下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

バインセオ サイゴン「BANH XEO SAIGON」

今日は有楽町で打合せの後、輸入コイルクレームの打合せで成田です。
本当にまたかよ!です。勿論今日も昨日同様悪友のへモ君も一緒です(早くお別れしたいのですが!)。
寒い倉庫内(成田は本当に寒い)で、長時間に亘って立っての打合せなのでとても疲れました。
さすがに会社に戻る気にもならず、成田空港から自宅最寄り駅にダイレクトに行く高速バスでの帰宅です。成田インターから高速に入ると、一路ノンストップで我家を目指します。
オレンジ色のハイウェイ灯が誘導するかのように、赤いテールランプのカタマリがまるで窓硝子につく水滴の様にちぎれては伸びちぎれては伸びており、それを飽きずに車窓より眺めていました。
漆黒の闇に浮かびあがる東京の夜景は綺麗ですね。

さて今日の獲物ですが、これまで長蛇の行列の為何度もケンをした(見送るの意)有楽町イトシアのバインセオ サイゴンに行きました。
代替テキスト

バインセオ サイゴン(BANH XEO SAIGON)ですが、まずバインセオ(BANH XEO)とはベトナム風お好み焼きのことのようです。
ここのお店のお好み焼きはベトナム南部ホーチミン風です。
しかしこの言葉は分かりますが、行間が読めません。そもそもホーチミン風とは、どのようなものなのか他地域との違いは何なのか、しかし止しましょうここで噛んでいたら先に進めません。
注文したものはベトナム豚骨湯麺(海老と豚)フー・ティウ(HU TIEU TOM THIT BAM)です。
代替テキスト


このベトナム語の意味が知りたくて、お姉さんに英語で聞くと通じず、日本語で聴いたら何とか理解できました。
まずHU TIEUとは熱いスープ麺、TOMは海老、次が分からなかったのですがTHIT BAMは両方とも豚肉と言っていましたが、二つ同じ言葉が続くのはおかしいのではと聞き返すとどうやら細かくちぎった豚肉のようで、詰まるところ挽肉ですかね。
味ですか、まずスープを啜りますと程好いニンニクの香りが鼻腔を突き刺します。そしてスープは豚骨なのにすっきりしておりふくよかな味わいです。米麺も美味しく絶妙にスープと絡み合います。さらにお姉さんのお勧めでカットレモンを絞って入れますと、さらにスープの味が際立ちます。
海老と挽肉とニンニクとレモン達はそれぞれの個性を十二分に主張しており、それがふくよかなスープの中で妥協することなく味の相乗効果を発揮しています。
さらに最後まで熱々のスープは大満足です。
最高ですね。今まで色んな場所でフォーを食べましたがここが一番美味しいと思いました。
次回は夜の部で再度挑戦したいですね。

それでは(^_-)

手のし餃子、タンメンの店「珍満」

イテェ!(怒)で始まるのは訳があります。
先週の土曜日にヘモ(痔)の根治療法の一つである「ジオン注」という措置を受けるため入院していました。
私はこの人生の悪友「ヘモ君」とは長いお付き合いです。
十数年前に札幌で大手術をしこの悪友ともアデューしたはずなのですが、彼は私の事を忘れずまた訪いをいれてきました。
ましてこの注射療法は、前回の大手術前に一度やっておりその時は全く効果がなく、今回も高を括っていました。
よって前処置を無視し前の日はヘベレケノケに飲んでの施術受けです。
そうしたら痛いの何のって堪らなく痛いのです!記憶が無いくらい本当に久々に痛みの為寝ることができませんでした。
折角ホテルみたいな個室を病院から通常料金で用意してもらったのに(涙)
西洋のアフォリズムに「胃のある場所が分かる人は胃の悪い人だ」という言葉がありますが、私は起きていても夢を見ていても、ヘモ君の場所が分かります。
まして本来は今日まで入院が必要だったのに仕事の為退院してしまったので、今日も一日疼痛で苦しんでいたのです。
しかし今回の「ジオン注」は前回注射のものとは異なり中国から取り入れた画期的な措置なのです。
よって私は、現代医学の著しい進歩を心より期待しているのです→目指せ完治(でも中国からなのネ?)

さて今日の獲物は御徒町「吉池」裏にある、手のし餃子、タンメンの店「珍満」です。
ここは昭和30年代の味を頑なに今日まで伝承しています。
一押しは「餃子定食」ですが、施術後胃薬、整腸剤を飲んでいる関係から空腹感が強く二番目に好きな「ニラ炒め定食」を食しました。
味ですか、ここのニラ炒めはシャキシャキ感こそありませんが、絶妙の塩味と珍しいトロミ仕立がたまりません。あっと言う間に完食でした(大満足)
無口なコックさん達も好感持てます。
御徒町にお立ち寄りの際は、是非一度暖簾をくぐってみてください。

代替テキスト


それでは(^_-)

ラーメン昭和

今日は霊岸島のお取引様で打合せです。いつも思うのですが霊岸島って響きがいいですよね。
丁度程よく昼前に終わったので、長年の獲物である茅場町にある「ラーメン昭和」に行きました。
ここは茅場町に来るたび毎回行くのですが、いつもすごい行列で入ったことがありません。
今日は12時前に行ったのと、雨のせいもあり第一号で入れました。
店主のお兄さんとサブのお姉さんとラーメンができるまでTVを見ながら、カウンター越しで雑談をしていました。
するとお姉さんが香川の事件について詳しく説明してくれました。
私はこのような事件に全く疎いので助かります。
どうやら殺された女性は妹の名を借り、サラ金等から多額の借財をし、それが今回の犯人に露見した事で殺された様ですね。全く知りませんでした。
私は殺された啓子さんを見るたび西条秀樹に似ているなと程度の感想しかなく分かりやすい説明に納得しました。

さてこの店のメニューは、昭和ラーメン(黄金スープ)昭和30年代名店の味、塩味ベース+醤油ダシと辛みそラーメン(辛みそのコメントは残念なくらいないのです)です。
そして疑問があるとすぐに聞いてしまう私は、昭和30年代「名店」の味に引っかかりました。
よくよく聞けばこのお店関西にある誰でも知っている有名ラーメン店のレシピを入手(一体どのようにして入手したのでしょうか)して、それを元ににスープを作っているそうです。
畳み掛けるようにどこのお店ですかと聞きますと、それは企業秘密ですのでご勘弁下さいとのことでした(フフフ・・・)
でもすごく感じのよい店で思わず和んでしまいました。
味ですか、すごく美味しかったです。
とくに豆モヤシがたまりません。スープもチャーシューもベリグッです。
特に塩ベース+醤油ダシのスープが本当に癖なくまさしく黄金の味でした。
何と言えばよいのでしょうか、一口スープを飲むと本当に止まらなくなってしまうのです⇒やはりここはあまり紹介したくありませんね

代替テキスト



明日から入院です。しばらく休載となります。アデュー(^_-)

マグレカナール

実は私は行列が好きというのは正しくなく行列することは嫌いではありません。
若い人以外の行列を見かけると何の行列ですかと聞きます。
自分にビンゴの行列だと並ぶことがあります。
でも行列で一度えらい目にあったことがあります。
それは鎌倉小町通りにある玉子焼「おざわ」です。たしかグルメ番組で見て行こうと決めていました。店の前まで来たらそれほど並んでないので、それではと並びました。
しばらくすると店内に入れました、早いねと思いきやそこから階段に行列が続いています階段の上まで一時間です。さあこれで食べれるぞとはいかないのです。さらにダイニングに行く前に隣室でまた蛇のトグロのようにまた行列です。そして50分後席に着きます。これで食べれるぞと思うでしょう。ここで初めて注文を取るのです。
12:00にこの危険な領域いに迷い込んでから約2時間たって初めてこの卵焼きを食せたのです。
味ですか、甘すぎず美味しいのですが「卵焼きは卵焼きです」。
街のちょっと気のきいた和食割烹で食べるものと遜色はありませんので、二時間も行列して食べるものではないと思います。
何で待ち時間を書いておかないのでしょうか(怒)
それ以来「おざわ」という人に会ったり、その三文字を見たりするとムカムカするようになったのです。

今日会社のそばのチーズ問屋さんのガレージセールの日です。
案の定すごい人だかりができており、お約束で並びます。
既に欲しいチーズは若い女性が買い漁った後で残骸すらありません。
すると目の前にあるフォアグラ君が買ってねといっています。
勿論大好物なので手を伸ばします。するとお兄さんがフォアグラを買うのであればマグレカナールを買わないと画竜点睛を欠くとのたまいます。
そんなもの食べたこないので、何かとききますとフランスの高級鴨だそうです。
マグレカナールとフォアグラを一緒に食しますと気分は高級ホテルのクリスマスですよとの事。
気がついたらこの二つの袋を握り締めていました。
代替テキスト


味ですか、フォアグラ君は美味しかったのですが、マグレカナール君は鳥臭くて下町一家にはあいませんでした・・・フランス人にはなれなかったのです(残念)
代替テキスト


それでは(^_-)



文明の利器

ここのところインドネシア人にいじめられています。
たくさん輸入してあげているのに納得がいきません。

というわけで海外とのやり取りが多くなり終に封印していた会社に来たメールを自分の携帯に飛ばすシステムを使い始めました。
使ってみるとこれ便利です。さらに今日は自分の携帯で海外にメールできることも分かり喜んでいます。
なぜこのような便利なシステムを使わなかったかといいますと、外出中まで電話以外に追っかけられたくなかった事です。
しかし一番の理由は、大分前の上司がこのシステムを使用していたのですが、海外出張のときこのシステムをきらずに一週間位不在でした。
結果何が起こったかというと、本システムは受信メールを転送する際、海外に送ることができないので転送者不在となります。そしてその内容がシステムに戻されますとシステムは再度転送します。そして無間地獄のようなチェーンメールが作成されたのです。
その上司は帰国して真っ赤かになったメール画面を見て腰を抜かしそうになり、もう少しでPCも壊れるところでした。それを見ていた私は、恐ろしいとおもい敬遠し始めたのでした。

それにしても英語がへたです。もう少し学生の時真面目に勉強していればと思うこの頃ですが・・・きついときは尾関先生の以下の言葉を噛み締めています。
【QOT】
わたくし自身の将来は
今この瞬間にある
今ここで頑張らずいつ頑張る
【QOT】

午前中打ち合わせがあっという間に終わり、開いた時間に三河島の病院に持病の診察を受けにいきました。というのも先週京都に行っていたので通院することができなかったのです。
ということで今日の獲物ですが、三河島で有名な坦々つけ麺「桃元花」でした。
でしたといのですから外したのです。今日は私への断りもなく勝手に休業です。
前回ノーマルつけ坦々付け麺がすべった(ちょっと酸味が強すぎ)ので。今回はカレー坦々つけ麺に挑戦する予定でしたのに、多分これで私の再訪はありえません!

しかたないので、三河島駅前和風料理春駒「刺身(マグロ)焼魚(つぼ鯛)定食」です。味ですか、これで@750円なのでまずまずでしたね。
しかし三河島はエンゲル係数が低いです。
ほとんどのランチをやっているお店の料金が
が@600円前後なのですよ!
代替テキスト


それでは(^_-)



ヘタレな一日(ーー;)

今日はヘタレな一日でした。
八王子の山奥のお取引様に直行するので、余裕を持って起床しました。
それなのに・・・
まず朝命の次に大事な手帳を忘れました。途中で気がつき家にとりに戻りました。
折角余裕を 持って出たのですがこれにより結果大幅タイムロスです。
駅に行く途中の坂道で、どこから見どう見ても後姿オバサンがチャリでスイスイと急な坂道を登って行きます。負けずと競います(チャリ通勤なのです)がなかなか追い越せません。
電チャリかと思いきや、違うようで何とか追いつき追い越しました。
しかしやっぱりこのオバサンは電チャリを乗っていたのでした(ナンノコッチャ)
最近の電チャリコンパクトなので分からなかったのでした(トホホ)。
この後も光速運転で駅まで向かいました。
このダッシュで若干時間を取り戻せたので少し余裕で電車に乗り込みます。
今日の仕事のことで少し考え事をしていて癖で顎に手を当てると、手の先に「ジョリ」という感触を感じました。
まさかです!何と何と髭を剃るのを忘れていました。
いくら髭が濃くないとはいえ、ビジネスマンとしては問題ですし見苦しいです。
さらに八王子に行くのにこれは完璧に勘違いで、何故か高尾行きに乗るのを青梅行きに乗ってしまいました。
途中景色が変なのに気がつき東中上駅で慌てており、立川経由で戻りましたがここで折角の余裕を食いつぶしてしまいました。 さらに駅について髭剃りを買い公衆トイレでお髭をソリソしたので結果15分の遅刻です(トホホ )。
でもお取引様も取り込んでいたので、結果遅刻はチャラでしたがアブナイアブナイで す。
さらにこのお取引様にお昼を誘われ、高級和食店に行ったのですが仕事の話に夢中になり「パチリ」を忘れました(これは仕方無いですね=当たり前!)
そして2時までに帰社しなければいけないのに、今度は荻窪で誰かがレールの上に石を置いたため列車が運休しこれまた遅刻です。
こんな日が在って良いのでしょうか? 全くついていません(怒)。
代替テキスト



それでは(^_-)

ブルーマンディー

エァーという溜息から始まるのは訳があります。
昨日(日曜日です)も遅くまで、今日も遅くまで働いています。
帰宅したのは12時半です(それなのにこれからBlog 書くのはエライです!)。

先週一日少ないので仕方ないですが、少し京都で浮かれすぎましたかね
ということで今日はメチャ忙しいのに月島のお客様に出向きました。
何故かムショウにラーメンが食べたくなり(そういう日ってありますよネ)そして月島で唯一行列ができるラーメン屋さん「しなそば屋」に行きました。

ここの一押しは「タンタン麺」です。といっても胡麻風味ではなく、溶き卵、豚ひき肉、五条葱、ラー油、ザー菜(これがお役者君なのです)というフォーメーションです。
味ですか、行列ができるくらいですから美味しいのですよ。
代替テキスト

特に細縮れ麺が秀逸ですね!
それとザー菜は量が少ないのですがたまに舌に乗った時のショッパさと辛さのコラボがたまりません
何か気だるい時食べると、体の芯からシャッキとする感じです。
お試しあれ!

それでは(^_-)

京都慕情

奥様が京都の紅葉を見たいと言われたので、ツアーガイドして行ってまいりました。
私自身、大阪に単身赴任していた時期があり、かなりの頻度で京都には足を運びそれなりにこの地は熟知しています。
そういう意味で今回のツアーガイドには適任だと思います。
因みに今回の旅行で一番大変だったのは、実はこのブログの表です。行く前に用意したのですがこの仕込を完成させるのに本当にどれだけの時間を費やしたか(トホホ)・・・です(HTMLは難しい!)。

今回の京都紅葉狩りのテーマは三つです。
特に紅葉シーズンのど真ん中に行きますのでヒドイ混雑が予想されます、よって多くの観光スポットにいけない可能性がをふまえて以下の様に策定しました。
機動力を活かす→レンタルサイクルを利用。
有名観光地=肉寺は避ける。
京都の「味」はたいしたことないのでグルメは避ける。

それでは開始です。
初日(23日)は京都駅以北です。行きは新幹線の予約が昼一と遅かった為(希望する時間は取れませんでした)、早起きして自由席に並びました。行いが良いのか一列車待ちで座れることができました。

しかしこの混雑すごいでしたね、本当にホームが人人人で埋まっていました。
京都に着くと、駅前外れにある「丸福」で美味しい丼ものを頂きました。その後東福寺(当日の朝、ズームイン朝でやっていた為大混雑)、伏見稲荷大社、島原にある輪違屋です。

ところが輪違屋で真っ暗となり観光ができず近くにあった「誠の湯」で温泉に入り、併設している和食味どころ「花車」で美味しい和食とお酒を堪能しました。

ここでくつろいだ後、本日の宿泊地大阪へと移動しました。
またここでも温泉三昧です(風呂好きですね!)。
丸福さんのカツ丼&おうどんです。特にカツ丼は全てにおいて美味しかったですね!東福寺の桜です。綺麗ですね!鮮やかな紅葉なのでパチリしました。これも綺麗ですね!
東福寺の大行列です。一時間は並んだかな?東福寺の方丈庭です。この庭は宇宙を表現しているそうです。ちなみにこの七つの石は北斗七星を表現しています。NHK大河ドラマ「新撰組」に出てきた伏見稲荷の狐君です。
こんなに鳥居があるとは思いませんでした。ここにある鳥居を全部回ると二時間の行程です(マジ今回はまり込んだ「誠の湯」です。京都一ディープな「リド飲食街」です。たまに行きましたが、ここはスゴスギですね!いつも京都の最強のヘベレケ達が飲んだくれています!


次の日は朝一で温泉に入り、気合を入れて京都に移動です。
昨日は手荷物預かりが大変混雑していてコインロッカー含めて全く開いていなく重たい荷物を持っての移動でしたので、その反省で朝早くJR のキャリーサービスに直行しました。さすがにこの時間ならOKですね。

その後レンタサイクル屋さんと待合せです。
常用しているこのレンタサイクル屋さんのシステムを簡単に説明します。
まず配達は、原則京都周辺ならどこでもOKです。そして乗り捨ての際は、このレンタサイクル屋さの指定した地域内であればこれまたOKです。そして乗り捨てた後は、レンタサイクル屋さんに乗り捨てた場所を連絡し、鍵を所定の封筒にいれ投函してそれで完了です。結構楽でしょう!

でもこの朝オジサン私に封筒渡すのを忘れていて、私が途中で気付いて取りに戻りましたが、初めての利用者だったらどうなっていたのでしょうか(怖)
この日はとても暖かくサイクリングには最適です。
さあになりましょう!

まず初めに五条大橋にいる牛若丸君と弁慶君に入京の挨拶をした後、一路加茂川のサイクリングロードを目指します。四条からこのロードに入り目指す下鴨神社までの6.5KM 鴨川を横手に見ながら走ります。途中多くの水鳥達の歓迎を受けました(爽やかですね)

下鴨神社で参拝してその後はさらに北に進み、宮本武蔵の吉岡70人?切で有名な一条下がり松に行きました。でも高札を見ますと70人も切ってないようで、10数人と斬り合いがあったとしか書いてありませんでした。そりゃそうだなとは思いましたネ。一対二でも勝てる可能性が少ないのに70人なんかではありえませんョ。まして斬り合いすれば刃は血油でドロドロになり殺傷する武器にはならないと思います(精肉店の刃の油落としを想起してください)。

その後詩仙洞にいき、そして今回の目玉万寿院です。やはりここは穴場ですネ、有名な割に観光客もそれなりです(多分交通アクセス悪いからでしょう)。しかしここの紅葉の鮮やかな赤色は感動すら覚えました。
個人的には西では万寿院、東では常寂光寺が京都二大紅葉スポットでしょう!
その後、天下一総本店(天下一創業のお店です=超満員)で食事をし、その後哲学の道に向かいます。

哲学の道では、法然院に行きましたが、万寿院を見た後なので感動も無く、そそくさと立去り、有名化粧品店?「よーじや」で会社の女の子達にお土産を買いました。
その後南禅寺に出向きさらに少し足を伸ばし水路閣まで行きます。
しかし哲学の道周辺観光客が多すぎ(そういえば私達も観光客)です。
折角のチャリの機動力もいまひとつですネ。

その後明智光秀の首塚でお参りし、祇園花見小路を散策し島原に戻りました。
最後は定番?誠の湯で今日の疲れを洗いながしました。
そして二人で冷たーい生ビールで打上げです。
これだけの場所を一日で廻れるのはやはりレンタサイクルの機動力ですね。
今回はかなり余裕を持ったスケジュールでしたので、まったりと京都散策することができ大満足でした。

全国的に有名な、牛若君と弁慶さんです。風邪も引かず一年中戦っています。下鴨神社にある縁結びの木です。な何と二本の木が一本になっています(不思議?)誌仙洞庭園です。ここはJR東海「そうだ京都行こう」にも出ていましたね!
<
京都No.1の万寿院の紅葉です。圧巻です。これも綺麗です。同じく万寿院の紅葉です。天下一総本店(コッテリドロドロ系)です。しかし京都の人は、ここ以外のお店でもコッテリ系を好まれますね?
女の子に大人気「ようじや」さんです。明智光秀の首が埋められているという祠です。お参りしているのは誰でせう?元島原遊郭「輪違屋」です。まるで幕末にタイムスリップです。近藤勇先生の達筆な書が飾られています。


如何ですかSplashTourは、目の保養になれば幸いです


それでは(^_-)

PS 2008年度の 紅葉です宜しければお立ち寄りください。

ブラッスリー フォーメス

今日は月島のお取引様に出向きました。
お昼は勝どきの洋食の名店「Brasserie Fomes」に行きました。
この店以前上述の月島のお客様に接待されて訪れた店です。
とても美味しかったことを思い出して再訪したのでした。

ここの一押しはメインディシュではありませんが、ほうれん草の「キッシュ」@420/pとイングリッシュパイ(海老が入ったホワイトソースにパイ生地をかぶせたもの)@945/pです。
頬っぺたが落ちますので探すの大変ですよ(マジ)

今日の獲物は「ポークピカタ」です。
代替テキスト

味ですか、普通「ポークピカタ」は厚めの豚君が多い(ひょっとしたら下町だけかな)のですが、ここは豚薄肉にパルメザンチーズをまぶせとき卵をかませた衣です、いやみが無く豚君の味を際立たせています。
しかしピカタの上にかけたトマトソースは酸味が強すぎて、折角の豚君の甘さを損ないます。
美味しいことに変わりはないのすが、私なら折角のブラスリーですのでもう少し塩味で整えるだけにするか軽くトマトケチャップ程度の方が良いのではないかと思いました。

あしたから京都に奥様と紅葉狩りです!しばらくこのブログ休載となりますが再開をお楽しみにしてください。

アデュー(^_-)

西安料理「XI'AN」

今日は有楽町のお取引様に出向きました。お昼はイトシアでバインセオサイゴンのベトナム飯でも食べようと思い行きましたら行列です。さすがに並んで食べるほど暇ではありません。
しかし行列のできる店イトシアでの本日の最長行列はクリスピー・クリームドーナツの只今七十分待ちでした。結構お暇な人が多いいのですね(笑)。

仕方ないので近隣で探します。すると西安料理「シーアンと」いう看板が目に入ってきました。
ここの惹句は以下の通りです。
「シルクロードの起点、古都西安多彩な食材とスパイスが織り成す独創的な西安大衆料理をご賞味あれ!」

私は「ご賞味あれ!」この言葉に弱いのです。
成程々と頷きながらお店に吸いこまれます。メニューを見ながら今日の獲物を探していたら、このお店に漂う中国山椒を主とした中国料理独特の混在した匂いが何か私にデジャブを感じさせたのでした。それを探るべく料理がくるまでこの店を携帯で検索しました。
そうするとこのお店、何と串八珍グループ豊創フーズ蠅経営していた「刀削麺荘」の換骨奪胎のお店だったのでした。
ナーンダだったのでした。「刀削麺荘」なら会社が御茶ノ水に有った頃、このお店が近いところにありよく食べに行っていたものでした。よってここの味はよく知悉しています。
ということで私のシックスセンスの正しさは証明されたのですが、メニューを見れば「刀削麺荘」とほぼ同じだったのでした。(すぐ気付けヨ!)
今日の獲物は「麻婆定食」です。
代替テキスト

味ですか美味しいですけれど、何度も食べているのでサプライズもありません。
特に拍子抜けしたので凄ォーく損をしたような気分ですネ。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ