下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

山下町 ビスコンティ

今日は「横濱バザール」です。
IMG_5958

IMG_5959
横浜中華街の地久門から関帝廟方向にすすみ、関帝廟の斜め前あたりにある建物が横浜居留地166番地です。
この建物ある山下町166番地は、かつて横濱居留地百六十六番地と呼ばれていました。
江戸時代(幕末)から明治三十二年(西暦1899年)まで、中国だけでなく、米国、仏蘭西、独逸、伊太利亜、印度などの人々が、治外法権の下で活発な商業活動を行い、多くの洋風商館が立ち並んでいました。
横濱バザールの歴史は戦後昭和24年先々代オーナーの中地清が、ここ横浜山下町166番地に居を構え事業を始めたことにはじまります。
時を経て、先代オーナー中地隆が、ビルの一階に「骨董品店アンティークガレージ」をオープンさせ事業が拡大し、自ら建物を作り直していくうちに、いつしか様々なお店とともに歩むようになり「横濱バザール」 となりました。
2005年に、老朽化のため建物が建て替えられ現在に至っています

#横濱バザールのテナント
IMG_5971

横浜バザール

#横濱バザールの店内の雰囲気
IMG_5961

IMG_5962

IMG_5963

IMG_5964

IMG_5965

#スージーウォン
IMG_5967

IMG_5968

IMG_5966

IMG_5969
スージーウォン とは、クレイジーケンバンドの横山剣さんの親御さんがおられるオフィシャルグッズ販売店です。
ちなみに私は、クレイジーケンバンドのファンであります。
どうですかファンキーな雰囲気な空間だったでしょう?


両腕を失った中国人女性が、
ライブ動画配信で話題を呼んでいます。
彼女の名は、ヤン・リーさん。
4歳のころに不慮の事故で高圧電線に触れ両腕を失ってしまったのです。



IMG_5972
という事で横浜中華街に来ています。
今日のお店は攻略店です。
今日のお店はピッツェリア「ビスコンティ」さんです。

住所: 神奈川県横浜市中区山下町276-5 ルグラン元町
電話:045-664-6646
定休日: 毎週火曜日

IMG_5975

IMG_5973
お店の外観です。

IMG_5948

IMG_5955
店内の雰囲気です。

IMG_5947
メニューです。

今日のオーダー「クァトロフォルマッジ&ティラミス&珈琲」@1,650+@600+@400=2,650円です。
口入れに入ったみたいで店内の客は私だけです。
店内のオペレーションは白髪のご主人と奥様とバイトさんで繰り回しているみたいです。
アットホーム感にあふれています。

IMG_5950
待つこと6分で「クァトロフォルマッジ&珈琲」の到着です。
見た目、美味しげです。
クァトロフォルマッジ(4種類のチーズ)はゴルゴンゾーラ、リコッタ、モッツアレラ、バルジャミーの構成です。

IMG_5949
それでは実食です。
釜焼きなのでドウ(生地)がしっとりしています。
チーズの組合の妙でしょうか味が濃いですね。
私の好きな味わいです。
美味しいです。

IMG_5951
ちょっと浅めの珈琲を飲みながら食べていましたら口福の神様が降臨してきました。
幸せです。

IMG_5953
食後にティラミスを頼みました。
イタリア産マスカルポーレをたっぷりと使用したティラミスは軽い味わいです。
甘さも控えめで高評価です。
さら〜に、チョコレートパウダーがシャリシャリしていて絶妙な食感です。
これまたご機嫌な味わいです。
とても楽しめたピッツェリアでした。

それでは(^_-)

続 八丁堀 ロダン

今日は「木島佳苗考」です。
2009年(平成21年)8月6日、埼玉県富士見市の月極駐車場内にあった車内において会社員男性C(当時41歳)の遺体が発見された。死因は練炭による一酸化炭素中毒であったが、自殺にしては不審点が多かったことから、埼玉県警察の捜査が始まった。
その結果、Cは被疑者の住所不定・無職の女、木嶋 佳苗(きじま かなえ、1974年《昭和49年》11月27日生まれ、当時34歳)と交際していたことがわかり、捜査していくにつれて、木嶋には他にも多数の愛人がおり、その愛人の何人かも不審死を遂げていることが分かった。
埼玉県警は木嶋が結婚を装った詐欺をおこなっていたと断定し、9月25日に木嶋を詐欺の容疑で逮捕した。
また、逮捕時に同居していた千葉県出身の40代男性から450万円を受け取っていた。
2010年(平成22年)1月までに、木嶋は7度におよぶ詐欺などの容疑で再逮捕されている。
警察は詐欺と不審死の関連について慎重に捜査を継続。
2月22日に木嶋はAに対する殺人罪で起訴された。
窃盗罪や詐欺罪などですでに起訴されており、併せて6度目の起訴となる。
10月29日には、東京都青梅市の当時53歳の男性を自殺に見せかけて殺害したとして、警視庁に再逮捕された。
ただし、被害者男性の遺体は、当時は「自殺」と断定されて解剖されていない例もあり、死因に関する資料が乏しい中での、極めて異例の殺人罪の立件となった。
Wikipedia「首都圏連続不審変死事件」より転載

この被告の木島佳苗さんは4人の死亡した方を含めた12人の方から、詐欺未遂×3件で340万円、詐欺×9件で総額10,870万円をだまし取った若しくはだまし取ろうとしたものです。
裁判で検察側は、論告において「窓の外には夜空が広がっている。夜が明けると、雪化粧になっている。
雪がいつ降ったかを見ていなくても、夜中に降ったと認定できる」との比喩を使い、状況証拠の積み重ねで木嶋の犯行を十分立証できると強調したのです。
これに対し木嶋及び弁護側は、練炭等は被害者から譲ってくれと頼まれて木嶋が渡したものであり、被害者の死は別れ話が原因の自殺や事故死であったとして殺人罪の無罪を主張していましたが、最終的には状況証拠の積み重ねで死刑が確定したのです。
今日現在、木嶋さんは死刑囚として、東京拘置所に収監されているのです。

実は「木島佳苗100日裁判傍聴記」北原みのり著を読んだのです。
bbafe7ec
今回の被害者たちは「中年で女性の扱いが得意ではない親と同居する若しくは将来その可能性がある独身者」でした。そこから演繹できるのは、彼らには近未来的に介護の問題が発生します。
騙された彼らは、介護を手伝ってくれる女性の容姿は美人の方が良いが、私なんかにはそのような美人なんか来るわけがなく、仮に美人が来たらどのように扱っていいのかわからない。
仮に、美人が来たとしたら、それは金目当てにちがいないから、騙される。
だから美人は怖い。
で〜も、ブスならきっとその点は安心だ。
ブスは性格がいいというし、それにブスの方がコントロールしやすい、というようかつてにステレオタイプの妄想を抱いていたのです。
端的に申しますと彼女はモテない若しくはモテた事がない男性を毒牙にかけてきたのです。
その為に彼女が演じたのは介護も手伝い且つ家事も得意な従順な女性だったのです。
実際、彼女の料理の腕はプロ級でした。

ビジネスで世界では容姿より仕事の出来不出来が評価されますので、容姿の良し悪しはほとんど評価しませんというかそのような事を申せばセクハラです。
ビジネスの世界では容姿が悪くても仕事さえできえればリスペクトされますし重宝がられますので、彼女たちにとりましてある種のパラダイスであります。
一般的に、容姿が良くて仕事ができる人は少ないと思います。
いたとしましたら希少だから目立つのです。
それは彼女たちが持っている評価のポイントが違うからです。
その対極で容姿の悪い人で仕事のできない人はあまり見かけた事がありません。
さら〜に突っ込みますと、容姿が悪くて仕事ができて性格の良い人を見かけた事はありません。
推測で申しますと、その容姿から色んな場面で精神的な苦痛を味わってきたのでしょうか、その副作用で意地悪の人が多いと思っています。
しか〜し、木島佳苗さんは、実態はそうでも、容姿の悪い女性は性格が良いとい男性が持つ虚構を信じていたのです。そして唯唯諾諾(何事でも「はいはい」と人の言いなりになる事)でどんな事でもしてくれる女性を男性が好きである事を皮膚感覚で分っていたのでした。
従いまして、生々しく悔しがり、嫉妬し、怒る感情的で面倒くさい美人より、自分をすべて受け入れてくれる料理上手で感情を表さない不美人の方が男性にはモテるというessential(本質的な事)な部分を承知していて、それを演じていたのだと思います。
実際のところ彼女は本当に12人の男性から愛されていたのです。
これはまごう事なき事実なのであります。
そういう意味では彼女は男心をよくよく理解していたのです。
しいて申せば彼女は男を騙した後の達成感に酔いしれるばかりに、その達成感が途切れるのが嫌で多くの犯罪を続けてきたのでしょう。
換言すれば「アルコール中毒」ならぬ「騙し中毒」という病気になっていたのではないかと臆断しています。
いずれにしましても興味深い女性である事は間違いありません。


ビージーズ「小さな恋のメロディ」



IMG_6023
今日は八丁堀に出没です。
今日のお店はカレーの名店です。
今日のお店は「ロダン」さんです。

住所: 東京都中央区八丁堀3-8-4
電話:03-5541-5777
定休日: 日曜・祝日

IMG_6024
お店の外観です。

IMG_6027

IMG_6031

IMG_6036
店内の雰囲気です。

IMG_6025
メニューです。

今日のオーダー「特製チーズチキンカレー&ダルスープ」@1,200+@300=です。
IMG_6029
待つこと9分で「ダルスープ」が到着しました。
見た目、濃厚感が満載です。
それでは実食です。
うん、これは味が深くて美味しいです。
ゾル状のスープはご機嫌です。
塩味が強いのですがこの濃厚なスープには合います。

IMG_6033
待つこと13分で「特製チーズチキンカレー」の到着です。
ビジュアルが綺麗ですね。

IMG_6034
それでは実食です。
カレーは中辛です。
大ぶりな鶏肉がゴロンと入っています。
中庸感ありですが、美味しいです。

IMG_6035
ライスには高級チュダーチーズと燻玉がのっかています。
この二つが美味しいのです。
特に高級チュダーチーズは味わいが深いです。
すごく幸せな気分になります。
加えて、昼間の混雑とは裏腹に夜は空いています。
夜は穴場と敢えて言わせていただきます。

それでは(^_-)

神田 内神田うてな 17th

今日は「またやってしまった!」です。
ここのところすごく疲れています。
理由は2年越しの大きな商談が「詰めろ」に入っているからです。
何とか纏め上げたく、全身全霊かつ不撓不屈の気合で打ち込んでいます。
従いまして、家に帰るとくたくたにになっています。
疲れた体に鞭打って、自宅にきたメールを処理している中、以下のメールが入っていました。
フィッシング
以前、私のフリーメールが中国人にハッキングされたのに気付かずエライ目にあっています。
それの再現は嫌なので反応しようとしました。
このメールのフォントがおかしいなとは思いながらアップルの林檎のアイコンとメアドのドメインに@apple.comがあったので反応してしまったのです。
反応した後、会社から「Appleのサポートセンターを騙った偽サイトに誘導するメールの受信が確認されています。メールの本文のリンクを開くと、インターネットバンキングの不正送金などの被害にあう恐れがあります。
絶対に『Apple ID』のリンクはクリックしないで下さい」とのメールが来たのを思い出しました。
再度よくよくアップルのメアドを見ますと@apple.comではなく@email.apple.comではありませんか・・・
キレイにフィッシングに引っかかってしまいました。
結論からもうしますと、翌日アップルに確認しましたところ、私が偽サイトに打ち込むIDとPWを錯誤して入力していたので実害はありませんでした。
iPadairは会社のを使っていますので次の日に事態説明をしておきました。
かなりの叱責を受けるかと思いきや軽いものですみました。
勿論、会社のアップルも同様に錯誤していましたので実害はなかったのです。
加えて、会社のアップルは金銭的な情報を持っていないので不問に付されたのです。
要はアップルのIDとPWを錯誤して打ち込んでいたので結果オーライになっただけです。

2ファクター
参考までに、もし私が正しいIDとPWを入力していてもアップルには2ファクター認証がというものがありまして、フィッシングした人間が、私のIDとPWを使って私のアップルのサイトに入っても2ファクター認証の為の許可数字は私にしか届かないのでフィッシングした人間にはアップルに入れません。
22c31bec
加えて仮に入れてもその後の文字認証は他のパソコンではできませんのでこれまた無理なのです。
さら〜に、最近のクレジットカードはこのようなフィッシングによる不正請求は保険で求償されますので実害はないそうです。
それではなんでこのような無意味な事をするかといえば・・・
IDとPWを知り得た人間に再度メールしてクレジットカード情報を聞き出すそうです。これで引っかかるのですか、と尋ねますと、引っかかる人がおられるから、このような手間暇かける事をするのでしょうね、と纏めていました。
皆さん、手口は段々巧妙になってきています。
私の出来事を「他山の石」として気をつけましょう。


チワワに叩かれて痛っ!て言うインコ。


IMG_5991
今日は神田に出没です。
神田といえばこのお店です。
今日のお店は「内神田うてな」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-11-5 カーサ内神田 1F
電話:03-5577-4844
定休日: 日曜日定休 祝日不定休

IMG_5992

IMG_5993
お店の外観です。

IMG_5996
店内の雰囲気です。

IMG_5994
メニューです。

今日のオーダー「日替わり定食」@1,000円です。
定食の内容は、さば味噌煮・豆腐・人参、お刺身2点盛り、合鴨治部煮、青菜お浸し、若布、海苔なめ茸ご飯、漬物、味噌汁です。

IMG_5997
待つこと11分で「日替わり定食」の到着です。
見た目、これが日本だ、私の国だ。
和食こそ我が日本が世界に誇れる食べ物だという感じです。

IMG_5998
まずはさば味噌煮です。
さば味噌煮はほんのりした甘さの中にさばの美味さが凝縮されています。
今日のさばは柔らかさに溢れています。
骨も歯で容易に噛みきれます
ここのご主人は本当に焚き物が上手ですね。
美味しいです。
付け合せの豆腐・人参も絶妙な味わいで結構です。

IMG_5999
海苔なめ茸ご飯です。
これは海の幸・山の幸の波状攻撃です。
よくもこのような組み合わせの妙を考えたものです。
絶美味です。

IMG_6001
刺身二点盛りはヒラメ・北海タコです。
今日の北海タコは絶美味です。
タコ好きにはたまりません。
美味しいです。

IMG_6002
合鴨治部煮は今まで食べた中で最高です。
画像でもその美味しさは感じられると思います。
トロミが美味しいです。
今日も満足なランチでした。

それでは(^_-)

続 東銀座 YOU

今日は「コカ・コーラを飲もうよ♪」です。
12eab923899e51afd8dc3f6d9a0acc30--halloween-themes-halloween-fun
始めてコーラを飲んだのはいつでしょうか、多分小学校の高学年の頃だと記憶しています。
何とも薬臭い味だというのが第一印象でした。
アメリカではバッドマンやロビン少年も毎日コーラを飲んでいるのだろうか、バットマンもコーラを飲むとゲップをするのだろうかという疑問が沸々と湧いてきたものです。
コーラと申せばコカ・コーラ社が香料のレシピを公開していないことから、原材料に関しても様々な揣摩臆測が生まれています。
そのひとつに、コカ・コーラのレシピを知っているのは2人の重役だけというのがあります。
2人である理由は1人が突然事故などで死んでももう1人が知っているので存続できるからだそうです。
それ故この2人が同じ飛行機に搭乗することはないそうです。
どうですか、これはやはり都市伝説でしょう。

2834
始めてウィスキーコークを飲んだのははっきりと覚えています。
それは中学3年生の時です。
剣道部の先輩が同じく高校の先輩からパー券(不良主催のパーティーの券)を買わされ、それをさばききれないので、なななんと中学生の我々に売りつけたのです。
私は剣道部の友達と当時流行っていたアイビールックでバッチリとキメていきました。
会場は地元の源森川にかかる橋のたもとにあるイカガワシイ喫茶店でした。
店内にはいりますと、会場内は照度の低い電球色のダウンライトで演色されていました。
その薄黒い光にからみつく紫煙、生ぬるいよどんだ河の底にへばりついている山椒魚の皮膚のような滑(ぬめ)っとした空気、未成熟な男女の淫靡でかつ火照った猥雑な熱情が彼我・貴我なく混じりあってたゆたう(揺蕩)していました。さら〜に、奥に進むと主催者側の男子達は、てめえら会場荒らしだったらこの人数でシメルぞと、ガンを飛ばして(目力で相手を押さえる)私たちを脅かしていました。
完璧な不良少年少女の集いでした。
しか〜し、ほとんどが高校生ですから、最年長でも18歳になったばかりです。
今思うと完璧な精神的なストレッチ(背伸び)であります。
眼が暗闇に慣れてきますと、蔵前中の剣道仲間がいることを発見しました。
この雰囲気にビビらされていたのでお互いににすり寄って雑談を始めました。
すると蔵中のアタマを張っていた間瀬はポケットからマッチを取り出して、胸ポケットに忍ばせた煙草を取り出してから、気どった仕草で煙草に火をつけ、頭上に大きな煙の輪を二つ作り、モク(煙草)はショッポ(ショートホープ)に限るぜ、とリョウフ(不良)を演じていました。
それにつられて、私たちも、ショッポか、一本くれよ、と本当は煙草なんか吸った事はないのですが、間瀬にヤスク見られるのが嫌で強がりを言ってしまったのです。
私たちは、いまだ喫煙経験がないので、ほとんど空ふかしでごまかしていました。
室内が暗かったので私たちの疑似喫煙は間瀬にばれる事はありませんでした。
当時は、煙草×1本で英単語を10個忘れるという都市伝説が蔓延していました。
それに加えていかんせん未成年ですから煙草は厳禁だったのです。
その割に飲酒は大甘でしたので不思議な下町の戒めでした。
飲み物は、冬だったので女子はホットコーラ(甘いだけ)でした。
これは美味しくありません。
男子はウィスキーコーク(甘辛いだけ)か飲めない奴はタバスココーラ(辛いだけ)でした。
始めて飲むウィスキーコークは変な味でした。
炭酸の刺激が強くてすぐに酔うのですが、あまり美味しくありません。
実は今日のフリネタのエッセンスはここにあったのです。
当時のこのようなパーティで使われたウィスキーはトリスのようなスコッチ系でした。
最近、近所のカナダ人とウィスキーコークの話をしていましたら、ウィスキーコークはアメリカ系の甘いウィスキーにしか合わないとの事でした。
だから不味かったのですね。
ごめんなさいコークm(__)m
君を疑ってしまって・・・


ということで口直しにこの曲を!
コカ・コーラを飲もうよ♪



IMG_6003

IMG_6015
今日は銀座に出没です。
この間いただいた極上のオムライスの味を思い出しました。
今日のお店は再訪です。
今日のお店は「YOU (ユー)」さんです。

住所: 東京都中央区銀座4-13-17 高野ビル1F
電話:03-6226-0482
定休日: 年末年始

IMG_6004

IMG_6005

IMG_6007
お店の外観です。

IMG_6010
店内の雰囲気です。

IMG_6008
メニューです。

きょうのオーダー「you飯セット(たまごサンド&珈琲)」@1,100円です。
今日も店内は女子比率が高いですね。
私の隣の席は品女の高校生の4人組です。
この高校は山口百恵さんも末広涼子さんも入れてやったのに私の妹を落とした憎むべき高校であります。
彼女たちの話を耳をダンボにして話を聞いていましたら、やはり高校生の会話は楽しげですね。

IMG_6009
待つこと1分でテーブルセットの到着です。

IMG_6011
待つこと7分で「たまごサンド」の到着です。
黄色と黄緑は色合いが良いですね。

IMG_6012
それでは実食です。
うん、美味しいです。
玉子がイケますね。
マヨネーズが優しい味わいです。
特上の味わいではありませんが、心とおなかが和みます。

IMG_6013

IMG_6014
食後の珈琲です。
珈琲は砂糖なしのホイップクリームが一緒に付いており、すっきりしていて深みのある苦みが高評価です。
まだ隣の品女の4人組は楽しく話しています。
学生の頃だったら100%話しかけていたでしょう・・・

それでは(^_-)

丸の内 きじ 8th

今日は「悲しき天使」です。
o2448326413808382509
最近、サントリーF.A.G.E.のCM曲で懐かしい「悲しき天使」が流れていました。
小学生の時、友達の家に遊びに行った時、友達の兄がギターでこの曲を歌っていたのを覚えています。
その後、中学生になって簡単な英語の歌を訳してみようと、このレコードを買いました。
しか〜し、最初の難しい単語の“tavern(居酒屋)”を“heaven(天国)”と訳し間違えました。
さら〜に、Those were the days, my friendは、死んだ友達の事だと錯誤して、だから「悲しき天使」なんだと妙に納得して、この抒情的な楽曲に聞き入ってしまいい、訳すことを止めてしまい、今日に至りました。
今日、NETでその歌詞を発見しました。
この邦題から想像すると失恋の歌を連想しがちですが、歌詞の内容はもうちょっと深い、若かりし頃と過ぎ去った人生が描かれています。
宜しかったらこの訳をみながら、この名曲を楽しんでください。

Once upon a time, there was a tavern
Where we used to raise a glass or two
Remember how we laughed away the hours,
Think of all the great things we would do
昔のことだけど、一軒の居酒屋があったの
そこで私たちは一、二杯グラスを乾して
私たちは時の経つことなんか笑い飛ばしてたわ
私たちが成すであろう素晴らしいことを考えて
Those were the days, my friend
We thought they’d never end
We’d sing and dance forever and a day
We’d live the life we’d choose
We’d fight and never lose
For we were young and sure to have our way
あれはそんな時代だったわね、そうでしょ(友よ)
私たちは、そんなことに終わりはないだろうと思っていた
私たちは歌い踊るだろう、永遠と一日(ずっと変らずに)
私たちは私たちが選んだ人生を生きるだろう
私たちは戦いそしてけして負けないだろう
私たちは若かったし、私たちのやり方を確かに持っていた

La La La La La La
La La La La La La
La La La La La La La La La La

Then, the busy years went rushing by us
We lost our starry notions on the way
If, by chance, I’d see you in the tavern,
We’d smile at one another and we’d say
Those were the days, my friend
We thought they’d never end
We’d sing and dance forever and a day
We’d live the life we’d choose
We’d fight and never lose
Those were the days, oh yes, those were the days
それから、忙しい年月が私たちの傍を急いで過ぎ去った
私たちは(星空のような)煌めく考え方をその途中で失くしてしまった
もし、偶然、私があの居酒屋であなたにあったなら、
私たちはお互いに微笑んで、私たちは言うでしょう
あれはそんな時代だったわね、そうでしょ(友よ)
私たちは、彼らが終わることがないだろうと思っていた
私たちは歌い踊るだろう、永遠と一日(ずっと変らずに)
私たちは私たちが選んだ人生を生きるだろう
私たちは戦いそしてけして負けないだろう
あれはそんな時代だった、ああそうさ、あれはそんな時代だったね

La La La La La La
La La La La La La
La La La La La La La La La La

Just tonight, I stood before the tavern
Nothing seemed the way it used to be
In the glass, I saw a strange reflection
Was that lonely woman really me?
ちょうど今夜、私はあの居酒屋の前に立って
いつもするように何気なくしていると
ガラスの中に、私が奇妙に映ってるのを見たの
あの淋しそうな女性は私だったの?

Those were the days, my friend
We thought they’d never end
We’d sing and dance forever and a day
We’d live the life we’d choose
We’d fight and never lose
Those were the days, oh yes, those were the days
あれはそんな時代だったわね、そうでしょ(友よ)
私たちは、彼らが終わることがないだろうと思っていた
私たちは歌い踊るだろう、永遠と一日(ずっと変らずに)
私たちは私たちが選んだ人生を生きるだろう
私たちは戦いそしてけして負けないだろう
あれはそんな時代だった、ああそうさ、あれはそんな時代だったね

La La La La La La
La La La La La La
La La La La La La La La La La
La La La La La La
La La La La La La
La La La La La La La La La La

Through the door, there came familiar laughter
I saw your face and heard you call my name
Oh, my friend, we’re older but no wiser
For in our hearts, the dreams are still the same
ドアを通ったら、馴染み深い笑い声が聞こえて来たの
あなたの顔を見えたわ、そしてあなたが私の名前を呼ぶのを聞いたわ
ああ私の友よ、私たちは年とったけど、賢くならなかったね
それは私たちの心のため、夢はずっと同じままなんだもの

Those were the days, my friend
We thought they’d never end
We’d sing and dance forever and a day
We’d live the life we’d choose
We’d fight and never lose
Those were the days, oh yes, those were the days
あれはそんな時代だったわね、そうでしょ(友よ)
私たちは、彼らが終わることがないだろうと思っていた
私たちは歌い踊るだろう、永遠と一日(ずっと変らずに)
私たちは私たちが選んだ人生を生きるだろう
私たちは戦いそしてけして負けないだろう
あれはそんな時代だった、ああそうさ、あれはそんな時代だったね

「悲しき天使」の原曲はウクライナの歌曲「長い道」という失恋の歌です。
1920年代にアレキサンダー・ヴェルテンスキーがレコードをリリースし、1962年にジーン・ラスキンがアレンジしたものを1963年にライムライターズがレコード・リリースしました。
これをポール・マッカートニーがジーン・ラスキン夫妻のコンサートでこの歌を聴いて気に入っていたものを、1968年に当時のトップ・モデル、ツィギーが紹介してくれたアップルの新人で、自分がプロデュースしたメリー・ホプキン(Mary Hopkin)に歌わせようと考え、新たなアレンジと歌詞を加えました。
「悲しき天使」、この邦題は、歌の内容とメリー・ホプキンの清純なイメージを併せたものです。
また当時の日本で「悲しき○○」というタイトルが興行的にヒットしたことにあやかったものです。
「悲しき街角」「悲しき雨音」「悲しきインディアン」・・・等々たくさんありました。
「MAGICTRAIN」より転載

Those Were The Days Byメリー・ホプキン「 悲しき天使」



IMG_5912

IMG_5902
今日は朝早くから夜遅くまで本当に一生懸命に働きました。
そんな自分にご苦労様をいってやりたくてこのお店にきました。
そのお店とはこのお店です。
今日のお店は「きじ」さんです。

住所:  東京都千代田区丸の内2-7-3東京ビルB1
電話:03-3216-3123
定休日:不定休

IMG_5903
お店の外観です。

IMG_5904

IMG_5906
店内の雰囲気です。

きょうのオーダー「モダン焼き」@1,150円です。
相も変わらず店内は満席です。
IMG_5905
待つこと0分でテーブルセットが到着しました。
普段ならこのタイミングで、お飲み物は何になされますか、と聞かれるのですが、流石に顔を覚えられたのか、黙ってお水がでました。
出世したものです。
今日は暇だったので作る所をじっくりと見ていました。
この「モダン焼き」はまず焼きそばを炒めるのですね。
炒め終わった焼きそばは、ステンレス製の円筒状の容器にいれて、その中にあるお好み焼きの生地にからましてから、一気に鐵板の上に流し込んで焼くのです。
ある程度焼けたらお客様の前に出しました。

IMG_5907

IMG_5908
待つこと6分で「モダン焼き」が焼きあがりました。
勿論、マヨネーズをリクエストしました。

それでは実食です。
IMG_5909
今日の「モダン焼」とは、とろとろの玉子がいつもよりそばに絡みついていて結構です。
何という美味しさでしょう。

IMG_5910
そうそう青海苔が以前はお店の人がパラパラとかけ回してくれたのですが、今回は自分でかけ回してよくなったみたいです。相撲取りの土俵入りの際の塩まきみたいにたっぷりとかけ回しました。
今日は小まめに胡椒と唐辛子をかけていただきました。
ソースの味が引き立ち豚肉がよい味わいになってきます。
今日の最後の方は美味しいカリカリになりました。
完璧な味わいです。
たまには自らを美味しい食べ物で慰労しませんとここまで頑張れません。

それでは(^_-)

本郷 ニッキカフェ 9th

今日は「疑似命題」です。
情勢分析においては、論理力が重要になる。
特に擬似命題(擬似問題)の落とし穴に落ちないように細心の注意を払う必要がある。
擬似命題とは、有意味な命題に見えながら、実は無意味な命題のこと論理実証主義(ウイーン学団)において、多くの形而上学的命題はこの擬似命題であるとされている。
平たく言い換えると、質問の仮定や前提が間違えていたり、検証できない事柄によったりするために、答がそもそも存在しない問題のことだ。
「ウサギのツノの先は尖っているか、それとも丸いか」という命題について考えてみよう。
この命題について激論をしても意味がない。
なぜなら、ウサギにはツノがないからだ。

150125_isis1
これとまったく同じことがイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」による日本人人質事件でも生じている。
20日、「イスラム国」の構成員と見られる男が、「72時間以内に2億ドルを支払わなければ拘束している2人の日本人を殺害する」と述べた動画がYou Tubeに公開された。
動画には、ジャーナリストとの後藤健二氏と民間会社経営者の湯川遥奈氏がオレンジ色の服を着て座っている様子が映っていた。
過去に「イスラム国」は、米国人、英国人などを殺害する画像をウェブ上に公開したことがあるが、被害者はいずれもオレンジの服を着せられていた。
その後、マスメディアは「日本政府は身代金を支払うべきか否か」というテーマを積極的に取り上げた。
これは典型的な擬似命題である。身代金を銀行送金することはできない。
通常は、現金か金塊で支払うことになる。
100ドル紙幣を百貨店で使われている紙袋いっぱいに詰めると50万ドルくらい入る。
2億ドルならば、この紙袋が400個必要になる。
ドル札は、追跡される可能性がある連番の新札では身代金の役割を果たさないため、使用済みの紙幣が必要になる。72時間以内にこんな大量の使用済み100ドル紙幣を集めることは不可能だ。
金塊で払うことを考えた場合も、2億ドル分の金塊は重量4トンを超える。
身代金は、密かに引き渡さなくてはならない。
これだけ大量の紙幣や金塊を密かに引き渡すことは、非現実的だ。
72時間の期限が切れた翌24日には、動画サイトに後藤健二氏と見られる人物が写真を持っている静止画像が投稿された。この画像とともに、後藤氏と見られる人物が英語で、私はケンジ・ゴトウです。
ハルナ・ユカワが「イスラム国」の地で殺害された写真を見たでしょう。
あなた方は警告を受け、期限を示された。そして、私を捕らえていた者たちは、言葉どおりに行動した。
アベ、あなたがハルナを殺した。脅迫を真に受けず、72時間以内に行動しなかった。
「ケンカの流儀」佐藤優著より転載

この当時「イスラム国」側は、後藤氏を解放する条件として、サジダ・リシャウィ死刑囚の釈放を提示したが、これも擬似命題なのですね。
リシャウィ容疑者に死刑が言い渡されたのは2006年ですが、同年からヨルダンが死刑制度の見直しに入ったので執行が猶予されていました。
かかる中「イスラム国」によってヨルダン軍の操縦士が人質になっていました。
この操縦士とリシャウィ死刑囚を交換する案をヨルダン政府が検討していると報じられていました。
この報道が事実ならば、ヨルダンが自国のパイロットよりも外国人人質を優先して取引に応じる可能性はありません。もちろん「イスラム国」はそのことを分かって、日本側が実現できない要求を突きつけていたのです。
要は、イスラム国は、リシャウィ死刑囚を確保できる可能性が低くても、日本とヨルダンの間に軋轢を作りだし、日本の世論を混乱させられると見ていたのです。
そして、日本政府がいくら努力しても「イスラム国」の行動を阻止できないという諦念を日本国民に抱かせることがテロリスト達の狙いなのでした。
今回、このフリネタを取りあげた時に、日本国政府若しくはメディアは
人質を開放する事は物理的に難しいと認めざるを得な〜い。
しか〜し、今後このような悲惨な事件を再現させない為にも「イスラム国」の基盤となっている世界的暴力革命イデオロギーを解体すべきであ〜る。
そして、我が国はこのシナリオの実現の為に、次のような明確な基本方針を定め〜る!
みたいなコミットメントをなんで発表しなかったのでしょうか。
やはり、そこには人道的な判断が働いてしまうのでしょうね。
これが日本だ、私の国なのなのでしょう・・・



真っ白な灰・・・ / あしたのジョー2 (劇場版)



IMG_5884
日は東大御用達の街本郷に出没です。
今日のお店は私のお気に入りお店です。
今日のお店は「「ニッキカフェ (NIKKI Cafe)」さんです。

住所: 東京都文京区本郷4-1-5
電話:03-6801-6105
定休日:無休

IMG_5885
お店の外観です。

IMG_5887
店内の雰囲気です。

IMG_5886
メニューです。

きょうのオーダー「週替わりカレー」@740円です。
今日のカレーは「シャキシャキ蓮根とポークひき肉、ブロッコリー、ブナシメジ、オニオン、冬野菜のキーマカレーです。
IMG_5888
待つこと10分で冬野菜のキーマカレーの到着です。
蓮根好きな私には見ているだけで唾が湧いてきました。

IMG_5889
  それでは実食です。
カレーにコクがあります。
辛さも程よく申し分ありません。
シャキシャキ蓮根が美味しいです。
蓮根はカレーの具になっても美味しいのですね。
特筆すべきは、半熟玉子です。
これだけでも満足です。
美味しいです。
ここのカレー最高です。
本当に東大生だけに食べさせるのは悔しいですね・・・

それでは(^_-)

東銀座 YOU

今日は「怒鳴る人」です。
171108_enbujyo
この間、新橋演舞場の路上を歩いていると、演舞場脇の交差点で私の鼓膜が破れんばかりのクラクションが私の周辺を支配しました。
音の根源を見ますと、直進の高級外車が右折のタクシーに割り込まれたみたいで、直進の車がそれに対するクレームで大音量のクラクションで抗議したようです。
しばらく歩いていますと、今度は肉声の大音量が耳をつんざきました。
またまたその音源を見ますと、直進の車が急きょ左折して且つくだんのタクシーを追い抜いて路肩に停めさせ、その運転手が車から降りてきて、そのタクシーの運転手にガンガンに文句を言っていたのです。
タクシーの運転手は100%彼が悪いのでひたすら謝っていました。
その運転手は怒り疲れたのでしょうか、最後には、これに懲りて二度とするなよ、とキメをだして自らの車に戻りました。運転手席ドアを開けたら、助手席にいたのは多分に奥様でしょうか、その女性に対して、トコトン言ってやった。グーの音もでなかったぜ、カッカと笑いながら、高級外車のシートにその身を沈めてからおもむろに車を発進させました。

que-12153597867
私はこの一連の出来事を見て、こんな昭和な人が平成の世にも現存していたのだと驚きました。
しか〜し、この人なんでここまで怒れるのですかね?
このような人は、他人より自分の方が優れているといつも思っているので「他人を言い負かす」とか「自分の意見は絶対正しい」と思っているのでしょう。
周りから見たら、自己中心的で器量の狭い方にしか見えないのですけどね。
人間誰しも「ストレス」を持つものですが、その発散の方法が単に「クレーム」という形で現れているタイプなのでしょう。他のストレス発散方法を知らないが為に、融通の効かなさがクレームとして現れるのでしょうか?
普段から認めてもらえないからこその、鬱憤からの情動となるでしょう。
これは「認知欲求」と言われるようです。
しか〜し、これは「ストレス発散のための八つ当たり」に近いものがあるような気がします、ハイ。


このような目に会った方にはこの動画をお勧めします。
格闘技・武道・武術をリアルの喧嘩で使うとこうなる



IMG_5851
今日は雨にけぶる東銀座に出没です。
今日は「これを食べてから死ね」とまで言われているオムライスをいただきにあがりました。
今日のお店は「YOU (ユー)」さんです。

住所: 東京都中央区銀座4-13-17 高野ビル1F
電話:03-6226-0482
定休日: 年末年始

IMG_5852
お店の外観です。

IMG_5863
店内の雰囲気です。

IMG_5864
お店を特集した記事です。

IMG_5854
メニューです。

今日のオーダー「you飯セット(オムライス&珈琲)」@1,300円です。
店内は70%女子です。
その為かなんかかまびすしいですね。

IMG_5855
待つこと4分でテーブルセットの到着です。
福神漬けがうれしいですね。

IMG_5857
待つこと11分でオムライス&珈琲の到着です。
オムライスはあたかも黄色い大理石みたいな感があります。
きれいですね。

IMG_5859
スプーンで切れ目をいれて開くと、ホイップクリームの溶け込んだオムレツの中身が揺蕩(たゆたう)と広がります。柔らかいとろとろ濃厚のオムレツが、ベーコン・玉ねぎの美味みの効いたケチャップライスを優しく包みこんでいきます。それでは実食です。
これは美味しいです。
なんだろうこの雲の上に登ったよう感じの美味しさは・・・
この副作用でしょうか、高温の油の中に落ちた水滴のように、食べるに従って心の中のわだかまりがプチンプチンと音を立てて爆ぜていきます。
得も知らない幸せを食べているからでしょうか?
玉子好きなら絶対に外せない一品と断言しても良いでしょう。
絶品です。

IMG_5861

IMG_5862
珈琲は砂糖なしのホイップクリームが一緒に付いており、すっきりしていて深みのある苦みが高評価です。
幸せの極大化ここに至るであります。

それでは(^_-)

神田 内神田うてな 16th

今日は「上司に話しかけられない」です。
fe405428b17cefe5407a766cd26641ef
仲の良い取引先が職場の管理職対象の新入社員フォローアップセミナーがありそれに参加しました。
その最後に、総務部長が今年の新入社員の悩みベスト10が配れたそうです。
くだんの彼がそのサマリーに目を通して、そのトップ1を確認しますと、そこには「上司に話しかけられない」という事が黒々と書かれていました。
さら〜に、その総務部長は、今の若い人のストレスのトップはここにあります。
特に女子社員は、どのように上司に話したらいいかわからないので、それをNETで調べてからそれを基に対策を講じてから話しかけているそうです。
この事についてどう思われますか、皆さん、これについてのコメントをお願いします、と総務部長は、くだんの彼を指名したそうです。
彼は、急に指名されてもコメントできないのですが、ローマは一日にして成らず、の通り、日ごろのコミュニケーションを良くして新入社員との温度差をなくす事だと思います、と答えたのです。
その後、他の管理職もコメントしたのですが、新入社員がそのような悩みを持っている事を知らなかったので、皆、しどろもどろのコメントになったそうです。
そこで総務部長はドヤ顔で、皆さんは、今の新入社員の実態を知らないどころか、実は今日このセミナーに出席している人たちがその元凶である事を充分に認識してください、とキメました。
そこで皆さんの中にはいないと思いますが、上司に話しかけにくいと言われる上司の特徴を紹介します。
1.顔が怖くて冷たい性格 具体的にはつめたく切り捨てるような物言いの上司
このような方は何か失敗したりするとかなりの勢いで攻め立てて頭ごなしに怒る事が多いようです。
2.質問に対して嫌な顔をする 具体的には質問に対して露骨に嫌そうな顔をする上司
こんなに忙しいのに、そんなこと聞いてくるなよという態度をとられるようです。
3.感情の落差が激しい 具体的には機嫌の良い時と悪い時の差が非常に激しい上司
機嫌の良い時はそこそこにお話ができるのですが、機嫌がわるいときは明らかにまわりに不機嫌オーラを出しまくり、パソコンのキーをたたく音など激しくなるそうです。
今日の出席者には流石にこのような方はおられないと思いますが、短期的に見ますと、そういう上司の方が緊張感はあって業務効率が良い場合もあるのですが、長期的に見るとコミュニケーション不全に陥りがちです。
段々と部下は上司に気軽に相談できなくなったりして連携が滞り、不満がどんどん溜まっていきます。
そうなると後戻りできません。
誰にでもバランス良く意思疎通できるような環境を用意してあげられるように努めてみましょう、と纏めたそうです。

個人的には、私の仲の良い方同様に驚きました。
この上司に話しかけにくいというのは、昨日今日に始まったわけではなく、昔から上司は怖いものでした。
往時の私は、その上司に話しかけるのはやはり傾向と対策を作ってからしたものです。
この労苦は今のコミュニケーション能力を形成の礎となりました。
しか〜し、過去の思い出を語るのは老人の証です。
時代が変わったのです。
これからの会社は、大学生のサークル活動のようにワイワイがやがやとがんばっている感じなのでしょうか。
むやみに威張り散らす上司はおらず、上の圧力で働かされているという感覚を持つ人もいなく、自分の成長機会が会社の中にあると思える会社なのです。
そのような会社は、社長自身も役割の一つだと思っているから、社員に偉そうに言ったり、威圧的な態度を取ったりすることはない会社だと思います。
そんな会社が日本にあふれる事を願っています。


お座り指導の犬



IMG_5839
今日は神田に出没です。
またまたこのお店にきました。
今日のお店は「内神田うてな」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-11-5 カーサ内神田 1F
電話:03-5577-4844
定休日: 日曜日定休 祝日不定休

IMG_5840
お店の外観です。

IMG_5843
店内の雰囲気です。

IMG_5841
メニューです。

今日のオーダー「日替わり定食」@1,000円です。
定食の内容は、まぐろ青さ山かけ丼・香味野菜、煮しめ・高野豆腐、肉つみれ、人参、椎茸、豆乳と湯葉の茶わん蒸し・きのこあんかけ、ご飯、漬物、味噌汁です。
IMG_5844
待つこと5分で「日替わり定食」で日替わり定食の到着です。
綺麗な彩りです。

それでは実食です。
IMG_5847
まずは、まぐろ青さ山かけ丼・香味野菜です。
これは鮪の赤と胡麻の黄色と青さの緑で彩りを整えています。
またこの「赤・黄・緑」は栄養バランスを考える上での基本となっているのです。
味ですか、鮪の美味しいのはさることながら、馥郁たる香りの青さと胡麻と香味野菜がこの丼の味を引きたてています。特にまぐろが美味しいです。絶品です。

IMG_5849
煮しめ・高野豆腐、肉つみれ、人参、椎茸はいつもながら鐵板の味わいです。
今日は定番の里芋の代わりに肉つみれを合わせてきました。
肉つみれは特に味が深く染入っいて美味しいです。

IMG_5848
豆乳と湯葉の茶わん蒸し・きのこあんかけはプリンみたいな味わいです。
こういう料理はご主人の得意とするところであります。
茶わん蒸しはいつもよりふっくらと炊きあがっておりこれは今までの中で最高です。
美味しいです。

それでは(^_-)

神田 コム・ヴィエト・カン

今日は「困ったら私の名前を叫べ!」です。
君がお腹にいることで、僕はもちろん、おじいちゃんやおばあちゃんたちもとても幸せだった。
僕らは顔を合わせるたびに君の話をしたんだ。
君の体重がどうなったとか、性別はわかったのか、名前を決めたのかとかね。
君の体重が1グラム増えるだけで幸せだったんだ。
信じられないだろう?
そして君の家族は、みんな君が生まれることを1年近くも心の底から願っていた。
僕たちは君に会えるのを本当に楽しみにしていた。
そうして、君の誕生の時が訪れた。
ついに君が生まれた瞬間はもちろんみんな泣いた。
うれしくて。
うれしくて。
生まれてきたことがただうれしくて、僕もママも、おじいちゃん、おばあちゃんまでが泣いたんだ。
こんなことを綴って、結局何が言いたいかっていうと、君はなにかを成したりしなくても、なにか努力しなくても意味がある存在だってことだ。
君が生まれるだけで、神に感謝して涙を流した人を少なくとも僕は5人も知ってる。そして実は、君が生まれることを通じて、僕自身も生まれて初めて、自分は生きていていいんだと感じることができた。
もし君が自信をなくしてたり、不安を感じることがあったらこのお話を思い出してほしい。
君は生まれてきただけで本当に価値がある存在なんだ。
本当にうまれてきてくれてありがとう。
「いつの日か迷った君に伝えたい 」ゆるゆる倶楽部まとめDe goo!より転載

IMG_5452
初孫白蓮ができてから奥様との会話の幅が広がりました。
既に子育てが終わって本来なら安穏な生活が待っているはずでしたが、これはうれしい悲鳴であります。
これから白蓮がどのような人生を歩むのか想像するだけで胸が躍ります。
彼女には今現在で申しますと無限の可能性があります。
場合によってはノーベル賞も場合によっては日本初の女性総理大臣になるかもしれません。
このように想像の翼を広げますと際限がありません。
人生に疲れて果て、一日も早く天に召されたいという愚痴をこぼす人がいます。
人間は、毎日、肺に新鮮な空気が入ってくるような生活が一番大切なのです。
晴れ上がった空がのしかかってくるよう人生を歩んではいけません。
私たち夫婦は白蓮に、本当に生まれてきてくれてありがとう、と心の底からお礼を言いましょう。

ff2b5880-610d-4cbf-85bf-06524504646f
白蓮、困ったことがあったらな、風に向かって私の名前を叫べ!
お前が地球上のどかにいるのであれば、私は風になって必ず助けにいくから。
という気持ちでいっぱいな今日この頃であります。


短すぎる電車 World's Shortest Train <


IMG_5743
今日は神田に出没です。
このお店の前に立っていましたら、店員さんに呼び込まれてしまいました。
今日のお店はベトナム料理の「コム・ヴィエト・カン」さんです。

住所: 東京都千代田区神田小川町3-11-2 インペリアル御茶ノ水ビル 1F
電話:03-5577-2122
定休日: 日曜日


IMG_5725

IMG_5724
お店の外観です。

IMG_5732

IMG_5730

IMG_5731
店内の雰囲気です。

IMG_5727

IMG_5739
メニューです。

今日のオーダー「牛肉のフォーセット&グリーンピースのチェー」@980+@380=1,390円です。
店内はガラガラです。
お客様は私と当初はお店を間違えて入ってきたのですがそのまま居付いた女子会の4人組だけです。
そこに日本語がたどたどしいベトナム人のホールスタッフさんがいるという構成です。
このベトナム人のホールスタッフさんは親切なのですが少しその親切がしつこいのです。

IMG_5733

IMG_5736
待つこと6分で「牛肉のフォーセット」の到着です。
見た目、思いっきりベトナムしています。

IMG_5734
まずは「牛肉のフォー」を頂きます。
米から作られたフォーは低カロリーで且つヘルシーでさっぱりといただけます。
食感も良いですね。
じっくりと煮込まれたスープは美味しいです。
ただしトッピングの牛肉は少し固めでジューシーさに欠けています。

IMG_5735
次に生春巻きです。
大きなプリプリの海老とシャキシャキ野菜がぎっしり詰まった生春巻きは本場の味ですね。
美味しいです。

IMG_5740

IMG_5737
途中から親切のホールスタッフさんがやってきてニンニクと唐辛子の香辛料と辛みサテーをフォーに入れて食べてください、というのでその教えの通りに入れましたら、味がすごくしまり美味しくなりました。
これなら最初に言ってほしかったものでした(笑)

IMG_5742
グリーンピースのチェーが美味しいと親切のホールスタッフさんが勧めましたので追加注文しました。
これはホットな状態で到着しました。
これは美味しいです。
柔らかな甘味にホッとします
グリーンピースがチェーに合うとは思わなかったのですが、これはご機嫌な味でした。
途中から下手な片言ベトナム語で話しかけたら、親切のホールスタッフさんがとても喜んでくれたのでほっこりとした気持ちで食事が楽しめました。
こんな想定外の日もあります。

それでは(^_-)

神田 内神田うてな 15th

今日は「幽霊の正体見たり枯れ尾花」です。
V7A0490-1140x600
最近、会社の女子とよく行く居酒屋さんがあります。
居酒屋さんというと正しくはありません。
昼間は唐揚げをウリにした定食屋さんで、夜になると居酒屋さんになるのです。
夫婦二人で切り盛りしています。
夜のメニューが美味しいので女子に好評なのですね。
従いまして、女子と飲みにいくとなるとこのお店になるのです。
ここの大将は私たちの面白話に聞き耳を立てていて、自分の得意分野のネタになると、頼んでもいないのに私たちの話にカットインしてくるのです。
基本的には子供の受験ネタ・出身地北海道ネタ・美人芸能人ネタですか。
特に男性の部下の子供の受験ネタには100%食らいついてきます。
大将にはお嬢さんがいて、なかなか出来がよいみたいで、来年には日比谷高校を受けるみたいです。
私の部下の娘も大将の娘と同じ年で、彼の娘も出来がよくて来年は上野高校を受けるみたいです。
従いまして、大将は私の部下に妙なライバル意識を持っているのです。
加えて、大将は妙にカスタマーオリエンテッドが強く、来店二回目のお客様にはその名刺をもらってその名前を暗記して、三回目からはもらったお客さんには、その名前で話しかけて親和性を高めています。
私はそのような意図的な馴れ馴れしさは嫌いなので、名刺の拝受は頼まれたのですが、無視してあげていません。

最近、ある事に気がつきました。
名刺をもらった男性とある程度来ている女性にはその名前を憶えていてその名前で話しかけるのですが、私にはそのような振舞いは一度もないという事です。
基本的にこのお店は私との付き合いが一番古いのです。
というか私が開拓したお店なのです・
会社の飲み会の中では、私の事で盛り上がる事が一番多いのです。
従いまして、私の名前はよく分っているのに、なんで私の事を名前で呼ばないのだろうとふと思ったのです。
この間、その疑問が氷解したのです。
実は、私の名前は日本に100人位しかいない稀有な苗字なのです。
加えて苗字なのに発音は体言止めですので、ともすると苗字だか名前だか、本人に確認しないと分らないのです。
お店の夫婦は悩んでいるのです。
もし私が皆から呼ばれている名前が苗字ではなく下の名前若しくはニックネームだったら・・・
一番の上客をそのような直截な言い方をしてはいけないと悩んでいるのでしょう。
それで私の事を名前で呼べないのですね。
そりゃそうですよね、失礼ですもの。

NewImage33
かつて私の尊敬する上司は、みなからオーさんと呼ばれていたのです。
とある年の年末に仕事納めの帰りに、オーさんがいつもの居酒屋に行きますと、店主から、今年一年のご愛顧に敬意を表して、オーさんにお歳暮を贈呈したのです。
そのお歳暮の宛名は「王様」になっていたそうです。
オーさんの苗字は岡島です。
しか〜し、だれも岡島さんと呼ぶ人間はなく、誰彼となくオーさんと呼んでいたので、このような笑い話が産まれたのです。私もさら〜に通い続けますとそのような日が来るかもしれませんね(笑)


勝負はこの一撃で決まる



IMG_5708
今日は神田に出没です。
歩いているとキレイな女性から誰何されました。
ちょっと見に覚えのない美女ですから関係ないと思い無視して止めていた足を踏み出そうとしましたら、向こうが自己紹介してきました。
この妙齢の美女は実は元部下でした。
顔がかなりふっくらしたので、ちょっと私の脳内システムではパターンマッチングができなかったみたいです。
7年間ぶりの再会でした。
ちなみに私はまったく顔が変わっていなかったみたいです。
なんでやねん!
という事で今日のお店は、私のお気に入りの「内神田うてな」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-11-5 カーサ内神田 1F
電話:03-5577-4844
定休日: 日曜日定休 祝日不定休

IMG_5073
お店の外観です。

IMG_5713
店内の雰囲気です。

IMG_5711
メニューです。

今日のオーダー「日替わり定食」@1,000円です。
定食の内容は、さば味噌煮・豆腐・人参、お刺身2点盛り、合鴨治部煮、青菜お浸し、若布、海苔なめ茸ご飯、漬物、味噌汁です。

IMG_5718
待つこと8分で「日替わり定食」の到着です。
彩りが綺麗です。

それでは実食です。
IMG_5714
まずは鯖味噌煮です
さば味噌煮はほんのりした甘さの中にさばの美味さが凝縮されています。
かと申してもお味は上品に仕上げています。
ここのご主人は焚き物が上手ですね。
本当に柔らかく炊き上げます。
美味しいです。
付け合せの豆腐・人参も絶妙な味わいで結構です。

IMG_5715
海苔なめ茸ご飯です。
これは海の幸・山の幸です。
このご飯には毎回ノックアウトされます。
絶美味です。

IMG_5716
刺身二点盛りはぶり・さごし(さわらの幼魚)です。
ぶりは季節的にギリギリです。
今年度の食べ納めでしょう。
いずれもケレンみのない美味しさです。

IMG_5717
合鴨治部煮は煮汁の濃度が今日はジャスピンです。
合鴨はあまり好きではないのですが上手に炊き上げています。
美味しいです。
今日も満足なランチでした。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ