下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

晴海 ボンベイカフェ

今日は精神科医和田秀樹さんのお話です。
この人灘高から東大理三(医学部)と絵に描いた様なエリートです。
灘高での成績は、220番中140番です。東大理三は定員が90名ですから普通に考えたらいくら灘高といえども難しいのです。
しかし暗記式で受験数学を始めたら成績が急上昇、国語(20点程度)ができないのに最難関の理三で桜の花を咲かせました。
彼の試算では、東大二次での配点が英語120、数学120、国語80、理科120の計440点のところ英語100、数学120、理科50、国語20計290点(按分は小生試算)という点で合格したそうです。(週刊文春より転用)
しかし東大の数学がほぼ満点とはすごすぎ、しかも暗記でとったとは驚(おどろ)き桃の木山椒(さんしょ)の木ですね。
私も理科系だったので高校受験の時、友達と理三の問題を真面目に解いてみました。しかし解く以前に問題の意味そのものが分からなくてとても驚いた記憶があります。
私は、医学部目指す受験生には手先器用試験もやればいいのにと思う今日この頃です。

今日のお店はボンベイカフェ(マハラジャグループ)です。
住所::  東京都中央区晴海1-8-8晴海トリトン W-20
電話番号:03-5144-8256

そして獲物は「キーマ(挽肉)カレー」@980です。
NEC_0082
Powered by PICS


このお店の惹句は「健康に配慮した厳選素材を使用する本格的インド料理の数々。本場インドの5つ星レストランで腕を振るったシェフ自慢の伝統調理をどうぞ」です。

結論からいいます。このお店最低です。
味マズイ、料理遅い、サービス悪いのまさに三重苦状態です。ほぼ満員の店内をインド人スタッフが満足な対応できない中、ナンとサフランライスのお代わりを無料にしているので完璧に混乱泥酔?状態です。
特にナンを焼くのが時間がかかり滞るので、カレーができているのにナンの為に料理がだせません。さらにお代わりを頼むと当然にこない。カレーは冷めるは、冷め切った頃にナンがくるは、美味しくないは、という最低悪循環です。
スタッフの一人のNan君、多分日本語が上手じゃないのでしょう。日本語で呼ばれると何故か明後日の方を向くか、急に後片付けを始めます。
そして絶対に呼ばれたテーブルには立ち寄りません(笑)
真面目に仕事しろよといいたいですね。
味は今日のキーマカレー、酸味が強くて全く美味しくありません。なんでカレーが酸っぱいのでしょう(疑問
香りもないしただただ辛いだけです。ナンも芳しい匂いも甘さの微塵もありません
皆さんも接待飯でなければ行かない方がいいと思います。

それでは(^_-)

吉野家

寿司の数え方ですが、一貫が一個か二個かで迷いますが結論は一個です。貫とは江戸時代の通貨の単位で、この小銭の大きさが握り一個と同じくらいの大きさだったというところから来ているというのが最も有力ないわれですが、定かではありません。従ってお寿司屋さんのカウンターでお寿司を頼むと2つ出てきますが、これで「一貫」ではなく「二貫」となります。
それでは何故お寿司が二貫ずつ握られるのは昔の握りは大きかった為、一つを包丁でスパッと切って二つにした名残だそうです。

ここのところ多忙でB級グルメも儘なりません。
勢いファーストフードを利用します。ファーストフードの「FAST」は客が店を出るまでの時間であって、単に調理時間のみではありません。
かの吉野家さんは、その時間を9分と決めています。そのためにそれを阻害する自動食券機を頑なに拒否しています。これを使用すれば金銭出納管理は楽ですが、その代償としてお客さんの食券機前のボトルネック状態や機械のメンテ(釣銭、紙等)間の順番待ちという動線の滞りから解放されるのです。
その延長線上でまずいとくさせられている味噌汁も9分間ルールの為に、粉末味噌汁を使用しているのです。

そういうことで今日の獲物は「豚生姜焼定食」@480です。
NEC_0080
Powered by PICS


吉野家の牛は狂牛病が怖く食べませんが、これは好きです。
この豚君の上に唐辛子をかけて、ご飯の上に大量の紅生姜をのせて食べるのが私流です。
以前このブログにも書いたのですが、学生の時浅草雷門店の吉野家で何も頼まずに紅生姜と唐辛子と醤油のみでビール×10本を飲んでしばらくたってから、お酒の本数制限が施行されました。これはこの10本事件のせいだと今でも信じています(笑)

それでは(^_-)

神谷バー徒然

台東区浅草1丁目1番1号って何処なのか即答できる人はかなりの浅草(エンコ)通です。
答えは「神谷バー」です。
さらに「神谷バー」は当て字で「鍛バー」が正しい字と言いきれる人にいたっては、ほとんど土地っ子と言い換えても良いでしょう。

会社で私の事を「下町っ子」と知っていて浅草のグルメスポットを聞く輩は多いのです。 
私はそういう時は、「鍛バー」の電気ブランを紹介します。
そして必ず次の事を付け加えます。

「いいかい電気ブランってすんごくアルコール度数が強いんで、3杯以上飲むと必ず腰が取られちゃうのヨ。それでさ、ほとんどの人がヨ、店を出るとサ、鍛バー出たところの横断歩道の手前当たりで腰が取られるちゃうわけ。それがな、また上手い具合にヨ、歩道の渡り口の脇に電信柱があるのサ。皆腰がとられちゃっているから、仕方なくそれにしがみつくのネ。
ところが腰が取られちゃってるからズルズルとその電信柱からずり落ちるわけ、明治の頃からソリャ気が遠くなるくらいの長い間にヨ、皆がその電信柱でズルズルってするからサ、その電信柱テカテカに光っちゃってまるで鏡みたいなのよ。当たり前に顔も写るんだぜ。その鏡みたいな電信柱を背景に記念写真取るのが鍛バーでのキマリなのヨ!」
※私はこのような話し方はしません。あくまでも雰囲気横溢の為の話法です。

でも誰もこの記念写真を撮った人はいません。何故ならこれ完璧な私のプラフだからです。
これかなりの人が引っかかります。ヒドイのに至っては、どう探してもないので交番に聞ききにいき、そこのオマワリさんが言うことには、、大分昔に撤去されたと言っていました、とか言いだす人まで出てきました(オマワリさんも嘘つき
参考までに電気ブランは、度数により、電気ブラン(30度)、電気ブランオールド(40度)の2種類があります。鍛バーのメニューでは前者をデンキブラン、後者を電氣ブランとしているそうです。(鍛バーHPより転用)
長いこと禁酒しているのでこんなヨタネタを書いてしまいました。本当は出向いてブログネタにしたかったm(__)m

今日は決算の締めです。忙しく外出も儘ならず社員食堂で昼食です。
獲物は「サバ塩」@850です。
NEC_0078
Powered by PICS


ここのサバ塩は軽く半焼にしてあり、お客様の注文を受けてから焼きます。ランチの書き入れ時なので仕方ありません。でも以外にイケますよ。身もホクホクしています。若干高い気もしますが許せます。

さらに今日は四本足(松葉杖)だったので、私の席まで出前していただきました。
ありがとう、アキレス腱治ったら重点的に食べに行きます。

それでは(^_-)

永倉新八異聞

今日は新選組の話です。
私は新選組隊士の中で永倉新八さんが好きです。
私と永倉さんは共通点がいっぱいあります。
1. 江戸生まれの江戸育ち、おまけに育ったところが私は下谷の竹町、永倉さんは清洲橋通りを挟んで反対側の三味線堀でほぼ同じ場所です。歩けば1分程度で遊びに行けます。
2. 北海道小樽に住んでいた、私も札幌に住んでいた。
3. 酒好き。
4. 飲むと踊りだす。

最盛期には約250人にもいた新選組も最後まで生きながらえた人は数人です。
永倉新八、島田魁、斉藤一、稗田利八、川村三郎、篠原泰之進、鈴木三樹三郎・・・これ以上は知りませんが多分この倍はいないでしょう。その中の一人が永倉さんです。
永倉さんは物事にこだわらない恬淡とした性格でその稚気が愛されたようです。
この性格が死地を潜り抜け畳の上で死ぬことができたとも言われています。
近藤勇さんに対しても最後まで「総長」とは呼ばず「近藤さんと」呼び続け、近藤さんとは昔の剣術仲間というスタンスを変えませんでした。
確か近藤さんと袂を分かつたのも、近藤さんに部下扱いされたのが端緒でした。

そしていつも尊敬するのは、お孫さんの杉村道男さんが祖父の思い出を語る以下のエピソードです。

「じじいが亡くなるすこし前でしたかな・・・小樽で、父が経営していた劇場(こや)へよく活動写真や芝居を見に出かけたものです。
はあ、いつも孫の私がお供でしたね。いつでしたかなあ、芝居がハネまして下足番のところへ出てくると、非常に混雑しておりましてね。帰りを急ぐ見物の人達が先を争って履物を取ろうとするわけ。そこでじじいがですな、よろよろしているのです。まったく、よぼよぼのじじいに見えるのですな。ま、そのとおりなので。
するとですな。土地のやくざが五人か六人、おもしろがって、じじいを小突きまわすのですよ。私もたまらなくなってね、じじいが可哀相で・・・・じじいはだまって、よろよろと小突きまわされている。
そのうちにですな。じじいの背筋がぴいんと立ったと思ったら、じじいが、低いけれども肚(はら)の底からひびきだすような気合を発して、ぐいと、やくざどもをにらみつけたんですな。
すると、もうやくざどもは、いっせいに青くなって立ちすくんでしまい、ガタガタとふるえているのですよ。結局、こそこそと逃げてしまいましたが・・・・子供ながら見ていたわたしも、さすがに違ったもんだな、と思いましたよ。・・・・」池波正太郎「新選組異聞」より転用。
そりやそうでしょ、池田屋事件から鳥羽伏見の戦いまで新選組の血戦にはほとんど参加している永倉さんですから、やくざさん達は心の底からただならぬ殺気を感じたのでしょう。

今日の獲物はかつ工房「和光」のカツ丼@980です。
NEC_0077
Powered by PICS


これ最低ですね。味付けはショッパ過ぎです。カツもグズグズで丼の上でへったっています。何故かご飯は妙に熱い。推察するに作り置きをチンしたようです。
こんなのでお金取らないで欲しいです。
「和光」といったら「豚カツ」の名店かと思っていましたが、ヘボ店ですね。
初心に立ち返って欲しいと思う今日この頃です(残念)

それでは(^_-)

どん兵衛天ぷらそば

今日は昨日からのアキレス腱の痛みで朝から家でグズグズしています。
やはり一朝一夕では治らないのですね(悲)

最近カーナビを市街地モードにしています。
カーナビ市街地モード
カーナビ市街地モードです。確かに画面はきれいなのですが

最初キレイだなと思っていたのですが時折この画像に釘付けになることが多く危険で仕方ありません。
何故なのかなと思っていたら、人間というのは目から入いる情報を全て取込む様になっていてさらにそれを理解しようとします。
目的地にいく為カーナビを見ているので、その為に脳は必要でない情報を排除し必要な情報のみを拾い出す為に注視させるのです。
注視すると危ないので、できるだけしないようにしているのですが、やはり見てしまうのですね(笑)

怪我した足が左足なので車の運転は可能です。
この間お取引様と話していたら、「良かったねぇ怪我したのが左足で、右足だったら左ハンドルの車を買わなきゃならかったよね」と言われました。
この話瞬間的には受け入れられるのですが、冷静に考えると左ハンドルでも運転方法は右ハンドルと一緒ですよね。このネタ皆に話すのですが、結構「あーそうだね、左足で良かったですね」とすぐにうなずく人が多いのです。これは何故なのでしょうか(笑)

松葉杖歩行初心者の頃は毎日非常に疲れていました。筋力がつけば歩行も楽になり、疲れも減るさと思っていたらそういう事にはなりませんでした。何故かなと思っていたら筋力つけばつくほど歩行距離が伸びるので結果疲れるのです。これは想定外でした(笑)

一日家にいたのでグルメネタはありません。
しいて書けば今日の獲物は日清食品の「どん兵衛天ぷらそば」@148です。
どん兵衛天ぷらそば
どん兵衛天ぷらそばです。ところで@148って安いのかなァ

実は私このおそば好きなのです。たまに妙に食べたくなることがあります。
若いころ日清食品の当時の安藤百福社長とお話する機会があり、その時カップラーメンは70点のできでいいのだ。もし普通のそばと同じだったら蕎麦屋に食べに行く。すこし物足りないからまた買ってみようという気持ちになるんだと言われてましたが、まさに実感する今日このごろです。

こういう日もありあますm(__)m

それでは(^_-)

石神井公園 イルポンテ

今日の午前中は今迄の医療費控除とか装具(アキレス腱烈断)の社会保険請求とかその資料作成でとても忙しく過ごしました。

病院関係の書類を作成していましたら札幌にいた時の病院の思い出が蘇りました。

長年の不摂生の為、何とヘモ(お尻の病気)になってしまいもうこれ以上我慢できないくらい劣悪の状態になりました。
北海道の営業業務は車が乗れなくてはなりたたず、この状態では痛くて運転も難しく万事休すの状況です。
懇意の御取引様の紹介で札幌は白石にある白石肛門科胃腸科病院にいくことを決めたのです。
しかし赤ん坊のとき親にしか見せた事の無い所を、赤の他人に見せるのは恥ずかしく心は千々に乱れていたのです(悲)
結局痛いものには勝てなく、札幌市営地下鉄東西線白石駅(この呼称は「しらいし」ではありません「しろいし」です)にある白石肛門科胃腸科病院に行きました。
環状通りぞいにある白石肛門科胃腸科病院まで300M位の距離を、圧雪の歩道を滑らないように路面を注意しながら歩いていったのです。
駅から3分ほどで到着しました。

この日はやたら女性の患者(女性は痔主が多いらしい)が多く、さらに受付には妊婦の方までいます(エッ)。
仕方ないので受付箱に保険証を投函し新聞を読みながら呼ばれるのを待っていました。

受付嬢「××さん、受付までお越しください」
と呼ばれたのでのそっりと受付に行きました。
受付嬢「××さん、今日はお一人なのですか」
私「そうですが、何か?」
受付嬢「奥様はご一緒ではないのですか」
私「妻は家で家事をしていますが、二人で来なければ行けなかったのですか」
受付嬢「・・・(困った顔)」
この場面でなにか言いようの無い不安が私を包みました。冷静に院内を見廻します。
私「もしかすると病院を間違えたようですね」
受付嬢「(微笑みながら)多分当病院の後ろの病院にご用があったのではと思いますよ」

そうなのですこの病院女性が多いなではなく全員女性なのです。さらにたまさか妊婦がいたのではなく全員が妊婦若しくは妊婦予備軍だったのです(恥ずかしい)

白石肛門科胃腸科病院
看板、建物が近似しており、尚且つ下向いて歩いていたので全く気がつきませんでした



今日のお店は奥様と石神井公園の観桜かねながら練馬区でイタメシ一番といわれている石神井公園「イルポンテ」です。
住所::  東京都練馬区石神井町6-32-38
電話番号:03-3904-4494
お店の名前はご主人の名前が「高橋」さんなので、それにちなんで「イルポンテ(橋)」となったそうです。
この店主いつも素敵な笑顔で迎えてくれます。この笑顔にほっこりして帰るお客さん多いと思います。

ここから後はパチリでご案内します。
木瓜の花
石神井公園にいく途中の民家の庭に咲いていた木瓜(ボケ)の花です。キレイですね


石神井公園櫻
石神井公園の桜です。ほぼ満開です。花見客も多く盛り上がっていました


イルポンテ
イルポンテエントランスです。


イルポンテ店内
イルポンテ店内です。ご主人の趣味なのか水槽が多いのが特徴です。昔はこれがなくて店内もう少しすっきりしていたのに気分は水族館ですね(笑)


ペペロンチーノ
アーリオ・オーリオペペロンチーノ@950です。この料理とても熱いのでご注意ください。私それを知っているのに三回は舌を火傷しました。味はこれが本当のアーリオ(ニンニク)・オーリオ(オリーブオイル)のペペロンチーノだと思います。ニンニク、オリーブオイル、塩の単純コラボですが、単純なのですが味わいがあります。私はこの熱々ペペロンチーノ大好きです。


ミックスピザミックスピザ@1,000です。ここのピザ本当に美味しいのです。トッピングは吉祥寺のTONY'Sと互角ですが、ベースが違います。TONY'Sのベースはやや硬めですが、ここのは外硬内柔で尚且つほんのり甘いのです。熱々の風味あるチーズとほんのり甘いベースタマリマセン。皆様も石神井公園に来たら是非お立ち寄りください。裏切りませんヨ


それでは(^_-)

サイゼリヤ

数日前「ひ」と「し」の使い分けができなった先輩の話を書きました。
今日はもう少し下町言葉を掘り下げてみます。

BEST3は多分次の通りです。
1. 万年筆(まんねんしつ)
2. 潮干狩り(しおしがり)
3. 布団を引く(ふとんをしく)
やはりこの3点セットは下町言葉として人口に膾炙していると言いきれるでしょう。私はこの発音をかなり大きくなるまで正しいと信じていました。でも布団を引くは、大辞林によると布団を敷くが正しいようです

ポピュラーなのは
1.朝日新聞(あさししんぶん)
2.お冷(おしや)⇒水のこと
3.火鉢(しばち)
4.お櫃(おしつ)
朝日新聞ねこれはキチンと喋ろうとしたらできたと思えるのですが・・・でもこういう発音する人は下町には推定で10万人以上はいたでしょう(笑)。
お冷(おしや)は水のことですが、下町っ子も流石に「お冷(水)もしたたるイイ男」とは言っていませんでした。

下町特有な発音
・準備(じんび)
・新宿(しんじく)
・美術(びじつ)
・技術(ぎじつ)
・マントヒヒ(まんとしし)
・羊(しつじ)
中学生のころ美術(びじゅつ)の授業とは絶対(ぜってぇ)に言ってませんでした。
マントヒヒ(まんとしし)は多分こういう風にいうとうお約束のような気がします。
ニシキ蛇を「二匹蛇」のことだと思って亡くなった下町っ子は5万人以上はいたでしょう(笑)

名詞編
・お味噌汁(おみおつけ)
・醤油(おしたじ)
・スルメ(あたりめ)
・百姓(しゃくしょう)
・あなた(おめぇ)
昔の下町っ子怒らすには「刃物」は要りません。ただ単に「百姓(しゃくしょう)」とか「かっぺ(田舎っぺ)」と言う言葉を男性に吐けばすぐに殴りかかられるでしょう。ただし「ドン百姓」だけは危険です。次の日大川(隅田川)に浮かび、カモメの餌になっている可能性がありますプライドが高いのでしょうね(笑)

動詞編
・お入りなさい(へえんなよ)
・髭をそる(ひげをあたる)
・蕎麦を食べる(そばをたぐる)
・落ちる(おっこちる)
・何をしているのか(なにをしてやんでぇ)
・片付ける(かたす)

地方の方が上京して下町の郵便局に勤務し、下町のお年寄りのお宅に書留を届けた時のことです。
郵便局員「すみません、××さんのお宅ですか。郵便局ですが書留を持ってきました」
お年寄り「俺っちだよ。悪いけれど足が悪いんで家の中へえってくんな」
郵便局員「はあ〜ェ」
お年寄り「へえれったらへえんなヨ、ず〜っと戸を開けっ放しにしていたら寒ぃだろ。このすっとこどっこいが」
郵便局員「恐れ入りますが、もう一度お尋ねしますが××さんのお宅ですよね」
お年寄り「あたぼうよ。××っていったら俺つちのことよ」

結局この郵便局員さん仕事は無事終わらせることができたのですが、帰ってから同僚にあの××さんって人どうやら外国の方らしいな、可哀想に日本語が不自由なようだとコボシテいたそうです(これ実話)

副詞・形容詞編
・塩辛い(しょっぺぇ)
・怖い(おっかねぇ)
・良くない(よくねぇ)
・甘い(あめぇ)
・真っ直ぐ(まっつぐ)
・酷い(ひでぇ)
・半ちく(はんちく)
下町の人が重いものを皆で運ぶ時に、良く地名を使用します。
例えば「上野のほうに五十セン(CMのこと)よせて、それから千住のうほうに2Mほど下ってよ」というふうにです。多分「右手はお箸を持つ手」的感覚だったのでしょうね(懐かしい)

もう25時近くなってきたのできりがありません。
風呂敷をたたむ事とします。
今にして思うと下町言葉ってキタナイですよね(笑)
でも「火の用心」は「しのようじん」ではなく「ひのようじん」と言っていた記憶があるのですが・・・
下町言葉は慣用的に使っていたのか、そういう風に発音するものだと思っていたのかと問われれば多分後者でしょうね(悩む)

今日のお店は「サイゼリヤ」です。
サイゼリヤの名前はイタリア語(古語)の花の名前が由来しています。その花は、“くちなしの花” です。サイゼリヤが創業した7月7日の誕生花がそうであったのと“くちなしの花”の花言葉が、「私は幸せです」というところがネーミングの決め手になったとのことです。

ペペロンチーノ
ペペロンチーノ@299です。味はやはりグラッチェの方が数段上ですね。オリコンランキングでもグラッチェの一位に対してサイゼリヤは八位ですからその差は歴然でしょう(笑)



ディアボラ風ハンバーグ
ディアボラ風ハンバーグ@499です。ディアボラ風とは悪魔風ということですがどこが悪魔なのでしょうか。まさかこのお店、熊のヌイグルミが店内アクセントとしておかれているので「アッ!熊」という分けではないのでしょうが・・・


四本足(松葉杖)でチョットつらいのですが、明日(もう今日か)は井の頭公園に花見に行きたいな

それでは(^_-)



本日多忙につ休載

取引先の送別会で今(24:30)帰宅しました。
素面帰宅でこれだけ疲れるのだから、飲んで帰ったらもっと疲れているはずなのに酔っているのでその時は気がつかない。
これって恐ろしいことですね(笑)

So Long(^_-)




龍福小籠堂(ロンフウシャオロンタン)

装具のヴァージョンアップ仕様が完成しました。
ヴァージョンアップ装具
装具というものはこういうものだろう思わせるヴァージョンアップ品です。じゃ今までつけていたのは一体何だったんだろう

これは本来なら@80,000するのですが、前回品が不良品だったので泣きついて@70,000にしてもらいました。でもこれの原価800円位だろうな(笑)
お蔭様で一段と動きが楽になりました(感謝)

「とりあえずビール」という言葉を商標申請した人がいるそうです。
この申請が通れば居酒屋でお客が「とりあえずビール」といえばためらいもなくこのビールが出てくるという絵図なのですが、通ればスゴイ販売高になるのでしょうね(笑)

ところが日経のコラム子によるとこの定番が崩壊してきているそうです。
今の若者は、一杯目から自分の好きなカクテルや果実酒を注文します。さらにいきなり焼オニギリやラーメンのようなお腹にたまるものを頼む若者が増えています。価値観の変化が起こっているようです。

旅、車、酒若者が牽引した消費市場にも従来との差分が浮かび上がってきています。
入国管理統計によると20〜29歳の海外旅行者は10年間で35.7%の減少です。
お酒においては、34歳以下の単身男性の支出額は4年前より26%減少しています。
日本自動車工業会調査によると、20代男性の乗用車保有率は10年間で7%の減少です。
今の20歳代の消費者は単にケチで消費意欲が薄いのではなく、失敗やガッカリすることを極端にきらう合理主義的行動特性が背景にあるとこのコラム子は結んでいます。
結構堅実なんですね・・・

今日のお店はトキア(TOKIA)内、龍福小籠堂(ロンフウシャオロンタン)です。
住所::  東京都千代田区丸の内2-7-3
電話番号:03-3201-6246
結論からいうとこのような居丈高でサービスの悪くて遅いところは嫌いです。
特に店長らしき人は如才のカケラもなく気配りもできずサービス業従事者としては失格だと思います。紹介しますのでタンタルナ(東日本橋のイタメシレストラン)の石山店長の爪の垢を飲むべきです(笑)

ここから後はパチリでご案内いたします。
龍福小籠堂店内
かなり雰囲気のある龍福小籠堂店内です。掛けてある絵が意味不明ですね。カップルできてもいけますよ


砂肝とネギのアッサリ炒め
砂肝とネギのアッサリ炒め@680です。砂肝料理の新しい食べ方のように感じます。こういうのは熱々で食べなきゃネ!平板ないいかたですがやはり砂肝とネギは相性良いですね(納得)


上海小籠包
上海小籠包@780です。皮の表面張力にスープが戦いを挑んでいます。レンゲの上に小籠包をおいて皮を破り食します。ジューシーな味が口の中を一瞬に侵食します。これはイケマシタ


針生姜と黒酢
上海小籠包をこの針生姜と黒酢で食べますと、目を閉じればまさにここは日本にいながら気分は上海です(一押し)


五目あんかけ焼ソバ
五目あんかけ焼ソバ@1,080です。これは大滑りです。味付けが八方美人的なのでよく分かりません。麺もすくなく具も少なく大不満です


ということでサービスの悪さえ気にしなければソコソコいけます。
何故か酎ハイもおいてあるし(笑)

それでは(^_-)

続 チャンポン をかべ リターンズ

今24:00出張から帰ってきました。
今日歩きすぎました、腕の筋肉がパンパンになっています。
四本足(松葉杖)でもやはり疲れますね(笑)

アキレス腱を切ってからバス通勤に変えました。私の通勤バスはミニバスですのですぐに満員となってしまいます。
それでもお客様を乗せる場合は入口が塞がっているため、下車時精算ということで出口から乗車させます。しかし今だかって後精算した人を見ていません。多分皆定期利用?だと思いますが・・・もしそうであれば下車する時見せて降りればよいのにと思います。
万が一意図的に支払わなかったら刑罰の対象となると思いますが、皆さん大丈夫なのでしょうか

この話は大阪にいた時お取引様から聞いた真逆の実話です。
大手上場会社の子会社が経営している駐車場に古ぼけたカローラが長期駐車いわゆる放置状態となっていました。
当然の事ながらナンバープレートから所有者を調べ、何度もあらゆる手だてを使って連絡をとったのですが無の礫(つぶて)です。
この車は管理事務所のすぐ脇に在ったためいやでも目に付きます。
さらにこの駐車場はかなり賑わっていたので、ここの責任者はこの車による機会損失を憂い、一刻も早くこの車を処分したいと考えていました。
そして長期駐車一年たったその日に満を持してその車を廃棄処分にしました(良かったデスネ)

次の日の朝、見るからにその筋のオジがチャラチャラした服装(ナリ)で事務所にやってきました。
オジ「長い間世話かけたな!駐車料金払いにきたんや、ナンボヤ」
管理人「何のお支払いですか??(まだ状況が呑み込めてない
オジ「何てんごゆうてんねん、事務所の脇に泊めとったカローラの駐車料金やないけ。ハヨ精算せんかいボケ!これで足りるんか(怒)」
といって札束二束(2百万円)を無造作にテーブルの上に放り投げました。
管理人「ウァェイ(全身金縛りになっている)」
オジ「(キョロキョロしながら)何やらワイの車見ぃひんけれど、どこぞにほかしたんとちゃうやろナ」
管理人「廃棄したんじゃないのですか(完璧に声が裏返っている)」
オジ「ゆうてることが分からん(怒)ハヨ勘定せんかい!次の用事が有るんや(有る分けが無い、この為だけに来ているののだから)」
管理人「ドクン、ドクン、ドクン(心臓の飛び出る音)」
オジ「あの車の中にはとっても大事な書類と写真がおいて有ったんや(怒)、万が一ないようなことになったらオドレ、死ぬほどオトロシイ事になるで(もうなっている)」
管理人「そそそんな(涙声)」

後はご想像の通りです。出るところに出たら負けなかったのでしょうが、この親会社は会社の体面を気にして、10百万円に手が届かんとする金額で、処分してしまった書類と写真の損害金のお金を支払ったそうです。

わたしはこの話を聞いたときに、世の中には何て楽をして儲ける人がいるのかと感じいりました(嘘)。
この話後日談があってこのオジ大阪に数ヶ所同じようなマキエをしていて、毎日毎日いつ処分されるのか楽しみにして巡回を続けていたそうです。しかし天網恢恢粗にして漏らさずでこのオジは当局によって逮捕されました。

今日のお店は「チャンポンをかべ」です。
住所:  滋賀県彦根市旭町9-6
TEL:0749-23-1616

とうとうこのお店は登場4回目となりました。
今日の獲物は中華ソバ@520です。
中華ソバ
透き通ったスープですね。何度たべても飽きませんネ

このお店この中華ソバが基本味なのです。
カツオと昆布だしのスープはいつ食べても秀逸です。
中太麺も美味しいし、半熟卵もいけます。

気になるパチリを二点のみご案内します。
不思議な注意書き
前からすごく気になっていたこのお店の注意書きです。このパイプを触ったら一体何が起きるのでしょうか?誰も想像できないと思います。答えは「厨房のガスが止まる」です(エッ)
そのためこれには絶対に触らせられないのでこの注意書きになったそうです(マジ)
でも一体このパイプに触るとどんなロジックでガスが止まるのでしょうか(笑)


恐怖の階段
身障者に優しいJR彦根駅の恐怖の階段です。四本足(松葉杖)での昇降は命がけでした。
JRさんエレベーターつけてくださいm(__)m


それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ