下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

2011年01月

月島 どさん子 2011年1st

今日は「ウィンタースポーツの思いで」の話です。 
私のウィンタースポーツの思いでは、ずばりスキーです。
札幌に転勤してから本格的に始めました、札幌近郊のスキー場、札幌ばんけい、札幌藻岩山、テイネハイランド等ほとんどのスキー場に通っていました。
最初の頃はパラレル程度でしたが東京に戻るころにはそこそこのレベルになりました。
しかし札幌でスキーをしているとやたら見知らぬ人に声を掛けられます、それも何とかしてくれ、すぐに助けに来い、とか高圧的な声掛けです。
度重なるのでさすがに気になってきたのです。
ある日スキー場で奥様に“今日もスキー板が谷に落ちたので探してきてくれ”と言われちゃったよというと、奥様が“もしかしてあなたのバックプリントがいけないんじゃないの”といったのです。
たしかに私のスキーウェアのバックプリントは「TEAM RESCUE」ですが、すごく派手派手ですし、いかにも誰がみてもガジェットという感じなのですよね、まさか“間違えるかよ”という感じなのです。
当然のことながら正式のレスキュースタッフのユニフォームとも明らかにちがいます。
でも冷静に考えるとそこにいきつくしかありませんでした、さりとてその為にスキーウェアを変えることはしなかったので、その後もこのバックプリントの為に声掛けは続いたのです。
ミズノさん紛らわしいウェアを作らないで下さい、スキー場でレスキューのボランティアさせられたじゃないですか!
そんなこと言うなら“買わなきゃよかったのに”と思うのですが・・・・相も変わらず自分勝手な方ですネ(笑)

動物画像です。

犬
何とも不思議な?

猫
百聞は一見に如かず!

鯛の群れの責任者はやはり鯛長というのでしょうか?
鯛長、隊長、体調、そうなのです。
今週ずっと風邪で体調が悪いのです。
だから頭も変になっているのです・・・
風邪をひいたらカコナールではなくやはり温まるラーメンでしょう。
今日のお店は月島「どさん子ラーメン」さんです。

住所: 東京都中央区月島3-29-5
電話:03-3531-8870
休日:月曜日、第3月・火曜

IMG_7652
お店の外観です。

IMG_7661

IMG_7662
今日のオーダーは「あさりラーメン」@850です。
昨年12月に突如としてできたチーフの新作です。
「コーンスープラーメン」につぐヤクネタかあるいはマジネタか私がその真贋(しんがん)を断じてみましょう。
それでは実食です、あさりが多い、食べ終わったあと数えたら26個もありました。
これにはおどろ木ももの木さんしょの木です、しかしこれだけあると天地返しがしにいくいのですが・・・
味ですか、まずあさりが大きくプリプリしていて美味しい、これは上物でしょう。
ひとつも身離れしていません、これにもおどろ木です。
そうそう味ですが、これだけのあさりを投入しているのでスープが美味しいのです。
まるで海のエキスを飲んでいるようです。
これは一押しです、名品を上市しましたね、さすがチーフ!
帰り際チーフに“このあさりとても美味しかったから、今度夜にきた時「あさり酒蒸」作ってよ”っていいますと“もちろん喜んで作りますよ”ですって、風邪治ったら飲みに×食べに◎行きましょう♪

それでは(^_-)

お茶の水 漢陽楼

今日は「ご結婚おめでとう」の話です。 
「ご結婚おめでとう」
を英語で何と言うかというとやはり、
「コングラチュレーションズ」
である。
「ハッピーウェデイング」なんて言うと、まるでどこぞの結婚式場の広告みたいだし、そもそも英語にはない表現である。 
では、新郎新婦に、 
「コングラチュレーションズ!」 
と言えばいいかというと、これが少々問題あり。というのは「コングラチュレーショッズ」には、努力に努力を重ねた結果、すばらしい出来事にめぐりあえた、何かをかち得たという意味あいがあるからだ。 
だから花婿にはさしつかえないのだが、花嫁にそういうと、 
「あなたは一生懸命男を追いかけて、やっと結婚にこぎつけましたね」 
という感じになるのでタブーである。もし実際にそうであったら、それこそ嫌味以外の何物でもない。
花嫁に対しては、クリスマスーカードによく印刷されてある、 
「ベストウイッシーズ」
を使うのである。 でなければ、長くなるが、
「アイ ホープ ユール ビー ペリイ ハッピー(I hope you’ll be very happy)」
「アイウイッシュユーエブリ ハピネス」
(I wish you every happiness)
など、「お幸せに」と言う。
日本語では新郎新婦にひと言
「おめでとう」
ですむところだが、英語では、一人ずつ分けてお祝いを言わなければならないのである。
『「ちょっとしたこと」を英語で言えるようなる本』より転載
なるほどですね、知りませんでした。
ということはあまりまわりにはいないのですが、いわゆる出来ちゃった婚のカップルとかそのカップルの出来ちゃった赤ちゃんには「コングラチュレーションズ!」 は言ってはいけないのですネ・・・気をつけましょう(笑)

はらはらする画像の紹介です。

ライオン7
すごいですね、この女性!
サーカス業界の方なのでしょうか?しかしこの女性、乗っている動物に顔が似てませんか?

プール
万が一サンダルで浮かんでいるテーブルタップがひっくりかえれば天国行きなのに、この男性達肝が太いというか、なんていうのか、スゴイ勇気です。

落石注意
これは見てのとおり「落石注意!」です(笑)

IMG_7667
今日は明治大学に所用がありお茶ノ水に出没です。
同大学発刊の「明大スポーツ新聞」によると従来の体育会は体育会各部と明大スポーツで構成されていましたが、この4月から従来の体育会各部と明大スポーツそれに新たに應援團が加わるとのことです。
そうか明大應援團は1907年以来長きに亘って体育会とは縁がないvolunteer団体だったのですね・・・知らなかった。
今日のお店は、周恩来ゆかりの店中国名菜「漢陽楼ラーメン」さんです。

住所: 東京都千代田区神田小川町3-14-2
電話:03-3291-2911
定休日:日曜、祝日

IMG_7655
お店の外観です。
明治44年(1911年)中国より渡った初代が上海の食を伝えるべく神保町に創業した漢陽楼。故郷の味を日本に提供し、初代と同郷の中国人留学生たちに親しまれていた歴史を持ちます。その中には、当時留学中の周恩来先生もおられました。彼らに懐かしさを与えた味は、日本人にとって新鮮な驚きとなり、代々引き継がれた今、多くのお客さまに満足していただいています。上海の伝統と現代中国料理を融合させた料理の粋を、どうぞご堪能ください。
漢陽楼HPより転載

かつて周恩来さんは日本の友人に「日本留学中(19171919)は好きで安い豆腐ばかり食べていた」と話していたそうです。よって周恩来さんが立ち寄っていたこのお店では、頼めば周恩来さんゆかりの豆腐料理が食べられます、ただし今でも値段が安いかどうかは知りません(笑)

IMG_7659
店内の雰囲気です。

IMG_7656

IMG_7657
今日のオーダー「生蠣湯麺(カキソバ)」@1,155円です。
見てください大ブリな牡蠣が三つものっています。
そしてtoppingの面々は筍、青梗菜、人参、木耳です。
味ですか、はるかはるか昔、全ての生物が海にいたことを想起させられる味です。
耳を澄ませば何やら潮騒が聞こえてきそうな風情です。
美味しいじゃありませんか、特に牡蠣、プリンプリンしていて強く歯噛みすると牡蠣の肉が口の中ではじけ飛びます。
しいていえば牡蠣は片栗粉をまぶしてトロミをつけたほうが好きだったのですが・・・いずれにしても久々の口福でした合格合格合格合格

それでは(^_-)

大網 ラーメンみたけ

今日は「ワサビが辛い時」の話です。 
私はお寿司を食べる時、ワサビが辛いとおでこをたたきます。
札幌転勤当時にすすきののお寿司屋さんで、そこのお店のワサビが辛くお寿司をつまむたびにこれをしていました。
次第に板さん始め周りのお客さんから怪訝な顔をされ店中(みせじゅう)の注目を集めてしまったのです。
おまけに板さんから“頭が痛いのでしたら、もう少しお酒を控えられたらいかがでしょうか”と心配そうに声掛けまでされました。
辛いものを食べた時にはおでこを叩くのって子供の頃からやっていましたし、当然のことながら私の住んでいた下町では全員この動作をしています。
これって私の勝手な思い込みなのでしょうか・・・いやいやそんなことはありません、これは日本の常識です、いや常識のはずです。

IMG_7614

IMG_7609
今日23時頃、取引先と飲んで月島をそぞろ歩きしていたら、鷹が飛んでいました。
悪い酒でも飲んだのかなと刮目しても、やはり目の前には鷹が飛んでいます。
実はこの鷹は月島のもんじゃや(たしかもんじゃ近どう)さんのご主人が飼っていた鷹なのです。
IMG_6656
このあいだは海亀が歩いていましたし、この町はサファリパークか(笑)

今日は千葉県は大網に出没です、大網に美味しいラーメン屋さんがあるというのでお訪(とない)を入れました。今日のお店は「ラーメンみたけラーメン」さんです。

住所: 千葉県山武郡大網白里町駒込444-6
電話:0475-73-7386
定休日:月曜日(祝日の場合翌日)、火曜不定休あり

IMG_7607
お店の外観です。

IMG_7606
メニューです。

IMG_7604

IMG_7605
今日のオーダー「(限定らーめん)みそらーめん」@750です。
元デパートマンのご主人が作るラーメンのウリは無化調、あっさり味です。
それでは実食です。
まずレンゲでスープの味見です、濃厚な味噌味ではないですか魚介系のダシがきいたさわやか味噌味で、お約束の熱々はキチンと守られています。
麺は中太ストレート麺です。
トッピングはコーン、分葱、もやし、木耳、そしてチャーシューです。
味ですか、美味しいことは美味しいのですが、少しサプライズがたりないような、でも鄙の町大網でこのレベルのラーメンをいただたら大満足です。
心残りは特製みそラーメン(全部入り)を頼まなかったことです、隣の人がたべていたのですが、とても美味しそうでした、しかし全部入りは太るからな・・・

それでは(^_-)

大泉学園 まほろば

今日は「我が人生、雑木の如し」の話です。 

十年前、神戸の震災のあとをたずねた。名刺代わりに自著を差し出したら、お返しに「私か書いたんじゃないけど」とある人がくれた。『我が人生、雑木の如し』(古田桃代著、現代書林)という本。すごい。
 
著者は戦後二年目の生まれ、お父さんが死んだあと、お母さんが十五年下の男とのあいだに子をみごもってしまった。この母に姑である祖母がいう。 
「腹の子を亡き息子の籍に入れ、三人の子と一緒に暮らしてくれろ。わしも三十三で後家になった。お前は三十二、男のほしか気持はわかる。男がほしかなら、つくればよか」
腹の子を父無し子にはできぬ、と母は泣いた。 
「十五も年下の男、年の違いを考えろ。男盛りになった時、きっとお前は捨てられる」  
 それでも説得されない母親を祖母はついにあきらめる。  
「これはわしがお前のために作ってやった着物。仕事の嫌いな男、きっと金に困る時がある。持って行け。子どもには着物残さんでもいい。わしがまた作ってやる」   
これを子どもの著者は布団の中で聞いた。そして母は男と赤ん坊と消えた。庶民の中にこれほど壮絶なドラマがある。だけど古いムラで、許されざる愛に走る嫁にこれだけの言果をかげられる姑がいまにいるだろうか。  
三人姉妹は祖母に育てられた。「今日から、おばあちゃんと四人で力を合わせて頑張らんばいかんたい」。そして「かあちゃんが一番好きか」と聞いた。母は恋しいが無理して答えた。「ばあちゃんが一番好き」。すると祖母はいった。「親より良かもんはなか。親は一人しかおらん。年老おいて帰ってきたら、面倒ば見てやれ」
 
この祖母は世間というものをよく知っているが、世間体だけでは生きていけない。  
姑と嫁という立場を超え、ひととして共感しあう力をもつ。こういう女が半世紀前の日本にいた。
「貧乏暮らし」森まゆみ著より転載


このおばあちゃんすごいですね、昔の女性は肝が坐っていましたね。
私の父方の祖母は長女で後継ぎ、家名を永らえるために婿をとりました。
そんな背景もあったのかとても気が強かったのです。
よく亡父から聞いたのは、近隣で揉め事があるとうちのお袋はおとなしい親父の代わりに、一升瓶をぶら下げてその揉め事のあった家長のところに直談判にいったもんだ。そして最後は相手を飲みつぶしてでも話を纏めていた、といっていました。
私の父もその祖母譲りで気は強かったのですが、この祖母の前にでると“青菜に塩”でした。
普段威張り散らしているそんな父の姿をみるのが子供心に楽しみだったのです。
明治は遠くなりましたね・・・

面白画像です。

一見したところ、ブルーノカタラーノ(Bruno Catalano)の銅像は、未完成に見えます。しかしもう一度よく見てください、カタラーノは意図的にこの体の一部が掻き消えた旅行者をつくったことに気がつきます。
この大量に掻き消えた空間は、あなたの精神的充足を満たすことでしょう。
「In Search of Missing Pieces 」より意訳転載
たしかにスゴイ銅像ですね、しかしどこでくっついているのかしらという方が気になりますよね。精神的充足はその後でしょうか、あるいは一生こないかも(笑)
不思議な銅像

不思議な銅像2

今日のお店は、大泉学園に最近できたラーメン屋「まほろばラーメン」さんです。

住所: 東京都練馬区大泉学園町1-28-8
電話:03-3925-2131
定休日:日曜日
駐車場:有(但し一台のみ)

IMG_7767
お店の外観です。昨年12月の押しせまった頃にopenしました。
新宿山吹町のお店から地元に戻ってきたそうです。
元気のよい女将さんと寡黙な店主のTandem体制のお店です。
「まほろば」の名前の通り、素晴らしい場所(お店)ですね。

IMG_7768

IMG_7770

IMG_7616
今日のオーダー「納豆ラーメン」@650です。
納豆が食べやすいように、穴空きれんげが用意されます。
納豆ラーメンって生まれてはじめて食べるのですが、まったく味のイメージが湧きません。
待つこと5~6分で着丼です。
ほんわか泡立った納豆のうえに大量の海苔がこんもりと乗っかっています。
味ですか、これは美味しいですね、納豆のネバネバとラーメンはよくあいます。
麺は浅草開花楼製ですのでとてもモチモチしています。
スープはあっさり系ですが深みがありイケます。
あまりの美味しさにあっという間に完食しました、納豆ラーメンあなどれません。
しいていえば、このお店はメニューがすくないのと、お酒のつまみがないのが瑕瑾(かきん)です。
それは将来に期待しましょう、ご馳走様でした

それでは(^_-)

新 勝どき 幸家

今日は「関西エリアの高校生の知っている大学」の話です。 
まずはそのrankingから
1.関西大学
2.同志社大学
3.立命館大学
4.近畿大学
5.東京大学
6.京都大学
7.龍谷大学
8.早稲田大学
9.関西学院大学
10.神戸大学
リクルート進学ネット(2009)より転載
エッ!栄えある第一位が関西大学ですか、関東圏では関西の日大というimageです。
だから一位なのかしらん?
私的には桂三枝師匠のでた大学という認識です。しかし場所がどこにあるかわからしまへん。
同志社、立命館、近畿大学、京都大学のそれぞれのcampusには観光で訪れたことがあるので親しみがあります。
龍谷大学はりゅうこくだいがくと読める程度ですか、たしかぼんさん大学という認識ですがあっているのでしょうか・・・そうそうやしきたかじんさんがここのOBのはず?
関西学院大学は関西をくゎんせい(Kwansei)と発音しなかったので、そこの卒業生に怒られたことがあり知っています、たしか西宮近辺にあったような・・・
要は関東圏の人は関西圏の人同様に他地域の大学は知らないということがよく分かりました。
しかしかかし、なんで一番が大阪大学ではないのでしょうか、関東では断トツ知名度第一位は東京大学です、その例をなぞれば絶対に大阪大学のはずなのに、なんでやねん?
私の第二の故郷札幌では頭(おつむり)の良い学生はみんな北海道大学です、かりに慶應、早稲田に現役合格しても、そんなに頭が良いのならなんで北大にいかないの?と不思議がられます。
さらに阪大、京大は道産子の頭の中では、北大の下に位置付けられていました。
しかしそこでも東大は別格です、北海道の田舎町ではたまに東大合格者がでると新聞に大きく掲載されます。
そんな道産子ですが、全道の東大合格者をかき集めても開成高校に大差で負けていることには気がつていません・・・

日本人はどこでも寝てしまうことが外国人には不思議に思えるようです。
しかし、以下の画像は日本人でも驚くのです、異常です。
sleeping1
ここまで人間って疲れるものなのでしょうか・・・
sleeping2
なにやらバイオテロにあったようですよね(笑)

今日のお店は、勝どきの路地裏から勝ちどきビュータワーB1に移転した横浜家系らーめん「 幸家(こうや)ラーメン」さんです。

住所: 東京都中央区勝どき1-8-1 勝どきビュータワーB1
:03-3531-4864
定休日:日曜、祝日

IMG_7602
お店の外観です。

IMG_7598
店内の雰囲気です。
しかし驚きましたね、あの仏頂面の店主が挨拶をしていました。
意識が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる。」これは、アメリカの心理学者ウィリアム・ジェームス博士の言葉ですがまさにこの箴言通りですね。
別にこの店主を腐(くさ)しているのではなく、あまりの変心に本当に驚いたのです。
しかし今までの接客は一体なんだったのでしょうかネ・・・

IMG_7599
調味料の面々はmember changeなしです。

IMG_7600

IMG_7601
今日のオーダー「らーめん」@650です。あれ、さりげなく「らーめん」を移転前より50円値上げしていませんか?
トッピングは海苔×3枚、チャーシュー×1枚、シナチク、味玉、ホウレン草です。
麺は太縮れ麺です。スープは豚骨醤油味です。
それでは実食です、あれっ美味しくなっているじゃないですか、しばし熟考。
そうかスープ、麺ともども熱くなったので、それで味がはっきりしたようです。
味玉も以前より美味しくなっていました。
「幸家(こうや)」さんは移転して良い意味で変身したようですね・・・

それでは(^_-)

坂戸 餃子の満州 坂戸駅前店

今日は「勝手な思いこみ」の話です。 
世の中には「思いこみ」っていうことがあります、刷り込みともいいますがnetであった面白い話を以下に紹介します。

赤い靴、でしたっけ?赤い靴はいてた女の子でしたっけ?その歌の最後で異人さんにつれられての部分をずーッっとイイ(良い)爺さんだと思って歌ってました。

うなぎの蒲焼にかける山椒の粉を山椒魚の粉末だと思ってました。
大人って気持ち悪いものをかけてうなぎを食べるのだなぁと思っていました。

扶養家族は不要家族だと思っていました。収入がない家族は、不要だということなんだと。
結構、つめたい言い方するんだなーと子供ながら不愉快に感じていました。

選手宣誓のときの最初の言葉「センセイ!」を「先生!」だと思っていた。

クリスマスの歌「ジングルベール・ジングルベール・ジングルオードブル(本当はオールドベル)」だと思っていたので、クリスマスのご馳走を想像しながら歌っていました。

ニュースで、「○○大学山岳部のパーティが冬山遭難信号を出し、行方不明・・・」(救出活動等の映像が流れる)→(幼いとはいえ、あの冬山の映像をみると雪のたくさん積もっているところは危険な事は当たり前だと思っている)冬山でパーティ?そんなところでパーティなんて開くからだ!バチがあたったんだ!と思っていました。

テレビやラジオの台風情報などで「○○線は始発からフツーになります」を聞いて、特急や急行がなくなり、全て鈍行になるだけだと思っていました。子供の頃こう思っていらした方、結構多いのでは?

ポスト小泉は郵政民営化を推進している小泉首相のニックネームだと思っていた。

誤って滑落したというのは、謝って滑落したと思っていたので一種の自殺だと思っていた。

「トタールカテゴリーを網羅する」というのを「トタールカテゴリーをモ―ラする」という英語だと思っていた。

「オブラートに包む」というのは一つのメタファ(隠喩)だとおもっていた=>これは私です。

プロ野球放送では必ず「ブルペンの様子はどうですか」というアナウンスがあったので、各チームには必ず「ブルペン」という投手がいると思っていた。

結婚した人達はハネムーンという地名のところに行くものだと思っており、その場所はハワイの近くなんだろうなと考えていた。
しかし世界地図には載ってないので不思議に思っていた。

東大の三四郎池は昔映画で姿三四郎(柔術家)がなげこまれた池なのでその名前にちなんでつけられたと思っていた(正しくは夏目漱石の小説「三四郎」がその名前の由来です)。

いかがでしたか・・・


この若人達はすごいですね!
私も若かりし頃はこの位はできました・・・嘘にきまっています(笑)

今日は埼玉県は坂戸に出没です。
坂戸といえば株式会社「ぎょうざの満州」本社・坂戸工場があるという土地柄ですので、敬意を表して今日のお店は「ぎょうざの満州ラーメン」坂戸駅前店さんです。

住所: 埼玉県坂戸市南町3-3
:049-284-6303
定休日:無休

IMG_7591
お店の外観です。

IMG_7593
店内の雰囲気です。

IMG_7592

IMG_7594

IMG_7596
今日のオーダー「ニラ玉ラーメン」@500です。
具はニラ(群馬県産)、白菜、人参、豚肉、溶き卵(埼玉県産)、ネギです。
ニラは胃腸を整え、血行促進にいいそうです、その体に良いニラをたくさん使ったラーメン、実はとても美味しいのです。
まず餡が美味しい、野菜が甘い、スープにコクがあって約束の熱々、麺は中太ストレート麺ですがセントラルキッチン系にしてはかなりの美味しさです。
こりゃすごいお見それしました、こんなに美味しいラーメンが1月度限定ですか、これは美味しいじゃなく惜しい、いつの日か復活させてください、「ぎょうざの満州」金子会長、池野谷社長!

それでは(^_-)

続 土支田 グラッチェ

今日は「刑事ドラマのお約束」の話です。 
実は、私は刑事ドラマが好きなのです。
相棒
TV版「相棒」は仕事が忙しく見ることは少ないのですが、劇場版「相棒」は必ず見にいっています。
刑事ドラマは、フリネタの通り数多くのお約束があります。
このお約束があるので安心してみることができるのです。
そこで私がnetから選んだ「刑事ドラマのお約束」綴りです。
共感して頂けると幸甚です。
それではLet’s go on to my favorite!

取調室で出てくる食事はカツ丼が多い。
殺人事件が発生し、画面が捜査本部に切り替わる前に、必ず桜田門の警視庁のビルが映し出される。
殺人の動機は復讐(昔、肉親が轢逃げされたとか、子供が苛められたとか、恋人をレイプされたとか、等々)が多く、犯人に同情の余地がある場合が多いが、刑事は最後に、「復讐は何も生みませんよ!」と言う。
刑事が殺人現場に到着すると、先に来ていた関係者は必ず「ご苦労様です。」と言う。
事件解決後、犯人はパトカーで連行される前に、刑事に無言で深々と頭を下げる。
銃撃戦で犯人に撃たれた刑事は、「平気です、かすり傷です」と言う。
聞き込みに行くと、相手は最初大した話をしないが、話の最後に必ず、「そう言えば…」とか「ただ…」と言う。そして刑事が、「そう言えば?」「ただ?」と鸚鵡返しに聞くと、そこではじめて重要情報を言う。
尾行中の容疑者がタクシーに乗って行ってしまうと、何故かその後すぐ次のタクシーが来てそれに乗って尾行を続ける。
捜査に行き詰まり、捜査会議でデカチョウが「容疑者の交友関係をもう一度徹底的に洗いなおしてくれっ!」と気合を入れるように怒鳴ると、刑事たちは「オーッ!」と気勢を上げて必ず小走りで部屋を飛び出して行く。
刑事が二人組で長時間張り込みをしていても容疑者には何の動きもなく、一人が「何も起きませんねえ」などと言った途端、容疑者が動きだす。
刑事が「アナタが犯人ですね?」と尋ねた場合、本当の犯人の場合は、「バカバカしい、面白い推理ですね。証拠でもあるんですか?」などと必ず冷静を装う。
目撃者の証言で描いた犯人の似顔絵は、写真をコピーしたくらいにソックリである。
主人公の刑事は、良く行く飲み屋の女将に、平然と捜査状況をバラス。
刑事が、出所して真面目に働いている若者の勤めている町工場にアリバイ確認に行くと、「もういいかげんにしてくださいよ、刑事さん。迷惑なんですよ」と言われる。
車などがよく段ボールにぶつかりながら逃走するシーンがあるが、その段ボールには何も入ってないことが多い。
張り込み中の刑事の食事はパンと牛乳である。
刑事が覚醒剤かどうか白い粉をなめて確認する時、その粉は決まって覚醒剤である。
犯人からとり返したジェラルミンケースには、何も入っていない。
刑事が容疑者や参考人のアパートへ行き、ドアを叩いていると、隣の家からパジャマ姿で頭にカールを巻いたオバサンが出てきて「うるさいわね!」と怒鳴られる。
刑事が聞き込みをしていて、去ろうとすると途端に目撃者は言う事を思い出す。
刺殺・撲殺死体は目を開けて倒れている。
殺人事件の目撃者が幼児の場合、その子はたいてい胆が座っている。
謹慎中に勝手に捜査する。
犯人を追っていて、いいところで踏切がしまる。
全てを話す と電話で呼びつけたら、殺害されて発見される。
張り込み中、何も起きないですね~と言った途端に 容疑者が動き出す。
停車中に犯人発見の通報を受けた際、車をUターンさせて向かう。
振り返ればすぐ見つかりそうなところで尾行する。
ほかにも「お守りは撃たれた・刺された時の必需品」や「ホームレスが情報屋」、「銃撃戦の中を走り抜けても打たれない」、「屋台で飲む」などのありがちな展開があるようです。
「POUCH」より転載

アメリカ人がみた日本の変なところです。
weird①
ヘッドレストを使用している日本人らしいのですが、こんな人いまだかって見たことがありません。

weird②
この画像、日本のKentuckyではスイカを売っていると思って撮ったそうです。
いわゆる大きな勘違いですね

weird③
確かにこのようなマニアックのペイントをする方は確かにいますが・・・しかしminority
です。

weird④
タコの足を生食いしているのだと思ったのですね、チガイます、恵方巻を食べているのです。

しかしこれを撮影したアメリカ人はかなり偏向的ですよね、というかよくもまあこの様な画像ばかりを撮ったものです、そういう意味ではエライ!

今日は久々に寛(くつろ)いだ休日でした。
今日は次男と外飯(ソトメシ)です、今日のお店は「グラッチェ練馬土支田店」です。

住所: 東京都練馬区土支田3-27-22
電話03-5933-2139
定休日:無休


IMG_7586_1
お店の外観です。

IMG_7587_1
店内の雰囲気です。

IMG_7588_1
私のオーダー「イタ飯(挽肉ガーリックライス)」@523円です。
挽肉と揚げたニンニクがたっぷりのっています。
石焼ビビンパのノリでよくかき混ぜていただきます。
ニンニクと醤油とバターの組合せが絶妙、安定感ある一品です。
イケますね。

IMG_7590_1
次男のオーダー「自家製生パスタきのこたっぷりポルチーニソース」@733円です。
イタリア秋の味覚のポルチーニを使った濃厚なクリームソースとフレッシュで風味豊かなきのこをたっぷり使用したパスタです。
きのこの滋養が良くあふれていて深みのある一品です。
口福でしょう。

IMG_7589_1
二人でshareした「本格・ピッツァマルゲリータ」@599円です。
イタリア直送のモッツァレラ(水牛の乳から作ったチーズ)を使用した本格マルゲリータです。ちなみにマルゲリータの名前の由来はイタリアのマルゲリータ王妃が、バジルの緑、モッツァレラチーズの白、ポモドーロ(トマト)の赤がまるでイタリアの国旗を表しているようだとして気に入り、自らの名を冠したと言われています。
このお店の定番品です、不味かろうわけがありません。
熱々のうちに食べるのが美味しく頂くお約束です。

それでは(^_-)

月島 月島三丁目うどん店

今日は「世界で初めての宇宙旅行」の話です。 
ライカ
皆さんは世界で初めて宇宙旅行をした生物は何だか、知っていますか? 
有人宇宙飛行に成功する、さらに前の段階の話です。世界初の栄誉を担った、というよりも担わされたのは、クドリャフカという名前の、旧ソビエトのライカ犬でした。
この犬は、重さ五百キロあまりの人工衛星、スプートニク二号に乗せられて、宇宙空間へと旅立ったのです。ところがこの人工衛星には、回収システムはありませんでした。クドリャフカには、帰る方法がなかったのです。
クドリャフカは地球で条件反射の訓練を受けていました。鈴が鳴ると、餌を食べるように躾けられていたわけです。そして酸素が保つのは、ほぼ一週間。その最後の食餌に、睡眠薬と毒とが入っていたそうです。
ここまでがいわゆる定説なのですが実態は以下のとおりの様です。
1999年の複数のロシア政府筋の情報によると、「クドリャフカはキャビンの欠陥による過熱で、打ち上げの4日後に死んでいた」といいます。
さらに2002年10月、スプートニク2号の計画にかかわったディミトリ・マラシェンコフは、クドリャフカは打ち上げ数時間後に過熱とストレスにより死んでいた、と論文で発表しました。クドリャフカに取り付けられたセンサーは、打ち上げ時に脈拍数が安静時の3倍にまで上昇したことを示していたのです。無重力状態になった後に脈拍数は減少するも、地上実験時の3倍の時間を要しストレスを受けている兆候が見られました。この間、断熱材の一部損傷のため、船内の気温はセ氏15度から41度に上昇し、飛行開始のおよそ5~7時間後以降、クドリャフカが生きている気配は送られてこなくなったといわれています。
結論としては“一週間後、四日後、5~7時間後に亡くなったのか正確なところはわからない”ということなのですね。
Wikipedia「ライカ(犬)」参照

ソビエトだけに事実関係は不明のようですが、このクドリャフカ君哀れですネ・・・
人類の科学の発展のために命を犠牲にされたのです、合掌。

最近集めた面白画像です、お楽しみください。
キリン
このキリンは一体どのようにして撮ったのでしょうか、疑問です???

ずっこけ

刺すぞ!

今日は前回ランチに立ち寄った店が美味しかったのを思いだして二度目のランチ訪問をしたのです。
すると店主が私の顔を覚えていて声をかけてきました。しかも何やら怒っているようです。
店主「アナタ、この前お店で料理の写真撮ったよねェ!」
私「確かに・・・今さら何でそんなことを聞くのですか?チャンとご主人に断ってから撮っていますよ」
店主「そんなことはどうでもいいんだョ!うちの店は以後写真撮影厳禁、分ったか!」
私「・・・」
一体このお店と私の間に一体なにが有った、起こったのでしょうか、当然のことながら、何もないよなぁ、と思わず考えこんでしまったのです。
普段ならこんなこと言われたら絶対に言い返すのに怒られた原因が分からずしばし反芻していたのです。
結果やはり何もなくというか有るわけもないのですが、その後ず~っと腹立ちだけが波状攻撃で湧き上がってきた午後となりました、こんな日もあります、ハイ。
ということで今日は夜に月島で打合せがあり、風邪気味のせいもあり軽飲(カルノミ)でもするかということで、お訪(とない)をいれたのが「月島三丁目うどん店」さんです。

住所: 東京都中央区月島3-14-11
:03-3533-4126
定休日:日曜日定休 年末年始休暇

IMG_7572
お店の外観です。
去年の11月にopenしたお店です。
このお店は「BAR NORTH SHORE」のownerが“こんなお店を作りたかったんだ”というconceptで作られたお店だそうです。
しかしHawaii tasteの「BAR NORTH SHORE」と香川tasteの「月島三丁目うどん店」では全くsimilarityがありませんよね・・・
ちなみに料理長は九州出身ですし、staffさんは江東区出身ですので香川とはあまり関係ないようですよ。
別にこのお店を腐(くさ)しているのではなく、この不思議な結びつきが気になっただけですので、他意はありませんm(__)m

IMG_7573
店内の雰囲気です、黒を基調にしたとてもオサレなお店です。

IMG_7576
まずは「お通し」@200です。
今日は竹輪の磯辺揚げです、カラッとあがっていてとても美味しいですね。

IMG_7577

IMG_7578
「大根と玉子のおでん」@580です。
これはそれほどのサプライズはありませんでした。
個人的には大根はもうすこしヤワヤワのほうが好きなのですが、まあこれは好みですので・・・

IMG_7581
「チーズの串揚げ(抹茶塩バージョン)」@200です。
これもそれほどのサプライズはありませんでした。
チーズはチーズかっていう感じでした。

いずれにしてもこのお店は、” 讃岐うどん店” なので、今度は評判の高いお昼を食べに行きましよう。
夜の部は月島ではちょっと高めの値付けの料理が多い様な感じがしますネ、まぁあくまでも感じですから・・・

それでは(^_-)

有楽町 浪花ひとくち餃子 チャオチャオ

今日は「神栖海難事故」の話です。 
2011年1月1日午前6時55分ごろ、茨城県神栖市日川の日川浜オートキャンプ場近くの堤防で、同市の高校3年の男子生徒2人が高波にさらわれ海に転落した。1人は自力で岸に上がったが、同県立波崎柳川高校の保科良樹さん(18)=同市知手=が行方不明となっている。2人を救助するために飛び込んだ生徒はサーファーに無事救助された。
県警鹿嶋署によると、保科さんは中学時代の同級生の男子生徒らと計6人で初日の出を見に来ており、保科さんともう一人の生徒が堤防に近づいた際、波にさらわれた。
保科さんらは当初は堤防から離れた場所にいたが、「度胸試し」と称して上半身裸になって堤防の先端に向かって行ったという。一緒にいた同級生らによると、初日の出見物の際、毎年「度胸試し」をしていたとされる。(2011/01/01-19:27)
「時事ドットコム」より転載

以下がその状況動画なのです。
このYouTubeは限定公開のためリンクがはれないのでURLから見て下さい。
まず最初の動画ですが、前の方に写っている方は自力で岸に上がった高校生です。そして後ろの方に写っている方は行方不明となっている保科さんです。
そして次の動画ですが、友人二人を助するために海に飛び込んだ高校生を救助にいった勇気あるサーファー二名の救助活動の様子です。
しかしこの友を助けに行った高校生もエライものです、海岸にこのサーファーがいなかったら間違いなく天国にいっていたものと思われます。
さらにこのサーファー二人は二重遭難のriskもかえりみず、あえてこの荒波の中この高校生を助けにいったのです。
オレンジ色に輝く朝日、無機的にまわる風車、人間がいかに自然の前では無力だということを思い知らされました。
そして海岸について、サーファー二名のうち一名は膝から崩れ落ちるように倒れ込みました。彼らもギリギリの状況だったのですね、命がけの救助に拍手です。

面白画像

だまし絵
ひさびさのtrick画です。
如何ですか・・・

今日は成人式だというのに朝も早よから仕事です。
このパターンは去年と同じですネ・・・それでも14:00には仕事が終わったので所用と昼食をかねて銀座に出没しました。
餃子が食べたくなって探したところ、有楽町のガード脇に派手な餃子屋さんがあったのでお邪魔しました。
今日のお店は、浪速ひとくち餃子「餃々(チャオチャオ)」さんです。

住所: 東京都千代田区有楽町1-2-9
:03-3503-8333
定休日:無休

IMG_7560
お店の外観です。なにやらこのお店は株式会社餃子計画という大阪発のフランチャイズ店の様です。

IMG_7566
店内の雰囲気です。

IMG_7561
メニューです。

IMG_7568
今日のオーダー「特製餃子定食」@780です。
フランチャイズ店だからというので色眼鏡で見ているわけではないのですがあまりここの接客は好ましくありません。
始めにいつものように写真撮影のお願いをすると厨房staffの方から「かまわないけどっ!」との返しです。ウ~ンッ、厨房staffの方とは友達でも何でもないのですからもう少し他のいいかたはないのでしょうかネ。
そして「特製餃子定食」を頼んだ後に、プラス100円でソフトドリンクが付けられますが、とのたたみ掛けです。私が、ソフトドリンクって何ですか、と聞けば、ウーロン茶とジュースにカルピスです、とのことです。お子チャマじゃないのですから、そんなものを頼むわけがないじゃないですか、仮に頼むとするならば当然ビールです。やはりマニュアル通りに言うのではなく客の風体みて聞かないといけないと思うのです。

IMG_7565
そして待つこと5~6分して、このポテトサラダとお新香の突き出しがきました。
そして3分後にご飯と味噌汁がきましたので、餃子はまだかいな、って思いながらポテトサラダとお新香をオカズにしてご飯を食べ始めたのです。
そして5分後、おもむろに餃子の出現です。この真逆配膳も好きではありません。

IMG_7570
ここの餃子はパリパリの皮がこだわりです。
強く歯噛みするとお約束の肉汁が飛び出してきます。まあここまでは良いのですが
餡がユルユルです。ここの工夫の餡なので問題があるといっているのではないのですが、私はもう少し固めが好きなのですネ。
それとニンニクがダマになっています。ダマにあたるとニンニクの味しかしません・・・如何なものでしょうか。

最後に斜め前の宴会客に、お酒のお代りを聞いていましたが、宴会客の1人が、まだ、入っているからいいよ、と怪訝な顔で断っていました。
このお店は餃子屋さんではなくもしかして居酒屋さんなのかもしれません、居酒屋さんでもお酒が入っているのに追加注文は取りにきませんよネ。

14:30という時間だったのでかなりの空腹ですこしピリピリ感はあったのですが、それを差し引いても変な雰囲気と時間を有してしまいました、こんな日もあります。

IMG_7571
帰路の駅に向かう途中、有楽町電気ビルに「天鴻餃子房」さんがありました。
端(はな)からここにすれば良かったにな、と思ったのですが、ここに「天鴻餃子房」さんがあることはここを通るまで知りませんでしたものね(悲)

それでは(^_-)

新宿 新宿サミットクラブ リターンズ

今日は「帰省するときに喜ばれるおみやげ(東京編)」の話です。 

以下に紹介します。
■ごまたまご(銀座たまや)(5個入500円~)
東京駅構内を歩いていると良く目にする定番商品。黒ゴマペーストと黒ゴマあんをスポンジで包み、ホワイトチョコでコーティング。今風ながら、和風テイストのため高齢の方にも喜ばれそう。
これは黒ゴマあんが美味しいですね

■東京ばな奈(グレープストーン)(8個入1000円~)
「ひよこ」に次ぐお土産の定番といえばこちら。スポンジケーキにバナナカスタードがたっぷり詰まっている洋菓子です。最近は、ラムレーズンが練り込んである『東京ばな奈のレーズンサンド』が人気なのだそうです。
安定感ありですか、でもあまりにpopularすぎてもらわれる方々は食傷気味でしょう

次に、和風スイーツ。老若男女に喜ばれるので重宝します。
■芋ようかん(舟和本店)(6本詰め599円~)
浅草名物。さつま芋の皮を一本一本手でむき、添加物を一切使っていない素朴な味が評判とのこと。これなら、両親や祖父母にもウケが良さそう!
日持ちがわるいのですが・・・飽きがこない味です

■雷おこし(常盤堂)(21枚入525円~)
ご存じ、浅草の銘菓。米をふかして乾燥させ焙煎したものに蜜やピーナツで味をつけたお菓子。一度食べると、その旨さにやみつきになってしまうのでダイエットには大敵。
引きずる味です、店主がサーファーということに違和感あり

■どら焼き(うさぎや)(1個180円~)
大正2年創業の上野の和菓子屋うさぎや。日本で一番美味しいという人もいるほど! 表面はサックリとして、中はふわふわ。十勝産の小豆を使用しているそうです。保存料なども入っていないため、安心して頂けます。
しかし、ここすぐに品切れになるのですが・・・

ほかには、東京で話題のスイーツをお土産にする人も多いようです。難点は、そのショップに行かないと購入できない点でしょうか。
■ねんりん家のバームクーヘン(しっかり芽ホール1300円~)
メディアでも良くとりあげられる商品。年輪のように凸凹しているのが特徴で、外はカリっとしていて中はふんわりと柔らかい。東京でしか手に入らないので、お土産に重宝されるとのこと。また、これを食べた人は今まで食べたバームクーヘンはいったいなんだったのかと感激するようです。
たしかにここのバームクーヘンは美味しいですね、私の東京土産の定番です。東京駅でも売っていますからね!

■ミルフィーユ(ベルン)(3個263円~)
日本で初めてチョコレートをかけたミルフィユを創った老舗。可愛い包装でくるまれていて、見た目のセンスも良い。チョコとサクサクなミルフィーユのバランスが絶妙とのこと。
丁寧に食べないと机が汚れます

■東京ラスク(シュガーラスク10枚入り420円~)
サクサクっとした軽い口当たりに、ラスクの美味しさを初めて知った方も多いようです。季節限定品もあるようなので、いつも新しい風味が楽しめます。
食べたことがありません、でもラスクはラスクでしょう?
「Pouch」より転載

ちなみに「ひよこ」はもともと福岡の銘菓なので、福岡に行く時は持って行ってはいけません。

個人的に一押しは「うさぎや」さんです。大正2年創業の老舗です。
店名は店主が兎年生まれことに由来します。
その代表作と言えるのが、表面サックリ中はふんわりの皮でやわらかな十勝産小豆をはさんだ「どら焼き」です。できたての温かいものを買うことができるのが嬉しいのです。保存料などは入っていない為、賞味期限は2日間です。また、1個180円とやや高めなので、たくさん買ってみんなに配るというよりは、家族や大切な人へのおみやげにしたいものです。
これまた日持ちが悪いので贈る時はその旨を伝えなければなりません。
店舗は御徒町のみで、16時以降の来店の場合「どら焼き」は予約が必要です。

うさぎや
私が札幌から東京に戻ってきて一番驚いたのは「うさぎや」さんがビルになっていたことです。昔はこんなお店でした。
子供のとき母が御徒町の伯母さんのところに行く時は必ずお土産(オミヤ)は「うさぎや」さんの「どらやき」でした。お土産(オミヤ)を包んでもらう時焼き立ての「どらやき」を一緒に買ってもらったのですが、世の中にこんなに美味しいものがあったのかと子供心に感動したものです。
長じて一人で「どらやき」を買いにいくと、このお店待ち順ではなくて声の大きい順?厚かましい順なのでかなり面食らったものです、勿論下町オバさんが大挙して買いにきたときですがね(笑)
いずれにしても私のsoul foodであることにはまちがいありません。

今日は家族に慶事があったので、かなり奮発して新宿サミットクラブで家族全員の新年会を行いました。

住所: 東京都新宿区西新宿3-7-1. 新宿パークタワーN棟37F
電話:03-5323-5100
定休日:予約制

IMG_7548
お店の外観です。

IMG_7538

IMG_7547

IMG_7553
店内の雰囲気です。

今日のオーダー「Aコース(先付け、しゃぶ肉(福島牛A5)、野菜、うどん、香の物)@4,200です。
IMG_7542
お酒メニューです、やはりここ高いですね。一合@3,150ですか・・・一体誰が頼むのでしょうか(笑)

IMG_7537
お正月なので日本酒(福娘)サービスです。
升に軽く盛塩をして飲みましょう

IMG_7543
先付け「豆腐の雲丹汚し」です。

IMG_7544
野菜です。

IMG_7545
福島牛(A5)の薔薇盛です。
福島牛の味紹介です。
ふくしまには、美しい自然があります。 福島牛という名の美味しい自然があります。
風味豊かで、まろやかな味わい、 色鮮やかで良質の霜降りをもつ福島牛は、 まさに牛肉の傑作。
つくる人の愛と情熱があふれるほどに注がれ、 伸びやかに育った福島牛は、 食する人たちにいつも、 至福のひとときをもたらしてくれます。
「福島牛販売促進協議会」より転載

これは美味しいですね、秒殺のようにみるみるとなくなっていきました。
結構です、お目出度いときくらい豪勢にしませんとね・・・口福、口福

IMG_7549
締めのうどんです。食べ残った野菜くずを全部すくいあげて、塩と胡椒で味を調えて、さわやかなカボスで香りをつけます、不味いわけがありません、ほっぺが落ちそうな美味しさでした。

それでは(^_-)

勝どき よつば

今日は「電車内での化粧」の話です。 
IMG_7520
最近このパチリのように東京都交通局は車内マナーについて喧(かまび)しいのです。
「電車内での化粧」についての私の考えは、他人に直截に迷惑かけることもないので取り立て目くじらは立ててはいません。
しかし身なり(含む化粧)を整えるというのは、身体の清潔を保つことだけでなく、他者に見られる、または見せるために自己を整えるということです。
したがって精神的自立に結びつき、社会の中で自立した個人として相互の関係を維持するために重要な動作です。それをなすことなく、他人の面前で化粧をするということは精神的自立がなされていないことと言い換えられます。
よって「電車内での化粧」について反対こそはしませんがやはりいただけませんネ。
でも・・・ですよ、いまだかつて美人の方の「電車内での化粧」は見たことがありません。
これは推して知るべしではないでしょうか、ハイ。

ちなみに以下はお隣韓国での「電車内の化粧」の話です。
いつものように化粧をしていたある日のこと、50代後半くらいのおばさんがジロジロと私を見てきました。その日はいつもよりも可愛い格好をしていたので、なぜか私は好意的に見ているんだろうと思っていたのですが、あまりにも見てくるので、(え、なに、見てるの?)という感じでおばさんを見ました。すると突然『ねぇ、なんでここで化粧するの?』と大きな声で言うではありませんか。

私は驚いて『え??』と返事をすると、おばさんは『だから、なんで地下鉄で化粧をするのかって聞いているの。ここは化粧する場所じゃないでしょ。他人から見えない所でするべき。降りてしなさい』と指摘。私はどうしたらいいのかわからなくて、思わず『大丈夫です』と言ってしまいました。でも、このひと言がおばさんの怒りを買ったようで、『何が大丈夫だって!こういうところで化粧する女性がどう見られているのか知ってんの?体を売る女性が化粧をしているんだってね。お嬢さんは体を売る女性かい?』…。私はあまりの暴言に驚き、あまりにも頭にきたので涙もこみ上げてきました。地下鉄でお化粧をするのはそんなに見苦しいものなのでしょうか?

どう思われますか・・・

セブンイレブン
桜木町にあるセブンイレブンのおでん容器アートです。
一体いつ作ったのでしょうか・・・暇なのかな・・・このお店では年中行事らしいですよ。

勝ちどきに「勝どきビュータワー」がオープンしました。
いわゆる再開発事業ですが、もとあった不味?ラーメン「ベア」さん、伝説の立ち飲み屋「かねます」さん等が戻ってきました。
ということで数ある飲食店の中から、出戻り組ではないのですが立ち食いそば・うどん「よつば」さんにお邪魔しました。

住所: 東京都中央区勝ちどき1-1B1
:不明
定休日:不明

IMG_7530
お店の外観です。

IMG_7535
店内の雰囲気です。

IMG_7531
メニューです。

IMG_7533

IMG_7534
本日のオーダー「たぬきそば」@330です。
このお店そばも、つゆもとても美味しいです。特に天カス、立ち食いそば屋さんには珍しく油が良いのでとてもサクサクしています。しいていえばお汁(つゆ)が少しぬるいのが唯一の瑕瑾(かきん)でしょうか・・・
そうそうこの食べ放題のキムチ、自家製だそうですが、とても美味しいのです、後半はたぬきそばでなくキムチそばになってしまいました・・・たぬきだけに化けるのはご愛嬌です(笑)

それでは(^_-)

有楽町 MARUNE

今日は「応援団異聞」の話です。 
IMG_7460

樋口卓也
最初にお詫びです。
早稲田ちゃんぽん太郎 で早稲田大学応援部代表委員70代主将森将貴さん(上部画像)を71代主将樋口卓也さん(下部画像)と間違えていたようでした・・・しかし似ていますよね?
森主将は日頃「応援とは信じることだ」といわれているそうですがたいしたものです。

新入社員の頃、明治大学馬術部卒の上司に連れられて、新宿は歌舞伎町にある、六大学体育会限定のBarに行っていました。
私は大学では体育会ではないのですが、同行者が六大学体育会であり、大学に入るまで剣道をやっていたこと、卒業大学が六大学であることから入店が許可されたのです。
このBar座る席が都度変わるのです、というのもこのBar席次が完璧に年功序列になっているのです。具体的には卒業年度がfirst screeningです。もし卒業年度が一緒ならその部の歴史が古いほうがsecond screeningです。よって新しい入店者が現れると、その都度この二点を確認し序列が決まると皆グラスを持って席を変えるのです。

入店者はほとんどがオジサンですので他愛もない思いで話で盛り上がるのですが、それは団体競技(バレー、バスケetc)出身者で個人競技(剣道、柔道etc)出身者は結構お酒がすすんでくるとそれなりに意趣返しみたいな話にもなるのですね。

このお店は何故か体育会限定なのに応援団は入店できないのです。
というのも運動というのは己の努力、鍛錬、精進で向上するもので、応援団の応援で向上するものではないというかなりselfishな論理で支配されているからです
お店の常連はいいのではないかという意見もあるのですが、原則駄目なのです。
もし入店が許されるならば、体育会扱いしないよ、という条件付です。

ある時、立教大学?の応援団の方が体育会の友人と酔っぱらって来店し、酔っぱらっている常連の方から“援団帰れ、ここはそういう店だ!”と上から目線で怒鳴ったものですから、揉み合いになったのです。
そうしたら長老格の方が、店で暴れるな、お店の人に迷惑がかかる!このままだとお互いわだかまりができるので、外で気のすむまま殴り合ってこい、といって突き放したのです。
10分位してからですか、この二人が肩を組んで、気が済んだ、今日はとことん飲もう、といいながら帰って来たのです。
すごいんですよ、二人とも顔じゅう血だらけで、服もズタズタです、
多分年の頃なら、50代後半です。
このお店の魔力なのでしょうか、皆学生時代に戻ってしまうのですね。
私は茫然としてこの顛末を見ていただけですが、本当に驚いたものです。
体育会出身者は酔うと熱い!

慶應応援指導部
最後に早稲田といえば慶應ですが、慶應の応援指導部(慶應は福澤先生の教えで応援団とは呼びません)に医学部の方がいたのです。
授業かなりきついのに、この鈴木悠史さんはたいしたものです。
六年間もやるのですね・・・

今日のお店は浅草「牛たんビストロ MARUNE 有楽町店 【旧店名 牛タンとテールねぎし MARUNE】」さんです。

住所: 東京都千代田区丸の内3-6-1
電話:03-6268-0707
定休日:無休

IMG_7521
お店の外観です。

IMG_7523
店内の雰囲気です。

IMG_7525

IMG_7526

IMG_7527
今日のオーダー「鶏グリルセット」@880です。
このランチには「ねぎし」さんお約束の、テールスープ、お新香、とろろ、押し麦ごはんがつきます。私はこのお店のお新香とくに辛し茄子が好きです。
味ですか、とても美味しいですね、鶏肉がほっこりしています。
後半はご飯にとろろをかけて食べます、これまた美味しいです。
ご飯のお代り自由ですのでドカンと食べたいときにはお奨めお店です。

それでは(^_-)

続 浅草 餃子館

謹賀新年
今日は「初詣」の話です。 
IMG_7484
昨日は親族一同が会して新年会です。
気がつくと皆でお店の人が驚くほど飲んでしまったので、地域経済振興におおいに貢献したものと確信しております。
トイレッツ
ところで行ったお店のトイレに有ったこの尿量測定SEGAトイレッツですが感心?感動しました。
多分トイレ汚し除けのデジタル系かと思われるのですが・・・ハイスコア狙いでお酒をガバガバ飲む輩をtargetにした売上増大の最終toolかもしれません?
男子(おのこ)ならこのgadgetに向き合えば、必ず血わき肉躍ることと思います、間違いない!



閑話休題
「初詣」の話ですネ。
今日は奥様帯同で初詣に浅草に出没です。

IMG_7517
スカイツリー大分立ちあがってきましたね、現在539mですか、進捗率85%です。
完成までもうすぐですね・・・

IMG_7498
アサヒビールさんのアサヒビールタワーとスーパードライホールの「炎」オブジェ(フランス人デザイナー、フィリップ・スタルクさん作)の見上げパチリです。

IMG_7499
左から墨田区役所、スカイツリー、アサヒビールタワー、スーパードライホール、URリバーピア吾妻橋ライフタワー墨田区skyscrapersの面々です。

IMG_7516
浅草「松屋」に買い物に立ち寄りました。
なな何と懐かしい「松鶴(ショウカク)マーク」です。
これは日本航空の「鶴丸マーク」ではありません、「鶴丸マーク」は鶴君が横向いてますもの。
松屋の店員さんに頼んで背中を撮らせてもらいました。
ちなみにこの松鶴マークの由来は次の通りです。
1907年に開発された松鶴マーク。松屋は、1869年(明治2年)「鶴屋呉服店」として横浜に創業し、さらに1889年(明治22年)神田「松屋呉服店」を買収して鶴屋と松屋の二つの屋号を継承しました。その後、1907年(明治40年)頃より二つの店に統一したマークの使用を開始しました。これが「松鶴マーク」の開発された由来であり、以後呉服業から発展した老舗型百貨店として、その個性を発信し、永い間愛され続けてきました。
「松屋」HPより転載


IMG_7500
三社祭の神輿の御開帳です。
正月には見られるのですネ、知りませんでした。

IMG_7504
私の浅草での「初詣」定番の被官稲荷です。
30年以上通い続けています。

ということで今日のお店は浅草「餃子館」さんです。

住所: 東京都台東区花川戸1-10-13 1F・2F
電話:03-3842-3808
定休日:無休

IMG_7515
お店の外観です。

IMG_7510
まずは「豚肉餃子」@500です。
結構このお店にきているのに、何故か「餃子」だけは食べたことがありません。
これ美味しいですね、餃子の皮の味わいがとても良いのです。
中の餡もニラ主体で、すごく美味しいです。
お約束のスープも強く歯噛みすると飛び出てきます、levelの高い一品です。

IMG_7509
奥様オーダーの「あんかけ焼きそば」@880です。
これもイケます、美味しいです。
とくに餡が秀逸です、熱さも充分、この餡でくるまれることで全ての材料の良さが倍加します、とても結構でした。

IMG_7511

IMG_7513
私のオーダー「若鶏のから揚げ+スープ」@800です。
これは衣がおいしいものの、鶏肉がすこしジュシ―さに欠けていますかね。
しかしそれでもそこそこのlevelです。
スープは隠し味に柚子が入っていました、独特の爽やかな香りがスープの美味しさを高めています。
ここは多分ですよ、コスパ含めたら浅草一番の中華料理店だと思います・・・

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ