下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

東京駅 イータリー

今日は「スポーツ史上まれな不祥事だ」です
c0f5a3bea07a86369c2cb6260a4ff0d8_1527081871_2
故意による傷害事件の疑いが強まった。スポーツ史上、前代未聞の不祥事である。
アメリカンフットボールの日本大学と関西学院大学の定期戦で、日大の選手がプレー中断後、無防備な関学大の選手に背後からタックルして負傷させた問題だ。
自責の念にさいなまれた日大選手が、反則行為は「相手を潰せ」という同大アメフト部の内田正人前監督とコーチの指示だったと告白した。
「相手がケガをして試合に出られなかったら得」との発言もあり、「潰せ」は負傷させる意味と受け止めたという。
選手の父が真実の公表を求めたが、監督に拒まれた経緯も明かした。
これに対し内田前監督とコーチは「ケガをさせる目的で(タックルを)指示していない」などと釈明。
「相手を潰すくらいの気持ちでプレーしてほしいとの趣旨だった」と繰り返した。
危険なタックルの責任は、意図を誤解した選手にある、と言わんばかりだ。
被害者側は警察に被害届を提出し受理された。このままでは選手が責めを負わされかねない。
選手の発言は、前監督やコーチのパワハラに近い理不尽な指導への悲痛な叫びに聞こえた。
醜悪な事態である。
日本最大規模の有力大学が、教育サービスの受け手、つまり顧客で将来ある若者に、組織防衛のため責任転嫁しているようにみえるからだ。
内田前監督が大学経営の中枢である常務理事の要職にあることと無関係であるまい。
日大は年80億円を超す私学助成を受けている。
理事の不祥事や法令違反が確認された場合、補助金が不交付、または減額される。
これを回避するため、前監督の反則行為への指示などを否定しているのだとすれば、理事会の責任は重大だ。
文部科学省は、適切な指導をする必要がある。
日大は第三者委員会で真相を究明するという。
他の選手からも詳しく事情を聞く必要がある。
これ以上、教育とスポーツをおとしめぬよう自浄作用を発揮すべきだ。
日本経済新聞社説「スポーツ史上まれな不祥事だ」より転載

d_11280782
すごい話になってきました。
嘘もつき通せば真実になるのでしょうが、事ここに至って、日大はほとんど「死に体」ですね。
この様な嘘八百で固めた作り話が通るのだという日大の危機感体制には唖然として言葉もありません。
日本経済新聞の社説によりますと、私学金補助80億円の減額を恐れて、前途ある若者をスケープゴートにしたわけです。要はお金の為に自校の学生を関西学院に売り飛ばしたようなものです。
もしかしましたら、日大は本件が致命傷になるかもしれません。
引き続き今後の動静には注視が必要です。

177402
昨年の9月29日に都内であったスポーツ庁の協議会で鈴木大地長官は、運動部は学生中心の自主的な課外活動とされ、大学の関与は限定的、と指摘しています。
こうした課題を優先的に解決し、その後に競技場整備や魅力向上といった施策に取り組むとしれていますので、鈴木長官の思料は計らずとも正鵠を射ぬいてしまったのです。
知名度の高い人気チームを抱える大学でも、大半でその指導や運営は放任されており、怒るべくして起こった不祥事なのでしょう。
個人的には、宮川選手の一日も早い正常な学生生活に戻られる事を祈っております。


いいお買い物が出来たら上機嫌。
多少のことがあってもニコニコ気分という意味ですね♪


IMG_7574

IMG_7573

IMG_7571
今日はお昼抜きで夕闇がせまる東京駅に来ています。
お腹が空きすぎて食欲がありません。
時計の針を見ますと18時半を指しています。
何か食べるかと入ったお店はイタリアンです。
今日のお店は「EATALY」 グランスタ丸の内店さんです。

住所: 東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅構内地下1階
電話:03-3217-7070
定休日:無休

IMG_7558

IMG_7560
お店の外観です。

IMG_7566

IMG_7567
店内の雰囲気です。

IMG_7563
メニューです。

今日のオーダー「スパッゲティ カルボナーラ」1,280円です。
入店してみて妙な胸騒ぎがしました。
このお店と似た店にかつて入った事を思い出しました。
どこだっただろうと灰色の脳細胞をフルスロットルで動かしましたら、記憶の底からある記憶が浮かんできました。
その記憶とは、このお店は三井物産プロデュースの日本におけるEATALY商標の独占的使用権に基づくイタリア食材の小売・外食・卸売事業だったのです。
要は叩きあ上げの職人がイタリアンを作るお店ではなかったのです。
前回、日本橋店で嫌な思い出があったので再現しない事を祈っていました。

IMG_7565
待つこと2分でテーブルセットが用意されました。

IMG_7568
待つこと23分で「スパッゲティ カルボナーラ」が到着しました。
見た目、量が少ないですね。

気を取り直して実食です。
IMG_7569
パスタは芯が残っているアルデンテです。
場所によってはコリコリとパスタの固さが感じられます。
ローマ風な濃厚な卵黄ソースは麺にからまずスープ状態ですから、気分はつけ蕎麦ならぬつけパスタです。
期待したグアンチャーレ(スイタリア産塩漬けされた豚のほほ肉の生サラミ)の塩気は良いのですが食べた気にならいほどの微量です。
前回同様、ただただ「コスパ悪し」でした。
こんな日もあります。

それでは(^_-)

浅草 末っ子 4th

今日は「三社祭宵宮」です
IMG_7435

IMG_7440

IMG_7441

IMG_7442

IMG_7443

IMG_7444

IMG_7445
三社祭りの宵宮(祭の前夜に行われる前夜祭)の浅草に出没しました。
いつも思うのですが宵宮になると街全体が祭りを待ちかねたように浮ついているのはいいものです。
早く明日にならないか、まるで七夕の彦星と織姫の逢瀬の前の日にもさも似たりであります。
街中を逍遥(気ままにあちこちを歩き回ること)していましたら、浅草の気になる点が三つほどありました。
一つは8983を見かけなくなった事です。
二つは外国人の急増です。
三つは新しいお店が増えている事です。
とくに新しいお店が増えているのは不易流行(いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものをも取り入れていくこと)の表れであります。

IMG_7439

2664
例えばこの「浅草きんぎょ」さんは突然に表れて繁盛店になりました。

asakusa

amezaiku1

amezaiku2

amezaiku3
さら〜に、飴細工「あめしん」さんも知らない間に同様に繁盛店になりました。

14969213479701-675x450
一番驚くのは「ホッピー通り」です。
昔はこの通りはコリアンタウンで地元の人間でも武闘に自信がある若者か、安い酒を飲みたいだけの人生を捨てた人たちが来ていました。
コリアンタウンの証左は今でもこの通りにはチマチョゴリ(朝鮮の女性の伝統的な衣装)のお店があります。
私のような準地元の人間でも、この通りにきて、カツアゲ(恐喝)に遭わなかったらその幸運に感謝しなければなりません。私の同級生も腕試しにこの通りに他流試合に来ていました。

imgc005ac0fzik9zj
当然のことながら、彼らは勝てそうな面子にいちゃもんを付けてストリートファイトに持ち込むのですが、いちゃもんをつけている間に相手がマトリックスのワンシーンのように増幅してくるので、最後は小突かれながら、カツアゲされて、ハイ、それまでよ、です。
今でも、この通りにポツネンと立っていると、浅草の安寧を噛みしめています。

IMG_7454

IMG_7462
宵宮の町内渡行もみたので夕食です。
浅草でこの場所にいたらこのお店しかありません。
今日のお店は「末っ子」さんです。

住所: 東京都台東区浅草5-17-8
電話:03-3875-2274
定休日:月曜日

IMG_7446

IMG_7447
お店の外観です。

IMG_7449
店内の雰囲気です。

IMG_7448
メニューです。

今日のオーダー「ガツニンニク&キンシャリスープ付」@900+@250=1,150円です。
とうとうお店のご主人は80歳の大台にとうとう突入しました。

IMG_7450
待つこと4分でキンシャリ、スープの到着です。

IMG_7453
待つこと15分でガツニンニクの到着です。
食欲をかき立てる香ばしいニンニクの香りが立ち昇ります。

IMG_7452
それでは実食です。
艶めかしいガツの姿態を口にいれて噛みしだきますと口内に驚きの世界が出現します。
それに呼応してガツのクニャクニャした部位が舌にからんできます。
とどめはニンニクのエキスをたっぷりと吸った醤油ソースです。
美味しい。掛け値なしに美味しい。
このガツ炒めは何回食べても美味しいのです。
ご主人・・・
90歳まで頑張ってください。
お願いします

それでは(^_-)

御茶ノ水 ナポレターノ

今日は「時代はMARCHから早慶明」です
meiji
明治は18年度から4年間の「第2期中期計画」をスタートさせた。その柱の一つが、11年に定めた長期ビジョンとも深く関連する国際化だ。
具体的には、受け入れる留学生を現状の約2000人から3700人に引き上げると同時に、海外に留学生として送りだす学生を1800人から3250人に増やす。
「大学にしては珍しく数値目標を立てました」と柳谷氏は笑う。
さらには、英教育誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」の世界の大学ランキングで、アジアの大学トップ100入りを目指す。現在、日本の私立大では早大も慶応大学もトップ100には入っていない。
もし明治がランクインすれば、世界的には両校を上回る評価ということになる。
明治の関係者が密かに期待する。
早・慶・上智大学に次ぐ首都圏の私立大学グループ「MARCH」からの卒業と「早慶明ビッグスリー体制」が見えてくるかもしれない。
大きな課題は、今後ますます厳しくなる大学の経営環境だ。
少子化に加え、政府は18年度から、人口の東京一極集中への歯止めの一環として、東京23区の私立大学の定員増や学部の新設を凍結した。
一方で私立大が一部の学部を他大学に譲渡できるようにする法制度の導入を検討するなど、規制緩和も同時に進みそうだ。
柳谷氏は「大学の再編、淘汰が進む中、経営上の選択肢は多いに越したことはない。
文科省が検討している学部限定のM&A(合併・買収)が可能になれば、もちろん重要な選択肢の一つとしてとらえていきたい」と自信をのぞかせる。
野村時代に投資銀行業務の責任者として数々のM&Aを手掛けてきた同氏にとっては、ホームグラウンドでの試合といえるかもしれない。
明治大学の運営は、学校法人明治大学の理事長である柳谷氏と、明治大学の学長である土屋恵一郎氏による「二長制」を敷いている。
土屋氏は教育・研究、柳谷氏は経営という役割分担だ。
これに対し、一人が経営、教育・研究の両方を見る一長制は、意思決定は早いがチェック機能が働かずに間違った方向に進むリスクも高いと柳谷氏は指摘する。
第2期中期計画の最終年にあたる21年に創立140周年を迎える明治。
その時にどれだけブランド力が高まっているかは、柳谷氏が「非常に改革熱心でアイデアが豊富」と信頼を寄せる土屋学長との「二長」の手腕にかかっている。
「明大、脱バンカラで早慶超え 元証券マン理事長の改革」より転載

明大学がMARCHから抜けだいして早慶明というグループを創るという構想を練っていて、その構想が現実味を帯びてきたみたいです。
確かに我が社でも明治大学卒の人間はバンカラ系の人間は少なくなってきて、コジャレタ人間が多くなってきています。彼らに共通しているのは明治大学の校歌を歌えません。
なんでやねん!
私は中学・高校から剣道をやっていて、学業不振の際は、道場の先生の推薦で明治大学剣道部への入学が約束されていました。従いまして、私の高校時代の剣道の先輩は圧倒的に明治大学の方が多かったのです。
それ故に「茶話会」と称する酒だけを飲む宴会には明治大学の高歌放吟は必定だったのです。
よその大学ではありますが、良い校歌です。

maxresdefault
昨年の明治大学の第九十六代応援団長は日比谷高校卒の新宅杏子さんです。
以下に彼女の応援と挨拶の動画がありますので後でご覧ください。
礼節にのっとって、わかり易いものです。
当初は男性化した応援団長を演じるのかなと思っていましたが、女性らしさを前面にだしながら且つ明治の應援團のDNAは引継ぎながらメリハリのあるものでした。
新しい應援團の一つの形を表したものではないでしょうか。
それに反してエールをきっている同期の男子の応援の姿はどこから見ても漢明治(おとこめいじ)であります。
このような爽快な応援は見たことがありません。
感動しました。
頑張れ、明治であります。


明治最高の応援!



IMG_7233
ということで明治大学の前にやって参りました。
今日のお店は、吉野家さん傘下の「一口茶屋」さんが展開するファーストフードタイプのワンコインピザ屋さんです。
今日のお店は「ピッツァ ナポレターノ カフェ」 御茶ノ水店さんです。

住所: 東京都千代田区神田小川町3-20-4 第2龍名館ビルディング 1F
電話:03-6273-7828
定休日: 無休

IMG_7237
お店の外観です。

IMG_7238

IMG_7239

IMG_7240
店内の雰囲気です。

IMG_7234
メニューです。

今日のオーダー「ゴルゴンゾーラ」@756円です。
吉野家さんの系列なので全てがセルフサービスです。
待つこと4分で「ゴルゴンゾーラ」の到着です。
IMG_7241
見た目、牛丼風ではありません。
当たりまえか(笑)

IMG_7242
それでは実食です。

IMG_7243
蜂蜜をかけ回していただきます。
うん、釜で焼いているのでふっくらとしています。
モチモチ感もかなりあります
ゴルゴンゾーラも表面の4割くらい締めていて満足です。
ちょっとコシがありませんが@756円のコスパを考えたら満足です。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)

石神井公園 イルポンテ 4th

今日は「秀樹レクエイム」です
DdXrFawV0AAiuIR
西城秀樹さんが27日放送のフジテレビ系人気アニメ「ちびまる子ちゃん」(日曜・後6時)に“登場”することが17日、分かった。原作者・さくらももこさんが西城さんのファンで、原作やアニメに度々登場、エンディング曲「走れ正直者」も担当するなど関係が深かった。
27日放送のタイトルは「まる子、早めに衣替えをしたい」。
主人公・まる子の姉が西城さんの熱狂的なファンという設定。
まる子が駄菓子屋で「ヒデキの缶バッジ」を当てたり、姉が「ヒデキのドラマ」を見るために家路を急ぐシーンが出てくる。関係者によると放送は以前から決まっていたという。
さくらさんはこの日、ブログで「私達の世代にとって秀樹さんは本当にスターでした。心から御冥福を御祈りします」としのんだ。
「西城秀樹さん27日『ちびまる子ちゃん』登場」より転載

西城さんの訃報に接した日は大きな衝撃を受け落ち込んでいました。
御三家の中では、秀樹さんが好きでした。
カラオケでもよく「ギャランドゥ」を歌っていましたので、秀樹さんは私の分身のようなものです。
人間はいつか死ぬものとは分ってはいるもののやはり早すぎます。
衷心よりご冥福をお祈りいたします。
合掌・・・

まる子の姉が西城さんの熱狂的なファンという事でかつて「ちびまる子ちゃん」に秀樹さんがアニメで出演されて自ら吹き替えまでやっていた番組を偶然にも観ていました。
まる子ちゃんが秀樹さんに会った時に、すごく驚いていましたが、まずは有りえない話でしょう。
幼い時は、リアルとバーチャルが分りません。
81KKoltg+YL__SL1500_
私も似たような経験があります。
近所に子役がいてナショナルキッドという少年ドラマに出ていました。
たしか「リンゴ少年」という役名で出ていたのですが、その役では小学校3年生=9歳という設定だったのですが、実際に会ってみたら18歳の高校生でした。
これにはすごく驚いたものです。
その当時の私は、TVは真実を映す箱だと思っていましたから9歳の役を倍の年齢18歳の人がやることが信じられなかったのです。
TVが子供をだましていいものか!とかなり怒っていました。
その一方で外国のドラマの日本語の吹き替えは理解していました。
歌を歌う時よく英語になっていたのでこの辺りが吹き替えの限界だなとうそぶいていたのです。
あの日に帰りた〜い!
無理ですね(笑)


西城秀樹ギャランドゥ




IMG_7422 (2)
今日は石神井公園に出没です。
ここのご主人も秀樹さん同様に脳梗塞で倒れられたのですが必至のリハビリのたまもので現場に復帰されたのです。今日は秀樹さんのオマージュでもないのですがこのお店にきてご主人の和みの笑顔に触れたかったのです。
今日のお店は「イルポンテ」さんです。

住所:: 東京都練馬区石神井町6-32-38
電話番号:03-3904-4494
定休日:金曜日

IMG_7423
お店の外観です。

IMG_7427
店内の雰囲気です。

IMG_7424

IMG_7425
メニューです。

きょうのオーダー「ミックスピッツア&アーリオ・オーリオペペロンチーノ」@1,050+@1,000=2,050円です。
きょうのオーダーはtoo muchですが理由があります。
その理由とは、偶然にも次男と石神井公園駅であったので、彼がjoinしたからであります。
このお店の名前はご主人の名前が「高橋」さんなので、それにちなんで「イルポンテ(橋)」となったそうです。

待つこと12分でオーダーした料理が到着しました。
IMG_7428
まずは、アーリオ・オーリオペペロンチーノです。
この料理はとても熱いのでご注意ください。
私それを知っているのに三回は舌を火傷しました。
味はこれが本当のアーリオ(ニンニク)・オーリオ(オリーブオイル)のペペロンチーノだと思います。
ニンニク、オリーブオイル、塩の単純コラボですが、単純なのですが味わいがあります。
私はこの熱々ペペロンチーノが大好きです。
これを食べる度に必ず体中にエナジーが行きわたっていくように思えます。

IMG_7430
続いてミックスピッツアです。
このお店のベースは外硬内柔で尚且つほんのり甘いのです。
熱々の風味あるチーズはコクがあり一瞬でノックアウトされます。
美味しいです。
次男も言っていましたが、ここの料理は硬派の漢(おとこ)の料理です。
ヤワヤワのイタリアンに飽きた人は、是非、一度お試しください。
加えて、ご主人の癒しの笑顔はおみやげとして持ち帰ってください。

それでは(^_-)

神田 内神田うてな 18th

今日は「両国ぶらり旅」です
IMG_7281
大学の先輩たちと両国を逍遥してきました。
画像主体ですが宜しかったらお付き合いください。

#土俵祭り
IMG_7277

dohyo_image03

IMG_7290

IMG_7292

IMG_7293

IMG_7294
土俵祭とは立行司が祭主となり、祝詞を奉上し、供物を捧げて場所中の安全と興行の成功、さらには国家の安泰、五穀豊穣を祈念するものです。
土俵の中央に穴を開け、塩、昆布、するめ、勝栗、洗米、かやの実などの縁起物が沈められます。
理事長、審判部の親方衆、三役以上の力士、全行司、溜会幹部らが出席して行われます。

#優勝額贈呈式
IMG_7296

IMG_7300

IMG_7305

IMG_7312

IMG_7320

IMG_7322

IMG_7334

IMG_7340
ナマ鶴竜さんとナマ栃ノ心さんを始めてみましたが、黄色い声は圧倒的に栃ノ心さんが多かったですね。
鶴竜さんは完璧に引き立て役でした。

#回向院
IMG_7344

IMG_7347

IMG_7348
下町っ子ではありますが回向院に入った事がありません。ここには時代劇で義賊として活躍するねずみ小僧の墓があります。江戸の街を探せた義賊 ねずみ小僧は、大名屋敷のみをターゲットに盗みに入っていましたが、警備が厳重な大名屋敷に90回以上も盗みに入っても捕まりませんでした。
そのことから、「どんな難関でもスルッとすり抜ける」ということが転じて「どんな難しいテストでもすり抜ける=合格する」という意味で、御利益があると言われています。
またずっと捕まらなかった運の良さや、ねずみ小僧がギャンブル好きだったことから、金運やギャンブル運にもご利益があると言われています。
長年捕まらなかった運にあやかろうと、墓石を削りお守りに持つ風習が当時より盛んで、現在も特に合格祈願に来る受験生方があとをたちません。

#吉良邸跡地
6ffe52dc77aefed1f05a5eeb93663800

IMG_7354

IMG_7355

IMG_7356
この地に来るたびに思うのですが、吉良邸討ち入りというのは、単なる民間テロです。
朝の4時頃、47人のフルリーアームド(完全武装)した兵士が乗り込んできて、死者17人、負傷者24人という大殺戮が行われたのです。
寝混みのところを襲撃したのでここまでわずか二時間程でミッションコンプリートしています。
吉良側の死者は15人、負傷者は23人であったそうですが、被害者の全てが警護の武士ではなかったはずです。
中には民間人の下働きの方もいたはずです。
客観的に俯瞰しますと近隣の迷惑等考えますと何ともひどい惨劇であります。
kirayasikizumen1
それにしましても2,500坪の広大な敷地の中からよくも吉良上野介を探しおおせたものであります。
指揮官である大石内蔵助の統率力がなしえた帰結でしょう。

#八角部屋
20130127022519d79[1]

IMG_7367

IMG_7365

IMG_7366

IMG_7368
八角親方ともうせば名作「のたり松太郎」の田中君のモデルであります。
田中君のころは保志でしたが、この漫画が後押して、その後横綱北勝海となり、現在は八角親方とあいなったわけであります。
田中君は気が弱いのに、お酒を飲みますと酒癖が悪くて大暴れします。
そうしますと強気の松太郎が田中君の手下になりさがります。
その田中君は、酔いが覚めるといつも自分のした事に愕然するのです。
このジキルとハイドみたいな落差がたまらずこの漫画のとりこになっていたのです。


IMG_7222
今日は神田に出没です。
美味しい和食が食べたくなりました。
今日のお店は「内神田うてな」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-11-5 カーサ内神田 1F
電話:03-5577-4844
定休日: 日曜日定休 祝日不定休

IMG_7224

IMG_7225
お店の外観です。

IMG_7232
店内の雰囲気です。

IMG_7226
メニューです。

今日のオーダー「日替わり定食」@1,000円です。
定食の内容は、かつお刺身・香味野菜・生生姜醤油、煮しめ・高野豆腐、肉つみれ、人参、椎茸、豆乳と湯葉の茶わん蒸しきのこあん掛け、海苔なめ茸ご飯、漬物、味噌汁です。

IMG_7227
待つこと6分で「日替わり定食」の到着です。
見た目、THE和食です。

それでは実食です。
IMG_7228
まずは「かつお刺身・香味野菜・生生姜醤油」です。
かつおが色鮮やかです。
美味しいです。
かつおは、胡麻辛子醤油も楽しめますが、王道は生生姜醤油ではないかと思います。
日本人に生まれて良かったなと思う瞬間です。

IMG_7229
それに合わせたのが「海苔なめ茸ご飯」です。
海苔となめ茸の相性は最高です。
山海の美味です、
これも美味しいです。

IMG_7231
「豆乳と湯葉の茶わん蒸しきのこあん掛け」です。
ここのご主人は蒸しものの天才です。
食べているだけで幸せの雰囲気に包まれます。
これも美味しいです。

IMG_7230
「煮しめ・高野豆腐、肉つみれ、人参、椎茸」は鐵板の味わいです。
今日は高野豆腐にノックアウトされました。
これだけでも充分です。
今日の定食は完成度が高かったですね・・・

それでは(^_-)

吉祥寺 ナポリ

今日は「人間万事塞翁が馬?」です
DSC_04591
私の取引先の中堅社員が一年前に唐突に会社を辞めました。
彼の御年は40歳です。
結婚していて小学校に通うお嬢さんが2人います。
このような責任ある立場にいる人間がなぜに会社を辞めたかなのですが、意外にもたいした理由ではないのです。
当時の上司から、今のままだと管理職にはできない、と言われて、将来を悲観したのです。
多分に、上司は発奮して欲しいという思いで言ったのでしょうが、努力もせずにあきらめという居心地のよい逃げ場に入りこんだのです。
このような人に良い人は多いのです。
人に優しい分、自分にも優しいのです。
彼の描いた絵図は、彼の奥様の実家の喫茶店を継ぐことでした。
奥様の実家の喫茶店は、ご両親と長兄の3人で切り回しており、両親の高齢化に伴いその事業の継続が難しく且つ長兄は独身なので、奥様の談によると抵抗勢力はないとの事でしたのでその後釜に滑りこもうとしたのです。
特にご両親が創意と工夫を重ねて作り上げたオムライスは評判で、グルメ情報誌にもたまに掲載される程の繁盛店なのであります。
この絵図のおかしいところは、この事業の継承は彼の奥様と彼の忖度のみで構成されており、事業の継承を任せたいという確約はキチンと取れていません。
私は彼には、きちんと事業の継承を取り付けてから辞めたらどうなのだ、と何度も言ったのですが、彼は、それは義兄へのお願いになるので、あくまでも向こうからの声掛けをまつだけです。
その日の為にバリスタの学校に行って喫茶店実務をマスターします、との事でした。
彼の人生なので、私はこれ以上何も言わずに、彼の送別会を行って別れました。

それから約1年間、彼の動静が分りました
バリスタの学校に行って喫茶店の勉強をしていましたが自明の理なのですが生活が困窮してきたのです。
加えて当てにしていた実家からはお呼びがかからず、結局、家計(たつき)が破綻し始めたのです。
奥様も高額なパートに移られたのですが、焼け石に水でした。
家庭内でのいさかいも日が経つにつれて増え始めました。
彼の取った結論は、喫茶店経営を諦めて、元いた業界への復職でした。
当然のことながら、以前は一部上場企業の管理職一歩手前でしたので、それなりの給料をもらっていましたが、今度の会社は零細企業で且つ雑巾がけからのスタートです。
当然のことながら給料は300万円台でしょう。
おまけに前の会社では社宅でしたので家賃負担も少なかったのでしょうが、退職したためにその補填もなくなったのでその出費も大きいことでしょう。
どうなのでしょうか、人間万事塞翁が馬といいますので、ここで軽々な結論は出せないものの、彼の取った喫茶店経営はあまり正しくない選択だと思います。
ましてこれから中学・高校・大学という二人のお嬢さまの教育投資が必要です。
奥様にとりましては、今回のおふたりの共同謀議はざらついた不快さのみが残ったことであり、ましてやご主人の取られた鬱憤からの情動は噴飯物の話では済まない事だと臆断する処であります。


マルコメ 料亭の味 無添加 母になれば篇 90秒



IMG_7071

IMG_7072

IMG_7073

IMG_7077
今日は吉祥寺に奥様と出没です。
少し街ブラをしましたのでご紹介します。

という事でランチです。
今日のお店は「ピッツェリア バール ナポリ」吉祥寺本店さんです。

住所: 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-16-12 三次ビル1F・2F・3F
電話番号:050-5594-6878
定休日: 無休

IMG_7080
お店の外観です。

IMG_7100

IMG_7082

IMG_7095
店内の雰囲気です。

IMG_7081
メニューです。

今日のオーダーはシェエしていただきます。
注文したものは以下の通りです。
クァトロフォルマッジ@1,058円
生ハムとルッコラのペペロンチーノ@1,058円
KINBOコーヒー@324円
ジンジャーエール@324円

待つこと12分ですべてが出そろいました。
このお店は「南イタリアのリゾート」をイメージして、白・青・黄色を基調とした落ち着いた雰囲気でコーディネートされています。
なかなかサレオツのお店です。
それでは実食です。
IMG_7088
まずはクァトロフォルマッジから頂きます。
ここのピッツァ、本場イタリアはナポリの老舗製粉会社から仕入れ「本物」の小麦粉から作られる「本場」の味です。
細部では、塩もイタリアにこだわりシチリアの海塩を使用しています。
ミネラルと旨味がつまった塩が生地の風味を豊かにしています。
確かに美味しいです。

IMG_7089
さら〜に、美味しくする為にメープルシロップをかけ回していただきます。
味がマイルドになりました。
生地がおいしいのでしょう。
これで@1,058円では「コスパ良し」といえるでしょう。

IMG_7091
つづいて生ハムとルッコラのペペロンチーノです。
パスタは生パスタ用にブレンドした小麦で、日本ではまだ数台しかないイタリア製の製麺機を輸入使用し「もちもち食感」を表しています。
しか〜し、味はそれほど美味しくありません。
量が少ないです。
加えて味がパスタの「もちもち食感」に負けています。

IMG_7092

IMG_7090
ビバレッジ二点は普通の飲み物です。
で〜も、接客、店のしつらえ、コスパも良いので、吉祥寺で白眉のお店ではないでしょうか。

IMG_7099

IMG_7104

IMG_7105

IMG_7106

IMG_7111
食事の後は、また吉祥寺の街をブラリしました。

IMG_7103

IMG_7101
スタバで試供品をいただき、奥様と二人で人並みの流れに目を投じながらまったりとしていました。

IMG_7108

IMG_7136

IMG_7135
最後は白蓮ママに「肉の佐藤」のコロッケを、白蓮には服を買って、白蓮の顔を見に行きました・・・

それでは(^_-)

目黒 にしむら

今日は「目黒は秋刀魚に限らない!」です

東京都目黒区には行楽地として人気を博したこの地に西郷吉之助にゆかりのある、目黒不動尊 瀧泉寺(りゅうせんじ)があります。江戸時代には徳川将軍家から庇護(ひご)を受け、その伽藍(がらん)は「目黒御殿」と称されるほど、華麗を極めました。
目黒は、日帰りで行き来できる距離であったことから多くの人が訪れ、門前は立ち並ぶ店でにぎわいを見せたといいます。嘉永七年(安政元年)当時まだ6歳だった島津斉彬の嫡男「虎寿丸」が突然死去。
また、その直後には島津斉彬も大病を患います。
西郷隆盛は島津斉彬の回復をこの目黒不動尊で祈願したそうです。
その後、島津斉彬の体調は回復。
以降、西郷隆盛は目黒不動尊を信仰し、明治になってからも度々訪れたそうです。
ロコナビ「西郷隆盛ゆかりの東京『よりみち8選』」より転載

IMG_0514
流行に敏感な我が夫婦は目黒不動尊に行って参りました。
まずは西郷(せご)どんの足どりをトレースしてみましょう。
当時、西郷どんが居た薩摩藩上屋敷跡(現NEC本社ビル)から目黒不動尊まで4.7kmです。
歩いたら56分、走ったら25分ですか、まぁそんなに苦にならない距離でしょう。
行きは登りできついかもしれませんが、帰りは下りです。
まさに「行きはよいよい帰りはこわい」の真逆になります。

IMG_7145

IMG_7149
目黒不動尊の参道を真っすぐ上がって右折しますとこの山門が目に飛び込んできます。
想像以上の威容です。

IMG_7168

IMG_7172

IMG_7173

IMG_7175

ans-458729904
山門をくぐりますと、西郷どんが水ごりした独鈷の滝がありましたが、ちょっとサイズ的に無理があります。
大河ドラマでは鹿児島の奥地にある滝で水ごりのシーンは撮影されたようです。

IMG_7174
私たち夫婦は西郷どんのように水ごりまでして祈願する悩みはないので、滝の傍らにある身代わりで滝に打たれてくださる「水かけ不動」に水をかけることで省略しました。

IMG_7176

IMG_7177

IMG_7178

IMG_7180

IMG_7183

IMG_7182
男坂の急な階段を昇りますと、目黒不動尊の寺院が目に飛び込んできました。
これが目黒不動尊ですか・・・
確かに霊験あらたか的迫力はあります。

IMG_7181
境内の脇にある「ラビリンスウォーク」は「歩く瞑想」です。
個人的には「瞑想」より「目眩」ですね。
気分は目が回る蜻蛉(とんぼ)であります。

IMG_7188

IMG_7185

IMG_7186
大本堂裏手の林の中に「大日如来像」が、屋根付きで鎮座しています。
まず4メートル弱の高さに驚かされました。
さら〜に、座高282僂量4割を占める頭部の高さにも驚かされたのですが、これは大仏仏像の共通の特徴でもありますので驚いてはいけないみたいです。
そもそも大日如来は、不動明王の本地仏(ほんじぶつ)であり、しっかりとお参りしておきました。

IMG_7189

IMG_7190

IMG_7192

IMG_7191
折角ですのでお寺の裏側にあるさつまいもの栽培を広めた食料の恩人である青木昆陽先生のお墓もお参りしてきました。

IMG_7193

IMG_7194

IMG_7195

IMG_7196

IMG_7197

IMG_7198

IMG_7199

IMG_7201

IMG_7204
来た道を戻りますと美しい庭園も堪能できました。

という事でランチです。
今日は目黒不動尊参道には美味しい鰻屋さんがあるとの事でその暖簾をくぐりました。
今日のお店は「にしむら」目黒店さんです。

住所: 東京都目黒区下目黒3-13-10
電話番号:03-3713-6548
定休日: 水曜日

IMG_7147

IMG_7151
お店の外観です。

IMG_7153

IMG_7155
店内の雰囲気です。

IMG_7219
メニューです。

今日のオーダー「うな重定食(中)&肝焼き」@3200×2+@500=6,900円です。
IMG_7148
実はこのお店は行列必至なので10時40分から並んだのです。
それでも10番目でした(笑)

IMG_7166
さら〜にこのお店のテーブル席は飛び地というか離れたところに店舗があります。
そこまで店員さんが運んでくれるのです。

IMG_7154
待つこと1分テーブルセットが用意されました。

IMG_7157
待つこと4分お茶が用意されました。

待つこと12分で「肝焼き」が到着しました。
IMG_7158

IMG_7159
勿論、七味をかけていただきます。
見た目美味しそうです。
奥様は「肝焼き」は嫌いなので私のみがいただきました。
これはコリコリしていて美味しいです。
テリも私の好みです。
強いて瑕瑾を申せば少し冷めていました。
本当に残念であります。

IMG_7160
待つこと14分で香の物がきました。
お新香は自家製なのでしょうか。何種類か盛り合わせです。
かば焼きの香の物は奈良漬が必定ですがありませんでした。
奈良漬も入っていたらよかったのにと思った次第です。

IMG_7161
待つこと16分で差し替えのお茶が来ました。
いよいよ「うな重定食」の到着みたいですね。
期待が高まります。

IMG_7162
待つこと21分で「うな重定食」の到着です。
これは食べなくても分ります。
美味しい面相をしています。

IMG_7163

IMG_7164
山椒を多めにかけ回していただきます。
それでは実食です。
皮はパリっと香ばしく焼きあがっています。
内側はふんわりと焼き上がっています。
所謂、ふわふわトロトロであります。
タレは甘辛に過不足がなく所謂江戸前の味わいです。
副菜の香の物も出すぎない味付けで結構でした。
肝吸いも遜色ないものでこれまた結構でした。
奥様からも今まで食べた鰻の中ではこの鰻が最高でしたと大絶賛です。
私も異論はありません。
GWですから少しくらい贅沢をしませんと・・・

IMG_7205
お店をでましたら行列はさら〜に長く伸びていました。
空腹は最大の調味料ですから行列の皆々さん美味しくいただいてください。

それでは(^_-)

新橋 カフェテラス ポンヌフ リターンズ

今日は「GWは銀座DE」です
IMG_6998

IMG_6999
GWの初日は所用が有って銀座に出没です。
所用は思いのほか早く終わりましたので銀座を逍遥(気ままにあちこちを歩き回ること)しました。

IMG_7024

IMG_7020

IMG_7019

IMG_7022

IMG_7021

IMG_7023
まず向かった先は切腹最中を求めて「新生堂」さんです。
これは和菓子の好きな白蓮ママへのお土産です。
この最中は私たちの業界ではなくてはならい必須というか必定な和菓子です。
ややこしいクレームにはこの和菓子を持って行って「本来ならば腹かっさばいてお詫びする処ではありますが、此度(こたび)はこの最中に腹を切らせましたので、これに免じてお許しくださいませ」と謝ると、クレームの相手が毒気を抜かれて一件落着となる優れモノなのであります。
味は甘さ控え目でとても美味しいのでござるのであ〜る。

IMG_7026

IMG_7027

IMG_7030

IMG_7031

IMG_7034

IMG_7035

IMG_7036

IMG_7038

IMG_7039

IMG_7041

IMG_7042

IMG_7043

IMG_7044

IMG_7045
その後、日比谷はグランドオープンしたばかりのミッドタウン日比谷に出向きました。
想定していたより人は少なくて拍子抜けしました。
ここは東宝が「ここから始まる映画の新世紀」と高らかに宣言している通り、東宝グループ創業の地において日比谷の映画・演劇の歴史を継承しながら、東京宝塚劇場、シアタークリエといった演劇の劇場と一体になり、日本が世界に誇れる映画・演劇の街「HIBIYA・ブロードウェイ」を目指しているみたいです。

IMG_7046

IMG_7047
日比谷シャンテ前の広場が、「日比谷ゴジラスクエア」として一新していました。
ゴジラも以前よりだいぶ巨大になっています。

IMG_7048

IMG_7049

IMG_7050
美食の街・香港で人気の点心レストラン添好運(Tim Ho Wan・ティム・ホー・ワン)」が「世界一安いミシュランレストラン」として、日比谷のショッピングセンター「日比谷シャンテ」にオープンしました。
この日の入店時間は90分だそうです。
当然のことながら並びませんでした。
「添好運」 代表メニュー を紹介しておきます。
d18232-315-123837-5
ベイクド チャーシューバオ (写真左)
生地で叉焼(チャーシュー)餡を包んだ「添好運」を代表するメニュー。
表面をオーブンで焼くことで生まれるメロンパンのようなサクッとした食感が特徴です。
海老と黄ニラのチョンファン(写真中央左)
飲茶の本場香港で大人気メニューの 「腸粉(チョンファン)」
薄く延ばした米粉生地で海老や黄ニラを巻いた、ツルンとした食感が味わえる一品です。
大根餅(写真中央右)
大根の美味しさを最大限に引き出し、やわらかく、もっちり食感に仕上げた大根餅です。
干し海老の風味がアクセント。表面を香ばしくパリっと焼いてお楽しみいただきます。
マーライコウ(写真右)
オールドスタイルのレシピで仕上げた、フワフワのたまご蒸しケーキです。

IMG_7057
その後は白蓮のおうちに先ほど買った「切腹最中」を持って訪問しました。
チャーリーと遊ぶ白蓮を見て嫌われない時間内で退散しました。


IMG_7002
という事で今日のランチです。
今日はロメスパの頂点、新橋の 「カフェテラスポンヌフ」です。
このお店の名前「ポンヌフ」とは、フランス語で「新しい橋=新橋」ということらしいですよ。

住所: 東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館1F
電話番号:03-3572-5346
定休日:日曜日 

IMG_7018

IMG_7005
お店の外観です。

IMG_7004
相も変わらぬ大行列であります。

IMG_7013

IMG_7008

IMG_7009

IMG_7012

IMG_7015
店内の雰囲気です。

IMG_7010
メニューです。

今日のオーダー「スパッゲティ・ナポリタン」@600円です。
IMG_7014
待つこと0分でテーブルセットが用意されました。

弊ブログで確認しましたら4年ぶりの再訪です。
IMG_7016
待つこと5分で「イタリアン」の到着です。
具はマッシュルーム、玉ねぎとベーコンです。
見た目シンプルなロメスパ(焼きスパ)です。
これ以上これ以下でもないでしょう。

IMG_7017
表面に大量のパルメザンチーズをかけ回していただきます。
炒めスタンダードなナポリタンは油断しなければシャツに飛ばない系です。
久しぶりに頂きましたらあまり感動はありませんでした。
ちょっとケチャップソースがくどいですねあんど量が多いですね。
もしかしましたら体調がよくないのかそれとも期待が過剰だったのかはわかりませんがこんな日もあります。

それでは(^_-)

内神田 桃山

今日は「笑いが絶えない家族が最高!」です
最近、受験生を持つ中堅社員と話していますと、子供が受験なのでお金がかかって大変だ、とこぼしています。
私も長男が大学受験の時に似たような思い出があります。
奥様が長男可愛さから身の丈の倍くらいの教育投資をしたものですからかなり生活はひっ迫しましたが、それでもなんとかつつがなく暮らしていました。
子供が生まれた時から、今の世の中では大学へいくのは必定なので、その為の蓄えはある程度していましたが、やはり過ぎたるは及ばざるが如し、なのでありましょう。

大学の同級生の中には会社の役員も多く、それに比例してかなりの高所得者がいます。
それ故、彼らは外的なふるまいもプレステジアウス(一流)な暮らしを強いらせられるようで、イクスペンディチャー(支出)もそれの見合いで多く、差し引きしますとカツカツで暮らしているようです。
意外に大変みたいです。

maxresdefault
基本的にお金のあるのと無いとの相関関係では人の幸せはあまり関係がありません。
貧乏だと家族が協力して働かなくてはなりません。
自分の好きなことを我慢して家族のために労力を費やさなくてはなりません。
そうなると誰でもイライラしてきます。
病気などで働けなくなったら仕事と看病でくたくたになるはずです。
それでも家族がお互いに気遣って生きていけるのなら、もうこれはスーパーハッピーなのかも知れません。
家族の思いやりこそが人の幸せです。
お金ではありません。
要は、金持ちは幸せで貧乏は不幸せというようなステレオタイプではないと言いたいのです。
やはり家族が元気で健康であって、身の丈の中でいろんな工夫をして一生懸命生活をしていれば幸せを感じる事が出来ると思います。中でも一番大事な事は家庭の中で笑いが絶えない事です。
これさえあればたいがいの苦労は乗り越えられます。

19
私が幼少の頃、隣家は夫婦で橋のたもとで「松越」という小さな洋品店をやっていました。
お世辞にも裕福とは言えなかったと思います。
子供の私はたまに遊びに行ってはよく三男さんに勉強を教えてもらった記憶があります。
たしか、一階が家族共有の場で、二階が寝室兼勉強部屋になっていました。
まるで蚕棚のようでした。
お子さんたちは皆優秀でした。
長男さんは東京大学、次男さんは横浜国立大学、くだんの三男さんは東大を目指していて、確か東大に入学できたと記憶しています。
幼い私は失礼にも、こんな狭いところで、勉強して身に染みるの、と聞きました。
すると、広々としたした所で勉強しても、集中できなければ意味ないよ。
僕は、このような汲々とした所で勉強した方が、しっかりと励めるんだよ。

800px-Tekijuku_01
江戸の終わりに大阪に適塾というオランダ語の塾があったんだ。
そこはうちよりもっと狭くて汚いところなんだけれどそこで大勢の学生が勉強していたんだ。
そこの学生は皆優秀で明治になって大活躍したんだよ。
たしか福沢諭吉もここで勉強したから慶應を創れたんだよ、と言いながら、勉強は机の広さではなくてヤル気だよ、と笑いながら言っていたら、それを聞いていた蚕棚の上で勉強していた次男さんが、△△、それって兄貴の受けいりじゃないか、と同じく笑いながら茶化していました。
これが私の向学の原点であります。
それなのに私は苦学生が集まる頂点の大学である早稲田大学を目指さなかったのは、幼い時に現在の天の邪鬼的性格が萌芽していたからでしょう・・・・


体育祭の最後を飾る整理体操をビデオで撮影しました。こんなに一生懸命にラジオ体操をしている風景を私は見た事がありませんでした。



IMG_6993

IMG_6994
今日は神田橋に出没です。
あんですかね「山形そば」って?
体験してい見る事にしました。
今日のお店は「桃山」大手町店さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-4-2 ポイントビル 1F
電話番号:03-5244-5485
定休日: 土曜日・日曜日・祝日

IMG_6986
お店の外観です。

IMG_6991
店内の雰囲気です。

IMG_6992
メニューです。

きょうのオーダー「肉そば(冷)」@600円です。
IMG_6988
待つこと1分でお水と蕎麦揚げの到着です。
手持ち無沙汰だったので揚げ蕎麦を口に入れましたが美味しくもなんともありませんでした。

IMG_6989
待つこと2で分「肉そば(冷)」の到着です。
見た目、肉の存在感が大きいな、です。

IMG_6990
それでは実食です。
肉そばといっても、豚肉ではなく、鶏肉のスライスが5枚、細く切った白髪ねぎがトッピングされています
蕎麦つゆは鶏油が浮いていて鶏出汁が効いているので、想像していたよりはこってりした印象で塩味も濃い目です。お蕎麦は、固めといえば固めなのですが、なんかちがう歯ごたえです。
これは好き好きですね。
ちなみにこの蕎麦は味のインパクトが弱くて私の好みではありませんでした。
残念、こんな日もあります。

それでは(^_-)

続 豊島園 山河

今日は「禍を転じて福と為す」です
96958A9F889DE
ギャンブル依存症患者を抱える家族の約8割が借金の肩代わりを経験していた。
患者家族らでつくる「ギャンブル依存症問題を考える会」による調査。
数百万円に上る肩代わりを迫られた例も多く、依存症による借金苦が家族にまで及ぶ実態が浮き彫りになった。
日本経済新聞「ギャンブル依存症、家族の8割借金肩代わり、患者団体調査」より転載

私はかつてはと申しても高校2年生から大学2年生の間にギャンブルにのめり込んでいた時期がありました。
しか〜し、三田に行ってからはギャンブルよりもっと面白いものを見つけましたのでギャンブルはしなくなりました。
ギャンブルは、ギャンブルで蔵を建てた人はいませんし、基本的に時間の無駄です。
かかる中、私の数少ないギャンブル武勇伝を以下に紹介します。

大学1年の時の話です。
テニスサークルの用事で三田に行きその用事が午前中で終わったのでお昼を食べに行こうと新橋に参りました。
何を食・べ・よ・う・か・な、とスタッカーットでつぶやきながら、まずは所持金の確認をしました。
驚いたことには札入れの中にはお札が一枚もありません。
さらに衣服のポケット、鞄の中を探しましたけれど金目のものは見つからないのです。
最終的な所持金は小銭入りにある20円だけです。
20円では家にも帰えれません。
当時はまだキャッシュカードが普及していませんでしたので私もその例に漏れずキャッシュカードは持っていませんでした。私はしばしこの難問の解決法を熟考しました。
熟考の結論は、所持金20円の中から、10円をつかい公衆電話から友達に電話して新橋までお金を持ってきてもらう、 というものでした。
当時、携帯電話は存在していませんでした。
電話のチャンスは2回です。
まずは1番目の安パイの福永の家に電話しました。
すると福永のお母さんが受話口にでて、福永は外出していて夕方に帰ってくるとのことでした。
なんて事ででしょう。
安パイの福永がいないという事は次の電話に失敗したら新橋に居続けなければなりません。
満を持してということで、2番目の安パイの淀川の家に裂帛の気合で電話しました。
すると運の良いことに淀川が出て、時間がかかるけど待てる?ということでした。
選択肢がないので当然のことながら待つことにしました。
その電話で淀川と待合せ場所及び時間を確認して受話器を置きました。
しかし淀川はルーズなので、時間通りに来た試しがありません。
それでも一応保険はかける事ができました。

雀球
画像は「パンがなければパチスロを打てばいいじゃない」blogより転載
後は自己解決です。
気がついたら雀球屋さんの前にいました。
当時の私は遊興費の大半は雀球で賄っており、その技術は卓越したものなのです。
まあその技術習得の代償として浪人してしまったのですが・・・
現在の所持金は二回電話したので0円です。
要はスッカンピンに成っていたのです。
一丁やったるかっ!と頬を二回程叩き気合をいれて雀球屋さんに入ったのです。
雀球台を鷹の様な目で吟味してから今日の打ち台を決め、おもむろに椅子に座り雀球台の脇についているホールの店員さんを呼ぶスィッチを押しました。
すると雀球台の上にある真っ赤なランプが点滅し、それに呼応して店員さんが、すっ飛んできました。
私は台の表面を強く叩きながら、コインがつまっちゃったんだよ、台の整備悪いんじゃないの、と口をとんがらして言うと店員さんは、すいません、今コイン出しますから、といって二枚コインを出してくれました。
これで元手ができましたので、いよいよ勝負です。

持っている気合を全て玉を打つハンドルに集中し「一打入魂」です。
すると初回で九蓮宝燈の役マン(麻雀での最高役、難易度が高い役で滅多に出ることはない)を上がりました。
この役のコイン獲得数は10枚です。
さすがに人間が追い詰められた時の集中力はすごいものがあります。
そして次が5枚、そして次にまた大三元の役マンで10枚、そして勝ち負けを繰り返しながら15分間で手元には40枚のコインがたまっていました。
そして最後にトドメをさすかのように今日二回目の九蓮宝燈役で上がり総数50枚となったので、これでこの台は打止めです。
すると打ち止め札をもった店員さんがきて、少しすごんだ声で、兄ちゃん、店荒らしかよ、もうオメェには打たさねぇよ。これでしめェだ。帰れ!と言われてしまいました。
確かに15分そこらで打止めにしたので、セイガクの雀球ゴロ(学生のプロ)と勘違いされたようです。
今時珍しいくらいな真面目な大学生をつかまえて、良く言いますよね・・・
兎にも角にも人間が追い詰められたときの集中力にはすごいものがあるものだなと感心していました。
後にも先にも15分そこそこで雀球台を打止めにできたのはこの時のみです。
保険の淀川君ですか、2時の約束に遅れることピッタリ1時間後の3時に到着です。
私は雀球台の打ち止めの対価として1万円弱のフトコロができたので、淀川君の友情に感謝して、新橋ビル地下にある懇意の中華料理屋でたらふくビールと美味しい中華で盛り上がったのでした。
今は昔の話であります。



坂本冬美 勝手にシンドバッド 1994



今日は次男の誕生日会です。
たまには焼肉を食べたいとの事でアレンジしました。
今日のお店は練馬区最強のコストパファーマンスを誇る焼肉屋「山河」さんです。

住所: 東京都練馬区4-26-11SUBWAY壱番館1F
電話番号:03-3993-3322
定休日:無休

IMG_6947
お店の外観です。

IMG_6949

IMG_6950
店内の雰囲気です。

IMG_6951

IMG_6952
メニューです。

このお店は肉問屋の直営で牛肉品質ランクの中でも上級〜最上級ランクに位置する牛肉のみを厳選して提供しています。それでは誕生会日会の幕を切って落としましょう。
Let’s get started!

IMG_6953

IMG_6957
まずは上タン塩焼き×2人前 @734×2=1,468円です。
これは美味しいです。
いきなりスーパーデリシャスです。

IMG_6954
前菜のオイキムチ@360円です。
見た目よりかなり美味しいです。

IMG_6955
前菜のキムチです@330円です。
見た目よりかなり辛いですが、この辛さはご機嫌です。

IMG_6958
名物「てんこ盛り山河サラダ」@380円です。
コスパ良すぎでしょう(笑)

IMG_6959
お酒が揃ったので乾杯です。
後2年もしたら家族全員=6名の誕生日会になるのでしょう。

IMG_6961
肉さんが到着しました。
まずは山河ハラミ@430×2=860円です。
個人的にはカルビよりハラミの方が好きです。
このカルビはしっとりとしていて美味しいです。

IMG_6962
そして山河カルビ@430×2=860円です。
そうはいいましてもカルビは焼肉の王様です。
久しぶりに食べますと美味しいです。

IMG_6963
そしてそして極上和牛の和牛山河カルビ@980円です。
なんでしょう、この脂のノリはこれまたスーパーデリシャスです。

IMG_6965
さら〜に、ヤングカルビ@330円です。
この相貌で@330円ですか?
コスパ最高です。

IMG_6966
さらにさら〜に生帆立@580円です。
意趣替えで海の幸です。
生帆立美味しいです。
さら〜に宴は盛り上がっていくのですが、キリがないのでか割愛します。
全員、余は満足じゃ状態でお店をでました。

紗季とトマト

ぺチャット1

ぺチャット2
宴の後は、白蓮もオジサンのお祝いに駆けつけてくれました。
その優しさに敬意を表して、私から白蓮にはおしゃべりぼたん「ぺチャット」をプレゼントしました。
迫りくる夕焼けを浴びながら、私は家族が増えた幸せを噛みしめていました・・・

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ