下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

御成門 とんかつ「燕楽」

亡き母の命日が明日なのですが、所用でいけないため奥様と二人で今日墓参に行きました。今年で亡くなってから九年目です。月日の移ろいは早いものです。
いつも菩提寺でお花を買っていたのですが、それはお彼岸のような墓参客が多いい時のご用立てだそうで今日は置いていませんでした。
仕方ないので車で探し回りましたが、今お花屋さんって少ないのですね(笑)
大分ドライブしてしまいました。

今日のお店は御成門とんかつ「燕楽」です。
燕楽外観
お店は新橋六丁目ですがほとんど芝です。でも最寄り駅は御成門(A3出口)です。場所は芝神明商店街を抜けて新橋側に真っ直ぐ抜ければ着きますのですぐに分かりますね(^_^)v


そうそうここのご主人は今話題の中国の方で馬宝春(マホウシュン)さんです。
お店の名前は、燕も楽も中国ではお目出度い漢字だそうで欲張って二つ合わせたそうです。
中国では燕が訪れた家には幸せが訪れるという言い伝えがあり、所謂中国版「青い鳥」のようです。
なんたってロース豚カツ店東京第二位の店ですから期待は高まります。
豚肉は人気の「平牧三元豚」です。
特にロースカツは内臓周りのラードだけを使って低温で10分以上揚げているので、脂身の美味さが見事に引き出されているそうです。
特注のパンから作る自家製パン粉のほか、注文が入ってから手切りするキャベツなど随所に職人の拘りが見え隠れします。

注文したのはカツ定食@900です。
燕楽豚カツ
ご主人の奥さん(奥さんも中国人です)が気さくな方でホッコリします。ビジネス街の土曜日であるのにも拘わらず混雑していました


味ですか肉は柔らかくて美味しかったのですが、衣が硬すぎたかなという感じでした。
それと衣そのものがたち過ぎていてもう少し香りが欲しかったですね。
最後に奥様の食べていたのを少しつまみましたら、こちらはそれでもやや硬でしたがさっくりしていました。
六〜八枚位まとめて揚げますので温度管理は難しいとは思いますが、そこは職人なのですから更に精進していただきたいものです。
でも外剛内柔の豚カツは@900の値づけからしたら大満足です。
とくに豚汁は秀逸でした、大根、人参等野菜との相性良かったですね。

それでは(^_-)

		

亀有 大長令(チャングム)

昨日は飲みすぎてBlogのカキコできませんでした。
勝どきに行く機会があり、くだんの「勝どきラーメン」覗きにいったら潰れていました。ザマー味噌漬けですね(笑)やはりあの店潰れるは(納得)
ところでライブドアのB級グルメランキングで47位になっていました。
結構みてもらっているなんだなと感激です。(感謝)

今日のお店は亀有「大長令(チャングム)」です。
亀有といえば「こち亀」で有名ですね。一応お約束で「両津勘吉」さんをパチリしました。



私にとって亀有は良い思いではありません。
私が昔某メーカーに出向していたとき営業努力で下水道事業団に織り込んだ商品が発注となりました。ところが落札結果でCランクゼネコンが落としてしまったのです。
さらにそのゼネコンの事を調べると、ほとんどブローカーさんに近く尚且つ社長がヤーサンポイということが判明しました。
でも図面織り込んでしまったので納品せざるを得ません。当然の事ながら会社の内容も良くなく、現金を振り込んだことを確認してから物を納めるのが取引の条件となりました。
このメーカーは直接販売をせず商社経由の販売ですが、このような内容ですから商社が皆逃げてしまいました。
結局ある商社が現金振込後納品の条件であれば受けるということで私がその商社の担当とそのヤーサンポイ社長のところに行くこととなりました。
道すがら万が一の場合の刺される順番を決め、絶対にすぐ逃げられる様ドアは閉めないというクダラナイことを話して行ったのです(マジに怖かったのです)。
会社は角海老(ソープ屋さんです、常磐線からも見えます)というイカガワシイお店の近くにあり、尚且つバラックです。そして社長は紛れもなくヤーサンそのもので光ものチャラチャラファッションでお約束のパンチパーマです。
そして何かにつけ「俺は金があるんだ」を連発しています。
商談の最後に恐る恐る取引条件の話をすると「キサマ俺の会社を信用できないのか」と大激怒して全く話にならず、二人で弾け出るようにその会社を退散しました。
結局その後役所にそのようなゼネコンを入札メンバーに入れたことにクレームをつけ、役所からその会社に現金先払いするよう説得してもらいました。
そしてその社長と亀有信金本店に振込の立会いをさせられ(何でかというと多額の現金を持っていることを見せたかったらしい)一件落着しました。
今思い出しても恐ろしいです。大体ビジネスでは死ぬことがないといわれていましたが私はその時はマジに嘘だと思いました。
でもその後お付き合いして分かったのですが、この社長結構いい人で、言動容姿が普通ではないだけないでヤーサンではありませんでした。

相変わらず前振りが長いですね。
このお店は亀有南口LILIO弐番館地下にあります。
店は薄暗く昼から飲んでいる三人の客と、乳飲み子を連れたヤンママ四人連れのみです。
とても重い空気がお店に漂っています(入らなければよかったのに

今日の獲物は豚プルコギ@790です。


味ですかこれホンチャンの韓国料理ですね。ブルコギの甘辛さベリグッですし。豚肉も甘かったです。いつも行く大阪のコリアンタウン今里と同じ味でした。

しかしな〜昼間から飲むなよですね(笑)

それでは(^_-)

横浜家系ラーメン「幸屋勝どき店」

月島に変なラーメン屋が二つあります。
一つは勝どきサンスクエア内にある「勝どきラーメン」です。
お取引先と良く行く居酒屋のおばさんがいうには、月島最大の偏屈親父で今まで客と揉め二度や三度じゃきかない位殴られたとか・・・。
一番不思議なのは、11時に店に入って12時に店を開けるそうです。そうなのですスープの仕込みをしないのですね(笑)ラーメン屋かよですね。

実は怖いもの見たさで一度行きました。
店の中は乱雑であまりキレイではありません。
一人のお客がお勘定をして帰りますと次の様にのたまいます。
オジ「一人で店やってるんだから、食べた丼はカウンターの上にのっけろよ!全く気がきかないんだから(怒)」
少し変な感じがしてきました。
私はラーメンができるまで手持ち無沙汰だったので横積みにしてあった週刊誌を読んでいました。
ラーメンが上がったので、その週刊誌を元に戻すと
オジ「そんな風に雑誌置いたら崩れちゃうじゃない」
私「エッ何か問題あるの?元通りにしてあるじゃない」
オジ「互い違いにおかないと崩れるでしょう」
私「ラーメン食べに来ているのだから、暇な時ご主人が直してよ(怒)」
オジ「お客さんもお店キレイな方が気持ちいいでしょ」
私「それはご主人の問題でしょう!私はラーメンを食べにきているお客だヨ(怒)」
相当変でしょ(笑)

もう一つは今日のお店横浜家系ラーメン「幸屋勝どき店」です
ここも良くお取引様と行きますが、お店の雰囲気が暗〜いのです。
お店は白いタオルを額にキッチリ巻いたオジサンとその奥さんと多分オジサンのお母さんとおぼしき御祖母さんの三人で切り回しています。
まず私語がないのは結構なのですがお愛想もないのです。
別に膚接の接客なぞは望んでませんが、「イラッシャイ」「アリガトウゴザイマシタ」は大きな声で明るく言って欲しいものです。
今日の獲物はラーメン(中)@700です。


ここ麺の大・中・並で値段を@100ずつ上げています全くセコイですね(ドッチガ)

でもここ美味しいのですね。スープは家系のこだわりの豚骨スープですし熱々でベリグッです。麺も縮れ太麺でいけます。チヤシューは×ですが美味しくないだけでそれなりのレベルです。
これだけの味なのにお店が繁盛してないのは暗〜いからでしょう(笑)

それでは(^_-)

御徒町 麺屋武蔵武骨

今日は高崎の山奥で18:00から打合せです。
しかし風邪が治らないのは何故でしょう?
分かりました、風邪を引いているのにこの様な寒いところに行くからです。

今日のお店は麺屋武蔵武骨(御徒町)白色ラーメン@730です。


お店に入ると黒ずくめのTシャツ、同色のパンツ、黒いキャップのお兄さんがとても丁寧な接客で応対してくれます。
厨房では店主らしきお兄さんが「ソイヤ」「ヨイショ」と変な気合で違和感のある麺の湯切をしています。
そしてその対面で別のお兄さんがそれを恥ずかしそうにご唱和しています。
私は基本的に仕事中に不必要な掛声等するパフォーマンスは嫌いです。
ラーメン屋さんは味が勝負です、大体このようなパフォーマンスは唾が入ってかえって不潔です。
これからは止めましょうネ(願)
ここでいやなデジャブが思い出されました。
たしかマイホームタウン吉祥寺にも似たようなお店に入ったことを思いだいました。
それは麺屋武蔵虎洞です。系列店なのですね。
奥さんと行列店だったので突発的にミーハーに並んだのですがとてもガッカリしました。
私の家族は魚系&豚骨系のダブルスープはあまり好きではありません。
この虎洞で懲りたはずなのにな・・・(悲)
味ですか美味しいと思いますヨ麺も太麺で腰があり、バラ肉は硬くて冷たいけれど不味くはありません。
でもスープがな!パフォーマンスに気合を入れるのなら万民に愛される味を追求して下さい
それでは(^_-)

森下 山利喜

風邪が治りません。
かれこれ半月以上が過ぎます、体も耗弱していますもしかして死病に取り付かれたのかもしれません(
鼻をかみ過ぎて鼻の下が真っ赤です。
多分今日までで今年一年分のティシュを使用したかもしれませんね(笑)

ということで今日はかかる中お客様と飲んで帰宅したので思考能力なくパチリでいかせて貰いますm(__)m

レストランサト
大体今日は朝早く八王子の山奥にクレームの打合せです。しかも打合せ場所は工場内でした。お昼12時というのに工場の寒暖計は4度を指しています。
ここは東京なので北海道じゃありあませんお願いします、これ以上風邪をこじらさせないで下さい。
ということで今日のお昼はレストランサトの「味噌煮込みうどん」@980です。
ここは卓上コンロで熱々で食べさせます。
味は名古屋の山本屋とあまり変わりがなかったような気がします。
余談ですが山本屋の味噌煮込みうどんの鍋には穴が開いてません。これは皿代わりに鍋を使うからです(笑)


晴海通り
不思議この標識、縦に行っても横に行っても「晴海通り」です。普通××通りって一本道ではありませんか


山利喜
今日の接待の場所「山利喜」です。
この店大学生の頃から行っています。一度若主人(現主人)に昔は厨房の位置が逆だったねといったらても驚き今の常連さんでもそれを知っている人は少ないとても尊敬されました。
当たり前だよねメッコの数が違うもの・・・(高笑い)


山利喜
この煮込みブーケガルニ使用しているので煮込みランキングに入らないそうです(マジ)。日本和食会(飲食会)も狭量ですね。
これガーリックトーストで食べるとイケますよ。でもこんな気取った食べ方いつから始まったんだろう?
昔はここでの締めはこの煮込みに生卵にネギと七味とご飯を入れ一気にかっ込んだものなのにな(笑)


それでは(^_-)

続「厚岸」 大泉学園

本日は子供達と一緒に大泉学園「厚岸」に再訪です。
お店にいるお客さんの話を聞いていますとこのお店西武線沿線にすむ北海道出身者の溜まり場居酒屋さんみたいですね。
前回は釧路出身者の方が地元の話をしていましたし、今日も後ろの席でキウリの話で盛り上がっていました。
キウリとは北海道で取れる魚で、匂いがキウリに似ていることから名前がつけられているそうです。昔ススキのでこのキウリ食べたことがありますが、匂いはきつかったですけれどキウリの匂いはしなかったなですね(笑)
この店では北海道名物の氷下魚(コマイ)がおいてあります。コマイはタラ科の魚です。
熱々のコマイにマヨネーズと醤油をつけて南蛮(多分これ北海道弁だと思いますが、七味唐辛子のことです)をパラリンとかけて食べるとお酒にとても良く合います。
これも北海道の定番です。

さて今日の獲物ですがここから先はパチリで紹介です。
厚岸 全容
まずお店の全容です。言い忘れたましたがこのお店居酒屋さんです。私たちはこのお店遠いので、いつも車で来るので飲まずに定食を食べているのです。

牡蠣フライ定食
長男が注文した本場厚岸産の牡蠣を用いた牡蠣フライ定食@840です。量もこの大きさ6で個もあります。本場物ですから甘くて美味しいですよ

ホッケ定食
私が注文したホッケ定食@840です。この大きさで中ですから驚きますよね。大はほとんど座布団みたいですネ(今度ジャンボシリーズでパチリしましょう。味もイケました。

肉雑炊
次男が注文した肉雑炊@470です。豚肉が親の敵みたいに入っています(笑)


それでは(^_-)

茅場町 ジャンタル・マンタル

「致死性家族性不眠症(FFI)」と呼ばれる恐ろしい遺伝病の話を知っていますか。
この一族の方は、二人に一人が五十代で突然重傷の不眠症になります。いくら眠ろうとしても眠れません。
血圧が上がり、脈が早まり、心身とも過活動状態が続き、起きて活動を続けると、やがて疲労困憊してきます。それでも眠れません。ほとんど夢遊病者のような状態で生き続けます。まともに行動する事も考える事もできなくなり精神的に破綻をきたします。
結果眠れずやがて衰弱し、発病後一年で全員が死んでしまう恐ろしい病気です。
長年の研究の結果この病気の因がプリオンであることが判明しました。
皆様間違っても「吉野屋」の牛丼等を食べ続けますと子々孫々にこのような奇病が襲いかかりますヨ(怖)!

前振りとはことなって今日のお店は「チューボーですよ」とか「出没アド街ック天国」等でマスメデイアに露出しています茅場町インド料理「ジャンタル・マンタル」です。

お店の入口です。

名前の由来は時計仕掛けのとか、魔法の意味だそうです⇒聞いたお姉さんが良く知っていなかったのですが(笑)
今日の獲物はダールカレー(豆)、マンゴライタ(インド風ヨーグルト)、グリーンサラダ、ナン、サフランライス@900です。

私はインドカレーはダール(豆)カレーが一番好きなのです

味ですかダバインディアという頂上を食べてしまったら・・・という感じです。
確かに繁盛店ですし、お客も鈴なりですから美味しいのでしょうが、サプライズはありませんでした。
でもマンゴライタ(インド風ヨーグルト)はイケマシタよ。ベリグッでした。
夜は何故か居酒屋さん風(インド料理ってビールやワインに合うんですヨってメニューの裏に書いてありました)になるみたいなので再訪してみますか(笑)

それでは(^_-)

マンホール

孫が名前を踏みつけられからかわれているんだという一本の電話が京都府宇治市役所に入ったそうです。
役所の担当者が詳細を聞くと電話の主は宇治市在住の臼井さからでした。
宇治市のマンホールの蓋にはすべて「うすい(雨水)」とかかれており、それによって孫は友達からいじめられ、からかわれ続けておりこのままでは非行にはしってしまう。
ついてはその前にマンホールの蓋を変えて欲しいという申し入れでした。
担当者は一応市の教育委員会に対処を確認したところ、マンホールの名前とそのお孫さんの非行とは何の因果関係も考えられないので丁重にお断りしなさいとの内容でした。
ここまでなら良くある話ですが、この担当者そのお祖父さんの迫力か圧力に負けて臼井さんの周辺についてだけのみ一箇所費用@15万円もするマンホールの交換を受けようとしたそうです。
するとお祖父さん図に乗って段々交換場所を自宅近辺から、自分のいつも行く場所さらに・・・というように拡大路線をつぱっしりました。
そしてこの顛末をテレビで放映したものですから堪りません他の臼井、薄井、碓井etcさんからも私の家の周りも変えてくれという申し入れが殺到し収拾がつかなくなったようです。(週刊ダイヤモンドの特集記事から転用)

こんな阿保な話ってあるんですね久々に笑いました。
クレーマーもヤーサンも紙一重です。
昔人事部だった頃その筋の人が来たら絶対に座らせるなという話を所轄の警察のセミナーでイヤという程摺りこまれましたが、この手の話は最初が肝心という典型的なお話ですね。
ちなみに何故座らせてはいけないかというと、座らせるという事は持ち込んだ話を聞く用意があるとそのスジの人からみられ、一度座ったら目的を果たすまで絶対に絶対に帰らないからだそうです(怖)

今日の獲物・・・寒いので社員食堂のフォーボー(牛肉米麺)@500です。


味も良くさらに最後まで熱々です。後パクチー(香菜)やレモン(檸檬)も好みによって調整してくれます。
何と言ったってこの味で@500はお得ですね。ちなみに一番のお奨めはツミレとトマトのフォーです。

早く暖かくなりませんかね寒くて鼻水が止まりません(クシュン)


それでは(^_-)


支那麺はしご 赤阪店

今日も体調も良くなくブヒィブヒィという怪しげな咳をして出社しています。
夜は御取引様との接待があり(飲みすぎ)死にました。
といいつつ何とか帰宅し冷静の隙間に今日のブログを書いています(悲)

今日のお店は支那麺「はしご赤坂店」です。
この店は、林家正蔵(旧:こぶへい)の御用達の店でとなりは首相官邸(小泉首相も食べに来たらしい)という由緒正しき?お店です。

簡単に書きますとこのお店銀座が本店のようですが現正蔵師匠が絶賛するようにこの赤阪店は美味しいお店です。
このブログを書く前から何度も訪れていますがホトンド完璧です。
ちなみに今日の獲物は「担々麺(ダンダン麺)」@900です。


一ホメ清潔感が完璧です。水を扱う店内ですが微塵それを感じさせません。
二ホメは客あしらいが完璧です。但し何をお願いしても「アリガトザイマス」は多少鼻につきますけどOKです。
三ホメスープが熱い、さらに胡桃のペーストもいけますネ。これで中国香菜が入っていれば本場中国の坦々麺ですね。
四ホメ赤阪山王に有りながら芸能人関係の色紙が一枚もない⇒これはスゴイですネ!
五ホメはスープが美味しい+サービスご飯が有り+漬物食べ放題です。
 
林家正蔵師匠が絶賛したようにやはりこのお店最高でした(0K)


それでは(^_-)

続 鴻星海鮮酒家

風邪がヌケナイヨです。
今日は朝方体調良かったのですが、出社したら咳が止まらず大変です。
まだ本調子じゃないみたいですね。

昨日も早く寝ればよいのに、デジカメのマニュアル見ていたら病気みたいなもので読み始めると止まらなくなっちゃうのです。
どうしてマニュアルが病的に好きかっていうと、こんな使い方があったんだなあという「気付き」が嬉しいのとそれを体感した時に感じる無常の喜びに感動しちゃうのです(異常カナ)。

ということで今日のお店は晴海にある「鴻星海鮮酒家」です。
ここは二度目の登場です。
たしか前回はペケでしたので行きたくなかったのですが、一緒にいたお客さんが行きたいと申されるので他を選べなかったのです(悲

今日の獲物は「海老ワンタンメン」@900です。


結論今回もペケです。まず一ペケは接客の悪さです。二ペケはスープのぬるいこと。三ペケは量の少なさ。唯一良いところといえば海老ワンタンの美味しいところだけです。
これは流石に大したもので、海老のプリプリ感とそれを包む水晶の様な透き通ったモチッとした皮との相性は最高です・・・但し温かければさらにすごいと思われます。
よくこれで鉄人珍健一に「料理の鉄人」で勝てましたね?

やはりランチタイムに行くのが間違っているのかしらん?
当たり前だわ、こういう店にはVIPタイムに行くものじゃ(活
といいつつ自腹じゃ二度と行かないでしょう(納得)


それでは(^_-)



訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ