下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

日吉 くいしんぼ

今日は「今年こそはベンツを持ち帰り・・・」の話です。
毎年、この時期になりますと連合三田会が開催されます。
慶應連合三田会大会とは、慶應連合三田会のサポートのもと、塾員有志が実行委員会を組織して毎年秋に慶應義塾大学日吉キャンパスで開催する、全ての慶應義塾の卒業生を対象とした大規模な同窓会です。
大会当日は、卒業50年の方々をご招待しての式典、シンポジウム、コンサート、福引抽選会等の多彩なイベントが行われています。
毎年2万人前後の塾員ならびにそのご家族が出向き、日吉のキャンパスは多いに賑わうのです。
という事で色々な偶然が重なり二人の子供も参加しました。
画像主体ですが宜しかったらお付き合いください。

IMG_0304

IMG_0280
まずは連三田会場である日吉キャンパス会場の雰囲気です。

IMG_0281

IMG_0282
まずはここでリポビタンDをいただき一気に飲み干して会場散策に出向くのが連三田でのお約束です。

連三田
今年の福引の景品です。
勿論、ベンツを持ち帰りにやって参りました。

IMG_0284
卒業してから始めての蝮谷にやって参りました。
この地帯は、以前は水田や沢のある湿地帯で、その周囲には雑木林があり、そこに多くのマムシが生存していたことから、いつしか蝮谷と呼ばれるようになったとも言われています。
在学中、ここでは体育の授業がなされていました。
私たちが谷に降りましたら、援指導部が気合溢れた応援練習をしていました。
もし人生時計が巻き戻せましたら応援指導部に入りたかったのでした。

IMG_0345

IMG_E0349
生協で買い物をしました。
スタッフさんに、今でも必修科目の講義内容を書き留めたノートを売っているのですか、と聞きましたら、今でもあります、との事でした。
これには驚きました。
これがあるから授業に出ない事が多かったのですね。
ここで白蓮のスタイとTシャツを買いました。

IMG_0293
ミニコンサートを見ていましたら時計の針が11時を廻っていたので、今日の目玉の「加山雄三」さんのコンーサート会場の様子を見に行きました。

IMG_0305

IMG_0287
すると100Mの長蛇の列ができていました。
これには慌てて列の最後尾につきました。
一番先頭の方は9時から並んだそうです、ハイ。

IMG_0289
取りあえず席を確保できたので昼食です。
今日のランチは学生向けのお店です。
今日のお店は「くいしんぼ」日吉店さんです。

住所: 神奈川県横浜市港北区日吉本町1-2-13
電話:045-563-6211
定休日:無休

IMG_0295
お店の外観です。

IMG_0299
店内の雰囲気です。

IMG_0298

IMG_0296
メニューです。

きょうのオーダー
私「目玉焼き&ハンバーグ」@690円
長男「チキン&目玉ハンバーグ」@850円
次男「KOステーキ(300g)」@1,280円
です。

IMG_0300
待つこと3分でサラダとスープの到着です。
極上の美味しさではありませんが美味しくいただけました。

IMG_0302

IMG_0303
待つこと16分で注文した料理が一気に到着しました。
それぞれの料理をつまませてもらいました。
ハンバーグは想定していたより肉肉していて良い味わいです。
デミグラソースもしっとりとした感じで高評価です。

IMG_0301
特筆するのは「KOステーキ(300g)」です。
肉がとても柔らかいですね。
加えて、フライドガーリック、特性にんにくソース、にんにくの芽の三銃士が味を引き締めています。
これは塾生でなくてもノックアウトされます。
肉の量も300gですし、これは「日吉のコスパキング」でしょう。

IMG_0290
時計の針を見ましたら12時40分です。
会場に戻りませんと。
コンサート会場にむかう途中の懇親会場です。
気分はお花見です。

IMG_0312

IMG_0311
お楽しみのコンサートの始まりです。

IMG_0316

IMG_0319

IMG_0322
コンサートは、ロック(エルビスプレスリー関連)、ヒット曲(君といつまでも他)、カントリーウェスタン(塾高の同級生と)、演歌(「長崎は今日も雨だった」これも同級生と)、ヒット曲(お嫁においで他)で構成されていました。

IMG_0333
最後は「旅人よ」を皆で合掌しました。
私はヒット曲メドレーなのかなと思っていたのですが豈図らんや違っていました。

IMG_0328

IMG_0326
これが加山雄三なのだという楽曲構成でしたね。
加えて、高校の同級生を呼ぶなんてすごいものです。
といっても同級生の一人は文化放送の元社長ですから(笑)

IMG_0339

IMG_0340

IMG_0341
IMG_0342
お楽しみの抽選会です。
センターはCQ(フジテレビ)の伊藤アナ(法学部卒)です。

IMG_0343
抽選会のお手伝いの塾員の「ミス日本酒」の面々です。
センターの女性は医学部の方です。
将来は精神科医になられるそうです。
こんな美女医に見てもらいましたら、ちがう心の病気になりそうです。

IMG_0344
最後は「若き血」を歌ってお開きです。
2人の子供もにわか塾生になって声高らかに応援歌を唱和していました。

IMG_0283
私がお持ち帰りしようとおもったベンツは幼稚園児に持って行かれました。

IMG_0346

IMG_0348
それでも何とかO賞は当てました。
重たいだけでした。
まぁ、子供たちが楽しんでくれたのでよしとしますか・・・

それでは(^_-)

保谷 リンカント 4th

今日は「酒嘆場」の話です。
img_ef24476cab43f
珍しく取引先とスナックに行きました。
当然のことながら二次会です。
私は酒を停めていますが酒席はお付き合いします。
しか〜し、原則として一次会までです。
一次会までと決めている理由はたいしたものではありません。
一次会であれば、素面で酒席に加わっても違和感はありませんが、こと二次会になりますと、かつての私がそうでしたようにたまに見せる私の素面顔に怒る人がいるからです。
正直、素面の人がいる前で酔態を晒すのは、嫌なものです。
という事で二次会に行くのは珍しいのです。
取引先は3人です。
みな上場企業の管理職です。
その内の一人が荒れています。
荒れている人は営業の責任者です。
荒れた矢が突き刺さったのは開発の責任者です。
営業の責任者は、開発の責任者に営業が提案している新商品の開発が遅い事に加えて彼が要望していた新商品を他社が先駆けて上市したことで荒れていたのです。
激怒する背景はわかるのですが、なにも懇親の場で騒ぎ立てる内容ではありません。
からまれた開発の責任者は大人の対応です。
お前のいうのはよくわかった。
全てオレが悪かった。
だからそれ以上言うな。
楽しく飲もうぜ。
をからまれるたびにこのフレーズを繰り返しています。
私も営業の責任者のクレームは酒毒が言わせているのは理解しています。
しか〜し、そうはいいながら、酒毒が言わせているのは分っていても、からんでいるのは本人そのものです。
アルコールはしゃべりません。
このような悪行を誘発しているだけです。
アルコールの問題はここでしょう。

original
上手にお酒を飲める人は酒を味方に相手といい距離感で親交を深めたり気持ちを通わせたりすることができます。
必要以上に酔って、失言失態を演じることで後日、大きなしこりを残すことになりかねません。
多分にこの営業の責任者は酒癖が悪いのだと思います。
酒癖が悪くなると、回りの人に迷惑をかけるだけではなく信用も失います。
少しだけと思っても、ついつい飲み過ぎてしまうのがこれらの方々の特徴であります。
そうなると、仕事にも差し支えることが起こってきますので、本当に酒乱を避けたいなら、お酒を飲まないことです。
私は酒乱ではありませんでしたが、少しだけと思っても、いつもついつい飲み過ぎていました。
だからお酒を停めたのです。
これをコントロールする事ができない人はお酒をやめるべきです。


放送禁止になったCM



iStock-644263058
北陸で二日間魚介系の和食に舌鼓をうつ暮らしをしていましたら無性にピッツアが食べたくなりました。

IMG_0231 (2)
今日は保谷に出没です。
今日のお店は「トラットリア エ ピッツェリア リンカント」さんです。

住所: 東京都西東京市下保谷4-8-18 アネックスマノア 1F
電話:050-5593-9840
定休日:月曜日(月曜祝日の場合、翌火曜定休日)

IMG_0243
お店の外観です。

IMG_0234

IMG_0238
店内の雰囲気です。

IMG_0233

IMG_0237
メニューです。

きょうのオーダー「ソレンティーナ&カッサータ&アメリカーノ」@1,300+@600+@400=2,300円(内税)です。
今日はお店に着いたのは21時です。
さすがに空腹感は突き抜けてしまい逆に穏やかな気持ちです。
店内は珍しく私だけの貸し切り状態でした。
IMG_0235
待つこと9分で「ソレンティーナ」の到着です。
ソレント風と名前のつく料理には大概、トマト、モッツァレラチーズ、バジリコが使われるみたいです。
このお店ではスモークチーズが使われています。
運ばれてきたピッツアは馥郁たる香りが立ち昇っています。
今日のコルニチョーネ(ピッッアの縁)はグラマラスですね。

IMG_0236
それでは実食です。
スモークチーズは香ばしくて高評価です。
フレッシュトマトの甘さは美味しさを倍加させています。
ご機嫌な味わいです。
美味しいです。

IMG_0240
食後のドルチェは「カッサータ」です。
「カッサータ」とはシャレオツなイタリア式アイスケーキだそうです。
このお店ではケーキスポンジにシロップと少量のダークラムで漬け込み生クリームを加えて味を整えています。
アイスは檸檬のジェラートです。

IMG_0241

IMG_0239
それでは実食です
シロップと檸檬のジェラートの相性は良いです。
この辺りはオーナーのセンスの良さを感じさせます。
シロップの甘い味わいは体がしなやかにとろけそうです。
店名の「リンカント」はイタリア語で「魔法をかける」だそうです。
どうやら私も、このお店の美味しさの魔法が効いてきました。
このような魔法は永遠に解けないで欲しいものです・・・
席から外を眺めていますと漆黒の闇に流れる赤いテールに眼を細めていました。
ぼんやりとその景色に浸っていますと疲れが引き潮のように希釈されてきます。
今日の料理は全てが完璧でした。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)

続 ひばりヶ丘 金豚雲

今日は「Why dose he share her nationality?」の話です。
e1ea1bc4508bd01451833917766051f3
私は時間に余裕があって且つ仕事が溜まっている時にはよくカフェレストランを利用します。
この間とあるカフェレストランでアルバイトの面接が私の隣の席でなされていました。
面接を受けている女性はしゃべり方で中国人だと思われます。
私は仕事を片付けるのが一生懸命でしたが、ときおり入ってくる会話の内容では、彼女が勤務を希望する時間帯は人が足りているみたいで、感じでは採用されるのは難しいと思っていました。
その後また仕事に戻りました。
しばらくしてから私の仕事はひと段落してきたので、隣のテーブルの面接の進捗をさりげなく見ていました。
すると男性が、△△さんは、中国人ですか、と聞いたのです。
そうか彼女はもしかして帰化して日本人名を名のっているのかと思いました。
普通なら名前をみれば日本人か中国人かは分るはずですから。
なんでそのような質問をしたのでしょうか。
すると彼女は、そうです、私は中国人です。
しか〜し、なんでそのような事を聞くのですか、と彼女も尋ねました。
すると彼は、実は私も中国人だからです、と答えたではありませんか。
驚いたのは彼女と私です。
あらためて告白中国人の相貌をまじまじと見直しました。
どうみても、日本人です。
さら〜に、彼の日本語の発音はどこからみてもネィテブです。
中国人が話す日本語ではありません。
もう独りの驚いた片割れの彼女は、面接官が中国人だとわかったので、満面の笑みを顔に浮かべています。
同胞なので何か期待するところがあるようです。
くだんの彼は、つぎの会話から言葉を日本語から中国語に替えました。
すると二人は紋切り型のやり取りではなく俄然迫力をましてきました。
多分、彼は彼女になにかの便宜を図っているのでしょう。
私はそうとしか思えませんでした。
その日の夕方、アメリカ人と会う機会があったのでこの話をしました。
彼はかつて日本の某弱電メーカーで日本に住んでいる外国人の採用担当をしていたのです。
彼の経験からすると、彼が日本語から中国語に替えたのは、語学チェックが終わったからだと説明していました。
日本の企業で働くには、ある程度のレベルの日本語の能力が必要だから、その適正をみているのだそうです。
勿論、私が想像しているように彼が彼女に何かと便宜を図っているのは同胞だから当然でしょうとも言っていました。
言われれば然りだと思うのですが、日本の企業で働くにはアルバイトといえども語学チェックが必要であるとは知りませんでした。


黒木華&樹木希林共演『日日是好日』予告編



IMG_0261

IMG_0260
昔はよくこのような猥雑な場所に出没していたなと往時を懐かしがっていました。
今日はひばりヶ丘に出没です。
今日のお店は「金豚雲」さんです。

住所: 東京都西東京市ひばりヶ丘北4-3-30
電話:042-421−6066
定休日:無休

IMG_0262
お店の外観です。

IMG_0268
店内の雰囲気です。

IMG_0267
メニューです。

きょうのオーダー「カレー肉汁うどん・中辛・350g・あつもり」@800円です。
IMG_0265
このポスターに誘われたのか、店内は飲みながら武蔵野うどんを手繰っている人がほとんどでした。
ビールを飲みながらの武蔵野うどんはキツイのではないかといらぬ心配をしてしまいました。

IMG_0270
待つこと3分で「カレー肉汁うどん」の到着です。
焦げたねぎが美味しそうです。
店名ですが、金は黄金色の汁、豚はこだわりの肉汁、雲はひばりヶ丘の地名から連想という三文字の象徴文字の組合せでできています。

IMG_0271

IMG_0272
それでは実食です。
麺は武蔵野うどんの特徴で硬めです。
歯茎にからみつくようなもちもち感もあり高評価です。
カレー出汁は辛さも私の好みで満足です。
白眉は焦げたねぎです。
噛みしだくとねぎの中から甘みエキスが出てきてご機嫌な味わいです。
これは楽しめました。
美味しかったです。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)

高岡 すし食いねぇ! リターンズ

今日は「憲法改正」の話です。
f10ebe45-s
このブログは政治の事は取り上げていません。
このようなブログには政治ネタは合いません。
それに加えて、私が政治にはあまり興味が無いためです。
これではいけないのですね。
特に外国人と話していると、軍事・防衛の事をよく知らないと馬鹿にされます。
現在、自衛隊を憲法に明記する改正案が国会を通りそうです。
憲法改正を国会が発議するためには衆参両院でそれぞれ三分の二の賛成が必要なのですが、14年12月の総選挙で自民党と公明党が勝利し、連立与党の両党は現在、衆議院で三分の二以上を確保しています。
参議院でも自民党と公明党のほか、憲法改正を支持する勢力は三分の二以上に達しています。
つまり現在は憲法改正に向けた窓が開いているのです。
正しく申しますと、その後に国民投票による承認が求められるので、国民投票で過半数の賛成が得られると憲法改正が実現するのです。
岸おじいさん→安倍パパ→安倍さんというこの血統の悲願が成就する日が現実的になっているのです。
これにより自衛隊の存在がはっきりするという声がある一方で、これで戦後70年間に亘って守ってきた平和憲法が壊れてしまうのではないかと懸念する声が数多くあるのも否定できない事実であります。

有ってはいけない事ですが、尖閣諸島で中国海軍と自衛隊との武力衝突が発生した場合は、アメリカ軍が出動して中国軍と戦ってくれるという誤解が多くの日本国民にあります。
さら〜に付け加えますと、アメリカは「「尖閣諸島は日本の領土」であるとは言っていません。
アメリカは「尖閣諸島は日本の施政権下にある」といっているだけです。
かりに中国が尖閣諸島を占領した途端、中国の統治下に入ってしまうので、アメリカ軍は手が出せない事にもなりかねません。
その場合は、日本としては個別的自衛権を駆使して戦って取り返すしかないのです。
その論拠としてアメリカは、国同士の領土問題は関与しないとの方針がでているからです。

国民がしらけてしまうのは「安保法案は憲法違反だ」という反対派の人たちは「これからの北朝鮮、中国を含めた東アジア情勢についてはどうするのか」という議論については、はっきりしていません。
単に「憲法違反」だというだけで出口戦略がありません。
さら〜に付け加えれば、「駆けつけ警護」や「安全確保義務」等は、実は、アメリカから出された宿題に答えたものです。北朝鮮の弾道ミサイル発射問題はあまり現実的ではありませんが、例え脅しであっても、日本は日本で準備をしておかなければなりません。
国民の1人として自国を守るために皆が考えて議論する時期にきています。
自由闊達に議論し、議論することが批判される事のない社会こそが、民主主義社会だと思うところであります。
参考文献「知らないではすまされない自衛隊の実力」「日本は本当に戦争をする国になるのか」池上彰著


「スクラム組もうぜ!」の実況が話題に!ラグビー日本代表が大金星を挙げる感動の瞬間!



IMG_0217

IMG_0218
飛行機雲がきれいな高岡に出没です。
今日のお店は、高岡の人が「一番おいしい回転寿司」と口を揃える「すし食いねぇ!」高岡南店さんです。

住所: 富山県高岡市赤祖父433
電話:0766-20-8011
定休日:無休

IMG_0220

IMG_0221
お店の外観です。

IMG_0226
店内の雰囲気です。

IMG_0223
メニューです。

IMG_0222
このお店に来ていつも思うのですが「得得ランチ」が売切れになっていない事はありません。
いつも開店と同時にすぐにソールドアウトになっているでしょうか?
大いなる疑問が沸きあがります。

今日のオーダー「特上ランチ」@1,998円です。
店内は大勢の寿司好きで賑わっています。

IMG_0227
待つこと9分で「ブリのあら汁」の到着です。
このあら汁は脂が良く乗っていて超美味しです。
個人的には、これだけでご機嫌です。

IMG_0229
時間差で「特上ランチ」の到着です。
見た目、美味しそうです。

333111IMG_0228
それでは実食です。
今日は外れ無しです。
その中でのトップ3は、牡丹海老、かに足、大トロです。
美味しいお寿司を食べて口福を味わう。
この上ない喜でもあります。
東京でこのレベルを頂きましたら5,000円でしょうね。
「コスパ良し」であります。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)

石神井公園 辰巳軒 17th

今日は「セッカチ」の話です。
http___i_huffpost_com_gen
実は、私はセッカチです。
私の生まれた育った下町ではほとんどの人がそうだったので、私のセッカチは特段珍しいことではありません。
「セッカチ=気が短い」は江戸っ子らしさの体現ですので美徳とされていました。
実際、人にものを頼まれると、合点承知の助、と言って走り始め、10歩くらい走ってから立ち止まり、ところでどこ行くんだっけ、というのはよく見かけた話です。
取引先に電話して一方的に話始め、しばらくして電話口から、電話をかけるところが間違っていますよ、と言われた事は若い頃の懐かしい恥ずかしい思い出です。
要は相手を確認せずに話し始めているのです。
さら〜に、歩いていると、見知らぬ人に挨拶されますと、相手が分らないものですから、探りを入れるために丁寧な挨拶をします。
実は見知ら人は私の後ろを歩いている人に挨拶していたのです。
最近でこそなくなりましたが昔は良くありました。
よその会社に行きエレベーターに乗っても、持って生まれたセッカチの為、乗り入れた人の中で一番早く降車階ボタンを押すのですが、押す事に神経が集中している為に間違って押してしまうのです。
結果、エレベーターの中で皆さんに謝っていたというのは良くしありました。
会社では「拙速は巧遅に如かず」を広言していますので、仕事の処理スピードは光速です。
なんでなんでしょうか?
子供の頃は、友達と話していると、頭の中に色々な考えが浮かぶので、その考の全てを皆に伝えたくて明石家さんまさんみたいな言葉のシャワーを相手に浴びせかけていたことも多々ありました。
要は自己中なのでしょうね・・・
このような私に付ける薬があるのかと思いネットで調べてみました。
すると以下のアドバイスがありました。
せっかちな人は、完璧主義者であることが多く、少しのミスも許しがたいと考える傾向があります。
あらゆることを滞りなく計画通りに進められるように、事前のリサーチや準備を万全に進め、時間があるかぎり最善を尽くし続けるため、気が休まることはありません。
そんな緊張感が続く毎日を送り続けるうちに、ある一定のことだけに心が奪われ、人間らしい感情や感覚が薄れることもあるかもしれません。
そのような性格を変えるためには、心から好きなことや楽しめることを探し、自由気ままに没頭できる時間を確保するようにしましょう。
仲の良い友人と他愛もない話をして盛り上がったり、時間を気にせずに好きな音楽や映画を心ゆくまで堪能したりすることで、心が解放され緊張も徐々にほぐれていきます。
さもありなんです。
転ばぬ先の杖といたしましょう・・・

57ae1e71180000ad02bca7f2
ちなみに上の画像のような乱雑な机はセッカチ人間の私には考えられません。
研究によれば、散らかった机はよりクリエイティブな考え方に導くといいます。
私はこんな机に座って、どのようなクリエイティブな考えが浮かぶというのでしょうか。
大半の時間が必要な書類がどこにあるかを探す事に忙殺されているはずです・・・


Mourning Father Welcomes New Dog Into Family



IMG_0205

IMG_0206
今日は石神井公園に出没です。
たまには下町っぽい味を堪能しましょうという事で訪れたお店はこの店です。
今日のお店は「辰巳軒」さんです。

住所: 東京都練馬区石神井町3-17-20
電話:03-3996-0425
定休日: 木曜日

IMG_0208
お店の外観です。

IMG_0210

IMG_0211
店内の雰囲気です。

IMG_0209
メニューです。

今日のオーダー「焼飯」@600円です。

待つこと6分で「清湯スープ」の到着です。
IMG_0212
コクがあり美味しいです。
このスープは合格合格合格合格合格です。
食べたことはありませんがこのスープで作られたラーメンは美味しいのでしょうね。

IMG_0213
時間差で「炒飯」の到着です。
見た目昭和の「焼飯」です。

IMG_0214
それでは実食です。
この「焼飯」の具はナルト、チャーシュー、グリーンピース、玉葱です。
これだけナルトの多い「焼飯」は私のお気に入りです。
この「焼飯」は油の御(ぎょ)しかたが良いですね。
字のとおり「炒める」というより「焼く」という感じで硬めに仕上げているので最後まで熱が逃げません。
今日の炒飯はご主人ではなくて娘さんが作っています。
いつもより濃い目の味付けですが、これは私の好みです。
味ですか、とても美味しいです。
ナルト、チャーシュー、グリーンピースが渾然一体となって口内で混じり合う美味しさは筆舌に尽くせません。
最高です!
ごちそうさまでした

それでは(^_-)

南青山 アントニオ

今日は「私のこだわり」の話です。
実は私は普通のビジネスマンを演じていますが少し変わったところがあります。
その変わったところとはこだわりが強いのです。
私のようなこだわりの強い人は、ネットからの引用によりますと、妥協を許さない完璧主義者という面があるそうです。自分がこだわっている事に関しては、どんな小さなミスも見逃さずに突き詰めていく精神の持ち主だそうです。
これは当たっていますね。
しかし、通常完璧主義者と言われる人たちと違うところは、自分がこだわっていること以外は、どうでもいいという所だそうです。
これも当たっていますね。
そんな私がすごく落ち込むことがあります。
多分、多くの人はそんな事で落ち込むのって笑う事でしょう。
で〜も、それが私だ、私の心なのであります。
それでは私が落ち込む時を一挙に公開します。

#会社への服装はストライプ
1352982496_19
会社に着ていく、ワイシャツの柄は100%がストライプです。
加えてワイシャツの襟もとはこれまた95%がボタンダウンです。
残りの5%はタブカラーですから所謂同系統であります。
襟がヒラヒラしているのは生理的に嫌なのです。
ワイシャツでは問題が起きないのですがスーツの上下では問題がおこります。
スーツの色はほとんどが濃色のブルー系なので、まれに柄違いのチンドン屋コーデで会社に行く事があるのです。
理由は簡単です。
濃色のブルー系スーツで柄がストライプですと、その峻別が難しいのです。
為念、奥様とダブルチェックはしているのですが、お互い寝起きは強くないので、半年に一回くらいは、チグハグコーデで出社に及びます。
ほとんどは、会社ついてしばらくしてからその差分に気がつくのですが、その恥ずかしさに立っていられないくらいに落ち込みます。
で〜も、会社の人間は、私の柄違いには誰も気がついていません。
ここが面白いところであります。

#スケジュール管理は手帳
640x4807
スケジュール管理は手帳で行っています。
勿論、iPadairは常時携帯していますので、そちらにもスケジュールは記載していますが、やはりスケジュールの変更は、チョコチョコと書き換えられる手帳の方が便利なのです。
この命より大事な手帳をたまに忘れるのです。
実際のところ、手帳がないと海図を持たずに大海にのり出した船長みたいな気分になります。
会社への到着が始業時間の一時間前ですので、一時期は手帳を取りに家まで戻っていました。
しか〜し、最近、手帳を忘れた時には、その日の前後一週間のスケジュールを写真に撮ってLINEで送ってもらっています。
手帳がないのですが、無意識にスーツのポケットに手をいれて大きなため息をついています。
この辺りは自分でも女々しいと思っています。
忘れたのだから、いちいち確認する必要はないのですが、那辺がこだわりなのでしょうか。

#髭剃り励行
20131211152446
これが良く分からないのです。
元来、髭は濃い方ではないのですが、髭剃りをしないで会社に行くと不安になります。
土曜日なんかほとんど髭はそらないのですが、ちょっと見では髭は剃ったたように見えています。
このようなレベルではありますが、万が一髭を剃らないで行った会社に際には、戻れる場合は自宅に髭を剃りに戻ります。
一時期は会社のトイレで簡易カミソリを使って髭をあたっていたのですが、乱暴に剃るために顔が血だらけになったので止めています。

このように3っつの恥ずかし事例を紹介しましたが、手帳の話を除けば全体を貫いているのは「外相整えば、内相おのずから熟す」という事です。
社会において服装は、まさしく「外相」です。
私は「外相」にこだわるというのは対人関係における基礎であるという強い信念を持っています。
時、場所、場合を考えた服装というものは、究極的には「人を思いやる気持ち」の発露です。
服装を通して「人を思いやる」ことを心がける事で、「内相」も自ずから熟してくるのではと考えています。


最高のボールガール


今日は青山に出没です。
IMG_0164 (2)

IMG_0167

IMG_0182

IMG_0168

IMG_0169 (2)

IMG_0170
ここは仕事で来なければ根津美術館、岡本太郎記念館等見どころ満載ですね。
早めに打合せが終わったのでランチです。

23
今日のお店のANTONIO`Sは1944年にイタリア海軍の指揮官付コック長だったカンチェーミ・ アントニオさんが日本に本格的イタリアンを紹介してから創業70年の老舗イタリアンレストランとデリカテッセンのお店です。
今日のお店は「アントニオ」南青山店さんです。

住所:東京都港区南青山7-3-6 第22大京ビル1F
TEL:050-5868-4405
定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日の火曜が定休となります。)

IMG_0171

IMG_0172
お店の外観です。

IMG_0176

IMG_0177 (2)
店内の雰囲気です。

IMG_0174

IMG_0175
メニューです。

今日のオーダー「プレーンピッツア&珈琲」@1,600+@550=2,150円(内税)です。
前から憧れていたイタリアンレストランです。
店内の落ち着いたしつらえは私の好みです。

IMG_0178
待つこと7分でテーブルセットの到着です。
それにしましても接客が良いですね。
美味しい料理は「細部の接客に宿る」を地でいっています。
感動しました。

IMG_0179
待つこと14分で「プレーンピッツア」の到着です。
ピッツアのセンターでチーズが光り輝いているではありませんか。
これは食べる前にわかります。
美味しいでしょう。

IMG_0180
それでは実食です。
生地は外硬内柔で且つモチモチしていて美味しいです。
コルニチョーネ(ピッツアの縁)はグラマラスではありあませんが那辺は生地が美味しいから気にしません。
特筆するのはチーズです。
多分にモッツアレラでしょうか。
トロリとして密度の濃いチーズは私の心をトロケさせます。
このピッツアは美味しいです。
隠し味のガーリックソースがナイスアシストです。
全てが最高のピッツアでした。

IMG_0181
食後はネルドリップでいれた珈琲はなめらかで味がしっかりとしていて飲みごたえがあります。
溜まっていたメールをこのしっかりした珈琲を友にして完璧に処理できました。
すべてがパーフェクトでした。

それでは(^_-)

吉祥寺 トニーズピザ 4th

今日は「boundary(境界)」の話です。
小さい頃は病弱だった事もあり、親の傘の下で地味に育ちました。
それでも10歳位からですか、自我みたいなものが生まれてきました。
おぼろげながら、物事の善悪が分かり始めてきました。
その自我が目覚めた私の心の扉をノックしましたのは、親が嘘をつくという信じられない出来事でした。
嘘ともうしても、他愛もない話しです。
父の嫌がっていた人からの電話にでた母がそばにいた父に目配せで電話に「出る・出ない」を確認しましたところ、父は右手で「いないいない」とジェスチャーをしました。
それを黙視で確認した母は、あいすみません。
主人は只今仕事で外出しています。
電話が有った事は伝えておきますので、後ほど電話させますので、ごめんくださいませ、と言って丁寧に電話を終わらせたのでした。
私はこのやり取りを見ていて正直驚きました。
それはそうです。
常日頃、両親から人は嘘をついてはいけない、厳しく躾けられていたからです。
後で母にこの居留守の顛末を確認しましたら、母は私に、世の中にはついて良い嘘と悪い嘘があるのよ。
良くいうでしょう「嘘も方便」と・・・
で〜もそれは大人だけが許されるの。
子供はそのさじ加減が分らないから、嘘はついてはいけないのよ、との事でした。
私は面喰いました。
世の中には子供にはわからない境界があるのだと思ったのです。

Borderline
さら〜に、居留守以外にも子供が分らない境界がある事も分ってきました。
例えば唾です。
口の中で湧いた唾は飲みこんでいる時は清潔なのに外にペッと吐くと汚い汚物だと怒られます。
オナラもそうです。
トイレでオナラをする事は許されるのに皆の前ですると下品だと怒られます。
料理もそうです。
綺麗なお皿に盛られた時は美味しい料理だったのに、ひとたびごみ箱に入った途端、仮にそれが清潔な状態であっても、それはゴミだから食べてはいけないと怒られます。
なんだろうこの境界はと思いました。
長じて、この境界は、社会や地域や時代や常識という、その時代時代の感覚の遷移によって、その向きあい方や考え方が融通無碍に変わる事が分ってきました。
大学生の時、我々は不確実なものを抱きしめるばかりでなく、かつて存在していた不確実なものを、いまだ存在していな不確実ものを抱きしめてしまう不思議な生きものである事がわかったのです。
これにはちょっと時間が掛かり過ぎたかもしれません・・・

Believe those who are seeking the truth; doubt those who find it.
真実を探している者を信じよ、真実を見つけた者は疑え。
Andre Gide(アンドレ・ジッド)


女性の怖さが分かる動画


IMG_0066
今日は吉祥に出没です。

IMG_0067

IMG_0068 (3)
楳図先生のご自宅を久々に見に行きましたら、木立がうっそうと茂りちょっと見では楳図邸だとは分からなくなっていました。
という事で今日のお店は吉祥寺の繁盛ピザレストランです。
今日のお店は「トニーズピザ(TONY’S PIZZA)」さんです。

住所: 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-9
TEL:0422-49-1021
定休日:月曜日

IMG_0069

IMG_0071
お店の外観です。

IMG_0081

IMG_0072

IMG_0075

IMG_0077
店内の雰囲気です。

IMG_0073
メニューです。

今日のオーダー「ミックスピザ」@790円(内税)です。
IMG_0079
このお店の名前はご主人がケネディ大統領に憧れマスコミ関係の仕事でニューヨークに渡米した時に、ニューヨークのタイムズスクエアのTONY’Sで食べたピザが忘れられなかったからだそうです。
それから幾星霜、帰国してピザ屋さんを始めた時にその感激したお店の名前を付けたそうです。

IMG_0080
待つこと5分でテーブルセットの到着です。

IMG_0082
待つこと9分で「ミックスピザ」
見た目チーズがこんもりです、
このピザはオールドファッションというか重厚です。
その一端がチーズです。始めにオランダのエダムチーズ、続いてドイツのモッツレラチーズ、最後にはデンマークのマリポチーズとういう三重構造となっており、このチーズを生地から溢れんばかりに敷き詰めます。
よってお洒落なイタリアンピザと違ってワイルドで深い味が堪能できるのです。
チーズが超美味しです。
このピザを食べていますと若かりし頃の活力が甦ります。
なにか元気をもらったような気分です。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)

神田 内神田うてな 21th

今日は「ハッピーリタイアメント」の話です。
a01257a9
この間、大学の先輩たちと歓談する機会がありました。
先輩の同期がミニコンサートをやるので応援に駆り出されたのです。
指定された恵比寿の駅に着くと、皆さん集まっていまいした。
勿論、私の同期も5人ほど駆けつけていました。
私は、仲の良かった先輩と話ならが会場に向かいました。
先輩の口がいつも以上に滑らかな事が気になりました。
私は、なにか今日いい事があったのですか、と聞きますと、なんで?
と聞き返されたので、今日は、なにかご機嫌ですよ、と答えました。
すると、俺がご機嫌・・・
そうか、今日、お前らが来る前に昼飯の時に軽く飲んでいたからかな、と笑いながら答えていました。
えっ、△△先輩って、昼酒するんですか、と聞きますと、いいじゃないか。
もう働いていなんだから好きな事させろよ、と言われました。
さら〜に、暇な時間がある時は、よく昼間から飲んでいるよ、と言われました。
△△先輩は、某大手弱電メーカーの執行役員をされていて、定年後は関係子会社の常務の重責を担われていたのですが、昨年、退職されたのです。
現役中は、昼夜をいとわず働き詰めで、仕事が命といつも広言していました。
その先輩が、まさかの昼飲みをするとは想像だにもありませんでした。
昼から飲んでいて奥様に怒られないのですか、と聞きますと、妻は私には無関心だからな。
それに私も勤め人だったころは、私も妻には無関心だったので、これってお相子っていうか、婉曲的なリベンジじゃないかと思うよ。
勿論、当の本人はそのようなことはおくびにも出さないけれどね。
会社人生においては家庭を顧みなかったので自業自得だよ。
でもこれは家族を守るために働いていた副作用だとは思っているのだが、誰もそのような忖度は今さらしてはくれないしな・・・
ここで私は好奇心にかられて、先輩は毎日何をしているのですか、と聞ききますと、何もする事がない時は図書館に行って朝から読書三昧かな。
後は非常勤の顧問契約をしているところがあるのだけれど、ほとんど不定期の出勤なので誇るようなことはしていないよ。
外出する事もあるけど、ほとんどが元居た会社の先輩たちとの飲み会だな。
先輩たちも似たような境遇なので、その機会は結構あるんだ。
そういう日には昼からガチに飲んでいるよ。
ここまで話せば▲▲もわかるように、要はやる事はないんだよ、と嘆息交じりに話していました。
あのクソ真面目な先輩がアルコール依存症になっていたとは、まるで白昼夢を見たような衝撃でした。
本来ならば、これだけのキャリアを持っているのだから仕事さえ選ばなければどこででも働けたのでしょうが、何分、超高給取だったので金満家です。
従いまして、汗をかいて働く気持などはさらさらないようであります。
この事って、定年後すぐに仕事中心の生活スタイルから別の生活スタイルに変えることは難しいということの証左なのですね。
私が思うに、先輩は定年後の生活設計を全く描いていなかったのでしょう
一応は、定年後の生活として趣味、習い事、スポーツ、旅行などを思い浮かべていたいみたいですが、意外にこれってすぐに飽きてしまうみたいです。
忙中閑ありだから余暇が楽しいわけで、毎日、そればかりやっていると、例えて申しますと、釣り好きな人が漁師になるようなものであります。
個人的には、今までの自分の人生の中でやってきたことを活かして、無理なく社会に貢献できることを考えるべきだと思います。
小さなことでもよいので人のために役に立っているという気持ちを持てるかどうかが、定年後の生活に大きな意味を持つのではないかと思う今日この頃であります。


とんがった黒ぶち眼鏡とそろばん芸がトニー谷さんのトレードマークでした。



IMG_0116
今日は神田に出没です。
美味しい和食が食べたくなりました。
美味しい和食と申せばこのお店です。
今日のお店は「内神田うてな」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-11-5 カーサ内神田 1F
電話:03-5577-4844
定休日: 日曜日定休 祝日不定休

IMG_0118
お店の外観です。

IMG_0120
店内の雰囲気です。

IMG_0117
メニューです。

今日のオーダー「日替わり定食」@1,000円です。
定食の内容は、さば味噌煮・豆腐・人参、お刺身2点盛り、茄子、青菜浸し、若布、海苔若布白胡麻ご飯、漬物、味噌汁です。
IMG_0121
待つこと5分で「日替わり定食」の到着です。
見るからに美味しそうです。

それでは実食です。
IMG_0122
まずはさば味噌煮です。
さば味噌煮はほんのりした甘さの中にさばの美味さが凝縮されています。
今日のさばは柔らかさに溢れています。
骨も歯で容易に噛みきれます。
さばの脂のノリがよいのは、私の食欲を極大化します。
ここのご主人は本当に焚き物が上手ですね。
美味しいです。
付け合せの豆腐・人参も絶妙な味わいで結構です。
特に今日の豆腐は味が染みていてご機嫌な味わいです。

IMG_0123
刺身は赤身と烏賊です。
両方ともケレンみのない美味しさです。
刺身の目利きにブレはありません。

IMG_0124
茄子、青菜浸しはシュッとした味わいです。
噛みしだくと、厚の茎のシャキシャキとした歯ごたえと爽やかな辛味がたまりません。

IMG_0125
味噌汁はアゲが軽く炙られています。
いい味わいになっています。
ご主人は、絶えずこのようなデティルにまで工夫を凝らしています。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)

中華街 四五六菜館 新館

今日は「双十節」の話です。
中華民国国慶日(ちゅうかみんこくこっけいじつ)は、中華民国の建国記念日です。
別称は双十節、双十国慶、双十慶典といい、1911年10月10日(清宣統三年辛亥年)に発生した武昌起義を記念しております。
武昌起義は辛亥革命の発端となり、その2か月後には中国各地で革命運動が続発し清朝が崩壊し、アジア初の共和制国家である中華民国が成立いたしました。
国慶日は中華民国の国定祝日の一つであり、毎年政府主催の祝賀行事が行なわれており、また世界各地の華僑による祝賀活動も行なわれています。
ということで「双十節」で盛り上がる中華街に出没です。
かなりの頻度で中華街にきていますが、この「双十節」を見るのは初めてです。
画像主体ですがお付き合いください。

横濱中華學院の生徒さん達の祝賀パレードです。
可愛らしいですね。
IMG_0146

map

IMG_0127

IMG_0128

IMG_0129

IMG_0130

IMG_0133

IMG_0134

IMG_0135


獅子舞です。
IMG_0136

IMG_0137

IMG_0138

IMG_0142
横浜の開港後、中華街には中国人の中でも広東をはじめとする南方の人達が多く住んでいました。
そのため、広東省で盛んに行われていた中国南方獅子舞が舞われ、現在も中華街の伝統文化として受け継がれているのです。
日本の門付け(人家の門前に立って音曲を奏するなどの芸をし、金品をもらい受けること)に似ています。

IMG_0141
爆竹の音が超うるさいです(笑)

中国版門付の「採青」ライブ動画です。
この「採青」は中国語で「ツァイチン」と発音します。
「採青」をしてもらったお店や人には「百福臨門」といわれるほど沢山の幸せが来るといわれています。



IMG_0152

IMG_0149

IMG_0150
家族へのお土産の叉焼を「金陵」さんで求めました。
求めたのは左側の塊(200g)です。
右側ではありません。
値段は@1,120円です。
帰宅して早速に味見したのですが、中華街の頂点の叉焼は、想像を超えたふくよかな味でした。
これは美味しいです。

IMG_0143
日がだいぶ落ちてきましたので夕食です。

IMG_0153
今日のお店は「炒飯」では中華街の絶巓と評されています。
今日のお店は「四五六菜館」 新館さんです。

住所: 神奈川県横浜市中区山下町166
電話:050-5593-8125
定休日:無休

IMG_0155
お店の外観です。

IMG_0158

IMG_0159
店内の雰囲気です。

IMG_0156
メニューです。

今日のオーダー「五目炒飯」@1,026円です。

IMG_0160
待つこと6分でテーブルセットの到着です。

IMG_0161
待つこと9分で「五目炒飯」の到着です。
見た目、ご飯が生き生きしていません。

IMG_0163
気を取り直して実食です。
具材はエビ、焼豚、椎茸が入っていて小さめにカットされているので食べやすいのですがエビ以外は存在感がありません。
ご飯はオイリーですからベチャコ炒飯です。
私が好きな炒飯はまずはご飯の一粒一粒が光り輝いていて且つフワフワなものです
さら〜に、炒飯を口に入れた瞬間に、パラパラとご飯粒がレンゲからこぼれ落ち、その瞬間香ばしい香りがふわりと立ちあがるものが好みです。
私の好みの炒飯と比べると、この炒飯は服を着てプールで平泳ぎをするような風情です。
要は服を油に置き換えますと私の言いたいことがご理解できると思います。
決して不味くはありませんが、私の好みではありませでした。

IMG_2897-s-thumb
ちなみに本当のスペックはこの本館のHPの画像なのではないでしょうか・
こんな日もあります・・・

それでは(^_-)

四谷 沼津マルコ

今日は「実録本能寺の変」の話です。
玄八1
このパチリは明智光秀の首塚です。
山崎の戦いで敗れた光秀は、落武者狩に会い落命しました。
部下たちはその首を近江まで持ち帰ろうとしたのですが、間に合わず朝が開けてしまったのです。
その首を秀吉側に奪取されるのを恐れた家来たちは京都は祇園に近いこの地に埋めて隠したとのことです。
ちなみにお参りしているのは私の奥様です・・・

20140713215417
今日のフリネタは明智憲三郎さん(光秀の血筋を引く子孫)が明智家の名誉を晴らすため、自らの仕事(情報システム)のスキルを生かして、客観的なデータの中から問題点を導き出すという新機軸の歴史調査を用いて書かれた「本能寺の変・427年目の真実」という本のからの引用です。
当時の光秀は土岐一族という明智家の大元の一族が存亡の危機にさらされていたのです。
かかる中、信長は光秀に家康を本能寺に招くから、その期に乗じて暗殺するという指令を下しました。
これは信長にとって邪魔者の二人(家康と光秀)の排除計画なのですね。
即ち光秀に家康を暗殺させ、その領地今川を光秀に与えることで近江から移封し信長から遠ざけるという一挙両得なものなのです。
光秀は信長にとって有能な家臣でありながら排除したい家臣の筆頭でもあったのです。
光秀は考え抜いたあげくの起死回生の一撃は、信長から指示された暗殺プランの相手を家康から信長に変更することだつたのです。
そしてこれは最終的には家康との密約になりました。
光秀は同盟している家康でさえ殺されるのだから遠からず自分も同じ目にあうと結論付けたのです。
本能寺の警戒レベルの低さは、家康暗殺計画のため、すなわち家康を油断させる為のものだったのです。

今回この本を読み替えして光秀の動機がよくわかりました。
光秀の息子光慶(13歳)行く末を案じたことが謀反の最大の動機なのです。
その背景にあるのは、この時、光秀は67歳と高齢だったことがあります。
彼の人生の残り火は、普通の父親と比べると極めて少なかったのです
当時、信長の天下統一の野望が目の前に迫ってきていました。
このままいけば百年続く戦国が終わり平和な世になると信じていたのに、信長が唐突に中国征伐を目論んだ事に光秀の変心があったのです。
まさかこの年で異国の地で戦う事になるとは・・・
さら〜に、その延長線上にあるのは、子の代においては、もしかすると見知らぬ異国で滅亡する可能性もあり、信長の中国大陸征伐の前にこの流れを止めなければならないと熟考していたのです。
ところが今回の信長による家康暗殺に加わる事で、偶然にもその手の内がわかり、絶対に倒せない主君信長が無防備になることも分ったのです。
このチャンスを逃がしたら、もう二度とチャンスはない。
正に「時は今」と謀反を決断したのでした。
一方、今回の光秀の謀反で漁夫の利を得た秀吉ですが彼は彼で決定的な失敗を犯しています。
それは秀吉が存命中に自分の子や孫を殺した徳川家康を排除しなかったことです。
実際、徳川家康を討つ機会を逃した為に、一族の生存に対する責任を果たすことなくこの世を去っていきました。
那辺は歴史が証明しております・・・


振分親方(元高見盛)が場内アナウンスでテンパって泣きそうに→切り替えて立ち直る



IMG_0046
今日は四谷に出没です。

IMG_0037
キャチーな看板が目に入りました。
何でしょう「沼津あんかけスパッゲティ」とは?
今日のお店は「沼津マルコ」さんです。

住所: 東京都新宿区四谷1-2-31 三浜ビル B1F
電話:03-6709-8298
定休日:日曜日

IMG_0038
お店の外観です。


IMG_0042

IMG_0041
店内の雰囲気です。
気分は大学の学食です。
それにしましても広いですね・・・

IMG_0040
メニューです。

今日のオーダー「ボロニア(カレーソース・200g)」@850円です。
IMG_0043
待つこと2分で「ボロニア(カレーソース)」の到着です。
見た目、学食のスパゲッテです。

IMG_0044
お約束のチーズをかけ回して実食です。
うん、カレーソースは美味しいですが心に響きません。
それは全般的に熱々でないからかもしれません。
それよりもこんなだだっ広い空間に独りいる気まずさに閉口していました。
要は落ち着かないのです。
さら〜に、店員さんがなにかと気配りしていただいたので恐縮至極状態となり、急いで食べてお店を後にしました。
こんな日もあります。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ