下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

2011年09月

オムニバス

今日はオムニバスですのでB級グルメネタはありません。 

今日は日曜日、会社に行くつもりだったのですが、昨日長男が帰省していたので大もんじゃpartyをしました。
最初は控えめに飲んでいたのですが、あまりのもんじゃの美味しさについつい飲み過ぎてしまい、軽い宿酔いとなり出社を断念してしまいました・・・いいのですか仕事たまっていますよ!
ちなみに我が家のもんじゃの具は、明太子、ウィンナソーセージ、粉チーズ、餅、干し海老(高級品)、タコ、ベビースターラーメン、新鮮群馬高原キャベツです。それに個人の好みで紅生姜、SBカレー粉、青海苔を加えます。
この具のもんじゃをもんじゃtown月島で食べれば、軽く@1,500は超えます、ハイ。
作るのが下町もんじゃ担当大臣の私ですから不味いわけがありません、皆がほっぺを落としてしまいくっつけるのに一苦労していました。
我が家のもんじゃの作り方は「月島焼き」です。
「月島焼き」というのはキャベツ、ウィンナソーセージ、干し海老を良く炒めてから大ベラで良く押しつぶして具のエキスをだし、土手を作って焼く方法です。
永年の経験からいいますと、これが一番美味しいのです、ごめん地元浅草焼き!


IMG_9394

IMG_9393

IMG_9395
※RNはRadio Nameの略です
※日天のポストカードの切手は、投稿ネタの内容に合わせています。
  今回は猛女ですので女性の切手になっていますネ。

久々にTBSの「安住伸一郎の日曜天国」に投稿ネタが取り上げられました。
最後に取り上げられたのが今年の2月ですので、7ケ月も干されており喜び一入(ひとしお)です。
投稿ネタは「親戚が集まると必ず出る話」です。

親戚が集まると必ず出るのは私の祖母の話です。
20代続く我が一党の長女でしたので、祖父を婿にとりました。
昔の婿取りは強かったのです。

水田の水争いの様な揉め事があると、一升瓶をぶら下げて揉めている先に出向きます。
そこでさしつさされつねばり強く交渉し、最後に相手が、貴女には、もう参ったといって酔い潰れるのをみとどけてから莞爾と笑い悠然と帰ったそうです。

日露戦争に参戦した祖父は武運強く無事に帰国したのですが、戦地の方がどれだけ楽だったかとこぼしていました。
明治のパワフルバアサンです。


祖母についてはあまりよく知らないのですが、それ程気が強いという印象はありません。
父と一緒に父の実家に帰った時、父が実家で飲んで嵌めをはずして大騒ぎすると、祖母は一喝していました。
すると青菜に塩ではないのですが、父がシュンと大人しくなっていたのが、往時の片鱗ですか・・・
そうそうわが妹の顔が祖母にクリソツです、酒の強い所もクリソツです。
たまに妹と飲んでいると「血脈」という言葉を再認識いたします。



墨絵作家
上の墨絵は墨絵イラストレーターの茂本ヒデキチさんの作品です。
土屋アンナさんのfeat.MONKEY MAJIK / GINGERで茂本ヒデキチの作品がbackに使用されていましのたで紹介します。宮本武蔵さんの筆致に似ていますね、スゴイ!



feat.MONKEY MAJIK / GINGERさんの出だしの歌詞です。
You’re my ginger.
You’re my fire.
You take me higher.
Yeah, our situation's gonna blow♪

It's taken me a while.
To realize.
Just what exactly it is I'm chasing.
I’m tryin’ to say
You move too fast, you’re on your way.
And all I do is fall back♪


それでは(^_-)

大泉町 やぶ重

今日は「大秀才異聞」の話です。 
週刊文春に作家林真理子さんが「夜ふけのなわとび」というコラムで次の様な一文を書かれていました。それは「大秀才」の話です。
先週のこと、本当に驚いた。テレビで「全国高校生クイズ大会」というのをやっていたのであるが、決勝に残った開成と灘高生が、もう信じられないような秀才なのである。
準決勝の際ノーベル賞を受賞した素粒子物理学の益川敏英教授が、 
「宇宙の広さを計算しなさい。ただし▲▲は△△とする」(すみません、この質問すら全く理解出来ない)。すると三人の男の子が、長い長い数式の末、ちゃんと解いてみせた。答えが同じなのが開成と灘で、このまま決勝に進んだのである。 
この子たちって、とても高校生とは思えない。歴史だってオペラだって、文学だって何だって知っている。どれも難問だが、すらすらと解いていく。 
「紀元前の戦争を出来るだけ書き出せ」 
という質問に、開成の男の子は二十二個あげ、解説した大学の教授は、 
「大学院の修士レベルですね」
と感心していた。科学の質問もものすごく専門的で、とても「クイズ」というレベルではない。感心し最後は怖くなった。 
「どうやったら、こんなにすごい頭脳の子どもが育つんだろうか」
彼らは勉強したり、知識を詰め込んだりするのが楽しくて仕方ない様子である。一種の勉強オタクと言ってもいいだろう。世の中の親たちは、アニメやゲームに走るより、こっちの方のオタクになることを切に頭っているに違いない。

私もこの番組が好きで良く見ています。
林さん同様に質問が分からないという事が多々あり面食らうこと夥(おびただ)しいものがあります。
この子たちは皆、当たり前のように東大に行き、学者さんとか官僚になるのでしょうね。

個人的に大秀才だなと思った人は、高校三年生の時、代々木ゼミナール本校で現役国立理科系難関校数轡璽澆鮗講したときに出会った人です。
講義の後半、数学の講師がアポロ衛星の軌道修正の話になり、アポロ衛星は絶えず軌道を予測しなければならないと語っていました。
そして一次関数、二時関数、三次関数、四次関数の説明をされた後おもむろに10個の乱数を書いて、この関数を考えろ、という問題をだしました。
これができないとアポロ衛星はcontrolできないぞ、と付け加えました。
当時の私は、数学が大得意で、10分位ウンウンと考えたのですが、いいところまで行くのですが変数が一つ足らず答えがでません。
講師は、解けなくても考え方だけでもいいんだよ、と言った時に、最前列に座っていたチョット小太りで長髪、黒縁眼鏡の男子学生が手を上げ、こんなふうに考えてみたのですが、と言ったのです。
講師は壇上から降りてきて、その男子学生のノートを覗きこみ、二三の質問を加えた後に、この生徒は今の質問の答えができている、しかも考え方のセンスがいい、今までいろんな講義でこの問題をだしているが最高の解答だ。もし君が東大にいくんだったら、医学部なんかにいかず是非とも数学科に入ってくれ、と懇願していました。
私は愕然としました。私がこの問題を呻吟している間に、まるでお茶漬けを食べるかのようにサクサクと解いてしまった、この同学年の学生に尊敬の念を抱いたのです。
多分この学生は東大に入ったんだろうな、世の中上には上がいるもんだなと思った18歳の秋でした。

今日の画像はfear(怖い)です。
最初の画像はダム穴です、これは絶対合成写真でしょう?
もしガチでしたらこの少女を尊敬します。
ダム穴


これは危ない、急いで逃げなくっちゃ!
怖い話


今日は奥様と二人きりです
健康食を食べようとお邪魔したのがこちら、蕎麦が美味しい大泉町「やぶ重」さんです。

住所: 東京都 練馬区大泉町1-2-2
電話: 03-3922-3352
定休日:水曜日

IMG_9379
お店の外観です。

IMG_9381
メニューです。

IMG_9382

IMG_9386
私のオーダー「肉汁そばせいろ」@800円です。
本当は「鴨せいろ」@900にしようかと思ったのですが、@900円という値段にヘジってしまって、う〜ん何と小市民なのでせうか(笑)
見てください、こんもりと豚肉が入っています。
これはイケますね、せいろの盛が多くて後半お腹がくちくなってきました。
美味しゅうございました

IMG_9384
奥様のオーダー「たぬきそば」@530円です。
これは安定感ある一品です。天カスがカラッと揚がっていて結構です。
ちょっとお汁(つゆ)が濃いのですが、「たぬきそば」はこれ位辛くないと美味しくないと思います、ハイ。

それでは(^_-)

勝どき サイゼリヤ

今日は「昭和の死語」の話です。 
昭和は遠くなりにけりですが、覚えていますかこの言葉、知っていますかこの言葉です。

やもめ
夫のいない女。また、夫を失った女。未亡人。後家(ごけ)さん。屋守からきています。
この言葉は知っています、良く母が“男やもめにウジがわく”といって独身の甥っ子が来ると喧(かまびす)しく言っていましたので。

シスターボーイ
この言葉自体は知っていました。
シスターボーイとは言葉使いや態度、仕草などが女っぽい男性のことで、アメリカ映画「お茶と同情」でジョン・カーが演じた女っぽい男性が“sister boy”と呼ばれていたことから生まれた言葉のようです。
私は今日の今日までシスターボーイっておかまやニューハーフの一種だと思っていましたがどうやら違うようです。
丸山明宏(現:美輪明宏)さんのような人をさすみたいです・・・未だにおかまとの違いがよくわかりせん(笑)

アッパッパー
ベロ〜ンとした部屋着のような長めのワンピース状の洋服のことらしいです。
「だらしない」という意味でもあっぱっぱーと使っていました。
母がよく、▲▲の娘さんたら、あんなアッパッパーな服着て出かけたわよ、って近所のオバサンと話していたのであまり良い意味ではないのだろうなという位の感じですか。
建築現場では開放(free)の意味で使われるようですね。
言葉自体は知っていたましたが、意味が今一つ不明です。

月賦
これは死語ですね、今はリボ払い若しくはローンですよね。

コッパン
これは死語ですかね?
これはcotton pantsからの短縮語で、コットンのズボンです。
もしかして今はチノパンって言うのですか、違いが分かりません。
往時のアイビーリーガーの必須アイテムじゃないですか。
アイビーリーガー、これも死語か?

色男
これは死語ですネ。
色男の語源は、歌舞伎で男女の濡れ場を演じる「濡事師」で、色白の美男子に見せるため、顔を白く塗っていたことから、「濡事師」は「色男」と呼ばれるようにもなり、美男子を意味するようになったようです。
当時の色男の意味は、美男子は美男子なのですが、女好きな(好色な)性格の人を指していたような気がします。
今はもちろんイケ麺、違うかイケメンですね。

とっくりセーター
これは死語ですネ。
タートルネックセーターのことです、直訳すると亀首セーターですか。
タートルネックも死語で今はハイネックですよね・・・
とっくりセーターって前と後ろが分かりづらく着直すことが多々ありました。

トップ屋
これは死語ですネ。
トップ屋とは新聞雑誌などの「トップ」(一面)に載るような記事(ネタ)をよくすっぱ抜く記者のことなのですが、今は何と言うのでしょうか、フリーランスジャーナリスト?

ナウい
これは死語ですネ。
「ナウい」とは、かつて流行した若者言葉で、「今風の」を意味する語である。英語の「now」に由来し、新しいものを「ナウな」と表現したことから派生したものです。
同時に発生した「ダサい」が現存しているもの不思議です、ハイ。

面白画像です。

まずは「煙草の煙のイタズラ」です
煙草の煙


私ならお金もらっても絶対にやらない
怖い話


今日は勝ちどきに出没です。
お昼をゆっくり食べる時間がなかったので、お邪魔したのがちら「サイゼリヤ 勝ちどきビュータワー店」さんです。

住所: 東京都中央区勝ちどき1-1 2F
電話:03-5547-8508
定休日:無休

IMG_9168
お店の外観です。

IMG_9170

IMG_9171

IMG_9172
今日のオーダー「タラコソースシシリー風」@399円です。
待つこと3分で着皿です。
もともと茹でであったパスタに歯磨きの様なチューブに入っているタラコソースを掛けてキザミ海苔をパラパラって乗っけた様な風情(ふぜい)です。
一番上の画像はdefaultの状態です、そしてパスタを天地返ししながらタラコソースを満遍なく混ぜます、そして富士山の噴火の如くパルメザンチーズをこれぞとばかりに振りかけます。
味ですか、@399円ですのでNo claimです。
戦うビジネスマンにとってタラコは活力を与えてくれます、痛風のもとのプリン体もね(笑)
お昼が食べられただけでもサイゼさんに感謝です、ハイ。

それでは(^_-)

錦糸町 みつまさ

今日は「皇室溺愛異聞」の話です。 
愛子さまの不登校問題、そして病的としか思えない雅子さまの愛子さまへの溺愛。ご病気、ご病気とされながら、全くご病気にみえないほどハツラツとされている。
昨年2月22日に始まった不登校騒動。そしてその後 愛子さまには 前例のない特別扱いが学習院で。学校の授業に1時間目から行くこともなく早退を繰り返された。そしていくら 我が子が心配とはいえ、東宮の妃殿下ともあろう方が、毎日愛子さまに付き添って学校へいくという異常さを許している宮内庁と内閣府。
世界広しとはいえ、こんな母親はありえない!それを大目にみている日本の女性週刊誌のバカさ加減。愛子さまはお弁当も他のお子様たちと教室でいただかず、特別室で雅子さまといただくそう。こんな我儘をなぜ宮内庁が許しているのかわからない。また、夫である皇太子殿下は、妻に何もいえないのであろうか。私にはわからない。このような雅子さまが全週刊誌に守られ、紀子さまのような方がなぜ批難されるのか。ご結婚前、あの凛々しかった皇太子さまが、ご結婚後、まるで小和田家に婿養子にいったようになり、実に不甲斐なく思う。
美智子皇后の、ご実家の正田家も、紀子さまの、ご実家の川嶋家も、皇室に嫁がれたお二人を宮廷に訪ねることは殆どありませんが小和田家は違う。雅子さまの母、優美子さんと双子のご姉妹の礼子さんに節子さん方は、頻繁に東宮御所にあがっているようす。

ご病気であるはずの雅子さまがご公務はできない、宮中の祭事はおできにならないのに、なぜスキーやスケートに行かれたりディズニーランドに行くことはでき、季節折には必ず避暑地にいかれたり、バカンスをとられる。そうした 色々な折々にご姉妹とそのお子様たちを招かれていたり。
つまり税金で雅子妃のご姉妹とそのお子様たちをもてなしているのである。また、皇居へあがって両陛下に新年のご挨拶もしない雅子さまが、ご両親と銀座の高級レストランに出かけてお食事することは、いとわないのだ。
天皇陛下をして「愛子」に会えないのは 寂しいことだ」と言わしめてしまったことを、皇太子殿下はいったいこうしたことをどう思っていらっしゃるのだろう。毎日学校へ愛子さまの付き添い登校をハツラツとしている雅子さま。
毎日の大名行列の登校だけではない。宿泊を伴う校外学習にまでついていってしまう。こういうことを許す宮内庁は実におかしい。宿泊を伴う校外学習の目的は親から離れ、友達や先生との集団生活の中で規律やルールを守りながら、自立心を養うことにあります。保護者の間では、また雅子さまが同伴されるのではお泊り学習の意味がないという意見も口にする人も少なくなかったそうだ。
かまぼこ工場見学の時にまで、雅子さまは出かけたため工場の周辺道路には総勢30名ほどの 制服・私服警官が立ち、物々しい雰囲気に包まれ、児童の中には、心から社会科見学を楽しむことができない子もいたという。

これだけだってあきれているのに、今回の富士山中湖の2泊3日の校外学習は、前代未聞の異例事態!この初等科の校外学習は原則として、保護者の同伴が認められていなかったにもかかわらず、雅子さまは愛子さまの2泊3日の行程に強引に同行。学習院初等科のバスを10分遅れで追走。そのため、愛子さまを 車両10台、警官80人で、「掟破りの大追走3日間」と、女性雑誌に書かれるほどになった。

今回のこのお付き添いは、ご公務ではないのに大勢の警官がつかれてたことについて、掟破りと言われても、しかたがないと思われている。47才の雅子さまは、いったい何という病気にかかられていらっしゃるのでしょう。適応障害でしたかしら・・・・・・・・・・・・・・・?!

私は、オランダのベアトリクス女王の夫君、プリンス クラウスが、うつ病にかかられた際拝見しましたが、お顔には魂が入っておりませんでした。また、高島忠夫さんや、先日お亡くなりになった竹脇無我さんがうつ病になったとき、やはり同じ症状がお顔にみられました。が、雅子さまの場合、ハツラツとなさっていてとてもとてもご病気にはみえません。ご結婚のとき、皇太子妃となられた認識と覚悟がなく、"わがまま病″に陥っただけと思われてもしかたがないような お振るまい。このままではとても皇后さまになることはとても無理なご様子。いっそのこと、皇太子さまは、東宮であることをご遠慮され、秋篠宮さまに ゆずられた方がよいのではと思ってしまいます。そうすれば、雅子さまは自由になれます。本来大変優秀な方であったのですから。外交に、思う存分、そのお力を発揮され、国連でも、どこでも世界の一流のところで、ご活躍されたらよいのではと思ってしまいます。その方が、雅子さまが お幸せになれるのではと思ってしまいます。
「デヴィの独り言 独断と偏見」より転載

実際雅子様が毎日のように授業を見学され、普段から「毎日が参観日状態」で子供達も委縮しているようです。
何が皇室で起きているのでしょうか・・・
デヴィ夫人の様に辛口ではないのですが、愛子様は12月で10歳、世間でいわれる「つ離れ」の年頃です、雅子様は愛子様への溺愛を正に卒業をしなければなりません・・・
ちなみに「つ離れ」の「つ」とは一つ、二つの「つ」です。一つ、二つと歳を数えられるうちは子供ですが、「十歳」となれば大人扱いしなければなりません。
「つ離れ」とは子供扱いからの訣別の意味です。

閑話休題。
雅子様がこのように校外学習に付き添われると、交通規制、検問、愛子様が宿泊される施設周辺は「立入禁止」規制がしかれるなど多大な迷惑が我々民草にかかるわけです。
常識人で有った雅子様は重々奈辺の事情はご存じだと思いますが、やはり「可愛い子には旅をさせろ」でしょう。

今日は錦糸町に出没です。たまには「海亀 さん」 行こうと思い出向いたら休みです。
いつから火曜日が休みになったのでしょう。
仕方なく 風俗店の呼び込みをさん達を避けながら訪れたお店がこちら「そばの里 みつまさ」さんにお邪魔しました。

住所: 東京都墨田区江東橋4-20-4
電話:03-3631-5850
定休日:土曜日・日曜日・祝日

IMG_9369
お店の外観です。

IMG_9371
店内の雰囲気です。
奇数月の第三水曜日には若手真打「三遊亭金時」師匠仕切りの落語会があるようです。

IMG_9370
メニューです。

IMG_9373

IMG_9375
今日のオーダー「おおもり」@760円です。
待つこと10分位で着蒸篭です。
なな何と蕎麦の色が緑色です、甘皮を丸ごと挽き込んだのでしょうか・・・
水切りが悪いのか?少しベチャベチャしていますね。
蕎麦の匂いが濃厚です。
ヒゲタの超特性醤油をベースに薩摩のかつお荒本節でとった「辛汁」でいただきます。
「辛汁」はいいですね、ツルツルとお蕎麦が口に入っていきます。
味ですか、まずくはないのですが、なにかつけ麺を食べているような感じがします。
麺が細縮れ麺だからでしょうか?

それでは(^_-)

勝どき よつば リターンズ

今日は「納涼屋形船」の話です。 
IMG_9334

IMG_9337
今日は高校の同級生と納涼屋形船に乗りました。
何かしょっちゅうこの様なことをやっているような気がします。
今回はオックスフォード大学の▲▲教授の帰国祝いと作家の△△先生の新作出版記念を兼ねているのですが、実態はただの飲み会です。
作家といえば我が高校は「宮部みゆき」さんが卒業しています。

「納涼屋形船」ですか、16時出航ですので西日が強く全く納涼にならず、クーラーもなく、さらに食べ物がお好み焼きと焼きそばだったので暑いこと暑いこと。
西日の直撃を受けていた私の背中は熱射のため反りかえってしまいました。

IMG_9340

IMG_9341
最初はなんだかわかりませんでしたが、これはアイスキャンディ船です。
時機を得た商売ですネ

IMG_9356
二次会では▲▲教授が隣の席でした、日本では知らない人がいないくらい有名な教授ですが、私には高校時代の野球部のimageが強く、なかなか今のpresenceと一致しません。
そうそう彼が怒っていたことがあります、日本の大企業に頼まれてオックスフォード大学のマスター(修士)を日本の大企業に送りこむのですが、日本の社員同様に彼等にTOEICの試験を受けさせるそうです。
オックスフォードのマスターの彼等はなんで日本に来てまで母国語の試験を受けさせるのだと▲▲教授にcomplainするそうです。
確かに変といえば変ですよね


今日は勝ちどきに出没です。
お昼をゆっくり食べる時間がなかったので、お邪魔したのがちら「よつば」さんです。

住所: 東京都中央区勝ちどき1-1B1
:不明
定休日:不明

IMG_9258
お店の外観です。

IMG_9255

IMG_9256
今日のオーダー「冷やしかき揚げ天ぷらそば」@400円です。
ここの天ぷらはいつも揚げたてです、揚げたての天ぷらはたまらなく美味なのです。
さらにカラッと揚がっているじゃないですか、と・て・も美味しい。
IMG_9257
自家製キムチは食べ放題ですしね、これまた美味しいのです。
立ち食いでなければ毎日行きたいお店です。
今日も美味しかったですよ


それでは(^_-)

大阪 サカエ食堂

今日は「いろはにこんぺいとう」の話です。 
「いろはにこんぺいとう」は関東圏ではけっこうポピュラーな「しりとり歌」です。
子供の頃には良く歌いました。
いろはにこんぺいとう こんぺいとうは甘い
甘いはお砂糖 お砂糖は白い
白いは兎 兎は跳ねる
跳ねるは蚤 蚤は赤い
赤いはほおずき ほおずきは鳴る
鳴るはおなら おならは臭い
臭いはうんこ うんこは黄色い
黄色いはバナナ バナナは高い
高いは十二階 十二階は恐い
恐いはおばけ おばけは消える
消えるは電気 電気は光る
光るは親父のはげあたま


凌雲閣
これが正調らしいのですが、私達下町っ子は「高いは十二階 十二階は恐い」は「高いは東京タワー 東京タワーは怖い」と言い換えていたようです。
十二階って浅草にあった関東大震災で半壊した凌雲閣でしょう、さすがに十二階とは歌わないでしょう(笑)

さらにこんなversionもありました。
いろはに金平糖 金平糖は甘い
甘いはお砂糖 お砂糖は白い
白いはうさぎ うさぎははねる
はねるはかえる かえるは青い
青いはお化け お化けは消える
消えるは電気 電気は光る
光るはおやじの はげあたま

さよなら三角、また来て四角
四角は豆腐、豆腐は白い、白いはお砂糖、お砂糖は甘い、甘いは金平糖、
金平糖は星、星は光る、光はおやじのはげ頭。
(「東京のわらべ歌」 昭和42年9月11日採取、淀橋第二小学校児童、新宿区西新宿)

何れにしても最後は「おやじのはげ頭」で終わっています。

子供の時、父親の取引先に光頭会(ピカピカ頭倶楽部)の会長の方がいました。
かなり活発な活動をされており、日本経済新聞にもその光頭会の全国大会は取り上げられていました。ちなみに開催地は当然のことながら江東(光頭)区です。
子供心にもやはりハゲ頭はいやで、この光頭会会長の方が父親の会社にこられると、あまりwelcomeではありませんでした。
デブの方は自分の健康管理ができない?ので誹(そし)られても仕方ないのでしょうが、ハゲは大半が遺伝的要素なのでしょう。
従って自分のハゲを誰ぞに誹(そし)られても、何か悪いことしたのかって、いう感じなのです。そういう意味で嫌だったのです、所謂不可抗力っていうことですよネ
幸いの事に私はかなり髪の毛がフサフサしておりその様な事態にはならないようですので、内心ほっとしています。


遠近画像

遠近画像
面白遠近画像Ver.2です。


今日は大阪に出没です。
今日のお店は大阪の典型的な大衆食堂「サカエ食堂」さんです。

住所: 大阪府 大阪市中央区上町1-6-7
電話:06-6761-5521 
定休日:不明

お店の外観です。
久々に大阪に出没です。今日のお店は「谷町四丁目」が最寄駅です。
この駅って大阪マラソンの通過コースでしたので、このマラソンレースに出走した私はとても懐かしく感じいっていました。

IMG_9299

IMG_9300

IMG_9305
お店の外観です。
上町って食べるところがなく探していましたら「で、B級って何やねん?」という雑誌の切り抜きがあったので迷わず入ってしまいました。

IMG_9303
店内の雰囲気です。

IMG_9301

IMG_9302
今日のオーダー「肉うどん」@600円です。
このお店はコテコテの大阪庶民のお店です。久々のホンマモンの浪速の雰囲気に触れて感激一入(ひとしお)です。
待つこと10分で着丼です。牛肉がこれかというばかりに入っています。
味ですか、さすがに牛肉文化の大阪です、牛肉の味がいいですね、ホッコリしています。
汁(つゆ)は控えめの味付けです、でも出汁(だし)はキッチリと効いています。
さりげなく入っている酢橘が白眉です。
とても美味しゅうございました、ご馳走様でした


それでは(^_-)

大泉学園 伊吹

今日は「Blackout」の話です。 
ブラックアウトとは、飲酒により脳内のアルコール濃度が高まり、記憶の中枢をつかさどる海馬が麻痺してしまうことにより、飲酒後の行動を覚えていない状態を指します。また、アルコール濃度の上昇は、理性をコントロールする前頭前野を麻痺させ、しばしば本能的な行動を引き起こします。

ロシアに留学する子供を身送った日は有休でした。
しかしその日は16時から重要顧客との打ち合わせが有るため、西新宿にある提携先に出向きました。重要顧客との打ち合せは18時に無事に終わりました。しかしこの日は金曜日でもあり、流れとしては懇親会です。
この日私は1時の就寝で4時に起床しため3時間睡眠です。
東京⇔成田間の移動する電車の中で仮眠を取ろうとしたのですが、子供の初留学ということで多少の高揚感と、一緒に見送りに行った奥様の妨害で仮眠はかないませんでした。

体調不良のため懇親会は丁重に固辞したのですが、世の中そんなに甘くなく、出席を強要されてしまい、最終的には西新宿の超高層ビルの最上階にある高級割烹の席に着いていたのでした。
接待は談論風発で異常に盛りあがり、皆それなりの年なのですが、Last30分は冷酒の一気飲みが始まり無茶苦茶な様相を呈してきました。
何とか重要顧客を20:30にkick outし、その後西新宿のションベン横町は「みのる」になだれ込みました。こうなってきますと私の人格は完璧にalcoholにcontrolされてしまうのです。このあたりで記憶が少しずつ飛んできています。何かにこやかに話しているようですが、話している内容が脳に格納されず、流出しつ続けています。

「みのる」をでた後さらにもう一軒行ったみたいです。
提携先の若手が付き合ってくれたようです。
その若手と何か夢中で激しく話し込んでいます。
そのうちに英語で話し始めた様です。私が英語で話し始める時は完璧にred zoneに入っている証拠です、間違いがありません、本人が言っているのですから。
何を話したのかも覚ええいません。
支払いは酔っていたので、提携先の若手に纏めて払ってもらい、後日精算ということにしました。
帰路は大江戸線で帰るところを何故か新宿線に乗ろうとしたみたいで、大江戸線を探しては新宿駅を痴呆老人の如く徘徊していました。
何とか家に帰り、泥人形が朽ちるようにして床についたそうです。
本当に断片的にしか覚えていないのです。久々のblackoutです、しかしblackoutに陥ったために帰巣本能が起動し何とか家にたどり着くことができたのです。

月曜日の朝一番で提携先の若手に金曜日のお礼と精算金額の確認の電話を入れました。
すると話が噛みあいません、彼の話からすると、彼は私と別れた後彼の上司とラーメンを食べに行ったので私とは三軒目には行ってないようです。
すると私は一体誰と飲んでいたのでしょう・・・
考えたくもありませんが、結論としてはどうやら知らない人と飲んで結果的にゴチになったようです。
コワイ、コワすぎます、しばらくはお酒やめます。


遠近画像

遠近画像
面白遠近画像Ver.1です。


IMG_9323
今日は大泉学園に出没です。
この大泉学園には牧場があります、スゴイですね(笑)
今日のお店は煮干しラーメンの新進気鋭の「伊吹ラーメン」さんです。

住所: 東京都練馬区西大泉1-2-10
:非公開 
定休日:月曜日

IMG_9324
お店の外観です。
看板がないので通り過ぎてしまいました。
場所は上述の「小泉牧場」を通り過ぎて下道通りを100m位先です。
大泉学園の有名ラーメン店「虎の子」さんの系列店のようです。

IMG_9328
本日の「煮干し度」です。
「ちょっとヘビー」です、素材や気温によってスープ濃度を変えているそうで、ライトやノーマルの日もあるそうです。

IMG_9325

IMG_9327
本日のオーダー「中華ソバ」@650円です。
このお店は前金制です、登別のクマ牧場からきたようなwildな髭面な方がご主人です。
でも話す声は羊のように優しいのです、不思議(笑)
スープは鶏ガラやモミジなどの動物系の出汁(ダシ)がベースです。そこに「いりこ」や「ひらご」という二種類の煮干しがたっぷりと入っています。
さらに最後に「煮干し油」を掛けまわすことで完璧な煮干しworldを作ります。
待つこと15分で着丼です。
ウーンこれはスゴイ煮干し工場の倉庫に入ったかのように、馥郁(ふくいく)たる煮干しの香りが立ち込めています。ちなみに一杯のスープ(200cc)に使用する煮干しは100g以上だそうです。
スープは少し辛めですが、香りを食べているようです。
麺は細ストレート麺で少し粉っぽいですが好きな質感です。
生玉葱が良いアクセントになっています。
チャーシューは少し硬めですが、この味には合っています。
これは美味しいですね、久々に美味しい「煮干しラーメン」を頂きました。
大満足です

それでは(^_-)

新橋 善庵

今日は「ヤーサマ異聞」の話です。 
ヤーサマの彫物については、江戸の頃は、本格的な博徒ほど「疵のない体」を大切にして、真白い無垢の肌を誇りとしたものだそうです。下っ端になれば、意気がりで彫ったりもしましたが、大っぴらに彫っていたのは、人前で裸になる必要のある商売、つまり駕龍かきとか臥煙(火消し人足)、鳶の者などに限られていました。 
彼らというのは逆に、真白な裸は、生々しくて恥ずかしいというので、制服のような意味合いで彫っていました。全身に威勢の良い模様が彫ってあれば、ふんどし一つの姿でも仲々頼もしく、きれいに見えるものです。
名称については、彫物、文身、人れぼくろ、と言うのが正しく、入墨とは決して言いませんでした。江戸時代に入墨と言えば、それは即、刑罰の刻印の事を言ったもので、自ら趣味で彫る物とは別だったのです。さて、この彫物、思う程古いものではありません。 
『好色一代男』の元禄期には、遊女と客との愛の証しとしてする入れほくろが盛んでした。これは男女が手を握り合って、互いの親指のあたる先にホクロを彫ったものですが、後には、相手の筆跡そのままに、二の腕へ「△△さま命」と彫るようになりました。江戸も中頃までは、文字程度のものでしたが、後期の文化文政頃になってやっと絵柄ものが現われます。がそれだとて、黒や青の渋い色調のもので、極彩色のものが出てくるのは江戸も終りの幕末期でした。
「大江戸観光」杉浦日向子著より転載

本格的な博徒ほどモンモンを入れなかったのですネ、知りませんでした。
でも本格的な博徒になるまでには時間がかかると思いますが、その間はどのように考えていたのでしょうか。
俺はいつの日か大物になるんだ、だからモンモンは入れないんだ、と心に秘めていたのでしょうか?

ヤーサマといえば私の幼少の頃、近所の天祖神社に隣接して「××組」という鳶の家がありました。
ここの親分はすごいアル中でやたらと町内で揉め事を起こしていました。
例えばお酒を飲み過ぎると勝手に近隣の家に上がり込み、台所から酒を見つけては飲みほし、そのまま寝てしまうとか、新年の獅子舞では一升瓶をぶら下げて町内を回り、ご祝儀が少ないと訪れた人の子供をガブガブと獅子の口で噛み続けるとか、枚挙に暇がありませんでした。
一番の思い出は、天祖神社の砂場は「××組」の真後ろで、そこで砂遊びをしていると、よく小指の入った薬瓶が落ちていました。多分件(くだん)の親分が酔って裏窓から投げ捨てたのでしょうか。
見つけた私達は「××組」に行き、子指の入った瓶がおちていましたよ、と届けるのですが、親分がでてきて、いらねえから捨てたんでぃ、まだ沢山あるから坊主達もっていくか、とからまれました。
子供心にも、この小指の捨て主が「××組」だと分っていたのは下町っ子だからでしょうネ(笑)

信じられない男

信じられない男
ちょっと信じられない男画像ver.2です。
本当に良くやりますよね!


IMG_9316
今日は新橋に出没です。
今日は隠れ家的蕎麦屋「ふじの国 善庵蕎麦」さんにお邪魔しました。

住所: 東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館 1F
:03-5537-0980
定休日:日曜日・祝日

IMG_9317
お店の外観です。ここはサラリーマンの聖地新橋駅前ビル1号館にあります。
今回は新橋で飲んだ後の締めでいったのです。夜の部は酒のつまみが充実していてなかなか良さゲです。

IMG_9320
店内の雰囲気です。

IMG_9319
メニューです。

IMG_9321

IMG_9322
今日のオーダー「ざるそば(十割蕎麦)」@780円です。
このお店の夜の部はミャンマー人達がやっています。
店内のお運びさんはミャンマー人女性です。なかなか感じイイですネ。
味ですか、蕎麦は良く冷えていて水切れもよく美味しいですね。
付け出汁(タレ)がなにか複雑な味です、もう少し削り節の味が強い方が味は引き締まる
感じがします。
でもなかなかでしたよ合格合格合格

それでは(^_-)

馬喰横山 志な乃

今日は「誕生月」の話です。 
イギリスの最新の国勢調査のデータをもとに、職業やパーソナリティに関する研究を行った科学者が驚くべき事実を報告している。その報告によると、誕生月によってその人の職業の向き不向きや、性格的傾向が決まるというのだ。
パイロットになる人は3月生まれ、スポーツ選手には9月生まれが多いという。さらに11月生まれには統合失調症にかかる人が多く、連続殺人犯もこの月生まれの人が多いようだ。すべての月に関する傾向は以下の通りである。

英国勢調査のデータをもとに調べられた、各誕生月の職業とパーソナリティ

1月 開業医、債務取立者、不動産業者

2月 アーティスト、物理学者、交通監視員、脳疾患にかかる傾向にある

3月 パイロット、ミュージシャン

4月 独裁者的になる傾向にある、健康障害を抱えるおそれがあり、平均的にIQが低い傾向がある

5月 スポーツ選手、政治的手腕を発揮する

6月 経営者、ノーベル平和賞受賞者のうち5人がこの月の生まれ

7月 レンガ職人、電車の運転士、作家

8月 レンガ職人

9月 物理学者、スポーツ選手

10月 3月生まれの人よりも215日も長く生きる傾向がある

11月 統合失調症にかかる可能性があり、連続殺人犯も11月生まれが多い

12月 歯科医、宗教や世俗的な事柄の指導者

占いのような報告内容なのだが、科学者によれば、この内容はきちんと科学的根拠に基づいていると説明している。「赤ちゃんが生まれる月は、その子の知性から寿命まで、すべての要素に関係がある」という。
たとえば誕生月の日照時間は、産前産後のビタミンDの生成に影響を与えており、赤ちゃんの免疫力の違いを生むという。春生まれの子どもは他の季節に生まれた子どもに比べて、病気になりやすいとのことだ。
このことについて米オックスフォード大学のラッセル・フォスター博士は、「誕生月の影響は小さなかもしれません。しかし、無視できないものでもあります。一見不条理に見えるかもしれませんが、あなたの寿命や体の特徴、学習能力にいたるまで、誕生月の影響を受けています」と説明している。

生まれる月を自分で選べないだけに、この結果はフォスター博士のいう通り、不条理に思える。しかしすべてが当てはまるわけではないので、参考程度に考えた方がよさそうだ。
「ロケットニュース24」より転載

これは信じませんネ。
職業は後天的な要素が多いと思います。

さらに申せば、一流ハンマー投げの選手の子が再び一流ハンマー投げ選手に、不世出の名騎手の子がまた不世出の名騎手になるということ、これは遺伝なのかとお思いきやどうやら遺伝ではないようです
これは一見DNAが伝わっているように見えますが、実はプロを育てる「環境」が伝えられただけなのです。
一流となる人は一流になるための特殊(練習方法等)な時間の中に長いこと身を置いています。その特殊な時間を一流の子弟達は一緒に共有するのです。
例えばそれが一日三時間練習するとして、一年に千時間、それを十年に亘って継続し、その極限的な努力の上にプロフェッシヨナルという形質が獲得され、それを敢えて強要する環境が××二世を作るのです

好きになってはイケない国です、しかし良くここまでやりますよね(笑)



今日は馬喰横山に出没です。
今日は蕎麦の行列店、民芸風手打ちそば「志な乃」さんです。

住所: 東京都中央区東日本橋3-1-4
電話:03-3644-9795
定休日:日曜日・祝日

IMG_9265
お店の外観です。

IMG_9260
メニューです。

IMG_9261

IMG_9263

IMG_9264
このお店の隣りのお店は有名な「都寿司」、2Fにはタイ料理のバンコック「ラララ食堂」です。そして、すぐ近くには坦々麺で有名なチャイニーズレストラン「虎穴(フーシュエ)」があるというものすごいエリアに位置しています。人呼んで馬喰横山グルメカルッテットですか。

今日のオーダー「合盛り(そばとうどんの二色盛)並盛」@1,100円です。
手打ちそばと手打ちうどんの二種類が美しく盛られています。
小盛りといいながらも、結構な量です。この盛りの良さがまず何より嬉しいです。
お店の人は中盛を頼むと、当店の中盛は量は多いです、初めての方は並盛がよろしいと思いますよ、といって説明してくれます。

ここの蕎麦は噛み応えがあると同時に香りも高いものです。
つけ汁は薄めの色をしていますがかなりショッパイですね。
うどんも艶があります。
うどんの麺はやや細めですが、コシも十分にあり、味もしっかりしています。

しかし@1,100円の値付けは考えてしまいます。
美味しいのが確認できましたので再訪はないでしょう・・・多分。

それでは(^_-)

五反田 めんこや

今日は「なぞなぞ」の話です。 

外国製のものは好きじゃないという人の、職業って何?
【答】コックさん、コックさんだけに国産好き

透明人間の職業と言えば何?
【答】無職、無色透明なので。

予約を取るのが得意な人の職業は何?
【答】関取、関取(せきとり)だけに席を取るのがうまい。

話をするといつも肯定してくれる人がしている職業って何?
【答】運送屋、運送屋だけに、何を聞いても「うん、そうや」。

いつもSサイズの帽子をかぶっている人の職業は何?
【答】消防士、Sサイズは小さい帽子なので、「小帽子(しょうぼうし)」。

どんな勝負でも勝ったことがない人の職業は何?
【答】歯医者、敗者なので。

商売なのに、何も売ってくれない職業って何?
【答】占い師、占い師だけに、何も「うらない」

ある病院の看護婦さんが、患者さんに職業を尋ねたところ「私の職場は、あなたの職場より大きいよ」と言われた。これで看護婦さんは、その人の職業が分かったという。その人の職業とは?
【答】美容師、病院より大きい、つまり「びょういん」の「ょ」→「よ」にすると「びよういん」。

世界で核戦争が起きました。人類は死滅したかに思えましたが、滅んではいませんでした。
世界で、たった一人生き残った男、名前をジョージ。ジョージは、廃墟となったマンションの一室で打ちひしがれていました。そこに、コンコン!ノックの音が・・・。そして人の声が!一体、なぜ?
【答】女性はまだ生きていたから、問題では、最後の男と書いてあるだけ。女性は沢山いた。

借金取りが公衆電話を使って返済催促の電話をかけた。すると 「この番号は現在使われておりません」というメッセージが流れたので、すぐに電話を切った。
ところが、借金取りは、その直後にそれが嘘であるということに気が付いた。 メッセージは確かに電話会社のものだったし、電話が転送されたということもない。ではいったい何故、嘘であることに気づいたのだろう。
【答】硬化が戻ってこなかった、電話を切った時に硬貨が戻ってこなかった。つまり通話料が発生したため、嘘のアナウンスであると気がついた。

「なぞなぞ」は相手の気を紛らわせたり、笑わせたりするものです。まちがっても陰気ににさせたり、考え込ませたりするためのものではありません。
間違った答えや、陳腐な問題でも、笑っていればいいのです。
この世の真理とか、動かしたい事実だなんてものには「なぞなぞ」は全く関係ありませんから。
何か珍しく怒っていますネ、ロシアに留学した息子さんの心配で気疲れしているのでしょうか

「日本人は幸せそう」何故か絶賛される「ヘンな走り方」動画があります。
再生数200万回を超えたそうです。個人的にはお相撲さん編が好きです。



今日は五反田に出没です。
「讃岐だけがうどんじゃない、豚肉入りのつけ汁で麺の歯ごたえを楽しむ武蔵野うどんに注目!」のキャッチで有名な「めんこや」さんです。

住所: 東京都品川区西五反田2-4-6
電話:03-3492-1200 
定休日:日曜日

IMG_9253
お店の外観です。

IMG_9249

IMG_9254
お店の雰囲気です。

IMG_9248
メニューです。

IMG_9250

IMG_9252
このお店は、幡ヶ谷にある新感覚系武蔵野うどんでお馴染みの「めんこや」の支店です。
出汁はカツオ節・イリコ・昆布などから抽出した自家製。
自慢の手打ちうどんは打ち置き、茹で置き一切なし。
茹で時間5〜10分のうどんの麺量は小250g・並350g・大450g。
2010年「王様のブランチ」の決勝で名古屋の味噌煮込みうどんを破り全国一位の栄冠を勝ち取っています。
今日のオーダーは「サラダうどん」@890円です。
打ち置き、茹で置き一切ないため15分程度で着丼です。
見た目は美ウドンです。
味はどうでしょう、トマトを口にいれてから麺を天地返しにして味をなじませます。
麺は美味しい、艶あり、腰あり、甘さありで結構です。
タレはどうでしょうか、サウザンド・アイランドに出汁を混ぜた様でサウザンド・アイランドの味が全面にですぎています。ちょっと噴飯物ですね。
これってうどんを武蔵野うどんに拘らなければ家庭でも作れます。
卑しくもproのお店ですから、もう少し工夫が有ってよいと思うのですが・・・残念でしたweep


それでは(^_-)

銀座 さかなさま

今日は「幕末美系志士伝」の話です。 
幕末美系といえば沖田総司さんですが、彼の美系伝説はmediaの創作のようです。
現在残っている沖田総司さんの肖像画は、総司さんの姉のミツさんが孫・要氏を「総司にどこか似ている」と称したことから、昭和4年(1929年)に書かれたものです。
この肖像画に描かれている総司さんは美男子というよりは、どちらかというとまさに魚(さかな)顔で悪いことはしない人だろうなという印象でした。
八木家の者や新選組に関わった人物の証言では、「総司は美青年であった」とは書き残してはおらず、容姿に関する記述としては、「ヒラメ顔で笑うと愛嬌があり色黒」「肩の張り上がった」「猫背」「長身」と書かれたものが残っています。
ということで今回のrankingから外しております。

中岡慎太郎
私の評価として栄えある美系1位は「中岡慎太郎」さんでしょう。
この写真は左部分がちぎれています。隣にいるのは芸者さんだという説があります。
私はいつもこの写真をみて思うのですが、当時の写真は感度が悪いので撮影時間は5〜6分程かかります。その間ズーッとこの顔をkeepしていたのはスゴイですよね。
素封家の出自であるのに気取らず、行動派です。
志士活動の行動履歴をみてもいつも日本中を駆け廻っていました、その移動距離は軍艦で移動していた坂本龍馬さんを凌駕しています、本当ですよ。
いつも冗談をいって女性を笑わせていた中岡さんには好感を持っています。
イイ男ではないでしょうか。

土方歳三
第2位は土方歳三さんです。
私は新撰組時代よりそれ以後の東北・函館での活動の方が好きです。
若い頃は薬売りの営業をしており、その営業成績はとても良かったそうです、勿論女性fanを上手く取り込んだためと言われています。
この画像は死ぬ前のものだそうです。
函館戦争の時、戦争に参戦した姻戚の子を死なせたくなくこの写真を多摩の実家に届けるように言って助けたそうです。
役者顔ですね。

東郷平八郎
第三位は東郷平八郎さんです。
連合艦隊を率いて日本海海戦で当時世界屈指の戦力を誇ったロシア帝国海軍バルチック艦隊を一方的に破って世界の注目を集め、アドミラル・トーゴー(Admiral Togo 、東郷提督)としてその名を広く知られています。芸者さんにとてもモテたらしいです。
現代でも通用するイケメンですね。

木戸孝允
第四位は木戸考允さんです。
ちょっと性格は粘着質で晦渋な言語を駆使したようですが、元は生粋の剣術家です。
脱出の名人としても有名です。
奥さんは元芸妓の幾松さんで、その脱出を幾度となく助けてくれた彼女には生涯頭が上がらなかったようです。
私は鴨川にある幾松さんの寓居にも訪れ、その時代の雰囲気を確認しました。
ちょっと顔が濃いので今の時代の方が人気はあったのではと思います。

信じられない男

信じられない男
ちょっと信じられない男画像ver.1です。
良くやりますよね!

今日は銀座に出没です。
今日のお店は天然地魚貝の店「さかなさま」さんです。

住所: 東京都中央区銀座1-5-10 銀座ファーストファイブビル5F
電話:03-5524-2085  
定休日:無休

IMG_9137
お店の外観です。

IMG_9148
店内の雰囲気です。オサレです。

IMG_9136
メニューです。

今日のオーダー「天然地魚刺身定食」@980円です。
北陸から天然地魚毎日直送で養殖物は一切使わないそうです。
IMG_9147
サイドメニューの岩のりいりトロロです。いきなり美味しいじゃないですか!

IMG_9144

IMG_9145
今日の刺身は、海老、鮪、蛸、鮭、鱸(すずき)、イクラ、真鯛です。
味ですか、美味すぎる、たまらずほっぺたが落ちてしまいました。
お代りOKのアラ汁も秀逸です、多少値段が高い気もしましたが、銀座でこのコスパはうれしい限りです、ご馳走様でした

それでは(^_-)

柴又 川千屋

今日は「My private」の話です。 
IMG_9267

タシケント

IMG_9272

IMG_9273
子供がロシアに留学にしました。ロシアといってもウズベキスタンはタシケントです。
9月6日に2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会アジア3次予選第2戦が行われたところです。
タシケントは、人口210万人を越える、中央アジア最大の大都市です。旧ソ連、そして、現在のCIS諸国の中では、モスクワ、サンクト・ペテルブルク、キエフに次ぐ第4の都市です。そして、中央アジア諸国で唯一、地下鉄が通っていることでも有名です。

実は子供の語学力が心配だったのです。
成田空港で発券する時一緒に並んでいたのですが、後ろにロシア人の二人連れがおり子供に、彼等は何話しているんだ、と聞いたところ、全く分からない、と言っていたのでとても心配になりました。

子供の通う大学は何故か日本語学科があり日本に行きたいロシアの学生がたくさん学んでいるそうです。日本語を教える日本人教師も6人位おり全く日本語を話す人がいないわけでなく一安心です。
近くに日本センターというのもあります。そこにいけば日本語を話したくてウズウズしている学生が沢山いるそうで、そこで色々と情報を取れば何とかなるみたいです。
また日本からきているのは私の息子の大学だけではなく東京外語大学の学生もきており日本人学生一人ぼっちというわけでもないようです。
ロシアの中ではエリート大学のようで、勉強についていけるのかそれも心配です。
しかしそれらの事を今日知ったので、それまでは奥様と二人で子供のロシアでの暮らしをとても心配していました・・・親バカです。

屋外カラオケ屋
これはタシケントの路上カラオケだそうです。
歌える歌はウズベキ語、ロシア語、英語のみだそうですが、近い将来日本語曲の歌も用意されることを期待しています。

今日は成田空港からの帰路に柴又によりました。
ということでここから先はパチリでご覧ください。

IMG_9292

IMG_9293
「こち亀」電車です。知らない間に京成電鉄が複線になっておりクリビツしました。

IMG_9291
まずは「フーテンの寅さん」像です。
とうとう寅さんも石になっちゃったみたいです。

IMG_9274
帝釈天参道です。

IMG_9290
「金のうんこ」です。柴又のpower souvenirだそうです。
×××だけにウンがつくのかも

IMG_9283
帝釈天です。100回以上は訪れています。
子供の大願成就、安全健康を祈願しました。

IMG_9284

IMG_9285

IMG_9286
帝釈堂彫刻ギャラリーです。
昔はfreeだったのに今では400円の入館料が必要です。
昭和4年に完成し、この木彫りは法華経説話により取材し、当時の名人により彫られ、重要文化財的価値があるそうです。

IMG_9287

IMG_9288

IMG_9289
併設している𨗉渓園すいけいえんです。
緑がマブシイですね。

今日のお店は「川千家」さんです
柴又で鰻(うなぎ)鯉(こい)といえば「 川千家」 と親しまれてきたお店です。

住所: 東京都葛飾区柴又7−6−16
電話:03−3657−4151  
定休日:無休

IMG_9282
お店の外観です。

IMG_9275

IMG_9278
店内の雰囲気です。

IMG_9276
メニューです。

IMG_9277
鰻トリビアです。

IMG_9279
奥様と長男のオーダー「うな重竹」@2,730円です。
鰻は三河産です。鰻はホッコリしていて身が厚いです。
焼きもテリもよく、鰻の美味しさが堪能できます。

IMG_9280

IMG_9281
私のオーダー「柳川・ご飯・味噌汁」@1,900円です。
これは鰻と反して身が痩せています。身も臭みがあります
ごぼうのさきがけも量が少ないしこれでは「 川千家」の名がすたります。

それでは(^_-)

続 豊洲 安庵

今日は「銭湯パンツ隊」の話です。 
東京のド下町で生まれ育ったことから、何でもテキパキやることが美徳とされていました。
ノタクタした仕草をしていると親はもとより近所の人からも気合を入れられたものです。

当時の下町の家の風呂は材木を使って風呂をわかすことから、火事の延焼を恐れて内風呂の家は少なく皆銭湯に通っていました。
真夏の暑い日、友人の一人が銭湯で着替えるのが面倒臭いということからパンツ一丁でいこうということになり、友達数人で銭湯パンツ隊というのを結成しました。
銭湯へ行く途中近所の人から、パンツ一丁でどこいくんでぇ、と声掛けられ、銭湯にぃきまってらい、と答えると、そりゃ気がきいているじゃねえか、坊主達、江戸っ子はそうじゃなきゃいけねぇよ、とほめられたものです。

そんな銭湯パンツ隊ですが、クラスの女子から、男子達がパンツ一つで銭湯にいっているんだって、破廉恥ねぇ、恥ずかしいわ、と学校でいわれたのです。
友達と待ち合わせての行き帰りはそれなりに格好がつくのですが、一人で歩いているとまるで下町っ子の裸の大将となってしまうのです。
秋の空にいわし雲がではじめ吹く風がくしゃみを誘う頃、私達銭湯パンツ隊は自然解隊となったのでした。

昔の下町っ子の小学校時代の夏の思い出です。
しかし今このように振り返るとかなり恥ずかしいことをしていたのですね(笑)

不思議な画像です。
うまく合成させていますね。
不思議な写真

不思議な写真

不思議な写真


今日は豊洲に出没です。
豊洲の和食行列店「安庵」さんです。

住所: 東京都江東区豊洲4-6-3
:03-3533-1933
定休日:月曜日

IMG_9174
お店の外観です。

IMG_9175
メニューです。

IMG_9176
今日のオーダー「焼き魚定食(鯖)」@900円です。
ここの鯖は美味しいのです。毎日築地から仕入れた新鮮な魚を熟練の手練れで焼きあげるからですかね。身が柔らかくて尚且つ弾力があり、甘いのです。
今日も美味しくいただきました。
IMG_9177
さらにここの「豚汁」がイケるのです。
大根、牛蒡、蒟蒻、人参、豆腐が全て同じ大きさで切られており、板前さんの仕事という感じですか、これまた結構でした。

IMG_9178
行列ができるのは納得です。

それでは(^_-)

大門 龍馬灯

今日は「“しぐさ”の心理学」の話です。 
週刊文春のトップページに紳助研究ということで『それでも「顔」と「体」はウソをつけない』ということで特集をしていました。
以下は週刊文春さんからの転載です。
なんだか挙動不審だった紳助の会見中の「動き」からその深層心理を勝手に分析してみることにした。テキストは『FBI捜査官が教える「しぐさ」の心理学』(河出書房新社)である。 
会見の写真を見直すと、あるわあるわ。元敏腕FBI捜査官が指摘する、ネガティヴな感情や考えを表す動きのオンパレードだ。
もっとも顕著なのがストレスや不快感への大脳辺縁系の反応という「なだめ行動」で、男性の場合ネクタイを直すなど、首やのど元を触ることが多いという。紳助はまさに何度も何度もネクタイを直している。さらに手の組み方、口角の下がり具合など、ほとんど全場面を通じて、不安感や不快感を示す行動を表していたのだ。どれだけ後ろめたいというのか。 
ただ、同書によれば「それ自体で明らかにウソをついていることを物語るノンバーバル(非言語的な)行動は、存在しない」ので、専門家でもウソを見抜くのは大変難しい。

さらに具体的には
島田伸介
顔に触る(なだめ行動)
人間以外の動物も行う。大脳辺縁系の重要な反応だそうです。
不快感・不安を感じると。体の一部、特に顔やのど元を触って自分自身を「なだめる」のだそうです。

口がへの字になる(非常に強いストレスを感じている)
唇が見えている状態から、だんだん弾きしまり、最終的に口角が下がってへの字に見える表情は、大きなストレスや不安を感じている証拠だといいます。

目を細め、顔にしわを寄せる(非常に強いストレスを感じている)
不快な感情への反応で目を細めることはよくある。
さらに額のしわは不愉快な状況から逃げられないときに出るので、逮捕された人物の写真に多いそうです。

手を組み合わせる(自信のなさを表すポーズ)
広げた手の指先をつけるのが自信を表すのに対し、組み合わせるのは心配を表すポーズだそうです。

胴体を傾ける(不愉快な物から遠ざかろうとする)
わざわざ重心をずらす姿勢は疲れるが、不愉快なものがあると脳がそこから遠ざかるように命じるため、無意識に胴体が傾くのだそうです。

ネクタイに触る(なだめ行動)
なだめ行動は人それぞれ好みによって違ってくるが、ネクタイを直すのは男性の典型的なストレス解消動作である。

両手を背後で組む(近づくなというメッセージ)
両手を背後で組むというのは自分の方が地位が高いから、触るなというメッセージになるそうです。


お暇でしたらこの動画で一連の動作をご確認ください。


個人的な経験で申せば人事にいた時、採用試験で個人面接をよくしていました。
人事ですから意地悪な質問もたまにします。そんな時に特に女子学生ですか、自信のない答えをするときは、必ず目が固着します、要は相手の目をじっと見つめて話すのです。
その時足元を見ると必ず足が震えています、小刻みに動いています。
この様な動作をするときは間違いなく嘘答えでした。


今日は浜松町に出没です。
つけ蕎麦屋「龍馬灯」さんにお邪魔しました。

住所: 東京都港区芝大門2-8-9
電話:非公開
定休日:日曜日

IMG_9166
お店の外観です。

IMG_9165
メニューです。

IMG_9163

IMG_9164
今日のオーダー「黒辛つけそば」@750円です。
このお店は高知産の鰹出汁を使った”つけそば”が売りなようです。それではということで「黒辛つけそば」を頼みました。
まず鰹だしが猛烈に効いた和風スープです、美味しいじゃないですか。
辛さもパンチが効いていて結構です。
蕎麦はやや平打ちの麺です、水でよく洗われていてシャッキリしています。
IMG_9167
具は鶏肉だんごです。これは程良く弾力があり柔らかくイケますね。
とても美味しいお店でした

それでは(^_-)


田町 ラーメン丸

今日は「天ぷら学生」の話です。 
「天ぷら学生」というのは昔の学生用語です。
他大学で、その大学の学生であるフリをして、つまり、中身を隠してその大学の学生の「衣をつけて」授業に出ることから、そのような人を「天ぷら学生」と言ったのです。
決して方言ではありません。
東京でも通用していましたし、古い小説などにも出てきますよね。
学生服がすたれた今では死後、違うでしょ死語ですね。

高校三年生の時明治大学建築学科に現役合格した剣道部の先輩から、飲ませてやるから明治に来い、といわその当時のレギュラーメンバー5人が神田駿河台に出向きました。
当時の私の高校のparadigm(行動規範)からすると、東大、東工大、一橋、早稲田、慶應以外の大学へいくこと事態許されないことで、その先輩の明治大学建築学科の現役入学は皆で鼻白んだものです・・・
しかし年が一年しか違わないのに煙草をフカシながら当時の政治問題を熱く語る先輩をあたかも異邦人を見る様な感で瞠目していました。
私が訪れた駿河台campusの女性は皆?胸が薄く、Tシャツを着、ジーパンをはき、 煙草を燻らせて闊歩しており、私的には明治の女性(明治生まれのお婆さんではありませんから)は×と心に刻んだのです。

私のその年の受験は愛子様の将来?行かれる大学に受かったものの、個人的に許容できず浪人の道を選んだのです。
浪人時代、明治大学のcampusの雰囲気が忘れられなく、お茶の水にいくと明治大学ではなく何故か中央大学の生協にいき中央大学の校章のはいったレポート用紙を買い、あたかも中大生の様に中央大学の学食でお昼を取り、中央大学の図書館で受験勉強をしていました。
いわゆる天ぷら学生でした。

IMG_9158

IMG_9159

IMG_9160

IMG_9161
この画像は私の母校です。
就職が決まって長髪だった髪を切ったのに、卒論が完成しません。
酔っていたのか、頭が膿んでいたのか卒論を英文で作っていたのです。
ゼミの佐野先生からは、新年早々の提出だったら受け付けます、ということで必死にやっていました。
しかたなく大学の図書館で卒論を書いていたのですが、早々と卒論を終えた人間が多分優越感の裏返しだと思うのですが、卒論で苦しんでいる人間を麻雀に誘います。
私はこの悪魔的なtrapに掛からないわけがなく、誘われると雀荘に行き、その後の儲け金で飲みに行っていたのです。
このままでは卒業できません。
この悪循環を断ち切れることはできず、どうしようかしらんと考えたのは奥様の大学の図書館で勉強をすることにしたのです。

奥様の大学は医大(奥様は医学部ではなく看護学部)ですので、午前中の図書館には学生はほとんどいなく営業にきているMRさんばかりです。
入館の時にいつもABC製薬鈴木伸男と記帳するのですが、こんな会社あるわけもなくよく咎められなったものだなと今となっては思うところであります。
一ヵ月真面目に通っていたものですから大晦日前には卒論ができ何とか 卒業の目途がつきました。
奥様と都合がつけば医大の学食でlunchを食べたり、たまには飲みに行ったりして、結構楽しかったのです。

最後に決して自慢しているのではないのですが、ある時部屋を掃除しているときにその卒論がでてきました。
それとなく見たのですが、書かれている内容と英文が難しくて全くわかりませんでした・・・書いた本人が分らないというのも不思議ですね(笑)


これは熱き動画です。
私的には好きです、ご覧になってください。




IMG_9157
今日は田町に出没です。
ちなみにこの画像は昭和4年に製造されたガソリンスタンドだそうです。
旧赤坂区役所に設置されていました。

今日のお店はいつも行列が絶えない「ラーメン丸ラーメン」さんにお邪魔しました。

住所: 東京都港区芝5-30-5
電話:03-3454-0434
定休日:月曜日

IMG_9155
お店の外観です。

IMG_9149

IMG_9150
メニューです。

IMG_9152

IMG_9153
今日のオーダーは限定10食の「冷やしサラダ麺」@800円です。
待つこと5分位で着丼です。
見た目、美ラーメンです。
具はシャキシャキレタス、ピーマン、トマト、鶏肉(ささみ)です。
麺は中太縮れ麺です。
味はどうでしょう。野菜はedgeが立っていて美味しいです、特にレタスは秀逸です。
麺を天地返ししてスープにからませます。う〜〜んこれは美味しい、突然に頭の中にジャマイカの風が吹きこんできました、Just tropicalです。
このような美味しい「冷やしサラダ麺」を食べたのは生まれて初めてです。
「冷やしサラダ麺」の概念をかえた丼でした

それでは(^_-)

大泉学園 伝堂 4th

今日は「Are you a very superstitious person?(貴方はとても迷信深い方ですか?)」の話です。 

日本人は迷信を信じます!
以下に紹介する迷信を貴方は信じていましたか?

夜に口笛を吹くと、蛇(または妖怪、お化け)が出る。
かつて日本で人身売買が行われていた時代、摘発されないために多くが人目のつかない夜に売買取引を行っていました。その際、売人を呼ぶ合図が口笛だったため、「蛇(妖怪、お化け)が出るから吹かないように」という子供への警告が形を変え、現代まで残っている一例とする説があります。

風邪は人にうつすと治る。
風邪などの病気には潜伏期間があり、うつされた人が潜伏期間を経て発病した頃にうつした人の風邪が治ることがあることから、このような迷信が生じたらしいですよ。

しゃっくりが100回出ると死ぬ

ワカメやコンブを食べると、頭髪が増える。

夜に爪を切ると親の死に目に会えない。
夜に爪を切ると「夜爪(世詰め)」といって早死にする。

スイカの種を飲み込むと虫垂炎になる。

霊柩車もしくは葬式を目撃したら親指(或いは他の指)を隠さないと親族が亡くなる。

丙午の年に生まれた女性は、鬼となって家族(親・兄弟・夫・子供)を苦しめる。
この迷信が元で直近の丙午である1966年には出生数が前年に比べ約25%減少したそうです。

酢を飲めば体が柔らかくなる。

牛乳を飲むと背が伸びる。
カルシウム摂取で骨は強くなるが、実際には身長伸展には繋がりません。

緑青は猛毒である。

3人で写真に写った場合、中央にいた人が最も早く死ぬ。
カメラは中央にピントが合うことから、中央にいた人が最も魂を吸い取られると考えられたためです。また、集合写真で中央に立つのは年長者である場合が多いため、結果として中央の人が最も早く死ぬ確率が高いという事情もあります。

夜間に火遊びをするとおねしょをする

うなぎと梅干しを一緒に食べるとお腹をコワす。

食べてからすぐに寝ると牛になる。

かかあ天下の夫婦には男の子ができやすく、亭主関白の夫婦には女の子ができやすい。

ハチに刺されたらアンモニアを付ける。
ヤマアリ亜科以外のハチ目の毒にはアンモニアで中和可能なギ酸は含まれていないため、無効です。また、アンモニアを含むからとして尿を用いる民間療法もありますが、人の尿に含まれる窒素排泄物はアンモニアではなく尿素です。

雛祭りが過ぎた後も雛壇を出し続けると晩婚になる。

如何でしたか・・・
私は子供の頃は迷信深かったですが、今は全くありません。
父方の祖母が悲惨にも「しゃっくり」が遠因で亡くなりました。亡くなるまでしゃっくりが止まらずとても苦しんでいました。
見舞いの際しゃっくりで苦しんでいる祖母を見ていましたのでトラウマになったみたいです。
それ以来「しゃっくりが100回出ると死ぬ」というのをマジに信じていてしゃっくりが出ると慌てたものです。

私の亡き母は「食べてからすぐに寝ると牛になる」を口酸っぱく私達兄妹に言っていましたが、今思うとかえってその方が体にいいのではと思っています。


片手を壁に付けただけで身体は宙に浮いたまま。スペイン北部の都市ビルバオで20日、誰もの目を疑わせるような出来事が起きました。
この男性はドイツ人のヨハン・ロービアさんで、同じ姿勢で静止する得意技を売りとしているストリートパフォーマーとして知られているそうです。
ネタばれ動画です。



今日のお店は大泉学園の「伝堂ラーメン」さんです。
この間食べ損ねた「ガッツリラーメン」食べに参りました。

住所: 東京都練馬区東大泉3-16-8
電話:03-3925-0724
定休日:月曜日

IMG_9131
お店の外観です。

IMG_8996
ガッツリラーメンのポスターです。

IMG_9133

IMG_9135
今日のオーダー「ガッツリラーメン(並盛 180g 麺固)」@650円です。
頼んで約10分で着丼です。
見た目まさに「二郎」ですね。それでは実食です。トッピングのオロシニンニクをスープに混ぜ込みすすります。美味しい、イケますね。スープは濃厚な豚骨スープに魚介類を加えた味ですが、「濃厚中華そば」とは少しブレンドを変えているようです。
麺は縮れ太麺です、これは想像以上の弾力があって美味しいです。
野菜が硬いかな、後半飽きてきました。二郎の様なクタクタな野菜の方がこのラーメンにはあうと思います。
それと今日もスープがぬるく最後の方は味が失速してきました。
今日は豚児達も一緒にいたのですが、彼らが食べていた「濃厚中華そば」は最後までスープが熱くて結構だったのです、「ガッツリラーメン」にはご高配がなかったようです

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ