下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

館林 花山うどん

今日は「失楽園」です。
渡辺淳一さんは道産子でもあり、彼の小説は「失楽園」を除けば全部読んでいます。
しか〜し「失楽園」だけはスルーしていました。
正直、私はこの手のお話は嫌いです。
かかる中、図書館に行きましたら、この「失楽園」の上下巻が偶然にも貸し出しもされしないでありましたので借り受け、出張時の往復の新幹線の車中で読みました。
後半の話を分かりやすくするために、あらすじを以下に記します。

18645103_1902366373366935_1091594843408302080_n
出版社の敏腕編集者だった久木祥一郎(役所広司)は、ある日突然、編集の第一線から閑職の調査室配属を命じられた。そんな久木の前に、彼の友人・衣川(寺尾聰)が勤めるカルチャーセンターで書道の講師をしている松原凛子(黒木瞳)という美しい人妻が現れる。
彼女は“楷書の君”と呼ばれているほど折り目正しく淑やかな女性だったが、久木の強引でひたむきな恋の訴えに、やがて彼を受け入れた。
そして、週末毎に逢瀬を重ねていくうちに、凛子はいつの間にか性の歓びの底知れない深みに捕われていく。
ふたりの関係は次第にエスカレートしていき、凛子の養父が死んだ通夜の晩、久木にせがまれた凛子は、夫や母親の眼を逃れて喪服姿のままホテルで密会した。
凛子は罪悪感にさいなまれるが、それはかえってふたりの気持ちを燃え上がらせる。
やがて、久木は密かに都内にマンションを借り、凛子との愛の巣を作り上げた。
しかし、そうした大胆な行動は隠し通せるものではなく、凛子の夫・晴彦(柴俊夫)は興信所の調査で妻の不貞を知る。晴彦はあえて離婚しないことで凛子を苦しめようとし、一方、久木の妻・文枝(星野知子)は静かに、しかしキッパリと離婚してほしいと要求した。
家庭や社会からの孤立が深まっていくなか、それでもふたりは逢うことを止めようとはせず、世間並みの日常が失われていく分だけ、ふたりだけの性と愛の充足は純度を増していく。
そんな折、久木の会社に彼の行状を暴く告発文が送られてきた。
久木は、それをきっかけに辞職を決意し、文枝との離婚も承諾する。
凛子もまた晴彦や実母との縁を切って、久木のもとに走った。
「至高の愛の瞬間のまま死ねたら」という凛子の願いに共感するようになった久木は、誰にも告げず、ふたりでこの世を去ろうと決意する。
雪深い温泉宿へ向かった久木と凛子は、生命を絞るように激しく求め合ったまま、互いに毒の入ったワインを口にした。後日発見されたふたりの心中死体は、局所が結合したままの愛の絶頂の瞬間の姿であった。

読後感は極めて悪いものでした。
バカ騒ぎした酒宴の次の日の朝みたいな感じに近いものがあります。
渡辺先生は、主人公の久木に、男と女は一緒になったときから、怠惰という病が忍び込む。
正直いって、いま、久木は愛について懐疑的である。
少なくとも青年期のように、愛し合っていさえすれば、二人の愛はいつまでも続くと思いこむほど、単純ではない。
もしかすると、愛が燃える期間は、そう長くはないのかもしれない、と言わせています。
その成れの果てが心中です。
これって三島由紀夫さんの自裁を彷彿させる完璧なナルシズムの世界であります。
ちょっと付いていけません。
なんでこの本がベストセラーになったのでしょうか?
いかなる愛も、結婚して日常というなかに埋没した途端、惰性に流れ消滅していくものなのです。
それを認めず、それに目を背けて愛の昇華の為に、局所が結合したまま心中するなんて私には理解ができません。
残された家族、親族の事はどうでもいいのでしょうか・・・
私にとって結婚というものは、一足の靴みたいなものです。
時が経て靴は古びてきて時には擦り切れたりします。
その靴を永く持たせるためには、毎日の手入れです。
新品の靴が愛のきらめきの形だとするならば、夫婦の暮らしはそれのメンテなのです。
当初は履きにくかった靴も時間の経過で足になじんできます。
これが夫婦の愛の熟成なのです。
それがいつまでも新品の状態でいたいからもう履かないとは、これこそ本当のハカナイ選択なのです。
夫婦の暮らしの最終章は、奥深く、味わいにあふれ且精神的に贅沢な生活になろうかと思います。
例えそれが古びた靴になっても最後の一歩まで歩いていくのが夫婦の営みなのだと思うのです。


失楽園PV



IMG_2662
今日は所用があって館林に出没です。
実は最近よく通っている銀座「花山うどん」さんの創業店です。
なんと7年ぶりの再訪問です。
今日のお店は「お食事処 花やま」さんです。

住所: 群馬県館林市本町2-3-48
電話:0276-74-0178
定休日:毎週日曜、毎月最終土曜(GW、お盆、お彼岸は休まず営業)、

IMG_2661

IMG_2672

IMG_2663

IMG_2667
お店の外観です。

IMG_2683

IMG_2685
店内の雰囲気です。

IMG_2674
メニューです。

今日のオーダー「舞茸天ぷらざるうどん」@950円です。
創業店なのになんだか店内のオペレーションが雑です。
私より後に入店した方に配膳で抜かれています。
IMG_2679
待つこと13分で「舞茸天ぷらざるうどん」の到着です。
見た目美味しそうです。

IMG_2681
それでは実食です。
うどん美味し・・・
ちょっと待ってください。
冷たいうどんなのにすっきりした冷たさではなく少し伸びている感があります。
味ですか、美味しいのには美味しいですが、伸びている感が味を落としています。

IMG_2680
次にお楽しみの舞茸天ぷらです。
これはやはり塩でいただきたいですね。
IMG_2684
店員さんに塩をお願いしましたら4分後に到着しました。
それまで天つゆでしのいでいましたが味わいがすっきりしません。
塩でいただきましたらパチッとこの天麩羅に合いました。
しか〜し、天麩羅の芯にはダマが残っいて残念な味わいになっています。
ここで私の仮説ですが、天麩羅の揚げ時間を見込んでうどんを茹でたのではなく、それぞれセパレイトリに調理していたのです。その一方で誰かが私のオーダーの遅れに気が付き、揚げ場を急がせたのです。
その結果として、うどんは伸びて天麩羅は芯までカラット揚がっていなかったのです。
多分そうでしょう。
銀座店のオペレーションと比べるとかなり見劣りします。
7年間にこのお店で食べたうどんに大感動していただけに残念至極でありました。

それでは(^_-)

石神井公園 辰巳軒 14th

今日は「とある土曜日」です。
土曜日はこのブログを4話書き溜めする為にいつも朝5時におきています。
6時頃には、トーストと珈琲で朝食を取りながら、日経新聞をそれこそこ本当に隅から隅まで読んでいます。
6時半頃、奥様が起きてきます。
奥様の洗顔が終わると今日のお仕事が通達されます。
と申しましても、ほとんどが家着の洗濯とクリーニング店にスーツのズボン、ワイシャツ等を出しに行くだけです。
これは単なる儀礼通達で、実態はレギュラータスクになっております
だいたい7時頃にはブログの1作目が画像の貼付を残すのみになりますので余裕が生まれます。
そこで土曜日に限っては奥様とNHKの朝ドラを見ています。
土曜日以外は朝DVDに録画したのを奥様と深夜に見ています。
朝ドラを見た後は、引き続きブログの製作に入り、8時になりますと奥様が出勤しますので、独りになった自由を感じ乍ら、鼻歌まじりで洗濯機を回しています。
event1476_b
8時50分になりますと、サンタクロースの袋を担いでクリーニング店に行きます。
今日は店員さんが来ていません。
頭に?マークが沢山浮かんできました。
すると通りがかった近所の奥様が、今日は祝日の土曜日なので、開店は10時からですよ、と言われ、大きくのけ反ってから、またサンタクロースの袋を担ぎ直して家に帰り、10時の開店に備えました。
実はこのような判で押した生活を10年間も繰り返しています。

似たよう事がもう一つあります。
それはマラソンです。
マラソンを始めたのは1994年の夏からですから今年で23年目に入ります。
P1012645
地元のマラソンクラブに入会したのが1999年ですのでこちらは18年目になります。
ブログもマラソンも
去年今年こぞことし貫く棒の如きもの(高浜虚子)
のようなもので改めて自らの「継続は力なり」を感じています。
マラソンクラブも今年で40周年を迎え会員数も113名を数えそれなりのクラブになってきています。
最近は胸筋痛で毎回の出席はできないものの不定期には参加しています。

そんなこんなでお昼を迎えたので近所のお蕎麦屋さんに行きます。
椅子に座ると店員さんから、今日は玉子、大盛、それとも両方と聞かれましたので、今日は玉子、と答えました。
何のことだか分らないですよね(笑)
f620923a
私は、このお店ではもりそばしか頼まないのです。
従いまして、それのオプションとして玉子、大盛、それとも両方のどれを選ぶのですか、と聞かれているのです。
ここもたまにスキップする事がありますが10年近く通い詰めております。
そもそも江戸っ子は一度決めた事は替えません。
ともすると変えない事に美意識をもっているのかもしれません。
このような食事も然りであります。

家に帰ると、マラソンクラブの会長から、クラブの記録誌の手伝いをしてくれないかとの電話がありました。
個人的には、定年も射程距離に入っている今日現在、定年後にやる事は早々と決めていました。
一つは近々発表できるかと思いますが、もう一つはこのマラソンクラブを裏から支えようと考えていたのです。
そういう意味では断る理由もないので、二つ返事で快諾しました。
私はこの文中に書きました「継続は力なり」が好きなのです。
男子ですから一度決めた事は生半可なことでは止めません。
img_0_m
男は黙ってサッポロビール(三船敏郎)
なのであります。
できますればそれに不易流行(いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものをも取り入れていくこと)を付け加えていこうと思います。
そういう意味では今年の秋も京都に行きます。
奥様と行き出して通算で22回目を数えます。
11年間ですか、お互い元気であればこの記録も伸ばしていこうと思っています。
蛇足ながら、この土曜日は色々なアクシデントが重なりこの稿を書いているのは次の日即ち日曜日の朝5時であります。事程左様に継続は難しいのであります・・・


ひよっこ 米子(さおり)のテーマ サントラ


IMG_2588
今日は虹が光る石神井公園に出没です。

IMG_2520
檀ふみ先輩も看病していたお母さまが亡くなり、約束とおり広大なお屋敷から立ち退かれたようです。

IMG_2521

IMG_2510
バスの街石神井公園でもあります。
という事で今日のお店は「辰巳軒」さんです。

住所: 東京都練馬区石神井町3-17-20
電話:03-3996-0425
定休日: 木曜日

IMG_2511
お店の外観です。

IMG_2514

IMG_2513
店内の雰囲気です。

IMG_2512
メニューです。

今日のオーダー「炒飯+ハムカツ」@600+@200=800円です。
珍しく店内が空いているかと思いきやパチリを撮った後団体客がやって来てあっという間に満席になりました。

IMG_2515
待つこと8分で「炒飯」が到着しました。
見た目、昭和の炒飯です。

IMG_2516
それでは実食です。
この炒飯はサラダ油が良いのでしょう。
くどすぎずあっさりしすぎでお米の一粒一粒をコーティングしています。
加えてあおりの良さです。
大量のチャーシューがうれしいです。
それに呼応するかのような大量のナルトも感激です。
私の好きな味わいです。
何とも言えない美味しさです。
ま・ん・ぞ・く・・・

IMG_2517
「炒飯」に遅れること1分「ハムカツ」の到着です。

IMG_2518
普通の「ハムカツ」かと思いきや芯にポテトサラダが入っているのですね。
NHKの料理番組「あてなよる」で大原千鶴さんが同じ料理を創っておられたので
食べたいと思っていたので、とてもうれしく感じました。
組み合わせの妙ですね。
これまた美味しいです。
満足な夕食となりました。
ご馳走さまでした

それでは(^_-)

高岡 石焼ステーキ贅

今日は「損して得取れ」です。
札幌にいた頃の話です。
登別の新規先と15時にアポが取れ取引先と車で出かけました。
季節は3月です。
3月といえども北海道ですから雪はまだ残っています。
車の運転は、取引先の熊みたいに髭の濃いおじさんがにないました。
というか車はこのオジの私有車ですので必然の運転です。
さら〜に、このオジは眉毛がこち亀の両さんみたいに繋がっていて、個人的にはアイヌ(当時アイヌは蔑称で使用厳禁。正しくはイヌイット)の末裔ではと想像しておりました。
行きは、時間厳守なので札幌から高速で行きました。
打ち合わせは上出来な内容となりました。

9005B846-A51D-4389-BE8B-2533FFDA563A-thumbnail2
帰りはこのオジが白老(アイヌ集落がある町)に美味しいラーメン屋があるので、夕飯にラーメを食べて帰ろうという事になりました。
近道を知っているので山道で行こうという事になったのです。
私は、いくら4WDといえどもまだ残雪があるので、遠回りでも一般道にしようよ、といったのですが熊だけに頑固なのです。地元民がそのようにいうのであれば反駁もできません。
山道の登りは4WDなので苦も無く走破しました。
ちなみにこの道は隘路で4WD一車がギリギリ通れる道幅ですので、万が一対向車がきたらアウトです。
下りも楽勝かと思って走っていたのですが、20分位したら進行方向の右側に沢がありました。
この沢に落ちましたら、いくら4WDでもワイヤーを掛けないと抜けられません。
ちなみにこのオジは適当な性格なのでワイヤーなどは車にはのっけておりません。
さすがにこのオジでもこの沢に落ちた時のリスクはよくよく承知しており、慎重にゆっくりと運転していました。
那辺は道産子ドライバーですから安定感があります。
沢を見つけて慎重運転に切り替えてから10分後に、ドスンという衝撃が私の座骨に響きました。
沢にビビり、車をキープレフトにしすぎたため、雪で隠された路肩の大きな窪みに落ちたようです。
こういう場合、4WDですので左右に小刻みにハンドルを切り返し、窪みの反動をつかって脱出するのですが、かなりの深みにはまったみたいでタイヤがさら〜に穴を掘ってしまい、左後輪が空回りするようになってしまいました。
車を停めて二人でドスンの場所を確認しましたら、想像以上の大きな穴に左後輪がはまっていることが分りました。
オジは私の顔を見てニコッと笑いながら、これじゃあ土木工事するしかないな、と言ってから、グリ石(基礎工事の際に地盤を固めるための石)さがしてよ、と私に婉曲的な指示をしたのです。
3月といえどもまだ寒い北海道ですから、私のお気に入りのオフホワイトのコートのボタンをガッツリ締め、コートの襟を立てて、オジから渡された軍手をはいて(北海道弁=はめてとは言わない)グリ石探索業務に付いたのです。
圧雪の雪を軍手で除きながら、グリ石を探しました。

estoah_e0125-otk
さすがに30分位で後輪が落ちた深い穴をグリ石で埋め戻す事ができました。
さら〜にこの上にタイヤグリッパーを載せて完成です。
これならグリップが生まれて抜け出すでしょう。
私は穴から抜け出すために、反動を付ける為に後ろから車を押す係に任命されました。
ギアをロウに入れてから、脱出のための作戦が始動しました。
最初は空回りしていた後輪ですが、私がつどグリ石の位置を替えながらエンヤコラと押していたら、山の神様が降臨してグリップが戻り、車はなんとかギャップからの脱出がかないました。
よかったじゃないかですかと・・・
とんでもございません。
後ろでエンヤコラ押していた私の身体には大量の土砂がかかり、お気に入りのオフホワイトのコートが黒豹柄のコートになってしまったのでした。
さすがにこれでは奥さまが激怒します。
と言っても詮無きことなので、この落とし前として、この熊オジの会社の側の美味しい寿司屋で酒付きの大接待をしてもらったのです。
損して得取れの昔の話であります。


観覧注意!絵画が変化。


IMG_2601
今日は高岡に出没です。
地元で行列必至の美味しいステーキ店があるとの事でお訪(とな)いを入れました。
今日のお店は「石焼ステーキ贅」富山高岡店さんです。

住所: 富山県高岡市二塚304-1
電話:0766-50-9011
定休日:無休

IMG_2604

IMG_2603
お店の外観です。

IMG_2605
店内の雰囲気です。

grand700_02
メニューです。

今日のオーダー「サーロインステーキ(180g)」@1,684円です。
時間をずらして行ったので名物の行列には巻き込まれませんでした。
落ち着いた雰囲気のお店です。
IMG_2606
待つこと17分で「サーロインステーキ(180g)」の到着です。
見た目、美味しそうです。

IMG_2608
それでは実食です。
サーロインだけありまして肉が柔らかいですね。
その肉に秘伝の「オニオンソース」を食べていただきました。
ソース自体は少しトンガッタ味ですが美味くいただきました。
脂にも甘みがあって最高です。
東京なら楽に@2,000円超えのヴァリューでしょう。
久々に美味しい肉を堪能しました。
ご馳走さまでした

それでは(^_-)

続 横浜中華街 ニーハオ

今日は「虫の好かない奴」です。
dkelly_tokorosan_img
あまり好き嫌いがなく、誰とでも分け隔てなく付き合っている私ですが、約1億3千万人いる日本人の中で独りだけ大嫌いな人間がいます。
それは所ジョージさんです。
始めて見たのは、どこかのフォークコンサートの会場でした。
所さんは、一番前にギターを抱えて飛び入りの機会を伺っていて、なにかのきっかけに乗じて壇上の出演者にお願いしてというか、お願いするのと同時に相手の了承緒も得ず、勝手に舞台に昇っていき、ギターを掻き鳴らしながら、一曲歌うのですが、それがとてつもなくヘタなのです。
なんだこいつ失礼な奴だな!と思い一緒に来ていた友人達と鼻白んでいたのでした。
当時は武道をしていましたので、相手の了解をも取り付けずに、いけしゃあしゃあと舞台に上がるとは、失礼千万、傲岸不遜、腰間の秋水で一刀両断にぶった切ってやる、と勝手に息巻いておりました。
その後、これに似たシーンをテレビでも観たことがありますので、多分にプロダクションの売り出し策なのかもしれません。しか〜し、たいした事もないのに、たいしたことをする厚かましさは、これこそ唾棄すべき人物とみなしていたのです。

c782b_188_3bf88f3a_2442fe56
最近、顔はしまってきたのですが若い頃はどこから見てもヌケた顔をしていました。
顔も大嫌いです。
人差し指で額をなぞると、大量の油分が手につきそうな、脂ぎった額はさら〜に嫌いです。
さら〜に、額が後退しているのを金髪にしてゴマかし且つおでこにメガネをのせる事でそのハゲ部を隠すアザとさは笑止千万のカモフラコーデと一刀両断にぶった切らせていただきます。
昔からですが自分がおもしろいと思っていることを、おもしろいだろう、センスあるだろう、といわんばかりに、居丈高に前面に押し出すところは特に嫌いです。
何の芸も無いのにレギュラー番組持っていたりすることは許せません。
本当に運のみで生きているのであればいいのですが、実はこのおバカキャラを作るために日夜研鑽をつんでいるとしたら、私はorz(立ち直れません)です

takarakuji_8669
年がそんなに離れていないせいかもしれませんが、今まで私は所ジョージさんをライバル視してきましたが、ここに来て完璧に負けていることは認めざるを得ません。
こんなに一所懸命に働いて来たのに、努力をしてきたのに、累積収入は比べるのがアホなくらい彼の所得はmassive(膨大)であります。
なんでやねん、と方言コスプレで自虐する事実が情けないです。
せめてもの抵抗として。彼がCMキャラクターをやっている宝くじは絶対に買いません。
子々孫々には、彼の出身大学である拓殖大学には絶対にいかせません。
その旨を遺言を書きます。
最後に、彼より長生きして、彼の死亡記事を見てこれだけは勝てたと随喜の涙を流します。
書いていて完璧に落ち込んでしまいました。ミジメというかクヤシイ・・・


IMG_2563

IMG_2564
今日は伊勢崎町に出没です。

IMG_2566

IMG_2565

IMG_2567
青江美奈さんがにっこりと微笑みかけてくれたので立ち止りました。
この赤いボタンを押しますと、無料で一曲青江美奈さんの大ヒット曲である「伊勢崎町ブルース」を唄ってくれます。
試しに押しましたら、本当に歌ってくれました。
しか〜し、独りでこれをやっていますと地方から来た観光客みたいで恥ずかしいです。

IMG_2569

IMG_2585
夜のとばりがおりてきましたので中華街に足を向けました。

IMG_2586
今日のお店ですか・・・
決めました、今日はお腹が空いているのでこのお店です。
今日のお店は「你好(ニーハオ)」さんです。

住所: 神奈川県横浜市中区山下町137
電話:045-681-8281
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)

IMG_2583
お店の外観です。

IMG_2576
店内の雰囲気です。

IMG_2577
メニューです。

今日のオーダー「牛バラ煮込み+ご飯」@1,580+150=1,730円です
相も変わらず雰囲気があるお店です。
IMG_2578
待つこと10分で「煮込み+ご飯」の到着です。
見た目、牛バラゴロゴロです。
それでは実食です。
牛バラはよく煮込まれていて柔らかいです。美味しいです。
煮込み汁も本格的で且つ八角の香りが立っていてこれまた美味しいです。
なかなかな味わいです。
普段なら残す量ですが、お腹が空いていたので完食です。
大満足な夕食でした。
ご馳走さまでした

IMG_2572

IMG_2582

IMG_2584

IMG_2581
支払いが終わった後で、最近よくTVでフィーチャーされている兄弟店の「福楼」さんの名物フクロウのパチリを撮りたいのですが、と店主の息子さんにお願いしましたら快諾でした。
谢谢您(thank you)を連発して謝意を表しました。
ちなみにこの名物フクロウさんこの時間は昼寝タイムとの事で開眼してくれませんでした。
なんでやねんであります。

それでは(^_-)

高岡 すし貫

今日は「ブランド復活続々 アイワ、SANYO、ビクター・・・」です。96958A9E93819688E0E29A96916
AV(音響・映像)機器で知名度が高かった「aiwa(アイワ)」ブランドが復活することになった。
ソニーがもっていたブランド使用権を他社が使い、日本で発売するという。
アイワは手の届きやすい価格帯で学生などに人気があったため、当時親しんだ世代を中心にネット上で話題になっている。実は最近、日本の家電・AVブランドの復活が相次ぐ。
地域を絞ったり、高額品に特化したりと手法は様々だ。
■ブランド復活進めるパナソニック
2016年夏にインドで復活したのは「SANYO」だ。
パナソニックが09年、三洋電機を買収し、国内外の製品はパナソニックのブランドに統一。
家電などで人気があったSANYOを目にすることはなくなった。
だが、インド現地では白物家電の販売実績がありSANYOの認知度が高く、復活させることにしたという。
現在はインドで4種類のテレビを取り扱い、本体画面の中央下には見慣れた「SANYO」のロゴが使用されている。
最も大きい49インチのフルハイビジョンモデルは、通販サイトのアマゾン・ドット・コムで現在3万2490ルピー(約5万6000円)で販売中。
現地でアマゾンのレビューをみると、「安い価格の割に品質が良い」との評価が購入者から寄せられている。
パナソニックは14年、高級オーディオブランド「テクニクス」も4年ぶりに復活させた。
単純な価格競争を避け、音質にこだわる層に訴求する。
企業名と同じ「Panasonic」にこだわらず、ブランド戦略を柔軟に打ち出している。
オーディオメーカーのJVCケンウッドは往年の人気ブランド「ビクター」を復活させ、6月下旬以降に新製品の予約販売を始める。
ビクターは旧日本ビクターが国内向けに使っていたブランドだが、08年のケンウッドとの経営統合後は「JVC」または「ケンウッド」に統一されていた。
17年は旧日本ビクターの創立90周年でもあり、ブランドを復活させることにしたという。
新製品はスピーカーで聴いたときと同じような広がりのある臨場感をヘッドホンで楽しめるのが特長。
ヘッドホンに個人の音響測定などを含めたパッケージとして販売する。
価格は30万円と90万円の2種類。
技術力の高さを売り物に同社第3のブランドとして育成していく狙いだ。
■海外で有名なFUNAI、シビックも
「FUNAI」のテレビも日本で復活した。
船井電機がヤマダ電機と提携して6月から店頭販売が始まった。
海外ではFUNAIブランドは知名度が高く、米ウォルマート・ストアーズなどでは定番のテレビだ。
だが、船井電は06年、国内の自社ブランドテレビを復活したものの品ぞろえがそろわず短期間で中止になった。今回はリターンマッチだ。
家電以外のブランドではホンダの自動車「シビック」が今夏、日本で6年ぶりに復活する。
シビックは1972年に初代が登場。小型車「フィット」のヒットなどを受けて日本では11年に販売を終了したが、北米などでは販売を続けていた。
過去の日本のシビックは大衆車だったが、新型は走りを楽しみたい人向けの仕様にしたという。
老舗ブランドの復活はなじみのある人に訴求するだけでなく、新しく目にする若年層なども取り込んでいく必要がある。世代を超えたストーリー性を持たせるなどして埋もれたブランド価値を再び輝かせることができるだろうか。
企業のブランドづくりの巧みさも試される。
「ブランド復活続々 アイワ、SANYO、ビクター…」日本経済新聞より転載

復活ブランドですか、ウェルカムですね。
懐かしさで売るのではなく、新しい技術を盛り込んでいるみたいです。
特にアイワはいち早く4Kテレビの技術を取り込んでいます。

top_p03
車に目をむけますとホンダが10代目シビックを再投入しました。
シビックは世界の170か国で2,400万台を売るグローバルモデルです。
1〜8代目を日本で販売、9代目からは海外で専売、今回の10代目をして日本に帰ってきました。
この新しいシビックは、マン・マキシマム/メカ・ミニマムという思想を受けつけながら最新のダウンサイジングターボを搭載しています。
ガソリエンジン車でありながら低燃費で力強い走りを実現しているのです。
老舗ブランドはその企業とか製品が過去から受け継いできたDNAみたいなものです。
その上に、現在の技術、サービスを取り入れて、どのようにインプルーブするのかが成功の上でのポンイントになります。個人的には、学生時代はホンダ車に乗っていて、ホンダ車は好きな車です。
デザインは、CIVIC(市民)に戻ったような感じです。
これに乗って青春を取り戻したいなと思う今日この頃であります。


NEW CIVIC PROMOTION VIDEO



IMG_2556
今日は富山県は高岡に出没です。
今日のお店は再訪店です。
前回は満を持して空いていそうな13時に伺ったのですが、組合の寄り合いでお店を閉められていてアウトでした。
仕方ないので店主の修行店である「鮨金」に行ったのですが、こちらも休業でした。
もしかしましたら組合の寄り合いとは、寿司屋組合だったのでしょうか・・・
今回は前日に予約を入れていったのでハズシはありません。
今日のお店は「すし貫」さんです。

住所: 富山県高岡市佐野840
電話:0766-21-3632
定休日: 木曜日

IMG_2537
お店の外観です。

IMG_2546
店内の雰囲気です。

きょうのオーダー「おまかせ+アルファ」@ 2,500円+アルファです。
高岡一のお店なので、実は少し緊張していました。
タクシーをお店に横付けしておりてから駐車している車をみますと、金沢ナンバーの車が一台のみで後は全部高岡ナンバーの車が駐車スペースを占有していました。
所謂ジモティ御用達のお店でしょうか。
店主に写真撮影の許可を取ってからは、妙に緊張が取れすぎて、なんだか分んなくなりました。
加えて、私は食べるのが早いのですが、店主が私のスピードに合わせて握るものですから、寿司ネタもメモれず・・・
嘘です。
他のお客の手前、格好悪いから敢えて記憶力勝負にでたのですが、加齢によりほとんどうろ覚えです。
従いまして、ネタ名と画像が一致していないのは平にお許しください。
それでは高岡一の寿司の紹介です。
Let’s get started!

IMG_2539
赤イカ

IMG_2540
インドマグロ

IMG_2541
甘エビ(卵と殻付き)

IMG_2542
甘エビ

IMG_2543
ヒラメ

IMG_2544
ズワイガニ

IMG_2545
バイ貝

IMG_2547
甘エビ

IMG_2548
白エビ

IMG_2549
たこ

IMG_2552
あじ

IMG_2554
白身

IMG_2550
お椀(つみれ汁)

味ですか、美味しかったです。
特段、極上に美味しいかといえばそこまでは至っていません。
白眉はつみれ汁です。
これは至福の味でした。
これだけでも、ここのお店のレベルが高いのがわかります。
個人的には、店主の修行店「鮨金」さんよりはファミリアな感じが横溢していて那辺は高評価です。
できれば、コース内容を記したメニューを予め頂けましたら、食べる事に専心できたのでしょうが、まぁ店主からしますと、私のようなブロガーはお邪魔虫なのでそこまでやる必用はないのでしょう。
もう一度来て、次回はネタをじっくりと味わいましょう、ハイ。

それでは(^_-)

神田 内神田うてな 5th

今日は「テレビなど見ている暇などありません」です。
「キリンはビールを不味くしている」「だからアサヒに勝てないんだ」。そんな批判がネット上に広がった。
かつては販売量で圧倒的首位を独走したキリンビールだが、1990年代になってアサヒビールに抜かれ万年2位に甘んじている。
首位を奪還すべく活動する営業マンのドキュメンタリーがテレビ放送されたのだが、そのシーンの中に、居酒屋内でビールを目の前に先輩からパワハラ紛いの叱責を受け、涙を流す一人の社員の姿があったため、「ビールのイメージが悪くなった」というのだ。

■「お前、どれだけやっとんねん。やれや!できるやろ!! 」
DF8ltlzUMAAiwNt
キリンビールが批判を受けているのは2017年9月5日放送の経済ドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」(テレビ東京系)。副題は「なぜ勝てない?万年2位…キリンの苦悩」だった。
番組では関西のビールシェアはアサヒビールの「スーパードライ」が44%と圧倒的で、キリンの「一番搾り」は15%と紹介し、キリンは全社を挙げて関西での販売拡大に邁進していると紹介した。
スーパーマーケット担当の営業マンが集まった17年8月21日の近畿統括本部会議室での会議の様子を撮影し、一人の男性担当者に「2倍売るにはどうするんだ!」などと迫るシーンもあった。
この迫られた担当者が今回の「主役」で、会議の終わった夜、「本当の会議が始まる」というナレーションとともに「主役」を含む営業担当者数人が居酒屋に入って行く。
営業マンたちが入った居酒屋の座敷には「秋味」といった、キリンのビール系商品のポスターが何枚も張られていた。それぞれの目の前にはキリンのものだろうと思われるビールのジョッキが置かれ、それを飲んでいるうちに、先輩のパワハラまがいの説教が始まる。
エリート街道を歩んでいるという「主役」に対し、「お前、今のまま上に上がられたら下の子が付いてこないでしょ。
俺できない、知らない、やだ、そんな奴にリーダーやってほしくない。
お前、どれだけやっとんねん。やってないねん。やれや!できるやろ!!」
などと強い口調で迫った。そしてその「主役」は居酒屋の座敷で涙を流し、その涙は流れ続けた。
「麒麟一番搾りだろ、部下を搾ってどうすんだよ」
番組の意図としては、情熱を持った若手社員たちがビールのシェアを伸ばそうと熱い議論を戦わせ、感動の涙を流す、そんなシーンが欲しかったのかもしれないが、これによってキリンに対する激しい反発が起きることになってしまった。
とにかく「ビールが不味くなる」というもので、
「こんな飲み会してるからキリンはアサヒに勝てんのや」
「麒麟一番搾りだろ、部下を搾ってどうすんだよ」
「ビール会社がビールを不味くするとか、本末転倒過ぎて そりゃ勝てませんわって感じですわw」
「飲み会は楽しい場ではありません、と見せつけたらいかんでしょ」
などといったことがツイッターや掲示板に書き込まれ、キリンだけでなくビール自体がこういうシーンを見せられると気持ち悪く感じてしまう、と大騒ぎになった。
キリンは今回の事態をどう判断しているのか。J-CASTニュースが9月7日に同社広報に話を聞いたところ、この番組を見たという人たちから「お客様センター」へ様々な意見が寄せられているということを明かした。
今後の対応について同社広報は、「日々いろんな意見を頂いておりますが、今回についても弊社の今後の取り組みの参考にさせて頂きたいと思っております」ということだった。
「キリンビール社員の飲み会映像に激しい反発 『だからアサヒに勝てない』とネットで非難轟轟」YAHOOニュースより転載

これって東京テレビのプロデューサーの演出でしょう。
要は東テレさんが欲しい絵が取れたので流したのです。
間接的なヤラせと言い換えてもよろしいかと思います。
東テレだって日経新聞が31.46%の株を持つ日経の関連会社ではありませんか。
視聴率重視のような適当な会社ではないはずです。
個人的にはこのような価値観の押しつけほど嫌なものはありません。
そもそも、コミュニケーションは退社後ではなく、労働時間内にやるべきです。
今の若い人は自己投資等退社後にやらなければならないことがある人はたくさんいるのです。
それを酒じゃないとコミュニケーション取れないとか、勢いでなんとかしようみたいなものは、高度経済成長期時代の遺物でしかありません。
そもそもこのようなレガシィで視聴率が取れると考えている東テレとか、このようなニュースを流すメディアとかが噴飯物なのであります。

9f72fffa
私が尊敬する伊藤忠商事社長の岡藤正広さんは、仕事が速い人の3つの共通点として
1.最も重要なものから手をつける
2.その日の仕事はその日のうちに
3.週末は翌週の「予習」を
を挙げています。
オフだからと仕事をすべて忘れるのではなく、次の戦略や会議のことを思案することでいつもとは違う発想が浮かぶはず。やりたいアイデアが出てきて、休み明けはやる気満々で出社できる、としています。

1709view019
月曜日の仕事はアイドリングから始めてはなりません。
最低でもロウギアからスタートできるようにしておきませんといい仕事はできません。
日々、ベストワークができるかどうかは、闘う場所を正しく選択できるかどうかにかかっているのです。
他人に見せるための戦いではなく、小さいかもしれないが、それが真の目的に向かう努力を重ねるべきなのです。
このようなくだらないテレビなどを見ている暇などないのです。

Anyone who has never made a mistake has never tried anything new.
一度も失敗をしたことがない人は、何も新しいことに挑戦したことがない人である。
Albert Einstein(アルバート・アインシュタイン)


海のゴミを吸い込む 魔法のバケツ


IMG_2467
今日は小糠雨降る神田に出没です。
今日のお店はお気に入り店です。
今日のお店は「内神田うてな」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-11-5 カーサ内神田 1F
電話:03-5577-4844
定休日: 日曜日定休 祝日不定休

IMG_2468
お店の外観です。

IMG_2471
店内の雰囲気です。

IMG_2470
メニューです。

今日のオーダー「日替わり定食」@1,000円です。
定食の内容は、かつお炙り、とうもろこし茶わん蒸し、煮しめ(高野豆腐、里芋、人参、椎茸)、枝豆、切り干し大根、木耳、炊き込み飯、漬物、味噌汁です。
IMG_2472
待つこと6分で「日替わり定食」の到着です。
見た目、大人のお子様ランチです。

IMG_2475
まずはかつお炙りです。
鮮烈な美味しいです。
本場高知で食べたのと比べると力負けしていますが、東京でこれだけおいしいカツオの炙りを供することころはないでしょう。これだけで大満足です。

IMG_2473
枝豆、切り干し大根、木耳、炊き込み飯です。
枝豆がほっこり炊けています。
木耳のアクセントが高評価です。

IMG_2476
煮しめ(高野豆腐、里芋、人参、椎茸)です。
今日は甘めの味付けです。
個人的には好きな味わいではありません。

IMG_2477
とうもろこし茶わん蒸しです。
トウモロコシの甘さが椀にはんなりと溢れています。
これは美味しい、美味しすぎます。
大満足なランチでした。
ご馳走さまでした

それでは(^_-)

佐野 花と華

今日は「マムシはまぁムシ?」です。
夜に窓に張り付いているヤモリの姿に「ギャッ」となった人はいませんか?
その姿からちょっと苦手とする人も多いヤモリですが、家を守る守り神として縁起の良い生き物として知られています。ヤモリはその名前から「家守」や「屋守」として家を守ってくれる縁起の良い生き物とされています。
名前だけではなく、実際に家にとって良くない害虫などを捕食してくれています

IMG_2522
そんなヤモリがわが家で見つかりました。
ただし変わり果てたご遺体での状態でです。
しか〜し、それを見つけた奥様は、キャア、キャア大騒ぎしています。
私が、ヤモリは家の守り神だよ。そんなふうに忌み嫌う爬虫類じゃないよ、と言っても全く通じません。
下町ではヤモリは飼いこそしませんが小さい頃、ヤモリを見つけたらそのままにして、母に報告します。
すると母は、良かったね、家守り神様のご降臨だよ、と言って喜んでくれたのです。
この奥様と母の差は、カルチャーギャップというものです。
それでも母がヤモリをじかに触った記憶はありませんでした。

マムシ
爬虫類といいますと、私の叔父のマムシの捕獲を思い出します。
家の前にたまさかマムシがいますと、叔父は小躍りして喜ぶのです。
そして叔父はそそくさと家の玄関の内側の棚においてある刺し又みたいな棒を持ってきて、グニャグニャと動き回っているマムシの頭を押さえます。
そして靴でその頭を踏んで首根っこを押さえます。

maxresdefault
さら〜に、この画像のようにマムシの頭を押さえてマムシの歯を折り、毒を絞り出してから、口の中に竹櫛を差し込んで一丁上がりです。
それを家の鴨居に挿して乾燥させるのです。
多分、叔父は強精剤として売って小銭を稼いでいたようです。
従いまして、叔父の目にはマムシは野口英世が這っているように見えていたのでしょう。
実際、叔父の家の鴨居には串刺しの干からびたマムシが何十匹も刺さっていました。
オジサンは、疲れがたまると、冬ですとそのマムシを囲炉裏の炭であぶり、熱燗の日本酒に入れて飲んでいました。
私もたまにその炙ったもののご相伴にあずかっています。
味は決して美味しいものではなくてそれよりも蛇特有の臭みがあって女性は絶対に苦手な食べ物かと思われます。実際、叔母はこのマムシの炙った匂いを嫌がっていました。
匂いもさることながら、この匂いがマムシの仲間を呼ぶからというのが本当のところでした。
伯母は蛇が嫌いのようでした。
確かに、家の玄関の周りにマムシがグニュグニュと這っている絵面はよいものではないでしょう。
叔父の家は伊豆の海岸沿いにあります。
伊豆ですから山がすぐ後ろに迫っています。
子供の時は夏休みの過半は叔父宅で避暑をしていました。
その当時、私はよく夏山に入っては従兄弟達と青大将を捕まえていました。
夏山は暑いので、蛇狩りの最中には首に巻いて涼をとっていました。
しか〜し、あまり大きいのを巻くと首を絞め上げる力が強いので要注意です。
まれに窒息死する恐れがあります。
クーラーのない時代だったので、一度母に、蛇を布団に入れて、アイスノンみたいにして股に挟んで寝ていいかと聞きましたら、死ぬほど怒られた事がありました。
どうやら母も蛇は嫌いだったみたいです。
今は昔の話です。


Hilarious Moment during class-THIS IS NOT FAKE!



IMG_2508
今日は佐野に出没です。
今日のお店は体に優しい中華を供するお店です。
今日のお店は「CHINESE DINING 花と華」さんです。

住所: 栃木県佐野市吉水町366-2 道の駅どまんなかたぬま
電話:0283-61-0078
定休日: 水曜日 / 年始(元旦・2日)

IMG_2487
お店の外観です。

IMG_2494
店内の雰囲気です。

IMG_2490

IMG_2489
メニューです。

今日のオーダー
私は「豚肉ときくらげの玉子炒め+ライスセット」@830+@350=1,180円です。
奥様は「Bランチ」@1,000円です。

IMG_2497
待つこと18分でテーブルセットの到着です。

待つこと20分で「Bランチ」の到着です。
IMG_2499
Bランチの内容は、豚挽肉の辛め炒め、蒸餃子、海鮮豆腐焼売、サラダ、スープ、杏仁豆腐です。
これで1,000円ですか、品数多いですね。
それでは実食です。

IMG_2500
豚挽肉の辛め炒めは茄子美味しです。
辛さ控えめでマイルドな味わいです。
なかなかです。

IMG_2502
サラダは特筆するものはありません。

IMG_2505
点心二点、蒸餃子、海鮮豆腐焼売はかなりのレベルです。
皮が甘くて美味しいです。

IMG_2507
杏仁豆腐はアーモンドパウダーの香りが立っていて、生クリームも深い味わいです。
これはご機嫌な味です。
なかなかなです。

IMG_2503
時間差で私の「豚肉ときくらげの玉子炒め+ライスセット」の到着です。

IMG_2504
全般的に「豚肉ときくらげの玉子炒め」は薄めの味付けです。
マイルドな分キクラゲがよい働きをしています。
これは好みがわかれます。
個人的にはみりんが強すぎますかね。
で〜も、まずまずです。
化調使わない料理です。
ホールスタッフの方からは、多少薄味かもしれませんが、お客様の健康を考えたものですので、ご理解いただけますとありがたいです。健康に良いものを食べていただいて永いお付き合いをさせていただければと考えています、との事でした。
なるほど、そうであれば、このお店では炒飯は頼まない方が良いかもしれませんね。
薄味の炒飯はちょっとねぇですから・・・

それでは(^_-)

銀座 花山うどん リターンズ

今日は「鬼熊事件雑感」です。
mqdefault
私が日本史を好きになったのは100%亡き父の影響です。
父は独特の歴史観を持っていて、それを私に自慢タラタラで擦り込みます。
そのような歴史観への反駁もあり、日本史は特に勉強しました。
中学生の時、父が何かの拍子で「鬼熊」は偉いとホメていたのです。
私は「鬼熊WHO?」という事で、「鬼熊」事岩淵熊次郎が起こした事件を調べてみました。
当時の、私の見解は、女にだらしないミツグ君が、貢いだ相手から袖にされたのを逆恨みし、傷害事件を起こして投獄されたのですが、その後、色々あって(詳細は以下をご覧ください)最終的には5人を殺害して、最後はその責をとって自殺した事件です。
しか〜し、彼は、同業(荷馬車引き)に新人が入ると四日でも五日でも手弁当で仕事のやり方を教えていますし困った人の借金の世話もしています。
恩義を受けた人には水火も辞さない心意気で、馬車挽き仲間でも顔役だったのです。
要はなかなかいい人だったのです。その証左にくだんの傷害事件も 旧主の五木田元県議や弁護士の暖かい面倒を受け、執行猶予で出所したのでした。
彼は、恩は命がけで返し、恨みも命をかけて復讐するという両極端の性格の持ち主だったのです。
当時の世論は凶悪殺人犯である彼を支持して、実際に地元の住民は彼の逃亡を手弁当で助けています。
さら〜に、驚くのは被害者の祖父母が自裁した熊次郎を弔い、お前も不幸な男だったなぁ、と遺骸に手を合わせたとか、当時のメディアの報道では、鬼熊より殺された人間が悪かったので致し方ない、みたいな人権を無視した偏向報道が飛び交わっていたのでした。
父は、自ら犯した罪を公的制裁ではなく自裁で決着をつけ、それも先祖の慕前で行ったことはたいしたもので、武士たるものの責の取りかたであると「鬼熊」をホメていたのでした。
私はこれの是非を論じているのではなく、たんに時代がそう言わせたのだといいたかったのです。
価値観というのは定理ではなく変遷するものだと言いたいのです
従いまして、当時のヒーローは今では受け入れられません。
最後に、なんで「鬼熊」の事を思い出したのかと申せば、一週間前に成田に仕事で行った際に、取引先の方からここで昭和の始めに「鬼熊事件」という事件があったのですよ。
知らないでしょう、と聞かれたので、よく知っています、と答えたのが端緒です。
「鬼熊」の出身地久賀村の出沼は成田国際空港の東南にあるそうです。
現在は、出沼の北にはグレンオークスカントリークラブ、南にゴルフ倶楽部成田ハイツリーなどのゴルフ場があり現在ではゴルフ銀座として有名ですが、今から90年前に「鬼熊」がこの辺りを疾走していたと思い返しますと、歴史好きとしては感慨深いものがあります。
最後に「鬼熊」事岩淵熊次郎の顔はコワイですよね・・・

prm1507250006-p1
1926年8月20日、荷馬車引きの岩淵熊次郎が、親しかった小間物屋の女性・けいが他の情夫と交際していたことを知り殺害。
その後、けいと情夫の仲を取り持っていた知人の菅松の家を放火、けいと交際していた情夫とけいの働いていた小間物屋の店主も殺害し、駆けつけた警官に重傷を負わせ山中に逃亡した。
岩淵は「鬼熊」と呼ばれ、警察官、消防団、青年団など計5万人を動員し山狩りを行った。
しかし、過去に岩淵に世話になり事情を知っていた村人たちは、岩淵をかくまったり嘘の情報を流すなど捜査を長引かせた。また、身軽で山中に詳しかった岩淵に隙をつかれ捜査員が怪我を負わされ、さらに9月12日には巡回中の警察官が殺害されている。
当時のマスコミが事件を大々的に報道した結果、「鬼熊」の名は全国に広まり、「鬼熊狂恋の歌」という曲が作られるほど人気を博した。
9月30日、岩淵は先祖代々の墓所に逃げ込み、恨みはすべて晴らしたとして、取材に来ていた新聞記者や知人の前で村人の用意した毒入りの最中を食べ、剃刀で喉を切って自殺した。
なお、岩淵は死亡の2日前である1926年9月28日の時点ですでに自殺を決意していたらしいが、28日は酒を飲んでいるうちに眠ってしまい、翌29日に首吊りや頚動脈を切るなどしたが、元々体を鍛えていたことから死に切れなかったと言う。
事件後、岩淵を匿ったり自殺に立ち会った村人や新聞記者が裁判にかけられるが、自殺幇助となった記者や知人はいずれも執行猶予つきの温情判決が下され、村人たちも無罪とされた。


暗いフリネタの後には胸ウルの動画です。
ロシア人ドライバーの小さな親切に世界中がホッコリ感動 しました。


IMG_2523

IMG_2524
今日は銀座に出没です。
今日のお店は再訪店です。
今日のお店は創業明治27年「花山うどん」銀座店さんです。

住所: 東京都中央区銀座3-14-13
電話:03-6264-7336
定休日: 無休

IMG_2525
お店の外観です。

IMG_2530
店内の雰囲気です。

IMG_2415
メニューです。

今日のオーダー「丸ごと玉葱の南極カレー(うどん)」@1,300円です。
前回はうどんを頼んだのにつゆの中から鬼ひも川(幅広麺)ができて、麺喰ってしまう、ちがうか面喰ってしまいましたのでそれのリベンジです。

IMG_2527
席に着くやいなやテーブルセットが用意されました。

IMG_2528

IMG_2529
まずは美味しい漬物をいただきます。
たくあん美味しです。

IMG_2531
待つこと10分で「カレーうどん」の到着です。

IMG_2532
為念、麺種を確認しました。
今日は間違いなくうどんです。
それでは実食です。
まずは美味しいつゆをいただきました。
美味しい?
うん何だ、つゆが煮詰まっています。
カレーをよくかき混ぜていなかったのですね。
家ではたまにやりますが、飲食店ではアウトです。

IMG_2535
後半、私がつゆをかき混ぜながら食べていましたら味が整ってきました。
このカレーうどんは高評価です。。
カレー美味し、みっしり入った鶏肉美味しです。
ご機嫌な味です。
ついに丼底が見えてきました。
ここから一気に完食しました。
やはりここのカレーうどんは東京一と言っても宜しいでしょう。

それでは(^_-)

富山 小馬

今日は「三度目の殺人」です。
ecda9f261df90010
前作「海よりもまだ深く」で大らかなユーモアを交えて人間の愛おしさを称えた是枝裕和監督だが、本作「三度目の殺人」では一転して、緊迫感あふれる法廷ドラマをくり広げる。
裁判ものというジャンルに新境地を切り開く傑作だ。
弁護士の重盛(福山雅治)は、同僚の摂津(吉田鋼太郎)から殺人事件をひき継ぐ。
容疑者の三隅(役所広司)が簡単に供述を変えるので、摂津は音を上げたのだ。
三隅は、食品加工工場の社長を殺したとして起訴されたが、30年前にも強盗殺人の前科があった。
今回有罪なら死刑は確実だ。そんなおり、三隅は週刊誌に、社長の奥さんの美津江(斉藤由貴)に頼まれて保険金目当てで社長を殺したのだ、と告白した。
重盛は助手の川島(満島真之介)と事件の再調査にあたる。
すると、三隅の家に、脚の不自由な娘が出入りしていたとの情報を掴(つか)む。
調べると、それは社長と美津江の娘・咲江(広瀬すず)だった。
被害者の娘と容疑者の接点を探る重盛のもとに、咲江が訪れ、驚くべき事実を明かす……。

黒澤明の「羅生門」以来、真実の相対性というテーマを掲げる裁判ものの映画は少なくない。
しかし、本作は、あくまで重盛という一人の人間の視点から殺人事件を見つめる。
普通の人間には真実は簡単には見えない。
にもかかわらず、裁判は神の視点に立って事件を裁こうとする。
法廷を戦術の駆け引きの場と考えるニヒリストの重盛が、次第に裁判という制度そのものの矛盾に目覚めていく過程が説得力豊かに示される。
推理小説のような明らかな謎解きは行われないが、それがまったくごまかしではなく、欲求不満を感じさせない。
三隅と咲江だけが知る真実を示唆して、人間の心の奥深さを透かし見せる。役者たちの健闘、静謐(せいひつ)で力のこもった美術と映像の共同作業も素晴らしい。
2時間4分
「『三度目の殺人』 心の奥深さ透かし見せる」NIKKEI STYLEより転載

映画はよく観にいきます。
昔は子供たちの付き添いで観に行っていましたが、最近は奥様とだけですね、映画を観に行くのは・・・
今回の「三度目の殺人」は、今年に限ってから申しますと「海賊とよばれた男」、「本能寺ホテル」に次いで三本目の映画ですから、今年は鑑賞回数が少ないですね。
観たい映画が少なかったのかもしれません。
よく映画を独りで観に行く人がいますがプチ信じられません。
映画を観た後に、感想を交換する相手がいなければ映画観賞はつまらないと思うのですが。

20170221-sandomenosatsujin
ここからはネタバレです。
これから観ようと思われている方は絶対に見ないでくださいね。
さてこの映画ですがprofound(深い)な映画です。
容疑者三隅(役所広司)は、父親からsexual abuse(性的虐待)を受けていた咲江(広瀬すず)を救済する為に、その父親を処刑(殺す)しました。
もしかしましたら咲江(広瀬すず)も一緒に手を染めたのかもしれません。
映画ではそのような印象誘導するシーンがありました。
父親に殺意をもつなら社長の奥様の美津江(斉藤由貴)と咲江(広瀬すず)だと思うのですが、さにあらずで三隅(役所広司)が殺人に手を染めるのですね。
母親の美津江(斉藤由貴)の娘が受けている性的虐待に対する不作為の傍観がことさら強調されていましたが、斉藤由貴さんはこのような思慮不足の人の演技は上手いですね。
もしかしましたら役作りしていなのかもしれませんが・・・

「三度目の殺人」の意味ですが、映画の中では、30年前の北海道での殺人と、現在の工場の社長の殺人しか描かれていません。これでは一人足りないのです。
足りない一人とは、三隅が自分自身を自ら「殺す」という婉曲的殺人でなされるのです。
つまり、三隅が自ら死刑になるように仕向けて、裁判において裁判長から死刑を宣告された事で、三隅による自作自演での「三度目の殺人」が整ったのです。

個人的には、訴訟経済(訴訟の審判に関して裁判所と当事者その他の関係人の労力、時間、経費などの負担をできるだけ節約しようという要請)、性的虐待(性的虐待児童相談所に寄せられた報告は2004年現在1,048件)の二点に驚きました。最近の裁判は、事件の真実追求より、被告人に有利な証言を集めて、少しでも求刑を軽くしようという戦術が組まれていて、減点化裁判になっているみたいです。
これはほとんどアイススケートの採点方法とプラスとマイナスの違いだけで基本的には同じです。
さら〜に性的虐待は、今日でも現存している事です。
鬼畜の所業が顕在化できない事にも驚きを禁じ得ませんでした。
言い換えますと、性的虐待を受けている少女は家の中でじっと息を殺して耐え続けているのです。
いずれにしましても、大人のドラえもん的映画です。
このように自らの身体をはってまで、弱者を救済するふるまいの輪郭は、神をも彷彿させます。
久々にカタルシス(心の中にあるわだかまりが何かのきっかけで一気に解消すること)を感じた映画でした。
一食抜いても是非ご覧ください。


「三度目の殺人」PV



IMG_2591

IMG_2590
今日は富山に出没です。
お昼は軽食(車中でサンドイッチ)だったのでお腹がすきました。

IMG_2592
それなのにこの看板に魅(ひ)かれて「名物オムライス」のお店に入ってしまいました。
名物に旨い物なしってか、と言いながらお店の階段を昇って行きました。
今日のお店は「小馬」さんです。

住所: 富山県富山市桜町1-7 平岡ビル 2F
電話:076-432-1082
定休日: 無休

IMG_2593
お店の外観です。
階段の蹴込板の部分にガールズバーの広告があり、本当にオムライスレストランかどうか悩んだのですが、とりあえず扉を開けましたら、昭和の喫茶店のしつらえが目に飛び込んできました。一安心です。

IMG_3566

IMG_3567
本当は「ウィーンの森」さんを探したのですが、どうやら閉店したみたいです。
しか〜し「小馬」さんと構造が似ていると思いませんか。

IMG_2596
店内の雰囲気です。

IMG_2594

IMG_2595
メニューです。

今日のオーダー「プリティセット」@1,100円です。
本当はオムライスだったのですが・・・
「ぺこぺこお腹も大満足(^^)」のキャッチにそそられて「ナポリタンと大きいハンバーグ」にしたのです。

IMG_2597
待つこと7分で珈琲とテーブルセットが到着しました。

IMG_2598
待つこと9分で「ナポリタンと大きいハンバーグ」が到着しました。
見た目プリティというより渡辺直美さんという感じです。

IMG_2599
それでは実食です。
ハンバーグ美味しです。
なんでしょう、ミートローフ的な雰囲気を横溢していますがその実態はハンバーグです。
羊頭狗肉ではなく狗頭羊肉みたいなものです。
私の好きな味わいです。
ナポリタンはソースがシャツに飛ばない系で且つ酸味が強いです。
これはタバスコで味を引き締めさせてもらいました。
しか〜し、炒めはいいですね。
接客もいいしなかなかのお店です。
富山の物価はわかりませんが東京の感覚で言わせていただければコスパ良しです。
ご馳走さまでした

それでは(^_-)

続 銀座 花山うどん

今日は「『メシ・風呂・寝る』から『人・本・旅』へ」です。
無題
白河 まずは、日本の労働生産性についてお聞きしたいです。
働き方改革実現会議では、合言葉のように「日本の労働生産性が低い」といわれ、22位というグラフが繰り返し出てきました。
出口 日本は高齢化率(総人口に占める65歳以上の割合)が約27%もあり、世界一高齢化が進んでいる国だと言えます。
何もしなくても、介護、医療、年金などにかかる費用が毎年5000億円以上増える構造になっているのです。
その分を取り戻さなければ、貧しくなるしかありません。
そのためにはどうすればいいか。国内総生産(GDP)を上げていくしかありません。
「GDP=就労人口×生産性」ですから、人口を増やすか、生産性を上げるか、という二択になります。
しかし、人口は急に増やせませんから、僕たちの選択肢としては、生産性を上げるしかない。
ところが、日本の労働生産性は、OECD加盟35カ国のうち22位(2015年)。
G7では、24年連続最下位です。
しかし、これは逆に、改善の余地が山ほどあるともいえるのです。
続いて、なぜ日本は生産性が低いのかということを考えてみましょう。
例えば、出版社にAとBという二人の編集者がいたとします。
Aは、朝8時に出勤し、夜10時まで働きます。
昼食も、自分の席でサンドイッチをかじり、仕事に励んでいます。
しかし、頭が固くて、いい本を生み出すことができません。
一方、Bは、朝10時くらいに出社し、すぐにスタバで誰かと話をしています。
そのままお昼を食べて会社に帰ってきません。
夜は、6時になったら飲みに行って、会社に戻りません。
しかし、たくさんの人に会ってアイデアをもらっているので、ベストセラー本を年に3回くらい出します。
白河さんがこの出版社の社長だったら、どちらを評価して給与を上げますか?
白河 ベストセラーを出して、実際に利益を出しているBさんです。
出口 そうです。では、これがカラーテレビを作る工場だったらどうでしょうか。
Aが担当するベルトコンベヤーは、朝8時から夜10時まで、ほぼ休むことなく動き続けてテレビを製造します。
一方、Bのベルトコンベヤーはそれほど稼働しません。
つまり、製造業のような「工場モデル」と、発想力を競う「サービス産業モデル」とでは、働き方が違うのです。
出口 工場モデルの時代は、長時間労働で利益を伸ばすことができましたが、現在のサービス産業モデルでは無理です。理由は、医学的に見て、頭を使う仕事は長時間労働ができないからです。
脳は、体重の約2%しかないのに、エネルギーは20%以上使っており、まさに超高性能のエンジンです。
だから、世界中の脳科学者の共通見解として、人間の集中力は2時間程度しか続かないといわれているのです。
2時間×3、4コマくらいが、脳が働ける限界なのです。
白河 ということは、休みながらもトータルで6〜8時間。それ以上は、受け入れる情報が過多になって、不快になってしまうんですね。
出口 そうです。この話を講演ですると、50〜60代のおじさんたちは、「そんなことはない。自分たちの若い頃は、徹夜して、長時間働いたら達成感があった」と言うんです。
これも医学的に証明されています。
脳は疲れると、脳内から快感を伝えるホルモンを出すのです。
白河 長時間労働をすると、能率が上がっているのではなくて、「仕事をした気分」になっちゃうんですね。
出口 その通りです。生産性とは全く関係のない、脳の自衛作用なんです。
例えば、次のような興味深い話があります。
福島第一原発事故が起こった時、東京電力の幹部たちが必死で会議をしていました。
その時の録画を見ると、気力・体力・能力に優れたエリートたちが必死になって議論しているのに、時間の経過に従って能力が下がっていくことが確認できたのです。
相手の発言がすぐに理解できずに、聞き返す頻度が増え、ボキャブラリーの数が減っていくのです。
物理的に長時間労働は持たないということを端的に示した例でNHKで放送されました。
では、どうすれば生産性を高められるかと言えば、僕はいつもこんなことを提案しています。
労働時間を2時間×3、4コマにして、ちゃんと休んで、「人・本・旅」の生活をすることです。
「人・本・旅」とは、人に会う。本を読む。
最後の「旅」は、現場のことです。
おいしいパン屋さんができたら、行って、買って、食べて、初めておいしさが分かります。
脳に刺激を与えなければ、アイデアなんか出てこないんですよ。
長時間労働をして、ただ「メシ、風呂、寝る」を繰り返す生活では、日本の経済はもう持たないのです。
ライフネット生命保険創業者 出口治明さんインタビュー(前編)NKKEI STYLEより転載

近所の外国人は脳に2時間以上の負荷をかけるタスクは認めていません。
人間の集中力は2時間程度しか続かないといわれているので、休みながらもトータルで6〜8時間でそれ以上は受け入れる情報が過多になって、不快になってしまうみたいですね。
成程、もう大和魂的長時間労働は駄目なのですね。
良い時代になったものです。
これを読む限り精神論的根性労動に対する「No Thank youの時代」は足元まで来ている様です。
個人的には、過去の刻苦奮闘の長時間労働は生産性の観点からしますと全く意味がなかったのかと思い返しますと、寂しいものがあります。
しか〜し「過ちては改むるに憚ることなかれ」ですので、考え方を変えましょう。
出口さんが言われているように「人・本・旅」とは、おいしいパン屋さんができたら、行って、買って、食べて、初めておいしさが分かるのです。
脳に刺激を与えなければ、良いアイデアなんか出てこないのですね。
大いに脳に刺激を与えて、未来の収穫の為にさら〜に一所懸命に働きましょう。

We must always change, renew, rejuvenate ourselves; otherwise we harden.
我々はつねに、自らを変え、再生し、若返らせなければならない。
さもなくば、凝り固まってしまう。
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ 


ご主人様が湖に落ち・・・ワンコの行動に涙 。



IMG_2428

IMG_2413
今日は銀座に出没です。
今日のお店は再訪店です。
今日のお店は創業明治27年「花山うどん」銀座店さんです。

住所: 東京都中央区銀座3-14-13
電話:03-6264-7336
定休日: 無休

IMG_2414
お店の外観です。

IMG_2422
店内の雰囲気です。

IMG_2415
メニューです。

今日のオーダー「丸ごと玉葱の南極カレー(うどん)」@1,300円です。
前回同様店内は混み込みです。
美味しいからでしょう。

IMG_2417

IMG_2418
まずは今日の漬物です。
いぶりがっこと野沢菜です。
いぶりがっこ美味しいですね。
うどんが来る前に食べ過ぎてしまいました。

待つこと9分で「丸ごと玉葱の南極カレー(うどん)」到着です。
IMG_2421
えらく早いなと思って食べ始めましたら、つゆの中から鬼ひも川(幅広麺)が出現しました。
うどんを頼んだはずなのに・・・
頭の中にが大きな?マーク浮かんだのです。

IMG_2425
数分後にこのお嬢様に同じく「丸ごと玉葱の南極カレー」が到着しました。
この時点で私は全容がわかりました。
私は斜め前に座っているお嬢様に、麺はうどんではないですか、と聞きますと、つゆの中に箸を突っ込んで麺の様相を確認してから、その通りです、と答えてくれました。
やはりな、ホールスタッフがオーダーの配膳を間違えたのです。
だいたい、後から頼んだ私なのに、先に座っていた斜め前のお嬢さんより早く着くのはおかしいと思っていたのでした。敢えてお店の不運を申せば、こんな炎天下に熱くて辛い南極カレーを食べる人間が同じテーブルに座っていたことでしょう。誠にご愁傷様でございます。

閑話休題
IMG_2419

IMG_2420
暑い日にはさら〜に暑くです。
唐辛子を投入しました。
それでは実食です。
まずはつゆをいただきました。
丸ごと玉葱と称するだけあって甘みの有る辛さですが辛さはかなりspicy(辛い)です。
美味しいです。
このような美味しいカレーうどんは始めていただきました。
さら〜に、つゆの中には鶏のかたまり肉が格納されていました。
これが柔らかくて程よく脂がのっていてこれまた美味しいのです。
ちょっと筆舌に尽くしがたい美味しさです。
しいて瑕瑾を申せば、これは表面積の少ない普通のうどんで食べたかったですね。
カレーうどんは鬼ひも川(幅広麺)では食べにくいし味が濃くなります。
で〜も、美味しいことに揺るぎはありません。
これは東京一でしょう、キッパリです。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ