下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

2008年10月

吉祥寺 たい菓子 天音

今日は所用で奥様と吉祥寺に出没です

今日のお店は有職たい菓子本舗「天音」です。
住所: 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-9(ハモニカ横町内)
電話:0422-22-398
定休日:不明

このお店一年前位に突如吉祥寺ハモニカ横丁に忽然とできたたい菓子屋さんです。
TVのグルメ番組に取り上げられる度に行列が長くなってきています。今日も結構の行列です。
天音行列


昔はすぐに買えたのに・・・それとたい菓子を焼くところも見えたのに今は隠して見られません。それとなにやら作りおきの鯛焼が敷居の隙間から見受けられます。
何で焼くところを隠すのか?とても不思議な感じがするのです。もしかして焼きたてとうたっているので作りおきの鯛焼を見られたくないのか(笑)
天音店内




北海道産小豆の粒餡に甘味を黒砂糖でつけています。味ですか、不味くはないのですが甘みが黒砂糖なので、なにやら黒砂糖を食べている感じがします。

今日で三回目の召し上がりですが、私は下町生まれなので両国の浪花家総本店の味に慣れてしまっておりこの味はいまひとつですね。
でもこの味が好きな方はハマるでしょう・・・当たり前か(笑)
ちなみに値段は一尾@150です。

この後吉祥寺をブラリしたのでパチリでご覧下さい。


楳図邸近景です、綺麗ですね。


楳図邸、鐙屋です、可愛くないですか(笑)

ブルースマン
井の頭公園超名物オジサン「ブルースマン」です。あいもかわらず元気です。

旧いせや本店

吉祥寺最大人気焼鳥店いせや本店の建て替え前です。

新いせや本店
そしてこれが地下2階、地上14階のい新せやビルです。焼鳥屋さんて儲かるのですね。


それでは(^_-)

月島 もんじゃ タンポポ

生命が誕生した時そこにはメスしかいませんでした。
メスはDNAの自己複製機能を使い、最初の10億年間に生命は女系だけでなりたっていたのです。ところがあるとき異性が必要となりその場しのぎで急造品として無理矢理作り出されたのが男性です。
そのため男性は寿命が短く、病気やストレスに弱いできそこないの生物だそうです。
福岡伸一「パラレルターンパラドックス」より抜粋

なるほどな男はストレスによわいからな・・・もって生まれたものだったのですね。

今日のお店は月島もんじゃ「たんぽぽ清澄通り店」です。

住所: 東京都中央区月島3-17-4
電話:03-3531-8368
定休日:無休

仕事が終わったのが遅かったので外もんじゃがあまり好きではない(匂いがスーツにつくから)私ですが、お付き合いで外もんじゃを同僚と食べにいきました。
本音をいえばこのお店「煮込み」の有名店なのでそれをツマミに飲めればいいかなというところです。
ところがこのお店スジ肉をメニューに加えなくなったのでそれにともない「煮込み」も廃メニューとなったのでした・・・そんなのアリ(怒)

さていきましょう
最初はカレーもんじゃです。やはりもんじゃとカレー味はあいます。
個人的には具のキリイカもカレー味には良く合います。
これは美味しい。



次はエノキ、シメジバター焼きです。
これも美味しい。シメジのシャキシャキ感がタマリマセン。



そして本日のハイライト、膝軟骨です。
店員さんに聞きますと、鶏の軟骨だそうです。
これ美味しい、ジワジワと滲み出てくる軟骨の油にほのかな塩味が加わるとこれはもうは至福の感動です。口の中でのコリポリ感もこの感動を倍増させます。
本当に結構でした。



それでは(^_-)

月島 ますや

オタマジャクシがカエルに成長する時に消えてしまう「尻尾」はどうなるんでしょう?
ある程度小さくなったら切れる
ある程度小さくなったら溶ける
ある程度小さくなったら体内に吸収される

答えはです。
しかし,里茲Δ棒擇譴討い燭蕁▲エルの繁殖期に池にオタマジャクシの尻尾がやたら浮いているので結構気持ち悪いですよね。


今日のお店は月島「ますや」です。


住所: 東京都中央区月島3-15-2
電話:03-3231-5246
定休日:不明

しかしこのお店見つけた私はえらいと思います。
画像で分かるとおり、薄汚い路地にポツリンとこのお店は出現します。
店舗の右側には雑然とした発泡スチロールの積み重ねです・・・なにか汚らしい感じ(心配)
そしてランチタイムなのにお品書きの看板さえありません。
普通は入ろうとは思いませんよね(笑)

しかし丁度この店の前を通った時間は11時50分ですが、すでにほぼ満席でイギリス人女性もいます(入ってから分かったのですが)、な何だこんなお店なのにこの混み方はとひかれたのです。

入ってみると胡麻塩頭のオジサンが両手を組んでこの世の中に面白ぇモノなんかあるかという風情で眼光鋭くお客様を睥睨しています、そして一見陰気な奥様が一生懸命配膳の用意をしており完璧に寂蒔な世界が醸成されています。

メニューを見るかなりお高い。
刺身系はブリ刺身@1,500からカツオ刺身@900、そして焼魚系は太刀魚塩焼き@1,400から鮭塩焼き@720とビジネスマンの昼食金額を軽く超えています。
私はその中で常連客達が頼んでいた銀鱈塩焼き定食@950を求めました。


味ですか、多分築地、月島地区で一番美味しいと断言できます。

特に込み入ったことはしてないのでネタそのものが美味しいと思うのですが、本当に美味しい。単に銀鱈に塩振ってロースターで焼いただけなのですが、味は秀逸です。
絶妙な塩加減が銀鱈の甘さを最大限に引き出しており、その白身はプリンプリンで口の中で踊ります。真っ白いご飯も米粒がたっていてシャキシャキです。付け合せのポテサラも美味しく申し分ありません。
しいていえばアサリの味噌汁を煮込んでしまったので身が縮まり固かったのが×でしたがこれを除けば完璧です。

月島に美味しい「魚料理屋」ありですね。

それでは(^_-)

なか卯 親子丼

マラソンの高橋Qチャンが引退しました。
結局小出監督と師弟関係を解消し「チームQ」を作ったものの結果は出せませんでした。
小出監督はこのニュースを聞いて「こいで(小出)いいのか、Qチャン」とコメントしたそうです・・・(嘘)

今日は家族が誰もいないので夕食一人旅です。
獲物はここのところハマっている「親子丼」です。

本日のお店は地元の「やぶ重」@800か、大戸屋の「炭火焼き鶏の親子丼」@714か、なか卯の「親子丼」@490か悩むところです。

しかしじっくり考えると「やぶ重」は早々と二十時に閉まっているので候補から脱落、「大戸屋」はお酒を飲んでしまいそうなのでこれも脱落、ちなみに私は何故かご飯を食べるときお酒は飲まないのです。結局「なか卯」です。


味ですか、少し割下ショッパイけれどこんなものでしょう。
何か鶏肉が少ないような。それと盛り付けが汚い気が・・・?

そして汁物はナメコ汁です。


なか卯のナメコ汁は疲労回復、風邪、インフルエンザ、肌荒れ、二日酔い、不眠症に効果テキメンとか・・・本当(笑)なか卯さん!誇大広告ではないでしょうね。
でもナメコたった15個しか入ってなかったのです。
この量ではこの効能は無理でしょうね。



それでは(^_-)

神田 かぶき 神田北口店

今日は仕事が遅かったので飲みにいきました。
すこしお酒が体に行渡った

若い社員「××さん(私のこと)、奥様との倦怠期向かえていませんか
私「???、自覚ないけれど何で
若い社員「もしないのであれば、なった時にテキメンに治る食べ物があります
私「そんなものあるの」
若い社員「倦怠期ツライ用チキン、KFCで売っています
私「・・・」

今日のお店は神田「かぶき」です。


住所: 東京都千代田区 内神田3-22-10ハチヤビル1階
電話:03-3252-2508
定休日:不明

今日の獲物は「さわら味噌漬け定食」@500です。


写真右からさわら味噌漬け、そして左側のおかずは上から「焼き海苔」「昆布の佃煮」「ポテトサラダ」です。
味ですか、値段からすると相応、でも魚肉は固く、ポソポソでおいしくありません。

でも店内はビジネスマンで満席です。
このコストパフォーマンスが神田ビジネスマンのデファクトなのでしょう。
日頃の贅沢ランチに反省する今日この頃です(悲)

それでは(^_-)

チャーリーとチョコレート工場 ウォンカチョコレート

昨日マンションの展示場前で警備員のオジサンに誘導され停車しました。
な何だ最近のマンション販売はそこまでやるのかと立腹していたら、呼び止めたのは警備員ではなく警察官でした。

この人達用もないのに人を呼び止めるはずないので・・・何か嫌な予感
警察官「旦那さん、そこの踏み切り右折しましたね」
私「何か・・・」
警察官「あそこの場所は時間制限の右折禁止なのですよ」
私「標識あったんですか」
警察官「確認の為に見に行きましょうか」
私「・・・」

よく見れば前にも一台捕まっていて・・・珍しく素直に観念しました。
しかし悔しい20年間無事故無違反だったのに時間制限の右折禁止の標識に気がつかないなんて。

頭にきたので
私「あなたはこの違反切符を取るためにこんな人通り少ないところにいるのですか?右折したら何か危ないのですか?交通量が多い日ならともかくこんなに交通量が少ない日右折しても問題ないじゃないですか、それとも踏切内で事故が起こるとでもいうのですか(怒)」
警察官「無言」

しばらくして違反書類に振り仮名を記入する為に、私に三回目の名前を聞きました。
私「すでに二回もいいました。もうこれ以上あなたにいいたくはありません。何でメモしておかないのですか」
警察官「すみません、私の不注意です。もう一度だけお願いします」
私「不注意というならお互い様じゃないですか」
あまり嫌がらせしても仕方ないので、程々にしがのですが…法律は法律ですからね(笑)
でも悔しい、石神井警察の根性悪

今日はご存じ「チャーリーとチョコレート工場」で
劇中に登場するウオンカチョコレートです。


金曜日に晴海トリトンにいったら売っていたので思わず買い求めてしまいました。



映画ではとても美味しく思えたので・・・どうしても食べてみたかったのです。


味はライスクリスプとキャラメルの味で口の中でライスクリスプがプチプチとはじけます。
おいしいけれどもしかすると甘すぎるかも。
でも私は完璧にハマり、毎日食べています。

でもこのチョコ映画を見ていないとなんでのめりこむのか分からないでしょうね(笑)

それでは(^_-)

北浦和 丸新

今日大宮のお取引様との打合せの後、お定まりのジェットコースター飲会です。

今日のお店は北浦和「丸新」です。
このお店埼玉県で一番美味しいという「モツ焼き屋」さんです。

ご主人は慶應義塾大学卒業後某一流証券会社勤務の後モツ焼き屋の親父になったという変り種です。でも味はピカ一です。

住所: 埼玉県さいたま市浦和区北浦和1丁目2-3
電話:048-831-3473
定休日:土・日・祝日

さっそく行きましょう。
まず最初はレバテキ、多分レバステーキの略だと思います。
新鮮なレバをギリギリなレアで焼いて、美味しい甘辛いタレと非常に辛い和芥子でいただきます。
今日はご主人が体調悪く不在で変わりに奥様が焼いていたのでいまひとつレアの部分が少なかったのです(これはこれで仕方ないのかな




そして「コブクロ刺し」これは、新鮮なコブクロをニンニクと生姜醤油で食するのですがこれはコリコリ、ポリポリでタマリマセン。
別にコブクロ自体は味がなく大半がつけるシンプルな醤油と薬味の味で決まってしまうのですが新鮮なためにハマるのです。



そして焼きトンの王者タンとサガリです。
これは辛い和芥子でもイケますし、豆板醤系の芥子でもいけますが肉が美味しいのでこれら辛味系も単なる応援団ですね。
しかしこれは美味しい、肉の滋養が歯茎に染み入ります



そして本日のメインエベントの豚ナンコツを叩いてハンバーグ状にした「ナンコツたたき」です。これは手間隙がかっているから美味しいのか、美味しいから手間隙かけるのか判断が分かれますがこれは美味しい。
ポリポリコリコリと軽快なリズムをキザミ続けると美味しい軟骨の肉汁が口内のありとあらゆる所にいきわたります。
しかしこの食感はタマリマセン、噛めば噛むほど軟骨のポリポリが口内でハジケマス。特に軟骨を奥歯でポキポキと噛み砕く感触って本当にいいですね(笑)


しかしこのお店の後お取引様と次の店ヘ行ったものですから、結果へロヘロになったので、今日のブログもアヤシイ限りです。

それでは(^_-)

飯田橋 ラーメン 高はし

今日昼間は結構晴れていたのに午後からは雨、天気予報って当りますね。

今日のお店はラーメン「高はし」です。

私はこのお店の雲呑麺は日本で一番美味しいと思っています。

住所: 東京都千代田区飯田橋3−11−30
電話:03-3239-5274
定休日:土・日・祝日

今日の獲物は雲呑麺@900円です。

味ですか、美味しいです。
スープは豚骨と鶏ガラで取られた上品なスープです。味はこれ以上ショッパクしたら下品になるという絶妙な塩加減です。
麺は中細のちぢれ麺です。
チャーシューもバラ肉をしっかり仕込んだコクと深みと油分が程よくノッタ名品です。
特筆するのは雲呑です。
写真で茶色く見えるのが、肉の部分です。いかに豊富に挽肉が入っているのがお分かりかと思います。皮がプルンプルンで口の中でハジケマス。
シナチクもショキショキで美味しい。
そしてスープ全体を覆い隠す万能ネギもタマリマセン。
この味なら行列店なのが納得できます。

しかし、いかに四ツ谷の名店「こうや」の出自といいながらも雲呑麺@900円は高いと思う今日この頃です。

それでは(^_-)

鳩ヶ谷 勝まさ鳩ヶ谷店

今日帰りの電車で立っている酒臭いオジサンの視線が熱く本を読んでいた私は顔をあげその視線に対峙しました。よくよく見ると高校の同級生のKまい君です。
私は「何だkまいか」といったものの、毛もなくメタボの同級生がとても同じ年に見えず、定期的に会っているのにも係わらずあらためて驚きを禁じ得なかったのでした。
結局当然のことながら飲みにいき今現在二日酔いの予感がする今日この頃です。

今日のお店は「勝まさ」鳩ヶ谷店です。


ここのお店は、自然の中で健康に育てられた国産銘柄豚を丹念に熟成。ジューシーで柔らかな旨みが特徴な本格こだわりとんかつ。肉はもちろんのこと、ソース・野菜・油・パン粉・米・玉子にもこだわり続けるというのが惹句です。

埼玉県鳩ヶ谷市八幡木1-22-3
住所: 埼玉県鳩ヶ谷市八幡木1-22-3
電話: 048−285−6606

前回ここで「ロース豚カツ」を食べその美味さに絶賛したものですから、今日は連食です。
獲物は「カキフライ定食」@1,380です。


味ですか、一見美味しそうに見えるカキフライですが、衣が厚く身と衣の間がスカスカです。
カキ肉もそれほどに美味しくなく、海のミルクの感じは全くありません。
豚カツが美味しかっただけにとても残念でした。
こういう日もありますよね(悲)

それでは(^_-)

晴海 ぽっぽっ屋晴海トリトン店

今日は久々に晴海トリトン「ぽっぽっや」です。
なにやら「超ドデカスペシャルラーメン」チャレンジをやっていました。

なんとラーメン×3倍分のこの「超ドデカスペシャルラーメン」@2000を完食するとポロライド写真を貼ってくれるというショボイ企画です。
でもこのラーメン何人で食べてもOKですので、ちょっとした思い出作りにもなります

ここのラーメンは@800ですので3杯食べると2400円です、よって計算しますと2400-2000なので@400は得します。この企画二週間の限定ですが、一人の男性は何と7回も達成しました。なにかこのイベントに対する執念を感じてしまう今日この頃です。

調理人のミャンマー君腕をあげましたかね?
これはミャンマーのバイトさんの為のマニュアルです。

皆さんちゃんと読んでいますかね(笑)


ということで今日のお店はラーメン二郎系の 「ぽっぽっ屋晴海トリトン店」 です。
住所: 東京都中央区晴海1-8-16 晴海トリトン3F
電話: 03-5144-8259

今日の獲物はとんこつ醤油ラーメン@800です。

味ですか、最高でした。
スープ熱々でコクありです。麺も荒縄極太麺のモチモチ麺でコテコテスープによく絡みます。

いつも安定しない野菜も甘くてシャキシャキで申し分ないです。
キクラゲもピンピンにトガッテイマス。
チャーシューもトロトロのホロホロでこのスープの一部となっています。

本当に美味しかったよ、ミャンマー君腕あげましたね。
この味ならラーメン二郎に勝っていますよ・・毎日食べたいと思ったほどです(笑)

それでは(^_-)

熊谷 富田屋

今日は熊谷にお取引様の打合せで出向きました。
しかしこのような地方で美味しいB級グルメ店を探すのは至難の技です。

仕方なくいつものように昼食を食べに行こうとする地元ビジネスマンのデレゲーションの後についていきます。
これはかなりの確率でB級グルメ店に当るのですね。

ということで今日のお店は日本蕎麦「富田屋」です。
店内は熊谷のビジネスマンで満席です。
なにか期待が持てそうですね(笑)


最近日本蕎麦屋が好きで良く行くのですが、不思議なことがあります。

それはカツ丼と親子丼の値付けが同じなのです。
個人的にはカツ丼の方が高いとおもうのですが・・・
さらにキツネとタヌキも値段が同じです。これについては絶対にキツネ(アブラゲ)の方が高いと思うのですが如何なものでしょうか。
さらにこの店は大盛そばとザル蕎麦の値段が一緒です。
これも個人的には大盛ソバのほうが高いと思うのですが如何なものでしょうか。

日本蕎麦屋の値付けは不可思議です。

さて今日の獲物は「親子丼」@530です。

まず値段はB級グルメに相応しいです。
味ですか、まず鶏肉が固く脂分がなくパサパサしています。
卵はガチガチに硬めです。
玉ネギ含めた野菜が少ないです。
さらに割下が甘すぎでしかもかけすぎのためご飯がベチャベチャです。
不味くはないのですが・・・美味しいくもありません。
こういう獲物はコメントが難しいものですね。
しかしハッキリいえば美味しくなかったかな(笑)

それでは(^_-)

すし 銚子丸

今日は子供達がいないので奥様と二人で近くの回転寿司「銚子丸」にお鮨を食べに行きました。
銚子丸全容
混んでますね18:00にいったのですが待つこと50分でした、その間暇なので銘々買物で時間を潰していました。

ただいま北海道祭りのキャンペーン中です。
北海道祭り


最初の獲物は「北国三巻」@399です。
北国三巻
これは安い、生甘エビ、生ホタテ、トロサーモンすべて新鮮で美味しい。特にトロサーモン最高です。

そして「道産子一座」@1,080です。
道産子一座
これも安い、生甘エビ、生タラバガニ、うに・イクラ合盛、生サンマ、トロサーモン、生ホタテ、ボタンエビこれも美味しい、ここでは生タラバガニがイケました。

そして鮮魚からおろした「尾長鯛」@399です。
尾長鯛
これも魚肉の甘さに感動しかもプリプリと身に弾力があります。

そして真鯛カルパッチョ@262です。
真鯛カルパッチョ
これもイケます、マヨネーズの合わせよいですね。タマネギもシャキシャキして歯ごたえ最高です。

そして中トロ岩塩炙り@399です。
中トロ岩塩炙り
これはスベリました。バーナーで炙ったせいか折角の中トロがべチョべチョで旨味も流れてしまいました。

そして銚子タコ@200です。
銚子タコ
これは身も大きくて新鮮プリプリでイケました。
この厚みで@200はタマリマセン。

シメの北海五汁@399です。
このパフォーマンスで@399は安いししかも美味しい。
北海五汁


これは北海五汁の蟹肉です。ミッチリと美味しい蟹肉がつまっています。
蟹肉


そして同じく北海五汁の蛤です。身がプルプルでタマリマセンでした。
ハマグリアップ


たまにはこの程度の贅沢はイイでしょう
口福な夕べでございました(笑)

それでは(^_-)

日本橋 南ばん

昨日は日本橋のお取引様に出向きしばしお昼のお店を探しながら日本橋界隈を逍遥しました。

少し画像が悪けいれど料理屋さんに吊るしてあった杉玉です。
青々とした真新しい杉玉が吊るされると新酒が出来た目印となり、月日と共に色が褪せる様は酒の熟成度を表してます。
でもこのお店しばらくこの杉玉変えてないようですね・・・黒すぎますもの(笑)


意外と知らない道路距離の基点となるお江戸日本橋にある東京の基点標識です。
道路標識に見られる全ての距離数はここを0kmとして設定されています。
もともとは地上にあったのですが日本橋に高速が通った時にこの場所に移設されました。

今日のお店は日本橋「南ばん」です。
南ばん店舗



住所: 東京都中央区日本橋2-6-11
電話: 03-3271-9283
定休日: 日曜日・祝祭日


このお店ジャンボ唐揚で有名なお店ですが、ここのところ太り気味なのでその大きさにへジッたのとそれほど美味しそうに見えなかったのでパスしてしまい、結局名物の「南ばんラーメン」@780にしました。



味ですかおいしかったですね

スープは少し甘辛い麻婆風で、麺は細縮れ麺です。
挽肉のホロホロ感と辛味餡のヌペヌペ感がタマリマセンでした。

店内は昭和レトロの雰囲気で店員さんも同様に皆レトロでした(笑)
南ばん唐揚
今度来た時は名物唐揚に挑戦しましょう。しかしそれにしても大きい、なんか皮が硬そうな気がしないでもないのですが…

それでは(^_-)

有楽町 桃園

今日会社の講習会での雑談です。

ABC株式会社御中 イロハ部長殿
良く使われていますが、この使い方はは間違いです。理由は御中という言葉はその会社のどなたかにお渡しくださいということですのでその後に特定するのはおかしいからです。

ABC株式会社 イロハ部長様
この使い方も間違いのようです。様を使うときは
ABC株式会社 部長 イロハ ニホヘト様
とするのが正解です。

しいて使うとしたら
ABC株式会社 イロハ部長殿
とのことです。
しかし殿は目上の人が目下の人に使う言葉なので取引様に使うのはおかしいのではと切り返すとビジネスレター教書にはそのように書かれているとのことでした。
たしか役所が発信するレターにはかつて殿が使われていて、それは不遜だということで様に変えられたのを新聞で読んだ記憶があります。

さて様の水の部分ですが、一番丁寧な様は永、その次は次、続いて水、そしてぞんざいなのは草です。明治の頃は相手によってこの部分を使い分けて使用されていました。
たまに永でくる手紙がありますね、間違いではありませんよ。

今日のお店は有楽町交通会館B1にある長崎チャンポン: 「桃園」です。

珍しい暖簾が逆ですね(笑)

住所: 東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館B1F
電話: 03-3214−9048
定休日: 日曜日・祝祭日

獲物は「皿ウドン」@900です。
このお店本場チャンポンのお店ということで有名です。

具はキャベツ、モヤシ、鶏肉、肉団子、キノコ、ニンジン、ニラ、錦糸卵、チャーシュー、蒲鉾、イカと盛りだくさんです。

皿ウドン
さらに胡麻油で揚げた太麺はヘルシーです。
味ですか、個人的にはあまりおいしいとは思えません。
まず私の一番嫌いな麺が熱くないこと。そしてここのご主人はヘルシーに気を使い鶏肉を多用しているのですがそれがかえって味を全体的に淡白にしています。
麺もモサモサして口の中で絡み合いません。
そして致命的なのは値段です。皿ウドンで@900は高すぎますネ。
ということで今日はスベッタのでした。



それでは(^_-)

川口市栄町 琉菊

最近の若い人(特にオタク系)は「秋葉原」のことを「アキバ」ではなく「ハバラ」と読んでいるそうです。
もともとは「秋葉原(あきばはら)」と呼ばれていたので「バハラ」の方がロックぽくって良いと思う私なのですが・・・
ちなみにこの「あきはばら」の読みは、秋葉原駅の駅名をつける際、秋葉原(あきばはら)の読み方を知らない鉄道官僚が勘違いして「あきはばら」と付けたことで生まれたものです。

そういえば最近六本木(ポンギ=ギロッポンではありません)、自由が丘(オカジュー)、新宿(ジュク)、銀座(ザギン)、上野(ノガミ)、池袋(ブクロ)とか呼ぶ人が少なくなったような気がします。ちなみに我ら浅草はエンコです。これは六区にあった浅草公園をひっくり返して呼んだなごりです。

今日は埼玉高速鉄道で南鳩谷までお仕事で行きました。
ところがここ食べるところが全くなく仕方なく隣駅の川口元郷まで食べるところを探して歩いてしまいました(何てコッタ

今日のお店は久々のB級グルメ店川口市栄町「琉菊」です。



住所: 埼玉県川口市栄町1-13-16
電話:048-252-0716
定休日:金曜日


今日の獲物は「ラーメン+唐揚+飯ライス」定食@700です。
このお店一見汚い店構えですが、なな何と味はよいのです。
まずラーメンですが鶏ガラと野菜でしっかりと取ったスープは少し大目のラードでしたが濃いめの醤油にしっかりと合っています。中太縮れ麺はこのスープをしっかりと受け止めています。シナチクもシコシコショリショリで筋っぽく美味しい。チャーシューも濃いめの味付けで深みがあります。付け合せのサヤエンドウも一服の清涼剤的でさわやか、それに昔風ラーメン定番のナルトと海苔もベリッグッでした。
さらに副食の唐揚もジューシー、ホクホクでイケました。
さらにこれに半ライスですがほとんど全ライスがついて@700です。
これをB級グルメ店といわずに何というのでしょうか(押忍)

それでは(^_-)

ラーメン二郎 池袋東口店

一昨日は第六回大江戸神輿祭りを見に行きました。
どれだけすごいのかなと思っていったのですが、神輿担ぎのコンテスト大会で期待した程は盛り上がってなく少しガッカリしました。

以下の13団体が参加して晴れの優勝は250点で二位に40点ほど差をつけたみちのくは岩手からこられた花巻神輿 辛夷會でした。優勝の表彰の時さすがに睦の代表は涙ぐんでいましたね。遠路はるばるご苦労さまでした。

参加出場神輿13団体(順不同)
• 花巻神輿 辛夷會 (はなまきみこし こぶしかい)
• 江戸輿輝連合 幻龍會 (えどこうきれんごう げんりゅうかい)
• 板橋グループ (いたばし ぐるーぷ)
• 関東仲好会 (かんとう なかよしかい)
• 祭護連合 (さいご れんごう)
• 七輿親睦会 (しちこうしんぼくかい)
• 桜連合神輿愛好会 (さくられんごう みこしあいこうかい)
• 辰神 (たつしん)
• 千葉県神輿保存連盟 (ちばけん みこしほぞんれんめい)
• 関東神輿愛好会 上溝睦 (かんとうみこしあいこうかい かみみぞむつみ)
• 玉神輿保存連合会 (さいたま みこしほぞんれんごうかい)
• 相州大和 信友睦 (そうしゅうやまと しんゆうむつみ)
• 藤沢 若富会 (ふじさわ わかとみかい)


確かに花巻神輿 辛夷會は担ぎ方は巧かったのですが、個人的には藤沢 若富会が一番ですね。百聞は一見に如かずですのでビデオでご覧下さい。


今日は「ラーメン二郎」池袋東口店です。



住所: 東京都豊島区南池袋2-27-17
定休日:月曜日
営業時間:11:30〜23:00

今日の獲物はラーメン+野菜+少しニンニク@700です。

味ですかオールドジロリアンなのですが、最近ラーメン二郎は嫌いになってきました。
理由ですか、量が多すぎます。一体このラーメン何カロリーあるのだろう(笑)
それと味が店によってマチマチで当たりはずれがあるのも嫌です。

今日の味ですか、野菜が比較的シャキシャキしていて美味しい。スープはチョット薄い感じがしたが二郎の伝統的な味です。しかし豚が少し硬いのです、やはり二郎のチャーシューはトロトロでなければなりませんネ。でも二郎は青春の味ですから今日みたいに10分待ちくらいならまた行ってみたいですね。

それでは(^_-)

辰巳新道 ゆうちゃん

今日は門前仲町は赤札堂裏にある辰巳新道です。
最近ここにハマっています。

今日のお店は居酒屋「ゆうちゃん」です。
お店の名前は近々結婚するご子息の名前からつけられました。

ご主人は長いこと築地市場に勤め5年前に独立した方なので、魚の目利きは確かです。

さらに今日は名物常連の加藤先生(法学家)がワザワザ鹿児島から上京され、得意の駄洒落を連発していました。

「馬刺しとウサギの肉とどっちがおいしいと思う」
「歌にあるでしょ。ウサギ追いし(おいしい) 彼の山」

「お父さんの好きなテレビは」
「父(10)ちゃん寝る」

ここのマスター一見コワモテなのですが、すごく優しくいつも心が和みます。
特にご出身の福島訛りがタマリマセンね。

ここから後はパチリでご覧下さい


お店の看板です。お店の外観はまるで満艦飾の船みたい・・・派手ですので誰でもたどりつけます。


まずは中トロです。ご主人一押しの理由が分かります。上品な油ののり具合イケましたね、口の中でとろけます。


鶏のツクネです。前が焼鳥「鳥信」さんなので串に刺さないそうですが、「鳥信」さんより断然美味しいですね。何だろう鶏ハンバーグみたいな食感です。鶉の卵、マヨネーズ、タップリの胡麻、キザミネギ、ほんのり甘いデミグラタレのハーモニーがたまりません。とても美味しい。


個人的には今日一の「牡蠣フライ」です。こんな美味しい牡蠣フライ食べたことがありません。何でしょうワタの部分がフォアグラみたいな上品なチーズの食感です。本当に生まれて始めてこんなに美味しい牡蠣フライをいただきました。口福


個人的に大好きな塩辛です。これも新鮮なイカと甘塩タレがイケました。美味しい。


珍しい「白魚」の刺身です。新鮮なので刺身醤油に山葵をとかしていただきますとまるで気分は海の中。飽きずに最後までいただけました。美味しい。

それでは(^_-)

浅草 来集軒

今日は仕事で浅草です。
しかし平日だというのに人が多いですね、さらにな何と帽子をかぶった老人の多いこと、何でなんだろう・・・ファッションなのですかね。

今日は西浅草にある「来集軒」です。
最近は年に1〜2回しかいかないので、お店の場所が不確かです。
いつものルートで「来集軒」を訪ねたのですが、アリャリャリャお店がありません
オカシイなと思い「来集軒」の周辺をウロウロしたのですがやはり見つかりません
途方にくれてもう一度「来集軒」のある場所に戻ったら有ったのです。

理由は簡単です。このおみせ開店前だと「来集軒」を表すものがないのです。私は開店する前にお店の前を通ったので完璧に見落としてしまったのでした。

来集軒全容
たしかにこの家にはどこにも「来集軒」を示す看板のようなものが全く無いでしょう(笑)

住所: 東京都台東区西浅草2-26-3
電話番号:03-3844-7409
定休日:火曜日

お店の中です。芸能人の色紙が壁一面に張ってあります。
大半は松竹芸能の芸人さんですがね。

今日の獲物は「タンメン」@800です。


私はこのお店35年位通っており、特に若いときは二日酔いの時は必ずここのタンメンで調子を戻したものでした。
ということは今日も二日酔い・・・

味ですか、美味しいですね
スープは熱々で鶏ガラ、豚骨スープですこし甘みがあります。
麺は中太縮れ麺で、モチモチ感タップリでスープに良く合います。
具はニンジン、キクラゲ、ナルト、モヤシ、白菜それととても美味しい豚肉です。
あっという間に食べほしてしまったほどの味わいでした。

欠点は観光地価格なのか値段が高いですね。
美味しいのですが、タンメンはタンメンなので@600くらいの値付けが妥当かと思う今日この頃です。

それでは(^_-)

神田 お好み焼き カープ

昨日はブログ画像がサイトの不具合でアップできず失礼しました。
本日遅まきながらアップしましたのでご覧下さい

今日はお取引様から18:30頃反省会やろうという電話がありイヤイヤ神田まで出かけました。
さんざっぱら飲んだ後締めに「お好み焼き」を食べに行きたくないではなく行こうということとなりこれまたイヤイヤついて行きました。

今日のお店はお好み焼き「カープ」です。
住所: 東京都千代田区神田鍛冶町3-5保坂神田ビル1F
電話番号:03-5296-0080
定休日:日、月、祝祭日

このお店神田で一番人気のある広島風お好み焼き屋さんです。コアタイムにいくと並び待ちは必至です。

店内は「ジャケンナ」言葉の嵐です。
お客様の半分は広島出身者とか

後はパチリでご覧下さい。

お品書きです。

定番「ネギ焼き」です。

これは美味しいです。ネギのグズグズ感と甘さがタマリマセン。
お好み焼きの一番バッターでしょう。

豚ペイ焼きです。

これも美味しいです。卵と豚肉のコラボ良いですね。

締めの「イカ天、餅」です。

これは下町の駄菓子の味ですね。
おたふくソースにしみ込ませますとまた違った世界が出現します。

それでは(^_-)

新宿 康竜

今日は梅雨みたいな一日でしたね。
お昼は忙しく瞬時に食べるところということで新宿東口にある「康竜」にいきました。

住所: 東京都新宿区新宿3-22-3
電話番号:03-3512-7727
定休日:無休

今日の獲物はラーメン@700です。
このお店自分で以下の六種類のお好みが選べます。


ちなみに私のお好みは
麺の固さ 硬
味の濃さ 普通
油加減 普通
博多ねぎ 有り
旨味辛だれ 普通
焼き豚 有り
です。



味ですか、スープは本場豚骨スープにて申し分なし。麺は極細ストレート麺で表面ツルツルですが私は極細ストレート麺が嫌いなので論外です。焼き豚はパサパサなのでこれも論外です。旨味辛だれ、これはとても美味しいのです、辛いだけでなく美味さもあり秀逸です。となりの職人さん20倍を頼んでいました。結構辛いと思われるのに・・・真っ赤かなスープみてるだけですごかったですね(笑)

ただし全般的な評価はよくありません、まずラーメン屋なのに呼び込みがいます。
そして店内地下で暗い・・・なんか呼び込み+暗い店内=>いかがわしさいっぱいですよね(笑)食事を楽しむ雰囲気ではなかったのでした。

それでは(^_-)

芝大門 味芳斉 本店

今日は「 味芳斉 」本店です。いつも支店しかいかず本店がどこにあるのか知らなかったのですが偶然歩いていたら発見したので入ってみることにしました。
しかしこのお店の前何回も通っていたのですが何で今まで気がつかなかったのだろう(笑)

ここは名物の口の悪い老主人がいることで有名です。
今日は見ることができませんでしたが厨房内では中国語で怒鳴り倒している声がやたら聞こえてきたので、多分この人なのだろうなと思いめぐらせた次第です。

住所: 東京都港区芝大門1-4-13
電話番号:03-3431-6543
定休日:日曜日、祝日

今日の獲物は「レバ野菜」@800です。


味ですか、まず作りおきなので全般に熱くないです。
レバはあまり光ってなく、支店ではなかったにレバの臭みが感じられました。
野菜も美味しくないし・・・チョット残念な味でした。
しかしそこそこのレベルにはいっているのですが、支店でこのお店の本当の美味ししさを味わってしまうと見劣りしますね。

やはりどんな名調理人が作っても、作りおきは味がオチマス。

それでは(^_-)

続 月島 大島や

今日は「日本酒」の日

【QOT】
十二支の10番目の酉は、「トリ」と読まれています。
もともと、酉の字は壺の形を表わす象形文字で酒を意味しています。
明治年間酒税法創設以来、10月から9月をもって酒造年度とされてきました。(現在は7月から6月)こうした歴史を受けて、この月(10月)の1日が、「日本酒の日」と定められました。
【UNQOT】

ということで仕事が終わって飲みに行こうとしましたら、周りに誰もいません(悲)
仕方なくワザワザ月島にある立ち呑みや「大島や」にいきました。

住所: 東京都中央区月島1-4-1
電話番号:03-3531-1331(大島酒店)
定休日:不明

いつもこの店ヘラヘラでいくものですから分からなかったのですが、このお店7割が常連客なのですね。
新たに常連のお客さんが入ると、7割のお客さんから「お疲れ様」という発声で皆が杯を上げます。
5回も来ている私ですが、当然の事ながら常連客ではない私には「お疲れ様」がありません(悲)

ということで今日の獲物です。
まずは普段は飲まない日本酒ですが、今日は記念日なので冷酒「酔仙」@420にて乾杯です。

もっとコボシテクレ

そして最初のツマミは「しめじベーコンマカロニクリーム煮」@250です。これは美味しい、チーズのトロケ具合が絶妙です。
特にベーコンのカリカリ感がタマリマセン。



定番「まぐろブツ」@350です。


これはイケますね。
結構口の中でトロケマス。
常連の九割が注文していますので美味しいのでせう。

自家製「塩辛」@200です。


これもタマリマセン、私の大好きなツノもバシバシあり、まさしく日本酒の友です。
おかげでもう一杯冷酒「酔仙」を頼んでしまいました。



ということで今日は締めて1720円です。
B級立ち呑み屋と言っていいでしょう(足が疲れました)

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ