下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

浅草 金龍山浅草餅本舗

今日は「新年初詣 其の弐」の話です
私たちの初詣は浅草の被官稲荷で決まりです。
その前に菩提寺で両親に新年の挨拶をしてからの浅草行きがルーティンなのです。
今日は副次的に私の浅草観光ガイドを奥様にチェックしてもらうという目的もあり、この為に年末から4時間睡眠でガイド資料を作っていました。
実はこの4時間睡眠が後で起きる悲劇の幕を開ける開演前のベルだったのです。
新年初詣編ではちがう悲劇の紹介となります。

神谷バー
ガイドの後半部を奥様に見てもらいまずまずのデキ合格合格合格との評価をいただきました。
これで邦人向ガイドは何とかなるかなと思った次第です。
外国人向ガイドはまだまだツボがわかりませんので更なる精進が必要です。

その後は浅草逍遥(ブラブラ散歩)です。
IMG_9028

IMG_9050

IMG_9030
浅草に念願の客イジリトルコ屋さんができました。
個人的にはこのしっつこい客イジリは好きではありません。
昔の浅草なら100%喧嘩になっていた事でしょう・・・・

IMG_9034

IMG_9005

IMG_9004
豆しば喫茶堂々の出店です。
店内は時間制なので入れないのですが、中をチラ見しましたら、店内には豆しばと戯れている方多数。
まさ〜に、癒しの空間です。

IMG_9037

IMG_9038

IMG_9041

IMG_90131
スマートボール
ここのところずーっと休んでいたのですが、正月だからですかねやってました。
このお店ではなかなか勝つのは難しくたんにノスタルジーでウケているのです。
ここで奥様とのスマートボール勝負となりました。
結果、奥様の圧勝です。

ここでブレイクタイムです。
少し小腹が空いたので、このお店の饅頭を頂きました。
今日のお店は「金龍山浅草餅本舗」さんです。

住所: 東京都台東区浅草2-3-1
電話:03-3841-9190
定休日:水曜日

640x640_rect_50460373
お店の外観です。

IMG_7656
あげまんじゅうです。
正しくは「あげまんじゅう」ではなく「浅草餅」ですから。
こしあんはあまり好きではありませんがここのあげまんじゅうのこしあんは高評価です。
このお店は「売切蒙御免」ですので早い日は15時くらいに売切れるので早めのお求めをお勧めします。

IMG_9006

IMG_9020

IMG_9024
ここから六区を逍遥(ブラブラ)しました。

IMG_9047
やっと初詣です。
先ずは三社の神様にお詣りしました。
しか〜し、これって神入れをしていないので単なるメタルギアなのかなとは思いましたが口には出しませんでした。

IMG_9048

IMG_9049
やっと信心する「被官稲荷」様にたどり着きました。
約40年間毎年毎年お詣りしてきましたが、ここのご利益効果は100点満点中80点です。
まずまずのパフォーマンスです。
後は自らの手で20点を埋めますか・・・
To be continued・・・

それでは(^_-)

浅草 R レストラン&バー 5th

今日は「新年初詣 其の壱」の話です
私たちの初詣は浅草の被官稲荷で決まりです。
その前に菩提寺で両親に新年の挨拶をしてからの浅草行きがルーティンなのです。
今日は副次的に私の浅草観光ガイドを奥様にチェックしてもらうという目的もあり、この為に年末から4時間睡眠でガイド資料を作っていました。
実はこの4時間睡眠が後で起きる悲劇の幕を開ける開演前のベルだったのです。
新年初詣編ではちがう悲劇の紹介となります。

閑話休題(お話は戻りまして)
まずはガイドの触りを画像で紹介しておきます。
まずは銀座線の歴史紹介の画像です。
e59e7e44-s

article_img_18032901_02

article_img_17101601_03

article_img_17101601_02

article_img_18032901_03

article_img_17101601_01


この土砂はこの地図の黒塗りカ所に持ち込まれて帝都の礎となったのであります。
埋め立て地

大正時代の東京は路面電車が主要な交通機関でしたが、渋滞による遅延が頻発しており、常に超満員の状態でした。1917年(大正6年)に早川徳次が東京軽便地下鉄道を設立し、1919年(大正8年)に免許を取得したのです。
その後、1920年(大正9年)に起きた戦後恐慌、1923年(大正12年)に起きた関東大震災によって資金繰りが困難となり、建設区間を短縮して東京一の繁華街であった浅草と国鉄のターミナル駅であった上野の2.2kmを建設することになったのです。
1925年(大正14年)に着工し、1927年(昭和2年)12月30日に東京地下鉄道の浅草駅が開業しました。
開通初日は始発前から乗客が各駅に殺到して約10万人が利用したという観光名所と化したのです。

という事でガイドを始めて半分が終わった頃にランチタイムになりました。
そこでカメラ(スマホ)がないのに気がついたのです。
カメラはどうやら車の中に置き忘れてしまったようです。
車は浅草から近隣にある私たちの墓地の駐車場においてあるのです。
そこは檀家であれば檀家証明書をボンネットに置いておけば終日駐車は可なのであります。
普通なら走って取りに帰るところですが、この日は鼻炎をこじらせていた事もあり、タクシーで取りにいってそそくさと奥様が待っているレストランに戻ったのです。

という事でランチです。
今日のお店は「「R レストラン&バー」さんです。

住所: 東京都台東区雷門2-16-11 ザ・ゲートホテル雷門 13F
電話:03-5826-3877
定休日:年中無休

IMG_9056

IMG_9055

IMG_9066
店内の雰囲気です。

IMG_9057
メニューです。

今日は二人とも「鮭のポワレ 柚子クリームソース サフランリゾット添えのランチセット」@1,980円です。

IMG_9058
座るやいなやテーブルセットが到着しました。

IMG_9063

IMG_9065
パンが到着しました。
ここのパンは私のお気に入りです。
ホテルブレッドはレベルが高くて大好きです。
勿論のロン、バターでいただきます。
美味しいなあ〜であります。


IMG_9062
続いて「ハーブ鶏と揚げ舞茸のサラダ バジル&パルメザンドレッシング」の到着です。
ハーブ鶏が美味しいです。
バジルソースが秀逸です。
高評価です。


IMG_9067
続いて「鮭のポワレ 柚子クリームソース サフランリゾット添えのランチセット」
見た目上品な仕上がりです。
それでは実食です。
個人的にはもうひとひねりが欲しいところですが無難に纏めています。
サフランリゾットは高評価です。

IMG_9069

IMG_9070
食後の珈琲を飲んでいましたらゼネラルマネージャーが私たち夫婦を認めて新年の挨拶に手拭いをもって参りました。ありがたいことです。

IMG_9061
雷門の雑踏を見ながらまったりとしていました。
To be continued・・・

それでは(^_-)

続 神田 神田錦町更科

今日は「嘘は罪」の話です
108341
この曲「t's A Sin To Tell A Lie」は日本では「嘘は罪」という曲名で親しまれている大変美しい3拍子のラヴ・バラード曲です。パット・ブーンは1960年にリリースしています。
歌詞は以下の通りです。
Be sure it’s true when you say “I love you”
It’s a sin to tell a lie
Millions of hearts have been broken
Just because these words were spoken
あなたが「愛してる」って言うのは本当なの
嘘をつくのは罪深いことなのよ
今までどれだけの人が傷ついてきたことか
この言葉が囁かれたせいで 


I love you, yes, I do, I love you
If you break my heart I’ll die
So be sure it’s true when you say ”I love you”
It’s a sin to tell a lie
あなたを愛しているわ えぇ、本当に愛しているわ
もし あなたが裏切ったら死んでしまうわ
だから 「愛してる」って言うのは本当に確かなの
嘘をつくのは罪深いことなのよ

「Dose time flow slowly in the sea?」blogより転載

このヒット曲「嘘は罪」の歌詞はいかに男女が恋愛において騙し合いをしているかを反面的に証明しています。
この短い歌詞からも恋愛から結婚がいかに大事業であるかを想像するのは難くありません。
昔の一番羨ましがられる就活は結婚でしたから当時の女性の結婚願望は今と同じようには論じられません。
例えて申せばエベレスト山のいただきと上野の山程の違いがあります。
現在の女性は、男女雇用機会均等法で就活の機会が太平洋の様に大きく拡がり且つ会社内ではマリッジハラスメントやマタニティハラスメント等のコンプライアンスの強化によりウィミンフレンドリーの環境が醸成されています。
家族であればその全てを知っているのですが恋人ですと彼の全容のどこまでを知っているのかと申せばどなたも正確には答えられないでしょう。
これは結婚が誤解と錯覚で構成されているという大きな理由であります。
さら〜に、自らの両親が不仲だったとすると結婚の虚構性には子供心に気がついているはずです。
具体的には、うちの両親は恋愛期間がほとんどなかった若しくは恋愛なし(政略結婚等)で結婚したに違いないと臆断しているはずです。
まして年端がいって計算してみると自分が「できちゃった婚」の産物だったとするとワンナイトラブの精算手段としてこの世に生まれたのかと悲嘆の嘆息に明け暮れる事でしょう。
上記はextremely rare(極めてマレ)なのでそのようにご笑納ください。

3-3-0-12_04
いずれにしましても結婚とは氷山同志のむすび付きなのです。
氷山として見えている事はステキかもしれないけれど水面下に隠れている部分はお互いのミステリアスゾーンなのであります。
まして女性は化粧で素顔を磨き上げているのでこの分だけでも水面下の部分なのです。

3-3-0-12_07
それゆえに婚約が決まった女性の多くは、結婚する前と後の区切りをはっきりさせたい、とか、あらかじめお互いの役割分担を明確にしたい、など暗黙の了解を明文化したいのでしょう。
那辺は今の私と結婚した後の私は違うことくらいわかっているわよね、という初心表明でもあります。
そんなに結婚が面倒くさいなのなら同棲でいいじゃないという考えもありますがこれは圧倒的に女性が不利です。
もしも、2人の間で金銭的なトラブルやもめ事が起きても正式な夫婦でなければ、社会的な保障はありませんし結婚と違い、嫌になったらすぐ別れられるということは、何かが起こった際は全て自己責任になるという覚悟が必要でもあります。
それでは結婚というものは幸福実現の手段なのかと申せば何が幸せと感じるかは人それぞれであり難しいところでもあります。
大切なのは自己満足です。
自分が満足してはじめて幸せだと感じることができます。
自分の望み通りになれば幸せと感じますよね。望み通りになるということは、望みがあるということです。
それは自分の考えがあるということです。
自分の考えがある人は相手にも考えがあることがわかります。
ここにwin-winの考えが要求されるのです。
例えて申せば、悲しい事もつらい事もいつまでも分け合っていこう。
そして喜び幸せは倍にしていこう、という事に尽きるのではないでしょうか。
結婚の幸福感は人それぞれです。
それゆえにラスト10マイル頃になりましたらこの共同事業が満足できたものだったかどうかが判断できることでしょう。
結婚というものはまさに徳川家康ではありませんが、人の一生は、重荷を負うて遠き道をゆくがごとし、なのであります。


さがそう!オンナの気配



IMG_2537 (2)
今日は神田に出没です。
今日のお店は「神田錦町 更科」さんです。

住所: 東京都千代田区神田錦町3-14
電話:03-3294-3669
定休日:土曜夜・日・祝

IMG_8829

IMG_8838

IMG_8828
お店の外観です。

IMG_8833
店内の雰囲気です。

IMG_8831
メニューです。

今日のオーダー「しょうが天ぷらそば」@1,200円です。
週二回のブログアップになりそれ故に季節感がずれています。
今日はまだ帝都のクリスマス前であります。
あいすみません。

IMG_8832
閑話休題(お話は戻りまして)
座るやいなや熱いお茶が到着しました。

IMG_8834
待つこと5分で「しょうが天ぷらそば」が到着しました。
今日は木枯らしが吹き荒れていますので温かいそばが食べたかったのです。
見た目美味しそうです。

IMG_8835
それでは実食です。
更科蕎麦は、そばらしい香りが少ない一方で、ほのかな甘みがかった味わいと、のど越し際立つ食感は際立つものです
今日の白眉はしょうが天麩羅です。
カラッと揚がっていて且つこのしょうが天麩羅は辛いのです。
すごく美味しいですし食べている間に身体に温まっていく感が広がっていきます。
後半は熱量を増やすために大量の唐辛子を投入しましたら汗がでてきました。
これでしょう、寒い時の食べ物は。
ご機嫌なランチでした。

それでは(^_-)

新橋 カフェテラス ポンヌフ 4th 

今日は「相対的貧困」の話です
motherandchild
高校の同級生が民生委員をやっています。
ある時LINEで「相対的貧困」について教えてくれました。
「相対的貧困」とは、世帯の所得がその国の等価可処分所得の中央値の半分に満たない状態のことです。
OECDの基準によると、相対的貧困の等価可処分所得は122万円以下、4人世帯で約250万円以下(2015年時点)です。母子・父子家庭を意味する「ひとり親と未婚子のみ」の相対的貧困率が他世帯構造と比べて高い事が統計として証明されています。
もちろん、その家庭で暮らす子どもも「相対的貧困」に含まれます。
子どもの貧困率は「平成28年国民生活基礎調査」によると13.9%、実に7人に1人の子どもが貧困だと分かりました。
ひとり親の場合、貧困率は50%を超えます。10代後半〜20代前半の若者、70代以上の老人、そして母子・父子家庭(子ども含む)。この3つの層に、相対的貧困が多くいると言えるでしょう。
分かりやすく申しますシングルマザーとファザーの家族に多いのです。

なぜシングルマザー・ファザーが多くなっているのでしょうか。
そもそも結婚というものは異性同士で性格も育ちも躾も、好みも趣味も価値観も、全てが異なるカップルが、一時の情熱にかられて狭い家に一緒に棲むことです。
その結果、当然のことながら2人のあいだにさまざまな不満や違和感が生じてくるのです。
多くの夫婦は、それらを互いに我慢したり、ときにはイサカイを起こしたり、ある時は改め、ある時は妥協したりしながら結婚生活を続けていきます。
しかしこういう状態が長く続くと、お互いのなかに小さな不満や苛立ちがボディブローのように溜まっていくのです。
夫婦感で面倒くさいのは、イサカイの多くは根幹的な問題ではなく、理屈ではない感じ方というか感性の問題なのです。我が家で申せば、風呂の掃除の仕方みたいなものです。
最終的にはお風呂がキレイになれば良いのですが、その掃除のプロセスにどちらかがこだわりを持っていると、そのコダワリの是非で揉めるのです。
一般的に、男性(含私)はこだわりをもっていませんので、即座に女性に屈服します。
その裏返しで、例えば飲酒の仕方などでは男性は強いコダワリを持っています。
ところがこの感性がシャープで神経質な方は「どうでもよい」ではすまなくなり、子供▲人くらいは育てみせるわ、若しくは、育ててみせるぜ、という事で安易に離婚に走るのです。
しか〜し、その実態は「相対的貧困」として顕在化してしまうのです。
いずれにしても結婚というものは相互理解をベースにした永い寛容の歴史なのです。

9fb6c13dda1133
よく老後に結婚の幸せを口にしたり、若しくは「あなたと一緒で良かったわ・・・」としみじみ言われたりするのは、それは永い忍耐及び自己犠牲に対する自己称賛なのです。
このように「幸福な結婚」とは一朝一夕ではできないものなのです。
まさに「ローマは一日にして成らず」でありますが忍耐・寛容・理解の果てには誰でも「幸せの帝国ローマ」に暮らす事ができるのです・・・


息を飲む絵の美しさ「君の名は」



IMG_7818

IMG_7819
今日は汽車ポッポの街新橋に出没です。

IMG_7821

IMG_7822
今日のお店は「カフェテラスポンヌフ」です。
このお店の名前の「ポンヌフ」とは、フランス語で「新しい橋=新橋」ということらしいですよ。

住所: 東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館1F
電話番号:03-3572-5346
定休日:日曜日 

IMG_7823

IMG_7830
お店の外観です。

IMG_7824
メニューです。

今日のオーダー「ハンバーグサンド+手作りプリン+珈琲」@1,150円です。

IMG_7826
待つこと1分とテーブルセットとお水が到着しました。

IMG_7827
待つこと7分で「ハンバーグサンド」が到着しました。
見た目ハンバーグがみっしりと入っています。

IMG_7828
それでは実食です。
ハンバーグはそれなりに美味しいですが私の好みではありません。
ケチャップがツーマッチですね。
味が良くわからなくなりました。

IMG_7829
食後の手作りプリンと珈琲です。
プリンは火が入りすぎて固めです。
これも好き好きですが私の好みではありません。
珈琲で救われました。
こんな日もあります。

それでは(^_-)

石神井公園 辰巳軒 24th

今日は「失ってから気付くこと」の話です
yjimage
「道」という映画を観ました。
以下はWikipediaからのアラスジの紹介です。
旅芸人のザンパノは芸の手伝いをする女が死んでしまったため、その姉妹のジェルソミーナをタダ同然で買い取った。粗野で暴力を振るうザンパノと、頭が弱いが心の素直なジェルソミーナは一緒に旅に出る。
道化の格好で芸をするジェルソミーナ。
新しい生活にささやかな幸福さえ感じていたのだが、ザンパノの態度に嫌気が差し、街へと逃げていく。
そこで陽気な綱渡り芸人イル・マット(ただし映画の邦訳では名前が出てこない)に出会う。
ジェルソミーナはザンパノに連れ戻されるが、イル・マットのいるサーカス団に合流することになる。
イル・マットはザンパノと古くからの知り合いらしく、何かとからかってザンパノを逆上させる。
ある日、我慢の限界を超えたザンパノはナイフを持って追いかけるのだが、その行いで逮捕されてしまう。
イル・マットはサーカス団から追放され、ジェルソミーナに助言を与え去って行く。
翌日、ジェルソミーナは釈放されたザンパノを迎え、2人だけで芸をする日々をすごした。
しかし後日、ザンパノは故障した自動車を直す綱渡り芸人を見かける。
仕返しする機会を待っていたザンパノは綱渡り芸人を撲殺する。
ジェルソミーナは、綱渡り芸人の死に放心状態となり、なきがらのそばから離れようとしなかった。
ザンパノは、大道芸のアシスタントとして役に立たなくなったジェルソミーナを見捨て、居眠りしている彼女を置き去りにして去ってゆく。
数年の時が流れ、見知らぬ海辺の町に立ち寄ったザンパノは、耳慣れた歌を耳にした。
それはジェルソミーナがよくラッパで吹いていた曲だった。
ザンパノがたずねると、ジェルソミーナと思われる女が、しばらくその海岸を放浪していたが、誰にも省みられることなく死んでいったという。
海岸にやってきたザンパノは、絶望的な孤独感に打ちのめされ、ひとり嗚咽を漏らすのだった

そして以下はこの映画を観られた Fredrich Engelsさんの コメントです。
ジェルソミーナを演じるのは、ジュリエット・マシーナだ。
とても可愛らしい顔をしていて、くるくると表情が変わる。
少し頭が足りないけれども、純真無垢そのものの目に引きつけられる。
そのみごとな演技には舌を巻く。
若い綱渡りの男が、この世のどんなつまらないものでも何かの役に立っている。
この足下の石ころだって、とジェルソミーナに語る。
ジェルソミーナは勇気づけられ、ザンパノと共に生きてゆこうとする。
アンソニー・クインが、その鎖切りの大道芸人ザンパノを演じる。
馬鹿力だけのじつに野卑にして無骨な男で、絶えずジェルソミーナを虐める。
だが彼女を捨てて逃げたザンパノは、はるかな後年、聞き覚えのあるラッパの音に浜辺で泣き崩れる。
ザンパノは既に衰え、彼女は亡くなっていた。
粗暴な男の孤独感と後悔の念は果てしない。
魂を揺さぶられるようなラストシーンだったのを憶えている。
二人の神がかった迫真の演技に驚嘆する。
監督のフェリーニは、妻ジュリエット・マシーナのためにこの映画を作ったと云う。

この映画を観て久々に涙が止まりませんでした。
本当に大事なものを失くしてしまったような喪失感で身体が震えていました。
この映画が描く男女の姿が寄り添うというものの原点なのかもしれません。
幸せというのは失ってから分るものです。
世の中には失ってから気付くことは多くあります。
なぜ、人は失わないと気付くことができないのでしょうか・・・
これは、全てが当たり前と思う傲慢さが原因だと思います。
今あるものが当たり前で、永遠に続くものだと勘違いしてしまいるからなのです。
永遠だから軽んじるのでしょう。
しか〜し、人間は有限の命なのを知っているのにもかかわらず、ついつい大事な人に優しさや思いやりに欠ける言動や行動をしてしまうのです。
今一度、自分を幸せにしてくれるものは何なのか、生きる上で大切なものは何なのか、真剣に考えませんと、それは人生に対してあいすまぬ怠慢と言わざるを得ません。
そんな事を強く感じさせてくれた映画でした。

映画の名シーン「道」



IMG_8129

IMG_8131
今日は神っているバスのすれ違いを見せる石神井公園に出没です。
今日はドライカレーを食べたかったのです。
という事で今日のお店は「辰巳軒」さんです。

住所: 東京都練馬区石神井町3-17-20
電話:03-3996-0425
定休日: 木曜日・水曜日も隔週であり

IMG_8132
お店の外観です。

IMG_8134
店内の雰囲気です。

IMG_8133
メニューです。

今日のオーダー「ドライカレー+目玉焼き」@600+@100=700円です。
ここのところこのお店は超満員で入れなかった事が多かったのです。
今日はリベンジです。
なんか今日は空いていますね(笑)

IMG_8135
座るやいなやお水が到着しました。
これで私の夕食のゴングがなるのです。

IMG_8136

IMG_8137
待つこと7分で「ドライカレー+目玉焼き」が到着しました。
どこから見ても美味しそうです。

IMG_8138

IMG_8139
具材は鶏肉、海老、ネギ、ピーマン、玉ねぎ、グリーンピース、紅色の福神漬とドライカレーに必要な選手がフル出場しています。。
玉子を割ってトロ〜リと黄色い溶岩が流れたらそれにお醤油を数滴たらしてから実食です。
ご飯の炒めが最高です。
カレーの辛さは少し辛いですがこれが私のフェイバリテであります、
たまに箸休めで清湯スープを頂きますがこれまた絶妙な味わいです。
本当に美味しいです。
このようなコスパのよい料理を創って頂くご主人に深甚なる謝意を捧げます。
ご主人は高齢ではありますが末永く美味しい料理を作り続けてください。

それでは(^_-)

中華街 蘭州牛肉拉麺

今日は「入学手続ができない」の話です
私の元部下の娘さんの大学入学が内定しました。
と申しましても内部進学ですので特段の喜びはありません。
しか〜し、入学手続きをしなければなりません。
最近の入学手続きはWEBで行います。
普通このような事は早くやればよいのですが、なぜかこの家族はギリギリ、正確にもうしますと期限の二日前に娘さんではなく彼が行ったのでした。
彼は遅れた理由を色々と述べていましたが、私的には期限があるものには定点観測をすればよいだけなのですがなんでこの様な期限管理ができないのでしょうか。
このような話をランチを食べながら聞いていましたら、彼が私に話したい問題はそこではありませんでした。
なななんと大学入学の利用者のメアド登録ができないのです。
まさかの坂であります。

申込
上記がその画面です。
この時、私はiPadを持っていたので、自らもやってみました。
メアド、受験番号、氏名、生年月日を入力してみましたがこのサイトには入れませんでした。
数回やってみましたがサイトには入れませんでした。
メアド、受験番号、氏名、生年月日は間違えようがありません。
唯一気になったのが彼の娘さんの名前は安奈とかいてアンナではなくてアナと呼ばせます。
登録の際に自動変換でアンナとなっていたのかもしれません。
若しくはこの中で変動するのは受験番号です。
これとて00043597と普通の洋数字ですので間違いようがありません。
彼は「心ここにあらず」です。
それはそうでしょう。
このままですと彼の娘は大学に入学できないのですから。
午後から早退してこの問題の解決に当たったのでした。
夕方、彼から私にラインが入りました。
その中身を確認しますと受験番号を間違えていたみたいです。
彼が記録していた番号は00043597で正しい番号はO0043957なのでした。
要は先頭の文字は数字ではなくてアルファベットのオーだったのであります。
私は思いました。
それならそのような注意書きを書いておくとか、そもそもそのような紛らわしい採番ははなから外すべきです。
彼には言いませんでしたが、このような配慮ができない大学に入っても良いことはなだいだろうなと思った次第ですがまずは「桜咲く合格です」のでおめでとうと返信しておきました。


【デモリションマン】 トイレに紙がなかった 【吹替え】



IMG_8153

IMG_8154
今日は中華街に出没です。
このお店はつい最近「孤独のグルメ」でフィーチャーされておりました。
その影響か開店が11時半なのに寒風吹き荒れる中華街の路上でこのように沢山の人が10時半から並んで1時間待つ試練に耐えています。
アタマ下がります。
お風邪など召しませぬように・・・

IMG_8171

IMG_8155

IMG_8156
という私もミーハーなのです。
今日のお店は、最近、メディアでよくフューチャーされる57画の漢字が使われているラーメンを供するお店です
今日のお店は「蘭州牛肉拉麺」さんです。

住所: 神奈川県横浜市中区山下町139 ケンビル 1F
電話:080-5077-7868
定休日:木曜日

IMG_8170

IMG_8160

IMG_8159
お店の外観です。

IMG_8164
店内の雰囲気です。

IMG_8161 (2)
57画の漢字の書き方です。

IMG_8162
メニューです。

今日のオーダー「辛口びゃんびゃん麺」@968円です。

IMG_8166
待つこと9分でお水が到着です。
グラスの中にゆらゆらと白いものが浮き沈みしています。
グラスの洗浄が悪いなと思って顔をしかめていたら、お店の方がそれに気がついて、これはレモン水です。
白い粒はレモンの果実ですからお気になさらないでください、と言われてほっとしましたが、最初からそのように説明してくれればと思いました。

IMG_8167
待つこと12分で「辛口びゃんびゃん麺」の到着です。

IMG_8168

IMG_8169
為念、びゃんびゃん麺を拡げてみました。
かなり縦横ともども長い麺です。
それでは実食です。
豆モヤシ、挽き肉唐辛子炒め、チンゲンサイ、油たっぷりのタレの中からびゃんびゃん麺を引きずりだしていただきます。コシがありますがこれだけ面積がありますと麺とスープの一体感がなくて後半飽きてきます。
辛さのパンチ力もイマイチですしスープも訴求力がありません。
これは好き好きです。
個人的には「一度だけなら♪」のびゃんびゃん麺でした。

それでは(^_-)

京都 出町ふたば

今日は「2019年秋の京都 其の四」の話です
恒例の秋の京都も数えること12年目を数えました。
春秋通産しますと24回になります。
継続は力なりとはまさにこの事であります。
今日は二日目の「秋の京都の其の四」です。
天気予報では今日は絶望的な雨でしたが私たちの行いがよかったみたいで天気はすっきりではありませんが回復してきました。
今日は最終回です。
画像主体ですが宜しかったらお付き合いください。

#元気のある商店街「出町商店街」
IMG_8444
美味しいおばんざいを堪能した私たちは家族のオミヤを買いにとあるお店に出向きました。
道すがら出町商店街を通りました。
なんとも元気のある商店街であります。

IMG_84451
いきなりコシが抜ける程驚いたのはこの魚屋さんでは「てっさ」を売っているではありませんか、マジですか。
まさかの坂です。
「てっさ」とはふぐ刺しの「てっさ」は「てっぽうの刺身」を短縮したものです。
ふぐの刺身は高価なものですし且つふぐ処理には限られた資格保有者が必要という点からもさりげなく商店街の魚屋さんで置かれているとは驚きです。

fugu-fugusasi02
ふぐ刺しは確かに美味しいです。
その為にふぐ刺しを食す際には、ゆっくりと口の中で絶妙なハーモニーを感じながら味わわなければなりません。
きっとふぐに秘められた、奥深い味わいにどなたも魅了されることでしょう。
それにしても寺町の方々が旨味溢れるふぐ刺しを求め続けてきた結果、このようにさりげなく店頭に置かれているのでしょう・・・

IMG_8446
一瞬ここは「アメ横」かと思わせた八百屋さんです。
満艦飾(まんかんしょく)の店頭のみかんは楽しめました。

IMG_8450
京都大丸ではこの「阿闍梨餅」を求める観光客で長蛇の列ができています。
しか〜し、寺町商店街ではこの程度の行列です。
我が家では「阿闍梨餅」を食べ飽きたので求めませんでした。

IMG_8451

羊羹
その代わり、京納言を求めました。
これは甘さがトロリとしていて絶品です。
小豆本来の風味が好きな方にお勧めです。

IMG_8452
天麩羅屋「天鈴」さんです。
トリ天、スルメイカ天、ホタテ天がさりげなくショーケースにおいてある懐の深さには感動しました。
正直申して買って帰りたかったのですが、隣の方が反対すると思って見送りました。
下町にはかつて天麩羅屋さんはありましたが、いまでは絶滅となっております。

IMG_8453

IMG_8454
満寿形屋(ますがたや)
このお店も行列です。
本当はうどん屋さんです。
しか〜し「鯖寿司」が本/7,000円ですと・・・
これも買って帰りたかったのですが、これまた隣の方が反対すると思って見送りました。
近所の小学生の、いつも新鮮で美味しい鯖寿司を作ってくれてありがとう、という店頭に貼ってあったファンレターを見てこれまたホンマモンのお店何だろうなと臆断しました。
今度来ましたら、このお店の「松茸うどんと鯖寿司セット」を食べましょう、と日記に書いておきました。

IMG_8448

ads-8456_1_orig
井上呉服店
一生に一度の特別な記念日。
明治、大正、昭和初期の貴重なアンティークの品をレンタルさせていただきます
百年続く京町家にて最高の思い出作りをお手伝いします、というのがこのお店のキャッチです。
ここも京都ならではのお店ですね。

IMG_8455

IMG_8456

IMG_8457

IMG_8458
そして私たちのオミヤを求めるお店です。
今日は行列が短いと思い列の最後尾に着いたのですがそれでも求めるまで30分かかりました。
今日のお店は「出町ふたば」さんです。

住所: 京都府京都市上京区出町通今出川上ル青龍町236
電話:075-231-1658
定休日:火曜・第4水曜 (祝日の場合は翌日)*お正月休みは長めです

IMG_8459
IMG_8494
ここの豆餅を頂くのは今回で3回目です。
食べる回数が増えるのに比例して口が慣れてきたみたいです。
最初の美味しさの感動は希釈されてきました。
確かに群を抜いた美味しさでありますが和菓子は和菓子です。
多忙の中の京都観光ではこのお店は卒業させていただきます。
それでもこのオミヤを食べた我が家の次男は大絶賛していたことを申し添えます。

#下賀茂神社
img03-map

IMG_8460

IMG_8461

IMG_8462

IMG_8463
下賀茂神社は再訪なのでゆったりっと境内を散策しました。
紅葉はイマイチでした。

IMG_8464

IMG_8466

IMG_8465
河合神社は女性の美麗を守る神様です。
参拝客はほとんど女性で占められていました。

IMG_8469
相生社の真横にあるご神木「連理の賢木」は2本の木が途中から1本に結ばれているという、まさに縁結びの神様のパワーを授かったご神木です。
この画像をみてほしいのですが、2本の木が本当に繋がっていますでしょう。

IMG_8468
相生社は縁結びのパワースポットです。
結ばれたいカップルはこのように紐を引っ張るのです。

IMG_84771
この方は既に結婚されているみたいでご主人が、なんで今さら引っ張るんだ、とブツブツ言っておられましたが問答無用で紐を引かせていました。

IMG_8470
この夫婦の将来はこのようになるのではないでしょうか・・・

IMG_8475
下賀茂神社での参拝が終わり次が最後の観光地です。

#旧三井家下賀茂別邸
IMG_8479
三階建ての主屋の望楼が印象的な三井家旧下鴨別邸の主屋はもともと木屋町三条にあった木屋町別邸を移築したもので、望楼(二階、三階望楼は通常時は非公開)からは大文字山など東山の眺望や周囲の町の景色が楽しめます。
この旧三井家下鴨別邸は、戦後国に譲渡された後、長らく京都家庭裁判所所長宿舎として利用されてきましたが、平成23年に重要文化財に指定され、京都市などによって修復が進められた後このたびはじめて一般公開されることになったという事で訪れました。

IMG_8481
高精細複製の伊藤若冲「樹花鳥獣図屏風」です。
この場所でこのような名画が見られるとは感激です。

IMG_8489

IMG_8488

IMG_8480

IMG_8482

IMG_8483

IMG_8484

IMG_8486

IMG_8487

IMG_8490
なかなか見応えのあるお屋敷でした。
紅葉はいまちでしたが・・・

ということで雨に降られたのは石清水八幡宮に行くまでで済みました。
京都はなんど来ても良いところです。
今回はホテルレストランのレベルの高さをあらためて知ったのでこれからのディナーはホテルに移行します。
奥様から春の京都のリクエストが出ましたので帰宅してからホテルを予約しなければなりません。
夫婦だから気がねしないで好きなところに行けるのがこの旅の魅力です。

IMG_8491

IMG_8493
次回は25回目の京都です。
という事で京都タワーにしばらくのロンググッバイを言ってから車中の人になりました。

それでは(^_-)

京都 よしくら

今日は「2019年秋の京都 其の参」の話です
恒例の秋の京都も数えること12年目を数えました。
春秋通産しますと24回になります。
継続は力なりとはまさにこの事であります。
今日は二日目の「秋の京都の其の参」です。
天気予報では今日は絶望的な雨です。
神様は昨日の私たち夫婦の行い次第では今回に限り回復していただけるとの事でしたが果たして私たちはどのような恩寵(おんちょう)を頂けるのでしょうか・・・
画像主体ですが宜しかったらお付き合いください。

#ベトナムの朝
朝、どろんとしたカーテン越しの明かりで目を覚ましました。
ベッドから起き上がり、カーテンを少し開けて天空をにらみますと、絶え間なく降りしきる雨が両の眼に飛び込んできました。24回に亘る京都旅行で初めての雨の旅行がこれで決定しました。
天よ、私たちを見放しましたね・・・
悩んでいても仕方がないので朝食に出向きました。

IMG_8395

IMG_8381
今日はベトナムの朝食です。
ホールスタッフもベトナム人が多く、気分はホーチミンのホテルです。


IMG_8391

IMG_8384

IMG_8385

IMG_8386

IMG_8388

IMG_8389
朝食はフォー(米麺)、ベトナムのローカルスイーツのチェー、フルーツとミルクでシブく纏めました。
みんな美味しかったですよ・・・

#石清水八幡宮
ph02
厄除開運、必勝祈願、日本三大八幡宮の一つである石清水八幡宮へは傘を強くたたく雨をかき分けながら出向きました。

IMG_8397

IMG_8398

IMG_8399

IMG_8402

IMG_8403
石清水八幡宮にはケーブルカーで登ります。

IMG_8407
石清水八幡宮に着きますと最初の通過点である東総門は雲の中です。

IMG_8414

IMG_8409
境内に入り御社殿で参拝を済ますと奇跡が起きました。
低く垂れこめた灰色の雲の中から幾筋かの陽光が現れたのです。
どうやら天気が回復してきたようです。

それでは石清水八幡宮の紅葉を一挙公開します。
IMG_8415

IMG_8419

IMG_8420

IMG_8421

IMG_8425

IMG_8427

石清水八幡宮を後にした私は紅葉情報を基に次の観光地を下賀茂神社に決めました。
IMG_8396

IMG_8429

IMG_8430

IMG_8428
ケーブルカーで降りて次の目的地である出町柳に向かいます。

出町柳に着きました。
この街は食べるところが少ないのです。
しか〜し、美味しいもの食べませんと京都に来たい意味がありません。
そこでおばんざいのお店にしました。
ここの板長は、京都の老舗料亭「京大和」や「ホテル・オークラ東京」で修行を積まれた方なので腕は確かです。
今日のお店は寺町「よしくら」さんです。

住所: 京都府京都市上京区寺町通今出川下ル真如堂前町102
電話:075-256-3700
定休日:火曜日

IMG_8442

IMG_8433
お店の外観です。

IMG_8437

IMG_8441
店内の雰囲気です。

IMG_8434
メニューです。

今日のオーダー「日替定食(野菜・鱚天麩羅)」@1,570円です。
店内はジモティとジモティが帯同した観光客で込み合っていました。

IMG_8435

IMG_8438
板長から、料理ができるまで時間がかかりますのでお惣菜を召し上がっていてください、と言われたので積極的に食べにいきました。

IMG_8436
全て美味しいですが、私のNO.1はがんもの炊き上げです。
がんもってこんなにも美味しく炊けるのですね。
ほんまにまったりした上品なお味どすなであります。
奥様と私はこれだけで京都の味を堪能してしまいました。
脱線しますが京都ではがんものことを「ひりょうず」といいます。
ポルトガル語の 「filhos」から来た言葉のようです。

IMG_8439
しばらくして「日替定食(野菜・鱚天麩羅)」が到着しました。
天麩羅の衣の色でわかります。
これは美味しいでしょう。

IMG_8440
それでは実食です。
個人的にはかぼちゃの天麩羅に座布団×1枚です。
これは突き抜けた美味しさです。
白眉はごはんです。
こんなにも甘くて美味しいごはんは食べた事がありません。
板長さんに聞きますと、お米は京都美山産のものを使っていますが、美味しいのはガス釜の一升炊きだからですかね、と照れていましたが、私たち夫婦は大絶賛していました。
大満足なランチでした合格合格合格合格合格

それでは(^_-)

京都 皇家龍鳳

今日は「2019年秋の京都 其の弐」の話です
恒例の秋の京都も数えること12年目を数えました。
春秋通産しますと24回になります。
継続は力なりとはまさにこの事であります。
今日は「秋の京都の其の弐」です。
画像主体ですが宜しかったらお付き合いください。

#永観堂
IMG_8294

IMG_8295
京都御所の西側に鎮座する護王神社です。
平安京の建都に貢献された和気清麻呂公をお祀りしている神社であります。
足腰の守護神として広く崇敬されており、境内の狛猪に因み「 いのしし神社」とも呼ばれ親しまれています。

丸太町からはタクシーで次の目的地である「永観堂」さんに向かいました。
京都通としては秋の紅葉はここが頂点ですね。
昔は無料で入れたのですが、ある年から有料になったのです。
ここの住職が偉いのはこの拝観料でイロハモミジ、 オオモミジなど約3000本の紅葉樹の肥料を定期的に変えるなどして植木のメンテナンスをしているようです。
だからちょっと離れた南禅寺の紅葉とはかけ離れた色合いを見せる事ができるのです。
それでは京都NO.1の錦繍を一挙公開します。
IMG_8317

IMG_8298

IMG_8299

IMG_8300

IMG_8301

IMG_8302

IMG_8303

IMG_8305

IMG_8305

IMG_8306

IMG_8307

IMG_8308

IMG_8309

IMG_8310

IMG_8311

IMG_8314

IMG_8316

IMG_8318

IMG_8319

#ロームイルミネーション
IMG_8322
水路閣でお互いのスナップを撮り、こここを後にした私たち夫婦は次の催行地ロームイルミネーションまで地下鉄と
タクシーで移動しました。

86万球の輝きに、みなさまへの感謝をこめて。
京都市最大級、まばゆいイルミネーションの輝きにこころ踊る瞬間。
この冬も「光と音楽」で幻想的なひとときをお届けします。
上記はロームのHPからの引用です。
このイルミネーションショーは冬の定番となってきました。
それではロームイルミネーションを一挙公開します。
IMG_8337

IMG_8335

IMG_8336

IMG_8324

IMG_8327

IMG_8331

IMG_8332

IMG_8333 

という事でディナーです。
今日のデイナーはホテルです。
今日のお店はリーガロイヤルホテル内にある「皇家龍鳳」さんです。
IMG_8345

IMG_8342 

住所: 京都府京都市下京区東堀川通り塩小路下ル松明町1 リーガロイヤルホテル京都 B1F
電話:075-341-1121
定休日:無休

IMG_8346
お店の外観です。

IMG_8347
店内の雰囲気です。

IMG_8348
ニューです。

今日のオーダー「口福デイナー」@7,260円です。

IMG_8349
待つこと1分でテーブルセットが到着しました。

IMG_8353
まずはお疲れ様乾杯です。

IMG_8354
広東式前菜盛り合わせです。
色彩が良いです。
この前菜は全てが美味しいです。
白眉はチャーシューです。
ゼラチンのトロミがたまらない味わいでした。

IMG_8357
蟹肉入りフカヒレスープです。
これは鐵板の味わいです。
蟹肉が甘くてご機嫌でした。

IMG_8361

IMG_8362
三種海鮮のXO醤炒めです。
これは今日のNO.2です。
海老とイカがプリンプリンしています。
味付けも過不足なく調理人の技量の高さを表しています。
美味しいです。

IMG_8363

IMG_8365
牡蠣のチリソースです。
牡蠣の揚げ方が最高です。
エッジのカリカリの部分がこのチリのトロミと絡んでまさに口福の味わいです。
今日のNO.1です。
令和で食べた中華料理でこれが絶巓であります。

IMG_8366

IMG_8368
豚バラ肉の香辛料煮込み 花巻添え。
これは鐵板の味わいです。
脂身のゼラチン質の部分に舌が踊ります。

IMG_8370
レタスと四川芽菜入り炒飯です。
普通の締めはツーマッチの料理が多いのですがこの量だと安心して食べられます。
茶色見えるのは中国の漬物です。
これが味を締めています。
これは無難に美味しいです。

IMG_8371

IMG_8372
デザートです。
フルーツ入とタピオカ入りココナッツミルクです。
キレイに締めてくれました。
口内の夾雑物を拭いさるのと同時にこのような美味しい料理を創っていただいた料理人の方々に深甚なる謝意を捧げたいと思います。
京都の中華は最高であります。

IMG_8379

IMG_8377

IMG_8378
食事の後、京都駅に向かいました。
京都タワーに、明日は天気を良くしてください、とお願いしましたら、行い次第だよと、莞爾として笑って答えてくれました。果たして明日の天気はどのようなふるまいを見せてくれるのでしょうか・・・

それでは(^_-)

京都 イノダコーヒー

今日は「2019年秋の京都 其の壱」の話です
恒例の秋の京都も数えること12年目を数えました。
春秋通産しますと24回になります。
継続は力なりとはまさにこの事であります。

宮内庁通達
今回は9月3日に宮内庁に申し込んだ仙洞御所が偶然にも当選し参観許可がでたので、京都に行きが決定しました。実は私は大阪時代に仙洞御所に行っておりまして、とても良いところなので奥様にもみてもらおうと思ったのが嚆矢なのであります。
という事で画像主体ですが宜しかったらお付き合いください。

#京都駅
IMG_8247
予報では初日は晴れですが、次の日は終日雨です。
天気には勝てないので初日だけでも頑張りますか、と京都タワーに語りかけますと、天気が悪くても楽しむがよし。
それが旅というものだから、と莞爾として笑っていました。
今年から自転車での移動はやめて電車とタクシーに替えました。
荷物を手荷物所に荷物を預けて食事です。
という事で今日のランチは「イノダコーヒー」ポルタ支店さんです。
個人的にはポルタ内ではここが一番のお気に入りです。

住所: 京都府京都市下京区東塩小路町858-1 京都駅前地下街ポルタ内
電話:050-5592-5223
定休日:無休(不定休)

IMG_8249
お店の外観です。

IMG_8259
店内の雰囲気です。

IMG_8250

IMG_8251
メニューです。

私のオーダー「ボルセナ&アラビアの真珠」@930+@600=1,530円
奥様のオーダー「フルーツサンド&ホットレモンティー」@800+@600=1,400円です。

IMG_8252
待つこと7分でテーブルセットが到着です。
今日の店内は混雑しています。
美味しいからでしょう。

IMG_8254
待つこと14分で「ボルセナ」の到着です。
ボルセナとはハムとマッシュルームがたっぷり入ったクリームパスタの事です。
言い換えますと「カルボナーラ」の親戚です。
見た目このねちっとしたクリームは食欲を刺激します。

IMG_8255
それでは実食です。
クリーム美味しです。
ハムも良い味わいです。
パスタも程よい硬さです。
特筆するのはクリームの粘度です。
この舌にからみつくようなねっとりしたソースはマイフェイバリテであります。
ご機嫌なパスタでした。

IMG_8256
待つこと15分で「フルーツサンド」の到着です。
これは見た目でわかります。
美味しいと思います。
それでは実食です。
フルーツがみっしりと入った「フルーツサンド」は生クリームが優しくまさしく極上の味わいと申してもよいでしょう。
これは絶品です。

IMG_8260

IMG_8257
2人は食後の珈琲と紅茶を飲みながらこれだけで京都を満足していました。
さてそろそろ神輿をあげますか。

#仙洞御所
IMG_8261
仙洞御所には地下鉄で向かいます。
丸太町駅で降りてから仙洞御所に向かいます。
御所までの時間は20分を見ていましたがついたのは指定時間13時半ギリギリの5分前に到着したのでした。
京都御苑は広いのです。

IMG_8263

07gr-05
仙道御所についた案内していただける宮内庁の職員の方から簡単な事前説明がありこの画像の庭園を廻ります。

それではかつてはダイアナ妃も宿泊され最近では上皇ご夫婦も宿泊された御常御殿を含めて仙洞御所の錦秋の紅葉を一挙に公開します。
IMG_8264

IMG_8265

IMG_8267

IMG_8268

IMG_8269

IMG_8270

IMG_8274

IMG_8275

IMG_8276

IMG_8278

IMG_8279

IMG_8280

IMG_8281

IMG_8282

IMG_8286

IMG_8288

IMG_8289

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ