下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

神保町 こんごう庵

今日は「誕生日会設営担当」です
誕生祝3
我が家は家族の誕生日会をやり続けています。
当たり前ですが、子供たちが小さい頃は家で誕生日会をやっていたのですが、子供が大きくなってきましたらレストラン等で催行されるようになったのです。
その嚆矢は1998年9月20日ですから、20年間の永きに亘って催されてきました。
そしていつの頃からか、設営と食事代は私の担当となり、プレゼント代はそれ以外の家族というのが不文律となっています。
4人家族ですから、4人×20年=80回もやってきたのです。
あらためてこの実績に刮目しました。
さら〜に、家族が2人増えましたので、これからはマックスで年/6回の誕生日会が催行される事になるわけで、まさにうれしい悲鳴であります。
年に数回ですが、家族で美味しいものを仲良く食べる。
その結果、心身ともに健やかに心満ちて暮らす事ができるのだと思います。
ただし、その効果は短期間で失せるので次の誕生日会に思いをはせる。
この循環が誕生日会の楽しみに繋がれば良いと思っています。
世の中に、家族の笑顔がある誕生日会以上になにを望むものがあるのでしょうか。

といいうとで、長男の誕生日がまじかに迫っていますので会場探しにはいりました。
我が家は奥様が偏食なので、レストランの選択は一苦労です。
基本的に奥様は鮮魚が得意ではありません。
従いまして、洋食系を選考するようにしています。

IMG_9370

IMG_9372

IMG_9381

IMG_9379

IMG_9378
まずは、ホテルカデンッアに向かいました。
気分はアロハです。
どうなのでしょうか・・・
ここはアウトにしました。
理由はホテルの華であるデザートが弱いのです。
さすがにチョコーレートファウンティンみたいなものではお茶は濁せません。

日をおいて、美味しい「蕎麦屋」があるとの情報がありました。
しか〜し、お酒が飲めないので、夜の「蕎麦屋」には独りではいけません。
会社の後輩に付き合ってもらって行きました。
という事で、今日のお店は「こんごう庵」神保町店さんです。

住所: 東京都千代田区神田神保町1-18-1 千石屋ビル 1F
電話:050-5593-4639
定休日:年末年始・お盆

IMG_9416
お店の外観です。

IMG_9436
店内の雰囲気です。

IMG_9434

IMG_9435

IMG_9417
メニューです。

画像は撮っていませんが店内は超混雑です。
美味しさの熱気を感じます。
それでは下見のスタートです。

IMG_9422
まずはお疲れさま乾杯です。

IMG_9423
まずは突き出しの「胡麻豆腐」@378円です。
いきなりレベルの高い料理がでてきました。
なんともコクのある「胡麻豆腐」です。
トッピングの海老も甘みがあって美味しいです。

IMG_9424
「トウモロコシのつまみ揚げ」@650円です。
これは店長の一押しです。
トウモロコシが甘く揚っています。
多分に水分が蒸発して糖分が濃縮されることによるものと思うのですが、軽く振られている粒目の粗い塩が甘さを極大化させています。
これは今日一であります。

IMG_9425
「穴子白焼き」@1,058円です。
これはフワフワに焼き上がっています。
目を閉じていただいていますと、海の音が聞こえてきます。
山葵をのせていただくと鼻孔の奥にほどよい辛さが届きます。
これも美味しい。

IMG_9426
「イカの姿焼き」@853円です。
これはイカが新鮮なのでしょう。
口内でイカが跳ねています。
私は軽く醤油をたらしたマヨネーズで頂くのがお約束です。
これはイカ好きなら皆ノックアウトされるでしょう。

IMG_9427
「しめ鯖」@842円です。
これは今年頂いた「しめ鯖」の絶巓です。
肉厚の厚い「しめ鯖」は口内でふくよかさを感じます。
甘みを感じる「しめ鯖」は私の大好物であります。

IMG_9428
「柳かれい」@1,058円です。
淡白な「柳かれい」ですが、白身が柔らかい。
これはカリカリの皮に美味しさが詰まっています。
お腹を空かせた猫の様に余すところなく頂きました。

IMG_9429
箸休めの「谷中生姜」@518円です。
よく冷えた「谷中生姜」は江戸っ子の大好物です。
江戸っ子はこの「谷中生姜」で夏を感じます。

締めの「へぎそば(二人前)」@1,685円です。
IMG_9430
最初にご飯がきたのかと思いきや天かすでした。

IMG_9432
きれいに盛り付けされた「へぎそば」です。

IMG_9433
リフティングでご覧のとおり美味しそうですよね。
実際は画像よりもさら〜に美味しいです。

IMG_9476
という事ご機嫌な下見でした。
長男の誕生日会の催行はこのお店できまりました。
当然のことながら個室を予約しました。

それでは(^_-)

高岡 ひさちゃん

今日は「不動産狂騒曲」です
売値
私はマンションに住んでいます。
最近、中古マンションの相場が高くなっているので、自分のマンションの売値を調べてみました。
ネットでみますと売値はかなりの金額になっています。
なんかちょっと上滑りしているなと思い、自らのマンションのデベロッパーに聞きましたネット価格の70%でした。
世の中はそれほど甘くありません。
で〜もこれも足元の値段であり、実際に売る時には変動するのであくまでも目安だそうです。
あまりこのようなブログでお金の話をするのは下品ですが、この前フリは次のくだりに繋がるのです。
今の新築マンションの値段は実勢価格よりかなり高めになっているそうです。
それはひとえに労務費と原材料の高騰によるものです。

66INout2
そこで販売価格を抑えるために、腰壁(高い)ではなく手摺(安い)やクロス格子(安い)に、タイル壁(高い)を吹き付けタイル仕上げ(安い)に、アウトフレーム(広い)からインフレーム(狭い)にするなどで建築価格を抑えています。
従いまして、2000年位までに建てられたマンションと比べると今のマンションはかなりコストパフォーマンスが悪く、それなら新築マンションより、品質の良い中古マンションが選ばれるようになってきたのです。
それも再開発が進む2020年の東京オリンピックまでだそうです。
東京オリンピック以降は50〜80百万円で建てられるマンションの土地が払底してくるため高所得者用のマンションしか建たないそうです。
私の懇意のデベロッパーの話ではオリンピックまでが売り頃だそうです。

個人的には、今のマンションを求めたのは新駅ができるということで決めたのですが、新駅の建設予定地は決まったものの、肝心の線路が地面に埋められていません。
さら〜に、新駅が通ったとしても、新たな再開発も起きません。
従いまして、その負のインパクトの値(あたい)は5百万円位です。
私の当初の想定(プラス10百万円)とははるかにかけ離れています。
結論としては、今のマンションを終の棲家にするしかないのでしょうね。
幸い老後に備えてのフォーム済みです。
遠い将来、私たち夫婦にとってはパラダイスの住居になるのであります。


高所恐怖症



今日はフェーン現象の影響で蒸せかえる高岡に出没です。
それなのに熱いものを食べにいきました。
今日のお店は「らーめん ひさちゃんラーメン」です。

住所: 富山県高岡市大野161-1
電話:0766-25-3630
定休日:月曜日

IMG_9404

IMG_9400

IMG_9401
お店の外観です。

original
メニューです。

きょうのオーダー「ひさちゃん 黒」@850円です。
店内はガテン系の方々で席が埋め尽くされていました。
彼らも暑い時には熱いものなのでしょうか(笑)

IMG_9402
待つこと8分で「ひさちゃん 黒」が到着しました。
見た目、シンプルです。

IMG_9403
それでは実食です。
トッピングは海苔×3枚、炙りチャーシュー×3枚あんど葉物野菜です。
これはラーメン業界での集中と選択ですね。
麺は中太ストレートです。
想像以上にコシがあって口内感触は良いです。
背脂が浮いたスープは、画像で受ける程の濃さはありませんが、こってりしています。
しいていえば量が少ないですね。
そう思っていたら、ガテン系の方々は皆さんチャーハンをセットにしていましたので、要は私がアウェイだったのでしょう(笑)
想定していた美味しさでしたが、食後にかいた汗は想定外でした。
やはり暑い時には熱いものをいただかないとイケませんね。

IMG_9407

IMG_9412

IMG_9411

IMG_9410

IMG_9408

IMG_9409
その後打合せを済ませて新高岡は駅前にあるネマル カフェで珈琲(@380)とチョコサンデー(@430)を頂き、新幹線の時間までまったりとしていました。
「ねまる」とは富山弁で「座る・休む」という意味だそうです。
まさにその富山弁のとおりにしっかり休むことができました。
しか〜し、帰りの新幹線は軽井沢から乗ってきた観光客が携帯していたゲージの中のワンコの鳴き声が五月蠅くて、五月蠅くて、本当に往生しました。
こんな日もあります・・・

それでは(^_-)

神田 雲林 4TH

今日は「貧すれば鈍する」です
img_l
この間、とあるファミレスでアメリカ人の友人と雑談をしていましたら、旧知のカナダ人が入ってきました。
私は、アメリカ人に、約束していたの?と聞きましたら、イヤ、といったのでこの偶然に驚きました。
カナダ人は日本人の妻と4カ月前に離婚して、リフレッシュする為に一時期母国カナダに帰国していたのです。
いずれにしても、久闊を叙した後3人で雑談していました。
話す事もつきましたし、彼は他用もあるみたいなのでお店をでました。
私もアメリカ人との雑談も終わったので自分の料金をテーブルに置いて席を立ちました。
彼は、この後友人と野暮用があるみたいで、お店でその野暮用の友を待っているみたいです。
お店をでましたら、夜のとばりは既に降りていて、猛暑の余韻の熱気が私の身体に絡みついてきました。
そこから歩を二つ三つ進めましたら、私のニックネームを呼び声がしました。
誰何の声の方に向きを変えますと、そこにはくだんのカナダ人が立っていました。
私は、もしかして私に用が有って、待っていたの、と聞きますと、結論からいうとそうなるかな、と答えました。
用があるならさっき話せばよかったのに、私が笑いながらいうと、彼は、ちょっと、あそこではね、というので、深刻な用事?と聞きますと、△△は、難しい英語の試験を受けるので、私が出国前に、早く戻ってきたらプライベートレッスンをして欲しいと頼んでいたよね。
まだその予定はあるの?と聞くではありませんか。
どうやら彼はお金に困っているみたいです。
私は、直截にその旨を聞きましたら、日本で勤める会社の給料が安いので、アルバイトがしたいんだ、と困惑の顔で答えていました。
私は笑いながら、その試験はすでに受けたんだけれど落ちちゃったんだ。
だから君のプライベートレッスンは必要なくなったんだよ、というと、了解。
ごめんね、気を悪くしないで、といったので、お金に困っているなら、わざわざ日本に戻ってこなければ良かったのに、というと、東京みたいなエキサイティングな都市にくらしちゃうとケベックみたいな田舎では退屈で退屈で暮らせなないよね。
今の会社では、業務の半分が日本語で半分が英語だから、日本語をマスターできるチャンスなんだ、と言っていたのっで、冗談で、私が日本語のプライベートレッスンやってやろうかと、いうと、△△は、高そうだから嫌だ、笑いながら断ってきました。
これからどうするの?って聞けば、△△みたいに、昔の知合いの日本人の友達にプライベートレッスンを受けたいやつがいるどうか聞いてまわるんだ、というので、もしかして、その為にここら辺のファミレスを回っているの、と聞きますと、正直にいえばそうなんだ、と恥ずかしそうに答えていました。
私はそれほど沢山の外国人の知合いはいませんが、外国人も困ればなんでもやるんだなといたく感心したしたのでありました。
私なら、プライドが先にたって恥ずかしくてできないと思います。


シンデレラ ・エキスプレス(ユーミン・オリジナル)


IMG_9384
今日は神田に出没です。
今日は美味しい炒飯を食べたいと思いとあるお店に行きました。
今日のお店は「神田雲林(カンダユンリン)」さんです。

住所: 東京都千代田区神田須田町1-17 第2F&Fロイヤルビル2F
電話:03-3252-3226
定休日:日曜日 (貸切宴会等のご予約は承ります)

IMG_9385
お店の外観です。

IMG_9394
店内の雰囲気です。

IMG_9388
オーナーシェフの紹介です。

IMG_9386
メニューです。

きょうのオーダー「醤油豚と韮の黒胡麻香り雲林チャーハン」@1,050円です。
今日はそんなに待たずに店内に通されました。

IMG_9392
待つこと2分でお茶とおしぼりが到着しました。

IMG_9395
待つこと12分で「醤油豚と韮の黒胡麻香り雲林チャーハン」の到着です。
見た目、どこから見てもじみな彩りです。

IMG_9396
それでは実食です。
今日のチャーハンは訴えるものが少ないですね。
醤油豚の味を過信したのではないでしょうか。
そのように思います。
ナッツの香ばしさが唯一の救いです。
成毛シェフの腕はよくよく承知していますので、今日のチャーハンに限っては上手の手から水が漏れたのではないでしょうか。

それでは(^_-)

人形町 そよいち  リターンズ

今日は「How to buy 4K」です
家電の神様に魅入られて、千年に一度みたいな買い物をしています。
具体的に購入したものはエアコンそして洗濯機です。
これは奥様の誕生日プレゼントであります。

IMG_9362
それから一月も経たないうちに、今度は4Kテレビです。
これはビデオが壊れた為で、ビデオだけ買い替える事に経済的合理性を感じなかったためなのですが、奥様のプレゼントを含めますと総計約40万円の出費であります。
私は仕事柄、価格交渉は得意であります。
今回、安く買うコツが分りました。
私たちが家電を買うのは吉祥寺です。
理由はシンプルです。
この街にはヨドバシカメラとヤマダ電機という家電量販店の双璧がありますので、どちらでも価格は極限まで対応してくれます。
そこで私が建てた作戦は、顧客対応が良いヨドバシカメラで各メーカーの商品の特徴を聞き、さら〜に同社でのベストプライスを紙でもらいます。
これさえあれば、少し離れたヤマダ電機ではこの値段以下にはしてくれます。
これでセーフティーネットは張られました。
そしてこのエビデンスを持ってヤマダ電機に行くのです。
ここで、ヨドバシカメラで決めた欲しい商品を探します。
ヤマダ電機ではご親切にも値引き対応可能か商品どうかは値札に記号でしるしています。
どのような記号かはここでは公表はできないのですが、記号ですからよくよく値札を見較べればそんなに時間をかけずともわかると思います。
基本的には、欲しい商品を買うに行くわけですから、この値引き記号を参考にするのは業務用(e.g. 社員食堂の電子レンジ)の家電を買う時に限られるでしょう。

閑話休題
ヤマダ電機で決めた商品を見つけましたら、くだんの値札の記号の有無を確認します。
今回、私どもが決めた商品は底値なので、値引き記号はありませんでしたので値引き対応はしてくれません。
そういう場合は、通常10%のポイントの値引き率を交渉します。
単に「下げろ!下げろ!」では値引き率は下がりません。
那辺はロジックで攻めていきませんと、店員さんから単なる言うだけの客として嫌われます。
彼らもサラリーマンですから、上司の裁可をもらうにはロジックがなければなら決裁はされません。
巧妙の糸でしっかりと絡めた方が、掴えた蝶々が抜け出せないのに似ています。

IMG_9268
結論から申しますと、101,200円の4Kテレビが90,000円(6年間の無料保証付)の11%引きで買えて、さら〜に交渉したポイントで録画機を買って、さら〜にかなりのポイントが余ったという結末です。

IMG_9478
ポイント率は11,700÷90,000です。
お手数ですが料率につきましてはスマホの電卓を叩いてください。
世の中には、私より交渉が上手な方が沢山とおらますので、今回のやり取りをご覧になられて「甘い!」と一刀両断になされる方もおられるかと思います。
私は物を買う時には、価格よりも、その価値を買うものだと思っています。
買わなければならない時に、その時の最大の効用を享受できれば良いと思っています。
単なるタフネゴシエーターではないのです。
昨日届いた4Kテレビは以前のテレビより大きな画面で奇麗な画像を私たちに提供してくれています。
これで来たる東京オリンピックでは4K放送を見る事ができます。
プチシアワセを感じている今日この頃であります。


Kyoto Tachibana SHS Band - Disneyland(Anaheim) 2017 京都橘高校吹奏楽部



IMG_9475

IMG_9458

IMG_9459

IMG_9460
今日はランチ行列の街、人形町に出没です。
この街でランチと申せばこのお店です。
今日のお店は「そよいち」さんです。

住所: 東京都中央区日本橋人形町1-9-6
電話:03-3666-9993
定休日:日曜・第1月曜日

IMG_9461
お店の外観です。

IMG_9468
店内の雰囲気です。

IMG_9462

IMG_9464
メニューです。

きょうのオーダー限定10食の「カツカレー」@1,200円です。
今日のランチはそれ程待たずに席に着くことができました。

IMG_9471
座るやいなやお水と豚汁が運ばれてきました。
豚汁を一口いただきました。
あれっ、既に煮詰まっていますね。
火にかけ過ぎたみたいです。

IMG_9473
待つこと1分で「カツカレー」の到着です。
見た目、美味しそうです。

IMG_9474
それでは実食です。
まずはカツを食してみます。
揚げたてですのでハフハフしながら頂くのですがカラッと揚がっていて美味しいです。
カレーのルーも熱々で結構です。
ルーは辛さと甘さが混じり合ったものです。
個人的には、好きな味わいです。
やはり料理は熱々でいただきたいという思いが強いのでこのお店はお気に入りであります。

それでは(^_-)

続 神保町 みかさ

今日は「人は見かけによらない」です
IMG_94771
神田神保町で打合せがあり、その帰りに書店街を歩いていました。
ある本屋の軒先で、私の琴線に触れる本が有ったので、手にして会計をする為に店内に入りました。
もしかしましたら店内には、私の好みの本がさらにあるからなと探しましたら、豈図(あにはか)らんやオゲレツ本しかおいてありませんでした。
これには驚きました。
まさに「羊頭狗肉」の真逆バージョンです。
日中だというのに、店内は沢山の同好の士がエロイ本を物色していました。
まるで異次元の世界に入り込んだようです。
さら〜に、私が生真面目な本を手にもって店内をうろついているものですから、皆からはそんな格好をつけて店内に入んなくてもいいんだよ、と言われているみたいな気がしてきました。もしそのように思われているのであれば心外であり、たまらず私は羞恥による赤面という仮面をかぶってしまいました。
そそくさとキャッシャーの列に並びました。
並んでいる数分間にある事に気がついたのです。
この書店の軒先に置いてある趣味の良い本を選んだ人と、店内にあるエロイ本を選んだ人は同一人物であるという事です。
さら〜に、キャシャーに立っている店主はこのような屋外にある稀覯本を選んだ人には到底思えないような面構えをしているのです。
仮に居酒屋で彼が隣に座ったら、90%の確率で殴り合いの喧嘩をしそうな、あたかも私の永遠の宿敵みたいなオーラもその全身から醸し出しているのです。
それでも、屋外の部分だけに限って申せば、私と完璧に趣味が合っています。
店内の部分はノーコメントであります。
私は心の底から「人は見かけによらない」とつくづく思った神保町の逍遥でありました。


20180331 グランドキーパー工藤悦子さんへのサプライズセレモニー@札幌



IMG_9446
という事で今日のお店は神保町の行列店です。
今日のお店は「みかさ」さんです。

住所: 東京都千代田区神田神保町2-24-3
電話:03-3239-5110
定休日:日曜・祝日

IMG_9438
お店の外観です。

IMG_9441
店内の雰囲気です。

IMG_9440
メニューです。

IMG_9442
トッピングの面々です。
右から、からしマヨネーズ、紅しょうが、です。

きょうのオーダー「神保町焼きそば・ソース・イカ・エビ入り」@900円です。
ここのご主人は、あまり常識がありません。
前回お邪魔しました時は、年老いたお客様が、ドタン、という大音響と共に椅子から崩れ落ちました。
どうやら炎天下の長時間行列で貧血を起こしたようです。
その時、私の側で焼きそばを焼いていたご主人は、最近、店内で倒れる人が多いねぇ、と淡々と感想を述べていますと、サブでアシストしていた店員が、蒸し暑いからですよ、とご主人の質問に答えていました。
個人的には、そんなに倒れる人が多いなら行列の方に冷たいお水かタオルでも配ればいいのにと思っていました。
今回も今回で、お店の一番の書き入れ時に、ふらりとどこかへ出て行って、しばらく戻らずで、店内は店員さんが1人で切り盛りしていました。
待っているお客様はこの非常識な事態に唖然としていました。
どのような事情が出来してお店を空にしたかはわかりませんが、日ごろから業務中は不要不急なことは避けるように自らを律するべきではないでしょうか。

閑話休題
IMG_9443
待つこと8分で「焼きそば」様の到着です。
焼きそばの中にはモヤシ、キャベツ、そして長方形の豚バラが入っていて、その上に白髪葱を挟んで潰し目玉焼きに青のりという層構成です。
見た目美味しそうです。

IMG_9444

IMG_9445
それでは実食です。
私はからしマヨネーズと紅しょうがをご機嫌なだけ入れていただきます。
味ですかジャンクな味わいです。
調理の時に店主が一番に気を使ってゆで上げた平打縮れ麺はモチモチしていて美味しいです。
どうですかね、このお店の味は好き好きだと思います。
個人的には、どちらかと言えば好きな領域に入っていますが、行列してまで食べる価値はないと思います。

それでは(^_-)

続 鷺ノ宮 カレーやうえの

今日は「祝来場者100万人越」です
100万人越1
当初の目標の100万人越を8月12日()に達成しました。
2007年9月1日に第1稿を書きましたので、 ほぼほぼ11年、日数では4,030日での快挙であります。

来場者
最近は来場者数も漸減しています。
これは私のブログが不人気というよりも、ブログそのものがLINE等の他のSNSに押されてきた副作用ではないかと臆断しています。
正直良く続いたなと思っています。
昔は、毎週土曜に朝は5時頃からノルマ4本の第1稿書き始め、夕方5時に終わらせていましたが、最近は根気がなくなり定例の夕方のランニングをし、夕食を済ませてからの脱稿となっています。
場合によっては日付が変わる事もあります

cc63220bbf473b8d47573f435e99e5cc-e1338556829726
このふるまいはあたかも比叡山の峰々をぬうように巡って礼拝する千日開業の阿闍梨にさも似たりと思わせます。
この苦行は完璧に私の土曜日のルーテインとなっており、大変ね、と声をかける家族は独りもいません(笑)

比率
最近の順位は14位から20位までの間をウロウロしています。
驚くのは私の来場者の67%が始めての方で再訪者は33%という事です。
このようなマニアックなブログですので、ほとんどが再訪者かと思いきや、その真逆で三分の二が初来場というのは理解ができません(笑)

いつまでやるかですが、気力・体力・知力が衰えない限りは続けていきます。
年末、今年は2つの試験を受けて見事に落選してショックを受けています。
年末には3つ目の試験を受けますが、さすがにこれは受かるでしょう。
それが受かれば、ある仕事につきます。
そうなるとフリネタに困らないはずです。
私はこの仕事をやるために生まれてきたようなものです。
乞うご期待であります。
それをお楽しみに引き続きの立ち寄りをお願い申し上げます。


大阪府立登美丘高校 日本一へ 新たな挑戦


登美丘高校ダンス部が2連覇、今年は「色男ダンス」



IMG_9344

IMG_9343
今日は次男と4Kテレビを吉祥寺に買いにいきましたのでツレ飯です。

IMG_9359

IMG_9346
その後で、美味しいカレーを食べようという事になりました。
今日のお店は「カレーやうえの」さんです。

住所: 東京都中野区白鷺3-1-1
電話:非公開
休日:第1・3日曜

IMG_9360

IMG_9348
お店の外観です。

IMG_9352

IMG_9350
店内の雰囲気です。

IMG_9347

IMG_9349

IMG_9351

IMG_9354
メニューです。

今日のオーダー
私は「完熟トマトのチキンカレー炙りチーズのせ(サラダ付)」@850円です。
次男は「チキンカツカレー炙りチーズのせ(サラダ付)」@950円です。

IMG_9353
待つこと3分で「野菜サラダ」の到着です。
サウザンドアイランドドレッシングのかかったサラダはシャキッとエッヂが立っておりご機嫌な味わいです。

IMG_9355

IMG_9356
待つこと13分で「完熟トマトのチキンカレー炙りチーズのせ」の到着です。
私はこれにたっぷりの赤い福神漬けをかけ回していただきます。
カレーのルーは辛からずで味がふくよかです。
完熟トマトを使用していますのでほのかな甘みさえ感じます。
とても美味しいです。

IMG_9357

IMG_9358
時間差で「チキンカレー炙りチーズのせ(サラダ付)」の到着です。
ご相伴にあずかったのですが、これはチキンカツが絶妙な美味しさです。
衣が甘く中のチキンはジューシで柔らかいです。
これまたとても美味しいです。
以前、頂いた時も感動したのですが、コスパ部門では勝てる先がないのではと思わせる鷺ノ宮のカレー屋さんでした。

それでは(^_-)

続 吉祥寺 ナポリ

今日は「多事小運」です
o0400030013420672284
私が日々心がけているのは、日々コツコツ小さな運気を重ねることです。
小さな運気を重ねていくと、ベースの運気がどんどん上がって、普段の生活からプチラッキーが起こるのです。
幸せだと自分自身で思い込むのです。
もちろん、あまり良い状況じゃない時に幸せを数えることなんてできません。
そのため、どんなにささいなこと、どんなに小さな幸せでも良いのであなたの生活の中にある小さな幸せをみつけていくのです。
幸せを数えることで、小さな幸せがどんどん大きな幸せに育っていき、いい運気を引き寄せられるようになるのです。
さら〜に申せば「今日はついている」という事だけを頭に格納して、アンラッキーな事は瞬時にイレーズすることですね。

最近の小運は、やはり桑田佳祐さんのご生家に行った事ですね。
私はある仮説を立てて実行したのですが、確率的には33%位です。
しか〜し、一発で成功させました。
これもこれだけ熟考したのでしたので、失敗するワケがないと軽く思っていたのが良かったのでしょう。
その後、江の島に行き、江の島展望台に登り、サザエを食べる予定でしたが、あいにくの曇天なのでヘジったのです。ところがここまで来て帰るのはシャクなので、行ったら晴れるさ、というポジティブな気持ちで向かったのです。
着きましたら「世の中そんなに甘くない」の例えのとおり、江の島の空は腐った海鞘(ほや)を食べたかのような渋い顔をしていました。

IMG_9181
ところが120Mの高さにある展望台近くにきましたら破顔一笑の空となり太陽がその顔をだしたのです。
おかげで大汗をかくという副作用があったものの、カラカラの喉にはビールを、ヘコヘコのお腹にはサザエの壺焼きを与える事ができたのでした。

夏季休暇中は、小事の買い物は近隣のセブンイレブンで買いものをします。
理由はnanacoカードを持って行くだけで買い物ができるからです。
ある早朝、家に買い置きのパンがない事に気が付き、セブンイレブンにパンを求めに行きました。
ところが私が食べたかった食パンは払底していました。
いくら近いといっても家に現金を取りに戻ってから、再度、他のコンビニエンスストアに行くのは面倒だと思いました。

IMG_9363
セブンイレブンから歩く事5分にファミリーマートがあります。
そこで考えてついたのは、携帯していたカードホルダーの中に、ファミリーマートのTポイントカードがありましたのでその残金で一発勝負をしようと思ったのです。
勿論、残金が食パンの料金に足りてなければ全て振り出しに戻ります。

IMG_20180818_0001
ファミリーマートに着いて、そこで美味しそうな食パンを求めてレジに行きました。
レジではTポイントの残高をまず最初に確認しました。
レジのパネルにインジケートされた残金額は108円でした。
奇しくも求めた食パンも108円でした。
夏季休暇中で一番の幸運の一致とあいなりました。


掛川西高校 ダンス部 ”栄冠は君に輝く”



IMG_9270

IMG_9271
今日は奥様と吉祥寺4Kテレビを物色にきました。

IMG_93621
結果、シャープのアクオスを買ったのですが、その価格の攻防戦は後日紹介します。
という事でランチです。
今日のお店は「ピッツェリア バール ナポリ」吉祥寺本店さんです。

住所: 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-16-12 三次ビル1F・2F・3F
電話番号:050-5594-6878
定休日: 無休

IMG_9272
お店の外観です。

IMG_9274

IMG_9278
店内の雰囲気です。

IMG_9273

IMG_9276

IMG_9277
メニューです。

今日のオーダー
私は「スパイシーミートと九条ネギのチーズピッツア ドリンク&サラダバー付」@1,000円です。
奥様は「ベーコンとツルムラサキのガーリックパスタ ドリンク&サラダバー付」@1,000円です。
2人でシェアした
「ティラミス」@480円
「ガトーショコラ」@480円
です。

店内の席に着くと、店内のオペレーションは厨房×1人、ホールのスタッフ×1人という、ほとんど自転車操業で繰り回している事が分りました。
この時点で、絶対に冷めた料理がくるなという予感がしました。

IMG_9275
待つこと1分でお水がきました。

IMG_9281

IMG_9279

IMG_9283
上述のことから料理の大幅遅延が予想されることから、まずはサラダバーに行きました。
サラダは充実しています。
サラダの味は新鮮で結構でした。

待つこと30分で「スパイシーミートと九条ネギのチーズピッツア」と「ベーコンとツルムラサキのガーリックパスタ」の到着です。
IMG_9286
それでは実食です。
ピッツアの温度は午後3時ですか。
おやつ頃のピッツアはほのかに暖かさが残っている程度です。
かろうじて食べられる味わいです。
ここのピッツアは熱々では美味しいのは知っているので残念な限りです。

続いて「ベーコンとツルムラサキのガーリックパスタ」です。
IMG_9285
ここのパスタは生パスタ用にブレンドした小麦で、日本ではまだ数台しかないイタリア製の製麺機を輸入使用し「もちもち食感」を表しています。
これは午後4時頃のパスタです。
言い換えますと、ピッツアよりは多少熱を帯びている程度です。
それにしましても量が少ないですね。
熱々でないパスタにはモチモチ感は必要ありあせん。
ここのパスタはもともと美味しくないので特段のサプライズはありません。

食後のデザートです。
IMG_9284

IMG_9287

IMG_9289

IMG_9288
ジンジャーエールと珈琲は普通の味わいです。
「ティラミス」と「ガトーショコラ」はできあいなのですかね。
流石にこの味わいはセントラルキッチンでしょう?
味わいは不味からずです。
このお店は店内には陽の光がふんだんに入り、店内はオサレなので気にいっています。
しか〜し、2人で店内を繰り回すのであれば、敢えてお店はクローズにして欲しかったものです。
サラダバーがあるのでそれがお腹に入っていたのでそれ程の空腹感は感じなかったのですが、これがなければ30分の空白には耐えられなかった事でしょう・・・・

それでは(^_-)

佐野 佐野ハイウェイレストラン 6th

今日は「お盆のよもやま話」です
お盆のど真ん中にいます。
今日は極楽浄土から亡くなった方が返ってくるとか・・・
子孫がまったく見当がつかない処に引っ越ししたら右往左往するのではと思います。そのような場合は位牌を手掛かりにして里帰りするのでしょうが、祖父以前の位牌はどこの家でも滅失しているはずですので、位牌にICチップが埋め込まれていませんとトレースはできないとは思うのですが茶々を入れてはいけません。
このような仏事は故人の為のものではありません。
現存している人が祖先や直近の物故者を偲ぶためのものなのです。
このような慈しむ気持ちが子孫の心を浄化するのです。

今回のお盆は義母の新盆ですので奥様の実家で過ごしました。
沢山の人がお盆の挨拶に参ります。
その中で、色々な人間劇場を垣間見ます。
86歳になる遠い親戚は、裏庭の山と申してもほとんど崖状の山の10M位の処にある雪崩防止の柵が壊れていたので、大工道具を持って直しに行ったところ、足を滑らして滑落し、打ち所が悪くて絶命したのです。
検視した警察官が、亡くなった方に対して不謹慎ではありますが、86歳の高齢の方が登る処ではありませんよ。
良く登りました。幸いに即死でしたので苦しむことはなかったと思いますが、と感心していましたがこういうのを寿命というのでしょうか。

義妹の兄の奥様が一ヶ月前に早逝されました。
その仏壇に奥様と線香をあげに行ってきました。
挨拶されたご主人曰く、今までは、遺品の整理等の雑事に追われていて、忙しさに埋没して悲しみに浸る暇はなかったのですが、このお盆の期間はボーっとする時間もあり色々な事が思い出されてきてつらいです、という言葉が胸にささりました。
やはり男は妻に先立たれますと、立ち直るには時間を要しますね。

safe_image
一番の快事は山口の2歳児の奇跡の生還です。
お手柄の小畑さんの無心の態度には感銘しました。
識者は、2歳児は状況を客観的に見ることは難しいので、恐怖心から歩き回ったり、絶望したりすることが少ない。従って、判断・認知能力の未発達がストレスや体力の消耗を防いだ可能性があるとしています。
確かにそうかもしれません。
しか〜し、これは小畑さんの経験に基づいた引きの強さでしょう。
個人的には、小畑さんには国民栄誉賞です!


栃木県といえばこのレストランです。
今日は早起きしたので朝食はこのレストランです。
今日のお店は「佐野ハイウェイレストラン」さんです。

住所: 栃木県佐野市黒袴町1021東北自動車道 佐野SA(下り線)
電話:0283-23-7133
定休日:無休

IMG_9189 (2)

IMG_9190
お店の外観です。

IMG_9223

IMG_9215
店内の雰囲気です。

IMG_9193
メニューです。

今日のオーダーは「朝食バイキング」@1,080円(大人)です。
ここのバイキングは、オムレツ、料理、デザート、佐野ラーメン、ご飯、飲物と6つほどのコーナーに分かれていて、店内が広いため、一つのコーナーに人が集中することはありません。

まずは今日のバイキングメニューの紹介です。
IMG_9194
いなり餃子です。

IMG_9196
玉こんにゃくのうま煮です。

IMG_9198
トマト煮込みハンバーグです。

IMG_9200
揚げ焼売です。

IMG_9224
ソース焼きそばです。

IMG_9204

IMG_9205

IMG_9206

IMG_9207

IMG_9208

IMG_9209

IMG_9210

IMG_9213
そしてここに来たらこれを食べなきゃ損するというオムレツの実演調理です。
このオムレツは掛け値なしに美味しいです。

IMG_9202
今日の私のお好み朝食です。
オカズの今日一はななんと「焼きそば」でした。
勿論紅生姜のアシストつきですのでアドバンテージ付きです。

IMG_9203
そしてご飯です。
美味しそうでしょう。

IMG_9214
食後は珈琲とヨーグルトです。

IMG_9218

IMG_9220
あんどアイスクリームです。

a9b81c3e692333dbf79c300f5124

IMG_9227
最後は、将来、白蓮が来た時の席(キッズコーナー)です。
これで1,080円はお得感あります。

それでは(^_-)

江の島 江ノ島亭

今日は「湘南でサザンとサザエを楽しむ!(後編)」です
茅ケ崎の散策を終えて次に向かったのは江の島です。
本当は茅ケ崎から江の島まで10km程度でしたので歩いて行こうと思ったのですが、さすがに江の島の展望灯台までの119.6mの昇り坂とこの暑さを鑑みますと体力温存の観点から電車で向かいました。
IMG_9144
茅ケ崎からJRで藤沢に向かい、そこから江ノ電で鎌倉という行程を選びました。

#江の島登坂
IMG_9146
江の島に着きました。
2人とも前回来たのは、1999年5月2日でしたので19年ぶりの往訪であります。
実は、前回来たのは全く覚えていませんでした。
奥様情報によるもので、かろうじて思い出したのです。

IMG_9147
江の島の入り口である「青銅の鳥居」です。
すごい人だかりに驚いています。
こんな蒸し暑い日によく来ますよね。
因みに私たちは他人様の事はとやかく言えません、ハイ。

IMG_9148
赤い鳥居と竜宮城を模して造られた「端心門」です。

IMG_9149
ここからはエスカーで登っていきます。

IMG_9151

IMG_9152

IMG_9150
江の島神社(辺津宮)です。
次男は銭洗い弁天で一所懸命に持ち金を洗濯していまいした。

IMG_9153

IMG_9154
さら〜に、エスカーに乗り継いで江の島神社(中津宮)です。
ここで標高62.4mですから丁度半分まで登りました。

IMG_9155

IMG_9157

IMG_9156

IMG_9160

IMG_9159

IMG_9161
ここで最後のエスカーに乗ついで江の島サムエル・コッキング苑に着きました。
なんですか、まるでハワイみたいです。

IMG_9162
展望台の入り口に着きました。
なななんとここには大蛇のような長い行列ができています。
想定待ち時間は約20分だそうです。
ここまで来たのですから待ちましょう(笑)

IMG_9167

IMG_9165

IMG_9169
展望台からの眺望です。
私たちの眼前に大パノラマが広がっています。

IMG_9170

IMG_9171
展望灯台を後にした私たちは龍宮で参拝をして最後の目的地「江の島岩屋」を目指しました。
ここで始めて水分補給しました。

IMG_9173

IMG_9174
最後の観光場所の「江の島岩屋」です。
さすがに洞窟内は冷ややかです。
ここは「富士へ通ずる」という不思議な穴から吹き出てくる冷気が私たちの身体にまとわりつきます。
パワースポットみたいな場所です。

IMG_9178

IMG_9175

IMG_9176
さらに洞窟内を進みますと、ここが「江の島神社」の発祥の地です。
昔の人たちはよくここまで石像を持ってきたものです。
多分に舟での搬送でしょうか。
今から1600年前の偉業であります。

IMG_9177

IMG_9179
出口付近です。
今日の海は荒れています。
死んだ父がよく江の島を泳いで一周したと自慢していましたが、ちょっと眉唾のような気がしてきました。
どう考えても無理でしょう(笑)
で〜も、一緒に泳いでいたのは海育ちの叔父さんですからちょっと正誤を迷うところでもあります・・・

ということでこの旅の大団円である美味しい「サザエの壺焼き」探しです。
御岩屋道通のお店を全部チェックしました。
値段が一番高いお店は1,080円で一番安いお店は@400円です。
但しこのお店は天然クーラーのお店です。
次男と熟考の末、決定したのが今日のお店です。
という事で今日のお店は明治42年創業の「江の島亭」さんです。

住所: 神奈川県藤沢市江の島2-6-5
電話:0466-22-9111
定休日: 不定休

IMG_9180
お店の外観です。

IMG_9184

IMG_9183
まずはお疲れ様乾杯です。

IMG_9181
待つこと13分で「サザエの壺焼き」の到着です。
味ですか、美味からず、不味からずです。
いずれにしましてもこれにてミッションコンプリートです。
大感激であります。
この猛暑の中、よく初志貫徹しました。
次男にも感謝であります。

IMG_9188 (2)
本日の歩行距離は14.2kmです。
走ったらどうってことないのですが歩くとさすがに厳しいものがありました。

という事で最後はこの曲「勝手にシンドバット♪」で締めさせていただきます


それでは(^_-)

茅ヶ崎 あさまる

今日は「湘南でサザンとサザエを楽しむ!(前編)」です
夏季休暇でやりたいことがありました。
今回のやりたい事は、サザンオールスターズのリーダーの聖地巡業(お宅)に行く事と江の島でサザエの壺焼きを食べる事です。
本当は同じくサザンフアンである奥様が帯同する予定でしたが、炎天下の湘南の海岸を14KMも歩くという死の行軍に体力的に不安を感じたのです。
結果、次男が母の代わりに聖地巡業の代役を買ってでたのであります。
画像主体ですが宜しかったらお付き合いください。

#聖地巡業
IMG_90831
サザンのリーダーの家は苦も無く探し当てました。
これには前から考えていた秘策があり、ただ単にそれを実行したのみです。

WS000073
地元の人からは、この画像の家は早逝されたリーダーのお姉さん(画像左側、右側はリーダー)の家族が住んでいるだけです。
私みたいな聖地巡業は大変迷惑なので止めて欲しいと、言われていました。
私はもう二度としませんが、でもこの家は秘策がなければ絶対に見つけることができないと断言できます。
従いまして、行っても徒労に終わると思います。
多分・・・
で〜もこの家の片隅でサザンの多くの名曲の礎(いしずえ)が萌芽していたかと思いますとある種の感慨が生まれてきます。

#茅ケ崎で一番美味しい海鮮料理屋さん
サザンのリーダーの家のお参りを済ませた私たちは次の目的地である「網元料理あさまる」さんに蒸しかえる茅ケ崎の道を歩いて向かいました。
開店は11時30分です。
私のカンピューターはOn Timeで着くとはじき出していました。
結果、11時24分につきました。
IMG_9085
二人の眼前に飛び込んできた景色はこの大行列です。
すぐに順番表に記名しましたが、ななななんと22番目でした。
という事で今日のお店は「網元料理あさまる」さんです。

住所: 神奈川県茅ヶ崎市柳島海岸18-31
電話:0467-88-3751
定休日: 火曜日(火曜日が祝日の場合は営業、8月・12月は休まず営業)

IMG_9088

IMG_9091
お店の外観です。

IMG_91031

IMG_9096
店内の雰囲気です。

IMG_9097

IMG_9099

IMG_9098
メニューです。

今日のオーダー
私は「活あわびステーキ定食」@2,438円
次男は「五色丼」@1,840円
です。
日ごろの行いが良いので待つこと30分で店内に入る事ができました。
店内は屋外とは裏腹にビンビンに冷房が効いていてほとばしる汗もすぐに引っ込みました。

IMG_9104

IMG_9105
待つこと11分で「五色丼」の到着です。
「五色丼」は、きんき、くろむつ、ひらめ、真たい、地たこです。
魚にうるさい次男ですが、肴はみな絶賛していました。
私もお相伴にあずかったのですが、きんき、真たいは抜きんでて美味しかったです。
身も厚めに切られていてシャリの量も多くコスパは良いと思われます

IMG_9107
待つこと21分で「活あわびステーキ定食」の到着です。
どうやらあわびを潜りに行って取ってきたようで、私の「活あわびステーキ定食」は大幅に遅れました。

IMG_9108
それでは実食です。
鮑は火の入れ方が良いみたいで柔らかく口内で踊ります。
時間差でほのかにバターの香りも立ち上りご機嫌な味わいとなりました。
肝も香ばしく焼かれていてこれは至高の味わいです。
茶わん蒸しにはシラスが入っており食感最高です。
久々に美味しいあわびステーキを堪能しました。
大大満足のランチとなりました。

IMG_9112

IMG_9113

IMG_9116

IMG_9119

IMG_9120

IMG_9121

IMG_9124

IMG_9125

IMG_9126
この後、ホテルパシフィックの前をとおり柳島海岸でサーフィンをやっている人たちを目で楽しみながら、サザンビーチに向かいました。

IMG_9128
サザンビーチでは烏帽子岩がくっきり見えます。

IMG_9130
サザンビーチカフェは料理が美味しいみたいですね。
次回のお楽しみにしました。

IMG_9131

IMG_9132

IMG_9133

IMG_9135

IMG_9136

IMG_9137
その後、サザン通を抜けてサザン商店街に入りましたが普通の寂れた商店街でした。
那辺は期待した私が浅はかでした。

IMG_9138
次の目的地である江の島を目指して茅ヶ崎駅から車中の人となりました。

最後に私にとっての湘南の歌を紹介します。
サザンオールスターズのデビューアルバム「熱い胸さわぎ」から「恋はお熱く」です。


それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ