下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

2011年07月

有楽町 天久利 リターンズ

今日はチョット笑える話です。 
ここのところ超多忙でお昼も食べられない、食べても弁当とかいう状態なのでBlogへのupのネタもままならず、しばらくこんな状態が続きます。
ちなみに帰宅は毎日午前様で死にそうです。
早く普通のビジネスマンに戻りたい(笑)

今日はnetで見かけた面白話です。
今日、ちょうど定年退職をむかえた初老の男が ひとり、駅前の立ち食いそば屋で一杯のそばを食べている。
エビの天ぷらが一尾のっかった一杯500円のそばだ。
男は30年も前からほぼ毎日昼休みこの店に通っているが、 一度も店員とは話したことがない。
当然、話す理由なども特にないのだが、今日 男は自然に自分と同年齢であろう店主に話しかけていた。
「おやじ、今日俺退職するんだ。」
「へぇ・・・。そうかい。」
会話はそれで途切れた。
ほかに特に話題があるわけでもない。
男の退職は、今日が店を訪れる最後の 日であることを表していた。
すると突然、男のどんぶりの上にエビの天ぷらが もう一尾乗せられた。
「おやじ、いいのか。」
「なーに、気にすんなって」
男は泣きながらそばをたいらげた。
些細な人の暖かみにふれただけだが涙が止まらなくなった。
男は退職してからも、この店に通おうと心に決めた。
男は財布から500円玉を取り出して、
「おやじ、お勘定」
「800円」

如何ですか?
オチがイイですネ、久々に笑いました。

今日はエッ!という画像です。
まずこちらの画像二枚は同一人物です、中国人恐るべしです。
美女

美女


そしてこちらの画像です。
泉ピン子さん24歳の時のものです。最初信じられなかったのですが、じっと見ていたらそう見えてくるのが不思議です。まぁ本人だから当たり前か。
泉ピン子24歳


今日はお昼を食べ損ね気が付いたら有楽町にいました。
時計の針を見ると15:30です、少し時間に余裕ができたので、遅昼でも食べようかと立ちよったお店がこちらfast蕎麦の名店「天久利」さんです。

住所: 東京都千代田区有楽町2-9-16
電話:03-3214-3995
休日:日曜・祝日


IMG_8866
お店の外観です。

IMG_8869
メニューです。

IMG_8867

IMG_8868
今日のオーダー「岩のりそば」@500円です。
待つこと5分で着丼です。
見た目マズそばですが、はたしてどうでしょう。
それでは実食です。ウンこれは美味しいです。
岩のりとは、海苔と呼ばれる食用藻類のうち、岩場に自生している天然のものなので磯の香りが強いものです。ここの岩のり、磯の香りは強く鼻腔に突き刺さりはしませんが味わいは良いです。
よく水切りした冷え冷えのソバに岩のりはよく合いますし味わいが深くなりますね。
この様なfast-foodで@500円は高いような気がしますが、いいでしょう美味しいのですからhappy01

それでは(^_-)

勝どき トット!デル マンマ! リターンズ

今日は「難解なQuiz」の話です。 
IMG_8851
In the middle of some grass lay a carrot, scarf and some coal. No one had put them on the grass, but there was a perfectly good reason why they were there. Explain.
芝生の真ん中に人参、スカーフと石炭がありました。
誰も芝生の上にこれらのものを置きませんでした。
しかし何故そこにこれらの物があるのには完璧な理由があります。
説明しなさい。

これは難しいですね・・・何故人参、スカーフ、石炭が芝生の上に置かれたのでしょうか?
鳥が運んできた、飛行機から落としたなどの理由はこの三点がそこにある完璧な説明とはなりません。
答えは完璧な理由です、よくよく考えて下さい。
答えは最後に記(しる)してあります。
ちなみに私は全く分りませんでした、答えを教えてもらってのけぞった程です。


IMG_8852
今日は勝ちどきに出没です。
ボーっと歩いているとこの看板が目に飛び込んできました。
「もんじゃクッキー」です、ありえない、絶対に不味い?と思う。
妙にひっかったので帰宅してからnetで調べてみました。
このクッキーは見た目がもんじゃですが、味はオートミールとドライフルーツで作られているので美味のようです、ああ良かった(笑)
ということで今日のお店は「Totto!DEL ManMa!(トット!デル マンマ!)」さんです。

住所: 東京都中央区晴海1−8−16
:03-5547−2255
定休日:無休

IMG_8855
お店の外観です。

IMG_8858

IMG_8865
店内の雰囲気です。

IMG_8857
メニューです。

今日のオーダー「鉄板ナポリタン(玉子のせ)+バイキングバー(サラダ・カレー・ご飯・汁物が食べ放題)」@880円です。
IMG_8859

IMG_8861
バイキングバーがついています。早速サラダと白玉を取ってまいりました。
IMG_8862

IMG_8864
待つこと10分位で湯気がモヤモヤと立ち上っている「鉄板ナポリタン」の登場です、拍手乱打
見た目は美ナポです、具はホールトマトとウィンナソーセージというシンプルなものです。
ソースはシャツに飛びやすい系です。
玉子を良く掻き混ぜてから実食です。
味ですか、クドイ、クドスミダです。食べて三口で飽きてしまいました。
何じゃいこれはweep
という感じです、酸味が強すぎるのですネ。多分鉄板で焼いているので味見してないのではというように思えます。まあこいうのは好みですのでお好きな方もおられるのでは・・・
さらにいえば白玉は甘すぎます、なにか出来合いの缶詰っぽい味です。
唯一の白眉はサラダバーです。これであればサラダバーのカレー+ライス+汁物だけにすれば良かったのにと思ったりしちゃったのです、ハイ。

それでは(^_-)








答えは「Snowman」です。
確かに外国の雪ダルマって鼻は人参でしたね。

続 馬喰横山 めん屋そら曇天

今日は「ハングオーバー2」の話です。 
ハングオーバー
昨日は久々に奥様と映画に行きました。
その映画は「ハングオーバー2」です。
この映画は前作もそうですが、酒を飲み過ぎて大事件を起こすのですが、実はDrugの入ったお酒(今回はマシュマロ)とは知らずに大飲した為にハチャメチャになり大事件をとなるのです。
結果翌朝Blackoutとなり前夜の記憶探しに出かけながら大事件を解決していくのです。

ちなみに今回の粗筋は以下の通りです。
一作目はとにかく凄かった。誰にでも経験のある酒飲んで記憶がなくなること。
これをオーバーにしたらこうなった。というのが一作目だった。
とにかく半端じゃない大騒ぎは描かないで、翌日なんじゃこれ?というのが見もの。
いったいどうなってるのか?という謎解きにしてるのが傑作だ。
第二作目は場所をタイに移しての騒動だが、
しっかり一作目の続きを踏んでいる。二度とあんな目はごめんと思って、海辺でビール一本のはずが、またまた同じ目に。
今回歯医者のスチュ(エド・ヘルムズ)がタイで挙式を挙げることになった。
しかし、その婚約者の秀才の弟テデイ(メイソン・リー)に、なぜかあたるアランが、いじわるで妙なことをしたためらしい。
町はずれの汚いホテルで目覚めると、アラン(ザック・ガリフィナキス)は丸坊主、スチュは顔にタトゥ、フイル(ブラッドリー・クーパー)は何ともないようだが、記憶ない。
なぜかモンキーと怪しいチャウ(ケン・チョン)がいるではないか。
ところが、テデイがいない!?それも薬指だけ残して、誘拐か?事故か?
明日が結婚式なのにどうなる!
とまあ、一作目より騒々しさもアップし、麻薬取引や誘拐事件。国際警察、寺院、カーチェイスなど、これでもかと楽しませてくれる。
前作ではチョイ役だったケン・チョンが笑わせてくれる。
そして前回赤ん坊がアイコンだったが、今回はモンキー。
この子が他の役者を食ってしまうほどの名演技。
煙草を鼻でふかすなど大物の顔だ。画面いっぱいでも耐えられる。 
「藤井龍二の馬耳映風」より転載



前作より肩の力が抜けた分storyもわかりやすくとても楽しめます。料金以上の価値がありますよ・・・

そもそもアルコールを多量に摂取するとなぜ記憶を失うのか。社団法人アルコール健康医学協会・常務理事の古屋賢隆さんがnetで回答されていました。

「吸収されたアルコールは血液に流れ、脳へと到達して神経細胞を麻痺させます。深酒をして記憶の保管庫である海馬が麻痺すると、短期的な記憶ができない“ブラックアウト”の状態になるのです。また、飲酒は理性を司る大脳皮質の活動も低下させます。酔うと気が大きくなるのは、抑えられていた本来の感情が出るからでしょう」ということです。

昔はよく飲んだときBlackoutになりましたが、さすがに最近はないですね・・・嘘です、半年に一回くらいなります(笑)

この映画のロケ地はタイです、とくにバンコックを中心に撮影がされていました。
この地はよく出張で行っていたのでとても懐かしく食入るように見ていました。
有馬温泉
私にとってバンコックといえば「有馬温泉」です。
バンコックはスリウォンにあるこの有馬温泉は、13年の歴史を持ち、もはや老舗の域に入ります。でもここは本当の温泉ではなくサウナとスパです。そしてここのウリはタイ式マッサージです。
有馬温泉
私はタイ式マッサージがあまり得意でないので普通のマッサージを頼んでいました。
通常一人の客に三人のタイ人女性がつき、一人が上半身左、一人が上半身右、残る一人が
足を担当します。ここの足つぼマッサージは秀逸です。
マッサージが開始されてからだいたい10分位で口から九十九(つづら)折り浄蓮(じょうれん)の滝♪状態でヨダレを垂れ流し爆睡してしいました。
記憶でいえば値段は1時間@700円位です。
店内は日本語が通じないものの、日経新聞や日本の雑誌等がおいてありBSでNHKも見ることができます。
耳そうじ
バンコックにいったらお立ち寄り下さい、そうそう耳そうじもしてくれます。
スイカシェイク
終わった後のスイカシェイクはとても美味しいです!

今日は馬喰横山に出没です。
最初は坦々麺の名店「虎穴(フーシュエ)」に入ったのですが、当たり前ですが店内が混んでいて昼一番の打合せに間に合わなくなることが予想されました。
仕方ないのでcancelして打合せが終わったあと入ったお店がこちら「めん屋そら曇天ラーメン」さんです。

住所:: 東京都中央区東日本橋3-6-12
電話:03-3667-7740
定休日:日曜・祝日

IMG_8089
お店の外観です。このお店は東京・神田の「めん屋そら」が出した2号店です。

IMG_8092
お店のこだわりです。

IMG_8094
メニューです。
この画像の下に写っている魚粉連は、ラーメンには「鰹」、つけ麺には「鰯」、オールマイティな「鯖」というふうに使い分けるそうです。ちなみに二種類以上入れると魚臭くなるので注意くださいとのことです。

IMG_8850
今日のオーダー「味玉入りラーメン(240g)」@800円です。このお店は塩ラーメンのお店ですが、再訪店ですので醤油ラーメンにしてみました。
店内に入って打合せで話しこんだ為か咽が乾いていたので、お水ください、ってお願いしましたら、後ろにあります、とのことでした。
何だこの日本語はと後ろを振り向いたら、ウォーターサーバーが見えそこには「お水はセルフサービスでお願いします」とのことでした。
ウーン、店内はお客も少なくそんなに広い店ではないので、閑散期は水ぐらいだしてもバチがあたらないのではと思います。
ラーメンは豚骨と魚介系のWスープです。麺は中太ストレート麺です。
味ですか、結構雑味があって、あまり好きではありません。
チャーシュウーはゴロゴロしていて私の好きなトロトロ系ではありません。
塩ラーメンは美味しいと思ったのですが醤油は今一ですね。
ちょっと意外でした、こんな日もあります。

それでは(^_-)

東久留米市 夢庵

今日は「江戸時代にtime slipしたら」の話です。 
もし私達が江戸時代にtime slipしたらどうなるのでしょうか、下級武士のご新造さんの朝の一日で紹介してみます。

最初にご新造が起床、便所を済ませます。
汲み取り便所だから臭いですね。蛆が湧いています。ハエが便所に限らず、そこいらじゅうブンブン飛び回っています。しゃがんで用をたすのはきついですぞ。

次に井戸端で洗顔します。
釣る瓶で水をくみ上げて、その水で洗顔、大体は外の吹きさらしですから、真冬は寒いですぞ。

朝食の準備にかかります。
井戸端で味噌汁の実にする大根を洗い、米を研ぎます。台所の水がめに水を張ります。ブリキのバケツではなく、木の桶で運びますから重たい。道具は何でも重たくて大変。飯炊きの釜や薬缶もアルミ製のものはありません。みんな鉄か瀬戸物です。

竃(かまど)に火を着けます。
火打ち石でやります。なかなか火が着かず難しいです。火吹き竹で空気を送り込んでやっと景気よく燃え出しました。飯を炊きます。一人当たり三匹の目刺をあぶります。

雨戸を開けます。
障子はみな紙です。ガラスではありませんので、吹き降りの日だと雨戸を閉めないといけません。昼間でも暗いです。

家族そろって朝食。

食器などを洗います。
油の着いた食器を洗うのは大変です。ママレモンはありませんのでギトギトがなかなか取れません。水道の水でジャージャーやるわけのもいきません。

井戸端で盥(たらい)で洗濯します。これも大変です。
女性は大変でしょう・・・
田舎の明治生まれの女は、以上のようなことをやっていました。江戸時代とそんなに変わりません。電気(裸電球)とマッチだけが江戸時代よりマシなだけです。
教えてGoo「もし現代人が江戸時代で1ヶ月生活するとしたら、何で困るでしょうか?」より転載

私が江戸時代にtime slipしたら即に捕まるのではと思います。
というのも身元引受人なり出身地の証文などの証明書がなければ無宿人になってしまいますからね、Go to jail!でしょう
それと平均身長155cm前後の当時に177cmの身長ですからすごく目につくでしょう。
その上言葉が通じないでしょうし多分草書字も読めないと思いますので異国人と間違えられるでしょうね、多分。
子供の時にチャキチャキの江戸っ子オジイサンが近所にいましたが、ほとんど何を言っているのか分らなかったことが思い出されます、それと同じでしょう。
仮に無事に江戸の町に入り込めたとしても即に水あたりでしょう、正露丸売ってないだろうし、お金も持ってないでしょうし・・・ドラッグストアなどあるわけもないし。
食べ物も毎日野菜や精進料理の類(たぐ)いやお魚(さかな)ではまいってしまうでしょうね。
夏場では蠅、蚊に悩まされるでしょうね、さらに暑さでしょうか。
トイレも匂いで苦労するでしょう。
一番の問題は帰れることが前提でしたら我慢もできるのでしょうが、No Returnでは精神的に辛いのでは・・・
でも住めば都ともいいますので、慣れたら不夜城の吉原でも見学(あくまでも見学)してみますか。
下町っ子ですから土地勘はありますので、ハイ。

なかなか感動的なCMです。ACはスゴイ!



今日は同僚の見舞いで東久留米へ参りました。
なんだかんだ病院で話しこんでいたら14時になってしまい、その病院から一番近いファミレスに入りました。
今日のお店は「夢庵」東久留米弥生店さんです。
いわゆる一つのスカイラークグループです。

住所: -0034 東京都東久留米市弥生1丁目7−2
:042-462-9681
定休日:無休

IMG_8842
お店の外観です。

IMG_8846
メニューです。

IMG_8847

IMG_8848

IMG_8849
本日のオーダー「海老天もりそば(2玉)」@943円です。
この料理お得なのです、838円のInitial price@838円に+105円で2玉、3玉、4玉
全て値段が同じです。
家族連れできたら4玉頼んでshareするのではと思いきや、しっかりとそれはご遠慮くださいと注意書きに書かれていました。
味ですか、蕎麦はそこそこですが、水切りが悪く最後はベチョベチョになりました。
問題は天麩羅です、海老は痩せていて栄養失調海老です。
これまた揚げ方が悪いのかさらに引っ繰り返しが悪いのか裏面に油が残ってグチャグチャしていました。
ウーン、アルバイトの社員教育が徹底されてないとか、マニュアル至上義で応用が効かないとか色々と問題は内包されているのでしょうが、基本店長の問題でしょうね。
何故ならば我が家の近所の同じスカイラークグループのバーミヤンさんはいつ食べに行っても美味しいですよ。
こんな日もあります。

それでは(^_-)

品川 天華

今日は「一糸乱れぬ」の話です。 
実は私この「一糸乱れぬ」という言葉が大好きです。
見る者を圧倒させる、その動き、研ぎ澄まされ、完成されたものだけが出せるperformanceです。
理屈抜きに好きなのです・・・いいでしょう個人の好みなのですから(笑)

今迄一番好きだったperformanceがこれです。
インドキャッチプリキュアです。
まさに「一糸乱れぬ」ではありませんか、この動画をみると随喜の涙状態になります



さらに最近好きなのがこのWORLD ORDERです。
このWORLD ORDERは元総合格闘家・タレント・俳優・作家の須藤元気が、6名の男性ダンサーとともに結成した7人組ダンスパフォーマンスユニットです。
これは芸術でしょう!


そして一番好きなのは某国の行進です。
人間は緊張感が高まるとこのようなperformanceが可能なのです。
多分ですよ、万が一この行進を乱した兵隊の末期は・・・怖くて書けません。
貴方の想像している通りでいいのですよ。
何度見てもこの行進はスゴスミダです。




IMG_8841
暑い時には辛いものをということで、今日は品川に出没です。
今日のお店は出張グルメの巣窟「天華ラーメン 」さんにお邪魔しました。

住所: 東京都港区港南2-2-5
電話:03-3450-1006
定休日:土曜、日曜、祝日

まずはこのお店の行き方です。
品川駅港南口に出ます。するとpedestrian deck(空中歩廊)の左側にパチンコ「ガイア」さんが見えます。そこの左側を歩いていきます。
IMG_8840
するとこの路地が見えますのでこの路地に入って行きます。
途中分岐があります。
IMG_8839
その分岐を左側に舵をとって20秒ほどあるけば「天華」さんに着きます。 
驚いたことにこのお店は品川駅でおりたのに港区にあります、マジッ?

IMG_8834
お店の外観です。

IMG_8835
キタナシュランや昭和の食堂を取り上げた雑誌でも頻繁に取り上げられているお店です。

IMG_8837

IMG_8838
今日のオーダー「コショウそば」@800円です。
老夫婦二人でやっています、高校生の頃までよく見かけた所謂下町の「ラーメン屋」さんです。
ご主人はいつも前屈みになって仕事をしていたせいか背骨が湾曲していました、職業病?なのでしょうね。
壁に貼られたmenuは物価上昇の影響をうけてか驚くくらい加筆のうえ値上げされていました。

待つこと10分位で着丼です。
中細の縮れ麺の上に塩味のあんかけ、さらにその上に奥さんが仕上げにかけた大量の黒コショウが振りかけられたラーメンです。
あんは、もやし、白菜、豚バラ、タケノコ等の具材を炒めたものに鶏ガラスープをあわせてあんかけにしています。従ってこのラーメン自体はあんかけが蓋の役目をしていますので熱々です。
上にかかっているコショウはそれほど辛くなく、一般的なコショウよりは辛みが押さえられています。

味ですか、普通の味です。不味くもないし美味しくもない。
物見遊山というか怖いもの見たさというか上野のパンダというかいわゆる興味充足的お店でしょう。
近くにあればたまには行くかなという程度で、わざわざ品川まできて@800円も払って食べる様なラーメンではないと私は思います・・・

それでは(^_-)

上野 ブルースカイタイランド

今日は「ローラーコースター」の話です。 
高飛車
富士急ハイランド(富士吉田市新西原)に、最大落下角度121度でギネス世界記録に認定された大型ローラーコースター「高飛車」が完成し、今月8日、報道陣に公開されたそうだ。このニュースは海外サイトでも大々的に報じられ、スリル大好き、高所落下は俺のもの的な人々の関心を集めている
「高飛車」というネーミングに恥じないくらいの高飛車な走りを見せるこのコースター。総工費約30億円。リニアランチ方式による直線加速では約63メートルのトンネル内を一気に加速し、垂直巻き上げによって落下し、2種類の「加速感」を体験できる。
巻き上げでは空を見ながら上昇し、高さ43メートルのタワー上で落下姿勢で一時停止、そこから最大落下角度121度でえぐるように落下する。4人乗り前後列8人が1回に乗車、乗っている時間は160秒、コース全長1000メートル、最高時速100キロ。
1回の料金は1000円だそうで、一般にオープンするのは16日から。この夏休み、高飛車な態度で高飛車にトライするのも悪くないかもしれないね。
「カラパイア」より転載



人間ですから不得意のものがあります。
私の場合それがローラーコースターです。
子供達が幼少の頃よくディズニーランドに連れて行きました。
子供達が乗らないと思いlip serviceで、スペースマウンテンに乗ってみようかと、誘ったら豈図(あにはか)らんや“Yes!”と言われたので嫌々乗りました。
降りた後気分が悪くなりトイレで吐いたことがあります。

ローラーコースターを乗り続けると慣れてきて恐怖を感じなくなるので結果乗り過ぎとなります。
その乗り過ぎは脳に硬膜下血腫(けっしゅ)を作ることもあるそうですよ。
でもこれが平気な人ってもともと前庭感覚(重力や加速度を感じる感覚)が鈍い人なのではないでしょうか、それが経験を重ねることにより慣れてしまいさらなる刺激をもとめる、その為にローラーコースターが過激になっていくという絵図が私の考えです。

それにしてもあんな気分の悪いものになんでお金を払うのでしょう、信じられません。
事故は定期的に起きるし、何れにしても私は全否定です。
そんな私でも平気なローラーコースターがあります。
それは浅草花屋敷のローラーコースターだけです、これは子供の頃から乗っているので恐怖を抑えられるのです、ハイ。


暑い時には辛いものをということで、今日は女子会の人気店「ブルースカイタイランド」さんです。

住所: 東京都台東区上野3-7-4水谷ビル 1F
:03-6803-2709
定休日:日曜日

IMG_8833
お店の外観です。

IMG_8824
店内の雰囲気です。ちょっと田舎の学校を喫茶店にした様な店内です。

IMG_8823
メニューです。

本日のオーダー「ガパオライス(豚ひき肉タイバジル炒目玉焼き付)@900円です。
ウーン女子会人気店だけあって店内の男性はシェフと私だけです、何じゃい(笑)
このお店の接客はとても良いです。
東北大震災のときも帰国することなく営業していましたね、好感度のお店です

IMG_8825
それでは実食です。
まずは前菜の「春雨サラダ」が運ばれてきました。
蒸されて熱が通った春雨は温かく、挽肉や野菜が混ざり、レタスが添えられています。
でもこれはかなり酸っぱいです。

IMG_8828

IMG_8829

IMG_8830
そして本日の目玉「ガパオライス」が運ばれてきました。
楕円形のお皿にジャスミンライスと鶏肉とバジルの炒めが盛られ、目玉焼きが乗っています。
たっぷり入った粗挽き鶏肉や玉ネギのスパイシーな味わいとバジルの風味が美味しく、ジャスミンライスとの相性も抜群です。
これはかなり辛いですね、気分はタイです。
たまにシェフとホールスタッフの奥さん?とのタイ語でのやり取りがタイ気分を増加させます。
とても結構な美味しさでした合格合格合格合格

IMG_8832
デザートはタピオカ入りのココナッツミルクです。
これで口内の雑味を取り除きます。

そして最後はコーヒーでしめて終わりです、大満足なランチでした。

それでは(^_-)

神田 宇奈とと

今日は「Rock 'n Roll」の話です。 
私が分らない英語が「Rock 'n Roll」です。
なんですかねこれって元々はパーティのダンスミュージックとして、リトル・リチャード、チャック・ベリー、オーティス・ブラックウェル、ファッツ・ドミノ、アイク・ターナーなど若い黒人たちの間で始まったそうです。
ロックンロールとR&Bとの間には明確な境界線があるわけではないので、ロックンロールがいつ頃から始まったかについては諸説がありますが、1940年代末には黒人ミュージシャン達の中にロックンロール的な音楽を演奏する人もいたと言われています。
アラン・フリードが“ロックンロール”という呼び名を考案したのは1953年のことです。
その後、白人であるビル・ヘイリー、エルヴィス・プレスリー、ジェリー・リー・ルイスらの稀に見る商業的な成功によってロックンロールは「白人の音楽」として定着しました。くねくねと腰を振り、挑発的にパフォーマンスするエルヴィスの登場により、白人音楽は黒人音楽に固有の熱狂と肉体性を手に入れることとなるそうです。
「ロックンロール」Wikipediaより転載

要は白人の音楽なのですか。
日本で「Rock 'n Roll」の精神といえば以下の意味の様です。
筋を通せ
媚売るな
イモひくな
仁義を尽くせ
親は大事にしろ
夢は叶えろ
死ぬな

これじゃまるでDQNですね、さらに意味が分りません。
意味が分らないといえば「シェケナベイビー」です。
The Beatlesの曲「Twist and Shout」のワンフレーズが「shake it up, baby」です。
「shake it up, baby」ですが直訳すると、「振り混ぜようぜ、ベイビー」といった事になりますが、タイトルが「Twist and Shout」ですので、「踊り、叫ぼうぜ、ベイビー」といったところでしょうか。

これは内田裕也さんのキメ台詞として有名ですね。
内田裕也さんといえば夕方浅草の煮込み横町を歩いていたら、ヤクザ屋さんっぽい集団が向こうから歩いてきました。その集団の真中に杖をもった小さなコケシがいました。
それが内田裕也さんでした、貧弱な体格に驚いたものです。

要は「Rock 'n Roll」というのは内田裕也さんのことと置き換えた方が分かりやすいみたいですネ。
そういえば内田裕也さん、恐喝事件で収監されたときの番号が69番だったそうで、本人はロックだととても喜んでいたそうです。

ちなみに私にとっての「Rock 'n Roll」といえばこの歌「Long Tall Sally 」(邦題:のっぽのサリー)です。これこそまさにシェケナベイビーです。
ということでファッキンアディオスです。


ここのところ暑いですネ。
少しバテ気味です。ということでバテたときは「うなぎ」ということでお邪魔したのがこちら
「宇奈とと」神田店さんです。

住所: 東京都千代田区内神田3-10-2
:03-3526-6969
定休日:日曜・祝日

IMG_8796
お店の外観です。

IMG_8801
店内の雰囲気です。

IMG_8799
メニューです。

IMG_8800

IMG_8797
今日のオーダー「うな重」@700円です。
うな重になると身が大きいですね。
ここの鰻は炭火で焼いているので身が硬く中国鰻ではありますがベッチャとしていません。身も厚くこれで@700円とは満足です、さらにいえば「お吸い物」は無料ですしね。
味もまずまずです。しいていえば店内がムシムシしていますが夏ですので我慢しなくちゃということ大満足のランチでした。

それでは(^_-)

銀座 十勝屋

今日は「コカ・コーラを飲もうよ♪」の話です。 


始めてコーラを飲んだのはいつでしょうか、良く覚えていませんが、多分小学校の高学年の頃でした。
何と薬臭い味だ、というのがmy first impressionでした。
アメリカではバッドマンやロビン少年も毎日コーラを飲んでいるのだろうか、バットマンもゲップをするのだろうかという疑問が沸々と湧いてきたものです。

不良がたまっている喫茶店でのbeverageは100%コーラでした。
具体的にいえばタバスココーラ(辛いだけ)やホットコーラ(甘いだけ)そしてウィスキーコーク(酔うだけ)ですか。
薄暗い店内の電球色のダウンライトにからみつく紫煙、生ぬるい淀んだ河の底に固着している山椒魚の様な滑(ぬめ)っとした空気、未成熟な男女の淫靡で猥雑なpassion等が彼我(ひが)なく混じりあって揺蕩(たゆたう)していました。
ここでのキャッチは“Yes, Coke!”でしょう・・・

そんな不良少年・少女を横目に見ながら私は毎日竹刀を振っているだけの剣道人生でした。
しかしここでもコーラがでてきます。
団体戦で負けた時は以下の歌をみんなで大声で歌い続けさせられるのです。
という事は優勝しなければ必ずこの歌を歌わなければならず・・・あまりいい思い出ではありません。

コカ・コーラを飲もうよ♪
コカ・コーラを冷やしてね♪
コカ・コーラ コカ・コーラ♪
みんなでそろってコカ・コーラ♪
スカッとさわやかコカ・コーラ♪


そうそうコカ・コーラ社が香料のレシピを公開していないことから、原材料に関しても様々な都市伝説が生まれています。

そのひとつに、コカ・コーラのレシピを知っているのは2人の重役だけというのがあります。2人である理由は1人が突然事故などで死んでももう1人が知っているので存続できるからだそうです。それ故この2人が同じ飛行機に搭乗することはないということだそうです。

暑いせいですかね、コーラは3年に一本位しか飲まないのに、今日久々に飲んでしまいました・・・こんな日もあります。

影のtrickの最終版です。
影

影

影


IMG_8816
今日は銀座に出没です。
帯広の食材を使用したレストランが目に飛び込んできました。
ということで今日のお店はこちら、お取り寄せダイニング「十勝屋」さんです。

住所:東京都千代田区銀座6丁目2番先コリドー街1階
電話:03-3573-7373
休日:日曜日

IMG_8817
お店の外観です。

IMG_8818
メニューです。

IMG_8819

IMG_8820

IMG_8821
今日のオーダー「ホエー豚のそぼろ丼」@780円です。
帯広には100回は行っているので詳しいです。
最初“豚丼”にしようかと思ったのですが、高いので断念。
お店のホール責任者がお奨めしたのが「ホエー豚のそぼろ丼」です。
ホエー豚とは低カロリーで高たんぱく質、とてもヘルシーな豚として定評のある品種だそうです。ホエーという乳清を与えていることからこの名前がついたそうです。
味ですかそぼろにしたら味が分りません。ただの甘辛い豚そぼろです。
量も少ないし、銀座にしたらコスパがいいかなという感じですか。
でも長時間かけて食事をとったので体がひんやりとして結構でした。

それでは(^_-)

神田 伊勢本店

今日は「大酒飲み」の話です。 

文化十四年(1817)三月二十三日、柳橋の万八楼(万屋八郎兵衛)で、大酒・大食の会が開催された。
万八楼は当時、江戸の文人が愛用していた料理屋である。書画会などに用いられた。
大酒の記録は、以下の通りである。

#酒の部
一斗九升五合 芝口の鯉屋利兵衛(三十歳)。
その場で倒れ数時問眠ったあと目を覚まし、茶碗で水を十七杯飲んで元気をとりもどした。

一斗五合 明屋敷の町人と名乗った男。
その場で倒れ、やはり数時間後に目覚めて砂糖湯を茶碗で七杯飲んで回復。

九升 小田原町の堺屋忠哉(六十八歳)。

八升一合 金杉住む伊勢屋伝兵衛(五十歳)。
飲んだあと飯を三杯、茶九杯を腹にいれたのち、甚句(民謡の一種)を踊ったという。

七升五合 牛石川春日町の天満屋七右衛門(七十歳)。
一気に飲んで、すぐに帰ったが、途中聖堂の土手に倒れ、朝七つ(四時)ごろまで眠っていた。

五升五合 芝金杉に住む伊勢屋伝兵衛(五十一歳)
飲み終わって、地唄「五大力」を歌い、煎茶十四杯で口直し。

四升 山の干の住人某(六十三歳)。
杯を置くと、東西の謡曲をうたい、一礼して悠然と帰った。

このほか、二、三升飲んだものは三、四十人を数えた。
江戸風流「酔っぱらい」ばなし 堀和久著より転載

伊勢屋伝兵衛さんがダブっていますし、こりゃ有りえませんネ。
というのもこの会場となった柳橋の万八楼は時代の変遷のなか万八という言葉として残りました。
万八とは万に八つの真実しかないという意から、嘘・偽り、さらに嘘をよくつく人という意味で使われています。
この大酒飲み大会の結果を記したものがあまりに大げさで現実離れしていたことから、万八を嘘・デタラメという意味で使うようになったというものです。ちなみに“うそっ八”も同語源とされているそうです。

江戸時代のお酒の酒精分は4.5度とビールより少し弱い程度だったのです、これをbaseに早速この記録を検証してみましょう。
アンドレ・ザ・ジャイアント(身長223cm、体重236kg)というプロレスラーが1980年4月の札幌巡業でサッポロビール園において大ジョッキ89杯を空けています。
一升1,800ccですので、大ジョッキ一杯が約560ccとして計算しますと560cc×89杯=49,840cc、49,840cc÷1,800cc=28升÷12升=2斗4升ですか。
現在のプロレスラーをもってすればこの優勝記録は全く問題ないようです。

如何せん江戸時代の人達の体格は平均身長155cm前後、体重45kg前後ですので、そこから演繹しますとこの量を飲み干すというのはかなり難しいのではと思います・・・というか無理でしょう。
ちなみに私の大ジョッキの最高記録が13杯ですからついでに換算してみましょう。
計算の結果、約4升となりました。
もしこの大会に出場していれば第七位ですか!
結構スゴイですよネ、ちょッと驚きました(笑)


猛暑のせいか食欲がありません。
なにかサッパリとした和食でも食べようと入ったお店がこちら「伊勢本店」さんです。

住所:千代田区鍛治町2−13−17
電話:03−3254−2370
休日:日曜・祭日

IMG_8806
お店の外観です。

IMG_8812
店内の雰囲気です。

IMG_8808
メニューです。

IMG_8811

IMG_8814

IMG_8815
今日のオーダー「伊勢の親子丼」@680円です。

まずはお店の推奨する食べ方です。
まず、どんぶりのふたを軽く開け、やげんぼりの七味唐辛子を少々、三つ葉のまわりにさっとふりかけ、一度ふたを閉めて蒸します。そのまま約3〜5秒おいてもう一度ふたを開け、醤油と味醂のほのかなにおいを味わいながらどんぶりに箸を入れます。 隅の方から卵をくずさないように、ご飯と一緒に一口ずつ口にはこびます。二、三口食べた後、香のものを口直しに軽くつまみます。その際、決して香のものをどんぶりの上からふりかけたり、卵とご飯をかき混ぜたりしないで召し上がって下さい。以上が当店の親子丼を、より美味しく食べるコツでございます

待つこと10分程度で着丼です。
それでは上記作法にのっとって実食です。
ウーン、このお店の親子丼30年位食べていますが、他の人達のように絶賛はしていないのですね、そりゃ歴史のあるお店ですら指示する人が多いのはよく理解しています。

まず鶏肉が少ないです、この日も確か5〜6切れ程度ですよね、これじゃ親子丼ではなくて玉子丼ではないでしょうか。
それに味付けが濃くてショッパイ感じがします。
玉子トロトロといいますが、それ程絶賛するほどではないのではと思います。
これはひとえにトロトロでも食中(あた)りすることなく食べられる日本の鶏卵生産会社の品質管理に負うところが多いと考えます。
私の親子丼のあるべき姿はTop-heavyです。重量感、存在感あふれ蓋を開けた時に挑んでくるような迫力をみせるべきものが親子丼だと考えています。
夏場の女性の服装の様な“あらわし”には満足できません。
具体的な例でいえば築地「辰の字」さんです。
たしかにコスパがいいので努力されているのはわかるのですがね・・・

それでは(^_-)

神田 辣椒漢 リターンズ 

今日は「六本木グラフティ Vol.1」の話です。 
アマンド
下町生まれで下町育ちの私が六本木に足しげく通っていた時期がありました。
別にわざわざ行っていたのではなく大学に行くのに日比谷線を使っていたので六本木は通過駅だったのです。

私の六本木デビューは大学1年生のときです。
大学のテニスクラブの先輩の両親は海外赴任をしていました。
その関係から先輩は一人で六本木の高級マンションに住んでいたのです。
その先輩から可愛がられていたこともあり、その先輩に六本木の街々を度々連れ回してもらったのです。

それまで六本木なんか行ったこともなく見ること聞くこと全てが新鮮でした。
それでは私のsurpriseを紹介しましょう。
この先輩は大学3年生なのですが、大学での2年間の差っていうのは天と地ぐらいの差があったのです。

外国人
六本木は大使館が多い関係から外国人が異常に多い。
多分5人に1人は外国人だったのでしょう。
いたるところで外国人がいます。
先輩と良く飲みにいくbarにいくと必ず知っている外人がいて、先輩は気軽に英語で話しています。
さらにいえばその先輩と同期の女子先輩は、英語は勿論のこと仏蘭西語も流暢に話しています。確かに仏文なので宜(うべ)なるからと思いながらもかなり驚いたものでした。
ちなみに当時の私、英会話はほとんどできませんでした、ハイ。


六本木は坂が多い。
六本木交差点を馬の背として坂が多くあるのも六本木の特徴です。
芋洗坂(いもあらいざか)、 鳥居坂(とりいざか) 、市三坂(いちみざか)等多数ありました。
携帯のない当時ですので坂の名前を知悉してないと、六本木で待ち合わせした場合、場所がわからないとう不便が生じたのです。

DISCO
六本木はDISCOが多い。
私のテニスクラブの御用達は六本木スクェアビル(DISCOビル)にあったキサナドゥ、ロアビルのボビー&マギー、若しくはユニ六本木のグリーングラスでした。
上述の先輩は踊りも上手く、よく最新のstepを教えもらっては、私は生まれた時から知っているという風情で涼しい顔してstepを踏んでいました。
ちなみに一時期グリーングラスのTVCMに出ていました。
撮影の時たまさか踊りに来ていて折角だから友人に頼んで入れてもらったのです。
しかしテレ東の深夜帯でしか放送されなかったのであまり知られませんでした。
しゃべったセリフは“グリーングラスでGO!”というベタなものでしたので恥ずかしく友達にも高言できず、封印してしまいました(笑)

食事
六本木はセレブのレストランが多い。
六本木で食事といえば麻布台にあった「ニコラス」でしょう。
ここのownerのニコラ・ザペッティさんはイタリアンマフィアと親交があり当時はかなりやばい面々が来店していました。その延長線かプロレスラーの人達も多かったですね。
知る人ぞ知るですが、このお店のオーダーはナンバーで頼みます。
例えば「ソーセージ・玉ネギ・ピーマンピッツア」は25番でしたか。
これを知らない人を連れてくると、田舎もんと来るなよ、と軽蔑されたものです。
このお店に女性と訪れてメニューも見ずに、今日何食べるの、と女性に聞いてから女性が、私は52番にするは、貴方はどうするの、と返されて、自分、今日はアンチョビピッツアが食べたいから56番にするよ、という会話はかなり夜郎自大の様な気がするのですが・・・

次は飯倉片町の「キャンティ」ですか、この店はお値段がかなり高かったのですがここのバジリコのスパゲッティーを食べたことがないと同じように田舎もん扱いされました。
ここでの注意は飯倉をイイクラと発音してはいけませんイイグラが正しいので同様の扱いを受けます。

たまに上述の先輩が親から仕送りがあると「瀬里奈」でステーキをご馳走になりました。
このお店で超高級の雰囲気に圧倒されながらステーキとワインを貪(むさっぼ)っていました。

お金のないときは「バーガーイン」です。
バンズにパティとピクルスのみの極めてシンプルな一品でした。ポテトもポテトチップスだし、でも大学生の私はここでアメリカを体感していたのです。
今はもうないみたいですね・・・

しかし無産階級だったのに、スゴイ贅沢な暮しをしていたものです。
お父さん、お母さん、その節は大変お世話になりました。
死んだら天国で肩揉みでもして償いさせていただきます。

暑い時は熱いものということで、今日のお店は坦々麺の頂点のこちら「辣椒漢(らしょうはん)ラーメン
」さんです。


住所:東京都千代田区神田錦町1-4-8
電話:非公開
休日:土・日

IMG_8805
お店の外観です。

IMG_8802
メニューです。

IMG_8803

IMG_8804
今日のオーダー「日式坦々麺」@850円です。
しかしこんな暑い日に坦々麺を食べる人がいるのですね、世の中にはオカシイ人がいるものです。
ここの坦々麺はラー油と花椒のフュージョンにココナッツがアクセントになっています。
さらに今日は揚げ海老が加わっています。
それではfreeの紙エプロンをつけて実食です。
スープはお約束の熱々スープです。
スープの味は如何でしょう、あれっ深みがありません。
どうしたのでしょう、味が平坦です。
多分この様な猛暑なので舌の感覚が変わっているのでしょう。

紙エプロンが汗ふきに変わっています。
まあ大量の汗をかいたので由としましょう。
こんな日もあります・・・

そうそうこのお店一年位きてないようでしたが、ご主人中国語がすごく上達しましたね。
私見ですが中国語の語学上達のために中国人を雇っているのでしょう、多分!

それでは(^_-)

石神井町 睡大虎

今日は「暑い時には・・・」の話です。 
暑い時には涼しい話をということで、netで見つけた恐怖話を紹介します。

前に、職場の先輩(Aさん)とご飯を食べに行った。
将来の話になったんだが、
私が「未来がわかればいいんですけどねぇ。占いとか行きたいなー」と言うと
Aさんはうっすら苦笑いをして、「私、行ったことあるよ」と一言。

「えっいいなー!! 何占いですか?」
「手相。3年前かな。友達と行ったんだけど」

中華街だかどっかのお店で、Aさんと友達(Bさん)の2人で入ったんだそうだ。
中には小さな部屋?広間?みたいなのがあって、ドアが一つ。
そのドアの向こうに占い師がいた。
多分、客が2人以上いた時に、順番待ちをしやすい様になっているんだろう。

なんだか想像通りというか、何というか。
胡散臭いな、と思いつつ奥の部屋に入った。

部屋は基本1人ずつだが、本人達が希望すれば2人以上で入ってもいいらしい。
AさんはBさんと2人で入った。

先にAさんが見てもらう。
正直、まぁまぁという感想。
当たっているっちゃ当たっているが、よくわからない事もあった。
まぁ、占いなんてそんなモンだろと思ったし、聞きたいことも聞けて、そこそこ満足した。

次にBさんが見てもらう。
占い師がBさんの手を見た瞬間、怪訝な顔をした。

「……これは……ちょっと」

「え、何ですか」とBさんが聞くと、顔も見ずに「帰って下さい」と一言。

「え、どういう事ですか」
「すみません。あなたの手相は見る事は出来ません。お帰り下さい」
「見れないって? よくわからないんですけど」
「言葉のままです。私は何も言えませんし、何も見れません。お代はお返ししますので、帰って下さい」

Bさんは食い下がったのだが、占い師は見れない、帰れ!の一点張り。
どう説得しても無理そうなので、渋々店を出た。

占い師の態度が感じ悪かったので、また別の店に入り直す気にもなれず、そのまま2人は別れた。

それから二週間経ったか経っていないか、それくらいの頃。
Bさんは交通事故で亡くなったそうだ。

「見れないっていうのがね。まさか、将来が無いとかだったのかなって、思ったりして」

Aさんは寂しそうに笑っていた。

如何でしたか・・・
私はあまり恐怖話がないのですがね、一つだけ変な体験があります。
当時住んでいた家は父が非鉄金属の問屋をやっていた関係で家の前面はシャッターで覆われていました。従って家の出入りは脇の通路の奥にある勝手口を使用していました。
脇の通路の入口には鉄扉がありました。

私が中学校一年生の時の話です。
私の祖父が重篤な状態になっていて父は実家で詰めて看病をしていました。
父から母に電話があり、もうイケない、明日あたり葬式になるかもしれないので、支度をしておいてくれ、との内容でした。
私は始めて向き合う親族の死にかなり動揺していました。
母からは、明日学校は休みになるかもしれないね、と言われましたのでそれなりの覚悟をしていました。

眠りが浅い一夜でした。
たしか朝方の4時頃ですか、通路の鉄扉がはじける様な大きな音を発しました。
私は何だろうと目を覚ましました。
母は父が帰ってきたのかと思い、二階の窓を開けその音の方向に目をこらしました 。
誰もいないようです。
怪訝な顔した母に私は、どっかの酔っぱらいが家(うち)のドア蹴っ飛ばしたの、と聞きますと、
誰もいないんだよねぇ、不思議なことがあるもんだよね、と自分に言い聞かせるように言っていました。
私は、もしかしたらおじいちゃんが死んだんじゃないの、といったものの、何の根拠もないその場を繕うためだけのものです。

それから数分後我が家の電話がけたたましく鳴り響きました。
父からの電話です、今さっきジイサンが亡くなった。今日通夜になるから葬式の支度を持って実家に来てくれ。数珠はいつものやつではなくて、この間成田山で買った新しいものだ、との事でした。


今日は長男が帰省していました。
昼食を一緒に食べにいきました。
たまには新規開拓するかということで、訪れたお店がこちら、「睡大虎ラーメン」さんです。

住所: 東京都 練馬区石神井町8-16-2
:03-5910-6701
定休日:無休

IMG_8790
お店の外観です。
この場所で飲食店を開いたお店は倒産の連鎖です。
たしか「山翠」さん「慶和」さんという順番ですか。
隣接する「La Foresta」さんもお陀仏の様ですし、石神井の飲食店のバミューダ―トライアングルかもしれません?

IMG_8791
メニューです。

IMG_8792

IMG_8793
私のオーダー「辛々らーめん」@750円です。

IMG_8794

IMG_8795
長男のオーダー「つけ麺」@820円です。

実食の前に店員さんに、ニンニクありませんか、と聞きますと、店員さんぞんざいに、ありませんョ、ですと。
この店員さんのnationalityは不明ですが、多分日本語のアクセントから日本人だとおもわれます。かりにこの店員さんが日本人だとすると許せませんネ。
お客の質問に対して一刀両断で、ありませんョ、はないと思います。
最低でも、申し訳ございませんが、当店ではご用意していません、とか、本日はご用意していませんが、次回のご来店までにはご用意しておきます、とかが日本の接客業の応答でしょう!

閑話休題

味ですか、実は意外と美味しいのです。
「辛々らーめん」のスープは今流行りの豚骨魚介系で鯖節が強いですか。麺は中太麺でモチモチしていて美味しいです。
「つけ麺」のスープはは甘辛酸のバランスもよく少し酸味が強いかなという感じですか。
こちらも鯖節が強いですネ。
パーツ類も美味しいですよ。
特にメンマこれは石神井公園の行列ラーメン店「井の庄」さんにクリソツです。
それ以外に盛り付け等も似ています・・・
もしかして、ここの店主は「井の庄」さんで修業していたのかも知れませんね?

それでは(^_-)

野崎 お多福

今日は「回転ずしでお得をする方法」の話です。 

さて、今回は回転ずしでお得をする方法です。
回転寿司と言えば『カッパ寿司』これこれ。

まず、お得とはなんでしょうか?原価が高いものを食べるのか?
それとも別のメリットが存在するのか。それ以前に、回転寿司ごときに
徳をするも糞もあるのか、そんな疑心暗鬼に刈られている皆様
お得をするんですよ!
たぶん明日から『カーッパカッパカッパのマークの・・・』という歌が
『トーク得得得トークのトーク寿司』似聞こえてくるはずです。たぶん。ぷう。
ということで得をするたった一つの方法、それは

『レーンの皿を取らない』

これだけでいいのです。簡単。誰でも出来る。
誰でも出来るけど、やろうと思うとなかなかできないのは回転寿司には
私たちを待ち構える甘いハニートラップがあるからだ。
という事で早速説明します。

『味噌汁を頼むのは情弱』

『いらっしゃいませ、おみそ汁はいかがですか?海鮮味噌汁がおすすめです!』

=>じゃあ・・・はまぐりの味噌汁で。
はいアウト!。

汝よ気付け!目の前の罠に。
100円の回転寿司に来て、いきなり100円オーバー商品を頼むとは由々しきこと、本末転倒。
考えてみてくれ、中身は味噌汁だ。ただの。
それが200円もするのだ。ありえない。吉野家でも50円。素材が違うから値段が高くなる?んじゃ、100円の回転ずし来るなよ。はまぐりやら、豚汁が入っているから高くなる。100円の味噌汁を出せばよいのに、糞高い味噌汁をあえて出すというのは、原価率が低い商品を買わせ、儲けるための罠意外ありえない。

=>原価が安いものを頼むな!

某テレビ局が調べた結果によると、原価が高い順に
ネタを並べてみると以下になるそうだ。

 1位 85円 ウニ 
 2位 78円 マグロ
 3位 68円 ケーキ
 4位 66円 ハマチ
 5位 65円 いくら
 6位 64円 キングサーモン
 7位 63円 かにサラダ 
 8位 62円 赤貝
 9位 54円 ヤリイカ
10位 53円 つぶ貝


もちろん、これ以外にも恐らく30種類以上の豊富な商品がある。
『コーン』・・『ハム』・・『かにかま』
『ソーセージ(爆笑)』・・・『ミートボール(核爆)』

幼稚園児のお弁当かよ。

『たこやき(意味不明)』

大阪か!

『フライドポテト』

ガッスットぉ!!山盛りにしろ!

つまり、ここに乗っているランク圏外の商品はただのクズだ。
家で作れよ!ってレベル。寿司屋にきてんのに、なによそれ。

クズというより、エサ。ねこまんまだ。
店側からしてみりゃ、原価率が高い上位10位を、いかに消費させないかという巧妙な罠。
そのための餌でしかない。
目を覚まして上位10位を攻めろ。
秒間SUNDAY「回転寿司で『甘い罠』にはまらない為のたった一つの方法」より転載

良く理解しました。
ところで大学の時、経済学で「限界効用逓減の法則」というのを習いました。
一般的に、財の消費量が増えるにつれて、財の追加消費分(限界消費分)から得られる効用は次第に小さくなる、とする考え方です。
これを限界効用逓減の法則(げんかいこうよう ていげんのほうそく)(law of diminishing marginal utility)といいます。
分りやすい具体例をひとつ挙げれば、普通、最初の1杯のビールはうまいが、2杯目は1杯目ほどうまくない、3杯目は2杯目ほどうまくない。このように1杯目、2杯目、3杯目となるほど、ビール(財)から得られるメリット(効用)は小さくなる。そのようなことを指しています。
要は上述の通り原価の高いウニを最初に食べると得した気分になりますが、二個も三個も続けて食べると飽きてきますよね。要は効用がさがってくるのです。
従ってお得ネタだけ食べていると飽きてきて結局はお得ではなくなるのです。
一杯の水はタダ同様に安いですが、砂漠で放浪して脱水状態になったときは、一杯の水に10万円を払ってまで飲んでしまうというような事はその裏返しのlogicになります。
自分の好きなネタを腹八分目で終わらせるのが一番宜しいのではと思います、ハイ。

今日偶然に「東京節」のYouTubeを見つけました。
子供の時酒場で年配の方が必ず歌っていましたね。
当時の私は“酔っちゃたら、ギッチョンチョンでパイのパイのパイ”と聞こえていたのですが、実はサビの部分は以下の様な歌詞だったのですネ・・・知りませんでした。

ラメチャンタラ ギッチョンチョンで
パイノパイノパイ
パリコト パナナで
フライ フライ フライ♪






今日は太田原市に出没です。
ここは東芝メディカルシステムズさんを始めとした誘致企業の大工業団地があり商用で出張しました。
太田原といえば漫才のU字工事、政治家の渡辺美智雄・喜美親子の出身校である県立大田原高校という進学校があります。
この学校は85km強歩という超ハードな行事があるのでも有名です。
今日は渡辺喜美先生の同級生のtaxiの運転手さんが連れてきてくれた、こちら「お多福」さんにお邪魔しました。

住所: 栃木県大田原市下石上1786-2
電話:0287-29-0489
定休日:月曜日

IMG_8789
お店の外観です。

IMG_8784
店内の雰囲気です。

IMG_8786

IMG_8787
メニューです。

IMG_8785
私は最初「限定まかないメニュー」を頼んだのですが、なかおちがなく作れず断念。


IMG_8788
ということで今日のオーダーは「鮭の西京漬け・高野豆腐の肉詰め・ミニチリ春巻き定食+プチコーヒー」@730円です。
いかにも栃木という丁寧な接客です、無茶苦茶感じ良かったですよ。
味ですか、鮭の西京漬けはとても香ばしくてイケました。高野豆腐の肉詰めはほっこり炊きあがっていてこれまた結構でした。ミニチリ春巻きはチリの辛味が食欲をそそります。
すべて結構でした
夜は地元民+出張族で大賑わいなるそうです・・・納得ビックリマーク


それでは(^_-)

淡路町 歓酔亭

今日は「意味が分ると面白いアメリカンジョークfinal」の話です。 

ドイツで最近、牧師に懺悔してどうしたらよいか尋ねた男がいた。彼はすすり泣きながら言った。

男 「懺悔することがあります。第二次世界大戦の最中、私は難民を天井裏に匿ったのです。」
牧師「それは、罪とは言えませんよ。」
男 「だけど、彼に家賃を払わせたのです。」
牧師「それはさすがによろしく無いことだ。しかし君自身もリスクを背負ったのだ。」
男 「本当にそう思いますか?ああ、牧師様、ありがとうございます。あなたがそう言ってくれた事でどれだけ私の良心が救われたことか。しかしながら、もう一つだけ質問があります。」
牧師「それはなんでしょうか?」

男 「彼に戦争が終わったことを教えてあげなくちゃだめでしょうか?」


ドイツ軍とイタリア軍の対峙する前線。
両軍とも塹壕に篭り、相手に損害を与えられないまま戦線は膠着状態となった。
塹壕に篭ったイタリア兵を狙撃するためドイツ軍は、イタリア人によくある名前を叫んで
頭を出したところを狙撃するという策に出た

独兵士「おーい、マルコ!マルコはいないか?!」
伊兵士「ここだよー」
と、頭を出して答えたイタリア兵は撃たれる

この策で多くの損害を出した末にイタリア兵もようやく学習し、同じことを
ドイツ兵に対して試みた

伊兵士「おーい、アドルフ!アドルフはいないか?!」
独兵士「今俺の名前を呼んだのはどこの誰だ!」
伊兵士「はい、私です!」
頭を出して答えたイタリア兵は撃たれた


ジョージ・W・ブッシュが演説でイラクを非難して言った。
「無能で傲慢な指導者のために経済は滞り、街は失業者で溢れている。
国際社会と協調することもなく、周辺諸国に脅威を与えている!こんなに恥ずかしい国は他にない!」
演説を聞いていた人たちは、なぜ彼がアメリカの批判をするのか理解できなかった


「ウェイター、俺に石みたいにコチコチのタマゴと冷たいベーコン、
 それに黒焦げになったトースト、薄くてぬるいコーヒーを持ってきてくれ」
「申し訳ございません、当店ではそのようなご注文は……」
「どうしてできない?昨日は確かにそんな料理が出てきたぞ」


「ようミュラー。だいぶ変わったな。髪は白くなったし、ヒゲも生えてる。それに太ってしまったな」
「でも、私はミュラーじゃないです」
「名前も変わったのか」


AはBとCに対して「一枚の切符で電車に乗る方法」を教えていた

「まずは1枚だけ切符を買っておく。そして電車に乗るんだ」
「電車が出発したら、二人でトイレにこもって用を足してる振りをするんだ」
「そうしたら、車掌がドアをノックしたらドアの隙間から一枚だけ切符を渡す」
「これで一枚の切符で二人が電車に乗れるってわけさ」

この話を聞いたBとCは早速言われたとおり一枚だけ切符を買い、電車に乗った
Aは切符を買わず同じ電車に乗ってBとCが入ったトイレの前に立ちノックすると
ドアの隙間から切符が出てきた。Aは切符を受け取り、悠々と自分の席に座った。


「その葉巻はいくらだね?」
「一本で十五セント。二本なら二十五セントで」店主が答えた。
「一本でいい」客は、十五セント出して葉巻を一本とって立ち去った。
そのやり取りを見ていたジョンがすかさずカウンターに行って十セントを出した。
「残りの一本をくれ」


生徒:「なにもしてないのに罰をうけることってある?」
先生:「もちろん、そんなことないわよ。」
生徒:「よかった・・・ボク、なにもしていないんだ・・・宿題・・・」


A「なあ。きみは患者に恋したことがあるか」
B「ああ。医者だって恋はする。たまたま相手が患者だったというだけさ」
A「・・・そうか。そうだよな。患者に恋したっていいんだよな」
B「なんだよ、もしかしてお前」
A「うん・・・。立場上、許されない恋かと悩んだこともあったけど、お前の話を聞いて安心した。
 患者に恋するのはいけないことじゃない。恋はすばらしい。恋の炎は誰にも消せやしない」

B「でも、お前は獣医だろ」


影のtrickです。
影

影


今日は淡路町に出没です。
今日は猛暑です。
サッパリしたものが食べたくてお邪魔したのがこちら「広島酒蔵 歓酔亭」さんです。

住所: 東京都千代田区神田淡路町1-1 神田クレストビル 1F
電話:03-5296-7538
定休日: 日曜日・祝日

IMG_8772
お店の外観です。

IMG_8781
店内の雰囲気です。

IMG_8777

IMG_8775
メニューです。

IMG_8773

IMG_8779

IMG_8780
今日のオーダー「真鯛とカンパチのお刺身丼」@950円です。
この料理には小鉢、漬物、生卵(丼の時は付かない)、はっさくゼリーがつきます。
味ですかさすが高級魚真鯛とカンパチは身がプリンプリンしていて美味しいですネ。
胡麻醤油仕立てのつけ汁は胡麻と醤油のコラボですが刺身に良くあいます。
作り手のセンスの良さが現れています。
しかしこのような魚介系丼を食べる時いつも思うのですが、刺身の量とご飯の量が合っていません。この丼も最後の方ではご飯が余ってしまいました。
どうしてでしょう、値付けが先にあるので後は逆算して刺身数が決まってしまうのでしょう、従って刺身とご飯の量は斟酌しないのでは穿って見てしまうのです。
多分作り手は完食までの試食しないのでしょうね・・・
何れにしてもstressが残ってしまいました。

それでは(^_-)

馬喰横山 バンコックラララ食堂

今日は「日本で一番楽なアルバイト」の話です。 

大学二年の冬休みに赤い郵便車の運転手のアルバイトをしていました。
なんでこの職種を応募したのかは忘れましたが冬休みの間、日本国民に郵便物がきちんと届くように勤めていました。

そうそうアルバイ先の名は日本郵便逓送株式会社さんです。
会社は9時始業、17時終業です。
業務は郵便局の人を乗せて所定の郵便ポストをまわるだけです。
所定のポストに着くと郵便局の人は車から降りて合鍵でポスを開けて中の郵便物を回収します。
運転回数は午前中2回、午後1回のみです。
後は休憩室で漫画を読んだり、将棋をしたり、仮眠をとったりするだけです。 

勤務している人はプロパーの人もいるのですが、ほとんどの方は長期のアルバイターです。
私のような腰かけのアルバイターは少なかったように記憶しています。
To be honest、変な人が多かったです・・・
一番多かったのは左翼活動家クズレ、正しくいえば左翼活動はやめたが昔の仲間からの粛清を恐れて逃げ回っている隠遁?生活者です。

ある日ボーっと外を見ていると、敷地内で角刈りの若いお兄さんが上半身裸になり乾布摩擦をしていました。
それはそれで良くある光景ですが、この人の背中には不動明王が一面に表されていました。
私はfreezeしてしまいました。すると間の悪い事にこのお兄さんが振り向いたのです。
目があったものですから軽く会釈しますと、そのお兄さんは白い歯をみせて莞爾(かんじ)として笑ったのです。

後で元活動家さんの一人にその話をすると、元活動家さんは笑いながら“アーア建ちゃんの事、あの人若い頃ヤクザ者の友達が墨を入れるんで付き合えといわれたんだよな、ところが本人嫌だったんだけれど気が弱くてさ、断れなくて墨入れちゃったんだって。しかも最後は自棄(やけ)になって絵柄をド派手な不動明王にしちゃったんだと”と言っていました。
“大丈夫だよ、あの人外観怖いけれど普通の人だよ。あの様に墨を入れた身体じゃうちの様なところしか働けないからね” とさらに説明してくれたのでした。

そうそうこんな甘々な仕事ですか、一つだけ嫌なことがありました。
原則郵便ポストの周回コースは郵便局の人が教えてくれるのですが、意地の悪い人は一度廻ると二度は教えてくれないのです。
その為コースは事前に覚えておかなければならず、それは結構大変でした。
それ位ですかね・・・

マジに大学出たら勤めよううかと思ったほどでした。
そんなことを仲良くなった元活動家さんの一人に話しましたら“馬鹿だな、この仕事長くやっているとまともなところで働けなくなっちゃうから、早く辞めた方がいいよ。この仕事は麻薬に似ているんだよ、一度ハマると俺みたいに抜けなくなっちゃうんだから”と笑いながら教えてくれました。

その後色々なアルバイトしましたが楽さはこの仕事が一番でしょう、間違いありません!

影のtrickです。
影

影



今日は馬喰横山に出没です。
某大手商社を退社後、1年半タイで修業、帰国後も多くのタイ料理屋さんでの経験を経て、ついに夢を実現させた内山太郎さん経営のお店、タイ料理店「バンコックラララ食堂」さんです。

住所: 東京都中央区東日本橋3-1-4 2F
電話:03−6661−2329
定休日: 火曜日

IMG_8755
お店の外観です。

IMG_8761

IMG_8760
メニューです。

IMG_8757

IMG_8758

IMG_8756

IMG_8759
今日のオーダー「ガイガバオ(鶏挽肉とホーリーバジルのせご飯・目玉焼き付)@800円です。
ランチではこの料理にサラダ、タピオカミルクがつきます。
このお店はオリエンタルホテル「ジムトンプソン銀座」での経験があるコックさんの調理です、味は確かです。
まずはパウダーの粉唐辛子をパラパラとかけ味を整えます、それでは実食です。
美味ッ、とても美味しいですね。鶏挽肉がオイスターベースの味付けで深みがあります。
卵はナンプラーをたらして頂きます、もう少し半熟の方が好みだったのですがね。
最初は鶏挽肉とご飯を別々に食べます。後半は混ぜて食べます。
混ぜた方がさらに美味しくいただけました。
辛さは抑えめだったので、すこし唐辛子を足したのが奏功したようです。
タピオカミルクもプリンプリンして結構でした。
本場バンコックで食べたタイ料理より日本風にアレンジしたこのお店の方が好みです。
とても美味しかったですね、ご馳走様でした


それでは(^_-)

月島 スプーンハウス

今日は「重言」の話です。 

重言(じゅうげん、じゅうごん)は、「馬から落馬する」のように、同じ意味の語を重ねた言葉で二重表現、重複表現ともいいます。

「巨大」など類義の漢字を重ねた熟語は、重言としないことが多いですね。
ただし、同じ漢字を重ねた「悠々」などの熟語を、畳語の類義語として重言(じゅうげん)ということがあります。

一般的には好ましくない語法とされますが、「歌を歌う」のように定型句として定着している表現や「元旦の朝」のように言葉の意味の変化とともに二重表現とされなくなってきた例もあります。さらに「きつねうどん」のように地域によって正誤の差がある場合もあります。

それではnetで見つけた重言例です。

水中の中

違和感を感じる

先に先勝する

後で後悔する

腹痛が痛い

犯罪を犯す

椅子に着席する

幼い幼女

炎天下のもと必ず必要

アメリカに渡米

一番最初

夕食を食べる

被害を被る

太い太もも

罪を謝罪する

ゆきなだれ

音速の速さ

断トツでトップ

色を着色する

剛毛が濃い

頭の頭蓋骨を発見

髪を散髪する

小さな小人

貯金が貯まる

パスタの麺

突然のにわか雨

楽しい土曜の夜のサタデーナイトフィーバー

採決を採る

上を見上げる

遅刻で遅れる

骨を骨折

速い速球

太ったデブ

冷えた氷

毎日がエブリデイ

黒い松崎しげる ?

雷が落雷した

いかがでしたか・・・結構なにげなく使っていますよね(笑)


IMG_8751
今日は月島に出没です。
この様な家がまだ現存しています。
ということで今日はwarm heartのカレー店「スプ―ンハウス」さんです。

住所: 東京都中央区月島3-13-6
電話:03-3531-2815
定休日: 火曜日

IMG_8743
お店の外観です。

IMG_8749
店内の雰囲気です。

IMG_8742

IMG_8744
メニューです。

実はこのお店は隠れた「シラス丼」の名店でして過去何回もきています。
しかし私はシラスの味が良くわからないようであまり満足した記憶はありませんでした。
このお店はお母さんと娘さん、若しくは手伝いのオバサンという女性staffによって構成されています。
そして彼女達が醸しだす上質のクリームの様なマッタリとした雰囲気は、ここは本当に下町なのだろうかと思わせます。
これは“百聞は一見に如かず”ですのでご体験してみて下さい。

IMG_8745

IMG_8746
今日のオーダー「チーズカレー+特性カシミールカレー」@750円です。

IMG_8747

IMG_8748
これにサラダ、ヨーグルト、コーヒーがつきます。

IMG_8750
当然のことながら福神漬、ラッキョウは食べ放題です。
実は私ラッキョウ好きなのでこんもりと入っていたラッキョウをこれだけ 食べてしまいました。
味ですが、普通のカレーです。正直チーズカレーとカシミールカレーのルー違いが良くわかりませんでした。

このお店はこの独特のwarm heartショーを楽しむお店でしょう。
しかしカレー店なのに着皿までに異常に時間がかかるのが不思議なのです・・・why?

それでは(^_-)



訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ