下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

インフォラータ

昨日は会社でお取引様と夜遅くまで打合せです。
よってその後お疲れ接待飯となり、勝どき「トリトン」に出向きます。

なにやらトリトンはインフォラータ(花の絨毯)をプレ開催していました。
インフォラータとは、13世紀イタリアで始まった歴史ある花のお祭りなのです。

今年のテーマは「昭和絵巻」です。



参考までにインフォラータの作り方です
,泙此下絵を道路に貼り付けて
⊆,坊圓ら花びらをむしり
2竺┐鵬屬咾蕕鯢澆つめて
げ岾┐鮨の葉で囲い完成



綺麗ですね、グランドオープンは11月3日より11月6日です。
よって今日は「お酒飲み」の日ですのでグルメネタはありません。

それでは(^_-)


チャーハンの美味しい店

今日は大手町の取引先に出向きました。
お昼はノーアイディアなのでブラブラ歩いて適当な店を探します。
すると「チャーハンの美味しい店東竜」という看板が目に飛び込んできました。

」とは思いましたが、結構客が入っているので、だまされてみるかとそのお店に入りました。
店内は整然としていて清潔感もありつかみは「OK」です。
なにやらこだわりがあるようで次のような説明書きが、透明のテーブルシートの下に挟みこまれています。
お米は、秋田こまち100%を秋田から常時取り寄せて使用。
野菜は、有機野菜を厳選して使用。
麺は、高級粉をブレンドした直営工場よりオリジナル麺を使用。
味噌は、愛知の八丁味噌を使用。
上級職人(社内試験合格者)が作っています。
当店の食材は安全な食材を厳選 して使用。

職人チャーハンは、決して簡単に作れるものではありません
熟練した職人(社内認定試験合格者)の鍋の技術がストレートに出ます。
スピード、火加減、味付け・材料のタイミングで一粒一粒のお米を引き立てなければ職人チャーハンとはいえません(冷凍品ではありません)。

なにやら期待が持てますね(笑)



味ですか、ただのショッパイ炒め飯です(怒)
さらにご飯はベチャベチャですし、チャーシュー等は殆ど見つけることもできません。
見事に裏切ってくれました。
看板に偽り有りと言いたい所ですが、こうい日もあるのですよ。

それでは(^_-)

干物定食「めしや」

本日は月島の取引先を訪問します。
月島といえばやはり、干物定食「めしや」でしょう!
ということで今日の獲物は「ひ・も・の」です。

このお店は築地では知らない人がいない築地中卸「丸時」と築地干物専売「築地奈良間」の両頑固親父達が、この店の調達を担っており魚は鮮度、味共々間違いがありません。
さらに品揃えがすごいのです。
寒サバ、さんま、赤魚粕漬け、さばミリン、むろあじ、えぼだい、いわし、つぼ鯛、お刺身、サバサンド(トルコ名物=一度食べてみたいですね)、まあじ、かます、かれい、金目鯛、子持ちにしん、かさご、真ほっけ、縞ほっけ・・・書くのが疲れたので打ち切ります。

さて今日は「あじの開&、サバ定食」@740円也です。


味ですか、油がのっていてホクホクしていてとても美味しかったです。

後ここは、「塩辛」「わさび漬け」「大根の葉のお漬物」の三点セットが食べ放題です。
特に「塩辛」は味がよく、本音を申せばこれだけで充分なのですネ。



それでは(^_-)

ハロウィン

私は社内でで一二を争う「英語下手」なオジサンです。
しかし今日は「契約金額」でオオモメに揉め、朝から夕方までシンガポールのお姉さまと「英語」で一日中喋り続けていたのでとても疲れました
そうなのです、今日はネタを書く元気がありません。

昼食後に可愛いハロウィンを「パチリ」しました。

これで私の変わりに和んでください

それでは(^_-)

月島スペインクラブ

「サルッ=スペイン語で「乾杯」の意」の乾杯で始めるのは訳が有ります。
今日は月島にある、「月島スペインクラブ」でお取り引き様と接待飯です。
さらに今日は狙ったつもりはないのですか、毎週月曜日しか見れない「魅惑のフラメンコステージ」のショー付(Lucky)です。
今日の獲物は「スペイン料理」です。
味ですか、 味はほとんど満足がいきました。
スペインと日本、相性が良いのですかね?とても美味しく頂きました。
特に面白かったのは、パエリアができあがった時に行われる、にぎやかな鳴り物入りのパエリアマーチングです。
これは一見の価値がありますョ


月島スペインクラブエントランス⇒アルダンシアチックな感じがします

定番フラメンコショー⇒ベリーエキサィティング

特大パエリア⇒魚介類の芳醇な香りが五感に染み入ります。
スペイン人に生まれてよかったと思う瞬間です(

牛胃袋のトマト煮込み⇒トマトと牛胃袋の組合せは良いと思いますが、お互いが主張しあって、一体何を表現したいのか分かりません。
これなら同じ月島の岸田屋の「煮込み」の方が数段上です

新鮮ムール貝のピリ辛オイル⇒この店は日本酒はおいてないですが、日本酒があったらなと思わせる一品です。
特にこのショッパさと辛さ最高です。これで日本酒一升はいけますね

イベリコ豚⇒こんな美味しい肉食べたことがありません。生きていて良かったなと思わず思わせる名品です。
ということで口福な宴でした。

それでは(^_-)



マラソン三昧

今日はマラソンクラブの月に一度の記録会です。
最初は、月例レースです。
私は今日久々にタイムが良く5.25kmを4分30秒/KMをきるランとなりました。
今日は特別に仲の良いマラソンクラブも参加して大人数となっています。
月例レースの後は、タイム差レースです。
タイム差レースとはまずチームを三人で編成します。
そこで各々が自分の一周タイムを申告します。
そしてズルをしないように時計を外して走ります。
申告タイムと記録タイムの差が一番近いチームが優勝というわけです。
ということで午前中はマラソン三昧です。
そしてお昼からは、反省会です。
といってもただの「飲み会」ですが・・・

今日は病気の為、初めて素面での参加です。
しかし酔っ払うと、人って面白いですね。
一に「話がくどくなる」、二に「話が脈絡がなくなる」、三に「話しすぎると、何処で終わらせて良いか分からなくなる」という傾向が顕著になります。
飲んだときの我が身を見ているようで、思わず汗が「タラーリ、タラーリ」でした。

その後クラブの先輩からレース用の自転車もらったのですが、この自転車本当にレース用で「スピード早いわ=車を追い抜いてしまう」「スタンドは無いわ=自立駐車できない」「ライトは無いわ=夜走れない」ほとんど「どうしましょう」状態です。

来週普通に乗れる様手直しするのですが、果たしてうまく乗りこなすことができるかどうか心配です。



それでは(^_-)


線香臭い一日

今日小学校からの親友の三周忌が浅草のお寺で営まれました。
彼との思いでは色々あるのですが、今日はスキップします。
ただ亡くなった時に三歳とゼロ歳の子供が二年の月日の中で成長し、顔などが似てきたのは救いですかね。

その後は三河島に在る病院に治療にいきました。
三河島といえば、私的には「三河島事件」です。
三河島事件

それは昭和37年5月3日に父の姉(私の叔母)が父に宛てた一本の電話ですべてが始まりました。
電話の内容は、叔母の三男坊がまだ帰宅していない。
ひょっとすると今ラジオで大騒ぎしている三河島の脱線事故に巻き込まれたかもしれないとのことです。
現場には今日中に行くことができないので、代わりに確認してくれないかという依頼でした。
は即座にすべてが理解できたようで、「三河島に行ってくる」とい言い残して事故現場にすっ飛んでいきました。
しかし現場は想像以上に混乱しており遺体の確認などできる状態ではなかった様です。
朝方赤い目して帰ってきた父はそのように言っていました。
その後遺留品から徐々に身元が判明し始め、私の従兄弟の「死」は新聞等のプレスリリースによって遺体を現認する前に周知されたようです。
享年19歳でした。

その後遺体の引き取りやら葬式等で慌しく時間が移ろい、事件の四日後には切望していたの女の子(要は私の妹)が生まれました。
今このブログを書いてて思うのですが、かなり印象に残る一週間だったのでしょうね。
それからしばらくして何処かのお寺に三河島事件の慰霊碑ができ、父と一緒に従兄弟の名前を確認したことが思い出として残っています。

そんなことで私の中では、三河島は三河島事件であり、あまり良い思いででもないのであまり好んで行きたくない街なのです。
しかし父と見た慰霊碑のあるお寺は、三河島に来るたび気になっていました。
かといって探そうという気にまではなりません。

普段は日曜日診療なので、車でこの病院に行くのですが、今日は三周忌があったので電車です。
診察が終わり行きの道と返りは変えるかと決めブラブラと三河島の駅に方に歩を進めます。
すると何気なく、あるお寺の前で偶然足が止まりました。
体を左に向け寺の左側にあるステンレスの銘板を見ました(というか必ずこのようなものはチェックします)。
内容を読み下しますと、寺の名前は浄正寺で、三河島事件慰霊の三河島観音が安置されている旨が書かれています。
「Bingo、ここジャン」と叫びました。

早速中に入り慰霊碑を見つけました。
そして40年ぶりに背面にある犠牲者名簿の中に従兄弟の名前を、大分経年変化で字が薄くなっていましたが何とか再確認できました。
今日は数珠もちなので、しっかりと犠牲者の方々のご冥福を祈りました。
この従兄弟たちの尊い犠牲により、国鉄は自動列車停止装置(ATS)の開発に着手したのです。

さて今日の獲物ですが、三周忌の後の会食場所です。
私は浅草はかなり詳しいつもりでいたのですが、このお店は知りませんでした。
というか店構えがダサいので入ろうともしなかったでしょうね。
そうそうお店の名前を書き忘れました。
中国料理「香港楼」です。場所は田原町の焼ソバ屋さんの前です。
味ですか、とても美味しいのです。

今日のメニューは(印は私の評点です)

☆☆ 三種前菜の盛り合わせ
☆☆☆ むきえびのチリソース
☆☆☆ 二種類の揚げ物
☆☆☆☆ 鶏肉とカシューナッツの炒め
☆☆☆☆☆ 蒸しえびぎょうざ
☆☆☆☆ 海の幸と豆腐のとろみスープ
☆☆☆☆ 五目やきそば
アンニンドーフ



これが五つ星「蒸しえびぎょうざ」です。

アンニンドーフ以外は溜息の連続です。
特に蒸しえびぎょうざは、ゼラチン系の皮が口の中で縦横無尽にからみつき、それを噛み切ると美味しい肉汁とプリプリえびが口の中で舞踊るというほぼ天国状態です。
これは凄すぎますね。

それでは(^_-)








銀座

今日は11時頃有楽町のお取引様で打合せです。
よって今日は銀座でお昼です。
銀座は大学の時日吉、三田キャンパスとそれぞれ銀座経由で通学していたので、浅草の次に詳しい街です。
銀座を書いたらキリがないので、いつの日かガツンと纒書します。

今日はなにやら、有楽町丸井さんの銀座での鼎の軽重を問う有楽町イトシア(ITOCiA)のグランドオープン日です。
「ITOCiA」の周りは、サクラを含めた関係者がゴチャンと来ており、まさしく芋を洗うが如きの混雑となっていました。
「ITOCiA」とは、愛しい+ia(場所を表す名詞語尾)から作られた愛称だそうです。
でもテナントを見るとあまり行きたいなと思う店は少なく、しいていえばベトナム料理の「バインセオ サイゴン」くらいですか
ところで「ITOCiA」の前に並んでいるこのタクシー無償に乗ってみたくなりました。
かなりお洒落ですよね。
一度体験してみたいものです。


私なら、乗るやいなや札束をポンと運転手に渡し
「悪いな兄ちゃん、急いでいるんだ大至急八王子まで行ってくんな」
と言ってみたいのですが、料金が@300の固定ですから絶対に無理でしょうね(笑)

今日の獲物です。
何故か「ラーメン」が食べたかったので、中華西銀座大王に行きました。


ここ結構銀座の「穴場店」かと思います。
一押しは「カタ焼そば」です。
練りカラシとお酢を併せて食べると、三分以内で間違いなく口福状態になれますヨ。
是非お試しアレ

それでは(^_-)

知らなかった!

今日お取引様を訪問した際、期中入社の方を紹介されました。
お約束にしたがって色々とその方に質問をします。
その中で、その方は以前スーパーの紀伊国屋に働いていたそうです。
紀伊国屋話で盛り上げようとしたら話がが噛み合いません。

そうなのです、私は長い間勘違いをしていたようです。
実はスーパー経営の会社は「紀ノ国屋」さんで、本屋経営の会社は「紀伊国屋」さんだったのです。
まさに「エ〜〜!!」でした。
私は全く同じ会社だとおもっていましたが、実は全く関係ない会社だそうです。
そういわれて見れば、よくみりゃ字が違うジャン。

昔の「慶早戦」は神宮球場にて前日より泊り込みで待機していました。
当然学生だから飲みますよね。
そして酔って勢いで青山の紀ノ国屋に買出しにいき、スゴーク迷惑をかけた思い出が多々多々あります。
だから「紀ノ国屋」さんという名前を聞くと、殆ど「平身低頭=ヒラーニヒラーニ」状態になってしますのです。


今日の獲物は会社の近所のお鮨屋さんの大好きなチラシです。
わたしは、このチラシを食べている時が一番幸せです。


でもこのパフォーマンスで@700円は安くないですか

それでは(^_-)

都電

大学二年のときの真冬の話です。
土地っ子の悪友達と浅草で朝方迄飲み、朝が白けてきた頃、お茶付けでも食うかと雷門から田原町の方に歩いていきました。
その当時、仁丹塔の前に廃線となった都電の停留所がありました。

歩き疲れたし、ここで「暖」でもとるかという話になり、停留所の先端の丸い腰壁のところでおもむろに焚き火を始めました。
土地っ子なら、目をつぶってもわかるとおり、その停留所の真後ろは交番です。
3分もしない内に逮捕されました。
今でも不思議なのですが、何であんな「ヤバイ」ところで焚き火をしたのでしょうか?
人生は不可思議です

さて今日の獲物です。
お取引様のOさんと、門前仲町「魚三」に特攻です。
以前Oさんと、「魚三酒場森下店」に行きましたが、「サービス悪い」「料理遅い」「店員オチャラケ」と三重苦のお店でしたが本店の「魚三」もあまり変わりません(怒)
確かにメニューが多いので仕方ないのでしょうが、だったら仕組み変えろヨです。

メニューは確かに多いですね。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ