下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

もんじゃ

今日は長男の若葉運転で「新井薬師」へ、前日アドマチック天国で取り上げられたのでチェキに「薬師あいロード」へ出向く。到着時間が遅かったのと、TVの影響?により「完売店」が続出です。
伊太利亜金太郎飴「papabubble(パパブブレ)]、あげ饅頭「越路」は何もない、いわゆる「開店休業」状態。しかし「papabubble(パパブブレ)]、」で「キウイ飴」をもらいその味を堪能します、結構美味しいし、見た目「綺麗」という感想⇒ちょっと「特」した感じです(^_-)

今日の夕飯は、「もんじゃ」。はるか昔から小馬鹿にしていた観光もんじゃ「月島焼き」に最近傾倒しています。本場下町流より美味しいと思う今日この頃です。さすがに自宅で作る、中身は豪華です。

キャベツ、キリいか、ベビースターラーメン、ウィンナ、竹輪、チーズ、紅しょうが、カレー粉、にんにくパウダー,切り餅etc月島で食べたら@1,500円以上/人コースです。味はこの道40年「筋金入り」ですのでNo Problem です。
さすがに三杯食べたら「豚さんモード」になり、食事するやいなや「即寝」今度は「牛さんモード」に変換となりました。

それでは。


めんくい

今日は光が丘の「めんくい」にラーメンを食しに行きました。ちなみにご主人は千石自慢ラーメン@千石の出身のようです。
とんこつ系博多ラーメン、家系、背脂チャッチャ系のいい所を合わせたようなスープです。何故かニンニクを入れてもあまり匂わないので、にんにく好きな自分としては味を含めて総合的に好きなラーメン屋の一つです。しかし油ギトギト高カロリー食なので最近お腹がぽっくりしてきた私としては毎週は行けません。
しかしこの主人は喋らない人です。「ありがとうございます」程度はのたまうのですが、私語、無駄話を一切しません。奥さんがいるらしいので、全くの無口ではないようですが、まだ若いのにその「職人気質」には頭が下がります。しいていえば「麺」をもう少し太く硬い「麺」にして欲しいくらいですかね。
その後は「英会話」⇒「体育館」でのRun です。11月に2つレースがありますので、そろそろ高速脚を作らなければと思っています。
この土日は、恒例の休日出勤もないことからやりたいことをします。
順不同で記しますと
1.「アドマッチク天国(TV東京)」を見る
2.新宿に「リアップ」を買いに行く
3.泉岳寺に行く

それでは

おしたじ

今日からブログを始めます。
まずは簡単に自己紹介します。
タイトルの通り、東京は神田で生まれ成長、その後大川(隅田川)を超え墨田区で生息する、小学校から高校まで、巨人軍王監督(今はダイエーでしたか?)と同じ学歴、ただしくは王監督は私の高校を落ち早実に入学する。しかし王監督は補欠一番だったので、もし試験当日一人でも風邪かなにかで欠席していたら、我高校に入学しており、世界の「王」が誕生しなったというのが我下町の定番伝説です(本当かな?)。確か中学の音楽の先生がよく言っていた言葉に「俺の右手を見ろ」(先生)「何ですか、皺が多いように見えますが」(生徒)「ふざけるな、もっとよく見ろ」(先生)「チョーク汚れのことですか?」(生徒)「NO! 世界の王を張り倒した右手だ!」(先生)「!!!」(生徒)これは実話です、ネM下先生。
その後脱下町を計るため有名セレブ系私立大学に入学、しかしかかし大学の友人が殆ど同じ大学に入ったことから交友関係変わらず、大学でも「下町」を引きずる。
その後社会人になり下町とは縁遠く国内を転々する。
地方でのTopicsが一つ、念願の禁酒を札幌の時実現する。しかし大阪での単身生活で簡単に復活、それ以来鯨飲人生まっしぐら。
趣味はB級グルメ食べ歩き、マラソン。

さて本日の「おしたじ」子供の時、醤油のことは「おしたじ」って言っていた、間違いなく!いつの頃から「お醤油」に変わっていた。
子供の時は、おしたし(正しくは「御浸し」?)に付けるから、おしたじかと勝手に考えていた(意味が分からん)。
しかし本を読んでいたら解明しました。
蕎麦のつけつゆをタレと言いますが、これは「垂れ味噌」を略して呼んだ名残だそうです。それに対して「下地」とも言いますがこれは醤油で味をつけるようになってからのことだそうです。「下地」とは吸い物の味付けの土台になるもの、すなわち「醤油」のことです。つけつゆが完全に醤油味になったのは18世紀後半以降の江戸でからです。
そうか「おしたじ」は下町言葉ではなく立派な「日本語(江戸弁)?」のようです。
といこうとは下町言葉じゃないか!(^^)!
しかし何で使わなくなったのでしょうか。醤油メーカーのCMの影響ですかね?
子供の時「醤油」なんていったら、何か「かっこ」つけている様に思えて「封印」してたものですが、要は人口に膾炙しなくなったんですね。

それでは。


訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ