下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

味気ない話其の二

今日の話は「味気ない話其の二」です。
私が札幌に行く前富士吉田のお客さんを担当していた頃の話です。
そこの社長さんかなり偏屈で狷介で孤高で固陋という頑固業界の首領(ドン)みたいなオジサンで、いつも会うたびにかなり緊張していたことが思い出されます。

ある日この社長がたまには飯食うかということで、富士吉田で一番美味いうどん屋に連れって行ってやるといわれ二つ返事ヘコヘコとついて行きました。
今でこそ富士吉田は「うどんの宝庫」ということで観光スポットになっていますが当時はそれほどブレークしていません。
しかし宴会と祝儀などの時は、必ず「うどん」を食べて終わりにするという位な“うどん好き”な土地柄ですので期待は十分です。

社長のベンツに乗ること二十分位でとある民家(看板も出ていない)に着きました。
すると社長がその民家の引き戸を開け
「今日はやってるかい」
とお店の中にお訪(とない)を入れます。しばらくすると店の中に招き入れられたので、どうやら今日は食べることができそうです。
社長の説明によるとこのお店上手くうどんが打てない時には、店を開けない事もあるようで、うどん作りに命をかけているお店との事です。

社長から最初は素うどんを食べてくれと言われたので、それに従いました。
しばらくすると素うどんが運ばれてきました。
熱々の湯気が立ち上がる丼(どんぶり)の中で艶々(つやつや)としたうどんがまるで生き物のように揺蕩(たゆた)うています。

早速熱々のどうんをすすります。アリャリャ何と味がしません。
まさかと思いながら対面の社長の顔を見ると特段驚くこともなく美味しそうにツルツルとうどんを手繰(たぐ)っています。よくよくみるとこのうどん、汁(つゆ)がうどん湯なのですね。
確か江戸っ子グルメの人が本当に美味しいお蕎麦を食べる時、蕎麦つゆで食べるのではなく、冷やした名泉で食べることで本来の蕎麦の味を味わうという話を聞きましたが多分それのうどん版なのでしょうか。
しばらくすると社長が
「どうだここのうどん腰があってほんのり甘くておいしいズラ」
といわれ私は
「おいしいですね、ただしうどん湯だけですと飽きてきましたので、味が欲しいですね」
というと
「そういう時はそこにある醤油と味の素で味をつけるのだよ」
と返されたので早速実践しました。

味ですか、トホホですよ。出汁(ダシ)もないうどん湯に醤油と味の素を入れただけですからお美味しい分けがありません。
一体これは何という食べ物なのだろうと思わず???と考え込んだ程です。
これが本当の味気ない話でした(笑)


今日のお店は帯広ロッキー大泉店です。
住所: 東京都練馬区東大泉2-34-1オズスタジオシティ1F
電話番号:03-3922-0085
営業時間:11:00〜21:00(スープが無くなり次第終了)
定休日:なし

そして獲物は味噌チャーシュー@1100です。



なにかここ最近味が良くなってきています。
スープは濃厚で、野菜は具沢山です。チャーシューもトロトロで一度口に入れるととろけんとするばかりです。道産子ラーメンフリークとしてはこの店お勧めです。
ただし以前から指摘していましたが、化学調味料少し入れすぎですかね(笑)

それでは(^_-)

味気ない話其の一

毎日帰宅が25時前後、寝ては会社にいく毎日で本当に疲れています。

今日の話は「味気ない話其の一」です。
大学二年の時日吉中央通りにある「眠眠(みんみん」の先の角を右に曲がったところに札幌ラーメン屋がありました。

すこし脱線しますが「眠眠(みんみん」のチャーメン美味しかったナ。「眠眠(みんみん」の麺は平たくてモチモチ、そして仕上がりはツルツル。あまり濃くない醤油味、週に二回はここのチャーメン・餃子食べていました。私の青春の味ですね。
この間マラソンレースの帰り、数十年ぶりに日吉に立ち寄り「眠眠(みんみん)を探しましたけれど既になくなっており残念でした。

そうそう内の大学なぜか学食の二階にお鮨屋さんがあり、しかもお酒もおいてありました。
試験の打上の時良く同級生と飲んでいたのですが、日吉は1〜2年生の一般教養なので当然未成年もいるわけで、お酒がおいてあるのはかなり不思議に思っていました(ま飲めりゃイイカ)。

閑話休題、その店に友達と入り私は塩ラーメン、友達は醤油ラーメンを頼みました。
しばらくして出来上がり食べ始めます。
ありゃりゃ味が薄いというか味がしない。最初は麺の湯切りが悪いのかなと思っていましたがさもあらず。ためしに友達に味見させたところ微妙だけれどかなり味が薄いのは確かとの事。

私「オジサンこのラーメン味しないよ」
ここですみませんというのかと思いきや
オジ「ちゃんと作っていますよ、これが内の味です」
すこし切れてきた
私「あそう、でもこのスープ飲んでからいってよ。隣の友達も味しないといっているよ」
言われた手前渋々とオジサンスープの味見します。すると顔色が変わります。何となく塩と化学調味料を間違えたように見受けられたのです。
オジ「決して作り間違えてなんかいませんよ。内の味付けは薄口ですから、初めての方は物足りなく感じるのかも知れませんね」
私「このお店始めてじゃないけどさあ、そう作り間違えてないっていうの」
といってすぐさま隣の友達の醤油ラーメンを奪い取りそのスープを飲みます。
私「じゃこの醤油ラーメンは普通にショッパイけれど、それならばこの醤油ラーメンは作り間違だよね(怒)」
オジ「…」
オジサンのコメカミの血管がヒクヒクと震え始めてきました。
私「そうか、それなら俺はこの味では食べられないから作りなおしてよ。間違ってないんだから作り直し代は払うよ。その代わりこの店二度と来ないし、大学中の掲示板という掲示板に、この店の味のこと書いた紙貼り出してやるぜ(怒)」

結局友達がいいかげんにしろよと取り直したので何となく収まったのですが、お店の客はみんなこの騒動に面白がってラーメン食べるのを止めていました。
しかし負けず嫌いもここまでいくとお見事ですね(笑)

今日は社員食堂です。というかほとんど軟禁状態で外に出れません。
獲物は「沖縄カレー」@700です。


人参、キノコ、苦瓜、茄子、トマトが入っている野菜カレーです。
味ですか美味しくありません(笑)でもこの辛さ始めて食べる辛さです。
熱いところ(沖縄)の食べ物は辛いとは聞いていましたが、これほどとは・・・
一体何の香辛料を使用しているのでしょうかね

それでは(^_-)

本日多忙の為休載<m(__)m>

今日も忙しすぎてBlog書く時間も作れません

次回をお楽しみください(^_-)

本日多忙の為休載<m(__)m>

忙しすぎてBlog書く時間も作れません

次回をお楽しみください(^_-)

うどんの店「はな山」

忙しくて死にそうです(笑)

フランスのマクドナルドでマックシェークを頼んだところ店員から発音が悪いと言い直させられブッチギレた人がいました。
とりもなおさず発音を治すということは意味が通じているわけで、何が悲しくてと異国の地でもう一度仏蘭西語でマックシェークと言わなければならないのかと。
日本のマクドナルドなら、この店員即刻首ですね。

私も大江戸線の上野御徒町駅B1コンコースの物産屋さんで焼き饅頭を買おうとしたときに、たまさか一万円しかなく
「すみませんね、小銭の持ち合わせないんですよ」
と言ったところオジサン店員に
「あんた常識ないよな、こんな小物しかおいてないところでさ、一万円札で物買える訳ないじやない」
と言われました。
あまりにもスゴイ応対に珍しくすごすごと退散したのでしたが、確かに自分の想定外の反撃に会うと人はこのようなふるまいになってしまうものですよね(笑)

さて今日は東武線館林駅前うどんの店「はな山」(0276-74−0178)です。
そして今日の獲物は「野菜かきあげ釜揚げうどん」850円です。


実は私釜揚げうどんは生まれてこの方食べた記憶があまりありません。よってほとんど初体験です。
そしてその記念のお味といえばとても美味しいのです。日高昆布と鰹節からダシをとり薄口醤油で仕立てたツユはモツモチ熱々のうどんに良く合っています。さらに野菜かきあげはほっこりとほのかに甘くしかも中の野菜はしゃきしゃきです。
このお店タダモノではありません、驚きました。

それでは(^_-)

本日多忙の為休載<m(__)m>

次回をお楽しみに(^_-)

逃亡者

今日は「浪人時代」の話です。
予備校は代ゼミ原宿校に行っていました。
その時の仲間が 会津若松賛歌 に出てくる面々です。

簡単に面子を説明します。因みに名前は全て仮名です。

今村 高校こそちがうが中学校の同級生(武闘派)。
菅家(かんけ) とりあえず東京の大学に行けば良いという脳天気な会津若松人。
神田 既に二浪しており一橋大学合格しか眼中にない。たまにしか会わない、実態は宅浪生。
美穂 なぜか私たちの廻りに纏わりついている女の子。菅家が惚れていた。
それにです。

ある時誰かに見られている気がして仕方ありません。
それも予備校に来ている時だけ。そしてそれは気のせいではなくまごうことない事実でした。しょぼちぃオジサンが私たちの周りにつかず離れずにいるのです。

今村がそれであれば一度ご挨拶しようということなり、私だけそのオジサンに気付かれないようグループの群れから離れ猫のような忍び足でそのオジサンの背後ピタリとつきました。

私「オジサン、最近俺たちの周りに纏わりついているようだけれど何か用なの」
オジサン「(ギョッ)失礼な、あなたなんか知らないよ、勘違いはよしてくれって」
私「それならそれでいいけどさ。今度会ったら偶然じゃないからね、よく覚えておいてよ」

数十秒の内に今村達が私のところに駆けつけてきました。
今村「また会うのも面倒くさいから、今から交番でゆっくり話そうか」
するとオジサン途端に顔色を変え、脱兎の如く私達の前から走り去ったのです。

しばらくしてオジサンの正体が判明しました。
美穂の父親が娘の素行が悪いので私立探偵をつけて調べさせたのです。
その当時美穂は日大の左翼活動家さんと付き合っており結構危ない事をしていたのです。
危ないこととは美穂はその活動家さんの逃避活動を陰で支えていたのです(ヤバ)

その当時左翼活動家はマジに粛清とか総括とかの名の下(もと)の内ゲバが横行しており、それにより殺された学生活動家はかなりの数いたのです。逃げ回っているということは狙われているということで、充分に生命の危険もありえる訳なのです。

結果美穂の家で話し合いが行われ彼女は家に戻ることとなり私達グループは再び平穏な受験生活に戻ったのです。

ある時原宿竹下通りにある喫茶店で美穂の元彼(結局その後別れた為元彼と書いている)と会うこととなりました。美穂は二人きりで会うのが怖いので皆も同席してくれというのです。
会ってみると長髪で口髭、身なりも汚くそして片時も煙草を口から離さないというステレオタイプの活動家さんでした。しかしかなりカッコいい。

結局何の事はなく雑談で終始したのですが、突然「しまった××派につけられてしまった。悪いけど君たちに迷惑かけるからこれで失礼するよ」といってトイレに駆け込みました。

しかし私は入口に背を向けて座っているのに何故分かるのだろうと嘯(うそぶ)いていたのです。
多分トイレに行きたかった(若い時にはそういうことは恥ずかしい)ので、それの言い訳かなと思っていたのです。

しばらくしても出てこないのでトイレに確認にいくともぬけの空で、どうやらトイレの窓から抜けだしたようです。しかしこんな小さな窓からどうやって抜け出たのでしょうか。私はマジにあんたは忍者か引田天光かよと…変な風にスィッチが入ってしまい、その場でしばらく笑い転げ続けていたのです。

かくいう私は仕事から逃げられず日曜日だというのに今日も朝からずーっとお仕事です。腹だたしい事に昼も夜もご飯は社員食堂です。何てコッタイ

今日の獲物はロコモコカレー@850です。



ロコモコカレーとはロコは「田舎」でモコは「混ぜる」です。要はハワイの混ぜカレーライスなのです。味ですか、あまり美味しくないのですが、妙に私に合うのです。
ハンバーグと温泉卵とサラダと福神漬とライスをグチャグチャに掻き交ぜると何と、異次元な美味しいが誕生するのです。イケますよ(笑)

それでは(^_-)

月島 新富鮨

ここのところ絶不調です。

坂本竜馬の妻お竜の若い頃の写真が発見されました。
それでまではお竜の写真と言えば晩年のころの写真しかなくこれを見る限りでは竜馬が近眼だったという史実が証明されたのかなと思っていました(笑)


これならマズマズではないですか。

それと以前 ブログ で書いた勝どきラーメンなのですがその後の顛末を聞きました。
何とあのオジサン自裁されたのでお店がクローズされたようですね。
仄聞するにオジサンの母親が交通事故で亡くなり、それを悲観して縊死されたようです。
殷賑をきわめたお店ではないためB級グルメネタにはならなかったのですが、人なりを知っているだけにそのご冥福をお祈りします(南無)

今日のお店は「新富鮨」です。
住所: 東京都中央区月島4-8-10
電話番号:03-3534-8268
今日の獲物は「ちらし寿司」@700です。

月島では一番美味しいお鮨屋さんではないでしょうか.
ここのちらしのお約束は酢飯にのっけるネタは7種類ですが、気分によって増やしてくれます
それと定休日は毎週水曜日です。月島通の人なら皆知っていますよね、そうなのです市場が水曜日はお休みだからですね。

それでは(^_-)

本日多忙の為休載m(__)m

次回をお楽しみに(^_-)

会津若松賛歌

今日は「会津若松」の話です。
大学の合格記念で予備校の友達と、予備校友達菅家(仮名)の実家会津若松に予備校友達四人と行きました。会津若松といってもそこから小一時間位の山の中が菅家の実家です。

行って驚いたのは玄関が二つあることです。冬は雪が深いので二階から出入りする用玄関と一階にある冬以外用玄関階と二箇所あるわけなのです。
それと接待がしつこい。鹿児島県と福島県は日本で一番接待がしつこいと噂では聞いておりましたが噂にたがわずスサマジかった。

福島の名酒「榮川」が夕餉に供され、毎日一升飲み干さないと菅家のお母さんが心配して、今日の「榮川」不味かったかと真顔で心配します。19歳の若者達ですが、菅家入れて全員五人。その内飲めるのは私含めて2.5名、残り一人は下戸で論外、さらに残り一人は女子(良く母親が行くこと許した)なのでいうまでもなく論外。

初日は何とか気合で一升半を飲み干しましたが結構きつくて死にそうでした。その姿を見て心配したお母さんは次の日から乾杯ビールがお酒の進まない原因と断じ乾杯ビールを禁止しました(エツ)
ツマミもほとんど山菜と刺身系でほとんど動物性タンパク質が有りません。しいていえば魚肉ウィンナー位かなでもこれって魚では
これじゃ悪酔いするために飲んでいるようなものです。
結局五日いたのですが、徐々に肝臓障害か顔がどす黒く変わっているのが分かりました。

帰る前夜の九時頃ラーメンが食べたくて食べたくてお母さんに作って貰うようお願いしました。早口の会津弁で何か言われたのでテッキリ作ってもらえるかと思っていたのですが・・・その実は真逆で、食べた事も作った事もないそうです(エッ)仕方なくとりあえずお隣からインスタントラーメンを分けてもらい、それをこれまたお願いして女子に代理で作ってもらったのです。
しかし昭和60年代にインスタントラーメンを食べたことのないお宅があるとは・・・(笑)

それと一番驚いたのは夜お酒を飲んで皆で談笑していると、本当に色んな人が訪れるのです。ちなみに菅家のお父さんは地元小学校の校長先生で地元じゃ名士だからかなと思っていたのですが、二日目ですかね、ぷらっと来た菅家の分家のオジサンが私たちの飲んでいる姿を見て「いたいた」と会津弁で呟いていたのです。
このオジサンお酒がお好きで、そそくさと私たちの宴に加わり話しこみ始めたのです。

気になっていたので、このオジサン少しだらしなくなった頃見計らい「いたいた」の意味合いを聞き出しました。するとナナ何と村の有線放送で東京の大学生が菅家の家に滞在していると流したらしいのです()近隣の人が東京の大学生とはどんな顔しているのかなあと見学に来たのが来客の多さの真相でした。

ここは動物園か・・・あまり驚かない方ですが、人間が人間を見にくるとは二の句が告げられませんでした。まだまだ話は尽きないのですが今日はこの辺で終・し・ま・いです。

ここのところ忙しくてお昼も儘ならず、今日は社員食堂の「塩サバ定食」@850です。

なぜか知らない間に値上げしていて驚きました。
味はまずまず値段は高いという感じですね。
でも焼き立てアツアツですから、醤油をかけまわすとジュワとサバ君がはじけます。
これが醍醐味ですね(笑)

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ