使用し、使用後は即消毒をすることを指しています。
さらに現在、生肉はだせませんので軽く炙ってだすようにしているのですが、これは叙々苑さんの作戦勝ちです。
というのは軽く炙ることで生肉ではないとしていますが、実態は生肉です。
食中毒事件以後いち早くこのmenuを上市し、お客様には疑似ユッケということで供したことが好印象・高評価となったようです。
味ですかこれは秀逸です。
ほのかに甘い醤油ダレと卵黄のmariageが奏功しています。
すごく美味しいです。

IMG_6507
豆腐です。
これは特段のsurpriseはありませんでした。

IMG_6508
チャプチエです。
これは美味しいですね。
胡麻油がよいのでしょうがタレが際立っています。
ちょっと他の店の追従は許さないのではと思います。

IMG_6509
キムチとオイキムチです。
オイキムチはシャトーにして表皮を飛ばしでpeelingしていてオサレです。
漬かり方が浅く酸っぱいです。
こういう場合は砂糖を加えて調整するのですが味見をしていないのか若しくは手を抜かれた様です。
キムチの盛付はキレイな太鼓状になっていなくこれまた同様に手を抜かれたようです。
キムチタレが四角い皿の底部からはみでていて「叙々苑」の標準盛付仕様から逸脱しています。
この一皿は厨房のチーフの管理不行届きですね。

IMG_6510
タンと海老です。
両方ともかなりの美味しさです。
私は海老の美味しさにknockoutされました。

IMG_6511
帆立、海老、タン、カルビです。
どれも美味しいです。
カルビは肉厚があります。

IMG_6512
ナムルです。
これは普通の味ですか。

IMG_6513
焼肉のタレです。
右から特製、塩だれ、甘辛です。
個人的には唐辛子、コチュジャンを加えた、大人の辛さと深みのある甘さの「甘辛」がmy favoriteでした。

IMG_6514
一応焼いているところも・・・
タン塩です、これもすごく美味しいですね、ブラボーです。

IMG_6515
上カルビです。
見ただけでヨダレが湧きでてきます。
これは超美味です、タマルカですね。

IMG_6516
ミノです。
これは大大大好きです。
ウマウマの極みです。
久々に美味しいミノを堪能しました。
ミノが美味しい店は決して裏切りません、が私の焼肉店の真贋の見極め方ですが、それが証明された一品です。

IMG_6517
締めのクッパです。
落ち着いた味付けが締めということもあり高評価です。

IMG_6518
締めの冷麺です。
中のフルーツが秀逸です。
口内の夾雑物をそぎ取ってくれました。
このフルーツの盛り合わせはとても良いセンスだと思います。

IMG_6519
デザートです。
まずまずですよ・・・

IMG_6520
最後に家族からのsurprise plateです。
奥様いつもお世話になっています。
いつまでもいつまでも今のような若々しい姿でいることを祈っております・・・by splash

IMG_6529
今日の総括です。
値段は高いかもしれませんが大事な奥様の誕生日ですからね、奮発しましょうheart02

IMG_6523

IMG_6526

IMG_6527

IMG_6530
これで帰宅の途につかないのが良い所です。
この後男組でカラオケにいき0時20分までの2時間34分歌い続けていました。
ちなみに我家の締め歌は「仮面ライダーBLACK RX」であります。
今日も落ちる様にストンと寝てしまいました、但し深夜の2時ですがね(笑)

それでは(^_-)

小川町 チャントーヤ ココナッツカリー

今日は「John Doe」です。
カナダ人と話をしていたら名無しの権兵衛の話になりました。
英語では名無しの権兵衛について男性はジョン・ドウ(John Doe)といい、女性はジェーン(Jane Doe)というそうですよ。赤ちゃんは名前がなかったり、親が不明だったりした場合はベビー・ドウ(Baby Doe)というそうです。
この起源は300年代にイギリスで使われ始め現在に至っているそうです。
ちなみにRichard Roe、Jane Roeは訴訟において仮名として用いられるそうです。
“John”や“Jane”はもっとも一般的な名前であることからであるのはうなずけるにしても、“Doe”や“Roe”に関しては何故使われたのかは調べたところ不明です。
アメリカの苗字ランクでは“Doe”は2,117位、“Roe”は1,230位とminorityの苗字だそうです。
本来の意味が“doe”は「鹿やウサギなどの雌」、“roe” は「魚の卵」なので、
ちょっと滑稽な印象があることと音の響きがよいことがその理由かもしれません。
日本でいえば兵頭(苗字ランキング1230位)太郎・花子、室谷(苗字ランキング2117位)太郎・花子みたいなものです。あまりピンときませんね。

名無しの権兵衛
日本の名無しの権兵衛の由来は次のようです。
深川説江戸時代、深川の門前仲町は歓楽街でしたが、幕府公認ではなかったがゆえに、正式には遊女を雇い入れることができなかったそうです。
そこで、遊女に男性の名前を騙らせることで、幕府の目を逃れていました。その男性風の名前を権兵衛名と呼んでいたのです。しかし、雇い入れられたばかりの女にはまだ権兵衛名がついていないことも多かったのでその女を名無しの権兵衛と呼んだことが由来だそうですよ。

ちなみに警視庁身元不明相談室では、本年9月1日(日)から9月30日(月)までの1か月間に亘り「身元不明相談所」を開設しています。
以下は警視庁のHPからの引用です
 みなさんのご家族に
○ 病気などを苦にして家を出た後、全く音信がない
○ 旅行などに出かけたまま、長い間消息を絶っている
○ 犯罪や事故に巻き込まれているおそれがある
などで、行方不明になられている方がいらっしゃいましたら、この機会に是非ご相談ください。
相談所には、身元が分からないまま亡くなられている方の日本全国の資料があります。
相談にお越しの際は、探している方の写真など本人を特定する資料がありましたらお持ちください。

ちなみに警視庁で男性が962名、女性が963名の1,925名が身元不明者です。
実際はかなりの人の身元が分かり引き取られていますが、東京砂漠であることは間違いないようです。
ちょっとこの数字にはクリビツしました・・・


216個の球状の磁石でできた、パズルMAGCUBEです!よくできていてなかなか難しそうです。ストレス解消、手先が器用に、集中力、脳の活性化、建設的、リハビリ、効果があるそうです。



IMG_6429
今日は小川町に出没です。
以前から行列のできるカレー屋さんがあり注目していました。
今日は時間があったのでお邪魔することにしました。
今日のお店は「チャントーヤ ココナッツカリー (CHANTOYA COCONUT CURRY)」さんです。

住所: 東京都千代田区神田小川町3-28-7 昇龍館ビル 1F
電話:03-5281-4747
定休日:無休

IMG_6440
お店の外観です。

IMG_6434

IMG_6433
店内の雰囲気です。

IMG_6431

IMG_6439
お店の紹介です。

IMG_6430
メニューです。

今日のオーダーは「チキンとナスとトマトの焼きチーズカレー」@930円です。

このお店はセレクトショップ「エディフィス」の元店員であり、パーソナルモチベーターでもある石橋幸治さんが転職してつくったタイを意識したカレー屋さんだそうです。
だから店内はオサレなのです。
まるでスポーツカフェのようです。
Nice atmosphereですね・・・

IMG_6435
待つこと12分でグリーンサラダの到着です。
ごく普通のグリーンサラダと思いきや、ドレッシングにタイの香りが、何気にこのようなdetailにもこだわっています。
このサラダはイケますネ。

IMG_6436

IMG_6437
待つこと22分で「チキンとナスとトマトの焼きチーズカレー」が到着しました。
このお店はタイカレーと日本のカレーのfusionです。
その中で特にこだわっているのはパクチー、カー、ライムの葉、レモングラス、ココナッツミルクは本場タイ産を用いているようです。

見た目、パクチーの緑が鮮やかだぜカレー、です。
それでは実食です。
一口食べた瞬間に私の味覚中枢が震えました。
これはとても美味しい。
チキンのジューシーさは群を抜いています。
ナスはこの味に染まっておりよい意味でのバイプレーヤーです。
特筆するのはほのかな酸味がするトマトです。
味を引き締めています。
本場のココナツミルクがルーをマイルドに仕上げています。
そしてこれらの個性を大きくつつみこみ抱きしめているのがこんがりトロトロチーズです。
なんというオーケストレーションでしょう。
食べた後しばらく美味しさの感動から席を立つことができませんでした。
久々のビッグホームランです。

それでは(^_-)

東京国際フォーラム 宝

今日は「オムニバスな日々」です。
オムニバスな日々は私の感性にふれたことを取り上げたものです。
宜しかったらお付き合いください。

1. 赤松愛
赤松愛 - コピー
まずはGS(ガソリンスタンドではありません)オックスの赤松愛さんです。
Netから引用したこの画像ですが大分変わりましたね、でも何か違うような・・・
もしかするとこのbefore―afterの画像は赤松愛―赤松広隆さんではないでしょうか?

赤松愛さんは、オックス引退後イギリスに渡りケンブリッジ大学で学んだのち帰国してから父親の赤松鉄工所に入社しました。
そこでプレス工からスタートをし、機械を操作している際に指を切断してしまいました。
それを機に自らプレス製品の加工工場を立ち上げて事業を拡大させ、順次サンジェゴ、ロスアンジェルスに現地工場を立ち上げて現在に至るという人生の成功者のようです。
奥様の昌子さんは赤松さんと付き合っていた時には、赤松さんがオックスの赤松愛さんだとは知らなかったそうです。そしてそれを知った時もあまり驚かずということで中々できた奥様ですね。
ちなみに赤松家ではオックスの話題はtabooとなっているそうですよ。

2. イタそうなリング
りんぐ1

りんぐ2
遊び心あるプレゼントとしていかがでしょうか。
輸入品です、購入すると\2,128となっています。

下町っ子の私はこのようなものを見ると“エンコ飛ばし”を想起してしまいます。
子供の時に地元の天祖神社に砂場がありそこで砂遊びをしているとホルマリン漬の切断されたた小指の入った薬瓶がでてきました。
落とし主は砂場の裏にある鳶の親分の家です。
当時アル中だった親分は酔いにまかせ気がのった時は節分よろしく窓から砂場に投げ捨てていたのでしょう。
正直かなり危ない土地で生まれ育ったのです。

長じてたまに小指のない人と酒場で飲む事がありました。
といっても大阪で一回と地元で一回だけですが。
二人とも異口同音、若い時やんちゃなことをしていたむくいで「身体髪膚これを父母に受くあえて毀傷せざるは孝の始めなり」を守れませんでした、と言っていました。
さらに、今じゃ、堅気でまっとうに暮らしています、と言葉を重ねていました。
しか〜し堅気でまっとうに暮らしている人がこれみよがしに欠落した指を誇示するものでしょうか。確かに今やその世界から抜けられて生業につかれていると思いますが、もし本当に堅気であれば、その指を隠すとか、包帯を巻いて隠蔽とかするのではないでしょうか・・・

3. としプー
としプー
今日部下との飲み会で「としプー」の話をしたら誰も知りませんでした、マジ?
これはダジャレCMがお得意の豊島園の2013年のプールのポスターです。
「としまえんのプール」と「トシちゃん」をかけて「としプー!」とを掛け合わせたものでしょう。
この画像では分からないのですが、面白かったのはこのポスターの下段に書いてある注意書きです。
トシちゃんが皮靴でプールに立っているのは写真撮影のための特別措置です、とわざわざ断り書きを入れていました。
誰が革靴でプールに入るのでしょうか、これも一種のギャグかな・・・
いずれにしても豊島園は東京都から災害時の避難地域として買上要請の噂がでております。
地元民としては「としプー!」のように匂い(噂)のみで終わることを祈っております。


4. 夏休み
夏休み
皆様、夏休みにはいりましたか・・・
私は仕事が超多忙でまだです。
一日にも早く夏休みに入りた〜い!


日本のお菓子は変わった物や不思議な物が沢山あって面白いぞ!



IMG_6416
今日は有楽町に出没です。
なにやら美味しい和食を食べさせるお店があるとかで訪れました。
今日のお店は「宝(たから)」さんです。

住所: 東京都千代田区丸の内3-5-1 東京国際フォーラム B1F
電話:03-5233-9888
定休日:無休

IMG_6418
お店の外観です。

IMG_6426
店内の雰囲気です。

IMG_6419
メニューです。

今日のオーダーは「サバの桜干し膳」@1,000円です。
正直なところ「おいしさ日本一!」のキャッチ釣られました。
日本一の味ってどのような味でしょうか・・・

IMG_6423

IMG_6425
待つこと9分で「サバの桜干し膳」が到着しました。
見た目、ピカピカ膳じゃん、です。
何ですかこの光沢はすごいですね、shinyというかgleamingというか艶光りがすごいですね。
気を取り直して実食です。
かるくサバの身を歯噛みすると、ジューシーな肉汁が口内溢れかえるのと同時にほのかな甘みが湧きたちます。
これは美味しいですね。
多分サバを味醂干しにしてスモークしたものでしょう。
副菜もよい仕事がされており、ここの板長はかなりの腕前です。
久々にお奨めの一品です。

それでは(^_-)


上野 黒門

今日は「蓮の開花の音」です。
IMG_6371

IMG_6378

]IMG_6382

IMG_6370

IMG_6368

IMG_6369

IMG_6389
前回話題にしました通り、蓮の開花する際に鳴る“ポン”という音をわざわざ不忍池まで聴きに行きました。
当初は私と奥様だけだったのですが家で暇こいている次男もjoinすることになりました。
ということで本日は5時起きです。
朝の支度をテキパキとしたおかげで不忍池には6時に到着です。
いるわ、いるわ、人・人・人で不忍池は煮えたぎっています。
日本人って早起きなのですね・・・

エジプトの女王は、蓮の開花の音を目覚まし代わりにしていたそうです。
さぞかし雅やかな音色なのでせうね・・・
それでは不忍池の蓮の開花音に耳を傾けます。
シーン・・・
音がしないではありませんか。
今日は蓮様のご機嫌が悪い、まさか、そんなことってあるんですか。
私と奥様とがこの件で甲論乙駁(こうろんおつばく)を続けていると、Nikonの高級一眼レフをもっているカメラマンさんが親切にも私達に教えてくれました。
彼の説明では、蓮の花ってゆっくりと開花するので音なんか鳴るわけがない、とのことでした。もしその音を聞いたという人がいるのであれば、蛙が池に飛び込んだ音を勘違いしたんだろう、とのことでした。
というのも不忍池で朝もはやから暇こいているおじいさん、おばあさん達から彼が蓮の開花音の話を色々と聞きつけた上での結論とのことでした。
要は所謂一つの都市伝説のようです。

Netでも以下のような記載を見つけました。
古い文献にもハスの開花音についての記述がありますし、啄木の詩にも「静けき朝音たてて白き蓮花のさくきぬ」、正岡子規の句にも「蓮開く音聞く人か朝まだき」や「朝風にぱくりぱくりと蓮開く」などと詠われ、それらの印象から、ハスの花が音を立てて咲くと信じている人が今でもあるようです。静かな水面に次々と音を立てて咲くハス、なかなか愉快なシーンですが、残念ながら開花時には音を立てません。このことは、千葉県検見川の1200年頃の地層から大賀一郎博士によって発掘された種子から得られた大賀ハス(2000年ハス)で実証されています。開花時の振動を500倍に増幅して測定しましたが、花弁の擦れ合うごくわずかな振動があるだけで、開花音ではないことが科学的に証明されました。
(原体験コラム集より)

どうやらこの話はハスの開花の有様から生まれたロマンのようです。
しか〜し人騒がせな都市伝説ですね・・・

折角ですから上野周辺のパチリを紹介します。

IMG_6383 - コピー
大白鳥の集団です。
静かすぎて不気味です・・・

IMG_6404
正岡子規記念球場です。
この球場の名前を冠している正岡子規は、明治初期に日本に野球が紹介されて間もない頃の愛好者であり、1886年(明治19年)〜1890年(明治23年)頃、この球場がある上野公園内で野球を楽しんでいたといわれています。
その証拠に子規の随筆「筆まかせ」の中に、明治23年3月21日午後、上野公園博物館横の空き地で試合を行った事が書かれており、その時子規は捕手を守っていた事が分かる内容が書かれています。
その後、子規は野球を題材とした俳句や短歌・小説・随筆を発表して野球の普及に貢献しています。また、数々の野球用語を日本語訳したことも知られています。
このような功績を称え、上野恩賜公園開園式典130周年を記念し、2006年(平成18年)7月21日に上野恩賜公園野球場で句碑の除幕式と正岡子規記念球場の愛称が披露されました。
碑には「春風や まりを投げたき 草の原」の句が刻まれています。

IMG_6412
上野の待合せspotとなってしまった西郷隆盛像です。
西郷さんは戊辰戦争で上野を焼き尽くした官軍の中心人物なのに、どうしてその上野を眺めるような場所に像を立っているのかという話があります。
実は、西郷さんは当初皇居の前に立てられる予定だったそうです。
それに対し、西南戦争で政府に対し叛乱を起こした者の銅像を皇居に立てるのはいかがなものか、という反対が出て、上野になったといわれています。
自分が焼け野原にしたところに立たせて、いささかバツの悪い思いをさせてやろうという意地悪な気持ちが政府にあったのかもしれませんね。
西郷さんのすぐ後ろには、官軍が壊滅させた彰義隊隊士たちの墓があります。
今度西郷さんが何かを仕掛けようしても、後ろから銃を突きつけて絶対阻止してやるぞ、という意思表示なのかもしれないと言われています。

ちなみに1899年、上野公園の銅像除幕式に列席した西郷さんの未亡人イトさんが西郷さんの銅像を見た瞬間、「宿んしは、こげなお人じゃなかったこて」(うちの人は、このような人ではなかったのに」)と思わず声を出すと、隣席に腰かけていた西郷縦道がイトの足を踏んでたしなめたというエピソードが噂となって全国に広まったそうです。
それが元になって銅像の西郷隆盛の顔は本物と似ていないと信じる人が増えたということを物の本で読んだことがありますが、このイトさんの言葉は「銅像の顔が記憶に残る亡夫の顔と似ていない」ことを意味するのではないようで、「銅像のように、西郷が着物姿で人前に現れるはずがない」という意味であったと、新人物往来社編集の『西郷隆盛 七つの謎』に書いてありました、プチトリビアです。

IMG_6413

IMG_6414
その西郷さんの後ろにある彰義隊の墓です。
この彰義隊ですが、明治戊辰の役、上野戦争における彰義隊の敗北で、江戸ッ子侍の壮丁数百人が斬り死にしたことと、勝ち誇った薩長人の得意顔の市中の大闊歩、古今を通じてこれほど江戸ッ子に痛痕の衝撃を与えたことはありません。 
ということを私は幼児の頃、地元の古老よりよくその憤慨を聞かされていました。
といってもその古老も父親ないし祖父からのimprint(擦り込み)ですが。
いずれにしても、それほどにも徳川幕府の壊滅や彰義隊壮丁多数の戦没は、江戸ッ子の痛憤のきわみで、戊辰戦後の江戸ッ子は怒りと哀愁でみちていたそうです。 
まことに彰義隊士の奮起は、徳川武士の立場として止むに止まれぬ江戸ッ子侍の行為であったと言われていました。敵を迎えて何の要営もなき岡に無謀の戦い、時の大勢に反抗して大軍に挑む(2,000人VS28,000人)、敗北は知れたこと、血気に走る烏合の衆との酷評をなす幕末歴史評論家もおりますが、彰義隊はそんな軽率なものじゃありません。
武士道に殉じた尊き時代の犠牲者であります。戦没に江戸ッ子が深く哀悼なすも道理であったのです。

IMG_6407

IMG_6408
長男を良く遊びに連れてきた「上野子供遊園」です。
長男はこのような車を運転していればどんなにぐずっていてもご機嫌がなおりました。
当時はタクシーでしたが、今はパトカーに変わっていました。
時の移ろいを奥様と二人で感じいっていました・・・

IMG_6409
最後に何ともふてぶてしいニャンコがいたのでパチリしました。
昔はこのようなニャンコが魚屋さんから魚を盗んでいたのです・・・


時計を見るとまだ7時15分です。
お腹が空きました。
ということでファーストフード店以外を探していたらこのお店にたどり着きました。
今日のお店はきねやホテル内にある「黒門」さんです。

住所: 東京都台東区上野2-14-28 きぬやホテル
電話:03-3833-1916
定休日:無休

IMG_6392
お店の外観です。

IMG_6393

IMG_6400
店内の雰囲気です。

IMG_6391
メニューです。

今日のオーダーです。
私は「洋食(ベーコンオムレツ、パン、スープ、サラダ、季節の果物、珈琲)」@900円です。
奥様は「中華粥(中華粥、スープ、サラダ、杏仁豆腐、紅茶)」@900円です。
次男は「ホットドッグ(ホットドッグ、スープ、サラダ、紅茶)」@700円です。
最初店員さんは、定食類はただいま混みあっているので(きぬやホテルの宿泊客優先)、定食系の料理のでき上がる時間は全くわかりません、と木で鼻を括ったような言い方をしたものですから、私の目がつり上がったのです。
しか〜しすぐに奥様からイエローカードがでた為に口から出かけた言葉を呑み込んで沈黙していました。
しかしなんともひどい説明ですね、空いた口がふさがりませんでした。

IMG_6395

IMG_6397
それでも待つこと15分で「洋食」の到着です。
あれつ、見た目おいしそうじゃん定食、です。
それでは実食です。
ベーコンオムレツはトロトロで美味しいです。
サラダも冷えていてしかもedgeがたっていてイケます。
スープもまずまずの味です。
このような逆期待裏切り料理はwelcomeです。
とても美味しいです。
かなりクリビツしました。

IMG_6398
待つこと17分、「中華粥」の到着です。
これも、見た目おいしそうじゃん定食、です。
これは「中華粥」の味わいが深いです。
かなりのレベルです。
特筆するのは「杏仁豆腐」です。
これは味が濃いです、多分ココナッツシロップを使ったのものではなくて原材料が作られたものです。
これは超ウマウマです。これまたクリビツです。
とても美味しいです。

IMG_6399
待つこと21分、「ホットドッグ」の到着です。
あれっ、ホンマモンのホットドッグじゃん、です。
これはウィンナーのカリカリ炒めが光っています。
パンの焼き具合も過不足ありません。
これはイケます、ここでもさらにクリビツです。
とても美味しいです。

このお店は接客こそ噴飯ものですが、味のレベルはかなり高いと申して宜しいでしょう。
今度訪問したときは接客マナーを従業員に教えられない店長を更迭しておいてください、ハイ。

それでは(^_-)

浅草 ケンタッキーフライドチキン

今日は「大学CM列伝」です。
今の大学って楽しそうって思わせる大学PVをcompleteしてみました。
こんなキャンパスなら再入学したいものです。

今までにない大学PVを作ろうと、総勢のべ1000人の学生が出演して作られた関西学院大学の創立125周年記念です。さまざまな映像演出が駆使されていて見どころ満載。みんなノリノリで、とにかく楽しそうです。
下町っ子の私にとって関西学院大学は大学名の関西をくゎんせい(Kwansei)と発音しなければならない事と「阪急電車」のロケ地になった大学だった事しか知りません。
たしか田舎から出てきた「圭一と美帆」が通う大学で、また、阪急今津線沿いの高校に通う高校生「悦ちゃん」が憧れる大学としてもこの大学が登場していましたね・・・
個人的には高評価です!


国学院大学CMです。この大学には道文化学部があることから神主の子弟が多く通う大学としても有名です。中学校の担任だったM原先生の出身大学でもあり、M原先生は学校を辞められて今や地元香取神社の神主さんになられています。そんなに堅苦しくないキャンパス風景にクリビツです。
image characterはいらなかったのではと思います・・・


神戸女子大学/神戸女子短期大学のCMに使われている歌です。
CMでは一部しか使われていませんが、歌詞の内容、ミュージックビデオ共とても良い物です。制作者の遊び心もありとても気に入っています。
堅苦しい大学CMが多い中でこのCMを作った大学側に拍手!
なかなか完成度の高いCMです・・・


チャライ明治大学の雰囲気を前面に押し出したVCRです。
そのいさぎよさに拍手乱打しました。


同志社女子大学の、初めてのテレビコマーシャルです。
Always rising to a new challenge(いつの時代も、新しきを生きる)が印象的でした。
プラ〜スでている女性が美しいですね・・・
もし出演されている方がタレントさんでなく本当の学生さんだったら合格合格合格合格です。



IMG_6327

IMG_6329
今日は浅草に出没です。
あれっ!神谷バーが工事中です。
耐震補強工事のようですね。
折角ですので地元に伝わる「神谷バー伝説」を紹介します。

実は私が大学生の頃まで神谷バーの歩道の前にはあたかも鏡の様にピカピカに光った電信柱がありました。
この柱はもともとコンクリートの電信柱だったのです。
何でこのコンクリートの電信柱がピカピカの電信柱になったのかをご説明いたします。
そもそも神谷バーの名物「電気ブラン」はアルコール度数45度(現在は「電気ブランオールド」で40度)と、かなりキツイ飲み物であります。
そのためアルコール度数の強い電気ブランをついつい調子にのり飲みすぎた酔客は、店を出てから夜風にふかれると、急にその酔いが足にくるのです。
そして間髪いれずに腰をとられてしまうのですね。
そしてその腰をとられた酔客がふらふらっとヨロメクと、うまい具合にそこに電信柱があるのです。腰がとられているものですから、勿怪の幸い(もっけのさいわい)とばかり、その電信柱にしがみつくのです。ところがそんな状態ですから、ズルズルってずり落ちてしまうのです。
そうすると酔っていますのでまた体勢を立て直そうとして、尺取り虫のようにして柱の上部にしがみつくのです。しがみつくとすぐにまたズルズルって落ちてしまうのです。
そしてまた体勢を立て直そうとして柱の上部にしがみつきズルズルスト〜ンが続くのです。

明治15年からこの電信柱が撤去される平成13年までの120年という永きに亘ってまるで駅伝のようにこの行為が引き継がれたわけですから、必然的にピカピカとなるわけです。
従いまして私達が中学校の時は、髪が乱れた時はおもむろに胸ポケットから櫛を出してその電信柱の前で髪型をととのえていました。

この話は我が下町に古くから残っている都市伝説の一つです。
実際に現地にいってみるとその電信柱がないわけですので、本当に信じてしまうというわけです。
浅草観光の際のブラフ(bluff)にご使用ください。



IMG_6334

IMG_6336
今日は群馬に出張です。
これから浅草からロマンスカーに乗ります。
発車時刻が迫っていたので車内で昼食です。
ということで今日のお店は「ケンタッキーフライドチキン」浅草店さんです。

住所: 東京都台東区浅草1-1-17
電話:03-5246-7172
定休日:無休

IMG_6333
お店の外観です。

IMG_6331
店内の雰囲気です。

IMG_6330
メニューです。

IMG_6335
今日のオーダーは「ランチボックス(焼きおにぎり、チッキンフィレサンド、コーヒー+フライドチキン」@500+@240=740円です。
ケンタはhigh calorieなので普段は食べませんがたまにはいいでしょう。
ところが味なのですが買ってすぐに食べないで車中で食べました。
従いまして冷めてしまったのでコメントはできません。
しか〜し冷めてもフライドチキンは美味しかったですね。
こんな日もあります。

それでは(^_-)

小川町 デニーズ

今日は「減畜の進め」です。
人間の命は、まことに侈(はかな)い。 
このところ三年半あまり、ずっと『謹訳 源氏物語』を書き続けてきて、思ったことは、なによりこの「命の侈さ」ということであった。作中人物が、次々に炎の消え行くように死んでいく、その無常のありさまを見続けてきたこともあるけれど、それよりなにより、体への尋常ならぬ負担から、命の危険を感じずにはいられなかったのだ。目もひどく見えにくくなり、最後のほうは狭心症の発作にも見舞われ、さまざまな不定愁訴にも絶えず苦しめられるようになった。  
兼好法師は『徒然草』に、こう言っている。「死は前よりしも来たらず、かねて後ろに迫れり」と。考えるほどに恐ろしい言葉である。それは死が恐ろしいというよりも、死の訪れの得体のしれない不確定性に、私はおののくのである。そこで、以前『臨終力』という拙著に書いたとおり、私は、俄然、このだにれにもかならず訪れてくる一期の終焉に向けて、覚悟を決め、今から着々と備を進めることにしたのである。
その第一は、遺言の作成である。  
これは毎年元旦に書くことにした。すべては具体的に実体的に進捗せしめなくてはならぬ。  
その第二は、財産の始末である。  
なに、大した資産などありはしないので、そんなに心配することもないのだが、ただ、私の家の家訓で、「親子は同じ職業に就くべからず」というこがことがあるのが問題だ。そのため、息子は、射線科医となって、しかもアメリカに住んでいるし、娘もアメリカ人牧師の妻として、やはりアメリカに住んでいる。たとえば、私か営々として買い集めた蔵書の始末である。本などというものは、価値の分かる人には分かるけれど、分からない人には、たんなる紙くずのようなものだ。私か若いころから衣食を節し、爪に火を灯すようにしつつ、あらゆる金を投じて買い集めてきた二万冊ほどの蔵書も、専門違いの子供たちにとっては、たんなるボロな本で、それは妻とて同じことであろう。
しかも、いつ直下型の大地震や放射能拡散などの危機がやってくるか、それも図りしれぬ。
如かず、我が目の黒い内に、しっかりと己の手をもて、これらの思いを込めた蔵書を始末せんには。
そう思って私はまずわが書室の蔵書の内から、もっとも価値の高い、ものを選び出して、順次古書の市に出展することにした。
日本経済新聞「減畜の弁」林望著より転載

久々にドキッとしたエッセイです。
人間は無一物で生まれたのに死ぬ時はなんと多くの物を残して死ぬのでしょうか。
林望先生ご指摘の通り、特に残していくtop oneは本です。
我が家は文字通り汗牛充棟(かんぎゅうじゅうとう=蔵書が非常に多いことの例え)状態であります。
特に次男の部屋は夥しい本が積み上げられておりまさに足の踏み場もない状態です。
この夥しい本が次男のアルバイト等の副収入で求めたのならともかく私達夫婦の所得が形を変えたものなので悲しいものがあります。
個人的には結婚する時に新居に移り住んでくる奥様に夥しい本を捨てさせられて、札幌に転勤する時も夥しい本を捨てさせられて、いつも割の合わない仕打ちを受けているのです。

趣味のコレクションをすべてcompleteしたがるのは男性に多い傾向だそうです。
私の場合がそうです、例えば司馬遼太郎が好きになるとその全集を揃えたくなります。
しか〜し一度読んだものを読みかえすかといえばそんなことは少なく、どこかのtimingで処分しないと過去の汗牛充棟状態に陥るのです。
今回家をreformするので第三次蔵書掃討指令が奥様大本営から発令されました。
その命に従い、捨てる?捨てない?本を取捨選択したのですが、私の場合は簡単です。
こんな本があったのかと認識した時点で、その本は即廃棄です。
多分残した本でも読み返す事はあまりないのでしょうが那辺が限界です。
今このように書いていてふと思ったのですが自分の好きな作家をcompleteしたいのなら図書館を自分の蔵書置場とすべきでしょう。
これにつきます。

特に積極的に排除しましたのはビジネス書です。
この手の情報は新鮮さが命です。古い情報は役に立たないことも多いので廃棄対象にしました。
しか〜しビジネス書ってあるビジネス真理を展開しているので不変のような気もします。その検証の為に二三冊読みかえしましたが、やはり内容そのものが色あせていました。多分ですよ、ビジネスを取り巻く急速な環境の変化がそのようにさせているのでしょうね・・・

処分するものの次の障壁は服飾です。
これは捨てないですね、特に我が奥様は!
今は使わないけど、いつか使うかもしれないから、取って置くということで宜しいかとおもいます。
特に我が夫婦は結婚以来ともに体型がほとんど変わってないので過去服が着られてしまうのです。
奥様は長男が生まれた頃の服を今でも大事に着ています、実話です。
私も30年ものの服はかなりあります。
これはかなり難しいです、どうせませう。

いずれにしてもどこかでケジメないと私達夫婦が残した所有物は、子供達にその処分のために余計な手間暇をかけることになります。
減畜しましょう、そしていつか二人に訪れる天に召される日には、生まれた状態に戻しておくのです・・・


不倫を推奨するかのようなケータイゲームのCMに批判の声があがっている。ゲームの主人公は女性で、結婚3カ月目の新婚ラブラブ状態。しかし夫の浮気現場を目撃してしまったため、そこから不倫ストーリーがはじまる。
そのゲームのCMが不倫を推奨するかのような内容になっているとして、強い批判の声が出ているのである。特にCMの放送時間帯に対して怒りの声が出ているようだ。実際にCMを視聴してみたが「不倫が美化されている」と言われても仕方がないように感じた。
皆さんはどう思われますか?



IMG_6316

IMG_6315
今日は小川町に出没です。
今日は打合せの前に二三書類を作らなければならなく、ゆったりとテーブルが使える
デニーズさんをえらびました。
今日のお店は「デニーズ」神田小川町店です。

住所: 東京都千代田区神田美土代町7
電話:03-3233-0195
定休日:無休

IMG_6317
お店の外観です。

IMG_6322
店内の雰囲気です。

IMG_6318

IMG_6319
メニューです。

今日のオーダーは「彩り野菜と黒酢のチキン」980円です。
待つこと16分で「彩り野菜と黒酢のチキン」の到着です。
見た目ワンプレートランチじゃなでいですか。

IMG_6323

IMG_6325
黒酢のチキンはまずまずです。
チキンの揚がり方もよいし、黒酢も程よい酸味が高評価です。
五穀米もそれなりに楽しめました。

IMG_6326
デザートの杏仁豆腐はちょっと味がおちますがファミレスさんなのでこんなものでしょうか・・・

IMG_6320
うれしいのは珈琲の飲み放題です。
結構これのおかげで集中して仕事をすることができました。
こういう時のファミレスって便利ですよね。

ところで「デニーズ」トリビアです。
実は、「デニーズ」を作ったのはデニーさんではなく、ダニーさんなのだそうです。
そういうことで当初は「ダニーズ」というお店にする予定だったのですね。
しか〜し店名を付ける時にもう「ダニーズ」というお店が存在していたので仕方なく「デニーズ」に変えたらしいのです。「ダニーズ」より「デニーズ」の方が日本人としては耳触りがよいのでダニーさんの不幸は、われわれ日本人にとっては幸福だと思います。

それでは(^_-)

千駄木 ミスタードーナツ

今日は「谷根千ブラブラ」です。
熱いので土日会社へ行くのをヘジり、土曜の朝から家でシコシコと仕事をしていましたらさすがに日曜日の午前中に疲れ果ててしまいました。
もうこれ以上やってもキリがないので夏の谷根千に奥様とリフレッシュしに行きました。
私の夏の谷根千です。

宜しかったらパチリでお付き合いください。

IMG_6259

IMG_6260
旧安田楠雄邸です。
文京区千駄木にある旧安田楠雄邸は大正8年築の近代和風住宅です。
平成8年、相続のために存続が危ぶまれましたが、市民運動の橋渡しにより、ご家族から財団法人日本ナショナルトラストに土地・建物・調度などが寄贈され保存されました。
建物の修復が終わり、平成19年4月から毎週水曜日と土曜日に公開されています。
ということで出向いたのですが、行った日が日曜日だったため見られませんでした。
やはり事前checkは必要ですね。ここらへんが下町っ子特有のおっちょこちょいのところであります。
いずれにしてもこのような歴史の息吹にふれることは私の楽しみの一つであります。

IMG_6262

IMG_6264

IMG_6265

IMG_6266
須藤公園です。
千代田線千駄木駅の裏手に位置する公園です。
文京区のサイトによれば、ここは加賀前田藩の支藩大聖寺藩主松平備後守の屋敷だったそうです。ということでここは江戸時代から続く庭園です。
しかしこの公園はあなどれません。
一見の価値があります、とても素晴らしいです。
江戸時代から続く庭園というと浜離宮や六義園のような広大なものを連想してしまいますが、それ以外の小さな庭園もこうして頑張って存在し続けているのであります。

IMG_6268
巨大な若き日の毛沢東の肖像画が有名な毛家麺店(マオラーメン)の看板です
不忍通り沿いを歩いたことがある方ならご存知な方も多いはずです。
看板には「人々都来吃担々麺毛家」と書いてありますが、おそらく意味は、「みんな毛家の担々麺を食べにやってくる」という事ではないかと思います。
即ち「千客万来」と同意語ではないでしょうか。このお店は未見参です。
逆によく行っていた「天外天」さんの本店が閉店となり別館のみの営業となっていました。
このお店は美味しかったのに、何故閉店になったのでしょう?

IMG_6280

IMG_6281
創業明治八年菊人形見物客に何かお土産をと誕生したのが「菊見せんべい」さんです。
「円は天、方は地」という言葉から、当時からめずらしい四角い形のせんべいとなり、その形は今も変わらないままです。
たまにここのせんべいを求めますが、味はせんべいの味です。
それ以上それ以下ではありません・・・

IMG_6285
上野公園で暑さにやられてぐったりしている飼い主とそのワンコです。
なんか絵になるので許可なく取らせてもらいました、失礼・・・

IMG_6290
上野公園で遊んでいる子供に頼まれて蝉を採ってあげました。
子供の時に隅田公園で鍛えた蝉取りの技を披露しました。
少し尊敬されましたかね・・・

IMG_6284

IMG_6286

IMG_6292

IMG_6291

IMG_6295

IMG_6294

IMG_6306
上野公園の忍不池の蓮池です。
来週蓮の花の開花する音を聴きに行くのでそれの下見です。
ところで上野の山で戦い敗れた彰義隊ですが、この忍不池にも悲劇がおきていました。
戦いに敗れ、忍不池の蓮池に潜み、ときおり水面に出て息を吸うところを生け捕りになり殺された彰義隊士もいたのでした。
この池にも歴史の一ページが刻まれていたのです。
でも綺麗ですね、来週は蓮の花が見ごろとのことですので楽しみにしています。

IMG_6309

IMG_6313
東京根津にある串揚げの“はん亭 根津本店”さんです。
建物は、明治時代に建てられた総けやき造りの三階建てで、登録有形文化財に指定されている歴史あるお屋敷です。
1人4〜5,000円でこの老舗の味が堪能できるそうですが、なにかあざとらしくこのお店には入った事がありません・・・
Netでみたら評判よいようですよ。


ヴェネチア国際映画祭が悲鳴の渦に陥った話題作!水中からは巨大な人喰いザメが、天井からは無数のカニ、水上には高圧電線が垂れ下がり・・。
『パニック・マーケット3D』 8月24日公開


IMG_6257

IMG_6279
今日はこのながれで団子坂にきて信号待ちをしていました。
するとミスドで新しいドーナツの無料試食券を配っていました。
暑かったこともあり今日のお店は「ミスタードーナツ」千駄木ショップさんです。

住所: 東京都文京区千駄木3-37-20
電話:03-5815-6688
定休日:無休

IMG_6269
お店の外観です。

IMG_6270

IMG_6272
店内の雰囲気です。

今日のオーダーは
私が「コーヒー+プレミアムあずきクリーム」@0+@262=262円です。
奥様が「“ぷるぷる”カルピス マンゴー+プレミアム抹茶あずきクリーム」@0+@220=220円です。

IMG_6275

IMG_6274

IMG_6276

IMG_6278
味ですか「プレミアムあずきクリーム」はそこそこウマウマでしたが、「抹茶あずきクリーム」はこのクリームには抹茶の味はあいませんでした。
いわゆる日光の手前“いまいち(今市)”でした。

「“ぷるぷる”カルピス マンゴー」はよくもこのtasteであの面倒臭いダスキン(ミスドはダスキンのミスタードーナツ事業部)にこの商品企画を通したものだなとカルピスの営業に敬意を表します。
この飲み物の味は行間を読んで判断してください。

それでは(^_-)

池袋 ドトールコーヒーショップ

今日は「考えてしまいます」です。
IMG_6161
この画像は私が良くいく中華料理屋さんで見かけたものです。
このお店はとても美味しいのでかなりの頻度で訪れています。
私もbloggerの端くれなのでさすがにこの内容が気になり、奥さんに聞いてみました。
私「奥さん、気になって“食べログ”を今見たんだけど、皆お店の事ほめてんじゃない」
奥様「そうみたいね・・・」
私「何かそれがまずいの」
奥様「ありがたいんですけどね・・・」
私「喜ばないの」
奥様「うちは地元のお客さんが気軽に来てくれる店なのよね。だからさ・・・」
私「そうか、その気持ちわかります」
奥様「見ず知らずの方がお店のことをほめてくれるのは本当にありがたいんだけどね・・・」

個人的にはこの奥様の気持ちはよくわかります。
このように常連客を大事にするお店は、“食べログ”で取り上げたおかげで瞬間的にお客が増えたとしても、結局は刹那的な来客であり、普段からは考えられない客の来店によりサービスや味が落ちて常連客が離れていくことを考えれば、“食べログ”を拒否するのが常識的な判断と思います。
そうなると私を含めたgourmet bloggerのふるまいですよね。
その大前提としては、写真撮影許可の徹底化です。
私は日本語、英語が通じるお店では必ず写真撮影の許可を取るようにしています。
これについては引き続きの励行に努めます。
プラ〜ス取り上げてよいお店とそうでないお店の判断でしょう。
これにつきましてはその見極めを徹底しましょう。

一般的にgourmet bloggerは上から目線のコメント(含む私)が多いですよね。
ハンドルネーム(handle name)という秘匿性とから鎧袖一触(がいしゅういっしょく)的ふるまいになってはいないだろうかという猛省しきりです。
しかしこの部分は意図的では問題になりますが、あくまでも個人の感想ですので、肩の力を抜いて自然体のコメントを書く様に努めていきます。

「くたばってしまえ」と親からいわれたので、二葉亭四迷といわれています。
本名は長谷川辰之助です。役者みたいな名前が本名ですのでちょっと戸惑いを感じます。
他にも漱石は金之助、鴎外は林太郎、子規は昇、虚子は清、啄木は一、独歩は哲夫、白秋は隆吉、牧水は繁など明治時代の文学者のpennameは格好いいですよね。
私のhandle name(以下HNと略)はsplashです。
splashの直截な意味は水しぶき(音)です。
でも私がこのHNを選んだ理由は
The news is splashed on the front of the paper.
(そのニュースは新聞の一面に大々的に書き立てられた)
というような使い方でご理解が得られるかと思いますが、そうなのです“記事や写真などを派手に目立たせる、書き立てる”という意味合いからつけたのです。
要は下町っ子特有の“目だちたがり屋”的性格を正直にHNにしたのです。

このHNと付き合い始めて今年の9月で6年になります。
最近では私の中に本名とHNの二つが共存することに違和感がなくなっています。
使い分けがうまくいっているときは快適です。
このblogを書いている時には仕事や日々のいやなことを忘れることができます。
さら〜にstress、frustration、chaosのような私のマイナスな側面が解消できるようなカタルシス効果もあるのです。
HMはあくまでも私の中の一部でありますが、今後この下町っ子が続けられる限りsplashな内容を書き続けていきたいと思っています。
引き続きのお立ち寄りをお願い申し上げますm(__)m


「え・・・?これがスペイン・・・?」とスペイン人でも首を傾げてしまうようなものも収録されています。
これを見て日本人はスペインをどう思うのか、私はとても気になります!



IMG_6203

IMG_6196
今日は池袋に出没です。
これから出張ですが昼食時間が15分しかありません。
ということで本日はlight lunchです。
今日のお店は「ドトールコーヒーショップ」ルミネ池袋店さんです。

住所: 東京都豊島区西池袋1-11-1 ルミネ池袋 B1F
電話:03-3984-9060
定休日:無休

IMG_6197
お店の外観です。
池袋ルミネB1の、元エクセルシオールカフェだった場所です。
数か月前に「ドトール」さんになったとたんに混み始めました。
何でやネン・・・

IMG_6198
メニューです。

IMG_6199

IMG_6200
今日のオーダー「野菜とチキンのバーニャ・カウダ&ブレンド」@560円です。
バーニャ・カウダはイタリア・ピエモンテ州を代表する冬の野菜料理です。
ピエモンテ語で「バーニャ」は「ソース」、「カウダ」は「熱い」を意味するそうです。
テーブルの上でアンチョビ、ニンニク、オリーブ・オイルを混ぜ合わせたディップソースを温め、ジャガイモ・カブ・セロリ・カリフラワーなどの野菜を浸して食べるフォンデュに類似した料理がoriginだそうです。

ということで本日の料理はこちらです。
うん見た目、これがイタリアンブレッドですか、です。
それでは実食です。
パンは美味しいですね。
中の具は野菜系を主体にみっしりとしています。
チキンもそれなりに入っていますが存在感はありません。
味ですか、それ以前に食べにくいですね。
パンの構造上ポロポロと中の具がこぼれてきます。
こぼれてはひろい、こぼれてはひろいの連鎖です。
これではまるでカミュの「シーシュポスの神話」です。
不条理の世界です。
味ですかそれなりにItalyのtasteを楽しめました。
それよりも15分間ではありますが、ゆっくりと食事ができたことに満足しました。

それでは(^_-)

続 勝どき フォルクス

今日は「勘違い」です。
「勘違いコタツで母の手を握り」こんな色っぽい話ではなく私の単なる勘違いの話です。
宜しかったらお付き合いください。

1. Mr.Lady
ニューハーフ
オカマ、ゲイ、ニューハーフ、バイセクシャルなど関連の言葉は複数ありますが、その筋の中では分類があるようです。
オカマ、ゲイというのは、基本的に外見は男性ですので男性が男性を好むというものです。
それに対してニューハーフというのは外見が女性です。
そして比較的心も女性という人が多いのです。これは性同一障害という心の問題ですので、外見も心も女性という人が多く、肉体だけが男性なのです。もちろんその途中の課程の人もいますので一概にはいえません・・・
つまりオカマ・ゲイとニューハーフはどちらも肉体は男性ですが、外見と心が違うので、違うものとして分類しているようです。
バイセクシャルはオカマ・ゲイと似てはいますが、男性でも女性でもどちらでもいける人のことをいいます。
ということ踏まえて考えればMr.Ladyというのはニューハーフだと想像できるのですが、なぜか私はlesbianだとimprintingしてしまったのです。
そのようにlesbianを言い替えるであればMs.Gentlemanなのでしょう。
何故でしょうかね、いずれにしてもimprintしてしまったのでどうしょうもないですよね。
さら〜に申しますとオカマ・ゲイとニューハーフの違いもよく理解していなく今日まで全く同じものだと思っていました。

2. 距離の離れた挨拶
以前このblog で取り上げた通り、私はとあるオバさんと通勤が一緒です。
そして駅のプラットホームで待ち合わせる時に会えばお互い必ず会釈をします。
ところがその挨拶の距離が二列離れている時がたまにあります。
その場合に私とオバさんの間に挟まれた方が自分に挨拶されたと勘違いをして条件反射的会釈をしてくれるのです。これにはいつも弱っています。
さら〜に個人的なことでいえば、よく街中で、やーっ、と声を掛けられます。
男性ならどこかの取引先かなと勝手に勘違いして、これまた条件反射的に挨拶を返しています。
しか〜しやはり知らない人だったなと思い、後ろを振り返るとそこには真の挨拶の相手がいるということってよくあります。
これって皆さんにもありますよね?

3. 咽喉痛
先週一週間くらい唾を飲みこみ度に咽喉に痛みを感じていました。
風邪だなと思いだましだまし暮らしていました。
しか〜しこの風邪は熱もあがらず、体もだるくなく不思議な風邪なのです。
どちらかというとかなり元気なのです。
ある日この咽喉痛の原因が分かったのです。
珈琲の飲み過ぎでの口の奥、咽喉の入り口に大きな口内炎ができていたのでした。
これには久々にくりびつでした。


アメリカの携帯電話会社Qualcommが、ケータイやスマホがない世界をリアルに再現した動画を作成、世界中で話題を呼んでいます。
『Twitter』が『Facebook』が『Angry birds』が!ぜーんぶアナログな世界に飛び出して来たら…すんごいことになっちゃうようですよw爆笑の動画をまずご覧ください



IMG_3634
今日は勝ちどきに出没です。
今日は美味しいパンが食べたいオーラが出まくっています。
今日のお店は「フォルクス」晴海トリトン店さんです。

住所: 東京都中央区晴海1-8-16 晴海トリトンスクエア2F
電話:03-3532-2720
定休日:無休

IMG_6227
お店の外観です。

IMG_6221
受付です。
ここはこの受付機が自動的に採番してくれます。
プラ〜ス待ち時間も表示されます。
便利です。

IMG_6220

IMG_6219
パン工房の元気印の女性スッタフです。
いつもにこやかにパン生地を伸ばしてはパンを作っています。
二人の作業を見ているだけで元気がもらえます・・・

IMG_6222
メニューです。

今日のオーダー「とろ〜り卵のカレードリア+サラダバー+焼き立てパン」880円です。
私はフォルクスさん大好きです。
したがいまして最近トリトンにきますと必ずこのお店です。
美味しいですものね・・・

IMG_6223

IMG_6225
まずはサラダバーです。
私のサラダバーの定番はオクラ、ムキ枝豆、オニオンミックス、人参ジュリアンです。
プラ〜スアップルマンゴー、グレープ、トマトです。
ドレッシングはごまドレッシングです。
これで鉄板でしょう。

IMG_6224
ブレッドはよもぎブレッド、レーズンブレッド、ガーリックフランスの三冠王です。

IMG_6226
待つこと16分で「とろ〜り卵のカレードリア」の到着です。
実は16分の時差攻撃ですとこの頃はお腹がくちてきて「とろ〜り卵のカレードリア」は正直どうでもいい状態なのです。
でも多少は頂きます。
高評価はとろ〜り卵です。
これってカレーに合いますね、かなり美味しです。
このお店で食べると幸福感が醸成されrelieve my stressなのです。
ということでこのお店は私の卑しレストランもとい癒しレストランなのでした・・・

それでは(^_-)

小川町 Xibi(シビ)

今日は「非常識客に店員がキレるのはまずい?」です。
非常識客
せっかく外で食事を楽しんでいるのに、他の客の非常識な行動で気分をぶち壊しに。さらに店員のその迷惑客への対応にも疑問が残る場面に遭遇した質問を取り上げます。

「ファミレスで店員が客にキレてました。。。」

「ファミレスで食事をしていたら、4組の子連れ主婦が来店しました。テーブルに座るや、子どもは店を駆け回り、他のお客さんの料理を『ちょっと、ちょーだい』などと言いまわっているではありませんか。(中略)…店員がそのグループに注意に行ったら、主婦が逆ギレ。我慢できなくなった店員が『お前らに出す料理はない!迷惑だから出て行け!』と追い出しました。大変すっきりしたのですが、明らかに客が悪い場合でも店が客にキレてもいいの?」

質問者も店員の対応に溜飲を下げる思いをしていますし、その瞬間はよかったのかもしれません。ただし、

「私がその場にいたら拍手したかもしれませんが、社会人がキレていい場面なんかない。キレたら負けですからね」(ginga2さん)

「どんな場合でも、キレたら負け。(中略)…冷静にお話しをして、出て行ってもらうのが本来でしょう」(inababzさん)

「店の信用を保つ意味でも、店が責任を持って客を選ぶことは必要なので店員の行動は正しい。ただし感情的になることは、店側、客側のどちらも許されない」(nun9lvx581さん)

キレてしまったら、その傍若無人な客と同じになってしまうわけで。

「あとで店長さんが大変だったろう。そのばかな客は言いふらすぞ、悪口を」(kyo-moguさん)

店にとっては二次被害を招く可能性も否定できません。

■丁寧に応対していれば…

ではその店員はどう処理すればよかったのでしょうか?

「個人経営の居酒屋で『お客様は当店のサービスがお気に召さないご様子ですので、お代は結構ですから今すぐ出て行ってください』と言った店員を見たことがあります。(中略)…次にその店に行ったら、『お客様は神様です。でも祟り神と貧乏神はお断り!』という張り紙が貼られていました。(中略)…丁寧にお帰り願うマニュアルも存在するはず」(mizukiyuliさん)

いくら腹が立ったとはいえ、冷静さを欠いた言葉遣いでは、よけいにその客の神経を逆なでするだけ。ぐっと堪えることが必要だったでしょう。

「本来なら店長やマネージャーなどが、(中略)…帰っていただくなどの対応をすべきでしょうね」(yumi0215さん)

その店員がどのようなポジションかは不明ですが、いち店員であるならば、上司に応対してもらった方が今後に禍根を残す危険性は低かったかもしれません。

「お客様は神様ではありません。サービスを提供し、それに見合った報酬を渡す対等の関係。(中略)…日本企業は客に譲りすぎているためクレーマーなどが調子に乗る。(中略)…一人の客のために、何十人もの顧客を失うくらいなら、皆さんの気分を害するものはキッチリ排除する姿勢が重要」(rokomettoさん)

とはいえ、根本的に悪いのはその主婦グループ。低姿勢でも店側の主張はきっちり通す、そんな芯の強さが接客業には求められるのかもしれません。

津島 千佳 (Tsushima Tica)
Livedoor NEWS「非常識客に店員がキレるのはまずい?」より転載

最近この手の話は散見ではなく拡大しています。
ということは公私をけじめない人が増えているということです。
私の生まれ育った下町では、他人様に迷惑をかけぬよう生きなさい、と親が常日頃から子供達に口が酸っぱくなるくらい言い続けてきました。
したがいまして私はそのように育ちましたし、当然子供達にもそのように躾てきましたので、我が子供達においては、店の中を駆け回ったり、他のお客さんの料理を「ちょっと、ちょーだい」などと言いまわったりするようなことは絶対にありません。
いずれにしてもすごいことになっています。
特に最近のこの手の子どもを持つ親たちは、お店の人が怒るからやめなさい、とか、隣のおじさんがコワい顔をして睨んでいるからやめなさい、とか完璧に他罰的な発言を繰り返しているのが特徴です。
それでは自分の子どもを怒れないのかといえば、決してそんなことはなくて、そこまでの打擲(ちょうちゃく)を我が子にするのかという暴力行為は平気でしています。
まぁこれはあくまでも人によりけりですがね、事実でもあります。

今回のフリネタの話ですが、思わず実話ですか、と大きな?をつけたくなるところです。
仮に本当だとしたら、この店員さんの取った行動は間違っています。
言い換えれば、「お前らに出す料理はない!迷惑だから出て行け!」と言った時点でこのお客と同じ精神構造になったことを披露しているようなものです。
個人的にはこのような場合は、この店の責任者がでてきて、このグループの責任者的位置付の人を別室に招き入れ、現状の喧騒と縁をきらしてから話し合うべきです。
社会的常識のない人に常識をぶつけても意味ないかもしれませんが、お店の対応としてお子様たちの行動は他のお客様に対して迷惑になるので至急止めさせてほしい、という申し入れをすべきです。
それでも聞き入れないのであれば、既にテーブルにだしたものついては料金をいただき、その上で帰っていただくよう強く申し入れをし、さらに今後の来店は丁重にお断りすべきです。
それでもラチがあかない場合は威力業務妨害罪等の法律的手段を講じるしかないでしょうね、まぁそこまでの必要はないと思いますが・・・

礼儀正しいところが我が日本国民の長所であります。
一日も早くこのような蛮行が終息することを望みます。
その為には皆が公衆エチケットには敏感になり、気がついた時には一声かける様な注意喚起を心がけていきましょう。


「え・・・?これがイタリア・・・?」とイタリア人でも首を傾げてしまうようなものも収録されています。
これを見て日本人はイタリアをどう思うのか、私はとても気になります!

 

今日は小川町に出没です。
ないにやら美味しいまぐろ丼を食べさせるお店があるということで早速いって参りました。
今日のお店は「Xibi(シビ)」さんです。

住所: 東京都千代田区神田小川町1-7-4 チカラビル 1F
電話:03-3219-3646
定休日:日曜・祭日

IMG_6211
お店の外観です。

IMG_6216
店内の雰囲気です

IMG_6212
メニューです。

IMG_6213

IMG_6214
今日のオーダー「ユッケ丼(鮪のたたき韓国風)+玉子」@700+@50=750円です。
待つこと10分で「ユッケ丼(鮪のたたき韓国風)+玉子」の到着です。
見た目、よだれが出そうな美丼、です。

それでは実食です。
このユッケ丼はマグロの他に野菜も沢山乗っておりヘルシー丼でもあります。
味ですか、かなりのウマウマです。
コチュジャンベースで和えられた鮪のたたきはoilyの部分を上手く緩和してくれて楽しめます。
さら〜に玉子のnice assistも忘れてはなりません。
ユッケと玉子の親和性は今さら申すまでもありませんよね。
コスパもよくお奨めの丼です。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ