下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

大泉学園 天寿司

今日は「奥様の実家に帰省する」です。
IMG_0409
恐るべしですねGWの高速渋滞は、約100kmの道行きに5時間もかかりました。
奥様の実家に着いてからしばらくまったりとしていたのですが、義弟の賃貸住宅の納屋に野良猫が子供を産んでうるさいので、駆除して欲しい、との借主からクレームがありました。
義弟が見に行ったところ、そこには三匹の子猫が生まれていて、内二匹は生存可能性が低いと見たのか母猫が食べ殺していてむごたらしい首の無い躯(むくろ)が残っていました。
折角、この世に生を受けたのに、母に食べ殺された二人の子猫は不憫でしたが、これが動物の倫理というか、生きる可能性が低い子猫は自らの手で葬るというのは彼らの節理からすると至極当然な事なのでしょう。
義弟が保健所に電話しましたところ、現在、保健所では動物愛護団体からのクレームでそのような野良猫の駆除はしないので、個人で対応して欲しい、との事で取り付く島もありませんでした。

IMG_0421
どうしようか、と義弟が困っていたので、私は、取り敢えず、二匹は埋葬しようよ、と提案したところ、兄貴が手伝ってくれるなら、埋めるか、という事になり、母猫がいない間隙を縫って、二人で死んだ子猫をとってまいり義弟の離れた倉庫内の片隅に埋葬しました。

IMG_0418
最後は明るくシメます。
唯一生き残った子猫は、借主さんが、私の住居でさらに子猫が殺されるのは嫌です。
私が育てましょう、という事になり引き取ってもらったのです。
めでたし、めでたしの帰省中の話でした。


このふたりは同棲生活を送り、ひとりの娘との三人暮らしでした。
29歳の彼は、第4期の肝がんと診断され、結婚式を挙げようと決めました。
しかし、日に日に彼の体力は弱り、病室内で結婚式を挙げることになりました。
教会で式を挙げるのではなく、教会に病室まで来てもらったのでした。
この動画の誓いの言葉のあと、10時間後に、彼は亡くなります。
10時間の正式結婚の時間。



IMG_0447

201704130000000view
実はGWの真っただ中にいます。
今日は奥様と私の大好きな映画鑑賞です。
映画館までは車で行かなければならず、少し面倒くさいのですが、近場にないので仕方ありません。
今日の映画は「美女と野獣」です。
私の好きな映画は勧善懲悪で最後はハッピーエンドです。
加えて、ゴージャスな雰囲気が大好きなのです。
「美女と野獣」は流麗のカメラワークがのびやかさを十二分に表現し壮麗且つ豪華です。
全体に躍動感に溢れ、まさに一大スペクタクルです。
一食抜いても観に行く映画でしょう。
映画が終わった後は、映画館のそばに地元セレブ御用達の美味しい寿司屋があるとの事です。
折角ですのでお訪(とな)いを入れました。
今日のお店は「天寿司」さんです。

住所: 東京都練馬区東大泉2-7-26
電話:03-6904-4565
定休日: 木曜日

IMG_0452
お店の外観です。

IMG_0453
店内の雰囲気です。

IMG_0454
メニューです。

今日のオーダー「夜セット(上寿司)」2,160円です。
映画の終わった時間なので予約なしでも入れました。
プチついていました
カウンターは地元セレブでみっしりと詰まっていました。

IMG_0455
待つこと21分で最初の寿司皿がやってきました。
見たとおりのネタの面々です。
ネタはほとんど身が厚いですね。
大トロは口の中でトロケます。
美味しいですね。
貝好きな私としては赤貝に座布団一枚です。
この美味しさにはノックアウトされました。

IMG_0457
最初の寿司皿から17分で次の寿司下駄がやってきました。
これまた見たとおりのネタの面々です。
ここでは、車海老、サーモン、バフンウニが秀逸でした。
瑕瑾はいくらです。
これだけ平仄が合っていません。
ここの板前さん、腕は良いですね。
しいて申せば寿司×12貫、巻物×3巻はtoo muchでした。
質を変えずにこの量の×80%なら大満足でしたでしょう。

IMG_0456
最後に浅蜊の味噌汁は極美味でした。
この浅蜊も身が厚くご機嫌でした。
映画の後にお薦めのお寿司屋さんです。

それでは(^_-)

大泉学園 地蔵

今日は「方言危機」です。
C3b9t7DUcAE0Ihv
NHKの朝の連ドラ「ひよっこ」は毎日奥様と見ています。
個人的には、戦後のセレブリティを描いた「べっぴんさん」の方が好きでした。
今日までのところ、この「ひよっこ」は「方言のるつぼ」みたいになっています。
ヒロイン「矢田部みね子」の茨城弁を筆頭に、青森部弁、秋田弁、福島弁、山形弁が毎日飛び交っていてかまびすしい限りです。
その副作用でしょうか、今でも方言が抜けない栃木県生まれの奥様の心を、この「ひよっこ」はわしづかみしております。毎日、夢中で見ています。
個人的には、みね子さんのお父さんの矢田部実さんは記憶喪失になっていると思います
茨城県出身の警察官の綿引さんは、みね子さんの恋人になるのではと思っています。
ネタバレではありません。
想像ですから、那辺はお許しください。

その奥様の心をわしづかみにした日本語諸方言は,日本語の歴史の中で、ある面では各地それぞれに独自の変容を遂げ、別の面では他方言からの影響を様々な形で受け入れて、その結果として、現在見るような多様な姿が形成されてきました。
しか〜し、そのような長い時間をかけて形成された方言は,最近年60年ほどの社会状況の大きな変動に伴って、全国的な共通語の浸透に押される形で、急激に伝統的な特徴を失いつつあるのです。
要は方言の危機なのです。
約70 年の間に、共通語形の使用率は37.6%から87.3%へと2倍以上に増加し、今では9割に迫るまでになっております。一強である大阪弁でさえ、お笑いタレントが話す方言となってきており、当社の関西出身の若手社員は、大阪弁で話すと恥ずかしいからと社内では標準語で話しています。
このままでは、方言はTVの中で聞くレガシーになってしまいます。
一部の地方都市では実施されている「方言の日」を全国規模で作りましょう。
若しくは京都の芸舞妓のように強制的に地域に根差した言葉を話させましょう。
かくいう私も、最近はほとんど江戸っ子言葉を話さないので、江戸弁を忘れてきています。
この間観ていた報道番組で、第二次世界大戦の終了のどさくさで日本に帰国できなかった北朝鮮在住の日本人老婆が日本語を忘れていて、唯一覚えていたのが日本の歌であったことに驚きを禁じ得なかったのです。
言語はしゃべらないと忘れてしまうものなのです。
おおいに方言を話して次の世代に日本の良き伝統を引き継いでいきましょう。



スゴイ雪の量です!




IMG_0426
今日は奥様と大泉学園に出没です。
この街には行列必至のとんかつ屋さんがあるとかで、そのお店に並びに行って参りました。
今日のお店は「地蔵」さんです。

住所: 東京都練馬区東大泉1-30-9 TKビル 1F
電話:03-3923-7939
休日:不明

IMG_0430
行列ができるお店です。

IMG_0431

IMG_0425
お店の外観です。

IMG_0433
店内の雰囲気です。

IMG_0429
メニューです。

今日のオーダー
私は「リブロースかつ(180g)御膳」@1,380円
奥様は「アスパラ巻きかつとヒレかつ(2個)御膳」@1,380円
です。

IMG_0436
調味料の面々です。

IMG_0432

IMG_0434
まずは奥様の協力でゴマすり画像です。
ちなみに私たち夫婦は会社ではゴマはすりません。

待つこと7分で両御膳の到着です。
IMG_0439

IMG_0443
まずは私の「リブロースかつ(180g)御膳」です。
ころもがサクサクしていてほのかに甘みも感じられて良いですね。
肉はほどよい脂がのっていて美味しいです。

IMG_0438
ちなみにご飯と味噌汁とキャベツはお代わりができます。
美人の店員さんが、いかがですか、とラウンドしながらお代わりの有無を聞いてくれます。
お願いします、と申せば笑顔と一緒にサーブしてくれます。

つづいて奥様の「アスパラ巻きかつとヒレかつ(2個)御膳」です。
IMG_0442

IMG_0444
これも美味しいです。
ヒレカツは肉が柔らかいですね。
アスパラも良い味わいです。
総じてコスパは良いし接客は過不足ないのが高評価です。接客に関しましては、たまにtoo muchのお店がありますが、それはそれで押しつけがましいのでno thank youであります。
そうそう唯一の瑕瑾があります。
量が多すぎます。
帰り際にその旨を店員さんに申しますと、そのようなお客様には量を調整してくれるそうです。
ただし5個のところを3個にできるヒレカツだけみたいです。
いずれにしても次回は相談してみましょう。
大満足なランチでした。

それでは(^_-)

月島 三好弥 10th

今日は「土方歳三異聞」です。
hijikata_toshizou
先日の講座で、「土方を撃った男」について話しを聞いた。
講師の好川氏は、北大名誉教授である米田(まいた)義昭氏の曾祖父、米田(まいた)幸治氏が、土方の狙撃者であった可能性が高いと、そう実感しているようだ。
箱館戦争時、米田幸治は松前藩士。
26歳ながら八番隊を率いていた。
総決戦の時、一本木付近から騎馬で突進してくる若い兵士を見たという。
陣羽織を来た姿と先頭を切って来る果敢さから、きっと名のある指揮官だろうと思った。
米田隊長は部下に「撃て!」と命じた。
しかし突進してくる指揮官の威風に押されてか、八番隊の部下達は誰も撃てない。
そこで米田隊長が自ら銃撃。
すると騎馬から陣羽織を着た若き指揮官が落馬した。
すぐに近づける状況ではなく、米田隊長は銃撃戦と砂埃が収まってから撃った男を確かめに行った。
しかし、撃った陣羽織の男にはすでに首がなかった。
そこで米田隊長はその亡骸の上着をめくってみると「土方」の文字が。
実は、昭和40年代まで、土方を狙撃した者については何も分かっていなかった。
狙撃され馬から落ちてという説が有力ではあったが、異説もあり、曖昧だったところに、土方を撃ったらしき者の証言が急浮上して歴史研究者や歴史作家が色めき立った、というわけだ。
なぜ昭和40年代まで衆知されなかったか。
それは、米田隊長から息子へ、そしてさらに息子へ、と家の中だけで語り次がれてきた逸話であったから。
米田氏の祖父が亡くなった葬儀の際、たまたま弔辞で「松前藩士の子で、父はあの土方を撃ったとされる・・・」という話しが披露され、それを聞いていた誰かが「それはすごい話しだ」と世間に広めたらしい。
土方を撃った男・米田隊長の曾孫に当たる米田義昭氏はこう話しているそうだ。
「曾祖父が撃ったという陣羽織の若い指揮官が、本当に土方歳三であったかどうかは分からない。
しかし、曾祖父から祖父へ。祖父から父や自分へと伝承されてきた話しは真実である」
近藤勇は板橋で処刑され、首は京都三条河原で梟首。
土方は、このような最低最悪な仕打ちを受けないよう、側近者が必死に首を守ったのだろうと、私は想像している。
身体と首の埋葬地はそれぞれ諸説あるが謎のまま。
明治20年代に土方の身内が室蘭警察に頼んで、函館市吉川町の極楽寺(の本堂の下)から別の場所へ改葬した、という説があり、この説の支持者が多いらしい。
Bar MIBURO さんブログより転載

土方歳三の最後は銃弾の腰間貫通により落馬してから死亡しました。その後、敵に土方の首を持ち帰らせない為に旧幕軍の兵士によってその首はおとされ、その首を持ち帰ったとされています。
司馬遼太郎先生の「燃えよ剣」では大鳥圭介が部下を使って暗殺したように書かれていました。
理由は、新政府軍に対して常勝将軍であった土方が永らえば永らえるほど和平調停ができなくなるからです。
司馬先生の暗殺説は、馬上にいる土方を撃つのであれば、馬の首が邪魔して打てないから、後ろから飛んできた銃弾が腰間を打ち抜いたという仮説から構築されています。
要は旧幕軍、即ち味方の銃弾に倒れたという説です。

一方で米田隊長が射殺したくだりにも疑問があります。
松前藩が明治2年に作成した公式文書「戦争御届書」によりますと、米田隊長は土方歳三と対峙した場所に確かにいたのです。
しか〜しこの記録によれば両者の向き合った距離は約300Mです。
当時、米田隊長が使用した火縄銃の有効射程距離の約100Mです。
従いまして、300Mであればその有効射程距離をはるかに超えています。
火縄銃は飛ぶだけなら700〜1,000Mは飛びますので物理的には当たるのです。
くだんの米田隊長は松前藩の武芸士であり且つ鉄砲指令士でその銃の技量は卓越したものをもっていたのです。
従いまして、米田隊長の飛弾は、その技量をもってすれば土方歳三の腰間を射ぬいたとしているのです。
ただし証拠はありませんが、その息子は本人から土方歳三射殺のくだりは幾度も聞かされていて、上述のとおり明治、大正、昭和と語り継がれてきたのです。
司馬遼太郎先生は数多くの弟子に手分けさせて資料を調べさせる作家なので、今までは大鳥圭介暗殺説が真であると思っていました。
しか〜し、このBar MIBURO さんのブログを見ますと米田幸治氏射殺説が正しいように思います。


うまいギタリストがやったら、ギターが単一楽器ではなくなります。



IMG_8488
今日は月島に出没です。
玉子中毒の血が騒ぎました。
今日のお店は、このブログでお馴染の「三好弥」さんです。

住所: 東京都中央区月島3-28-1
電話:03-3531-1041
休日:不明(多分日曜日)

IMG_0320
お店の外観です。

IMG_8481
店内の雰囲気です

今日のオーダー「ベーコンエッグライス」@ 830 円です。
IMG_0322
待つこと1分でお新香の到着です。
たくあんの黄色が目に鮮やかに映ります。

IMG_0323

IMG_0324
待つこと5分で「ベーコンエッグライス」の到着です。
玉子好きには垂涎の的のビジュアルです。

IMG_0326
それでは実食です。
今日の「ベーコンエッグライス」ですがベーコンのカリカリがいいですね。
絶妙な食感です。
溶岩半熟玉子も良い味わいです。
これにマヨネーズと醤油をかけ回して渾然一体にしていただくのですが、これこそB級の至高の味わいです。
大満足な夕食でした。

それでは(^_-)

神楽坂 浅野屋

今日は「未婚異聞」です。
top_big_image_pc_20170309
私たちが若い頃はSNSとかLINEがなかったので、女性との恋愛はダイレクトコミュニケーションがほとんどでした。
所謂、ナンパという女性への声掛けです。
隔世の感があります。
今の若い人たちは、その行為そのものが信じられないみたいです。
ちなみに、現在の若い人たちは、1人でいるのが好きな人が多いみたいですが、そのような草食系の方でも恋愛願望があるみたいです。
そのような方は、真剣な出会い・恋人探しをサポートする恋活・婚活サイトみたいなものに登録して恋愛活動にはいるようです。
これは、みんなに質問して、みんなが回答、みんなが繋がるQ&Aから始まり、婚活・恋活パーティーも開催とかイベントが盛りだくさんで、その中で一番支持を受けているのが、不正ユーザーの徹底排除に加えて決済したのに相手から返信が来ない時の返金保証なのです。
個人的には、返金保証は良いですね。
これに入会しますと、年収を含めた個情報や、性格診断からのベストパートナーが探せるので、ハズレなしみたいです?いずれにしてもこの個人情報開示の恋活・婚活サイトが有卦に入っているようです。

-9211786907972277src=embed
その一方で未婚の男女は増えています。
50歳まで一度も結婚をしたことがない人の割合を示す「生涯未婚率」について、2015年の国勢調査の結果、男性で23.37%、女性で14.06%にのぼったことがわかりました。
前回の2010年の結果と比べて急上昇し、過去最高を更新したのです。
私はこの未婚率を押し上げている要因の一つに孤独死の常態化があると思うのです。
私たち世代は、人は子供に看取られて死ぬものだ、という認識が強くて、孤独死なんぞしようものなら、不倶戴天の敵みたいなそしりを受けたものです。
それが最近の未婚の増加に伴って孤独死が増えて緩和され、緩和されたから未婚率が増えるみたいな悪循環に入っているのではないかと臆断しています。
最近では看取り友達みたいなサークルに入って各々の最後を託すみたいですが、これとて最後の1人になれば、それこそ孤独死になるのです。
看取られて死ぬとか死なないよりも、一日一日をどれだけ充実して生きていく方が大事なのではと思う今日この頃です。


神業・・・



IMG_0299
今日は神楽坂に出没です。
今日はお蕎麦です。
今日のお店は「浅野屋」神楽坂店さんです。

住所:東京都新宿区神楽坂6-8
電話:03-5579-2941
定休日:無休

IMG_0302
お店の外観です。

IMG_0305

IMG_0313

IMG_0312
店内の雰囲気です。

IMG_0306
メニューです。

今日のオーダー「せいろ大盛&玉子の天麩羅」@950+@600=1,550円(内税)です。
店内に入って驚きました。
オサレなしつらえです。
BGMはジャズですし、異次元空間です。
IMG_0308
待つこと5分で「せいろ大盛」の到着です。
今日の蕎麦粉は北海道共和町のものです。
と申してもこの蕎麦粉の説明がどこにもないので違いがわかりません。

IMG_0310
それでは実食です。
蕎麦の香りは高いですね、美味しいです。
蕎麦つゆは今一ふくらみとコクありませんでしたが、全体的に雰囲気を加味すれば美味しい蕎麦屋さんといえると思います。

IMG_0315

IMG_0314

IMG_0316
大盛でも蕎麦の量が足りなかったので「玉子の天麩羅」を追加しました。
塩でいただく「玉子の天麩羅」は美味しいのですが、4個はa little bit too muchですね。
ラスト一個は厳しいものがありました。
ここは女性と行くお店でしょう・・・

それでは(^_-)

神田 トリッペリア ミア 5th

今日は「酒乱美女」です。
liquor_drink
4月になりましたので部の決算の打ち上げがありました。
珍しく部門長もやってきてにぎにぎしく打ち上げの宴が始まりました。
私の会社は仕事柄からかアグレッシブなところがあり、このような飲み会ではかなりハジケます。
特に女性がハジケるのです。
最近、そのハジケ方の伸張著しいのが4月で二年目を迎えた女性一般職です。
最初は、お酒が飲めないという触れ込みだったのですが、半年たった頃からその肩書を外したのを境にかなりの大酒飲みである事が判明しました。
誤解があるといけないのですが、酔っ払うとふるまいが下卑たり莫連になったりするのではなく、おしとやかな物言いなのですが、その内容が厳しいのです。

会が始まり一次会では穏当だった物言いは、二次会ではそのキレ味を見せ始めました。
まずその矢が刺さったのは部門長です。
その部門長に対して彼女は言うに事を欠いて、部門長がこられますと部内の雰囲気が暗くなります。
明るくふるまえないのであれば、我が部に来ないでください。
どうして明るくふるまえないのですか、と切り込んだのです。
部門長はその問いかけに対して目を白黒させながら、そのように思われていたとは驚きだな。
そんなに暗いかなぁ、と内省的な発言でかわしますと、その自覚がない事が問題なのです、と瞬時に一刀両断です。
yjimage5NKVPS30
さら〜に、同期の男子にいつも厳しい教育をしている定年間近のベテラン管理職には、加藤さん!文也(同期男子の名前)にはもう少し手加減して下さい。厳しすぎますでしょう、とこれまた一刀両断なのです。
言われた加藤さんとは瞬間湯沸器の異名をもつ人間なので、その爆発から周りはそれなりに気を使って接しているのですが、その彼によくぞ切り込んだものです。
言われた加藤さんは、実際にその通りなので、反論すらできず、開いた口が塞がらずハフハフと酸素が足りない金魚のような過呼吸状態になっていました。

takahatamituki-10-a
私はこれを見ていて、美人な女性は得だな、強く思った次第なのであります。
このような美女にはいくらショートテンパーの彼でもキレることはできないでしょう
実際、彼女の相貌は彼女の大学の先輩である高畑充希さんを肉感的にした感じで、このような発言をせず黙っていれば、どこから見てもモデルです。
加えて、仕事はできるし、気配りもできるので、社内での評価はうなぎ登りに上がっていっているのです。
二次会が終わったので我が部はこれでお開きがお約束です。
ところが、彼女は若手社員の3次会の誘いに手を上げ、女性では唯一3次会へ参加したのです。
私は立場上、女性なので3次会では早く返せよ、と厳命しておきましたが、次の日にその後の動静を確認しましたところ、最終電車で帰ったものの、寝過ごしてしまったそうです。
所持金がないので、父親に電話して迎えに来てもらい、家に着いたのは2時半だったそうです。
それから化粧を落としてお風呂に入り床についたのは3時過ぎだったみたいですので、4時間弱睡眠にもかかわらず、翌日、私の次に朝早く出社してきたのです。
しか〜し、その表情には二日酔いの痕跡は露ほども見られずケロッとして仕事に就いていました。
個人的には、業務に支障がないのであれば「斗酒また楽し」という考えの持ち主なのではありますが、23歳のこのうら若き女性の蛮勇を見る限り、将来が楽しみな今日この頃なのであります。


当たりはなかった?祭りくじで悪事を働く一部始終を公開です。



今日は神田に出没です。
美味しいハンバーグが食べたいという事でこのお店に訪れました。
今日のお店は「トリッペリア ミア」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-15-5 310ビル 2F
電話:03-5244-5733
定休日:日曜日・祝日

IMG_9278
お店の外観です。

IMG_9281

IMG_9280
店内の雰囲気です。

IMG_9279
メニューです。

今日のオーダー「パニーノランチ(ハンバーグ、目玉焼き、トマト、チーズ)・サラダ・ドリンク付き」@900円です。
IMG_0208
待つこと9分でパニーノランチの到着です。
見た目美味しそうです。

それでは実食です。
IMG_0209
まずはファーストバイトです。
うん、これは美味しい。
ハンバーグ、目玉焼き、トマト、チーズというのはハンバーグ最強のコンビネーションでしょう、不味いわけはありません。特に今日のハンバーグはジューシーで美味しいですね。
所謂、鐵板の味です。
大満足のランチでした。

それでは(^_-)

八丁堀 ロダン

今日は「麻布」です。
IMG_0179
奥様と麻布に行ってまいりました。

img_0
私にとって麻布と申せば「田能久」さんです。
と申しても分らないでしょうから、「田能久」さんとは加山雄三さんの東宝映画「若大将シリーズ(1961年から1971年まで全17作)」で、田沼雄一役の加山さんの麻布にある実家で、若大将のお父さん役の有島一郎さんが経営していた麻布にあるすき焼き屋の屋号です。

yjimageIXS2IIIN

img01
会社の同期の父親が衆議院事務局事務総長で、当時、超高級住宅地の狸穴のすごい豪邸に住んでいてよく酔っては泊めてもらいました。
若いビジネスマンが、タクシー運転手に、その行き先を、狸穴の高級官僚社宅をいうものですから、着いてから必ず、本当にこの家で良いのですか、と何度もダメダシをされるのですが、つくやいなや門番が扉を開けるものですからすごく驚いており、その驚愕の表情を見るのが快感でした。
このように思いだすと、プチ感じ悪いですよね。

説明はありませんが、私たち夫婦の歩いた麻布の街並みをご覧ください。
この街は画像のとおり、大使館はあるは、昭和の街並みはあるは、坂はあるはですごく興味深い街です。
今度はゆっくりと歩いてみましょう。
IMG_0169

IMG_0170

IMG_0178

IMG_0190

IMG_0171

IMG_0182

IMG_0183

IMG_0172

IMG_0176

IMG_0181

IMG_0180

IMG_0187

IMG_0188

IMG_0189

IMG_0191


この街に来た理由は、ビオセボンという2008年にパリで創業された、ヨーロッパで100店舗以上を展開するビオ・スーパーマーケットに来たのです。
ビオとは有機農産物、有機加工食品を意味して、近年の健康ブーム、自然志向で見直されてきた食品です。
ここのスーパーで売っている、クワトロフォルマッジリゾットを買いにきたのです。
画像を撮ろうと思っていたのですが、あまりの美味しさに撮り忘れており、食べてから思い出したので画像はありません。
IMG_0204

IMG_0203

17587214_267728600333444_3137382333083025408_n


ポカリのダンス新CMがすごい



IMG_9299
今日は八丁堀に出没です。
今日のお店はカレーの名店です。
今日のお店は「ロダン」さんです。

住所: 東京都中央区八丁堀3-8-4
電話:03-5541-5777
定休日: 日曜・祝日

IMG_9290
お店の外観です。

IMG_9294
店内の雰囲気です。

IMG_9292
メニューです。

今日のオーダー「特性ビーフカレー」@1,000円です。
IMG_9295
待つこと8分で「特性ビーフカレー」の到着です。
ビジュアルがいいですね。

IMG_0220

IMG_0221
それでは実食です。
カレーはそれ程のサプライズはありません。
そもそも熱々でないのが不思議です。
しか〜し、特筆するのは、「国産霜降り牛のバラ肉」です。
トロトロですね。
気分は濃厚なビーフシチューです。
で〜も、体調がわるいとこの脂分がくどいかもしれません。
今日の私は体調が良いのでとても美味しくいただきました。
なかなかのお店ですね。
再訪しましょう。

それでは(^_-)

新千歳空港 けやき

今日は「センチメンタルジャーニー 其の弐」です。
北海道のビジネスをヘルプしに札幌に行ってきました。
記録を見ますと5年ぶりの来札です。
仕事の合間を縫って思い出探しをしました。
宜しかったらお付き合いください。

#「早朝のすすきの」です。
IMG_0242
前日、元部下と飲んでいましたらメールのチェックができませんでした。
従いまして、朝は5時半に起床して仕事を開始しました。
約1時間でメールの処理が終わったので、食事に出かけました。

IMG_0244
早朝からラーメン食べる人っているのですね。
ある意味で驚きです。

IMG_0252

IMG_0247

IMG_0249

IMG_0245

IMG_0250
すすきので6時台で珈琲が飲めるのはマックしかなくここで朝食です。
客の大半は若者です。
最近の若い人は早起きなのですね。
知りませんでした。

IMG_0255

IMG_0262
すすきのはカラスが多いのです。
東京ではカラス対策プロジェクトチームが立ち上がり、かなりのカラスを駆除したので最近は見かけないだけに、鳥嫌いも相俟ってかなり驚いていました。

#「狸小路」です。
IMG_0254

IMG_0257

IMG_0256
狸小路と申せば「本陣狸大明神社(ほんじんたぬきだいみょうじんじゃ)」さんです。
個人的には、ウィンズ(場外馬券売場)のタイアップ神社ではないかと思っています。
その霊験あらたかなご利益の為か、北海道日本ハムファイターズが日本シリーズ優勝を果たした2006年には、ファイターズのファンとマスコットキャラクターのブリスキー・ザ・ベアーが、2006年シリーズ開幕前に優勝祈願として本陣狸大明神社を拝んでいます。

11811291_899697136782948_3812173480417034932_n

神輿宮入
付け加えますと、在札時代には「北祭会」という祭礼睦に入っていて、不定期に神輿を担いでいました。
恒例のすすきの祭りでは狸小路周辺を渡行していました。
しか〜しかなりのカルチャーギャップがあり色々な場面で面食らっていました。
一番の驚きは、新規入会者には神輿の担ぎ方講習があった事です。
二番の驚きは、神輿渡行は神事ではなく観光客集めだった事です。
しか〜し、今このように振り返りますと、このような驚きはまさに「上から目線」だったのでしょう。
プチ反省しています。

#「大通公園」です。
IMG_0266

IMG_0263
私在札時代の事務所は大通公園に面していたので大通公園のイベントはすべてビルから睥睨できました。
特にさっぽろ雪まつりはで着工から撤去までまさにライブで見ていました。
子供たちもよくこの公園には遊び連れてきました。
この画像はブラック・スライド・マントラという作品名の滑り台です。
作者はイサム・ノグチ先生です。
先生は、子ども達の尻がこの作品を完成させる、と語っていましたが、大人でもこなかなか楽しめました。

#「新千歳空港」です。
IMG_0294
IMG_0282

IMG_0283

IMG_0279
帰路が最終便だったので人並みがありません。
館内照明も場所によっては制限されていてかなり寂しい限りです。
お土産を買いませんと・・・

IMG_0292

IMG_0293
我が家は「森本」さんの「どら焼き」しか求めませんので選ぶ手間いらずです。
今日のお土産は「豆選びどら焼き」です。
これは絶ウマです。
我が家の札幌土産ではトップ3に入ります。

IMG_0284
今日の夕食はラーメン道場内にある「けやきラーメン」新千歳空港店さんです。

住所: 北海道千歳市美々987-22 新千歳空港 国内線ターミナルビル 3F
電話:0123-45-6010
定休日: 年中無休

IMG_0290
お店の外観です。

IMG_9300
メニューです。

IMG_0289
今日のオーダー「にんにくラーメン」@950円です。
待つこと5分で「にんにくラーメン」の到着です。
なんですかこの脂層の熱さは!
加えてフライドガーリックは嫌いなのです。
見ただけで不味いとわかります。
それでは実食です。
油膜のせいでスープは熱々です。
しか〜し、その副作用で味噌味が掻き消えています。
さら〜に、ふやける前のフライドガーリックがトンガッタ味を放出し続けていて味を壊しています。
麺はかんすいが効いた透明感のあるプリシコな熟成麺でこれのみ美味しいですね。
あまりに脂っこいのに加えて飛行機の時間もあったので半分で食べるのを止めてしまいました。
仄聞するにニトリさんが経営しているみたいですが、家具に徹した方が宜しいのでは強く思いました。

219779975_624_v1426303810

IMG_0296
最終便に乗って羽田空港に帰ってきました。
家に着いたのは限りなく01時でした。
仕事の方はかなり良い感触を得られたのであまり疲れは感じませんでした。
また行かなければならないみたいです・・・

それでは(^_-)

恵庭 おとん食堂

今日は「センチメンタルジャーニー 其の壱」です。
北海道のビジネスをヘルプしに札幌に行ってきました。
記録を見ますと5年ぶりの来札です。
仕事の合間を縫って当時の思い出を探しをしました。
宜しかったらお付き合いください。

#「 やじうまトンネル」です。
IMG_0223

IMG_0224

IMG_0225

IMG_0226

IMG_0227
ここはレンガ館と西館を結ぶ「やじうまトンネル」です。
サッポロファクトリーがまだ建設中だった頃、訪れた人々によって描かれたプレートがぎっしりと飾られています。
私と長男は家のそばにあるアクセス札幌でこのプレートを書きました。
ここに来るたび、懐かしい気持ちになってしまいます。
我が家のタイムカプセルのようなトンネルです。

#「札幌時計台」です。
IMG_0233

IMG_0230

IMG_0228
札幌時計台は「日本三大がっかり」とされていますが、私はこの施設を2,000回以上見ています。
それほどひどいものではないと思うのですが。
館内に入れば札幌の歴史が見られます。
二階に上がればハワード製の時打重錘振子式四面時計の構造も見ることができ、その威容に瞠目するのは間違いありません。
在札時代の夏は、時計台の対面(といめん)にあるロイヤルホストの二階テラス席に坐れば、爽やかな札幌の心地よい空気にふれながらコーヒーを味わうことができました。
またそこから眺める時計台の眺望は格別のものがあります。

#「焼肉亭」さんです。
IMG_0234
この画像は掲載許可を撮り忘れました。オジサン、オバサン許してください。
私の在札時代の癒しのお店です。
通い詰めて約30年です。
このお店のオジサン、オバサンには大変お世話になりました。
このお店は安美味です。
牛舌元とか、ギアラ、ガツなど塩味で食べる内臓系の肉が豊富で美味しいのです。
最近は鹿肉がブームのようです。客筋はANAさんを始めとし、大手企業のビジネスマンが多く、お店の場所がわかりにくいのを除けば最高のお店です。
今日は会社の元部下たちと鯨飲、鯨食をしました。
昔話は時間をふくらましますね。
3時間くらい食べながら話し込んでいたのですが、元部下の女性の友達でもあり私の元取引先でもある女性が47歳で社内恋愛の末、同僚と結婚したのです。
しか〜し、結婚したのと同時にご主人が転勤になり、ほとんど別居状態との事です。
その別居生活は今年で3年になるそうです。
これには正直驚きました。
翌日、打合せのついでにくだんの女性とも会話したのですが、会社命令ですから仕方ないですよね。
で〜も、たまには帰ってきますので不自由ではありませんよ、とニコニコしながらいわれていたのでこれまた驚きました。


「カーニバルの朝」です。
札幌の街にこの曲は合っていると思います。



今日は恵庭に出没です。
今日のお店「恵庭 おとん食堂」です。

住所: 北海道恵庭市漁町13
電話:0123-32-2251
定休日: 火曜日、第1・3月曜日

IMG_0268

IMG_0270
お店の外観です。

IMG_0272

IMG_0273
店内の雰囲気です。

今日のオーダー「五目焼きそば」@920円です。
待つこと24分で「五目焼きそば」の到着です。
なんですかこの光り輝く焼きそばは・・・
見ただけで美味しいとわかります。
IMG_0274
それでは実食です。
かなり餡の温度が高いですね。
舌は火傷スレスレ状態です。
で〜も、このくらい熱いのが良いのです。
この「五目焼きそば」は餡美味しです。
甘さはそれなりにあるのですが所謂寸止めです。
麺は中華鍋で揚げたものでパリっとしています。
具はすべて美味しいですね。
白眉はプリプリの海老と肉厚のある木耳です。
これを含めてここの「五目焼きそば」は道内一の美味しさでしょう。
食後も噴き出る汗が止まりませんでした。
ちなみに外気は5度でした。

それでは(^_-)

交通会館 四条富小路 麺屋虎杖

今日は「日本最強の苗字」です。
日本最強の苗字は「山田」さんだそうです。
「山田」さんは、一般的な名字の一つで日本を代表する姓であります。
平凡な名字の代表として知られています。
その代表的な名前と申せば山田太郎さんです。
古くは私の中学の同級生の西川君のオジサンである芸能プロダクション「新栄プロダクション」社長である山田太郎さんがいます。山田さんが歌った「朝刊太郎」は大ヒットして、この曲で紅白歌合戦に初出場して以来連続で三回も出演しています。
074-00132-0135
その後に続く山田太郎さんと申せば野球漫画「ドカベン」シリーズに登場する人気キャラクターです。
ちなみに彼のポジションは捕手で右投左打です。
新潟県新潟市旭七ヶ町生まれの神奈川県横浜市育ちの甲子園出場選手です。
鞄の中にご飯だけを詰めたでっかい弁当箱(ドカッと大きいドカ弁)を入れていたことからドカベンのあだ名がついたのです。
山田姓が日本で周知したのはこの漫画の影響が多いと思います。
ちなみに、山田姓は全国で12番目に多く、2,017,604世帯で約83万人もおられます。
全国に平均的に分布していますが特に西日本に山田姓は多いそうです。
山田さんの地名は、全国に2,000か所存在しています。
よく役所で名前を書く時に、山田太郎、山田花子の記入例を見たような感じになっていますが、その率は約1%以下(正確には0.9%)でこれを世の中では「都市伝説」と申します。

山田姓がなぜ強いかと申しますと、山田と呼べば、明るく前向きな感じがします。
要は「ヤッホー」に近いものがあり、そこに山田姓のすごさがあります。
山田姓はYAMADAとすべて母音で構成されており、その為に口を大きく広げて発音されます。
これを言語学では音声の放射状態が良いといいます。
さら〜に、「や」は「い」から「や」になるように発声するのでストレスがありません。
さら〜に、「ま」は口唇破裂音と申して唇の刺激がなく発音できるので楽しいのです。
赤ちゃんが始めてしゃべる「ママ」は発音して楽しいから覚えるみたいです。
さら〜に、「だ」は華麗なるフィナーレを表す歯茎破裂音です。
例えば、これでいいのだ、のような言いきりです。
纏めますと「い〜や」ではじまる「や」を起承とし「ま」を転として「だ」を結としますとこの苗字はなな何と起承転結で構成されているのです。
即ち山田とパンダは皆が口にだして言い易い完成された名前なのです。
これが山田最強伝説の理由であります。
ちなみに私の苗字はかなり難しくて小学校の3年生まで自らの苗字を書けずにいた為に、山田姓には怒りさえ覚えたのですが所詮苗字で戦っても勝てる相手ではなかったのですね。
本内容は、NHK「人名探究バラエティー 日本人のおなまえっ!【山田】」からのテープ起こしとなっています。


山田太郎と言うと、何となく「新聞少年」がデビュー曲のような気がしますが、デビュー曲は1963年の「清らかな青春」で、何と10枚目のシングルがこの「新聞少年」なんですね。



IMG_9222
今日は有楽町に出没です。
長崎ちゃんぽんのお店「桃園」の閉店の後に新店がオープンしていました。
そのお店とは「四条富小路 麺屋虎杖(イタドリ) 有楽町」さんです。

住所: 東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館 B1F
電話:03-3215-3955
定休日: ランチ営業、日曜営業

IMG_9224
お店の外観です。

IMG_9227
店内の雰囲気です。

IMG_9226
メニューです。

今日のオーダー「カレー担々麺」@780円です。
店内に入りますとホールスッタフさんのオペレーションがギクシャクしています。
いまだ慣れていないのですね。
IMG_9229
待つこと4分で「カレー担々麺」の到着です。
見た目美味しそうです。

それでは実食です。
IMG_0162
スープは熱々で結構ですが担々麺的な味わいではありません。
どちらかと申せばカレーラーメンです。
麺は細麺で表面積を少なくしていますがスープにパンチがないので中太麺でも良かったように思います。
まぁ不味からず美味からずです。
無料のご飯があったのが救いです。
この担々麺は日光の手前、即ちイマイチですね・・・

それでは(^_-)

高岡 庵

今日は「サービスが変わる」です。
市場占有率(シェア)分析手法の一つに米コロンビア大学のクープマン教授が提唱した「クープマンの目標値」論がある。73.9%以上の独占的シェアを獲得すればトップの地位は安泰で簡単に逆転されることはない。
41.7%の相対的トップシェアになればトップとしてほぼ安定。
ところが26.1%の市場影響シェアになるとトップの地位は不安定になり、19.3%になると拮抗状態に陥るという説である。高度成長期の時代から各業界で熾烈(しれつ)なシェア獲得競争が繰り広げられてきた。
しかし市場が成熟化し総量が伸びない今日、シェアを上げただけでは売上高や利益が必ずしも増加しない経営環境になってきた。
無謀なシェア競争は価格や利益を下げ、結果としてデフレを助長するものにしかならない。
これからの企業は何で競争優位性を築くべきであろうか。それは「新しい需要の創造」である。
人々の関心は「モノからコトへ」と言われて久しい。
家事の効率化や健康生活の実現をサポートする「ソリューションニーズ」、暮らしの楽しみや趣味の喜びを提供する「エンターテイメントニーズ」、個性豊かに自分らしく生きたい人を支える「パーソナライゼーションニーズ」等をオポチュニティ(機会)として捉え、これを業績向上につなげていく企業の力が必要である。
政府が進める成長戦略の成功のためには需給ギャップの解消が鍵となる。
賃上げなどで購買力を上げる努力が必要な一方、買いたい商品やサービスがなければ消費は動かない。企業が驚きと感動、意外性と納得性のある新しい商品やサービスを提供して需要を創造していくことが不可欠である。
日本経済新聞「需給ギャップの解消を」より転載

需給ギャップの解消ですか、何か潮目が変わってきましたね。
最近、長時間労働とか過重労働とか過労死とかそれの巣窟のブラック企業とかが悪の代名詞になってきました。
さら〜に、3Kの象徴である宅配システムが壊れ初めてきて、ヤマト運輸が業界に先駆けて荷物量の抑制や運賃の値上げを断行する手はずになっています。
一方で宅配サービスの最大需要国である米国は、即日配送が可能なのは都市部のみなのです。
時間指定は限られた地域だけで基本的に再配達はしていません。
large_043d19f6_b323_fd2e_9b23_a2572d0bcb6c-e1472527206403
米アマゾン・ドット・コムで生鮮食品を含む即日の時間指定サービスを利用するには年間3万円ほどかかります。
これが現在、ロボットやドローンに置き換える計画が進行しています。
かかる中、シリコンバレーの中心、パロアルトの目抜き通りでは、宅配ロボットベンチャーであるスターシップ社が一月前に路上試験を始めました。6つの車輪が付いた運送用ロボットが時速約6キロメートルで目的地を目指して運行していくのです。都市部の配達を機械配達に置き換える構想で、同社幹部は「人よりコストは安くなる」という事を確信して推進しています。
ちなみに、パロアルト周辺の運送員は一度ベルを鳴らすと箱を置いて立ち去るのがお約束みたいです。
受取人がいるかを確認はしない代わりに盗難されても報告すれば新しい製品が送られてくるそうです。
家具などの大型製品だけでなく数万円の家電製品も扉の前で放置されています。
盗難補償よりも再配達の時間の方のコストの方がかかるという合理的な計算で運営されているからです。
国土が広いため、きめ細かなサービスはどだい無理な話で、消費者もそれを容認している事から宅配危機は起こりえないとしています。

アメリカのオレゴン州のとある店舗では、私たちはどなたでもあってもサービスを拒絶する権利があります、という看板があるそうです。
このサービス拒否の流れはどうやら止まらないようです。
全体としての賃金が増えず消費も伸びていません。
長期のデフレ経済の下で内需型産業を中心に就業者の高学歴化が進行してきました。
その結果、増大した人的資本は付加価値を生む資本になりきれず、その高度化した能力はより高度なサービスを提供する中で無造作に使い果たされています。
役職に報酬が結び付いた仕組みの下での就業者の高学歴化が、賃金を上昇させる競争よりも過剰なサービスを供給する競争を生んできたのですが、この競争が機能しなくなったのです。
日本において、もはや「お客様は神様」ではなくなってきました。
これからは、いにしえの人が申していた、只より高い物はない、といことが身に染みてわかる時代になると思います。


バス移動中に目の前の車のタイヤがパンクしスリップする事故がおき、FWの選手達が車を持ち上げ動かし助けてあげた映像です。
NZでもサンウルブズが活躍しました!



IMG_9246

IMG_9245
今日は高岡に出没です。
今日は新規開拓です。
今日のお店は「庵」さんです。

住所: 富山県高岡市丸の内1-20
電話:0766-21-4433
定休日: 日曜日

IMG_9244
お店の外観です。


IMG_9234

IMG_9239

IMG_9241

IMG_9236
店内の雰囲気です。

IMG_9233
メニューです。

今日のオーダー「山かけざるそば」@950円です。
店内に入りますと大混雑です。
どうやら通りを隔てたところにホテルがあり、そこの宿泊客が利用しているみたいです。
IMG_9237
待つこと9分で「山かけざるそば」の到着です。

それでは実食です。
IMG_0163
あれっ、そばにコシがありません。
おろしは峻烈さがありません。
麺つゆは味醂がききすぎていて甘さを感じます。
不味くはありませんが、美味しいくもありません。
唯一美味しかったのは塩むすびです。
こんな日もあります。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ