下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

本日ヘラに付休載です!

すみません今帰宅しましたが01:30です。
すごいヘラなので本日休載させていただきます。
こういう日もあるのです。

So Long!(^_-)

ウナセラ・ディ・トーキョー

今日は次男が希望大学に受かったので、家族で焼肉屋にてお祝いパーティをしましたのでグルメネタはありません。
しかし合格までの道のりは長かったですね、とても疲れました。
特に今日は奥様が合格電報を待っていたのにも拘わらず何故か誰も郵便ポストへ見に行かなかったので皆で不合格だと思っていました。
どうやら合格電報は届きましたよと連絡があるものと思っていたようです(マサカ)
でもその反動でとても嬉しかったですね

酒場にゆけば月が出る
犬のやうに悲しげに吼えてのむ
酒場にゆけば月がでる
酒にただれて魂もころげだす

室生犀星「酒場」より

そうなのです、先週金曜日何十年間ぶりにお客様と二入で月島の立ち飲みに行きました。
いいですねこの雰囲気(笑)
立ち食い酒場
相も変わらず見にくいのですが、左の缶詰は鮭缶です、右の缶詰は赤貝、そして呑みのものは水気無のピュア焼酎のブラックホッピーです。一分で天国に行けます

お客の皆は無口にて、ガツガツといち早く酔っ払う為にお酒を飲んでいます。
ツマミは缶詰、魚肉ソーセージ、乾きもの・・・
そしてお店の照明は暗く一部電球が切れており、店内にあるお手水といえばパッキンが緩んでいて規則的な水音を奏でています。
思わず心は寂寞の世界に引き込まれていきます。
本当にまるで演歌の一シーンです。
視線を壁に這わせれば、外国人女性のヌード写真が至る所に張り巡らされています。
女主人に何故このようなお店に場違いの写真があるのかと聞けば、外国人のお客様たちが来るたび貼っていくんだとのこと(さすが月島)。
多分故郷が懐かしいんじゃないのと女主人は明後日の方を向きながらボソッといいます。
酒飲めば色々な思い出が浮かび上がりシャボンのように消えていきます。
その間歇の狭間の中で心を揺蕩させるのもお酒の楽しみなのかもしれませんね。

しかしまだこの東京にこのようなお酒を飲む場所があるのはウレシイですね(笑)
場所は酔っ払ったので良く覚えないのですがこんどパチリしてきます。
お店の名前は「枝村酒店」です。
こういうのをウナセラ・ディ・トーキョー、イタリア語で「東京のたそがれ」というのでしょね(笑)

それでは(^_-)

大泉学園 十兵衛

昨日は成田でお仕事です。
一日中倉庫内だったので寒いの寒くないのったら(クシュン)本当に底冷えがしました。
そして夕方には英会話のDavid 先生が英国に帰るというので英会話の仲間と送別会です。
つたない英語で聞いてみるとどうやらあまりハッピーな話ではないようです。
David 先生は今年で御年29歳、商社に努める日本人の奥さんと二人住まいです。
当初はDavid 先生のホームシック説で奥さんも英国に留学していたので一緒についていくという事でしたが実際はマギャクでした。
実態は次のようです。
奥さんからDavid 先生はこのまま英会話の先生を続けていても日本での生活は成り立たないので帰国して生業につきなさいということのようです。
でも帰国しても仕事もないようで、しばらくは大学で取り残した単位をとりながら仕事を探すとのことです。
私は大学卒業しているに何故また復学するのか聞きましたがその返答は良く分かりませんでした。
そして奥さんは今回の帰国は帯同しないようです。即にそれは離婚ですかと問いただすと離婚はしないが英国にこないのも事実だそうです。
David 先生は素封家の出自らしくて一人で暮らすのは困らないようですが、家庭を持つとそれなりに大変なようです。
私が知っている範囲では、日本に定着している英会話の先生の過半は奥さんの収入に依存しているようです。
国際結婚の難しさの一面を垣間見ました。

今日は大泉学園の行列店「十兵衛」に次男坊と行ってきました。
住所::  東京都練馬区石神井台3-24-39
TEL:03-3995-3113
定休:月曜日

十兵衛店先
ここ本当に場所が分かりにくいです。しいていえば十兵衛の角にある銭湯の煙突が目安です。でもこれを頼りにすると行くまでに首が疲れますね

たしかここのご主人学校の先生だったと記憶しています。
趣味が高じてラーメン屋さんになったようです。
お店の名前はご主人が「十兵衛」という名前が好きだったことからつけられました。

十兵衛説明書
十兵衛の説明書きです


私も次男も「十兵衛ラーメン」を注文しました。
十兵衛ラーメンとは、和風ダシと豚骨ダシの合わせスープです。
十兵衛ラーメン
個人的にはトンラーメンが一番美味しいと信じていますが、世論の支持がえられていません(何故
ナルトが可愛いですね(笑)

味ですか麺は太麺でもっちりしています。味はこのスープに魚粉が加えられておりコクを増しています。チャーシューもトロリ感があってマズマズです。
安定した美味しい味と言えるでしょう。
しかしアクセスが悪すぎるのと、近隣に駐車場がないため今日は駐車場から20分ほど歩いてしまいました。当初駐車場があると聞いていたのですが、ぞの実は駐輪場で車は止められません。ご主人が学校の先生なのに漢字の使い方がなっていません(プンプン)

それでは(^_-)


月島 晴月

今日は月島のお客さんと一緒のお昼です。
ここのところ仕事が忙しくあまりB級グルメを楽しむ余裕もありません。

今日のお店は月島「晴月」です。
お店の名前は晴月橋の袂にあるからその名をつけたそうです。
少しボケの入ったお母さんと気の良い次男坊さんの二人でやっています。
でも今日間違えて千円札のつもりで一万円札で支払ったのですがしっかり間違いを指摘してくれたのでそれほどボケてはないようです(感謝デス)。

住所::  東京都月島4-8-13
TEL:03-3531-1836

今日の獲物は私がカレイの煮付け、レバニラ炒め@800、お客さんが穴子五目チラシ@850です。


カレイの煮付けは少しショッパかったですね。


これはベリグッドだそうです。

味は美味しいですね。コストパフォーマンスばっちりです。
おまけにデザートに八朔いただきましてとても結構でした。

なにやら今は開店一周記念で夜は料理の@300〜@500セールをやっています。
夜も楽しめそうですね(笑)
それでは(^_-)

東新宿 イル・ピッチョーネ

今日は東新宿のお客さんと朝から打合せでお昼になりそのままイタ飯レストランになだれこみました。

お店の名前はオステリア イル・ピッチョーネです。
イタリア語で「大衆食堂 鳩屋」という意味だそうです。
住所::  東京都新宿区6-22-2コーラルビルBIF
TEL:03-3204-6488

東新宿はあまり食べる所が少ないせいか、この店無茶苦茶込んでいました。
本日の獲物は、海の幸のスパゲッゲッティーニ(大盛)、マルガリータ、トリッパ(牛の第2胃・ハチノス)を夫々注文+珈琲&サラダ(@980)をしそれを三人で取り分けるということとしました。
海の幸スパゲッティー
これはビャンコ(アサリ)が小さかったのですが、味はグッドでした


マルガリータ
マルガリータです。これは感動がありませんでしたね


トリッパ
トリッパです(見難くてゴメンナサイ)これ今日一です。しかし森下山利喜には負けているかもしれませんが、いけました


特にこのお店パンのお代わり、スパゲッティーは大盛(240g)は無料です、かなり経済的ですね。
シェフはリスランテダノイ→サドレル→アンジェパテイオを渡り歩いたという実力派シェフです。
ということでかなり楽しみにしたのですが、味にそれほどのサプライズはありませんでした(残念)
何故なんだろう(笑)
しいていえばトリッパが美味しかったくらいで、ウーンと皆でうなってしまいました。
ちなみに牛には四つの胃袋があり、第1胃はミノ、第2胃ハチノス、第3胃はセンマイ、第4胃はギアラといいます。
調べたところによりますと、1〜3番目の胃袋は食道が変形してできたものだそうで人間の胃袋と同様なのはギアラだけです。
でもこのトリッパお酒に合いそうです。辛口の冷酒か白ワインでやったらかなり飲めそうです

ということでこのお店お腹が空いた時、大盛スパゲッティーと食べ放題パンでお腹をくちくするという学生食いをしたい時に良いかもしれません

それでは(^_-)

有楽町 桃園

受験シーズンたけなわですね。
この季節になると浪人になった日のことが思い出されます。
都立高校だったので浪人は当たり前の風潮があったもののやはりあまり気分のいいものではありません。
一応目白の大学は受かっていましたがあまり行きたくもなく、最後に国立二期校の埼玉大学が残っていました。
今考えても不思議なのですが、受験番号が7番だったので絶対に合格するものと信じていました。さらに埼大はダサいなと受かってもないのに嘯いていました。
受験の前日浪人確定の高校の友人四人が陣中見舞いということで我家に訪れてきました。
部屋に入ると勝手に麻雀を始めました。
露骨に嫌な顔をすると、「気にしないで勝手にやってるから、受験生は勉強、勉強、浪人生は麻雀、麻雀」と四人でこのフレーズを唱和しています。
そのうち一人が夜食の牛丼を買出しに行ったため、私が代打ちです。
皆浪人か一年頑張ってやはり志望校行こうかという考えが次第に頭の中で膨らんできたのです。
流石に朝の三時頃皆が寝不足は受験の大敵とかいって静かにやっているから寝なヨとかいわれましたがにもう行く気にはならず結果埼大は受けず浪人生となりました。
そして一年後何とか志望大学に入りましが、この四人も同じ大学です。
この四人今でも仲良いのですが、しかし何という腐れ縁なのでしょう。

今日のお店は有楽町交通会館B1にある長崎チャンポン「桃園」です。
住所: 東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館B1F
電話: 03-3214−9048
定休日: 日曜日・祝祭日




一般的にラーメンはツナギにかん水が使われていますが、チャンポン麺には唐あくが使われる為ちょっとしつっこい味になります。そしてこの麺に負けないように豚骨に鶏ガラを混ぜてその割合を幾度と変え完成したのがこのスープです。
さらにここの工夫は、このスープに昆布、煮干、カツオの削り節、干し椎茸の絞り汁を加え隠し味で野菜のクズ、ニンジンの皮、キャベツの芯をいれています。
腹もたれしないように肉団子、チャーシューも鶏、野菜はラードではなくゴマ油で炒めます。
なにやら当初こってりした味で不評だったので腹もたれしないよう努めた結果ここまでこだわったそうです(感動)。

味ですかチャンポンというより例えていえばラーメン幕の内弁当バージョンですね。


脱こってり味にこだわりすぎて少しインパクトがありません。
確かにスープは最後まで飲めたましたが、毎日食べるわけでもないのでもう少し力強さがほしかったですね。

それでは(^_-)

新富町 ゆで太郎

今日は休日ですが銀座に行く用があり、何を食べるかを逍遥していたら新富町まで歩いてしまいました。
銀座はランナーが多いですね(笑)
有楽町から新富町まで多数のランナーに会いました。
東京マラソンが近いせいかもしれませんね(来週ジャン)
私たちランナーにとって走りやすい気候が訪れたことが促しているのかもしれません。

さて今日の獲物は新富町の「ゆで太郎」です。
先日水道橋に日本一の立ち食い蕎麦屋さんをネットで発見しその名残で入ってしまいました(単純)。
まずお店の全景です。
ゆで太郎玄関
何のテライもない普通のお蕎麦屋さんですが、100%手打ちです



看板の通りかけそば@220は安いと思います。
注文したものは「カレーそば」@380です。
カレー蕎麦
カレー蕎麦です。

味ですかコストからすればらこんなものでしょう(笑)

しかし創業者のお蕎麦の出前の姿ですが、この画像はデジカメなので良く良く数えましたら十一段積んでいますネ。
これはスゴイですね(感動)
出前
秘技十一段積みです


ということでその後勝どき橋周辺をパチリしました。
東京のウォーターフロントをお楽しみください。

勝どき橋
月島から見た勝鬨橋です


ウォーターフロント
東京新名所ですか


それでは(^_-)


石神井公園 麺処井の庄

今日は此処の所よく使う勘違いネタからスタートです。
私は水呑百姓というのは貧しいからお水しか飲めないお百姓のことだ、とこの年まで思っていました。
ところが水呑百姓というのは無高(ムダカ)で田畑を持ってないお百姓さんのことです。
即ち田畑へ水を引くことが禁じられたお百姓さんのことです。
このお百姓さん達は、飲用するための水だけは許されたのでこの水呑百姓という名前が冠されたようです。

ということで今日の前振りは辛〜イラーメンが獲物だからです。
お店の名前は「麺処井の庄」です。
住所: 東京都練馬区石神井町3-25-21ライオンズプラザB1

このお店は、必勝軒と蒙古タンメン中本とで修行された方がオープンさせたお店です。
たしか開店した頃長男とわざわざ行ったことがあります。
その時は辛魚粉とラー油の辛さだけが際立っており、それなりの美味しいラーメン屋さんという感じでした。
最近TV等で露出することが多くなってきており再確認の為出向きました。
するとナナ何と行列店になっていました。
今日は暇なので並んでみることにしました。
井の庄メニュー
客の70%はつけ麺を注文しています。
何故か私はつけ麺はあまり食べないのですね(不思議)


待つこと30分でやっと席に着きました。
今日のお品は辛辛魚らーめん@780です。
辛辛魚ラーメン
最初の10分間は美味しかったナ〜(笑)しかしこの赤さスゴイですね

味ですか、何故かすごーく美味しくなっています。
辛さも前回程の辛さではなく、辛いことは辛いですが食べられる辛さでした。
魚と豚骨のダブルスープもたまりせん、やはり辛いは美味いですね。
チャーシューも柔らかく尚かつ大ぶりです。
これは秀逸ですね。

ビッグなチャーシュー
このチャーシューはイケマシタ。とても美味しかったナ。サイドオーダーで小ライスを注文したので、似非チャーシュー丼になりました(笑)


ところ後半になるとトロミ(お店の人の説明ですと動物系肉のコラーゲンだそうです)が口にまとわりつきます。
多分スープ温度が下がってきたので、固形化してきたのでしょう。
熱いうちには気にもならなく舌触りも心地良かったのですが、後半にはかえって桎梏となってしまいました。
でもこれ仕方ないですね。
ということで今日私はスープの辛さで水呑オジサンと成り下った次第です。

それでは(^_-)

東日本橋 タンタルナ

両国橋のたもとを歩いていると猪君が吊り下がっています。
猪君
寒空に可哀想ですね。成仏してください(笑)


そうですこの場所は両国やまくじらすき焼きで有名な「ももんじゃ」です。
私下町育ちではありますが一回も行ったことがありません。
私の子供の頃からこの店はあります何故かがつぶれていません。
もしかするとそこそこ美味しいのかもしれませんね、でも行く気にはなれません。
そうそうこのお店月に2〜3人位もんじゃ屋さんと間違えて入られるお客があるようです。
実際子供の時の私もこのお店をもんじゃ屋さんと思っていました(笑)

夜は19:00頃お客さんから錦糸町で反省会するぞという電話があり、仕方なく20:00に錦糸町まで出向きました。
そして錦糸町の焼鳥屋「ひよこ」でダラダラ飲み、その後押上の「太楼ラーメン」の奥座敷でまたダラダラ飲み続けいつもの通り終電車での帰宅です。
この「太楼ラーメン」美味しいです。
とくこのにお酒のツマミの「ワンタンニンニク醤油和え」最高です。
後日このお店取り上げますが、ワンタンの口内に絡みつくプリプリ感ともっちりヒキ肉のプチプチの歯ごたえたまりません。

前振りはここまでで今日のお店は東日本橋トラットリア「タンタルナ」です。
住所: 東京都中央区東日本橋1-1-20
  三幸日本橋プラザB1F

電話: 03-3865-0078
定休日: 日曜日・祝祭日

お店の名前はイタリア語でたくさんの月です。
アランドロンの「太陽がいっぱい」の夜版ということでネーミングされたそうです。
ここのシェフはイタリアンの名店「サバティーニ」で修行され独立されました。
ランチに挑戦です。
前菜はカブのオリーブオイル和とブロッコリーのガーリックソテーです。メインディシュホタテ、インゲン和えクリームソースのスパゲッティーと蒸しフォッカチオです。
猪君
ホタテの紐部の口当たりタマリマセン。これこそまさに口福ですね


味ですか、最高ですね。
上質なバターで仕上げられたベシャメルソースは称える言葉を見つけることができません。
塩味もギリギリです。
多分あと一振りでも塩を加えたら味がおかしくなるのでしょうね。
さらにこのランチ何と@1000です。
まだできてそんなに経ってないので、それほど混雑していません。
イタ飯好きの方には是非押さえてもらいたい一店です。

PS: 続編です



それでは(^_-)

池袋 れすとらんABC

私の会社の後輩(学習院野球部出身)で学生時代に礼宮様の頭はたいた人間がいます。
彼が学習院高等部三年生の時廊下の曲がり角で、誰かと出会い頭にガツンとぶつかったそうです。
その当時学習院は上履きの色で学年が分かるらしくて、即座にその靴の色から後輩と判断し「廊下は走るな!」と言い放ちついでにその頭を軽くパカンとはたきました。
その瞬間SPがすっ飛んできて、その時初めてパカンした相手が誰なのか理解したそうです。
これ実話なのですよ(笑)
なかなか皇族の頭を叩くことってないですよね。
多分天皇陛下も礼宮様の頭をパカンしたことはないのではないですか。
私の中学の先生は、世界の王選手を張り倒したことを自慢していました(詳細は第一話参照)。

今日は池袋に来ています。
そして今日のお店は「れすとらんABC西池袋店」です。
場所は蒙古タンメン中本の下にあるからすぐに分かります。
お店の名前ABCは覚えやすいのと語呂がよいからつけられたそうです。
誰もこのネーミングには突っ込めないでしょう(笑)
今日の獲物は若鶏のニンニクソース、海老フライ&カニクリームコロッケ@890です。
若鶏のニンニクソース、海老フライ&カニクリームコロッケ
結構ボリュームがあります。付け合せのスパゲッティがマズウマで良いですね(笑)洋食はこれが決めてです。

何かこれ大人のお子様ランチみたいで大好きです。
味は柔らか鶏肉のジューシー肉汁とニンニクソースが絶妙に絡みあい美味しいです。
ただ海老フライ&カニクリームコロッケはあまり仕事がなされてないのと(もしかしたら業務用?)揚げすぎですね。
でも満足です。

ちなみにこのお店の今月のランキングは
1. 特製ニンニク味噌ジャンカラ(洋風麻婆豆腐)@780
2. ハンバーグの角煮トマトソース煮とビーフコロッケ@880
3. ハンバーグの角煮トマトソース煮と海老フライ、カニクリームコロッケ@980
でした。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ