下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

2008年08月

有楽町 陶板焼き ゆう志

今日は紛らわしい話です。
大船のお取引様に行った時、打合せの中でやたら「カマデン」という言葉がでてきたので聞いてみたら、三菱電機鎌倉製作所(ここへは大船駅からTaxiで行く)の略とか、エッ大船って横浜市じゃないのといったら大船駅の少し東京寄りのところまでが横浜市だそうな。
大船は鎌倉市だそうな。

大船観音です。迫力あります。

そんなことを帰路のTaxiの運転手さんと話していたら、「新宿高島屋」は渋谷区にあるとか、目黒駅は品川区にあるとか、品川駅は港区にあるとか・・・この運転手さん詳しい(笑)
そういわれると東武練馬は昭和22年に練馬区が分区した際に駅南側に区界が設定されたため現在の所在地は練馬区ではなく板橋区にあります(キリが無い)。しかし西武練馬駅は間違いなく練馬区です(当たり前か)

今日のお店は有楽町「陶板焼き ゆう志」です。

お店のパチリです。結構シブいですね
住所: 東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館B1F
電話番号:03-3214-4703
営業時間:不明
定休日:日曜日?

このお店なぜか学生時代にいっていたのですが、就職してからピタリといっていません。今日交通会館のチャンポン「桃園」に行こうと思っていたら「ゆう志」の前で足が止まりました。ヘエ〜ランチやっているんだと思いお店に入りました。
二十年数年ぶりに入ったらオジサンがさすがに老けていましたね。
少し頭髪がアメリカンに・・・昔は東映の任侠スターのような感じがしていたのですが、かなり穏やかな感じになったようですね(笑)
椅子が低く少し食べにくい感じです。
定番の陶板はカウンターテーブルに以前と同じ位置にマウントされていました。

今日の獲物は丼三兄弟(牛、豚、鶏)から鶏丼@600を求めました。

鶏丼@600です。牛丼も@600なのに、豚丼は@550でした。何故なんだろう
調理方法ですが肉は肉でお店オリジナルなタレで別に炒め、モヤシはモヤシで別に炒め、最後にオリジナルなタレで併せていました。
味ですかモヤシがシャリシャリしていけました。後併せのタレも美味しくいけました。
正直いえば賄飯のような・・・しかしこれぞB級グルメです。
紅生姜、漬物取り放題もうれしい限りです。
何か青春の蹉跌を思い出したような、少しノスタルジックな感傷におそわれました。

今度飲みに行こうかな・・・でもここいつも混んでいるからな

それでは(^_-)

ラーメン二郎 ひばりヶ丘駅前店

お取引先がアメリカの地方空港で入国審査(以下イミグレと略す)を受けたとき、イミグレのオジサンがお取引先のパスポートを見てニヤット笑ったそうです。
オジサン「あなたの名前は、小山 聡(Koyama Satoshi)か・・・サトシ、ザトーシ、ザトーイチ、座頭市は俺の一番好きなチャンバラアクターだ、奇遇だな
お取引先「(急いでいるのに・・・)そうですか、そりゃ素敵だ
オジサン「座頭市は元気で活躍しているのか」
お取引先は、北野武か勝新太郎かそれとも座頭市そのものが本当に日本にいるのかと思っているのかと聞こうと思ったのですが、次の予定がつまっているので、
お取引先「元気でやっているよ。昨日もTVに出ていたよ」
オジサン「頑張ってくれ言っといてくれ」
お取引「OK!間違いなく彼に伝えておくよ」
イミグレの人ってツンツンしている人多いですが、こういう人って珍しいですね

今日のお店は「ラーメン二郎 ひばりヶ丘駅前店」です。
ラーメン二郎ひばりヶ丘駅前店


住所: 東京都西東京市 谷戸町 3-27-24
電話番号:非公開
定休日:日曜日、祝日、土曜日は10時〜16:00

ラーメン二郎ひばりヶ丘駅前店外観
店内の様子です。店主は親切で感じが良いです。

今日はラーメン@650(野菜、ニンニク、チョイ辛)です。
ラーメン
味ですか、ここ数年食べてないので正しい評価ではないのですが、個人的にはショッパすぎるような、チョイ辛のせいかなと思い隣で食している奥様のノーマルスープも味見したのですが、やはりショッパイ
それと化学調味料?入れすぎか舌が痺れます。
チャーシューも硬く・・・最近のラーメン二郎は変わったのでしょうか。
三田本店しか食べたことがない奥様もやはりショッパすぎるとの事。
ラーメン二郎は食べていると、チャーシューがバラケ最後には麺とスープとチャーシューが渾然一体となるというのがお約束かと思っていたのですが、最後までチャーシューが塊で残っていました。
オールドジロリアンとしては少し残念な結果でした。

それでは(^_-)

月島 大島や

勝どきには立ち飲み屋が多いですね。
例えば高級和食の「かねます」、なぜか外人客の多い「枝村酒店」 、そしてセレブ系婦人の多い「atelier bar tin」ここの干し葡萄高いけれど美味しいとかまだあるのかもしれません。

突然の驟雨で飛び込んだのは今日のお店、立ち呑み「大島や」です。


住所: 東京都中央区月島1-4-1
電話番号:03-3531-1331(大島酒店)
定休日:不明


ここの支払いはパチリで見られるように、銀色の灰皿みたいなものにお金を入れておきます。飲み物、食べ物を注文するとそこからお金を取り下げます。合理的ですね(笑)

あとここのお店トイレが清潔です。
確かにこの店構えですから、トイレは古いのですが、中は綺麗に掃除されています。このようなお店は信倚感が高まりますね

お店はご覧の通り昔ながらの下町立ち呑みやさんです。
一番驚いたのはホッピーの「中(焼酎)」を氷無しでだされた事です。
誰かに聞いたのですがホッピーの一番美味しい呑み方は「中(焼酎)」をキンキンに冷やしそこにキンキンに冷やしたホッピーを注ぎ込み呑むのが正しい呑み方だそうです。
今までそのような呑み方経験したことなかったのですが・・・この大島やさんでは既に実践されていたのですね(感動
しかしこの呑み方美味しいには美味しいのですが、氷が無い分すぐに酔ってしまうので、効率的というか・・・コメントが難しいですね(笑)


ペンネのデミチーズ@250です。な何だこの味美味しいすぎる。エッお酒以外にも料理も美味しい。本格的なイタリアンでした。
だからいつも混んでいるのですね。


長いものスライス@200です。これまたシャキシャキ、サッパリついついお酒がすすみます。ウズラの卵もまろやか感を高めています。

それでは(^_-)

新宿 桂花

今日はお取引様に接待され東川口のお鮨屋で飲んでいたら、このお店のお客様の半分が女性でした。
お取引様に女性が多い理由を聞いたところ、皆同伴のホステスさん(死語)ですと(笑)

今日のお店は新宿「桂花」です。


住所: 東京都新宿3-25-6
電話番号:不明
定休日:不明

そして本日の獲物は桂花「新辛麺」@800です。

このラーメン桂花ラーメンに唐辛子タップリの甘辛タレをトッピングしたピリ辛メニュー。
桂花「駅前店」「横浜ビフレ店」しか味わえない限定メニューです。
味ですか、何と美味しかったのです。この「駅前店」老舗のせいもあって、麺良し、スープ良し、甘辛タレ良しで最高でした。特に甘辛タレにつけれた豚コマ最高でした(グッ



このワンコ何か哀愁ありませんかたまらずパチリしてしまいました

それでは(^_-)

続 勝どき たなか

今日西武沿線のお取引様にいくので、西武線ひばりヶ丘にある「ラーメン二郎ひばりヶ丘店」行こうと思っていたら二日酔いで食欲なく断念しました(近々行こう
今ラーメン二郎を通いつめるファンをジロリアンというそうな。
そして三田本店のオジサンを「総帥」と呼ぶそうな。
知らなかった。

年がわかってしまうのですが、始めて食べた頃「タダ麺」が確か@140で小ブタが@160だったと記憶しています。初めの頃あまりに安いので「タダ麺」なのかと思っていました。
当時の思いでとしては、オジサンのメガネの縁が壊れていて、そのため絶えメガネがずズリ落ち、そのたびにメガネをズリアゲながらラーメンを作っていた事が思い出されます。
そして丼がたまると何処からともなく奥さんが現れ丼を洗い、丼を洗い終わるとソソクサと帰ってしまうのでした。
ラーメン二郎オジサン
しかしあのオジサン当時何歳だったのだろうか、意外と若かったりして・・・
最近のオジサン(総帥)です。老けましたね。深川の生まれだとか・・・
当時は美味い日と不味い日が結構はっきりしていて、「タダ麺」食べるのは一種のギャンブルでした(笑)

今日のお店は勝どき「たなか」です。
住所: 東京都中央区勝どき1-7-1
電話番号:03-5548-3188
定休日:水曜日

この間刺身定食食べ損なったのでリベンジです。




drawing
これにサラダとあさりの味噌汁とご飯がついて@800は絶対に安いです。
特に今日は新さんまの刺身が非常に美味しかったのです。油がこれ以上のったら下品というギリギリの線で止まっており、口の中入れるとツルリ溶けてしまうのです。
又あさりの味噌汁も秀逸でした。
息子さんが夏休みでお店の手伝いをしていましたが、計算すると奥さんが20歳の時のお子様だったのですね(幼妻か?)

それでは(^_-)

大泉 しょう味亭

この狸さん

実は浅草「鎮護堂」のお狸さんです。
【QOT】
慶応四(1868)年、上野で官軍と彰義隊が激突した際、兵火で焼け出されてきた狸達が、浅草に棲みつき悪さをするようになりました。狸の霊力なのか怪奇現象まで起こり始め、その騒ぎようは後に新聞記事になるほどでした。そんな折、狸が住職の枕元に立ちます。曰く自分達を保護してくれるなら寺を火事から守る、とのこと。そこで彼らを「鎮護大使者」として祀ったのが「鎮護堂」の始まりなのです。こちらは現在、火除け、盗難、そして商売繁盛の神様として活躍しています。
【UNQOT】沓沢博之(江戸東京博物館学芸員)「江戸の息づかいを訪ねて」より転載。
そんなにエライ狸様とはシラナンダ(笑)

今日は家に帰れば奥様しかおらず二人で外食しました。
前からネラッテいた大泉にある、お箸で楽しむパスタ「しょう味亭大泉店」です

住所: 東京都練馬区大泉町2-54-8
電話番号:03-5947-6534
定休日:不明

お店まで遠いので車で行くことになり、飲めないので真面目に食べてしまいました。
後はパチリでご覧下さい。
お店全景

お店全景です。このお店本店は成増です。でもすごいですね斜め前がセブン&アイグループの「グラッチエ」があるのに敢えて殴りこみをかけてきたのです。

店内ポスター

店内にある「美味しく遊ぼう」ポスターです。アザヤカでしょう(笑)

ほうれん草のタップリポパイH

奥様が頼んだ「ほうれん草のタップリポパイHalf Size」@630です。これスープに味醂を入れてあるので、まるでアサリ酒蒸しみたいです。
和洋折衷の味かな

厚切りベーコンと揚げ茄子のピリ辛スパF

これは私が頼んだ「厚切りベーコンと揚げ茄子のピリ辛スパFull Size」@840です。
これはアラビータのしょう味亭バージョンと言っていいでしょう。ヒサビサのベリィグッでした。厚切りベーコンの歯ごたえがタマリマセン。そしてかなり辛い味付けを和ます茄子のマイルドさも申し分ありません。彩りをそえるルッコラもその苦さで口内の夾雑物を洗い流してくれます。

タコのソティサラダ・バルサミコソース

おネエサンが本日のメインディシュのオーダーを入れ忘れた為お詫びm(__)mのタコのソティサラダ・バルサミコソースです。少しタコ君が水っぽいかなでもダダだからクレームはいえません

地鶏のフォアグラレバーと野菜の盛合せ

本日のメインディシュの「地鶏のフォアグラレバーと野菜の盛合せ」@930です。鴨のフォアグラのイメージで望んだのでその落差は否めません。しかしギリギリOKでしょう。
意外にホクホクしていました

地鶏のフォアグラレバーと野菜の盛合せアップ

「地鶏のフォアグラレバーと野菜の盛合せ」のアップです。アツアツは美味しい

それでは(^_-)


西新宿 謝朋殿

しらなかった!
少しブームから遅れているけれど今日鼠先輩の「六本木」を持ち歌にしようとCDをTSUTAYAで借りてきました。すると何度聞いても「六本木」が「ロッポン」としか聞こえません。よくよく歌詞カードをみると「ギロッポン」って言っているんですね。
もっと良く見ればこの歌「六本木〜GIROPPON〜」っていう歌なんですね。
さらに歌詞に「吉備団子」がでて来るのは、この鼠先輩って岡山出身だからなのですね。

「六本木〜GIROPPON〜」(泥酔編です)
ちなみにこの歌で「ぽ」の回数は215回だそうです。つまりこの歌の半分は「ぽ」しか言ってないのでした。

今日新宿に奥様と買物。
なぜか駐車中の車内でカードの整理をしていたら、私のカードが暴れ始めました。
その時助手席が開き奥様がドアを開け車に乗り込んできたのです。
そのタイミングに暴れたカードが三枚飛び出し、そのうち二枚は助手席に落下
もう一枚は勢いがついて路上にさらに運の悪いことに側溝の下水にグレーチングの隙間から落ちてしまいました。
マイレージカードだともったいないなと思い、グレーチング越しにカードの氏素性を確認すると、最近クローズしたガソリンスタンドのポイントカードでした。
多分世をはかなんでの覚悟の飛込みでは・・・ありえないですね(笑)
しかし三十数枚あるカードの中から、偶然用済みのカードだけが落ちるとは不思議です

今日のお店は女性に人気の高いヘルシーチャイナ「謝朋殿 粥餐庁京王モール店」です。
住所: 東京都新宿区西新宿1南口地下街1号
電話番号:03-5359-1336
定休日:不明

まずはお店の全景です。
店全景


私の注文した「プリプリ海老ワンタンのお粥M」@680と「仙草ゼリー」@280です。
プリプリ海老ワンタンのお粥M

これはいけます。ちなみに私のお粥は「小豆粥」です。とてもヘルシーで300カロリーもなかったのでは・・・

海老アップ

プリプリ海老のアップです。タマリマセン

お粥のお供

お粥にはこのソースをかけて味を調えることもできます。一押しはやはり粥だれですね。しかし酢醤油もいけました

仙草ゼリー


そして少し苦味のある仙草ゼリーです。それでも店員の方がいう程ビターではなかったですね。

奥様の注文した「蒸し鶏と豆腐の酸辣(スーラー)麺L」@680と「杏仁豆腐」@280です。
蒸し鶏と豆腐の酸辣(スーラー)麺L

ここの麺「全粒麺」という麺を使用しているらしくて全くくどくはありません。胡椒控えめでそれほど辛くもありません。これが一番人気があるのではといつも思っています。トマトが口直し的な役割ですか、酢に良く合います

杏仁豆腐


この杏仁豆腐美味しいですね。やはりこのお店ヘルシーだしスウィーツも充実しているので女性のお客様が多いのは当たり前ですね。

それでは(^_-)

勝どき たなか

お取引様で生産している「証明写真撮影機械」がジワジワと販売が伸びているそうです。
私なんか社会人になってからパスポート以外、証明写真を撮ってなく伸びている理由がわかりません。
即座に聞いてみたところフリーター及アルバイトの人達、就活学生さんの履歴書写真と最近ではTASPO(タスポ)の証明写真などで増えているそうです。
面白いのは撮る時間帯は21時以降が多いそうです。
お取引様曰く、最近の若い人は証明写真を撮るところを見られるがお嫌いなようで夜半以降になるのですよとのことでした。
大学なんかに設置してもらうと結構な利益になるそうです。知らなかった(笑)

今日のお店は勝どき「たなか」です。
住所: 東京都中央区勝どき1-7-1
電話番号:03-5548-3188
定休日:水曜日

六名限定の「お刺身定食」@800で有名な店です。
最近11時50分には人気というか数量が少ないため売り切れてしまう超人気メニューです。
ここのところ連敗しているのでママに何か方法はと聞いたところ、来る前電話してよと言われ、昨日は11時38分頃電話しました。
しかしもう売り切れとのこと。しかしお店に11時50分頃着いたらこれから件(くだん)の「お刺身定食」を今まさに食べようとした人がいたので、やはり着てからでないと駄目なのかなと思ってしまいました(調理に時間がかかったのかもしれない)。

まずはお店の全景です。


今日の料理は「まぐろ定食」@800です。


これはこれで美味しいのですが、やはり「お刺身定食」と比べると破壊力が落ちますね。
でもたまに運がいいと「お刺身定食」のあまりのお刺身を入れてくれたり、卵焼きの変わりに「引き割り納豆」入れたりしてもらう事も可能です(料金はいずれも@800です)

それでは(^_-)

月島 キッチンベアー

今日御取引様と有楽町ガード下で飲んでいましたら、タライをひっくり返した様な驟雨
どこへも河岸を変えられずに仕方なくガード下の飲み屋でダラダラ飲みです。

雨が落ち着いた頃お互いヘラヘラとなり、シメをどうするかということになり、最近NETで喧(かまびす)しい月島「キッチンベアー」のラーメンをTAXIを飛ばして食べに行くことになったのです。
ということで今日のお店は「キッチンベアー」です。
住所: 東京都中央区月島3-13-5
電話番号:03-3536-8782
定休日:不明


まずはお店の全景です。

飲まなきゃいいのにここでもチューハイの濃いめのダブルを頼みました。
その時のアテ「氷下魚(コマイ)」です。


御取引様も私も北海道は長かったので氷下魚(コマイ)にはウルサイのです。
なにやらこのお店のお客様の苫小牧の運転手さんが、道内に帰った時に買い求めたものを東京に来る度に置いていくそうです。
しかしこの味あまりにも干物ぽくって二人とも×でした。
一体この氷下魚(コマイ)何なんだろう・・・感覚の違いか?
多分これって「棒鱈」だとおもいます

それとも苫小牧の運転手さんが札幌で供されるふっくらとした「氷下魚(コマイ)」の味を知らなかったのか(アリエナイケレド)・・・謎は深まりまるばかりです
いずれにしてもこの「氷下魚(コマイ)」を供する時、マヨネーズと醤油と唐辛子をセットでださないことには「氷下魚(コマイ)」の美味しさが味わえないのです(残念)
しかたなく直ぐにこのセットをお願いしました。

ところでシメのラーメンですがこれも×でした。
調理するお兄さんはここの女主人の甥っ子さんらしくてどうやら本ちゃんの方ではないようです。
麺の湯切り悪いし、ユルイシこれも×でした。
飲んでいったのでパチリ忘れましたが、載せてもこのラーメンの評価は変わらないでしょう(笑)

よくよくこのこの女主人に聞いてみたら、このお店勝どき飲み屋街(再開発中)にあり、私が良く行くスナック「ピリカ」の隣のラーメン屋だったそうです。
それすら知らないことは私のメガネにかなってなかったようですね(失礼)

それでは(^_-)

日吉 レストラン白鳥

今日は日吉で打合せです。
丁度昼前に終わったので、日吉の商店街の学生時代通っていたお店(虎ひげ、眠眠等)に入りタイムスリップしようと散策。
ところが歩けど歩けど馴染みのお店がない、たしかにぃ〜ここらに有ったのにない
本当にタイムスリップというか浦島太郎状態となりアセリマシタ。

それでも一軒だけありました。
今日のお店は日吉の老舗洋食店「レストラン白鳥」です。
しかしこのお店昔は大きな看板が有ったような気がします。
おかげで探すのに大汗をかいてしまいました。


この看板じゃワカリマセン

住所: 横浜市港北区日吉2-2-10
電話番号:045-561-2448
定休日:不明

そして今日の料理は定番「オムライス」@600(安い)です。



ここの卵は牛乳を入れて溶いたものです。ご飯は、鶏肉を入れてケチャップで炒めたごくシンプルなものです。
味ですか、今日は胡椒入れすぎです。辛い辛い
それと卵美味しかったのですが、昔はホットケーキのようにもっと厚みがあったような気がします。記憶をたどると卵だけで満足していたような・・・
いずれにしても、そっけないサービスには驚きました。
昔もう少し感じはよかったような・・・
たしか良く三時頃いってお茶していたので、くつろげるお店という思い出が・・・
記憶違いでしたらゴメンナサイm(__)m

それでは(^_-)

蕨 壽門飯店

今日はSAKI’S ROOM Blogよりの転載です
【QOT】
「赤塚不二夫サンシェーインギャラリー」に寄せられた、大橋秀和さんからの質問

バカボンのパパの口ぐせで「これでいいのだ」とよくマンガの中で言うけど、その根本的な発想はどういう意味からきているのですか?

パパの答え
世の中のすべてを肯定するのだ。なってしまったことすべてが正しいのだ。


【UNQOT】
これは読者の質問に赤塚不二夫先生が、バカボンのパパの変わりに解答するというギャラリーです。
これはスゴイ、スゴスギル、赤塚先生は真の「哲学者」だと思います。

今日のお店は蕨一番の中華料理店「壽門飯店」です。




住所: 蕨市塚越2-4-18
電話番号:048-40-2722
定休日:不明

今日打合せでいったお取引様から蕨駅前で絶対はずれないと言われたお店「壽門飯店」です。
しかしこのお店ランチタイムに行ったのですが地元の人で混みすぎです。
私が頼んだのは「エビ餡かけ焼きソバ」@750です。



これは美味しい!蕨一番の理由がすぐにわかりました。
エビ餡かけ焼きソバの名前にたがわず、エビ君5尾ありましたし、塩味の味付けもくどくなく最高です。久々の地方ベリグッでした。

それでは(^_-)

木場 陳建一麻婆豆腐店

長かった九日間の夏休みも今日で終わります。
そして最終日は決め打ちで富岡八幡宮例大祭と木場の深川ギャザリア内にある陳建一麻婆豆腐店木場店に奥様と行ってきました。

住所: 東京都江東区木場1-5-10深川ギャザリアロータスパークプラザ棟1階
電話番号:03-5857-2164
営業時間:11:00〜22:30(LO21:30)

【麻婆豆腐の由来】
先代の陳建民が初めて日本に紹介した四川料理の最も代表的な一品です。昔(約百年程前)四川省成都に陳さんという婆さんがいました。このお婆さんが家の前ろ通る人夫達に肉と豆腐を使い、豆板醤で味付けをしたおかずを出したところそれがとても美味しかったので、それ以来労働者や旅人の間で大評判になり、成都の名物料理となりました。この陳お婆さんの顔にアバタ(麻はアバタの事)があった事から、アバタ(麻)のある陳お婆さんの豆腐料理ということで「陳麻婆豆腐」と名付けられたといわれています。
Reference data 陳建一麻婆豆腐店メニューより
成程ね

あとはパチリと動画でご覧下さい。
陳建一麻婆豆腐店

陳建一麻婆豆腐店木場店です。このお店前から目につけていたので期待は大です。
陳建一が経営する四川飯店グループは、四川飯店、立川店、渋谷店、芝蘭(弟弟子の店)等いっておりここの味は好きです。

唐辛子ハンガー

なんと可愛らしい唐辛子ハンガーです。

正宗麻婆豆腐

私が頼んだ激辛の正宗麻婆豆腐@1.050です。これには麻婆豆腐とご飯とザー菜とスープがつきます。ちなみにご飯とスープはお代わり自由です。

麻婆豆腐アップ

激辛麻婆豆腐の激写です。色がすごいでしょう(笑)
奥様は中辛の陳建一麻婆豆腐(やや甘仕様)+オリジナル杏仁豆腐@1,200です。
味ですか美味しいのですが、頼んで30秒くらいで持ってきましたので、作りおきですね
やはり作りおきは作りおきでそれなりに味が下がります。
期待してきた麻婆豆腐の(山椒のしびれる味)、辣(辛い)、燙(あつい)が半減しました。当たり前ですが他のお店は作りおきしてないと思いしたが・・・(残念)
でもオリジナル杏仁豆腐はとても美味しかったです。

ということでお腹もふくれたので富岡八幡宮例大祭です。

ドレスコード

祭礼のドレスコードです。私こういうコダワリ大好きです。三社祭なんか着ているものは、パッチ、褌、半ダコ、裸の刺青見せ等何の統一感ないからこの仕切りには拍手したいですね。多分このモデル方々の競争率高かったのでは(笑)


祭囃子です。これを聞くと心が安らぎます。私のソウルミュージックです。
下町っ子に生まれて良かったと思う時ですね。


祭和太鼓です。勇壮ですね。担ぎ手達はこの響きにかなり元気付けられたでしょう。


神輿巡行です。ここの神輿だけは担いだことはないのですが、さした後神輿を放り上げるのには吃驚しました、多分なかの神様もご一緒のお気持ちでしょう(笑)。


珍しい六角神輿です。私はこれまで佃住吉神社以外では見たことがなく、これには本当に驚きました(あるんですね)。
水掛祭礼とは聞いていたのですが、今日小糠雨が降っており結構寒く、夕方には土砂降りになっていました。
担ぎ手達は肩を抜くと体が冷えるので、皆担ぎ棒から離れられなかったでしょう。

ブログ書いている時、丁度浜口京子の銅メダルの試合を見ていました。
メダル獲得の後応援席でお母様と抱き合って泣いているシーンには、思わずもらい泣きしてしまいました。
銅メダルおめでとう。
下町の誇りです

それでは(^_-)

池袋 三階の炒り豆に花

だいぶ走れるようになりました。
今日マラソンの練習に行く途中、傘をさしながら自転車を運転している老婆に轢かれそうになりました。
オバアサンに「気をつけてよ(怒)」と怒ったところ「アーーッ恐い」ですって疲れますね。
でも今日みたいな小糠雨程度のランは足の筋肉が冷やされて気持ちいいのです。

今日のお店は奥様と池袋の中華バイキング「三階の炒り豆に花」に行きました。

住所: 東京都豊島区西池袋1-10-10 スパイス供ΓF
電話番号:03-5957-0678
定休日:不明

料金は土、日、祝日@1,1999で、平日は@999です。
結論から申しますこのお店何を食べてもとても美味しいのです、ベリグッでした。
後はパチリでご覧下さいm(__)m

店内光景

店内光景です。目の前に見えるのは池袋東武です。

気まぐれカレー

中華料理店なのになぜかエスニックな味付けのカレーです。
これは美味しい

杏仁プリン

デザート三兄弟のお兄さん、杏仁プリンです。これは手ごたえありです。

杏仁プリン

杏仁プリンのアップです。なんだかこのアップ画像良く分かりませんね(笑)
のせなきゃ良かった

卵料理

卵料理です。これ卵のくどさを美味く消しています。美味しかったです。

ユズゼリー

今日一のデザートユズゼリーです。これは本当にあっさりした味付けですが、甘さに奥行きがあって美味しかったです。

ユズゼリー

ユズゼリーのアップです。キラキラ光って宝石のようですね(笑)

本日のスープ

本日のスープです。ビシソワーズを温めて深めたような味です。本当に美味しくって3杯もお代わりしました。この味付け本当に気に入りました。
ここのシェフは只者はないと思います

本日のスープ

本日のスープのアップです。上品だと思いませんか(笑)

唐揚

唐揚です。これは平板でした(残念)

クリームグラタン

クリームグラタンです。これは中華料理店なのになかなかいけました

麻婆豆腐


麻婆豆腐です。今日一番期待したのですが、辛さが私にあってないようで今一つでした(残念)

麻婆豆腐


麻婆豆腐のアップです。画像でみると美味しげなのですが(笑)

サラダ


サラダです。これはこれでゴマダレドレッシングが食をすすめさせてくれました。

ピビン麺


私が頼んだ締めのピビン麺です。辛さと味付け最高でした。最高です

醤油ラ-メン


奥様が頼んだ醤油ラ-メンです。これまた美味しいのです。量も適当ですし。麺も美味しいスープに絡み付いてグッドです。

やはりこの店この値段であれば最高でした。
こういう店にめぐりあうのがB級グルメ食べ歩きの醍醐味だと思います。

それでは(^_-)

慶應義塾高校 ありがとう

残念慶應義塾高校が沖縄の浦添商業に僅差で負けました。
神奈川県予選決勝戦の東海大相模戦とのドロドロの勝利を見てからズーット応援し続けていました。

神奈川北東海大相模戦です。

結果以下の通り10回表長塁打を打たれて、裏に福富君が最終バッターで甲子園の夏が終わったのですが、個人的にはとてもデキスギだと思います
確かに慶應は攻守とも良く優勝も狙えたと思いますが、慶應ですからここらでよいでしょう
塾高関係者には申し訳ないのですが、本当によい夏休みの思い出となりました、アリガトウ(Thanks!)

【QOT】
 第90回全国高校野球選手権大会第14日(15日、浦添商4−3慶応、甲子園)「笑っていようぜ! 笑っていようぜ!」の掛け声とともに慶応の選手たちが引き揚げてきた。「本当に楽しかった。ここまで来られたことが奇跡的で、悔いはない」と背番号1をつけた左腕・田村圭投手(3年)。全力を出し尽くした、すがすがしい笑顔だった。
 五回から登板。七回の先頭打者から三振を奪った際に左足親指の付け根が裂けたという。その裏の打席では気力で右前に運び、一時は勝ち越しとなる適時打を放った。
 「みんなに心配かけたし、痛いと見せたくなかった」。八回の守りの前に10分近い治療を終えると、マウンドへは全力疾走で向かった。しかし、投球への影響は隠せない。フォームからは躍動感が失われ、直球の球速は落ちた。八回に追いつかれ、延長十回に力尽きた。上田監督は「気力を信じて任せた。取られたのは仕方ない。“よくやった”と誇りに思う」とたたえた。
 三振を奪うとこぶしを突き上げ、雄たけびを上げた。らしさを存分に出して高校野球生活を終えた。戦後の日本マット界に君臨した国民的人気プロレスラー・力道山を祖父に持つ田村は「甲子園だけでなく、すべてが思い出。みんなに助けられてばっかりで、ありがとうといいたい」。そういって最後に大粒の涙がこぼれ落ちた
【UNQOT】By サンケイスポーツ

浦添商(沖縄) 4 - 3 慶應(北神奈川)
::::  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
浦添商 1 0 0 1 0 0 0 1 0 1 4
 慶應 0 0 1 0 0 0 2 0 0 0 3

そして今日一緒に塾高を飲まず食わずで応援してくれた「太郎」君です。



応援後の遅い食事ですが、塾高が負けたので喉の通りが悪かったのでは

それでは(^_-)

前日光 つつじの湯

昨日今日と奥様と一緒に日光周辺をブラリしていました。
後はパチリでご覧下さい

最初は「飲み物」編です。
出川ジュース

出川ドリンク(オレンジジュース)です。
これはまずそうなので買わずにパチリだけです。

ワサビラムネ


わさびの味がするラムネです。変な味(笑)

カレーラムネ” hspace=


カレーラムネです。ラムネにカレー粉が入ったものです。
さすがに二本目になると腹がたちます。
こんなもの売るな(怒)

次は「温泉」編です。
前日光「つつじの湯」@600(入浴料)です。

つつじの湯全景

つつじの湯全景です。緑が深いですね。

drawing

つつじの湯の玄関です。木造建築で落ち着きがあります。

杉の木

杉林です。こんな立派な杉林はこの場所のように、かなり山奥深いところにこないと見れませんね。

住所:栃木県鹿沼市入粟野994番地2
電話番号:0289-86-1126
定休日:火曜日

温泉はアルカリ単純硫黄泉で、温度は源泉の涌出口で36℃、水素イオン濃度(PH値)9.7で肌が滑らかになり体が温まる健康にいい温泉です。
新しい温泉で綺麗ですね。とくに温泉の周りを鬱蒼と深い木々が囲んでおり。露天風呂からみる景色は最高でした。
さすが前日光ですね。都心の温泉では味わえない目の保養でした。

そして「食べ物」編です。
くずきり


私が頼んだ「くずきり」@300です。すこし黒蜜が甘すぎかな。でもこの黄色い玉と白い玉は「シャーベット」です。思わぬサプライズにホッコリしました。

あんみつ


奥様が頼んだ「あんみつ」@300です。これは餡が甘すぎました。

岩魚、鮎、ウズラ


左から岩魚、鮎です。真ん中のお肉がウズラです。ウズラって鳩くらいの大きさだそうです。
値段は岩魚@500と鮎@350とウズラ@350です。さすがに地物安いですね。
岩魚は油がのっていて美味しく、特にパリパリとカリカリのショッパイ皮がいけました。

ちたけ


ちたけ@1500幻のキノコです。薫りが強く、良い出汁が出るためうどんや蕎麦のつゆなどに具として用いられます。
バター炒めもいけるそうです。
後で奥様の実家でウドンに入れて頂いたのですが、シコシコの食感と汁にチタケの滋養が溶け込んでおり流石という感じでしたね。
街ではこの量で最低でも@2000以上するそうです。

蓮池


最後に珍しい「蓮池」です。
下町育ちなので始めてみました。
綺麗でしょ(笑)

それでは(^_-)

西新宿 みのる

頭痛い・・・二日酔いです。
昨日は西新宿やきとり横丁にある「みのる」に行きました。
このお店昭和36年開業のハイボール酒場の老舗です。
みのる外観
お店の外観です。
みのる外観
この入口のキタナサは変わりませんネ。


住所: 新宿区西新宿1−2−6
電話番号:03-3342-1634
定休日:日曜・祝日

このお店少なくとも100回以上行っています。
そして昨日何十年ブリにワザワザ行ったのにマスターは私のことを覚えていてくれませんでした。
すごくショックを受けています。
印象薄いのかな
明治大学馬術部OBの会社の上司に明治の先輩がやっているバーがあるからといわれ、つれて行ってもらったのが最初です。

久々に訪れた店内は、妙にキレイになっており、テーブル席がなくなったのと、とても汚かったトイレがキレイになっていました。
この改装費も長年の私の飲み代で賄われたのかと思えば、やはり覚えられていないのはショックでした。

それと明治大学拳闘部のマスターがいなくなり、代わりに弟さんがマスターをやっていました。それにしても皆老けません。毎日飲んでるからかな。

みのる店内

お店の店内です。

みのる店内


お客さんの写真ですが、モザイク入れ忘れました。
ゴメンナサイ


飲むことに夢中でグルメネタはありません。
おツマミ系が充実しています。

【700円コース】
チーズ、ピーナッツ、サラミ、アタリメ、野菜サラダ、御新香、冷奴、焼売、薩摩揚げ、オニオンサラダ、ポテトフライ、ウインナー、レーズンバター、冷しトマト、品川巻き

【800円コース】
イカの一夜干し、ハス炒め、生イカのボイル、野菜炒め、焼そば

一押しは焼きそばです。その次はハス炒め、揚げたてのポテトフライもイケますよ。
IMG_1517

一押しの焼きソバとハイボールです。

それでは(^_-)

虎ノ門 港屋

実は今日というか先週土曜日より夏休みです。
よって普段いけなかったお店を訪れようと思っています。

今日は立ち食い蕎麦の頂点「そば処港屋」です。
住所: 東京都 港区西新橋3-1-10
電話番号:03-5777-6921
定休日:土曜日・日曜日・祝日

港屋看板
港屋さんの看板。小さくて分かりません(怒)

港屋看板
この看板で始めてお蕎麦屋さんとわかるのです。

なんだろこのお店完璧に変です。

まず12時半過ぎだというのに長蛇の列です。外人の方特に韓国人の方が多かったですね。
30度近い暑さだというのに何でこんなに並んでいるのだろう

港屋行列
この先にまだまだ並んでいるのですよ(笑)

お店に入るとまず驚かされるのは、黒い内装の店内に重厚なクラッシクがBGMとして流れています。私が入ったときは、ショパンのノクターンが流れていました。
最初の通過儀礼は食券を求めることです。私は本日初めてなので、食券売場のお姉さんに最初に食べるのは何が良いかと尋ねますと、「冷やし肉そば」@850を勧められそれを求めました。

冷やし肉そば

食券売場のお姉さん一押しの「冷やし肉そば」です。

店内は大人二人がすれ違うのがやっとです。そしてそのすれ違いを交わしながら配膳場にいきますと、やたら満面の笑みをたたえた美男子の髭をたくわえた若主人がテキパキとソバを茹でています。

そしてそこでソバを受け取ると人とのすれ違いを気にしながら、あいている場所まで自分の蕎麦をもって行って食します。

しかし盛がすごい。ドンブリからこぼれんばかりにとソバが盛られ、その上にどっさりの海苔、ゴマ、そして甘辛の牛肉がこれぞとトッピングされています。
時折ふく扇風機の風にのって、海苔達がフワリフワリとテーブルの上の水面に舞い踊ります。なんかポエムです。

つけ汁は、カツオと昆布が効いた甘めのたれです。そのつけ汁に、大量のラー油?がまかれます。お客に韓国の方がいたせいかなにやら「冷麺」的な雰囲気すらいたします。

つけ汁


迫力満点のつけ汁です。 赤いラー油が目に刺激的です。卵と天カスは無料です。
テーブル上には、無料のネギ、天かす、生卵、一味が置いてあります。

港屋店内
港屋店内です。どうみても「立ち食い蕎麦屋」の店内ではないですよね。

味ですか。ソバは粉っぽく深みがありません。でも美味しいと思いますが全般的につけ汁、牛肉ともども甘く、やはり韓国ぽい味付けです。

しかしこのお店せわしない、食べた気分がしません。量は普通盛にしては多すぎます。
後半飽きてきました。やはり美味しいものはシミジミと食べたいものですね。
再訪は考えてしまいます。

この後お店の前から「等々力」行きのバスが出ていたので、車中の人となりました。
ここから後はパチリでご覧下さい。

明るいビル

バスの車中から見えた魚籃坂下手前にあったビルです。どういう会社が入っているんだろうか、宗教系かな
実は「明るいビル」は何を隠そうあの糸井重里氏の事務所なのです。「明るいビル」の由来は糸井重里氏曰く「明るいほうがいいからです」とのことです。ちなみに「明るいビル」の前は鼠穴ビルだったそうです。

等々力渓谷温度
等々力渓谷看板です。今日の温度は24.7です。外気温より5度〜7度位低いのでは。

等々力渓谷
等々力渓谷景観。綺麗ですね。



23区内唯一の自然渓谷である「等々力渓谷」の中ほどにあるのが「不動の滝」です。これは800年前、興教大師が満願寺別院を開創した時に湧出したとされる清泉で、等々力(轟)の地名もこの滝にちなむものといわれる名瀑です。でもあまり大したことありませんね(笑)



等々力渓谷茶店の脇の池です。涼しげのなので撮りました。しかしそばにいたカップルの方の肉声が入ってしました(残念)
そしてこの後私はあろうことか、こんな狭い渓谷で遭難し、一時間さまよい脱水症状をおこしたのです。どうやったら迷えるのか。本人は道案内が悪いと言っています。

有名歌手邸
お隣町「九品仏」にある国民的歌手「K林旭邸」です。
なぜか私は知っていたのでパチリしました。しかし大きすぎてカメラフレームには入りませんでした。すごい豪邸ですね。

それでは(^_-)

北品川 大冨鮨

本当なのかしら、CXの有賀さつきアナは、「旧中山道」を「いちにちじゅうやまみち」って読んだとか「平将門」を「へいしょうもん」って読んだとか信じられません。これはお笑い芸人のネタでしょう
唐突な前振りは私にとって今日一日が脈絡ない日だったのでそれにそっただけなのです

今日奥様と北品川に行きました。
品川と言えば、東海道第一の宿場町。旧東海道は、現在の北品川商店街が通っています。レトロな雰囲気が漂う「東海道品川宿」をぶらついたのです。

ここから後はパチリでご覧下さいm(__)m
副都心線渋谷駅

卵型駅を見たくてワザワザ副都心線にて渋谷に降りました。
じっくり見れなかったので感想はないのですが、竣工間際の匂いが鼻腔に心地よかったですね(笑)

京急線扇風機

何とレトロな京浜急行の扇風機です。最新型E233(京浜東北線)なんかはアルミ製整風板ですよ。リニューアルしましょうね(笑)

東海道八山口

東海道最初の拠点八山口のマイルストーンです。ここから歩きました。

東海道品川宿入口

東海道二番目の拠点品川宿入口(北品川)です。ここまで歩いてきました。たしか落語の居残り佐平次(いのこりさへいじ)の話に出てくるところではなかったでしょうか。この話大好きです

品川神社

品川神社です。文治3(1187)年に源頼朝が創建した神社です。
境内にある明治初期創建の「富士塚(品川富士)」は、富士山の溶岩そのもので作られた築山です。品川区の有形文化財に指定されており、登れば本物の富士山に登ったのと同じ御利益が得られるといわれています。

富士塚一合目

ということで富士塚に登ってみました。最初の一歩は一合目です。

富士塚頂上


富士塚頂上です。御利益があるといいですね(笑)

大冨鮨

本日のお店「大冨鮨」です。正直にいえば狙い店はあったのですが、日曜日だったのでどこもお休みで仕方なく入りました。

上ちらし

住所: 京急新馬場駅北口通り
電話番号:03-3471-3753
定休日:水曜日(不定期)

上ちらし@800です。味ですか、これが美味しいのです。ネタも十種類以上入っており大満足でした。この味で@800は信じられません

釣船屋街


映画「釣りバカ日誌」のロケ地になっている、北品川の釣船屋街です。
実は私この中の一軒の釣舟屋に聞きたいことがあって入ったのですが、何と本日の東京湾の花火を見るためヤクザ屋さんの団体が集まっており、それを知らずに迷惑がる釣舟屋のご主人にウダウダときいていたのです。
もう少しいたら多分東京湾でお魚の餌になっていたかもしれません。
さすがにその筋の方は迫力ありますし、妙に店内の空気が乾いていたことが思い出されます(コワッ)

船ダマリ


釣船屋街の船ダマリです。とても品川とは思えないですね。

それでは(^_-)

月島 めし屋

多くの外国人が日本に来て驚く飲み物が有るそうです。それは「カルピス」です。
何でかと言うと彼らには「カルピス」が「カウピス」に聞こえるからです。
つまり「Cow(雌牛)」「Piss(オシッコ)」なのですね。
日本人は牛のオシッコを飲むのかとたまげるそうです。しかし実際飲んでみると美味しいので二度ビックリするそうです。

今日のお店は月島「めし屋」です
このお店は築地では知らない人がいない築地中卸「丸時」と築地干物専売「築地奈良間」の両頑固親父達が、この店の調達を担っており魚は鮮度、味共々間違いがありません。
さらに品揃えがすごいのです。
寒サバ、さんま、赤魚粕漬け、さばミリン、むろあじ、えぼだい、いわし、つぼ鯛、お刺身、サバサンド(トルコ名物=一度食べてみたいですね)、まあじ、かます、かれい、金目鯛、子持ちにしん、かさご、真ほっけ、縞ほっけ・・・書くのが疲れたので打ち切ります。

住所: 東京都中央区月島1-5-7
電話番号:03-3534−0486
定休日:無休

最初はアニー伊藤(テリー伊藤さんの実兄)さんのお店築地「丸武」さんの卵焼きです。
余談ですがアニー伊藤さん、かなり小柄な方です。一ニ回立ち話したことあるのですが、いかつい顔しているので恐い方かと思いきやニコニコして感じのいい人です。
味ですか、甘すぎですね。少し残念でした。やはり卵焼きは熱々で食べなくては




次は食べ放題の、沢庵とワサビ漬です。あれ一番美味しい塩辛が無いじゃない(怒)
飲んで行ったので注意力散漫でした。




つぼ鯛@850です。これは美味しいです。油もミッチリのっており最高でした。
これこそ干物だという感じです。




お店のなかです。今まであまり感じなかったのですが冷静の考えるとこのお店少し高いのでは(笑)
何ていったって「朝日」の水割りWが@900ですので考えてしまいます。
でもこんなものかしらん



それでは(^_-)

続 Totto!DEL ManMa!

福島県いわき市で続発している実話です。

【QOT】
ある日、Aちゃんが家族と住んでいる自宅のポストを開けてみると、差出人不明の封筒が届いていたらしい。
開けてみたところ、中には一本のビデオテープが入っていた。

Aちゃんは、その日ちょうど家に遊びに来ていた友達と一緒に、
面白半分でそのテープを再生してみる事にした。

すると、テレビには全身タイツの見知らぬ男の姿が映し出され、
ソファーでくつろいだり、踊ったりしてるじゃないですか(笑)!

友達は大爆笑!

・・・しかし、Aちゃんは、あまりの怖さに泣き出してしまったのだとか。

何故なら、その全身タイツの男が居る部屋、座ってるソファーなど、映し出された場所はまさに、自分が今、友達とソファーに座って、ビデオを見ている自宅の居間だったのだ・・・!!!

Aちゃんの話しによると、映像の中でタイツ男が飲んでたジュースも、Aちゃんが飲みかけにして台所の冷蔵庫によく入れておくものだったらしい。

当然、Aちゃんの家は大騒ぎになった。
知らない男が自分の家の中に侵入した事になる。
警察にも通報して来てもらった。
何か盗まれたものは無いか、犯人につながる足跡は無いか、現場検証が始まった。

しかし、家族にも全く身に覚えが無く、
いつ、何処からタイツ男に入られたのか全くわからず。
犯人の手掛かりも無し。
幸い、盗まれた物は何も無かったが、なんせ自宅だ。
気持ち悪くてしょうがないらしい。

後日、警察から連絡が来た。
なんと、近県でも全く同じ事件が多発していて、
今、捜査中なんだとか。
犯人はまだ捕まってない・・・
【UNQOT】SAKI’S ROOMより転載

薄気味悪い話ですね。しかし捕まれば重罪なのに何の為にこのような犯行を重ね続けているのでしょうか。
多分愉快犯でしょうね。個人的にはこの犯人、被害者が恐れおののく姿を見ないと満足しないのではと思う今日この頃です。

今日のお店は二回目になるTotto!DEL ManMa!(トット!デル マンマ!)です。

住所: 東京都中央区晴海1−8−16
電話番号:03-5547−2255

前回美味しかったので期待してきました。

アスパラのチーズ焼き@580です。


アスパラが長すぎて食べるのが面倒くさい。
当たり前ですがフォークとナイフで切り分けたのですが、アスパラがネチャネチャして切りにくいのです。
半熟卵がアクセントになってマイルド感高めているのですが、数量が四本なので物足りないですね。もう少し値段上げても、量を増やしたら如何でしょうか。
でもセンスの良さを感じます。

竹輪のパルメザン揚げ@380です。これは平板の味であまり驚きはありませんでした。


ということで今日はサプライズが無かったので、そそくさと帰ってしまったのです。
三回目に期待を込めてアデューです。

それでは(^_-)

西浅草 かづ

今日は浅草「かづ」です。
このお店20歳の頃から来ているので・・・通い始めてから何十年です。

その当時シローさんは高校生の奥さん(正しくは卒業後)をめとり浅草では超有名でした(幼な妻)
ここではよく飲みました。
しかし奥さん(りかこ)さんは老けないですね。
昔は痩せていて金壷顔で今ひとつでしたが今やどうどうとした押出しです。

住所:台東区西浅草1-6-16
Tel:03-3841-5683

飲みすぎたのでパチリでご紹介します。


ホタテのバタ焼き。ほの香の焦げ目がタマリマセン



サザエのつぼ焼き。今日一です。



鰻の串焼き。脂っこくなくしかも上品の焼き上がりです



蜆の味噌汁です。この対流している感じいいでしょう(中身が見えない)微妙な味付け最高です




夏の思い出
まだ暑い日が続きますね(苦)

ここで身内ネタ。
なぜここのご主人が「シロー」さんって言われているのか
名前は「博昭」なのですが、子供の時「ヒロアキ」といえず「シロアキ→シロー」となったそうです。
誰も知らないだろう

それでは(^_-)

華屋与兵衛

今日は奥様と映画「クライマーズ・ハイ」を観てきました。


粗筋は以下の通りです。
【QOT】
1985年8月12日、北関東新聞社(作中で上毛新聞はライバル)の遊軍記者で、販売部の人間が多く所属する「登ろう会」メンバーの悠木和雅は、同じく登ろう会の安西耿一郎と一緒に、県内最大の難関である谷川岳の衝立岩に登山へ向かう予定であった。帰宅しようとしたその時、社会部記者である佐山達哉から「ジャンボが消えた」と連絡が入る。翌朝、悠木は粕谷編集局長から日航全権を命ぜられる。同新聞社にとって、「大久保・連赤」以来の大事件を抱えることになる。
【UNQOT】Byウィキペディア(Wikipedia)

この映画すごく面白かったです。
155分の長編大作ですがあっという間にエンディングロールを迎えました。
今年邦画のNo.1ではないでしょうか。

この日1985年8月12日この日はお客さんの接待で飲んでいたので、勝手に金曜日と思っていたのですが、実際は月曜日だったのですね。

史上最大の航空遭難事故としか思ってなく、さらに坂本九さんが亡くなった程度の感慨だったのですが、現場は凄惨を極めていたのです。

遭難救助の自衛隊員が深夜から朝ボラケの長い間、赤いリボンをつけた小さな女の子の遺体を両手で抱えながらこのこの子の亡くなった片腕を探していました。
しかし見つからず襲い掛かる乾くような疲労感の中、呆然として雲一つ無い青空をずーっと見上げ続け、辺りには鳥達のさえずりが静謐の山の尾根尾根に響いているシーンがあったのですがこれは見ている方がつらく感じられました。
現場は人の色々な肉片が散乱し、血脂でヌメヌメして滑りマトモに歩ける状態ではなかったようです。

さらにこの遭難された方の遺書が胸をつまらせます。
クライマーズハイ


【QOT】
マリコ
津慶
千代子
どうか仲良くがんばってママを助けてください
パパは本当に残念だ、きっと助かるまい
原因は分かるまい
今五分たった
もう飛行機には乗りたくない
どうか神様助けてください
(空白)
昨日みんなと食事たのは最后とは
何か機内で爆発したような形で煙がでて降下しだした
どこえどうなるのか
津慶しっかり頼んだぞ
(1ページ空白)
ママこんなことになるとは残念だ
さようなら
今六時半だ
飛行機はまわりながら急速に降下中だ
本当に今まで幸せな人生だったと感謝している
【UNQOT】


といいながらもお腹はすくもので映画鑑賞の後は「華屋与兵衛土支田店」に行きました。
住所:練馬区土支田3-28-13
Tel:03-5933-2878

店名の由来は華屋与兵衛(江戸前鮨の元祖)だそうです。     文政年間、両国花屋の与兵衛が従来の押しずしより にぎりずしを考案したといわれ、「込み合いて、待ちくたびれし与兵衛鮨、客ももろとも手を握りけり」という落首は、当時の人気ぶりを物語っています。(華屋与兵衛箸袋より転記)

今日の獲物は私が頼んだ「ランチちらし鮨セット」@840です。
ランチちらし


これで840円は納得です。意外に「鰻」がよい味です。
なぜかこれだけのボリュームなのに「茶碗蒸し」がついており、これまた美味しいのです。B級グルメ和食ファミレスといっていいでしょう(笑)

奥様が頼んだ「ランチ天丼セット」@924です
ランチ天丼


これまた美味です。天麩羅が意外にカラットしており美味しいのです。うどんも茹でたてシコシコツルツルで結構でした。

私はこのお店高評価です。接客申し分ないし、味も美味しい安いのです。
同業の和食ファミレス「とんでん」や「さと」に比べれば頭二つくらい抜けていると思います。
デザートも安くて美味しい、なんで今まで「とんでん」ばっかり行っていたんだろう、多分北海道に長くいたからです(笑)

それでは(^_-)

成田 川豊

今日は成田です。
実は鰻が食べたかったのでナイスタイミングです。
午前中には成田のお客さんの仕事を終わらせました。
そし成田駅につくやいなや成田山新勝寺に向かいました。



今日のお店はアド街ック天国 (成田編・8位)で紹介された、参道唯一の鰻専門店「川豊本店」です

住所:成田市仲町386
Tel:0476−22−2711
定休日:月曜日 1,2,5,9月は無休

しかし念のために帰りのタクシー運転手さんに、川豊さんより美味しい鰻屋さんありますかと聞けば
運転手さん「お客さん、観光参道の鰻屋なんか高いだけで美味しくないですよ」
私「エッ、でもこのお店、店の入口で鰻をさばくので、活きが良く美味しくて有名な店と聞いていますよ。それに印旛沼の地物鰻使っているんでしょ」
運転手さん「実態は浜名湖とか利根川のシラス鰻を印旛沼に放流しているだけで純然たる地物じゃないですよ」
私「アリャリャ」

成田山周辺の旅館では、参拝客の多い1・5・9月にそれぞれ料理を工夫し特徴をだす様になりました。当時の店頭の生簀には泳ぐ生きた「鰻」をお客様が選び「鰻」を調理している間に鯉などを肴にお酒を飲み「鰻」が出てくるのを待つのが常でした。
この名残が今でも続き、成田山周辺を中心に成田市内には「鰻」を出す店が多く在るようです。
それにしても成田山参道には鰻屋さんが35店もあります。
この中から川豊さんより美味しいお店を探すのは苦難の技で結局は川豊さんにしました。
このお店確かにお店の前で鰻をさばいています。
珍しい鰻の目打ちです。



そして鰻重@1,500です。味はホクホク感が少し足りませんがマズマズです。
やはり量が見劣りしますね。割り下が少しきつめですか
東京でもこのくらいの鰻なら@1,200かな



参道土産屋においてある「眠り猫」@1,050です。


手をパチリと叩くと「ニャーオン」と言って目を覚まします。
可愛いと言うか、なんか気味悪かったのですが・・・

最後に成田には外国人観光客が多いのです。
何でかと調べれば、東京ディズニーランドに来る外国人観光客は近場での観光Spotとして成田山新勝寺を訪れることが多いようです。
その割には鰻屋さんの過半はメニューが日本語なので注文できるのでしょうか(笑)



それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ