下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

新富町 一凛  リターンズ

今日は「停酒天国」です。
sake_book
お酒を止めたつもりがいつの間にかお酒を断ったみたいになってしまい正直申しておどろいております。
早いもので5年を経過して四捨五入しますと6年になります。
停酒の功罪を考えますと圧倒的にメリットが多いですね。
まずは金銭的負担の激減です。
飲酒時代にはドライデイがほとんどなく、病気にならない時以外は、ほとんど飲んでいたのでその経済効果は
▲月/10万円くらいでしょうか。
加えて、酔って財布を落とさなくなりました。
しか〜し、その反動で衣服にお金を掛けているのですが、さすがに毎月10万円も服は買わないものの、それになりに浪費しています。
従いまして、普段はかなりサレオツな格好をしています。
次に病気をしなくなりました。
多分に停酒をしたことで睡眠の質が良くなったみたいで健康になったようです。
この六年間で花粉症とノロウィルス以外は患ったことはありません。
マラソンが趣味なので走りすぎなければ薬(湿布薬)いらずです。
飲まないので身体がだるい日はなく、仕事が面白いですね。
絶え間なく新規ビジネスを創っております。
加えて、勉強をかなりしています。
この蓄積はリタイアした後、資格武装をする際に必ず活きてくると臆断しています。
特筆するのは、いつも素面なので夜中の緊急応対に隘路がありません。
この間も、深夜に友人から調べ物をしてほしいとの依頼があり、時計の針は0時を廻っていたのですが、1時までに回答して、大感動されました。
夜の酒宴も飲まないけれども、かなり積極的に参加しており、付き合いが悪いというそしりは受けた事がありません。強いて申せば、相手が悪酔いした時の私に対する本音トークは傷つきます。
向こうは酔った勢いで本音話をしたかったのでしょうが、こちらは真面目に聞いているので、酔ったという裃を着ていてもてもかなり傷つきます。
素面で歌うのが苦手だったカラオケも最近は歌えるようになりました。
カラオケだけは、自己陶酔して歌いたいので酔いは必要です。
これだけはまごう事なき事実であります。
どうなのでしょうか、高校、大学の友人のほとんどは多飲からくる酒毒で健康を害しています。
と申しましても、高血圧、痛風、糖尿病、高脂血症、肝機能等リーマン近代5病に患っているだけです。
で〜も、それが死への旅立ちのパスポートになっているかもしれません。
本音を申せば飲む日と飲まない日を切り分ける事ができればいつでも停酒をやめたいのですが、多分私にはできないでしょうから、このままキープゴーイングであります。
いずれにしてもクォリティオブライフですから、自らが納得していれば、酒毒におかされようがされまいがケセラセラで、世の中は自分が信じるようになっていくのだと思えばいいのではと思う今日この頃であります。
上から目線でしらたらあいすみませんでした。


運命的出会い…その結果は



IMG_0960
今日は新富町に出没です。

IMG_0961
来るたびに行列の長さが伸びています。人気店です。
今日のお店は東京チャイニーズ「一凛」さんです。

住所: 東京都中央区築地1-5-8
電話:03-3542-6663
定休日:日曜・祝日・第一月曜日

IMG_0982
お店の外観です。

IMG_0965
メニューです。

IMG_0968

IMG_0964
店内の雰囲気です。

今日のオーダー「豚肉と木耳の炒めとよだれ鶏の御膳」@1,300円です。
店内は女性客でみっしりとしていました。
女性は辛い料理は苦手かと思っていましたが意外でした。
今日の厨房は齋藤シェフではなくて渡辺さんでした。
渡辺さんてスーシェフ(副料理長)ですかね。
お手並み拝見です。

IMG_0967
まずはピクルスで料理がくるのを待っていました。
ニンジンのピクルスは甘くて美味しいですね。

IMG_0971
待つこと3分で「豚肉と木耳の炒めとよだれ鶏の御膳」の到着です。
見た目、盛り沢山ですね。

それでは実食です。
IMG_0981
まずは「豚肉と木耳の炒め」から頂きました。
あれっ、これって甘いですね。
砂糖が入っているみたいです。
これでは玉子のまろやかさが楽しめません。
プチ残念です。

IMG_0975
そして「よだれ鶏」です。
この辛さは程よくタレの味わいが得も言われぬものです。
鶏も柔らかく美味しいです。
パクチ大盛にしてもらいましたので大満足の味わいになりました。
この一品だけで満足です。

IMG_0978
もち豚焼売も美味しいです。
渡辺直美さんが焼売になったような感すらあります。
モチモチです。
これも美味しいです

IMG_0976
溶き卵スープです。
熱々で結構です。
中に浮かんでいるキノコの弾力を楽しみました。
美味しいです。
「豚肉と木耳の炒め」の甘さを除けば大満足です。
このコスパでは行列必至なのは仕方ないですね・・・

それでは(^_-)

池袋 キッチンABC 11th

今日は「気になること」です。
今日のフリネタは私が最近気になる事です。
宜しかったらお付き合いください。

#馴染みのYシャツショップの女性
yjimage
私がよく行くYシャツショップの女性の感性が私にクリソツのでよく話し込みます。
最近気になるのは、私って中学校の時は一重マブタだったのです。
今はこのように奥二重でしょう。
アイプチとかでなくて自然とそうなったのです、という話を彼女が自然に私にするのです。
特段、私は彼女の目がキレイだね、と言った事もないのでとても不思議です。
たまに行くお店なので、以前にも私に同じことを言ったのを忘れているのでしょうが、これで通算三回目です。
彼女はかつて一重マブタで有った事を、ご丁寧にも何で私にカミングアウトするのでしょうか。
とても気になります。
言わなければ分らないのに・・・

#大学の時のテニサーの同級の女性
TeamFunny_jpg
大学の時、くだんの彼女は親友のガールフレンドでした。
従いまして、あまり親しく話した事はなかったのです。卒業してから彼女は私の親友とは結婚せず、私たちが全くしならない広告代理店の方と30歳の時に結婚されたのです。
彼女とは、この5年間不定期に良く合います。
勿論、単独ではありません。
最近気になるのは、彼女は私に昔の仲間の旧悪をばらすのです。
例えば、美香子ってさぁ、私たちに話すとき先輩面して話すでしょう、と言われたので、確かにそういうところあるよなぁ。だって美香子って私たちの1級下だろう、と言えば、そうなんだけどね。彼女はねぇ、高校は学芸大付属なのよ。それでさぁ、東大一筋で受験していたんだけど、2浪しても入れずじまいで、結局、うちの経済に嫌々入ったのよ。だからさぁ、年は私たちより一つ上なのね。
学生の時は上下関係があって、後輩しゃべりしていたんだけど、最近はその縛りが効いていなくて先輩言葉なのよね。フケ顔になったからじゃない、とか言うのです。
さら〜に、この間、同期と銀座で飲んでからそぞろ歩きしてギンザシックスの前にきたので記念写真を皆で撮りました。そうしましたら、今度はくだんの美香子が私のところに寄ってきて、ねぇねぇ知っている。
サオリン(親友の元彼女=美香子ネタを話した女性)ってさぁ、写真撮る時斜めになるのよね。
この間アルバム見ていたら気がついたの。
彼女ってキメ顔に加えてキメ角度も決めていたのよね。
どう思う?って聞かれたのです。
さすがに返す言葉が見つからず、そうなんだ。知らなかったよ、と言ってから話をかえたのですが、美香子さんも咲緒里さんも何で同期のアラを話したがるのでしょうか。
もしかして悪い情報をお互いに共有することである種の連帯感を感じたいのかな、と思うのですが気になります。
というか、とても不思議なのです。
男子はそのようなユダのように友達(ユダの場合はキリスト)は簡単には売りません。

#会社の新人
yjimage9OY0HRL9
TOEIC820点の成績で鳴り物入りで入社した隣のグループの彼ですが、半年前、貿易の仕事でボーンヘッドをやらかしたので、その担当を外されました。
つい先日、私にも聞こえるように、俺って、最近、英語がヘタになったよなぁ。
つくづくそう思う、と隣のアシスタントに話しかけているのです。
昼休み、食事に誘ったので、リクエストに応えて、△△、最近、英語がヘタになったんだって。何でそう思うんだよ、って聞きましたら、以前より単語がスラスラと出てこなくなったのですよ。参りました、と返されたので、お前の英語って私は聞いたことがないぞ。
なんでそんな私が判断できないことを言うの。
ビフォアアフターが分らなければ比較できないだろう。
それよりいつもCCで入れてくれる英文メールだけど、あれってISN(information systems network)文だよ。
もう一回、基本的な英文ビジネスメールを勉強したら。
入社研修以来ブラッシュアップしてないんだろう、と突っ込みますと、タジタジになっていました。
しか〜し、彼は誰もが比較検証できない英語のヘタさをなんで広言するのでしょうか。
気になりました。
これはしばらくして氷解しました。
部門内限定で回覧された先月のTOEICテストの点数一覧を見ましたら、彼だけ著しくそのスコアを下げていたのです。その為の煙幕だったようです。
やはり、必要外の事を広言する時には必ずその裏があるのですね。


スーパーの店長がアンケートへの返事に絵入りで


IMG_0848
今日は所用があって奥様と池袋に出没です。
時計を見ましたら20時半です。
お気軽に食べられるお店に入りました。
今日のお店は「キッチンABC」さんです。

住所: 東京都豊島区西池袋3-26-6 サンサーラ西池袋ビル 102
電話:03-3982-1703
定休日:無休

IMG_0850
お店の外観です。

IMG_0854
店内の雰囲気です。

今日のオーダー
私は「スタッフライス」@680円
奥様は「ハンバーグライスチーズのせ」@950円です。

今日は程よく混んでいます。
待つこと13分共に到着です。

IMG_0856

IMG_0858
まずは私の「スタッフライス」です。
揚げたてのチキンカツは美味しいのです。
しか〜し、私の大好きな玉子に火が入りすぎています。
いくらチキンカツが美味しくてもトロトロ玉子がないと満足できません。

IMG_0860

IMG_0862
そして奥様の「ハンバーグライスチーズのせ」です。
これもハンバーグステーキそのものは美味しいのですが、焼きムラがあります。
なんですかね・・・
厨房の方に目をやりますとコックさんが変わっています。
作り方が同じでもコックさんが変わると味も変わるのは当たり前ですが、いいように変わってほしかったものです。
プチ残念な夕食でした、ハイ。

それでは(^_-)

6月9日までお休みします・・・

占い師 (2)
お立ち寄りいただきましてありがとうございます。
私用の為、6月9日までお休みします。
再開は6月10日の予定です。
よろしくお願いします。

Splash

続 交通会館 西田

今日は「負け惜しみ」です。
高校の友人がレンタルスタジオをオープンしました。
とてもおめでたい事なのですが実は私は大心配していたのでした。
と申しますのは、彼は正業に就いていないのです。
要はお金を持ってない人なのです。
さら〜に、正しく申しますと、友人は大学を卒業して以来、きちんと働いたことはありません。
このように書きますと自堕落、ふしだらの人間に思われるでしょうが、さにあらずで、真面目で高校時代の学業は優秀でした。その証左に現役で早稲田大学工学部に入った程の学力の持ち主です。
しか〜し、その後がいけません。
大学入学後、ジャズにはまり、大学ではバンド活動にいそしみ、卒業後は就職もせず、プロになる為に塗炭の苦しみの中でライブ活動を続けていました。
しか〜し、ウレませんでした。
個人的には、演奏技術は秀でたものはあったのですが、イカンセン華がありませんでした。
結果、母親が見かねて、父親の会社の外注業者にしました。
本当は正社員にしたかったのですが、すでに後を継いでいる長兄が、30歳までブラブラしていた友人を認めていなく、友人もまたそんな兄を煙たく思っていて、ここではお互いの思いが合致して正社員にはならなかったのです。
家は母親の実家にある自由が丘の家に住んでいたのですが、それもいつの間にか生前贈与で彼のものになり、さら〜に、不憫に思ったのか45歳の時にこれまた生前贈与で40百万円ほどを小遣いとして彼に渡し、それを元手に喫茶店を開業しました。
その後、同年代の女性と結婚して、当然のことながらマルコウをとっくに過ぎていたので子供はできず、二人で細々と暮らしていました。
仄聞するに自由が丘で開業したので、内装はコジャレタものにした事から、お小遣いの40百万円の半分の20百万円は内装に投資したようです。
その後、自由が丘という土地柄お店の家賃が高いため、そこそこ客が入っていたのですが、赤字黒字を繰り返して青息吐息の経営だったようです。
それに追い打ちをかけるように奥様が精神の病を患い、入退院を繰り返しいたので、お店も不定期な営業になり、経営的にはレッドラインに入っていたようです。
かかる中、だらだらと説明した通り、ジリ貧の彼が乾坤一擲でレンタルスタジオを新築しオープンさせたのです。
私は、そんな投資をするより、今からでも安定した所得が得られるような仕事に就くべきだと思っていましたが、そこまで言うのは内政干渉ですので、敢えて控えました。

stand01
高校の友人達もオープニングセレモニーに呼ばれたので、皆で何かお祝いに贈ろうという事になり、私は真っ先に「商品券」と言いましたら、皆から空気読めと笑われました。
結果、見栄えよい生花になったのです。

P027233446_480
当日のセレモニー会場には、昔のバンド仲間が多数訪れ、加えてプロのミュージシャンも呼んでいたので、式典のほとんどがバンド演奏の中で行われていたので、とても華やかなものになっていました。
食事は近隣の有名なフレンチレストランのケータリングでしたし、お酒はどこから見ても高級なワイン、シャンパンであふれかえっておりましたし、来場者の服装も時代の先端のファッションの方が多く、どこから見てもセレブリティのパーティでした。
健康を回復した奥様も会場に来て接客をしていたので、久闊を叙して話をしていましたら、どうやらこのレンタルスタジオは、自分がギターの練習をしたいから作ったとか、その為に音響に多額のお金をつぎ込んだみたいで、今回のレンタルスタジオの建設資金は約40百万円との事でした。
私はお酒も飲んでないのに何か悪い白昼夢を見ているようでした。
ほとんど収入のない彼があらたに40百万円ちかい金をつぎ込んで、恐ろしい事に自由が丘の活性化というご題目で始めたみたいで、投資金額の早期回収という事は考えていないようなのです。
要は彼のコンセプトは自由が丘発信のあらたな町おこしみたいなのです。
少し説明が正しくなかったのですが、正確には自由が丘から少し奥まった深沢に彼は住んでおり、そこで彼は自宅の一階を改装してレンタルスタジオにしたのです。正しくは、深沢発信のあらたな町おこしでその新たな文化のインキュベーター(孵卵器)としてこのスタジオを創ったのです。
私の大きなクエスチョンマークに気がついた友人がいて、シャンパングラスをマイク変わりにして私に説明してくれました。
その説明によりますと、彼の母親は数年前に亡くなったのですが、その際に遺言で彼に1億円以上をあげたみたいです。それにより現在の彼の懐は温かいのでした。
ナンだ、心配した私が馬鹿でした。
私よりお金持ちの友人の懐を気にしていた私は一体全体何だったのでしょう・・・
しか〜し、私はそんな不労所得で潤った生活より、毎日一生懸命働いて築った今の生活の方が良いと思っています。やはり人生山谷があり、それを乗り越えたからこそ家族の絆が生まれるわけで、苦労をしないとやはりその絆のバインドは緩くなるものだと思っています。このような事を下町言葉で「負け惜しみ」と申します。



鉛筆画 桐谷美玲 完成までの一部始終



IMG_0945
今日は、有楽町は交通会館に出没です。
今日は美味しい唐揚げです。
今日のお店は「西田」さんです。

住所: 東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館 B1F
電話:03-3216-5429
定休日:日曜・祝日

IMG_0947
お店の外観です。

IMG_0955
メニューです。

今日のオーダー「若鶏一口カツ定食」@600円です。
このお店は多分兄弟と思われる老齢な二人が切り回しています。
このお店は厨房から店外が見えるらしく
「さあどうぞ!入ってください!」
「おひとりさま!すぐ入れますから!どうぞ!どうぞ!」と厨房の大将が発声しますと、まったく店外がみえないはずのホールの大将が唱和します。
結構大音量の発声ですから迫力があり、ブラックホールのように客を引き込みます。

IMG_0949
待つこと瞬殺で「タクアンと昆布の佃煮」の到着です。
私はここの昆布の佃煮が大好きです。
所謂「ご飯のお友」略すと「ハントモ」ですが、これは友達ではありません。
親友であります。

IMG_0954

IMG_0951
待つこと3分で「若鶏一口カツ定食」の到着です。
見た目、茫洋としています。
しか〜し、一たび口に入りますと美味しいのです。
まず衣美味し。
美味しい油を程よく吸っていて香ばしいのです。
これは塩でたべませんと衣の美味しさが引き立ちません。
ソース好きでもまずは最初の唐揚げは塩で食べてください。
加えて鶏肉が柔らかいのです。
これ程柔らかい唐揚げは見たことがありません。
美味しすぎます。
このパフォーマンスで600円しかも消費税込みですよ。
老齢のお二人ですが長々とやっていて欲しいものです、ハイ。

それでは(^_-)

銀座 タマリンド

今日は「ユーモア」です。
funny_advertisments01
ユーモアは、ラテン語で液体を表すフモールが語源です。
人体の中の液体、体液の意味です。
本来は医学的な概念です。
中世の医学者たちは、人体に含まれる体液を一括してフモーレス(フモールの複数形)と称し、これこそが人間を生かしているのだと考えました。
フモーレスは生命の源泉の本質であり、その流れが人体に活力を与え、創造的な力となって命を満たし、補っているのだと判断したのです。
ユーモアは、心と心のふれあいから生まれます。
相手に対する愛とか思いやりが、ユーモアの原点です。
私たちが、相手に対して思いやりや愛を示したいなら、出発点は相手が何を期待するか、何を希望するか考えることです。私たちは思いやりに満ちたユーモアによって、和やかな雰囲気を作ることができるのです。
「ユーモアについて」アルフォンス・デーケン著より転載

我が家は父がアルコール依存症で社会人になるまではかなりつらい日々でした。
その影響で、私はACになってしまいました。
しか〜し、家の中はそれほど暗くはありませんでした。
その理由は、母が明るかったのでした。
スインクポジティブというよりもネアカといった方が正しいのでしょう。
よく冗談をいっては、家の雰囲気を明るくしていました。
これでだいぶ救われた気がします。

9X8A7805c
仕事では部下には厳しく接していました。
4〜5年前、ある役員の叱責を受けてから、厳しく指導するのが嫌になったのです。
叱責の主因は、確かに役員が申すように、私の脇の甘さが問題を複雑にしたのですが、私が嫌になった理由はそこではなく、分らないだろうけど、俺ならこのようにしていたな、とか、三国間取引で国際的な大問題になる処を、俺の機転で事なきものにしたんだ、みたいな本件の解決とは別な次元の話にすり替える事だったのです。
分かりやすく申せば「レガシー(過去の自慢)」だったのでした。
私は、怒声のシャワーを浴びながら、なんだ!猿のマウンティング(順位確認の行為)ではないか、と思ったのです。要は位の高い者には唯唯諾諾と従えと申していたのです。
以来、この役員と話すときは斜に構えて、半分喧嘩腰です。
これではいい仕事はできません。
で〜も、私はこの役員のミラーリングだと思ったのでした。
私が部下を叱責している姿はまさにこの役員と同じだったのです。
以来、部下との接し方を変えました。
まず、なんでこんな問題になる前に報告しなかったんだ、と怒鳴るのは止めて、穏やかに時折ジョークを交えて、問題がおきる原因・背景を突き止める事にしたのです。
これは奏功しました。
彼らからのインタビューの結果、これらの問題のすべてがPDCAにおける「Doをしない」若しくは「Checkをしない」だったのです。
これでは問題が起きるのは当たり前です。
上位者としては部下にまかせっきりで「マネージしていなかった」という反省もでてきました。
たまには報告もせずにミスした場合は叱責するのですが、これも部下が言いにくい環境を自らが醸し出したのが遠因だと、反省するようになりました。
要はマネージメントに肝要なのは「北風と太陽」における太陽となり部下を暖かく包みこむ事です。
そうすれば問題も発芽する前に摘み取れるのです。
人間は笑う事ができる唯一の動物らしいです。
笑いの効用を改めて認識する今日この頃です。
人間は、顔の表情だけでも、アイラブユーを伝えることができる動物なのです。
笑う門には福来る、ですぞ。


クリスマス、戦地からお兄ちゃんが帰ってきた ・・・



IMG_0836
今日は銀座に出没です。

ギンザシックスに参りました。
IMG_0834
まずは正面の洋風暖簾です。
誰もこれが暖簾だとは思わないでしょうね。

IMG_0772
店内の吹き抜けです。

IMG_0774

IMG_0773
6階のレストラン街です。
まずは@9,800の値付けのビズトロオザミさんです。
この値段なのに満席です。
金満国日本であります。

IMG_0775

IMG_0782

IMG_0777

IMG_0801
銀座大食堂です。
長蛇の列です。
昔のデパートの大食堂とは趣を異にしています。

IMG_0826

IMG_0828
13階の高級レストラン街です。
ここは会社の財布でないと厳しいですね。

IMG_0806

IMG_0808

IMG_0802

IMG_0812
IMG_0815

IMG_0817
屋上庭園です。

という事で今日のお店は「タマリンド」さんです。

住所: 東京都中央区銀座6-10-1 Ginza Six 6階
電話:03-6264-6541
定休日:Ginza Sixに準ずる

IMG_0779
お店の外観です。

IMG_0796
店内の雰囲気です。

IMG_0781

IMG_0786
メニューです。

今日のオーダー「Bランチ」@1,296円です。
実はこのお店を選んだのは一番空いていたからです。
それでも待つこと36分で入店です。
店内は思ったより広くなく女性天国でした。
男性は私一人です。
女性の方々(画像の女性方々ではありません)は食事が終わっていてもおしゃべりに夢中になって席を立ちません。
これではお店もたまらないでしょう。

IMG_0787
待つこと5分でお水の到着です。

IMG_0789
待つこと7分でBランチの到着です。
見た目、プアですね。

それでは実食です。
IMG_0792
まずはチキンバターマサラからこれ酸味が強いですね。
続いて南インド風エビカレーです。
これは海老がプリンプリンしてイケました。
最後はキーマです。
安定感ある味です。
カレーは、まずまずのあじです。

IMG_0790
ナンは難なくいただきました。
銀座でこの値段ならコスパは良いのではないでしょうか。
但し、接客が上から目線なのでほっこりした気分ではいただけませんよ。
まさに「インド人もびっくり」な女性ホールスタッフさんでした。
多分に、連日連夜の息もつかせぬ来客でお疲れなのでしょう。

IMG_0794
フルーツライタは掛け値なしに美味しかったです。
ホンマモンの味です。

それでは(^_-)

交通会館 交通飯店 5th

今日は「狭い国土だから・・・」です。
日本人は時間にきびしいから鉄道が時刻どおりに走るというわけじゃないのです。
日本人は時間にルーズなほうじゃないですか。
それなのになぜ日本の鉄道が時刻表どおり正確かといいますと、それは、じっは、線路がたりないからなのです。
外国だと、ちょっと輸送量が増えると、すぐに線路を複線にしたり、複々線にしたりするようですね。
線路容量といいますが、線路がたっぷりとあるのです。 
ところが、日本では、なかなか線路を増やそうとはしませんね。
たとえば、東海道本線を複線のままにしておいたり、東北本線など、かなり長いあいだ単線でした。
これがもし外国だったら、とっくに線路を倍にしていたことでしょう。
日本では線路を増やさずに、列車の連結車両を多くしたり、ドアを多くして乗降を早くすませて停車時間を縮めようとしたり、そういった方向で、問題を解決しようとしてきました。 
もちろん、日本は超過密な国で、とくに大都市の周辺は、おそろしく地価が高いからそうなるのかもしれません。 
少ない線路の上を各駅停車は走る、特急は走る、そのうえ、貨物列車は走るとなると、時刻どおり正確に走らなかったら、当然、全線大混乱になってしまいます。
だから、正確に走ることが厳格に義務づけられることになるわけです。
「私の途中下車人生」宮脇俊三著より転載

1418864739164
日本の鉄道の運行が時刻表通りになっているのは、国土が限られているから地価が高くなり、その結果として敷設する線路が限定されてしまうからですね。
そもそも日本人は時間のルーズのようです。
日本国民に「時間をきちんと守り、欧米並みに生活の改善・合理化を図ろう」と呼びかけ、時間の大切さを尊重する意識を広めるために設けられたのが「時の記念日」ですからね。
時刻表の正確さを知っているだけに、日本人は時間に正確だというのは、誤った擦り込みです。
多分どこの会社でも会議の終わる時間はルーズのはずですから、これが日本人の時間のルーズさの最大の証明です。

これと似たような話で、江戸の末期における識字率が、世界最高水準であったことは皆が知るところですが、これは正確な電車運行同様、日本人が優秀だからではないよういです。
要は、少ない平地に人口が過密する国土がもたらした結果のようです。
この地勢的背景により教育が受けやすく、読み書きにより意思伝達が必要とされていたからです。
ともあれ明治維新という人類史上の奇跡は、この全国民的教養度の高さによって実現されたのです。
国家の方針を、国民がいち早く理解し、正確に伝達し合ったおかげで日本は植民地にならずにすんだのです。
今日の繁栄は、やはり狭い国土と過密な人口という宿命の中で、誰もが教育を受ける事ができ、盛んに読みかつ書くことによって意思伝達を行ってきた結果なのでしょう。

Let us, then, be up and doing, With a heart for any fate.
それでは、立ちあがり、行動しよう。
いかなる運命のもとでも、精いっぱいに。
Henry Wadsworth Longfellow(ヘンリー・ワーズワース・ロングフェロー)


45年後から来たのび太



今日は銀座に出没です。
IMG_0737

IMG_0739
銀座から少しあるく有楽町にある交通会館に参りました。
今日のお店はヤンキースのイチローさん御用達の中華料理屋さんです。
ということで今日のお店は「交通飯店」さんです。

住所:東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館B1F
電話:03-3214-5558
定休日:日、祝日

IMG_0741
お店の外観です。

IMG_0749
店内の雰囲気です。

640x640_rect_43699820
イチローさんの画像です。
イチローさんが帰国時に通うという中華の名店らしいですよ。
私の調査では日本で野球をしていた時に、裏方さんらを連れてきては貸し切りで楽しんだとのことでした。
為念お店の奥様に確認しましたところ、私の質問には答えず、最近はお見えになりませんね、との事でしたので、やはり過去(日本在住時)には来ていたのでしょう。

今日のオーダー「きくらげ、肉、卵炒め定食但しご飯は小」@850円です。
IMG_0743
待つこと0分でだくあんの到着です。
これが来ないとこのお店に来た気がしません。
どこから見てもまっ黄色のタクアンです。

IMG_0744
待つこと10分で「きくらげ、肉、卵炒め定食但しご飯は小」の到着です。
見た目、きくらげこんもりです。

それでは実食です。
IMG_0747
柔らかく弾力のある肉厚の厚いきくらげは噛みしただくためにふくよかな液汁が口内に溢れかえりまさに口福であります。豚肉の炒め加減も柔らかくて申し分ありません。
玉子はきくらげによく合います。
今日は特にきくらげが美味しく感じました。
多分に口内食感が良いのでしょう。
@850円でこれだけの満足が味わえるのはある意味での至福であります。

それでは(^_-)

中華街 同發本館

今日は「待ち人来たらず」です。
thumb5
恋愛の楽しみは待合せであります。
誘った人が来るか来ないかを一日千秋の思いで待つ切なさは、まさに恋愛の醍醐味であります。
昔の水商売の女性は秋波を送る事が礼儀と考えていたフシがあり、その巧みなリップサービスを鵜呑みにして、銀座の三愛なんかには、バカ面して来もしない女性を待っていた鼻の下の長い輩(やから)はゴマンとおりました。
所謂「待ち人来たらず」であります。
正しくは「待ち人来たらず」ではなく、単にオミズ女性のハニートラップに引っかかった男性が多かったのです。
今の若い人にとってはミステリーでしょう。
しか〜し、不思議でもなんでもありません。
あの頃の私たちは携帯電話を持っていなかったのです。
そういう点で申せば、私たち男性は携帯電話を所有して以来「待ち合わせ」という胸をときめく儀式を失ってしまったように思うのです。
現在において、初デートで二人が待ち合わした時間に相手の女性が現れなかったら、例外なくその恋愛航路は端から欠航なのであります。
まぁ、黒白がすぐついてよろしいと申せばその通りなのですが。
私は、一度、某オミズ系の女性のお誘いがあり、それがリップサービスとは思わず、指定された銀座の歌舞伎座で一時間程待ったことがありました。
結果「待ち人来たらず」だったのです。
しばらくして、そのお店に行き、彼女のスッポカシをなじりますと、あらイヤだ。ちゃんと歌舞伎町で待っていて、とって言っていたじゃない。勘違いもはなはだしいわ、と言われたのです。
しか〜し、あの広大な歌舞伎町のどこに待ち合わせ場所があるのでしょうか?
この勝負、端からオミズ女性の方が上手だったのでした。

この歌を聞いていると私の過去のおびただしいトラウマが浄化されるのです。
さら〜に、私にはかつてこの歌い手と付き合っていたという噂があります。
石川ひとみにさん待ち伏せされるならいいですけれど・・・
待ち伏せの女性がこの歌を創ったユーミンさんでしたらまさにストーカーでしょう。



今日は中華街に出没です。
IMG_0707

IMG_0708

IMG_0716

IMG_0714

IMG_0710
今日はお店選ぶに迷いませんでした。
今日は端から中華街の老舗「同發本館」さんです。

住所: 神奈川県横浜市中区山下町148
電話:045-681-7273
定休日:第1・第3火曜日

IMG_0720
お店の外観です。

IMG_0726
店内の雰囲気です。

IMG_0718
メニューです。

今日のオーダー「牛肉となすのピリ辛炒め&ご飯」@1,760+@240=2,000円です。
同發という店名は、お客様と共にあり、共に発展していきたい、という思いからつけられたそうです。
ホールスッタフさんは、全員日本人という所謂ホーム状態であり、言葉の不自由さは当たり前ですが全くありませんでした。

IMG_0727
待つこと21分で「牛肉となすのピリ辛炒め&ご飯」の到着です。
見た目、オイリーです。

IMG_0729
気を取り直して実食です。
でき立てですので全てが熱々です。
まずは牛肉をいただきます。
良質の牛肉です。
程よい肉の弾力を感じながら噛みしだくと牛肉の美味しいエキスが口内であふれます。
ホンマモンの美味しさです。
茄子は絶品ですね。
これは菜肉が甘くて柔らかいです。
これまた美味しいです。
辛さは後から気が付き程度のものなので少し物足りないですが、逆に素材の美味しさを引き立ています。
ちょっとtoo muchな点を除けば満足な夕餉です。

IMG_0734

IMG_0735
お店を出た後、このお店の斜め前にある同發新館売店で、家族が好きなエッグタルト等をお土産で求めました。
やはり老舗中華料理屋さんは裏切りませんね・・・

それでは(^_-)

福井 ポポー軒

今日は「日本人なのに通じナイ!?明治標準語ことはじめ」です。

※エピソード1 日本の夜明け大ピンチ! 言葉が通じない・・・
bn293_1
明治維新後の廃藩置県で300近くあった藩が無くなり、日本は一つの国に。
文明開化も進んで、さぞやいい世の中になるかと思いきや、待っていたのは、互いの言葉が理解できないという思いがけない状況でした。
これでは国が立ちゆかないと、日本語を一から作り直し、ローマ字表記にしたり、英語にあらためるという意見も出ます。日本語は、無くなってしまうかもしれないという瀬戸際に追い詰められていました。

※エピソード2 日本語を救った「おかあさん」
bn293_2
今、多くの人が口にする「おかあさん」という言葉。
実は、明治37年に出された国定教科書で採用され、定着した言葉でした。
その教科書作りに力を発揮したのが、日本人初の言語学者・上田万年。
万年は、日本のある地域で話される言葉に注目。
それを基礎に「標準語」を作ることを思いつきます。
「おかあさん」という言葉もこの時から広く使われることに。
日本語を救う新しい言葉の誕生秘話を描きます。

※エピソード3 子どもたちに届け! 新しい日本語
bn293_3
万年が新しい日本語を全国に広めるために考えたのは、まず、子どもたちの心に届く言葉を教えること。
そのため、ユニークな絵や唱歌など、あの手この手で万年たちは言葉の普及に力を尽くします。
そして、明治も終わる頃、日本語は豊かな実りの時を迎えました。
万年の努力は、100年後を生きる私たちの心をゆさぶる文豪・夏目漱石たちの名作に結実。
未来へ受け継がれることになっていくのです。
NHK「歴史秘話ヒストリー」より転載

この番組はとても面白く見ていました。
良かったですね。美しい日本語を書き話す事ができまして、隣国、韓国では1933年、朝鮮語綴字法統一案が出され、これが韓国でのハングル正書法(1988年)即ちハングル文字で書くようにました。
これにより韓国文書の文字数が夥(おびただ)しいものになったのです。
万が一、日本においても前島密提案の日本語平仮名化案が実施されていたら、極めて読みにくい平仮名文と毎日呻吟格闘しなければならなかったのです。
上田万年先生の特筆する貢献は方言の矯正です。
彼は方言を矯正する為に監修した明治37年(1904年)発刊の尋常小学校読本では、「いす」と「えだ」、「ひと」と「しか」、「らんぷ」と「だいこん」等を読本の最初のページに記載していました。
これだけでは説明が足りませんのでもう少し補足します。
「いす」と「えだ」のくだりは、東北人が「い」と「え」の発音が曖昧で「いす」を「えす」と発音する癖がある為にそれの矯正です。同様に「ひと」と「しか」は、私たち下町っ子が「ひ」と「し」の発音が曖昧で「ひと」を「しと」と発音する癖がある為にそれの矯正です。
昔、父親から聞いた話ですが、昭和30年の前半までの下町のタクシーの乗車席の前には、 日比谷(ひびや)と渋谷(しぶや)は正しくお運転手にお伝え下さい、書かれていたそうです。確かに下町の人間がこの二つの地名を発声するといずれも「しびや」になってしまうのですから、むべなるかなですね。
同様に「らんぷ」と「だいこん」は九州人が「ら」と「だ」の発音が曖昧で「らんぷ」を「だんぷ」と発音する癖がある為にそれの矯正です。
いずれにしても明治の黎明期に、正確な音を口に出す、優しい日本語を心に植え付ける努力が始まり、それから幾星霜、揺籃期を迎えたものが、私たちが現在話している日本語なのです。


バスケットボールと音楽とのコラボ



IMG_0669

IMG_0668
今日は恐竜の街福井に出没です。

IMG_0685

IMG_0690

IMG_0686
当初、地元で一番有名なソースカツ丼のお店「ヨーロッパ軒総本店」に向かったのですが
あいにく休業日でして、仕方なくこのお店に向かいました。
今日のお店は「蕎麦居酒屋ポポー軒」さんです。

住所: 福井県福井市順化1-6-3 本町中央ビル 1F
電話:0776-97-6906
定休日:不明

IMG_0677
お店の外観です。

IMG_0679
店内の雰囲気です。

IMG_0678
メニューです。

今日のオーダー「塩おろし(大盛)」@980円です。
店名のポポー軒は店主がポポロンというお名前なのでその名前にちなんでつけたらしいです。
ちなみにポポロンさんはポルトガル人ではなく福井県人でした。
しか〜し、ミラーボールのきらめきの中、ジャズのシャワーを浴びながら蕎麦ができるのを待つのは生まれて初めてです。
IMG_0682
待つこと分6分で「塩おろし(大盛)」の到着です。
ビジュアルがきれいですね。
それでは実食です。
あれっ!この蕎麦は10割蕎麦ですね。
美味しいです。
蕎麦つゆは塩麹です。
塩麹は蕎麦本来の味がストレートで味わえます。
これまた美味しいですね。
支払の時にポポロンさんに、どこで蕎麦を打つのですか、と聞けば、この狭い店内の客席テーブルの上で打つのですよ、と照れながら言われていました。
いろんな意味で侮れないお店でした、ハイ。

それでは(^_-)

魚津 カフェアンドアニモ

今日は「エレクトラコンプレックス」です。
27e3938b30d49cdff1772279501ffe68
阿川佐和子さんが5月9日に結婚していたことが判明し、ニュースになっています。
阿川佐和子さんの結婚相手が気になりますが、「S氏」が誰なのか。
噂では元大学教授の曽根泰教さんではと囁かれています。
かつては「お見合い歴30回」を公言するなど結婚できない女の代名詞にされていた阿川佐和子さん。
しかしながら、この度元大学教授の曽根泰教さん(69歳)と結婚したことを阿川佐和子さん自身が手記で告白いたしました。
阿川佐和子さんの手記では、結婚相手は69歳の一般男性「S氏」と姓名はイニシャルで隠されていましたが、元慶應大学教授曽根泰教さんでした。
「Vous et conversation」より転載

昨日、銀座で大学のテニスサークルの仲間と飲んでいました。
話しがだらけていた頃、誰かが先輩の阿川佐和子さんの結婚の話を切り出しました。
実は私、この結婚話を知りませんでした。
しかもこの曽根さんは、佐和子さんの親友の元旦那さんではありませんか。
これにはクリビツしました。
この結婚話は、曽根さんが離婚した後に行われたので法律的には問題ないのですが、35年も前からこの曽根さんと佐和子さんは不即不離の関係だったようです。
倫理的には問題があるのではと思います。

お父さんの阿川弘之さんは、亡くなる前に病室から電話で佐和子さんに、噂によると付き合っている人がいるそうだが、と尋ねたそうです。
それに対して佐和子さんは、実は一度父さんのところへ挨拶に連れていこうとは思っていたんです、と答えますと、その必要はない、と言いい、加えて、お前が幸せならそれでいい、とこれだけ言って電話を切ったそうです。
父親愛ですか、もう少し早くこのカードを切ってやればよかったのにと思います。
どうなのですかね、佐和子さんはお父様の阿川博之さんに対して変形のエレクトラコンプレック(女児が父親に 対して強い独占欲的な愛情を抱き、母親に対して強い対抗意識を燃やす状態を指します)を持たれていたのでしょう。
お父様は、佐和子さん可愛さから厳しく育てなのですが、厳しく育てれば、育てるほど佐和子さんは父親の偉大さに憧れ、それが積み重なればなるほど普通の男性を恋愛対象には見られなかったのでしょう。
結果、晩婚になったのではと臆断します。
加えて申せば、このような頑固親爺がいたからこそ、いきおい結婚願望が変質したのでしょう。
私たちの頃は、結婚は家対家でしたが、最近はこの関係が希釈してきて結構な事だと思う反面、その副作用で離婚が増えたのは残念なことです。


カミッテル!


IMG_0634
今日は魚津に出没です。
なんとも可愛らしいお店がありましたので入りました。
今日のお店は「cafe & animo(カフェアンドアニモ)さんです。

住所: 富山県魚津市新金屋2-8-1
電話:0765-23-1130
定休日:月曜日

IMG_0653

IMG_0635
お店の外観です。

IMG_0640

IMG_0643
店内の雰囲気です。

IMG_0638

IMG_0639
メニューです。

今日のオーダー「洋風たまご丼」@850円です。
入店して驚きました。
店内には6組のお客様がいて内4組が赤ちゃん連れです。
ベビーフレンドリーのお店の様です。
赤ん坊に囲まれて食事をするのは楽しいですね。
トイレには大型のおむつ交換台もありスゴイものでした。

IMG_0646
待つこと8分で「洋風たまご丼」の到着です。
見た目、黄色が鮮やかですね。

IMG_0649
それでは実食です。
玉子うましです。
とろけるチーズがはいっていてまろやかさが楽しめます。
ハムはコリコリ感があり且つ味わいが深く結構です。
個人的には、ご機嫌な丼でした。
店内の雰囲気もよくここは再訪店ですね。
楽しめたランチでした。

それでは(^_-)

八丁堀 キャプリス リターンズ

今日は「すべった祭り」です。
ph_event
私が育った下谷の氏神である下谷神社祭礼に奥様と出向いて参りました。
下谷神社祭礼は下町で一番早い夏祭りなのですよね

IMG_0478
本年は陰り(隔年)にあたるため、7日(日曜日)に本社神輿を山車に乗せて氏子区域を巡行します、とは聞いていましたが、連合渡御はあるだろうと思っていたのでした。
しか〜し、連合渡御はある事はあったのですが、17時からだったのです。

IMG_0498

IMG_0500
17時までに亀戸浅間神社に行く用事がありましたので連合渡御は見送りました。

仕方がないので、祭礼の雰囲気だけパチリしましたので宜しかったらお付き合いください。
IMG_0479

IMG_0481

IMG_0483

IMG_0496

IMG_0484

IMG_0486

IMG_0488

IMG_0490


条件反射!



IMG_0589
今日は曇り空の八丁堀に出没です。
今日のお店はミックスプレートが楽しい「キャプリス」さんです。

住所: 東京都中央区八丁堀2-10-3
電話:03-3553-5388
定休日:日曜日・祝日

IMG_0591
お店の外観です。

IMG_0598
店内の雰囲気です。

IMG_0603
メニューです。

今日のオーダー「ミックスプレート」950円です。
今日のミックスプレートは森林鶏肉胸生ハムチーズ、ゴボウのピラフ、赤イカのオイルスパゲッティ、かぼちゃペーストです。ちなみに店名の「キャプリス」は仏蘭西語で「気まぐれ」だそうです。

IMG_0597
待つこと5分で「サラダ」の到着です。
野菜をみじん切りにしたツブツブサウザンドアイランドドレッシングは美味しいですね。

待つこと12分で「ミックスプレート」の到着です。
IMG_0600
それでは実食です。
まずは「森林鶏肉胸生ハムチーズ」です。
鶏肉が衣に包まれて美味しく焼けています。
チーズが良く合っています。
美味しいです。
ゴボウのピラフはシャキシャキした食感が良いです。
これまた美味しいです。
赤イカのオイルスパゲッティは磯臭くて私の好みではありませんでした。
しか〜し、全体で申せば美味しくいただきました。
ここのシェフの腕は良いですね。
楽しめたランチでした。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ