下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

2012年12月

高田馬場 もり

今日は「大晦日(おおつごもり)の一日」の話です。
12月は色々とありました。
12月15日には自転車に乗っていたら軽トラックにはね飛ばされて、久々に救急車で病院に搬送されて大変に痛い目に遭いました。
Privateでも気ぜわしくて根を詰めて書類作成する日々が続いたら完璧に寝不足状態になり、それに追い打ちをかけるように仕事は相も変わらず多忙で7-11勤務となっていました。
何とか仕事を終わらせたと思ったら気が緩んだのでしょうか、12月29日にはノロ菌に感染して感染性胃腸炎になり丸二日人事不省状態となり踏んだり蹴ったりの12月後半でした。
それでも大晦日(おおつごもり)には気力で立ち上がり、年中行事の穴八幡へお札替えに出向き、その後は佐野アウトレットにshoppingに出向くという普段の慌ただしい日常生活に舞い戻ったのです。

ここから後は今日のhighlight穴八幡を画像でご覧ください。
とろで穴八幡って本当に穴があったのですね
1641年(寛永18年)宮守の庵を造るため、社僧良晶が南側の山裾を切り開いていると横穴が見つかり、中から金銅の御神像が現れたそうです。掘った人は「目出度い」と大喜びをし、以来、「穴八幡宮」と称するようになったそうですよ。

IMG_3921
穴八幡宮鳥居です。

IMG_3924
穴八幡宮光寮門です。

IMG_3925

IMG_3926
穴八幡宮です。

IMG_3930
穴八幡宮布袋尊です。
布袋様 も冬場は寒いのか頭巾と前垂れをつけていました。
今走り過ぎてアキレス腱鞘炎になっていますので、当然のことながら布袋尊のアキレス腱の辺りを集中的に撫ぜてきました。ご利益あるでしょうか・・・

IMG_3932

IMG_3933

IMG_3934
昔の穴八幡です。

IMG_3927
穴八幡の屋台です。

IMG_3928
合格達磨をcenterに達磨連です。

IMG_3929
珍しい右手あげ猫です。

IMG_3931
あたご柿の屋台です。
屋台のお兄さんのバイのセリフは端(はな)から捨て値です。
この6個300円のpop看板は何の意味もありません(笑)

年の締めなので三段謎など・・・
「年の瀬と書けて老人介護と解く」
その心は
「せわ(世話)しない」
良い年をお迎えください。
来年も宜しくお願い致します。

今日は毎年穴八幡にきますと必ず行列の蕎麦屋さんがあります。
今年は気合を入れて並んでみました。
という事で今年最後のお店は「もり」さんです。

住所: 東京都新宿区高田馬場1-3-10
電話:090-1764-1136
定休日:月曜日

IMG_3945
お店の外観です。

IMG_3938
メニューです。

今日のオーダー「田舎そば(大盛)」@840+@260=1,100円です。
しかしすご〜〜く待たせるお店ですね。今日は入店まで36分かかりました。
失礼ですが、何でお蕎麦屋なのにこんなに待たせるのと、寒風吹きすさぶ街路で待ちながら独りブツブツと言っていました。でも入店して良く分かりました、このお店はお蕎麦だけではなくてお蕎麦プラス小料理を食べるのが常連のお約束なのですね。
その為にご主人が狭い厨房の奥で独り丁寧に小料理を作られているのであります。蕎麦といえばご長男が同じく狭い厨房内の前方にて作られていました。

IMG_3939

IMG_3940
待つこと9分で「田舎そば」の到着です。
見た目涼感がヒシヒシと感じられる、お主できるな、的風情です。
つけ汁だけでなく塩も出すあたりご主人のこの蕎麦の自信が充分にうかがえます。

それでは実食です。
田舎蕎麦は粗挽きの細い打ちで、匂い香りは、穀の匂いですかね、匂いも少し弱いですが質感は充分に味わいました。

IMG_3942
蕎麦つゆは甘さがほとんどなくキリットした味わいで最後まで飽きさせません。
塩は手でつかんでパラパラと蕎麦にdirectにかけたのですが、均一にかけることができず濃淡がありすぎてかえって興ざめでした。これは少し練習が必要ですね・・・

IMG_3944
蕎麦湯が私の好きな高濃度のゾルっぽい蕎麦湯です。
この蕎麦湯は蕎麦つゆの味わいを良く良く堪能させてくれます。
最後は生(き)でいただきましたが満足する風合いでした。

私は蕎麦の評価は的確に判断できないのですが、ここの蕎麦はかなりのlevelだと思います。
こういうお店に巡り会いますと、断酒していることを残念に思います。
いつかこのお店の合鴨の味噌漬けを冷酒でたんまりとね・・・
合鴨
画像はnetより転載

それでは(^_-)

神田 八つ手屋

今日は「電子書籍」の話です。
電子書籍
電予書籍は文字や図など書籍の内容を電子機器の画面に表示する仕組みだ。電子書籍の販売サービスが続々と登場し、話題になっている。 
電子書籍が読める電子機器はスマホ、IPadなどのタブレット、パソコンなど各種ある。最近、種類が増えて注目されてぃるのが、書籍サイズの専用端末だ。「電子書籍端末」や「電子書籍リーダー」や「電子ブックリーダー」などと呼ばれている。 
多くの専用端末の画面表示には「電子ペーパー」という技術が利用されていて、あたかも紙に印刷した文字のように読める。テレビやパソコンの画面のような発光がないので、まぶしくなく、目にも優しい。 
専用端末の扱い方は書籍に似ている。重さも200聴焚爾多く、普通の本1冊くらいの軽さだ。外形も普通の本のサイズ。表示部分は6インチと文庫本のページ面くらい。 
縦書き表示も見やすい。文字を大きくするよう指定できるため、細かい文字が苦手な高齢者にも向いている。 
紙の書籍と違うのは、電子機器なので電気が必要なこと。しかし一度充電すれば10日以上もつので、あまり不便はない。 
また100冊以上の電子書籍が1つの装置に納まるので持ち運びしやすい。本棚に場所を取らないのもメリットだ。重たい辞書なども電子書籍なら手軽に扱える。
日経新聞「電子書籍の楽しみ方」より転載

最近の図書館では電子書籍用のserviceがあります。
それは欲しい図書を申し込むとその本が自分の端末に送られて貸出期限が到来すると自動的に消滅してしまう仕組みです。

すでに米国では電子書籍が当り前になっています。
もともとalphabetを駆使する人達が作ったものですから電子書籍は使いやすいのでしょう。
日本でもコミックとか漫画当たりは電子書籍で読まれることが多くなっているようです。
それと老眼の方々は電子書籍がfontを自由にかえらえるので重宝のようですよ。

実は私、電子書籍の類は電子辞書以外未体験です。
そもそも本は五感で読むものです。本の感触、本の匂い、本の装丁、本の大きさ、本の重さ等は本を親しむのに大事な要諦です。
また英単語は英語辞書のどこそこに載っていたなと思いだすことがありますし、漢字も同様です。
電子書籍ではこのような技は難しいのではと思います。

電子書籍が普及すると作家の方々は大変なようです。
現在の印税は出版数に印税を乗ずるものです。しがって10万部刷れば本印税を@10円とすると1百万円になります。これは実際の販売部数と連関しません。即ち仮に10万部売れなくても1百円は保証されるのです。
ところが電子書籍ですと1clickでcountされるので作家への身入りはclick数に乗じた直截的なものとなるのでいきおい見入りはsevereなものとなります。
さらに言えば作家のサイン会などは消滅してしまいます。
本屋もなくなってしまうかもしれません。

寝っ転びながら本を読む楽しみは電子書籍にはできませんし、読み古しの本に書きこまれた書き込みに遠い昔を思いはせることは電子書籍には無理でしょう。
その反面辞書と事典は電子書籍の独壇場でしょうし、出張等で本を持ちこむとき時には複数冊を簡便に持ち込める電子書籍の利点は本にはないものです。
個人的には本と電子書籍は共存共栄していくと思いますし、そうでなければならないと思います。


最強のおばあちゃん(就職支援会社) 南アフリカのCMです。


IMG_3889
今日はお茶の水のYMCAに通院の為に出没です。

IMG_3888
この画像はYMCAができたころのお茶ノ水の眺望です。
走法を踵着地走法から爪先着地走法に替えたことにより筋肉疲労が蓄積されアキレス腱にきたようです。
診断の結果はアキレス腱の腱鞘炎でした。
Doctorからは年末・年始のrunningは厳禁と申しわたされました。
勿論痛くて走れないので走る訳はありません。

という事でlunchですが、今日のお店は以前から気になっていました老舗天麩羅屋「八ツ手屋」さんです。

住所: 東京都千代田区神田司町2-16
電話:03-3256-6630
定休日:土曜・日曜・祝日

IMG_3914
お店の外観です。

八手弥
店内の雰囲気です。

IMG_3915
メニューです。

今日のオーダー「上天丼」@1,000円です。
下町神田に在る老舗「天丼屋」さんです。味も佇まいも昭和レトロのお店です。
家族4人の八つの手で創業したから、「八つ手屋」だそうですよ。

入って見て驚いたことに超満員です。
外観からはうかがい知れない混雑ぶりに超くりびつです。
待つこと20分で着丼です。

IMG_3916
お吸い物はおすましににゅうめん、三つ葉が浮かんでいます。
熱々のお吸い物は料亭levelです、すごく美味しい。

IMG_3917
Side dishのお新香は酸味があって不思議な味わいです。
個人的にはあまりこの天丼にはあわないような気がします。

IMG_3918

IMG_3920
天丼の具はそんなに大きくない海老が2本にインゲンが1本、海老の下にイカのかき揚げが2個という布陣です。
初め小さめの丼だと思っていましたが丼の底が深くご飯もかなり上まで入っていて、その上に天ぷらが載っているので溢れるばかりのボリュームに見えます。
天丼の丼つゆは下町では珍しい甘い味付けです。天麩羅の衣は大きく、衣の味はほのかに甘くて、丼つゆをしっかりくぐっているので衣だけでもイケます。
味ですか美味しいですけれど、ショッパイ味付けに慣れ親しんでいる下町っ子の舌には少し違和感があります。しかし@1,000円でこの味わいであれば大満足な天丼です。

それでは(^_-)

吉祥寺 トスカーナ

今日は「Quality of life」の話です。
闘病
私の知り合いが高悪性のリンパ腫を再発して入院しました。
悪性のリンパ腫には高・中・低とありますが、高だからといって一番危険度が高いというわけではないようですが、それなりのriskはあるようです。
そして彼は無聊(ぶりょう)を託(かこ)つ為に病床でblogを書き始めました。
今現在blogの中身の大半は投薬と検査のみで終始していますが、その中には意味深なことも書かれていました。
「ESHAPといえば、その治療を受けた人達の体験談を、夜中寝られぬままネットサーフィンでブログをいくつか読んでいました。無事に完全寛解、その後の移植も大成功という、元気付けられるものがある一方で、途中で更新が途絶えたり、書き手が奥様に代わって『今までありがとうございました』と書かれたりしたものもあります。さらに移植したのに再再発したという悲痛な叫びもあり、読むうちにどんどん落ち込んでしまいました。見るのをやめときゃよかった」
どうなのでしょうかね、このような重篤な闘病blogは時と場合によっては遺書になりかわることがあります。
個人的にはきちんと自分に向き合って死を迎えることができるのは、ある意味で自らの人生を鏡で写し出す様なものなので、宜しい部分もあるかと思うところもあります。
その反面闘病blogは大半が死にそうな激痛を伴うことが多いいようですので、そんなつらい状態にもかかわらずblogを書き続けなくてもと思うところもあります。
でもこれが人の生きざまなのでしょう。
人が生にかける執念はすごいものがあります。
一日の一瞬一瞬を一生懸命に生き続ける姿には感動すら覚えます。
まさにわたくし自身の将来は、今この瞬間ここにある。
今ここで頑張らずにいつ頑張るのだということになるのかなと思います。

Quality of lifeという言葉があります。
怠惰な生活に流されて生きている人より有限な時間を一生懸命に生きている人との方がその人生の密度において雲泥の差があると思います。
最近私は、人生は生きている時間の長さではなく、生きている間に何をなしたかだと強く思うところであります。

皆様は何か目標を持って毎日を暮らしていますか・・・
いずれにしても彼には一日も早く元気になって欲しいと思う今日この頃です。


史上最高のバス「Midttrafik 」 デンマークのCMです。

 

IMG_3885

IMG_3886

IMG_3887
今日は奥様と吉祥寺に出没です。

IMG_3867
たまには新規のイタ飯屋でもと探していたら「日本一美味しいミートソース」の看板が目に飛び込んできました。
ということで本日のお店は「トスカーナ」吉祥寺店です。

住所: 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-12-13 TNコラムビル2F
電話:0422-20-0180
定休日:無休

IMG_3869
お店の外観です。

IMG_3876

IMG_3883
店内の雰囲気です。

IMG_3871

IMG_3870
芸能人の来店も多いようです。

IMG_3868
メニューです。

IMG_3878

IMG_3879
本日のオーダー「ミートソースドルチェセット」@1,480円です。
待つこと13分で「日本一おいしいミートソース」の着皿です。
見た目美パスタです。
奥様とshareしていただきました。
生パスタはモチモチして良い食感です。
ミートソースは最高級のシチューの味わいと書かれていましたが、普通のミートソースです。ミートソースにコクがあるのは分りますがそれなりの美味しさで最大級のものではありません。
ちなみに店員さんに「日本で一番のミートソースがこちらだとすると、日本で二番目のミートソースのお店はどちらですか」と聞きましたら「自称日本一ですので、二番目はわかりません」とのことでした。

IMG_3882
ドルチェ(ティラミス、ゆずアイス、チーズケーキ)は特筆するものはありませんでしたがアイスが好印象ですね。

IMG_3880

IMG_3881
「クアトロフォルマジオ」@1,300円です。
これは美味しいです。
4種類のチーズの名前は店員さんに教えてもらったのでメモをしたのですがなくしてしまい残念でした。
4種類のチーズの中でもここのゴルゴンゾーラはすごく香りが立って美味しいし量も多いのです。
さらにこれが蜂蜜に良く合います。
ピザベースはふっくらと焼き上がっておりこれもまた美味しいですね。
これはお薦めの一品ですね。
最高ですheart02
良いお店を見つけることができました。

それでは(^_-)

品川インターシティ 麦まる

今日は「忘年会雑感」の話です。 
忘年会とは広辞苑によると「その年の苦労を忘れるために年末に催す宴会」とあります。
忘年会というのは日本独特の行事のようですが、その起源は、鎌倉時代にまでさかのぼる事が出来ます。と言っても現在のドンチャン騒ぎとはまったく逆で、優雅に厳かに連歌(和歌などをつなげて詠うもの)を詠う「年忘れ」という行事だったのです。

江戸時代になると、庶民が「一年の労をねぎらい、杯を酌み交わす」といった、現在に近い形の忘年会が存在していました。しかし、江戸時代に武士階級では「年忘れ」と言う物は行われず、逆に「新年会」の方を大事にして主君への忠誠を誓うものとしていました。

現在のように、行事として慣例化したのは明治時代に入ってからで、政府の官僚や学生を中心に忘年会がにぎやかに開かれていたという記録があります。官僚はボーナスが出た頃、学生は年末年始の帰省前に集まっていたと伝えられており、この頃になると忘年会は、現在とあまり変わらない年末の風物詩となっていたと推測できます。

「忘年会」という名前が文献に始めて出てくるのは、夏目漱石が明治後期に書いた「我輩は猫である」です。文中では特に注釈もなく「忘年会」という言葉が使われているため、この頃には忘年会もかなり普及していたと考えられます。
「暮らしのミニ知識」より転載

今年も忘年会には多く参加しました。
指折って数えてみますとすでに7回参加していて、あと2回も残しています。
私の場合の特徴は、大半がprivateの忘年会で、取引先との忘年会は限られています。
最近どの企業の方々も多忙ですので、特に購買系の方は業者からの饗応は厳禁です。
いきおい取引先との忘年会をやることは年々歳々少なくなってきています。
これはどの企業でも一緒だと思います。
確かに今は一億総中流ですので珍しい食べ物、飲み物も少なくってきていますので、そこそこの料亭で接待されてもあまりsurpriseはないようです。
それでは綺麗どころをはべらせてclubでというのもありなのでしょうが、最近のclubの女性は話上手が少なくて、その為に接待する方が気を使ってしまいかえって疲れてしまいます。それでは話上手の女性が多い超一流clubにいけばいいのではないかと思う向きもあろうかと思いますが、それはそれで値段が高くて、大概の場合は二桁(10萬円)超えですので交際費縮減の時節柄難しくなってきています。
そういえば一回外国人の女性が多いclubに海外駐在が長く帰国してすぐの取引先を接待したらすこし日本語を忘れているみたいで、会話が全て英語になってしまいあまり酔えなかった思い出があります。
個人的には饗応で巧くいく取引は饗応でひっくり返されますので、推して知るべしでしょう。


IMG_3841

IMG_3846
ところで断酒してから約400日にもなりますので、お酒に酔うことなく参加する忘年会も今年で二年目なります。個人的には飲んでも飲まなくてもお酒の場に座ればカメレオンの様に場の雰囲気に合わせて当意即妙の受け答えをするので違和感を感じさせないと思っていました。
昨日ですか下町にかつてあった61群所属の都立高校卒業生の合同忘年会に参加しました。
この合同忘年会も今年で4年目を迎えますので去年も参加しています。
その席上で私がお酒飲んでないことが、信じられないということで何故か大騒ぎになったのです。
しかし去年もそうだったのですが、と申し開きすると皆が異口同音に、▲▲(私の事)って飲んでも飲まなくても変わらないんだ、と言ってくれたのです。
しかしこれって個人的には喜んでいいのかどうか悩みましたが、positive thinkingで喜ぶことにいたしました。
今年も残りわずかです・・・


このショートムービーは、「Grasshoppa!」という、各界気鋭のクリエーターたちが製作を手がけた新感覚映像エンターテイメントDVDの中の1編だそうです(^_-)



IMG_3835

IMG_3834
今日は品川に出没です。
今日はかなり寒かったので温かいものということで、訪れたのは讃岐製麺「麦まる」 品川インターシティ B1F店さんです。

住所: 東京都港区港南2-15-2 品川インターシティD棟 B1F
電話:03-5479-0903
定休日:不定休

IMG_3833

IMG_3828
お店の外観です。
このお店はJR品川駅の港南口から徒歩で5分程度の品川インターシティにあります
どうやら外食産業「グルメ杵屋」さんが経営する“セルフ讃岐うどん”の店のようです。

IMG_3829
天麩羅コーナーです。

IMG_3830
今日のオーダーは「かけうどん(並)+げそ天」@280+@150=430円です。
しかしこのお店は行列店です。並んでから食べるのに10分かかりました。
それでもセルフなので10分ですんだのでしょう。
そうそうこのお店はお汁(つゆ)もセルフなのです。これはウレシイですね。
個人的には讃岐うどんのお汁(つゆ)は大好きなのでたっぷりと入れることができました。

IMG_3831

IMG_3832
プラ〜スげそ天を切る為の鋏が用意されています。
これもgood pointですね。

それでは実食です。
うどんはコシがありますが、もう少しモチモチしたほうが良かったですね。
お汁(つゆ)はもうちょっと出汁が効いているといいかと思いますがそれなりにイケます。
げそ天は少し油切れが悪い様なかんじですがかなりのlevelです。
相対的には美味しくいただけました。
何て言ったってone coinでお釣りがくるのですから満足度はかなり高いものです。

それでは(^_-)


春日 もつよし

今日は「矢部みゆきさん異聞」の話です。 
宮部みゆき
矢部みゆきさんとは直木賞作家宮部みゆきさんのことです。
彼女は、東京都江東区深川に生まれ、東京の下町に育ち、現在もそこで部屋を借りて仕事場にしています。
江東区立深川第四中学校を経て東京都立▲▲▲高等学校を卒業しました。
裁判所速記官試験(現在養成中止)に不合格の後、中根速記学校で速記を学び速記検定1級取得しました。
23歳のとき小説を書き始め、法律事務所に勤務しながら、1984年に講談社フェーマススクール・エンタテイメント小説教室に通い、山村正夫などに師事しました。
1987年にオール讀物推理小説新人賞を受賞した短編「我らが隣人の犯罪」でデビューしその後の活躍は皆さんの知るところであります。

実は矢部さんと私は同じ高校を卒業しているのです。
彼女に小説家を目指させた国語教師望月先生は、私の国語教師でもあります。
同じ国語教師に国語を学びながらその後の人生行路の違いは別途記すこととして、実は彼女が進学校である(正しくはあった)我が母校を卒業後大学進学しなかったのは大いなるquestionだったのです。
でもそれは氷解しました。
彼女、矢部さんは勉強が嫌いだったので、大学進学は毛程も考えなかったようですね。
高校をでた後は、何か手に職をつけようと思って速記の養成所に入ったとのことです。

あるとき矢部さんのお父さんが老人会の新年の集まりに行ったら、我が町から宮部みゆきさんという作家がでました、って町会長が言ったところ、そのお父さんは最後まで、うちの娘です、と言えずに帰ってきてしまったとのことです。
多分こんな町からそんな有名な物書きがでるわけがないと思っている下町なので、恥ずかしくて言えなかったのでしょうと忖度するわけですが、下町ならではのepisodeですね。
そんなお父さんを持つ矢部さんもごちゃごちゃしたところでないと落ち着かないらしく、その為にも今でも下町に暮らしています。彼女も下町特有の人がゴミゴミしていると所が好きな下町っ子だったのです。

下町というのは縦横川で分断されています。しがって川一つ越えれば異国なのです。
矢部さんも東京というのは隅田川の向こう側にある大都会のことで、大人になって出世する人はみんな川を超えていくんだなと思っていたそうです。
これは私も同様で川を超えたらどんな人が住んでいるんだろうと子供の時に思っていましたし、中学校に入った時も同級生との会話の中でも、川向う、川こっち、という言い方は良くしていました。
良く皆さんは下町っていう言葉で一括りにされますが、その実は川で区切られたcommunityだったのです。

今日は同窓生矢部さんのscopeを通して下町紹介をさせてもらいました。
参考文献「チチンプイプイ」宮部みゆき・室井滋著 文春文庫


Yann Frischというマジシャンを知っているだろうか。
パリを拠点に活動している彼の芸に必要なのは
ポットとカップと赤い玉のみ。
どんなものかは見て頂いた方が早い。
まさに神業、最新の北京での国際マジック大会の様子だ。



今日は春日に出没です。
今日のお店は以前から気になっていた豚肉めし屋「もつよし」小石川店さんです。
美味しいのでしょうか、楽しみです。

住所: 東京都文京区西片1-15-19 シャトー小石川B1F
電話:03-3812-2199
定休日:日曜日

IMG_3820
お店の外観です。

IMG_3822
店内の雰囲気です。
今日もlate lunchだったので店内のお客は私一人でした。

IMG_3819
IMG_3821
メニューです。


IMG_3823

IMG_3824
今日のオーダー「豚肉飯中盛」@780円です。
待こと7分で着丼です。
なんだか薔薇盛みたいな風情ですね。
見るからに、ちょっと量がtoo much for meですね。一応中盛頼んだつもりだったのですが。
気を取りなおして実食です。
ウンこれは美味しいですね。
焼き具合良し、甘辛い味付けはこの豚肉の焼き加減に良く合っています。
うんガシガシと豚肉が胃袋に収納されていきます。
最後の方は飽きるかなと思っていましたがそうでもありません。
最後まで美味しく頂きました。
しか〜し、次の日体重計にのったら1kgきっちり太っていました。
こんな日もあります。

それでは(^_-)



勝どき たなか 9th

今日は「今年の漢字」の話です。 
今年の漢字
12月12日は「漢字の日」です
こちらも年末の恒例となった 財団法人日本漢字能力検定協会による一年の世相を表す「今年の漢字」を選ぶ行事の日でもあります。
今年は12年ぶりに『金』が選ばれ、清水寺で森清範貫主様が、特大の和紙に揮毫(きごう)されました。
今年の応募数は、25万8912通。
最多の『金』は、9156通で、全体のわずか3.54%でした。
以下が2位以下に選ばれた漢字ですが、殆ど差がない状況です。
2位は「輪」7867通(3.04%)
3位は「島」5054通(1.95%)
4位は「領」4958通(1.91%)
5位は「乱」4053通(1.57%)

皆さん、この結果に ピンときますか?
昨年の漢字「絆」は、応募者の12.36%の方が選び、多くの方が納得されたのではないでしょうか。
今年は、政治の混乱、凶悪犯罪や自然災害など様々なことがおこり、一人ひとり 重視することが異なり、世相を一文字で表現するのは難しい一年であったと思います。

選ばれた理由に、ロンドン五輪の日本選手の活躍や、山中伸弥教授のノーベル生物学・医学賞受賞という「金字塔」が打ち上げられたこと、消費税などお金にまつわる問題などがあげられています。森貫主様は、「混沌とした暗い世相に一筋の光明を見つけ、頑張ろうとする日本人の気概を感じた」と言われています。

ちなみにお酒を漢字一文字で表現するとしたら、キリンビール大学調べによりますと以下の通りです。

1位「楽」
2位「癒」
3位「酔」
4位「快」
5位「友」
6位「活」
7位「幸」
8位「笑」
9位「喜」
10位「嬉」

皆さんにとって今年の漢字はなんでしょうか?
私の今年の漢字は「縁(えにし)」です。
今年は本当に色々な人と再会しました。すべて能動的に振舞ったことによる帰結ですが。
自分というものが一人ではないんだ、これだけの人達に支えられて生きているんだということを強く認識した一年でした。


ラグドールの赤ちゃんと合鴨の赤ちゃんです。たまにはほっこりしましょう・・・



IMG_3578
今日は勝どきに所用がありました。
たまにはガツンとお刺身が食べたいなと思い、時計を見たら11時45分です。
もしかしたら先着6名限定の刺身定食が間に合うかもしれないとdashしていきました。
勝ちどきでdashしてでも食べなければいけない刺身定食といえば「たなか」さんです。
ということで今日のお店は「たなか」さんです。

住所: 東京都中央区勝どき1-7-1
電話:03-5548-3188
定休日:水曜日

IMG_3815
お店の外観です。

IMG_3816
メニューです。

IMG_3811
今日のオーダーは、このお店一押しの6名限定の「刺身定食」@800円です。
刺身は、海老、マグロ、帆立、中トロ、カンパチ、マグロ、イカ、エビ、赤貝です。
これに鮟鱇の味噌汁、香の物、サラダ、ご飯が付きます。

IMG_3812
まずは大将一押しの鮟鱇の味噌汁です。
見た目も美味しそうですが食べても美味しいです。
肝もきちんと一切れ入れていただきました。
ありがとうございます。
特にヌメリとした鮟鱇の皮はコラーゲンの固まり状態で口内感触最高です。
美味しいですね。

IMG_3813
そして刺身です。
これまた新鮮でほっぺが落ちそうです。
今日のhighlightは赤貝です。
美味し〜〜〜いです。
たまりませんね、これで@800円ですよ。
Dashするのはご理解いただけますよね。

それでは(^_-)

有楽町 紅鹿舎(ベニシカ)

今日は「遊び人考」の話です。 
大学一年生の頃初めて銀座のレストランでアルバイトをしました。
具体的には喫茶部門でしたので、一日に数回コーヒーを立てたり、生クリームを作ったり、注文に応じてコーヒー、紅茶、ココアを出したり、パフェ類を作ったり、こんな感じですか。
特に生クリームはハンドミキサーがなかったので手でホイップしていたのでかなりの重労働でした。
その為か今でも生クリームをみると、当時の記憶が甦ってきてイラッとすることがあります。要はトラウマになってしまったのですね。

そんな中で当時の私が興味を持ったのがレストランで働く人達です。
厨房部門のシェフはそれこそ腕一本の世界ですが、それ以外にも肉、野菜等の食材の調達力、なにかトラブル(作る食材が切れた等)があった時の応用力、コックの配置・勤怠・新規採用等の労務管理力が問われるのでかなりメリハリの利いた人がなっていました。
その一方で喫茶部門は責任者はいたことはいたのですが、シェフみたいな緊張感はなく、コーヒーの立て方や、パフェの果物の配列等には一家言を持っているのですが、基本的には遊び人の方がなっていました。

遊び人、この言葉はいまでは死語となっているかもしれませんが、当時はこの遊び人という言葉が冠された男性はある意味尊敬されていました。
遊び人は、服装はすこし乱れた格好を好みます。蝶ネクタイなどは少し緩めにしたりしています。
遊び人は、煙草をやたら吸います、吸うときには世の中っていうのは何てつまらないんだろうという顔をして煙草を燻(くゆ)らします。
遊び人は頭髪の乱れを絶えず気にします、その為にポケットには必ず櫛を入れています。
遊び人はaccessoryに凝ります、女性に貢がせたと思われるかなり高価な時計、指輪、財布をもっています。特に指輪にはかなり気を使っています。
遊び人はイイ男しかいません。
そして遊び人は女性にモテます。だから遊び人なのです。

特に私がいた銀座のレストランの喫茶の責任者はモテました。
店で働く女性はかなりの確率でその責任者に秋波を送っていました。
また夕方になるとその責任者の女友達(貢がせ人)もやたらきます。
今思い返してもかなりの女性がその責任者の周りに群がっていました。

当時大学生だった私はなんでこの責任者がこんなにモテルのかすごく興味をもっており、その一挙手一投足を観察していたのでした。
そしてこの責任者がモテルのは、その話術そしてそれに立脚する振る舞いにあることに気がついたのです。
具体的にはその責任者がモテル理由は以下のことでしょう。
#女性とやたらと話をする。内容はどうでもいいことだが相手の女性におこった出来事を主に聞く様に心がけている。
#女性の相談ごと、悩み事は極大な親密さで聞いてあげる。そしてそのtroubleshootingが自ら可能な場合は即座に対応してやる。できない場合でも代替案をみつけて親切さを植え付ける。
#一見話を聞いている女性を尊重しているかの様に見えるが、相手が気が付かないうちにいつのまにturnoverして会話の主導権を握っている。
#女性の心理と好みを会話の中で瞬時に掴み、これを踏まえて自分が持っているオトシの技術を総動員して相手を虜(とりこ)にしている。
#楽して貢がすことができると判断した女性は絶対に逃さない。しかし不細工な女性は避ける。

この責任者は不細工な女性に貢がせる遊び人をとことん馬鹿にしていました。
今に置き換えるとこの責任者はホストの元祖みたいな感じですが、大きな違いはすべて素面で行われるのと、繰り返しになりますが不細工な女性はとことん排除するという美学ですか。すごいものです。
今その責任者が何をしているのかは知りませんが、もし水商売でなくて実業の世界で営業をしていたら、その熱心さ人心掌握の旨さからかなりの成績を残したのではないかと思いを馳せる今日この頃であります。


トリックアートとは、主に「平面的に描かれた絵画であるにもかかわらず、一定の角度から見たときのみ3Dに見えるようなアート」のことである。しかし今回のトリックアートは通常のレベルをはるかに超えているのだ。ギリギリまでズームしてもどう見ても立体なものがそこにあるようにしか見えない。ところが角度をかえると・・・



IMG_3810

IMG_3806

IMG_3808

IMG_3809
今日は銀座に出没です。
有楽町のガード下界隈、大学の時に入り浸っていました。
特に「八起」さん、ここのコブクロ炒め、チャーメンは200食は軽く食べています。
ということで今日のお店は「紅鹿舎(べにしか)」さんです。
ここの喫茶の店員さん見ていたら今日のフリネタに繋がったのです。

住所: 東京都千代田区有楽町1-6-8 松井ビル 1F
電話:03-3502-0848
営業時間:無休

IMG_3795

IMG_3796

IMG_3804
お店の外観です。
実はこちら、誰もが知る「ピザトースト」の元祖と言われているのです。ピザがまだ高価だった頃、小遣いの少ないサラリーマンにも、ピザを低価格で食べてもらいたいと、オーナー・村上節子さんが「ピザトースト」を考案しました。
濃厚チーズがとろける絶品メニューは、全国に広がったそうですよ。

IMG_3803

IMG_3798
店内の雰囲気です。

IMG_3797
メニューです。

店内に入るとまさにold喫茶店です。
今でもこのようなお店が、しかも有楽町に存在していたのですね。

今日のオーダーは「元祖ビザトーストランチセット(玉子、バナナ、ドリンク付)」@900円です。

IMG_3799

IMG_3800
待つこと9分で玉子とコーヒーが到着です。
コーヒーはafterにして欲しかったのに勝手にもってきてもう・・・
玉子はなぜか美味しかったのです、茹で方が上手なのでしょうか、それとも玉子が良いのか?

IMG_3801

IMG_3802
待つこと21分で元祖ビザトーストの到着です。
しか〜し時間がかかりすぎですね。ビザトーストを焼くのに21分もかかったのですか。
ピザトーストの具はサラミ、マッシュルーム、たまねぎです。
カイエンペッパー(Cayenne pepper)の赤色が食欲をそそります。
それでは実食です。
美味しいじゃないですか、チーズが濃厚です。
これは美味しいですねあんど懐かしい味です。
昔のピザトーストはこのような味わいです。
口が飽きてきたので付け合わせのバナナを頂きましたら、な何と完熟バナナでした。
さらに口内がドロドロになってしまい、これには参りました。
有楽町ですからコスパは悪いものの、この元祖ビザトーストは一回は食べておく価値があるものだと思います。

それでは(^_-)






蔵前 中華楼 本店

今日は「外食メニューの選び方」の話です。 
手軽に利用できるのが外食です。外食利用率が増えるとエネルギーや塩分を摂りすぎたり、野菜不足になりがちです。自炊でも外食でも食事の基本は同じです。
以下の外食メニューの選び方を参考に外食も上手に活用してみましょう。

#カツ丼・天丼
脂肪や塩分が多く、高エネルギーです。食べた時の次の食事は、豆腐や魚などをメインにしたあっさりメニューにしましょう。

#にぎり寿司
野菜が不足します。できるなら酢の物などを追加しましょう。塩分も多くなりがちなのでしょうゆは控えめにしましょう。

#カレーライス
高エネルギーで、野菜、たんぱく質が不足します、卵や豆などが入っている野菜のサラダを加え、ノンオイルドレッシングをお勧めします。

#ファーストフード
ファーストフードは、高エネルギー・高脂肪で栄養が偏っています。野菜サラダや果汁100%ジュース、野菜ジュースをプラスして摂りすぎたエネルギーを他の食事で調節しましよう。

#ラーメン
たんぽく質、野菜が不足します。タンメンなど野菜や肉、卵がたくさん入ったものを選びましょう。塩分を摂り過ぎないように、スープはできるだけ残すのが良いでしょう。

#スパゲティ
野菜が不足するので、野菜サラダを加えましょう。バターやオリーブオイルがたっぷり使用されているので、脂肪の摂取が気になる方は和風スパゲティを選ぶのも良いでしょう

これは私が人間ドックでお世話になっている病院からいただいたresumeです。
しか〜しこれを読む限り、外食ってあまり体に宜しくないといっているようなものですよね。
外食で不足した栄養バランスの調整は他の食事で整えなければいけないのでしょう。
承知しました・・・

IMG_3761
ところでカナダ人とこの間の忘年会で食べた「しゃぶしゃぶ」の話をしていました。
特にしゃぶしゃぶでいただいたA5級の熊本牛がいかにおいしかったかを得々と話しましたところ、彼らって普段はmarbled beef(霜降り肉)って太るので食べないんですってね。
しか〜し、しゃぶしゃぶとすき焼は別で、これは喜んでmarbled beef(霜降り肉)を食べるそうですよ。
さら〜に「しゃぶしゃぶ」の語感ってどうなのって、聞いたところ、very cuteである、って言ったので、きれいなのかって聞きなおしたら、cuteっていうのは、幼児に対するほめ言葉なので、ちょっと違うかもしれないとのことでした。
英会話圏の人からすると“▲▲ぶ” の“ぶ”は幼児を連想してしまうので、いきおい愛くるしいimageになってしまうとのことだそうです。
ちなみに彼等の女性に対するほめ言葉はgorgeous(極めて美しい) 、voluptuous(官能的な)、beautiful(美しい)の順だそうです。
そしてよく日本人がぴっちりとした服を着ている女性に使うボディコン(body conscious)は意味が通じないみたいで、そういう場合はtight(ぴっちりとした)やcurvy(曲線がきれい)を使った方が英会話圏人には通じるよと教えてもらいました。
これって私がいかに綺麗な外人の女性との触れ合いがないかを証明してしまいました・・・


ロシアのマクドナルドのCMを紹介します。
ちなみに以下がロシア人のコメントです。
「広告主は日本のCMのように独創的なものにしたかったんだと思う。
でも、ロシアには陰鬱でつまらない人間しか住んでないって事を考慮してないね。」




IMG_3714

IMG_3713
今日は蔵前に出没です。
ランチを食べようとお店をさがしていたらblack holeのように客が吸い込まれていくお店がありました。
ということで今日お店は創業九十年老號「中華楼 本店」さんです。

住所:東京都台東区浅草橋3-32-3
電話:03-3851-0737
営業時間:[月〜土] 11:30〜21:30 [日・祝] 16:30〜21:30

IMG_3716
お店の外観です。

お店の紹介です。
いまから80年ほど前(大正14年)に開業した中華業界の老舗のひとつ。
「店を広げるな」という先々代の教えを守り、【気軽な本格派】として皆様に愛され続けていきたいと努力しております。

#お料理は、本格派。年に数回、現地有名店の厨房に入り、研修を重ねています。

#中華材料も、本場の市場で吟味した最高品を買って帰ってきます。

#平成元年に、ビルを新築した際、雰囲気から中国を味わっていただきたく【中国が西洋にあこがれていたころの上海】を具現化。雰囲気から中国を満喫していただけます。
この内外装は、映画監督の目にもとまり、伊丹十三監督の【マルタイの女】をはじめ数々の映画やドラマの舞台としてロケに利用されてきました。

#このお店は、日本全国の中国料理業界をバックアップする仕事をしている業界のクロコ【かっぱ橋道具街の中國屋】の姉妹店のため、料理にとどまらず内装、風水の各方面の業界の方々が日本各地から毎日のように視察にこられています。そのためあらゆる面で業界の方々の模範になるようなお店であるように努力しております。

#お飲み物も充実。特に中国酒の品そろえは、日本一と自負しております。


IMG_3715
メニューです。

本日のオーダー「牛肉のカキソース炒めランチ」@800円です。
待つこと15分で料理はきました。
しか〜しすごく混んでいるお店ですね、ひさびさにクリビツしました。
そしてお客の70%は餡かけ焼きそばか堅焼きそばを頼んでいました。
多分これが一番のお薦めなのでしょう・・・

IMG_3717

IMG_3718

IMG_3719
見た目美中華です。
それでは実食です。
肉が硬いですねプラ〜ス味が濃いです。
豆腐料理の方は作りおきなのでしょうね、かなり冷めていました。
全般的に不味くはないと思うのですが、混み過ぎの為に調理及び接客が雑です。
ここはcore timeを外してこないと、その実力は分からないと思います。
しか〜しちょっと厳しく申せば混雑しているcore timeでもキチンとした料理を提供するのが、名店の条件の一つだと思うのですが・・・
こんな日もあります。

それでは(^_-)

神田 石川亭 11th

今日は「映画のタダ見異聞」の話です。 
大学のテニスクラブの忘年会の幹事をやることになりました。
そのようなことは尽瘁(じんすい)してやる性格なので、喜びこそしませんが粛々と取り進めていました。
今回は女子の参加が多いので会費は安くしようと考え、予算はサブ幹事と打合せをして@8,000円に決めました。
私達の代はなぜか優秀な輩(やから)が多くて同期の3割は上場会社若しくは上場会社の子会社の役員なのです。
そういう状況なので、男子が多めに払えばよいじゃないの、と私が提案しましたところ、サブ幹事(上場会社の執行役員)から、それは止そうよ。テニスクラブの友達なんだから、上から目線で格好つけたりすればかえって皆が気分を悪くするよ、と反駁(はんばく)を受けたのです。

IMG_3748

IMG_3750
今回私が選んだお店はそれなりの品格と格式を兼ね備えたお店だったのです。
そういうお店なので今流行りの飲み放題サービスなどは一切やっておりません。さらにこのお店は酒類の料金がべらぼうに高いのです。これには困ったなと思いました。
このお店は、私が普段良く使わせてもらっているお店でもあるので、旧知のmanagerに件(くだん)の事情を話し、今回だけ特別という事で酒類の持ち込みの申し入れをしたのです。最初は丁重にお断りされたのですが、断られたら逆にchanceとばかりに粘って交渉をしましたところ、本当に今回だけですよ、と最後には快諾してくれたのでした。

富田酒造
酒類の持ち込み担当はサブ幹事です。
女子に日本酒通がいて、日本酒の銘柄は「七本槍」の指定となりました。
「七本槍」は天文年間(450年以上前)創業の冨田酒造さんで作られています。
冨田酒造さんは、全国でも屈指の古い歴史を有する酒蔵です。北大路魯山人(きたおおじ ろさんじん)が長逗留したことでも知られ、蔵には魯山人の手による扁額(「七本鎗」の文字)が掲げられています。
今回のサブ幹事のchoiceは「七本槍」の中から選んだのは「純米 搾りたて新酒」です。
「純米 搾りたて新酒」は搾ったお酒を熱処理、ろ過等せずそのまま瓶詰めした無濾過生原酒です。
しかも、搾りの中の一番いいところ「中取り」です。
七本槍の中で一番親しまれている純米酒(火入酒)で、その搾ったまんまの生原酒は、フレッシュでボリューム感のあるお酒だそうです。

ところが予期せぬ事態が起きたのです。
早々とこのお酒を買いつけていたサブ幹事がドイツに出張していて、帰国間際に 「ウイルス性急性結膜炎」に感染してしまったのです。そしてこの病気「ウイルス性急性結膜炎」は眼病の割には重篤な症状を引き起こし外出もままならないのでした。
もう忘年会の日まで数日しかありません。

ふくはら酒店

IMG_3727
仕方ないので私があらたに「七本槍」を買い求めに行くことになったのです。
この「七本槍」はnetで調べたところ都内に在庫がおいてあるお店は三店しかなく、そのお店にいちいち在庫の有無を電話で確認しましたところ、当該のお酒をおいてあったのは私の生まれ故郷の下谷は竹町にある酒販店だけなのでした。
買い付けに行ってまいりました。
このお店はうまい酒を販売し、酒だけでなく酒のある生活の楽しさ、豊かさを提供し、おいしい酒を中心に人と人が繋がり合い、コミュニケーションを深め、お客様の幸せな機会が増えるお手伝いをするという崇高なconceptのお店なのです。

店主と雑談していたら竹町の昔話に花が咲き、この地にあった「新東京映画館」の話で盛り上がったのです。
その話の中ででてきたのが映画のタダ見のやり方だったのです。
私の場合は父親と年齢が同じそうな男性が切符をモギリのオバさんに渡す列に並んだ時に、いかにもその男性の子供のフリをしてその後について一緒に入館するという方法です。昔は保護者といっしょであれば、小学校低学年までは無料だったので、それを悪用したのですね。これは下町の子供であれば彼我の差なく使っていたタダ見の方法だったのです。
ところがこの店主はちがっていてモギリのオバさんの目を盗み、映画の出口の列に反対歩きをして出口から映画館に逆入する方法なのです。
しか〜し、これはずーっと見られたらチョンバレなのでtimingが必要な技なのですが、どうやら成功しいたようです。
この技は、同じ下町に生息していたとはいえ、全く知りませんでした。
まさかこの年になってこんな荒技が過去に息づいていたとはね、久々に瞠目させられました。
こんな日もあります・・・


IMG_3728
今日は神田に出没です。
神田といえばここです。
ちょっと開き直りながらも、今日のお店は「石川亭」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-5-6 小山第二ビル1F
電話:03-3291-3158
定休日:日曜・祝日(ランチ予約不可)

IMG_3731
お店の外観です。

IMG_3732

IMG_3733
メニューです。

本日のオーダーは「本日のランチ」@1,100円です。
内容は前菜、鶏レバーと栗のムース、主菜、牛・豚・キャベツのハンバーグ デミグラソースです。

IMG_3729
前菜の鶏レバーと栗のムースです。
ここの鶏レバーは本当に野趣あふれていて美味しいですね。
特にedgeの立った野菜はシャキシャキしていてなお且つ程良く冷えて最高の食感です。
今日は栗がよくきいていて甘さが強めでしたがno problemです。
かえって美味しく感じられました。

IMG_3730
主菜の牛・豚・キャベツのハンバーグ デミグラソースです。
この料理はこのお店で一番好きな料理です。
まずハンバーグの肉は味わいが深くて大変結構です。とくに随所にあらわれるキャベツが箸休め的なaccentになっていて、最後まで美味しくいただけます。
デミグラソースは出汁(フォン・ド・ヴォー)が良いのでしょうね、イヤミのないデミグラソースが肉の味を極大に引き立てます。プラ〜スふくよかな味のマッシュポテトがこのハンバーグに良く合います。まさしくこの味は一食抜いてもお薦めの味です。

それでは(^_-)



初台 魚吉

今日は「たんたんたぬきの▲▲タマは♪」の話です。 
たぬき
居酒屋などの入口脇に置かれている、大きなたぬきの人形は、現在では日常的に街の風景のなかで見かけることも多い。しかしその発祥となると、知っている人はあまりいないのではないだろうか。

まずはそのたぬきをじっくりと観察してみることにしよう。定番の大きなおなかの下には、立派で巨大な“ふくろ”が下がっている。これは商売繁盛と子孫繁栄のシンボルであり、大きく広げることから八畳敷きといわれ、多くの客が入る、という意味が込められている。

次に頭にかぶっている“すげ笠”は魔除けで、手に持っている大福帖も商売繁盛・信用第一、さらに一升徳利に「八」の文字が入っているのは、八の字が末広がりで縁起が良いことから。丸い目は気配りをする、大きな耳はお客の話を聞く、すなわち注文をよく聞けるようにという、すべて商売をする上での重要なことがらや意味が込められているのである。

さらに付け加えるならば、たぬきという言語の発音から「他を抜く」、ぶら下がっている“ふくろ”には「前金」や「お金が入る」という意味もあるという。従ってたぬきは、同類の招き猫や福助人形などから比べると、一般家庭より飲食店に多いことが理解できるが、最近は一般家庭においても玄関先に置かれることが以前より多く見られるようになった点が興味深い。

たぬきの人形が全国に広まった真相とは?

では、このようなたぬきは、いつ、どのようにして広まったのだろうか。そのヒントとしてたぬき人形の多くが滋賀県の信楽(しがらき)町で作られている点に注目したい。信楽町に伝わる話として、明治9年(1876年)生まれの陶芸家、藤原銕造(初代狸庵)が京都の清水焼の窯元で仕事をしているとき、月夜の晩にたぬきが腹鼓(はらつづみ)を打って踊っているのを見て好きになり、自分でも飼ってしまったという言い伝えがある。

そうした縁もあってか、藤原銕造は後に信楽に出て、信楽焼のたぬき人形を本格的に作り始め、それが戦後になって徐々に知られるようになった。昭和30年代に入ってから、そのユーモラスさと、群馬県館林の「ぶんぶく茶釜」の民話などで親しみのある動物として飲食店に置かれるようになり、さきほどの縁起かつぎの意味も相まって、全国に広がっていったというのが、その真相のようである。 
「店頭のたぬき」町田 忍 庶民文化研究家著より転載

これは知りませんでしたね。
特に” ふくろ”の件(くだり)ですか、は商売繁盛と子孫繁栄のシンボルだったのですね。
” ふくろ”を大きく広げることは、多くの客が入る、という願いだったのですね。
” ふくろ”といえば思い出してしまうのが、高知で「男勝りの女性」を指す「はちきん」という土佐弁です。
この由来は、男性の” ふくろ”は一般的に2つであるため4人の男性が揃うと” ふくろ”が8つになりますよね。
” ふくろ”は古くから▲▲タマと別称で呼ばれており、8つの▲▲タマを手玉に取る女性ということでなのですね。
これって今でも高知では使われているのですかね、セクハラのような気もしますが、というかこれって完璧なセクハラですよね(笑)
日本の歴史上の人物で” ふくろ”が一番大きかったのは、私の浅学の記憶によれば西郷隆盛さんです。
彼は幕末期に2度流罪になっていますが、流刑先の沖永良部島で風土病に感染し、その後遺症で” ふくろ”が腫れ上がってしまいました。西南戦争後、首の無い西郷さんの死体を本人のものと特定させたのは、その巨大な” ふくろ”だったそうですよ。
玉にはこんな話もします・・・


実はこんな歌だったのでした・・・

「愛はかげろうのように」♪♪

ねえ あなた ひどい人生だと思ってるでしょう
子育てにうんざりし 夫に束縛されているあなた
分かるわ 非現実的な甘い夢を見ているのね
少し話を聞いて 若かった頃の私に
誰かが こうやって話しかけてくれていたならと思うのよ

ジョージアだって カリフォルニアだって 
行けるところなら どこへでも出かけたわ
牧師とつきあって 太陽の下で愛を交わしたりもしたわ
でも どうしても 自由になりたくて
優しい人たちのところから 何度も逃げ出したの
そして誰もが羨むような幸せを手に入れたけど
本当の私が みつからないの

ねえ お願いだから まだ行かないで
どうしても あなたに伝えておきたいの 私がなぜ 今独りぼっちなのかを
あなたの瞳には 昔の私と同じものを感じるの
あなたに少しでも分かってほしいの
数え切れないほど嘘をつき 疲れ果てた心を

ニースでも ギリシャの小島でも
豪華なヨットの上でシャンパンを楽しんだわ
モンテカルロでは ジーン・ハーローみたいな夜の蝶を気取って
私の色香を連中にひけらかしたわ
たくさんの偉い人と寝て
女が決して見てはならないものも見てしまったわ
誰もが羨むような幸せを手に入れたけど
本当の私が みつからないの

(語り▽)
ねえ 誰もが羨むような幸せって何だと思う?
それは 嘘
幸せな人 幸せな家 すべて
こうだったらいいな、という願いが創りあげた幻想よ

じゃあ 本当の幸せって?
それは あなたが今抱いているかわいい赤ちゃん 今朝あなたが喧嘩したあの人
今夜もまた あの人と愛し合うんでしょう
それが本当の幸せ それが愛
(語り△)

生まないことにした赤ちゃんを想い 泣いた日もあるわ
もしかしたら 私を満たしてくれたかもしれないと
でも私は 快楽を選んだのよ
まさか 快楽が苦痛に変わる日がくるなんて 思いもしなかった
ずる賢く 心を売って 体を売って 生きてきたのよ
自由を手に入れる代償としては あまりに大きすぎたわ
ねえ、私は 誰もが羨むような幸せを手に入れたけど
本当の私が みつからないの

誰もが羨むような幸せを手に入れたけど
本当の私が みつからないの

I've Never Been to Me
Hey lady, you lady, cursing at your life
You're a discontented mother and a regimented wife
I've no doubt you dream about the things you'll never do
But, I wish someone had talked to me
Like I wanna talk to you.....

Oh, I've been to Georgia and California and anywhere I could run
I took the hand of a preacher man and we made love in the sun
But I ran out of places and friendly faces because I had to be free
I've been to paradise but I've never been to me

Please lady, please lady, don't just walk away
'Cause I have this need to tell you why I'm all alone today
I can see so much of me still living in your eyes
Won't you share a part of a weary heart that has lived million lies....

Oh, I've been to Niece and the Isle of Greece while I've sipped champagne on a yacht
I've moved like Harlow in Monte Carlo and showed 'em what I've got
I've been undressed by kings and I've seen some things that a woman ain't supposed to see
I've been to paradise, but I've never been to me

[spoken]
Hey, you know what paradise is?
It's a lie, a fantasy we create about people and places as we'd like them to be
But you know what truth is?
It's that little baby you're holding, it's that man you fought with this morning
The same one you're going to make love with tonight
That's truth, that's love......

Sometimes I've been to crying for unborn children that might have made me complete
But I took the sweet life, I never knew I'd be bitter from the sweet
I've spent my life exploring the subtle whoring that costs too much to be free
Hey lady......
I've been to paradise, (I've been to paradise)
But I've never been to me



今日は初台に出没です。
今日のお店は一時期良く通っていた魚屋さんがやっている定食屋「魚吉(うおきち)」さんです。

住所: 東京都渋谷区初台1-37-1
電話: 03-3379-5696
定休日:日曜日

IMG_3735
お店の外観です。

IMG_3736
メニューです。

IMG_3739
店内の雰囲気です。

IMG_3737

IMG_3738
今日のオーダー「さば一夜干し(金崋山沖)定食」@920円です。
待つこと7分で着膳です。
見た目美さばです。

それでは実食です。
うん、焼き立ての魚は良い香りがしますね。
しかも金崋山の潮の匂いが・・・
しません、大体金崋山には行ったことがないので知りようもないのですが、ハイ。

味ですか、ここのお店って店構えも店内も“美味しいぞ”オーラが出まくっているのですが、実はそれほどのお味ではないのです。プラ〜ス高いですしね。
決して不味くはないのですが、わざわざ食べに行くお店ではありません。
初台に出向いた時に焼魚が食べたいなぁ思った時にはお薦めです。
そういうお店です・・・

それでは(^_-)

銀座 スパッソ リターンズ

今日は「『八重の桜』異聞」の話です。 
新島はアメリカに十年いました。基礎教課の学校を出てから、アーマスト大学(いま同志社と姉妹校になっています)に入り、ここを出てさらに神学校に入りました。 
その間、日本では急速に歴史が進みました。幕末の騒乱がおわり、明治国家がはじまったのです。明治七年(1874)、かれは、ヴァーモント州ラットランド市の伝道教会の年会で、演説者として指名された。 
新島は、日本で革命がおこなわれたことをのべ、 
「しかし、あたらしい国家は、大きな方針をまだみつけていない。わが同胞三千万の幸福は、物質文明の進歩や政治の改良によってもたらされるものではない」といったあと、「自分は日本においてキリスト教主義の大学をつくるつもりである。その資金が得られなければ日本に帰れない」とまでいいました。新島という人は、エキセントリックというより、自分で自分を責めてそのあげくに自分を鼓舞してしまうといったはげしい性格をもっています。 
それだけに、聴衆にあたえた感動は大きかったのでしょう。演説がおわるや、一人の紳士がたちあがって、千ドルの寄付を申しこみました。当時の千ドルというのは容易ならざる金額です。このひとは、Pater Parkerというお医者さんでした。場内、つぎつぎにたちあがって、たちまち5千ドルあまりの寄付があつまったといいます。大きなお金です。 新島が演壇をおりたとき、かれの前にまずしい服装の老農夫が近づいてきて、2ドルをさしだしました。かれのあり金ぜんぶでした。この2ドルはかれが家に帰るための汽車賃だったのです。歩いて帰るつもりだ、とかれはいいました。 
「明治という国家」司馬遼太郎著より転載

八重タン
新島穣さんっていえば2013年のNHKの大河ドラマ「八重の桜」の主人公新島八重さんのご主人ですね。私はほとんどTVを観ないのですが、唯一見ているがNHKの大河ドラマなのです。今年の「平清盛」は大滑りしましたが、この「八重の桜」の主人公の八重さんですか、「ならぬことはならぬのです」たとえ“悪妻”と呼ばれようが不義には生きない会津の頑固女の物語は今から楽しみにしています。

閑話休題おはなしはもどりまして
この話はいいですね。
私はクリスチャンでもないのですがこういう話は大感動してしまうのです。
またこの時代の息吹というものが大好きなのです。

明治時代ってこれが同じ日本人なのかと首をかしげてしまうくらい、この時代の人達のパラダイム(paradigm)って素晴らしいものだと思っています。
私は明治時代の人の精神の背骨になっているのが「武士道」だと思うのです。
「武士道」とは何かといえば「自律心」です。一度「諾」と言葉を発すれば、発した以上は命がけでその言葉を守ります。自分の名誉も命をかけても守ります。敵に対しては情(なさけ)をもち、さらには私心をもたないことです。

さらに言えば、その精神構造を作ってきたのが四民平等になるまでその存在があった武士でしょう。
とくに武士は読書を通して精神修養をし精神文化を高めていったので、今日のフリネタにでてくる新島穣のような熱い青年を生みだしたのだと思います。
日夜、日本の政治経済の低迷が新聞紙上をにぎわせています。
この時期今一度明治の頃の湧き上がるような息吹を思い起こして、物事を取り進めるべきではないかと思う今日この頃であります。


ロボット、人間、which is which?



IMG_3742

IMG_3741
今日は銀座に出没です。
今日は体がパスタを食べたい食べたいと訴えています。
こういう日はこのお店です。
今日のお店は、松坂屋の地下で行列ができるパスタ屋さん「パスタカフェ スパッソ」銀座店さんです。

住所: 東京都中央区銀座6-10-1 銀座松坂屋B1F
電話:03-5537-3001
定休日:不定休(銀座松坂屋の休館日に準ずる)

IMG_3746
お店の外観です。

IMG_3743
メニューです。

IMG_3744

IMG_3745
今日のオーダーはクリスマス限定メニュー「煮込みビーフのデミトマトソース(M)」@680円です。
待つこと8分で着皿です。
煮込みビーフが圧倒的存在感を示しています。
それでは実食です。
まずは主役の煮込みビーフの実食です。
フォークを軽く肉にいれるとホロホロって肉が崩れ落ちてきます。
すごく良く煮込まれていますネ。
味ですか程良い脂身が味覚神経を刺激します。
なな何て美味しいのでせう。
これはすごいですね。
逆にこれがトンガリすぎてデミトマトソースのパスタが顔色を失ってしまいました。
でも料理は総合芸術なのでこういうimbalanceもありなのではと思う今日この頃です。
でもこれで@680円とは、すごくお安くはないですか・・・

それでは(^_-)

勝どき 松屋

今日は「そうだったんだ其の壱拾壱(じゅういち)」の話です。 
#三菱UFJテレビ窓口
テレビ窓口

IMG_3633
子供の教育投資も目途がつきそうになったので長年の懸案だったローンの早期返済をすることにしました。
実は我が家は借金コンクリートでできていたのでした。
私のローンのmain bankは三菱UFJさんです。
従ってその手続きは三菱UFJさんからnet上でできると教えてもらったのですが、実際にnetで見てみたらすご〜いボリュームのマニュアルでできており、どんな阿呆がみても絶対間違えさせないぞという勢いで作られているのです。ですので字数が多くて読み込むだけで目まいがしてきました。
こりゃアキマヘンということで店頭にいき相談しましたところ、そういう場合はテレビ窓口を利用したらよいでしょう、とのご案内でした。
たまさかとある土曜日に空きがでたのでおっとり刀でそのご高教を仰ぎに伺ったのです。

以下は三菱UFJさんの「サービスのご案内」です。
#便利その1
平日はもちろん、土曜・祝日も18時までご利用可能!
窓口が閉まったあとでもご利用いただけるので、翌日に出直す必要はありません。ショッピングやお勤め帰りにも手続きができ、日中お忙しい方にピッタリ。

#便利その2
手続書類のご記入も簡単!
お申し出いただいた内容をもとに申込書をプリントアウトするので記入が簡単。

#便利その3
個室ブース型で、プライバシーにも配慮!
周囲を気にせず、個室スペースでゆっくりとご相談いただけます

利用した感想ですが、これはスゴイですね。
応対するoperatorさんは、多分三菱UFJさんのtop classの女性を選抜しているのでしょうプラ〜ス美貌もですよ。
久々に当意即妙というか頭のCPUの演繹能力の高い人と会話できて体内血中にアドレナリンが放出しまくりました。
あっという間に手続きは何のわだかまりもなく終了しました、感動しました。
しか〜し他行も同様なserviceをしているのでしょうか?
もしないのであれば三菱UFJさんの一人勝ちでしょう。
預貯金全部を三菱UFJさんに移そうかしらんと思い始めている今日この頃です。

#「うがいしなさい」は千年続く日本の知恵。
家に帰ると「うがいしなさい」の声。日常によくある光景ですね。季節を問わず、手洗い、マスクと並んで、風邪予防対策の一つに挙げられるが「うがい」です。 
その歴史を遡ると、既に平安時代には口腔清掃の手段として行われていたことが分かっています。
以来、実に千年ほど続く習慣ですが、効果が示されたのは最近のことです。
近年のある調査では、「特にうがいをしない人」に比べて「水うがいをしていた人」の風邪の発症率は4割も少ないという報告もあります。うがいは、口の中を洗い流すだけでなく、のどの潤いを保つことで、ウイルスや細菌を外へと追い出す線毛運動の働きが衰えるのを防いでくれるそうですよ。
ちなみに、うがいの語源は「鵜飼」です。
鵜が飲みこんだ魚を吐き出す姿に由来しているそうです。
然(さ)もありなんですね。
実は私はかなりの頻度でうがいをしています。記憶をさかのぼればこの一二年風邪らしい風邪はひいた事がありません。「鵜飼」ちがうか「うがい」の語源は知らない人は多いのではないでしょうか・・・
しかし千年前より行われていたとは知りませんでした。
日本で最初にうがいをした人はすごく好奇心が強かったのでしょうね、多分。


君を乗せて(天空の城ラピュタ) - Laputa Carrying you (English Version)
ちなみに英語で歌っているのは久石譲さんの娘さんの、麻衣さんです。ナウシカで「ラン・ランララ・ランランラン…」と歌っていた少女も、麻衣さんだそうですよ。



IMG_3567

IMG_3568

IMG_3594

IMG_3595
今日は勝ちどきに出没です。
今日もlate lunchです。といっても食べた時間は16時15分ですので正しくearly supperです。
この後銀座に行ってそのあとソラマチまで足を伸ばしましてから帰社です。
忙しいのは結構毛だらけですが、お昼だけはキチンとした時間にとりたいものです。
理由ですか太るからです・・・
今日は私好きな「トンテキ定食」を松屋さんが11月22日(木)より発売しました。
ということで今日のお店は決め打ちで「松屋」勝ちどき店さんです。

住所:  東京都中央区勝どき2-14-1
電話:03-5547-5470
定休日:無休

IMG_3571
お店の外観です

IMG_3572
「トンテキ定食」のPOP広告です。

IMG_3575

IMG_3577
今日のオーダー「トンテキ定食」@630円です。
松屋さんはこんな美味しいものをなんで通年販売しないのでしょうか、不思議でなりません。
厚切りで柔らかな豚肩ロースはどの店舗で食べても外れがありません。
しか〜し、ニンニクソースには当たり外れがあります。
よくよくオロシニンニクを炒めてもらわないとニンニクが生っぽくていけません。
個人的にはオロシニンニクではなくてスライスニンニクにして良く炒めて肉にその香りを移せばよいのにと思っています。
松屋フーズの緑川社長様、鼎の軽重を問うようなトンガッタたメニューを上市するのであれば、とことんコダワリましょう!プラ〜ス通年販売にして下さい。
何度でも食べに行きますよ、さらにbrush upして下さいheart02

それでは(^_-)

有楽町 桃園 リターンズ

今日は「誰がマックを食べたのか」の話です。 
mac
外食最大手の日本マクドナルドホールディングスの既存店売り上げが低迷している。7ヵ月連続のマイナスで、8年続いた年間の既存店売上高プラスも2012年で途切れそうだ。  
「今年は想定を見誤った」。原田泳幸社長はこう総括する。昨年は東日本大震災やそれに伴う原発事故の影響などで消費者の外出が減少。このため今年4月からは反動で売り上げは回復すると踏んでいた。
ところが客足はいっこうに戻らない。4月以降で100円メニューの拡充など新たな戦略を打ち出し、客数こそ増えてきたが、単価下落を補うほどの売り上げ増には結びつかなかった。 
いったい誰がマックの売り上げを「食べた」のか。これまでコンビニエンスストアが総菜などを拡充したため、外食市場を「食べた」とされているが、同社はこれを否定する。 
日本マクドナルドではコンビニ食や牛丼、カフェチェーンなど競合する業態の売上高で合算した市場について調査した。するとマックだけでなく、コンビ二食を含めた中食市場そのものが落ち込んでいることが分かった。 
外食どころか、好調と見られていた弁当・総菜などの中食市場も実はいまひとつ。厳しく出費を抑えている消費者の姿が浮かび上かってくる。とりわけマックが主戦場とする20〜30歳代の食生活が変わりつつある。企業はその行動をとらえきれていないようだ。
【中略】
外食不振について「食への欲求が低下している」と分析するのは電通総研の大屋洋子主任研究員だ。いつでもどこでも食べられる環境で、3食をしっかりとる生活パターンが崩れた。電通が食生活について調べたところ、10〜20代の女性では7割が「食事を抜くことがある」と回答している。
東日本大震災以降、日常の食生活がさらに多様化し、マクドナルドが掲げる「バリューフォーマネー」と「コンビニエンス」の優位性が崩れたわけだ。内食志向が強まったとはいえスーパーでも1人当たりの購入量は減少し、値下げ頼みだ。逆風下でヒット商品を出し、既存店の増収を続けたマクドナルドも神通力を失った。胃袋を奪い合う消耗戦の激しさを物語る。 
「目先の売り上げを落とじても長期的な成長戦略が不可欠」と話す原田社長は宅配強化などに取り組む方針。食べない消費者にいかに接近し購買意欲をかき立てるか。ひと味違う経営力が求められている。
日経産業新聞「経営の視点」より転載

いわゆる成熟市場での活性化ですかマクドナルドさんも大変ですね。
たしかに横を見ればドトールとかスターバックス等のコーヒーチェーンが業際で競合してきて後ろを見ればコンビニのファミマとかミニストップとかがコンビニプラスコーヒーチェーン化しようとしています。今でもコンビニはfield違いで競合してきているのに、コーヒーチェーン化することになればベン図の共通部分のような領域で、このfieldでもカニバることになります。どうしたらよいのでしょう。

私はよくマクドナルドさんに行きます。
営業資料を整理するためにコーヒー×1杯を購入して20〜30分間滞在することがあります。
私のマクドナルドさんに持っているimageというのは、学生がだらしない格好で機関銃の連射の様なchatにひたすら夢中になっているというものです。
こんなところで食事をする気はまったくありません。
まして私達世代はそれ程お金に困窮していません。
したがって低料金より多少高くてもそれなりのserviceとatmosphereを求めます。
素人考えですがマクドナルドさんの成長戦略はこの2点にあるのではないでしょうか。

即ち低価格戦略で若い世代をtargetにするのではなく、ほとんど未開拓のシルバー世代を取り込めばよいと思います。高年齢層の好みそうな味付け商品の創造・上市を検討されたら如何ですか。
さらにコーヒー等のbeverageに拘泥することなくお茶なども品揃えして加えて和・洋のsweetsなども用意されたら宜しいかと思います。都市部なら宅配service、郊外ならドライブスルー店舗の拡充をされたらさらに宜しいかと思います。
常連客には年間パスポートなども用意して、その常連顧客専用のレシピでの対応や、健康相談等を含めたライフヘルスバランスのコンシェルジュ対応等を検討されたら如何ですか。
優秀な方々が多士済々といるマクドナルドさんですから、当然のことながらこの2点は検討の一つに加えられているかと思います・・・
個人的には多少高くても自分の我儘を聞いてくれるserviceには魅力があります。
特に甘味は普遍的な味にはおいしいものは少なく、もしtailor-madeの甘味が用意いただけるのであればマクドナルドさんには通い続けます。
まあ素人のつぶやきですのでお聞き流しください。


この動画は英語圏でたちまち人気となり、世界各国で拡散している。「登場キャラクターが全員死んでしまう」という点で、賛否はあるかもしれない。インパクトといい、耳に残る音楽といい、人々の印象に残るという点では、秀逸な安全啓発ビデオではないでしょうか。


今日は有楽町に出没です。
たまにはチャンポンでも食べるかと思い有楽町交通会館B1に参りました
とういことで今日のお店は長崎チャンポン「桃園」です。

住所: 東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館B1F
電話: 03-3214−9048
定休日: 日曜日・祝祭日

IMG_3619
お店の外観です。

IMG_3621
お店の紹介記事です。

IMG_3631
サンプルメニューです。

今日のオーダーは「チャンポン」@800円です。
一般的にラーメンの麺にはツナギにかん水が使われていますが、チャンポンの麺には唐あくが使われます。
そのためにチャンポンの麺はしつこい味になります。
そしてこのしつこい麺に負けないように豚骨に鶏ガラを混ぜてその割合を幾度と変え完成したのがこのスープです。
さらにこのお店の工夫は、このスープに昆布、煮干、カツオの削り節、干し椎茸の絞り汁を加え隠し味で野菜のクズ、ニンジンの皮、キャベツの芯をいれています。
腹もたれしないように肉団子、チャーシューも鶏、野菜はラードではなくゴマ油で炒めます。なにやら当初こってりした味で不評だったので腹もたれしないよう努めた結果ここまでこだわったそうです。

IMG_3620

IMG_3622
見た目色鮮やかなチャンポンです。
具は、キャベツ、モヤシ、椎茸、さつま揚げ、鶏むね肉、アサリ、さつま揚げボール×2個です。
一番上には金糸玉子も乗っています。プラ〜ス鶏のから揚げも入っています。
こういうのを文字通り具沢山というのでしょう。

という事で実食です。
味ですスープはあっさりしています。お約束のスープの熱々は守られていなく少しぬるめです。
麺はもさもさしていて今一です。
確かにお腹にはもたれないような配慮はなされていますが、如何せんパンチに欠けています。
店主はご高齢で毎日厨房に立たれている気迫・努力・熱意には敬意を表します。
しか〜し不易流行も大事だと思う今日この頃であります。

それでは(^_-)

勝どき フォルクス

今日は「そうだったんだ其の十」の話です。 
#薬局は何故「本日はどうしたのですか?」と聞くのか
この疑問は私の奥様のものです。
私は特段気にならないのですがね・・・
たまさか薬局で薬をもらう機会があったので確認しました。
するとこの「本日はどうしたのですか?」という質問は、意外や意外必ず確認しないといけないのですね。
薬剤師の方は特段「本日はどうしたのですか?」と聞いてその方の症状を気にしているのではありません。
薬剤師の方はこの質問によって、医師が処方する薬が間違っていないかどうか確認しているのです。
というのも医師も人間ですから処方の転記間違いや「くすり本NAVI」(医師が処方する薬が書かれている本)等に書かれている薬の一行下の薬を錯誤で処方したりすることが稀にあるからだそうです。
そのためのdouble checkだそうです。
全く知りませんでした・・・

#台湾のタバコの箱にはこんな注意書きが
台湾勤務の後輩が出張で本社にきていました。
打合せを兼ねたよもやま話をしていたら、一服させてください、と取り出したのがこのMILD SEVENです。
国民性の違いですか、結構すごい画像ですね(笑)
ちなみに他には「「喫煙は性的機能障害の原因になります」とか「喫煙は肺癌及び肺気腫の原因になります」といのもあります。
よかったです、煙草を吸う習慣がなくて・・・
IMG_3671


#ひがしうみおおずもうって?
この間、MACでお茶しながら仕事の資料を整理していましたら、隣の席の学生が、ひがしうみおおずもうって何だよ。新しい相撲興行か?って新聞を見ながら友達に聞いていました。
するとその友達は笑いながら、お前もしかして、とうかいだいさがみ(東海大相模)のこと言ってるの、マジ馬鹿!マーチぜってえに無理、アリエナイ。もしかしたら代ゼミも入れてくれねえかもしれない、と笑いながら馬鹿にしていました。聞いていた私は瞬間慄然としましたが、いつの世も“浜の真砂は尽きるとも世に阿呆の種は尽きまじ”ですか・・・


警察署長のシンガムは、とある事件をきっかけに町の悪徳実業家に目をつけられてしまう。
警察の上層部も実業家を恐れて知らんぷりをキメこむなか、彼の手下達に執拗な嫌がらせを受け続けるシンガム。
しかし・・・・・・・男にはガマンの限界というものがある!!!!!
孤立無援で耐え続けるシンガムだったが、ついに彼の中で何かが"プツン"と切れたのであった・・・・・・



IMG_3634
今日は勝ちどきに出没です。
最近トリトン内に新しいrestaurantができたとかで行ってみました。
今日のお店は「フォルクス」晴海トリトン店さんです。

住所: 東京都中央区晴海1-8-16 晴海トリトンスクエア2F
電話:03-3532-2720
定休日:無休

IMG_3637

IMG_3647
お店の外観です
何ですか行列店ではないですか。
「フォルクス」さんて札幌在住のときには月に2回は食べに行っていた大好きなrestaurantでしたが、現在はダイエー系列ではなくて吉野家系列になっていたのですね。
知りませんでした。

IMG_3638

IMG_3639
メニューです。

今日のオーダー「タンドリーチキン+サラダバー+ブレッドバー」@880円です。

フォルクス

IMG_3640
まずはサラダに並んでサラダを求めました。
野菜の種類が多いですね。
アップルマンゴーなんかも用意されていました。

IMG_3641

IMG_3642

IMG_3643
サラダは良く冷えていてedgeもたっていて申し分ありません。
ドレッシングは和風ドレッシングとごまドレッシングをそれぞれ選びましたがいずれも美味しかったですね。

IMG_3644
パンはホテルブレッド、よもぎブレッド、レーズンブレッド、チーズフランスを選びました。
パンはすべて温かくて甘みがあって美味しかったですね。

IMG_3645

IMG_3646
メインディシュのタンドリーチキンは一括調理の弊害であまり温かくなくさらにメニューより大分小ぶりだったので失望感がありました。
味ですか、温かくないので美味しくないですよ。
でも他のplayerがカバーしてくれたのでno problemです。
全般的にトリトンはコスパの悪い店ばかりなのでフォルクスさんの出店は大歓迎ですね。
それと接客はすごく良いですね、もしかして出店したばかりなので他店からの選りすぐりのstaffが応援に来ていたりして・・・

それでは(^_-)

神田駿河台 スカイラウンジ暁

今日は「一つの大団円」の話です。 
私のフリネタは過去ネタも多いいのです。
高校生の時の思い出話も多々あります。
その中で私が高校生一年生即ち15歳の時から34歳迄の間通い詰めていた青春の思い出が詰まったお店がありました。でもこのお店は私が34歳の時に転勤で札幌に行って帰ってきたら忽然と閉店していたのです。しかし諦めきれず再開を期待して幾度ともなくお店に出向いたのですが、シャッターが閉まったままのお店は冷たく私を突き放しました。この不条理の光景は私の心をひどく惨憺たるものにしていたのです。

風の便りででは店主が癌で入院したので閉店したとか、大病を患い術後の経過が良くないので娘夫婦が面倒をみるような状態になったので閉店したとか、あるいは突然死したとかその閉店理由は枚挙に暇がないのです。
その動静、消息を探ろうと色々と手を尽くしたのですが完璧に情報が枯渇しており、わずか1本の蜘蛛の糸さ見つけることはできませんでした。こういうのを思い出の不完全燃焼というのでしょう。

IMG_3607

Movie13_0001

Movie13_0003
ところがある日、偶然にも私に一本の銀色の糸がまるで人目にかかるのを避けるかのようにひっそりと私のところに降りてきたのです。私はそれにすがりつきました。
そうなのですそのお店の娘さんと連絡がとれたのです。
娘さんのお話では、私が大好きだった店主は11年前に亡くなられていたとのことです。
そこから紆余曲折はあったのですが、最終的には同じくそのお店に通い詰めていた友人とその娘さん夫婦の帯同の元に、その店主の墓参りに行ってきました。

私は店主の墓前に長年の感謝とともに久闊を叙したのです。
私の前には非常に冗長な時間が横たわっていたものの、長い間の心のしこりがすっきりと取れたのである種の爽快感が横溢しました。そしてこの偶然の縁(えにし)にあらためて感謝をしたのです。

墓参の後に場所を変えて、友人と娘さん夫婦と会食をしました。
お互いに積もる話は沢山あり長時間話し込んだのです。
その中で非常に驚いた話がありました。
実はこの亡くなられた店主は片腕であった奥様を32年前に亡くされてからお一人でお店を切り盛りしていたのです。これはこれである意味超人的な所業なのですがね。
しかも出前も受けていたので、私はお店でぽつねんと待たされることは多々あったのです。
ところがその待っている間にお店のキャッシャーからお金を盗む輩がいたのですね。
さらに深夜の店主の寝入りばなに裏口から忍び足で厨房の裏にある引き戸を音も立てずにこっそりと開けて侵入してきたネクタイ着用のサラリーマン風の男がいたそうです。
そしてその動きに息をこらして見ていた店主は、こっそりと忍びこんだサラリーマン風の男と目が有ったそうです。
店主は、何か御用ですか、と聞いたところ、そのサラリーマン風の男は、まだお店はやっていますか、と聞き返したので、店主は、すみません、もう深夜なのでお店は締めさせていただきました、と答えたそうです。
するとサラリーマン風の男は、それじゃ帰ります、といって入ってきた時と同じように引き戸を静かに締めて帰ったとのことです。

何で驚いたかといいますと、私は私の育った下町には店主が出前をしている間に、このようにお店のお金をくすねるような輩はいないと信じていたのです。
いくらなんでもそれをしては人間としてお終いだよと思っていました。
しかし現実いたのですね。
そして深夜のこそ泥ですか、同様に昔の下町はあまり鍵をかける習慣がなかったので、それを逆手にとって侵入したのですね。
この場合の驚いた理由はこそ泥の侵入理由が食事に来たと言ったことです。
言うに事欠いて、まだお店はやっていますか、はないでしょう(笑)
しかし店主も落ち着いた対応で、もう深夜なのでお店は締めさせていただきました、と答えたので事なきを得たのです。万が一店主が男気をだしてそのこそ泥を捕らえようとしましたら、場所が厨房なだけに包丁等の凶器は巨万(ごまん)とありますので、大怪我をしていたかもしれません。
そういう意味では店主は人生の達人だったのでしょうね・・・

いずれにしても私の青春の思い出が大団円を迎えたのでした。


今日は駿河台に出没です。
今日のお店は以前から行きたかった「スカイラウンジ暁」さんです。

住所: 東京都千代田区神田駿河台1-1 リバティータワー 17F
電話:03-3296-4545
定休日:日曜・祝日

IMG_1602
お店の外観です。
「スカイラウンジ暁」さんは明治大学駿河台キャンパスの17階にある、その名のとおり、地上約75メートルからの眺望を楽しめる学生食堂です

IMG_3661

IMG_3667
店内からの眺望です

IMG_3656

IMG_3657

IMG_3666
店内の雰囲気です。

IMG_1604

IMG_3653

IMG_3654
メニューです。

IMG_3669
トリプルラーメンの丼です。
これは偶然にも食べていた学生がいたのでお願いしてパチリさせていただきました。
しかし若いってウラヤマシイですね(笑)

IMG_3655
今日はパスタが食べたかったのです。
「ツナのピリ辛パスタ」「ペペロンチーノ」「たらこスパゲッティー」のどれにしようか悩みました。
前に並んでいた明治大学の女子学生さんにここのお薦めパスタを聞いたところ、女子学生は圧倒的に「たらこスパゲッティー」が人気ですとのことでした。その後で作り手のお姉さんにも聞いたところ、折角明治にいらしたのなら週替わりスパを食べていってください、とのことでしたので、作り手のrecommendationに敬意を表して、本日のオーダーは「ツナのピリ辛パスタ+セットサラダ」@370+@120=490円です。

IMG_3658

IMG_3659

IMG_3660
見た目「美パスタ」です。
それでは実食です。
これは炒めパスタですね。ウン熱々できあがっています。
ちょっと炒め方が均一でないせいか辛い部分と全く味がしない部分が混在しています。
学食だからこのような調理はありです。
味ですか学食は安さ勝負です。後は行間を読んでください。
サラダはedgeがたっていて美味しいです。
明治ですから、野菜も取らなければイケません。
ちょっとこの件(くだり)は書いている本人も意味不明ですね。

これで490円であれば大満足のランチでした、キッパリ。

それでは(^_-)

神田 石川亭 10th

今日は「日本酒復権」の話です。 
忘年会
12月を迎えると一気に忘年会シーズン突入です。
私は全くお酒を飲まないのに今年はすでに5件も忘年会の予定が入っています。
宴席は大好きなので今から楽しみにしています。
しか〜し、二日酔いにならない幸福(しあわせ)はこの上ないものですね(笑)

最近夜の街に小間物屋を開く無粋な輩は減ってきてはいますが、師走の期間だけは随所で散見されます。
このような輩を三都巡りと言うそうです。
即ち、今日(京都)、大酒(大阪)、反吐(江戸)から来ているとのことです。

熱燗もいつ身につきし手酌かな(久保田万太郎)

最近はmeismの浸透からか差しつ差されつの光景が激減しています。
個人的には寂しい限りです、やはりお酒、特に熱燗はこの儀式がないとしっくりきません。
しか〜し、お酒は適量で呑むのが一番でしょう。
それに加えて、楽しい語らいと美味しいつまみでの一杯が最高です。

お酒といえば日本酒ですが、近年50年で酒蔵数が半数の2,000社に減少しているそうですね。
直近の調べによれば酒蔵の製造軒数は、恐らく1,600社前後になってしまっています。
ということで今の日本酒製造の状態はどん底だそうです。
この状況を打破すべくファミリーマートや人材派遣のスタッフサービス・インベストメントが酒蔵買収をして、あらたな日本酒の創造をし始めています。
具体的には、これまでの日本酒のイメージを変える新しさが大切との思いから、アルミボトルの日本酒等の商品開発がなされています。
また、ファミリーマートの戦略会議では、カップ酒を飲んでいただいている方でなく、あたらしいお客様をターゲットにした商品conceptで再生しようとしています。
いずれにしても、新しい試みで日本酒を変えていこうという意欲を持った酒蔵のみが生き残るということらしいです。
今海外では、日本酒が料理に合う酒として皮肉にも脚光をあびています。
このままでは太古の昔から日本人に愛されていた世界に誇る日本酒のpresenceが形骸化してしまいます。
日本の酒(日本酒)が一番日本の料理に合うことを再認識しましょう。
その為にも、皆様これから参加される忘年会ではおおいに日本酒を指名してください。
日本人なら日本酒でしょう・・・


A girl who tried to create a fake car accident to make money in Taiwan
The driver is a cop, he has recorder in his car.



今日は神田に出没です。
お昼食べるのが面倒臭いなぁとブツブツつぶやいていたらこのお店に吸い込まれてしまいました。本当にblack holeのようなrestaurantですね(笑)
ということで今日のお店は当blogではお馴染の「石川亭」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-5-6 小山第二ビル1F
電話:03-3291-3158
定休日:日曜・祝日(ランチ予約不可)

IMG_3529
お店の外観です。

IMG_3532
店内の雰囲気です。

IMG_3530

IMG_3531
メニューです。

本日のオーダーは「本日のランチ」@1,100円です。
内容は前菜、スモークチキンと梨のサラダ ブルーチーズソース、主菜、石川亭ムサカ(茄子・挽肉・チーズのグラタン仕立て)です。

IMG_3533
前菜のスモークチキンと梨のサラダ ブルーチーズソースです。それでは実食です。
ウンこのスモークチキンはイケますネ。梨も甘くてこのスモークチキンに良く合います。
ここのchefの食材の組合せは、類まれなるセンスで構成されているといつも思っていますが、今日のこの組合せは真(まさ)にストライクですね。とても美味しいです。
さり気なく添えられている胡桃の配慮にも脱帽です。

IMG_3534
主菜の石川亭ムサカ(茄子・挽肉・チーズのグラタン仕立て)です。
ムサカとはギリシャのほか、トルコやエジプトなどの地中海東部一帯でポピュラーなオーブン料理のことです。
見た目美グラタンです。
このグラタンはここの名品であるマッシュポテトがふんだんに使われていてとても美味しいです。
しか〜しちょっと量が多すぎます。さすがにこの量は、私にとってはtoo muchです。
流石に味に飽きはこないのですが、量がね・・・今晩豚になった夢を見そうです。

それでは(^_-)

富士見台 ルーナルッカ

今日は「My favorite performance」の話です。 
交際スタートから11年目を迎えた夫婦に訪れた奇跡。 それは、ご主人とご家族、お友達から奥様へのサプライズプレゼントでした。

実は私はこの手の演出が大大大好きなのです。
こんな日がいつの日かこないかなと思っています。
しか〜しこの奥様を自分に置き換えてみますと。
子供達はこのperformanceをやってくれると思います、多分。
私の両親は既に他界しているので、このperformanceへの参加をお願いするには、まず依頼人の奥様が恐山のイタコのところに行って両親の交霊してもらわないといけません、これにはかなりの時間プラ〜ス費用がかかってしまいます。
弟は頼まれてもやらないと思います・・・
妹夫婦は頼まれなくてもやると思います、間違いない。
奥様の家族は奥様の頼み方次第では、奥様の両親以外はやてってくれると思います、多分。
私の友達関係は条件付きでやってくれると人は沢山いると思います。
しか〜し、その条件は反省会なので、きっと高くつくと思います、間違いない。
それ以外の交友関係を思い浮かべてもやってくれる人はそれなりにいると思います。
特に高校の時の女子達は安牌でしょう(笑)

でもこのようなことを尽瘁(じんすい)してやるのは、私の知っている限りでは私だけでしょう。
しか〜し、これは私に対するsurpriseなので、私が自作自演したら意味がありません、やはりこれは無理ですか・・・
そもそも奥様がこのようなことは絶対に企画しません、やはり絶望だ、間違いない。

いくら日産のfull supportがあったとはいえ、このご主人は良く74人のschedule調整と踊りの練習を遂行したものです、実はこのご主人は見掛けによろらずなかなかのやり手だったりして・・・
真に纏め上げたなら尊敬しましょう!
万が一これがやらせのactingだったら、これからは絶対に日産車は買いません、宣言でき〜る。
ちなみに私は、日産車の車しか買ったことがありません、これは事実であって間違いな〜い。
確か日産の広告代理店は博報堂です、あそこならこのような仕込みはやりかねない・・・かな?
いずれにしても本当に本当にウ・ラ・ヤ・マ・シ・イ・ゾ

なにか体調が悪いのかくだらないことをつぶやいていますので口直しにお気に入りのフラッシュモブ(flash mob)をご覧ください。フラッシュモブとは、インターネットを通じて連絡を取り合った大勢の人々が、突如としてある場所に一斉に集まってperformanceをすることです。

フラッシュモブの名称は、2003年に米国で開かれた大規模集会において初めて使われたとされています。それ以前から開かれていた「オフ会」に比べると、特定の目的や主張のもとに会合を開くという意味合いはより薄く、むしろ一種の即興・集団performanceに近いといわれています。



IMG_3510
今日は練馬で一番美味しいといわれているPizzeriaである「ルーナルッカ」さんに奥様と長男とでお邪魔しました。

住所: 東京都練馬区富士見台2-33-5
電話番号:03-5933-9699
定休日:月曜日

IMG_3511
お店の外観です。

IMG_3524
お店の紹介記事です。

IMG_3526

IMG_3513
店内の雰囲気です。

今日のオーダーは「マルゲリータセット」@1,000円、「マリナーラセット」@1,000円、「アマトリチャーナセット」@900円、「クレームブリュルレ(ジェラードはサービス)」@400円です。

IMG_3514
待つこと11分でサラダの到着です。
このサラダは野菜のedgeが立っていて美味しいです。
特にこだわりのトマトはほんのり甘くて美味しく頂きました。

そしてその5分後に「マルゲリータ」と「マリナーラ」の到着です。

IMG_3517

IMG_3518
まずは「マルゲリータ」です。
「マルゲリータ」は、一般にバジルの緑色、モッツァレラチーズの白色 、トマトソースの赤色を使い「イタリア国旗」を表現したものをいいます。
このピザは生地がもちもちしていて美味しいですね。
チーズがトローリとろけてたまりません。
トマトが控えめに主張しておりそれがチーズの味を引き立ていて家族の皆が高評価です。
かなりのlevelの味です。

IMG_3516

IMG_3519
続いて「マリナーラ」です。
「マリナーラ」はハーブとニンニクだけのシンプルなピザです。
特にここの「マリナーラ」はニンニクがかなりきいておりハーブが箸休めのアクセントです。
これは漢(おとこ)のピザでしょう。パンチがきいています、キッパリ。美味しいです。

IMG_3520

IMG_3522
パスタは「アマトリチャーナ」です。「アマトリチャーナ」は、イタリアのアマトリーチェという町の名前からついたパスタです。ベーコンにトマトを加えて煮詰めて調理します。
このパスタも「マルゲリータ」同様に控えめのトマトソースで仕上がっており、奥様は大絶賛です。
パスタがとてもモチモチしていて、さら〜に弾力ある柔らかさで口内感触最高です。
これは女性向きですかね。
美味しいです。

IMG_3525
ドルチェの「クレームブリュルレ+ジェラード」は硬いカラメル層の煮詰まった甘さが蠱惑(こわく)的で楽しめました。ジェラードは口内の夾雑物を相殺するような感じでスッキリと頂きました。サービスなのがうれしいですね。

最後にこのお店の奥様はnet上で評判が悪いのです。
実際最初に単独で行った時は、予約がなければ帰ってください、と言われてかなり気分を害して帰ったのです。
しかしその後netで調べたらこの奥さんちょっと日本人ポイ顔しているので初見ではわかりづらいのですが中国の方だったのですね。さらにいえば日本語が下手なわりには日本語の発音がいいので皆さん勘違いしてしまうのです。
私が片言の中国語で話をしたらなかなか好い人だったです。
その会話の中で、ご主人はイタリアのどこのレストランで修業されたのですか、と聞いたところ、シェフはイタイリアはちょびっと、親方(師匠?)がイタリア人だよ、イタリアにはちょびっといない、との答えでした。さらに、日本語は難しいでしょう、と聞いたところ、全然難しくないよ、と言っていました。この件(くだり)は中国の国民性(原則自分の不利は認めない)から推し量ったとすれば、いずれにしても日本語は発展途上の様です。
そうであればその様に接しておけばnet上で喧伝されている接客受けストレスは軽減できるのではと思う今日この頃であります・・・

それでは(^_-)

代々木 風雲児

今日は「それをお金で買いますか?」の話です。 
大型遊園地(テーマパーク)ではお目当ての乗り物の前に長蛇の列ができる。割増料金で行列に並ばず優先的に乗れたりするのだが、先日の東京の独演会の桂文珍師、「お金があれば割り込めちゃうんだからすごいですねえ」ってな調子で観客をおおいに沸かせていた。  

師も読んだのだと思う。マイケル・サンデル米ハーバート大教授の「それをお金で買いますか」には「割り込み権」をはじめ今お金で売り買いできる珍物がこれでもかと並ぶ。絶滅にひんしたサイを撃つ権利。赤の他人の生命保険。高校は生徒が本を1冊読めば2ドル支払い、肥満の社員が痩せれば報奨金を出す。

それでも最近のフランスの話には驚いた。注文のとき「お願いします」と言い添えた客のコーヒー代を、邦貨で20円ほど割り引くカフェが出始めたそうだ。わずかな額とはいえ、ついに「常識」までが売りものである。インタ―ネットの仮想空間に浸りきりでまひした他人への心遣いを取り戻す手伝い、という趣旨らしい。

割り込み話で沸く独演会場に出し抜けに着メロが響いた。「そのうちよけいにお金を払えばいちばん前の席で携帯で話せるようになるんでしょうかねえ」。文珍師匠のアドリブに一層盛り上がった客席で考える。無礼傲慢身勝手無精に勇気礼節謙遜努力。まさかまさかのうちに、何にでも値がついてしまうかもしれない、と。
日本経済新聞「春秋」より転載


サンデル教授の主張は実に明快です。市場取引にふさわしくないものが「経済的効率性」の名のもとにカネでやりとりされていると言っています。それらを金銭で取引すれば、人間行動の本来の価値が変質し、腐敗するとサンデル教授は考えています。
たとえば、あるテーマパークでは追加料金を払えば待ち行列の先頭に割り込めますが、それは「行列に並ぶ」という規範を貶(おとし)めることにもなります。贈り物を「現金化」すれば欲しいものが買えて「効率的」ですが、友情は腐敗するといっていますがこれは少し乱暴な指摘だと思います。そして、「生命保険の自由市場」は「命で賭けをすること」であり、「道徳的気まずさ」を生むかもしれないとも指摘しています。
本書の中では他にも、「ダフ屋行為はなぜ悪いのか」「成績が良い子どもにお金を払うべきか否か」「絶滅の危機に瀕したクロサイを撃つ権利が売買されているという事実」など様々なお金と道徳的価値について問題提起しています。「お金で買えないものがある」というマスターカード理論に対しての反証と実情の提示の数々は、天の邪鬼の極大化のように思います。

個人的には幼い時にみた加山雄三さん名を一世にしらしめた「若大将」シリーズでは、主人公の若大将はありとあらゆるserviceお金に替えることに努めていました。
一例をあげれば、授業の代返であったり、他の運動部の助っ人であったり、ラブレターの代筆であったり、試験の予想問題であったり、当時の大学生の”あったらいいね”というserviceを色々と考えだしては実行し、自分の所属する運動部の運営費用を捻出していたのです。
少しサンデル教授の論ずるところとは少しディスクレ(discrepancy)になるのかもしれませんが、これは当らずとも遠からずだと思います。

要は道徳的な観点での考察も必要なのでしょうが、この「それをお金で買いますか?」ということは本質的にはそれが市場経済(取引)に沿っているかどうかです。
serviceの効用が悪いものは市場からretireさせられ、良いものはcome to stayするという単純な法則に支配されるだけです。
そこから先の領域は人間の良識のbiasによって可変していくものなので過度の憂慮は無用であると思います。

ちなみに私が「それをお金で買いますか?」というものが一つだけあります。
それは混んでいる電車の座席の交替の権利です。
満員の電車の中で座っている人達は皆、胸に「△△駅で降ります。100円」という札を胸に付けています。
それを利用者は自分の降車駅との兼ね合いで自分の合った権利を買うのです。これがあればとても便利です。
疲れて帰宅した時に立って帰るのは嫌なものです。ましてすぐに降りるだろうと思って前に立っていたらなかなか降りず、気がついたら自分の降車駅近くでその人が降りると言う事はたまにあります。
電鉄会社は、このシステムをいち早く構築してnet配信してくれたらいいのになぁ、と立って帰宅するときはいつも思っています。

Sometimes we really go out of our way for a good laugh, here's a best of their most crazy complex and spectacular pranks



IMG_3550
IMG_3549
今日は初台に出没です。
今日は例によって昼食時間帯にお昼をとりそこねたので毎度お馴染みのlate lunchです。
この日はすごく寒くかったのでラーメンと決め打ちです。
ということで今日のお店は行列のラーメン店「風雲児」さんです。

住所: 東京都渋谷区代々木2-14-3 北斗第一ビルB1F
電話番号:03-6413-8480
定休日:日曜、祝日

IMG_3556
お店の外観です。

IMG_3552
メニューです。

風雲児
芸能界やホテル支配人を経てラーメン店主となった「風雲児」店主 三宅重行さんです。
イイ男ですね。

IMG_3553

IMG_3554
今日のオーダー「らーめん」@700円です。
断酒してから何故かラーメンを食べなくなりました。
以前は美味しいラーメン屋さんは必ずcheck and goだったのですが、それを最近は全くしていません。
従ってこのお店が超人気の大行列ラ―メン店だったということも知らずに入店したのでした。
入店したらくりびつで店内には10人以上の行列ができているではありませんか(笑)

食券を買ってから18分で着席し、23分で着丼です。
それにしても店主を始めとしたstaffの対応は素晴らしいですね。
下手な高級restaurantより抜きんでています。

麺はストレート中太細麺です。
スープは鶏風味です。スープの約束の熱々は充分にたもたれています。
スープそのものは粘度が高くこってりしていますがそれほどくどくはありません
魚粉の香りが味わいを倍加しています。
うん、これはおいしいですね。
接客も良いし味もよい、一年間ラーメン屋さん訪問をさぼっていたのにこのような素晴らしいお店に遭遇するとはついています(笑)

それでは(^_-)

本郷三丁目 こくわがた

今日は「surprise」の話です。 
IMG_3504

IMG_3505
先週の休日は息子達と妹夫婦が私の誕生祝いをしてくれました。
奥様は仕事で欠席でした。会場の設営は長男がしてくれてくれました。
折角のご招待なのでありがたくいそいそと出向きました。
お店は池袋にある「とんちゃらり」という豚料理がmainのレトロ感溢れるお店です。
店長始めとしたホールスタッフの気遣い一杯の接客はとてもよかったです。
さらに豚料理を主体とした創作料理の数々はほんとうに美味しくて舌鼓を打ちならしながらいただきました。

一応B級グルメブログですので、少し料理の紹介もいたします。

3とんちゃらり
これはこのお店の花型スターの豚の焼き串の面々です。
とても滋味あふれて美味しいです。

岩沼とんちゃん
TBSはなまるマーケットで紹介されました宮城県B級グルメ「岩沼とんちゃん」です。
少し辛味のきいた味噌だれで炊き上げるとんちゃんはいけました。

閑話休題おはなしはもどりまして
サプライズケーキ
19時からはじまった誕生祝いも宴たけなわとなり時計の針はまさに22時を指そうという頃に、突然照明がおちて店内は漆黒の闇状態となり、驚く間もなく大音響のbirthday songが響き渡りました。そしてホールスタッフがスパークリングキャンドルが弾けるbirthday cakeを持っておごそかに入場してきたのです。
へぇ〜私以外にも今日誕生祝いをしている人がいるんだ、あとで奇遇ですね、と挨拶に行こうかなと思いそのcakeの行き先を虎視眈々と追っかけていました。
ず〜っとそのcakeの進行の軌跡をみていまいしたら、何だかこちらの方に向かっているではありませんか。
まさかという思いがここで初めて湧きあがってきたのです。
そのcakeが私達のラスト1メートルに達した時にまさかの思いが確信にかわり、その確信が現実に変わった時に沢山のクラッカーが店内に鳴り響きました。
ホールスタッフ全員から“Happy Birthday Splashさん。お誕生日おめでとうございます”との大発声を頂きました。
それに呼応するように店内のお客様全員がおのおののグラスを高々とかざして“お誕生日おめでとう。乾杯〜ってご唱和してくれたのです。

実はsurprise cakeの洗礼は始めてなのでした。
本当に感動したのと同時にこれだけ沢山の人から、“おめでとう”っていわれたのも生まれて初めてです。
感激が極大に達しました。
皆さんありがとうございました。本当にうれしかったです。
そしてこの会を設営してくれた息子達と妹夫婦にもおなじく感謝の言葉をいわせていただきます。
本当に本当にThanxxxxxxxxxxxx!です。

折角ですのでこの幸せな気分のお福分けを読者の皆様にもしたいと思います。
この動画をご覧ください。
人が喜ぶ顔は人を元気にする力があると思いませんか。


今日は本郷三丁目に出没です。
時間は19:30です。会社に戻ろうかとおもったら、お腹がギューッと一声を発しました。
食べてから会社にもどろうと思い立ち寄ったのが、前から注目していた行列の讃岐うどん屋「こくわがた」さんです。

住所: 東京都文京区本郷2-39-7
電話番号:非公開
定休日:日曜、祝日

IMG_3585

IMG_3586
お店の外観です。

今日のオーダーは「かけあつあつうどん並+鶏天+げそ天」@350+@100+@100=550円です。
実は私すごくせっかちです。
券売機で食券を求めたら即食券排出口から食券を掴み取るとせかせかとカウンターに行こうとした時に麺打ちをしていた店員さんから、お客さん、お釣り取り忘れていますよ、と教えていただきました。すると店主とおぼしき人が、おまえ、なんでゆーたんや(笑)だまっとったらポッケにいれられたやないかい、とかぶせてきました。
いいつっこみですね、こういうノリは好きです。

IMG_3588
メニューです。

IMG_3590

IMG_3589 (0)
待つこと3分で天ぷらともども着丼です。
まずはげそ天に塩を振っていただきました。
げそを一口噛みきって口に入れると、波の音がドップ〜ンっとするではないですか、これは活きている烏賊の味です。とても、すごく、きわめて美味しいです。
ちなみにこの巨大げそは青森で水揚げされたものだそうです。
しか〜し、このげその大きさはすごい、まじにくりびつてんぎょのいたおどろ!です。
続いて鶏天にも塩を振ってを頂きましたが、これもかなりのlevelですが、初めに食べたげそ天のimpactが強すぎて少し見劣りしてしまいました。ちがうか味劣りですか?
付け加えるとこの鶏天volumyです。私にはかなりtoo muchです。
しか〜し、このvolumeで100円で大丈夫なのでしょうか・・・

IMG_3592
満を持してうどんに行きます。
麺はedgeがきっちりと立っていて歯ごたえ充分です。
麺は手切りなので微妙な不揃となっていますがそれがかえって口内感触の楽しみを増幅させます。
透き通った出汁は熱々で雑味がなくとても美味しいです。

IMG_3593
食べ始めてすぐに前述の店主とおぼしき人が、足りなかったらこそぅと言うてくださいね。大きい声でいうたらあきませんで、と言われていた事をおもいだして半分食べた頃に、こそぅと、少し足りません、と言ったらこんなにも足してくれました。
うれしいserviceですね。
このお店すべてが最高です。
再訪店ですね、キッパリ!

それでは(^_-)

訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ