下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

西新宿 たからや

今日は私の「死にそうになった話」です。
それは1995年4月19日に起こりました。当時札幌にいた私は朝一の飛行機で打合せの為、取引先様と一緒に東京へ出向く予定となっていました。

朝一自宅に取引様に迎えに来てもらい一路新千歳空港に向かいました。
たしか当時新千歳空港はできたばかりで、空港駐車場はやたら料金が高く、ほとんどの人は空港周辺の駐車場に泊めそこから送迎してもらい空港に行っていました。
取引様の利用する駐車場は千歳の美々(地名)の農道の前にあったのですが、そこは北海道ですので規模が違います。農道といえども広幅農道で四車線あり、その駐車場の収容台数は400台は下りません。
私の奥様はこのロケーションを知らない為、数十分後私からかかってくる重要な電話を勘違いするのです。

珍しく道央道が混んだ為飛行機の発機時間が切迫してきており、自然とお取引様の運転は荒くなってきています。千歳インターで降りそこから美々の駐車場でまではかなりスピードを上げ、時間を詰めようとしています。四月とはいえ周辺にはまだ雪も残っており何やら嫌な感じがしていました。
どうにかこうにか駐車場の入口が見えてきていたので、なんとかギリギリ間に合うなと思っていました(ホッ)。

すると前からかなりのスピードで直進してくる車があります。
取引様は右折して駐車場に入るので、この突進してくる車を行かせてからだと思っていました。ところが豈(あに)図(はか)らんや行かせる気持ちはサラサラも無くこの車より先に右折して駐車場に入ろうとしています。私は取引様にこのままだと突進してくる車にブツカルヨと叫び、そして取引先様の顔を見ますと完璧に目が吊り上っています。こりゃ駄目だと思い今度は突進してくる車の運転手を見ます。この運転手はもう避けられないと思ったのかハンドルの上に頭をかぶせ全く前方を見ていません。
私は下手するとお陀仏だなと思いました。そうはいいながらぶつかる直前に気持ち運転手側に体をずらせ激突に備えたのです(結構冷静だったのです)

車が激突してからどのくらい時間が経ったのでしょうかどうやら私は意識を取り戻したようです。
筆舌に尽くせないくらい惨憺たる状況です。車は私の座っている部分を中心にして大破しており、そして目の前にあるフロントガラスはキレイに無くなっていました。そしてそのグラスの破片はまるで頭から小麦粉を引っ掛けたように私の体を覆っています。

車の中が血の匂いで満ち溢れています。追突した運転手と取引様が何度も死なないでくれと絶叫しているのが聞こえます。
口の中も血の匂いでむせ返り息も絶え絶えです。なんか駄目そうだなと思い、とり合えず奥様に携帯で電話します。「今千歳の駐車場でヒドイ交通事故にあったょ。下手すると死ぬかもしれないから後は宜しく頼むね」と告げました、すると奥様は、「はいはいわかりました、病院が決まったら連絡してね」とのことです。

その日の昼前に奥様と部下が病院に来ました。
奥様は病院に来るなり大事故なら大事故と何でチャンと言わないのと、カンカンに怒っています。来る前に事故現場に立ち寄り事故車を見て驚愕したそうです。こんな車の助手席に乗っていたら決して軽い怪我ではないことが容易に想像がついたからです。

ちゃんと言ったのにネ死ぬかもしれないって(笑)
助かったのはどうやら奇跡のようです。怪我は左あばら骨多重骨折、肺挫傷で全治一ヶ月の重症でした。
取引様の車が三菱の高級車ディアマンテだったので、ドアの鋼板が厚く一命を取り留めることができたようです。
万が一ライトバンのような薄いドアでしたらこのブログを書くこともありえませんでした。

今日は新宿にこまごました物の買物に来ました。
久々に「萬来」で巨大チャーシュー麺を食べようと思ったのですが、なんと「萬来」は大型ビルになっており、しかも建築中でした。
仕方ないので隣の「たからや」に行きました。
住所:  東京都新宿区西新宿1-4-11宝ビル1階
電話番号:03−3344-3166

あとはパチリでご覧下さい。
たからや玄関
たからや玄関です、結構渋いですね。このお店も巨大チャシューが売りのようです。隣が巨大チャシューの盟主「萬来」ですので、立ち向かおうとする根性がスゴイですね(エライ)



たからや店内
ちょっとレトロな店内です。なにやら期待が持てそうですネ


たからやヤカン
アルミヤカンのピッチャーです。仕事柄腐食しているのが気になります。



醤油ワンタン麺
醤油ワンタン@950です。四角なシナチク×三枚とワンタン×3枚が乗っかっています。麺は中太麺です。味ですが、ショッパイだけです。味に深みもありません。ショパッさだけならまだ立ち食いソバのラーメンのほうがましです。シナチクも硬いだけでサクサク感もありません。折角四角にしているのでなにか仕掛けがあるのかと思いきや何もありません。最後に期待していたワンタンですが皮が粉っぽく肉もジューシーさもありません。これで@950はサギだといいたいとこですがこれでも繁盛しているので人生色々、ラーメンも色々なのですね


新宿モード学園
今話題の新宿モード学園です。こんな建物できたらいいなとプラン図をだしたら施主が気に入り採用になってしまったようです。プランはプランなのでといって設計事務所(N設計)は逃げ回ったそうですが、逃げ切れずご用となったようです。自分の仕事とは関係無いのですが係わっている人が皆ヒーヒーいっているので気になってパチリしました。


それでは(^_-)

怖かった話

今日は私の「怖かった話」です。
色々と身に起こった恐ろしい話は多々あります。特に怪我、病気等で死にそうになった事は、はっきりと指がおれるだけでも5回もあります。それは後日においといて今日は「怖かった話」です。
今日はとりあえず思いつく二話のみです。
まず一つは「鳩さん襲撃事件」です。私は鳥が嫌いです。子供の時父親の実家に泊まりに行ったとき、朝食で食べる卵を鶏小屋にとりに行かされました。卵をとる時横着して棒で鶏君を蹴散らかしました。
すると何と鶏君3羽ほどが飛びあがり(飛ぶとは思わなかった)私の顔を掻きむしったのです。爾来鳥に対して恐怖心を抱くようになりました。
それから幾星霜結婚して下町に住んでいた頃、私は父が建てた5階建ビルの5階に住んでいました。確かぽかぽかした土曜日に一人で、窓を開けさわやかな空気を取り入れてゴロゴロしていました。すると私のそばで「ポッポポッポ」と聞き覚えのある声がします。
ガバット反射的に身を起こし、声のするほうに視線を合わせると、そこには鳩君が一羽招かざる客として、窓から入室していたのです。
後はパニックです。グッワーと絶叫しながら這いつくばって(腰が抜けた)隣室に逃げ込みました。そして身近にあるありとあらゆるものを鳩君に投げつけました。すると今度は鳩君がパニックです。部屋中をバタバタと飛び回ります。すると私はまさかこっちの部屋にくるのではという恐怖心が起こり、慌てて扉を閉めその隙間から鳩君の動静を見ていいます。
パニック状態になった鳩君はなかなか退去してくれません。そして5分間位でしょうかやっと入ってきた窓を見つけ出し退去してくれたのです。そして私は素早く鳩君がいた部屋に戻り窓を閉め、サッシのクレセントをギッチリとかけたのです。
しばらくして落ち着いて部屋の中を見回すと、鳩君の沢山のお土産があったのです、多分恐怖で脱糞したのでしょう。
結果畳の拭き掃除をするハメとなりました。本当に糞イマイマシイ話です。

二つ目は「屋上事件」です
長男がハイハイができるようになった頃の五月晴れの土曜日の朝の話です。当時の我家は洗濯物を屋上に干していました。私も奥様が屋上で洗濯ものを干している間、長男をハイハイさせながら遊んでいました。しばらくして奥様が敷布を干し始めたので視界が限られるようになりました。すこし目を離していた隙に長男の姿が見えません。でもバブバブという声がするので声のする方に視線を移します。
すると私の目に飛び込んできた光景は、私の心臓を止めるほどのものでした。
な何とこともあろうか長男は屋上にある手摺の下桟を潜り抜け、手摺とパラペットの間の場所にいて無邪気にハイハイをしています。
万が一パラペットによじ登りそこから落ちたら、いくら私の息子といえどもお陀仏です
すぐに引きずり出そうとしたのですが、動作がコマ落ちのストップモーションのように緩慢に感じられます。(実際はかなりの速さだったと思います)
すぐに脚を掴みその狭間から長男を引きずり出し、胸にしかっりと抱きしめました。突然の荒々しい衝撃を受けた長男は、焼きゴテを押しつけられたかのように泣きはじめました。そして長男を抱きしめながらこの事態に気がついていない奥様に、なんでしっかりと見てないんだよと八つ当たりをしたものの、胸の鼓動は早鐘を打ったままです。
いまでも数秒間のこの光景を思い出すたびに戦慄がはしります。
本当に本当に怖かったのでした。
そんな長男も来年は社会人(現在就活中)?です。年を取る訳ですね(笑)

今日は次男の入学祝で奥様の実家へ出向きました。
グルメネタもありませんが、奥様の義妹の家庭料理をパチリしましたのでご覧下さい。


鯉のぼり遊の郷の鯉のぼりです。もうすぐGWですね


鯉のぼり同じく遊の郷の鯉のぼりです。こういのを見ると「江戸っ子は五月の鯉の吹き流し、口先ばかりではらわたは無し」という言葉が思いだされるのは私が下町っ子だからでしょうね。


遊の郷遊の郷でみた桜です。キレイなのでパチリしました。



天麩羅天麩羅盛り合わせです。メインはタラの芽の天麩羅です。タラのエグミがいけますね。日本人に生まれた良かったと思う瞬間です。海老もイケマシタ(満足)


茶碗蒸茶碗蒸しです。これは料理屋顔負けです。特にとれたてのキノコが茶碗蒸しにアクセントをつけています(美味しい)


唐揚唐揚です。揚げたてをガツガツいただきました。あっと言う間にこの皿の底が見えてしまいました。ジューシィーな鶏肉は本当に口福です。


ミートスパゲッティ締めのミートスパゲッティーです。お気取りなしなので、雪のようにパルメザンチーズをかけていただきました。義妹さんは料理も美味しいのすが、手が早いのです。これ以外の料理も有ったのですが、このボリュームをあっという間に作ります。ゆっくり美味しくは誰でもできるのでしょうが、手早く美味しくはこれは「腕」でしょう


それでは(^_-)

謝朋殿粥餐庁

今日は私に初めての子供ができた頃の「 亀戸餃子」の話です。
このお店たしか「パパは5皿、ママは4皿、お兄ちゃんは3皿、お姉ちゃんは2皿、私は1皿!餃子を食べて健康家族」というイヤらしい強制的なコピーを店内に張ってあるお店です。

ある土曜日の夕飯にどうしても餃子が食べたくなり、いつも餃子を買う店に行ったところ臨時休業でした。仕方なく思案した結果「亀戸餃子」に持ち帰り餃子を買いに行くことに決めました。私の家から車で10〜15分程度のお店です。

店に入ると焼き餃子6人前を「持ち帰り」で頼み、カウンターに座ってテレビを見ていました。
するとここのオジサンが私に声をかけます。
オジサン「お兄さん家までどのくらいかかるの」
私「車で来ているから普通であれば10分、道が混んでいれば15分くらいかな。なんでそんなこと聞くの?」
オジサン「そりゃ駄目だね。家(うち)の餃子は熱々で食べてもらうのが一番美味しいんだ。15分もかかるのであれば焼く前の餃子にしてよ。作り方書いた紙、入れてあげるから」
私「そりゃオジサンの以外のところも皆そうだと思うよ」
オジサン「だから焼く前の餃子を持っていってよ」
私はやっとオジサンの言っていることが理解できたのですが、それと同時にプチンと頭の中の回線が切れました。
私「持ち帰りに10分以上かかる場合は焼き餃子はお求めできませんなんて、この店の何処に書いてあるんだぃ(怒)
妻の調理の手間を省く為にわざわざ焼き餃子をお願いしてぃんだよ。オタクの店はたまに飲みに来るけれど、もしその通りならでてきた餃子を10分の内に食べろというのかい、はばかりながら今までこの店で食べにきてそんなこといわれた事一度も無いぜ!(怒)」
オジサン「美味しく食べて欲しいんだょ」
私「美味しく食べたいのは当たり前だし、そんなことわざわざオジサンから言われなくても分かってらいしかしそれを無理じいするのはオジサンの勝手じゃないのかぃ。大体10分以内に持ち帰ってもすぐに食べるかどうかは分からないじゃねい。
そんな屁理屈振りかざすなら、店の都合で二皿単位で注文させるのは一体どうなんだよ、そっちの方が客の腹のくち具合考えてねえと思うよ、人によっては残す事もあるよネ。
まずはそれを取り下げてから御託並べるのが先じゃないのかい。
一体全体この店っていうのは、客に餃子を売るのが商売なのか喧嘩を売るのが商売なのかまずそれをはっきりさせてからもの言えヨ(怒)」

あまり激昂する性質(たち)でもないのですが、たいして美味しくもない餃子屋さんなのに無茶苦茶な持ち帰り拒否に空腹(怒りやすい)だった事も相俟ってブログに書く事もはばかる様な話になってしまいました。結果としてはさらに私が大魔神化していったのでオバサンが止めに入り焼き餃子を持ちかえることで落着したのです。

ここの餃子確かに皮は美味しいのですが、餡は野菜が多くアッサリしておりそれほど美味しいとは思っていませんでした。爾来このお店の暖簾はくぐっていません。
それと大学の時マーケティングの授業の時、客に選択権を与えないサービス業は衰退すると明確にご示教いただきましたこと加筆します。

今日のお店は謝朋殿粥餐庁です。
住所:  東京都新宿区西新宿1南口地下街1号
電話番号:03−5399-1335
獲物は「蒸し鶏と豆腐の酸辣麺L」@680です。



この酸辣麺は具が多いのです。蒸し鶏、葱、豆腐、トマト、筍、ヒジキと六品です。
そして麺はかん水なしのサッパリ麺です。食べ始めの頃はそんなにサプライズは無かったのですが後半とても美味しくいただけました。
このお店は基本的に健康食材を意識しており全体的にくどくない味付けです。しかしこの味に一度馴染んでくるとかえってこのサッパリした味付けが好ましいのですね。
普通酸辣麺はクドクドの二乗ですがこのような足算の酸辣麺の方が味わいが深いと思います。
再訪したいお店です。

それでは(^_-)

餃子の店「おけい」

今日は私が平社員の頃の浅草の話です。
担当している会社の課長さんが、私が下町っ子ということで浅草で食事をご馳走してくれる代わりに美味しい店を探せという申し入れを受けました。

考えたあげく西浅草の釜飯屋「かづ」に決めました。
ここのご主人チャキチャキの江戸っ子で、当時流行した幼な妻(18歳)をもらったことで地元じゃ有名人です。

当日そのお客様との打合せが終わり約束通り、西浅草までタクシーを飛ばし「かづ」まで行ったのです。お店に入るといつも使う小上がりが開いていたので、ここでいいですかと確認すると生憎小上がりは全席予約が入っておりカウンターに座ってくれとのことでした。

私は先にお客様を座らせ、さっきから我慢していたものを解放する為に中座しました。そしてそそくさと席に戻ると様子が変です。

ご主人「今日悪いけれどここのカウンター席も予約が入(へえ)っているんでさ、帰ってくんない」
私「さっき開いていると言ったじゃないですか(怒)」
ご主人「予約が入(へえ)っているっていったら入(へえ)っているんだよ、聞・こ・え・な・い・の・か(怒)」
私(お客様に)「何かあったんですか
お客様「何か知らないけれど、この時間から小上がりが予約で一杯でもうかって結構ですねっていたっら血相がかわったんだヨ」

私はこれだと思いました。ここで食い下がっても詮無いことでとりあえずお客様を外に出してから調理場出入り口からご主人のところに行きます。

私「何怒っているのですか?」
ご主人「冗談じゃねえや、始めてきた客で料理にも手をつけねえ前から、オタクは儲かって結構ですねというからカチンときたのよ。内の店のことをよく知りもしねえ客に値踏みをされるほど内は安くはネエゼ(怒)二度とあの客連れてくるな
私「・・・(アングリ)」

江戸っ子は粋でべらんめえで、負けず嫌いの見栄っ張りで、生一本でけんか早く、そのくせお人好しで、面倒見がよく、華があってひがみっぽく、講釈嫌いで講釈好きで、新しいも好きで、要するに気が短いのです。
事々左様に江戸っ子は難しいのですね(笑)。

今日のお店は餃子の店「おけい」です。

住所:  東京都千代田区富士見2-12-16
電話番号:03−3261-3930
定休日 日祭日・第三土曜日

このお店餃子のお店かと思っていたのですが、夜は本格中華料理のお店だったのですね。
お店の雰囲気は昼とは全然と違うしとても感じが良いです。
ここから後はパチリでご覧下さい。



炒猪肝(レバ唐揚)@600です。なんと餃子屋さんでこんな美味しいレバ唐揚に出会うとは、レバの臭みもないしジューシーです。衣も厚からず薄からず丁度よく、レバーの美味しさを一滴も残さず完璧にあげた絶品です。これには拍手で称えたいですね



炒肚子(ガツ炒め)@580です。これもいけました。ガツの脂肪部と醤油をベースにしタレの相性最高です。量がすこし少ない気がしましたが、その名残惜しさの為しみじみと食せることができました。ベリグッです。



ここの名物の餃子@570です。二度目の体験ですが、前二品と比べるとすこし格が落ちますね。普通の羽付餃子でしょう(笑)

それでは(^_-)

本日多忙につき休載

それでは(^_-)

トリュフチョコレート

今日は私が大学生の頃の「山谷」の話です。

明治通りは白髭橋を越えて三ノ輪に方にしばらく行きますと歩道橋があります。
昔そこには大きな横断幕で「人の飛び出しに注意!南千住警察署」と書かれていました。
そうなのです、その当時の山谷は浮浪者の当たり屋さんが横行しており、被害件数はかなりものだったと聞き及んでいます。

吉原大門の当たりを歩いていると、泥酔した浮浪者達が昼間から熟した柿のような甘酸っぱい匂いを撒き散らし、路上でマグロのように横たわっています。
その傍らを通ればいきなり足を掴まれ「おアシをチョウダイ」と無心されることは日常茶飯事です。でも足を掴まれたからといって怯(ひる)んではいけません、そういう時は間髪いれずに、掴まれていない足で浮浪者に掴まれた手を踏みにじるのです。
下手に痛いだろうと妙な仏心をだすともっととんでもない目に合うのですよ。

ある日私は友達に頼まれて、山谷にある友達の車の修理工場まで私の車で乗せていってあげたのです。
友達の用件はすぐに終わり後は帰るだけです。
当時(今もかな)の山谷はあまり区画整理がされてなく、かなり道が入り組んでいます。
案の定道に迷いました。しばらくすると小路に入り込んだのですが、そこを突き抜けると江戸通りに通じる大通りのようです。
しかし問題は私の進行方向に多数の浮浪者がタムロして道を塞いでいます。
後で分かったのですが、この小路には何と山谷で唯一の立ち食い鮨屋さんがあり賑わっていたのでした。
私は徐行しながら進んでいったのですが、誰もどきません。友達はどうしたものかと思案しています。私はセッカチなので車で蹴散らかしていけばなんとかなると思っていました。
しばらくしても誰もどこうとしません。
私はたまらずクラクションに手をかけたのと同時に、友達がそれは駄目だと大声で叫んだのです。

信じられないことが起こりました。怠惰に路上に寝っころがっていた浮浪者達が一斉に立ち上がり、私の車のボンネットに登ってきたのです。フロントグラスには数え切れない人の歪んだ顔が張り付いています。
私は南無さんといいながら咄嗟にギアをバックに入れ後ろに急発進したのです。
ほとんどの人間は振り下ろせたのですが、一人の浮浪者が左のワイパーのところにしがみついていていました。友達が窓を開け手刀を二三発振り下ろし何とか振り切れることができたのです。

ここはサファリパークか、マジにシビレマシタ
山谷では鳴らしちゃ鳴らないクラクション!


今日は日曜日だというのに一日会社です。
お昼も外に行くのが面倒くさくアンパン&牛乳で済ませたのでした。

夕方仕事が終わりブラブラしていると、道すがらにオーガニックフェスタをやっていました。
実は私チョコが大大好きです。
美味しそうなトリュフチョコレート@500を売っていたのでつい買ってしまいました。

トリュフチョコレートこのお店の一押しはラムレーズンチョコです。しかし試食しましたらトリュフチョコレートが一番美味しかったのでこれを選びました。上品な味です、なんだろうカカオの味は押さえめですが、味が深いのです。う〜んハマりそう


説明書説明書です、オーガニックだから体に優しいのですね(笑)


チョコ断面コアがトリュフなのですが分かりませんよね


それでは(^_-)

東銀座 萬福

今日は浅草「 こんぴらや 」さん(讃岐うどん屋)のオバサンの話です。

私が大学三年生(かなり昔)の時、浅草千束で飲み歩きつかれ、丁度小腹が空いたので「こんぴらや」さんにうどんを食べに入りました。
時間は限りなく26:00頃です。
しばらくするとキスグレ(酔っ払い)たヤー様が店に入ってきて私の隣に座りました。
こりゃヤベエナとおもいつつも、ホンチャンのヤー様はトーシロ(一般人)には手をださないねと瞬間安心しようとしたのですが、ヨクヨク見ますとどっから見ても只のヨタヤー様でした。
ゼッテェィひと悶着起きるなと思いつつ、私はこういう場合とりあえず酔っちゃおうと決めたのです(素面でいるのは怖い)。

案の定、隣のヨタヤー様が絡み始めました。
自分はドコソコノ組のエレェ兄さんから始まり、酒はぬるいは、酒のツマミはまずいは、とお店に難癖をつけ始めました。
するとオバサンが「うちはうどん屋なのですみませんね」とひたすら謝ります。
そしてしばらくするとうどんが出来上がり、ヨタヤー様に供されます。
ヨタヤー様は、今度はうどんが不味い、味がしねえ、よくこんなんで御足(お金)が取れるねと言いたい放題状態です。
それでもオバサンはずーっとすみませんねと謝り続けていました。
一方オジサンといえば、ずーっとひたすらうどんを作り続けていました。
周りのお客はいち早く場の雰囲気を読み、オアイソをして三々五々と店を退散しました。
私は飲みかけのお酒がもったいなく帰れない状態です(お酒なんか意地汚く飲んでいるからだヨ)。

ところが突然状況が一変したのでした。
オバサンが反撃にでたのです。
オバサン「何処の組のエライ兄さんだか知らねえけれど、家(うち)んとこのうどんをコケにするのもいいかげんにおし。兄さんがいうように本当に不味ければ半分も食えねえぃだろう。それを半分も喰ったというのは美味しかったということじゃないのかい」
ヨタヤー様「・・・(絶句)」
オバサン「さっきから黙って兄さんのヨタ聞いていたけれどもうどうにも堪忍ならねぃ、てめえが××組のお兄ぃさんだったら、私はその上の○○組の△△さんに今から掛け合うからそのつもりで性根きめてここで待っていな」
ヨタヤー様「呼べるものなら呼んでみろや」
するとオバサンは電話機を引き寄せ、その○○組の△△さんに電話をします。
オバサン「すぐ来なさるから、覚悟決めとけきな。エンコ(小指)の一本や二本は飛ぶかも知れないからね」
と凄みます。そうすると件(くだん)のヨタヤー様はソソクサと帰ろうとします。
すかさずオバサン
「無銭飲食かい、それなら桜田門(警察)をよぶよ。御足はキチンと払っていっておくれ」
とキリ返します。
結果お酒とうどんとツマミのみでその当時のお金で5,000円位(実際は千円もしない)をヨタヤー様に請求しキッチリと貰いました(スゴイ)

ヨタヤー様が帰って落ち着いた頃
私「オバサン、スゴイ迫力でしたね
オバサン「恐ろしく今でも足がブルブルだよ」
私「でも、しばらくすると○○組の△△さんが来るんだから一件落着じゃないんですか」
オバサン「堅気の店にその筋の方がきたら、お客さんは寄り付かないよ」
私「もしかするとさっきの電話、ウソ電話で一人芝居?」
オバサン「当たり前じゃないかい、あんなキスグレヤー様だからかましたのよ。でも本音をいうと怖かったわ」
私「・・・(絶句)、さっきからご主人何していたのですか(怒)」
オジサン「あまりに怖かったので、うどんを作っていた(悲)」

これ実話です。
二三年前、今の息子さんにこの話をすると息子さんはオフクロは根性あったからなと言っています。
オジサンは亡くなったのですが、オバサンは今でも元気のようです。
チョットした浅草根性秘話かな???

今日のお店は銀座木挽町にある中華料理「萬福」です。
住所:  東京都中央区銀座2-13-13
電話番号:03−3541-7210
定休日 日祝
平日 11:30 〜 22:00
土曜 11:30 〜 20:00

昭和レトロ溢れる店内で、日本語があまり上手じゃない中国人のお姐さんがオーダーを取っています。
このお姉さん発音にうるさく「東坡肉」を「トンポロウ」と発音したら何故か直されましたし黒ホッピーをブラックホッピーと言ったら通じませんでした。

ここから後はパチリでご覧下さい。



お店の暖簾です。渋い!期待が持てますね(笑)


NEC_0080
Powered by PICS

先代の写真です。大正時代に初代が屋台からスタートし、昭和4年に店を構えられたそうです。以後70年以上に渡って親しまれてきた建物は老朽化のため、最近、惜しまれながら建て替えられました。

NEC_0082
Powered by PICS

なんとなつかしの黒電話です。昔アンドレザジャイアントというジャイアント馬場より大きいプロレスラーがいまいした。かれは指が大きくこの電話廻すことができずいつもボールペンで廻していたそうです。

NEC_0078
Powered by PICS

麻婆豆腐@780です。これ駄目甘すぎます。これが昭和レトロの味ですかね。お勧めできません。

NEC_0079
Powered by PICS

東坡肉@880です。八角の匂いが強すぎます。やはりこれも甘すぎます。どうやらここのお店の味は、私には合わなかったようです(残念)

それでは(^_-)

本日昼食とらずのため休載

ウーン何と今日はクレームでオオモメに揉めた為お昼も食べられず
夜はその反動で飲んでしまい尚且つパチリも忘れたので書きようもありませんm(__)m
悪しからず

芝蘭

今日は見世物小屋の話です。
子供の時浅草花屋敷の前に常設ではない小屋掛けの「見世物屋」がありました。
いつも塩辛声のオジサンが「親の因果が子に報い…〜♪♪可哀相なのはこの子でござい (中略)〜お代は見てからで結構だよ。さあさあさあさあ入って入って、間もなく始まるよ」という定番の名調子で客寄せをしています。

ウリは三本足の女です。この女(ヒト)オジサンが呼び込みを始めると小屋の隙間から現れ上から垂れ下がっている黄色のしごき帯を左右の手に掴み着崩した着物姿で艶(なまめ)かしく、ゆらゆらと揺れながら手招きをしてお客を誘いこみます。

なんか子供心にイカガワシく敷居が高かったのですが、小学高の高学年の時、意を決して友達二〜三人と見に行きました。当時のお金で木戸銭100円(今なら500円位)でした。

私がお金を払う時に「お代は見てからでいいんじゃないの」というと「ガキがナマ(生意気なこと)言うんじゃねえヨ。今のうちから減らず口たたいているとロクな大人になれねヨ(確かになってない)」とモギリのオジサンにケッチンを食らわされるのでした。
「したっけ三本足の人間なんか、いるわけ無いじゃん。インチキだったらお金返してね」と畳み掛けると「後ろがつっけえてぃるだろう」と言って無理矢理中に押し込むのです。

最初のコーナーは大きな板に赤い絵の具が塗ってあります。これ即ち「大イタチ(大板血)」です。その脇にはアマゾンの半漁人とか、髑髏怪人、河童とかの絵が陳列しています(怖かネエヨです)。

そして最初のデベソ(敷居板)伝いにその裏側に回ると「蛇女」のコーナーですが、ただの普通の汚いオバサンです。
このオバサンがなぜ蛇女になったのかの経緯(いきさつ)の口上を10分位聞かされます。そしてそれが終わると恐ろしいショーが始まりす。何のことは無い生きた蛇を食いちぎり、口の周りを血だらけにして、おまけにそれを飲み込もうとします。しかし決して飲み込みなぞはいたしません。口上のオジサンが恐ろしいだろって煽りますが・・・蛇が怖くて泥鰌が食えるか(意味不明)いくらなんでも子供をナメルナです。

そして次に移動すると巨大なイボ蛙の水槽がありました。これって花屋敷の釣堀でとってきたものだと思われます。

そして最後のデベソ(敷居板)を廻ると。三本足女のショーです。太鼓の音に併せて、シゴキ帯に引っ張られ上の方に上がってきます。化粧がとても濃くそれだけで気味が悪かったのですが、かなり乱れた着物姿が色っぽいのです。
ここでもなんで三本足になったのかの経緯(いきさつ)の口上を15分くらいやります。
周りの大人が段々飽きてきて「早く見せろヤ」と怒声を浴びせます。しかしここからジラセテ、ジラセテ、ジラセます。そして怒りが最高点に達した当たりで、強い真っ赤なスポットライトを三本足のつけ根当たりに浴びせかけます。さらに周辺を多角三角形の鏡で囲っているので、スポットライトの光が強烈な乱反射を起こし、何が何だか分からないうちに三本足の女は忽然と消えうせうるのです。

皆ヤラレタナと苦笑いしながら小屋から出て行きます。
「お代」ですか、出口には見世物小屋の中より怖いオジサンたちが睨んでいるので、恐ろしくていえる訳がありません。
蛇女よりこのオジサン達を立たせて、怒るまで卵を投げつけるショーの方が数倍怖いだろうと子供心におもいました(マジ)


今日は板橋区で四川料理一番といわれている「芝蘭(チーラン)」です。
今日獲物は「麻婆豆腐定食」@900です。
住所::  東京都板橋区赤塚3-3-20
電話番号:03−3939-4465
定休日:毎週月曜日

ここから後はパチリでご覧下さい。

光が丘公園
光が丘公園のスナップです。今日通院日だったので会社を休みです。通院の後光が丘図書館に本を借りにいった際のパチリです。


芝蘭エントランス
芝蘭入口です。あまりパットしません。そうそうこのお店の周辺駐車場が少ないので混雑時期は外した方が良いでしょう


芝蘭店内

中はそこそこ広いですね。定連さんは「汁なし担担麺」を食されます。かなり辛いとの評判より私は未体験です。


陳健民とのスナップ
ここの店主、以前は赤阪四川飯店で修行をしていました。そこでのオーナー陳健民とのスナップです。


麻婆豆腐定食









板橋一番の名に恥じない麻婆豆腐です。豆板醤と粉山椒の香りがタマリマセンでした。でも久々に食べたら味少し落ちたかも。最後まで熱々で美味しくイケマシタが、多分ラー油が多すぎて、しつこかったのかな(笑)


麻婆豆腐









麻婆豆腐のアップです



それ.では(^_-)

紅花別館

アキレス腱を烈断してから寝るときはいつも装具をつけて寝ています。
それは寝ぼけた時、壁とかに足をぶっつけてアキレス腱の再断を防ぐ為です。
しかし昨日夜中の3時頃、無意識に背伸びをしたところアキレス腱も一緒に伸びてしまい、再断こそしませんでしたがアキレス腱に激痛が走りその後は痛くて眠れませんでした。本当に怖いですね(マジ)、再断したら本当に身体障害者です。

♪チェッチェッコリ チェッコリ サ リサンサマンガン サンサマンガン ホンマンチェチェ!この歌の氏素性は何だろうとズ〜と悩んでいました。
答えが分かりました。正解はガーナ民謡の『チェッチェッコリ』という歌でした。
意味は「こんにちは」ということです。
子供の時意味も分からず、やたら歌っていたました(笑)
「♪二酸化マンガン」とか・・・

今日のお店は「紅花別館」」です。
住所::  東京都中央区日本橋1-2-15
電話番号:03−3271−0600
このお店海外にいくと何処でもあるという日本食レストランです。美味しいのでしょうか?
獲物はデミグラオムライスランチ@1,000です。

NEC_0063
Powered by PICS

シーザースサラダです。久々に美味しいシーザースサラダでした。レタスのシャキシャキ感べりグッドでした。

NEC_0074
Powered by PICS

デミグラオムライスです。卵のトロトロ感タマリマセン。デミグラと卵の相性最高です。作り手のセンスの良さを感じさせます。

>NEC_0080
Powered by PICS

カニの爪フライです。これも隅々までカニ肉が詰まっており食べごたえがありました。ほのかに肉の甘さも感じられ美味しゅうございました。

当初@1,000は高いのではと思いましたが、このセットパフォーマンスであれば納得です

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ